議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 豊岡市

平成17年第6回臨時会(第1日11月21日)




平成17年第6回臨時会(第1日11月21日)





────────────────────────────────────────


            平成17年第6回豊岡市議会臨時会(第1日)


                           平成17年11月21日(月曜日)


────────────────────────────────────────


 
                       平成17年11月21日 午前9時30分開会


日程第1 仮議席の指定


日程第2 会議録署名議員の指名


日程第3 諸般の報告


日程第4 議長選挙


日程第5 会期の決定


日程第6 副議長選挙


日程第7 議席の指定


日程第8 常任委員の選任について


日程第9 特別委員会の設置及び委員の選任について


日程第10 議会運営委員の選任について


日程第11 第97号議案 監査委員の選任につき同意を求めることについて


           (説明、委員会付託省略、質疑、討論、表決)


日程第12 北但行政事務組合議会議員の選挙


日程第13 公立豊岡病院組合議会議員の選挙


日程第14 議員提出第7号議案 豊岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正


               する条例制定について


               (説明、委員会付託省略、質疑、討論、表決)


日程第15 報告第16号 専決処分したものの報告について


      専決第252号 損害賠償の額を定めることについて


      専決第253号 損害賠償の額を定めることについて


     報告第17号 専決処分したものの承認を求めることについて


      専決第254号 平成17年度豊岡市一般会計補正予算(第4号)


            (説明、質疑、委員会付託、委員長報告、質疑、討論、表決)


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


日程第1 仮議席の指定


日程第2 会議録署名議員の指名


日程第3 諸般の報告


日程第4 議長選挙


日程第5 会期の決定


日程第6 副議長選挙


日程第7 議席の指定


日程第8 常任委員の選任について


日程第9 特別委員会の設置及び委員の選任について


日程第10 議会運営委員の選任について


日程第11 第97号議案 監査委員の選任につき同意を求めることについて


           (説明、委員会付託省略、質疑、討論、表決)


追加日程 農業委員会委員の解任請求について


追加日程 農業委員会の選任による委員の推薦


日程第12 北但行政事務組合議会議員の選挙


日程第13 公立豊岡病院組合議会議員の選挙


日程第14 議員提出第7号議案 豊岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正


               する条例制定について


               (説明、委員会付託省略、質疑、討論、表決)


日程第15 報告第16号 専決処分したものの報告について


      専決第252号 損害賠償の額を定めることについて


      専決第253号 損害賠償の額を定めることについて


     報告第17号 専決処分したものの承認を求めることについて


      専決第254号 平成17年度豊岡市一般会計補正予算(第4号)


            (説明、質疑、委員会付託、委員長報告、質疑、討論、表決)


      ───────────────────────────────


                  出席議員(29名)


       1番 青 山 憲 司         2番 安治川 敏 明


       3番 伊 賀   央         4番 伊 藤   仁


       5番 稲 垣 のり子         6番 上 坂 正 明


       7番 梅 谷 光太郎         8番 岡   満 夫


       9番 岡 谷 邦 人         10番 奥 村 忠 俊


       11番 門 間 雄 司         12番 川 口   匡


       13番 木 谷 敏 勝         15番 芝 地 邦 彦


       16番 谷 口 勝 己         17番 椿 野 仁 司


       18番 野 口 逸 敏         19番 広 川 善 徳


       20番 福 田 嗣 久         21番 古 谷 修 一


       22番 古 池 信 幸         23番 升 田 勝 義


       24番 村 岡 峰 男         25番 森 井 幸 子


       26番 森 田 健 治         27番 森 田   進


       28番 森 本 陸 夫         29番 吉 岡 正 章


       30番 綿 貫 祥 一


      ───────────────────────────────


                  欠席議員(1名)


       14番 熊 本 善兵衛


      ───────────────────────────────


                  欠  員(なし)


      ───────────────────────────────


                 事務局出席職員職氏名


  局長        田 中 茂 樹  議事係長       松 本 幹 雄


  次長        阪 根 一 郎  議事係主査      大 槻   稔


  庶務係長      前 田 靖 子  技能職員       藤 井 正 吾


      ───────────────────────────────


               説明のため出席した者の職氏名


  市長        中 貝 宗 治  助役         奥 田 清 喜


  収入役       塚 本 信 行  技監         谷 川 俊 男


  企画部長      神 尾 與志廣  行革推進室長     谷 岡 慎 一


  国体推進部長    西 村 昇 一  総務部長       中 川   茂


  防災監兼消防長   菅 村 和 弘  市民生活部長     植 田 政 由


  健康福祉部長    岡 本 幹 雄  商工観光部長     砂 田 利 正


  農林水産部長    太田垣 秀 典  建設部長       井 本 雅 士


  建設部参事     福 井 與司光  企業部長       蘆 田 和 美


  城崎総合支所長   齋 藤 哲 也  竹野総合支所長    神 田 美 稲


  日高総合支所長   小 西 康 夫  出石総合支所長    多 根   徹


  但東総合支所長   松 本 和 洋  教育委員長      久 本 良 光


  教育長       石 高 雅 信  代表監査委員     大 禮 謙 一


  農業委員会長    竹 村 公 男  選挙管理委員会委員長 籏 谷 力 夫


  監査・選管事務局長 池 上   晃  農業委員会事務局長  井 谷 勝 彦


────────────────────────────────────────





                 午前9時30分


○事務局長(田中 茂樹) おはようございます。


 本日招集されました臨時会は一般選挙後最初の議会でありますので、議長が選挙されますまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。


 出席議員中、谷口勝己議員が年長の議員でありますので、ご紹介申し上げます。


                〔臨時議長着席〕


○臨時議長(谷口 勝己) おはようございます。ただいま紹介されました谷口でございます。


 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。何とぞよろしくお願い申し上げます。


          ────────────────────





                ◎午前9時30分開会





○臨時議長(谷口 勝己) ただいまの出席議員数は29名であります。よって、会議は成立いたします。


 ただいまから平成17年第6回豊岡市議会臨時会を開会いたします。


 開議に先立ち、市長よりごあいさつがあります。


 市長。


○市長(中貝 宗治) おはようございます。


 本日、平成17年第6回豊岡市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位にはおそろいでご出席をいただき、厚くお礼申し上げます。


 また、さきに執行されました市議会議員選挙におきましては、めでたくご当選の栄に浴され、ここに改めて心からお祝いを申し上げます。


 新生豊岡市が誕生してから7カ月余りが経過しました。この間、災害により傷ついたふるさとの再生と防災、減災対策に全力を挙げるとともに、可能な限り市内各地域に出かけ、伝統行事や恒例となったイベント、研修会等にも参加し、市民の皆様との触れ合いの機会を持ってきました。この中で改めて感じたことは、それぞれの地域の皆様がみずからの地域を誇りに思い、ふるさととして大切に思っておられるということです。本市では、既に市総合計画や行政改革大綱など新生豊岡市の目指すべき指針づくりに着手していますが、市民の皆様の心をしっかりと受けとめ、夢と希望を抱きつつ日々の暮らしを楽しむことのできるまち、未来への責任を果たせるまち、人口規模は小さくても世界の人々から尊敬され尊重されるまち、小さな世界都市の実現を目指したいと考えています。


 議員各位におかれましては、ふるさと豊岡をよりすばらしいものにしていくため、ますますのご活躍をいただきますとともに、市政運営について格別のご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。


 さて、本日の臨時会は、議会運営の根幹となります人事構成等を決定される重要な議会であるため、私から提案いたします案件は専決処分したものの報告1件、専決処分したものの承認を求めるもの1件、及び人事案件1件の計3件としております。したがいまして、当面する重要課題並びに懸案事項等に対する私の所信については12月の定例市議会に譲ることといたしまして、開会に当たってのあいさつといたします。


○臨時議長(谷口 勝己) 市長のあいさつは終わりました。


 これより本日の会議を開きます。


 直ちに日程に入ります。


          ────────・──・────────








◎日程第1 仮議席の指定








○臨時議長(谷口 勝己) 日程第1、仮議席の指定を行います。


 仮議席は、ただいまご着席の議席と指定いたします。


          ────────・──・────────








◎日程第2 会議録署名議員の指名








○臨時議長(谷口 勝己) 次は日程第2、会議録署名議員の指名であります。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、青山憲司議員、安治川敏明議員の両議員を指名いたします。


          ────────・──・────────








◎日程第3 諸般の報告








○臨時議長(谷口 勝己) 次は日程第3、諸般の報告であります。


 まず、本日の会議に欠席届のありましたのは、熊本善兵衛議員であります。


 次に、村田教育次長から、本臨時会を所用のため欠席したい旨の申し出がありますので、ご了承願います。


 次に、去る11月7日付をもって各会派の結成届が提出され、別紙一覧表のとおり取りまとめ、お手元に配付いたしておりますので、ご清覧願います。


 以上で諸般の報告を終わります。


 この際、暫時休憩いたします。


                午前9時36分休憩


          ────────────────────


                 〔全員協議会〕


          ────────────────────


                午前9時37分再開


○臨時議長(谷口 勝己) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。


          ────────・──・────────








◎日程第4 議長選挙








○臨時議長(谷口 勝己) 次は日程第4、議長選挙を行います。


 お諮りいたします。議長選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○臨時議長(谷口 勝己) ご異議なしと認めます。よって、議長選挙の方法は、指名推選によることといたします。


 さらにお諮りいたします。指名の方法については、臨時議長において指名することにいたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○臨時議長(谷口 勝己) ご異議なしと認めます。よって、臨時議長において指名することに決定しました。


 議長に、綿貫祥一議員を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま臨時議長において指名いたしました綿貫祥一議員を議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○臨時議長(谷口 勝己) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました綿貫祥一議員が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました綿貫祥一議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。


 この際、議長に当選されました綿貫祥一議員より発言を求められておりますので、これを許可いたします。


○議員(30番 綿貫 祥一) ただいま議長推薦によりまして議長を務めさせていただくことになりました綿貫でございます。


 合併いたしましてスタートいたしました新しい市の議会議員選挙、一般選挙後初の議会におきまして議長を務めさせていただくことに、まことに光栄に存じております。


 また、あわせましてその責任の重大さを改めましてひしひしと感じているところでございます。


 もとより足らざるところの多い私でございます。議員各位の格別のご理解とご支援を賜りますようによろしくお願い申し上げる次第でございます。


 また、あわせまして議会事務局の皆さん初め中貝市長初め当局側の皆さんの議会に対するご理解をよろしくお願い申し上げたいと思います。


 言葉足らずで十分意を尽くしませんけれども、就任に当たりまして簡単でございますがごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。(拍手)


○臨時議長(谷口 勝己) 議長のあいさつは終わりました。


 以上で臨時議長としての職務は終わりました。


 年長議員として、臨時会冒頭における重責を無事遂行し得ましたことは、ひとえに議員各位のご協力によるたまものであり、まことに感謝にたえないところであります。一言お礼を申し上げまして、議長を交代いたします。ありがとうございました。(拍手)


 暫時休憩いたします。


              〔臨時議長退席、議長着席〕


                午前9時41分休憩


          ────────────────────


                午前9時42分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


          ────────・──・────────








◎日程第5 会期の決定








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第5、会期の決定についてであります。


 お諮りします。今期臨時会の会期は、本日1日間としたいと思いますが、ご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、会期は、1日間と決定いたしました。


 この際、暫時休憩いたします。


                午前9時43分休憩


          ────────────────────


                 〔全員協議会〕


          ────────────────────


                午前9時44分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。


          ────────・──・────────








◎日程第6 副議長選挙








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第6、副議長選挙を行います。


 お諮りします。副議長選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、副議長選挙の方法は、指名推選によることといたします。


 さらにお諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定しました。


 副議長に、岡谷邦人議員を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました岡谷邦人議員を副議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました岡谷邦人議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました岡谷邦人議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。


 この際、副議長に当選されました岡谷邦人議員より発言を求められておりますので、これを許可いたします。


○議員(9番 岡谷 邦人) おはようございます。岡谷邦人でございます。


 議員の皆様の全会一致でのご賛同いただきました。副議長選挙において、指名推選という栄誉をお与えいただきました。心の奥底からわき上がる感動を覚えているところであります。皆様の温かい心に心より深く感謝を申し上げます。ありがとうございました。


 副議長の重責を汚すことなく、しっかり頑張ってまいりたいと思います。この感激を市民の皆様の福祉向上のために力いっぱい役立ててまいりたいと決意を新たにしているところであります。


 何分浅学非才、微力でございます。皆様の温かいご支持、ご声援、ご協力をお願いをいたしまして、就任のごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)


○議長(綿貫 祥一) 副議長のあいさつは終わりました。


 この際、暫時休憩いたします。


                午前9時47分休憩


          ────────────────────


                 〔全員協議会〕


          ────────────────────


                午前9時47分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。


          ────────・──・────────








◎日程第7 議席の指定








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第7、議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定いたします。


 この際、議席番号及び氏名を朗読いたします。


 1番、岡谷邦人議員、2番、森田健治議員、3番、門間雄司議員、4番、綿貫祥一、5番、升田勝義議員、6番、福田嗣久議員、7番、伊藤仁議員、8番、梅谷光太郎議員、9番、古池信幸議員、10番、村岡峰男議員、11番、谷口勝己議員、12番、古谷修一議員、13番、椿野仁司議員、14番、稲垣のり子議員、15番、木谷敏勝議員、16番、熊本善兵衛議員、17番、伊賀央議員、18番、青山憲司議員、19番、奥村忠俊議員、20番、安治川敏明議員、21番、芝地邦彦議員、22番、上坂正明議員、23番、吉岡正章議員、24番、岡満夫議員、25番、川口匡議員、26番、森本陸夫議員、27番、野口逸敏議員、28番、広川善徳議員、29番、森井幸子議員、30番、森田進議員、以上のとおり議席を指定いたします。


 この際、暫時休憩いたします。休憩中にただいま変更いたしました議席にご着席をお願いいたします。


               午前 9時49分休憩


          ────────────────────


                 〔全員協議会〕


          ────────────────────


               午前10時01分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。


          ────────・──・────────








◎日程第8 常任委員の選任について








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第8、常任委員の選任についてであります。


 お諮りいたします。常任委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、議長指名の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、議長指名によることに決定いたしました。


 これより指名いたします。


 まず、企画総務委員に安治川敏明議員、梅谷光太郎議員、岡満夫議員、野口逸敏議員、福田嗣久議員、森井幸子議員、森田健治議員、吉岡正章議員、綿貫祥一、以上9名。


 次に、市民福祉委員に青山憲司議員、稲垣のり子議員、上坂正明議員、木谷敏勝議員、古谷修一議員、古池信幸議員、森田進議員、以上7名。


 次に、文教委員に伊賀央議員、岡谷邦人議員、奥村忠俊議員、芝地邦彦議員、谷口勝己議員、広川善徳議員、升田勝義議員、以上7名。


 次に、建設経済委員に伊藤仁議員、川口匡議員、門間雄司議員、熊本善兵衛議員、椿野仁司議員、村岡峰男議員、森本陸夫議員、以上7名。


 お諮りいたします。ただいま指名のとおりそれぞれの常任委員に選任することに決定してご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました以上の議員をそれぞれの常任委員に選任することに決定しました。


 なお、議長の委員会所属についてでありますが、慣例に従い常任委員を辞退したいと思いますので、そのようにご了承願います。


          ────────・──・────────








◎日程第9 特別委員会の設置及び委員の選任について








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第9、特別委員会の設置及び委員の選任についてであります。


 お諮りいたします。別紙設置要綱のとおり、8人の委員をもって構成する議会広報特別委員会、13人の委員をもって構成する災害復旧・復興調査特別委員会及び8人の委員をもって構成する交通網問題調査特別委員会を設置することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 さらにお諮りいたします。ただいま設置されました各特別委員会の委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、議長指名の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、議長指名によることに決定しました。


 これより指名いたします。


 まず、議会広報特別委員に安治川敏明議員、伊藤仁議員、稲垣のり子議員、岡満夫議員、門間雄司議員、野口逸敏議員、森井幸子議員、森田健治議員、以上8名。


 次に、災害復旧・復興調査特別委員に青山憲司議員、伊賀央議員、上坂正明議員、奥村忠俊議員、木谷敏勝議員、熊本善兵衛議員、谷口勝己議員、椿野仁司議員、古池信幸議員、升田勝義議員、森田進議員、森本陸夫議員、吉岡正章議員、以上13名。


 続いて、交通網問題調査特別委員に梅谷光太郎議員、岡谷邦人議員、川口匡議員、芝地邦彦議員、広川善徳議員、福田嗣久議員、古谷修一議員、村岡峰男議員、以上8名。


 お諮りいたします。ただいま指名のとおりそれぞれの特別委員に選任することに決定してご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました以上の議員をそれぞれの特別委員に選任することに決定しました。


 この際、暫時休憩いたします。再開は10時40分。


               午前10時06分休憩


          ────────────────────


               午前10時40分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。


          ────────・──・────────


○議長(綿貫 祥一) 休憩中に各委員会が開催され、正副委員長の互選が行われておりますので、その結果をご報告いたします。


 企画総務委員長に吉岡正章議員、同副委員長に森田健治議員。市民福祉委員長に古池信幸議員、同副委員長に上坂正明議員。文教委員長に伊賀央議員、同副委員長に芝地邦彦議員。建設経済委員長に川口匡議員、同副委員長に椿野仁司議員。議会広報特別委員長に稲垣のり子議員、同副委員長に伊藤仁議員。災害復旧・復興調査特別委員長に森田進議員、同副委員長に熊本善兵衛議員。交通網問題調査特別委員長に古谷修一議員、同副委員長に広川善徳議員。以上のとおりであります。


 この際、暫時休憩いたします。


               午前10時41分休憩


          ────────────────────


                 〔全員協議会〕


          ────────────────────


               午前10時42分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。


          ────────・──・────────








◎日程第10 議会運営委員の選任について








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第10、議会運営委員の選任についてであります。


 お諮りいたします。議会運営委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、議長指名の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、議長指名によることに決定しました。


 これより指名いたします。


 議会運営委員に伊賀央議員、上坂正明議員、岡満夫議員、川口匡議員、広川善徳議員、古池信幸議員、森本陸夫議員、吉岡正章議員、以上8名。


 お諮りいたします。ただいま指名のとおり議会運営委員に選任することに決定してご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました以上の議員を議会運営委員に選任することに決定しました。


 この際、暫時休憩いたします。再開は10時55分。


               午前10時43分休憩


          ────────────────────


               午前10時52分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。


 休憩中に議会運営委員会が開催され、正副委員長の互選が行われておりますので、その結果をご報告いたします。


 議会運営委員長に岡満夫議員、同副委員長に森本陸夫議員、以上のとおりであります。


 この際、暫時休憩いたします。


               午前10時53分休憩


          ────────────────────


                 〔全員協議会〕


          ────────────────────


               午前10時55分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。


          ────────・──・────────








◎日程第11 第97号議案








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第11、第97号議案、監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(中貝 宗治) ただいま議題となりました第97号議案、監査委員の選任につき同意を求めることについてをご説明申し上げます。


 議員選出の監査委員、小西貞夫氏は、去る10月31日をもって任期満了となりましたので、その後任として野口逸敏氏を選任したいと存じます。


 よって、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものです。


 なお、議案中、空白となっております住所を豊岡市日高町山宮814番地の1、氏名を野口逸敏、生年月日を昭和20年11月8日とご記入いただきまして、よろしくご賛同賜りますようお願い申し上げます。


○議長(綿貫 祥一) 説明は終わりました。


 この際、地方自治法第117条の規定により、野口逸敏議員の退席を求めます。


             〔27番 野口逸敏議員 退場〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、同意人事に関する案件でありますので、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑なしと認め、質疑を打ち切ります。


 討論ありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 討論を打ち切ります。


 お諮りいたします。本案は、原案のとおり同意することに決定してご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、第97号議案は、原案のとおり同意することに決定しました。


 退席者の着席を求めます。


             〔27番 野口逸敏議員 入場〕


          ────────・──・────────








◎追加日程 農業委員会委員の解任請求について








○議長(綿貫 祥一) この際、ご報告いたします。


 当議会推薦の農業委員会委員、滝本実氏及び森本陸夫議員より辞任の申し出がありました。


 お諮りいたします。農業委員会委員の解任請求についてを本日の日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 お諮りいたします。まず、農業委員会等に関する法律第17条の規定に基づき、滝本実氏の農業委員会委員の解任請求を行うことにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 次に、この際、地方自治法第117条の規定により、森本陸夫議員の退席を求めます。


             〔26番 森本陸夫議員 退場〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。農業委員会等に関する法律第17条の規定に基づき、森本陸夫議員の農業委員会委員の解任請求を行うことにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 退席者の着席を求めます。


             〔26番 森本陸夫議員 入場〕


          ────────・──・────────








◎追加日程 農業委員会の選任による委員の推薦








○議長(綿貫 祥一) この際、お諮りいたします。農業委員会の選任による委員の推薦を本日の日程に追加し、直ちに推薦を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 この際、地方自治法第117条の規定により、古谷修一議員の退席を求めます。


             〔12番 古谷修一議員 退場〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号の規定により、古谷修一議員を農業委員会の選任による委員として推薦することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、古谷修一議員を農業委員会の選任による委員として推薦することに決定しました。


 退席者の着席を求めます。


             〔12番 古谷修一議員 入場〕


○議長(綿貫 祥一) 続いて、地方自治法第117条の規定により、村岡峰男議員の退席を求めます。


             〔10番 村岡峰男議員 退場〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号の規定により、村岡峰男議員を農業委員会の選任による委員として推薦することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、村岡峰男議員を農業委員会の選任による委員として推薦することに決定しました。


 退席者の着席を求めます。


             〔10番 村岡峰男議員 入場〕


          ────────・──・────────








◎日程第12 北但行政事務組合議会議員の選挙








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第12、北但行政事務組合議会議員の選挙であります。


 お諮りいたします。北但行政事務組合議会議員の選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 さらにお諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定しました。


 北但行政事務組合議会議員に安治川敏明議員、上坂正明議員、梅谷光太郎議員、岡満夫議員、川口匡議員、熊本善兵衛議員、谷口勝己議員、椿野仁司議員、升田勝義議員、森井幸子議員、吉岡正章議員、以上11名を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました11人の議員を北但行政事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました11名の議員が北但行政事務組合議会議員に当選されました。


 ただいま当選されました安治川敏明議員、上坂正明議員、梅谷光太郎議員、岡満夫議員、川口匡議員、谷口勝己議員、椿野仁司議員、升田勝義議員、森井幸子議員、吉岡正章議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。


          ────────・──・────────








◎日程第13 公立豊岡病院組合議会議員の選挙








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第13、公立豊岡病院組合議会議員の選挙であります。


 お諮りいたします。公立豊岡病院組合議会議員の選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 さらにお諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定しました。


 公立豊岡病院組合議会議員に伊賀央議員、伊藤仁議員、稲垣のり子議員、奥村忠俊議員、木谷敏勝議員、芝地邦彦議員、古谷修一議員、森田健治議員、森田進議員、森本陸夫議員、以上10名を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました10名の議員を公立豊岡病院組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました10名の議員が公立豊岡病院組合議会議員に当選されました。


 ただいま当選されました伊賀央議員、伊藤仁議員、稲垣のり子議員、奥村忠俊議員、木谷敏勝議員、芝地邦彦議員、古谷修一議員、森田健治議員、森田進議員、森本陸夫議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。


 この際、暫時休憩いたします。


               午前11時05分休憩


          ────────────────────


                 〔全員協議会〕


          ────────────────────


               午前11時06分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。


          ────────・──・────────








◎日程第14 議員提出第7号議案








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第14、議員提出第7号議案、豊岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 提出者の説明を求めます。


 24番、岡満夫議員。


○議員(24番 岡 満夫) それでは、ただいま提案されました議員提出第7号議案、豊岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例制定についてをご説明いたします。


 本案は、任期満了の年における政務調査費の交付対象月を改正するため、豊岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例を別紙のとおり定めようとするものであります。


 内容につきましては、次のページをごらんいただきたいと思います。


 第3号第4項に「ただし、議員の任期が満了する日の属する月の翌月に会派が新たに結成された場合は、当該会派が結成された日の属する月又はその翌月に当該会派が結成された日の属する月以後の月分の政務調査費を交付する」を追加するものであります。


 なお、本条例は公布の日から施行し、この条例における改正後の豊岡市議会政務調査費の公布に関する条例の規定は平成17年11月1日から適用することといたしております。


 次のページに新旧対照表を添えておりますので、ご清覧賜りたいと思います。


 以上、簡単ではありますが、提案理由の説明とさせていただきます。何とぞ議員のご賛同を賜りますようお願いいたします。以上。


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、委員会審査を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


 質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、議員提出第7号議案は、原案のとおり可決されました。


          ────────・──・────────








◎日程第15 報告第16号及び報告第17号








○議長(綿貫 祥一) 次は日程第15、報告第16号、専決処分したものの報告についてほか1件を一括して議題といたします。


 当局より提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(中貝 宗治) ただいま議題となりました報告第16号、専決処分したものの報告について及び報告第17号、専決処分したものの承認を求めることについてをご説明申し上げます。


 まず、報告第16号につきましては、市職員の公用車による交通事故に関し、市長に委任する専決処分事項の指定についての規定により、損害賠償の額を定めることについて2件を専決処分をしましたので、地方自治法第180条第2項の規定により議会に報告するものです。


 次に、報告第17号につきましては、平成17年度豊岡市一般会計補正予算(第4号)を専決処分しましたので、地方自治法第179条第3項の規定により報告し、承認を求めるものです。


 この補正予算は、去る10月27日に言い渡された甲子園土地企業株式会社訴訟の第一審判決において、原告、甲子園土地企業株式会社の主張が一部認容されたことに伴い、判決額を支払うためのもので、本市の支払い義務分として訴訟賠償金279万1,000円を計上しています。


 甲子園土地企業株式会社訴訟については、9月議会においても訴訟の概要と判決への対応についてご説明したところですが、判決では原告と被告20市との間に競輪場の貸借契約継続の合意があったとする根拠はなく、被告には信義則上の義務違反も発生してないとして、原告の損害賠償請求は棄却されました。


 しかし、選手宿舎建設費用のうち原告、被告のどちらが負担すべきかが争われた部分については、本来、被告が建設すべき施設であったという前提に立ち、被告に負担義務があると判断されました。この対応について、被告20市による訴訟対策委員会で協議した結果、控訴せず判決額を支払うと決定しましたので、本市においてもこれと同一歩調をとることとし、この補正予算を専決したものです。


 なお、原告においては、判決で棄却された部分を不服として、11月8日に控訴手続をとっています。


 議案の詳細については担当部長からご説明いたしますので、よろしくご審議いただき、適切なるご決定を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(綿貫 祥一) 日高総合支所長。


○日高総合支所長(小西 康夫) それでは、報告第16号の専決処分2件について最初にご説明申し上げます。


 最初に、誤字の訂正をお願いいたします。失礼しております。


 3ページでございます。一番下、事故の概要の欄がございます。この欄の2行目、一番右側ですけれども「バックし、調査宅へ侵入したところ」というふうにございます。この「侵入」の「侵」という字がちょっと間違っておりました。進むという字でございます。大変失礼いたしました。訂正方よろしくお願いいたします。


 内容でございます。


 まず最初に、2ページの方の専決第252号でございます。


 交通事故の損害賠償につきまして、当事者との合意に達しましたので、平成17年10月1日付で損害賠償の額を確定しまして、示談を行ったものでございます。


 内容につきましては、書いておりますけれども、平成17年の8月1日午後4時、日高支所庁舎横の日高健康福祉センター前交差点で発生いたしました交通事故による物損事故でございまして、日高総合支所の健康福祉課職員が健康福祉センター前の交差点を公用車で通過しようとした際に、優先道路を直進してきました車両と接触しまして、相手方車両右フェンダー部分に損害を与えたものでございます。


 相手方は、豊岡市日高町観音寺724番地、鳥尾いつ子様でございます。損害賠償額14万8,697円でございます。


 それから、次に3ページ、専決第253号でございます。これも当事者との合意に達しましたので、平成17年10月1日に専決によりまして賠償額を決定しまして、示談を行ったものでございます。


 内容でありますが、書いておりますとおり9月8日の午後1時半ごろ、豊岡市日高町万場434番地で発生しました交通事故による物損事故でございまして、日高総合支所健康福祉課職員が公用車で訪問調査宅の進入路にバックで進入しようとしました際に駐車中の車両に接触して、相手方車両の右後部側面に損害を与えたものでございます。


 相手方は豊岡市日高町万場434番地、田中和司様でございまして、損害賠償額6万9,000円でございます。


 事故の概要につきましては以上でございますけれども、連続して日高支所の職員が事故を起こしました点、大変気にいたしております。まことに申しわけございませんでした。今後十分気をつけますので、何とぞよろしくお願いいたしたいと思います。


 なお、この2件の賠償額につきましては、いずれも全国市有物件災害共済会により補てんされることになっております。


 以上、よろしくお願いします。


○議長(綿貫 祥一) 総務部長。


○総務部長(中川 茂) それでは、議案の4ページをお願いいたします。


 報告第17号、専決処分したものの承認を求めることにつきましてご説明を申し上げます。


 本件は、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、平成17年度豊岡市一般会計補正予算(第4号)を専決処分を行いましたので、同条第3項の規定により報告をし、承認を求めるものでございます。


 次の5ページをお願いいたします。第1条では、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ279万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を599億4,988万4,000円といたしております。


 また、専決日につきましては、本年11月4日といたしております。


 補正内容ですが、14ページをお願いしたいと思います。性質別歳出内訳で、商工費、補助費等に279万1,000円を計上しております。これにつきましては、甲子園土地企業株式会社に係る競輪訴訟で、去る10月27日に言い渡されました判決において、被告20市に負担義務があるとされた選手宿舎の建設費用の本市の支払い額であります。


 判決において認容されました230万、そして遅延金49万1,000円、この両者を加えた額となっています。


 このことにつきまして、若干ご説明申し上げますと、旧豊岡市では昭和48年に設立をされました兵庫県市町競輪事務組合に加入をいたしまして、平成13年度まで西宮そして甲子園、2つの競輪場を借り上げ、競輪事業を開催してまいりました。


 事業の撤廃後、現在、4件の損害賠償請求訴訟が係争中でありますが、そのうち競輪場の所有会社であります甲子園土地企業株式会社につきましては、事務組合が事業撤退により競輪場賃貸借契約の更新を行わなかったのは一方的な契約破棄による債務不履行ないしは信義則上の義務違反があるとして、平成14年4月5日に被告20市を相手取り訴訟を提起しました。損害賠償額としましては、60億2,923万1,324円が請求額でございます。


 また、この損害賠償額とは別に事務組合において未払い金があるとして、選手宿舎建設費用の負担合意に基づく補償請求、これは具体的に申し上げますと原告は借り入れを行った銀行に支払った解約手数料等1億1,029万5,632円でございますが、その補償請求についても請求を行っておりました。


 判決では、前段の損害賠償請求額60億2,923万1,324円につきましては全面的に棄却をされまして、後段の補償請求額1億1,029万5,632円とその遅延金2,353万3,772円、合わせまして1億3,382万9,404円を支払うように命じられました。


 判決後、本年10月31日に開催をされました被告20市の訴訟対策委員会、これは20市の間で足並みをそろえて対応しようというふうなことで今日まで参っておりますが、その対策委員会で協議を行いましたけれども、原告の主張のうち大半を占める損害賠償請求部分については棄却をされておりまして、認容されました補償請求部分については他の訴訟には影響しないであろうといったこと、さらには控訴した場合の見通し等総合的に判断を行いました結果、判決に従い、この額を支払おうといったことになりました。


 このうち、豊岡市におきます請求配分率につきましては2.085%でありますので、最初に申し上げましたとおり豊岡市としての額は279万1,000円といったことで、今回予算計上をいたしております。


 次の15ページでございますが、ここには財源内訳として掲げておりますけれども、全額地方交付税で措置をいたしております。


 補正予算の第4号につきましては以上のとおりであります。よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(綿貫 祥一) 説明が終わりました。


 これより報告第16号及び報告第17号の2件について一括して質疑に入ります。質疑はありませんか。


 30番、森田進議員。


○議員(30番 森田 進) 専決251号の交通事故の問題でございますけども、損害賠償の額を定める専決についてはわかりましたんですけども、この示談書というんですか、この事故の双方の承諾というんですか、これで終わりましたというような示談書的なもんはあるんですかないんですか、どうでしょう。


○議長(綿貫 祥一) 答弁願います。


 総務部長。


○総務部長(中川 茂) 両件につきましても、当然これは示談書は交わしております。


○議長(綿貫 祥一) 30番、森田進議員。


○議員(30番 森田 進) その示談書があるんなら、なぜつけていただけないんでしょうかね、こういうときには。


○議長(綿貫 祥一) 総務部長。


○総務部長(中川 茂) 示談書に書かれております内容はほぼこの議案の中で示しておりますし、また委員会でもご説明申し上げてありますので、特段議案として参考資料でつける予定はいたしておりません。


○議長(綿貫 祥一) 30番、森田進議員。


○議員(30番 森田 進) できればつけていただきたいですね、これからは。頻繁にあるわけですから、事故が。何回あるですか、これね。交通事故ばっかり起こしてるわけです。損害賠償の額の専決はよくわかってるんですけども、示談書はどないなっとるんだと。本当に相手はわかってたのか、理解したのか、納得したのかというとこら辺が、できれば出していただくことも親切になるんじゃないでしょうかと思いますので、要望しておきます。


○議長(綿貫 祥一) ほかにありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 ただいま議題となっております報告第16号及び報告第17号、専決したものの報告についてほか1件については、お手元に配付しております付託分類表のとおり企画総務委員会に審査を付託いたしますので、ご了承願います。


 この際、暫時休憩いたします。再開は午後1時30分。


               午前11時24分休憩


          ────────────────────


               午後 1時29分再開


○議長(綿貫 祥一) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 午前中行いました北但行政事務組合議会議員選挙で当選されました熊本善兵衛議員につきましては、本日、本会議を欠席でありましたので、休憩中に電話で告知をし、当該議員就任の承諾を得ましたので、報告をいたしておきます。


 これより報告第16号、専決処分したものの報告について、専決第252号及び専決第253号、損害賠償の額を定めることについてほか1件について、企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 報告第16号、専決第252号及び専決第253号について、企画総務委員会における審査の結果をご報告いたします。


 まず、専決第252号ですが、本件は日高総合支所健康福祉課職員が公用車で交差点を直進した際、優先道路を直進してきた相手方車両と接触し、相手方の車両右側面に損害を与えた事故にかかわるもので、その損害賠償額の決定について、10月1日付で専決処分を行った報告であります。


 審査の結果、本件については、格別異議なく了承すべきものと決定しました。


 次に専決第253号ですが、本件は日高総合支所健康福祉課職員が公用車で訪問調査に出かけた際、バックし調査宅へ進入したところ、駐車中の相手方車両と接触し、相手方の車両右後部側面に損害を与えた事故にかかわるもので、その損害賠償額の決定について、10月1日付で専決処分を行った報告であります。


 審査の結果、本件についても、格別異議なく了承すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 報告第16号は、企画総務委員長報告のとおりご了承願います。


 次に、報告第17号、専決処分したものの承認を求めることについて、企画総務委員長の報告を求めます。


 23番、吉岡議員。


○企画総務委員長(吉岡 正章) 吉岡です。報告第17号、専決第254号について、企画総務委員会における審査の結果をご報告いたします。


 本件は、競輪訴訟に係る神戸地方裁判所尼崎支部の判決が平成17年10月27日に出されたことに伴い、判決額のうち本市負担分279万1,000円の予算補正であります。


 審査の結果、本件については、格別異議なく了承すべきものと決定しました。


 以上、ご報告いたします。


○議長(綿貫 祥一) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 質疑を打ち切ります。


 これより討論に入ります。討論はありませんか。


              〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) 討論を打ち切ります。


 お諮りいたします。本件は、企画総務委員長報告のとおり承認することに決定してご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、報告第17号は、承認することに決定しました。


          ────────・──・────────


○議長(綿貫 祥一) 続いて、議会運営委員長からお手元に配付しております一覧表のとおり所掌事務について、閉会中の継続審査の申し出があります。


 お諮りいたします。議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査として付託することにご異議ありませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認め、そのように決定しました。


          ────────・──・────────


○議長(綿貫 祥一) お諮りいたします。以上で今期臨時会の会議に付議されました案件はすべて議了いたしました。


 これをもって今期臨時会を閉会いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(綿貫 祥一) ご異議なしと認めます。よって、平成17年第6回豊岡市議会臨時会はこれをもって閉会いたします。


                午後1時33分閉会


          ────────────────────





                 ◎議長あいさつ





○議長(綿貫 祥一) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 今期臨時会は、さきに執行されました一般選挙後、30名の議員による初めての議会でありました。ここに議会各役員の選出を始め付議されました案件をすべて議了し、閉会の運びとなりましたことは、市政の進展のためまことにご同慶にたえないところでございます。


 今朝来の議員各位のご精励に対し深く敬意をあらわし、衷心より厚くお礼を申し上げます。


 さて、この4月1日に合併して以来、半年余りが経過いたしましたが、この間、議会は在任特例の中で新市の方向を定めるべく真摯な議論を展開してまいりました。昨今の地方自治を取り巻く諸情勢は一段と厳しさを増すことが予想されますが、新しい期を託された私たち30名の議員は市民の熱い思いをしっかり胸に受けとめ、今後の議会活動に邁進することをお誓いするものでございます。


 議員各位におかれましては、格別のご精励を賜りますとともに、今後の議会の適切なる運営にご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 また、当局におかれましても「未来創造−豊かな自然と文化を活かしたやすらぎのまち」の実現と、昨年襲来した台風23号による災害の復旧、復興はもとより、諸課題の解決に向けて一層の努力を傾注され、市政の推進に万全を期していただきますよう申し上げるものでございます。


 終わりに臨み、日増しに寒気が加わるきょうこのごろでございますが、議員各位にはご慈愛をいただきまして、市政発展のためご活躍賜りますようご祈念申し上げ、閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。


          ────────────────────





                 ◎市長あいさつ





○市長(中貝 宗治) 閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 議員改選後の初議会でありました今期臨時市議会は、議長、副議長を始め議会の人事構成等も決定し、滞りなく全日程を終了されました。いよいよ新しい陣容で議会活動がスタートすることとなりましたことは、市政進展のためまことに喜ばしく存じております。


 私は、この機会をおかりし、新しく議長に就任されました綿貫祥一議員、並びに副議長に就任されました岡谷邦人議員に対しまして心からのお祝いと今後のご活躍をご期待申し上げる次第です。


 開会のあいさつでも申し上げたところですが、本市では将来のまちの目指すべき都市像を策定するなど、本格的に豊岡市の方向づけを行っていこうとする極めて重要な時期にあります。現在、市民の皆様のご意見、ご提言をお聞きし、市政や計画づくりに反映すべく、去る11月9日を皮切りに懇談会を開催しておりますが、来月16日までに市内17会場において開催する予定です。今後とも対話と共感を市政運営の基本として、市民の皆様の声や願いに謙虚に耳を傾けながら、意見のキャッチボールを行ってまいりたいと考えています。


 議員各位におかれましては、今後とも格別のご指導、ご協力をいただきますようお願い申し上げますとともに、健康に留意され、ますます活躍されますよう祈念申し上げ、閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。


          ────────────────────