議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 相生市

平成21年第5回定例会(第3号 9月16日)




平成21年第5回定例会(第3号 9月16日)




          平成21年第5回相生市議会定例会


              議事日程表(第3号)





                      平成21年9月16日  午前9時30分 開会


                            おいて      相生市役所議場





(順序)(日程)


  1       再    開


  2       開議宣告


  3   1   会議録署名議員の指名


  4       諸報告


          (1)出席議員数の報告


          (2)欠席議員の届出報告


          (3)その他


      2   議第  46号 相生市国民健康保険条例の一部を改正する条例の


  5               制定について


           民生建設常任委員会審査結果報告書


      3   議第  48号 相生市企業立地促進条例の制定について


           総務文教常任委員会審査結果報告書


      4   議第  49号 平成21年度相生市一般会計補正予算


  7        民生建設常任委員会審査結果報告書


           総務文教常任委員会審査結果報告書


      5   議第  50号 平成21年度相生市国民健康保険特別会計補正予


                  算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


      6   議第  51号 平成21年度相生市介護保険特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


      7   意見書案第2号 所有者不明の放置廃屋除去等に関する法整備を求


 10               める意見書の提出について


           民生建設常任委員会審査結果報告書


 11   8   議第  52号 公平委員会の委員の選任について


 12   9   議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について


 13       閉会宣告


 14       市長あいさつ


 15       散   会





本日の会議に付した事件





(日程)


  1  会議録署名議員の指名


  2  議第  46号 相生市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につい


             て


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  3  議第  48号 相生市企業立地促進条例の制定について


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  4  議第  49号 平成21年度相生市一般会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  5  議第  50号 平成21年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  6  議第  51号 平成21年度相生市介護保険特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  7  意見書案第2号 所有者不明の放置廃屋除去等に関する法整備を求める意見書


             の提出について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  8  議第52号 公平委員会の委員の選任について


  9  議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について





出席議員(16名)


   1番  宮 艸 真 木        2番  土 井 本 子





   3番  豆 鞘 宏 重        4番  後 田 正 信





   5番  渡 邊 慎 治        6番  前 川 郁 典





   7番  阪 口 正 哉        8番  三 浦 隆 利





   9番  盛   耕 三       10番  岩 崎   修





  11番  吉 田 政 男       12番  奥 本 巳千雄





  13番  大 川 孝 之       14番  角 石 茂 美





  15番  楠 田 道 雄       16番  柴 田 和 夫





欠席議員


       な     し





          平成21年第5回相生市議会定例会





    地方自治法第121条の規定により会議に出席する者の職・氏名





  市長              谷 口 芳 紀


  副市長             川 中 勝 己


  防災監             尾 ? 利 幸


  企画管理部長          瀬 川 英 臣


  市民福祉部長          丸 山 英 男


  建設経済環境部長        山 本 英 未


  市民病院事務局長        北 岡 信 夫


  会計管理者           山 田 三 郎


  消防長             田 中 耕 作


  企画管理部参事         吉 岡 秀 記


  企画管理部参事         森 川 順 天


  市民福祉部参事         河 上 克 彦


  建設経済環境部参事       東   弘 昌


  建設経済環境部参事       川 端 浩 司


  建設経済環境部参事       小 橋 輝 男


  総務課長            玉 田 直 人


  税務課長            利 根 克 典


  徴収対策室長          寺 田 正 章


  市民課長            小 田 恵 子


  まちづくり推進室長       富 山 恵 二


  健康福祉課長          竹 内 繁 礼


  子育て支援室長         友 上 啓 子


  看護専門学校事務長       岡 野 耕 三


  建設管理課長          出 田 重 己


  建設課長            高 田 雅 仁


  出納室長            田 中 あさみ


  消防本部総務課長        山 本   渉


  消防課長            志 茂 敏 正


  予防課長            金 谷   篤


  総務課主幹           土 井 正 三


  財政課主幹           山 本 勝 義


  税務課主幹           松 本 雅 弥


  徴収対策室主幹         前 田 陵 行


  市民課主幹           式 庄 章 恵


  市民課主幹           岩 崎 徹 博


  社会福祉課主幹         水 原   至


  健康福祉課主幹         西 崎 健 一


  健康福祉課主幹         橋 本 昌 司


  看護専門学校副校長       中 谷 幸 子


  建設管理課主幹         山 崎 久 司


  建設課主幹           進 藤   清


  産業振興課主幹         中 津   尚


  環境課主幹           前 川 美 己


  予防課主幹           室 井 英 俊


  教育長             藤 岡 弘 司


  教育次長            浅 井 昌 平


  教育委員会管理課長       中 濱 和 義


  学校教育課長          板 脇 厚 生


  生涯学習課長          西 角 隆 行


  体育振興課長          前 川 一 郎


  人権教育推進室長        岩 田 元 秀


  体育振興課主幹         岸 本 光 義


  代表監査委員          竹 代 修 一


  監査事務局長          福 永   剛


  公平委員会局長         福 永   剛


  農業委員会事務局長       中 津   尚


  選挙管理委員会事務局長     大 西 真 悟





事務局職員出席者


  議会事務局長          河 合 優 介


  議会事務局次長         越 智 俊 之


  議会事務局副主幹        山 本 大 介





     (開会 午前9時30分)


○議長(吉田政男君)


 改めて、おはようございます。


 ただいまから本会議を再開いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 これより、日程に入ります。





○議長(吉田政男君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、16番、柴田和夫君、1番、宮艸真木君を指名いたします。


 よろしくお願いいたします。


 次に、事務局長から諸般の報告をいたします。


 事務局長。


○事務局長(河合優介君)


 ご報告申し上げます。


 ただいま出席されております議員数は、16名でございます。


 諸般の報告は、以上でございます。





○議長(吉田政男君)


 日程第2、議第46号、相生市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、5番、渡邊慎治君。


○5番(民生建設常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 おはようございます。


 民生建設常任委員会に付託されました議第46号、相生市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、去る9月10日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして、ご報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは、特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で、報告を終わります。


 よろしくご了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第46号、相生市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第46号、相生市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(吉田政男君)


 日程第3、議第48号、相生市企業立地促進条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、4番、後田正信君。


○4番(総務文教常任委員会委員長 後田正信君)


 総務文教常任委員会に付託されました議第48号、相生市企業立地促進条例の制定については、去る9月11日に委員会を開催し、審査を行いました。


 結果は、全会一致で原案可決であります。


 審査の概要につきまして、ご報告申し上げます。


 まず最初に、理事者より条例の制定に関連し、上程条例と、現在、運用しております相生市工場誘致助成要綱の内容を比較した資料に基づき追加説明を受けた後、質疑に入りました。


 委員より、キノコの企業進出が計画されているが、この条例の助成要件に該当するのかとの質問に対し、理事者より、現時点での事業計画から推察すると、中小企業に該当し、投下固定資産総額と常用従業員等の数から助成対象になると思われるとの答弁がありました。


 次に、委員より、現行の要綱では賃借資産は助成対象であるが、今回の条例で対象外とした理由は何かとの質問に対し、理事者より、賃借資産については、資産保有者は申請者以外の者であり、賃借料に対して助成することは、申請者以外の資産保有者に対して助成することとなる。


 また、企業進出において申請者が賃借によることは、申請者にとって一時経費を削減する目的であることなどから、助成の対象外としたとの答弁がありました。


 また、委員より、賃借の土地に自前で建物を建設した場合、建物は対象となるのか。小さな企業においては、土地を取得してまでとなると困難であり、賃借の場合でも別の内容での助成はできないのかとの質問に対し、理事者より、借地であっても自前で建てる建物は投下固定資産となり、助成対象である。現時点において、別途、新たな内容で賃借方式に助成することは考えていないとの答弁がありました。


 次に、委員より、今回、新たな雇用促進助成金を設けているが、県の雇用促進の事業とのかかわりはどのようになっているのかとの質問に対し、理事者より、県の助成内容は把握していないが、県の助成制度の要件に合致するのであれば、市と県とあわせて助成が受けられるとの答弁がありました。


 また、委員より、市内には遊休工場があり、空き工場の賃借利用が出てくると思われる。賃借でも助成対象となるよう、将来的に条例改正の検討も進めておいてもらいたいとの要望がありました。


 以上のとおり、当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしくご了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第48号、相生市企業立地促進条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第48号、相生市企業立地促進条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(吉田政男君)


 日程第4、議第49号、平成21年度相生市一般会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、各常任委員会委員長より報告を求めます。


 まず、民生建設常任委員会委員長より報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、5番、渡邊慎治君。


○5番(民生建設常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 民生建設常任委員会に分割付託されました議第49号、平成21年度相生市一般会計補正予算、第1条、歳入歳出予算の補正のうち、歳出の中の当委員会所管の項目につきまして、去る9月10日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして、ご報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりますので、委員会資料に基づき補足説明を受けた後、質疑に入りました。


 委員より、15款民生費、5目社会福祉総務費、19節負担金補助及び交付金の子育て世帯住宅取得促進事業補助金、48万円の追加は、事業補助の需要が多かったと判断してよいのかとの質疑があり、理事者より、当初予算の編成時点では、平成20年度の最終申請件数を82件と見込んでいたが、84件となったことに伴う不足分の追加補正であるとの説明がありました。


 次に、委員より、17目障害者福祉費、13節委託料の障害者相談支援充実強化事業委託料、90万円に関連し、委託先及び委託内容はどのようになるのかとの質問に対し、理事者より、委託先は、みどり福祉会を予定しており、障害の状況等により専門の支援相談員にお願いする。前年度にも類似の事業委託を実施しており、継続的な取り扱いを行いながら、障害者自立支援協議会等へつないでいくとの説明がありました。


 次に、委員より、5目生活保護総務費、20節扶助費の住宅手当てについて、支給対象者をどのように見込んでいるのか、また、支給対象者への住宅あっせんは市が行うのかとの質問に対し、理事者より、支給対象者は最大で25名を見込んでおり、ここ二、三カカ月の間の生活保護等の相談状況と国が示している算出基準により算出している。


 また、住宅あっせんについては、必要に応じて民間業者等の協力を得ながら、対象者にあっせんしていく考えであるとの説明がありました。


 次に、委員より、25款労働費、5目労働諸費の緊急雇用就業機会創出基金事業に関連して、今回の補正予算による事業メニューは、従来にない事業への取り組みなのかとの質問に対し、理事者より、今回の補正予算による事業については、基本的には雇用等の拡大を促す労働施策と位置づけており、社会福祉課及び健康福祉課分については、新たな取り組みである。産業振興課及び建設管理課分については、一部、従来からの取り組みもあるが、雇用拡大の視点に立っての事業の組み立てであるとの説明がありました。


 また、委員より、臨時職員の採用手順はどのように考えているのか、仕事の開始時期はいつごろになるのかとの質問に対し、理事者より、臨時職員の採用については、雇用拡大を目的とした労働施策なので、職業安定所に求人申し込みを行い、広く人材を募る予定である。また、雇用の開始時期については、本年10月からを予定しているとの説明がありました。


 次に、委員より、里山整備事業及び森林等伐採整備事業において、当基金事業終了後の継続性が危惧されるが、どうかとの質問があり、理事者より、里山整備事業については、三濃山及び感状山におけるヤマビル対策として、落ち葉かきを遊歩道の両端、幅4メートルを約3,000メートル、面積にして1万3,200平方メートルを2カ年事業で行い、また、森林等伐採事業においては、山林の危険箇所の伐採を今年度計画しており、今後の予算に影響を与えないものと考えているとの説明がありました。


 また、委員より、里山整備事業は2カ年事業とのことだが、今年度、162万6,000円で、来年度の予算措置はどうなるのか。また、事業開始時期はいつからを予定しているのかとの質問があり、理事者より、5名雇用予定で、来年度も今年度と同様に、162万6,000円を予定している。事業開始時期は、ヤマビル対策での事業効果を考え、12月から2月までの予定をしているとの説明があり、委員より、里山整備事業の来年度予算も国・県補助金か、何か通知等はあるのかとの質問があり、理事者より、すべて国庫補助金であり、3年間の事業費として4,110万円の内示を受けているが、国の動向がまだ決まっていない状況であり、その動向を見ながら検討していきたいとの説明がありました。


 さらに、委員より、里山整備事業については、2カ年で325万2,000円とのことだが、まだ足らないということになれば、予算の調整はできるのかとの質問があり、理事者より、緊急雇用対策の6事業の中で調整をしたいと考えているとの説明がありました。


 また、委員より、新聞報道にもあったが、たつの市では、政権交代により、国の平成21年度補正予算に係る事業の予算執行を保留するとの見解を示しているようだが、本市においてはどのように考えているのかとの質問に対し、理事者より、総務省の説明としては、地方自治体への交付が決まった補助金を国庫に返納することは、天変地異など、やむを得ない状況がなければ難しいとのことである。


 また、県市町振興課も、新内閣が発足しておらず、憶測での情報もあるように思える。基金事業については見直す方針とのことであるが、正確な青報ではないので、今後、国等から情報が入り次第、情報提供するとのことである。


 9月8日に、兵庫県知事が定例記者会見の中で、現実には補正予算関連の事業も進んでおり、市町の現場の声を中央に届かせる努力をしてほしい、執行停止は過剰反応だとの指摘をしている。


 本市としては、国・県などの動向を注視しながら、その対応を図っていきたいとの説明がありました。


 次に、委員より、森林等伐採整備事業について、佐用町の災害では、山間部において倒木材が川をせきとめ、大きな被害につながっているということで今回の伐採費用を計上していると思うが、それだけでなく、市として考えておかないといけないのではないかとの質問があり、理事者より、風倒木については、県の方に治山事業や森林・林業の緊急整備事業として、県が行う3カ年事業において実施していただけるよう要望しているとの説明があり、さらに、委員より、県へ要望とか3カ年事業でやるとかではなく、近隣の市町で災害が発生しており、市として、すぐにでも対策をしてもらいたいとの要望がありました。


 次に、委員より、30目農林水産業費、15目農業振興費、13節委託料のバイオマスエネルギー事業委託料について、菜の花を栽培するとのことだが、どの地区で、どれぐらい栽培し、作付時期はいつごろかとの質問があり、理事者より、入野地区及び福井地区において約80アールを予定しており、栽培方法について両地区と協議中である。作付時期は、10月初旬を予定しているとの説明がありました。


 次に、委員より、菜の花の栽培が80アールと非常に少ないが、もっと多く団地化栽培すればきれいだと思う。地域の活性化で取り組んでいる入野や福井地区のコスモス祭りとの関係はどうなるのかとの質問があり、理事者より、今回の菜の花の栽培については、バイオマスエネルギー事業として考えており、今年度はモデル事業として考えている。今年度、事業がうまくいけば、転作で取り組んでいるレンゲにかわるものとして、作付をふやしていきたい。コスモス祭りとは別の取り組みであると考えているとの説明がありました。


 以上、当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしくご了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、民生建設常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 次に、総務文教常任委員会委員長より報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、4番、後田正信君。


○4番(総務文教常任委員会委員長 後田正信君)


 総務文教常任委員会に付託されました議第49号、平成21年度相生市一般会計補正予算、第1条、歳入歳出予算の補正のうち、歳入全般及び歳出中、当委員会所管の項目並びに第2条、地方債の補正については、去る9月11日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして、主なものをご報告申し上げます。


 まず、初めに理事者より、25款労働費、緊急雇用就業機会創出基金事業及び50款教育費、スクールニューディール構想について、資料に基づき補足説明を受けた後、質疑に入りました。


 委員より、10款総務費、15目財政調整基金費において、今回、土地開発基金を取り崩し財政調整基金に積むこととなるが、退職者等がふえる中、基金を取り崩すこととなると思うが、財政調整基金の推移はどのようになるのか、また、少なくなると財政の硬直化を来すと思うが、基金はどれくらいを維持しようと考えているのかとの質問に対し、理事者より、予算は、当該年度の歳入をもって歳出を組み、その財源不足に財政調整基金等を充てることとなり、10億円程度は維持したい。また、推移は、13億951万7,000円から10億円ぐらいと考えているとの答弁がありました。


 次に、委員より、25款労働費について、雇用の促進と言いながら、森林等伐採整備事業はアルバイト程度にしかならないのではないか、伐採についての考え方はとの質問に対し、理事者より、会回の緊急雇用は、非正規労働者、あるいは、中高年齢者等の短期雇用が趣旨で、派遣切りなどに遭った方が次の仕事へ行くためのステップとしての短期雇用の位置づけである。また、市有山林の伐採については、例えば、3年ないし5年ごとぐらいには伐採をしていきたいとの答弁がありました。


 続いて、委員より、英語活動指導補助事業について、緊急雇用が終わった後はどうなるのか、市の一般財源で雇っていくのかとの質問があり、理事者より、今回の緊急雇用での配置は平成24年3月までで、その後のことは未定であるが、配置効果等を十分検証してまいりたいとの答弁がありました。


 続いて、委員より、英語活動よりも国語の方が大事だと思うが、同じお金を使うなら大事な国語になぜ使わなかったのかとの質問があり、理事者より、英語活動の指導については、小学校教員は経験が十分ではなく、外国人英語指導助手の支援を受けて、より充実した授業を行っていくということで選定したとの答弁がありました。


 また、委員より、外国人英語指導助手の採用基準などについて決まっているのかとの質問があり、理事者より、議決いただいた後、業者の選定を行い、ふさわしい人材の派遣をお願いしたいと考えているとの答弁がありました。


 次に、委員より、50款教育費、15項中学校費、5目学校管理費について、ソーラーパネルの設置場所、設置面積について質問があり、理事者より、設置場所、面積については、学校現場で確認し、適切な場所と面積を選定した。なお、設置場所については、屋上や屋根の上が一般的ではあるが、20キロワット当たり約6トンの重さとなることから、建物の構造計算が必要となり、建物の耐震性や安全性に問題があるため、地面や斜面に選定した。また、ソーラーパネルの強度には規格があり、軟式野球の打球程度では全く問題はなく、ソーラーパネルの周囲には、フェンスを設置する予定となっているとの答弁がありました。


 また、委員より、学校のエコ化は推進されるが、財政的にはどのようになるのかとの質問に対して、理事者より、市の一般財源部分の支出については、保守料を入れても約10年間で回収できるものと考えているとの答弁がありました。


 また、委員より、25款労働費について、1点目、派遣切りなどに遭った方については、生活基盤となる仕事が欲しいので、生活基盤となる金額などにも配慮し施策を推進してほしい。2点目、予算編成に当たっては、学校教育等現場の意見を反映するようにしてもらいたい。


 また、50款教育費、15項中学校費、5目学校管理費について、国から補助があるからといって安易に設置するのではなく、市民に喜ばれるものであるかということもよく検討してもらいたいとの要望がありました。


 当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で、報告を終わります。


 よろしくご了承賜りますよう、お願い申し上げます。


 財政調整基金の推移について、先ほど13億950万7,000円と報告いたしましたが、正しくは13億951万7,000円であります。修正をお願いします。


○議長(吉田政男君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、総務文教常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第49号、平成21年度相生市一般会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第49号、平成21年度相生市一般会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(吉田政男君)


 日程第5、議第51号、平成21年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、5番、渡邊慎治君。


○5番(民生建設常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第50号、平成21年度相生市国民健康保険特別会計補正予算について、去る9月10日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして、ご報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは、特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で、報告を終わります。


 よろしくご了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第50号、平成21年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第50号、平成21年度相生市国民健康保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(吉田政男君)


 日程第6、議第51号、平成21年度相生市介護保険特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、5番、渡邊慎治君。


○5番(民生建設常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第51号、平成21年度相生市介護保険特別会計補正予算について、去る9月10日に委員会を開催し、審査をいたしました。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして、ご報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは、特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 以上で、報告を終わります。


 よろしくご了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、議第51号、平成21年度相生市介護保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第51号、平成21年度相生市介護保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(吉田政男君)


 日程第7、意見書案第2号、所有者不明の放置廃屋除去等に関する法整備を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、5番、渡邊慎治君。


○5番(民生建設常任委員会委員長 渡邊慎治君)


 民生建設常任委員会に付託を受けておりました意見書案第2号、所有者不明の放置廃屋除去等に関する法整備を求める意見書の提出については、去る9月10日に委員会を開催し、審査をいたしましたので、その審査結果と概要について、ご報告を申し上げます。


 審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 審査の概要でありますが、委員より、放置廃屋だけでなく、放置田なども全国的には問題になっているようであるが、当意見書案で放置廃屋だけに限定している理由はあるのかとの質疑があり、提案者より、放置田などについては、また別の観点から対策などの整備を考えるものである。本意見書では、安全・安心の観点から放置廃屋に限定しているものであるとの説明がありました。


 また、委員より、法整備までは時間がかかると思うので、兵庫県の景観条例、また、京都では、建築基準法で対応しているところもあるようなので、参考にしてはどうかとの意見があり、提案者より、その件については、6月議会の一般質問で要望し、現在、理事者において条例整備の作業が進んでいるとの説明がありました。


 なお、提案者より、意見書は法令のはざまに落ち込んだ住民の方々からの声をどう反映させていくのかであり、整備される法令が実効性があるかどうかということを考えるのではなく、実効性がある法令の整備を求めることが意見書であると思っている。


 以上のことをお含みいただいて、この意見書案について結論を出していただきたいとの意見がありました。


 以上、本件について慎重審査の結果、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決と決した次第であります。


 よろしくご了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 これより、討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、意見書案第2号、所有者不明の放置廃屋除去等に関する法整備を求める意見書の提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、意見書案第2号、所有者不明の放置廃屋除去等に関する法整備を求める意見書の提出については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(吉田政男君)


 日程第8、議第52号、公平委員会の委員の選任についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第52号、公平委員会の委員の選任について、提案理由のご説明を申し上げます。


 相生市公平委員会の委員、廣井正則さんは、本年10月1日をもって、その任期が満了いたします。


 つきましては、廣井正則さんを再任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、市議会のご同意をお願いいたすものでございます。


 なお、ご参考までに本人の略歴を添付いたしておりますので、何とぞよろしくご審議の上、ご同意賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第52号については、委員会付託及び討論を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第52号、公平委員会の委員の選任についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第52号、公平委員会の委員の選任については、原案のとおり同意することに決定されました。





○議長(吉田政男君)


 次に、日程第9、議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会閉会中における各委員会の継続審査並びに調査に付する事件については、お手元にお配りいたしております印刷物のとおりといたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議会閉会中の継続審査並びに調査に付する事件については、お手元にお配りいたしております印刷物のとおり決定いたしました。


 お諮りいたします。


 今期定例市議会に付議されました案件の審議は、すべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、平成21年第5回相生市議会定例会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。


 この際、市長のあいさつがあります。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 平成21年第5回定例市議会の閉会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。


 議員の皆様には、連日にわたり慎重なご審議を賜り、それぞれ適切なるご決定をいただき、まことにありがとうございました。


 ご審議の過程でお聞かせいただきました貴重なご意見を今後の市政に反映し、市民の皆様のご期待に沿うべく全力を傾注いたす所存でございますので、より一層のご支援をお願い申し上げます。


 さて、まだしばらくは台風シーズンでございます。また、今議会でもご議論いただきました新型インフルエンザも、厚生労働省の見解では、今後、さらなる流行が予測をされております。市民の皆様の安心と安全を確保するため、緊張感を持って備えと警戒に努めてまいる所存でございます。


 これからは、日一日と秋も深まり、さわやかな季節を迎えてまいります。この季節には、スポーツ、芸術、文化など、数多くの多彩な催しを計画しておりますので、議員の皆様には、ご参加の上、お楽しみいただきますようご案内を申し上げます。


 この時期、朝夕はめっきり涼しくなり、日中との気温差も大きい時期でもございます。どうかご自愛いただき、ご健勝でお過ごしくださいますようご祈念申し上げ、閉会のごあいさつとさせていただきます。


 まことにありがとうございました。


○議長(吉田政男君)


 閉会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。


 議員の皆様方には、慎重審議をいただき、適切なるご決定をいただきまして、ありがとうございました。


 閉会中は、決算審査特別委員会の審査を初め、毎日、多忙な日々が続くものと思われますが、健康にご留意いただきまして、ご健勝で、ますますご活躍していただきますよう祈念し、閉会のごあいさつといたします。


 以上をもって散会いたします。


 ありがとうございました。


   (散会 午前10時13分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成  年  月  日


      相生市議会議長   吉 田 政 男


      署名議員      柴 田 和 夫


      署名議員      宮 艸 真 木