議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 相生市

平成25年第5回定例会(第3号12月12日)




平成25年第5回定例会(第3号12月12日)




        平成25年第5回相生市議会定例会


             議事日程表(第3号)





                    平成25年12月12日  午前9時30分 開議


                    おいて          相生市役所議場


(順序)(日程)


  1       再    開


  2       開議宣告


  3   1   会議録署名議員の指名


  4       諸報告


          (1)出席議員数の報告


          (2)欠席議員の届出報告


          (3)その他


      2   議第62号 相生市向山墓苑の指定管理者の指定について


           総務文教常任委員会審査結果報告書


      3   議第63号 相生市立障害者支援施設の指定管理者の指定について


      4   議第64号 相生市立養護老人ホームの指定管理者の指定について


  6   5   議第65号 相生市立特別養護老人ホームの指定管理者の指定につ


                いて


      6   議第66号 相生市立保育所の指定管理者の指定について


           民生建設常任委員会審査結果報告書


      7   議第67号 相生市立生きがい交流センターの指定管理者の指定に


  7             ついて


           民生建設常任委員会審査結果報告書


      8   議第68号 相生市立ペーロン海館の指定管理者の指定について


           民生建設常任委員会審査結果報告書


      9   議第69号 相生市立上松農業共同作業所の指定管理者の指定につ


                いて


           民生建設常任委員会審査結果報告書


     10   議第70号 相生市立羅漢の里及び相生市立ふるさと交流館の指定


 10             管理者の指定について


           民生建設常任委員会審査結果報告書


     11   議第71号 相生市事務分掌条例の一部を改正する条例の制定につ


                いて


           総務文教常任委員会審査結果報告書


     12   議第72号 相生市道路占用料徴収条例等の一部を改正する条例の


 12             制定について


           民生建設常任委員会審査結果報告書





     13   議第73号 相生市下水道条例等の一部を改正する条例の制定につ


                いて


           民生建設常任委員会審査結果報告書


     14   議第74号 相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する


 14             条例の制定について


           民生建設常任委員会審査結果報告書


     15   議第75号 平成25年度相生市一般会計補正予算


 15        民生建設常任委員会審査結果報告書


           総務文教常任委員会審査結果報告書


     16   議第76号 平成25年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


     17   議第77号 平成25年度相生市看護専門学校特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


     18   議第78号 平成25年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予


                算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


 19  19   議第79号 公平委員会の委員の選任について


 20  20   議第80号 教育委員会の委員の任命について


 21  21   議第81号 監査委員の選任について


 22  22   諮問第1号 人権擁護委員の推せんについて


 23  23   市議第7号 相生市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定に


                ついて


 24  24   議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について


 25       閉会宣告


 26       市長あいさつ


 27       散   会





            本日の会議に付した事件





(日程)


  1  会議録署名議員の指名


  2  議第62号 相生市向山墓苑の指定管理者の指定について


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  3  議第63号 相生市立障害者支援施設の指定管理者の指定について


  4  議第64号 相生市立養護老人ホームの指定管理者の指定について


  5  議第65号 相生市立特別養護老人ホームの指定管理者の指定について


  6  議第66号 相生市立保育所の指定管理者の指定について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  7  議第67号 相生市立生きがい交流センターの指定管理者の指定について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  8  議第68号 相生市立ペーロン海館の指定管理者の指定について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  9  議第69号 相生市立上松農業共同作業所の指定管理者の指定について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


 10  議第70号 相生市立羅漢の里及び相生市立ふるさと交流館の指定管理者の指


           定について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


 11  議第71号 相生市事務分掌条例の一部を改正する条例の制定について


      総務文教常任委員会審査結果報告書


 12  議第72号 相生市道路占用料徴収条例等の一部を改正する条例の制定につい


           て


      民生建設常任委員会審査結果報告書


 13  議第73号 相生市下水道条例等の一部を改正する条例の制定について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


 14  議第74号 相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定


           について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


 15  議第75号 平成25年度相生市一般会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


      総務文教常任委員会審査結果報告書


 16  議第76号 平成25年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


 17  議第77号 平成25年度相生市看護専門学校特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


 18  議第78号 平成25年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


 19  議第79号 公平委員会の委員の選任について


 20  議第80号 教育委員会の委員の任命について


 21  議第81号 監査委員の選任について


 22  諮問第1号 人権擁護委員の推せんについて


 23  市議第7号 相生市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について


 24  議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について





出席議員(16名)


   1番  宮 艸 真 木        2番  中 野 有 彦





   3番  田 中 秀 樹        4番  橋 本 和 亮





   5番  阪 口 正 哉        6番  前 川 郁 典





   7番  後 田 正 信        8番  渡 邊 慎 治





   9番  土 井 本 子       10番  岩 崎   修





  11番  中 山 英 治       12番  三 浦 隆 利





  13番  吉 田 政 男       14番  角 石 茂 美





  15番  楠 田 道 雄       16番  柴 田 和 夫





欠席議員


       な     し





        平成25年第5回相生市議会定例会





  地方自治法第121条の規定により会議に出席する者の職・氏名





  市長              谷 口 芳 紀


  副市長             瀬 川 英 臣


  防災監             大 西 真 悟


  企画管理部長          吉 岡 秀 記


  市民環境部長          河 上 克 彦


  健康福祉部長          竹 内 繁 礼


  建設経済部長          山 本 英 未


  市民病院事務局長        西 崎 健 一


  企画管理部参事         水 原   至


  市民環境部参事         中 津   尚


  健康福祉部参事         利 根 克 典


  建設経済部参事         赤曽部 俊 則


  建設経済部参事         岸 本 光 義


  建設経済部参事         高 田 雅 仁


  企画広報課長          松 尾 次 郎


  定住促進室長          宮 崎 義 正


  総務課長            玉 田 直 人


  財政課長            志 茂 邦 彦


  税務課長            清 水 直 子


  徴収対策室長          櫻 田 陽 由


  市民課長            岩 崎 徹 博


  環境課長            松 本 秀 文


  健康介護課長          小 西 まこと


  子育て支援室長         友 上 啓 子


  看護専門学校事務長       角 本 克 樹


  産業振興課長          三 宅 淳 一


  出納室長            松 本 雅 弥


  財政課主幹           畠 山 豊 晴


  社会福祉課主幹         番 匠 芳 敬


  健康介護課主幹         富 田   要


  建設管理課主幹         山 崎 久 司


  建設管理課主幹         山 本 修 治


  都市整備課主幹         橋 本 光 茂


  産業振興課主幹         森 下 日出夫


  産業振興課主幹         竹 本 頼 高


  教育長             浅 井 昌 平


  教育次長            越 智 俊 之


  教育次長            松 下 昌 弘


  学校教育課長          能 本 英 樹


  生涯学習課長          西 角 隆 行


  体育振興課長          岩 田 元 秀


  人権教育推進室長        坂 本 浩 宣


  代表監査委員          竹 代 修 一


  監査事務局長          橋 本 昌 司


  公平委員会局長         橋 本 昌 司


  農業委員会事務局長       三 宅 淳 一


  選挙管理委員会事務局長     中 濱 和 義





事務局職員出席者


  議会事務局長          富 山 恵 二


  議会事務局次長         山 本 大 介


  議会事務局副主幹        寺 田 大 輔





              (再開 午前 9時30分)


○議長(柴田和夫君)


 ただいまから、本会議を再開いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 これより日程に入ります。





○議長(柴田和夫君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において、6番、前川郁典君、7番、後田正信君を指名いたします。


 よろしくお願いいたします。


 次に、事務局長から諸般の報告をいたします。


 議会事務局長。


○議会事務局長(富山恵二君)


 御報告申し上げます。


 ただいま出席されております議員数は、16名でございます。


 なお、小田会計管理者より欠席の届け出が提出されてございます。議長におきまして了承いたしてございますので、御了承願います。


 諸般の報告は、以上でございます。





○議長(柴田和夫君)


 日程第2、議第62号、相生市向山墓苑の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、8番、渡邊慎治君。


○8番(総務文教常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 おはようございます。


 総務文教常任委員会に付託をされました議第62号、相生市向山墓苑の指定管理者の指定については、去る12月6日に委員会を開催し、審査を行いました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 審査の概要でありますが、本会議におきまして提案理由の説明を詳細に受けておりましたので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より特に質疑はなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第62号、相生市向山墓苑の指定管理者の指定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第62号、相生市向山墓苑の指定管理者の指定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第3、議第63号、相生市立障害者支援施設の指定管理者の指定についてから、日程第6、議第66号、相生市立保育所の指定管理者の指定についてまでの4議案を一括議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 おはようございます。


 民生建設常任委員会に付託されました議第63号、相生市立障害者支援施設の指定管理者の指定について、議第64号、相生市立養護老人ホームの指定管理者の指定について、議第65号、相生市立特別養護老人ホームの指定管理者の指定について及び議第66号、相生市立保育所の指定管理者の指定についての4件につきましては、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、いずれも全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より、議第63号、相生市立障害者支援施設の指定管理者の指定について、現在の野の草園は定員割れを起こしているようだが、市内には、野の草園のほかにも、いぶき作業所がある。いぶきのできた経緯を考えると、今後も二つの施設は必要なのか、市として何か考えはあるのかとの質疑があり、理事者より、確かに定員割れは起こしているが、運営は市からの委託料ではなく、全て給付費の中で賄われており、経営状態も健全である。一方、いぶき作業所は、現在はNPO法人が運営する民間施設であり、両者は別物である。就労支援に対するニーズも高いし、今後も両方とも必要であると考えているとの答弁がありました。


 また、委員より、今後、施設を利用する見込みのある障害者はどのように把握しているのか。また、それらの障害者に対して、行政としてどのような支援方針を持っているのかとの質疑があり、理事者より、特別支援学校の卒業見込み者数や就職希望状況などについては、日常的な連携の中で随時把握している。


 また、例えば、野の草園で訓練するのがいいのか、いぶきがいいのか、また、他の事業所の方がいいのかなど、個別に検討するための支援会議を必要に応じて開催しており、今後も、そうした形の支援を中心に行いたいと考えているとの答弁がありました。


 また、委員より、議第66号、相生市立保育所の指定管理者の指定について、指定の期間が3年間となっているのは、来年度策定する事業計画において、現在の保育所の民営化や統廃合、認定こども園への移行等見直しもあり得るとの考え方なのかとの質疑があり、理事者より、子ども・子育て支援新制度では、幼保一元化を推進していく方向性が示されており、現在の保育所は老朽化の問題がある。保育所として改築していくのか、幼稚園の状況も踏まえて、子ども・子育て会議の中で協議を進めていきたいとの答弁がありました。


 当委員会といたしましては、慎重審査の結果、いずれも全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第63号、相生市立障害者支援施設の指定管理者の指定についてから、議第66号、相生市立保育所の指定管理者の指定についてまでの4議案を一括採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第63号、相生市立障害者支援施設の指定管理者の指定についてから、議第66号、相生市立保育所の指定管理者の指定についてまでの4議案は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第7、議第67号、相生市立生きがい交流センターの指定管理者の指定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第67号、相生市立生きがい交流センターの指定管理者の指定について、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第67号、相生市立生きがい交流センターの指定管理者の指定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第67号、相生市立生きがい交流センターの指定管理者の指定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第8、議第68号、相生市立ペーロン海館の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第68号、相生市立ペーロン海館の指定管理者の指定について、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より、非公募で2年間の指定管理の理由は、一体的な管理ができ2年後には新艇庫ができるので、それまでの期間を、あいおいアクアポリスを指定管理者とするとの理解で間違いないかとの質疑があり、理事者より、その理解で間違いないとの答弁がありました。


 また、委員より、2年後のことになるが、新艇庫については今回の選定理由は成り立たなくなるが、今後、新ペーロン艇庫に係る指定管理者の考え方はとの質疑があり、理事者より、新ペーロン艇庫の建設場所から考えると、あいおいアクアポリスは考えにくい。ペーロン艇の出し入れ、新艇庫の管理等、実態に即した運営ができるよう、ペーロン協会、その他の団体等を含めて、今後、検討していくとの答弁がありました。


 また、委員より、新艇庫が完成した後、現在の艇庫はどのように活用するのかとの質疑があり、理事者より、現時点では具体的な計画はない。ただ、総合計画において、にぎわいの交流拠点と位置づけているので、今後、企画広報課とあいおいアクアポリスと協議、検討を行い、にぎわいの場となるようなものを考えていきたいとの答弁がありました。


 当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第68号、相生市立ペーロン海館の指定管理者の指定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第68号、相生市立ペーロン海館の指定管理者の指定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第9、議第69号、相生市立上松農業共同作業所の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第69号、相生市立上松農業共同作業所の指定管理者の指定について、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より、上松地区だけではなく他地区からの利用もあるのかとの質疑があり、理事者より、具体的にどの地区からどの程度の利用があるかまでは把握していないが、他地区からの利用もあると聞いているとの答弁がありました。


 当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第69号、相生市立上松農業共同作業所の指定管理者の指定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第69号、相生市立上松農業共同作業所の指定管理者の指定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第10、議第70号、相生市立羅漢の里及び相生市立ふるさと交流館の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第70号、相生市立羅漢の里及び相生市立ふるさと交流館の指定管理者の指定について、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より、今回の指定管理料は前回と比べて上がっているのか、下がっているのかとの質疑があり、理事者より、5年間で羅漢の里は195万円の増、ふるさと交流館は30万円の減、トータルで165万円の増額であるとの答弁がありました。


 また、委員より、今回は1社だけの応募となっているが、公募方法で変更したことはあるのかとの質疑があり、理事者より、新たな指定管理者となった場合に、今後5年間運営していく上で支障を来さないように、里の店やふるさと交流館運営協議会などと条件面について、あらかじめ協議をしておくことが重要であるので、連携確認書の提出を求めることにしたとの答弁がありました。


 また、委員より、羅漢の里の施設は老朽化が目立ってきているが、指定管理者は施設の点検、報告はどのように行っているのかとの質疑があり、理事者より、指定管理者が点検等の日報をつけており、不具合については適宜修繕を行っている。また、施設本体に係る部分は、市で計画的に修繕を行っているとの答弁がありました。


 また、委員より、応募段階で連携確認書の添付を義務づけているが、里の店や運営協議会は1団体としか合意はしていないと思うが、そうなると1団体しか応募が出てこない仕組みになっているのではないかとの質疑があり、理事者より、共同体構成届出書ではないので、複数の応募希望者であっても連携条件が承諾できるものであれば、1社のみになることはない。また、今回、募集するに当たって、連携確認書について各団体にも説明をしているとの答弁がありました。


 当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第70号、相生市立羅漢の里及び相生市立ふるさと交流館の指定管理者の指定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第70号、相生市立羅漢の里及び相生市立ふるさと交流館の指定管理者の指定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第11、議第71号、相生市事務分掌条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、8番、渡邊慎治君。


○8番(総務文教常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 総務文教常任委員会に付託をされました議第71号、相生市事務分掌条例の一部を改正する条例の制定については、去る12月6日に委員会を開催し、審査を行いました。


 結果は、全会一致で原案可決であります。


 審査の概要でありますが、本会議におきまして提案理由の説明を詳細に受けておりましたので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 まず、委員より、機構改革の必要性についての基本的な考え方はどうかとの質疑があり、理事者より、国の農業政策が大きく転換されることが予測される中、農林水産課として迅速かつ的確に対応できる体制とするとともに、より厳しい財政運営が必要となる中で、財務部として的確な対応を図っていきたいと考えている。


 また、機構については、時代に的確に対応した組織とすることが基本である。そのため、第3期行財政健全化計画の策定、公共施設の更新等の課題に対応するため、企画管理部を2部にするとともに、まちづくり推進室に商工観光係を統合し、地域振興課として地域の活性化を推進していきたいとの答弁がありました。


 また、委員より、新しい機構についての市民への周知についてどのように行うのかとの質疑があり、理事者より、2月発行の広報紙により、新機構の内容説明も含め周知することとしているとの答弁がありました。


 次に、委員より、部が増加するが、部間の横連携が重要となると思うが、考え方はどうかとの質疑があり、理事者より、部がふえることで案件ごとのより十分な検討が図れるものと考えている。横の連携については、より密に行うようにいたしたいとの答弁がありました。


 また、委員より、今回の機構改革は、より専門分野に特化したものかとの質疑があり、理事者より、より専門的な課題に対応可能となるよう行ったものであるとの答弁がありました。


 以上、当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第71号、相生市事務分掌条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第71号、相生市事務分掌条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第12、議第72号、相生市道路占用料徴収条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第72号、相生市道路占用料徴収条例等の一部を改正する条例の制定について、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは、特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第72号、相生市道路占用料徴収条例等の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第72号、相生市道路占用料徴収条例等の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第13、議第73号、相生市下水道条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第73号、相生市下水道条例等の一部を改正する条例の制定について、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、賛成多数で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 初めに、本会議で詳細に説明を受けておりますが、下水道使用料の改定の周知方法について補足説明を受け、質疑に入りました。


 委員より、下水道使用料金の消費税表示を外税方式としているが、今後、消費税率が改正となっても条例を改正することなく使用料が変更となるのかとの質疑があり、理事者より、今後の消費税率の改正時には条例改正の必要はないとの答弁がありました。


 最後に、委員より、消費税率の改正による下水道使用料の増加は市民生活に大きな影響を及ぼすことから、反対する旨の意見がありました。


 当委員会といたしましては、慎重審査の結果、賛成多数で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


 10番、岩崎 修君。


○10番(岩崎 修君)


 議第73号、相生市下水道条例等の一部を改正する条例の制定について、反対の立場から討論します。


 今回の改正は、来年4月から消費税が5%から8%に増税されることに伴い、相生市下水道条例、相生市農業集落排水処理施設及び小規模集合排水処理施設の設置並びに管理に関する条例、相生市戸別合併処理浄化槽の設置及び管理に関する条例の一部を改正しようとするもので、その内容は使用料に課税される消費税率を5%から8%に引き上げるとともに、従来の内税方式を外税方式に改めるものであります。


 しかし、以下の点から今回の本条例等の一部改正には反対であります。


 まず、今回の消費税増税分の下水道使用料への転嫁は、下水道使用料の値上げとなり、市民の暮らしに打撃となるからであります。


 そもそも、消費税は所得の少ない人に重くのしかかる最悪の不公平税制であり、その増税は国民生活への負担増となり、消費を冷え込ませ景気の後退を招き、かえって財政を悪化させる結果となりかねないもので、現在も多くの国民から反対の声が上がっているものであります。


 これらの点から、今回の下水道条例等の一部改正により、毎日の生活に欠かせない下水道の使用料に消費税増税分をそのまま転嫁することは、その値上げ、市民負担増となり市民の暮らしを圧迫するもので、反対であります。


 次に、今回、従来の内税方式を外税方式に改めることは、自動的に下水道使用料等の値上げにつながることになるからであります。


 今回、従来の内税方式を外税方式に改めることで、消費税の税率改定ごとの下水道条例等の改正は必要でなくなり、国で決められた消費税率がそのまま自動的にその使用料に転嫁されることになります。


 これは、言いかえれば、国が決めたことをそのまま受け入れるということになります。私は、市民の生活実態を踏まえ国の政策をそのまま受け入れるのではなく、国の悪政から市民の暮らしを守るということも自治体の大きな役割であろうかと思っています。


 この点から、今回の外税方式への転換は、議会のチェック機能も働かず国の悪政をそのまま相生市政に持ち込むものであり、反対であります。


 以上のようなことから、議第73号、相生市下水道条例等の一部を改正する条例の制定について反対であることを表明し、討論とします。


○議長(柴田和夫君)


 ほかに討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 ほかに討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第73号、相生市下水道条例等の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               〔起 立 多 数〕


○議長(柴田和夫君)


 起立多数であります。


 よって、議第73号、相生市下水道条例等の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第14、議第74号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第74号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、賛成多数で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において提案理由の説明を詳細に受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より、平成24年度の診断書等の請求件数実績と近隣の公立病院や民間病院の文書料の状況はどうなのかとの質疑があり、理事者より、平成24年度の診断書等の各文書の実績状況は、第1号の普通診断書と第5号のその他の証明書を合わせて22件、第2号の死亡診断書は31件、第3号の健康診断書は1,118件、第6号の特に複雑な手数を要する文書は95件となっている。


 次に、近隣の公立病院と民間病院の文書料の状況については、たつの市民病院が現在の当院の料金とほぼ同額であるが、赤穂市民病院と民間病院については当院より高い設定となっている。特に、当院の料金が突出しないように改正しているとの答弁がありました。


 また、委員より、今回改正しようとしている文書の中で、この文書の料金は据え置くという考え方はなかったのかとの質疑があり、理事者より、県下の公立病院の状況から判断すると、文書料全てにおいて当院が低い料金設定となっていることもあり、全体的に見直しを行ったとの答弁がありました。


 最後に、委員より、診断書等の作成については医師の負担になることは十分理解できるが、来年4月から消費税も上がる状況の中で、市民にとって負担がふえることとなる今回の料金の改定は反対する旨の意見がありました。


 当委員会といたしましては、慎重審査の結果、賛成多数で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


 10番、岩崎 修君。


○10番(岩崎 修君)


 議第74号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について、反対の立場から討論します。


 今回の本条例の改正は、県下公立病院、市内民間病院における手数料等の状況を踏まえ、診断書、死体検案書、諸証明書の作成について、1通当たりの手数料を、普通診断書は1,500円から2,000円に、死亡診断書は2,000円から3,000円に、健康診断書は1,500円から2,000円に、死体検案書は3,150円から4,000円に、その他証明書類は1,500円から2,000円に、特に複雑な手数を要する文書は3,150円から5,000円に、来年4月1日からそれぞれ引き上げようとするものであります。


 確かに、これら診断書、死体検案書、諸証明書の作成が医師の負担となっていることは事実でありますが、これらは各種保険の給付を受ける際や休業・休職、就職の際など、あらゆる機会に必要となるものであり、できるだけ低い額に設定することが必要であると考えます。


 この点で、今回の相生市民病院の手数料改定は、消費税の増税とあわせ市民負担増となるもので、反対であります。


 以上のようなことから、議第74号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について反対であることを表明し、討論とします。


○議長(柴田和夫君)


 ほかに討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 ほかに討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第74号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


               〔起 立 多 数〕


○議長(柴田和夫君)


 起立多数であります。


 よって、議第74号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第15、議第75号、平成25年度相生市一般会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、各常任委員会委員長より報告を求めます。


 まず、民生建設常任委員会委員長より報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に分割付託をされました議第75号、平成25年度相生市一般会計補正予算、第1条、歳入歳出予算の補正のうち、歳出中の当委員会所管の項目につきまして、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして、御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より、10款、総務費において、35目、市民会館管理費で、このたびの補正は市民会館の空調修繕とのことだが、市民会館の使用期間が少ないことから本当に緊急性があるのかとの質疑があり、理事者より、今回の改修は、中ホールの冷房用施設の熱交換器の故障により冷房効果がない状態となっている。工事期間が3か月を要するために、今回の補正をお願いするもので、市民会館の使用期間も考慮し、経費を抑えた修繕となっているとの答弁がありました。


 次に、委員より、15款、民生費において、5目、児童福祉総務費で児童福祉施設整備補助金について補正予算を組んだ経緯は、財源として県の補助金があるからなのか、待機児童が多いからなのかとの質疑があり、理事者より、待機児童はいないが、年度当初から入所の円滑化を図り定員を上回って保育を実施している。現在の保育所入所率は、他市からの受託を含めて127.9%、民間保育所では144.1%となっている。今回の施設整備は、3歳未満児の認可保育所の新設であり、市としても必要であると判断し、補正をお願いするものであるとの答弁がありました。


 また、委員より、40款、土木費において、5目、土木総務費で急傾斜地崩壊対策事業負担金が100万円増となった内容と、市の負担割合はどの程度かとの質疑があり、理事者より、県において、現在、施行中の旭地区の急傾斜地崩壊対策事業で追加変更工事を実施しており、その事業費に対して10%の市負担分が生じたものであるとの答弁がありました。


 次に、総括において、委員より、給与費の減額は、国の給与減額にあわせ地方公務員も行ったことに伴う減額であり、多くの地方公共団体から反対の声も出た。今後、このような不当な給与減額はあってはならないと思うが、市としてはどのような考えかとの質疑があり、理事者より、このような給与減額は好ましくなく、あってはならないことであり、給与については市町村の自主性が必要であると思っている。今後とも、国に要望していきたいとの答弁がありました。


 当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、民生建設常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 次に、総務文教常任委員会委員長より報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、8番、渡邊慎治君。


○8番(総務文教常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 総務文教常任委員会に分割付託されました議第75号、平成25年度相生市一般会計補正予算、第1条、歳入歳出予算の補正のうち、歳入全般及び歳出中、当委員会所管の項目、第2条、繰越明許費、第3条、債務負担行為及び第4条、地方債の補正について、去る12月6日に委員会を開催し、審査を行いました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議におきまして提案理由の説明を詳細に受けておりましたので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 まず、委員より、10款、総務費、15目、財政調整基金費、25節、積立金の財政調整基金積立金について、本年度から公共施設更新経費に充てるため、実質収支の4分の1を積み立てることとしているが、基金のあり方についてどのように考えているのかとの質疑があり、理事者より、本年度からの新たな積み立てについては、将来の公共施設の更新経費に充てるため財政調整基金の中で色づけをして確保しているもので、今後、必要となる公共施設の更新経費から算出しているものではない。現在策定中の公共施設の更新計画によって、基金のあり方について検討していきたいとの答弁がありました。


 次に、委員より、45款、消防費、5目、常備消防費及び15目、災害対策費の19節、負担金補助及び交付金の兵庫衛星通信ネットワーク整備事業の設備更新について、どのような内容なのかとの質疑があり、理事者より、兵庫衛星通信ネットワークは、県と各市町間における情報収集・伝達体制を確立するため平成4年度に整備されたもので、現在、設備の老朽化が進行している中、緊急防災・減災事業債により財政的な負担が軽減されることから、県下一斉に更新を行うこととなったもので、設備の更新によってIPデータ電送が可能となるとともに、電話の音質の向上やファクスの電送速度の向上等が図られるとの答弁がありました。


 次に、委員より、第4条、地方債の補正について、平成24年度決算における本市の財政力指数が0.560、地方債の現在高が約136億円となっている状況の中で、地方債の発行についてどのように考えているのかとの質疑があり、理事者より、起債の発行については受益を受けられる市民に均等に負担していただくというメリットがあるが、後年度の財政負担になるというデメリットもあるので、より交付税算入等、有利な起債を活用しながら取り組んでいきたいとの答弁がありました。


 以上、当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


 済みません、ただいまの報告の中で言い誤りがありましたので、ちょっと訂正を行います。消防費のところで、15目、災害対策費と申し上げましたが、正しくは「25目、災害対策費」でございます。おわび申し上げ、訂正をお願いいたします。


○議長(柴田和夫君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、総務文教常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第75号、平成25年度相生市一般会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、各委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第75号、平成25年度相生市一般会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第16、議第76号、平成25年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第76号、平成25年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算につきまして、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第76号、平成25年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第76号、平成25年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第17、議第77号、平成25年度相生市看護専門学校特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第77号、平成25年度相生市看護専門学校特別会計補正予算につきまして、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第77号、平成25年度相生市看護専門学校特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第77号、平成25年度相生市看護専門学校特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第18、議第78号、平成25年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、15番、楠田道雄君。


○15番(民生建設常任委員会委員長 楠田道雄君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第78号、平成25年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予算につきまして、去る12月5日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第78号、平成25年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第78号、平成25年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。


 10時50分まで休憩いたします。


 よろしく。


   (休憩 午前10時33分)


   (再開 午前10時50分)


○議長(柴田和夫君)


 休憩を解き本会議を再開いたします。





○議長(柴田和夫君)


 日程第19、議第79号、公平委員会の委員の選任についてを議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第79号、公平委員会の委員の選任について提案理由の御説明を申し上げます。


 相生市公平委員会の委員、中村 満さんは、本年12月21日をもって、その任期が満了いたします。


 つきましては、後任として日谷聖一さんを選任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、市議会の御同意をお願いいたすものでございます。


 なお、御参考までに本人の略歴を添付いたしております。


 何とぞ御同意賜りますよう、お願いを申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第79号については、会議規則の規定により委員会付託及び討論を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第79号、公平委員会の委員の選任についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第79号、公平委員会の委員の選任については、原案のとおり同意することに決定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第20、議第80号、教育委員会の委員の任命についてを議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第80号、教育委員会の委員の任命について、提案理由の御説明を申し上げます。


 相生市教育委員会の委員、橋本一彦さんは、本年12月23日をもって、その任期が満了いたします。


 つきましては、後任として栗原英子さんを任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、市議会の御同意をお願いいたすものでございます。


 なお、御参考までに本人の略歴を添付いたしております。


 何とぞ御同意を賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第80号については、会議規則の規定により委員会付託及び討論を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第80号、教育委員会の委員の任命についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第80号、教育委員会の委員の任命については、原案のとおり同意することに決定されました。


 ただいま、教育委員会の委員に同意決定されました栗原英子さんより発言の申し出がありますので、これを許可いたします。


○教育委員(栗原英子さん)


 失礼いたします。


 ただいま教育委員の選任に御同意いただきました栗原英子でございます。ありがとうございます。


 私は、教育委員という重責を果たすために、これまで地域や子どもたちとの触れ合いの中で培ってきました経験を生かして、微力ではございますが、相生市の教育行政推進のために力を尽くしてまいりたいと思います。


 どうか皆様の温かい御指導と御支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


 (拍手)


○議長(柴田和夫君)


 栗原英子さんの挨拶は終わりました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第21、議第81号、監査委員の選任についてを議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第81号、監査委員の選任について、提案理由の御説明を申し上げます。


 相生市監査委員、竹代修一さんは、本年12月31日をもって退職いたします。


 つきましては、後任として林 俊行さんを選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、市議会の御同意をお願いいたすものでございます。


 なお、御参考までに本人の略歴を添付いたしております。


 何とぞ御同意賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第81号については、会議規則の規定により委員会付託及び討論を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第81号、監査委員の選任についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第81号、監査委員の選任については、原案のとおり同意することに決定されました。


 ただいま監査委員に同意決定されました林 俊行君より発言の申し出がありますので、これを許可いたします。


○監査委員(林 俊行君)


 一言、御挨拶を申し上げさせていただきます。


 ただいま監査委員の選任をしていただきました林 俊行でございます。まことにありがとうございました。


 私にとりまして重責ではございますが、地方自治における監査の重要性を自覚し、市民目線に立って誠実公正にしっかりと職務に取り組んでまいりたいと思います。


 議員各位におかれましては、どうか御指導、御鞭撻のほど賜りますよう、よろしくお願いいたします。


 大変簡単ではございますが、御挨拶とさせていただきます。


 ありがとうございました。


 (拍手)


○議長(柴田和夫君)


 林 俊行君の挨拶は終わりました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第22、諮問第1号、人権擁護委員の推せんについてを議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 諮問第1号、人権擁護委員の推せんについて、提案理由の御説明を申し上げます。


 人権擁護委員、矢野誓雄さんは、平成26年3月31日をもって、その任期が満了いたします。


 つきましては、法務大臣に対し矢野誓雄さんの再任を推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、市議会の御意見をいただきたいと存じます。


 なお、御参考までに本人の略歴を添付いたしております。


 何とぞ御賛同を賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております諮問第1号については、会議規則の規定により委員会付託及び討論を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の諮問第1号、人権擁護委員の推せんについてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、諮問第1号、人権擁護委員の推せんについては、原案のとおり同意することに決定されました。





○議長(柴田和夫君)


 日程第23、市議第7号、相生市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 1番、宮艸真木君。


○1番(宮艸真木君)


 市議第7号、相生市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 本件は、先ほど可決されました議第71号、相生市事務分掌条例の一部を改正する条例の制定に伴い、常任委員会の所管事項を改正しようとするものでございます。


 参考として、新旧対照表も添付いたしておりますので、あわせて御清覧願います。


 改正内容は、組織の機構を見直し、部の新設・再編等を行ったことにより、第2条の表中、総務文教委員会の所管について、企画管理部を「企画総務部、財務部」に改め、民生建設委員会の所管について「市民環境部」を「市民生活部」に改め、「建設経済部」を「建設農林部」に改めるものでございます。


 なお、附則といたしまして、本条例は平成26年4月1日から施行することといたしております。


 以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明を終わらせていただきます。


 よろしく御審査賜り、御決定くださいますようにお願い申し上げます。


○議長(柴田和夫君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております市議第7号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、市議第7号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の市議第7号、相生市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、市議第7号、相生市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(柴田和夫君)


 次に、日程第24、議会閉会中の継続審査に付する事件についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会閉会中における各委員会の継続審査に付する事件については、お手元にお配りいたしております印刷物のとおりといたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議会閉会中の継続審査に付する事件については、お手元にお配りいたしております印刷物のとおり決定いたしました。


 お諮りいたします。


 今期定例市議会に付議されました案件の審議は、全て議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(柴田和夫君)


 御異議なしと認めます。


 よって、平成25年第5回相生市議会定例会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。


 この際、市長の挨拶があります。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 平成25年第5回定例市議会の閉会に当たり、一言、御挨拶申し上げます。


 議員の皆様には、連日にわたり慎重な御審議を賜り、それぞれ適切なる御決定をいただき、まことにありがとうございました。


 御審議の過程でお聞かせいただきました貴重な御意見を今後の市政に反映し、市民の皆様の御期待に沿うべく全力を傾注いたす所存でございますので、より一層の御支援をお願い申し上げます。


 さて、今年は昨年末の政権交代による経済政策の転換により、円安、株高と日本経済は景気が上昇傾向となっておりますが、本市を含め、地方は依然として厳しい状況が続いております。


 また、今後の動向は来春の消費税率の引き上げなど、まだまだ不透明感がございますが、来年こそは、ぜひ本市を含め地方へのいい波及を期待をいたしております。


 また、今年は第2期行財政健全化計画の3年目の年であり、本市の課題であります人口減少・少子化対策のため定住促進を図る事業に取り組んでまいりました。


 本事業につきましては、継続的な取り組みが重要であると考えており、また計画の中間年であることから、現在、来年度以降に向け事業の検証、見直しを行っております。引き続き全力を尽くし、相生の未来のため活力を上昇させるべく取り組んでまいる所存でございますので、議員各位におかれましては、相生市政の推進に御尽力いただきますよう心からお願いを申し上げます。


 年の瀬を控え慌ただしさも増し、寒さも一層厳しくなってまいります。議員各位におかれましては、どうか御自愛をいただき御健勝で、よい年をお迎えになりますよう御祈念を申し上げ、閉会に当たっての御挨拶とさせていただきます。


 まことにありがとうございました。


○議長(柴田和夫君)


 長期間にわたり、まことにありがとうございました。


 議員の皆様には、議事進行に格段の御協力をいただきまして、いずれの案件も決定いただきましたこと、まことにありがとうございます。


 以上をもって閉会させていただきます。


 どうも御苦労さんでした。


             (閉会 午前11時03分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成  年  月  日


      相生市議会議長    柴 田 和 夫


      署名議員       前 川 郁 典


      署名議員       後 田 正 信