議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 洲本市

平成28年第3回定例会(第1日 9月 2日)




平成28年第3回定例会(第1日 9月 2日)





 
平成28年第3回洲本市議会会議録(定例会)





                       平成28年9月2日(第1日)


                       開会 午前10時00分





1 議事日程


  第1 会議録署名議員の指名


  第2 会期の決定


  第3 報告第 8号 専決処分の承認について


  第4 報告第 9号 専決処分の報告について


     報告第10号 健全化判断比率及び資金不足比率の報告について


  第5 議案第51号 平成28年度洲本市一般会計補正予算(第2号)


     議案第52号 平成28年度洲本市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


     議案第53号 平成28年度洲本市土地取得造成特別会計補正予算(第1号)


     議案第54号 平成28年度洲本市介護保険特別会計補正予算(第2号)


     議案第55号 洲本市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条


            例制定について


     議案第56号 洲本市環境学習施設の設置及び管理に関する条例制定について


     議案第57号 洲本市定住促進住宅の設置及び管理に関する条例制定について


     議案第58号 洲本市新庁舎備品供給契約締結について


     議案第59号 洲本市新庁舎備品供給契約締結について


     議案第60号 洲本市新庁舎備品供給契約締結について


  第6 認定第 1号 平成27年度洲本市一般会計歳入歳出決算認定について


     認定第 2号 平成27年度洲本市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


     認定第 3号 平成27年度洲本市由良財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


     認定第 4号 平成27年度洲本市納、鮎屋財産区特別会計歳入歳出決算認定


            について


     認定第 5号 平成27年度洲本市堺財産区特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


     認定第 6号 平成27年度洲本市土地取得造成特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


     認定第 7号 平成27年度洲本市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


     認定第 8号 平成27年度洲本市CATV事業特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


     認定第 9号 平成27年度洲本市介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


     認定第10号 平成27年度洲本市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定


            について





2 議事日程追加


  第1 報告第 8号 専決処分の承認について





3 本日の会議に付した事件


  日程第1 会議録署名議員の指名


  日程第2 会期の決定


  日程第3 報告第 8号 専決処分の承認について


  追加日程第1 報告第 8号 専決処分の承認について


  日程第4 報告第 9号 専決処分の報告について


       報告第10号 健全化判断比率及び資金不足比率の報告について


  日程第5 議案第51号 平成28年度洲本市一般会計補正予算(第2号)


       議案第52号 平成28年度洲本市国民健康保険特別会計補正予算(第2


              号)


       議案第53号 平成28年度洲本市土地取得造成特別会計補正予算(第1


              号)


       議案第54号 平成28年度洲本市介護保険特別会計補正予算(第2号)


       議案第55号 洲本市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正す


              る条例制定について


       議案第56号 洲本市環境学習施設の設置及び管理に関する条例制定につ


              いて


       議案第57号 洲本市定住促進住宅の設置及び管理に関する条例制定につ


              いて


       議案第58号 洲本市新庁舎備品供給契約締結について


       議案第59号 洲本市新庁舎備品供給契約締結について


       議案第60号 洲本市新庁舎備品供給契約締結について


  日程第6 認定第 1号 平成27年度洲本市一般会計歳入歳出決算認定について


       認定第 2号 平成27年度洲本市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認


              定について


       認定第 3号 平成27年度洲本市由良財産区特別会計歳入歳出決算認定


              について


       認定第 4号 平成27年度洲本市納、鮎屋財産区特別会計歳入歳出決算


              認定について


       認定第 5号 平成27年度洲本市堺財産区特別会計歳入歳出決算認定に


              ついて


       認定第 6号 平成27年度洲本市土地取得造成特別会計歳入歳出決算認


              定について


       認定第 7号 平成27年度洲本市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定


              について


       認定第 8号 平成27年度洲本市CATV事業特別会計歳入歳出決算認


              定について


       認定第 9号 平成27年度洲本市介護保険特別会計歳入歳出決算認定に


              ついて


       認定第10号 平成27年度洲本市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算


              認定について





4 議事順序


  開  会 午前10時00分


  議長挨拶


  市長挨拶


  開会宣告


  開議宣告


  諸般の報告


  会議録署名議員の指名


  会期の決定


  報告第8号


  休憩宣告 午前10時13分


  再開宣告 午前10時40分


  報告第8号


  報告第9号及び報告第10号


  議案第51号ないし議案第60号


  認定第1号ないし認定第10号


  休会決議


  延会宣告


  延  会 午前11時02分





5 会議に出席した議員(18名)


   1番  山 本 和 彦          2番  近 藤 昭 文


   3番  地 村 耕一良          4番  小 野 章 二


   5番  木 戸 隆一郎          6番  柳 川 真 一


   7番  片 岡   格          8番  間 森 和 生


   9番  中 野 睦 子         10番  廣 田 恵 三


  11番  福 本   巧         12番  笹 田   守


  13番  先 田 正 一         14番  岡 崎   稔


  15番  平 郡   平         16番  木 下 義 寿


  17番  小 松   茂         18番  上 田 昌 孝





6 会議に欠席した議員(0名)


  な  し





7 議事に関係した事務局職員(4名)


  議会事務局長        森野邊 省 輔


  次長兼総務係長兼調査係長  福 島   太


  副主幹兼議事係長      石 田 武 史


  嘱託書記          光 宮 智 章





8 会議に出席した説明員(23名)


  市長            竹 内 通 弘


  副市長           濱 田 育 孝


  副市長           森 屋 康 弘


  教育長           河 上 和 慶


  理事            川 井 史 彦


  企画情報部長        寺 岡 朗 裕


  総務部長          河 合 隆 弘


  市民生活部長        清 水 正 隆


  健康福祉部長        赤 松 和 彦


  農林水産部長        船 越 稔 雄


  都市整備部長        太 田 隆 史


  会計管理者         武 田 好 史


  五色総合事務所長      後   泰 年


  教育次長          藤 井   先


  健康福祉部参事       加 藤 順 弘


  都市整備部参事       井 本 益 宏


  農林水産部次長       中 島 明 良


  企画課長          東 田 光 司


  総務課長          前 田 裕 司


  財政課長          毛 笠 錦 哉


  環境整備課長        中 田 博 文


  窓口サービス課長      岡 野 秀 則


  監査委員事務局長      嵯 峨 京 子








             開会 午前10時00分





               〜議 長 挨 拶〜





○(山本和彦議長)  開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 本日、9月定例市議会が招集されましたところ、議員各位には御健勝にて御参集を賜り、ここに開会の運びとなりましたことは、市政進展のため、まことに御同慶にたえません。


 さて、先日から立て続けに3つの台風が東日本を襲いました。とりわけ台風10号による被害は大きく、お亡くなりになられました方々には御冥福をお祈りいたします。また、浸水被害などを受けられました皆様には、心からお見舞いを申し上げます。いまだ安否不明の方もおられ、被害の全容もまだわかっておりませんが、安全で平穏な生活が一日でも早く戻ってくることをお祈りいたします。


 本市におきましても、台風被害への対応について、油断なきよう万全の備えを、市長及び職員、そして市民の皆様にお願いいたします。


 一方、ことしの淡路島の夏を振り返ってみますと、梅雨明け以降、非常によい天気が続き、来島された観光客の方々にとって、お天気の心配がない、よい夏休みとなったのではないでしょうか。夏の思い出として、青い空と青い海の淡路島を記憶にとどめていただけたらと思います。


 8月に開催されました淡路島まつり、高田屋嘉兵衛まつりを初め、さまざまな夏のイベントが、ことしも夏を大いに盛り上げ、多くのお客様をお迎えし、にぎわったところでございます。改めまして関係各位の御尽力に対しまして感謝を申し上げます。


 9月に入り、ようやく朝夕涼しく、秋の気配が近づいているように感じられます。平穏で実り多き秋となりますよう切に願う次第でございます。


 今回の定例会では、平成28年度一般会計等の補正予算を初め、新しい条例の制定、平成27年度各会計の決算認定案件などが理事者から提出されております。


 議員各位には、まだまだ厳しい残暑の中で、多忙な日程が続くものと思われますが、御自愛の上、御精励を賜りまして適切妥当な結論を得られますよう念願いたしますとともに、円滑な議事運営に格別の御協力を賜りますようお願い申し上げ、開会の挨拶とさせていただきます。


○(山本和彦議長)  市長より御挨拶がありますので、伺うことといたします。


 竹内市長。





               〜市 長 挨 拶〜


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 本日、9月定例議会を招集いたしましたところ、議員各位の御出席を得まして、ここに開会できますことを心から感謝申し上げます。


 ことしの夏を、日本の夏を暑くした話題の一つに、日本の裏側に当たるブラジルで繰り広げられましたオリンピック、リオ五輪がございました。


 リオ五輪での日本選手団の活躍は実に目覚ましいもので、そこには、日の丸の重責を背負いながら、全力で競技に挑む姿がありました。


 選手たちが何年もかけて、いろんな苦しい練習を重ね、4年に1度しかないオリンピックという舞台に立つことさえ、どれほど大変なことか、到底はかり知ることができません。


 その大舞台で、世界のトップアスリートと全うな勝負に挑み、そこで頂点に立つこと、それがメダルをとるということ、まさに偉業であります。


 いろいろな種目に挑むアスリートたちは、本当に鍛え抜かれた美しさを備えていて、彼らが必死に挑む姿は、たくさんの人に爽やかな感動をもたらしたに違いありません。


 リオ五輪は、私たちに、改めて、スポーツが持つ感動と次なる東京五輪への大きな期待を抱かせた、すばらしい祭典であったと申せましょう。


 一方、日本列島では、ことしの夏は少し異常な気象が続きました。


 日本列島付近の高気圧の位置が例年と異なっていることが原因したのか、台風が立て続けに、東日本、北日本を襲いました。


 特に、台風10号は、日本近海の太平洋沿岸を迷走したあげく、強い勢力を保ったまま東北地方を縦断するという聞いたことのないようなコースをたどり、至るところで河川が決壊するなど、大きなつめ跡を残しました。


 この災害で犠牲となった多くの皆様の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された地域の一日も早い復旧をお祈り申し上げるものであります。


 また、淡路に目を転じてみますと、全くと言っていいほど雨が降らない、強い日差しが降り注ぐ暑い夏が続きました。


 大浜、炬口、新都志など、市内の海水浴場では、例年にも増して、来場客数が増加し、昨年に比べて約15%客足が伸びたといううれしい報告も聞いております。


 また、夏の風物詩としておなじみの淡路島まつり、高田屋嘉兵衛まつりも、好天に恵まれ、内外から多くの来場者をお迎えし、大きな事故もなく、盛会裏に終了することができました。


 例年のことではありますが、これらの行事を支え、開催に御尽力いただいた関係者の皆様に、深く感謝を申し上げるところであります。


 さて、9月議会では、平成27年度決算について御審議をいただきます。


 平成27年度の一般会計決算は、歳入では、ふるさと納税等の寄附金の増、繰入金の増、また歳出では、庁舎整備事業費や災害復旧費などの増、また公債費の減などによりまして、決算規模は、前年度比5億7,600万円増の252億4,900万円となりました。


 本定例会におきましては、ただいま申し上げました一般会計の決算認定を初め、特別会計の決算認定が9件、専決処分と健全化判断比率などの報告案件が3件、一般会計と特別会計の補正予算が4件、条例案件が3件、契約締結案件3件など、合わせて23件の案件を御審議いただきます。


 議員の皆様には、慎重に御審議をいただき、適切な御決定を下さいますようお願い申し上げまして、開会の挨拶といたします。


 どうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。





               〜開 会 宣 告〜





○(山本和彦議長)  ただいまから、洲本市議会定例会を開会いたします。





               〜開 議 宣 告〜





○(山本和彦議長)  ただいまの出席議員は18名で、会議は成立いたしました。


 これより本日の会議を開きます。





                〜諸般の報告〜





○(山本和彦議長)  議事に先立ちまして、去る6月開会の定例会以後における閉会中の諸般の事項につきまして御報告をいたします。


 監査委員より、例月現金出納検査結果報告書の提出がありましたので、この写しをお手元に配付しておきました。


 また、その他の報告事項につきましては、お手元に配付のとおりでありますから、御了承のほど、よろしくお願いいたします。


 日程に入る前に御報告いたします。


 本日の議案は、去る8月26日にお手元に配付いたさせてありますが、本日の日程表等は先ほど配付いたしました。


 日程表等の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  配付漏れがなければ、これより日程に入ります。





           〜日程第1 会議録署名議員の指名〜





○(山本和彦議長)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において、12番 笹田議員、16番 木下議員を指名いたします。





              〜日程第2 会期の決定〜





○(山本和彦議長)  次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期定例会の会期は、本日から9月30日までの29日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  御異議なしと認めます。


 よって、会期は本日から9月30日までの29日間と決定いたしました。





              〜日程第3 報告第8号〜





○(山本和彦議長)  次に、日程第3、報告第8号 専決処分の承認についてを議題といたします。


 理事者の説明を求めます。


 濱田副市長。


              (濱田育孝副市長登壇)


○(濱田育孝副市長)  それでは、報告第8号 専決処分の承認について説明を申し上げますので、1番表示のつづりをごらん願います。


 これら2件の専決処分につきましては、いずれも、緊急やむを得ない事案の処理を必要とするため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分し、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるもので、その内容について順次説明を申し上げます。


 まず、専決第32号 損害賠償額の決定及び和解については、昨年12月、由良港第2排水機場の排水区において、天候の急変動による集中豪雨に際し、排水機の運転操作がおくれたことによる浸水被害について、本年6月27日付で、損害賠償の額を179万233円と定め、和解したものでございます。


 次に、専決第33号 洲本市海水浴場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、炬口海水浴場に隣接する市営炬口駐車場の料金ゲートの設置完了に合わせ、海水浴場施設の料金に関する規定を整備するため、所要の条例改正を行いたく、6月30日付で専決処分したものでございます。


 その内容は、炬口海水浴場の駐車場の使用料については、洲本市営炬口駐車場の設置及び管理に関する条例で定める額とするとともに、大浜海水浴場の温水シャワー及びコインロッカーの使用料については、洲本市都市公園条例で定める額とするものでございます。


 以上で、報告第8号の専決処分の説明を終わります。


 何とぞ慎重御審議を賜りまして、御承認くださいますようお願いを申し上げます。


○(山本和彦議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 御質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  別に御質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 ただいま議題となっております報告第8号につきましては、お手元に配付いたさせてあります報告付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託して、御審査を煩わせたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に、総務常任委員会には第1委員会室、産業建設常任委員会には第2委員会室におきまして、それぞれ付託案件の御審査を賜りたいと存じますので、よろしくお願いいたします。


 本会議の再開時刻については、追って連絡を申し上げます。


              休憩 午前10時13分


            ―――――――――――――――


              再開 午前10時40分


○(山本和彦議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 次に、報告第8号を日程に追加し、議題といたしたいと思いますので、追加日程を配付いたさせます。


                (追加日程配付)


○(山本和彦議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(山本和彦議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 報告第8号を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、報告第8号を日程に追加し、議題とすることに決しました。





             〜追加日程第1 報告第8号〜





○(山本和彦議長)  追加日程第1、報告第8号を議題といたします。


 休憩中に総務常任委員会及び産業建設常任委員会におかれては、委員会を開催され、適切なる結論を得られたことと存じます。その御労苦に感謝いたします。


 これより、報告第8号に対する委員長の報告を求めます。


 まず、総務常任委員長より報告を願います。


 11番 福本議員。


             (11番 福本 巧議員登壇)


○11番(福本 巧議員)  総務常任委員会報告。


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 先刻の本会議において、当委員会に付託されました報告第8号 専決処分の承認についての審査のため、委員会を開催し、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査をいたしました結果、当委員会に付託されました報告第8号中の専決第33号 洲本市海水浴場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、全会一致により承認すべきものと決しましたので、ここに報告をいたします。


 総務常任委員会委員長 福本 巧。


○(山本和彦議長)  福本総務常任委員長の報告は終わりました。


 次に、産業建設常任委員長より報告を願います。


 15番 平郡議員。


             (15番 平郡 平議員登壇)


○15番(平郡 平議員)  産業建設常任委員会報告。


 産業建設常任委員会の審査報告をいたします。


 先刻の本会議において、当委員会に付託されました報告第8号 専決処分の承認についての審査のため、委員会を開催し、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査をいたしました結果、当委員会に付託されました報告第8号中の専決第32号 損害賠償額の決定及び和解については、全会一致により承認すべきものと決しましたので、ここに報告をいたします。


 産業建設常任委員会委員長 平郡 平。


○(山本和彦議長)  平郡産業建設常任委員長の報告は終わりました。


 これより、ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。


 御質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  別に御質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  別に討論がなければ、これにて討論を終結いたします。


 これより報告第8号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本件は、これを承認することに賛成の方は御起立願います。


               (起 立 全 員)


○(山本和彦議長)  御着席ください。


 起立全員であります。


 よって、報告第8号は、これを承認することに決しました。





          〜日程第4 報告第9号及び報告第10号〜





○(山本和彦議長)  次に、日程第4、報告第9号及び報告第10号の2件を一括議題といたします。


 理事者の説明を求めます。


 濱田副市長。


              (濱田育孝副市長登壇)


○(濱田育孝副市長)  それでは、報告第9号 専決処分の報告について説明を申し上げますので、2番表示のつづりをごらん願います。


 これら2件の専決処分につきましては、市長において専決処分することができるものとして、市議会の議決により特に指定されております事項の第1項、交通事故の損害賠償の額を定め、和解することに該当するため、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、専決処分し、同条第2項の規定により、報告申し上げるものでございます。


 1件目の専決第34号 損害賠償額の決定及び和解については、本年5月、洲本市前平の市道青地越線において、消防詰所に向かっていた消防車両と市道滝の肩線から出てきた相手方の車両が接触し、相手方の車両がタマネギ小屋に衝突した物損事故について、本年8月15日付で、損害賠償の額を11万4,850円と定め、相手方と和解したものでございます。


 2件目の専決第35号 損害賠償額の決定及び和解については、専決第34号の物損事故により被害を受けたタマネギ小屋の所有者と、本年8月15日付で、損害賠償の額を4万8,600円と定め、和解したものでございます。


 続きまして、報告第10号 健全化判断比率及び資金不足比率の報告について説明を申し上げますので、3番表示のつづりをごらん願います。


 本件は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づく報告でございます。


 2ページをごらんください。


 平成27年度決算に基づく健全化判断比率のうち、実質赤字比率、連結実質赤字比率は発生しておりません。


 また、実質公債費比率及び将来負担比率につきましては、いずれも早期健全化基準を下回っております。


 また、公営企業に適用されます資金不足比率につきましては、いずれの公営企業においても資金不足とはなっておりません。


 なお、監査委員の意見書につきましては、3ページ以降に添付をいたしておりますので、御参照をお願いいたします。


 以上で、報告第9号及び報告第10号の説明を終わります。


○(山本和彦議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 御質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  別に御質疑がなければ、報告第9号及び報告第10号の2件については報告を終わります。





         〜日程第5 議案第51号ないし議案第60号〜





○(山本和彦議長)  次に、日程第5、議案第51号ないし議案第60号の10件を一括議題といたします。


 議案の朗読を省略して、理事者の説明を求めます。


 濱田副市長。


              (濱田育孝副市長登壇)


○(濱田育孝副市長)  それでは、議案第51号ないし議案第60号について順次説明を申し上げます。


 まず、議案第51号について説明を申し上げますので、4番表示のつづりをごらん願います。


 議案第51号 平成28年度洲本市一般会計補正予算(第2号)は、5億2,200万円を追加するもので、歳入歳出予算の款項の区分ごとの補正金額は、第1表に記載のとおりでございます。


 歳出予算の主なものを説明申し上げますので、議案書の3ページをごらん願います。


 第15款総務費は、歳計剰余金処分としての財政調整基金積立金2億1,550万円や地方創生加速化交付金事業や淡路信用金庫からの寄附金で実施する花トイレ等改修事業の増などにより2億8,791万7,000円を追加しております。


 次に、第20款民生費では、障害児通所支援費の増などにより2,412万2,000円を追加しております。


 次に、第35款農林水産業費では、野菜産地元気アップ推進事業の増などにより1,284万1,000円を追加しております。


 次に、第45款土木費では、市道中川原インター東線及び西線の整備事業の増などにより1億8,842万2,000円を追加しております。


 次に、議案書の2ページをごらん願います。


 補正予算の財源といたしまして、歳入予算に計上しております主なものにつきましては、第60款国庫支出金では、スマートインターに関する地方再生基盤強化交付金及び地方創生加速化交付金の増などにより1億4,981万9,000円を追加しております。


 第65款県支出金では、障害児通所支援給付費負担金や野菜産地元気アップ推進事業補助金の増などにより1,801万円を追加しております。


 第80款繰入金では、花トイレ等改修事業に充当するための基金繰入金の増などにより1,665万円を追加しております。


 第85款繰越金では、平成27年度からの繰越金2億4,767万9,000円を追加しております。


 第95款市債では、市道中川原インター東線等の整備事業にかかる道路改良債の増により8,950万円を追加しております。


 続きまして、第2条地方債の変更につきましては、議案書4ページの「第2表 地方債補正」のとおり定めております。


 以上で、議案第51号の説明を終わります。


 続きまして、特別会計補正予算について順次説明を申し上げますので、5番表示のつづりをごらん願います。


 まず、議案第52号 平成28年度洲本市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、国民健康保険制度関係業務準備事業、いわゆる国保広域化のためのシステム整備の増などにより、事業勘定において130万円を追加するものでございます。


 次に、議案第53号 平成28年度洲本市土地取得造成特別会計補正予算(第1号)は、土地売り払い収入の増に伴う土地取得造成特別会計財政調整基金積立金の増により1億9,088万円を追加するものでございます。


 次に、議案第54号 平成28年度洲本市介護保険特別会計補正予算(第2号)は、国庫補助金等の過年度精算還付金の計上により事業勘定で7,658万1,000円を追加するものでございます。


 続きまして、議案第55号ないし議案第60号について説明を申し上げますので、6番表示のつづりをごらん願います。


 まず、議案第55号 洲本市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例制定について説明を申し上げます。


 本件は、ごみの排出抑制及び資源化の促進を図るとともに、ごみ処理経費の負担の公平化・適正化を図ることを目的として、本年4月から大型ごみの処理を有料化するため、所要の条例改正を行いたく提案するものでございます。


 その内容は、現在無料の大型ごみの処理について、有料化し、処理方式を改めるとともに、市または委託業者以外の者による資源物や大型ごみの収集・運搬の禁止及び違反者に対する過料等について定め、附則で施行期日等を定めております。


 次に、議案第56号 洲本市環境学習施設の設置及び管理に関する条例制定について説明を申し上げます。


 本件は、環境の保全に関する学習及び情報発信の拠点とするため、市が設置する洲本市環境学習施設エコひろば洲本の管理運営に必要となる条例を制定したく提案するものでございます。


 この内容は、設置を定める第1条のほか、各条で、エコひろば洲本の位置、施設の内容、休館日、開館時間、その他管理運営に関する事項について定め、附則で施行期日を定めております。


 次に、議案第57号 洲本市定住促進住宅の設置及び管理に関する条例制定について説明を申し上げます。


 本件は、市外からの子育て世帯の定住を促進し、本市における急速な人口減少に歯どめをかけるため、市が設置する上堺定住促進住宅の管理運営に必要となる条例を制定いたしたく提案するものでございます。


 この内容は、趣旨を定める第1条のほか、各条で、定住促進住宅の設置、入居者の公募及びその資格、入居の許可及び期間、家賃等の費用負担、その他管理運営に関する事項について定め、附則で施行期日等を定めております。


 次に、議案第58号ないし議案第60号 洲本市新庁舎備品供給契約締結について説明を申し上げます。


 これら3件は、洲本市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条に定める予定価格2,000万円以上の動産の買い入れとなるため、契約締結に当たり提案するものでございます。


 その内容は、新庁舎に係る什器、家具等の供給について、指名競争入札の結果、議案第58号は、7,052万4,000円で有限会社坂本文昌堂と、議案第59号は、3,715万2,000円でカワハラ事務センターと、議案第65号は、3,661万2,000円で有限会社新東と、それぞれ契約を締結しようとするものでございます。


 以上で、議案第51号ないし議案第60号の説明を終わります。


 何とぞ慎重御審議を賜りまして、御決定いただきますようよろしくお願いをいたします。


 先ほどの説明で、議案60号を議案第65号と申し上げました。訂正をさせていただきます。


 申しわけございません。議案第55号について、有料化の時期の来年4月からを本年4月と申し上げました。来年4月に訂正をお願いいたします。


○(山本和彦議長)  以上で、平成28年度関係の補正予算並びに条例等の説明は終わりました。





         〜日程第6 認定第1号ないし認定第10号〜





○(山本和彦議長)  次に、日程第6、認定第1号ないし認定第10号の10件を一括議題といたします。


 理事者の説明を求めます。


 濱田副市長。


              (濱田育孝副市長登壇)


○(濱田育孝副市長)  それでは、認定第1号ないし認定第10号 平成27年度洲本市一般会計及び各特別会計の歳入歳出決算認定について説明を申し上げますので、7番表示のつづりをごらん願います。


 本件は、地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成27年度洲本市一般会計及び特別会計に係る歳入歳出決算について、監査委員の審査意見書をつけて議会の認定に付するものでございます。


 また、同法第241条第5項の規定に基づく、基金の運用状況を示す調書をあわせて提出をいたしております。


 この内容につきましては、監査委員の決算審査及び基金運用状況の審査意見書を別冊とし、決算のつづりは、会計ごとに、歳入歳出決算書、同法施行令第166条第2項に定められた歳入歳出決算事項別明細書、実質収支に関する調書の順に1ページから248ページに、基金運用状況調書につきましては、249ページに添付し、それぞれ同冊といたしております。


 なお、別冊といたしましては、地方自治法第233条第5項の規定に基づく、平成27年度における施策の成果並びに予算執行の実績に関する説明書及び同法施行令第166条第2項の規定に基づく、平成27年度財産に関する調書をそれぞれ添付いたしております。


 以上で、認定第1号ないし認定第10号の説明を終わります。


 何とぞ慎重審議を賜りまして、認定いただきますようよろしくお願いをいたします。


○(山本和彦議長)  以上で、平成27年度各会計歳入歳出決算認定についての説明は終わりました。


 この際、お諮りいたします。


 本日の会議はこの程度にとどめ、5日は休会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 次の本会議は、9月6日午前10時から再開いたします。


 本日は、これにて延会いたします。


 長時間御審議ありがとうございました。


              延会 午前11時02分