議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 相生市

平成19年第4回定例会(第3号 9月20日)




平成19年第4回定例会(第3号 9月20日)




          平成19年第4回相生市議会定例会


              議事日程表(第3号)





                   平成19年9月20日  午前9時30分 開会


                   おいて            相生市役所議場





(順序)(日程)


  1       再    開


  2       開議宣告


  3   1   会議録署名議員の指名


  4       諸報告


          (1)出席議員数の報告


          (2)欠席議員の届出報告


          (3)その他


      2   議第42号 相生市看護専門学校条例の一部を改正する条例の制定


  5             について


           民生建設常任委員会審査結果報告書


  6   3   議第43号 相生市教育特区学校設置審議会条例の制定について


           総務文教常任委員会審査結果報告書


      4   議第44号 相生市立矢野あいあいセンターの設置及び管理に関す


  7             る条例の制定について


           民生建設常任委員会審査結果報告書


      5   議第45号 平成19年度相生市一般会計補正予算


  8        民生建設常任委員会審査結果報告書


           総務文教常任委員会審査結果報告書


  9   6   議第46号 平成19年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


 10   7   議第47号 平成19年度相生市介護保険特別会計補正予算


           民生建設常任委員会審査結果報告書


 11   8   議第48号 公平委員会の委員の選任について


 12   9   議第49号 自治功労者の選出について


 13  10   議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について


 14       閉会宣告


 15       市長あいさつ


 16       散会





本日の会議に付した事件





(日程)


  1  会議録署名議員の指名


  2  議第42号 相生市看護専門学校条例の一部を改正する条例の制定について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  3  議第43号 相生市教育特区学校設置審議会条例の制定について


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  4  議第44号 相生市立矢野あいあいセンターの設置及び管理に関する条例の制


           定について


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  5  議第45号 平成19年度相生市一般会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


      総務文教常任委員会審査結果報告書


  6  議第46号 平成19年度相生市国民健康保険特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  7  議第47号 平成19年度相生市介護保険特別会計補正予算


      民生建設常任委員会審査結果報告書


  8  議第48号 公平委員会の委員の選任について


  9  議第49号 自治功労者の選出について


 10  議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件について





出席議員(16名)


   1番  宮 艸 真 木        2番  土 井 本 子





   3番  豆 鞘 宏 重        4番  後 田 正 信





   5番  渡 邊 慎 治        6番  前 川 郁 典





   7番  阪 口 正 哉        8番  三 浦 隆 利





   9番  盛   耕 三       10番  岩 崎   修





  11番  吉 田 政 男       12番  奥 本 巳千雄





  13番  大 川 孝 之       14番  角 石 茂 美





  15番  楠 田 道 雄       16番  柴 田 和 夫





欠席議員


       な     し





          平成19年第4回相生市議会定例会





    地方自治法第121条の規定により会議に出席する者の職・氏名





  市長              谷 口 芳 紀


  副市長             川 中 勝 己


  企画管理部長          瀬 川 英 臣


  市民福祉部長          丸 山 英 男


  建設経済環境部長        井 上 喜 信


  市民病院事務局長        中 溝 政 博


  消防長             田 中 耕 作


  会計管理者           桶 本 和三郎


  企画管理部参事         山 田 三 郎


  企画管理部参事         小 西 由 洋


  市民福祉部参事         菊 本   薫


  市民福祉部参事         北 岡 信 夫


  建設経済環境部参事       林   健 児


  建設経済環境部参事       池 本 順 彦


  企画広報課長          吉 岡 秀 記


  財政課長            河 上 克 彦


  税務課長            森 川 順 天


  市民課長            浅 井 昌 平


  まちづくり推進課長       富 山 恵 二


  社会福祉課長          水 原   至


  健康福祉課長          竹 内 繁 礼


  子育て支援室長         友 上 啓 子


  看護専門学校事務長       岡 野 耕 三


  建設管理課長          山 本 英 未


  建設課長            出 田 重 己


  産業振興課長          川 端 浩 司


  環境課長            小 橋 輝 男


  消防本部総務課長        金 谷   篤


  消防課長            志 茂 敏 正


  予防課長            山 本   渉


  総務課主幹           尾 崎 利 幸


  総務課主幹           高 橋 直 樹


  財政課主幹           山 本 勝 義


  徴収対策室主幹         寺 田 正 章


  徴収対策室主幹         前 田 陵 行


  市民課主幹           北 川 和 豊


  市民課主幹           式 庄 章 恵


  市民課主幹           横 家 みちよ


  まちづくり推進室主幹      利 根 克 典


  社会福祉課主幹         小 橋 一 郎


  健康福祉課主幹         樫 本 秀 隆


  看護専門学校副校長       河 田 幸 子


  建設管理課主幹         前 田   寿


  建設課主幹           進 藤   清


  建設課主幹           福 田 孝 生


  建設課主幹           高 田 雅 仁


  産業振興課技術主幹       岩 本 勝 行


  環境課主幹           坂 元   泉


  環境課主幹           前 川 美 己


  環境課主幹           玉 田 好 明


  教育長             藤 岡 弘 司


  教育次長            綿 谷 利 章


  管理課長            山 本 道 雄


  学校教育課長          板 脇 厚 生


  生涯学習課長          福 永   剛


  生涯学習課主幹         河 井 孝 幸


  体育振興課長          前 川 一 郎


  体育振興課主幹         岸 本 光 義


  人権教育推進室長        岸 本   健


  代表監査委員          福 永 武 郎


  監査事務局長          松 本 雅 弥


  公平委員会局長         松 本 雅 弥


  農業委員会事務局長       濱 田 良 一


  選挙管理委員会事務局長     土 井 正 三





事務局職員出席者


   議会事務局長         河 合 優 介


   議会事務局次長        小 田 恵 子


   議会事務局副主幹       越 智 俊 之





     (再開 午前9時30分)


○議長(奥本巳千雄君)


 おはようございます。


 ただいまから本会議を再開いたします。


 直ちに、本日の会議を開きます。


 これより日程に入ります。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、14番、角石茂美君、15番、楠田道雄を指名いたします。


 よろしくお願いいたします。





○議長(奥本巳千雄君)


 次に、事務局長から諸般の報告をいたします。


○事務局長(河合優介君)


 御報告申し上げます。


 ただいま出席されております議員数は、16名でございます。


 諸般の報告は、以上でございます。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第2、議第42号、相生市看護専門学校条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、2番、土井本子さん。


○2番(民生建設常任委員会委員長 土井本子君)


 おはようございます。


 民生建設常任委員会に付託されました議第42号、相生市看護専門学校条例の一部を改正する条例の制定について、去る9月13日に委員会を開催し、審査をいたしました。審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要を御報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりましたので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より、1点目、県下の看護学校の授業料等の状況はどのようになっているのか。


 2点目、3年間で1,300万円ほどの影響額があると説明されたが、単年度ではどのようになるのか。


 3点目、看護系の大学がふえ、受験生も減少していると聞いている。授業料を引き上げると、受験生の確保に影響が出ると思うが、どのように考えているのか。


 4点目、今回改定する経緯について、引き上げることによって交付税の算定基準内におさまるのかどうか、そういったところも計算して決めたのかとの質問があり、それに対し、理事者より、1点目、県下に3年課程の看護学校は本校を含めて17校ある。


 授業料の月額では、最低が9,900円、最高が5万円、平均では2万2,000円となっており、入学金では最低が5,650円、最高が30万円で、平均が17万円となっている。


 2点目、単年度で見ると、平成20年度で300万円、21年度で470万円、22年度で570万円の増収となる。


 3点目、2年間に県内に大学が7校もふえたことも勘案し、授業料については、入学金については県平均より低く抑えている。ただ、応募者が減っているのは事実であるので、受験生確保のため積極的に進学説明会への出席、また県外の准看護学校へ訪問するなど、PRに努めている。


 4点目、基準財政需要額に参入された額は約4億1,000万円で、このうち実際に交付された額は4割程度であると聞いている。これらの金額も参考に、また県下の状況等も勘案しながら決定したとの説明がありました。


 委員から、1点目、応募者が減少傾向にある中、受験生の経済的負担を軽減するためにも、なるべく引き上げは行わないように努力してほしい。


 2点目、交付税算入をしても、実質一般財源を持ち出している。今後は、値上げをする際には、こういったところもきっちりと計算して決めてほしいとの要望がありました。


 すみません。先ほど、理事者からの答弁の中の4点目、基準財政需要額に算入された額は約4億1,000万と申しましたが、1億4,000万円の間違いで、訂正いたします。


 以上、当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決と決した次第でございます。


 以上で、議第42号、相生市看護専門学校条例の一部を改正する条例の制定についての御報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 討論がないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議第42号、相生市看護専門学校条例の一部を改正する条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第42号、相生市看護専門学校条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第3、議第43号、相生市教育特区学校設置審議会条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、16番、柴田和夫君。


○16番(総務文教常任委員会委員長 柴田和夫君)


 おはようございます。


 総務文教常任委員会に付託を受けておりました議第43号、相生市教育特区学校設置審議会条例の制定につきまして、去る9月14日に委員会を開催し、審査をいたしました。審査の結果は、原案可決であります。


 審査の概要でありますが、本会議におきまして提案理由の説明を詳細に受けておりましたので、説明を省略し、直ちに審査に入りました。


 委員より、1点目、条例第2条中、市長が諮問し、審議会での学校設置・廃止など審議することとなっているが、審議会設置の必要性について、また責任のあり方について、審議会と市長との関連性はどうなっているのか。


 2点目、審議会の設置をいつぐらいに審議会を開催し、総務文教常任委員会に報告があるのか。


 3点目、土地建物についてはいつごろまでに、どのような手続をとるのか。貸付条件について、貸付期間、貸付日はどのように考えているのか。また、有料貸し付けとなるのか。


 4点目、条例第2条において、学校の経営状態の評価についても、審議事項に入っているが、経営のプロセスについても意見が述べることができるのかとの質問があり、理事者より、1点目、審議会設置の必要性については、市長が学校施設の認可を行う際には、構造改革特別区域法第12条に基づき、審議会を設置して意見を聞かなければならないこと、毎年度、学校の運営等について評価を行わなければならないことから、審議会を設置しようとするものである。


 また、責任については、審議会の出した答申を受けて市長が許可を行うこととなり、最終的には市長の責任となる。


 また、審議会では毎年度行う評価は意見としていただき、最終的に相生市が必要であれば指導等を行うこととなる。


 2点目、審議会の第1回目は9月末日までに開催し、11月末までに合計3回程度開催して、答申を受け結論を得たい。経過については、閉会中の委員会において報告できるのではと考えている。


 3点目、貸付条件等については、学校設置会社が長期間運営できることを基本的な考え方としながら現在検討している。


 賃貸は有料とし、賃貸料の設定等は、地方自治法に基づき、12月議会に諮り、議決後に賃貸契約の締結を行う。


 賃貸の期間については、特区計画において長期貸し付けが必要となっているが、市有財産条例に基づき、土地は10年、建物は5年の期間で契約し、契約更新において20年としていきたい。


 4点目、学校運営において経営改善の方法等についても審議会の意見として出すことは可能であるとの説明がありました。


 以上のような質疑を経て、本件につきましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 討論がないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議第43号、相生市教育特区学校設置審議会条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第43号、相生市教育特区学校設置審議会条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第4、議第44号、相生市立矢野あいあいセンターの設置及び管理に関する条例の制定についてを議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、2番、土井本子さん。


○2番(民生建設常任委員会委員長 土井本子君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第44号、相生市立矢野あいあいセンターの設置及び管理に関する条例の制定について、去る9月13日に委員会を開催し、審査をいたしました。審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要を御報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりましたので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員より、1点目、あいあいセンターの財産区分は普通財産か行政財産か。


 2点目、目的外使用の事例及び想定されるものは何か。


 3点目、矢野地域以外の方が利用すると目的外かとの質問があり、これに対し、理事者より、1点目、公の施設として設置管理条例を定め行政財産として位置づける。


 2点目、現在までは目的外の使用はなかった。想定は、福祉の増進以外を目的とした利用である。


 3点目、福祉の増進のための利用であれば、地域の方の利用に支障がなければ、目的内として認めていきたいとの説明がありました。


 以上、当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決と決した次第であります。


 以上で、議第44号、相生市立矢野あいあいセンターの設置及び管理に関する条例の制定について、報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 討論がないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議第44号、相生市立矢野あいあいセンターの設置及び管理に関する条例の制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第44号、相生市立矢野あいあいセンターの設置及び管理に関する条例の制定については、原案のとおり可決確定されました。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第5、議第45号、平成19年度相生市一般会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、各常任委員会委員長より報告を求めます。


 まず、民生建設常任委員会委員長より報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、2番、土井本子さん。


○2番(民生建設常任委員会委員長 土井本子君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第45号、平成19年度相生市一般会計補正予算(第1号)、第1条、歳入歳出予算の補正のうち、歳出中、当委員会の所管事項について、去る9月13日に委員会を開催し、審査いたしました。審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要を御報告申し上げます。


 今回の補正の内容については、本会議で詳細に説明を受けておりましたが、民生費児童福祉費のみ追加説明を受けました。概要は、以下のとおりであります。


 15款民生費10項児童福祉費5目児童福祉総務費19節負担金補助及び交付金、4,952万3,000円は、社会福祉法人後楽園が設置しております保育園ゆりかごの家の老朽の程度が著しく、移転改築にかかわる施設整備事業費の一部を補助しようとするもので、次世代育成支援対策施設整備交付金交付要綱に基づく国交付分、3,301万5,000円と、国交付分の2分の1の額1,650万8,000円を合わせ、追加するものである。


 整備後の施設概要について、移転改築用地は、旧双葉幼稚園跡地の一部を相生市から借り受け、鉄骨造り2階建て構造、延べ床面積464.18平米の施設で、入所人員は30名。平成19年12月着工、平成20年3月末竣工の予定との説明がありました。


 委員より、1点目、市の負担はどれくらいか、貸付料の減額はないのか、月額貸付料は幾らぐらいか。


 2点目、旧双葉幼稚園跡地を小規模多機能施設保育所に貸し付けるが、敷地の境界ははっきりしているのか、また共有部分についてはどうなのか。


 3点目、旧双葉幼稚園跡地の利用について、施設用地にするのか。


 4点目、旧双葉幼稚園跡地の植栽など、環境整備はどう考えているのか。


 5点目、旧双葉幼稚園跡地の利用について、全体的な構図は示されないのかとの質問があり、理事者より、1点目、補助率は交付基準額の2分の1が国、4分の1が市、4分の1が法人負担となっており、市負担額は1,650万8,000円である。また、貸付料の減免はなく、月額貸付料は、接道部分も含め11万8,610円である。


 2点目、貸し付けている敷地の境界ははっきりしており、進入路など共有部分は地域住民も含め利用等相談されていると聞いている。


 3点目、小規模多機能施設の敷地貸し付けの際、今後の跡地利用について関係機関で協議を行った。教育側からは、双葉中学校の移転改築等について土地利用を考慮しないとの回答があり、また周辺住民からは宅地分譲ではなく、公共的な施設利用の要望があった。小規模多機能施設の土地利用を認める中で、福祉的な施設用地としての提供を庁内で論議し決定した。


 保育所用地、また双葉地区からは、地域の集会所建設候補地として考慮願いたいとの要望もあり、このような土地利用を行っていきたい。


 4点目、市では、植栽も含め整備することはない。利用者が環境整備するに当たり、周辺住民に支障がなければ認めていきたい。


 5点目、具体的な構想はない。公募してまでの貸し付けはしない。土地利用の申し出があれば応じていきたいとの説明が理事者よりなされ、委員より、1点目、共有部分の管理については、施設の運営に支障が生じないように指導していただきたい。


 2点目、植栽等、環境整備については、周辺住民の意向を十分に配慮して認めていただきたいとの要望がありました。


 続いて、30款農林水産業費5項農業費15目農業振興費19節負担金補助及び交付金、708万4,000円の野生動物防護柵集落連携設置事業補助金について、委員より、1点目、今までの取り組み状況はどうか。


 2点目、実施していない地区があるが、なぜか。


 3点目、農作物の被害の状況及び事業効果はどうかとの質問があり、理事者より、1点目、事業の名称は異なっているが、県の補助を受け、平成14年から平成17年までの4年間で、23集落、延長にして約55キロメートル実施している。


 2点目、実施に当たり、農会長を通じ、地区内で事業を実施するか否か検討の上、回答を得て実施しているが、実施されていない主な理由は、能力がない、設置場所が被害の所有者で同意が得られにくいとのことであった。


 3点目、昨年のシカ、イノシシによる農作物の被害状況を集落ごとに調査を行っていただいた結果、全体で約10ヘクタール、被害額約1,300万円程度となっている。また、事業効果については、ここ数年、特にシカの繁殖が旺盛であるが、金網さくをすることにより農作物の被害が最小限に抑えられているとの説明が理事者よりなされ、委員より、野生動物の個体数管理について、国・県へこれの対策について要請してほしいとの要望がありました。


 以上、当委員会といたしましては、慎重審査の結果、全会一致で原案可決と決した次第であります。


 以上で、議第45号、平成19年度相生市一般会計補正予算(第1号)、第1条、歳入歳出予算の補正のうち、歳出中、当委員会の所管事項についての報告を終わります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、民生建設常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 次に、総務文教常任委員会委員長より報告を求めます。


 総務文教常任委員会委員長、16番、柴田和夫君。


○16番(総務文教常任委員会委員長 柴田和夫君)


 総務文教常任委員会に付託を受けておりました議第45号、平成19年度相生市一般会計補正予算、第1条、歳入歳出予算の補正のうち、歳入全般及び歳出中、当委員会所管事項につきましては、去る9月14日に委員会を開催し、審査をいたしました。審査の結果は、原案可決であります。


 審査の概要でありますが、本会議におきまして提案理由の説明を詳細に受けておりましたので、説明を省略し、直ちに審査に入りました。


 委員より質疑はなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 総務文教常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


 13番。


○13番(大川孝之君)


 ちょっと、私、聞き漏らしたかわからんのですけどね、一般会計の6ページ、歳出の方で、教育特区3回開くいうて委員長報告であったと思うんですけどね、それはね、これ予算書を見たら4回分ないかな。1回分はサービス、お金もらえるんかな。これ、また後で教えてください。申しわけない。


○議長(奥本巳千雄君)


 16番。


○16番(総務文教常任委員会委員長 柴田和夫君)


 一応、3回ということで聞いてますので。


○議長(奥本巳千雄君)


 13番。


○13番(大川孝之君)


 4回分、これ上がっとると思うんですけど、何か、これ委員長云々じゃなしに、これもし何かわかれば理事者側から、とりあえず後で、今回の分については後でお願いしたいと思います。


○議長(奥本巳千雄君)


 後で説明をいたします。


 ほかに質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 これをもって、総務文教常任委員会委員長の報告に対する質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 討論がないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議第45号、平成19年度相生市一般会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する各委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第45号、平成19年度相生市一般会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第6、議第46号、平成19年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、2番、土井本子さん。


○2番(民生建設常任委員会委員長 土井本子君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第46号、平成19年度相生市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、去る9月13日に委員会を開催し、審査をいたしました。審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 審査の概要を御報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりましたので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 討論がないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議第46号、平成19年度相生市国民健康保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第46号、平成19年度相生市国民健康保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第7、議第47号、平成19年度相生市介護保険特別会計補正予算を議題といたします。


 本案に関し、委員長の報告を求めます。


 民生建設常任委員会委員長、2番、土井本子さん。


○2番(民生建設常任委員会委員長 土井本子君)


 民生建設常任委員会に付託されました議第47号、平成19年度相生市介護保険特別会計補正予算(第1号)について、去る9月13日に委員会を開催し、審査をいたしました。審査の結果は、全会一致で原案可決であります。


 それでは、審査の概要を御報告申し上げます。


 本会議で詳細な説明を受けておりましたので、説明を省略し、直ちに質疑に入りました。


 委員からは特に質疑もなく、当委員会といたしましては、全会一致で原案可決とした次第であります。


 よろしく御了承賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 民生建設常任委員会委員長の報告は、終わりました。


 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 討論がないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより、議第47号、平成19年度相生介護保険特別会計補正予算を採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 お諮りします。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第47号、平成19年度相生市介護保険特別会計補正予算は、原案のとおり可決確定されました。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第8、議第48号、公平委員会の委員の選任についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第48号、公平委員会の委員の選任について、提案理由の御説明を申し上げます。


 相生市公平委員会の委員、香山治代さんは、本年10月8日をもって、その任期が満了いたします。


 つきましては、香山治代さんを再任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、市議会の御同意をお願いいたすものでございます。


 なお、御参考までに本人の略歴を添付いたしております。


 何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願いを申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議第48号については、委員会付託及び討論を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第48号、公平委員会の委員の選任についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに同意することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第48号、公平委員会の委員の選任については、原案のとおり同意することに決定されました。





○議長(奥本巳千雄君)


 日程第9、議第49号、自治功労者の選出についてを議題といたします。


 これより、上程議案に対する提案理由の説明を求めます。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 議第49号、自治功労者の選出について、提案理由の御説明を申し上げます。


 本市自治功労者として、森田文孝藏さん、松浦延哉さんを顕彰いたしたく、相生市自治功労者条例第3条の規定により、市議会の御同意をお願いいたすものでございます。


 森田文藏さんは、平成10年3月から現在まで、相生商工会議所会頭として市政に御貢献をいただきました。


 また、松浦延哉さんは、昭和62年以来、20年間、相生市教育委員会委員として、また、その間、教育委員長並びに同職務代行者として10年、教育行政に御貢献をいただきました。


 御参考までに、両氏の略歴を添付いたしております。


 何とぞ御同意を賜りますよう、お願いを申し上げます。


○議長(奥本巳千雄君)


 上程議案に対する提案理由の説明は、終わりました。


 これより、上程議案に対する質疑に入ります。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 質疑なしと認めます。


 お諮りします。


 ただいま議題となっております議第49号については、委員会付託及び討論を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、委員会付託及び討論を省略することに決定いたしました。


 続いて表決に入ります。


 これより、上程中の議第49号、自治功労者の選出についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議第49号、自治功労者の選出については、原案のとおり同意することに決定されました。





○議長(奥本巳千雄君)


 次に、日程第10、議会閉会中の継続審査(調査)に付する事件についてを議題といたします。


 お諮りします。


 議会閉会中における各委員会の継続審査並びに調査に付する事件については、お手元にお配りいたしておりますプリントのとおりとしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、議会閉会中の継続審査並びに調査に付する事件については、お手元にお配りいたしておりますプリントのとおり決定をいたします。


 お諮りします。


 今期定例市議会に付議されました案件の審議は、すべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により、本日をもって閉会したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(奥本巳千雄君)


 御異議なしと認めます。


 よって、平成19年第4回相生市議会定例会は、本日をもって閉会することに決定いたしました。


 この際、市長よりごあいさつがあります。


 市長。


○市長(谷口芳紀君)


 平成19年第4回定例市議会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 議員の皆様には、連日にわたり慎重な御審議を賜り、まことにありがとうございました。


 御審議の過程でお聞かせいただいた貴重な御意見を今後の市政に反映いたしながら、市民の皆様の御期待に沿うべく、全力を傾注いたす所存でございます。今後、一層の御指導と御支援をお願い申し上げます。


 さて、今年の残暑は例年に増して長く厳しいものでございましたが、間もなくコスモスの花咲く、さわやかな好季節を迎えます。スポーツ、芸術、文化など、多彩な催しを計画いたしておりますので、議員の皆様には御参加の上、お楽しみくださるようお願い申し上げます。


 高く澄み切った青空が広がる、一年のうちでも最も過ごしやすいこれからの季節、議員の皆様には、御健勝で御活躍いただきますよう、心から御祈念を申し上げ、閉会のごあいさつといたします。


 まことにありがとうございました。


○議長(奥本巳千雄君)


 9月議会閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 皆様の慎重審査の結果、全議案議了いたしました、御協力、ありがとうございました。


 さて、これから空きが深まるにつれ、すぐにまた運動会、また文化祭等の行事が重なってまいります。議員の皆様につきましては、市民の皆様と十分に触れ合っていただきまして御活躍されますことを祈念をいたしまして、閉会をしたいと思います。


 長時間にわたり、まことにありがとうございました。


 以上をもって、閉会いたします。


   (散会 午前10時00分)





 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


  平成  年  月  日


      相生市議会議長   奥 本 巳千雄


      署名議員      角 石 茂 美


      署名議員      楠 田 道 雄