議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 芦屋市

平成20年  3月 定例会(第1回) 02月25日−目次




平成20年  3月 定例会(第1回) − 02月25日−目次









平成20年  3月 定例会(第1回)



         平成20年芦屋市議会第1回定例会会議録目次

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔付議事件〕

◯市長提出議案

  議案第1号 固定資産評価審査委員会委員の選任につき市議会の同意を求めることについて

  議案第2号 芦屋市職員の修学部分休業に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

  議案第3号 芦屋市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例等の一部を改正する条例の制定について

  議案第4号 芦屋市営住宅の設置及び管理に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

  議案第5号 芦屋市南芦屋浜地区における企業立地促進に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第6号 平成19年度芦屋市一般会計補正予算(第5号)

  議案第7号 平成19年度芦屋市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

  議案第8号 平成19年度芦屋市宅地造成事業特別会計補正予算(第1号)

  議案第9号 平成19年度芦屋市病院事業会計補正予算(第1号)

  議案第10号 訴えの提起について

  議案第11号 芦屋市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第12号 芦屋市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第13号 芦屋市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第14号 芦屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第15号 芦屋市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第16号 芦屋市国民健康保険事業特別会計基金条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第17号 芦屋市青少年野外活動センターの設置および管理に関する条例を廃止する条例の制定について

  議案第18号 芦屋市保健センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第19号 芦屋市休日応急診療所条例及び芦屋市福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第20号 芦屋市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第21号 芦屋市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第22号 芦屋市国民健康保険条例の特例に関する条例を廃止する条例の制定について

  議案第23号 芦屋市後期高齢者医療に関する条例の制定について

  議案第24号 芦屋市敬老祝金条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第25号 芦屋市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  議案第26号 平成20年度芦屋市一般会計予算

  議案第27号 平成20年度芦屋市国民健康保険事業特別会計予算

  議案第28号 平成20年度芦屋市下水道事業特別会計予算

  議案第29号 平成20年度芦屋市公共用地取得費特別会計予算

  議案第30号 平成20年度芦屋市都市再開発事業特別会計予算

  議案第31号 平成20年度芦屋市老人保健医療事業特別会計予算

  議案第32号 平成20年度芦屋市駐車場事業特別会計予算

  議案第33号 平成20年度芦屋市介護保険事業特別会計予算

  議案第34号 平成20年度芦屋市宅地造成事業特別会計予算

  議案第35号 平成20年度芦屋市後期高齢者医療事業特別会計予算

  議案第36号 平成20年度芦屋市打出芦屋財産区共有財産会計予算

  議案第37号 平成20年度芦屋市三条津知財産区共有財産会計予算

  議案第38号 平成20年度芦屋市病院事業会計予算

  議案第39号 平成20年度芦屋市水道事業会計予算

  議案第40号 財産の処分について

  議案第41号 芦屋市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔会議に配付した文書〕

  1.平成20年第1回定例会会議予定表

  2.芦都道第1943号 専決処分の報告について

  3.芦都道第2115号 芦屋都市管理株式会社の経営状況に関する報告について

  4.陳情の委員会審査結果一覧表

                                (以上、省略)

  6.予算特別委員会委員長報告資料…………………………………………………(7)

  7.継続審査事件一覧表……………………………………………………………(14)

  8.継続調査事件一覧表……………………………………………………………(14)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔会議〕

◯第1日(2月25日)

  1 応招し会議に出席した議員…………………………………………………………1

  2 不応招議員……………………………………………………………………………1

  3 会議に出席した吏員及び委員………………………………………………………1

  4 会議に職務のため出席した事務局職員……………………………………………2

  5 議事日程

   (1) 会議録署名議員の指名……………………………………………………………4

   (2) 会期の決定…………………………………………………………………………4

   (3) 議案第1号 固定資産評価審査委員会委員の選任につき市議会の同意を求めることについて……………………………………………………………………………………4

     議案第2号 芦屋市職員の修学部分休業に関する条例等の一部を改正する条例の制定について…………………………………………………………………………………4

     議案第3号 芦屋市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例等の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………4

     議案第4号 芦屋市営住宅の設置及び管理に関する条例等の一部を改正する条例の制定について………………………………………………………………………………4

     議案第5号 芦屋市南芦屋浜地区における企業立地促進に関する条例の一部を改正する条例の制定について…………………………………………………………………4

     議案第6号 平成19年度芦屋市一般会計補正予算(第5号)……………4

     議案第7号 平成19年度芦屋市下水道事業特別会計補正予算(第2号)…………………………………………………………………………………………………………4

     議案第8号 平成19年度芦屋市宅地造成事業特別会計補正予算(第1号)………………………………………………………………………………………………………4

     議案第9号 平成19年度芦屋市病院事業会計補正予算(第1号)………4

     議案第10号 訴えの提起について……………………………………………4

   (4) 政方針説明(第11号議案〜第41号議案)…………………………………8

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯第2日(3月5日)

  1 出席議員……………………………………………………………………………23

  2 欠席議員……………………………………………………………………………23

  3 会議に出席した吏員及び委員……………………………………………………23

  4 会議に職務のため出席した事務局職員…………………………………………24

  5 議事日程

   (1) 都市環境常任委員長報告(第4号議案、第10号議案、第7号議案)……25

     民生文教常任委員長報告(第9号議案、第5号議案、第2号議案)……26

     総務常任委員長報告(第3号議案、第8号議案、第6号議案)…………29

   (2) 総括質問

    ? 20年度予算について

    ? 基本方針について

    ? 「安全で快適なまちづくり」について

    ? 「次世代への施策の充実」について

    ? 「活気あふれる豊かな生活環境づくり」について

    ? 「健やかでぬくもりのある福祉社会づくり」について

    ? 「人と文化を育てるまちづくり」について

    ? 「快適でうるおいのある都市づくり」について

    ? 「市民と協働してつくる自立した行政基盤づくり」について

                   (以上、21番 長野良三議員)………37

    ? 施政方針について

    ? 行財政運営について

    ? 福祉とまちづくりについて

    ? 教育行政のあり方について

                   (以上、8番 中島健一議員)…………50

    ? 市政について

                   (以上、19番 徳田直彦議員)………70

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯第3日(3月6日)

  1 出席議員……………………………………………………………………………99

  2 欠席議員……………………………………………………………………………99

  3 会議に出席した吏員及び委員……………………………………………………99

  4 会議に職務のため出席した事務局職員………………………………………100

  5 議事日程

   (1) 総括質問続き

    ? 芦屋の福祉について

    ? 住みよいまちづくりについて

    ? 職員が起こした部落差別事件について

    ? 留守家庭児童会の充実について

                   (以上、13番 山口みさえ議員)…101

    ? 市民の命と暮らしを守る市政を

    ? 福祉施策について

    (21) 教育について

    (22) 公務労働のあり方について

    (23) 自治体らしい自治体へ

                   (以上、21番 木野下 章議員)…120

   (2) 議案第11号 芦屋市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例の制定について…………………………………………………………………………………142

     議案第12号 芦屋市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について………………………………………………………………………………142

     議案第13号 芦屋市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………142

     議案第14号 芦屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………142

     議案第15号 芦屋市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………………………………142

     議案第16号 芦屋市国民健康保険事業特別会計基金条例の一部を改正する条例の制定について…………………………………………………………………………142

     議案第17号 芦屋市青少年野外活動センターの設置および管理に関する条例を廃止する条例の制定について…………………………………………………………142

     議案第18号 芦屋市保健センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について…………………………………………………………………142

     議案第19号 芦屋市休日応急診療所条例及び芦屋市福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について…………………………………………142

     議案第20号 芦屋市介護保険条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について…………………………………………………………………………142

     議案第21号 芦屋市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について………………………………………………………………………………………………142

     議案第22号 芦屋市国民健康保険条例の特例に関する条例を廃止する条例の制定について………………………………………………………………………………142

     議案第23号 芦屋市後期高齢者医療に関する条例の制定について…142

     議案第24号 芦屋市敬老祝金条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………………………………142

     議案第25号 芦屋市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………142

     議案第26号 平成20年度芦屋市一般会計予算………………………142

     議案第27号 平成20年度芦屋市国民健康保険事業特別会計予算…142

     議案第28号 平成20年度芦屋市下水道事業特別会計予算…………142

     議案第29号 平成20年度芦屋市公共用地取得費特別会計予算……142

     議案第30号 平成20年度芦屋市都市再開発事業特別会計予算……142

     議案第31号 平成20年度芦屋市老人保健医療事業特別会計予算…142

     議案第32号 平成20年度芦屋市駐車場事業特別会計予算…………142

     議案第33号 平成20年度芦屋市介護保険事業特別会計予算………142

     議案第34号 平成20年度芦屋市宅地造成事業特別会計予算………142

     議案第35号 平成20年度芦屋市後期高齢者医療事業特別会計予算…………………………………………………………………………………………………………142

     議案第36号 平成20年度芦屋市打出芦屋財産区共有財産会計予算…………………………………………………………………………………………………………142

     議案第37号 平成20年度芦屋市三条津知財産区共有財産会計予算…………………………………………………………………………………………………………142

     議案第38号 平成20年度芦屋市病院事業会計予算…………………142

     議案第39号 平成20年度芦屋市水道事業会計予算…………………142

     議案第40号 財産の処分について………………………………………142

     議案第41号 芦屋市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………………………………142

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯第4日(3月25日)

  1 出席議員…………………………………………………………………………145

  2 欠席議員…………………………………………………………………………145

  3 会議に出席した吏員及び委員…………………………………………………145

  4 会議に職務のため出席した事務局職員………………………………………146

  5 議事日程

   (1) 都市環境常任委員長報告(第11号議案、第25号議案)…………………147

     民生文教常任委員長報告(第17号議案、第16号議案、第21号議案、第22号議案、第23号議案、第15号議案、第19号議案、第18号議案、第20号議案、第24号議案、第40号議案)………………………………………………………………………………………148

     総務常任委員長報告(第13号議案、第14号議案、第12号議案、第41号議案)…………………………………………………………………………………………………157

     予算特別委員長報告(第26号議案〜第39号議案)………………………159

   (2) 閉会中の継続審査及び継続調査に付する件………………………………191







          予算特別委員会委員長報告資料

 予算特別委員会総務分科会

≪第26号議案 平成20年度芦屋市一般会計予算≫



区分
意見・要望


歳入本分科会付託分
[市民税関係]
◯市税の滞納分の徴収では、なお一層の努力をお願いする。(山村委員)
◯平成21年度より年金から市民税の天引きが実施される。高齢者は社会保障保険料の天引きで一層大変な状況になる。分納や支払い猶予が行えるようにすべきだ。(木野下委員)


[地方交付税関係]
◯「頑張る地方応援プログラム」等各事業が交付税の交付につながっているという認識を各担当が強く持つことが、仕事のやりがいにもつながると考える。交付税全体の増額が見込めない中、強い財政を目指し、また、地方分権時代での芦屋らしい施策の確立を進めてほしい。(中島(か)委員)


[住民基本台帳関係手数料関係]
◯住基ネットにつながる不利益を市民が被らない対応を求める。(中島(か)委員)
◯住基カードの偽造が問題となり、本人確認のカードとして認めない企業も出てきている状況だ。セキュリティでの対応を求める。(木野下委員)


[県支出金関係]
◯兵庫県の実施する行財政改革が、本市にどのような影響があるのか、迅速に情報収集し、動向把握に努めてほしい。そして、市民の命と暮らしを守るため、国、県に対し市長を先頭に意見を発信してほしい。(山口委員)


[土地売払収入関係]
◯旧市立芦屋高等学校跡地の売却は、タイミングを逃さず迅速・的確に対応してほしい。(帰山委員)


[予算全般]
◯予算説明書の説明欄に主要な事業名を明記し、わかりやすくすべきだ。(帰山委員)


歳出議会費
[議会インターネット配信関係]
◯市議会本会議のインターネット配信では、119万円での実施を評価する。(中島(か)委員)


歳出総務費
[職員給与関係]
◯再任用制度は、正規職員の新規採用が抑制されている現状下では、改めるべきだ。(山口委員)
[1.17あしやフェニックス基金関係]
◯基金を活用するためにも、講演会の開催など、自主防災組織活動の後押しをしてほしい。(帰山委員)
[コミュニティバス関係]
◯コミュニティバスの計画が後退してしまっている。再検討をすべきだ。(山口委員)
[行政ネットワークシステム関係経費]
◯CSの導入では安かろう悪かろうになったのではないか。職場に負担がかかっており、対応を迅速にすべきだ。(木野下委員)


歳出総務費
[市民相談業務関係経費]
◯市民相談窓口の充実を求める。また、庁内の多重債務問題対策連絡調整会議は県の動向を待つのではなく、情報交換等積極的に進めてほしい。(中島(か)委員)
[男女共同参画参画推進関係]
◯「男女共同参画参画推進条例」は、市民参画型で策定を進めてほしい。(中島(か)委員)
[安全都市推進関係]
◯防犯グループの達成率が100パーセントに達した。今後、結成された防犯グループが充実した活動をできるよう、市として応援する方策を考えてほしい。また、県からの補助が継続されるよう本市からも要望してほしい。(幣原委員)
[職員の健康・研修費関係]
◯メンタルヘルス関連の経費は増加の傾向にある。健康管理に早めの対策を求める。(中島(か)委員)
◯病気の職員のメールや手紙の内容が差別的だとして、職員全体に研修することは問題だ。同和問題での総括が求められる。(木野下委員)
[市民サービスコーナー費]
◯ラポルテ市民サービスコーナーは昨年から委託になっている。280万円も予算が削られており、市民サービスの低下や低賃金労働が懸念される。実態把握に努めるべき。(山口委員)
◯ラポルテ市民サービスコーナーの経費が毎年減少傾向にある。市民サービス低下にならないよう意を用いてほしい。(帰山委員)


歳出消防費
[常備消防費]
◯新型インフルエンザなど感染症の拡大が危惧されている。感染症の拡大に際し迅速に対応できるよう、救急救命のための装備を充実し、消防隊員が安心して出動できるようにしてほしい。また、どのような対応策をとるのか決めておく必要もある。特に心配される新型インフルエンザに対応するためには、市としてもタミフルの備蓄など十分な準備をすることを求める。(幣原委員)
◯消防は、阪神・淡路大震災のときに、多くの倒壊した建築物の中、最前線で業務に当たった。それから13年が経過した今、他市において震災でのアスベスト疾患の患者が出てきている。職員の健康診断は最低年2回受診し、注意を怠らないようにしてほしい。さらに、消防以外の職場でも、アスベストによる健康被害について留意してほしい。(山口委員)
◯東南海地震の危険性が叫ばれている。現在の職員数を条例定数に近づけ、予期せぬ災害にしっかり備えてほしい。(山村委員)
[非常備消防費]
◯本市には11名もの女性消防団員が活躍していることを評価する。今後さらに防災に関して女性の視点を生かし、女性に優しい防災体制の充実に力を入れてほしい。(幣原委員)
◯消防団員が高齢化、人員不足の状況である。必要な団員確保に向け、さらなる対策を求める。(帰山委員)
[災害対策・国民保護に関する経費]
◯国民保護に要する経費があるが、戦争やテロなどの有事と自然災害は全く違う。ひとくくりにしてはならない。(山口委員)
◯国民保護に要する経費は、今、必要とする防災や新型インフルエンザなど、対応を急がなくてはならないところに充てるべきだ。(木野下委員)


歳出公債費
[財政健全化・公的資金補償金免除繰上償還関係]
◯自信を持ち、かつ、慎重に仕事を進めてほしい。財政健全化法に向けても、市民、議会に対し、説明責任を果たすべく、適切な資料を提供すべきだ。(中島(か)委員)
◯市債の繰り上げ償還を機会をとらえて実施し、公債費比率の削減に努めてほしい。(山村委員)
◯財政健全化計画、公営企業経営健全化計画を公開し、市民に市の財政などをわかりやすく広報するように求める。(木野下委員)



≪第29号議案 平成20年度芦屋市公共用地取得費特別会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯予算説明書の説明欄の表記をわかりやすくすべきだ。(帰山委員)



≪第34号議案 平成20年度芦屋市宅地造成事業特別会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯高浜用地の売却促進を求める。(山村委員)
◯高浜用地完売に向け、販売計画を早急に作成し、議会に説明してほしい。(帰山委員)



≪第36号議案 平成20年度芦屋市芦屋打出財産区会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯マツタケ山の整備など財産区が自主的に推進を希望している事業について、市としても応援してほしい。(幣原委員)



≪第37号議案 平成20年度芦屋市三条津知財産区会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯自衛隊通信基地への六甲山頂の土地の貸付を見直すべき。(木野下委員)



 予算特別委員会民生文教分科会

≪第26号議案 平成20年度芦屋市一般会計予算≫



区分
意見・要望


民生費
[社会福祉費関係]
◯福祉金や高齢者祝金は効果的な優れた制度であり、維持すべきだ。(長谷委員)
◯例年、決められた予算を福祉制度に割り振るのではなく、福祉の向上につながる予算措置をすべき。(長谷委員)
◯上宮川文化センターでの高齢者卓球は健康づくりとして好評であるが、卓球台の老朽化や利用制限があるので、買い替えなど検討すべき。(前田委員)
◯乳幼児医療助成は、小学校6年生まで、さらには中学校3年生まで拡大すべき。(中村委員)
◯現在の(仮称)芦屋市福祉センター案を市職員が福祉の専門家の目で今一度見直すべき。(重村委員)
◯市民病院へのバスは、すべてノンステップバスを希望する。(森委員)


[老人福祉費関係]
◯阪急バスへの補助額は従前の交付率で算定しているが、地域性、利用率などを検証し、再検討すべき。(前田委員)
◯福祉公社の組合に対する不当労働行為に対して県労働委員会は救済命令を行った。行政の外郭団体として由々しき事態であり、市も指弾されているに等しい。猛省が必要。(前田委員)
◯大東町住宅のシルバーハウジング緊急通報システム事業で夜間常駐委託費に市の不適切な対応があったため、受託事業者は撤退した。従前の委託単価では同様の事案が発生することになる。抜本的対策が必要。(前田委員)
◯大東町住宅のシルバーハウジング緊急通報システム事業の平日業務は、福祉公社に委託。夜間業務の委託費の一部振りかえを理由に、昨年、一方的に時給を引き下げた。委託費算定は国基準を根拠にしているが、他市事業では上乗せもあり見直しが必要である。(前田委員)
◯和風園が4月1日から指定管理者運営に変わる。十分な準備と円滑かつ万全な引継ぎを求める。(前田委員)


[児童福祉費関係]
◯すくすく学級は定員を超える通級があり待機者もいる。新年度で障がい者(児)福祉計画第5次中期計画等も策定予定であり、社会情勢の要請に応えられる施設整備が必要である。(前田委員)
◯保育所では、新年度も100人を超える待機児童がいる。待機児童解消は喫緊の課題である。(前田委員)
◯保育所民営化については慎重な対応を求める。(前田委員)
◯母子家庭自立支援給付金事業は利用もふえつつある。更なる制度の周知や利用促進を図り、就労に結びつけるように。(前田委員)
◯全保育所の危険な窓にはガラス飛散防止シートを早急に張るべき。(森委員)
◯児童扶養手当に関して、就業意欲証明書等の提出の際は受給が制限されないよう、丁寧な窓口対応を希望する。(森委員)


[災害救助費関係]
◯医療制度改正や税負担増で影響が及ぶ災害援護資金の小額償還者には、窓口での丁寧な相談、対処を求める。(森委員)


教育費
[教育総務費関係]
◯「子ども読書の街づくり」事業を推進するために、古い本の処分と図書費の増額は急務である。(長谷委員)
◯適応教室実施事業では、児童・生徒の立場に立ちながら家庭、学校などがさまざまな連携をとり、更なる充実を図ることが求められる。(前田委員)
◯学力向上支援事業で学習指導補助員を増員するが、教育委員会も認識するように学力の二極化がある。格差社会の中でどの教科にも配置を求める。(前田委員)
◯「子ども読書の街づくり」事業については、インターネットを通して本を寄贈したい側と学校など譲ってもらいたい側を取り持つブックシェアというサイトを利用して蔵書の増加を図るべき。(中村委員)
◯学力向上だけに力を入れるのではなく、芦屋の子供たちの体力が全国で最下位であることを認識して、対策に努めること。(重村委員)
◯スクールアシスタント、指導員などの適切な協力体制のもと、特別支援教育を充実すべき。(森委員)
◯生徒、教師、保護者に不安と競争を拡大させる複数志願選抜制度には反対すべき。(森委員)


[小学校費関係]
◯山手小学校は多目的室を利用し2学級増設する。今後全校で少人数学級の推進など教育環境の変化が起こるが、教育委員会で十分な対策をとるよう要望する。(前田委員)
◯小学校英語活動推進事業として、小学5・6年生を対象に新学習指導要領に基づき事業が展開されるが、活動には異論もある。事業を行いながら検証も行うように。(前田委員)
◯安全教育については、「CAP(子供への暴力防止プログラム)」で学び、いじめ、暴力、性犯罪から子供を守るため、行政、地域での取り組みを強化すべき。(中村委員)


[社会教育費関係]
◯文科省が子どもプランを提起。平成19年度は校庭開放事業を子どもプラン事業に位置づけているが、現状を直視した計画立案が必要である。(前田委員)
◯谷崎潤一郎記念館は館の運営に当たっている事業者が次期の運営辞退を公言されている。指定管理者制度の問題や社会教育施設運営そのものの検証が必要。(前田委員)
◯留守家庭児童会では、宮川小学校のなかよし学級は新年度72名でクラス分けを実施する。新たな指導員配置は臨時職員配置といわれるが、継続性がなく、問題があり、嘱託指導員配置が必要。また、配慮を要する児童の受け入れに嘱託指導員配置が必要。(前田委員)



≪第27号議案 平成20年度芦屋市国民健康保険事業特別会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯支払い能力のある保険料未納者にはしっかり支払ってもらうよう努力してほしい。(長谷委員)
◯総合健康診断助成については、例年募集枠を超える要望があり人数など考慮すべきである。また、診断後の検証などを行い、病気の早期発見などに結びつくことなどを広報すべき。(前田委員)
◯医療費通知については効果面は否定しないが、事業の検証も必要。(前田委員)
◯65歳から74歳までの人は、保険料天引きが開始されるが、低所得者には配慮が必要。滞納者、分納者の実態を把握し、きめ細かな対応を求める。(森委員)



≪第33号議案 平成20年度芦屋市介護保険事業特別会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯介護認定では、十分に個別のケースでの機能低下や事情を考慮して、医師とケアマネジャー、ヘルパーなどとの連携を強化すべき。(長谷委員)
◯介護予防事業費及び包括的支援事業・任意事業費が改正介護保健法の中に盛り込まれた。保険制度には上乗せや横出しサービスも可能とされており、市の独自事業との抱き合わせなどを工夫すべき。(前田委員)
◯高齢者の総合的な相談窓口として、ますます利用が期待される地域包括支援センターの予算増額を求める。(森委員)



≪第35号議案 平成20年度芦屋市後期高齢者医療事業特別会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯対象者には、わかりやすく説明できる資料を用意し、丁寧な説明をしてほしい。(長谷委員)
◯制度全般については説明会や広報は保険料などが中心であったが、療養の給付や後期高齢者の医療内容がどのように変化するかの広報活動を工夫し展開する必要がある。(前田委員)



≪第38号議案 平成20年度芦屋市病院事業会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯DPC制度の病院でないと、急性期病院としての経営はできない。厚生労働省はすでに受付を打ち切っており、これから取り組むというが、すでに手遅れではないのか。(長谷委員)
◯新年度は地方独立行政法人化に向けた整備体制の時期。理事長予定者の選任など、適切かつ迅速な取り組みが求められる。(前田委員)
◯現年度3月補正の実態と新年度の医師・看護師体制から推察すると増患対策が十分ではない。(前田委員)
◯看護師確保が課題であるが、初任給などは国基準に比べても低位で改善が必要である。(前田委員)
◯建てかえ計画を考えた場合に病床数の決定は重要事項である。病院設置者の決断が必要である。(前田委員)
◯病院事業の資金繰りが急激に悪化している。一般会計からの抜本的対応が求められる。(前田委員)
◯平成20年度の病院予算は市の将来を左右する危険性をはらんでいる。病院の抜本的な改革を目指し、独立行政法人に移行する経費や病棟建てかえ設計をはじめ、多額の予算が計上され、また、建てかえには80億円が予想されている。もう後に引けない重大な決断である。それだけの決意を込めて芦屋市が総力を挙げて取り組むことを強く要望する。(都筑委員)
◯経営効率が強調されたガイドラインによる独立行政法人化では公立病院の再編・縮小・廃止につながる。地域の中核病院として、誰もが安心して利用できる「医療の拠点」の機能を果たす自治体病院を守るべき。(森委員)



 予算特別委員会都市環境分科会

≪第26号議案 平成20年度芦屋市病院事業会計予算≫



区分
意見・要望


歳入本分科会付託分
[市営住宅使用料関係]
◯未収入対策に本年度も努力すること。(中島(健)委員)


衛生費
[保健衛生費関係]
◯市民マナー条例の効率的・効果的運用を。(中島(健)委員)
◯尼崎市等で始めている野良猫の避妊助成制度を本市も取り組むべきではないか。尼崎市では1件1万円で年間100件までの予算をとっている。(徳田委員)
◯新型インフルエンザ対策に関して本市としても、タミフルの備蓄、市民病院の体制、インフラ施設の維持等々、今後考え、計画を組んでいってほしい。(徳田委員)[清掃費関係]
◯パイプライン維持費の削減と、ゴミ分別等を含めた検討を。(いとう委員)


土木費
[道路橋梁費関係]
◯交通安全施設整備事業は、来年度にとどまらず計画的整備に取り組むこと。(中島(健)委員)[公園緑地費関係]
◯公園内のトイレについて、防犯性を高めた改修を。(いとう委員)



≪第32号議案 平成20年度芦屋市駐車場事業特別会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯使用料収入向上のための検討をすすめ、対応策を早期に。(中島(健)委員)









          継続審査事件一覧表

                          平成20年3月25日(火)

*民生文教常任委員会



番号
事件名
付託年月日


請願10
保険でよい歯科医療の実現を求める意見書採択の請願
H19.12. 3



          継続調査事件一覧表

                          平成20年3月25日(火)

*総務常任委員会



番号
事件名
付託年月日


 
消防庁舎建てかえについて
 


 
高浜用地売却について
 



*民生文教常任委員会



番号
事件名
付託年月日


 
(仮称)芦屋市福祉センターについて
 


 
ユニバーサルデザインのまちづくりについて
 


 
芦屋市スポーツ振興基本計画後期5か年計画について
 



*都市環境常任委員会



番号
事件名
付託年月日


 
南芦屋浜土地利用計画に関する調査について
 


 
水道施設整備計画について
 


 
山手幹線事業の進歩状況について
 


 
建築規制について
 


 
市民マナー条例に基づく取り組みについて
 



*議会運営委員会



番号
事件名
付託年月日


 
次期定例会等の運営について
 


 
議会運営に関する研究について