議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 相生市

平成25年第1回定例会(第1号 3月 4日)




平成25年第1回定例会(第1号 3月 4日)




        平成25年第1回相生市議会定例会


             議事日程表(第1号)





                     平成25年3月4日  午前9時30分 開会


                     おいて        相生市役所議場


(順序)(日程)


  1       開会宣告


  2       市長あいさつ


  3       開議宣告


  4   1   会議録署名議員の指名


  5   2   会期の決定


  6       諸報告


          (1)出席議員数の報告


          (2)欠席議員の届出報告


          (3)監査結果の報告


          (4)説明員の報告


          (5)その他


  7   3   議会運営委員会委員長報告


          (1)今期定例市議会の会期等について


      4   議会閉会中の継続審査(調査)事件


  8        民生建設常任委員会審査結果報告書


           総務文教常任委員会審査結果報告書


  9   5   議第 1号 損害賠償の額を定めることについて


 10   6   議第 2号 西播磨地域消防広域化協議会の廃止について


 11   7   議第 3号 平成24年度相生市一般会計補正予算


 12   8   議第 4号 平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


 13   9   議第 5号 平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算


 14  10   議第 6号 平成24年度相生市看護専門学校特別会計補正予算


 15  11   議第 7号 平成24年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予


                算


 16  12   議第 8号 平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算


 17  13   議第 9号 平成24年度相生市後期高齢者医療保険特別会計補正


                予算


 18  14   議第10号 平成24年度相生市病院事業会計補正予算


                市長の施政方針について


     15   議第11号 相生市土地開発公社の解散について


     16   議第12号 第三セクター等改革推進債の起債に係る許可の申請に


                ついて


     17   議第13号 相生市連絡船条例を廃止する条例の制定について


     18   議第14号 相生市の特別職に属する常勤職員の給与に関する条例


                の一部を改正する条例の制定について


     19   議第15号 相生市教育長の給与等に関する条例の一部を改正する


                条例の制定について


     20   議第16号 相生市職員退職手当基金の設置、管理及び処分に関す


                る条例の一部を改正する条例の制定について


     21   議第17号 相生市職員の退職手当に関する条例等の一部を改正す


                る条例の制定について


     22   議第18号 相生市の特別職に属する常勤職員の退職手当に関する


                条例の一部を改正する条例の制定について


     23   議第19号 相生市教育長の退職手当に関する条例の一部を改正す


                る条例の制定について


     24   議第20号 相生市下水道事業受益者負担金条例の一部を改正する


                条例の制定について


     25   議第21号 相生市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制


                定について


     26   議第22号 障害者自立支援法の一部改正に伴う関係条例の整理に


                関する条例の制定について


     27   議第23号 相生市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定につ


                いて


     28   議第24号 相生市子ども・子育て会議設置条例の制定について


     29   議第25号 相生市火災予防条例等を廃止する条例の制定について


     30   議第26号 相生市消防賞じゆつ金等条例の一部を改正する条例の


                制定について


     31   議第27号 西はりま消防組合設立に伴う関係条例の整理に関する


                条例の制定について


     32   議第28号 相生市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改


                正する条例の制定について


     33   議第29号 相生市下水道条例の一部を改正する条例の制定につい


                て


     34   議第30号 相生市営住宅条例の一部を改正する条例の制定につい


                て


     35   議第31号 相生市都市公園条例の一部を改正する条例の制定につ


                いて


     36   議第32号 相生市指定地域密着型サービスに係る事業者の指定並


                びに事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める


                条例の制定について


     37   議第33号 相生市指定地域密着型介護予防サービスに係る事業者


                の指定並びに事業の人員、設備及び運営並びに介護予


                防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める


                条例の制定について


     38   議第34号 相生市道の構造の技術的基準等を定める条例の制定に


                ついて


     39   議第35号 相生市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的


                基準を定める条例の制定について


     40   議第36号 平成25年度相生市一般会計予算


     41   議第37号 平成25年度相生市国民健康保険特別会計予算


     42   議第38号 平成25年度相生市公共下水道事業特別会計予算


     43   議第39号 平成25年度相生市看護専門学校特別会計予算


     44   議第40号 平成25年度相生市農業集落排水事業特別会計予算


     45   議第41号 平成25年度相生市介護保険特別会計予算


     46   議第42号 平成25年度相生市後期高齢者医療保険特別会計予算


     47   議第43号 平成25年度相生市病院事業会計予算


 20       散   会





            本日の会議に付した事件





(日程)


  1  会議録署名議員の指名


  2  会期の決定


  3  議会運営委員会委員長報告


     (1)今期定例市議会の会期等について


  4  議会閉会中の継続審査(調査)事件


      民生建設常任委員会審査結果報告書


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  5  議第 1号 損害賠償の額を定めることについて


  6  議第 2号 西播磨地域消防広域化協議会の廃止について


  7  議第 3号 平成24年度相生市一般会計補正予算


  8  議第 4号 平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


  9  議第 5号 平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算


 10  議第 6号 平成24年度相生市看護専門学校特別会計補正予算


 11  議第 7号 平成24年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予算


 12  議第 8号 平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算


 13  議第 9号 平成24年度相生市後期高齢者医療保険特別会計補正予算


 14  議第10号 平成24年度相生市病院事業会計補正予算


           市長の施政方針について


 15  議第11号 相生市土地開発公社の解散について


 16  議第12号 第三セクター等改革推進債の起債に係る許可の申請について


 17  議第13号 相生市連絡船条例を廃止する条例の制定について


 18  議第14号 相生市の特別職に属する常勤職員の給与に関する条例の一部を改


           正する条例の制定について


 19  議第15号 相生市教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定


           について


 20  議第16号 相生市職員退職手当基金の設置、管理及び処分に関する条例の一


           部を改正する条例の制定について


 21  議第17号 相生市職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例の制


           定について


 22  議第18号 相生市の特別職に属する常勤職員の退職手当に関する条例の一部


           を改正する条例の制定について


 23  議第19号 相生市教育長の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制


           定について


 24  議第20号 相生市下水道事業受益者負担金条例の一部を改正する条例の制定


           について


 25  議第21号 相生市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について


 26  議第22号 障害者自立支援法の一部改正に伴う関係条例の整理に関する条例


           の制定について


 27  議第23号 相生市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について


 28  議第24号 相生市子ども・子育て会議設置条例の制定について


 29  議第25号 相生市火災予防条例等を廃止する条例の制定について


 30  議第26号 相生市消防賞じゆつ金等条例の一部を改正する条例の制定につい


           て


 31  議第27号 西はりま消防組合設立に伴う関係条例の整理に関する条例の制定


           について


 32  議第28号 相生市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例


           の制定について


 33  議第29号 相生市下水道条例の一部を改正する条例の制定について


 34  議第30号 相生市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について


 35  議第31号 相生市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について


 36  議第32号 相生市指定地域密着型サービスに係る事業者の指定並びに事業の


           人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の制定について


 37  議第33号 相生市指定地域密着型介護予防サービスに係る事業者の指定並び


           に事業の人員、設備及び運営並びに介護予防のための効果的な支


           援の方法に関する基準を定める条例の制定について


 38  議第34号 相生市道の構造の技術的基準等を定める条例の制定について


 39  議第35号 相生市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定め


           る条例の制定について


 40  議第36号 平成25年度相生市一般会計予算


 41  議第37号 平成25年度相生市国民健康保険特別会計予算


 42  議第38号 平成25年度相生市公共下水道事業特別会計予算


 43  議第39号 平成25年度相生市看護専門学校特別会計予算


 44  議第40号 平成25年度相生市農業集落排水事業特別会計予算


 45  議第41号 平成25年度相生市介護保険特別会計予算


 46  議第42号 平成25年度相生市後期高齢者医療保険特別会計予算


 47  議第43号 平成25年度相生市病院事業会計予算





出席議員(16名)


   1番  宮 艸 真 木        2番  中 野 有 彦





   3番  田 中 秀 樹        4番  橋 本 和 亮





   5番  阪 口 正 哉        6番  前 川 郁 典





   7番  後 田 正 信        8番  渡 邊 慎 治





   9番  土 井 本 子       10番  岩 崎   修





  11番  中 山 英 治       12番  三 浦 隆 利





  13番  吉 田 政 男       14番  角 石 茂 美





  15番  楠 田 道 雄       16番  柴 田 和 夫





欠席議員


       な     し





        平成25年第1回相生市議会定例会





  地方自治法第121条の規定により会議に出席する者の職・氏名





  市長              谷 口 芳 紀


  副市長             瀬 川 英 臣


  防災監             大 西 真 悟


  企画管理部長          吉 岡 秀 記


  市民環境部長          河 上 克 彦


  健康福祉部長          竹 内 繁 礼


  建設経済部長          山 本 英 未


  市民病院事務局長        西 崎 健 一


  会計管理者           小 田 恵 子


  消防長             志 茂 敏 正


  企画管理部参事         水 原   至


  企画管理部参事         山 本 勝 義


  健康福祉部参事         利 根 克 典


  建設経済部参事         赤曽部 俊 則


  建設経済部参事         岸 本 光 義


  企画広報課長          松 尾 次 郎


  定住促進室長          宮 崎 義 正


  総務課長            玉 田 直 人


  財政課長            志 茂 邦 彦


  徴収対策室長          櫻 田 陽 由


  市民課長            岩 崎 徹 博


  まちづくり推進室長       三 宅 淳 一


  環境課長            松 本 秀 文


  健康介護課長          小 西 まこと


  子育て支援室長         友 上 啓 子


  看護専門学校事務長       角 本 克 樹


  都市整備課長          高 田 雅 仁


  産業振興課長          中 津   尚


  出納室長            清 水 直 子


  消防本部総務課長        山 本   渉


  消防課長            坂 本 春 喜


  予防課長            金 谷   篤


  財政課主幹           畠 山 豊 晴


  社会福祉課主幹         番 匠 芳 敬


  健康介護課主幹         富 田   要


  建設管理課主幹         山 崎 久 司


  建設管理課主幹         山 本 修 治


  都市整備課主幹         橋 本 光 茂


  産業振興課主幹         森 下 日出夫


  産業振興課主幹         竹 本 頼 高


  消防本部総務課主幹       前 川   明


  消防予防課主幹         眞 野 秀 男


  教育長             浅 井 昌 平


  教育次長            板 脇 厚 生


  管理課長            越 智 俊 之


  学校教育課長          松 下 昌 弘


  生涯学習課長          西 角 隆 行


  体育振興課長          岩 田 元 秀


  人権教育推進室長        坂 本 浩 宣


  生涯学習課主幹         松 本 雅 弥


  農業委員事務局長会       中 津   尚


  選挙管理委員会事務局長     中 濱 和 義





事務局職員出席者


  議会事務局長          富 山 恵 二


  議会事務局次長         山 本 大 介


  議会事務局副主幹        寺 田 大 輔





              (開会 午前 9時30分)


○議長(角石茂美君)


 ただいまより、平成25年第1回相生市議会定例会を開会いたします。


 開議に先立ちまして、一言、御挨拶申し上げます。


 本日は、何かとお忙しいところ全員の御出席を賜り、まことにありがとうございます。本定例会におきましては、議題といたしまして45議案提出されております。皆さん方の慎重なる審査をよろしくお願いいたします。また、議事進行には格段の御協力をお願いいたしまして、開会の挨拶といたします。


 開議に先立ちまして、市長より御挨拶申し上げます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 おはようございます。


 3月に入り、相生湾に注ぐ陽光からも、ようやく瀬戸内に春が感じられる季節となりました。本日は、平成25年第1回定例市議会をお願いいたしましたところ、議員の皆様には、公私御多用の中、御出席を賜り、まことにありがとうございます。


 さて、平成25年度は、相生市の活力を上昇させるための第2期行財政健全化計画の3年目、中間年に当たる今後の相生市にとりましても大変重要な年度となると考えております。特に、活性化事業では、思い切った教育、子育て支援の充実を中核事業とし、市民の皆様にとって、住みやすく、魅力ある相生市といたしてまいる所存でございます。


 さらには、他市町の皆様に対しましても、引き続き継続的に相生市の魅力を発信していくことにより、人口減少対策につなげてまいりたいと考えております。


 市の将来を見据え、明るい展望を開いていくため、強い決意を持って今後とも懸命に努力をしていく所存でございますので、議員各位におかれましては、より一層のお力添えと引き続きの適切なる御示唆を賜りますよう、お願いを申し上げます。


 さて、本定例会には、平成25年度各会計当初予算を初め、地方主権改革関係条例など、いずれも重要な数多くの議案を提出させていただいております。どうか慎重な御審議をいただき、適切なる御決定を賜りますようお願い申し上げ、開会の御挨拶とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 これより、本日の会議を開きます。


 直ちに日程に入ります。





○議長(角石茂美君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において、8番、渡邊慎治君、9番、土井本子さんを指名いたします。


 よろしくお願いいたします。





○議長(角石茂美君)


 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から3月29日までの26日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、会期は26日間と決定いたしました。


 この際、事務局長から諸般の報告をいたします。


 議会事務局長。


○議会事務局長(富山恵二君)


 御報告申し上げます。


 ただいま出席されております議員数は、16名でございます。


 次に、監査委員からの報告事件として、平成24年第5回定例市議会閉会後、相監報第23号・25号・27号をもちまして例月出納検査の結果が、また、相監報第22号・24号・26号をもちまして定期監査の結果が議長のもとに提出されております。その写しを既にそれぞれ配付いたしておりますので、御清覧いただいたことと存じます。


 次に、地方自治法第121条の規定により、この議会に議案説明のため、議長から市長以下執行機関に出席を求めましたところ、お手元にお配りいたしておりますプリントのとおり出席の回答がありましたので、御了承願います。


 なお、監査事務局、橋本局長より、療養中のため欠席する旨の届け出があり、議長において了承いたしておりますので、御了承願います。


 次に、各報道機関より議長のもとに写真撮影の申し入れがあり、相生市議会傍聴規則第9条の規定により、議長におきまして許可いたしておりますので御了承願います。


 諸般の報告は、以上でございます。





○議長(角石茂美君)


 日程第3、今期定例市議会の会期等について、議会運営委員会委員長から報告いたします。


 5番、阪口正哉君。


○5番(議会運営委員会委員長 阪口正哉君)


 おはようございます。


 議会運営委員会に付託されておりました「次期定例会等の会期等」につきまして、去る2月25日、議会運営委員会を開催いたしました。その協議の結果と概要を報告申し上げます。


 まず、会期につきましては、先ほど決定を見ましたとおり、本日3月4日から3月29日までの26日間といたしております。


 その間、本会議は、本日と明日5日、翌週の13日、14日及び27日の5日間開催し、お手元に配付しております議事日程表のとおり、本日は、まず議会閉会中の付託事件について審査結果と概要の報告を各委員長より受けた後、平成24年度関係議案を全て即決で、審議、議決をお願いいたします。


 その後、平成25年度関係議案を一括上程し、谷口市長から新年度の市政執行への取り組みについて施政方針の表明を受け、議事日程の終了をもって散会することといたしております。


 明日5日は、本会議再開の後、休憩をとり、平成25年度予算に関連する主な事業等につきまして、現地視察を行うことといたしております。


 翌日6日から12日までの7日間は、議案の精査及び施政方針に対する質疑等の準備のため、本会議を休会することといたしております。


 3月13日に本会議を再開し、13日と14日の2日間は施政方針に対する質疑及び一般質問を行い、その終了後、今期定例市議会に上程されます平成25年度関係議案につきまして順次審議を行い、それぞれ議決及び委員会付託まで進めてまいります。


 その後、3月15日から26日までの12日間、本会議を休会し、その間、各委員会を開催していただき、付託事件、所管事項等について審査願います。


 そして、3月27日には本会議を再開し、付託事件について各委員長から審査結果の報告を受け、その議決を願い、今期定例市議会に付議が予定されております全ての案件の議了をもって閉会することといたしております。


 ただし、同日に審議が終了しないときには、3月29日までを予備日といたしておりますので、その間に御審議をいただき、審議終了をもって閉会といたします。


 次に、今期定例市議会に上程されます議案の取り扱いにつきましては、平成24年度関係議案であります議第1号から議第10号までの10議案は、先ほど申し上げましたとおり、全て即決。平成25年度関係議案であります議第11号から議第43号までの33議案のうち、議第14号から議第22号、議第25号及び議第27号の11議案は即決とし、議第11号、議第12号、議第23号及び議第26号の4議案は総務文教常任委員会に、議第13号、議第24号、議第28号から議第35号までの10議案は民生建設常任委員会に付託し、審査を願うことといたしております。


 なお、議第36号から議第43号までの8議案であります平成25年度相生市各会計当初予算につきましては、予算審査特別委員会を設置し、審査を付託することといたしております。


 なお、同特別委員会の委員の選任につきましては、委員数を7名とし、各会派等から選任することといたしております。


 また、最終日に市議会提出議案であります市議第1号、相生市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について及び選挙第1号、西はりま消防組合議会議員の選挙についてが提案される予定であります。提案されますと、即決でお願いいたします。


 次に、施政方針に対する質疑及び一般質問の取り扱いにつきましては、質問通告の締め切りを3月7日、木曜日の正午とし、質問時間は1人30分、質問順序は申し合わせのとおり取り扱うことといたしております。


 なお、従来どおり、今期定例市議会に限り、施政方針に対する代表質問を認めておりますので、御了承お願いをいたします。


 以上が、議会運営委員会の協議結果と概要であります。今期定例市議会に予定されております平成25年度各会計予算を初め関係議案は、重要かつ多岐にわたっておりますので、議事が円滑に運ばれますよう、議員各位の格段の御理解と御協力をお願い申し上げまして、委員長報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願いを申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 議会運営委員会委員長の報告は、終わりました。


 今期定例市議会の運営につきましては、ただいまの報告のとおり取り扱うことにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認め、さよう決定いたします。





○議長(角石茂美君)


 日程第4、議会閉会中の継続審査(調査)事件を議題といたします。


 本件に関し、各委員長の報告を求めます。


 まず、民生建設常任委員会委員長より、地域福祉計画について(調査)、美化センターの延命化について(調査)の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、3番、田中秀樹君。


○3番(民生建設常任委員会委員長 田中秀樹君)


 おはようございます。


 議会閉会中の調査事件として、民生建設常任委員会に付託されました事件2件について、去る2月21日に委員会を開催し、調査いたしましたので、その概要について御報告いたします。


 調査事件の1点目は、地域福祉計画についてであります。


 委員会資料に基づき、施策の展開を中心に地域福祉計画全体について説明を受けた後、質疑に入りました。


 委員より、認知症サポーター養成講座の受講者のうちフォローアップ講座に進んだ人はどのぐらいいるのか、また、ボランティア講座の受講者等をボランティアの実践につなげるための何か具体的なアイデアはあるのかとの質疑があり、理事者より、認知症フォローアップ講座は本年度から実施しており、約30名の参加があった。また、ボランティアの実践につなげる方策については、来年度、社会福祉協議会が地域福祉推進計画の策定を予定しており、この中で相互に連携を図りながら具体化を進めていきたいとの答弁がありました。


 また、委員より、自治会への加入率が低下しているが、その理由を把握しているのか、また、福祉などに関する身近な相談窓口を公民館に設ける予定はないのかとの質疑があり、理事者より、加入率低下についての分析は行っていないが、若い世代などの加入率が減少しているのではないかと考えている。また、公民館等を活用した福祉の相談窓口の設置については、今後の検討課題としていきたいとの答弁がありました。


 また、委員より、計画全体を通して相生市としての独自性が余り感じられないように思うが、どのように考えているのかとの質疑があり、理事者より、どの自治体も共通の課題を抱えており、なかなか独自性を出しづらい面もあるが、施策の展開において相生市独自の取り組み項目をできるだけ多く盛り込むように努めているとの答弁がありました。


 また、委員より、重点的な取り組み項目の中で何か具体的な展開を予定しているものがあるのかとの質疑があり、理事者より、地域福祉計画はあくまで基本計画であり、総合的な相談窓口の設置やボランティアの受け手と担い手をつなぐ仕組みづくりなど、今後、計画を推進していく中で具体的な取り組みを進めていきたいとの答弁がありました。


 また、委員より、地域福祉の必要性や市民の役割などについて、わかりやすく解説した市民向けの資料などを作成する予定はあるのかとの質疑があり、理事者より、概要版を作成し市民や関係機関等に配布する予定だが、わかりやすい内容になるよう工夫して、地域福祉の理解に努めたいとの答弁がありました。


 また、委員より、共通の地域課題を解決できる地域をつなぐネットワークの構築について検討するとあるが、具体的にどのようなものを考えているのかとの質疑があり、理事者より、具体的なイメージはまだないが、今後、地域福祉を推進するためには、こうしたネットワークの構築が必要ではないかと考えているとの答弁がありました。


 また、委員より、現在、広報紙の配布にしても、各種ボランティア活動にしても、自治会などを当てにしている部分が大きいが、高齢化の進展により十分な活動ができなくなる可能性もある、また民生委員の担当する高齢者の数も年々増加している。計画の推進に当たり、こうした状況についてどのように認識しているのかとの質疑があり、理事者より、自治会の状況、民生委員の負担の増加等については十分承知しており、新たな福祉の担い手の養成を含め、今後の大きな課題であると考えているとの答弁がありました。


 次に、調査事件の2点目、美化センターの延命化についてであります。


 委員会資料に基づき、長期包括責任管理事業について説明を受けた後、質疑に入りました。


 委員より、事業開始後における万一の際の対応において、受託者の経営上の問題や運営体制に改善できない支障が生じた場合は、契約を解除し、それに伴う損害は受託者の負担としているが、受託者が倒産した場合等を考えると矛盾するのではないかとの質疑があり、理事者より、そのような場合には弁護士等と協議し対応を図るが、受託者となる株式会社IHI環境エンジニアリング関西事業所は、株式会社IHIのグループ会社として安定した運営を図る意向を確認しているとの答弁がありました。


 また、委員より、佐方地区の住民説明会において34名の出席となっているが、佐方住民全体の理解が得られたと考えているのかとの質疑があり、理事者より、住民説明会の開催に当たっては、公害防止協議会において、あらかじめ説明会の進め方を協議させていただいた。事業の概要についても、自治会や回覧板を通じて広く住民に周知をしていただいており、事業への関心や不安を持つ住民からは、直接御連絡をいただき対応を図っているとの答弁がありました。


 また、委員より、事業運営の確認と検証において、短期的には市職員が検証を行うとしているが、受託者と対等な知識や能力を有する市職員はいるのか、また、15年後も対応できるのかとの質疑があり、理事者より、日常的な確認検証業務については、法に基づく資格を有した技術管理者が中心となり対応を図ることとなる。現在、美化センター現場長がその職にあり、本施設を設置した当時より従事し、設備や運営に専門的な知識を有している。


 なお、現場長の退職も考慮し、次を担う職員を育成するため、職員の技術資格の取得を促し、計画的な施設管理を行っていきたいとの答弁がありました。


 また、委員より、将来的にごみ量が減少する中で、今後、ごみ処理の広域化を検討するのかとの質疑があり、理事者より、広域化については、地元の要望もあり、将来の方向性を検討する中で話を進めていく。


 近隣の状況としては、たつの市が平成20年度から10年間の延命化に入り、赤穂市も来年度から10年間の延命化を計画している。


 また、実務的には近隣市と災害協定を結んでおり、災害や施設の改修時には受託方式で相互にごみの処理を行うこととしているので、このようなつながりを大切にしながら、近隣の状況を踏まえ、事業開始後10年を経過する前後には協議を進めていきたいとの答弁がありました。


 以上が、民生建設常任委員会の付託事件についての調査結果報告でございます。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの報告に対して質疑等はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑等はないようでありますので、これをもって民生建設常任委員会委員長の報告に対する質疑等を終結いたします。


 報告を了承願います。


 次に、総務文教常任委員会委員長より、定住促進について(調査)、仮称・市民文化ホール(調査)についての報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、8番、渡邊慎治君。


○8番(総務文教常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 おはようございます。


 議会閉会中の調査事件として、総務文教常任委員会に付託をされました事件2件について、去る2月22日に委員会を開催し調査いたしましたので、その概要につきまして御報告申し上げます。


 調査事件の1点目、定住促進についてであります。


 定住促進についてを資料に基づき説明を受けた後、質疑に入りました。


 委員より、新婚世帯家賃補助などで市外からの転入者がふえているが、市外からの転入者向けに新たな支援策の検討は行わないのか、また、支援期間の3年目以降も定住を続けてもらうための手だてについて考えていないのかとの質疑に対し、理事者より、住宅等の支援制度については3年間の制度として創設しているので、その検証を行った結果、今後の取り組みについて検討する。


 また、3年目以降の新たな支援の検討については、子育て支援を含めた総合的な制度を創設し、近隣他市町に比べ手厚く支援しているので、今の時点での新たな取り組みではなく、積極的な制度利用の促進に努めたいとの答弁がありました。


 次に、委員より、アンケートの結果を見ると医療環境に対する問題が挙げられている。相生市の長年の課題である周産期医療の問題にどのように取り組むのかとの質疑に対し、理事者より、2次医療圏域では充足しているのではないかと考えるが、全体的な医療圏域の問題も含め県へ要望をしていきたいとの答弁がありました。


 委員より、周辺市町の人口の動向については、どのようになっているのかとの質疑に対し、理事者より、各市町によって特徴やばらつきがあるものの相対的に減少幅が増大している傾向にあるとの答弁がありました。


 また、委員より、アンケート調査で、「宅地が見つけにくい」、「土地が高い」、「家賃が高い」という回答が多くあるが、どのように受けとめているのかとの質疑に対し、理事者より、近隣に比べ利便性等により若干地価や家賃が高いということは把握しているので、その解消も含め支援制度を設けさせていただいている。今後は、これらの結果をもとに、課題解消に向けて庁内で検討を行いたいとの答弁がありました。


 委員より、定住促進住宅についての家賃設定が高いのではないかと考える。また、今の相生市の土地価格について、どのような考えを持っているのかとの質疑に対し、理事者より、家賃の設定は現在入居されている方との比較等を含め決定している、適正であると考える。また、地価は実際の取引によって決定されてくるので、行政が誘導することは難しい分野であると考えているとの答弁がありました。


 また、委員より、平成23年度、平成24年度の行政視察の件数と施策に反映した自治体の把握を行っているのか、事業化した自治体は少ないのではないかとの質疑に対し、理事者より、平成23年度は30件、平成24年度は38件であり、施策に反映した自治体の数は把握していない。また、自治体によって重要課題が異なり、課題解決のために強い思いでやってきた。一つ一つの事業の検証を行う必要があるが、差別化とインパクトも重要ではないかと考えている。最終的には、まち全体の住みやすさを向上させることが必要であると考えているとの答弁がありました。


 また、委員より、財源的に、これらの制度がいつまで続くのかという不安があるのではないか、見直しをすることも必要かもしれないが、これからも続くという安心感が必要ではないかとの質疑に対し、理事者より、子育て支援、子育て環境の維持は必要であると考える、継続する方向で考えているとの答弁がありました。


 次に、調査事件2点目の仮称・市民文化ホールについてであります。


 まず、ホール施設の仮名称につき、計画内容に即したものとするため、本年度中に作成する公文書等では、現行の「仮称・市民文化ホール」とし、本年4月以降は「仮称・相生市文化会館」に変更したいとの旨、報告がありました。その後、資料に基づき説明を受けた後、質疑に入りました。


 委員より、「相生市文化会館」は正式名称になるのか、また愛称の募集はするのかとの質疑に対し、理事者より、相生市文化会館は、あくまでも仮称であり、正式名称は設置管理条例の策定時に決定することとなる。愛称については、ネーミングライツにより募集をするとの答弁がありました。


 委員より、今後も説明会実施の考えはあるのかとの質疑に対し、理事者より、コスモストークもあり、現在のところは、地元、また市内各所で説明会実施の考えはないが、地元に対しては、今後も相生地区で建設することの積極的な意味づけを御理解いただけるように努める。また、引き続き、広報紙や市のホームページでも情報提供をしながら御意見をいただくこととするとの答弁がありました。


 次に、委員より、市民会議の委員はワークショップには参加するのか、参加するのであればどの程度かとの質疑に対し、理事者より、関係団体代表、有識者として参加をお願いしており、また、公募枠による参加の意向もある、ほとんどの委員が参加される予定であるとの答弁がありました。


 次に、委員より、土地利用の中で路線バスのバス停の設置はどのように考えているのかとの質疑に対し、理事者より、現在のターンテーブルがある付近にバス停なりバスだまりは必要なものと考えており、ホール施設側のどこかに設置する計画ではあるが、具体的なことは決まっていないとの答弁がありました。


 次に、委員より、1月16日の地元説明会では、建設用地と建設目的について反応があったが、その状況をどう考えているのかとの質疑に対し、理事者より、土地利用に関しては、当初の目的と変わったことに対して、まだ当初の計画に関する思いを持った方もおられるとの思いを新たにした。用地については、埋立地であることから、液状化や工事等による振動に対する心配をお聞きしたが、液状化については地質調査結果に基づき適切な地盤整備を行い、工事に対する御心配についても御理解いただけるように対応をいたしたいとの答弁がありました。


 次に、委員より、全体的な社会資本整備の方向づけがされていない中で議論が示されないまま進めるのは不安がある。埋め立ての目的は相生大橋の代替地が大きな目的であったが、その休止はいつ説明されたのかとの質疑に対し、理事者より、相生地区の活性化に弾みをつけるためにも埋立地の活用を図る必要がある。相生大橋の休止については、これまでにまちづくり協議会等で説明されており、休止は周知されていると認識しているとの答弁がありました。


 以上が、総務文教常任委員会の付託事件についての調査結果の報告でございます。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


 済みません、先ほどの報告の中で相生大橋と言っていましたが、相生大道の大きな間違いでした、おわび申し上げ、訂正をお願いしたいと思います。


○議長(角石茂美君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は終わりました。


 ただいまの報告に対して質疑等はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑等はないようでありますので、これをもって総務文教常任委員会委員長の報告に対する質疑等を終結いたします。


 報告を了承願います。





○議長(角石茂美君)


 日程第5、議第1号、損害賠償の額を定めることについてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市民病院事務局長。


○市民病院事務局長(西崎健一君)


 議第1号、損害賠償の額を定めることについて、提案理由の御説明を申し上げます。


 本件は、相生市民病院において大腸内視鏡検査の実施中に起こりましたS状結腸の穿孔事故に伴うものであり、市に損害賠償の責任が生じることから、地方自治法第96条第1項の規定により損害賠償額の決定をお願いするものでございます。


 事故の概要ですが、平成24年4月16日、午後1時ごろ、1日検査入院予定の患者様に対し大腸内視鏡検査を実施いたしました。検査終了後、患者様から腹痛の訴えがあり、これの対応として、主治医は、検査中及びポリープの摘出時に空気を送ったためと判断し、しばらく様子観察をし、腹痛については鎮痛剤により対応いたしておりました。腹部に膨満があるため――いわゆる膨らみがあるためですが――翌朝に主治医が診察、腹部CT検査及び採血検査を行った結果、内視鏡検査による大腸穿孔と判明いたしました。直ちに患者様及び御家族に状況を説明、緊急開腹手術を行い、穴のあいたS状結腸部分を切除し、吻合いたしました。


 その後、当院において入院治療をし、平成24年6月14日に退院。経過観察のため、月1回の通院治療を行っておりましたが、消化器外科手術後に起こり得る合併症である術後腹壁瘢痕ヘルニア状態となっているのが9月14日の外来受診時に判明し、これの手術が必要となりました。


 手術については、患者様が姫路日本赤十字病院を希望されたことから、当院より紹介を行い、11月19日に手術をされ、同月30日に退院。その後、日赤で通院治療をされ、腹壁瘢痕ヘルニアは完治し、症状は固定している状態となっております。


 以上が、事故の内容でございます。


 本件事故の示談についてでありますが、当初より治療を最優先とし、退院後の症状が安定後、示談することで、保険会社及び保険会社の委託を受けた弁護士を窓口として示談交渉を進めてまいりました。


 その結果、本年1月23日に示談内諾を得ましたので、議案書に記載のとおり、250万円の賠償額の支払いと姫路日本赤十字病院に治療費89万8,760円の支払いをすることで示談いたすべく議決をお願いするものであります。


 なお、慰謝料算出根拠につきましては、社団法人全国自治体病院協議会の病院賠償責任保険及び日弁連が定める慰謝料等の基準により算定したものでございまして、この費用額につきましては全額賠償責任保険から支払われることとなっております。


 今回の事故の原因につきましては、腸管の癒着があり、挿入困難な症例にスライディングチューブを使用したことが原因と考えられます。事故後、直ちに患者様並びに御家族への説明と謝罪を行い、院内の医療安全管理委員会を開催し、事故の検証とその原因の究明、また防止策を講じたところであります。


 今回、このような事故を起こし、患者様はもとより市民の皆様に不安を与えましたことに深くおわび申し上げます。今回の事案を教訓に、さらに万全の事故防止策を講じ、信頼回復と安全・安心治療に努めてまいります。


 以上、まことに簡単でありますが、説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 11番。


○11番(中山英治君)


 今、報告を受けたんですけれども、その示談に至ったことに対しては、努力といいますかね、そういう結果で大変な対応されたなということに、まずもって敬意を表するわけなんですけれども、このような同様の事例が全国的にどのようにあったのか、レアケースなのか、それと賠償額についてもですね、当然保険会社が――説明の中にもありましたけれども――そういう額で基本的には、他にこのような事例があった上でこうなったのか、そこらのところの説明をいただきたいんですが、いかがでしょうか。


○議長(角石茂美君)


 市民病院事務局長。


○市民病院事務局長(西崎健一君)


 他の事例についてでございますが、保険会社とか弁護士さんに尋ねたところ、保険会社のほうも他の事例をなかなか出してくれないわけなんです。それで、相生市の顧問弁護士が持っておられた事例集を見ましても、これと全く同じ事例はなかったですけども、似たような事例はございました。それでも、なかなか事故原因によりまして賠償額はそれぞれ額が大きい差がありましたので、全く当院の事故にぴったり当てはまるような事例はございませんでしたので、なかなか同じパターンがなかったわけです。


 それから、民間の病院なんかでありますと、どこまで表へ出ているかどうかわかりませんので、なかなか近くの公立病院に問い合わせをしてみても同じ事例がなかったので、あとは保険会社と弁護士さんに任せたというような実態であります。


 以上でございます。


○議長(角石茂美君)


 11番。


○11番(中山英治君)


 状況は、なかなか、といいますのは、他の最近のですね、病院の評価というのは結構全国的に厳しいものがあります。それで、こういうこともですね、やっぱり相生市民病院の評価につながってくることになろうかと思うんですね、新聞紙上で発表されまして。


 それで今の状況もですね、全国的な中でこういう事例があって、相生市もたまたま、本当はそんなことは今まで初めてなんだけどとか、きちっと説明ができるような状況というんですかね、そこらのところも十分今後は対応できるような調査というか、徹底していただきたい。


 今後、こういうことのないように、十分そうされたと思うんですけども、相生市民病院の評価が上がるように、さらに努力をお願いしたいことを申し上げて、質疑を終了いたします。


○議長(角石茂美君)


 ほかに質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第1号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第1号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第1号、損害賠償の額を定めることについてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第1号、損害賠償の額を定めることについては、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第6、議第2号、西播磨地域消防広域化協議会の廃止についてを議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画管理部長。


○企画管理部長(吉岡秀記君)


 議第2号、西播磨地域消防広域化協議会の廃止について、提案理由の御説明を申し上げます。


 本件は、地方自治法第252条の6の規定に基づき、平成25年3月31日をもって西播磨地域消防広域化協議会を廃止することについて協議するもので、地方自治法第252条の2第3項の規定により市議会の議決を求めるものでございます。


 相生市、たつの市、宍粟市、太子町及び佐用町は、広域消防運営計画を策定するため、平成24年4月1日に西播磨地域消防広域化協議会を設置し協議を進めるとともに、西はりま消防組合設置に係る規約を制定し、兵庫県知事へ設置許可申請をいたしておりましたが、去る2月8日付で許可を得たところでございます。


 これにより、広域消防に関する業務につきましては平成25年4月1日から開始することといたしており、西播磨地域消防広域化協議会としての任務は平成25年3月31日で終了することから、同協議会を廃止するものであります。


 以上、まことに簡単ではございますが、説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第2号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第2号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第2号、西播磨地域消防広域化協議会の廃止についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第2号、西播磨地域消防広域化協議会の廃止については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第7、議第3号、平成24年度相生市一般会計補正予算を議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 財政課長。


○財政課長(志茂邦彦君)


 それでは、議第3号、平成24年度相生市一般会計補正予算(第6号)につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 今回の補正予算は、国の緊急経済対策補正予算(第1号)に伴う震災対策農業水利施設整備事業や道路ストック総点検事業の追加、青葉台小学校の耐震補強工事の前倒し、その他年度末を控えての最終調整となることから、各事業費の執行見込みに伴い歳入歳出予算を調整しております。


 また、特別会計、企業会計におきましても一般会計との調整を図り、繰出金等の整理を行っております。そのほか、繰越明許費の設定、地方債の補正も予定しております。


 それでは、まず第1条、歳入歳出予算の補正ですが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,200万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ125億1,307万8,000円にしようとするもので、歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表「歳入歳出予算補正」によるものとしております。


 第2条は繰越明許費の設定、第3条は地方債の補正で、それぞれ第2表「繰越明許費」、第3表「地方債補正」によることとしております。


 それでは、第1条、歳入歳出予算の補正の主な増減の内容につきまして説明を申し上げます。説明の都合上、歳出から説明いたしますので、23ページをお開き願います。


 初めに、各款に計上しております人件費は、総額で3,536万円の減額となっており、希望退職予定者に係る退職手当の減などを調整したものです。


 次に、賃金等は総額で512万7,000円の減額となっており、臨時職員に係る賃金及び共済費、社会保険料等について、採用者数及び出役日数の減などを調整したものです。それぞれの人件費及び賃金等につきましては、10款、総務費から50款、教育費にわたり計上しております。


 なお、給与費の明細につきましては37ページ以降に掲げておりますので、後ほど御清覧賜りたいと存じます。


 それでは、23ページ、10款、総務費、5目、一般管理費、25節、積立金、86万3,000円の追加は、ふるさと応援基金に係る寄附金の積み立てなどを調整したものでございます。


 24ページ、15目、財政調整基金費770万5,000円の追加は、25節、積立金で、市有地売払収入及び基金利子の積立金を調整したものです。


 46目、仮称・市民文化ホール建設事業費2,188万5,000円の減額は、13節、委託料で、プロポーザル方式による入札実績に基づき減額するもので、この委託料につきましては翌年度に繰り越して執行することとしております。


 90目、諸費、3,412万4,000円の追加は、23節、償還金利子及び割引料で、国・県に対する自立支援医療費、障害者自立支援特別対策事業及び子育て支援交付金の精算並びに坪根地区集団移転の土地処分に係る補助金の返還によるものです。


 なお、坪根地区集団移転に伴います補助金の返還額は、国・県それぞれ当該処分額3,121万8,000円にそれぞれの補助率を乗じて得た額で算出され、国は補助率75%で2,341万4,000円、県は補助率12.5%で390万3,000円となっております。


 28ページをお開き願います。


 15款、民生費、17目、障害者福祉費、5,084万1,000円の追加は、13節、委託料で、障害者自立支援法の改正に伴うシステム改修費の増、19節、負担金補助及び交付金で利用者割合の増加に伴う西播磨障害児療育推進協議会負担金の増及び精神障害者の施設利用の増加に伴う地域活動支援センター運営事業補助金の増、20節、扶助費で自立支援医療費――更生医療などが対象者の減により減少するものの、障害福祉サービス等給付費で就労支援施設の利用者の増や福祉サービス受給者の増により追加するものです。


 35目、総合福祉会館管理費、842万1,000円の減額は、多目的ホールの空調設備に伴う委託料及び工事請負費を入札実績に基づき減額するものです。


 29ページをお開き願います。


 10目、施設福祉費728万円の減額は、13節、委託料で愛老園の措置人員が減少したことなどにより減額するものです。


 5目、児童福祉総務費、257万6,000円の減額は、13節、委託料で、市内公立保育所において市外からの入所者の増により、保育所管理運営委託料の追加、19節、負担金補助及び交付金でテレジア幼稚園に係る認定こども園運営補助を追加するものの、実績に基づき特別保育負担金及び子育て応援券事業交付金などを減額、30ページ、20節、扶助費で市外保育所への入所者減により保育所等運営費を減額したことによるものです。


 10目、児童措置費、800万円の減額は、20節、扶助費で、子ども手当・子どものための手当で、年度途中の特例給付制度の実施に伴い減額となったものでございます。


 5項、保健衛生費、10目、予防費、460万円の追加は、13節、委託料で、高齢者肺炎球菌受診者の減により健康増進事業委託料を減額するものの、不活化ポリオワクチン、4種混合ワクチンの導入より予防接種事業委託料が増額となるものです。


 30目、墓地管理費、311万6,000円の追加は、25節、積立金で、相生墓園4件、東部墓園2件の墓地使用料を積み立てるものです。


 40目、病院費は退職者に係る退職金の追加及び基礎年金拠出金に係る公的負担比率等の確定に伴い、19節、負担金補助及び交付金並びに28節、繰出金を組み替え調整するものです。


 31ページをお開き願います。


 30款、農林水産業費、20目、農地費2,321万3,000円の追加は、19節、負担金補助及び交付金で、岩屋谷池改修工事に係る事業費及び負担割合が17%から8%に減額変更となったことにより減となったもの及び13節、委託料で国の緊急経済対策に伴う増が主なもので、議案参考資料(その1)の1ページをごらんいただきたいと思います。


 国の平成24年度補正予算(第1号)でございますが、日本経済再生に向けた緊急経済対策に沿って防災関係経費等が追加計上されたもので、まず相生市の国の経済対策に伴う補正でございますが、5項、農業費、震災対策農業水利施設整備事業は、このたびの国の補正を受け、県事業において、ため池の一斉点検が拡充されたことから、一定基準以上のため池に対する点検事業として、震災対策ため池設計及び調査委託料3,288万円を計上するもので、県補助率100%となっており、翌年度に繰り越して執行しようとするものです。


 次に、その下、40款、土木費、10項、道路橋りょう費、道路ストック総点検事業は、国の緊急経済対策に伴う地域の元気臨時交付金事業として、橋梁、トンネル、舗装等の道路ストックの総点検を平成24年度予算に計上することとなったことから、道路ストック総点検委託料7,300万円を計上するもので、国庫補助率55%となっており、翌年度に繰り越して執行しようとするものです。


 なお、この55%の補助裏45%につきましては補正予算債を充当いたしますが、その地方負担分の約8割相当額につきましては、平成25年度に地域の元気臨時交付金として交付される予定でございます。


 それでは、33ページにお戻りいただきまして、5目、住宅管理費966万1,000円の減額は、13節、委託料で市営住宅の長寿命化計画策定業務委託料を入札実績に基づき減額、17節、公有財産購入費で定住促進住宅購入に係る土地・家屋の経費を調整したものです。


 10目、住環境整備費、1,748万1,000円の減額は、19節、負担金補助及び交付金で、若者定住促進奨励金、転入者住宅取得奨励金及び新婚世帯家賃補助金を、22節、補償補填及び賠償金で、那波丘の台土地区画整理事業の物件移転補償を実績に基づき調整したものとなっております。


 34ページ、50款、教育費、10項、小学校費、5目、学校管理費、3,119万1,000円の追加は、12節、役務費、18節、備品購入費で、矢野小学校・若狭野小学校の統合凍結により、矢野小学校引っ越しに係る費用やスクールバスの購入費、13節、委託料で入札実績に基づき耐震設計委託料を減額するものの、15節、工事請負費で平成25年度に実施予定であった青葉台小学校の耐震補強工事が、平成24年度国庫補助金の交付対象となり、平成24年度予算に計上する必要があることから、耐震補強工事及び危険箇所の改修工事に係る工事請負費を計上し、翌年度に繰り越して執行しようとするものです。


 続きまして、歳入の説明に入らせていただきます。


 12ページをお開き願います。


 5款、市税は、総額で5,720万円の追加を予定しております。その主な内容でございますが、5項、市民税、5目、個人で、年少扶養控除廃止等の影響により2,300万円、大口滞納者の整理により1,600万円の増収を見込み、10目、法人で大口法人の業績不振に伴い500万円の減収を見込んだものです。


 10項、固定資産税は、5目、固定資産税において土地・家屋は評価替えの影響で3,100万円の減収、償却資産は新たな設備投資により2,100万円の増収、滞納繰越分は、市民税と同様、大口滞納者の整理に伴いまして2,300万円の増収を見込んでおります。


 15項、軽自動車税から、14ページ、27款、地方特例交付金につきましては、昨年度の交付実績及び本年度の収入見込みなどにより、それぞれ調整したものとなっております。


 15ページをお開き願います。


 30款、地方交付税、2,414万7,000円の追加は、普通交付税の本年度交付決定額が28億4,492万8,000円となり、既に当初予算及び補正予算の財源として計上しております額と調整したものです。


 40款、分担金及び負担金から、19ページの55款、県支出金までの増減は、歳出の各事業費の確定見込額などにより調整を行ったものです。


 なお、17ページでございます。35目、土木費国庫補助金、道路ストック総点検補助金、4,015万円の追加及び19ページの25目、農林水産業費県補助金、震災対策農業水利施設整備事業補助金3,288万円の追加は、先ほど御説明いたしました国の緊急経済対策に伴う国・県補助金となっております。


 また、17ページ、45目、教育費国庫補助金、学校施設環境改善交付金2,020万円の追加は、青葉台小学校の耐震補強工事に係る交付金となっております。


 20ページ、20款、財産収入、10項、財産売払収入、5目、不動産売払収入、3,426万8,000円の追加は、緑ケ丘及び坪根地区集団移転の土地売払収入で、坪根地区の土地売り払いにつきましては、全22区画のうち、貸借希望者2区画を除く20区画を払い下げた金額となっております。


 70款、繰入金、5目、財政調整基金繰入金2億3,400万円、10目、減債基金繰入金5,000万円、21ページをお開き願います。15目、職員退職手当繰入金1,700万円の減額は、本年度の収支見通しの中で、市税、地方交付税、前年度繰越金等が増収見込みとなったことから、基金への繰り戻しを予定したもので、これにより平成24年度末の各基金の残高は、財政調整基金が27億8,603万1,000円、減債基金が1億8,952万6,000円、職員退職手当基金が7億24万5,000円の見込みとなっております。


 その他、特定目的基金につきましては、各事業の確定見込み及び基金利子などの調整をしたものです。


 75款、繰越金、5目、繰越金、9,610万6,000円の追加は、平成23年度決算の実質収支3億4,994万3,000円から、これまでの補正予算の財源として計上しました額との差額を調整したものです。


 80款、諸収入、5目、延滞金、1,450万円の追加は、大口滞納者の整理に伴うものです。


 22ページ、25目、雑入122万1,000円の減収は、90節、雑入で資源ごみ売却代の減収、岩屋谷池改修工事の負担割合の変更に伴う県施行事業地元負担金の減など、実績に基づき調整したものです。


 85款、市債ですが、総額で3,930万円の追加となっており、道路ストック総点検事業、青葉台小学校耐震補強事業の追加及び、歳出の各事業費の確定見込額により調整したものです。


 なお、これらの補正に伴います限度額の変更は、9ページの第3表「地方債補正」、また、本年度末における現在高見込みにつきましては、39ページの地方債の現在高見込みに関する調書に掲げておりますので、後ほど御清覧賜りたいと存じます。


 続きまして、8ページをお開き願います。


 第2表「繰越明許費」の設定ですが、歳出予算で説明いたしました4事業につきまして予定しております。


 まず、10款、総務費、5項、総務管理費の仮称・市民文化ホール建設事業3,386万3,000円につきましては、市民意見の調整に時間を要したため、基本設計の完了が平成25年5月になることから、30款、農林水産業費、5目、農業費の震災対策農業水利施設整備事業3,288万円及び40款、土木費、10項、道路橋りょう費の道路ストック総点検事業7,300万円につきましては、それぞれ国の緊急経済対策事業に伴う事業であり、事業実施にかなりの期間を要することから、50款、教育費、10項、小学校費の小学校施設整備事業6,000万円につきましては、青葉台小学校の耐震補強工事にかなりの期間を要することから、それぞれ繰り越して執行することになりますので、繰越明許費の設定をお願いするものです。


 以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定賜りますようお願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 10番。


○10番(岩崎 修君)


 それでは、国の緊急経済対策にかかわる事業について質問いたします。


 まず1点目、30款、農林水産業費、5項、農業費の震災対策農業水利施設整備事業、3,288万円の追加についてです。


 議案参考資料によりますと、一定基準以上のため池を対象にですね、耐震診断、ハザードマップの作成等を委託するということでありますが、まず一定基準以上のため池というのは、どのような基準で、その箇所数は何か所か、その対象箇所のため池がですね、相生市全体のため池に占める割合はどれぐらいになるのか。


 それから、耐震診断、ハザードマップの作成ですけども、耐震診断の結果に基づく補強工事の計画は今後どのようになるのか。また、ハザードマップの活用についてはどのようになるのか、まず、この点についてお聞きします。


○議長(角石茂美君)


 建設経済部長。


○建設経済部長(山本英未君)


 一定規模ということですけども、今、堤高10メートル以上15メートル未満、もしくは10万トン以上の貯水能力のある池ということで、その池が決壊しますと、下に民家があるとか影響力が高いということで、現在、その池は5か所、24年度で調査する予定にしております。その割合ですけども、全体の池の数はちょっと今わかりませんですけども、数%だと思っております。


 それから、簡易な調査でございますけども、2ヘクタール以上のため池で、それは簡易点検ということで、36か所を調査する予定でございます。


 それから、今後ですけども、その調査の結果に基づいて、緊急度の高いとこからですね、大きな池――2ヘクタール以上の池は全て県営事業で対応するということになると思うのですけども、今後、県と調整しまして、全ての池がそういう形で点検上、悪いということもなかなかなかろうかと思いますけども、緊急度の高い池から整備をしていくというふうな状況で県のほうからお聞きしております。


 以上です。


○議長(角石茂美君)


 10番。


○10番(岩崎 修君)


 ハザードマップの活用について、またお答え願いたいと思います。


 それから、次に、40款、土木費の10項、道路橋りょう費の道路ストック総点検事業7,300万円の追加についてですが、今年度ですね、橋梁長寿命化修繕計画というものの委託を行っておりまして、当初予算で1,100万円を計上して、今度の補正で593万9,000円減額するということになっておりますけれども、この道路ストック総点検事業と、それから今年度実施の橋梁長寿命化修繕計画との関連ですけども、当初予算で1,100万円の中には点検が810万円、それから計画の策定に290万円、合わせて1,100万円という説明だったわけですが、この道路ストック総点検事業で点検も行われるということで、その橋梁の対象が変わるのかどうかという点も含めて、今年度の事業と今度補正で行われる道路ストック総点検事業との関連について、お聞きしたいと思います。


 それから、橋梁と道路、トンネルも含めて総点検をされるということなんですが、先ほどの質問と同じですが、その総点検の結果に基づく事業について、今後の事業についてどのように取り組まれるのか。


○議長(角石茂美君)


 建設経済部長。


○建設経済部長(山本英未君)


 ため池のハザードマップの件なんですけども、5か所の分ですね、大きなため池の分に関しては1か所ずつハザードマップをつくるということで、ハザードマップをつくってですね、住民の方々にそれをお配りするとか、そういう形で進めていきたいと思います。


 それからですね、橋梁なんですけども、今年度発注した分に関しましては、橋長15メートル以上ということで、その橋を点検と、今度計画を、今、作成中であります。今後ですね、それ以下、橋長10メートル以下ですね、その橋が188橋あるんですけども、それ全てということで今後点検をしていきたい。それで、相生市の橋梁全部が点検と長寿命化計画が作成できるということになっております。


 それからですね、トンネルと道路附帯施設、外灯とかですね、道路照明、それから標識、全て、今後、点検をこの7,300万円の中に入れていますので、どういう形で次に補助金がいただけるかということは――10メートル以上の橋梁についてはですね、この計画をつくって危険度の高いとこから補修をかけていくという計画を今つくっていますので――それは社会資本交付金事業で市の財政当局と私どもの計画と合わせながら実施をしていきたいというような形になろうと思います。


 今後、7,300万円で全て点検するわけですけども、その交付金事業にのっかるかどうかというのは、まだはっきりしておりません。ただ、その辺は、こういう点検に補助金を使ってするということですから、今後、補助金を幾らかでもいただけるような形で地方のほうで整備をしていくというのが目的だと私は思っておりますので、そういう情報を注視しながらですね、そういう形で計画を進めていきたいと思っております。


 以上です。


○議長(角石茂美君)


 10番。


○10番(岩崎 修君)


 いずれにしましても、国の緊急経済対策に基づいて行われるものですので、調査・点検だけしてね、あと事業化がおくれるということでは何のための調査・点検だったんだということにもなりかねませんので、その辺はきちっとした財政折衝も含めてですね、国・県にやっぱりきちっと要望していくべきだと思います。


 それで、最後にですね、緊急経済対策ということで、今回、この2事業が行われるわけですが、いろいろデフレの不況から脱却するんだということが政府の大きな目標で、こういう事業が取り組まれると思うんですけども、これらの事業が市内業者のほうに仕事がふえる、そういう市内経済に、いわゆる影響ですね、やっぱりそれが大事だというふうに思うので、その点についてはどのようにお考えでしょうか。


○議長(角石茂美君)


 建設経済部長。


○建設経済部長(山本英未君)


 点検業務に関してはですね、なかなかコンサルさん、市内にそういうコンサルさんがないものですから、発注は市外になろうかと思いますけども、今後、補修とかですね、そういう工事に関しては、市内業者さんのほうでできるようなものは全て市内業者を使っていく予定であります。橋梁に関してはですね、複雑な構造になる場合、どういう形で市内業者さんを使えるかということはわかりませんけれども、その辺は積極的に市内業者さんでお願いできるような形で私のほうは進めていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。


○議長(角石茂美君)


 ほかに質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第3号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第3号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第3号、平成24年度相生市一般会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第3号、平成24年度相生市一般会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。


 11時15分まで休憩いたします。


   (休憩 午前10時42分)


   (再開 午前11時15分)


○議長(角石茂美君)


 休憩を解き本会議を再開いたします。





○議長(角石茂美君)


 日程第8、議第4号、平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市民環境部長。


○市民環境部長(河上克彦君)


 議第4号、平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、第1条に定めておりますとおり、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ7,260万6,000円を減額し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ40億3,732万円とするもので、歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表「歳入歳出予算補正」によることといたしております。


 それでは、説明の都合上、歳出より御説明を申し上げます。


 10ページをお開き願います。


 10款、保険給付費、5目、一般被保険者療養給付費、2,000万円の減額は、12月までの実績で精査しましたところ、1か月当たりの医療費の見込みが、1億8,500万円となったことによるものであります。


 10目、退職被保険者等療養給付費2,000万円の減額は、1か月当たりの医療費の見込みが2,900万円になったことによるものであります。いずれも被保険者数が当初見込みより下回ったことによるものです。


 次に、11ページ、20款、共同事業拠出金、15目、高額医療費共同事業拠出金、1,900万円の減額は、1件当たり80万円を超える医療費の減によるもので、25目、保険財政共同安定化事業拠出金4,700万円の減額は、1件当たり30万円を超え80万円までの医療費の減によるものでございます。いずれも、兵庫県全体で高額な医療費の支払いに充てる共同事業の拠出金総額が減少したことによるものでございます。


 30款、積立金、5目、積立金7万5,000円の増額は、基金利子分の増収を積み立てるものであります。


 35款、諸支出金、5目、一般被保険者保険税還付金100万円の増額は、所得更正等に伴う過年度還付の増によるものでございます。


 15目、償還金、3,231万9,000円の増額は、平成23年度の療養給付費国庫負担金等の精算に伴う返還金でございます。


 次に、歳入に入ります。


 7ページをお開き願います。


 5款、国民健康保険税、5目、一般被保険者国民健康保険税、4,200万円の減額並びに10目、退職被保険者等国民健康保険税1,800万円の減額は、被保険者数が当初予算で計上しておりました人数を下回ったことによる減で、12月末の調定額をもって精査したものであります。


 20款、国庫支出金、15目、高額医療費共同事業負担金、475万円の減額は、高額医療費共同事業拠出金の減によるものであります。


 25款、療養給付費交付金、5目、療養給付費交付金、877万3,000円の減額は、退職被保険者等療養給付費の減によるものであります。


 8ページ、27款、前期高齢者交付金、5目、前期高齢者交付金、600万円の減額は、国の精算確定による交付金の減であります。


 30款、県支出金、5目、高額医療費共同事業負担金、475万円の減額は、高額医療費共同事業拠出金の減によるものであります。


 35款、共同事業交付金、10目、高額医療費共同事業交付金、1,900万円の減額並びに15目、保険財政共同安定化事業交付金、4,700万円の減額は、共同事業拠出金の減に伴うものです。


 40款、財産収入、5目、利子及び配当金、7万5,000円の増額は、基金利子の増収分であります。


 45款、繰入金、5目、一般会計繰入金、559万6,000円の増額の主なものは、9ページ、20節、財政安定化支援事業繰入金による国からの受入金、604万6,000円の増によるものです。


 45款、繰入金、5目、財政調整基金繰入金、6,000万円の減額は、前年度からの繰越金を計上することにより基金の取り崩しを行わないこととし、減額するものであります。これによりまして、平成24年度末における基金残高は、2億2,182万円となる見込みです。


 50款、繰越金、10目、繰越金、1億3,199万6,000円の増額は、前年度からの繰越金であります。


 以上が補正の内容でありますが、本件につきましては、去る2月22日に開催されました相生市国民健康保険運営協議会において御了承をいただいておりますことを申し添えまして、説明を終わらせていただきます。


 よろしく御審議を賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 11番。


○11番(中山英治君)


 今、報告いただいてですね、被保険者数が見込みを下回った等を含めて、全体としてですね、かなり減額されていることの報告があったわけなんですけれども、結果として23年度の決算で、1人当たりの医療費の数値が出ていました。24年度は、1人当たりの医療費がどれぐらいになると見込まれていますか。


○議長(角石茂美君)


 市民環境部長。


○市民環境部長(河上克彦君)


 医療費の関係でございますが、人数がまずは減ったということで御報告を申し上げさせていただいてございます。それで、1人当たりの費用額でございますが、23年度はちょっと手元にないんですが、24年度の当初で一般を37万5,000円、退職を53万円、これを合計しますと約39万1,000円、1人当たりの療養給付費になるわけですが、24年度の決算見込みでは、一般が38万8,000円、退職が43万2,000円、それをトータルしますと39万3,000円、1人当たり見込みになるというふうに試算をしてございます。ほぼ当初予算で見込んだ部分と同額程度になるかと思います。


 ただ、23年度の比較をということでございましたが、24年度の当初予算編成時に23年度の実績を加味して、この数値で予算計上をしてございますので、御了解いただければと思います。


 以上です。


○議長(角石茂美君)


 11番。


○11番(中山英治君)


 要するに、23年度というか、横ばいになったような状況のことを何か、特に努力したけど、こういう状況になってしまったんだとか、いや、どうしても他市との状況の中で、医療費増の状況は変わらなくてこうだとか、何かそういう取り組んだ状況の結果等も含めて、概要がわかれば御報告いただきたいんですが、いかがでしょうか。


○議長(角石茂美君)


 市民環境部長。


○市民環境部長(河上克彦君)


 特段、特に取り組んだ状況があるとかということじゃなしに、やはり一人一人、病気、ケース・バイ・ケースで、その療養費がどうなるかという見込みを立てづらい、そういった面がございます。当然、先ほど申し上げましたように、30万円、それから8万円以上の高額療養費のほうの見込みも減額というふうになっている状況からしまして、1人当たりの療養費を見込むというのは大変難しいものがございます


 ただ、やはり被保険者の方には早期発見、早期治療を行っていただいて医療費を抑制していただく、また医薬品についてもジェネリックとか、そういった部分の普及、PRを行っておる、そういった努力はしてございますが、直接的にそれが功を奏して何ぼ減ったという数値にはつながらない、日々努力していくしかないのかなというふうな思いでございます。


 以上です。


○議長(角石茂美君)


 11番。


○11番(中山英治君)


 ここで細かな点を議論するわけにいかないのであれなんですけども、さらなる取り組みといいますかね、やっぱり、先日、長野県の平均寿命等の話が、男女とも長野県なんです。あそこの県、私はよく出しますけれども、医療費等も相当、1人当たり医療費ですね、低額で推移しています。


 そんなことも含めて、いろいろ取り組むべき課題が相生市には多いと思うので、そこらを十分今後とも取り組んでいただくことをお願いしてですね、質疑は終了いたします。


○議長(角石茂美君)


 ほかに質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第4号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第4号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第4号、平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第4号、平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第9、議第5号、平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算を議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 建設経済部参事。


○建設経済部参事(岸本光義君)


 議第5号、平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 予算書、1ページをお開き願います。


 今回の補正は、年度末を控え決算見込みによる予算を精査したもので、第1条に定めておりますとおり、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ190万円を減額し、補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ22億8,658万円とするものであります。


 第2項の歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、2ページからの第1表「歳入歳出予算補正」によるものであります。


 それでは、補正内容につきまして御説明申し上げます。説明の都合上、歳出から説明させていただきます。


 7ページをお開き願います。


 1款、下水道費、1目、下水道総務費、190万円の減額は、消費税の額の確定により、27節、公課費を減額するものであります。


 次に、1款、下水道費、1目、下水道整備事業費において、充当財源としての受益者負担金が310万円の増額となることにより、財源を調整するものであります。


 2款、公債費、1目、元金においては、充当財源としての下水道使用料が1,310万円減額となることから、財源を調整するものであります。


 次に、歳入について御説明をさせていただきます。


 6ページをお開き願います。


 5款、分担金及び交付金、5目、下水道費負担金、310万円の増額は、徴収猶予としていた農用地の受益者負担金が宅地化に伴い徴収猶予を解除したことによる増額であります。


 次に、10款、使用料及び手数料、5目、下水道使用料、1,500万円の減額は、使用者の節水により有収水量が減少したことにより、下水道使用料の減額したものであります。


 20款、借入金、5目、一般会計繰入金、1,000万円の増額は、今回の補正に伴う財源の調整を行った結果、一般会計よりの繰入金を増額するものであります。


 以上、まことに簡単ではございますが、説明を終わります。


 よろしく御審議を賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第5号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第5号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第5号、平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第5号、平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第10、議第6号、平成24年度相生市看護専門学校特別会計補正予算を議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(竹内繁礼君)


 議第6号、平成24年度相生市看護専門学校特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 今回の補正は、第1条に掲げておりますとおり、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ115万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9,730万円にしようとするもので、歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表「歳入歳出予算補正」に掲げているとおりでございます。


 それでは、歳出から御説明いたします。


 7ページをお開き願います。


 5款、総務費、5項、総務管理費、5目、総務管理費は、事務費精査による減額115万円でございます。


 増減額の主な内訳でございますが、1節、報酬30万円の減額は、非常勤講師報酬の執行残による減、7節、賃金15万円の減額は臨時職員賃金の執行残による減、11節、需用費70万円の減額は、電気使用量の減が主な要因でございます。


 続きまして、歳入を御説明いたします。


 6ページをお開き願います。


 5款、使用料及び手数料、5項、使用料、5目、教育使用料、10節、授業料は、休学者、退学者の増により165万円減額となっております。


 10項、手数料、5目、入学考査料は、当初、応募者を190人と見込んでおりましたが、306人と116人ふえたことにより232万円の増額となっております。


 20款、諸収入、20項、雑入、20目、雑入、10節、雑入は、募集要項配布手数料を当初110人と見込んでおりましたが、213人と103人ふえたこと、また、エコカー補助金の交付を受けたことにより、12万5,000円の増額となっております。


 これらを精査した結果、15款に定めております一般会計からの繰入金を194万5,000円減額し、5,476万5,000円とすることといたしております。


 なお、今回の補正に係る給与費明細書を8ページに掲げておりますので、御清覧いただきますようお願い申し上げます。


 以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明を終わります。


 よろしく御審議を賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 11番。


○11番(中山英治君)


 簡単なことで申しわけないんですけれども、5目、総務管理費の11節、需用費で光熱水費70万円の減額とあって、電気代ということだったんですけれども、看護学校で特に電気代70万円減額するための何かをされた、基本的には電気器具の入れかえとか、そういうことを何か、施設の更新とかやったようなことはなかったと思うんですけれども、その減額の要因というのはどういうことなんでしょうか。


○議長(角石茂美君)


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(竹内繁礼君)


 今、御質問にございましたように、器具等の入れかえというものはしておりませんけれども、ふだんからの照明器具、それと空調関係の適正な使用に努めた結果、減額に至ったということでございます。


○議長(角石茂美君)


 11番。


○11番(中山英治君)


 その努力した結果なんですけども、前年度、要するに需用費、概要ですよ、どれぐらいの電気代のあれで23年度こうだったと、24年度はこれぐらいだったという概要がわかれば報告いただければと。


○議長(角石茂美君)


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(竹内繁礼君)


 23年度でございますけれども、電気使用料、トータルで5万4,519キロワットです。今のところ、今年度におきましては12月段階で3万8,469キロワットということで、あとこれ3か月分が、まだ執行しておらないんですけれども、12月では約5,000キロワットということでございますので、その分を加味して差し引き、減額予定という形にしておる数字でございます。


○11番(中山英治君)


 了解です。


○議長(角石茂美君)


 ほかに質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第6号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第6号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第6号、平成24年度相生市看護専門学校特別会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第6号、平成24年度相生市看護専門学校特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第11、議第7号、平成24年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予算を議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 建設経済部参事。


○建設経済部参事(岸本光義君)


 議第7号、平成24年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 予算書、1ページをお開き願います。


 今回の補正は、年度末を控え決算見込みによる予算を精査したもの、並びに本年度実施の農業集落排水処理施設の機能診断の結果、早急な対応を要する設備について、このたび国の緊急経済対策に係る補正予算を活用し、耐用年数の過ぎた処理施設の改築更新計画の前倒しを行い、施設機能強化工事を実施するもので、第1条に定めておりますとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億100万円を追加し、歳入歳出予算の総額を5億967万円とするものであります。


 第2項の歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、2ページからの第1表「歳入歳出予算補正」によるものであります。


 第2条は繰越明許費で、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用できる経費は、4ページの第2表「繰越明許費」によることとしております。


 第3条は、地方債について地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債について定めるもので、5ページの第3表「地方債」に掲げておりますとおり、限度額を4,500万円、借入利率を年3.5%以内といたしております。


 それでは、補正内容につきまして御説明申し上げます。説明の都合上、歳出から説明させていただきます。


 9ページをお開き願います。


 5款、農業集落排水事業費、1目、農業集落排水総務費においては、充当財源として農業集落排水使用料が100万円減額となることにより、財源を調整するものであります。


 5目、施設整備費、1億100万円の追加は、矢野・若狭野地区の農業集落排水処理施設の機能強化事業に伴う委託料及び工事請負費をそれぞれ計上いたしたものであります。


 議案参考資料(その1)、2ページから3ページに工事の概要並びに施工箇所を掲げておりますので、あわせて御清覧を願います。


 なお、実施工期が翌年度にまたがることから、予算書、4ページの第2表「繰越明許費」のとおり、全額を繰越明許費とすることといたしております。


 次に、歳入について御説明させていただきます。


 8ページをお開き願います。


 10款、使用料及び手数料、5目、農業集落排水使用料、100万円の減額は、使用者の節水により有収水量が減少したことによる使用料の減額であります。


 20款、繰入金、5目、一般会計繰入金700万円の増額は、今回の補正に伴う財源の調整、並びに、先ほど御説明いたしました矢野・若狭野地区の農業集落排水処理施設機能強化事業に係る財源とするものであります。


 次に、30款、市債、5目、下水道債、4,500万円並びに40款、国庫支出金、10目、農山漁村地域整備交付金、5,000万円の追加は、農業集落排水処理施設機能強化事業に係る財源として、新規に計上するものであります。


 なお、補正後の年度末地方債現在高見込み額を10ページに掲げておりますので、後ほど御清覧願います。


 以上、まことに簡単ではございますが、説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定くださいますようお願いを申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 11番。


○11番(中山英治君)


 今、説明いただいた機能強化の関係の中身なんですけれども、その機能強化によって、7地区のね、農業集落排水施設の老朽箇所を改修するため機能強化工事や実施設計等を委託するということになっておるんですけれども、位置図等も、場所はよくわかるんですけれども、機能強化で結果どうなるかということの説明等も含めてですね、もう少し詳細な説明をいただければと思うんですが、いかがでしょうか。


○議長(角石茂美君)


 建設経済部参事。


○建設経済部参事(岸本光義君)


 先ほど御質問の老朽化の施設につきましては、今年度、機能強化に係ります機能診断を実施をいたしております。その中から老朽化が著しいものから順次機能強化を図ってまいりたいというふうに考えておりまして、その中身といたしましては、先ほど説明でもいたしましたけれども、矢野・若狭野地区にございます7処理施設、これらの施設の中の機能強化の中の診断の結果から、汚水処理を行います制御盤、これはほとんどがコンピュータ制御等にございますけれども、制御盤の老朽化が、まず1点目に挙がります。


 この制御盤の中には、それぞれ具体的には専門的にいろんな機器がございますけれども、中身といたしましては、この中には水処理を制御する回路図であるとか、それぞれを起動させます蓄電池等の精密部品、それに次には施設の老朽化の最も激しいものとしましては破砕機、要は汚水の中に入ってくる汚物等を破砕する破砕機、それから次には、その破砕したものをそれぞれスクリーンにおいて、そのごみを取り除く施設といった、それぞれ順次老朽化した施設の中から緊急度の高い順に、今度、実施設計において精査をしていきたいというふうに考えております。


 以上でございます。


○議長(角石茂美君)


 11番。


○11番(中山英治君)


 概要はね、要するに、今、報告を聞いた概要だけで中身がなかなかわからないんですけど、要するに機能強化によって、今までも、この施設を設置後何年で、耐用年数が、こういうものについてはですね、どうしてもそういう耐用年数が来たからなのか、いろいろと延命化をやってきたけれども、もうどうしようもなかったのか、今後はですね、また、こういうような、要はプラント関係ですから、そういう長寿命化、片方でごみ処理なんかと同じなんですけども、今後とも、こういう定期的に入れかえ等をやっていかないといけないのか、今後、この強化によって、いや従来よりか、よりいいものを機能強化としてやるのか、そこらの説明が一切なかったんですが、具体的には、そこらは概要いかがでしょうか。


○議長(角石茂美君)


 建設経済部参事。


○建設経済部参事(岸本光義君)


 耐用年数につきましては、設置後15年を経過したもの、これを機能強化の対象というものにしてございます。


 それから、この機能強化につきましては、新たに設置するものではなく、今のものを機能強化を図り、あわせて施設の延命化を図っていくと。今後におきましては、それぞれの施設を、先ほど羅列をしました機器等を順次更新をしていきたい。あわせて、先ほど申しますように、施設の延命化を図っていきたいというふうに考えております。


 以上です。


○議長(角石茂美君)


 11番。


○11番(中山英治君)


 トータル的に、今、15年以上のものになってきた、そうしたら、もう一回ぐらいできるのか、いやもうこれも限界があって、施設とのことで長期にはどうなのかというようなことの見込みなんかは、現在お考えの部分があればお答えいただきたいと思うんです。


○議長(角石茂美君)


 建設経済部参事。


○建設経済部参事(岸本光義君)


 今年度調査をいたしました機能診断の結果をもとに、今後ですね、長寿命化計画、要は最適化構想というものを策定をしてまいります。その中で、それぞれの施設の耐用年数を含めて、今後、機能強化をしていかないといけないもの、あるいは更新していかないといけないもの、それらを整備計画を立てて今後進めてまいりたいと考えております。


 以上です。


○議長(角石茂美君)


 ほかに質疑はありませんか。


 10番。


○10番(岩崎 修君)


 同じくですね、農業集落排水処理施設機能強化事業、1億100万円の追加の件について、お伺いします。


 今、11番議員が質問されたこととも重複する部分もあるんですが、今回のこの事業はですね、老朽箇所を改修するための機能強化工事や実施設計等を委託するものと、こういうことでありますけども、その最適整備構想、長寿命化計画等との関連についてお伺いしたいと思います。


 昨年の3月21日に行われました予算審査特別委員会で、私が維持管理の問題について質問いたしましたところ、このような答弁をいただいております。経年劣化による故障、金属というものは確かにふえてきております。そういうことで、通常の維持管理の中で交換とかできない部品とかの点検を去年行いました。その点検等に基づきまして、今から最適整備構想で長寿命化計画を立てていくんですけれども、それの工事が27年度ぐらいになると思われますので、その間、去年行った点検業務の調査結果に基づいて重要度の高いものは最適整備構想までの間に順次やっていくような格好で、去年の点検の結果に基づいて行っていこうというふうに考えております。


 こういう答弁だったんですが、今、11番議員とのやりとりを聞きますと、今年機能診断の結果をやったと。その結果に基づいて、今回、この農業集落排水処理施設機能強化事業で工事を行っていくんだということだったんですが、そうしますと、去年の予算審査特別委員会ではね、今年度からそういう工事もやっていくんだと、緊急度の高いものについてはということだったんですが、そこら辺の関連についてどのように理解したらいいのかちょっとわからないんので、教えていただきたい。


○議長(角石茂美君)


 建設経済部参事。


○建設経済部参事(岸本光義君)


 1点目のですね、長寿命化計画と最適整備構想との関連でございますけれども、公共下水道では長寿命化計画と申しておりますけれども、この農業集落排水におきましては、事業種目の名目が長寿命化計画と同様の内容でございますけれども、その内容は農業集落排水施設最適整備構想、いわゆる長寿命化ということになってございます。


 それから、予算審査特別委員会の中で、先ほど議員説明のとおり申しておりましたけど、確かに先ほど申しましたように、供用開始から15年経過した、耐用年数を経過したものについて長寿命化を図るべきということで、7施設についてはですね、平成25年度に、先ほど申します最適整備計画、要は長寿命化計画を策定をしまして、27年度から改築更新を行うという計画で進めておりました。


 しかし、機能診断の結果、直ちに改築更新が必要となる施設がありますので、このたびの緊急経済対策補正予算に係る改築更新が可能となったことから、この緊急経済対策補正予算を活用して、いち早く機能回復等を図り、長寿命化の1つを進めてまいりたいということでございます。


 以上でございます。


○議長(角石茂美君)


 10番。


○10番(岩崎 修君)


 そうしますと、最適整備構想なるものの中ですね、老朽箇所等々、修繕箇所ですね、そういったところの把握はもう十分できておると。あとは、来年度の繰り越しでですね、この機能強化事業によって工事を行っていくということで、前倒しをするという理解でよろしいんでしょうか。


○議長(角石茂美君)


 建設経済部参事。


○建設経済部参事(岸本光義君)


 おっしゃるとおりでございまして、本年度、機能診断を実施しておりましたからこそ緊急経済対策補正予算に該当するということでございます。


 以上でございます。


○議長(角石茂美君)


 10番。


○10番(岩崎 修君)


 それで、一般会計の、先ほどの質疑でも申し上げたんですが、今回も国の緊急経済対策ということで行われるということでありますけれども、先ほど11番議員の中で具体的な工事の内容ですね、制御盤、あるいは破砕機等の整備が必要だということだったんですが、結局、今年度1億100万円という多額の費用を投ずるわけですが、これらの内容の工事が、いわゆる地元、市内業者の仕事づくりに本当に役立つものなのか、そこら辺の発注のあり方等も含めて、ちょっと今の考えをお聞きしておきたいと思います。


○議長(角石茂美君)


 建設経済部参事。


○建設経済部参事(岸本光義君)


 このたびのその緊急経済対策補正予算の執行につきまして、市内の経済対策ということにつながるかということでございますけれども、当然この事業に対しましての設計業務であるとか、そういった部分については、あくまでも専門業者というような形をとりたいと考えておりますけれども、あわせて機能更新につきましても、当然、市内業者を含めて検討することになるかと思いますけれども、実際、入札時において施工可能な市内業者を含めて検討し、経済対策に応えていきたいというふうに考えております。


○議長(角石茂美君)


 ほかに質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第7号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第7号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第7号、平成24年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第7号、平成24年度相生市農業集落排水事業特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。


 1時まで休憩いたします。


   (休憩 午前11時57分)


   (再開 午後 1時00分)


○議長(角石茂美君)


 休憩を解き本会議を再開いたします。





○議長(角石茂美君)


 日程第12、議第8号、平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算を議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 健康福祉部長。


○健康福祉部長(竹内繁礼君)


 議第8号、平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算(第2号)は、第1条に定めておりますとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,458万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ24億5,048万4,000円とするもので、歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表「歳入歳出予算補正」に掲げているとおりでございます。


 今回の補正は、歳入につきましては収入状況等を踏まえての調整、及び、歳出につきましては、年度末を控えての調整をさせていただいております。


 それでは、説明の都合上、歳出の11ページをお開き願います。


 10款、総務費、10項、総務管理費、10目、一般管理費の60万9,000円の増額は、委託料において介護保険認定ソフトのバージョンアップに係る費用を計上したものでございます。


 30項、介護認定審査会費、20目、認定調査費257万7,000円の減額は、認定調査員に係る賃金、主治医意見書作成に係る手数料の精査によるものでございます。


 20款、保険給付費につきましては、歳入の保険料及び国庫支出金の増減に伴う財源内訳の変更によるものであります。


 14ページをお開き願います。


 25款、地域支援事業費、20項、包括的支援事業・任意事業費50万円の減額は、成年後見人等報酬助成実施事業に係る扶助費の事業費精査によるものでございます。


 40款、基金積立金、2,704万9,000円の増額は、介護給付費準備基金積立金で、前年度繰越金等の積み立てによるものでございます。


 50款、諸支出金、10項、償還金及び還付加算金につきましては、財源内訳の変更によるものであります。


 次に、8ページの歳入でございますが、10款、保険料862万4,000円の増額は、第1号被保険者のうち特別徴収に係る件数が減となったものの、普通徴収及び滞納繰越分に係る件数が増となったことによるものでございます。


 15款、使用料及び手数料、1万2,000円の増額は、督促手数料の収入見込み増によるものでございます。


 20款、国庫支出金から40款、県支出金までは、国、支払基金、県のそれぞれのルールに基づき交付申請をしております額により調整したものでございますが、国庫負担金については全国的な給付費の伸びによる国の予算不足から減額され、平成25年度での精算となるため、減額による不足分については一時的に準備基金の繰り入れにて対応することとなります。


 9ページをお開き願います。


 50款、財産収入、5万1,000円の減額は、介護給付費準備基金利子の減でございます。


 60款、繰入金は一般会計繰入金で、介護給付費及び地域支援事業費に係る負担分及び事務費繰入金で500万円の減額及び基金からの繰り入れを、調整により1,943万7,000円の増額をするものでございます。


 65款、繰越金3,285万5,000円の増額は、前年度繰越金の増でございます。


 70款、諸収入、86万4,000円の増額は、第三者納付金の増額によるものでございます。


 以上、まことに簡単ではございますが、説明を終わります。


 よろしく御審議を賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第8号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第8号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第8号、平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第8号、平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第13、議第9号、平成24年度相生市後期高齢者医療保険特別会計補正予算を議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市民環境部長。


○市民環境部長(河上克彦君)


 議第9号、平成24年度相生市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 平成24年度相生市後期高齢者医療保険特別会計補正予算(第1号)は、第1条に定めておりますとおり、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,345万4,000円を減額し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億2,884万6,000円とするもので、歳入歳出予算の補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表「歳入歳出予算補正」によることといたしております。


 それでは、説明の都合上、歳出から御説明申し上げます。


 7ページをお開き願います。


 10款、後期高齢者医療広域連合納付金、5目、後期高齢者医療広域連合納付金は、保険料等相当額を兵庫県後期高齢者医療広域連合に納付するもので、2,345万4,000円の減額は、広域連合より示される保険料の収入見込み等に合わせるものであります。


 次に、歳入に入ります。


 6ページをお開き願います。


 5款、後期高齢者医療保険料は、広域連合から示される保険料額に基づくもので、5目、特別徴収保険料3,878万円の減額は、被保険者数が当初見込み人数を下回ったこと、及び特別徴収から普通徴収に移行したことによるものであります。


 10目、普通徴収保険料、955万円の増額は、特別徴収から普通徴収に移行したことによるものであります。


 15款、繰入金、10目、保険基盤安定繰入金は、保険料の法定軽減額に相当する額を繰り入れするもので、66万8,000円の減額は、広域連合から示される保険料額に基づくものであります。


 20款、繰越金、5目、繰越金、644万4,000円の増額は、前年度からの繰越金で、後期高齢者医療広域連合納付金により精算されるものであります。


 以上、まことに簡単でございますが、説明を終わります。


 よろしく御審議を賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第9号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第9号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第9号、平成24年度相生市後期高齢者医療保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第9号、平成24年度相生市後期高齢者医療保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第14、議第10号、平成24年度相生市病院事業会計補正予算を議題といたします。


 これより上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市民病院事務局長。


○市民病院事務局長(西崎健一君)


 議第10号、平成24年度相生市病院事業会計補正予算(第2号)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 今回の補正は、年度末を控え、決算見込みからの予算精査による収益的収支での減額補正であります。


 また、第3条で議会の議決を経なければ流用することのできない経費であります職員給与費の減額補正と、第4条で他会計からの補助金の増額補正を予定させていただいております。


 それでは、補正予算について御説明いたします。説明の都合上、補正予算書、3ページをお開き願います。


 収益的収支の収入でありますが、1款、病院事業収益、1項、医業収益、2目、外来収益、5,529万2,000円の減額は、外来患者数が当初見込みより減少となったことによるものであります。


 次に、2目、一般会計補助金、383万2,000円の増額は、常勤医師1名及び育児休暇中の看護師1名の退職給与金の発生に伴うものであります。


 続きまして、支出でありますが、1款、病院事業費用、1項、医業費用、1目、給与費、2,867万円の減額は、先ほど説明いたしました退職給与金と賃金が増額となりましたが、給料、手当、法定福利費がそれぞれ減額となったことによるものであります。


 次に、2目、材料費、770万円の減額は、医業収益の減額と比例するものでありますが、薬品費及び診療材料費が減額となったことが主な理由であります。


 次に、3目、経費、1,509万円の減額は、病院運営費であります非常勤医師の診療、当直に対する報償費、施設管理に伴う消耗品費、燃料費、光熱水費、修繕費、また医療機器のリース料等に伴う賃借料、業務委託に伴う委託料等を精査したものでございます。


 なお、参考として5ページ以降に給与費明細書、予定貸借対照表及び予算内訳書をそれぞれ掲げておりますので、御清覧お願いいたします。


 以上、まことに簡単でありますが、説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第10号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第10号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第10号、平成24年度相生市病院事業会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第10号、平成24年度相生市病院事業会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第15、議第11号、相生市土地開発公社の解散についてから、日程第47、議第43号、平成25年度相生市病院事業会計予算までの33議案を一括議題といたします。


 この際、市長より施政方針を受けます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 本日、平成25年第1回相生市議会定例会において、平成25年度当初予算及び関連諸議案の御審議をお願いするに当たり、所信を申し述べ、議員各位を初め市民の皆様に市政への御理解と御協力を賜りたいと存じます。


 現在、我が国の経済は、世界経済の減速や東日本大震災に起因する電力供給の制限等、大きな打撃をこうむり、円高、デフレ、雇用情勢の悪化など、さまざまな不安定要素を抱えております。


 また、昨年の衆議院議員選挙において政権交代が行われ、新政権による日本経済再生に向けた切れ目のない政策対応により、景気回復への期待を先取りする形で、円安傾向や株価の回復などの改善の兆しも見えておりますが、安定的な景気回復へは予断を許さない状況であります。


 国政におきましても、前回の政権交代時と同様に、落ちつくまではしばらく時間を要すると考えておりますが、分権型社会を実現するため、国政に左右されることなく、自治体みずからが自分たちの地域をどのような施策で、どう展開していくのかという明確な意思を持つことが必要であると考えます。


 本市におきましては、第5次相生市総合計画の将来像である「いのち輝き 絆でつなぐあいのまち」を実現するため、健全な行財政運営を維持しつつ、未来の世代に引き継ぐ持続可能な定住性の高いまちづくりを目指しております。


 そこで、第2期相生市行財政健全化計画「相生市活力上昇計画」に基づき、平成23年4月には子育て応援都市宣言を行い、積極的な子育て・教育施策や定住促進施策等の活性化施策を展開し、人口減に歯どめをかけるための対策に努めております。平成25年度は、さらに相生市民さわやかあいさつ運動、相生っ子学び塾などの施策に取り組み、未来に夢と希望をつなぐ人づくりを強く推進してまいります。


 第1は、「健やかな成長と人間力をのばせるまち」の推進であります。


 その1は、「大切な命を社会全体で守り育むまちづくり」についてであります。


 子育てについては、平成27年度からの子ども・子育て支援新制度に対応するため、平成25年度に地方版子ども・子育て会議の設置やニーズ調査を行い、相生市子ども・子育て支援事業計画の策定に向けた体制整備を進めるとともに、「子育て支援コーディネーター」を配置し、マイ保育所登録事業の拡充など、関係機関と連携しながら、子育て家庭の個々の事情に応じた支援に取り組みます。


 また、子どもが生まれた市民を対象に出産祝金の支給や子育て応援券の交付、3歳から5歳までの子どもの保育所・私立幼稚園の保育料の軽減、乳幼児等医療費並びに、こども医療費の市単独助成による無料化を引き続き実施し、子育て世代の経済的負担の軽減を図ります。


 放課後児童保育については、安全で安心して保育が行えるよう、小学校施設内において引き続き実施します。


 また、母子保健対策については、母子保健法の改正に伴い、新たに低体重児の届け出の受理、未熟児の訪問指導、未熟児養育医療の給付に取り組むとともに、子どもの健やかな成長のための環境づくりを進めます。


 その2は、「生きる力を育むまちづくり」についてであります。


 市の将来を担う「相生の宝」である子どもたちが、心豊かで、たくましく生き抜いていくために必要な「丈夫な根っこ」を養います。「地域の子どもは、地域で育てる」ために、学校情報の積極的な発信に努めるとともに、各小・中学校において学校支援ボランティアの登録を行い、地域の実情に応じた活動を取り入れ、学校と家庭、地域との「絆」をより強めます。


 さらに、平成25年度から相生市民さわやかあいさつ運動を展開し、「あいさつ」や「声かけ」を通して、自分の住む地域への深い愛着心と子どもの規範意識を育むとともに、地域ぐるみの防犯・防災活動につなげ、温かく住みよい地域づくりを進めます。


 児童・生徒の学力の向上については、ぐんぐん学力アップ事業により、基礎・基本の徹底した定着を図るとともに、授業改善に積極的に取り組みます。


 さらに、小学校英語活動推進事業により、小学1年生から英語によるコミュニケーション能力の素地を養います。


 また、子どもたちのスポーツや文化芸術活動に対する意欲を高め、より一層の推進を図っていくために「相生っ子かがやき顕彰」制度を創設します。


 いじめ対策については、新たにスクールソーシャルワーカーを相生市少年育成センターに配置するなど、「いじめ」に対する体制を整備し、未然防止と早期発見、早期対応に努めるとともに、道徳教育を充実し、命の大切さ、人を思いやる心をしっかりと育みます。


 学校・園における授業・保育研究の活性化を図るため、経験豊富な先輩教職員のすぐれた指導技術等を伝達する講座や自主研究講座などを開設し、若手教職員の授業力や実践的指導力の向上に努めるなど、教育研究所において教職員の経験に応じた研修講座の充実を図ります。


 子どもたちの能力を最大限に伸ばしていくために、引き続き、矢野川中学校区において幼小中学校園連携モデル事業を実施し、12年間を通して継続的で一貫性のある教育のあり方について研究を進めるとともに、矢野小学校と若狭野小学校において合同授業等を行い、小学校間の連携を深め、教育的効果を上げていきます。


 小中学校の適正規模及び適正配置については、学校の歴史、地域で果たしてきた役割等に配慮しつつ、学校及び地域と連携し、児童・生徒にとって、よりよい教育環境の整備に取り組みます。


 また、市立幼稚園の保育料の無料化及び預かり保育、市立小・中学校の通学費の無料化を継続して実施いたします。


 学校給食については、給食費の無料化を引き続き実施し、子どもたちの健康づくりと安全・安心の給食の提供に努めるとともに、地産地消により地元産品を取り入れるなど、食育を推進します。


 学校施設の整備については、児童・生徒の安全・安心を第一に考え、施設の維持管理を行うとともに、平成27年度末までに耐震補強工事を完了します。


 看護専門学校については、医療の高度化・専門化などに対応できる能力を養い、地域医療に貢献できる質の高い看護師の育成に努めます。


 その3は、「生涯にわたって学べるまちづくり」についてであります。


 市立図書館については、読書活動の拠点として各関係機関との連携を図るとともに、第2次相生市子ども読書活動推進計画に基づき、子どもたちの本に親しむ機会づくりに取り組みます。


 青少年活動については、げんキッズ・イングリッシュキャンプ等体験活動型事業を実施します。


 また、子どもたちの学びをまち全体で応援する相生っ子学び塾を平成25年度から開設いたします。


 その4は、「心豊かな市民文化を育むまちづくり」についてであります。


 文化芸術の推進については、市民の自主的な文化芸術活動の支援を拡大するとともに、より一層の推進を図っていくため「相生市文化芸術顕彰」制度を創設します。


 公民館事業については、各地域の住民ニーズに即した事業を推進し、市民の自発的な学習活動を支援します。


 文化財については、国指定史跡感状山城跡を初め、市域に点在する県・市指定文化財の維持管理に努めるとともに、地域の人材を積極的に活用して、歴史的資料の収集、保管・展示、調査研究など資料館活動の活性化を図るため、新たに相生市立歴史民俗資料館の活性化サポート事業を実施します。


 仮称・市民文化ホール建設については、市民の意見を反映させた基本計画と基本設計をもとに実施設計を行います。また、完成後の管理運営や組織体制についての具体的な検討を進めます。


 その5は、「スポーツを楽しみ、活力ある人を育むまちづくり」についてであります。


 スポーツの推進については、より多くの市民がスポーツを通して結び合い、楽しめるスポーツ活動を推進するため、各競技種目の大会開催を初め、ライフステージに合わせた各種スポーツ教室やファミリースポーツフェア、レクリエーションスポーツ大会などを開催するとともに、平成25年度は地域コミュニティ活性化のために、多世代型スポーツであるスポーツ玉入れ「アジャタ」を導入し、幅広い年齢層が楽しめる機会の提供に努めます。


 また、市民の誰もが気楽に参加できるスポーツフェスティバルを目指して、各地域のスポーツクラブと連携を図る中で、事業内容を充実します。


 体育施設については、市民が安全で安心して使用できるよう適正な管理運営に努めるとともに、温水プールについては、引き続き指定管理者制度を活用し、市民サービスの向上と施設の効率的な管理運営に努めます。


 その6は、「人権を尊重するまちづくり」についてであります。


 市民が生涯にわたって人権を学び続ける場を提供するとともに、学校園における人権の学びの充実と地域住民の絆をつなぎ、相手を思いやりながら、いきいきと生活できるよう啓発の充実を図り、人権意識を高めます。


 また、多様化、悪質化する人権問題に対応するために、行政内部に横断的なネットワークを構築し、人権尊重のまちづくりを総合的・効果的に推進します。


 隣保館については、地域住民の福祉の向上や人権啓発、交流活動の拠点としての事業を実施するとともに、耐震診断を実施します。


 男女共同参画社会の推進については、第2次相生市男女共同参画プラン並びに相生市配偶者等暴力(DV)対策基本計画に基づき、一人一人が自分らしく、ともに暮らしやすい環境づくりを目指します。


 また、個人の権利侵害を防止するため、住民票の写しや戸籍謄本等の証明書を第三者に交付した場合、事前登録した方に交付したことを通知する「本人通知制度」を実施し、第三者による住民票の写し等の不正請求の抑止を図ります。


 第2は、「みんなが安心して暮らせる絆のあるまち」の推進であります。


 その1は、「健康に暮らせる環境づくり」についてであります。


 市民病院については、安定した病院運営を行うため、継続して経営改革に取り組むとともに、地域医療の確保のため、さらなる訪問診療の充実を図りながら、自治体病院としての使命・役割を認識し、関係機関等との連携を強め、地域に密着した医療提供を目指します。


 また、製鉄記念広畑病院に第3次救急を担う「姫路救命救急センター」が設置され、中・西播磨圏域の救急体制の充実が図られることから、圏域の市町とともに同センターの運営を支援します。


 健康づくりについては、平成26年度から5か年間の健康づくりの目標と実現のための方策を定めた相生市健康増進計画を平成25年度に策定します。


 その2は、「互いに支え合う社会参加のまちづくり」についてであります。


 地域福祉については、相生市地域福祉計画に基づき、誰もが住みなれた地域で安心して自立した生活が送れるよう、地域の助け合い、支え合いによる福祉の実現を目指します。


 その3は、「高齢者がいきいきと暮らせるまちづくり」についてであります。


 介護保険事業については、介護サービスのさらなる充実を図るため、認知症高齢者グループホーム2ユニットの新規整備を行うとともに、介護予防については、ハイリスク高齢者を対象としてトレーニング機器を用いた個別指導を行う「筋力向上トレーニング教室」を新たに開設します。


 また、認知症サポーターの養成や介護マークの普及を進め、高齢者を社会全体で支える環境整備に努めます。


 老人医療費助成事業については、非課税世帯への市単独助成を継続し、経済的負担の軽減を図ります。


 金ヶ崎学園大学については、教養講座において公開セミナーを実施し、多種多様な学習機会の提供に努めます。


 その4は、「障害者が安心して暮らせるまちづくり」についてであります。


 障害者福祉については、障害の早期発見、早期支援を目的として、新たに親子教室と集団療育を実施することで、障害のある子どもの支援体制の充実に努めます。また、障害のある人が、一人一人の生活状況に応じた適切なサービスを利用できるよう、相談支援事業のさらなる充実に努めます。


 その5は、「社会保障制度の円滑な運営と制度の安定したまちづくり」についてであります。


 国民健康保険事業については、被保険者の高齢化や医療技術の高度化による医療費の増加が見込まれる中、生涯にわたり健康な生活を送れるよう、生活習慣病などの早期発見、重症化の予防を図りながら、安定的な事業運営に努めます。


 また、後期高齢者医療制度については、平成24年8月に施行された社会保障制度改革推進法に基づき、高齢者医療制度についての見直しが行われる場合には、迅速な情報提供に努めるとともに、制度改正等に適切に対処いたします。


 生活保護については、適正で的確な制度の運用を行うとともに、就労への専門的なアドバイスを行う就労支援員を配置し、ハローワークとの連携を密にした就労支援を行うなど、生活保護世帯の早期自立に向けた支援を行います。


 第3は、「市民とともにつくる安全なまち」の推進であります。


 その1は、「安全と安らぎのあるまちづくり」についてであります。


 市民の安全や安心なまちづくりの推進については、市民一人一人の交通安全や防犯意識などの啓発に努めます。


 消費生活については、消費者団体の自発的な活動を支援し、消費者への情報提供や啓発を行い、自立した消費者の育成に向けた取り組みを行うとともに、消費者問題に対しては専門相談員の育成など相談体制の充実を図ります。


 その2は、「市民が一体となった災害に強いまちづくり」についてであります。


 防災については、相生市地域防災計画に基づき、小学校区ごとに防災備蓄倉庫を設置します。平成25年度は、相生・那波小学校区の2か所を整備するとともに、大規模災害等の発生時に直ちに被災者を救護・支援し、迅速な復旧・復興に取り組めるよう、被災者支援システムを導入します。


 また、地域防災力の向上を図るため、市民と行政、その他関係機関が一体となり、実際の災害発生を想定した避難勧告の発令、広報、避難、誘導、避難所開設並びに要援護者対策等を内容とする対応訓練を小学校区ごとに実施します。平成25年度は、矢野川中学校区内の2小学校区で行います。


 常備消防については、兵庫県消防広域化推進計画に基づき、消防防災体制の強化を図るため、平成25年4月に、相生市、たつの市、宍粟市、太子町、佐用町の3市2町により西はりま消防組合を設立し、消防事務の共同処理を開始します。今後は、広域化の効果を十分に発揮できるよう、市民の安全を守るための体制づくりを支援します。


 非常備消防については、地域消防力の充実強化を図るため、消防団員の技術の向上に努め、消防車両、資機材等を計画的に更新します。


 その3は、「救急救助体制の充実、強化をめざすまちづくり」についてであります。


 救急救助体制については、西はりま消防組合における救急救助業務の高度化と増大する救急需要に対応するための体制づくりを支援します。


 第4は、「未来を支える産業の活性化と環境にやさしいまち」の推進であります。


 その1は、「安心して働けるまちづくり」についてであります。


 企業立地を促進するため、企業立地助成、雇用促進助成、企業用地取得助成を行います。就労環境については、就労の促進・雇用の安定を目指し、就業訓練や技能習得の機会の充実を図るため、講習会及び研修会の実施及び情報提供の強化に努めます。


 その2は、「未来を支えるまちづくり」についてであります。


 農業については、「集落の農地は集落で守る」を基本に、夢ある農村づくり推進事業として、担い手確保のための集落営農組織育成と新規就農者の発掘、一般企業の農業参入等について取り組むとともに、地産地消の推進のため、直売所や加工品等の団体が共有できる商品の開発、販売に取り組みます。


 また、農村地域の住民が、引き続き、農地や農業施設等の良好な保全管理が行えるよう農地・水保全管理支払交付金事業に取り組みます。


 土地改良事業については、平成25年度から警戒ため池に指定された岩屋谷池の改修工事を実施します。


 漁業については、安全で安心な「相生かき」の普及に努めるとともに、水産物市場等において、かきを中心とする近海の鮮魚等を販売し、PRに努めます。


 林業については、県民緑税を活用した災害に強い森づくり事業を活用し、野生動物による被害を減少させるため、野生動物育成林整備事業に取り組みます。


 観光については、「相生ペーロン祭」、「羅漢の里もみじまつり」、「相生かきまつり」を開催します。また、相生市観光協会と連携し、引き続き、みなとの女王を任命するとともに、ソーシャルメディアの活用と市内3か所にPR用懸垂幕掲揚台を設置し、観光情報等を積極的にPRします。


 新ペーロン艇庫の建設については、乗艇場の詳細設計を行います。


 商業・サ−ビス業については、相生商工会議所と連携し、商店街の空き店舗対策として家賃補助を行うとともに、市内の消費活動や地域産業の活性化を図るため、引き続き、市内施工業者を利用した住宅の修繕などの費用の一部を助成します。


 工業については、平成25年度から市内の小規模の空き工場等の情報を提供できる仕組みづくりに取り組みます。


 また、本市の主要産業である製造業については、技術の伝承者の育成等を支援するため、関係機関と協力しながら、匠の技継承事業を実施します。


 その3は、「環境にやさしいまちづくり」についてであります。


 自然環境の保全については、子どもたちを対象に地域資源を活かした体験型の環境学習を実施し、環境に対する意識の向上に努めます。


 地球温暖化防止に向けた取り組みについては、あいおい市民地球温暖化対策チャレンジプランに基づき市民との協働によるCO2排出抑制の活動を継続するとともに、家庭用太陽光発電システムの設置助成や食用廃油の市民回収による燃料化事業など、再生可能エネルギーの利用促進を図ります。


 また、公共施設については、相生市環境マネジメントシステムの運用により、計画的なエネルギー使用量の低減に努めるとともに、公用車として電気自動車を導入します。


 廃棄物の処理については、相生市一般廃棄物処理基本計画に基づき、再資源化の推進を図ります。


 美化センターについては、平成25年度から施設の長寿命化を目的とした長期包括責任管理事業を開始し、安全で安定した施設の維持管理に努めるとともに、主要な設備の更新など、大規模改修を3か年計画で実施します。


 ささゆり苑については、人生の終えんにふさわしい安らぎのある場として、適正な運営管理に努めます。


 第5は、「自然と共生した快適に定住できるまち」の推進であります。


 その1は、「自然と調和し快適に暮らせるまちづくり」についてであります。


 JR相生駅南地区については、市の玄関口にふさわしい土地利用を誘導するとともに、那波丘の台地区については、良好な住環境を創設するため土地区画整理事業を進めます。


 定住促進については、若者定住促進奨励金、新婚世帯家賃補助金並びに転入者住宅取得奨励金の交付を引き続き実施するとともに、空き家に関する物件の情報提供に努めます。また、若い世代が魅力を感じる子育て応援施策など、定住促進施策について、マスメディア等を活用した積極的なPRを図ります。


 市営住宅については、相生市公営住宅長寿命化計画に基づき、適切な維持管理と効率的な住宅運営に努めるとともに、高齢・障害・求職者雇用支援機構より譲り受けた雇用促進住宅佐方宿舎については、定住促進住宅として運営いたします。


 地籍調査事業については、土地の地籍を明確化することにより、土地取引の円滑化や土地資産の保全、災害復旧の迅速化、固定資産税の課税の適正化等を図り、次世代へ正確な地籍情報を残していくため、引き続き調査を実施します。


 下水道事業の管理運営については、相生市下水道長寿命化計画に基づき施設の延命化に取り組むとともに、健全な経営に努めます。


 平成24年7月に豪雨被害のあった地域等の雨水対策については、平成25年度に相生市雨水処理計画の見直しを行い、その対策に取り組みます。


 市民の緑化意識の向上のため、ガーデニング講習会、まちなみガーデン事業等を実施し、啓発と普及に努めます。


 その2は、「交通・情報網の充実したまちづくり」についてであります。


 公共交通については、相生市地域公共交通総合連携計画に基づき、デマンドタクシーの運行を継続しながら、地域主体型公共交通の導入に向けた支援を行うとともに、交通事業者などと連携を図りつつ、より利便性の高い公共交通サービスの確立を目指します。また、坪根地区においては、連絡船からデマンドタクシーの運行に切りかえ、地域住民の生活交通を確保します。


 以上、五つのまちづくりの主要な施策の概要について述べてまいりましたが、第5次相生市総合計画のまちづくり目標を実現するため、市民の皆さんを初め各種団体など、多様な主体が役割と責任を分担する「新たな公」による参画と協働を積極的に推進します。


 このため、平成24年10月に策定した相生市自治基本条例のPRに努めるとともに、条例の実効性を高めるため、行政情報の提供を行い、市民の参画を促す取り組みを進めます。


 地域コミュニティの活性化については、新たに地域コミュニティ活性化アドバイザー等を配置し、新たな公による参画と協働による課題解決に向けた取り組みを行います。


 また、地域で先進地の取り組みなどについて学ぶ活動を支援する「地域づくり検討支援事業」や、地域みずからが企画して取り組む事業を支援する「地域づくり提案型協働事業」を引き続き実施します。


 広報については、情報共有の原則に基づき、広報あいおいやホームページを中心とした情報提供のほか、団体やグループ等に市職員が直接出向き各種制度などを説明する、まちかど出前講座の利用促進に努めます。


 広聴については、市民の市政に対する意見や要望などを的確に把握するため、コスモストークを初めとする多様な手段で広聴活動の充実を図ります。


 行政改革については、組織・制度や行政運営のあり方を見直しながら、行財政運営の適正化・効率化に取り組むとともに、地域活力の向上を柱とした第2期相生市行財政健全化計画「相生市活力上昇計画」による人口減対策、子育て・教育・少子化対策、産業の活性化対策を推進します。


 また、電気料金の経費削減を図るため、公共施設の一部で新電力(特定規模電気事業者)からの電力供給を導入します。


 相生市土地開発公社については、平成25年度に第三セクター等改革推進債を活用し、解散手続を行います。


 行政評価については、制度の効果を高めるため、行政評価電算システムの活用を図るとともに、第三者評価を実施し、行政運営の透明性を高めます。


 職員の人事管理については、第4次相生市定員適正化計画に基づき職員数の適正管理に努めるとともに、相生市人材育成基本方針に基づき、多様化する住民ニーズや業務に的確に対応できる職員の育成に努めます。


 庁舎管理については、相生地方合同庁舎2階を借り受け、教育委員会事務局を移転するとともに、庁舎3号館の耐震補強工事を行います。


 情報化推進については、基幹系システムの適切な運用を行い、業務の効率化と利便性の向上に努めます。


 戸籍事務については、東日本大震災において被災市町の戸籍データが減失したことを踏まえ、抜本的な予防対策として、平成25年度に全国の戸籍データを遠隔地の法務局で一括管理する戸籍副本データ管理システムを導入します。


 市税等の徴収率向上対策については、広報紙等による納税推進の啓発及び口座振替の促進、休日の納付・相談会場の開設等を行い、徴収率の向上に努めます。さらに、納税者の税負担の公平性を確保するため、延滞金の徹底徴収を行うとともに、納める意思のない者への財産調査、差し押さえを中心とした滞納処分による債権回収を実施します。


 また、平成25年度から市県民税及び国民健康保険税の普通徴収分、軽自動車税、固定資産税の4税目について、コンビニエンスストアでの収納を開始します。


 ふるさと応援寄附については、平成24年4月から平成25年1月末までの間に230万円を超える寄附金をいただきました。これを財源として、平成25年度は、子育て応援券交付事業、相生市民さわやかあいさつ運動事業、多世代型スポーツ導入事業を実施します。


 平成25年度当初予算は、教育・子育て支援、防災対策を重視した未来へ向けた積極的な編成を行いました。


 相生市の当初予算の総額は、237億1,510万円で、一般会計では130億円、特別会計では99億9,710万円、企業会計では7億1,800万円となっております。これを前年度の当初予算と比較しますと、総額で13億4,534万円、率にして6.0%の増であり、一般会計では11億1,000万円、9.3%の増となっております。


 地方財政につきましては、地方自治体に交付される地方交付税が、地方公務員給与費の臨時特例等に関連して削減する方針が示され、さらに、少子・高齢化に伴う扶助費の増加など、地方財政は慢性的に厳しい状況にあります。


 平成23年度から取り組んでいます子育て・教育施策、定住施策については、多くの自治体から視察があるとともに、子どもを持つ親からは「給食費や医療費の無料化などは、子どもを育てる上での負担軽減となり、大変ありがたい」との声が聞かれます。また、平成23年度からの人口動態では、社会増減において改善が見込まれるところですが、もう少し長い期間で判断をしていきたいと思います。


 これらの取り組みは、相生の未来を担う「人づくり」のためであり、活力あるまちづくりの基礎となるものです。相生市の10年先、20年先、もっと先の未来のことも考え、より効果が出る仕組みにするため。見直しを行いながら、ここぞといった時に速やかに次の一手を打てる行財政運営を進めてまいります。


 私は、まちづくりの基本は人づくり、「人材育成」にあるという信念のもと、市政に全力を尽くす所存でございます。議員各位を初め市民の皆さんの御理解と御協力を心からお願い申し上げ、私の施政方針といたします。


 ありがとうございました。


○議長(角石茂美君)


 市長の施政方針は、終わりました。


 以上で、本日の日程は全て終了いたしました。


 次の本会議は、明日3月5日、午前9時30分より再開いたします。


 本日は、これをもって散会いたします。


 御苦労さんでした。


             (散会 午後 1時48分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成  年  月  日


      相生市議会議長    角 石 茂 美


      署名議員       渡 邊 慎 治


      署名議員       土 井 本 子