議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 相生市

平成21年第3回臨時会(第1号 5月15日)




平成21年第3回臨時会(第1号 5月15日)




          平成21年第3回相生市議会臨時会


              議事日程表(第1号)





                     平成21年5月15日   午前9時30分 開会


                     おいて             相生市役所議場


(順序)(日程)


  1       開会宣告


  2       市長あいさつ


  3       開議宣告


  4   1   会議録署名議員の指名


  5   2   会期の決定


  6       諸報告


          (1)出席議員数の報告


          (2)欠席議員の届出報告


          (3)説明員の報告


  7   3   議会運営委員長報告


          (1)今期臨時市議会の運営等について


  8   4   報告第2号 相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処


                分の件報告


  9   5   報告第3号 相生市一般会計予算繰越明許費について報告


 10   6   報告第4号 相生市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費につい


                て報告


 11   7   議第35号 市有財産の取得について


 12   8   議第36号 平成21年度相生市一般会計補正予算


 13   9   市議第1号 相生市議会議長の辞職について


 14  10   選挙第1号 相生市議会議長の選挙について


 15  11   市議第2号 相生市議会副議長の辞職について


 16  12   選挙第2号 相生市議会副議長の選挙について


 17  13   議第37号 監査委員の選任について


 18  14   市議第3号 相生市議会議会運営委員会の委員の選任について


 19  15   市議第4号 相生市議会常任委員会の委員の選任について


 20  16   選挙第3号 西播磨水道企業団議会議員の選挙について


 21  17   選挙第4号 赤相農業共済事務組合議会議員の選挙について


 22       閉会宣告


 23       市長あいさつ


 24       散   会


              本日の会議に付した事件





(日程)


  1  会議録署名議員の指名


  2  会期の決定


  3  議会運営委員長報告


     (1)今期臨時市議会の運営等について


  4  報告第2号 相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告


  5  報告第3号 相生市一般会計予算繰越明許費について報告


  6  報告第4号 相生市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費について報告


  7  議第35号 市有財産の取得について


  8  議第36号 平成21年度相生市一般会計補正予算


  9  市議第1号 相生市議会議長の辞職について


 10  選挙第1号 相生市議会議長の選挙について


 11  市議第2号 相生市議会副議長の辞職について


 12  選挙第2号 相生市議会副議長の選挙について


 13  議第37号 監査委員の選任について


 14  市議第3号 相生市議会議会運営委員会の委員の選任について


 15  市議第4号 相生市議会常任委員会の委員の選任について


 16  選挙第3号 西播磨水道企業団議会議員の選挙について


 17  選挙第4号 赤相農業共済事務組合議会議員の選挙について





出席議員(16名)


   1番  宮 艸 真 木        2番  土 井 本 子





   3番  豆 鞘 宏 重        4番  後 田 正 信





   5番  渡 邊 慎 治        6番  前 川 郁 典





   7番  阪 口 正 哉        8番  三 浦 隆 利





   9番  盛   耕 三       10番  岩 崎   修





  11番  吉 田 政 男       12番  奥 本 巳千雄





  13番  大 川 孝 之       14番  角 石 茂 美





  15番  楠 田 道 雄       16番  柴 田 和 夫





欠席議員


       な     し





          平成21年第3回相生市議会臨時会





    地方自治法第121条の規定により会議に出席する者の職・氏名





  市長              谷 口 芳 紀


  副市長             川 中 勝 己


  防災監             尾 ? 利 幸


  企画管理部長          瀬 川 英 臣


  市民福祉部長          丸 山 英 男


  建設経済環境部長        山 本 英 未


  市民病院事務局長        北 岡 信 夫


  消防長             田 中 耕 作


  会計管理者           山 田 三 郎


  企画管理部参事         吉 岡 秀 記


  企画管理部参事         森 川 順 天


  市民福祉部参事         河 上 克 彦


  建設経済環境部参事       東   弘 昌


  建設経済環境部参事       川 端 浩 司


  建設経済環境部参事       小 橋 輝 男


  総務課長            玉 田 直 人


  税務課長            利 根 克 典


  徴収対策室長          寺 田 正 章


  市民課長            小 田 恵 子


  まちづくり推進室長       富 山 恵 二


  健康福祉課長          竹 内 繁 礼


  子育て支援室長         友 上 啓 子


  看護専門学校事務長       岡 野 耕 三


  建設管理課長          出 田 重 己


  建設課長            高 田 雅 仁


  出納室長            田 中 あさみ


  消防本部総務課長        山 本   渉


  消防課長            志 茂 敏 正


  予防課長            金 谷   篤


  総務課主幹           土 井 正 三


  財政課主幹           山 本 勝 義


  税務課主幹           松 本 雅 弥


  徴収対策室主幹         前 田 陵 行


  市民課主幹           式 庄 章 恵


  市民課主幹           岩 崎 徹 博


  社会福祉課主幹         水 原   至


  健康福祉課主幹         西 崎 健 一


  健康福祉課主幹         橋 本 昌 司


  看護専門学校副校長       中 谷 幸 子


  建設管理課主幹         山 崎 久 司


  建設課主幹           進 藤   清


  産業振興課主幹         中 津   尚


  環境課主幹           前 川 美 己


  予防課主幹           室 井 秀 俊


  教育長             藤 岡 弘 司


  教育次長            浅 井 昌 平


  教育委員会管理課長       中 濱 和 義


  学校教育課長          板 脇 厚 生


  生涯学習課長          西 角 隆 行


  体育振興課長          前 川 一 郎


  人権教育推進室長        岩 田 元 秀


  体育振興課主幹         岸 本 光 義


  監査事務局長          福 永   剛


  公平委員会局長         福 永   剛


  農業委員会事務局長       中 津   尚


  選挙管理委員会事務局長     大 西 真 悟





事務局職員出席者


   議会事務局長   河 合 優 介


   議会事務局次長   越 智 俊 之


   議会事務局副主幹   山 本 大 介





               (開会 午前10時30分)


○議長(盛 耕三君)


 ただいまより、平成21年第3回相生市議会臨時会を開会いたします。


 開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 議会開会について通知いたしましたところ、議員各位におかれましては、何かと御多用の中、全員ご出席賜り、ありがとうございます。


 さて、本臨時市議会には、報告及び選挙を含め、執行機関から6件、議会から8件、計14議案が上程されております。中でも、特に平成21年度の議会役員選挙が主な議題となります。議員各位の真摯で前向きなご議論によりまして、新しい体制が円滑に選出されますことを期待いたします。


 また、それとともに議会運営の格段なる御協力をお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。


 開議に先立ち、市長よりごあいさつがございます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 おはようございます。


 新緑に囲まれた相生湾に、ドラと太鼓の音が鳴り響き、初夏を感じる好季節となりました。


 本日は、平成21年第3回臨時市議会をお願いいたしましたところ、議員の皆様には、公私ともご多用の中、ご出席を賜り、まことにありがとうございます。


 さて、昨年来のアメリカ発の金融危機を発端とする未曾有の経済状況悪化の中、国の景気対策・生活支援事業であります定額給付金支給事業は、5月22日現在で約92%の市民の皆様への支給ができる見込みでございます。


 また、相生市民元気アップ商品券につきましても、予定しておりました1億5,000万円を完売しており、これらの事業の具体的効果が一刻も早くあらわれ、本市の経済状況の改善につながることを期待をいたしております。


 また、4月にメキシコで発生をいたしました新型インフルエンザ対策でございますが、5月1日に「新型インフルエンザ対策本部」を設置をし、県等との連携を密に行い、情報の収集に努め、市民の皆様に安心していただけるよう、危機管理部門及び市民福祉部を中心に関係部課に対応を指示いたしております。


 さて、本臨時市議会には、緊急雇用対策事業を内容とする一般会計補正予算など、急を要する重要な案件を提出させていただいております。どうか慎重なご審議をいただき、適切なるご決定を賜りますようお願いをいたしまして、開会のごあいさつとさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。





○議長(盛 耕三君)


 これより、本日の会議を開きます。


 直ちに日程に入ります。





○議長(盛 耕三君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、3番、豆鞘宏重君、4番、後田正信君を指名いたします。


 よろしくお願いをいたします。





○議長(盛 耕三君)


 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日から5月19日までの5日間といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、会期は5日間と決定いたしました。


 この際、事務局長から諸般の報告をいたします。


 事務局長。


○事務局長(河合優介君)


 ご報告申し上げます。


 ただいま出席されております議員数は、16名でございます。


 次に、地方自治法第121条の規定により、この議会に議案説明のため、市長以下執行機関に出席を求めましたところ、お手元にお配りをいたしてございますプリントのとおり回答がございましたので、ご了承願います。


 諸般の報告は、以上でございます。





○議長(盛 耕三君)


 日程第3、今期臨時市議会の運営等について、議会運営委員会委員長から報告をいたします。


 14番、角石茂美君。


○14番(議会運営委員会委員長 角石茂美君)


 おはようございます。


 議会運営委員会に付託されておりました「次期定例会等の会期等」につきまして、去る5月11日、委員会を開催し、平成21年第3回相生市議会臨時会の運営に当たり協議をいたしました。その結果と概要を報告申し上げます。


 まず、会期につきましては、先ほど決定を見ましたとおり、本日から5月19日までの5日間といたしておりますが、今期臨時市議会は、役員改選、議会の組織構成が主たるものでありますので、でき得れば、きょう1日で本臨時市議会を閉会することにご協力をお願いするものであります。


 なお、本日1日で審議が終了しない場合は、19日までを予備日といたしておりますので、その間にご審議いただき、審議終了をもって閉会することといたしております。


 次に、今期臨時市議会に上程されております議案の取り扱いにつきましては、まず、報告第2号の専決処分は即決でお願いし、報告第3号及び報告第4号は、説明、報告の後、質疑までお受けすることといたしております。


 次に、議第35号及び議第36号は、いずれも即決でお願いすることといたしております。


 その後、役員改選に入り、市議第1号、相生市議会議長の辞職についてから、市議第3号、相生市議会議会運営委員会の委員の選任についてまでの6議案は、お手元に配付いたしております議事日程表により順次進めていくことといたしております。


 なお、市議第4号、相生市議会常任委員会の委員の選任についてから以降の議案の取り扱いにつきましては、今回新たに選任されます議会運営委員会の委員でご協議願い、改めて本会議において市議会の役職及び各委員をご決定いただくことといたしております。


 以上が、議会運営委員会での協議結果と概要であります。


 つきましては、本臨時市議会の議事が円滑に運ばれますよう、議員各位の格段のご理解とご協力をお願い申し上げまして、委員長報告といたします。


 よろしくご了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 議会運営委員会委員長の報告は、終わりました。


 今期臨時市議会の運営につきましては、ただいまの報告のとおり取り扱うことにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 ご異議なしと認め、さよう決定いたします。





○議長(盛 耕三君)


 日程第4、報告第2号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告を議題といたします。


 本案に関し報告を求めます。


 企画管理部長。


○企画管理部長(瀬川英臣君)


 報告第2号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。


 本件は、地方税法等の一部を改正する法律が平成21年3月31日に公布されたことに伴い、平成21年度の市税を賦課徴収するに当たり本条例の一部改正に急を要したため、平成21年3月31日に、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いましたので、同条第3項の規定によりご報告申し上げ、ご承認をお願いするものでございます。


 改正内容の主なものですが、一つには、医療関係者の養成所において教育の用に供する固定資産に係る非課税措置の拡充、二つには、社会医療法人が救急医療等確保事業の用に供する固定資産に係る非課税措置の創設、三つには、土地に係る固定資産税の負担調整措置の継続、四つには、長期優良住宅に係る固定資産税の減額措置創設に伴う申告についての改正でございます。


 それでは、個々の改正につきまして条を追ってご説明申し上げます。


 議案参考資料1ページから18ページまでの改正要旨及び新旧対照表もあわせてご清覧願います。


 改正条例第1条中、第26条の改正は、寄附金税額控除制度の創設に伴い、住民税に係る寄附金税額控除を受けようとする場合において、市長に提出しなければならない申告書の様式を規定したものでございます。


 第30条の4の改正は、引用法律番号を挿入するものでございます。


 第39条の2の改正は、医療関係者の養成所において教育の用に供する固定資産に係る固定資産税の非課税措置が拡充され、一般社団法人及び一般財団法人、社会医療法人等が設置する固定資産が対象に追加されたことに伴う改正でございます。


 第39条の5の追加は、社会医療法人が医療法に規定する救急医療等確保事業に係る業務の用に供する固定資産について、固定資産税を非課税とする特例措置が創設されたことに伴い、条文を追加するものでございます。


 改正後の第39条の6の改正は、前条の追加に伴う条文の繰り下げと地方税法の引用条文を整理したものでございます。


 第68条の改正は、引用法律番号を挿入したものでございます。


 附則第5条の改正は、平成21年度の固定資産税の評価がえに当たり、住宅用地及び商業地等において、現行の負担調整措置を平成21年度から平成23年度まで継続して適用することを規定したものでございます。


 継続する負担調整措置の概要でございますが、評価額に対する前年度課税標準額の割合である負担水準が一定割合以上の土地については、前年度課税標準額を引き下げ、または据え置き、負担水準が一定割合未満の土地については、原則として前年度課税標準額に評価額の5%を負担するものでございます。


 附則第6条の改正は、農地についても、前条同様、現行の負担調整措置を継続することを規定したものでございます。


 附則第7条の改正は、負担調整措置の継続に伴い、見出しの文言を整理したものでございます。


 附則第7条の2の改正は、据置年度において地価が下落している場合、簡便な方法により価格の下落修正ができる特例措置を、平成22年度及び平成23年度も継続することを規定したものでございます。


 附則第7条の3の改正は、宅地等において、賦課期日における用途が前年度の賦課期日の用途と異なるものについては、負担調整措置における前年度課税標準額の算出に当たり、法附則で規定する方式を適用しないことが選択できますが、本市においても税負担のバランスを保つため、従前よりこの方式を適用しないこととしており、今回の改正は、これを平成23年度まで継続しようとするものでございます。


 附則第7条の4の改正は、複合的利用に供する鉄軌道用地の価格に関する特例措置の適用期間が終了したことから、該当条文を削るものでございます。


 附則第9条の2の改正は、特別土地保有税についても、評価がえに伴う負担調整措置を継続することを規定したものでございます。


 なお、特別土地保有税につきましては、地方税法の規定により現在は課税が停止されております。


 附則第10条の改正は、関西文化学術研究都市建設促進法に基づいて整備される文化学術研究交流施設等に係る地方税の特例が廃止されたことに伴い、引用条文を整理したものでございます。


 附則第10条の2の改正は、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に規定する高齢者向け優良賃貸住宅に係る固定資産税の減額措置について、対象に政府の補助を受けて整備した高齢者向け優良賃貸住宅が追加されたことに伴い、引用条文を整理したものでございます。


 附則第10条の3の改正は、阪神・淡路大震災に係る固定資産税の特例措置の適用期間が終了したことから、該当条文を削るものでございます。


 附則第11条の4の改正は、寄附金税額控除制度の創設に伴い、控除限度額の算定に用いる所得額に、課税の特例により別計算する土地等に係る事業所得を含めることを規定したものでございます。


 附則第12条の改正は、平成21年度から平成23年度までにおける宅地等に係る都市計画税の負担調整措置については、固定資産税と同様、現行の基本的仕組みを継続することを規定したものでございます。


 附則第13条の改正は、農地に係る都市計画税についても、前条同様、現行の負担調整措置を継続することを規定したものでございます。


 附則第14条の改正は、地方税法の改正に伴い引用条文を整理したものでございます。


 附則第19条、第20条、第23条、第24条の2、第24条の4の改正は、寄附金税額控除制度の創設に伴い、控除限度額の算定に用いる所得額に、課税の特例により別計算する長期譲渡所得、短期譲渡所得、株式等に係る譲渡所得等、先物取引に係る雑所得等、条約適用利子及び条約適用配当等をそれぞれ含めることを規定したものでございます。


 次に、改正条例第2条の改正でございます。


 附則第10条の2の改正は、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日から施行されることに伴い、新築された長期優良住宅に係る固定資産税の減額措置の適用に必要な申告に関する規定を第2項として追加するとともに、地方税法施行規則の引用条文を整理したものでございます。


 最後に、本条例の附則でございます。


 附則第1条の施行期日でございますが、この条例は平成21年4月1日から施行するものでございます。ただし、第2条の規定につきましては、平成21年6月4日から施行するものでございます。


 附則第2条は固定資産税、第3条は都市計画税に関する経過措置をそれぞれ規定したものでございます。


 以上、まことに簡単でございますが、説明を終わります。


 よろしくご承認賜りますよう、お願い申し上げます。


 申しわけございません。1点、読み間違いがございました。改正内容の主なものの三つ目の土地に係る固定資産の説明で、負担調整措置の継続を賦課調整措置の継続と説明を申し上げました。申しわけございません。おわびして訂正いたします。


○議長(盛 耕三君)


 本案に対する報告は、終わりました。


 ただいまの報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております報告第2号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、報告第2号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の報告第2号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告を採決いたします。


 本案は、原案のとおり承認することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、報告第2号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告は、原案のとおり承認されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第5、報告第3号、相生市一般会計予算繰越明許費について報告を議題といたします。


 本案に関し報告を求めます。


 企画管理部参事。


○企画管理部参事(森川順天君)


 報告第3号、相生市一般会計予算繰越明許費につきまして、ご説明を申し上げます。


 本件は、平成20年度一般会計補正予算(第4号)、(第6号)及び(第7号)に定めております繰越明許に係る歳出予算の経費を平成21年度に繰り越しましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により繰越計算書を調整し、報告するものでございます。


 それでは、内容につきましてご説明を申し上げます。


 次ページをお開き願います。


 平成20年度相生市一般会計繰越明許費繰越計算書でございますが、昨年12月定例市議会で議決いただいております市立矢野川中学校体育館改修工事及び市立双葉中学校南校舎耐震補強工事設計委託、並びに本年3月定例市議会で議決をいただいております定額給付金事業、老人福祉施設整備事業、子育て応援特別手当支給事業、地域振興事業、那波丘の台土地区画整理事業、消防自動車等購入事業、消防施設整備事業及び小学校施設整備事業の合計10事業に係る繰越明許費の総額8億5,256万円のうち、8億1,691万4,000円を平成21年度に繰り越ししております。


 この経費に伴います財源につきましては、既収入特定財源82万1,000円、国庫支出金6億9,253万6,000円、地方債6,360万円及び一般財源5,995万7,000円を確保し、予定したものでございます。


 以上、まことに簡単でございますが、報告を終わります。


 よろしくご了解賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 本案に対する報告は、終わりました。


 ただいまの報告に対する質疑等に入ります。


 質疑等はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑等はないようでありますので、報告に対する質疑等を終結いたします。


 報告をご了承願います。





○議長(盛 耕三君)


 日程第6、報告第4号、相生市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費について報告を議題といたします。


 本案に関し報告を求めます。


 建設経済環境部参事。


○建設経済環境部参事(小橋輝男君)


 報告第4号、相生市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費について報告につきまして、ご説明を申し上げます。


 本件は、平成20年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)、第2表に定めております繰越明許費に係る歳出予算の経費を平成21年度に繰り越しましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により繰越計算書を調整し、ご報告するものでございます。


 それでは、内容につきましてご説明を申し上げます。


 次ページをお開き願います。


 平成20年度相生市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書でございますが、本年3月定例市議会で議決をいただいております那波分区汚水管渠築造整備事業の経費、813万8,000円を平成21年度に繰り越ししております。


 この経費に伴います財源につきましては、一般財源813万8,000円を予定したものでございます。


 以上、まことに簡単でございますが、報告を終わります。


 よろしくご了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 本案に対する報告は、終わりました。


 ただいまの報告に対する質疑等に入ります。


 質疑等はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑等はないようでありますので、報告に対する質疑等を終結いたします。


 報告をご了承願います。





○議長(盛 耕三君)


 日程第7、議第35号、市有財産の取得についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画管理部参事。


○企画管理部参事(森川順天君)


 議第35号、市有財産の取得について、提案理由及び内容のご説明を申し上げます。


 本件は、水槽付消防ポンプ自動車を購入するに当たり、売買契約を締結するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得及び処分に関する条例第3条の規定により、市議会の議決をお願いしようとするものであります。


 取得する財産は、水槽付消防ポンプ自動車1台で、消防本部に配備していたものが経年劣化により更新の時期を迎えたため、また防災力の向上を図るために、国庫補助事業により更新整備しようとするものであります。


 取得価格は、4,504万5,000円で、取得先は、大阪市生野区小路東五丁目5番20号、株式会社モリタ大阪支店、支店長、平田隆吉であります。


 納入期限は、平成21年12月25日とし、この財産の取得に係ります契約の方法は随意契約で、本車両の特質性により、製造可能な有限会社岡本ポンプ、小川ポンプ工業株式会社、日本機械工業株式会社、日本ドライケミカル株式会社、株式会社藤井ポンプ製作所、株式会社モリタ及び株式会社吉谷機械製作所の7社を選定し、4月17日に見積もり合わせを執行し、4月21日に仮契約を締結いたしております。


 なお、参考までに見積結果表を添付しておりますので、後ほどご清覧賜りますようお願い申し上げます。


 以上で、説明を終わります。


 よろしくご審議賜り、ご決定いただきますようお願いいたします。


○議長(盛 耕三君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 13番。


○13番(大川孝之君)


 これちょっとお聞きしたいんですけどね、新しいのを買ういうのはいいんですけれども、この前のやつですよね、これはポンプを直して、そんなに年数たってないんですよね、前の車種が。ほんで、これ前のポンプの直したのが百何十万かかかっているとは思うんですけれども、それを早急に、またね、新しい部分にかえると。


 ほんで、これのどういうものかいうのはよくわからないですけど、もとある部分はどっかに入札してでも落とすんかな、そのまま廃車ですか、そこら辺をちょっと教えてほしいんですけど。


○議長(盛 耕三君)


 企画管理部参事。


○企画管理部参事(森川順天君)


 今、ありますポンプ自動車といいますか、水槽つきは平成3年度購入ということで、20年度の9月の議会でお願いいたしましてですね、147万6,825円ということで修繕をさせていただいています。


 今回、その車が18年たっておりまして、今まで修繕という形でやっておりましたんですけど、耐用年数も大分過ぎております。今回、新しく水槽付ポンプ自動車を購入させていただくといいましても、12月に入ってくるということでございますので、1年半ほど安全・安心をするというようなことになりますので、そういうことでご了解いただければというふうに思います。


 それから、古い方の水槽付の消防自動車につきましては、見積もり合わせで売却の予定をしたいというように考えておりますので、ご了解願いたいと思います。


 以上でございます。


○議長(盛 耕三君)


 13番。


○13番(大川孝之君)


 というのはね、こうして出てくるのはいいんですけど、財産をどういうふうな形で売るのかとか、そういうような部分までやっぱりきちっと考えられてしていただきたいというのと、それと147万ですか、かけてね、ほん最近に直したということなんですけどね、ポンプいうものはそんなに早く傷むもんですか。ほかなんか、水道なんかでもポンプをたくさん使っているんですけど、これは10年、20年というね、あたりでめげるようなポンプいうのは少ないですけど、消防車いうのはすぐめげるんかな。


○議長(盛 耕三君)


 消防長。


○消防長(田中耕作君)


 ご質問の内容ですけども、ポンプがすぐに壊れるのかというような、そういうことはございません。適正に維持管理をしておりますので、めげるというようなことはめったにないんですけども、今回、昨年9月に補正していただいたときには、ポンプが回らなかったということで、今まで相生消防が始まって以来の、ポンプが動かなくなったいうのは初めての経験でして、その車がなかったら消火活動ができませんので、緊急にお願いをして修理をさせていただきました。動かなくなったというのは、何回も言いますけども、初めての経験でございます。


 以上です。


○議長(盛 耕三君)


 13番。


○13番(大川孝之君)


 だから、直すんなら直す、買うんなら買うね、どちらかにまとめていただけた方が、直してすぐに購入というのがね、余り見られないことではないかな。直したんならね、それはある程度何年かもつんでしたら、そのもった部分いうものをね、結局147万も出して直したんなら、もう少しもたせていただけたらなと。だから、もったいない。直して、また新しいの買うんですいうんなら、もう少し時期的なものを考えるべきではなかったのかなと思うんですけど、いかがですか。


○議長(盛 耕三君)


 企画管理部長。


○企画管理部長(瀬川英臣君)


 今回、車両購入に当たってですね、当然そういった話も出てくるというふうには思ったわけですけども、実はこれ地域活性化・生活対策の臨時交付金事業として計画をさせていただきました。当然、そういった事業カルテがなければですね、やはり考え方としては、もう少し使いたいなということだったんだろうと思います。


 今回、いずれにいたしましても、前回20年の9月の補正のときにもご説明をさせていただきましたけれども、とにかく緊急性を要する、本部の中心となる部分でございますので、緊急性を要するということで、追加議案として、この部分については出させていただいた経過もございます。


 当然、今後のこともございますけれども、やはりそういった経過年数なり、また今後の使用ベースというのは十分に踏まえる中で、やはり二重投資にならないような形で、やはり機器更新に当たってはですね、当然考えていく必要があるというふうに思ってございますので、ご理解をいただきたいというふうに思います。


○13番(大川孝之君)


 議長。


○議長(盛 耕三君)


 もう3回目ですので。


○13番(大川孝之君)


 いやいや要望ですわ。


○議長(盛 耕三君)


 いや質疑なので、要望はありません。


 ほかに質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第35号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第35号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第35号、市有財産の取得についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第35号、市有財産の取得については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第8、議第36号、平成21年度相生市一般会計補正予算を議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画管理部参事。


○企画管理部参事(森川順天君)


 議第36号、平成21年度相生市一般会計補正予算(第1号)につきまして、提案理由及び内容のご説明を申し上げます。


 議案参考資料19ページもあわせてご清覧願います。


 それでは、議案1ページをお開き願います。


 平成21年度相生市一般会計補正予算(第1号)は、第1条に掲げておりますとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,290万円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ115億9,290万円とするもので、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額及び補正後の歳入歳出の金額は、第1表「歳入歳出予算補正」によるものでございます。


 今回の補正につきましては、本年1月27日に国の第2次補正予算が成立し、3月4日に関連法案が成立したことを受け、国において創設された緊急雇用創出事業交付金及びふるさと雇用再生特別交付金に基づき、兵庫県において基金が造成され、この基金を財源として、非正規労働者等の一時的な雇用・就業機会の創出、安定的な雇用機会の創出を図る事業を実施する経費について、補正を行うものでございます。


 それでは、第1条、歳入歳出予算の補正の内容につきまして、ご説明申し上げます。


 説明の都合上、歳出から説明させていただきます。


 6ページをお開き願います。


 25款労働費、5目労働諸費、1,290万円の追加でございますが、13節委託料において、緊急雇用就業機会創出基金事業に係る公園施設美化推進事業及び観光地等美化推進事業の業務委託料で518万2,000円、ふるさと雇用再生基金事業に係る地域福祉コーディネーター設置事業、矢野地区魅力向上推進事業及び学校図書館活性化事業の業務委託料で682万3,000円、その他、緊急雇用就業機会創出基金事業に係る食育推進計画策定事業に要する臨時職員雇用経費として、4節共済費及び7節賃金をそれぞれ計上したものでございます。


 続きまして、歳入の説明に入らせていただきます。


 5ページでございますが、55款県支出金、20目労働費県補助金、1,290万円は、歳出予算で説明を申し上げました緊急雇用就業機会創出基金事業及びふるさと雇用再生基金事業費の全額を特定財源として、県補助金の緊急雇用就業機会創出基金事業補助金及びふるさと雇用再生基金事業補助金を計上させていただいたものでございます。


 以上で説明を終わります。


 よろしくご審議賜り、ご決定いただきますよう、お願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 10番。


○10番(岩崎 修君)


 このたびの補正はですね、非常に厳しい雇用情勢の中で、新たに基金事業ということで2事業が取り組まれるわけですが、そこで緊急雇用就業機会創出基金事業の2事業、委託の事業ですね、2事業及びふるさと雇用再生基金事業の3事業の委託、それぞれの委託先を教えてください。予定されておる委託先ですね。


 それから、それぞれの雇用期間です。緊急雇用就業機会創出基金事業は、原則6カ月未満となってますが、どれくらいの期間を予定されておるのか。ふるさと雇用再生基金事業は、更新可能な原則1年以上の雇用ということですが、どの程度の雇用期間を予定されておるのか、それぞれお聞かせください。


○議長(盛 耕三君)


 市民福祉部参事。


○市民福祉部参事(河上克彦君)


 1点目の緊急雇用就業機会創出基金事業におけます雇用の期間でございますが、6カ月を予定いたしております。


 それから、ちょっと質問と前後しますが、2番目のふるさと雇用再生基金事業における地域福祉コーディネーター設置事業の委託先でございますが、相生市社会福祉協議会を予定いたしてございます。


 期間は、予算が成立いたしましたら、今年度、それから22年度、23年度の3カ年を予定しているところでございます。


 福祉関係は、以上です。


○議長(盛 耕三君)


 建設経済環境部長。


○建設経済環境部長(山本英未君)


 公園施設美化推進事業ということで、委託先はシルバー人材センターを予定しております。予算成立後、特に対応させていただきたいと思っております。


 それから、観光の関係の委託でありますが、相生市森林組合を予定しております。これは、6カ月未満ということなので、6カ月間雇用していきたいと思っております。


 以上でございます。


○議長(盛 耕三君)


 教育次長。


○教育次長(浅井昌平君)


 失礼します。


 学校図書館活性化事業につきましては、想定でございますが、委託先は、現在、学校で読み聞かせのボランティアの方がおられます。その団体を想定いたしております。


 期間につきましては、3年でございます。


 以上でございます。


○議長(盛 耕三君)


 建設経済環境部参事。


○建設経済環境部参事(川端浩司君)


 一つ抜けておりました。ふるさと雇用再生基金事業の中の矢野地区魅力向上推進事業でございます。これにつきましては、相生市立羅漢の里、それから、ふるさと交流館の指定管理者でございます相生市森林組合に委託を考えております。


 以上でございます。


○議長(盛 耕三君)


 10番。


○10番(岩崎 修君)


 特にですね、委託先で学校図書館活性化事業については、かなりこれ専門的な知識、経験等も必要かと思うんですが、今、お伺いしますと、読み聞かせを現在行っているような団体に委託をしたいということですが、将来的な方向も含めてですね、そこら辺、どのように取り組まれるのか、お聞かせ願います。


○議長(盛 耕三君)


 教育次長。


○教育次長(浅井昌平君)


 現在、読み聞かせをしていただいている方はボランティアで、全くそういった司書の経験はございません。ただ、各学校には司書の教諭がおりますので、その指導のもとに進めていくというふうに考えてございます。


 現在、読み聞かせの事業をボランティアでやっていただいておりますが、期間が3年間ございますので、学校図書館の活性化という部分について、できるだけ深くかかわっていただけるように持っていけたらなというふうに考えてございます。あくまで想定ではございます。


 以上でございます。


○議長(盛 耕三君)


 10番。


○10番(岩崎 修君)


 それでは、ふるさと雇用再生基金事業ですが、これは継続的な雇用機会を創出するという目的のもとに行われるようで、現在のところ23年度までの3カ年の事業ということでありますが、継続的なということでありますので、この3年間、それ以降も含めてですね、今、挙げられております3事業の将来的な取り組みをどのように、継続して取り組まれるおつもりなのかどうか、そこら辺も含めてお答え願います。


○議長(盛 耕三君)


 市民福祉部参事。


○市民福祉部参事(河上克彦君)


 地域福祉コーディネーター設置事業についてでございますが、予算の編成時にいろいろ関係、福祉協議会の方でございますが、協議した中で、県の社協の方から地域福祉コーディネーターの設置については、かなり要請がございました。そういったことも踏まえて、今回、補正予算として継続していただいてございますが、23年度以降については、まだ市の社協の方との協議が成立してございませんが、福祉の向上を目的とする観点から、継続的な設置をということは要望しておりますが、結論に至っていません。


 以上です。


○議長(盛 耕三君)


 建設経済環境部参事。


○建設経済環境部参事(川端浩司君)


 矢野地区の魅力向上推進事業でございますけども、これにつきましては、その他の経費の中でですね、観光マップの作成とか、それから案内看板、これの作成を考えております。これにつきましても、観光の向上ということを図っていきたいと考えております。


 それで、その3年後でございますけども、当該事業といたしまして、三濃山のハイキングコースの整備という委託料をいただいております。それにかかわります、重複しないような格好で、この3年間をやっていって、後、利用したいというふうに考えております。


○議長(盛 耕三君)


 教育次長。


○教育次長(浅井昌平君)


 学校図書館につきましては、3年間、とりあえずやっていただいて、その後でございますが、学校図書館の充実、これは国語力のアップということも兼ね備えておりますので、できればそのまま雇用していければよろしいんですけれども、何さま補助等ございませんので、単費になりますので、とりあえず3年間の推移を見守った上で判断したいと、このように考えてございます。


 以上でございます。


○議長(盛 耕三君)


 ほかに質疑はありませんか。


 4番。


○4番(後田正信君)


 ふるさと雇用再生基金の、その学校図書館の活性化事業なんですが、今まで読み聞かせボランティアでやっていらっしゃるところにですね、こういう形で委託をするということでおっしゃいましたが、無償でボランティアでやっていただいているわけですから、それは理解するんですが、さらにこの学校図書を充実していくためにもですね、やはりもう1人別枠でですね、やはりボランティアじゃなくて、しっかりと専門的知識を持った方をですね、とりあえずどこかのモデル的学校となってもいいですから、雇うというふうな考えはなかったんでしょうか。


○議長(盛 耕三君)


 教育次長。


○教育次長(浅井昌平君)


 先ほどもちょっと答弁させていただきましたように、各学校には司書の専門の先生がいらっしゃいます。ですから、その先生の指導のもとに、この事業を進めていきたいと、そのように考えてございます。


 それと、以前、ご質問いただいたこともございますが、現在、学校図書館の図書がきっちりとした分類ができておりません。また、傷んでいるものもございます。そういったものをまずきっちりと整えたいと、そのように考えてございます。それと、読み聞かせのボランティアの事業は、また並行して当然していただこうというふうには考えてございます。


 以上でございます。


○議長(盛 耕三君)


 4番。


○4番(後田正信君)


 読み聞かせのボランティアの方には、学校のPTAとして読み聞かせをしているという学校もございます。PTAの方に、そのお金がですね、入るというか、なるんだとは思うんですが、その学校の司書ですか、そういう方々がいても、やはりなかなか回ってない現状があると。それを補助するために、もう一度、さらに図書の整理をするというふうにおっしゃいましたが、やはり現実、まだまだ学校の先生の状況がまだ改善されていないんではないかなと思いますので、やはりもうちょっと、できたら別枠で、別枠でというか、そういう専門的な知識の方を、もう1人でも入れていただいて進めていただけたらなと思います。


 一応、要望でございます。


○議長(盛 耕三君)


 ほかに質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第36号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第36号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第36号、平成21年度相生市一般会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第36号、平成21年度相生市一般会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。


 ここで、議長交代のため暫時休憩をいたします。そのままお待ちください。


              (休憩 午前11時21分)


              (再開 午前11時21分)


○副議長(柴田和夫君)


 休憩前に引き続いて本会議を再開いたします。


 ただいま、議長、盛 耕三君から議長を辞職したい旨の願い出がありました。日程第9、市議第1号、相生市議会議長の辞職についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 盛 耕三君の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(柴田和夫君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、盛 耕三君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。


 この際、盛 耕三君より退任のごあいさつがあります。


○議長(盛 耕三君)


 お許しをいただきましたので、議長退任に当たりまして、一言お礼を申し上げます。


 咋年5月の臨時議会におきまして、相生市議会議長に選出いただきましてから一年間、議員各位に大変ご協力を賜りまして、この重責を全うすることができました。心より感謝を申し上げます。


 この一年間を振り返って、特に印象に残っておりますことは、市民病院の経営状況についての議論をしていただいたこと、及び、上郡町から再び提起された合併について、真摯な議論をしていただき対処をしたことであります。


 また、めぐり合わせではありましたが、四つの全国組織の委員や理事などに任じられました。中でも、全国市議会議長会の産業経済委員会副委員長の重責を仰せつかり、政府の関係省庁に対し要望活動を行ってまいりましたことなどは、大変貴重な体験をさせていただいたと、感謝をいたしております。


 結びとなりますが、私が申し上げるまでもなく、当市を取り巻く環境は、ますます厳しさを増しております。「うらを見せ おもてを見せて 散るもみじ」、この句を詠んだ良寛の境地に少しでも近づくことができますよう願いながら、今後は、私、一議員として、住みよい相生市の実現を目指して一歩ずつ歩んでまいりますので、変わらぬ御交誼を賜りますことをよろしくお願い申し上げます。なかなか意を尽くし切れませんが、退任に当たってのお礼のごあいさつといたします。


 まことにありがとうございました。


                                       (拍手)


○副議長(柴田和夫君)


 ごあいさつは終わりました。


 お断りいたします。


 引き続いて役員改選を行いますが、特に関係者以外の説明の方々については、退席し、連絡のあるまで自席待機していただきたく存じますので、ご了承願います。


 関係者以外、退席のため暫時休憩いたします。


              (休憩 午前11時23分)


              (再開 午前11時23分)


○副議長(柴田和夫君)


 休憩を解き本会議を再開いたします。





○副議長(柴田和夫君)


 日程第10、選挙第1号、相生市議会議長の選挙についてであります。


 これより、議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 議長選挙の方法は、地方自治法第118条第1項の規定による単記無記名投票によるべきか、あるいは、同条第2項の規定による指名推選によるべきか、いずれによるべきかご意見をお伺いいたします。


 なお、指名推選によることのできる場合は、(1)指名推選の方法を用いることについて、(2)指名の方法について、(3)被指名人を当選人とすることについて、以上3点について、それぞれの段階で全員異議のない場合のみ指名推選によることができることになっておりますので、参考のため申し添えておきます。


 選挙の方法について、ご意見はありませんか。


 奥本議員。


○12番(奥本巳千雄君)


 単記無記名投票でお願いいたします。


○副議長(柴田和夫君)


 ほかにご意見はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(柴田和夫君)


 ただいま、投票によるべきだという意見でありますので、選挙の方法は投票によることに決定いたします。


 この際、本会議を休憩して協議会を開きます。


              (休憩 午前11時25分)


              (再開 午前11時54分)


○副議長(柴田和夫君)


 本会議を再開いたします。


 ただいまから投票を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


     (議 場 閉 鎖)


○副議長(柴田和夫君)


 事務局長をして、ただいまの出席議員数を発表いたさせます。


 局長。


○事務局長(河合優介君)


 ただいまの出席議員数は、16名でございます。


 以上でございます。


○副議長(柴田和夫君)


 投票箱を改めさせます。


      (投票箱 点検)


○副議長(柴田和夫君)


 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 事務局長の点呼に応じて、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次、投票をお願いします。


 点呼を命じます。


 局長。


      (点呼 投票)


○事務局長(河合優介君)


 それでは、点呼をとります。


 1番、宮艸真木さん、2番、土井本子さん、3番、豆鞘宏重さん、4番、後田正信さん、5番、渡邊慎治さん、6番、前川郁典さん、7番、阪口正哉さん、8番、三浦隆利さん、9番、盛 耕三さん、10番、岩崎 修さん、11番、吉田政男さん、12番、奥本巳千雄さん、13番、大川孝之さん、14番、角石茂美さん、15番、楠田道雄さん、16番、柴田和夫さん。


○副議長(柴田和夫君)


 投票漏れはありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(柴田和夫君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


     (議 場 開 鎖)


○副議長(柴田和夫君)


 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、4番、後田正信君、13番、大川孝之君を指名いたします。


 よって、両名の立ち会いをお願いいたします。


       (開  票)


○副議長(柴田和夫君)


 事務局長をして、選挙の結果を報告いたさせます。


 事務局長。


○事務局長(河合優介君)


 それでは、議長選挙の結果を御報告申し上げます。


 投票総数16票。これは、先ほどの出席議員数に符合をいたしてございます。そのうち、有効投票16票、無効投票ゼロ票でございます。有効投票中、吉田政男さん8票、楠田道雄さん7票、岩崎 修さん1票でございます。


 なお、この選挙の法定得票数は4票でございます。


 以上でございます。


○副議長(柴田和夫君)


 ただいまの報告のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は、4票であります。


 よって、吉田政男君が議長に当選されました。


 吉田政男君が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 この際、議長に当選されました吉田政男君のごあいさつがございます。


 11番。


○11番(吉田政男君)


 ただいまは、議員各位のご支援をいただきまして、名誉ある相生市の議長に就任させていただきました。


 先ほど所信の中で申しました事項について、一つずつ着実に進めてまいりたいと存じておりますので、今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いいたしまして、ごあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


                                       (拍手)


○副議長(柴田和夫君)


 議長が決定いたしましたので、私の職務は終了いたしました。


 議事進行にご協力いただきましたことを感謝申し上げます。


 それでは、議長と交代のため暫時休憩いたします。


              (休憩 午後 0時01分)


              (再開 午後 0時01分)


○議長(吉田政男君)


 休憩前に引き続いて本会議を開きます。


 午後1時まで休憩いたします。


              (休憩 午後 0時01分)


              (再開 午後 1時00分)


○議長(吉田政男君)


 休憩を解き本会議を再開いたします。





○議長(吉田政男君)


 ただいま、副議長、柴田和夫君から副議長を辞職したい旨の願い出がありました。日程第11、市議第2号の相生市議会副議長の辞職についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 柴田和夫君の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、柴田和夫君の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。


 この際、柴田和夫より退任のごあいさつがあります。


○副議長(柴田和夫君)


 お許しを得ましたので、一言お礼のごあいさつをさせていただきます。


 この一年間、副議長として皆様の協力のおかげで、その職務を全うすることができました。ありがとうございました。


 これをもって、退任のあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


                                       (拍手)


○議長(吉田政男君)


 ごあいさつは終わりました。





○議長(吉田政男君)


 日程第12、選挙第2号、相生市議会副議長の選挙についてであります。


 これより、副議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 副議長選挙の方法は、議長の選挙の例に倣い、投票によることといたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認め、選挙の方法は投票によることに決定いたしました。


 この際、本会議を休憩して協議会を開きます。


              (休憩 午後 1時02分)


              (再開 午後 1時20分)


○議長(吉田政男君)


 本会議を再開いたします。


 ただいまから投票を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


                (議 場 閉 鎖)


○議長(吉田政男君)


 事務局長をして、ただいまの出席議員数を発表いたさせます。


○事務局長(河合優介君)


 ただいまの出席議員数は、16名でございます。


 以上でございます。


○議長(吉田政男君)


 投票箱を改めさせます。


                 (投票箱 点検)


○議長(吉田政男君)


 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 事務局長の点呼に応じて、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次、投票をお願いします。


 点呼を命じます。


                 (点呼 投票)


○事務局長(河合優介君)


 それでは、点呼をとります。


 1番、宮艸真木さん、2番、土井本子さん、3番、豆鞘宏重さん、4番、後田正信さん、5番、渡邊慎治さん、6番、前川郁典さん、7番、阪口正哉さん、8番、三浦隆利さん、9番、盛 耕三さん、10番、岩崎 修さん、12番、奥本巳千雄さん、13番、大川孝之さん、14番、角石茂美さん、15番、楠田道雄さん、16番、柴田和夫さん、11番、吉田政男さん。


○議長(吉田政男君)


 投票漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                (議 場 開 鎖)


○議長(吉田政男君)


 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、3番、豆鞘宏重君、5番、渡邊慎治君を指名いたします。


 よって、両君の立ち会いをお願いいたします。


                  (開  票)


○議長(吉田政男君)


 事務局長をして、選挙の結果を報告いたさせます。


 事務局長。


○事務局長(河合優介君)


 それでは、副議長選挙の結果をご報告申し上げます。


 投票総数16票。これは、先ほどの出席議員数に符号をいたしてございます。そのうち、有効投票16票、無効投票ゼロ票でございます。有効投票中、大川孝之さん8票、楠田道雄さん7票、岩崎 修さん1票でございます。


 なお、この選挙の法定得票数は4票でございます。


 以上でございます。


○議長(吉田政男君)


 ただいまの報告のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は、4票であります。


 よって、大川孝之君が副議長に当選されました。


 大川孝之君が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。


 この際、副議長に当選されました大川孝之君のごあいさつがございます。


 13番。


○13番(大川孝之君)


 ありがとうございました。私の持てる力を十分に発揮しながら、議長と相談をしながら相生市議会がまとまっていけるように頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。


 どうもありがとうございました。


                                       (拍手)


○議長(吉田政男君)


 副議長のあいさつは、終わりました。


 この際、本会議を休憩いたします。


              (休憩 午後 1時30分)


              (再開 午後 2時00分)


○議長(吉田政男君)


 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。





○議長(吉田政男君)


 日程第13、議第37号、監査委員の選任についてを議題といたします。


 三浦隆利君の退席を求めます。


    (三浦隆利議員 退席)


○議長(吉田政男君)


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第37号、監査委員の選任について、提案理由のご説明を申し上げます。


 市議会議員の中から選任の監査委員、吉田政男さんが本日辞任をされました。つきましては、その後任に三浦隆利さんを選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、市議会のご同意をお願いいたすものでございます。


 何とぞ、ご同意賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(吉田政男君)


 提案理由の説明は、終わりました。


 お諮りいたします。


 本案は人事案件でありますので、質疑から討論までの議事を省略し、直ちに表決に入りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。


 これより表決に入ります。


 本案については、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、議第37号、監査委員の選任については、原案のとおり同意することに決定いたしました。


 三浦隆利君の着席を求めます。


    (三浦隆利議員 着席)





○議長(吉田政男君)


 日程第14、市議第3号、相生市議会議会運営委員会の委員の選任についてを議題といたします。


 議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、2番、土井本子さん、5番、渡邊慎治君、6番、前川郁典君、8番、三浦隆利君、9番、盛 耕三君、16番、柴田和夫君、以上の6名を議会運営委員に指名いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました6名の諸君を議会運営委員に選任することに決定いたしました。





○議長(吉田政男君)


 日程第15、市議第4号、相生市議会常任委員会の委員の選任についてから、日程第17、選挙第4号、赤相農業共済事務組合議会議員の選挙についてまでの3議案を一括議題といたします。


 この際、本会議を暫時休憩します。


              (休憩 午後 2時05分)


              (再開 午後 3時16分)


○議長(吉田政男君)


 本会議を再開いたします。


 事務局長。


○事務局長(河合優介君)


 ご報告申し上げます。


 市議第4号、相生市議会常任委員会の委員の選任に関しまして。


 まず、総務文教常任委員会でございますが、委員長に後田正信さん、副委員長に盛 耕三さん。委員に、宮艸真木さん、豆鞘宏重さん、三浦隆利さん、奥本巳千雄さん、大川孝之さん、柴田和夫さんの8名でございます。


 次に、民生建設常任委員会でございますが、委員長に渡邊慎治さん、副委員長に角石茂美さん。委員に、土井本子さん、前川郁典さん、阪口正哉さん、岩崎 修さん、吉田政男さん、楠田道雄さんの8名でございます。


 次に、選挙第3号、西播磨水道企業団議会議員の選挙についてでございますが、議員に、豆鞘宏重さん、後田正信さん、吉田政男さん、奥本巳千雄さん、大川孝之さん、角石茂美さん、柴田和夫さんの7名でございます。


 次に、選挙第4号、赤相農業共済事務組合議会議員の選挙についてでございますが、議員に、大川孝之さん、渡邊慎治さんの2名を選任予定といたしてございます。


 なお、市議第3号の相生市議会議会運営委員会委員長に前川郁典さん、副委員長に渡邊慎治さんを選任をいたしてございます。


 その他各種委員につきましては、お手元にお配りをいたしてございます一覧表のとおりでございますので、ご清覧願います。


 以上でございます


○議長(吉田政男君)


 お諮りいたします。


 上程中の常任委員会委員の選任及び選挙等については、先ほど発表いたしましたとおり、選任及び選挙等いたすことにご異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。


 当選された方々は、本席から会議規則の規定により当選の告知をいたします。


 なお、その他の各種委員につきましては、お手元に配付いたしております一覧表のとおりであります。


 ご了承願います。


 お諮りいたします。


 今期臨時市議会に付議されました案件の審議は、すべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吉田政男君)


 ご異議なしと認めます。


 よって、平成21年第3回相生市議会臨時会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。


 この際、市長のあいさつがあります。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 本日は、慎重なるご審議を賜り、それぞれ適切なご決定をいただきまして、まことにありがとうございました。厚くお礼を申し上げます。


 また、本臨時市議会では、正副議長を初め各常任委員会の委員など、市議会の新たな構成も決まり、まことにご同慶に存じます。今後、何かとお世話になることと存じますが、変わらぬご指導、ご支援をいただきますよう、ひとえにお願いを申し上げます。


 さて、来る5月30日、31日のペーロン祭は、前夜祭の花火大会を皮切りに、翌日の海上ペーロン競漕、陸上パレード、カーニバル、その他協賛行事など、工夫を重ねながら多彩な催しを計画しております。議員の皆様にも種々ご苦労をおかけいたしますが、どうかお楽しみいただきながらのご参加をお願い申し上げます。


 また、6月12日には、今年度から復活をいたしました中学生ペーロン大会を開催いたします。本市の将来を担う中学生たちによる、激しく、また楽しいレースが繰り広げられるものと期待をいたしております。


 青葉・若葉に包まれた、すがすがしい季節を迎えております。議員各位には、より一層ご健勝で御活躍いただきますようご祈念いたしまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。


 まことにありがとうございました。


○議長(吉田政男君)


 終わりに当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 長時間にわたり、慎重審議いただきまして、まことにありがとうございました。まだまだ寒暖の差の激しい時期が続きます。各議員におかれましては、ご自愛いただきますようお願い申し上げます。


 以上をもって散会いたします。


 ありがとうございました。


   (閉会 午後 3時20分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成  年  月  日


      相生市議会議長   盛   耕 三


      新相生市議会議長  吉 田 政 男


      相生市議会副議長  柴 田 和 夫


      新相生市議会副議長 大 川 孝 之


      署名議員      豆 鞘 宏 重


      署名議員      後 田 正 信