議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 加古川市

平成18年第5回定例会(第4号12月 8日)




平成18年第5回定例会(第4号12月 8日)





 
           平成18年第5回加古川市議会(定例会)議事日程


                            (第4号)





                                    平成18年12月8日


                                    午前9時30分 開議


第 1 会議録署名議員の指名


第 2 諸 報 告


 (1) 議員出席状況


 (2) そ の 他


第 3 請 願


    ・請願第5号(総務常任委員会)


第 4 議案第128号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に


            関する条例を定めること


第 5 議案第132号 加古川市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を定


            めること


第 6 議案第134号 市道路線認定のこと


第 7 議案第135号 市道路線廃止のこと


第 8 議案第127号 加古川市老人福祉施設設置条例を廃止する条例を定めること


第 9 議案第129号 加古川市医療の助成に関する条例の一部を改正する条例を定める


            こと


第10 議案第130号 加古川市国民健康保険条例の一部を改正する条例を定めること


第11 議案第131号 加古川市民病院使用条例の一部を改正する条例を定めること


第12 議案第133号 兵庫県後期高齢者医療広域連合の規約の制定に関する協議につい


            て


第13 議案第125号 平成18年度加古川市一般会計補正予算(第2回)


第14 議案第126号 平成18年度加古川市財産区特別会計補正予算(第2回)


第15 議案第136号 別府川10−2号雨水幹線第1工区整備工事請負変更契約締結の


            こと


第16 議案第137号 浜の宮小学校校舎増築工事請負変更契約締結のこと


第17 議案第138号 加古川市固定資産評価審査委員会委員選任につき同意を求めるこ


            と


第18 議案第139号 加古川市固定資産評価審査委員会委員選任につき同意を求めるこ


            と


第19 議案第140号 人権擁護委員候補者推せんにつき意見を求めること


第20 議案第141号 人権擁護委員候補者推せんにつき意見を求めること


第21 加古川市選挙管理委員会委員選挙のこと


第22 加古川市選挙管理委員会委員補充員選挙のこと


日程追加


    意見書案第7号 国際刑事裁判所設立条約の早期批准を求める意見書








                会議に出席した議員(32名)





      1番  山 川   博       18番  田 中 隆 男


      2番  中 村 照 子       19番  西 多   攻


      3番  広 瀬 弘 子       20番  岩 城 光 彦


      4番  松 本 裕 一       21番  清 田 康 之


      5番  新 屋 英 樹       22番  松 崎 雅 彦


      6番  井 上 隆 司       23番  今 井 淳 子


      7番  末 澤 正 臣       24番  中 山 廣 司


      8番  佐 藤   守       25番  大 西 健 一


      9番  坂 田 重 隆       26番  村 上 孝 義


     10番  畑   広次郎       27番  名 生 昭 義


     11番  安 田 実 稔       28番  渡 辺 昭 良


     12番  隈 元 悦 子       29番  御 栗 英 紀


     13番  相 良 大 悟       30番  堀   充 至


     14番  三 島 俊 之       31番  吉 野 晴 雄


     15番  井 筒 高 雄       33番  神 吉 耕 藏


     16番  平 井 敦 美


     17番  西 田 重 幸








                会議に欠席した議員(1名)





     32番  眞 田 千 穂








                 議事に関係した事務局職員





     議会事務局長  永 井   一   議会事務局次長   小 山 知 義


     議事調査課長  坂 田 吉 正   議事調査課副課長  正 山   健


     速 記 士   井 上 やよい








                会議に出席した委員及び職員





 ┌─────────────┬───────┬─────────────┬───────┐


 │    職  名     │ 氏  名  │    職  名     │ 氏  名  │


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │市長           │樽 本 庄 一│助役           │藤 原   崇│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │助役           │長谷川 浩 三│収入役          │中 田 喜 高│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │水道事業管理者      │船 曵 源 治│企画部長         │大 貫 和 博│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │総務部長         │石 堂   求│税務部長         │重 本 啓 司│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │市民部長         │石 澤 保 徳│地域振興部長       │大 本 憲 己│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │環境部長         │大 濱   俊│福祉部長         │山 内 俊 明│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │建設部長         │青 木 秀太郎│都市計画部長       │木 村 義 和│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │下水道部長        │山 上 秀 人│市民病院管理部長     │山 下 年 永│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │消防長          │山 本 臣 一│教育委員会委員長     │神 吉 賢 一│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │教育長          │山 本   勝│教育総務部長       │久 保 一 人│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │教育指導部長       │石 坂 文 昭│代表監査委員       │田 中 良 計│


 ├─────────────┼───────┼─────────────┼───────┤


 │農業委員会会長      │橋 本 春 樹│             │       │


 └─────────────┴───────┴─────────────┴───────┘








                 開         議


                                     (午前9時30分)


○議長(渡辺昭良)   おはようございます。ただいまから、平成18年第5回加古川市議会定例会を再開します。


 これより、本日の会議を開きます。


 直ちに日程に入ります。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第1   会議録署名議員の指名





○議長(渡辺昭良)   日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、西多 攻議員及び岩城光彦議員を指名します。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第2   諸 報 告





○議長(渡辺昭良)   日程第2、諸報告を行います。


 事務局から議員出席状況等を報告します。





○議事調査課副課長(正山 健)   議員出席状況を報告します。議員定数33名、現在数33名、本日の出席現在数は32名であります。


 なお、眞田千穂議員から、配偶者葬儀のため欠席するとの届け出がありました。


 以上で報告を終わります。





○議長(渡辺昭良)   事務局からの報告は終わりました。


 以上で諸報告を終わります。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第3   請  願





○議長(渡辺昭良)   日程第3、請願を議題とします。


 これより、総務常任委員会に付託中の請願第5号について、委員長の報告を求めます。


 総務常任委員長。





○総務常任委員長(堀 充至)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 請願第5号。本件は、國際刑事裁判所条約の早期批准を求めることについて、衆参両議院並びに関係機関に対し、意見書を提出してもらいたいとの請願であります。


 委員から「國際刑事裁判所は、これまでの国際司法裁判所とは異なり、戦争犯罪や集団虐殺等の人道に反する罪を裁くことができ、紛争の抑止を期待できることから、採択すべきである」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で採択と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(渡辺昭良)   委員長の報告は終わりました。


 これより、請願第5号について、委員長の報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、請願第5号を採決します。


 本件について、委員長の報告は採択です。本請願を採択することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本請願は採択とすることに決定しました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第4 議案第128号 〜 ◎日程第5 議案第132号





○議長(渡辺昭良)   日程第4、議案第128号及び日程第5、議案第132号の2件を一括議題といたします。


 本2件について、総務常任委員長の報告を求めます。


 総務常任委員長。





○総務常任委員長(堀 充至)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第128号。本案は、地方自治法の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、所要の措置を講ずるため、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例を定めようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第132号。本案は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が公布されたことに伴い、所要の措置を講ずるため、消防団員等公務災害補償条例の一部を改正しようとするものであります。


 委員から、障害の等級が下がる可能性についてただしたのに対し、理事者から「等級が下がる事例もあるが、経過措置として、以前の等級により対処することとしている」との答弁がありました。これに対し、委員から「一部であっても不利益な変更が発生する可能性があることから、本案については賛成できない」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(渡辺昭良)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第128号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第128号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第132号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終結します。


 これより、議案第132号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(渡辺昭良)   起立多数です。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第6 議案第134号 〜 ◎日程第7 議案第135号





○議長(渡辺昭良)   日程第6、議案第134号及び日程第7、議案第135号の2件を一括議題といたします。


 本2件について、建設水道常任委員長の報告を求めます。


 建設水道常任委員長。





○建設水道常任委員長(末澤正臣)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第134号。本案は、溝之口坂元線など69路線、総延長9,217.7メートルを新たに市道として認定しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 議案第135号。本案は、河原間形線など14路線、総延長2,274.8メートルを廃止しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(渡辺昭良)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第134号及び議案第135号の2件について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第134号及び議案第135号の2件を採決します。


 本2件に対する委員長報告は可決です。本2件を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本2件は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第8 議案第127号 〜 ◎日程第12 議案第133号





○議長(渡辺昭良)   日程第8、議案第127号から日程第12、議案第133号までの5件を一括議題といたします。


 本5件について、福祉厚生常任委員長の報告を求めます。


 福祉厚生常任委員長。





○福祉厚生常任委員長(相良大悟)(登壇)   審査の結果を報告します。


 議案第127号。本案は、養護老人ホーム永楽園を廃止するため、老人福祉施設設置条例を廃止しようとするものであります。


 委員から「市として責任を持って運営すべきであり、本案には賛成できない」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 議案第129号。本案は、子育て支援の一環として、3歳から6歳の幼児に関する医療助成制度を見直すため、医療の助成に関する条例の一部を改正しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第130号。本案は、国民健康保険法施行令の一部改正に伴い、所要の措置を講ずるため、国民健康保険条例の一部を改正しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第131号。本案は、入院時食事療養費に係る食事療養の費用の額の算定に関する基準の一部改正に伴い、所要の措置を講ずるため、市民病院使用条例の一部を改正しようとするものであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 議案第133号。本案は、地方自治法の規定により兵庫県後期高齢者医療広域連合の規約を制定することに関し、県内すべての市町と協議しようとするものであります。


 委員から「市民の意見が反映できるよう、広域連合の規約を見直すべきである」「新たな制度であることから、協議の経過については十分に報告してもらいたい」との意見、要望がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(渡辺昭良)   委員長の報告は終わりました。


 これより、議案第127号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


 松崎議員。





○(松崎雅彦議員)   まず、委員長にお尋ねをしたいわけでありますが、この中では、反対の意見としてお一人の意見だけが書かれてあるわけですけども、それ以外に、この老人ホーム永楽園を廃止するということについて議論等はあったのかなかったのか。あるいは、そのことについて行政側の方からどういった答弁があったのか。その点につきましてお聞きをしたいと思います。





○議長(渡辺昭良)   福祉厚生常任委員長。





○福祉厚生常任委員長(相良大悟)   永楽園の質問に関しましては、1件の質問だけでございます。


 以上です。





○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第127号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(渡辺昭良)   起立多数であります。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第129号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第129号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第130号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第130号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第131号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第131号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第133号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


 山川議員。





○(山川 博議員)   この兵庫県後期高齢者医療広域連合の規約の制定に関する協議についての議案に対しまして、日本共産党議員団の意見と態度表明をさせていただきます。


 この後期高齢者医療広域連合の規約の制定がなぜ必要になったのかということでは、これは結局、医療保険制度が改定された、そういう中で後期高齢者、75歳以上の方々の従来からの医療保険制度からの切り離し、そして新たな医療保険制度を導入するということがあります。その結果、こうした高齢者の方々の、月わずかと言っていいと思うのですが、1万5千円程度の年金から天引きをすると。そうした保険料の負担増とあわせて、医療費の負担の増もありました。これは受診抑制をもたらすものでありまして、高齢者の方々の健康と命に重大な懸念を持つものであります。こういう内容があるものだけに、こうした後期高齢者医療制度に伴う広域連合の設定に当たっては、これらに対応する対応が自治体として求められるわけであります。


 このたび提案されております、このたびの議案のこの規約の内容については、もちろん詳細についてはそこで議論されるものもあるんですが、基本的には、例えば議員の選定の問題、そこへの高齢者の方々の住民代表としての参加の保障の問題、また、利用者が参加できるような運営協議会、これは含みを持たされる質疑に対する答弁もありましたけれども、これもまだはっきりしておりません。これらを求めていきたいと思います。そして、情報公開を進めて、より一層市民の負担の軽減を求めておきたいと思いますが、そうした観点から見たとき、現在の議案の規約のままでこれは承認することはできない。この中身の改定をさらに協議の場において求めておきたい。そういうことから、この議案に対しては賛成はできないということを申し上げておきます。


 以上であります。





○議長(渡辺昭良)   井筒議員。





○(井筒高雄議員)   議案第133号、兵庫県後期高齢者医療広域連合の規約の制定に対して、市民ネットワークの意見と態度表明をいたします。


 既に皆様もご承知のように、国は75歳以上の高齢者と位置づけた特に高齢医療のしわ寄せを押しつけようとする今回の改定と言わざるを得ないものであると認識しております。現在でも高齢者が置かれている状況というのは非常に厳しく、テレビやマスコミ等でも連日報道されていますように、例えば、今、山川議員からもご指摘がありましたけれども、月額1万5千円の中から天引きがされる。その上、介護保険に関しましては介護保険料の非課税から課税になった時点で負担増ということは、これはもう指摘をするまでもありません。さらには、医療助成、市の独自減免なども、これもまた指摘をするまでもありません。こうした種々いろいろと高齢者の生活が、また負担増というのがとても厳しい環境に今置かれているものであります。そうした中で、全国的にも高齢者が国民健康保険料が支払えなくて、自治体から短期保険証を発行していることなども、これまた大きな社会問題になっているのも言うまでもありません。


 今回の広域連合の先日の質疑の中の答弁でも、現段階では高齢者の負担がどういう形になるのか、具体的な言及には及んでおりません。そうした説明でありました。また、各市では現段階どんな形での独自の減免措置がされているのか等をまずは広域連合の中でしっかりと調整協議をし、さらには研究されることが、今後の見通しがわからないということからの第一歩になるのではないかと考えております。


 このような、るる申し上げました不安材料等について、まずは県内の協議団体が先に検討した結果をしっかりと概要をこの議会という場にしっかりと俎上として上げ、さらには、来年制定され、平成20年4月からとのことではありますけれども、それまでの間、しっかりと議論をし、そして、該当されるであろう75歳以上の高齢者に対して情報公開をし、さらには市民参画を得る、こうした手続が必要ではないか。このことを申し上げまして、133号の議案に対しては反対の態度表明といたします。





○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第133号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(渡辺昭良)   起立多数であります。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





   ◎日程第13 議案第125号 〜 ◎日程第14 議案第126号





○議長(渡辺昭良)   日程第13、議案第125号及び日程第14、議案第126号の2件を一括議題といたします。


 まず、総務常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 総務常任委員長。





○総務常任委員長(堀 充至)(登壇)   審査の結果を報告いたします。


 議案第125号。本案は、一般会計補正予算(第2回)のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 歳入のうち、市民税の増収21億2,000万円について、理由をただしたのに対し、理事者から「個人分については、雇用環境が改善され、雇用人数が増加したこと、法人分については、特に製造業の業績が伸びたことが主な要因である」との答弁がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定いたしました。


 議案第126号。本案は、財産区特別会計補正予算(第2回)のことであります。


 委員会は、審査の結果、全会一致で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(渡辺昭良)   委員長の報告は終わりました。


 次に、建設水道常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 建設水道常任委員長。





○建設水道常任委員長(末澤正臣)(登壇)   審査の結果を報告します。


 議案第125号。本案は、一般会計補正予算(第2回)のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 土木費のうち、都市計画費における新野辺南土地区画整理事業の補償補てん及び賠償金2,280万円について内容をただしたのに対し、理事者から「最後に残っていた仮換地の支障物件移転補償金、及びその隣接地の外部階段の機能回復補償金として計上したものであり、当該対象地については、今年度末までに物件移転協議を行うことで承諾を得ている」との答弁がありました。


 委員会は、採決の結果、全会一致で原案可決と決定しました。


 以上、報告いたします。





○議長(渡辺昭良)   委員長の報告は終わりました。


 次に、福祉厚生常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 福祉厚生常任委員長。





○福祉厚生常任委員長(相良大悟)(登壇)   審査の結果を報告します。


 議案第125号。本案は、一般会計補正予算(第2回)のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 委員から「債務負担行為補正のうち、新クリーンセンター運営管理委託事業について、15年間の委託契約ではなく、5年ごとに見直しを行うなど、慎重に対処すべきであり、本案については賛成できない」との意見がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(渡辺昭良)   委員長の報告は終わりました。


 次に、文教経済常任委員会の関係部分について、委員長の報告を求めます。


 文教経済常任委員長。





○文教経済常任委員長(田中隆男)(登壇)   審査の結果を報告します。


 議案第125号。本案は、一般会計補正予算(第2回)のことのうち、本委員会の付託部分であります。


 教育費のうち、保健体育費における学校給食事業の委託料1,560万9千円について、減額理由をただしたのに対し、理事者から「加古川小学校及び野口小学校における給食調理業務委託について,入札等を行った結果,それぞれ約780万円の不用額が生じたものである」との答弁がありました。


 委員から「学校給食調理業務の民間委託は、地産地消や食育の推進等に逆行するものであり、本案については賛成できない」「学童保育については,早朝における保育も導入するなど、さらなる事業の充実に努められたい」との意見、要望がありました。


 委員会は、採決の結果、賛成多数で原案可決と決定いたしました。


 以上、報告いたします。





○議長(渡辺昭良)   委員長の報告は終わりました。


 これより議案第125号について、各委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


 松崎議員。





○(松崎雅彦議員)   議案第125号に対しまして,市民ネットワークとして意見と態度表明を行っていきたいと思います。


 特に、この一般会計補正予算の中身といたしまして、いわゆる評価をされるべきことにつきましては、ご承知のとおり、子育て支援策の一つとして、今まで3歳までの幼児の医療助成の年齢枠の問題につきまして、今回大きく拡大をされてきたこと、こういったことにつきましては、また、保護者の所得要件を削除されたことなどについては、若くして子育てに頑張っておられる保護者の方々からは、早速でありますけれども、評価の声が届いているわけであります。


 しかし、今回の補正予算の内容といたしまして、幾つかの点で指摘をし、賛成できない、その理由を申し上げておきたいと思っております。


 歳出面におきましては、土木費の中の東加古川駅周辺整備事業あるいは都市改造事業における加古川駅北事業等につきましては、いわゆる住民の願いに基づくものでありますので、それぞれの事業については早期に、また順調に推進をしていただくように、まずお願いを申し上げておきたいと思います。


 ただ、1点、教育費の関係におきましては、小学校の教育用コンピューターの導入事業などにつきましては、他市においてはもっと早期に計画的に、そして素早く導入をされてきている経過からも、加古川市におきましては非常におくれた。このことはまず指摘を申し上げ、今後におきましては、子供たちの教育関係につきまして近隣の市町に負けないぐらいの、そうした教育水準を保っていただくようにお願い申し上げたいと思っております。


 それと、もう一つの大きな問題点といたしましては、債務負担行為の中で提示をされている問題であります。特に、新クリーンセンターの運営管理委託事業の関係でありますけれども、平成19年度から33年度までの14年間におきまして、191億7,720万円の債務負担行為になるわけでありますが、この長期契約の問題につきまして、メリット等の問題につきましては私どもも一定判断をするわけでありますけれども、少なくともこの新クリーンセンターの問題につきましては、これまで議会としても大きく議論を醸し出した事業でもあります。そしてまた、一大プロジェクト事業でもあるわけであります。全国的にこのようなクリーンセンターの管理運営等につきまして、また、その委託の問題につきましては、大きな警鐘も鳴らされているわけであります。そうしたことからも、他市でも見直しがされておりますように、少なくとも5年単位等でこの契約を点検してみたり、あるいは、その間の評価による管理指導につきまして徹底できるような、そうした契約状況にすべきである。あるいは、議会にも報告をして、議会の側からも十二分にチェックができるように、そういったことにすべきであると考えるわけでございます。


 また、私の個人的な意見でもありますけれども、浜の宮小学校の給食調理業務委託等につきましては、これまで財政難を錦の御旗として行革緊急行動計画が強行されてきたわけでありますけれども、先進的な自治体におきましては、厳しい財政状況の中にあったとしても、子供たちに関する教育費関係につきましては極めて慎重に財政計画を立てながら、学校給食等につきましてはぎりぎりの段階まで直営を堅持する。そして、子供たちにとって安全でおいしい給食を提供している事例というのはたくさん報告がされているわけであります。そのような状況の中にあるにもかかわらず、加古川市におきましてはコスト問題だけで安易に民間委託をすることにつきましては、私はどうしても納得することができないわけでございます。


 先ほどもありましたように、学校給食の問題につきましては、教育の一環としての食育の問題、あるいは地産地消、こういったこともあわせて、そしてまた、現在の共働き家庭における子供たちの状況をかんがみて、中学校におきましても完全給食が、その実施率も兵庫県や近畿地方ではないほどの実施率が醸し出されていることも指摘をしておきたいと思っております。


 そういったことで、教育費関係につきまして、もっともっと加古川市としての姿勢を改めていただきたい、このことを申し上げておきたいと思います。


 あと1点。永楽園の問題につきましても、行革緊急行動計画の中で民営化をするということになったわけでありますけれども、こういったことについても、やはり行政責任を全うするためには、福祉施設の拠点として直営で堅持すべきである。


 教育関係、福祉関係における政治的な認識等につきまして、改めて指摘をいたしまして、この一般会計補正予算につきましては賛成できないことを申し上げて、態度表明といたします。





○議長(渡辺昭良)   西田議員。





○(西田重幸議員)   ほとんどのことについては、125号については賛成なんですが、今松崎議員からもありました債務負担行為のうちの新クリーンセンターの件ですけども、以前に私も本会議で質問いたしましたし、契約の内容に不正があれば契約を切りかえるというような部長の答弁もあったんですけども、それも何もなされてない。それにまだ、15年、その上に契約ということは、今マスコミでも大変騒がれております官製談合にもつながりかねないという懸念をやはり市民に与えるという観点からも、5年ごとに見直しということですけども、僕にすれば2、3年の見直しでやっていただきたい。


 これについて、この125号については賛成できません。





○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第125号を採決します。


 本案に対する各委員長報告は可決です。本案を原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  [起 立 多 数]


○議長(渡辺昭良)   起立多数であります。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第126号について、委員長報告に対する質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第126号を採決します。


 本案に対する委員長報告は可決であります。本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 しばらくの間、休憩します。直ちに会派代表者会を開催しますので、代表者の方は協議会室にお集まりくださるようお願いいたします。


 会派代表者会終了後、議会運営委員長より議会運営委員会を開催したい旨の申し出がありますので、議会運営委員の方は協議会室へお集まりくださるようお願いいたします。


                (休憩 午前10時07分)


                (再開 午前11時05分)


○議長(渡辺昭良)   休憩前に引き続き会議を開きます。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程第15 議案第136号 〜 ◎日程第16 議案第137号





○議長(渡辺昭良)   日程第15、議案第136号及び日程第16、議案第137号の2件を一括議題とします。


 順次、提案理由の説明を求めます。


 総務部長。





○総務部長(石堂 求)   議案第136号及び議案第137号につきまして、提案理由の説明をいたします。


 冊子番号5をお願いいたします。提案いたします2議案は、いずれも工事請負変更契約締結に関するもので、市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得及び処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 まず、議案第136号につきまして説明申し上げます。


 1ページをごらんください。本案は、別府川10−2号雨水幹線第1工区整備工事請負変更契約締結のことでございます。


 本工事は、平成17年第5回市議会議案第140号で議決をいただき、現在施工中でございます。このたびの変更は、雨水管の推進工事に伴い発生する泥水の処分費が増加したこと、工業用水道管防護のための薬液注入の追加が必要になったこと、大型車通行規制に伴い交通整理員の増員及び昼夜間の配置が必要となったことから、請負金額を変更するものでございます。変更契約の内容につきましては、請負金額4億3,050万円を5,249万4,750円増額し、4億8,299万4,750円に、契約保証金も4,829万9,475円に変更しようとするものでございます。


 契約の相手方は鹿島建設株式会社で、工期は平成19年3月20日で変更はございません。


 なお、参考といたしまして、2ページから5ページにかけまして、変更前後の工事施工内容、位置図、さきに議決をいただきました議案の写し並びに地方自治法の抜粋等を添付いたしておりますので、ごらんください。


 続きまして、議案第137号につきまして、6ページをごらんください。本案は、浜の宮小学校校舎増築工事請負変更契約締結のことでございます。


 本工事は、平成18年第3回市議会議案第99号で議決をいただき、現在施工中でございます。このたびの変更は、緑化など環境に配慮した駐車場整備を行うとともに、児童の安全を確保するための通路の整備が必要となったことから、請負金額を変更するものでございます。


 変更契約の内容につきましては、請負金額1億2,285万円を1,280万5,800円増額し、1億3,565万5,800円に、契約保証金も1,356万5,580円に変更しようとするものでございます。


 契約の相手方は歩信栄建設株式会社で、工期は平成19年3月15日で変更はございません。


 なお、参考といたしまして、7ページから9ページにかけまして、変更に係る工事施工内容、付近見取図、建物配置図並びにさきに議決をいただきました議案の写しを添付しておりますので、ごらんください。


 以上で、議案第136号及び議案第137号の提案理由の説明を終わります。





○議長(渡辺昭良)   提案理由の説明は終わりました。


 お諮りいたします。


 ただいま説明が終わりました本2件につきましては、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、議案第136号について、質疑とあわせ討論に入ります。


 山川議員。





○(山川 博議員)   これ、仕様変更ということの中身は、処分すべき泥水の量が見込みより多かったと。それから、工業用水道管の防護に係る薬液注入は、必要でないというものが必要になったという、こういうことですが、こういうふうなことがなぜ発生するのか。もう少し突っ込んだ説明がいただきたいと。


 それから、付帯工事として交通整理についても、これは特に大型車通行規制は、当初からわかっていたことで、この整理員の見積もり等もなぜ変更せざるを得なくなったのか。もう少し突っ込んだ説明をいただきたいと思います。





○議長(渡辺昭良)   下水道部長。





○下水道部長(山上秀人)   まず、1点目の管布設工の泥水の処分量の5,211トンが7,444トンに増量したという点でございますけれども、この泥水の単位体積質量というのを当初は1.4トンで見ておりました。これは1立米当たりのトン数でございます。しかし、掘削してまいりますと、非常に礫径の大きなものが混じっておりまして、単位体積質量が1立米当たりに2トンという程度になってまいりました。したがいまして、もともとの掘削量が3,722立米あったんですが、全体としての掘削量は当然変わっておりませんけれども、体積質量が0.6トン増えました関係で、これだけの増量となっております。


 薬液注入工につきましては、当初設計段階では企業庁と十分調整したわけでございまして、当初、試掘するか、あるいは昭和40年当時の工業用水管でございまして、図面がないことも予測はしておったんですが、企業庁の方で探していただきまして、図面を入手することができました。これによりまして設計を行いましたが、実際工事に入る前に企業庁立ち会いで試掘いたしますと、当初の高さよりも20センチ深く工業用水道管が入っておりまして、当初の離隔は40センチで、いわゆる雨水管の2,200ミリの一番高いところと工業用水道の管の一番低いところ、これが40センチが20センチ足らずになってしまいまして、薬液防護が必要という企業庁の判断のもとに、薬液注入を33立米計上させていただきました。


 それから、付帯工の交通整理員でございますけれども、通常は設計段階で十分計上しておかなければならない部分でございますけれども、請負業者が道路使用許可を所轄の警察へ協議に参りましたところ、大型トレーラーが通り、夜間に住宅地に進入しては、なかなかバックもできないということで、昼夜間の配置を要請されました。私どもも、やはり安全対策上、加古川警察の指示に従うというようなことで、この配置増員を、大体交差点に当初3名だったものを7名配置し、さらに、24時間体制で安全を期したというところから、昼夜間の24時間交通整理員632人が増加になったということでございます。


 以上でございます。





○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第136号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第137号について、質疑とあわせ討論に入ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   質疑、討論を終了します。


 これより、議案第137号を採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程第17 議案第138号 〜 ◎日程第20 議案第141号





○議長(渡辺昭良)   日程第17、議案第138号から日程第20、議案第141号までの4件を一括議題とします。


 順次、提案理由の説明を求めます。


 市長。





○市長(樽本庄一)   議案第138号から議案第141号の人事案件4件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 まず初めに、議案第138号でございます。冊子番号6番の1ページをごらんください。本議案は、加古川市固定資産評価審査委員会委員選任につき議会の同意を求めることの議案でございます。加古川市固定資産評価審査委員会委員に次の者を選任したいから、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 同意を求める者の住所は、加古川市平岡町一色東1丁目16番地、氏名は泉正紀、生年月日は昭和29年12月20日でございます。


 なお、次ページ以降に参考として、同意を求める者の略歴並びに地方税法抜粋を記載いたしております。


 続きまして、議案第139号でございます。冊子番号6番の4ページをごらんください。本議案も、前議案同様、加古川市固定資産評価審査委員会委員選任につき議会の同意を求めることの議案でございます。


 加古川市固定資産評価審査委員会委員に次の者を選任したいから、地方税法第423条第3項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 同意を求める者の住所は、加古川市平荘町里529番地、氏名は前川和久、生年月日は昭和17年5月12日でございます。


 なお、同意を求める者の略歴につきましては、次ページに掲載しておりますので、よろしくお願いします。


 続きまして、議案第140号でございます。6ページをごらんください。本議案は、人権擁護委員候補者推せんにつき議会の意見を求めることの議案です。人権擁護委員候補者に次の者を推せんしたいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものでございます。


 意見を求める者の住所は、加古川市野口町長砂1068番地、氏名は澁谷芳枝、生年月日は昭和19年10月27日でございます。


 なお、次ページ以降に参考として、意見を求める者の略歴並びに人権擁護委員法抜粋を記載いたしております。


 次に、議案第141号でございます。9ページをごらんください。本議案は、前議案同様、人権擁護委員候補者推せんにつき議会の意見を求めることの議案です。


 意見を求める者の住所は、加古川市尾上町池田296番地の6、氏名は新濱實子、生年月日は昭和15年6月4日でございます。


 なお、次ページに参考として、意見を求める者の略歴を記載いたしております。


 以上、人事案件4件についてご賛同いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わります。





○議長(渡辺昭良)   提案理由の説明は終わりました。


 お諮りします。


 ただいま説明の終わりました本4件については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、議案第138号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第138号を採決します。


 本案を原案のとおり同意することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり同意されました。


 次に、議案第139号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第139号を採決します。


 本案を原案のとおり同意することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり同意されました。


 次に、議案第140号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第140号を採決します。


 本案を原案のとおり推せんすることにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり推せんされました。


 次に、議案第141号について、ご意見等を承ります。


                  [「なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご意見等を終了します。


 これより、議案第141号を採決します。


 本案を原案のとおり推せんすることにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり推せんされました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程第21 〜 ◎日程第22





○議長(渡辺昭良)   日程第21、加古川市選挙管理委員会委員選挙のこと及び第22、加古川市選挙管理委員会委員補充員選挙のことの2件を一括議題とします。


 本2件は、12月24日をもって、委員及び委員補充員の任期が満了となりますので、地方自治法第182条第1項及び同条第2項の規定により、委員4名、委員補充員4名の選挙を行うものであります。


 お諮りします。


 選挙につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、いずれも指名推選の方法により行いたいと思います。これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 さらに、お諮りします。


 指名の方法につきましては、議長において指名することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 まず、加古川市選挙管理委員会委員に、岸本幸平さん、後藤太原麿さん、乾 喧次郎さん、大島瑞代さん、以上の4名を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長において指名しました4名を加古川市選挙管理委員会委員の当選人と定めることにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、ただいま指名しました方々が、加古川市選挙管理委員会委員に当選されました。


 次に、加古川市選挙管理委員会委員補充員に、1番、松本憲三さん、2番、山口久子さん、3番、岸本汐美さん、4番、久保田恵一さん、以上の4名を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長において指名しました4名を加古川市選挙管理委員会委員補充員の当選人と定めることにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、ただいま指名しました方々が、加古川市選挙管理委員会委員補充員に当選されました。


 お諮りします。


 ただいま、山川 博議員ほかから、意見書案第7号、国際刑事裁判所設立条約の早期批准を求める意見書が提出されました。この際、本件を日程に追加し、議題としたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。





―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎日程追加 意見書案第7号





○議長(渡辺昭良)   さらに、お諮りします。


 本件については、意見書案の朗読及び質疑、討論の省略、並びに会議規則第36条第2項の規定により、提案理由の説明及び委員会の付託を省略したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 これより、意見書案第7号について採決します。


 本案を原案のとおり決定することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、本案は原案のとおり可決されました。


 お諮りします。


 ただいま可決しました意見書の字句の修正並びにその取り扱いについては、議長にご一任いただきたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 次に、各常任委員長及び議会運営委員長から、所管の事務について、会議規則第103条の規定により、お手元へ配付しております申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。


 お諮りします。


 各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ございませんか。


                 [「異議なし」の声あり]


○議長(渡辺昭良)   ご異議なしと認めます。


 したがって、以上のように決定しました。


 以上で、今期定例会の会議に付議されました事件は、すべて議了いたしました。


 閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 今期定例会は、去る11月28日に招集されて以来、本日まで11日間にわたり、平成18年度一般会計等の補正予算、条例の改正など、市政の当面する重要な案件の審議でございましたが、終始ご熱心にご審議賜り、市民の代表としての責務を全うされました。ここに、議員各位のご精励とご協力に対し、厚く御礼申し上げます。


 さて、政府においては、景気回復などを背景に税収の増額が見込まれるものの、本市では地方交付税の減額等により、財政運営は依然厳しい状況にあります。歳出をさらに切り詰めることは、ますます厳しくなっている中ではありますが、市民サービスの低下を招くことなく、歳出削減を一段と進め、将来の世代に少しでも負担を残すことのないよう全力を尽くしていただきたいと思います。


 また、審議の過程で表明されました議員の意見や要望事項につきましては、特に考慮を払われ、執行の上に十分反映されますよう、強く要望いたします。


 行政に対する市民の方々の要望は、少子高齢化対策、いじめ・虐待、環境問題等々、多様であり、課題は山積しておりますが、理事者各位におかれましては、「加古川に住み続けたいとだれもが思えるまちづくり」に向け、積極的な施策の展開を期待するものでございます。


 終わりになりましたが、議員各位並びに理事者の皆様方におかれましては、何とぞ健康にご留意され、健やかな初春を迎えられますことをご祈念申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。


 なお、市長より、あいさつしたい旨の申し出がありますので、承ることにいたします。


 市長。





○市長(樽本庄一)   平成18年第5回市議会定例会が閉会されますに当たり、自席からではございますが、お礼のごあいさつを申し上げます。


 今回の定例会におきましては、各会計補正予算をはじめ、6歳児までの医療費自己負担額を無料とする医療の助成に関する条例の一部改正や、後期高齢者医療広域連合の規約の制定に関する協議等、多くの重要案件につきまして滞りなく議了いただき、まことにありがとうございました。


 今議会において議員の皆様方から種々賜りましたご意見、ご要望あるいはご提案等につきましては、これを十分に尊重させていただき、適正かつ効率的な行政運営に一層努力してまいりたいと考えております。


 先般、加古川市でも開催されましたのじぎく兵庫国体少年男子バレーボール、少年男子ソフトボール、女子サッカー、少年女子ハンドボールの各競技についてですが、全国から多くの皆さんにおいでいただき、また、大勢のボランティアや大会関係者のご協力を得て、成功裏のうちに無事に終えることができ、大変うれしく思っております。ありがとうございました。


 なお、神戸製鋼所のばい煙データ改ざん問題につきましては、神戸製鋼所が現在実施しておりますばい煙・粉じん対策について精力的に検証を進め、一日も早く市民の皆さん方の不安を解消し、安心して暮らせるよう早期の解決を図ってまいりたいと考えております。


 年の瀬を迎えまして、これからも寒さも厳しくなってまいりますが、議員の皆さんにおかれましては、健康には十分ご留意いただき、平成19年の新春をご健勝にてお迎えになりますよう心からご祈念申し上げまして、お礼のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。





○議長(渡辺昭良)   以上をもちまして、平成18年第5回加古川市議会定例会を閉会します。


 ご苦労さまでした。


                                 午前11時30分   閉会