議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 芦屋市

平成14年  3月 定例会(第1回) 02月26日−目次




平成14年  3月 定例会(第1回) − 02月26日−目次









平成14年  3月 定例会(第1回)



         平成14年芦屋市議会第1回定例会会議録目次

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔付議事件〕

◯市長提出議案

  第1号議案 固定資産評価審査委員会の委員の選任につき市議会の同意を求めることについて

  第2号議案 芦屋市職員の勤務時間その他の勤務条件に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

  第3号議案 芦屋市一般職の職員の給与に関する条例及び芦屋市企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について

  第4号議案 平成13年度芦屋市一般会計補正予算(第5号)

  第5号議案 平成13年度芦屋市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

  第6号議案 平成13年度芦屋市病院事業会計補正予算(第1号)

  第7号議案 平成13年度芦屋市水道事業会計補正予算(第2号)

  第8号議案 財産の取得について

  第9号議案 市道路線の認定及び廃止について

  第10号議案 損害賠償の額を定めることについて

  第11号議案 芦屋市情報公開条例の制定について

  第12号議案 芦屋市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について

  第13号議案 芦屋市職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  第14号議案 芦屋市職員の勤務時間その他の勤務条件に関する条例及び芦屋市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  第15号議案 公益法人等への芦屋市職員の派遣等に関する条例の制定について

  第16号議案 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例の制定について

  第17号議案 芦屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  第18号議案 芦屋市立高等学校および幼稚園の学校医、学校歯科医および学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の全部を改正する条例の制定について

  第19号議案 芦屋市立芦屋病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について

  第20号議案 芦屋市福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  第21号議案 芦屋市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について

  第22号議案 芦屋市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について

  第23号議案 平成14年度芦屋市一般会計予算

  第24号議案 平成14年度芦屋市国民健康保険事業特別会計予算

  第25号議案 平成14年度芦屋市下水道事業特別会計予算

  第26号議案 平成14年度芦屋市公共用地取得費特別会計予算

  第27号議案 平成14年度芦屋市都市再開発事業特別会計予算

  第28号議案 平成14年度芦屋市老人保健医療事業特別会計予算

  第29号議案 平成14年度芦屋市駐車場事業特別会計予算

  第30号議案 平成14年度芦屋市介護保険事業特別会計予算

  第31号議案 平成14年度芦屋市打出芦屋財産区共有財産会計予算

  第32号議案 平成14年度芦屋市三条津知財産区共有財産会計予算

  第33号議案 平成14年度芦屋市病院事業会計予算

  第34号議案 平成14年度芦屋市水道事業会計予算

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議員提出議案

  第38号 議会の監視機能の強化充実に関する要望決議

  第39号 芦屋市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について

  第40号 精道小学校の早期建てかえを求める決議

  第41号 芦屋市議会議員定数条例の一部を改正する条例の制定について

  第42号 芦屋市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯動議

  伊藤議員に謝罪とお詫び文掲載を求める動議(動議成立後取り下げ)

  議会改革に関する諸問題の調査について(調査の終了)

  前助役収賄事件調査特別委員会の調査事項の追加について

  前助役収賄事件調査特別委員会の調査経費について

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯請願

  第36号 公光町住宅地マンション建設に係わる請願書

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔会議に配布した文書〕

  1.平成14年第1回定例会会議予定表

  2.芦総管第119号 専決処分の報告について

  3.芦建道第200号 専決処分の報告について

  4.発言訂正について(前定例会に関するもの)

  5.事件訂正請求書(第11号議案に関するもの)

                                (以上、省略)

  6.議会改革調査特別委員会委員長報告資料……………………………………(8)

  7.予算特別委員会委員長報告資料……………………………………………(11)

  8.予算特別委員会修正資料……………………………………………………(19)

  9.継続審査事件一覧表…………………………………………………………(21)

 10.継続調査事件一覧表…………………………………………………………(22)

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〔会議〕

◯第1日(2月26日)

  1 応招し会議に出席した議員…………………………………………………………1

  2 不応招議員……………………………………………………………………………1

  3 会議に出席した吏員及び委員………………………………………………………1

  4 会議に職務のため出席した事務局職員……………………………………………2

  5 議事日程

   (1) 会議録署名議員の指名……………………………………………………………5

   (2) 会期の決定…………………………………………………………………………5

   (3) 議会改革に関する諸問題の調査について………………………………………5

   (4) 議員提出議案第38号 議会の監視機能の強化充実に関する要望決議……7

     議員提出議案第39号 芦屋市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について………………………………………………………………………………………………7

   (5) 前助役収賄事件調査特別委員会の調査事項の追加について…………………8

   (6) 第1号議案 固定資産評価審査委員会の委員の選任につき市議会の同意を求めることについて…………………………………………………………………………………8

     第2号議案 芦屋市職員の勤務時間その他の勤務条件に関する条例等の一部を改正する条例の制定について…………………………………………………………………8

     第3号議案 芦屋市一般職の職員の給与に関する条例及び芦屋市企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について…………………8

     第4号議案 平成13年度芦屋市一般会計補正予算(第5号)……………8

     第5号議案 平成13年度芦屋市下水道事業特別会計補正予算(第3号)…………………………………………………………………………………………………………9

     第6号議案 平成13年度芦屋市病院事業会計補正予算(第1号)………9

     第7号議案 平成13年度芦屋市水道事業会計補正予算(第2号)……10

     第8号議案 財産の取得について……………………………………………10

     第9号議案 市道路線の認定及び廃止について……………………………10

     第10号議案 損害賠償の額を定めることについて………………………10

   (7) 請願第36号公光町住宅地マンション建設に係わる請願書の取り下げについて…………………………………………………………………………………………………11

   (8) 施政方針説明(第11号議案〜第34号議案)……………………………11

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯第2日(3月7日)

  1 出席議員……………………………………………………………………………23

  2 欠席議員……………………………………………………………………………23

  3 会議に出席した吏員及び委員……………………………………………………23

  4 会議に職務のため出席した事務局職員…………………………………………24

  5 議事日程

   (1) 建設常任委員長報告(第5号議案、第9号議案)…………………………25

     文教公営企業常任委員長報告(第6号議案、第7号議案、第10号議案)…………………………………………………………………………………………………………25

     総務常任委員長報告(第2号議案、第3号議案、第4号議案、第8号議案)……………………………………………………………………………………………………26

   (2) 総括質問

    ? 市長の政治姿勢について

    ? 財政問題について

    ? 行財政改革について

    ? 総合公園について

                   (以上、19番 松木義昭議員)………31

    ? 市長の施政方針について

                    (以上、3番 西山忠義議員)………44

    ? 財政関係について

    ? 生活・福祉関係について

    ? 教育関係について

    ? 都市整備関係について

                   (以上、26番 室井 明議員)………53

    ? 暮らしを支える政治を

    ? 公共事業の見直しで財政再建を

    ? 汚職究明と再発防止、公正な公共事業発注を

    ? 教育について

    ? 平和と民主主義について

                   (以上、21番 平野貞雄議員)………62

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯第3日(3月8日)

  1 出席議員……………………………………………………………………………87

  2 欠席議員……………………………………………………………………………87

  3 会議に出席した吏員及び委員……………………………………………………87

  4 会議に職務のため出席した事務局職員…………………………………………88

  5 議事日程

   (1) 総括質問続き

    ? ペイオフ対策について

    ? 法定外の新税導入について

    ? 駅前送迎保育ステーションの開設について

    ? 障害者の制度拡充について

    ? 介護予防事業の充実推進について

    ? 事務事業評価システムを導入し行政事務の見直しを図れ

    (21) 聖域なき行革の年次別徹底推進について

    (22) あゆみ橋の安全対策工事について

    (23) IT講習事業について

                    (以上、9番 竹内安幸議員)………89

    (24) 財政難とまちづくりについて

    (25) 精道小学校の建てかえについて

    (26) 教育行政について

    (27) 男女共同参画行動計画の見直しについて

                 (以上、14番 重村啓二郎議員)………108

    (28) 市長の政治姿勢を問う

    (29) 財政危機を直視してきたか

    (30) 南芦屋浜のまちづくりについて

    (31) エンゼルプランはペーパープランか

    (32) 高等学校教育について

                   (以上、5番 前田辰一議員)………114

   (2) 第11号議案 芦屋市情報公開条例の制定について……………………135

     第12号議案 芦屋市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………………………………135

     第13号議案 芦屋市職員の再任用に関する条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………………135

     第14号議案 芦屋市職員の勤務時間その他の勤務条件に関する条例及び芦屋市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例の制定について…………135

     第15号議案 公益法人等への芦屋市職員の派遣等に関する条例の制定について……………………………………………………………………………………………135

     第16号議案 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例の制定について……………………………………………………………………135

     第17号議案 芦屋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………135

     第18号議案 芦屋市立高等学校および幼稚園の学校医、学校歯科医および学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の全部を改正する条例の制定について……135

     第19号議案 芦屋市立芦屋病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………135

     第20号議案 芦屋市福祉医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定について………………………………………………………………………………135

     第21号議案 芦屋市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………………………………135

     第22号議案 芦屋市火災予防条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………………………………135

     第23号議案 平成14年度芦屋市一般会計予算………………………137

     第24号議案 平成14年度芦屋市国民健康保険事業特別会計予算…137

     第25号議案 平成14年度芦屋市下水道事業特別会計予算…………137

     第26号議案 平成14年度芦屋市公共用地取得費特別会計予算……137

     第27号議案 平成14年度芦屋市都市再開発事業特別会計予算……137

     第28号議案 平成14年度芦屋市老人保健医療事業特別会計予算…137

     第29号議案 平成14年度芦屋市駐車場事業特別会計予算…………137

     第30号議案 平成14年度芦屋市介護保険事業特別会計予算………137

     第31号議案 平成14年度芦屋市打出芦屋財産区共有財産会計予算…………………………………………………………………………………………………………137

     第32号議案 平成14年度芦屋市三条津知財産区共有財産会計予算…………………………………………………………………………………………………………137

     第33号議案 平成14年度芦屋市病院事業会計予算…………………137

     第34号議案 平成14年度芦屋市水道事業会計予算…………………137

   (3) 議員提出議案第40号 精道小学校の早期建てかえを求める決議……138

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯第4日(3月25日)

  1 出席議員…………………………………………………………………………139

  2 欠席議員…………………………………………………………………………139

  3 会議に出席した吏員及び委員…………………………………………………139

  4 会議に職務のため出席した事務局職員………………………………………140

  5 議事日程

   (1) 第11号議案の訂正について………………………………………………141

   (2) 建設常任委員長報告(第21号議案)………………………………………141

     民生常任委員長報告(第20号議案)………………………………………141

     文教公営企業常任委員長報告(第18号議案、第19号議案)……………142

     総務常任委員長報告(第11号議案、第12号議案、第13号議案、第14号議案、第15号議案、第16号議案、第17号議案、第22号議案)…………………………………144

     予算特別委員長報告(第23号議案〜第34号議案)………………………149

   (3) 緊急質問について……………………………………………………………178

   (4) 議員提出議案第41号 芦屋市議会議員定数条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………………………………………183

     議員提出議案第42号 芦屋市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について……………………………………………………183

   (5) 前助役収賄事件調査特別委員会の調査経費について……………………189

   (6) 閉会中の継続審査及び継続調査に付する件………………………………190

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−







          議会改革調査特別委員会委員長報告資料

(第1分科会 付託項目調査結果報告書)



結果
項目
備考


既に実施したもの
●都市計画審議会委員のうちの議員の定数について
5人枠を使えという強い意見あり(実施済み)


●調査研究費の個人支給について
政務調査費で実施済み


 
 


改革すべきもの
●公社等の監視強化
出資比率2分の1を4分の1に


●議会に提出すべき書類


 
 


引き続き(他の会議で)検討すべきもの
●海外視察の再開を
研究していく


●議決事項の追加
 


 
 


現状どおりとすべきもの
●議長の任期を複数年に
 


●選挙立候補時に所信表明を
 


●議長は常任委員を辞任しては
 


●閉会中に定例的な委員会開催を
 


●委員会で議案外にわたる所管事務の調査を
 


●委員会の中で自由な質問の時間を
 


●委員長報告は委員長が作成を
委員長が書くと言えば拒まない


●当局からの報告は常任委員会で
所管事務調査の形でできる


●個人視察を認めては
 


●無所属議員の位置付けについて
 


 
 


意見の一致を見なかったもの
●議会役員選挙のルール化を
意見があったということで各代表者に要望する


●議員報酬の見直しについて
報酬等審議会を毎年開催の意見あり


●調査研究費の額の引き上げについて
 


●各種団体役員への就任の自粛について
 


●議員定数(削減)について
 


●各種審議会委員の派遣の是非について
 


●各種審議会委員の選出方法について
議論が出たときに協議する


 
 





(第2分科会 付託項目調査結果報告書)



分類
項目
内容


新たに実施するものあるいは従来の取扱を変更するもの
(1)研修会について
実施する


(2)表決制度について
本会議は起立採決で行う(議会運営委員会へ、会議規則第70条、76条の改正が必要)


(3)委員会音声の控室への放送について
流す方向で、規則の改正が必要なら改正する


(4)傍聴制度について
(傍聴手続の簡素化)
傍聴者名簿の年齢欄については削除する(傍聴規則第6条の改正が必要)


(5)傍聴制度について
(資料の配布)
委員会レジュメについては傍聴者に配布する


(6)一般質問について
発言場所は、1回目登壇・2回目以降自席で行う(当局も。会議規則第50条の改正が必要)


(7)会議へのパソコンの持ち込みについて
委員会に限り、試験的に持ち込みを認める(当局も。配線等の設置は行わない)


代表者会議等へ要望又は申し入れるもの
(1)子供議会について
代表者会議で諮り、当局(教育委員会)へ要請してもらう


(2)虚礼廃止決議について
倫理条例の精神を踏まえて、今後代表者会議で見直しを進める


(3)当局答弁の事後対応について
議会に誠意をもって丁寧に対応するよう、当局に申し入れる


(4)事務局について
増員については議長を通じて当局へ申し入れる


今後の研究課題とするもの
(1)会議録について
(検索システム)
必要性については概ね認められるが、費用が高くつくことあるいは他の改革との優先順位等の問題でさらに検討を加えることとなった


(2)インターネットの活用について
費用をかけずに行う方向でさらに研究する


取扱等の確認を行ったもの
(1)年間スケジュールの作成について
わかる範囲でできるだけ早くスケジュールを知らせる


(2)用語の見直しについて
用語の使い方についてわかりにくいという議論があった


(3)傍聴制度について
(障害者への対応)
盲人犬はOK。障害者への対応については、その都度代表者会議に諮ってできるだけ許可する方向で対応する


(4)請願について
(書式の統一)
できるだけ議会提要のとおりの書式で、紹介議員から請願者にお願いする


(5)陳情について
(陳情審査)
現状のまま


(6)公聴会等について
もっと活用していくという意思確認を行った


(7)請願について
(採択請願の処理報告のルール化)
問題があったらそのときに協議して決める


結論を得られなかったもの
(1)休日夜間議会について
議会の活性化・公開あるいは市民の市政参加への条件整備という点で有用という意見がある一方、費用対効果の点で疑問がある、全国的にも低調であるという否定的な意見があった


(2)委員会冒頭の市長挨拶について
市長が思いのたけを述べる場がある方がよい、儀礼的になっているきらいがある等の議論があり、結論は出さないこととなった


(3)記録の公開について
議員活動のためにも、開かれた議会という意味でも条件整備をして全面公開をという意見と、一方、部分的に取り上げられる可能性も残る、現状で差し障りはないなど、両論あり


(4)テレビ放映について
震災前の合意もあり議会の公開にはあらゆる手段をつくすべきだという意見と、検討委当時とは状況が違う、費用が高すぎる、条件整備が難しいという意見の両論あり、ただし、費用をJ−COMが持つなら検討する


(5)調査機能について
(会期外定例審査)
委員会開催については現制度でよいという意見と月例開催等もっと調査に機会をという意見の両論があった


(6)調査機能について
(議案外発言)
現状に問題があるとは思わないという意見と、事前通告等一定のルール化のもと議案外質問も認めるべきとの両論があった


(7)請願について
(請願者による説明)
請願者に機会を保障する、市民参加を明確に設けていくという点で認めるべきという意見と、参考人制度等現状の制度で対応できる、具体的には委員会の判断で行うべきという意見の両論があった


(8)予算審査について
昨年実施した全員参加でない特別委員会は時間的制約等により委員の負担が過重になり審査への支障が考えられる。支障がないかぎり昨年の特別委員会でよい。決算と同様の方法によるべき。等の意見があった









          予算特別委員会委員長報告資料

(総務分科会)

≪第23号議案平成14年度芦屋市一般会計予算≫



区分
意見・要望


歳入全般
[市税関係]
◯経済不況等による税収予測について、特に高額納税者の動向を把握し税収確保を図れ。(竹内)


[地方交付税関係]
◯算定基準はともかく、増額する努力は必要。(山田みち子)
◯16億円が交付額として算出されているが、そのうち14億円は震災時の瓦礫処理費用の交付税措置である。本市は普通交付税の不交付団体であり、震災復興事業を積極的に展開し多額の起債を発行している。特段の交付を根拠をもって要請すること。国際文化住宅都市建設法の趣旨に鑑みて、市長が先頭に立ち一層要望することを求める。(前田)


[使用料及び手数料関係]
◯中央公園野球場の使用料について、実情にあわせる配慮を。(山田みち子)


[国庫支出金関係]
◯国・県へ補助金確保に努めるよう要望する。(竹内)


[県支出金関係−雇用創出事業]
◯芦屋市民を雇用し、遅れている野外活動センターの整備等、市民要求実現に結びつくような事業を進めるよう求める。(田中)
◯現下の厳しい雇用情勢、高失業の下で国において特別交付金が県に下ろされ、県が基金を設け、県・市町に交付される。ハローワークの求人を通じての求人となるとのことだが、芦屋市民対象に限定することは難しいとのことではあるとしても、補助金算定基準として当該自治体の人口も指標となっている中で、住民の就労確保という観点から特段の意を用いて事業展開を進めるべきである。(前田)


[寄付金関係−総合公園整備事業]
◯総合公園整備の凍結といった論者もいるが、今凍結しても市の財政に何の潤いもなく、反対にこれまで進捗した135億円の賠償金が発生するだけでなく、即、財政破綻を来すことになる。それより、前倒しにしてでも早く進めれば、利息分だけでも総費用の抑制につながり、また、宅地分譲にも弾みがつき、人口増からくる税収にも少しは貢献できるものと思う。(山村)
◯総合公園は凍結の方向で環境事業団と協議すべきである。(田中)


[諸収入関係]
◯NEDOの太陽光発電にかかわる助成金の研究を。(山田みち子)


総務費
[電気使用料関係]
◯電気使用料の5%削減について、何事も同じだが、どこの所管が責任をもって実施しているのかわからない。総務部が先頭に立って職員、市民に目に見える形で実施すべきでないか。(重村)


[総務管理費関係]
◯CATV広報番組の新年度事業内容について、市の重点事業の広報特集番組の企画を拡充せよ。(竹内)


[契約管理費関係]
◯100%かそれに近い落札率での入札については、公正な競争が行われているか調査するよう求める。(田中)


[戸籍住民基本台帳費関係]
◯ラポルテ市民サービスコーナーについて、場所的にも利便性が高く利用者の評判もよいので、サービス内容の拡充を図れ。(竹内)
◯住民基本台帳ネットワークは、個人情報漏洩の危惧やコスト負担等、問題がある。拙速に進めず、個人情報保護のシステム確立を。(田中)


[救急業務費関係]
◯救急出動について、現状に即した体制の強化を図れ(竹内)
◯原子力災害におけるマニュアルづくりをすべき(山田みち子)


[公債費関係]
◯財政危機は、経常収支比率、公債費比率等が著しく悪化している中で、総合公園等大規模投資事業を推進したからであり、政策的判断の誤りではないか。(田中)





(文教公営企業分科会)

≪第23号議案平成14年度芦屋市一般会計予算≫



区分
意見・要望


教育費
[教育総務費関係]
◯教育委員会の会議は実質的な議論を非公開で行っている。会議録なしの協議会で行うことは改めよ。(平野)
◯学校園創立記念経費は従来の半分以下に抑えられているが、精道小学校は130周年の祝いにふさわしいものになるよう配慮を。(平野)
◯特色ある学校園づくりには、校長の外部招聘も含め検討すべきでないか。(室井)


[小学校費関係]
◯精道小学校については早急に安全対策を講じるとともに、改良改修にとどめず早急に建替えを具体化されたい。(平野)
◯精道小学校の校舎は老朽化が著しく、先日も北校舎の壁が落下した。児童の安全優先を第一に考え、財源の確保に努め校舎を建替えるべきである。(松木)
◯精道小学校の建替えについて、今年度早急に基本設計を。工期は1期、2期と分けて建替えることも考えに入れるべき。(室井)
◯精道小学校建替え事業の早期実現のため調査費・基本設計委託料だけでも新年度予算に組み込むべきである。財源は予備費並びに前年度不用額を充当すればよい。(西山)


[中学校費関係]
◯子供が楽しみにしているセカンドスクールの縮小や大切な図書費の削減は教育の後退であり問題である。(平野)


[幼稚園費関係]
◯定員に余裕のある現在、私立就園児童の公立就園を奨励すべきである。また将来を見込んで幼保一元化促進のため努力すべきである。(西山)
◯10数年前に比べ園児数は半減しており、今後統廃合が課題となってくる。一方保育所の需要は増えており、幼保一元化を研究し実施すべきである。(松木)


[社会教育費関係]
◯校庭開放事業では、経費削減の観点からもボランティアの活用を。(室井)
◯留守家庭児童会の施設整備、土曜日の開級を早急に進めよ。(平野)
◯図書館の打出分室と大原分室の統廃合はいままで築いてきた図書館ネットワークを崩すものであり、実施すべきでない。(平野)


[保健体育費関係]
◯学校給食の正規職員を減らしていくことは安全で豊かな給食を実施していく上で問題である。(平野)
◯海浜プールについて、財政が厳しい中で、冬も燃料をたいて温水にし市民に供用するのは時代錯誤であり早急に見直すべきである。(松木)





≪第33号議案平成14年度芦屋市病院事業会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯市民病院は毎年赤字続きで、不良債務こそ発生していないが、累積赤字は50億円を超えるまでに至っている。この赤字の要素のひとつは人件費が民間に比べて高いためであり、これからは人件費を5割以下に抑えるよう努力すべきである。(松木)
◯治療と密接に関連する院内給食の民間委託化は問題でありやめるべきである。(平野)
◯看護職員が類似団体と比べ随分少ない。労働過重でサービスの低下にならないように。(平野)
◯空席となっている副看護婦長は早く配置すべきである。(平野)





≪第34号議案平成14年度芦屋市水道事業会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯阪神水道企業団に対する空払いは現在1億6千万円ほどある。さらに日量1万1000トンを受水する計画があり、この計画が実施されれば空払いは年間約4億円となり水道事業の経営を圧迫することは必至である。したがって他の構成3市と協力し、阪神水道企業団の水出し時期を先延ばしするよう強く申し入れるべきである。(松木)
◯改正水道法に対応して、小規模受水槽のクリーニング奨励金制度の創設を検討されたい。(平野)





(民生分科会)

≪第23号議案平成14年度芦屋市一般会計予算≫



区分
意見・要望


民生費
[社会福祉総務費の民生委員関係]
◯民生委員の欠員が出ないように努力してほしい。(小川)
◯民生委員の待遇を改善するよう要望。(小川)
◯高齢化社会では民生委員に期待されるものはかつてより増してきている。これに対応するため民生委員の若返りを。民生委員の年齢制限を引き下げてほしい。(池内)


[社会福祉事業費の援護資金貸付金関係]
◯貸付の基準を緩和し、一層利用しやすくしてほしい。(山口寛)


[人権推進費関係]
◯同和対策事業促進協議会補助金の廃止を確認。(山口寛)


[高齢者世帯生活援助員設置事業関係]
◯新規施策として実施されることになったが、ぜひきめの細かい対応によって被災高齢者世帯の福祉充実を図ってもらいたい。(来田)


[養護老人ホーム費(和風園)関係]
◯経費削減がサービスに従事する職員の減員となっているようだが、サービスが低下しないよう、ボランティアの支援等をもっと取り入れる工夫を。サービス向上が老人ホーム入所者を増やすことにつながるのではないか。(池内)


[児童福祉総務費の家庭児童相談員報酬関係]
◯児童虐待の増加とともに相談件数も増えている。1人の家庭児童相談員では対応しきれなくなってきているのではないか。相談員をもう1名増員してはどうか。(池内)


民生費
[保育所費関係]
◯少子化傾向において、保育所の果たすべき役割をどう認識しているのか。保育士の配置基準は4月からすぐに変更されるのか。保育の後退をさせないように。(山口寛)
◯保育所入所の審査時には家庭の事情を十分把握してほしい。入所基準の厳守を要望。(小川)
◯来年4月に向けて市は保育士の基準の見直しを打ち出しているが、保育所の定員がそのままでは、保育の質の低下をまねき、待機児童の解消がされず、芦屋の子育て支援サービスの低下になる。保育所の定員を増やして、せめて待機児童の解消をしてほしい。(池内)
◯4月現在で33人の待機児童が予想されるが、待機児童解消のため入所円滑化措置を要望する。(来田)


衛生費
[粗大ごみ有料化関係]
◯粗大ごみ有料化後の対応として、不法投棄のないよう十分に対応してほしい。(小川)


[あしや温泉管理に要する経費関係]
◯市民に好評な施設だが、毎年1000万円あまりの赤字を出している。利用者の中には市外の人がかなり多いと聞く。
市外の利用者には、割高の入浴料を取るようにしてはどうか。(池内)


[火葬場の整備に要する経費関係]
◯住民との話し合いは難しい面があるが計画どおりのスケジュールで推進してもらいたい。(来田)


[南芦屋浜のパイプライン事業関係]
◯事業の中止は同じ地域の中で格差ができ、将来のまちづくり、特にコミュニティの面で支障が出てくる。再度、県と強く折衝すべきである。(来田)


商工費
[商工振興費の芦屋市中小企業融資制度預託金関係]
◯ペイオフが4月から実施されるが、今後とも制度の維持を要望。(山口寛)


労働費
[芦屋市シルバー人材センター関係]
◯シルバー人材センターの要員の配置については不公平のないよう、まんべんなく仕事が回ってくるように対応してほしい。(小川)


[緊急地域雇用創出特別交付金事業(歳入)関係]
◯市役所各職場で合計20人雇用することになるが、適切な人材を公平に採用して成果を上げてもらいたい。(来田)





≪第24号議案平成14年度芦屋市国民健康保険事業特別会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯短期保険証の発行状況について。また、個別の相談に適切に応じているか。(山口寛)





≪第28号議案平成14年度芦屋市老人保健医療事業特別会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯老人医療における適正医療が求められている折から、医療費のチェックは厳しくしてほしい。(池内)





≪第30号議案平成14年度芦屋市介護保険事業特別会計予算≫



区分
意見・要望


 
◯特別養護老人ホームの入所待機者は何人か。新たな特養建設の必要性を認識しているか。(山口寛)


◯新しく老人保健施設の設置が進んでおり、介護サービスの基盤整備が図られていることは歓迎するが、保険料アップにつながらないよう配慮をされたい。さらに一層のサービス面の充実に努力してもらいたい。(来田)





(建設分科会)

≪第23号議案平成14年度芦屋市一般会計予算≫



区分
意見・要望


土木費
[市道の維持補修関係]
◯今後補修していくにあたって、騒音の少ない排水性舗装に切り替えてほしい。(山中)


[総合公園関係]
◯凍結イコール事業中止という現実を踏まえるなら、中止して何も残らず135億円ものペナルティを払うより、今後平成26年から11年間の実費負担(125億円−高浜町用地売却代)を支払いながら、事業を粛々と進めていかざるを得ない。(山中)
◯環境事業団から国に対して、総合公園の休止の申し入れ・調整作業をするにしても、芦屋市の財政状況ということでは理由にならないと、事業団は見解を示している。事業を中断した場合、芦屋市は環境事業団から135億円前後の費用を請求されることになる。今後も総事業費の削減を工夫しながら事業を進めていかざるを得ない。(徳田)









            予算特別委員会修正資料

                          平成14年3月25日

   第23号議案平成14年度芦屋市一般会計予算に対する修正動議

 平成14年度芦屋市一般会計予算の一部を次のように修正する。

 第1条第2項中「第1表歳入歳出予算」を別紙のとおり改める。







第1表 歳入歳出予算

 歳出





金額


01議会費
 
  465,001 千円


 
01議会費
  465,001   


02総務費
 
4,071,109   


 
01総務管理費
3,243,935   


02徴税費
  486,680   


03戸籍住民台帳費
  241,283   


04選挙費
  48,365   


05統計調査費
  13,052   


06監査委員費
  37,794   


03民生費
 
6,835,820   


 
01社会福祉費
3,179,852   


02老人福祉費
1,251,759   


03児童福祉費
1,751,226   


04生活保護費
  643,764   


05災害救助費
   9,219   


04衛生費
 
3,666,617   


 
01保健衛生費
1,735,350   


02清掃費
1,620,271   


03上水道費
  310,996   


05労働費
 
  19,300   


 
05労働諸費
  19,300   


06農林水産業費
 
  19,757   


 
06農林水産業費
  19,757   


07商工費
 
  310,065   


 
07商工費
  310,065   


08土木費
 
12,553,004   


 
01土木管理費
  157,064   


02道路橋梁費
  926,182   


04都市計画費
10,708,755   


05住宅費
  761,003   


09消防費
 
1,244,229   


 
09消防費
1,244,229   


10教育費
 
4,572,275   
4,542,275   


 
01教育総務費
  855,633   


02小学校費
  501,446   
  471,446   


03中学校費
  309,241   


04高等学校費
  447,085   


05幼稚園費
  638,148   


06社会教育費
1,250,316   


07保健体育費
  570,406   


11災害復旧費
 
  60,000   


 
01公共施設災害復旧費
  10,000   


03埋蔵文化財等災害復旧費
  50,000   


12公債費
 
9,672,884   


 
12公債費
9,672,884   


13諸支出金
 
1,039,939   


 
01普通財産取得費
1,039,939   


30予備費
 
  70,000   
  100,000   


 
30予備費
  70,000   
  100,000   


歳出合計
44,600,000   









            継続審査事件一覧表

           −−−−−−−−−−−

                          平成14年3月25日(月)

*総務常任委員会



番号
事件名
付託年月日


請願39
自然災害被災者支援に関して国に意見書提出を求める請願
H13.12.21





*文教公営企業常任委員会



番号
事件名
付託年月日


請願15
県立高等学校教育改革第一次実施計画の問題に関する請願書
H12.9.28


請願16
県立高等学校教育改革に関する請願書
H12.9.28


請願17
県立芦屋南高校を現状のまま存続させるための意見書を県にあげることを求める請願書
H12.9.21





*民生常任委員会



番号
事件名
付託年月日


請願3
高齢者の医療制度改悪をやめ、だれもが安心して受けられる医療の確立を求める請願
H11.9.6


議員提出12
介護保険における国の負担引き上げに関する意見書
H12.3.9


請願32
福祉医療制度と介護保険の拡充を求める請願
H13.2.27





*建設常任委員会



番号
事件名
付託年月日


請願37
「芦屋市住みよいまちづくり条例」の一部改正についての請願
H13.9.10









            継続調査事件一覧表

           −−−−−−−−−−−

                          平成14年3月25日(月)

*民生常任委員会



番号
事件名
付託年月日


 
三条火葬場についての調査
 


 
大原町葬祭場についての調査