議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 加古川市

平成19年第5回定例会(第3号12月 7日)




平成19年第5回定例会(第3号12月 7日)





 
           平成19年第5回加古川市議会(定例会)議事日程


                            (第3号)





                                    平成19年12月7日


                                    午前9時30分 開議


第 1 会議録署名議員の指名


第 2 諸 報 告


 (1) 議員出席状況


 (2) そ の 他


第 3 請 願


    ・請願第10号(福祉厚生常任委員会)


第 4 議案第89号 字の区域の変更のこと


第 5 認定第86号 道路法第24条の2に基づき駐車料金を徴収する自動車駐車場に関


           する条例を定めること


第 6 議案第88号 加古川市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例を定


           めること


第 7 議案第93号 市道路線認定のこと


第 8 議案第94号 市道路線廃止のこと


第 9 議案第87号 加古川市看護専門学校設置条例を廃止する条例を定めること


第10 議案第90号 加古川市、高砂市宝殿中学校組合の解散のこと


第11 議案第91号 加古川市、高砂市宝殿中学校組合の解散に伴う財産処分のこと


第12 議案第92号 加古川市、高砂市宝殿中学校組合の解散に伴う事務の承継のこと


第13 議案第83号 平成19年度加古川市一般会計補正予算(第3回)


第14 議案第84号 平成19年度加古川市公共下水道事業特別会計補正予算(第2回)


第15 議案第85号 平成19年度加古川市病院事業会計補正予算(第2回)


第16 議案第95号 加古川市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を定めるこ


           と


第17 議案第96号 JR加古川駅南広場改造工事請負変更契約締結のこと


第18 議案第97号 加古川市固定資産評価審査委員会委員選任につき同意を求めること


日 程 追 加


   意見書案第4号 割賦販売法の抜本的改正に関する意見書


   意見書案第5号 医療費の総枠拡大を求める意見書


   意見書案第6号 保険でよい歯科医療の実現を求める意見書


   意見書案第7号 地方の道路整備と道路特定財源の安定的な確保を求める意見書


   意見書案第8号 後期高齢者医療制度に関する意見書








                会議に出席した議員(33名)





      1番  山 川   博       18番  田 中 隆 男


      2番  中 村 照 子       19番  西 多   攻


      3番  広 瀬 弘 子       20番  岩 城 光 彦


      4番  松 本 裕 一       21番  清 田 康 之


      5番  新 屋 英 樹       22番  松 崎 雅 彦


      6番  井 上 隆 司       23番  今 井 淳 子


      7番  末 澤 正 臣       24番  中 山 廣 司


      8番  佐 藤   守       25番  大 西 健 一


      9番  坂 田 重 隆       26番  村 上 孝 義


     10番  畑   広次郎       27番  名 生 昭 義


     11番  安 田 実 稔       28番  渡 辺 昭 良


     12番  隈 元 悦 子       29番  御 栗 英 紀


     13番  相 良 大 悟       30番  堀   充 至


     14番  三 島 俊 之       31番  吉 野 晴 雄


     15番  井 筒 高 雄       32番  眞 田 千 穂


     16番  平 井 敦 美       33番  神 吉 耕 藏


     17番  西 田 重 幸








                  会議に欠席した議員





     な   し








                 議事に関係した事務局職員





     議会事務局長   永 井   一   議会事務局次長  坂 田 吉 正


     議事調査課長   大 野 淳 一   議事調査課副課長 正 山   健








                会議に出席した委員及び職員





 ┌─────────────┬───────┬─────────────┬───────┐


 │    職  名     │ 氏  名  │    職  名     │ 氏  名  │


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │市長           │樽 本 庄 一│副市長          │藤 原   崇│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │副市長          │長谷川 浩 三│収入役          │中 田 喜 高│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │水道事業管理者      │船 曵 源 治│企画部長         │大 貫 和 博│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │総務部長         │石 堂   求│税務部長         │重 本 啓 司│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │市民部長         │山 内 俊 明│地域振興部長       │稲 岡 安 則│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │環境部長         │大 濱   俊│福祉部長         │鳴 瀬 敏 雄│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │建設部長         │青 木 秀太郎│都市計画部長       │木 村 義 和│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │下水道部長        │山 上 秀 人│市民病院管理部長     │山 下 年 永│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │消防長          │山 本 臣 一│教育委員会委員長     │神 吉 賢 一│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │教育長          │山 本   勝│教育総務部長       │久 保 一 人│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │教育指導部長       │石 坂 文 昭│選挙管理委員会委員長   │後 藤 太原麿│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │代表監査委員       │田 中 良 計│農業委員会会長      │橋 本 春 樹│


 └─────────────┴───────┴─────────────┴───────┘








                 開         議


                                     (午前9時30分)


○議長(吉野晴雄)   おはようございます。ただいまから、平成19年第5回加古川市議会定例会を再開します。


 これより、本日の会議を開きます。


 直ちに日程に入ります。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第1   会議録署名議員の指名





○議長(吉野晴雄)   日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、御栗英紀議員及び堀 充至議員を指名します。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第2   諸 報 告





○議長(吉野晴雄)   日程第2、諸報告を行います。


 事務局から議員出席状況等を報告します。





○議事調査課副課長(正山 健)   議員出席状況を報告します。議員定数33名、現在数33名、本日の出席現在数は33名であります。


 以上で報告を終わります。





○議長(吉野晴雄)   事務局からの報告は終わりました。


 以上で諸報告を終わります。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第3   請  願





○議長(吉野晴雄)   日程第3、請願を議題とします。


 これより、福祉厚生常任委員会に付託中の請願第10号について、委員長の報告を求めます。


 福祉厚生常任委員長。





○福祉厚生常任委員長(渡辺昭良)(登壇)   おはようございます。審査の結果を報告いたします。


 請願第10号。本件は、悪質商法被害を助長するクレジット被害を防止するため、『クレジット事業者の既払金返還責任(無過失共同責任)』『クレジット事業者の不適正与信防止義務』『過剰与信防止義務』『契約書型クレジットに関する規制強化』『指定商品(権利・役務)制及び割賦要件の廃止』について、国会及び経済産業省等に対し、割賦販売法を抜本的に改正することを求める意見書を提出してもらいたいとの請願であります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で採択と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、請願第10号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、請願第10号を採決します。


 本件について、委員長報告は採択です。本請願を採択することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本請願は採択することに決定しました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第4 議案第89号





○議長(吉野晴雄)   日程第4、議案第89号を議題とします。


 本件について、総務常任委員長の報告を求めます。


 総務常任委員長。





○総務常任委員長(三島俊之)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第89号。本案は、加古川市新野辺西部土地区画整理事業の結果、別府町新野辺の一部の区域において、字の変更を行おうとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第89号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第89号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第5 議案第86号 〜 ◎日程第8 議案第94号





○議長(吉野晴雄)   日程第5、議案第86号から日程第8、議案第94号までの4件を一括議題とします。


 本4件について、建設水道常任委員長の報告を求めます。


 建設水道常任委員長。





○建設水道常任委員長(佐藤 守)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第86号。本案は、道路法第24条の2第1項の規定に基づき、駐車料金を徴収する自動車駐車場に関し、新たに条例で必要な事項を定めようとするものであります。


 駐車場の管理についてただしたのに対し、理事者から「道路法に基づいた道路附属物としての施設になるため、料金の収受も含め、市が管理する」の答弁がありました。


 委員から「駐車料金が無料となる時間について、利用者の誤解を招くことがないよう、看板等でわかりやすく表示してもらいたい」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第88号。本案は、水道事業の設置等に関する条例の一部改正で、水道法に基づく水道事業の変更認可申請に伴い、所要の措置を講じようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第93号。本案は、篠原町18号線など76路線、総延長9,478.9メートルを新たに市道として認定しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第94号。本案は、寺家町15号線など11路線、総延長3,741.8メートルを廃止しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第86号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第86号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第88号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第88号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第93号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第93号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第94号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第94号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第9 議案第87号





○議長(吉野晴雄)   日程第9、議案第87号を議題とします。


 本件について、福祉厚生常任委員長の報告を求めます。


 福祉厚生常任委員長。





○福祉厚生常任委員長(渡辺昭良)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第87号。本案は、看護専門学校を廃止するため、看護専門学校設置条例を廃止しようとするものであります。


 学生の卒業見込み及び職員の再就職についてただしたのに対し、理事者から「卒業に向け、学生の履修状況は、おおむね順調である。また、職員の再就職については、医師会とも協力し、現在あっせんを行っている」との答弁がありました。


 委員から「今後も市が責任を持って看護師を養成すべきであり、本案には賛成できない」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第87号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第87号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第10 議案第90号 〜 ◎日程第12 議案第92号





○議長(吉野晴雄)   日程第10、議案第90号から日程第12、議案第92号までの3件を一括議題とします。


 本3件について、文教経済常任委員長の報告を求めます。


 文教経済常任委員長。





○総務常任委員長(隈元悦子)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第90号。本案は、地方自治法第288条の規定に基づき、平成20年3月31日付で加古川市、高砂市宝殿中学校組合を解散しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第91号。本案は、地方自治法第289条の規定に基づき、加古川市、高砂市宝殿中学校組合の解散に伴う財産処分について定めようとするものであります。


 委員から「支払われる配分金については、中学校給食を実施するための財源の一部とすることを検討してもらいたい」との要望がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第92号。本案は、加古川市、高砂市宝殿中学校組合の解散に伴い、高砂市がその事務を承継することを定めようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第90号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第90号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第91号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第91号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第92号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第92号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第13 議案第83号 〜 ◎日程第15 議案第85号





○議長(吉野晴雄)   日程第13、議案第83号から日程第15、議案第85号までの3件を一括議題とします。


 本3件について、各常任委員長から順次報告を求めます。


 まず、総務常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 総務常任委員長。





○総務常任委員長(三島俊之)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第83号。本案は、一般会計補正予算(第3回)のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 予備1,434万7,000円に関連して、委員から「防犯灯の設置については、早期に完了するよう担当課と調整してもらいたい」「防犯灯設置基準の見直しを協議すべきではないか」との意見、要望がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 次に、建設水道常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 建設水道常任委員長。





○建設水道常任委員長(佐藤 守)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第83号。本案は、一般会計補正予算(第3回)のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 土木費のうち、道路橋梁費における南北道路整備事業の工事請負費2,350万円について、進捗状況をただしたのに対し、理事者から「平成21年夏の新県立加古川病院の開設にあわせ、暫定供用できるよう、年次計画を前倒しして工事を進めている」との答弁がありました。


 継続費の補正の加古川駅南広場改良事業10億3,100万円について、本年3月に減額補正を行ったにもかかわらず、今回増額となった理由をただしたのに対し、理事者から「工事期間中も加古川駅南広場の交通機能を維持する必要があったことや、また、公安委員会や警察、JR西日本、商業者等との協議に時間を要したことなどから、3月補正の時点では正確な金額が見込めなかったためである」との答弁がありました。


 委員から「安易な補正を繰り返すことなく、適正な執行に努めてもらいたい」「工事内容の変更に際しては、適時委員会に報告してもらいたい」との意見、要望がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第84号。本案は、公共下水道事業特別会計補正予算(第2回)のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 次に、福祉厚生常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 福祉厚生常任委員長。





○福祉厚生常任委員長(渡辺昭良)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第83号。本案は、一般会計補正予算(第3回)のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 債務負担行為の補正のうち、後期高齢者医療事業5,250万円について、内容をただしたのに対し、理事者から「後期高齢者医療制度標準システムの導入及び本市システムとの連携処理、また、保険料の激変緩和措置等のシステム改修の委託料である」との答弁がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第85号。本案は、病院事業会計補正予算(第2回)のことであります。


 委員から「がんの診断や治療に効果的な最新機器の導入により、地域医療へのさらなる貢献が期待されるが、専門の医師や技術者を十分に確保してもらいたい」との要望がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 次に、文教経済常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 文教経済常任委員長。





○文教経済常任委員長(隈元悦子)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第83号。本案は、一般会計補正予算(第3回)のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 教育費のうち、小学校費における小学校教育用コンピューター導入事業の使用料及び賃借料309万9,000円の減額理由をただしたのに対し、理事者から「パソコン教室のコンピューターや特別教室で使用するプロジェクターについて、リース契約の見積り合わせを行った結果、不用額が生じたためである」との答弁がありました。


 委員から「学校給食における民間委託の導入には反対であり、給食調理業務委託に関する補正を含む本案については賛成できない」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(吉野晴雄)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第83号について、各委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


 井筒議員。





○(井筒高雄議員)   83号議案で、まず文教経済常任委員長にお伺いをしたいんですけれども、給食の民間委託のところで先ほどご報告もありましたが、学校給食における民間委託の導入に反対ですという意見があったということなんですけれども、3月の予算のときにもこの件は触れたんですが、当局の方から、まず民間委託に際して、さきの民間委託で当初が950万の契約をしたんですけれども、その後新たな契約の更新時に1,800万、およそ倍の値段がかかっているんですね。その見通しについては3月の予算議会でも指摘をしたんですが、そうした見積もりの甘さがあったこと、また、それから、給食の遅れのトラブルなんかも発生しているということもお聞きしているんですが、そうした説明というのは当局からあったのか。また、委員の中からこうした問題に対しての指摘はあったのかなかったのか、お答えをお願いします。





○議長(吉野晴雄)   文教経済常任委員長。





○文教経済常任委員長(隈元悦子)   ご質問に対して答弁させていただきます。


 そういったご意見等、質問等はございませんでした。





○議長(吉野晴雄)   井筒議員。





○(井筒高雄議員)   そうしましたら、議案第83号の一般会計の補正予算について、市民ネットワークの意見と態度表明をさせていただきます。


 今、委員長からの報告もありましたとおり、学校給食の問題ですね。私は民営化することも決して否定はいたしませんけれども、特に、民営化に関しては、今、食の問題、安全ということもいわれております。そういった中で、こうしたなぜ950万からおよそ倍の契約更新時に値段がはね上がってしまったのかという点は、また、図書館問題ではないんですけれども、直営に戻して、もし民間ノウハウが必要であれば、民間の経験者の方を1名正規採用されるなり、または臨時職員、パート職員等の雇用体系をつくって、何でもかんでも民間に渡すという形ではなくて、人件費のコストを抑える。そして、抑えたコストでまたさらなる設備投資も含めてしていただくとか、やり方はいくようでもあろうかと思います。こうした点をしっかりと今後、私は行政の肥大化は決していいとは思いませんし、また、限られた財政難の中でしっかりと、どういう形で優先順位をつけて税金の支出をしていくのかというのは、きちんと論点を明確にして、行政の側からの説明も、また、議会の中の議論も、しっかりとしながら、こうした問題は取り組むべきだというふうに思っております。


 そのほかの点に対しては何も申し上げることはなく、むしろ評価するところも多いんですけれども、こうした民間の委託に対しては、やっぱりていねいな説明ときちんとした議論をして進めていくべきだと、そのような観点から、今回の83号の一般会計の補正予算については市民ネットワークとして賛成できないという立場での態度表明といたします。





○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第83号を採決します。


 本案に対する各委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第84号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第84号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第85号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第85号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 しばらくの間、休憩します。直ちに会派代表者会を開催しますので、代表者の方は協議会室にお集まりくださるようお願い申し上げます。


 会派代表者会終了後、議会運営委員長より議会運営委員会を開催したいとの旨の申し出がありますので、議会運営委員の方は協議会室へお集まりくださるようお願いします。


                (休憩 午前 9時58分)


                (再開 午前11時10分)


○議長(吉野晴雄)   休憩前に引き続き会議を開きます。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第16 議案第95号 〜 ◎日程第17 議案第96号





○議長(吉野晴雄)   日程第16、議案第95号から日程第17、議案第96号の2件を一括議題とします。


 順次、提案理由の説明を求めます。


 総務部長。





○総務部長(石堂 求)   議案第95号について、提案理由の説明を申し上げます。


 冊子番号6の1ページから24ページをごらんください。本案は、加古川市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を定めることの議案でございます。


 ご承知のとおり、一般職の国家公務員におきましては、本年の人事院勧告に基づき給与改定が実施されておりますが、本市の一般職につきましても、国家公務員の取り扱いに準じた給与改定を行おうとするものでございます。


 具体的な改正内容ですが、まず、第1点目は、別表第1から別表第4までに規定しております給料表について、初任給を中心とした若年層の給料月額を最高で1.2パーセント引き上げるものでございます。


 2点目は、条例第8条に規定する扶養手当について、子等に係る支給月額を6,000円から6,500円に改めるものでございます。


 最後の3点目は、条例第20条及び附則第8項に規定する勤勉手当の支給率について、6月期及び12月期のいずれも現行の100分の72.5から100分の75に引き上げるものでございます。


 なお、附則の第1項におきまして、この条例は公布の日から施行し、給料表及び扶養手当に係る改正規定は平成19年4月1日から、勤勉手当に係る改正規定は平成19年12月1日から適用することとしております。


 また、第2項、第3項及び第5項におきまして給料表の改正等に必要な措置を、第4項におきまして、平成19年12月期の勤勉手当の支給率を100分の77.5とする特例措置を規定しております。


 参考といたしまして、25ページから28ページに新旧対照表を、29ページ以降に給料月額の新旧比較表を添付しております。


 続きまして、議案第96号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 同じく冊子番号6、53ページをごらんください。本案は、JR加古川駅南広場改造工事請負変更契約締結のことで、市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 本工事は、平成18年第2回市議会で議決をいただき、現在施工中でございますが、事業実施にあたりましては、完成期日を順守しつつ、市民はもとより、近隣商業者のニーズを反映しながら、現状の車両交通並びに歩行者の交通動線の堅持と、公安委員会との協議のもと、通行の安全確保を最優先に、段階的に交通切り替えにより逐次供用開始を行ってきたところでございます。


 このような現場施工体制下におきまして、地元町内会、商店、JR、公安委員会と調整を行いつつ現場施工となり、設計変更を生じ、請負金額を変更するものでございます。


 主な変更の内容につきましては、第1に、新設するペデストリアンデッキにおいて、利用促進と利便性向上を図る目的で、雨よけテントシェルターを追加、延伸するとともに、既設カピルビルデッキ取付け部における構造的補強による一部改築にあわせ、サンライズビルへの連絡デッキの美観上の清掃を追加したこと。2点目は、現場施工に伴う地下埋設物及び仮設構造物の撤去処分総量が確定したこと。駅南広場との取付け市道部の舗装及び排水構造物の老朽化に伴う改築工事を追加したこと。3点目は、黒松及びモニュメントをはじめとするシンボル空間における景観に配慮した修景施設が確定したこと。4点目は、自動車整理場での管理運営方針の決定に伴う道路附属構造物を追加するとともに、屋外施設全般において事故防止面での安全施設の充実を図ったこと。最後、5点目には、駅広場へ進入する車両等の混乱を回避する目的で、周辺案内板及び道路標識を追加設置し、案内サービス向上と安全性を図ったところでございます。


 変更契約内容につきましては、請負金額8億9,067万9,300円を1億723万7,550円を増額し、9億9,791万6,850円とし、契約保証金も9,979万1,685円に変更しようとするものでございます。


 契約の相手方は株式会社鴻池組で、工期は平成20年1月31日で変更はございません。


 なお、参考といたしまして、54ページから59ページにかけまして、変更前、変更後の工事施工内容、位置図、平面図、さきに議決をいただきました議案の写し並びに地方自治法の抜粋等を添付いたしておりますので、ごらんください。


 以上で、議案第95号、96号の提案理由の説明を終わります。





○議長(吉野晴雄)   提案理由の説明は終わりました。


 お諮りします。


 ただいま説明の終わりました本2件については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、議案第95号について、質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第95号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第96号について、質疑とあわせ討論に入ります。


 山川議員。





○(山川 博議員)   この契約案件は、前の第1回の契約の後、今度で2回目の変更じゃないかと思うんですが、そんなに短期間のうちに契約変更せざるを得なかった事情を説明いただきたいのと、それから、きょうの議決を経て新たな契約をされるということだと思うんですが、若干説明をいただきたいのは、この地図で見ますと、取付け市道、この舗装工事が、排水工とともに、これも老朽化ということで設計変更ではないが老朽化だということですけども、ところが、先日現場をちょっと見に行きましたら、この取付け市道の舗装はもう既に終わっておる。つまり、舗装工と排水工は既に完了しているんじゃないかと思うんですが、その辺はいかがでしょうか。





○議長(吉野晴雄)   建設部長。





○建設部長(青木秀太郎)   このたびの設計変更のことについてでございますけれども、3月度の設計変更増から、このたびの変更になったわけでございますが、これにつきましては、3月の変更から、7月末以降ぐらいから、土中部分、それから取付け道路、それからモニュメントの修景施設、それとパーキングロックの機能アップ、公安委員会の指示による案内板等、各工事の最終協議がその時点より整い、できましたので、その部分の部分完成に努めてまいりました。10月に入って、そういうような内容の全工事の再集計が確定できましたので、このような設計変更になっております。


 それと、14号線のことなんですけれども、この部分につきましては、各工程に合わせた段階的なステップごとの交通切り替えを実施しながら、順次部分完成検査を経て供用開始を行ってきたものでございます。このような現状のことから、現場での即応体制の中で工事が完了しておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。


 以上でございます。





○議長(吉野晴雄)   山川議員。





○(山川 博議員)   つまり、この取付け市道は交通の関係から言うたら、やっぱり舗装とかそういうのを優先してやらざるを得なかっただろうと思うんですが、それならば、やはり今回の変更契約と別個にやらないと、完成したものを今から議決して、そして契約変更だよと、なかなか市民は納得しにくいと思うんですよね。実際、そうしたことが、法的と言うたらおかしいが、契約上問題ないのかどうか、その辺はちょっと確認しておきたいんですけどね。


○議長(吉野晴雄)   総務部長。





○総務部長(石堂 求)   今のご質問ですけども、今回の工事内容と現場の状況等からいたしまして、先ほど言われておりました追加工事的な考え方も検討はしたわけですけども、手戻り、出会い帳場、市民の方に長期間のご迷惑をおかけするというふうなことも踏まえまして、契約変更という形をもちまして契約をしていきたいというふうに判断をいたしました。





○議長(吉野晴雄)   山川議員。





○(山川 博議員)   3回目ですから、これで終わりにしますけど、いや、私ね、市民のために早く工事をやらないかん、特に市道の場合、ずっと車が通ってるんですから。そのことはよく理解できるんですよ。だけど、この契約変更の前にもう工事をやっちゃって、それも契約変更内容に入ってますよというのに疑義が出ませんかという。それについてはちょっと答えがすれ違っていると思うんですが、そういう点についてはちょっと疑問は残っているんですけど、最後、最終的には、今これが法的その他で問題になるのかならないのか、いろいろ事前にもちょっと聞いてみたんですが、ちょっと問題があるというほども確認ができておりませんので、特に反対するつもりはないんですが、ちょっとこの点については疑問を残しておるということを表明しておきます。





○議長(吉野晴雄)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第96号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第18 議案第97号





○議長(吉野晴雄)   日程第18、議案第97号を議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。





○市長(樽本庄一)   議案第97号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 冊子番号7、1ページをごらんください。本議案は、加古川市固定資産評価審査委員会委員選任につき議会の同意を求めることの議案でございます。加古川市固定資産評価審査委員会委員に次の者を選任したいから、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 同意を求める者の住所は、加古川市加古川町備後178番地の1、鳩里団地5の502号、氏名は志方紀久、生年月日は昭和28年5月15日でございます。


 なお、次ページ以降に参考として、同意を求める者の略歴並びに地方税法の抜粋を記載いたしております。


 ご賛同いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。





○議長(吉野晴雄)   提案理由の説明は終わりました。


 お諮りします。


 ただいま説明の終わりました本件については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、議案第97号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第97号を採決します。


 本案を原案のとおり同意することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり同意されました。


 お諮りします。


 ただいま、福祉厚生常任委員長から、意見書案第4号「割賦販売法の抜本的改正に関する意見書」及び意見書案第5号「医療費の総枠拡大を求める意見書」、そして、意見書案第6号「保険でよい歯科医療の実現を求める意見書」の3件が、また、西田重幸議員ほかから「地方の道路整備と道路特定財源の安定的な確保を求める意見書」及び、山川 博議員ほかから「後期高齢者医療制度に関する意見書」の2件が提出されました。この際、本5件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程追加 意見書案第4号 〜 意見書案第8号





○議長(吉野晴雄)   さらに、お諮りします。


 意見書案第4号及び意見書案第5号、意見書案第6号、そして意見書案第8号の4件については、意見書案の朗読及び質疑、討論の省略、並びに会議規則第36条第3項の規定により、提案理由の説明を省略し、意見書案第8号については委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 また、意見書案第7号については、意見書案の朗読、質疑の省略、並びに会議規則第36条第3項の規定により、提案理由の説明及び委員会の付託を省略し、討論のみ行いたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、意見書案第4号について採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、意見書案第5号について採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、意見書案第6号について採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、意見書案第7号について、ご意見等をたまわります。


 山川議員。





○(山川 博議員)   この意見書案に対しまして、日本共産党議員団の態度表明と意見を申し上げます。


 地方の道路整備に十分な安定的な財源確保という、これは私は当然だと思うんですね。したがって、この趣旨説明の中の大部分は全く同意するものであります。しかし、結論的なところで、このような地方の状況に対し、道路特定財源の一般財源化云々は、道路整備が不十分な地方の活力を低下させると、これはやはりちょっと問題のとらえ方が違うんですね。


 そのことは、本文の第1.中期計画による計画的な道路整備。今進められている中期計画は、道路特定財源をはるかに超える財政が必要となっておって、これが果たして本当に地方の道路の整備に役立つのかどうか甚だ疑問であります。


 第2項目、道路特定財源の地方への配分強化。ここにもありますように、現在、膨大な道路整備の需要、これは本当に現実だと思うんですね。そのために多額の一般財源を投入しているという実態である。だから、このために財政措置をせよというのは当然だと思うんですよ。だけど、それを道路特定財源にこだわるならば、これは結局、現在道路特定財源制度のもとで多額の一般財源を投入しなければならないという今の地方道路整備の現状、本来そういう地方道路整備の必要な一般財源、地方が出している多額の一般財源に対しては、本来、地方交付税が回されるべき話であって、そこへ要求すべきである。


 三つ目に、道路特定財源の安定的確保。ここでは、先ほど来、道路特定財源の問題は指摘しましたが、その中で受益者負担の原則というのがあります。いわゆる自動車重量税、ガソリン税、暫定税率、これは、また高速道などでは通行料の問題。本来、これら高速道の通行料は一定期間後もう要らなくなるということで、高速道がどんどんつくられましたけれども、結局、一部むだな高速道路が全国に展開される一つの要因になりました。また、受益者負担というのならば、そうした道路、高速道、高規格道ができて最も最大の受益者は誰か。これは、例えば海岸線、石油コンビナートを含めた大企業でありますが、この大企業の受益に対してどういう負担をしているのか。これは財政、税制の問題でもありますが、そういう根本的な是正が本質であって、私は、道路特定財源についてはやはり早急に見直して一般財源にした上で、必要な地方道路財源を確保すべきであると。


 以上の点から、この意見書に反対の態度表明といたします。





○議長(吉野晴雄)   ご意見等を終了します。


 採決します。


 本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(吉野晴雄)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、意見書案第8号について採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 お諮りします。


 ただいま可決しました意見書の字句の修正並びにその取り扱いについては、議長にご一任いただきたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 次に、各常任委員長及び議会運営委員長から、所管の事務について、会議規則第103条の規定により、お手元へ配布しております申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。


 お諮りします。


 各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(吉野晴雄)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 以上で、今期定例会の会議に付議された事件は、すべて議了しました。


 閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 今期定例会は、去る11月27日に招集されて以来、本日まで11日間にわたり、平成19年度一般会計等の補正予算、条例の改正など、市政の当面する重要な案件の審議でございましたが、終始ご熱心にご審議賜り、市民の代表としての責務を全うされました。ここに、議員各位のご精励とご協力に対し、厚くお礼を申し上げます。


 さて、まことに残念なことですが、日本各地では連日凶悪な犯罪が頻発しております。また、食品の偽装や賞味期限の改ざんなど、国民の信頼を裏切る行為が相次いでおります。


 本市におきましても、別府町事件が残念なことに、いまだに解決せず、これまで以上に安心、安全の視点から行政が取り組まなければならない課題が山積しております。私ども議会としましても、市民の皆様からの多様な要望をしっかりと受けとめ、その担うべき役割を十二分に果たしていかなければならないことと考えております。


 こうしたことから、理事者におかれましては、審議の過程で表明されました議員の意見や要望事項につきましては、特に考慮を払われ、執行の上に十分反映されますよう、強く要望いたします。


 終わりになりましたが、議員各位並びに理事者の皆様方におかれましては、何とぞ健康にご留意され、健やかな新春を迎えられますことをご祈念申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。


 なお、市長より、あいさつしたい旨の申し出がありますので、承ることにします。


 市長。





○市長(樽本庄一)   平成19年第5回市議会が閉会されますに当たり、自席からではございますが、お礼のごあいさつを申し上げます。


 今回の定例会におきましては、各会計補正予算、そして、加古川市水道事業の設置に関する条例の一部改正等、多くの案件につきまして滞りなく議了いただき、まことにありがとうございました。


 議員の皆様方から種々賜りましたご意見、ご要望あるいはご提案につきましては、十分に尊重し、適正かつ効率的な財政運営に努力してまいりたいと考えております。


 先ほど議長のあいさつにもありましたが、10月16日の夕刻、安全・安心のまちづくりを推進しております加古川市にとりまして、非常に残念な事件が発生しました。以来、地元町内会の皆さん、そして児童・生徒の父兄によるパトロールの実施はもとより、全市を挙げての安全・安心まちづくりにご協力、ご尽力をいただきましたこと、感謝を申し上げておきたいというふうに思います。


 市といたしましても、登下校時や休日のパトロール等を強化し、防犯灯を増設するとともに、地域における見守り体制を推進するなど、今まで以上に安全・安心のまちづくりに取り組む覚悟でございます。何とぞご協力のほどをお願い申し上げます。


 また、11月初旬、兵庫県の新行革プランの素案が発表されました。これは加古川市の行財政運営全般にわたりまして大きな影響を及ぼす厳しいものでございます。各レベルにおきまして要望等を行ってまいりましたが、今後も県との協議を踏まえ具体的な対応を検討してまいりますので、議会の皆様におかれましても、今後もあらゆる面におきましてご理解ご協力をお願い申し上げます。


 年の瀬を迎え、これから寒さも一段と厳しくなってこようというふうに思いますが、議員の皆様におかれましては、健康には十分ご注意いただきまして、平成20年の新春をご家族お揃いでご健勝にてお迎えになられますよう心からご祈念申し上げまして、お礼のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。





○議長(吉野晴雄)   市長のごあいさつは終わりました。


 以上をもちまして、平成19年第5回加古川市議会定例会を閉会します。


 ご苦労さまでした。


                                 午前11時37分   閉会