議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 相生市

平成24年第4回定例会(第3号 9月12日)




平成24年第4回定例会(第3号 9月12日)




          平成24年第4回相生市議会定例会


              議事日程表(第3号)





                    平成24年9月12日  午前9時30分 開議


                    おいて         相生市役所議場


(順序)(日程)


  1       再    開


  2       開議宣告


  3   1   会議録署名議員の指名


  4       諸報告


          (1)出席議員数の報告


          (2)欠席議員の届出報告


          (3)その他


      2   議第44号 相生市税条例の一部を改正する条例の制定について


           総務文教常任委員会審査結果報告書


      3   議第48号 平成24年度相生市一般会計補正予算


  6        民生建設常任委員会審査結果報告書


           総務文教常任委員会審査結果報告書


      4   議第49号 平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


      5   議第50号 平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


      6   議第51号 平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


 10   7   議第52号 自治功労者の選出について


 11   8   議第53号 教育委員会の委員の任命について


 12   9   議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について


 13       閉会宣告


 14       市長あいさつ


 15       散   会





本日の会議に付した事件





(日程)


  1  会議録署名議員の指名


  2  議第44号 相生市税条例の一部を改正する条例の制定について


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  3  議第48号 平成24年度相生市一般会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  4  議第49号 平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  5  議第50号 平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  6  議第51号 平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  7  議第52号 自治功労者の選出について


  8  議第53号 教育委員会の委員の任命について


  9  議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について





出席議員(16名)


   1番  宮 艸 真 木        2番  中 野 有 彦





   3番  田 中 秀 樹        4番  橋 本 和 亮





   5番  阪 口 正 哉        6番  前 川 郁 典





   7番  後 田 正 信        8番  渡 邊 慎 治





   9番  土 井 本 子       10番  岩 崎   修





  11番  中 山 英 治       12番  三 浦 隆 利





  13番  吉 田 政 男       14番  角 石 茂 美





  15番  楠 田 道 雄       16番  柴 田 和 夫





欠席議員


       な     し





          平成24年第4回相生市議会定例会





  地方自治法第121条の規定により会議に出席する者の職・氏名





  市長              谷 口 芳 紀


  副市長             瀬 川 英 臣


  防災監             大 西 真 悟


  企画管理部長          吉 岡 秀 記


  市民環境部長          河 上 克 彦


  健康福祉部長          竹 内 繁 礼


  建設経済部長          山 本 英 未


  市民病院事務局長        西 崎 健 一


  会計管理者           小 田 恵 子


  消防長             志 茂 敏 正


  企画管理部参事         水 原   至


  企画管理部参事         山 本 勝 義


  健康福祉部参事         利 根 克 典


  建設経済部参事         赤曽部 俊 則


  建設経済部参事         岸 本 光 義


  企画広報課長          松 尾 次 郎


  定住促進室長          宮 崎 義 正


  総務課長            玉 田 直 人


  財政課長            志 茂 邦 彦


  徴収対策室長          櫻 田 陽 由


  市民課長            岩 崎 徹 博


  まちづくり推進室長       三 宅 淳 一


  環境課長            松 本 秀 文


  健康介護課長          小 西 まこと


  子育て支援室長         友 上 啓 子


  看護専門学校事務長       角 本 克 樹


  都市整備課長          高 田 雅 仁


  産業振興課長          中 津   尚


  出納室長            清 水 直 子


  消防本部総務課長        山 本   渉


  消防課長            坂 本 春 喜


  予防課長            金 谷   篤


  財政課主幹           畠 山 豊 晴


  社会福祉課主幹         番 匠 芳 敬


  健康介護課主幹         富 田   要


  建設管理課主幹         山 崎 久 司


  建設管理課主幹         山 本 修 治


  都市整備課主幹         橋 本 光 茂


  産業振興課主幹         森 下 日出夫


  産業振興課主幹         竹 本 頼 高


  消防予防課主幹         眞 野 秀 男


  教育委員長           武 本   尚


  教育長             浅 井 昌 平


  教育次長            板 脇 厚 生


  管理課長            越 智 俊 之


  学校教育課長          松 下 昌 弘


  生涯学習課長          西 角 隆 行


  体育振興課長          岩 田 元 秀


  人権教育推進室長        坂 本 浩 宣


  生涯学習課主幹         松 本 雅 弥


  代表監査委員          竹 代 修 一


  監査事務局長          橋 本 昌 司


  公平委員会局長         橋 本 昌 司


  農業委員会事務局長       中 津   尚


  選挙管理委員会事務局長     中 濱 和 義





事務局職員出席者


  議会事務局長          富 山 恵 二


  議会事務局次長         山 本 大 介


  議会事務局副主幹        寺 田 大 輔





               (再開 午前 9時30分)


○議長(角石茂美君)


 ただいまから、本会議を再開いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 これより日程に入ります。





○議長(角石茂美君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、16番、柴田和夫君、1番、宮艸真木君を指名いたします。


 よろしくお願いいたします。


 次に、事務局長から諸般の報告をいたします。


 議会事務局長。


○議会事務局長(富山恵二君)


 御報告申し上げます。


 ただいま出席されております議員数は、16名でございます。


 諸般の報告は、以上でございます。





○議長(角石茂美君)


 日程第2、議第44号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、8番、渡邊慎治君。


○8番(総務文教常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 おはようございます。


 御報告申し上げます。


 総務文教常任委員会に付託をされました議第44号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定について、去る9月7日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは、特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第44号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第44号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第3、議第48号、平成24年度相生市一般会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、各常任委員会委員長より報告を求めます。


 まず、民生建設常任委員会委員長より報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、3番、田中秀樹君。


○3番(民生建設常任委員会委員長 田中秀樹君)


 おはようございます。


 民生建設常任委員会に分割付託されました議第48号、平成24年度相生市一般会計補正予算、第1条、歳入歳出予算の補正のうち、歳出中の当委員会所管の項目につきましては、去る9月6日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より、53款、災害復旧費において、議案参考資料に位置図は添付されているが、主な工事の概要及び概算事業費はどのくらいかとの質疑があり、理事者より、都市整備課関係分としては、松崎川上流部分の護岸復旧に800万円、下流部分の護岸復旧に500万円、雨内大谷川の護岸復旧に700万円、福井川の護岸復旧に500万円、遠見山公園の園路の補修に70万円、また、産業振興課分としては、池之内地区の農地法面復旧に210万円、小河地区の水路堆積土砂浚渫に95万円、榊地区の水路堆積土砂浚渫に65万円等を予定しているとの答弁がありました。


 以上、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、民生建設常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 次に、総務文教常任委員会委員長より報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、8番、渡邊慎治君。


○8番(総務文教常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 御報告申し上げます。


 総務文教常任委員会に付託をされました議第48号、平成24年度相生市一般会計補正予算、第1条、歳入歳出予算補正のうち、歳入全般及び歳出中、当委員会所管の項目、第2条、地方債の補正について、去る9月7日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 結果は、賛成多数で原案可決であります。


 審査の概要につきまして、御報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 まず、歳出について審査を行いました。


 委員より、45款、消防費について、消防広域化電算システム構築負担金については、まだ消防広域化の一部事務組合が設立されていない段階で、補正予算を計上することに問題はないのかとの質疑があり、理事者より、平成25年4月1日から一部事務組合の電算システムを運用しようとするためには、事前に準備を行う必要があるとの答弁がありました。


 また、委員より、消防広域化が決定する前に、一部事務組合の電算システム構築に係る経費を計上することは見切り発車と言わざるを得ないが、構成市町である3市2町の負担割合はどうなっているのかとの質疑があり、理事者より、電算システム構築に係る負担割合は、広域消防に係る本部経費は均等割、各署所に係る経費は、その署所が配置されている構成市町の負担とし、本部経費の主なものは、財務会計、人事給与システム、情報ネットワークなどで、各署所に係る経費の主なものには職員用パソコンなどですとの答弁がありました。


 また、委員より、3市2町の電算システムの構築に係るそれぞれの負担金は幾らになっているのかとの質疑があり、理事者より、たつの市は1,329万3,000円、宍粟市は1,247万円、太子町は1,094万4,000円、佐用町は1,115万円で、総額は5,873万1,000円ですとの答弁がありました。


 次に、歳入について審査を行いました。


 委員より、補正予算の提案説明の中で、東日本大震災に伴う緊急消防援助隊経費については、平成23年度の3月補正に計上していたが、交付が平成24年度となったため、再度計上するとの説明があったが、平成23年度は歳入欠陥となるのかとの質疑があり、理事者より、国からの通知によって3月補正に計上したものであるが、交付が平成24年度となったことにより、平成23年度予算としては歳入欠陥となりますとの答弁がありました。


 また、委員より、緊急消防援助隊負担金は、平成23年度の東日本大震災に係る災害支援に伴う経費で、本来、平成23年度中に歳入されるべきものであるが、その見込みはどうだったのかとの質疑があり、理事者より、消防職員以外の一般職員の災害支援に伴う経費は特別交付税として平成23年の9月に交付されており、消防職員に係る経費についても平成23年度中に交付されるものと考えていたとの答弁がありました。


 以上、当委員会といたしましては、慎重審査の結果、賛成多数で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、総務文教常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


 10番。


○10番(岩崎 修君)


 議第48号、平成24年度相生市一般会計補正予算について、反対の立場から討論を行います。


 今回の補正予算は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,035万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ120億7,684万4,000円にしようとするもので、その主なものは、有害鳥獣対策のための農業振興費872万8,000円、消防広域化電算システム構築負担金を内容とする消防施設費1,087万4,000円、そして、今年7月6日から7日の大雨災害の復旧費3,480万円であります。


 このうち懸念される点、問題点もある消防広域化を推進するための電算システム構築負担金については、反対であります。


 以下、主な理由を述べます。


 第1に、広域化によって消防力が強化される保障がないからであります。


 消防の広域化の目的は、消防力強化、市民サービスの向上、行財政運営の効率化及び基盤の強化であり、初動体制の強化、現場到着時間の短縮、財政規模拡大による高度な資機材の整備、救急業務及び予防業務の高度化などが期待できるとされています。


 しかし、一方で本部と現場が遠くなる、消防署所の統廃合につながる、現場到着がかえっておくれるのでは、消防団との連携がうまくいかず、地域の消防・防災力の低下を招くのではといった不安の声も聞かれます。


 相生市の消防力は、人員で国の基準73名に対し現状39名、充足率53.4%と大幅に不足しているのが現状で、これが広域化によって増員される保障があるのでしょうか。


 私は、地域の状況を熟知した現在の消防体制の強化こそ求められていると考えます。不足する消防力をそのままに、幾ら高機能な車両や資機材が整備されても、1,290平方キロメートルという広大な管轄面積で本当に機能をするのか疑問であり、行財政運営の効率化を目的に広域化を進めれば、かえって地域の消防力は低下を招くのではないでしょうか。


 第2に、協議の進め方の問題についてであります。


 この12月議会には、一部事務組合の設立議案が提案される予定で、実質の協議をする期間は半年余りにしかすぎません。これで十分な協議と言えるのか、甚だ疑問であります。


 第3に、広域化の一部事務組合の設立前に電算システムの構築予算が見切り発車で計上される問題です。


 この消防の広域化については、現在、来年4月の相生市、たつの市、宍粟市、太子町、佐用町の3市2町の一部事務組合による広域消防本部の設立を目指し協議が進められているところであります。


 本来、この経費は消防広域化の一部事務組合設立決定後、予算計上をされるべきものであり、まだ一部事務組合の設立が決定していない段階での電算システム構築のための負担金は、時期尚早であります。


 以上のように、不足する消防力をそのままに広域化を進めても本当に消防力の強化につながるのか、また協議の進め方自体も問題があり、見切り発車的に計上をされた今回の消防広域化のための電算システム構築のための負担金を含む本補正予算には反対であることを表明し、討論とします。


○議長(角石茂美君)


 ほかに討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 ほかに討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第48号、平成24年度相生市一般会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、各委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                〔起 立 多 数〕


○議長(角石茂美君)


 賛成多数であります。


 よって、議第48号、平成24年度相生市一般会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第4、議第49号、平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、3番、田中秀樹君。


○3番(民生建設常任委員会委員長 田中秀樹君)


 御報告申し上げます。


 民生建設常任委員会に付託されました議第49号、平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算につきましては、去る9月6日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第でございます。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第49号、平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第49号、平成24年度相生市国民健康保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第5、議第50号、平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、3番、田中秀樹君。


○3番(民生建設常任委員会委員長 田中秀樹君)


 御報告申し上げます。


 民生建設常任委員会に付託されました議第50号、平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算につきましては、去る9月6日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第50号、平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第50号、平成24年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第6、議第51号、平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、3番、田中秀樹君。


○3番(民生建設常任委員会委員長 田中秀樹君)


 御報告申し上げます。


 民生建設常任委員会に付託されました議第51号、平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算につきましては、去る9月6日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第51号、平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第51号、平成24年度相生市介護保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第7、議第52号、自治功労者の選出についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第52号、自治功労者の選出について、提案理由の御説明を申し上げます。


 本市自治功労者として、魚橋武司さん、黒田範敬さん、前田實直さんを顕彰いたしたく、相生市自治功労者条例第3条の規定により、市議会の御同意をお願いいたすものでございます。


 魚橋武司さんは、平成12年4月から相生市医師会会長として、黒田範敬さんは、昭和53年4月から昭和61年12月まで、相生揖保川水道企業団並びに西播磨水道企業団企業長を、前田實直さんは、昭和62年2月から平成11年1月まで西播磨水道企業団企業長として市政に御貢献をいただきました。


 御参考までに、各略歴を添付いたしております。


 何とぞ御同意を賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第52号については、会議規則の規定により委員会付託及び討論を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第52号、自治功労者の選出についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第52号、自治功労者の選出については、原案のとおり同意することに決定されました。





○議長(角石茂美君)


 日程第8、議第53号、教育委員会の委員の任命についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第53号、教育委員会の委員の任命について、提案理由の御説明を申し上げます。


 相生市教育委員会の委員、山本綾子さん及び武本 尚さんは、いずれも本年10月3日をもって、その任期が満了いたします。


 つきましては、山本綾子さん及び武本 尚さんを再任いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、市議会の御同意をお願いいたすものでございます。


 なお、御参考までに本人の略歴を添付いたしております。


 何とぞ御同意を賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(角石茂美君)


 上程議案に対する提案理由の説明は終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第53号については、会議規則の規定により委員会付託及び討論を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第53号、教育委員会の委員の任命についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第53号、教育委員会の委員の任命については、原案のとおり同意することに決定されました。





○議長(角石茂美君)


 次に、日程第9、議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会閉会中における各委員会の継続審査並びに調査に付する事件については、お手元にお配りいたしております印刷物のとおりといたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議会閉会中の継続審査並びに調査に付する事件については、お手元にお配りいたしております印刷物のとおり決定いたしました。


 お諮りいたします。


 今期定例市議会に付議されました案件の審議は、全て議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(角石茂美君)


 御異議なしと認めます。


 よって、平成24年第4回相生市議会定例会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。


 この際、市長の挨拶があります。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 平成24年第4回定例市議会の閉会に当たり、一言御挨拶を申し上げます。


 議員の皆様には、連日にわたり慎重な御審議を賜り、それぞれ適切なる御決定をいただき、まことにありがとうございました。


 御審議の過程でお聞かせいただきました貴重な御意見を今後の市政に反映し、市民の皆様の御期待に沿うべく全力を傾注いたす所存でございますので、より一層の御支援をお願い申し上げます。


 さて、来る10月1日に市制施行70周年記念式典を挙行いたします。名誉市民を初め、市政に御貢献をいただきました方々への表彰をさせていただくほか、小学生による未来に向けたメッセージの朗読などを予定しており、議員各位におかれましては既に御案内をいたしておりますが、ぜひ御出席をいただきますようお願いを申し上げます。


 まだ、しばらくは台風シーズンでございます。今議会でも御意見をいただいておりますが、市民の皆様の安心と安全を確保するため、全職員緊張感をもって備えと警戒に努めてまいる所存でございます。


 これからは、日一日と秋も深まり、爽やかな季節を迎えてまいります。スポーツ、文化芸術など、数多くの多彩な催しを計画しておりますので、議員の皆様には、御参加の上、お楽しみいただきますよう御案内を申し上げます。


 いましばらくいたしますと、市花――コスモスが咲き始めます。議員各位におかれましては、どうか御自愛をいただき、御健勝でお過ごしくださいますよう御祈念申し上げ、閉会の御挨拶といたします。


 まことにありがとうございました。


○議長(角石茂美君)


 閉会に当たり、一言御挨拶申し上げます。


 本定例会には、議事進行には格段の御協力をいただきまして、まことにありがとうございます。


 閉会中には、決算審査特別委員会等、また付託事件の調査等、数多くありますが、またよろしくお願い申し上げます。


 ただいま市長からも挨拶がありましたように、10月1日は70周年記念行事でございます。式典でございます。どうぞ全員の御参加をよろしくお願い申し上げます。


 また、台風シーズンも参ります。また、各地域の被害状況等も出るかもわかりませんが、またそのときには、議員各位、対応のほど、よろしくお願いいたします。


 また、議員各位におかれましては、健康には十分御留意いただきまして、それぞれの立場で御活躍を祈念いたしまして、閉会といたします。


 散会いたします。


              (散会 午前10時00分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成  年  月  日


      相生市議会議長   角 石 茂 美


      署名議員      柴 田 和 夫


      署名議員      宮 艸 真 木