議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 伊丹市

平成17年第5回定例会(第1日12月 6日)




平成17年第5回定例会(第1日12月 6日)





 
第1日 平成17年12月6日(火曜日)午前10時00分開会





〇会議に出席した議員(31名)





 1番  坪 井 謙 治    18番  村 井 秀 實


 2番  山 内   寛    19番  永 田 公 子


 3番  岡 本 廣 行    20番  藤 田 静 夫


 4番  林     実    21番  平 坂 憲 應


 5番  松 野 久美子    22番  松 崎 克 彦


 7番  高 塚 伴 子    23番  新 内 竜一郎


 8番  ? 鍋 和 彦    24番  野 澤 邦 子


 9番  久 村 真知子    25番  田 中 正 弘


10番  中 村 孝 之    26番  石 橋 寛 治


11番  加 柴 優 美    27番  竹 内 美 徳


12番  上 原 秀 樹    28番  川 上 八 郎


13番  泊   照 彦    29番  安 田 敏 彦


14番  川井田 清 信    30番  大 西 泰 子


15番  大 路 康 宏    31番  倉 橋 昭 一


16番  松 永 秀 弘    32番  山 本 喜 弘


17番  吉 井 健 二





〇会議に出席しなかった議員





      な   し





〇職務のため出席した事務局職員の職氏名





局     長  藤原稔三    議事課主査    川本雅臣


次長       溝端義男      〃      前田嘉徳


庶務課長     門田正夫    議事課主事    石田亮一


議事課主査    藤田元明





〇説明のため出席した者の職氏名





市 長           藤原保幸   水道事業管理者        周浦勝三


助役            石原煕勝   自動車運送事業管理者     宮?泰樹


収入役           浅野 孝   病院事業管理者        石川勝憲


市長付参事         谷口 均   病院事務局長         大川 明


自治人権部長教育長付参事  岸田和彦   消防長            武内恒男


企画財政部長        奥田利男   教育委員           原田 實


総務部長          石割信雄   教育長            中西幸造


市民福祉部長        中村恒孝   教育委員会事務局管理部長   中村喜純


みどり環境部長       西村善弘   教育委員会事務局学校教育部長 木下 誠


経済文化部長        藤原憲二   教育委員会事務局生涯学習部長 鷲谷宗昭


建設部長          濱片正晴   代表監査委員         西脇吉彦


都市住宅部長        樋口麻人   総務部総務課長        佐久良實





〇本日の議事日程





  1          会期の決定





  2          会議録署名議員の指名





  3          諸般の報告





  4 報告第 29号  地方自治法第179条の規定による専決処分報告について





  5 議案第 99号  平成17年度伊丹市一般会計補正予算(第5号)





    議案第100号  平成17年度伊丹市介護保険事業特別会計補正予算(第2号


             )





    議案第101号  平成17年度伊丹市交通災害等共済事業特別会計補正予算(


             第2号)





    議案第102号  伊丹市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条


             例の制定について





    議案第103号  伊丹市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定につい


             て





    議案第104号  伊丹市自動車運送事業の設置等に関する条例の一部を改正す


             る条例の制定について





    議案第105号  伊丹市立市民まちづくりプラザの指定管理者の指定について





    議案第106号  伊丹市共同利用施設等の指定管理者の指定について





    議案第107号  伊丹市自転車駐車場の指定管理者の指定について





    議案第108号  伊丹市立宮ノ前地区地下駐車場及び伊丹市立文化会館駐車場


             の指定管理者の指定について





    議案第109号  伊丹市立女性・児童センターの指定管理者の指定について





    議案第110号  伊丹市立伊丹市役所内駐車場の指定管理者の指定について





    議案第111号  伊丹市立地域福祉総合センターの指定管理者の指定について





    議案第112号  伊丹市立障害者福祉センターの指定管理者の指定について





    議案第113号  伊丹市立障害者デイサービスセンターの指定管理者の指定に


             ついて





    議案第114号  伊丹市立知的障害者通勤寮の指定管理者の指定について





    議案第115号  伊丹市立精神障害者授産施設の指定管理者の指定について





    議案第116号  伊丹市立サンシティホールの指定管理者の指定について





    議案第117号  伊丹市立神津福祉センターの指定管理者の指定について





    議案第118号  伊丹市高齢者憩のセンターの指定管理者の指定について





    議案第119号  伊丹市立介護老人保健施設の指定管理者の指定について





    議案第120号  伊丹市立介護支援センターの指定管理者の指定について





    議案第121号  伊丹市立デイサービスセンターの指定管理者の指定について





    議案第122号  伊丹市立みどりのプラザの指定管理者の指定について





    議案第123号  観光物産ギャラリーの指定管理者の指定について





    議案第124号  伊丹立産業・情報センターの指定管理者の指定について





    議案第125号  伊丹市立労働福祉会館及び伊丹市青少年センターの指定管理


             者の指定について





    議案第126号  伊丹市立文化会館の指定管理者の指定について





    議案第127号  伊丹市立演劇ホールの指定管理者の指定について





    議案第128号  伊丹市立音楽ホールの指定管理者の指定について





    議案第129号  借上市営住宅の指定管理者の指定について





    議案第130号  伊丹市立生涯学習センター及び伊丹市立図書館南分館の指定


             菅理者の指定について





    議案第131号  伊丹市立伊丹郷町館等の指定管理者の指定について





    議案第132号  伊丹市立緑ケ丘体育館・緑ケ丘武道館等の指定管理者の指定


             について





    議案第133号  伊丹市立ローラースケート場の指定管理者の指定について





    議案第134号  伊丹市立稲野公園運動施設の指定管理者の指定について





    議案第135号  伊丹市立図書館北分館の指定管理者の指定について





    議案第136号  市道路線の認定及び廃止について





    議案第137号  訴えの提起について





〇本日の会議に付した事件





   議事日程に同じ





      「開   会」


○議長(平坂憲應) ただいまから平成17年第5回伊丹市議会の定例会を開会いたします。 


 開会にあたりまして一言ごあいさつを申し上げます。


 本日、平成17年第5回定例市議会が招集されましたところ、議員の皆様におかれましては、おそろいでお集まりいただき、ここに開会をすることができました。皆様の御精励に対しまして心から敬意を表する次第でございます。


 さて、今期定例会に提出されます案件は、平成17年度一般会計補正予算を初め、条例の制定、改正、人事案件等でございますが、議員の皆様におかれましては、提出されます諸案件につきまして御審議の上、それぞれ御決定をいただきますようお願い申し上げまして、まことに簡単ではございますが、開会のごあいさつといたします。


      「開   議」


○議長(平坂憲應) これより本日の会議を開きます。


 初めに、議員の出欠席について申しますが、ただいままでの出席者は30人、欠席者は、3番 岡本廣行議員であります。


 では、これよりより日程に入ります。


      「会期の決定」


○議長(平坂憲應) 日程第1、会期の決定についてお諮りいたします。


 今期定例会の会期は本日より12月22日までの17日間と定めたいと思いますが、御異議ございませんか。


    (「異議なし」の声起こる)


 御異議なしと認ます。


 よって、今期定例会の会期は17日間と決定いたしました。


    「会議録署名議員の指名」


○議長(平坂憲應) 次に、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 今期議会の会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において16番松永秀弘議員、18番 村井秀實議員を指名いたします。


      「諸般の報告」


○議長(平坂憲應) 次に、日程第3、諸般の報告でありますが、まず地方自治法第121条の規定により、説明のため当議場に出席を求めたものの職氏名につきましては、一覧表として配付しております。


 次に、市長から地方自治法第180条第2項の規定による専決処分の報告が、また監査委員からは、同法第199条第9項の規定に基づく定期監査結果報告書並びに同法第235条の2第3項の規定に基づく現金出納検査結果の報告書がそれぞれ提出され、その写しを配付しております。なお、その他の事項につきましては、印刷物として配付しておりますので、御了承をお願いいたします。


      「報告第29号」


○議長(平坂憲應) 次に、日程第4、報告第29号を議題といたします。


 当局の報告を求めます。────市長。


○番外(市長藤原保幸)(登壇) 本日、第5回定例市議会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、御多忙の折りにもかかわりませず、御参集賜り厚く御礼申し上げます。


 それではただいま上程になりました報告第29号、地方自治法第179条の規定による専決処分報告について御報告申し上げます。


 まず、専決第12号、平成17年度伊丹市一般会計補正予算(第4号)についてでありますが、本件は、競輪事業からの撤退に関し、甲子園土地企業株式会社が損害賠償等を請求した訴訟について、去る10月27日に、請求を一部認容し、選手宿舎に関する補償金として、本市に973万5955円の支払いを命ずる判決が言い渡され、その内容を妥当と認めて、補償補てん及び賠償金の措置を講じたものであり、その処置に緊急を要しましたので、去る11月7日、専決処分をもって措置いたしたものであります。


 次に、専決第13号、損害賠償の額を定めることについてでありますが、本件は平成16年10月6日に、市立伊丹病院で発生いたしました医療事故に係る損害賠償でありまして、去る11月22日に示談が成立し、その処置に緊急を要しましたので、同日、専決処分をもって措置いたしたものであります。


 次に、専決第14号、平成17年度伊丹市病院事業会計補正予算(第1号)についてでありますが、本件は、先ほど御報告申し上げました専決第13号の医療事故の損害賠償に係る保険金収入と、示談金として補償補てん及び賠償金について追加措置を講じたものであり、その措置に緊急を要しましたので、去る11月22日に専決処分をもって措置いたしたものであります。


 以上、簡単に御報告申し上げましたが、専決第12号につきましては助役から、第13号につきましては病院事業管理者から、それぞれ補足説明をさせますので、何とぞよろしく御承認くださいますようお願い申し上げます。


○議長(平坂憲應) 助役。


○番外(助役石原煕勝)(登壇) ただいま市長が御報告を申し上げました報告第29号中、専決第12号につきまして、私から補足説明をさせていただきます。


 本件は、甲子園土地企業株式会社を原告とする損害賠償等請求事件について、原告請求のうち、損害賠償については全面的に棄却し、補償については認容として、支払いを命ずる判決が言い渡され、その内容を妥当と認めて補償金を措置したものでございます。


 訴訟の概要を御説明申し上げます。この訴訟は、兵庫県市町競輪事務組合が、平成13年度末に甲子園競輪場から事業撤退し、それに伴い、原告との競輪場施設の賃貸借契約の更新を行わなかったところ、契約の一方的破棄による債務不履行ないし信義則上の義務違反があるなどとして、平成14年4月5日に提起されたものであり、約60億2923万円の損害賠償と、競輪場施設のうち、選手宿舎に関し、約1億1029万円の補償を請求した事件でございます。同事務組合は、平成14年度末に解散し、訴訟を引き継いだ関係20市で、競輪事業訴訟対策委員会を組織し、対応してまいりましたが、本年10月27日に、選手宿舎建設に関する総合建設経営管理委託料及び銀行に対する借入金解約手数料、合計1億1029万5642円について、本件賃貸借契約等による合意に基づく補償として支払いを命ずる判決が言い渡されたものでございます。


 訴訟代理人の意見等を参考に、関係20市で協議をいたしました結果、損害賠償請求については完全に勝訴であることと、補償請求についても、判決に合理性があることから、本件については控訴しないこととし、判決により各市の承継比率で案分されました本市負担額として、補償額802万3897円及びこれに係ります遅延損害金171万2058円の合計973万5955円を支払ったものでございます。


 なお、本件訴訟につきましては、去る11月8日に、甲子園土地企業株式会社が控訴いたしております。


 以上、簡単に補足説明をさせていただきましたが、何とぞよろしく御承認くださいますようお願いを申し上げます。


○議長(平坂憲應) 病院事業管理者。


○番外(病院事業管理者石川勝憲)(登壇)


 ただいま市長が御報告申し上げました報告第29号中、専決第13号につきまして、私から補足説明をさせていただきます。


 まず、事故の内容、経過について御説明申し上げます。被害者は、平成16年10月6日、当院産婦人科医師の執刀により、子宮及び卵巣の手術を受け、術後数日は腰痛などを訴えておられましたが、その他の経過はおおむね良好であり、一たん退院の後、継続治療のため再入院していたところ、12月16日に右上腹部に腫瘤が発見され、翌日のCT検査の結果、右側腎臓が水腎症を発症していることがわかりました。この水腎症は、さきに行った手術の際に、尿管を閉塞または狭窄させたことが原因と考えられますが、水腎症と診断された時点では、既に尿管の修復は不可能となっており、結果的に右側腎臓が無機能腎となる後遺障害を負わせたものでございます。被害者とは、その後の示談交渉により、慰謝料及び逸失利益等として、金600万4100円を支払うことで合意が得られたものでございます。


 今回の事故を厳粛に受けとめ、これを教訓にし、今後、かかる事故がないよう、患者様の安全確保を第一に、医療事故の防止に努めてまいる所存でございます。


 何とぞよろしく御承認くださいますようお願い申し上げます。


○議長(平坂憲應) 報告が終わりましたので、質疑に入ります。


 質疑のある方はどうぞ。────ございませんか。


 それでは、質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 本件につきましては、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、御異議ございませんか。


   (「異議なし」の声起こる)


 御異議なしと認めます。


 よって、本件につきましては、委員会付託を省略することに決しました。


 続いて討論に入ります。


 御意見のある方はどうぞ。────ございませんか。


 それでは討論を終結して表決に入ります。


 お諮りいたします。


 本件はこれを承認することに決して御異議ございませんか。


   (「異議なし」の声起こる)


 御異議なしと認めます。


 よって、報告第29号は承認することに決しました。


   (3番 岡本廣行議員 着席)


   「議案第99号〜137号」


○議長(平坂憲應) 次に、日程第5、議案第99号から137号、以上39議案を一括議題といたします。


 当局の説明を求めます。────市長。


○番外(市長藤原保幸)(登壇) 議案第99号から137号までが一括して上程になりましたので、提案理由を御説明申し上げます。


 まず最初に、議案第99号、平成17年度伊丹市一般会計補正予算(第5号)についてでありますが、本案は、9月補正予算編成後の情勢の変化に対応するため、歳入歳出予算について、それぞれ3億795万8000円を追加し、歳入歳出予算の総額を599億460万7000円とするとともに、地方債の変更の措置を講じようとするものであります。


 その主なものを申し上げますと、中村地区住民の移転用住宅用地及び移転先地域内の道路用地を、当初2カ年に分割し、取得することといたしておりましたが、社会経済情勢の動向を勘案し、今年度内に一括購入する方が有益との判断から、市営住宅用地購入費の追加措置を講じるほか、国の障害者福祉制度の変更に伴うシステム改修経費や介護保険法に基づき、平成18年度から実施する包括的支援事業のための協議会に係る経費などを措置しようとするものであります。


 次に、議案第100号、平成17年度伊丹市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、本案は、平成18年4月からの介護保険制度の変更に伴いますシステム改修経費等を措置しようとするものであります。


 次に、議案第101号、平成17年度伊丹市交通災害等共済事業特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、本案は、本年4月に発生いたしましたJRの事故等による共済見舞金の増加に伴う措置を講じようとするものであります。


 次に、議案第102号、伊丹市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定についてでありますが、本案は、本市の行政手続等における情報通信の技術の利用に関する基本的事項を定めることにより、市民の利便性の向上と行政運営の簡素化及び効率化を図ろうとするものであります。


 次に、議案第103号、伊丹市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定についてでありますが、本案は、指定管理者に対する罰則の対象となる行為に係る個人情報の範囲を明確にするとともに、これに伴う指定管理者に関する規定整備を行おうとするものであります。


 次に、議案第104号、伊丹市自動車運送事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでありますが、本案は、観光貸し切り事業の恒常的な収支不足と、観光貸し切り用車両2台が、登録証の有効期限満了に伴い、国の窒素酸化物排出基準に適合しなくなることを勘案して、観光貸し切り事業を廃止することとし、一般貸し切り旅客自動車運送事業の事業用自動車の車両数を2両減車しようとするものであります。


 次に、議案第105号から135号までについてでありますが、これら各案は、いずれも指定管理者制度を導入する公の施設につきまして、その管理を行う指定管理者を指定しようとするものであります。


 まず、議案第105号は、伊丹市立市民まちづくりプラザについて、応募団体は1団体で、特定非営利活動法人阪神NPOセンターを。


 議案第106号は、伊丹市共同利用施設等について、議案にお示ししておりますとおり、それぞれ当該地域の住民で構成する管理運営委員会を。


 そして、議案第107号は、伊丹市自転車駐車場について、応募7団体の中から社団法人伊丹市シルバー人材センターを。


 議案第108号は、伊丹市立宮ノ前地区地下駐車場及び伊丹市立文化会館駐車場について、応募12団体の中から国際警備保障神戸株式会社を。


 続いて、議案第109号は、伊丹市立女性・児童センターについて、応募3団体の中から無限責任中間法人伊丹市連合婦人会を。


 議案第110号は、伊丹市立伊丹市役所内駐車場について、応募13団体の中から、社団法人伊丹市シルバー人材センターを。


 議案第111号から113号までは、伊丹市立地域福祉総合センター、伊丹市立障害者福祉センター及び伊丹市立障害者デイサービスセンターについて、それぞれ公募によらず社会福祉法人伊丹市社会福祉協議会を。


 議案第114号は、伊丹市立知的障害者通勤寮について、公募によらず社会福祉法人伊丹社会事業協会を。


 議案第115号は、伊丹市立精神障害者授産施設について、公募によらず社会福祉法人伊丹市社会福祉事業団を。


 議案第116号は、伊丹市立サンシティホールについて、応募8団体の中から、社団法人伊丹市シルバー人材センターを。


 議案第117号は、伊丹市立神津福祉センターについて、公募によらず社会福祉法人協同の苑を。


 議案第118号は、伊丹市高齢者憩のセンターについて、公募によらず口酒井センター管理運営委員会を。


 議案第119号から121号までは、伊丹市立介護老人保健施設、伊丹市立介護支援センター及び伊丹市立デイサービスセンターについて、それぞれ公募によらず社会福祉法人伊丹市社会福祉事業団を。


 議案第122号は、伊丹市立みどりのプラザについて、公募によらず財団法人伊丹市公園緑化協会を。


 議案第123号は、観光物産ギャラリーについて、公募によらず伊丹市観光物産協会を。


 議案第124号は、伊丹市立産業・情報センターについて、公募によらず伊丹商工会議所を。


 議案第125号は、伊丹市立労働福祉会館及び伊丹市青少年センターについて、一括管理で、応募4団体の中から、伊丹労働者福祉協議会を。


 議案第126号から128号までは、伊丹市立文化会館、伊丹市立演劇ホール及び伊丹市立音楽ホールについて、それぞれ公募によらず財団法人伊丹市文化振興財団を。


 議案第129号は、借上市営住宅について、公募によらず財団法人伊丹市都市整備公社を。


 議案第130号は、伊丹市立生涯学習センター及び伊丹市立図書館南分館について、一括管理で、公募によらず財団法人伊丹市文化振興財団を。


 議案第131号は、伊丹市立伊丹郷町館、伊丹市立美術館及び伊丹市立工芸センターについて、一括管理で、公募によらず財団法人伊丹市文化振興財団を。


 議案第132号は、伊丹市立緑ケ丘体育館、緑ケ丘武道館、伊丹市立緑ケ丘プール、伊丹市立野球場、伊丹市立猪名川運動公園及び伊丹市立古池運動公園について、一括管理で、応募3団体の中から、ミズノウェルネスサプライ・日本管財連合体を。


 議案第133号は、伊丹市立ローラースケート場について、応募3団体の中から、伊丹市ローラースケート協会を。


 議案第134号は、伊丹市立稲野公園運動施設について、公募によらず南小学校地区社会福祉協議会を。


 そして、議案第135号は、伊丹市立図書館北分館について、公募によらず特定非営利活動法人まちづくりステーションきらめきを、それぞれ指定管理者として指定しようとするものであります。指定期間につきましては、平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間といたしております。ただし、伊丹市共同利用施設等及び伊丹市高齢者憩のセンターについては、平成18年4月1日から平成23年3月31日までの5年間。伊丹市立みどりのプラザについては、平成18年4月1日から平成20年3月31日までの2年間。観光物産ギャラリー及び伊丹市立図書館北分館については、平成18年4月1日から平成19年3月31日までの1年間といたしております。


 次に、議案第136号、市道路線の認定及び廃止についてでありますが、今回、認定しようとする路線は13路線で、その内容といたしましては、鴻池土地区画整理事業によるもの1路線。中村地区整備事業によるもの1路線。都市計画道路山田伊丹線の整備によるもの1路線。空港周辺整備事業によるもの1路線。開発行為の帰属等によるもの9路線であります。また、廃止しようとする路線は4路線で、天王寺川緑道整備によるもの1路線。道路整備事業により再認定するもの2路線。その他整理するもの1路線であります。


 最後に、議案第137号、訴えの提起についてでありますが、本案は、市営住宅の家賃滞納者15名に対しまして、滞納家賃の納入及び市営住宅の明け渡しを求める訴訟を提起しようとするものであります。


 以上、簡単に御説明申し上げましたが、議案第102号につきましては助役から補足説明をさせますので、何とぞよろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。


○議長(平坂憲應) 助役。


○番外(助役石原煕勝)(登壇) それでは、私から、議案第102号 伊丹市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定につきまして、市長の提案説明に補足して御説明申し上げます。


 本案は、申請、届け出、処分通知その他の手続で、条例等の規定により、書面等で行うこととしているものについて、オンライン等による手続も行うことができるようにするために、必要な共通事項を整備しようとするものでございます。


 それでは、本条例の内容について、順次御説明申し上げます。


 まず、第1条でございますが、この条例の目的として、実施期間に係る手続等を、電子情報処理組織を使用する方法等により行うことができるようにするための共通の事項を定めることにより、市民の利便性の向上を図るとともに、行政運営の簡素化及び効率化に資することを定めております。


 次に、第2条でございますが、これはこの条例の用語の定義を定めるものであり、第2号においては、この条例の適用を受ける実施機関を定めております。


 次に、第3条、電子情報処理組織による申請等についてでございますが、まず第1項の規定は、実施機関に対する申請等のうち、条例等の規定により書面等で行うこととしているものについて、電子情報処理組織を使用して行わせることができることを定めております。


 次に、第2項の規定は、電子情報処理組織を使用して行った申請等は、書面等により行われたものとみなして条例等を適用することを定めております。


 次に、第3項の規定は、申請等の到達時期について、実施機関の電子計算機のファイルに記録されたときと定めております。


 次に、第4項の規定は、条例等の規定により、申請等に署名、押印等を義務づけているものについて、氏名等を明らかにする措置をもってかえることを定めております。


 次に、第4条、電子情報処理組織による処分通知等についてでございますが、第3条と同様に、第1項において実施機関が行う処分通知等のうち、条例等の規定により書面等で行うこととしているものについて、電子情報処理組織を使用して行うことができることを定め、第2項から第4項までにおいて、当該処分通知等を書面等によるものとみなして、条例等を適用すること並びに到達時期及び署名等の代替措置について定めております。


 次に、第5条でございますが、実施機関が行う縦覧等のうち、条例等の規定により書面等で行うこととしているものについて、電磁的記録により行うことができること及びこれを書面等による縦覧等とみなして条例等を適用することを定めております。


 次に、第6条でございますが、条例等の規定により、実施機関が行う書面等の作成保存について、電磁的記録による作成保存を行うことができること並びにこれを書面等により行われたものとみなして条例等を適用すること及び書面等の代替措置について定めております。


 次に、第7条でございますが、手続等における情報通信の技術の利用の推進を図るため、市は情報システムの整備並びにその安全性及び信頼性の確保と、手続等の簡素化または合理化を図るよう努めることといたしております。


 次に、第8条でございますが、電子情報処理組織の使用に係る申請等及び処分通知等や、情報通信の技術の利用に関する状況について、市長の公表の義務を定めております。


 最後に、附則第1項におきまして、この条例の実施時期を、公布の日から3カ月以内とし、第2項及び第3項におきまして、この条例の制定に伴う他の条例の規定整備を行っております。


 以上、簡単に御説明申し上げましたが、なにとぞよろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。


○議長(平坂憲應) 説明が終わりました。


 以上で、本日の日程は終わりました。


 この際、お諮りいたします。


 議案熟読のため7日、8日の2日間は休会したいと思いますが、御異議ございませんか。


    (「異議なし」の声起こる)


 御異議なしと認めます。


 よって、7日、8日の2日間は休会にすることに決しました。


 なお、次の本会議は9日の午前10時より開議いたします。


 それでは、これで散会いたします。


〇午前10時29分 散  会