議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 相生市

平成20年第2回臨時会(第1号 5月15日)




平成20年第2回臨時会(第1号 5月15日)




          平成20年第2回相生市議会臨時会


              議事日程表(第1号)





                    平成20年5月15日   午前9時30分 開会


                    おいて             相生市役所議場


(順序)(日程)


  1       開会宣告


  2       市長あいさつ


  3       開議宣告


  4   1   会議録署名議員の指名


  5   2   会期の決定


  6       諸報告


          (1)出席議員数の報告


          (2)欠席議員の届出報告


          (3)その他


  7   3   議会運営委員長報告


          (1)今期臨時市議会の運営等について


  8   4   報告第1号 和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告


      5   報告第2号 和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告


      6   報告第3号 和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告


 10   7   報告第4号 相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処


                分の件報告


 11   8   報告第5号 相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する


                条例の制定について処分の件報告


 12   9   報告第6号 相生市一般会計予算繰越明許費について報告


 13  10   報告第7号 相生市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費につい


                て報告


 14  11   市議第1号 相生市議会議長の辞職について


 15  12   選挙第1号 相生市議会議長の選挙について


 16  13   市議第2号 相生市議会副議長の辞職について


 17  14   選挙第2号 相生市副議長の選挙について


 18  15   議第44号 監査委員の選任について


 19  16   市議第3号 相生市議会議会運営委員会の委員の選任について


 20  17   市議第4号 相生市議会常任委員会の委員の選任について


 21  18   選挙第3号 西播磨水道企業団議会議員の選挙について


 22  19   選挙第4号 赤相農業共済事務組合議会議員の選挙について


 23       閉会宣告


 24       市長あいさつ


 25       散   会





本日の会議に付した事件





(日程)


  1  会議録署名議員の指名


  2  会期の決定


  3  議会運営委員長報告


     (1)今期臨時市議会の運営等について


  4  報告第1号 和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告


  5  報告第2号 和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告


  6  報告第3号 和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告


  7  報告第4号 相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告


  8  報告第5号 相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定


           について処分の件報告


  9  報告第6号 相生市一般会計予算繰越明許費について報告


 10  報告第7号 相生市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費について報告


 11  市議第1号 相生市議会議長の辞職について


 12  選挙第1号 相生市議会議長の選挙について


 13  市議第2号 相生市議会副議長の辞職について


 14  選挙第2号 相生市副議長の選挙について


 15  議第44号 監査委員の選任について


 16  市議第3号 相生市議会議会運営委員会の委員の選任について


 17  市議第4号 相生市議会常任委員会の委員の選任について


 18  選挙第3号 西播磨水道企業団議会議員の選挙について


 19  選挙第4号 赤相農業共済事務組合議会議員の選挙について





出席議員(16名)


   1番  宮 艸 真 木        2番  土 井 本 子





   3番  豆 鞘 宏 重        4番  後 田 正 信





   5番  渡 邊 慎 治        6番  前 川 郁 典





   7番  阪 口 正 哉        8番  三 浦 隆 利





   9番  盛   耕 三       10番  岩 崎   修





  11番  吉 田 政 男       12番  奥 本 巳千雄





  13番  大 川 孝 之       14番  角 石 茂 美





  15番  楠 田 道 雄       16番  柴 田 和 夫





欠席議員


       な     し





          平成20年第2回相生市議会臨時会





    地方自治法第121条の規定により会議に出席する者の職・氏名





  市長              谷 口 芳 紀


  副市長             川 中 勝 己


  企画管理部長          瀬 川 英 臣


  市民福祉部長          丸 山 英 男


  建設経済環境部長        尾 ? 利 幸


  市民病院事務局長        北 岡 信 夫


  消防長             田 中 耕 作


  会計管理者           桶 本 和三郎


  企画管理部参事         山 田 三 郎


  企画管理部参事         小 西 由 洋


  市民福祉部参事         森 川 順 天


  建設経済環境部参事       東   弘 昌


  建設経済環境部参事       小 橋 輝 男


  企画広報課長          吉 岡 秀 記


  財政課長            河 上 克 彦


  税務課長            利 根 克 典


  市民課長            浅 井 昌 平


  まちづくり推進室長       富 山 恵 二


  社会福祉課長          水 原   至


  健康福祉課長          竹 内 繁 礼


  子育て支援室長         友 上 啓 子


  看護専門学校事務長       岡 野 耕 三


  建設管理課長          出 田 重 己


  建設課長            山 本 英 末


  産業振興課長          川 端 浩 司


  消防本部総務課長        山 本   渉


  消防課長            志 茂 敏 正


  予防課長            金 谷   篤


  総務課主幹           高 橋 直 樹


  財政課主幹           山 本 勝 義


  徴収対策室主幹         寺 田 正 章


  徴収対策室主幹         前 田 陵 行


  市民課主幹           式 庄 章 恵


  市民課主幹           横 家 みちよ


  社会福祉課主幹         小 橋 一 郎


  健康福祉課主幹         西 崎 健 一


  看護専門学校副校長       河 田 幸 子


  建設管理課主幹         前 田   寿


  建設管理課主幹         山 崎 久 司


  建設課主幹           進 藤   清


  建設課主幹           福 田 孝 生


  建設課主幹           高 田 雅 仁


  産業振興課主幹         前 川 美 己


  産業振興課主幹         玉 田 直 人


  環境課主幹           坂 元   泉


  環境課主幹           岩 本 勝 行


  教育長             藤 岡 弘 司


  教育次長            綿 谷 利 章


  教育委員会参事         山 本 道 雄


  学校教育課長          板 脇 厚 生


  生涯学習課長          福 永   剛


  生涯学習課主幹         河 井 孝 幸


  体育振興課長          前 川 一 郎


  人権教育推進室長        岸 本   健


  監査事務局長          松 本 雅 弥


  公平委員会局長         松 本 雅 弥


  農業委員会事務局長       濱 田 良 一


  選挙管理委員会事務局長     土 井 正 三





事務局職員出席者


   議会事務局長         河 合 優 介


   議会事務局次長        小 田 恵 子


   議会事務局副主幹       越 智 俊 之





     (開会 午前 9時26分)


○議長(奥本巳千雄君)


 ただいまより、平成20年第2回相生市議会臨時会を開会いたします。


 皆さん、おはようございます。


 ペーロン祭も近づき、夏の風情が感じるようになってまいりました。議員の皆様におきましては、御健勝をお喜び申し上げます。


 今回臨時市議会は、役員改選が主な次第であります。適材適所、公明正大に決定されますように期待をいたしまして、開会をいたします。


 開議に先立ち、市長よりごあいさつがあります。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 おはようございます。


 さわやかな5月の風が心地よい好季節となってまいりました。本日は、平成20年第2回臨時市議会をお願いいたしましたところ、議員の皆様には、公私とも御多用の中、御出席を賜り、まことにありがとうございます。


 さて、5月に入り、ミャンマーを大型サイクロンが襲い、また、中国四川省を震源とするマグニチュード7.8の地震が起きて、1,500キロ離れた北京においても揺れを感じたといいますから、震源地に近いところでは相当な揺れであったことと思います。どちらも死者・不明者、数万から10数万とも言われており、被害を受けられた方々に心よりお見舞いを申し上げる次第でございます。


 当市も、山崎断層等がございます。阪神・淡路大震災の教訓を忘れず、あすは我が身との思いで、いろんな備えをしていきたい、このように考えております。


 また、当市の行財政健全化計画も今年度3年目と相なりました。まさに、胸突き八丁を迎えておりますので、計画達成へ決意を新たに臨んでまいる所存でございます。議員の皆様方の格別の御支援を賜りますよう、お願いを申し上げます。


 さて、今臨時市議会には、専決処分の報告など急を要する重要な案件を提出させていただいております。どうか慎重な御審議をいただき、適切なる御決定を賜りますようお願いをいたしまして、開会に当たってのごあいさつとさせていただきます。


 どうぞよろしくお願い申し上げます。





○議長(奥本巳千雄君)


 これより、本日の会議を開きます。


 直ちに日程に入ります。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、1番、宮艸真木君、2番、土井本子さんを指名します。


 よろしくお願いいたします。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。


 今期臨時会の会期は、本日から5月19日までの5日間としたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、会期は5日間と決定をいたしました。


 この際、事務局長から諸般の報告をいたします。


 局長。


○事務局長(河合優介君)


 御報告申し上げます。


 ただいま出席されております議員数は、16名でございます。


 次に、地方自治法第121条の規定により、この議会に議案説明のため、議長より市長以下執行機関に出席を求めましたところ、お手元にお配りをしてございますプリントのとおり回答がございましたので、御了承願います。


 なお、教育委員会体育振興課の岸本主幹より、公務出張のため欠席の届け出が提出をされてございます。議長におきまして了承をいたしてございますので、御了解願います。


 以上でございます。


○議長(奥本巳千雄君)


 報告は終わりました。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第3、今期臨時市議会の運営等について、議会運営委員会委員長から報告をいたします。


 11番、吉田政男君。


○11番(議会運営委員会委員長 吉田政男君)


 おはようございます。


 議会運営委員会に付託されておりました「次期定例会の会期等」につきまして、去る5月8日、委員会を開催し、平成20年第2回相生市議会臨時会の運営に当たり協議いたしました。その結果と概要を報告申し上げます。


 まず、会期につきましては、先ほど決定を見ましたとおり、本日から5月19日までの5日間といたしておりますが、今期臨時市議会は、役員改選、議会の組織構成が主たるものでありますので、でき得れば、きょう1日で本臨時市議会を閉会することに御協力をお願いするものであります。


 なお、本日1日で審議が終了しない場合は、19日までを予備日といたしておりますので、その間に御審議いただき、審議終了をもって閉会することといたしております。


 次に、今期臨時市議会に上程されます議案の取り扱いにつきましては、まず報告第1号、和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告から、報告第5号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告までの専決処分5件は、即決でお願いいたします。


 なお、報告第2号及び第3号につきましては、一括報告とさせていただきます。


 報告第6号、相生市一般会計予算繰越明許費について報告及び報告第7号、相生市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費について報告の2件は、説明報告の後、質疑までをお受けすることといたしております。


 その後、役員改選に入り、市議第1号、相生市議会議長の辞職についてから、市議第3号、相生市議会議会運営委員会の委員の選任についてまでの6議案は、お手元に配付いたしております議事日程表により順次進めてまいります。


 なお、市議第4号、相生市議会常任委員会の委員の選任についてから以降の議案の取り扱いにつきましては、今回新たに選任されます議会運営委員会の委員で御協議願い、改めて本会議において市議会の役職及び各委員を御決定いただくこととしております。


 以上が、議会運営委員会での協議結果とその概要であります。


 つきましては、本臨時市議会が円滑に運びますよう、議員各位の格段の御理解と御協力をお願い申し上げまして、委員長報告といたします。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 議会運営委員会委員長の報告は、終わりました。


 今期臨時市議会の運営につきましては、ただいまの報告のとおり取り扱うことにしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認め、さよう決定いたします。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第4、報告第1号、和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告を議題といたします。


 本案に関し報告を求めます。


 建設経済環境部長。


○建設経済環境部長(尾?利幸君)


 おはようございます。


 報告第1号、和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告につきまして、御説明を申し上げます。


 本件につきましては、市の現場作業車による交通事故にかかわるものであります。まことに申しわけなく、慎んでおわび申し上げます。


 事故の概要でありますが、市の現場作業車が、昨年10月16日、午前9時30分ごろ、位置図にあります市道相生古池線を古池方向から相生方向に直進していたところ、相生変電所前三差路で、対向してきた大型トラックの後方から古池二丁目方向へ急に右折しようとしてはみ出してきた相手方の車両と衝突、双方とも負傷し、自動車を破損したものであります。


 事故の原因は、相手方車両が大型トラックの後方で見通しのきかない状況で前方不注意のまま急に右折してきたものでありまして、急ブレーキをかけましたが、避け切れず事故となったものであります。


 示談の内容及び損害賠償額でございますが、当該事故に係る過失割合は、市が2割、相手方が8割であります。市は、相手方車両の修繕費の2割並びに治療費及び慰謝料の合計額22万5,460円を賠償することで示談が成立いたしましたので、平成20年3月10日、地方自治法第180条第1項の規定により本件の処分をさせていただきましたので、同法第2項の規定により御報告申し上げるものでございます。


 なお、本件に要する費用につきましては、修繕費は全国市有物件災害共済会の自動車共済で、治療費等は自動車損害賠償責任保険で補てんされることになっております。


 平素、公務員として率先して交通安全を心がける必要のある当該職員はもちろん、私自身、指導する立場の者といたしまして、深く反省をいたしております。これを教訓に、今後、このようなことのないよう、職員全員に厳しく注意いたすとともに、さらに交通安全指導に努めてまいります。まことに申しわけございませんでした。


 以上で、説明を終わらせていただきます。


 よろしく御審議賜り、御承認賜りますようお願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 本案に対する報告は、終わりました。


 ただいまの報告に対する質疑等に入ります。


 質疑等はありませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑等がないようでありますので、報告に対する質疑等を終結いたします。


 報告を御了承願います。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第5、報告第2号、和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告及び日程第6、報告第3号、和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告の2案を一括議題といたします。


 本案に関し報告を求めます。


 教育次長。


○教育次長(綿谷利章君)


 報告第2号及び報告第3号、和解及び損害賠償額の決定について処分の件報告につきまして、一括して提案理由の御説明を申し上げます。


 2件とも、市立双葉中学校の部活動に起因する物損事故に係るものでございます。まことに申しわけなく、深くおわび申し上げます。


 それでは、事故の概要につきまして御説明申し上げます。


 まず、報告第2号でございますが、本件は、平成20年2月20日、午後2時ごろ、双葉中学校の温水プール南側運動場において、ソフトボール部が練習に使用しているボールネットが、練習終了後に保管していた運動場中央付近から風にあおられ東側に移動した際に、駐車中の普通自動車に接触をし、フロントバンパーを損傷させました。


 相手方につきましては記載のとおりで、被害額は3万9,438円であります。


 続きまして、報告第3号でございますが、本件につきましては、平成20年3月7日、午後4時30分ごろ、双葉中学校運動場で軟式野球部が練習中に、打球がボールフェンスを越え、市道旭波野線を西側に進行中の軽自動車に直接当たり、ボンネットを損傷させました。


 相手方につきましては記載のとおりで、被害額は5万5,050円であります。


 示談の内容及び損害賠償額でございますが、2件とも、市は相手方の車両修理に要する費用の全額3万9,438円及び5万5,050円を賠償することで示談が成立いたしましたところから、去る4月10日に、地方自治法第180条第1項の規定により2件の処分をさせていただきましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものでございます。


 なお、これらに要する費用につきましては、全国市長会学校災害賠償補償保険から補てんされることとなってございます。


 これらの事故につきましては、不幸中の幸いにも物損事故でありましたが、事故発生の状況から人身事故にもつながる可能性も十分に考えられましたので、校長会の機会に、事故の事例を交えて安全な部活動に配慮するよう注意を促すとともに、使用後の道具の整理保管、また打撃練習には最善の注意を払うように指導を行っております。大変申しわけございませんでした。


 以上、まことに簡単ではありますが、説明を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願いを申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 本案に対する報告は、終わりました。


 ただいまの報告に対する質疑等に入ります。


 質疑等はありませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑等はないようでありますので、報告に対する質疑等を終結いたします。


 報告を御了承願います。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第7、報告第4号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告を議題といたします。


 本案に関し報告を求めます。


 企画管理部長。


○企画管理部長(瀬川英臣君)


 報告第4号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 本件は、地方税法等の一部を改正する法律が、平成20年4月30日に交付され、同日付で施行されたことに伴い、平成20年度の市税を賦課徴収するに当たり、本条例の一部改正に急を要したため、平成20年4月30日に、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いましたので、同条第3項の規定により御報告申し上げ、御承認をお願いするものでございます。


 改正内容の主なものですが、一つには、法人でない社団等に対する法人市民税均等割の課税の明確化、二つには、個人市民税の住宅ローン特別控除の期限後申告の救済、三つには、新築住宅に対する固定資産税減額特例適用期間の延長、四つには、省エネ改修工事を行った既存住宅の固定資産税減額措置の創設についての改正でございます。


 それでは、個々の改正につきまして条を追って御説明申し上げます。


 議案参考資料1ページから11ページまでの改正要旨及び新旧対照表も、あわせて御清覧願います。


 改正条例第1条中、第22条の改正は、市民税の納税義務者のうち、法人でない社団等で収益事業を行わないものは非課税とし、収益事業を行うものを人格のない社団等と位置づけるものでございます。


 第26条の改正は、個人の市民税の申告について、所得税法第226条第4項ただし書きが改正され、源泉徴収表に記載すべき事項を電磁的方法で提供を受けているものが請求により源泉徴収表の交付を受けることができる規定に、公的年金等受給者が追加されたことに伴う改正でございます。


 第28条の改正は、第22条の改正に関連して文言を整備するほか、人格のない社団等、公益法人など、資本金の額、または出資金の額を有しない法人について均等割を課す場合には、最低税率を適用することを明確化したものでございます。


 第33条の11及び第33条の13の改正は、第22条の改正に伴い文言を整備したものでございます。


 第37条及び第78条の改正は、地方税法の改正に伴う文言の整備のほか、独立行政法人緑資源機構が解散したことに伴い、引用する法律名、条項、条文等を整備したものでございます。


 第88条の改正は、地方税法第349条の3の改正に伴い引用条文を整備したものでございます。


 附則第10条の2の改正は、地方税法の改正に伴う引用条文、文言の整備のほか、第1項におきましては、法附則の改正に伴い、新築住宅に対する固定資産税の減額措置を平成22年3月31日まで、2年間延長するものでございます。


 また、第7項は、省エネ改修住宅に対する固定資産税の減額措置が新設されたことに伴う追加規定でございますが、平成20年1月1日に存する既存住宅のうち、30万円以上の断熱改修工事を行った住宅について、翌年度の固定資産税を3分の1減額するものであります。


 附則第10条の3及び附則第14条の改正は、地方税法附則の改正により引用条文の整備を行ったものでございます。


 附則第18条の3の改正は、個人住民税の住宅ローン特別税額控除について、市民税の納税通知書が送達された後に市民税の住宅借入金等特別税額控除申告書が提出された場合においても、市長がやむを得ない理由があると認めるときは、税額控除を適用する改正でございます。


 第24条の改正は、特定中小会社が発行した株式に係る譲渡所得等の2分の1課税の特例等を定めたものでございますが、この特例が廃止されたことに伴い、当該条項の削除などを行うものでございます。


 次に、改正条例第2条の改正でございます。


 附則第14条の改正は、地方税法附則第15条第59項に、鉄道事業再構築事業に係る家屋及び償却資産が特例として追加されたことに伴う改正でございます。


 本条例の附則でございます。


 第1条の施行期日でございますが、この条例中、第1条の規定は、公布の日から施行するものであります。公布の日は、地方税法等の一部を改正する法律の公布の日、すなわち平成20年4月30日といたしております。


 第2条の規定は、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の一部を改正する法律の施行の日から施行するものであります。


 附則の第2条は個人の市民税、第3条は法人の市民税、第4条は固定資産税、第5条は都市計画税に関する経過措置をそれぞれ規定したものであります。


 以上で、説明を終わります。


 よろしく御承認賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 本案に対する報告は、終わりました。


 ただいまの報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております報告第4号については、会議規則の規定により委員会付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、報告第4号については、委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の報告第4号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告を採決いたします。


 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、報告第4号、相生市税条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告は、原案のとおり承認されました。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第8、報告第5号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告を議題といたします。


 本案に関し報告を求めます。


 市民病院事務局長。


○市民病院事務局長(北岡信夫君)


 報告第5号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 相生市民病院における診療使用料につきましては、診療報酬等の算定基準を定めた厚生労働省告示を根拠に算定いたしておりますが、その厚生労働省告示が全面改正され、平成20年4月1日から適用するに当たり、本条例の一部改正に急を要したため、平成20年3月27日に、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分を行いましたので、同条第3項の規定により御報告申し上げ、御承認をお願いするものであります。


 改正内容について、御説明申し上げます。


 議案参考資料、12ページの新旧対照表もあわせて御清覧願います。


 第2条の改正は、診療使用料の算定根拠として規定する告示のうち、診療報酬の基準を定める平成18年厚生労働省告示第92号を「平成20年厚生労働省告示第59号」に改めるものでございます。


 次に、附則でございますが、第1項で、本条例を平成20年4月1日から施行するものとし、第2項で、この条例施行の際、改正前の相生市民病院使用料及び手数料条例の規定により徴収すべきであった使用料については、なお従前の例によることといたしております。


 以上、まことに簡単ではございますが、報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 本案に対する報告は、終わりました。


 ただいまの報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております報告第5号については、会議規則の規定により委員会付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、報告第5号については、委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 討論がないようでありますので、これをもって討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の報告第5号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告を採決いたします。


 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、報告第5号、相生市民病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について処分の件報告は、原案のとおり承認されました。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第9、報告第6号、相生市一般会計予算繰越明許費について報告を議題といたします。


 本案に関し報告を求めます。


 企画管理部長。


○企画管理部長(瀬川英臣君)


 報告第6号、相生市一般会計予算繰越明許費について報告につきまして、御説明を申し上げます。


 本件は、平成19年度一般会計補正予算(第2号)及び(第3号)に定めております繰越明許に係る歳出予算の経費を平成20年度に繰り越しましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、繰越計算書を調整し、御報告するものでございます。


 それでは、内容につきまして御説明を申し上げます。


 次ページをお開き願います。


 平成19年度相生市一般会計繰越明許費繰越計算書でございますが、昨年12月定例市議会で議決いただいております市立双葉中学校体育館改修工事並びに本年3月定例市議会で議決をいただいております老人福祉施設整備事業及び次世代育成支援対策施設整備事業の合計3事業に係る繰越明許費の総額、2億252万3,000円のうち、1億5,970万3,000円を平成20年度に繰り越しております。この経費に伴います財源につきましては、国庫支出金9,767万5,000円、地方債810万円、一般財源5,392万8,000円を確保し、予定したものでございます。


 以上、まことに簡単ではございますが、報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 本案に対する報告は、終わりました。


 ただいまの報告に対する質疑等に入ります。


 質疑等はありませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑等はないようでありますので、報告に対する質疑等を終結いたします。


 報告を御了承願います。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第10、報告第7号、相生市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費について報告を議題といたします。


 本案に関し報告を求めます。


 建設経済環境部参事。


○建設経済環境部参事(小橋輝男君)


 報告第7号、相生市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費について報告につきまして、御説明を申し上げます。


 本件は、平成19年度相生市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)、第2表に定めております繰越明許費に係る歳出予算の経費を平成20年度に繰り超しましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、繰越計算書を調整し、御報告するものでございます。


 それでは、内容につきまして御説明を申し上げます。


 次ページをお開き願います。


 平成19年度相生市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書でございますが、本年3月定例市議会で議決をいただいております相生角谷雨水幹線整備事業の経費6,850万円を平成20年度に繰り越しております。


 この経費に伴います財源につきましては、地方債6,840万円、一般財源10万円を確保し、予定したものでございます。


 以上、まことに簡単でございますが、報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 本案に対する報告は、終わりました。


 ただいまの報告に対する質疑等を行います。


 質疑等はありませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑等はないようでありますので、報告に対する質疑等を終結いたします。


 報告を御了承願います。


 それでは、暫時休憩をいたします。


   (休憩 午前10時00分)


   (再開 午前10時30分)


○議長(奥本巳千雄君)


 それでは、本会議を再開いたします。


 議長交代のため、暫時休憩をいたします。そのままお待ちください。


   (休憩 午前10時30分)


   (再開 午前10時30分)


○副議長(楠田道雄君)


 休憩前に引き続いて本会議を再開いたします。


 ただいま、議長、奥本巳千雄君から議長を辞職したい旨の願い出がありましたので、日程第11、市議第1号、相生市議会議長の辞職についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 奥本巳千雄君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(楠田道雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、奥本巳千雄君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。


 この際、奥本巳千雄君より退任のごあいさつがあります。


○議長(奥本巳千雄君)


 議長を退任に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 今回、市議会議員選挙の後の難しい一年でありましたけれども、副議長を初め各議員の皆様、また、議会事務局の絶大なるバックアップのおかげで、可もなく務められましたこと、心より厚くお礼を申し上げます。


 また、議会運営委員会の皆様には、この議場を初め、いろいろと改革に取り組んでいただきました。お礼を申し上げます。


 今、地方分権推進法などにより、税源移譲、権限委譲がなされ、地方議会はますます重大な責務を負わされてまいります。議会も、一致団結して取り組んでいかなければなりません。私も一議員として、皆さんとともに議会の活性化、相生の発展のために努めてまいります。一年間の感謝を込めまして、退任のごあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


          (拍手)


○副議長(楠田道雄君)


 ごあいさつは、終わりました。





○副議長(楠田道雄君)


 日程第12、選挙第1号、相生市議会議長の選挙についてであります。


 これより、議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 議長選挙の方法は、地方自治法第118条第1項の規定による単記無記名投票によるべきか、あるいは、同条第2項の規定による指名推選によるべきか、いずれによるべきか御意見をお伺いいたします。


 なお、指名推選によることのできる場合は、1、指名推選の方法を用いることについて、2、指名の方法について指名者をだれにするのか、3、被指名人を当選人とすることについて、以上3点について、それぞれの段階で全員異議のない場合のみ指名推選によることができることになっておりますので、参考のために申し添えておきます。


 選挙の方法について、御意見はありませんか。


 1番。


○1番(宮艸真木君)


 単記無記名でお願いいたします。


○副議長(楠田道雄君)


 ほかに御意見はありませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(楠田道雄君)


 ただいま投票によるべきだという御意見がありますので、選挙の方法は投票によることに決定いたします。


 この際、本会議を休憩して協議会を開きます。


   (休憩 午前11時36分)


   (再開 午後 0時02分)


○副議長(楠田道雄君)


 本会議を再開いたします。


 ただいまから投票を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


     (議 場 閉 鎖)


○副議長(楠田道雄君)


 事務局長をして、ただいまの出席議員数を発表いたさせます。


 局長。


○事務局長(河合優介君)


 ただいまの出席議員数は、16名でございます。


 以上でございます。


○副議長(楠田道雄君)


 投票箱を改めさせます。


      (投票箱 点検)


○副議長(楠田道雄君)


 異状なしと認めます。


 念のために申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 事務局長の点呼に応じて、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次、投票をお願いします。


 点呼を命じます。


 局長。


      (点呼 投票)


○事務局長(河合優介君)


 それでは、点呼をとらさせていただきます。


 1番、宮艸真木さん、2番、土井本子さん、3番、豆鞘広重さん、4番、後田正信さん、5番、渡邊慎治さん、6番、前川郁典さん、7番、阪口正哉さん、8番、三浦隆利さん、9番、盛 耕三さん、10番、岩崎 修さん、11番、吉田政男さん、12番、奥本巳千雄さん、13番、大川孝之さん、14番、角石茂美さん、16番、柴田和夫さん、15番、楠田道雄さん。


○副議長(楠田道雄君)


 投票漏れはありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(楠田道雄君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


     (議 場 開 鎖)


○副議長(楠田道雄君)


 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、4番、後田正信君、13番、大川孝之君を指名いたします。


 よって、両名の立ち会いをお願いいたします。


       (開  票)


○副議長(楠田道雄君)


事務局長をして、選挙の結果を報告いたさせます。


 局長。


○事務局長(河合優介君)


 それでは、議長選挙の結果を御報告申し上げます。


 投票総数16票。これは、先ほどの出席議員数に符合いたしてございます。そのうち、有効投票16票。有効投票中、柴田和夫さん7票、盛 耕三さん8票、岩崎 修さん1票でございます。


 なお、この選挙の法定得票数は4票でございます。


 以上でございます。


○副議長(楠田道雄君)


 ただいまの報告のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は、4票であります。


 よって、盛 耕三君が当選されました。


 本席から、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 この際、議長に当選されました盛 耕三君のごあいさつがございます。


○9番(盛 耕三君)


 皆さん、どうもありがとうございました。感謝を申し上げます。


 先ほど、所信でも述べさせていただきましたように、執行機関と両輪となることができますような議会、チェックだけではなくて提案もし、議論も活発に行う議会、そういうものを目指していきたい、そういう環境を整えていきたいと考えておりますので、議会の運営が円滑に進みますよう、皆さんの御協力、よろしくお願いをいたします。私自身は、なかなか経験も浅く、知識も乏しい者でございます。皆さんお一人お一人のお知恵を拝借いたしたいと考えておりますので、その点もあわせて御協力、お願いをいたします。


 本当にどうもありがとうございました。感謝をいたします。


          (拍手)


○副議長(楠田道雄君)


 議長が決定いたしましたので、私の職務は終了いたしました。


 議事進行に御協力いただきましたことを感謝申し上げます。


 それでは、議長と交代のため暫時休憩いたします。


   (休憩 午後 0時12分)


   (再開 午後 0時13分)


○議長(盛 耕三君)


 それでは、本会議を再開いたします。


 午後1時まで休憩をいたします。


   (休憩 午後 0時13分)


   (再開 午後 1時10分)


○議長(盛 耕三君)


 休憩前に引き続いて本会議を開きます。





○議長(盛 耕三君)


 ただいま、副議長、楠田道雄君から副議長を辞職したい旨の願い出がありましたので、日程第13、市議第2号、相生市議会副議長の辞職についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 楠田道雄君の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、楠田道雄君の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。


 この際、楠田道雄君より退任のごあいさつがあります。


○副議長(楠田道雄君)


 こんにちは。昨年度は、市議会議員選挙すぐの役選でございました。本当に日のたつのは早いものでございます。


 立候補の中で、市民の議会に対する期待にこたえるために、議長を補佐し頑張りたいと述べさせていただきました。幸い、議運の皆様を初め、議員各位の御理解をいただき、少しでもより開かれた議会が実現できたこと、皆様にお礼を申し上げます。


 役選の時期に当たり、市民は興味津々で議会の動きを見ております。私たち一人一人が市民の負託にこたえるのだという強い意志と倫理観を持って議会の発展に尽くしたい、また、私自身も一議員として行動していきたいと思います。


 本当にありがとうございました。


          (拍手)


○議長(盛 耕三君)


 ごあいさつは終わりました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第14、選挙第2号、相生市議会副議長の選挙についてであります。


 これより、副議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 副議長選挙の方法は、議長の選挙の例に倣い投票によることといたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認め、選挙の方法は投票によることに決定いたしました。


 この際、本会議を休憩して協議会を開きます。


   (休憩 午後 1時14分)


   (再開 午後 1時33分)


○議長(盛 耕三君)


 本会議を再開いたします。


 ただいまから投票を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


     (議 場 閉 鎖)


○議長(盛 耕三君)


 事務局長をして、ただいまの出席議員数を発表いたさせます。


 局長。


○事務局長(河合優介君)


 ただいまの出席議員数は、16名でございます。


 以上でございます。


○議長(盛 耕三君)


 投票箱を改めさせます。


      (投票箱 点検)


○議長(盛 耕三君)


 異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は、単記無記名であります。


 事務局長の点呼に応じて、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次、投票を願います。


 点呼を命じます。


 局長。


     (点呼 投票)


○事務局長(河合優介君)


 それでは、点呼をとります。


1番、宮艸真木さん、2番、土井本子さん、3番、豆鞘広重さん、4番、後田正信さん、5番、渡邊慎治さん、6番、前川郁典さん、7番、阪口正哉さん、8番、三浦隆利さん、10番、岩崎 修さん、11番、吉田政男さん、12番、奥本巳千雄さん、13番、大川孝之さん、14番、角石茂美さん、15番、楠田道雄さん、16番、柴田和夫さん、9番、盛 耕三さん。


○議長(盛 耕三君)


 投票漏れはありませんか。


    〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


     (議 場 開 鎖)


○議長(盛 耕三君)


 開票を行います。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、3番、豆鞘広重君、5番、渡邊慎治君を指名いたします。


 よって、両君の立ち会いをお願いいたします


       (開  票)


○議長(盛 耕三君)


事務局長をして、選挙の結果を報告いたさせます。


 局長。


○事務局長(河合優介君)


それでは、副議長選挙の結果を御報告申し上げます。


 投票総数16票。これは、先ほどの出席議員数に符号をいたしてございます。そのうち、有効投票9票、無効投票7票でございます。有効投票中、岩崎 修さん1票、柴田和夫さん8票でございます。


 なお、この選挙の法定得票数は3票でございます。


 以上でございます。


○議長(盛 耕三君)


 ただいまの報告のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は、3票であります。


 よって、16番、柴田和夫君が副議長に当選されました。


 柴田和夫君が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。


 この際、副議長に当選されました柴田和夫君のごあいさつがございます。


 16番。


○16番(柴田和夫君)


 名誉ある副議長に当選させていただきまして、まことにありがとうございます。


 私も一番大事なことは、両輪、左と右があって、それを一生懸命私は支えていくのは私だと思います。いろいろある中でも、それは大事なことだと思います。その仕事、議会の仕事をとにかく一生懸命2人が頑張りますので、よろしくお願いします。


          (拍手)


○議長(盛 耕三君)


 副議長のあいさつは、終わりました。


 この際、本会議を休憩いたしまして協議会を開きます。


   (休憩 午後 1時42分)


   (再開 午後 2時08分)


○議長(盛 耕三君)


 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。





○議長(盛 耕三君)


 日程第15、議第44号、監査委員の選任についてを議題といたします。


 吉田政男君の退席を求めます。


    (吉田政男議員 退席)


○議長(盛 耕三君)


 提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第44号、監査委員の選任について、提案理由の御説明を申し上げます。


 市議会議員の中から選任の監査委員、前川郁典さんが本日辞任をされました。つきましては、その後任に吉田政男さんを選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、市議会の御同意をお願いいたすものでございます。


 何とぞ、御同意賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(盛 耕三君)


 提案理由の説明は、終わりました。


 お諮りいたします。


 本案は人事案件でありますので、質疑から討論までの議事を省略し、直ちに表決に入りたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。


 これより表決に入ります。


 本案については、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第44号、監査委員の選任については、原案のとおり同意することに決定いたしました。


 吉田政男君の着席を求めます。


    (吉田政男議員 着席)





○議長(盛 耕三君)


 日程第16、市議第3号、相生市議会議会運営委員会の委員の選任についてを議題といたします。


 議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、1番、宮艸真木君、3番、豆鞘広重君、5番、渡邊慎治君、6番、前川郁典君、14番、角石茂美君、15番、楠田道雄君、以上の6名を議会運営委員に指名いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました6名の諸君を議会運営委員に選任することに決定いたしました。





○議長(盛 耕三君)


 日程第17、市議第4号、相生市議会常任委員会の委員の選任についてから、日程第19、選挙第4号、赤相農業共済事務組合議会議員の選挙についてまでの3議案を一括議題といたします。


 この際、本会議を暫時休憩し、協議会を開きます。


   (休憩 午後 2時11分)


   (再開 午後 3時11分)


○議長(盛 耕三君)


 本会議を再開いたします。


 局長。


○事務局長(河合優介君)


 御報告申し上げます。


 市議第4号、相生市議会常任委員会の委員の選任につきまして。


 まず、総務文教常任委員会でございますが、委員長に前川郁典さん、副委員長に豆鞘広重さん。委員に、土井本子さん、渡辺慎治さん、吉田政男さん、奥本巳千雄さん、角石茂美さん、柴田和夫さんの8名でございます。


 次に、民生建設常任委員会でございますが、委員長に三浦隆利さん、副委員長に阪口正哉さん。委員に、宮艸真木さん、後田正信さん、盛 耕三さん、岩崎 修さん、大川孝之さん、楠田道雄さんの8名でございます。


 次に、選挙第3号、西播磨水道企業団議会議員の選挙についてでございますが、議員に、後田正信さん、阪口正哉さん、岩崎 修さん、吉田政男さん、奥本巳千雄さん、大川孝之さん、柴田和夫さんの7名でございます。


 次に、選挙第4号、赤相農業共済事務組合議会議員の選挙についてでございますが、議員に、三浦隆利さん、柴田和夫さんの2名を選任いたしてございます。


 なお、市議第3号の相生市議会議会運営委員会委員長に角石茂美さん、副委員長に渡邊慎治さんを選任いたしてございます。


 その他各種委員につきましては、お手元にお配りをいたしてございます一覧表を御清覧願います。


 以上でございます


○議長(盛 耕三君)


 お諮りいたします。


 上程中の常任委員会委員の選任及び選挙等については、先ほど発表いたしましたとおり、選任及び選挙等いたすことに御異議ありませんか。


   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認め、さよう決定いたしました。


 当選された方々は、本席から会議規則の規定により当選の告知をいたします。


 なお、その他の各種委員につきましては、お手元に配付いたしております一覧表のとおりです。


 御了承願います。


 お諮りいたします。


 今期臨時市議会に付議されました案件の審議は、すべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(盛 耕三君)


 御異議なしと認めます。


 よって、平成20年第2回相生市議会臨時会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。


 この際、市長のあいさつがあります。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 本日は、早朝から慎重な御審議を賜り、それぞれ適切な御決定をいただきまして、まことにありがとうございました。厚くお礼を申し上げます。


 また、本臨時市議会では、正副議長を初め各常任委員会の委員など、市議会の新たな構成も決まり、まことに御同慶に存じ上げます。今後、何かとお世話になることと存じますが、変わらぬ御指導、御支援をいただきますよう、ひとえにお願いを申し上げます。


 さて、初夏の風物詩、相生ペーロン祭は、6月7日、前夜祭の花火大会で幕をあけ、翌8日は海上のペーロン競漕、陸上のパレード、カーニバル、その他協賛行事など、多彩な催しを計画しております。


 今年は、ペーロン艇が新調をされ喜びもひとしおでございます。議員の皆様にも種々御苦労をおかけいたしますが、お楽しみいただきながらの御参加をお願い申し上げます。


 最後になりましたが、市長就任以来8年間、議員の皆様には御迷惑をおかけしたり大変お世話さまになり、公私にわたる御指導、御鞭撻を賜りましたこと、心よりお礼を申し上げます。


 地方自治は、変革のテンポを一層速めてまいっております。この激流の時代を乗り切り、市民福祉の実現を図るため、今後とも一意専心で、懸案・課題に取り組んでまいる所存でございます。


 来る6月定例市議会において、再び皆様方にお目にかかれることに希望を託しつつ、皆様方の変わらぬ御支援をひとえにお願い申し上げまして、閉会に当たってのごあいさつとさせていただきます。


 まことにありがとうございました。


○議長(盛 耕三君)


 長時間にわたり、まことにありがとうございました。今後の皆さんの御協力をお願いいたしまして、閉会のごあいさつといたします。


 以上をもって散会いたします。


 ありがとうございました。


   (閉会 午後 3時15分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成  年  月  日


      相生市議会議長   奥 本 巳千雄


      新相生市議会議長  盛   耕 三


      相生市議会副議長  楠 田 道 雄


      新相生市議会副議長 柴 田 和 夫


      署名議員      宮 艸 真 木


      署名議員      土 井 本 子