議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 豊岡市

平成18年第3回定例会(第6日 6月27日)




平成18年第3回定例会(第6日 6月27日)





────────────────────────────────────────────────


            平成18年第3回豊岡市議会定例会(第6日)


                             平成18年6月27日(火曜日)


────────────────────────────────────────────────


 
                        平成18年6月27日 午前9時30分開議


日程第 1 諸般の報告


日程第 2 請願の取り下げについて


日程第 3 報告第 5号 専決処分したものの報告について


       専決第6号 損害賠償の額を定めることについて


日程第 4 報告第 6号 専決処分したものの承認を求めることについて


       専決第7号 平成17年度豊岡市一般会計補正予算(第9号)


       専決第8号 平成18年度豊岡市老人保健医療事業特別会計補正予算(第


             1号)


       専決第9号 平成18年度豊岡市宅地事業特別会計補正予算(第1号)


日程第 5 報告第 7号 平成17年度豊岡市継続費繰越計算書について


日程第 6 報告第 8号 平成17年度豊岡市繰越明許費繰越計算書について


日程第 7 報告第 9号 平成17年度豊岡市水道事業会計予算の繰越しについて


日程第 8 報告第10号 平成17年度豊岡市下水道事業会計予算の繰越しについて


日程第 9 報告第11号 平成17年度兵庫県町土地開発公社の決算について


日程第10 報告第12号 平成17年度豊岡市土地開発公社の決算について


日程第11 報告第13号 平成18年度豊岡市土地開発公社の事業の計画に関する書類


             (第1回変更)について


日程第12 報告第14号 株式会社日高振興公社第12期の決算及び第13期の事業計


             画に関する書類について


日程第13 第120号議案 市道路線の認定について


日程第14 第121号議案 土地の取得について


      第122号議案 土地の取得について


      第123号議案 土地の取得について


      第124号議案 土地の処分について


      第125号議案 土地の取得について


      第126号議案 土地の処分について


      第127号議案 土地の取得について


      第128号議案 土地の処分について


      第129号議案 土地の取得について


日程第15 第130号議案 工事請負契約の締結について


日程第16 第131号議案 豊岡市市税条例の一部を改正する条例制定について


日程第17 第132号議案 豊岡市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に


              関する条例の一部を改正する条例制定について


日程第18 第133号議案 豊岡市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定につい


              て


日程第19 第134号議案 豊岡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定につ


              いて


日程第20 第135号議案 豊岡市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部を改正


              する条例制定について


日程第21 第136号議案 豊岡市環境審議会条例制定について


日程第22 第137号議案 豊岡市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例制定


              について


日程第23 第138号議案 豊岡市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正す


              る条例制定について


日程第24 第139号議案 平成18年度豊岡市一般会計補正予算(第1号)


日程第25 第140号議案 平成18年度豊岡市国民健康保険事業特別会計(事業勘定


              )補正予算(第1号)


日程第26 第141号議案 平成18年度豊岡市老人保健医療事業特別会計補正予算(


              第2号)


日程第27 第142号議案 平成18年度豊岡市介護保険事業特別会計補正予算(第1


              号)


日程第28 第143号議案 平成18年度豊岡市宅地事業特別会計補正予算(第2号)


              (以上34件、委員長報告、質疑、討論、表決)


日程第29 第144号議案 人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて


              (説明、委員会付託省略、質疑、討論、表決)


日程第30 意見書案第4号 真の地方分権を実現するための地方財政・地方交付税の改


              革を求める意見書の提出について


              (説明、委員会付託省略、質疑、討論、表決)


          ───────────────────────────────


                  本日の会議に付した事件


日程第 1 諸般の報告


日程第 2 請願の取り下げについて


日程第 3 報告第 5号 専決処分したものの報告について


       専決第6号 損害賠償の額を定めることについて


日程第 4 報告第 6号 専決処分したものの承認を求めることについて


       専決第7号 平成17年度豊岡市一般会計補正予算(第9号)


       専決第8号 平成18年度豊岡市老人保健医療事業特別会計補正予算(第


             1号)


       専決第9号 平成18年度豊岡市宅地事業特別会計補正予算(第1号)


日程第 5 報告第 7号 平成17年度豊岡市継続費繰越計算書について


日程第 6 報告第 8号 平成17年度豊岡市繰越明許費繰越計算書について


日程第 7 報告第 9号 平成17年度豊岡市水道事業会計予算の繰越しについて


日程第 8 報告第10号 平成17年度豊岡市下水道事業会計予算の繰越しについて


日程第 9 報告第11号 平成17年度兵庫県町土地開発公社の決算について


日程第10 報告第12号 平成17年度豊岡市土地開発公社の決算について


日程第11 報告第13号 平成18年度豊岡市土地開発公社の事業の計画に関する書類


             (第1回変更)について


日程第12 報告第14号 株式会社日高振興公社第12期の決算及び第13期の事業計


             画に関する書類について


日程第13 第120号議案 市道路線の認定について


日程第14 第121号議案 土地の取得について


      第122号議案 土地の取得について


      第123号議案 土地の取得について


      第124号議案 土地の処分について


      第125号議案 土地の取得について


      第126号議案 土地の処分について


      第127号議案 土地の取得について


      第128号議案 土地の処分について


      第129号議案 土地の取得について


日程第15 第130号議案 工事請負契約の締結について


日程第16 第131号議案 豊岡市市税条例の一部を改正する条例制定について


日程第17 第132号議案 豊岡市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に


              関する条例の一部を改正する条例制定について


日程第18 第133号議案 豊岡市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定につい


              て


日程第19 第134号議案 豊岡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定につ


              いて


日程第20 第135号議案 豊岡市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部を改正


              する条例制定について


日程第21 第136号議案 豊岡市環境審議会条例制定について


日程第22 第137号議案 豊岡市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例制定


              について


日程第23 第138号議案 豊岡市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正す


              る条例制定について


日程第24 第139号議案 平成18年度豊岡市一般会計補正予算(第1号)


日程第25 第140号議案 平成18年度豊岡市国民健康保険事業特別会計(事業勘定


              )補正予算(第1号)


日程第26 第141号議案 平成18年度豊岡市老人保健医療事業特別会計補正予算(


              第2号)


日程第27 第142号議案 平成18年度豊岡市介護保険事業特別会計補正予算(第1


              号)


日程第28 第143号議案 平成18年度豊岡市宅地事業特別会計補正予算(第2号)


              (以上34件、委員長報告、質疑、討論、表決)


日程第29 第144号議案 人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについて


              (説明、委員会付託省略、質疑、討論、表決)


日程第30 意見書案第4号 真の地方分権を実現するための地方財政・地方交付税の改


              革を求める意見書の提出について


              (説明、委員会付託省略、質疑、討論、表決)


          ───────────────────────────────


                    出席議員(29名)


       1番 岡 谷 邦 人         2番 森 田 健 治


       3番 門 間 雄 司         4番 綿 貫 祥 一


       5番 升 田 勝 義         6番 福 田 嗣 久


       7番 伊 藤   仁         8番 梅 谷 光太郎


       9番 古 池 信 幸        10番 村 岡 峰 男


      11番 谷 口 勝 己        12番 古 谷 修 一


      13番 椿 野 仁 司        14番 稲 垣 のり子


      15番 木 谷 敏 勝        17番 伊 賀   央


      18番 青 山 憲 司        19番 奥 村 忠 俊


      20番 安治川 敏 明        21番 芝 地 邦 彦


      22番 上 坂 正 明        23番 吉 岡 正 章


      24番 岡   満 夫        25番 川 口   匡


      26番 森 本 陸 夫        27番 野 口 逸 敏


      28番 広 川 善 徳        29番 森 井 幸 子


      30番 森 田   進


          ───────────────────────────────


                    欠席議員(なし)


          ───────────────────────────────


                    欠  員(1名)


          ───────────────────────────────


                   事務局出席職員職氏名


  局長         田 中 茂 樹  次長         阪 根 一 郎


  主幹         松 本 幹 雄  庶務係長       前 田 靖 子


  議事係主任      大 槻   稔  技能職員       藤 井 正 吾


          ───────────────────────────────


                 説明のため出席した者の職氏名


  市長         中 貝 宗 治  助役         奥 田 清 喜


  収入役        塚 本 信 行  技監         宮 里 憲 一


  企画部長       神 尾 與志廣  行革推進室長     谷 岡 慎 一


  国体推進部長     西 村 昇 一  総務部長       中 川   茂


  防災監兼消防長    菅 村 和 弘  市民生活部長     植 田 政 由


  健康福祉部長     岡 本 幹 雄  健康福祉部参事    湯 口   敏


  商工観光部長     砂 田 利 正  コウノトリ共生部長  太田垣 秀 典


  建設部長       黒 坂   勇  建設部参事      福 井 與司光


  企業部長       竹 本 政 充  城崎総合支所長    齋 藤 哲 也


  竹野総合支所長    神 田 美 稲  日高総合支所長    小 西 康 夫


  出石総合支所長    多 根   徹  但東総合支所長    松 本 和 洋


  教育委員長      久 本 良 光  教育長        石 高 雅 信


  代表監査委員     大 禮 謙 一  農業委員会長     竹 村 公 男


  選挙管理委員会委員長 籏 谷 力 夫  教育次長       村 田 正 次


  監査・選管事務局長  池 上   晃  農業委員会事務局長  井 谷 勝 彦


          ───────────────────────────────





                 ◎午前9時30分開議





○議長(綿貫 祥一) おはようございます。


 ただいまの出席議員数は29名であります。よって、会議は成立いたします。


 これより本日の会議を開きます。


 直ちに日程に入ります。


           ────────・──・────────





◎日程第1 諸般の報告





○議長(綿貫 祥一) 日程第1は、諸般の報告であります。


 まず、本日、当局より追加議案として、第144号議案が提出され、お手元に配付いたしておりますので、ご了承願います。


 次に、議員発議の意見書案第4号が提出され、お手元に配付しておりますので、ご了承願います。


 次に、各常任委員会の行政視察調査報告書をお手元に配付しておりますので、ご清覧願います。


 次に、本日の議事運営について、議会運営委員長の報告を求めます。


 24番、岡満夫議員。


○議会運営委員長(岡 満夫) おはようございます。


 本日の議事運営についてご報告いたします。


 本日は、この後、まず請願者から取り下げの申し出のある請願第1号の取り下げについて議決し、続いて委員会審査の終了した報告第5号ないし報告第14号並びに第120号議案ないし第143号議案の計34件を議案ごとに、関連議案は一括して上程し、委員長報告、質疑、討論、表決いたします。


 次に、本日、当局より追加提出された第144号議案を上程し、説明の後、委員会付託を省略して、全体審議で即決いたします。


 次に、議員発議の意見書案1件を上程し、説明の後、全体審議で即決し、続いて市民福祉委員長、文教委員長、建設経済委員長及び議会運営委員長から申し出いたしております所管事務について、閉会中の継続審査議決を行い、今期定例会を閉会することといたしております。


 以上、本日の議事運営について、よろしくご協力をお願いいたします。以上。


○議長(綿貫 祥一) 以上、報告のとおりご了承願います。


           ────────・──・────────





◎日程第2 請願の取り下げについて





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第2、請願の取り下げについてを議題といたします。


 去る6月15日に請願第1号、次期定数改善計画の実施に関する件について、請願者から取り下げたいとの申し出がありました。


 お諮りいたします。請願第1号の取り下げを許可することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、請願第1号の取り下げは、許可することに決定いたしました。


           ────────・──・────────





◎日程第3 報告第5号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第3、報告第5号、専決処分したものの報告について、専決第6号、損害賠償の額を定めることについてを議題といたします。


 企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 23番、吉岡でございます。報告第5号について、企画総務委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、豊岡市日高消防団のホース干し器に干していた消防ホースが強風にあおられて、隣接する相手方の専用住宅に接触し、屋根がわらを破損させたもので、その損害賠償額の決定について、5月19日付で専決処分を行った報告であります。


 審査の結果、本件については、格別異議なく、了承すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 報告第5号、専決第6号については、企画総務委員長報告のとおり、ご了承願います。


           ────────・──・────────





◎日程第4 報告第6号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第4、報告第6号、専決処分したものの承認を求めることについて、専決第7号ないし専決第9号、平成17年度豊岡市一般会計補正予算(第9号)ほか2件を一括議題といたします。


 まず、専決第7号について、企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 報告第6号、専決第7号中、企画総務委員会に付託されました事項について、審査の結果をご報告いたします。


 当委員会に付託されました事項は、地方譲与税、地方消費税交付金、地方交付税など所管に係る歳入で、額の確定に伴い、歳出における所要の財源更正を行う予算補正の専決を行ったものでございます。


 当局より詳細に説明を受ける中、慎重に審査を行った結果、本件については、格別異議なく、承認すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) 次に、市民福祉委員長の報告を求めます。


 9番、古池議員。


○市民福祉委員長(古池 信幸) 報告第6号、専決第7号中、市民福祉委員会に付託されました事項について、審査の結果をご報告いたします。


 当委員会に付託されました事項は、民生費及び災害復旧費にかかわる部分についてであり、審査の結果、格別異議なく、承認すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) 続いて、文教委員長の報告を求めます。


 17番、伊賀議員。


○文教委員長(伊賀 央) 報告第6号、専決第7号中、文教委員会に付託されました事項について、審査の結果をご報告いたします。


 当委員会に付託されました事項は、教育費に係る部分についてであり、当局より詳細に説明を受ける中、慎重に審査を行った結果、本件については、格別異議なく、承認すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) 次に、建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。報告第6号、専決第7号中、建設経済委員会に付託されました事項について、審査の結果をご報告いたします。


 当委員会に付託されました事項は、総務費、災害復旧費中の関係部分並びに農林水産業費、商工費及び土木費に係る歳入歳出補正並びに地方債補正についてであります。各項目にわたり当局から詳細な説明を求め、慎重に審査を行った結果、本件については、格別異議なく、承認すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) 次に、専決第8号について、市民福祉委員長の報告を求めます。


 9番、古池議員。


○市民福祉委員長(古池 信幸) 報告第6号、専決第8号について、審査の結果をご報告いたします。


 本件は、平成17年度の国県負担金返納金等の交付額が予定を下回り、歳入に不足が生じたため、平成18年度分から繰り上げ充用を行おうとするものであり、審査の結果、格別異議なく、承認すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) 次に、専決第9号について、建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。報告第6号、専決第9号について、建設経済委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、轟地区及び御又地区の土地売り払い収入並びに平成17年度会計の赤字決算に伴う平成18年度会計からの繰り上げ充用金に係る補正を、去る5月31日付をもって専決したことの承認を求めるものであります。


 審査の結果、本件については、格別異議なく、承認すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより各委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本件は、各委員長報告のとおり、いずれも承認することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、報告第6号、専決第7号ないし専決第9号は、いずれも承認することに決定しました。


           ────────・──・────────





◎日程第5 報告第7号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第5、報告第7号、平成17年度豊岡市継続費繰越計算書についてを議題といたします。


 企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 23番、吉岡です。報告第7号について、企画総務委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、一般会計において、知見八鹿線道路整備事業に係る継続費の繰り越しについてであります。


 審査の結果、本件については、格別異議なく、了承すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 報告第7号は、企画総務委員長報告のとおりご了承願います。


           ────────・──・────────





◎日程第6 報告第8号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第6、報告第8号、平成17年度豊岡市繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。


 企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 23番、吉岡でございます。報告第8号について、企画総務委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、一般質問及び簡易水道事業特別会計において、繰り越しした事業ごとの金額及び財源についてであります。


 審査の結果、本件については、格別異議なく、了承すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 報告第8号は、企画総務委員長報告のとおりご了承願います。


           ────────・──・────────





◎日程第7 報告第9号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第7、報告第9号、平成17年度豊岡市水道事業会計予算の繰越しについてを議題といたします。


 建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。報告第9号について、建設経済委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、妙楽寺配水池系送配水管及び老朽配水管整備について、物件移転の調整に日時を要するとともに、豪雪により工事がおくれたために、また第5次拡張の導水管整備について、隣接地の住宅工事の関係により工事がおくれたために、平成18年度に繰り越ししようとするものであります。


 審査の結果、本件については、格別異議なく、了承すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 報告第9号は、建設経済委員長報告のとおりご了承願います。


           ────────・──・────────





◎日程第8 報告第10号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第8、報告第10号、平成17年度豊岡市下水道事業会計予算の繰越しについてを議題といたします。


 建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。報告第10号について、建設経済委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、公共下水道では、豊岡処理区の汚水管渠整備及び雨水管渠整備並びに日高中央浄化センター整備に関し、関係機関、地元等との調整に時間を要するとともに、豪雪により工事がおくれために、また特定環境保全公共下水道事業では、港処理区汚水管渠整備、出石処理区雨水管渠整備及び災害関連等施設整備に関し、地元調整に時間を要するとともに、豪雪、さらには県工事との関係により工事がおくれたために、平成18年度に繰り越ししようとするものであります。


 審査の決算、本件については、格別異議なく、了承すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 報告第10号は、建設経済委員長報告のとおりご了承願います。


           ────────・──・────────





◎日程第9 報告第11号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第9、報告第11号、平成17年度兵庫県町土地開発公社の決算についてを議題といたします。


 企画総務委員長報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 23番、吉岡てございます。報告第11号について、企画総務委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、平成17年度の兵庫県町土地開発公社の決算で、合併前の城崎町、竹野町、日高町、出石町及び但東町に対するものとして提出されたものであります。


 審査の結果、本件については、格別異議なく、了承すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 報告第11号は、企画総務委員長報告のとおりご了承願います。


           ────────・──・────────





◎日程第10 報告第12号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第10、報告第12号、平成17年度豊岡市土地開発公社の決算についてを議題といたします。


 企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 23番、吉岡です。報告第13号について、企画総務委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、平成17年度の豊岡市土地開発公社の決算報告であり、当局の詳細な報告を求め、精査いたしました。


 審査の中で、一部の委員から、空港周辺整備用地など塩漬け土地の積極的な活用を見直すべきとの意見がありましたが、本件は報告案件であり、了承すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


 10番、村岡議員。


○議員(10番 村岡 峰男) 委員長に質問をいたします。


 質問の第1は、昭和58年取得の豊岡駅前広場整備事業用地374平米と、平成2年と3年取得の駅前地区開発事業用地2,327平米、さらに平成3年から12年にかけて取得の空港周辺整備用地201平方キロメートルについて、それぞれ塩漬け状態で、17年度もこの3件だけで2,781万8,106円もの利息を払っています。それぞれ取得時価格は幾らであり、支払い利息の合計は幾らなのか。委員会で明らかにされたと思いますので、まずお答えをください。


○議長(綿貫 祥一) 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) ただいまの質問にお答えいたします。


 まず、取得時の価格につきましては、提案説明のときにあったとおりで、それ以上のことはございません。


 なお、特に今回、駅前広場、駅前地区の関係については、やりとりはございませんでした。空港周辺につきましては、県に対して利用計画を要望するように市についても取り組んでいるという、そういった説明がございましたが、特に具体的な数字についてのやりとりはございませんでした。


 以上でございます。


○議長(綿貫 祥一) 10番、村岡議員。


○議員(10番 村岡 峰男) 昭和58年取得から、豊岡駅前広場整備事業用地については24年が経過をしています。また、平成2年からでも15年、空港周辺用地も14年から5年が経過をしてるわけです。土地開発公社の土地取得の目的からしても、まさに異常な状況だと思います。


 空港周辺用地は、乱開発の防止という目的で広大な用地買収が行われて、乱開発防止どころか、山林を放置状態にした上、地元に管理委託料まで支払う結果になっています。いずれの土地も利息を支払い続けて、土地評価より高い土地をいずれどこかに処分することになると思うのですが、委員会審査では、処分も含めた精算あるいは整備方針はただされたのでしょうか。また、見通しもなく取得をしてきた公社や市当局の責任については議論はあったのか、お聞きをします。


 私は、報告案件だから報告をお聞きしましたでは済まされない状況だと思うのですが、審査の中ではどうであったのか、あわせお聞かせください。


○議長(綿貫 祥一) 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 積極的な活用をしなさいということにつきましては、例えば空港周辺用地につきましては、一般質問で出ました農地の利活用、山林の利活用、そういったことについてのご意見は出ておりましたし、ほかの、先ほども申しましたが、駅前地区、駅前広場、その関係につきましては、特にそういったやりとりはございませんでした。


 特に今回は、先ほども申しましたが、空港周辺用地の関係での議論は行っておりまして、先ほど申したとおりでございます。(発言する者あり)責任問題についての議論は特にございませんでした。ただ、特に空港周辺についてでございますけれども、県に追従した市政の責任は大きいというふうなご発言はございました。


 なお、先ほどの答弁の取得時の価格につきまして特に申しませんでしたが、取得時の価格は説明はございませんが、議案の80ページにありますように、公有用地の明細表がついておりますので、それの説明は受けたところでございます。


 以上でございます。


○議長(綿貫 祥一) ほかにありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 報告第12号は、企画総務委員長報告のとおりご了承願います。


           ────────・──・────────





◎日程第11 報告第13号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第11、報告第13号、平成18年度豊岡市土地開発公社の事業の計画に関する書類(第1回変更)についてを議題といたします。


 企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 23番、吉岡です。報告第13号について、企画総務委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、平成18年度における土地開発公社の事業計画の変更にかかわるもので、都市計画事業代替用地を公募により処分することを主な内容とした事業計画の変更及び補正予算の報告であります。


 審査の結果、本件については、格別異議なく、了承すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 報告第13号は、企画総務委員長報告のとおりご了承願います。


           ────────・──・────────





◎日程第12 報告第14号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第12、報告第14号、株式会社日高振興公社第12期の決算及び第13期の事業計画に関する書類についてを議題といたします。


 建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。報告第14号について、建設経済委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、株式会社日高振興公社第12期の決算及び第13期の事業計画に関する書類の報告であり、審査の結果、格別異議なく、了承すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 報告第14号は、建設経済委員長報告のとおりご了承願います。


           ────────・──・────────





◎日程第13 第120号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第13、第120号議案、市道路線の認定についてを議題といたします。


 建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。第120号議案について、建設経済委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、知見八鹿線の工事の進捗に伴い、県道十戸養父線の一部区間を市道として認定しようとするものであり、審査の結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


 20番、安治川議員。


○議員(20番 安治川敏明) ただいま委員長からもご報告がありましたように、本市道認定は、県道十戸養父線を廃止して、市道の認定に変えようとするものですが、こういう場合は、通常知見八鹿線が県道に認定されるということと引きかえか、あるいはその見込みが明確でない場合には、何ら意味のない市道認定になると思われますが、委員会での審査の過程で、そのようなやりとりはあったのかなかったのか。この点について全く報告がなく、格別異議なくとは、まことに聞こえの悪い報告でありますが、いかがですか。


○議長(綿貫 祥一) 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。お答え申し上げます。


 今、質疑として言われましたことにつきましては、若干の委員会の中でもやりとりがあったことは、そのとおりでございます。その辺のところにつきまして、やりとりがあったわけですけれども、いずれ市で議決するタイミングと県で議決するタイミングが若干のずれがあるということが明白になっておると思います。


 今回の関係につきましては説明させていただきますけれど、先ほど質疑の中にありましたように、十戸養父線の一部を知見坂旧県道線として市道に認定するわけですけれども、現在、並行して知見八鹿線が建設されております。したがいまして、並行してされてる部分につきましては、先に旧県道を知見坂旧県道線として市道認定をするという作業があるということが明白になりました。


 その後、県会の方でいつの提案になるのかはっきりと明確ではありませんけれども、恐らくや次期定例会でその県道の認定になるだろうというような説明は受けたところでございます。


 以上です。


○議長(綿貫 祥一) ほかにありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、建設経済委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第120号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第14 第121号議案ないし第129号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第14、第121号議案ないし第129号議案、土地の取得についてほか8件を一括議題といたします。


 建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。第121号議案ないし第129号議案の9件について、建設経済委員会における審査の結果を一括してご報告いたします。


 本案は、山本地区分譲宅地用地、竹貫地区分譲宅地用地、室見台分譲宅地用地、中川工業用地及び中川分譲宅地用地として、それぞれ土地を取得または処分しようとするものであり、審の結果、格別異議なく、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 討論を打ち切ります。


 お諮りいたします。本案は、建設経済委員長報告のとおり、いずれも原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第121号議案ないし第129号議案は、いずれも原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第15 第130号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第15、第130号議案、工事請負契約の締結についてを議題といたします。


 文教委員長の報告を求めます。


 17番、伊賀議員。


○文教委員長(伊賀 央) 第130号議案について、文教委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、市指定文化財永楽館復原建築工事の施行について、工事請負契約を締結しようとするものであり、慎重な審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 なお、隣接地の建物が接近しているので、後年度に問題を生じないよう十分協議すること。また、管理運営についての慎重な検討を行うこと。さらに、文化財としての価値にかんがみ、工事契約全般にわたり確実なる進行状況の把握に努めること。以上のとおり、本委員会として意見を付し、ご報告を申し上げます。


 以上です。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、文教委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第130号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第16 第131号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第16、第131号議案、豊岡市市税条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 23番、吉岡です。第131号議案について、企画総務委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、地震保険料控除の新設、その他地方税法の改正等に伴う所要の規定の整備を行おうとするものであり、審査の中で一部委員より、景気回復による定率減税廃止とあるが、固定資産税、都市計画税以外は苦しい状況が続いており、定率減税廃止の理由に当たらない。たばこ税についても、禁煙を推奨しながら、増収分を子供の教育費の財源に充てるのは論外であるとの反対意見が出されました。


 一方、賛成の立場から、分権社会の中、権限ばかりの移譲でなく、財源もということでの税制改正である。国の財政が逼迫していることは、直接、間接に地方に響いてくることであり、税源の移譲により地方はみずから分権社会の確立をすべきであるとの意見が出されました。


 このため、採決を行った結果、本案については、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


 20番、安治川議員。


○議員(20番 安治川敏明) 本条例改正に同意しがたいので、意見を申し上げます。


 まず第1点は、ただいまも委員長報告にもございましたが、定率減税がことし限りで廃止になります。これの一方で、またこれに加えて老年者控除の廃止も行われ、このため、勤労者、特に低所得者や年金受給者の暮らしに大打撃があります。当市のこの措置による増収見込みは1億3,000万円程度というご報告でありますが、つまり1億3,000万円、直接現金で市民の購買力を奪い、一方では、特に高齢者を中心に医療費の窓口負担が大幅に引き上げられるという中で、市民所得が上がっていないため、税金の滞納が問題になる中、一層困難な市民の暮らしを強いるものであり、この措置には全く賛成できません。もちろんこれは、地方税法改正を根本とする母法の改正に基づくご提案であることはよく承知しておりますけれども、これを何かあたかも地震、雷のような自然災害のごとく、我々が何の論評も加えず、唯々諾々と可決するのであれば、地方自治の根幹が奪われるということもあわせて申し上げておきたいと思います。


 また次に、たばこ税の税率引き上げが青少年の教育費財源に充てられるという、全く理解しがたい理由で実施されようとしております。たばこ消費税は、もともと物品税、消費税の一種であり、逆累進の最悪の大衆課税であります。さまざまな評価はありますが、ささやかな勤労者の楽しみを奪い、一方では、不健全な嗜好品であると言って口をきわめて、たばこの害を説きながら、一方では、この税金を使って青少年の健全な育成を図る。まさに笑うべき私はこじつけだと思います。また、値上げによってこのたばこの消費が下がれば、不安定な財源でもってこういう財源に充てるのかと。私は、国家のこの不見識な態度について、本議会が唯々諾々とこれに同意するということがあってはならないと思うわけであります。


 なお、一言申し上げますが、今回、市県民税の税率を地方分権の名目で一律10%にいたしました。しかし、一方で、所得税、国税は応分の調整を行うから、市民一人一人の税金については負担は変わらないと、こういうご説明でございました。しかし、皆さん、ご承知のように、3月議会では、所得税部分の所得割の負担が変わらない人たちの一律課税分、これは先回りをして引き上げられているわけであります。地方分権というのであれば、こういう不公平なことはするべきでないというのが根本にあるということで、今回の税率改正についても手放しでこれに賛成して、これが地方分権であるというふうに言うことは、甚だ不愉快な決定であると言わざるを得ないと思います。


 以上、申し上げます。


○議長(綿貫 祥一) ほかにありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 討論を打ち切ります。


 これより、第131号議案を起立により採決いたします。


 本案は、企画総務委員長報告のとおり、原案可決することに賛成の議員の起立を求めます。


       〔賛成者起立〕


○議長(綿貫 祥一) 起立多数であります。よって、第131号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第17 第132号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第17、第132号議案、豊岡市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 23番、吉岡でございます。第132号議案について、企画総務委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、地方公務員災害補償法が改正されたことに伴い、通勤の範囲等について改正を行おうとするものであり、審査の結果、本案については、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、企画総務委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第132号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第18 第133号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第18、第133号議案、豊岡市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 市民福祉委員長の報告を求めます。


 9番、古池議員。


○市民福祉委員長(古池 信幸) 第133号議案について、市民福祉委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、出産育児一時金の支給額を改正する必要があるため、所要の条文整備を行おうとするものであり、審査の結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、市民福祉委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第133号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第19 第134号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第19、第134号議案、豊岡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 市民福祉委員長の報告を求めます。


 9番、古池議員。


○市民福祉委員長(古池 信幸) 9番、古池です。第134号議案について、市民福祉委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、国民健康保険税の税率、その他地方税法の改正に伴い、その算定方法等を改正する必要があるため、所要の条文整備を行おうとするもので、慎重に審査した結果、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 なお、不均一課税が終了する時点における値上がり感を緩和するための財源施策について検討されるよう、委員会として要望いたしておきます。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、市民福祉委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第134号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第20 第135号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第20、第135号議案、豊岡市立保育所の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 市民福祉委員長の報告を求めます。


 9番、古池議員。


○市民福祉委員長(古池 信幸) 9番、古池。第135号議案について、市民福祉委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、豊岡市立西保育園の移転改築に伴い、所要の変更を行おうとするもので、慎重に審査した結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、市民福祉委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第135号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第21 第136号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第21、第136号議案、豊岡市環境審議会条例制定についてを議題といたします。


 建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。第136号議案について、建設経済委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、環境基本計画の策定等に関し、必要な事項を審議する審議会を設置するため、条例を制定しようとするものであり、審査の結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、建設経済委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第136号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第22 第137号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第22、第137号議案、豊岡市立自転車等駐車場の設置及び管理に関する条例制定についてを議題といたします。


 建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。第137号議案について、建設経済委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、自転車等駐車場の管理等に関し、必要な規定を整備し、駐車場利用者の利便の向上を図るため、条例を制定しようとするものであり、審査の結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、建設経済委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第137号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第23 第138号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第23、第138号議案、豊岡市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。第138号議案について、建設経済委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、市営久畑坂中住宅が災害復旧事業の事業用地となることに伴い、市営住宅の用途を廃止しようとするものであり、審査の結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、建設経済委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第138号議案は、原案のとおり可決されました。


 ここで、暫時休憩いたします。再開は10時25分です。


                午前10時13分休憩


           ────────────────────


                午前10時25分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


           ────────・──・────────





◎日程第24 第139号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第24、第139号議案、平成18年度豊岡市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 まず、企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 23番、吉岡でございます。第139号議案中、企画総務委員会に付託されました事項について、審査の結果をご報告いたします。


 当委員会に付託されました事項は、所管事項に係る歳入及び歳出のうちの人件費に係る部分、総務費、消防費、公債費並びに地方債であります。


 各項目にわたり、当局から詳細な説明を求め、慎重に審査を行う中で、一部委員より、豊岡病院跡地利用施設は、市全体の健康増進施設と言いつつも、プールとジムが中心で、竹野、日高、出石の施設との関連の説明が全くなく、各地域の市民利用がわかりにくい。行革が盛んに叫ばれる中、大金をかけることへの市民の疑問がある。また、DBO方式は金額が膨大で、総合計画でさえ10年なのに、なぜ20年の契約期間になるのかとの反対意見が出されました。


 一方、賛成の立場から、豊岡病院跡地の利活用は、合併前の豊岡市の大きな問題であり、研究してきた経緯がある。合併時の新市のまちづくりの中には、この問題は取り上げられている。それなりの手続、手順を踏んで健康増進施設をつくるという今日に至っております。プール、スタジオは公設民営が一番安くなるとの説明も受け、納得してきたつもりである。例のないDBO方式を採用するため、アドバイザーとの協議の中でしっかり取り組むべきであるとの意見が出されました。


 このため、採決を行った結果、本案については、賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) 次に、市民福祉委員長の報告を求めます。


 9番、古池議員。


○市民福祉委員長(古池 信幸) 古池です。第139号議案中、市民福祉委員会に付託されました事項について、審査の結果をご報告いたします。


 本委員会に付託されました事項は、民生費及び衛生費にかかわる部分についてであり、当局より詳細に説明を受け、慎重に審査を行った結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) 続いて、文教委員長の報告を求めます。


 17番、伊賀議員。


○文教委員長(伊賀 央) 第139号議案中、文教委員会に付託されました事項について、審査の結果をご報告いたします。


 当委員会に付託されました事項は、教育費に係る部分についてであり、当局より詳細に説明を受ける中、慎重に審査を行った結果、本案については、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) 次に、建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。第139号議案中、建設経済委員会に付託されました事項について、審査の結果をご報告いたします。


 当委員会に付託されました事項は、総務費、衛生費中の関係部分並びに農林水産業費、商工費及び土木費に係る歳入歳出補正並びに地方債補正についてであります。


 各項目にわたり当局から詳細な説明を求め、慎重に審査を行った結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより各委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


 20番、安治川議員。


○議員(20番 安治川敏明) 本案のうち、旧豊岡病院跡地整備費業務委託料4,000万円について、不同意でありますから、意見を申し上げます。


 この業務委託料は、健康増進施設建設について、20年間の運営収支を予測して、設計、建設、管理運営計画を具体的に示し、かつ公設民営方式で新たな会社を設立して、さらに契約を進めるというための計算を行う顧問、いわゆるアドバイザーを雇うための委託料だと説明されました。市民の間で、プールやジムをつくるということは、かつて旧市町でも事業が行われたり計画をされたりしたことはあるけれども、あえて20年一括の契約の収支を明らかにしないと建設に着手できないという意味がほとんどわからないというのが根本的な問題であろうと思います。


 しかし、当局の説明では、そうした方が安くつくんだというお話でございまして、基本計画には概要の数字が示されました。それによると、施設の建設費は旧第6病棟を含め大体20億円前後であるということであります。ところが、一方で20年間のDBO方式に基づく計算では、大体50億円前後、現在価値で40億円前後という計算であります。仮にこれを是として、当然20年間の概数が示されたわけでありますから、これを算定した根拠は何かということを3月議会で、例えば利用料であるとか毎年の収支見込みであるとかいうものは、どういう数字によったのかというお尋ねをしたところ、6月ごろには仮算定の概要を示すことができるだろうというお話でありました。


 ところが、今議会の質疑、委員会審査等では、これはやっぱりアドバイザーに計算させてみないと根拠ある数字を示すことができないということになってしまいました。つまり簡単に言うと、基本計画に示された数字は丸のみせえというような状況に至っております。しかも公設民営一括の収支を計算しなければならないというのに、示された図によりますと、設計、建設、管理運営は、それぞれ市が直接に契約をするんだということになってきます。私たちの常識からいうと、これはほとんどわからない。


 しかも温水プールやジムということになりますと、旧豊岡市の中にもプールやジムを経営している民間施設もあり、なお、市が直接運営をしたり委託契約をして運営している施設は、出石、日高、竹野に存在します。市長が健康増進をするためにどうしても必要な夢のある施設をつくりたいという趣旨はわからないでもありませんけれども、それならば、日高、出石、竹野の施設との関連はどうなるのかということについては、かなり説明を求めましたけれども、これはこれでまたやっていくんだという程度のことで、ほとんどわからない。


 私は、こういう状況でありますから、少なくともアドバイザーを雇うということであったとしても、健康増進のためには利用料の限度はこれぐらいですよと、あるいは毎年、市が政策的に投入できる運営維持の費用はこれぐらいですよという上限がはっきりしていることが最低限必要。これは、この秋にも採択されようとしている今の行政改革の大綱にも大きな影響がある巨大施設でありますから、財政支出も大きいわけでありますから、私は、どうしてもこれは必要だと思うわけであります。


 また、根本的な問題の一つとして、たとえ合併協議の間でこういう話し合いがあったとしても、合併協議会における新市建設計画は、新市においてこれを具体化する、あるいは基本計画においてよく論議をした上、具体化するということをしばしば繰り返されてきたところでありますから、少なくとも市民が納得のできる計画になるまで、この計画は一たんアドバイザーを雇用するというところまで進まずに、むしろ3月議会で可決をしている用地買収の鑑定委託料その他を活用して、早く用地買収に取り組み、かつ整地や公園化などのめどを立てる。その上で、ここの恒久的な、あるいはまた市民に役立つ計画に関して検討すべきである。市民の間では、プールをつくるぐらいだったら、市営住宅や、そしてまた今、待機中で困っている介護施設などを、今の施設の活用も含めて検討してもらいたいという声が日増しに大きくなってるということも申し上げておきたいと思います。


 以上の理由で、本議会で業務委託料4,000万円を支出することを承認することは時期尚早である上、理由が極めて薄弱であるということを言わざるを得ないと思います。


 以上であります。


○議長(綿貫 祥一) ほかにありませんか。


 24番、岡議員。


○議員(24番 岡 満夫) 24番の岡でございます。議題となっております第139号議案、平成18年度の一般会計補正予算のただいま反対討論のありました豊岡病院跡地利用計画に係る委託費4,000万円について、企画総務委員長の報告に賛成いたし、一言私見を申し上げたいと思います。


 豊岡病院の移転改築は、若干の紆余曲折もございましたが、私たちとともに多くの市民の願いと力で戸牧に完成をいたしました。さきの討論者初め一部の市民から移転反対のあった事業でございましたから、その跡地利用についても、いろいろな思いのあることは容易に想像いたしますが、そもそも本跡地利用計画は、合併前の平成15年8月、豊岡病院組合から検討依頼に基づき、旧豊岡市で検討を重ねた結果、市民の健康づくりを目指す施設整備が必要であると盛り込んだ跡地利用構想案なるものが策定され、当時の市議会、また地元立野地区初め市民への説明がなされたところでございます。


 昨年4月に合併をいたしまして、改めて各分野のメンバーによる豊岡病院跡地利用基本計画策定委員会が設置されまして、市民アンケートも実施される中、検討が重ねられ、本年3月に基本計画が策定されました。本議会においても、説明がなされたところであります。


 私は、高齢化が進行する当地区において、総合健康ゾーンの整備は、老後を健康で生活できる自身の喜びを感じると同時に、医療費、介護給付費など直接・間接的に本市財政負担削減に大きな役割を果たす施設と期待を持っているものであります。さらに、市民の心身の健康増進とともに、憩いやいやしの空間の創出の場として、また多くの市民の集いを通して中心市街地への活性化の起爆剤としての要素も大いに期待するものであります。


 なお、本事業は、財政負担を軽減するために公設民営方式を導入する方針であり、本委託費は、これらの事業推進に向けた具体的事務を進める上において必要不可欠な予算であります。


 最後に、私は、昭和8年4月に神武山のふもとより現跡地に移転して87年間、地元立野地区民の方々に大変お世話になった経過からしても、一日も早い本事業の推進を願うものであります。よって、本予算には賛成をいたすものであります。


 以上。


○議長(綿貫 祥一) ほかにありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 討論を打ち切ります。


 これより、第139号議案を起立により採決いたします。


 本案は、各委員長報告のとおり、原案可決することに賛成の議員の起立を求めます。


       〔賛成者起立〕


○議長(綿貫 祥一) 起立多数であります。よって、第139号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第25 第140号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第25、第140号議案、平成18年度豊岡市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)を議題といたします。


 市民福祉委員長の報告を求めます。


 9番、古池議員。


○市民福祉委員長(古池 信幸) 9番、古池。第140号議案について、市民福祉委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、国保税の応能割の基礎となる所得割の課税標準額、資産割の課税標準額及び税率が確定したこと等に伴い、本予算とするため補正をしようとするものであり、審査の結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、市民福祉委員長のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第140号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第26 第141号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第26、第141号議案、平成18年度豊岡市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 市民福祉委員長の報告を求めます。


 9番、古池議員。


○市民福祉委員長(古池 信幸) 第141号議案について、市民福祉委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、平成17年度の医療費の確定による精算に伴い、所要の補正をしようとするものであり、審査の結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、市民福祉委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第141号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第27 第142号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第27、第142号議案、平成18年度豊岡市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 市民福祉委員長の報告を求めます。


 9番、古池議員。


○市民福祉委員長(古池 信幸) 第142号議案について、市民福祉委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、地域包括支援センターにおける新予防給付のケアマネジメントシステムにかかわる報酬単価の改定に伴う減額等に伴い、所要の予算の補正を行おうとするものであり、審査の結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、市民福祉委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第142号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第28 第143号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第28、第143号議案、平成18年度豊岡市宅地事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 建設経済委員長の報告を求めます。


 25番、川口議員。


○建設経済委員長(川口 匡) 25番、川口です。第143号議案について、建設経済委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本案は、室見台分譲宅地の売却、中川地区分譲宅地の調整池工事等に係る歳入歳出補正であり、審査の結果、格別異議なく、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、建設経済委員長報告のとおり、原案可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第143号議案は、原案のとおり可決されました。


           ────────・──・────────





◎日程第29 第144号議案





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第29、第144号議案、人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについてを議題といたします。


 当局より提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(中貝 宗治) ただいま議題となりました第144号議案、人権擁護委員の推せんにつき意見を求めることについてをご説明申し上げます。


 本案は、国民に保障されてる基本的人権を擁護し、その高揚を図るため、人権擁護委員法に基づき候補者を推薦しようとするものです。


 現委員、木下護氏は、平成18年9月30日に任期が満了しますので、その後任委員の人選について慎重に検討しました結果、人格、識見ともにすぐれ、人権擁護に深いご理解をいただいております同氏を引き続き候補者と定め、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の意見を求めるものです。


 何とぞよろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


○議長(綿貫 祥一) 説明が終わりました。


 お諮りいたします。本案は、委員会審査を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第144号議案は、原案のとおり同意することに決定しました。


           ────────・──・────────





◎日程第30 意見書案第4号





○議長(綿貫 祥一) 次は、日程第30、意見書案第4号、真の地方分権を実現するための地方財政・地方交付税の改革を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 提出者の説明を求めます。


 24番、岡議員。


○議員(24番 岡 満夫) 24番、岡でございます。それでは、文案の朗読をもって提案理由とさせていただきます。


           ────────────────────


   真の地方分権を実現するための地方財政・地方交付税の改革を求める意見書(案)


 地方分権改革は、国と地方のあり方を再構築し、分権型社会システムを確立するための重大な改革である。第1期の「三位一体改革」では3兆円の税源移譲はほぼ達成したものの、国庫補助金の多くは負担率を引き下げただけで、依然、国の強い関与の維持が図られるなど地方の自由度は高まったとは言えない。


 このような中、政府は、今月末にも策定する予定の「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」において、国と地方の税財政改革の方向を改めて示そうとしている。とりわけ、地方交付税については、制度の見直しや総額削減等による一方的な抑制の議論もなされているが、地方交付税の本質はもとより、地方歳出の7割以上が国関連事業で占められている現状、懸命な行財政改革への取り組みによって国を上回る歳出削減をしてきた経緯等を全く無視し、国の責任を単に地方に転嫁しようとするものであり、断じて受け入れられるものではない。


 よって、国におかれては、国と地方の役割分担の明確化により、二重行政の排除や国の過剰な関与の撤廃、真に国が責任を持って負担すべき分野以外の国庫補助負担金制度の廃止はもとより、国と地方の歳出比を踏まえた税源移譲による地方税の充実、地方財政の安定に資する地方交付税の恒久的な法定率の引き上げなど、真の地方分権を実現する地方財政・地方交付税の改革に取り組まれるよう強く要望する。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


   平成18年6月27日


                                       豊岡市議会


           ────────────────────


 何とぞ議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。


 以上です。


○議長(綿貫 祥一) 説明は終わりました。


 お諮りいたします。本案は、委員会審査を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 質疑はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 討論はありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することに決定してご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、意見書案第4号は、原案のとおり可決されました。


 ただいま可決されました意見書案の取り扱いについては、議長に一任願います。


           ────────・──・────────


○議長(綿貫 祥一) 次に、市民福祉委員長、文教委員長、建設経済委員長及び議会運営委員長から、お手元に配付いたしております一覧表のとおり、所管事務について、閉会中の継続調査の申し出があります。


 お諮りします。市民福祉委員長、文教委員長、建設経済委員長及び議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査として付託することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


           ────────・──・────────


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。以上で今期定例会に付議されました案件は、すべて議了いたしました。


 これをもって今期定例会を閉会いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、平成18年第3回豊岡市議会定例会は、これをもって閉会いたします。


                 午前10時51分閉会


           ────────────────────





                  ◎議長あいさつ





○議長(綿貫 祥一) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 今期定例会は、去る6月5日に招集されまして以来、本日まで23日間にわたる会期でありました。この間、当局提出議案35件及び意見書案等、いずれも重要な案件につきまして、議員各位には終始格別のご精励と慎重なご審議をいただき、それぞれ適切な決定を見て、ここに閉会の運びとなりましたことは、市政進展のためまことにご同慶にたえない次第であります。ここに、議員各位のご精励に対し、衷心より深く敬意を表しますとともに、心から厚くお礼を申し上げます。


 さて、今期定例会を顧みますと、市政執行に関する多くの重要課題について活発に議論がなされた議会でございました。中でも、災害復旧や治水対策、行財政改革、豊岡病院跡地利用計画、広域ごみ・汚泥処理問題などは、市政にかかわる重要問題であります。市長初め当局におかれましては、議会審議の過程において述べられました意見、要望などを十分を尊重され、今後の市政運営に格段の配慮をなされますよう強く要望いたしますとともに、懸案、諸課題の解決について、さらに一層の努力を傾注されるよう切望するものであります。


 終わりになりましたが、いよいよこれから暑さも日ごとに加わってまいります。議員各位におかれましては、この上ともご自愛いただきまして、市政進展のため一層ご活躍賜りますようご祈念申し上げ、簡単粗辞でありますが、閉会のごあいさつといたします。ご苦労さまでございました。


           ────────────────────





                  ◎市長あいさつ





○市長(中貝 宗治) 閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 去る6月5日に開会いたしました平成18年第3回市議会は、23日間の長きにわたる全日程を終了し、ただいま閉会の運びになりました。議員各位のご精励に対しまして深く敬意を表します。


 今期市議会には、私から35件の重要案件を提案いたしましたが、いずれも原案どおり適切なるご決定をいただき、厚くお礼申し上げます。


 また、本会議あるいは委員会審査を通じて、行財政改革、子育て支援、豊岡病院跡地利用、産業振興、災害治水対策、教育など市政の各般にわたり議員各位から貴重なご意見、ご提言をいただいたところです。これらのご意見等につきましては、今後の市政執行に当たり十分に心してまいりたいと存じます。


 さて、本市におきましては、コウノトリの野生復帰をシンボルとして、人と自然が共生できるまちづくりを進めていますが、昨秋のコウノトリ自然放鳥の成功も相まって、本市のまちづくりに対する共感の輪が着実に広がりつつあることを実感しているところです。コウノトリ文化館では、去る6月9日、開館6年目にして入館者が100万人に達しました。


 このような中で、このたび河野洋平衆議院議長を本市にお迎えすることになりましたことをご報告申し上げます。


 河野議長は、財団法人鳥類保護連盟の理事でもあり、他の愛鳥百人委員会の会員とともに、コウノトリ野生復帰の取り組みを中心に視察されるものです。


 本年3月には、都内の衆議院議長公邸に河野議長をお訪ねし、放鳥コウノトリの現状や自然再生、環境創造型農業の推進などについてご説明するとともに、本市への視察を要請しておりましたが、実現の運びとなり、大変喜んでいるところです。河野議長は、7月1日に豊岡入りされ、翌2日、コウノトリの郷公園などを視察される予定です。


 また、大手旅行会社などでは、コウノトリの郷公園を含む城崎、出石などをめぐる旅行商品を既に発売しているところであり、一昨日には、本年のコウノトリ自然放鳥に向けて4羽のコウノトリが市内河谷のケージに移されました。


 今後とも、住民、各種団体、関係機関と手を携え、人と自然が共生できるまちづくりを進めるとともに、環境経済戦略の一層の推進を図ってまいります。


 終わりに臨み、日一日と暑さが増し、本格的な夏を迎える季節となりました。海水浴場では間もなく海開きがあり、竹野浜では、本年初の取り組みであるファンタジーナイトフェスタ、ナイター海水浴場が大々的に開催されるなど、市内では、海に山に多くのイベントが予定されています。


 議員各位には、市政の運営に当たりまして、さらなるご理解、ご支援を賜りますとともに、健康に留意され、ますますご活躍いただきますよう祈念申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。


           ────────────────────