議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 相生市

平成23年第4回定例会(第3号 9月14日)




平成23年第4回定例会(第3号 9月14日)




          平成23年第4回相生市議会定例会


              議事日程表(第3号)





                      平成23年9月14日  午前9時30分 開議


                      おいて         相生市役所議場





(順序)(日程)


  1       再    開


  2       開議宣告


  3   1   会議録署名議員の指名


  4       諸報告


          (1)出席議員数の報告


          (2)欠席議員の届出報告


          (3)その他


      2  議第43号 相生市税条例等の一部を改正する条例の制定について


          総務文教常任委員会審査結果報告書


      3  議第46号 相生市地区計画の区域内における建築物の制限に関する


  6            条例の一部を改正する条例の制定について


          民生建設常任委員会審査結果報告書


      4  議第48号 平成23年度相生市一般会計補正予算


  7       民生建設常任委員会審査結果報告書


          総務文教常任委員会審査結果報告書


      5  議第49号 平成23年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


          民生建設常任委員会審査結果報告書


      6  議第50号 平成23年度相生市介護保険特別会計補正予算


          民生建設常任委員会審査結果報告書


 10   7  議第51号 公平委員会の委員の選任について


 11   8  議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について


 12      閉会宣告


 13      市長あいさつ


 14      散   会





本日の会議に付した事件





(日程)


  1  会議録署名議員の指名


  2  議第43号 相生市税条例等の一部を改正する条例の制定について


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  3  議第46号 相生市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一


           部を改正する条例の制定について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  4  議第48号 平成23年度相生市一般会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  5  議第49号 平成23年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  6  議第50号 平成23年度相生市介護保険特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  7  議第51号 公平委員会の委員の選任について


  8  議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について





出席議員(15名)


   2番  中 野 有 彦        3番  田 中 秀 樹





   4番  橋 本 和 亮        5番  阪 口 正 哉





   6番  前 川 郁 典        7番  後 田 正 信





   8番  渡 邊 慎 治        9番  土 井 本 子





  10番  岩 崎   修       11番  中 山 英 治





  12番  三 浦 隆 利       13番  吉 田 政 男





  14番  角 石 茂 美       15番  楠 田 道 雄





  16番  柴 田 和 夫





欠席議員


   1番  宮 艸 真 木





          平成23年第4回相生市議会定例会





  地方自治法第121条の規定により会議に出席する者の職・氏名





  市長              谷 口 芳 紀


  副市長             瀬 川 英 臣


  防災監             土 井 正 三


  企画管理部長          吉 岡 秀 記


  市民環境部長          河 上 克 彦


  健康福祉部長          竹 内 繁 礼


  建設経済部長          山 本 英 未


  会計管理者           小 田 恵 子


  消防長             志 茂 敏 正


  企画管理部参事         富 山 恵 二


  企画管理部参事         寺 田 正 章


  建設経済部参事         今 井   猛


  建設経済部参事         出 田 重 己


  建設経済部参事         川 端 浩 司


  企画財政課長          志 茂 邦 彦


  総務課長            玉 田 直 人


  税務課長            山 本 勝 義


  市民課長            岩 崎 徹 博


  まちづくり推進室長       水 原   至


  環境課長            松 本 秀 文


  社会福祉課長          利 根 克 典


  健康介護課長          小 西 まこと


  子育て支援室長         友 上 啓 子


  都市整備課長          高 田 雅 仁


  市民病院総務課長        西 崎 健 一


  出納室長            清 水 直 子


  消防本部総務課長        山 本   渉


  消防課長            坂 本 春 喜


  予防課長            金 谷   篤


  企画財政課主幹         畠 山 豊 晴


  税務課主幹           中 濱 和 義


  徴収対策室主幹         櫻 田 陽 由


  健康介護課主幹         富 田   要


  建設管理課主幹         山 崎 久 司


  建設管理課主幹         山 本 修 治


  都市整備課主幹         橋 本 光 茂


  産業振興課主幹         中 津   尚


  産業振興課主幹         森 下 日出夫


  教育長             浅 井 昌 平


  教育次長            板 脇 厚 生


  管理課長            越 智 俊 之


  生涯学習課長          西 角 隆 行


  体育振興課長          岸 本 光 義


  人権教育推進室長        岩 田 元 秀


  生涯学習課主幹         松 本 雅 弥


  代表監査委員          竹 代 修 一


  監査事務局長          橋 本 昌 司


  公平委員会局長         橋 本 昌 司


  農業委員会事務局長       中 津   尚


  選挙管理委員会事務局長     大 西 真 悟





事務局職員出席者


  議会事務局長          河 合 優 介


  議会事務局次長         山 本 大 介


  議会事務局副主幹        寺 田 大 輔





               (再開 午前 9時30分)


○議長(吉田政男君)


 ただいまから本会議を再開いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 これより、日程に入ります。





○議長(吉田政男君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、14番、角石茂美議員、15番、楠田道雄議員を指名いたします。


 よろしくお願いいたします。


 次に、事務局長から諸般の報告をいたします。


 議会事務局長。


○事務局長(河合優介君)


 御報告申し上げます。


 ただいま出席されております議員数は、15名でございます。


 なお、1番、宮艸真木議員から、相生市議会会議規則第2条の規定により、議長のもとに病気療養のため欠席の届け出があり、議長において了承しておりますので、御了解願います。


 諸般の報告は、以上でございます。





○議長(吉田政男君)


 日程第2、議第43号、相生市税条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、5番、阪口正哉議員。


○5番(総務文教常任委員会委員長 阪口正哉君)


 おはようございます。


 総務文教常任委員会に付託されました議第43号、相生市税条例等の一部を改正する条例の制定について、去る9月9日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして、御報告を申し上げます。


 初めに、理事者より補足説明を受けた後、質疑に入りました。


 まず、委員より、寄附金税額控除の対象者は何人なのか、また、適用下限額が引き下げられることによる影響額はどれぐらいになるのかとの質疑があり、理事者より、適用下限額が5,000円から2,000円に、3,000円引き下げられたことによる市民税への影響額は、約1,700円の税額控除がふえることになる。対象者については、実績から、平成22年度は、33件で45万3,000円、平成23年度は、22件で12万8,000円の税額控除を行っている。


 したがって、1件当たり約1,700円であることから、22年度は、この実績控除額の上に約5万円、23年度は約4万円ふえることになるとの説明がありました。


 また、委員より、NPO法人等条例で指定すれば寄附金控除の対象になったが、どうなっているのかとの質疑があり、理事者より、条例で指定するには、NPO法人から指定の申し出を受け、名称、所在等を条例で明記することになっており、現在、申し出を受けていないことから指定はしていない。対象となる寄附金は現行と同じであるとの説明があり、委員より、罰則規定が引き上げられたが、対象者と引き上げられたことによる影響額はとの質疑があり、理事者より、この罰則規定を適用したことはこれまでにはないとの説明がありました。


 また、委員より、入湯税は目的税で白龍城が対象で、決算書を見れば現在は取っていないことはわかるが、以前、白龍城のポンプが調子悪く温泉が出なくなったとき、何らかの措置をとったのかとの質疑があり、理事者より、ポンプが詰まり温泉が出なくなったとき、水道水で営業した。既に、入湯税は徴収していないが、利用料金を下げ、温泉ではなく水道水で営業している旨の看板を入り口に掲示して営業をしたとの説明がありました。


 また、委員より、肉用牛の売却に係る課税の特例、上場株式の配当所得、譲渡所得に係る対象者、また影響額はとの質問があり、理事者より、肉用牛の売却に係る課税の特例については、肥育している農家はあるが、税額に影響するような酪農家はない。


 また、上場株式の配当等に係る影響額については、特別徴収によるところがあり、特別徴収された税については県から交付金として入ってくることから、件数等はわからないとの説明がありました。


 また、委員より、固定資産税の減額規定に係る対象建物はあるのか、また影響額はとの質問があり、理事者より、固定資産税の減額規定に係る対象建物はないとの説明がありました。


 当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願いを申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


 10番、岩崎議員。


○10番(岩崎 修君)


 議第43号、相生市税条例等の一部を改正する条例の制定について、反対の立場から討論を行います。


 今回の条例改正は、現下の厳しい経済状況及び雇用情勢に対応して税制の整備を図るための地方税法等の一部改正によるもので、その内容は、一つには寄附金税額控除の対象の見直し、二つには義務違反に対する罰則規定の見直し、三つには税負担軽減措置の整理合理化、四つには新築住宅等に対する固定資産税の減額規定に係る適用対象固定資産の見直しなどであります。


 このうち、税負担軽減措置の整理合理化における上場株式等の配当所得及び譲渡所得に係る軽減税率の延長、すなわち証券優遇税制の延長には反対であります。


 以下、主な反対理由を述べます。


 現在、上場株式等の配当・譲渡所得への課税は、市民税3%、県民税2%、所得税15%の本則20%のところ、2003年から市民税1.8%、県民税1.2%、所得税7%の軽減税率10%とされています。


 このたびの条例改正で、この本則20%の税率を10%に軽減する措置を、さらに2013年末まで2年間延長しようというものです。


 そもそも、この上場株式等の配当・譲渡所得への軽減税率の制度は、「個人資産の貯蓄から投資へ」のかけ声のもと、株式市場の低迷や金融機関の不良債権問題に対応するとして、2003年からの5年間の時限措置として導入されたものです。「金持ち優遇」との批判もあり、本則を20%に戻すとしながら、それがたび重なる延長により、現在まで続いているものです。


 昨年の改定では、来年からは本則20%に戻すことを前提に、非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得については非課税とする制度まで設けました。


 今回、この10%の軽減税率をさらに2年間延長することで、5年間の時限措置だったこの証券優遇税制は、11年間も続くことになります。しかし、こうした証券優遇税制は、実際には一握りの富裕層に減税の恩恵が集中する金持ち減税です。


 暮らしが大変な庶民には、増税、負担増を押しつけ、低金利政策のもとでの庶民のわずかな預金利子には20%もの税金をかけながら、株取引でもうけを上げる高額所得者には10%の税率で優遇する、このような証券優遇税制は直ちに撤廃すべきであります。


 また、世界的にも、アメリカやフランス、イギリスなどの税率は30%前後であることを見ても、本則の20%に戻すことは当然の措置であり、これこそ東日本大震災の復興財源に充てるべきであります。


 以上のようなことから、金持ち優遇の証券優遇税制の延長を内容とする今回の相生市税条例等の一部を改正する条例の制定については、反対であることを表明し、討論といたします。


○議長(吉田政男君)


 ほかに討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第43号、相生市税条例等の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                〔起 立 多 数〕


○議長(吉田政男君)


 起立多数であります。


 よって、議第43号、相生市税条例等の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(吉田政男君)


 日程第3、議第46号、相生市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、副委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会副委員長、6番、前川郁典議員。


○6番(民生建設常任委員会副委員長 前川郁典君)


 おはようございます。


 民生建設常任委員会に付託されておりました議第46号、相生市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして、去る9月8日に委員会を開催し、審査いたしました。


 結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上、報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 民生建設常任委員会副委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの副委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第46号、相生市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する副委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、副委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第46号、相生市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(吉田政男君)


 日程第4、議第48号、平成23年度相生市一般会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、各常任委員会委員長より報告を求めます。


 まず、民生建設常任委員会副委員長より報告を求めます。


 民生建設常任委員会副委員長、6番、前川郁典議員。


○6番(民生建設常任委員会副委員長 前川郁典君)


 民生建設常任委員会に分割付託をされました議第48号、平成23年度相生市一般会計補正予算、第1条、歳入歳出予算の補正のうち、歳出中の当委員会に所管の項目につきまして、去る9月8日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より、10款総務費、5項総務管理費、35目市民会館管理費において、大ホールの代替施設として中ホールと203会議室を一体的に活用ということであるが、中ホールと203会議室の収容人員は合わせて何人かとの質疑があり、理事者より、中ホールが270人、203会議室が120人で、合わせて390人であるとの説明がありました。


 また、委員より、大ホールの定員が500人であることからすると、事業の縮小もやむを得ないと考えているのかとの質疑があり、理事者より、中ホールの机を撤去すれば400人以上の利用が可能になるとの説明がありました。


 また、委員より、203会議室に設置するモニターの大きさはどれぐらいのものか、後方からも見えるのかとの質疑があり、理事者より、液晶テレビで46型のものを予定しているが、後方からの視聴にも耐えると考えているとの説明がありました。


 次に、委員より、203会議室には柱があってモニターの支障になると思われるが、どうかとの質疑があり、理事者より、利用者に席の配置等による工夫をお願いしたいとの説明がありました。


 次に、委員より、15款民生費、7項老人福祉費、5目在宅福祉費において、火災報知機の設置について申請が多いと聞いているが、設置状況はどうかとの質疑があり、理事者より、本年度は5月末が改正消防法による設置義務化の期限であることから、当初100件の設置を予算化していたが、7月時点でこれを超える申請があった。申請受付分については既決予算で対応したが、今後も設置の申請が見込まれることから、追加分の補正を計上したものであるとの説明がありました。


 次に、20款衛生費、10項清掃費、10目塵芥処理費において、美化センター長寿命化計画等策定業務委託について、施設の焼却方式、能力について、現状の施設のままでいくのかとの質疑があり、理事者より、焼却施設は、現在、准連続型の流動床方式を採用しており、この方式は基本的に変更できないので、個々の設備を更新していく大規模な設備更新を計画している。


 また、処理能力は、現状で1日当たり62トンの処理能力があり、実績で1日当たり34トンの処理を行っており、この数値を基準として現状の能力を保っていく考え方をしているとの説明がありました。


 以上、当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 これで報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 民生建設常任委員会副委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの副委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、民生建設常任委員会副委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 次に、総務文教常任委員会委員長より報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、5番、阪口正哉議員。


○5番(総務文教常任委員会委員長 阪口正哉 君)


 総務文教常任委員会に分割付託されました議第48号、平成23年度相生市一般会計補正予算、第1条、歳入歳出予算補正のうち、歳入全般及び歳出中、当委員会所管の項目、第2条、債務負担行為について、去る9月9日に委員会を開催し、審査を行いました。


 結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告を申し上げます。


 初めに、理事者より補足説明を受けた後、質疑に入りました。


 委員より、45款消防費、10目非常備消防費、19節負担金補助及び交付金の公務災害補償掛金について、1人当たり1,900円から2万4,700円へ増額となった差額となっているのかとの質疑があり、理事者より、差額分2万2,800円の520人分を計上しているとの説明がありました。


 また、委員より、50款教育費、5目学校管理費及び幼稚園管理費、15節工事請負費について、幼・小・中学校全校に防犯カメラを設置するとのことだが、今回の計画台数で校舎入り口、職員室等すべてカバーできるのかとの質疑があり、理事者より、防犯カメラの設置は、基本的に外部侵入者対策として、校門付近及び職員室周辺に設置したいと考えている。学校の規模により、複数台の設置が必要な場合等、状況に応じ対応したいとの説明がありました。


 また、委員より、全国的に防犯カメラの設置が進んでいるが、市の整備が遅かった理由は何なのかとの質疑があり、理事者より、学校の安全・安心については、地域の防犯グループによる地域安全まちづくり活動や、自治会、PTAによる見守り活動により確保されていると考えているが、警察から施設面での防犯対策強化の指導があったためとの説明がありました。


 また、委員より、防犯カメラを設置することで教員の負担はふえないのかとの質疑があり、理事者より、防犯カメラ設置による教員の負担は特に生じないと考えているとの説明がありました。


 また、委員より、今後、地域の安心・安全対策と学校での防犯対策の取り組みについてどのように考えていくのかとの質疑があり、理事者より、6月の那波中学校での事案が発生してから、地域の防犯グループ、自治会、PTAによる見守りの強化を行っていただいた。市内のどの校区についても、同じような体制を整えてもらっており、引き続き、この体制を維持、継続、強化していただきたいと考えているとの説明がありました。


 当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願いを申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、総務文教常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論はないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第48号、平成23年度相生市一般会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第48号、平成23年度相生市一般会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。


 10時30分まで休憩いたします。


              (休憩 午前 9時53分)


              (再開 午前10時30分)


○議長(吉田政男君)


 休憩を解き本会議を再開いたします。





○議長(吉田政男君)


 日程第5、議第49号、平成23年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、副委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会副委員長、6番、前川郁典議員。


○6番(民生建設常任委員会副委員長 前川郁典君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第49号、平成23年度相生市国民健康保険特別会計補正予算について、去る9月8日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 民生建設常任委員会副委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの副委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第49号、平成23年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する副委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、副委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第49号、平成23年度相生市国民健康保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(吉田政男君)


 日程第6、議第50号、平成23年度相生市介護保険特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、副委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会副委員長、6番、前川郁典議員。


○6番(民生建設常任委員会副委員長 前川郁典君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第50号、平成23年度相生市介護保険特別会計補正予算について、去る9月8日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議において詳細に説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 民生建設常任委員会副委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの副委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第50号、平成23年度相生市介護保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する副委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、副委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第50号、平成23年度相生市介護保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(吉田政男君)


 日程第7、議第51号、公平委員会の委員の選任についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第51号、公平委員会の委員の選任について、提案理由の御説明を申し上げます。


 相生市公平委員会の委員、香山治代さんは、本年10月8日をもって、その任期が満了いたします。


 つきましては、香山治代さんを再任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項の規定により市議会の御同意をお願いいたすものでございます。


 なお、御参考までに本人の略歴を添付いたしております。


 何とぞ、よろしく御審議の上、御同意賜りますよう、お願いを申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 3番、田中議員。


○3番(田中秀樹君)


 公平委員会の委員の選任については結構なんですけども、ここ任期が4年ですか、4年間のうちに公平委員会が関与するような案件があったのかどうか、あればちょっと教えていただきたいのですけども、よろしくお願いします。


○議長(吉田政男君)


 企画管理部長。


○企画管理部長(吉岡秀記君)


 任期中の案件はございませんでした。


 以上です。


○議長(吉田政男君)


 3番、田中議員。


○3番(田中秀樹君)


 公平委員会の規約をちょっと見させていただきますと、職員の勤務条件に関する措置要求に係る審査、判定と必要な措置及び職員の不利益処分に関する不服申し立ての裁定、決裁、または決定を行うというふうに書いてあるんですけども、この勤務条件に関する措置要求というのも一切ないということですね。


○議長(吉田政男君)


 企画管理部長。


○企画管理部長(吉岡秀記君)


 ございませんでしたので、公平委員会にかけた案件はございません。


 以上です。


○議長(吉田政男君)


 3番、田中議員。


○3番(田中秀樹君)


 そしたら、相生市においては極めて良好な人間関係のもとに職務が遂行されているというふうに理解したらいいということですね。


○議長(吉田政男君)


 企画管理部長。


○企画管理部長(吉岡秀記君)


 案件がございませんので、そういうことでございます。


 以上です。


○議長(吉田政男君)


 3度目が終わりましたので、続けられません。


 他にありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第51号については、会議規則の規定により委員会付託及び討論を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 御異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第51号、公平委員会の委員の選任についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第51号、公平委員会の委員の選任については、原案のとおり同意することに決定されました。





○議長(吉田政男君)


 次に、日程第8、議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会閉会中における各委員会の継続審査並びに調査に付する事件については、お手元にお配りいたしております印刷物のとおりといたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議会閉会中の継続審査並びに調査に付する事件については、お手元にお配りいたしております印刷物のとおり決定いたしました。


 お諮りいたします。


 今期定例市議会に付議されました案件の審議は、すべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 御異議なしと認めます。


 よって、平成23年第4回相生市議会定例会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。


 この際、谷口市長のごあいさつがあります。


 谷口市長。


○市長(谷口芳紀君)


 平成23年第4回定例市議会の閉会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。


 議員の皆様には、連日にわたり慎重な御審議を賜り、それぞれ適切なる御決定をいただき、まことにありがとうございました。


 御審議の過程でお聞かせいただきました貴重な御意見を今後の市政に反映し、市民の皆様の御期待に沿うべく全力を傾注いたす所存でございますので、より一層の御支援をお願いを申し上げます。


 さて、9月2日、新内閣が発足をいたしました。歴史的政権交代から2年で3人目の総理の誕生でございます。


 現在、日本は東日本大震災からの復旧・復興と福島第1原発事故の収拾、超円高による国内経済の低迷など、重要課題が山積をする中、新政権には権限移譲の推進など、真の分権型社会の実現を強力に進めていただき、正心誠意の覚悟をもって、国民のため次なる国の新しい形をつくっていただくことを強く期待をいたします。


 さて、まだしばらくは台風シーズンと相なります。台風12号による兵庫県下の各市町の被害状況についても調査をし、当市の備えと警戒体制の参考といたしたいと、このように考えております。今後も市民の皆様の安心と安全を確保するため、全職員、緊張感を持って努めてまいる所存でございます。


 いましばらくいたしますと、市花「コスモス」が咲き始めます。議員各位におかれましては、どうか御自愛をいただき御健勝でお過ごしくださいますよう御祈念を申し上げ、閉会のごあいさつとさせていただきます。


 まことにありがとうございました。


○議長(吉田政男君)


 閉会に当たりまして、私からも一言ごあいさつ申し上げます。


 議事進行に格段の御協力をいただきました。また、終始、慎重審議をいただきまして、まことにありがとうございました。


 議会閉会中は、決算審査を初め、先進地の調査、各種行事の参加等、多忙な日が続きますので、健康にくれぐれも御留意いただきまして議員活動に精励していただきますようお願い申し上げまして、閉会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。


 以上をもって散会いたします。


              (散会 午前10時42分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。





  平成  年  月  日


      相生市議会議長   吉 田 政 男


      署名議員      角 石 茂 美


      署名議員      楠 田 道 雄