議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 相生市

平成20年第4回定例会(第3号 9月19日)




平成20年第4回定例会(第3号 9月19日)




          平成20年第4回相生市議会定例会


              議事日程表(第3号)





                   平成20年9月19日  午前9時30分 開議


                   おいて            相生市役所議場





(順序)(日程)


  1       再    開


  2       開議宣告


  3   1   会議録署名議員の指名


  4       諸報告


          (1)出席議員数の報告


          (2)欠席議員の届出報告


          (3)その他


  5   2   議会運営委員長報告


      3   議第55号 平成20年度相生市一般会計補正予算


  6        民生建設常任委員会審査結果報告書


           総務文教常任委員会審査結果報告書


  7   4   議第56号 平成20年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


  8   5   議第57号 平成20年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


  9   6   議第58号 平成20年度相生市介護保険特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


 10   7   議第59号 教育委員会の委員の任命について


 11   8   議第60号 平成20年度相生市一般会計補正予算


 12   9   市議第6号 相生市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の


                一部を改正する条例の制定について


     10   市議第7号 相生市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改


                正する条例の制定について


 13  11   市議第8号 相生市議会会議規則の一部を改正する規則の制定につ


                いて


 14  12   請願第2号 被爆者の速やかな救済を求める意見書提出の件


           民生建設常任委員会審査結果報告書


 15  13   陳情第2号 自主共済制度の保険業法適用見直しを求める陳情


           民生建設常任委員会審査結果報告書


 16  14   意見書案第3号 消費者金融会社等に対する金融庁の適切な指導を


                  求める意見書の提出について


 17  15   意見書案第4号 被爆者の速やかな救済を求める意見書の提出につ


                  いて


 18  16   意見書案第5号 自主共済制度の保険業法適用見直しを求める意見


                  書の提出について


 19  17   議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について


 20  18   閉会宣告


 21       市長あいさつ


 22       散   会





本日の会議に付した事件





(日程)


  1  会議録署名議員の指名


  2  議会運営委員長報告


  3  議第 55号 平成20年度相生市一般会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  4  議第 56号 平成20年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  5  議第 57号 平成20年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  6  議第 58号 平成20年度相生市介護保険特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  7  議第59号 教育委員会の委員の任命について


  8  議第60号 平成20年度相生市一般会計補正予算


  9  市議第6号 相生市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正


           する条例の制定について


 10  市議第7号 相生市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例


           の制定について


 11  市議第8号 相生市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について


 12  請願第2号 被爆者の速やかな救済を求める意見書提出の件


      民生建設常任委員会審査結果報告書


 13  陳情第2号 自主共済制度の保険業法適用見直しを求める陳情


      民生建設常任委員会審査結果報告書


 14  意見書案第3号 消費者金融会社等に対する金融庁の適切な指導を求める意見


             書の提出について


 15  意見書案第4号 被爆者の速やかな救済を求める意見書の提出について


 16  意見書案第5号 自主共済制度の保険業法適用見直しを求める意見書の提出に


             ついて


 17  議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について





出席議員(16名)


   1番  宮 艸 真 木        2番  土 井 本 子





   3番  豆 鞘 宏 重        4番  後 田 正 信





   5番  渡 邊 慎 治        6番  前 川 郁 典





   7番  阪 口 正 哉        8番  三 浦 隆 利





   9番  盛   耕 三       10番  岩 崎   修





  11番  吉 田 政 男       12番  奥 本 巳千雄





  13番  大 川 孝 之       14番  角 石 茂 美





  15番  楠 田 道 雄       16番  柴 田 和 夫





欠席議員


       な     し





          平成20年第4回相生市議会定例会





    地方自治法第121条の規定により会議に出席する者の職・氏名





  市長              谷 口 芳 紀


  副市長             川 中 勝 己


  企画管理部長          瀬 川 英 臣


  市民福祉部長          丸 山 英 男


  建設経済環境部長        尾 ? 利 幸


  市民病院事務局長        北 岡 信 夫


  消防長             田 中 耕 作


  会計管理者           桶 本 和三郎


  企画管理部参事         山 田 三 郎


  企画管理部参事         小 西 由 洋


  市民福祉部参事         森 川 順 天


  建設経済環境部参事       東   弘 昌


  建設経済環境部参事       小 橋 輝 男


  企画広報課長          吉 岡 秀 記


  財政課長            河 上 克 彦


  税務課長            利 根 克 典


  市民課長            浅 井 昌 平


  まちづくり推進室長       富 山 恵 二


  社会福祉課長          水 原   至


  健康福祉課長          竹 内 繁 礼


  子育て支援室長         友 上 啓 子


  看護専門学校事務長       岡 野 耕 三


  建設管理課長          出 田 重 己


  建設課長            山 本 英 末


  産業振興課長          川 端 浩 司


  消防本部総務課長        山 本   渉


  消防課長            志 茂 敏 正


  予防課長            金 谷   篤


  総務課主幹           高 橋 直 樹


  財政課主幹           山 本 勝 義


  徴収対策室主幹         寺 田 正 章


  徴収対策室主幹         前 田 陵 行


  市民課主幹           式 庄 章 恵


  市民課主幹           横 家 みちよ


  社会福祉課主幹         小 橋 一 郎


  健康福祉課主幹         西 崎 健 一


  看護専門学校副校長       中 谷 幸 子


  建設管理課主幹         前 田   寿


  建設管理課主幹         山 崎 久 司


  建設課主幹           進 藤   清


  建設課主幹           福 田 孝 生


  建設課主幹           高 田 雅 仁


  産業振興課主幹         前 川 美 己


  産業振興課主幹         玉 田 直 人


  環境課主幹           坂 元   泉


  環境課主幹           岩 本 勝 行


  教育長             藤 岡 弘 司


  教育次長            綿 谷 利 章


  教育委員会参事         山 本 道 雄


  学校教育課長          板 脇 厚 生


  生涯学習課長          福 永   剛


  生涯学習課主幹         河 井 孝 幸


  体育振興課長          前 川 一 郎


  体育振興課主幹         岸 本 光 義


  人権教育推進室長        岸 本   健


  代表監査委員          竹 代 修 一


  監査事務局長          松 本 雅 弥


  公平委員会局長         松 本 雅 弥


  農業委員会事務局長       濱 田 良 一


  選挙管理委員会事務局長     土 井 正 三





事務局職員出席者


   議会事務局長         河 合 優 介


   議会事務局次長        小 田 恵 子


   議会事務局副主幹       越 智 俊 之





     (再開 午前9時40分)


○議長(盛 耕三君)


 ただいまから本会議を再開いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 これより日程に入ります。





○議長(盛 耕三君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、14番、角石茂美君、15番、楠田道雄君を指名いたします。


 よろしくお願いいたします。


 次に、事務局長から諸般の報告をいたします。


 事務局長。


○事務局長(河合優介君)


 御報告申し上げます。


 ただいま出席されております議員数は、16名でございます。


 諸般の報告は、以上でございます。





○議長(盛 耕三君)


 日程第2、この際、議会運営委員会委員長の報告を受けたいと思います。


 14番、角石茂美君。


○14番(議会運営委員会委員長 角石茂美君)


 おはようございます。


 報告申し上げます。


 市長より、今期定例市議会の追加議案として、議第60号、相生市一般会計補正予算が議長に提出されました。この取り扱いについて、議長より協議依頼がありましたので、本日、議会運営委員会を開催し御協議願いました。


 協議の結果は、まず、休会中に委員会に付託しておりました議案に対する審査の結果報告を各委員長から受け、その議決をお願いした後、今期定例市議会の初日に報告いたしました人事案件について御審議願い、その後、この追加議案並びに市議会提出議案について順次御審議を願い、いずれも即決でお願いし、すべての議案の議了をもって、本日、今期定例市議会を閉会することといたしております。


 なお、本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしております議事日程表により進めていくことといたしておりますので、議員各位の御理解と御協力をお願い申し上げまして、議会運営委員長の報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願いいたします。


○議長(盛 耕三君)


 議会運営委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの報告のとおり取り扱うことにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認め、さよう決定いたします。





○議長(盛 耕三君)


 日程第3、議第55号、平成20年度相生市一般会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、各常任委員会委員長より報告を求めます。


 まず、民生建設常任委員会委員長より報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、8番、三浦隆利君。


○8番(民生建設常任委員会委員長 三浦隆利君)


 民生建設常任委員会に分割付託されました議第55号、平成20年度相生市一般会計補正予算につきましては、去る9月11日に委員会を開催し、審査いたしました。審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりますので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 これをもって、民生建設常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 次に、総務文教常任委員会委員長より報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、6番、前川郁典君。


○6番(総務文教常任委員会委員長 前川郁典君)


 おはようございます。


 総務文教常任委員会に分割付託されました議第55号、平成20年度相生市一般会計補正予算、第1条、歳入歳出予算補正のうち、歳入全般及び歳出中、当委員会に付託されました所管事項につきましては、去る9月12日に委員会を開催し、審査をいたしました。審査の結果は、原案可決であります。


 審査の概要でありますが、本会議におきまして提案理由の説明を詳細に受けておりましたので、説明を省略し直ちに審査に入りました。


 委員より、10款総務費、5目一般管理費のふるさと応援基金積立金に関連し、寄附者の状況として、市内・市外の分析はどのようになっているのか、当初目標額の達成見込みはどのようなものか、近隣市町の動向はどのようになっているのかとの質問に対し、理事者より、本年7月末現在で112件であり、市内の寄附者が69件で274万5,000円、市外の寄附者が43件で140万7,000円となっている。また、当初の目標額500万円は達成できると見込んでいる。


 一方、近隣市町の動向については、兵庫県が8月末現在での状況を公表しており、それによると、件数では、相生市が119件で県下第1位、香美町が88件で第2位となっている。金額では、西宮市が2,000万円を超えて第1位となっており、相生市は第2位である。また、赤穂市は15件で215万8,000円で、たつの市は制度が未整備であり、該当がないとの説明がありました。


 次に、委員より、7目市長選挙費の職員手当等373万円の減額内容はどのようになっているのかとの質問に対し、理事者より、職員手当等の主なものは、投開票従事等に係る手当で、投票事務分として140人、1人5時間、1時間単位2,300円で積算し、162万5,000円を予定し、開票事務分として120人が2時間30分から3時間30分従事するものとし、86万円を予定し、その他投票所の設置や期日前投票従事などを含め375万円を計上していたが、実際に執行したのは、告示日における応援職員の時間外勤務手当等2万円で、373万円の執行残となったとの説明がありました。


 次に、委員より、50款教育費、5目学校教育費の設計管理費委託料1,000万円の追加補正は、耐震化対策としての国の補助率が引き上げられることを受け、小学校体育館の整備に対応しようとするものなのかとの質問に対し、理事者より、今回の追加補正は、Is値0.3未満の建物について、国の有利な制度を受けて、小学校3校の体育館改修に係る実施計画委託料を計上したものであるとの説明がありました。


 以上のような質疑を経て、本件につきましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 これをもって、総務文教常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議第55号、平成20年度相生市一般会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第55号、平成20年度相生市一般会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第4、議第56号、平成20年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、8番、三浦隆利君。


○8番(民生建設常任委員会委員長 三浦隆利君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第56号、平成20年度相生市国民健康保険特別会計補正予算につきましては、去る9月11日、委員会を開催し、審査いたしました。審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりますので、説明を省略し直ちに質疑に入りました。


 委員からは、特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議第56号、平成20年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第56号、平成20年度相生市国民健康保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第5、議第57号、平成20年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、8番、三浦隆利君。


○8番(民生建設常任委員会委員長 三浦隆利君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第57号、平成20年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算につきましては、去る9月11日、委員会を開催し、審査いたしました。審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりますので、説明を省略し直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議第57号、平成20年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第57号、平成20年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程6第、議第58号、平成20年度相生市介護保険特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、8番、三浦隆利君。


○8番(民生建設常任委員会委員長 三浦隆利君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第58号、平成20年度相生市介護保険特別会計補正予算につきましては、去る9月11日、委員会を開催し、審査いたしました。審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要につきまして御報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりますので、説明を省略し直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議第58号、平成20年度相生市介護保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第58号、平成20年度相生市介護保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第7、議第59号、教育委員会の委員の任命についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第59号、教育委員会の委員の任命について、提案理由の御説明を申し上げます。


 相生市教育委員会の委員、山本綾子さん及び武本 尚さんは、いずれも本年10月3日をもって、その任期が満了いたします。


 つきましては、ヤマモトアヤコさん及びタケモトタカシさんを再任いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、市議会の御同意をお願いいたすものでございます。


 なお、御参考までに本人の略歴を添付いたしております。何とぞ御同意を賜りますよう、お願いを申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第59号については、委員会付託及び討論を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第59号、教育委員会の委員の任命についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第59号、教育委員会の委員の任命については、原案のとおり同意する決定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第8、議第60号、平成20年度相生市一般会計補正予算を議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 企画管理部長。


○企画管理部長(瀬川英臣君)


 議第60号、平成20年度相生市一般会計補正予算(第3号)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 1ページをお開き願います。


 平成20年度相生市一般会計補正予算(第3号)は、第1条に定めておりますとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ150万円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ119億1,765万3,000円とするもので、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表「歳入歳出予算補正」によるものでございます。


 今回の補正につきましては、消防本部所管の水槽つき消防ポンプ自動車のポンプ等が故障し、早急に修繕が必要であることから、追加議案として補正計上させていただいたものでございます。


 それでは、第1条、歳入歳出予算の補正の内容につきまして御説明申し上げます。


 説明の都合上、歳出から説明させていただきます。


 6ページをお開き願います。


 45款消防費、5目常備消防費、11節需用費、150万円の追加につきましては、消火用の水を1.5トン積載し、初期消火、延焼防止に必要不可欠な水槽つき消防ポンプ自動車のポンプ等の修繕料を計上したものでございます。


 続きまして、歳入の説明に入らせていただきます。


 5ページをお開き願います。


 30款地方交付税、5目地方交付税、150万円の追加につきましては、普通交付税の7月算定の結果による1億252万4,000円の追加財源の一部を計上したものでございます。


 以上で説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議第60号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第60号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第60号、平成20年度相生市一般会計補正予算を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第60号、平成20年度相生市一般会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第9、市議第6号、相生市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び日程第10、市議第7号、相生市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定についての2議案を一括議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 14番、角石茂美君。


○14番(角石茂美君)


 一括上程されました市議第6号、相生市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び市議第7号、相生市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定についての2議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 両議案とも、地方自治法の一部を改正する法律が本年6月に公布されたことに伴い、本条例の一部を改正するものであります。


 改正の内容は、地方自治法の一部改正に伴う引用条項の整理と議員の報酬の名称を議員報酬に改めるものであります。また、あわせて期末手当の支給額を現行の支給額にあわせて明記するものであります。


 まず、相生市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、御説明を申し上げます。


 参考までに、新旧対照表を添付しておりますので、あわせて御清覧願います。


 それでは、条を追って御説明いたします。


 題名、第1条、第2条、第3条及び第5条中、報酬を議員報酬に改め、あわせまして、引用条項を整理しております。


 第5条、期末手当の額については、従来職員期末手当の支給額と同額を明記しており、勤勉手当相当額については、同条ただし書きにより予算の範囲内において増額することといたしたため、これを明記し、本来の支給額に改めるものであります。


 改正内容は、現行の6月支給額100分の140を100分の215に、12月支給額100分の160を100分の235に改めるものであります。


 なお、附則として、本条例は公布の日から施行するものであります。


 続きまして、相生市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。


 参考までに新旧対照表を添付しておりますので、あわせて御清覧願います。


 本条例の改正は、第1条中の引用条項の整理であります。


 なお、附則として、本条例は公布の日から施行するものであります。


 以上、まことに簡単ですが、提案理由の説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております市議第6号及び市議第7号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、市議第6号及び市議第7号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の市議第6号、相生市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び市議第7号、相生市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを一括採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、市議第6号、相生市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び市議第7号、相生市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定については、いずれも原案のとおり可決確定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第11、市議第8号、相生市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 14番、角石茂美君。


○14番(角石茂美君)


 市議第8号、相生市議会会議規則の一部を改正する規則の制定につきまして、提案理由の説明を申し上げます。


 本件は、地方自治法の一部を改正する法律が本年6月に公布されたことに伴い、本規則の一部を改正するものであります。


 改正の内容は、地方自治法の一部改正により、従来、議会活動の一環として開催しておりました議員全員協議会等の法律に根拠を持たない会議等を会議規則に規定することにより、正規の議会活動に位置づけられるようになったことに伴い、相生市議会会議規則において、当会議等を明記するための改正を行うものであります。


 参考までに新旧対照表を添付しておりますので、あわせて御清覧願います。


 それでは、条を追って御説明いたします。


 初めに、目次の改正であります。


 目次中、第6章の次に第7章として「協議又は調整を行うための場」を加え、現行の第7章及び第8章を1章ずつ繰り下げるものであります。


 次に、条文の改正ですが、第6章の次に新たに第7章、第159条として、「協議又は調整を行うための場」について定めるものであります。これに伴い、現行の第7章及び第8章を1章ずつ繰り下げ、第159条及び第160条も1条ずつ繰り下げるものであります。


 なお、あわせて引用条項を整理しております改正後の第159条ですが、地方自治法の改正により、新設された「第100条第12項の規定による議案の審査又は議会の運営に関し協議又は調整を行うための場」を別表のとおり設けることにするものであります。


 また、その協議の場の名称、目的、構成員等を明らかにし、別表以外で臨時に協議の場を設ける場合は議会の議決で決定することを定めるものであります。


 別表で定める協議の場は、議員全員協議会、代表者会議、議会報編集委員会の3会議とし、それぞれ設置目的、構成員等を定めております。


 なお、附則として、本条例は公布の日から施行するものであります。


 以上、まことに簡単ですが、提案理由の説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております市議第8号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、市議第8号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の市議第8号、相生市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、市議第8号、相生市議会会議規則の一部を改正する規則の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第12、請願第2号、被爆者の速やかな救済を求める意見書提出の件を議題といたします。


 本請願に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、8番、三浦隆利君。


○8番(民生建設常任委員会委員長 三浦隆利君)


 民生建設常任委員会に付託を受けておりました請願第2号、被爆者の速やかな救済を求める意見書提出の件につきましては、去る9月11日開催の委員会で審査をいたしましたので、その審査結果と概要について御報告を申し上げます。審査の結果は、採択すべきものであります。


 審査の概要でありますが、委員より、本請願については採択すべきであるとの意見があり、他の委員においても特に異論がなく、全会一致で採択すべきものと決した次第であります。


 以上、まことに簡単でございますが、民生建設常任委員会審査結果の御報告を終わらさせていただきます。


 よろしく御審議賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、請願第2号、被爆者の速やかな救済を求める意見書提出の件を採決いたします。


 請願第2号に対する委員長の報告は、採択すべきものであります。


 お諮りいたします。


 請願第2号は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、請願第2号、被爆者の速やかな救済を求める意見書提出の件は、委員長の報告のとおり採択すべきものと決定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第13、陳情第2号、自主共済制度の保険業法適用見直しを求める陳情を議題といたします。


 本陳情に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、8番、三浦隆利君。


○8番(民生建設常任委員会委員長 三浦隆利君)


 民生建設常任委員会に付託を受けておりました陳情第2号、自主共済制度の保険業法適用見直しを求める陳情につきまして、去る9月11日開催の委員会で審査をいたしましたので、その審査結果と概要について御報告を申し上げます。審査の結果は、採択すべきものであります。


 審査の概要でありますが、委員より、本陳情については採択すべきであるとの意見があり、他の委員においても特に異論がなく、全会一致で採択すべきものと決した次第であります。


 以上、まことに簡単でございますが、民生建設常任委員会審査結果の御報告を終わらせていただきます。


 よろしく御審議賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 これより、陳情第2号、自主共済制度の保険業法適用見直しを求める陳情を採決いたします。


 陳情第2号に対する委員長の報告は、採択すべきものであります。


 お諮りいたします。


 陳情第2号は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、陳情第2号、自主共済制度の保険業法適用見直しを求める陳情は、委員長の報告のとおり採択すべきものと決定されました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第14、意見書案第3号、消費金融会社等に対する金融庁の適切な指導を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 14番、角石茂美君。


○14番(角石茂美君)


 意見書案第3号、消費者金融会社等に対する金融庁の適切な指導を求める意見書の提出について、提案理由の説明を申し上げます。


 本市は、行財政健全化及び税の公平性の観点から、税収確保に積極的に取り組んでおります。


 この取り組みの一環として、市税滞納者が消費者金融会社等に支払った、いわゆるグレーゾーン金利による過払い金の返還請求権を差し押さえ、消費者金融会社等に支払いを求めております。


 しかし、消費者金融会社等は、この差し押さえの前提となる滞納者の取引履歴などの紹介を個人情報の保護を建前に速やかに応じないケースが多々あり、業務に支障を来しているのが現状であります。


 このため、監督官庁である金融庁の消費者金融会社等に対する積極的な指導が望まれるものであります。


 つきましては、お手元に配付いたしております意見書案を、総務大臣、内閣特命担当大臣に提出し、早急な対策が講じられるよう強く要望するものであります。


 以上、簡単ですが、提案理由の説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 2番。


○2番(土井本子君)


 議運長に教えていただきたいんですが、この意見書案第3号を読まさせていただきますと、このたびの議第50号とも関連性があるようですし、内容的には総務委員会で扱うようなものなのかなという気もいたしました。


 議運の中で御提案があられたことと思いますけども、議運の委員さんの中には総務の正副委員長さんもいらっしゃいます。そこら辺がちょっとよくわかりませんので、この意見書案のそもそもの出どこと議運扱いになった経緯を教えてください。


○議長(盛 耕三君)


 14番。


○14番(角石茂美君)


 今、質問がありましたが、一応、議会運営委員会のメンバーで意見書案として出すということが決定しましたので、このように提案をしている次第でございます。


○議長(盛 耕三君)


 ほかに質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 これをもって質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております意見書案第3号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、意見書案第3号については、委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の意見書案第3号、消費者金融会社等に対する金融庁の適切な指導を求める意見書の提出についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、意見書案第3号、消費者金融会社等に対する金融庁の適切な指導を求める意見書の提出については、原案のとおり可決確定されました。


 なお、この意見書の取り扱いについては、議長に御一任願います。





○議長(盛 耕三君)


 日程第15、意見書案第4号、被爆者の速やかな救済を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 8番、三浦隆利君。


○8番(三浦隆利君)


 意見書案第4号、被爆者の速やかな救済を求める意見書の提出について、提案理由の説明を申し上げます。


 本意見書案は、先ほど採択されました請願第2号に関連するものであります。


 現在、国内の被爆者は約25万人で、そのうち当市には39名の方がおられます。その多くの方々が、原爆放射線の影響による重篤な疾病を患い、日常生活に不安と苦痛を感じておられます。


 しかし、これらの方々が国に対し原爆症の認定申請を行っても、そのほとんどが認可されず、認定者は被爆者健康手帳を持つ被爆者全体の1%にも満たず、当市にも認定された方はおられないのが現状であります。


 また、各地で集団訴訟が提起され、本年4月より、国においてはこれまでの判決を踏まえて新しい認定基準による審査を開始しておりますが、この認定基準は十分とは言えず、さらなる基準の改善を求める司法判断がなされております。


 このため、国においては高齢化する被爆者を一亥も早く救済すべく認定に係る体制整備を行うとともに、この司法判断を厳粛に受けとめ、認定基準の見直しに向けた取り組みをお願いするものであります。


 つきましては、お手元に配付いたしております意見書案を、内閣総理大臣、厚生労働大臣に提出し、早急な対策が講じられるよう強く要望するものであります。


 以上、簡単ですが、提案理由の説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております意見書案第4号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、意見書案第4号について、委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の意見書案第4号、被爆者の速やかな救済を求める意見書の提出についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、意見書案第4号、被爆者の速やかな救済を求める意見書の提出については、原案のとおり可決確定されました。


 なお、この意見書の取り扱いについては、議長に御一任願います。





○議長(盛 耕三君)


 日程第16、意見書案第5号、自主共済制度の保険業法適用見直しを求める意見書の提出についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 8番、三浦隆利君。


○8番(三浦隆利君)


 意見書案第5号、自主共済制度の保険業法適用見直しを求める意見書の提出について、提案理由の説明を申し上げます。


 本意見書案は、先ほど採択されました陳情第2号に関するものであります。


 2006年4月より、保険業法の一部を改正する法律が施行されました。この改正は、共済の名を利用して不特定多数の消費者に保険商品を販売し、被害をもたらす詐欺行為から消費者を保護することが目的でした。


 しかし、これまで法が適用されていなかった知的障害者やPTAなどの団体が、その構成員を対象に、自主的かつ健全に運営してきた共済制度についても規制対象とされ、存続の危機に追い込まれています。


 本来、自主共済制度は、構成員の相互扶助を目的として日本社会に根をおろしてきたものであり、利益を追求する保険業とは異なるものです。その自主共済制度を強制的に株式会社や総合会社にしなければ運営できないようにし、保険会社と一律にさまざまな規定と負担を押しつけることは、契約者保護、消費者保護を目的にした法改正の趣旨に反することになります。


 つきましては、お手元に配付しております意見書案を、内閣総理大臣、財務大臣等に提出し、早急に見直しし改善されるよう強く要望するものであります。


 以上、簡単ですが、提案理由の説明を終わります。


 よろしく御審議賜り、御決定くださいますようお願い申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております意見書案第5号については、会議規則の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、意見書案第5号については委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の意見書案第5号、自主共済制度の保険業法適用見直しを求める意見書の提出についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、意見書案第5号、自主共済制度の保険業法適用見直しを求める意見書の提出については、原案のとおり可決確定されました。


 なお、この意見書の取り扱いについては、議長に御一任願います。





○議長(盛 耕三君)


 次に、日程第17、議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会閉会中における各委員会の継続審査並びに調査に付する事件については、お手元にお配りいたしておりますプリントのとおりといたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議会閉会中の継続審査並びに調査に付する事件については、お手元にお配りいたしておりますプリントのとおり決定いたしました。


 お諮りいたします。


 今期定例市議会に付議されました案件の審議は、すべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、平成20年第4回相生市議会定例会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。


 この際、市長のあいさつがあります。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 平成20年第4回定例市議会の閉会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。


 議員の皆様には、連日にわたり慎重な御審議を賜り、また、それぞれ適切なる御決定をいただき、まことにありがとうございました。


 御審議の過程でお聞かせいただきました貴重な御意見を今後の市政に反映いたしながら、市民の皆様の御期待に沿うべく全力を傾注いたす所存でございますので、より一層の御支援をお願い申し上げます。


 さて、これからは日一日と秋も深まり、コスモスの花咲く、さわやかな季節を迎えてまいります。この季節には、スポーツ、芸術文化など、数多くの多彩な催しを計画しておりますので、議員の皆様には可能な限り御参加をいただき、お楽しみいただければ幸いに存じます。


 あすは彼岸の入り、朝夕はめっきり涼しくなり、日中との気温差が大きい時期になります。議員の皆様におかれましては、どうか御自愛いただき、御健勝でお過ごしいただきますよう御祈念申し上げ、閉会のごあいさつといたします。


 なお、本日昼から夕方にかけて台風が近畿地方に接近をする予定でございます。台風の進路等、状況を把握し適切に対処してまいりますので、議員の皆様におかれましても十分御注意いただきますよう、お願いを申し上げます。


 ありがとうございました。


○議長(盛 耕三君)


 平成20年第4回定例市議会の閉会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。


 本定例市議会におきまして、議員各位の真摯な御審議により、いずれも重要な案件を的確に御決定いただきましたこと、まことにありがとうございます。また、議事進行には格段の御協力をいただき、あわせて厚くお礼申し上げます。


 執行機関におかれましては、本定例会において成立しました議案の執行や市政運営に対しまして各常任委員長報告や会期中に開陳されました各議員の意見を十分に尊重し、市政各般における向上を期し、さらに一段の熱意と努力を払われるよう希望するものでございます。


 先ほど議決をいただきました議会閉会中の継続審査並びに調査に付する事件につきましても、決算審査を初めとして重要な案件でございます。これへの取り組みを含めまして、議会閉会中も議員各位のますますの御活躍を期待いたしております。


 今、市長のごあいさつにもありましたように、近畿地方に台風が接近をしております。これから約1カ月ほどの間は、風水害への備えをしなければならない時期でもあります。それぞれの地域で万が一への警戒、備えを議員各位も怠らないようお願い申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。


 これにて、散会いたします。


 御苦労さまでございました。


    (散会 午前10時30分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成  年  月  日


      相生市議会議長   盛   耕 三


      署名議員      角 石 茂 美


      署名議員      楠 田 道 雄