議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 洲本市

平成27年第1回定例会(第6日 3月25日)




平成27年第1回定例会(第6日 3月25日)





 
平成27年第1回洲本市議会会議録(定例会)





                      平成27年3月25日(第6日)


                      開議 午前10時00分





1 議事日程


  第1 議員の派遣について


  第2 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について





2 議事日程追加


  第 1 議員提出議案第3号 議長の辞職について


  第 2 選挙第 1号 洲本市議会議長選挙について


  第 3 議員提出議案第4号 副議長の辞職について


  第 4 選挙第 2号 洲本市議会副議長選挙について


  第 5 議席の一部変更について


  第 6 洲本市議会常任委員会委員選任について


  第 7 洲本市議会運営委員会委員選任について


  第 8 議会報編集特別委員会委員選任について


  第 9 選挙第 3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙について


  第10 議案第44号 洲本市監査委員選任について


  第11 議案第45号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任について





3 本日の会議に付した事件


  追加日程第 1 議員提出議案第3号 議長の辞職について


  追加日程第 2 選挙第 1号 洲本市議会議長選挙について


  追加日程第 3 議員提出議案第4号 副議長の辞職について


  追加日程第 4 選挙第 2号 洲本市議会副議長選挙について


  追加日程第 5 議席の一部変更について


  追加日程第 6 洲本市議会常任委員会委員選任について


  追加日程第 7 洲本市議会運営委員会委員選任について


  追加日程第 8 議会報編集特別委員会委員選任について


  追加日程第 9 選挙第 3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙につ


                 いて


  追加日程第10 議案第44号 洲本市監査委員選任について


  追加日程第11 議案第45号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任につ


                 いて


  日程第1 議員の派遣について


  日程第2 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について





4 議事順序


  開  議 午前10時00分


  開議宣告


  休憩宣告 午前10時00分


  再開宣告 午前10時10分


  議員提出議案第3号


  選挙第1号


  休憩宣告 午前10時31分


  再開宣告 午前10時40分


  議員提出議案第4号


  選挙第2号


  議席の一部変更について


  休憩宣告 午前11時03分


  再開宣告 午前11時25分


  洲本市議会常任委員会委員選任について


  洲本市議会運営委員会委員選任について


  休憩宣告 午後11時28分


  再開宣告 午後 1時30分


  議会報編集特別委員会委員選任について


  休憩宣告 午後 1時32分


  再開宣告 午後 1時50分


  選挙第3号


  議案第44号


  議案第45号


  議員の派遣について


  常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について


  閉会宣告


  閉  会 午後 2時04分


  議長挨拶


  市長挨拶





5 会議に出席した議員(18名)


   1番  地 村 耕一良          2番  近 藤 昭 文


   3番  笹 田   守          4番  柳 川 真 一


   5番  木 戸 隆一郎          6番  上 田 昌 孝


   7番  片 岡   格          8番  間 森 和 生


   9番  中 野 睦 子         10番  廣 田 恵 三


  11番  福 本   巧         12番  山 本 和 彦


  13番  先 田 正 一         14番  岡 崎   稔


  15番  平 郡   平         16番  木 下 義 寿


  17番  小 松   茂         18番  小 野 章 二





6 会議に欠席した議員(0名)


  な  し





7 議事に関係した事務局職員(4名)


  議会事務局長        山 口 未江子


  次長兼総務係長兼調査係長  森野邊 省 輔


  副主幹兼議事係長      石 田 武 史


  嘱託書記          田 中 宏 樹





8 会議に出席した説明員(22名)


  市長            竹 内 通 弘


  副市長           濱 田 育 孝


  副市長           森 屋 康 弘


  教育長           河 上 和 慶


  理事            宮 口 美 範


  企画情報部長        上 崎 勝 規


  総務部長          浜 辺   学


  市民生活部長        清 水 正 隆


  健康福祉部長        嶽 肩 邦 弘


  農林水産部長        川 端 一 司


  都市整備部長        山 下 恵 祐


  五色総合事務所長      赤 松 和 彦


  教育次長          藤 井   先


  企画情報部参事       上 村 英 己


  総務部参事         河 合 隆 弘


  都市整備部参事       坂 林   孝


  企画課長          寺 岡 朗 裕


  財政課長          毛 笠 錦 哉


  市民課長          中 谷 智穂子


  福祉課長          加 藤 順 弘


  農政課長          飯 塚 康 太


  窓口サービス課長      後   泰 年








              開議 午前10時00分





○(地村耕一良議長)  ただいまより、本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員は18名で、会議は成立いたしました。


 日程に入る前に御報告いたします。


 本日の日程表は、先ほど配付いたしましたが、配付漏れはございませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  配付漏れがなければ、日程表については御了承願います。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に議員協議会を開催いたしますから、議員控室にお集まりくださいますようお願いいたします。


 なお、本会議の再開時刻については、追って連絡申し上げます。


              休憩 午前10時00分


            ―――――――――――――――


              再開 午前10時10分


○(小野章二副議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 議長にかわりまして、暫時議長席に着かせていただきます。


 ふなれでございますので、よろしく御協力のほどをお願い申し上げます。


 この際、御報告申し上げます。


 議長地村議員から、本日付をもって議長の辞職願が提出されておりますので、ただいまその追加日程等を配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(小野章二副議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(小野章二副議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(小野章二副議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(小野章二副議長)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、議長の辞職についてを日程に追加し、議題といたします。





           〜追加日程第1 議員提出議案第3号〜





○(小野章二副議長)  地方自治法第117条の規定により、地村議員の退席を求めます。


             (1番 地村耕一良議員退席)


○(小野章二副議長)  事務局長をして、議案を朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(小野章二副議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 地村議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(小野章二副議長)  御異議なしと認めます。


 よって、地村議員の議長の辞職を許可することに決しました。


 地村議員の着席を求めます。


             (1番 地村耕一良議員着席)


○(小野章二副議長)  この際、前議長、地村議員より発言を求められておりますので、これを許可します。


             (1番 地村耕一良議員登壇)


○1番(地村耕一良議員)  議長退任に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 昨年3月の改選後の臨時市議会におきまして、議員各位の温かい御支援、御厚情を賜りまして、栄誉ある洲本市議会議長に就任させていただきました。


 以来、議員各位の温かい御支援、御協力によりまして、無事に責任を全うし、ここに退任を迎えることができました。これも、ひとえに、議員各位の御指導、御鞭撻のおかげと、衷心より厚く厚く、厚く厚く感謝申し上げます。


 また、市長を初め、理事者の皆様におかれましては、議員活動、議会運営に、格別の御理解、御協力を賜りましたことを厚く御礼を申し上げるものでございます。


 私ども第3期議員のスタートの1年目ということで、洲本市の発展と市民福祉の向上に、議会の持つ機能が十分生かされるようにとの思いから、必要以上に肩に力が入り、皆様に多大なる御迷惑をおかけしたこともあろうかと思いますが、市民の負託に応えるため、議員各位が全力を尽くされたことに、改めて敬意を表します。また、市民に開かれた議会を目指した議会改革への歩みも、力強さを増してきており、議員一丸となって御精励いただきましたことに、厚く感謝を申し上げます。


 これからは、一議員として、この1年間の経験を貴重な糧として、議員活動を続けていきたいと存じますので、皆様方の変わらぬ御指導、御鞭撻をお願い申し上げまして、まことに簡単措辞ではございますが、挨拶とさせていただきます。


 本当にありがとうございました。


○(小野章二副議長)  先刻の地村議員の議長辞職に伴い、欠員となりました議長の選挙を行いたいと思いますので、ただいまその日程等を配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(小野章二副議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(小野章二副議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(小野章二副議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(小野章二副議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決しました。





             〜追加日程第2 選挙第1号〜





○(小野章二副議長)  追加日程第2、これより選挙第1号 洲本市議会議長選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


               (議 場 閉 鎖)


○(小野章二副議長)  ただいまの出席議員は18名です。


 投票用紙を配付いたさせます。


                (投票用紙配付)


○(小野章二副議長)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(小野章二副議長)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○(小野章二副議長)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 なお、白票については無効投票といたします。


 事務局長に点呼を命じます。


○(山口未江子事務局長)  それでは、点呼いたします。


 地村議員、近藤議員、笹田議員、柳川議員、木戸議員、上田議員、片岡議員、間森議員、中野議員、田議員、福本議員、山本議員、先田議員、岡崎議員、平郡議員、木下議員、小松議員、小野議員。


 以上でございます。


○(小野章二副議長)  投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(小野章二副議長)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                (議場閉鎖解除)


○(小野章二副議長)  開票を行います。


 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に木戸議員及び福本議員を指名いたします。


 よって、両議員の立ち会いをお願いします。


                 (開 票)


○(小野章二副議長)  それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち、有効投票    18票


      無効投票     0票


 有効投票中、笹田 守議員 18票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は5票です。


 よって、笹田 守議員が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました笹田 守議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 議長の御挨拶を伺うことといたします。


               (笹田 守議長登壇)


○(笹田 守議長)  議長就任に当たりまして、一言、お礼とお願いの御挨拶を申し上げます。


 ただいまは、議員の皆様方の御推挙によりまして、洲本市議会議長という大役を仰せつかりました。まことに身に余る光栄なことと存じますとともに、責任の重大さを痛感し、身の引き締まる思いであります。謹んで、議員の皆様方にお礼を申し上げます。


 私自身、甚だ微力ではございますが、先輩諸兄が築き、守ってこられた伝統を尊重し、公正中立を旨とし、円滑な議会運営に全力で取り組み、そして、開かれた議会に向けた議会改革に努力していく所存でございます。


 地方の人口減少問題に端を発して、地方創生が盛んに叫ばれています。依然として厳しい財政状況が続く中、本市も、人口減少や少子高齢化など、構造的な課題を抱えていますが、私どもの議会は、二元代表制の片方の立場から、これらの課題に真摯に立ち向かい、市民の皆様の負託に応えていかなければなりません。そのため、私ども議員一人一人が、絶えず研さんに励み、議会全体として組織的な資質をさらに高めていく必要があると感じております。


 議員皆様方には、一層の御支援と御協力を賜りますよう、切にお願いを申し上げますとともに、市長を初め、理事者の皆様方の御協力をお願い申し上げまして、議長就任の挨拶とさせていただきます。


 どうもありがとうございました。


○(小野章二副議長)  それでは、議長と議長席を交代いたします。


 御協力ありがとうございました。


                (議長席交代)


○(笹田 守議長)  これより議長席に着かせていただきます。


 よろしく御協力のほどをお願い申し上げます。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に議員協議会を開催しますから、議員控室にお集まりくださいますようお願いいたします。


 なお、本会議の再開時刻につきましては、追って連絡を申し上げます。


              休憩 午前10時31分


            ―――――――――――――――


              再開 午前10時40分


○(笹田 守議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 この際、御報告いたします。


 副議長小野議員から、本日付をもって副議長の辞職願が提出されておりますので、ただいまその追加日程等を配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(笹田 守議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(笹田 守議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 副議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題といたします。


 なお、以後の議案等に議長の氏名が記入されておりませんので、お手数ですが、笹田 守と御記入願います。





           〜追加日程第3 議員提出議案第4号〜





○(笹田 守議長)  地方自治法第117条の規定により、小野議員の退席を求めます。


             (18番 小野章二議員退席)


○(笹田 守議長)  事務局長をして、議案を朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(笹田 守議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 小野議員の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、小野議員の副議長の辞職を許可することに決しました。


 小野議員の着席を求めます。


             (18番 小野章二議員着席)


○(笹田 守議長)  この際、前副議長、小野議員より発言を求められておりますので、これを許可します。


             (18番 小野章二議員登壇)


○18番(小野章二議員)  副議長退任に当たり、一言、御礼の御挨拶を申し上げます。


 昨年の3月、臨時議会におきまして、議員皆様の御推挙により、副議長という大役を仰せつかり、地村議長のもと、洲本市の発展のため、また議会の活性化のため、甚だ微力ではございましたが、一生懸命務めさせていただきました。


 任期中は、議員の皆様、理事者の皆様には、温かい御指導と御支援をいただきました。心より厚く御礼申し上げます。


 この1年間、議会運営の中枢の末席を汚し、1年生議員としては、到底経験できないことを数多く経験させていただき、自分なりに勉強できましたことは、今後の議員活動に大いに生かせるものであり、大変有意義な1年であったと感じております。今後は、この経験を生かし、一議員として、高い志を持って、さらに精進してまいりたいと思っております。


 皆様方におかれましては、変わらぬ御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、退任の挨拶とさせていただきます。


 本当にありがとうございました。


○(笹田 守議長)  先刻の小野議員の副議長辞職に伴い、欠員となりました副議長の選挙を行いたいと思いますので、ただいまその日程等を配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(笹田 守議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(笹田 守議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決しました。





             〜追加日程第4 選挙第2号〜





○(笹田 守議長)  追加日程第4、これより選挙第2号 洲本市議会副議長選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


               (議 場 閉 鎖)


○(笹田 守議長)  ただいまの出席議員は18名です。


 投票用紙を配付いたさせます。


                (投票用紙配付)


○(笹田 守議長)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○(笹田 守議長)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名です。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 なお、白票については無効投票といたします。


 事務局長に点呼を命じます。


○(山口未江子事務局長)  それでは、点呼いたします。


 地村議員、近藤議員、柳川議員、木戸議員、上田議員、片岡議員、間森議員、中野議員、廣田議員、福本議員、山本議員、先田議員、岡崎議員、平郡議員、木下議員、小松議員、小野議員、笹田議員。


 以上でございます。


○(笹田 守議長)  投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                (議場閉鎖解除)


○(笹田 守議長)  開票を行います。


 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に木戸議員及び福本議員を指名いたします。


 よって、両議員の立ち会いを願います。


                 (開 票)


○(笹田 守議長)  選挙の結果を報告いたします。


 投票総数18票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち、有効投票    18票


      無効投票     0票


 有効投票中、柳川真一議員 15票


       片岡 格議員  3票


 以上のとおりです。


 この選挙の法定得票数は5票です。


 よって、柳川真一議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました柳川真一議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 副議長の御挨拶を伺うことといたします。


              (柳川真一副議長登壇)


○4番(柳川真一議員)  副議長就任に当たり、一言御挨拶申し上げます。


 ただいま、議員皆様の御賛同によりまして、副議長に就任させていただくことになりましたことは、大変光栄なことであり、心から感謝申し上げます。


 同時に、職責の重さを痛感し、身の引き締まる思いでいっぱいでございます。


 もとより、浅学非才でございますが、ここに御推挙をいただきましたからには、笹田議長の御指導を仰ぎながら、円滑な議会運営と洲本市の発展のために、全精力を注いでまいる決意でございます。


 議員の皆さん、そして市長を初め、職員の皆さんには、格別の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げまして、簡単粗辞ではございますが、副議長就任の御挨拶といたします。


 ありがとうございました。


○(笹田 守議長)  この際、議席の一部変更についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますので、追加日程を配付いたさせます。


                (追加日程配付)


○(笹田 守議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(笹田 守議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 議席の一部変更についてを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、議席の一部変更についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。





          〜追加日程第5 議席の一部変更について〜





○(笹田 守議長)  追加日程第5、議席の一部変更についてを議題といたします。


 先ほどの議長、副議長の選挙に伴い、会議規則第3条第3項の規定により、議席の一部を変更いたしたいと思います。


 その議席番号及び氏名を事務局長に朗読いたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により、議席番号及び氏名を朗読いたします。


 1番 笹田議員、3番 地村議員、4番 小野議員、18番 柳川議員。


 以上でございます。


○(笹田 守議長)  お諮りいたします。


 ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに決しました。


               (議 席 移 動)


○(笹田 守議長)  この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に、常任委員会の所属の御希望を取りまとめたいと思いますので、用紙を配付いたさせますから、御希望の委員会名を御記入の上、提出くださるようお願いいたします。


 なお、本会議の再開時刻は、追って連絡いたします。


              休憩 午前11時03分


            ―――――――――――――――


              再開 午前11時25分


○(笹田 守議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 この際、加えて追加させていただきます日程表及び議案等を先刻配付いたさせました。


 配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(笹田 守議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 ただいま朗読いたしました日程を追加することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読いたしました日程を追加することに決しました。





      〜追加日程第6 洲本市議会常任委員会委員の選任について〜





○(笹田 守議長)  追加日程第6、洲本市議会常任委員会委員選任についてを議題といたします。


 委員の選任につきましては、あらかじめ各位より担当部門への希望が提出されておりますので、その御希望を十分尊重すべく検討いたしましたが、特定部門に集中いたしましたので、御希望に添えない方もあるかと思いますが、議長、副議長におきまして慎重に協議いたしました結果でありますから、よろしく御了承のほどをお願いいたします。


 これより、常任委員の選任を行います。


 常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、総務常任委員会、1番 小職、3番 地村議員、8番 間森議員、9番 中野議員、11番 福本議員、13番 先田議員。


 教育民生常任委員会、2番 近藤議員、4番 小野議員、14番 岡崎議員、15番 平郡議員、16番 木下議員、17番 小松議員。


 産業建設常任委員会、5番 木戸議員、6番 上田議員、7番 片岡議員、10番 廣田議員、12番 山本議員、18番 柳川議員をそれぞれ指名いたします。





      〜追加日程第7 洲本市議会運営委員会委員の選任について〜





○(笹田 守議長)  次に、追加日程第7、洲本市議会運営委員会委員選任についてを議題といたします。


 これより、議会運営委員の選任を行います。


 議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、4番 小野議員、6番 上田議員、7番 片岡議員、13番 先田議員、16番 木下議員、17番 小松議員の6名を指名いたします。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に、ただいま決定いたしました各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長の互選と、あわせて各種委員の選任をお願いいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 なお、各委員の選任につきましては、一覧表をそれぞれの常任委員会におきまして配付いたさせます。


 また、退席中の部課長におかれましては、再開時に出席をいただきますようお願いいたします。


 事務局長から、委員会開催部屋割を報告いたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により、委員会開催部屋割を御報告いたします。


 総務常任委員会、第1委員会室、教育民生常任委員会、第2委員会室、産業建設常任委員会、議長室。


 なお、議会運営委員会につきましては、各常任委員会終了後、第1委員会室において開催をさせていただきます。


 以上でございます。


              休憩 午前11時28分


            ―――――――――――――――


              再開 午後 1時30分


○(笹田 守議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 休憩中に、各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長が決定いたしましたので、事務局長をして報告いたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により、正副常任委員長及び正副議会運営委員長の氏名を御報告いたします。


 総務常任委員会、委員長 地村耕一良議員、副委員長 中野睦子議員、教育民生常任委員会、委員長 木下義寿議員、副委員長 平郡 平議員、産業建設常任委員会、委員長 山本和彦議員、副委員長 上田昌孝議員、議会運営委員会、委員長 小松 茂議員、副委員長 小野章二議員。


 以上でございます。





      〜追加日程第8 議会報編集特別委員会委員選任について〜





○(笹田 守議長)  先刻、近藤昭文議員ほか5名から、議会報編集特別委員会委員の辞任願が提出されましたので、委員会条例第14条の規定により、これを許可いたしましたから、報告いたします。


 よって、この際、議会報編集特別委員会委員選任についてを日程に追加し、議題といたします。


 これより議会報編集特別委員の選任を行います。


 議会報編集特別委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、2番 近藤議員、4番 小野議員、5番 木戸議員、8番 間森議員、9番 中野議員、10番 廣田議員の6名を指名いたします。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に、ただいま決定いたしました議会報編集特別委員会の正副委員長の互選をお願いいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 事務局長から委員会開催部屋割を報告いたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により、委員会開催部屋割を御報告いたします。


 議会報編集特別委員会は第1委員会室において開催をさせていただきます。


 以上でございます。


              休憩 午後 1時32分


            ―――――――――――――――


              再開 午後 1時50分


○(笹田 守議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 休憩中に、議会報編集特別委員会の正副委員長が決定いたしましたので、事務局長をして報告いたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により正副委員長の氏名を御報告いたします。


 議会報編集特別委員会、委員長 木戸隆一郎議員、副委員長 間森和生議員。


 以上でございます。





             〜追加日程第9 選挙第3号〜





○(笹田 守議長)  追加日程第9、これより選挙第3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙を行います。


 お諮りします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることと決しました。


 お諮りいたします。


 指名の方法は、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に、1番 小職、2番 近藤議員、4番 小野議員、5番 木戸議員、11番 福本議員、以上の5人を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長において指名いたしました5人の議員を、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました5人の議員が、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に当選されました。


 ただいま、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に当選されました5人の議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。





            〜追加日程第10 議案第44号〜





○(笹田 守議長)  追加日程第10、議案第44号 洲本市監査委員選任についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、岡崎議員の退席を求めます。


             (14番 岡崎 稔議員退席)


○(笹田 守議長)  議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  議案第44号 洲本市監査委員選任について、御説明申し上げます。


 先刻、監査委員の木下氏から退職したい旨の申し出があり、事情やむを得ないものと承認することといたしました。


 つきましては、その後任の監査委員を選任したく、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございまして、市議会の議員のうちから選任する監査委員としまして御提案申し上げますのは、


 洲本市五色町鮎原小山田、岡崎 稔、67歳でございます。


 御同意をいただきますよう、よろしくお願いいたします。


○(笹田 守議長)  説明は終わりました。


 お諮りいたします。


 本案は人事に関する案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより議案第44号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに賛成の方は御起立を願います。


               (起 立 全 員)


○(笹田 守議長)  御着席ください。


 起立全員であります。


 よって、議案第44号は、これに同意することに決しました。


 岡崎議員の着席を求めます。


             (14番 岡崎 稔議員着席)


○(笹田 守議長)  この際、岡崎議員より発言の申し出がありますので、許可します。


 監査委員、岡崎議員。


             (14番 岡崎 稔議員登壇)


○14番(岡崎 稔議員)  発言のお許しをいただきまして、一言御挨拶を申し上げます。


 ただいま、議員各位の御賛同を賜り、洲本市監査委員に就任させていただくこととなりました。


 私にとって、身に余る光栄に存じますとともに、少子高齢化が進みゆく本市にとって、厳しい財政状況の中での行政執行がますます求められる昨今であります。監査の重要性を考えるとき、その職責の重大さを痛感する次第でございます。


 私は、もとより浅学非才ではございますけれども、識見を有する監査委員さんとともに、この監査委員という重責を担い、公正に職責を果たせるよう、精いっぱい努力してまいりたいと考えております。


 どうか、議員各位を初め、理事者の皆様方には、一層の御指導、御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げまして、簡単ではございますが就任の挨拶とさせていただきます。


 どうかよろしくお願いします。


○(笹田 守議長)  引き続いて、木下議員より発言の申し出がありますので、許可します。


             (16番 木下義寿議員登壇)


○16番(木下義寿議員)  お許しをいただきまして、一言御挨拶を申し述べたいと思います。


 1年前、私の議員生活にとって初めての役割である、監査委員という任務を拝命いたしました。以来、市政における極めて重要な役割であるという認識のもと、公平公正を旨として、監査業務に努めてまいりました。本日を迎えることができました。


 その間、理事者の皆さんの真摯な、そして丁寧な詳細にわたっての説明、また議員各位の御協力をいただきました。ここに、改めて感謝を申し上げる次第でございます。


 ただ、残念なことは、本年1月、長年にわたって識見委員として監査に努めていただいた田頭委員の急逝という事態に遭いました。大変驚いておりますとともに、まことに痛恨にたえないところでございます。今、改めて、心から御冥福をお祈り申し上げる次第でございます。


 これまでの理事者、または議員各位の御協力に感謝を申し上げながら、退任の御挨拶とさせていただきます。


 ありがとうございました。





            〜追加日程第11 議案第45号〜





○(笹田 守議長)  次に、追加日程第11、議案第45号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、間森議員、岡崎議員、平郡議員の退席を求めます。


  (8番 間森和生議員、14番 岡崎 稔議員、15番 平郡 平議員退席)


○(笹田 守議長)  議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  議案第45号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任について、御説明申し上げます。


 先刻、同組合議会議員の3氏から退職したい旨の申し出がありました。事情やむを得ないものと承認することといたしました。


 つきましては、その後任の同組合議会議員を選任したく、同組合規約第5条の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 御提案申し上げますのは、


 洲本市五色町鳥飼浦、間森和生、64歳。


 洲本市五色町鮎原小山田、岡崎 稔、67歳。


 洲本市上物部、平郡 平、66歳。


 以上の3氏でございます。


 御同意をいただきますよう、よろしくお願いいたします。


○(笹田 守議長)  説明は終わりました。


 お諮りいたします。


 本案は、人事に関する案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより、議案第45号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに賛成の方は御起立願います。


               (起 立 全 員)


○(笹田 守議長)  御着席ください。


 起立全員であります。


 よって、議案第45号は、これに同意することに決しました。


 間森議員、岡崎議員、平郡議員の着席を求めます。


  (8番 間森和生議員、14番 岡崎 稔議員、15番 平郡 平議員着席)





            〜日程第1 議員の派遣について〜





○(笹田 守議長)  次に、日程第1、議員の派遣についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 会議規則第165条の規定により、別紙のとおり議員を派遣いたしたいと存じます。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議員の派遣については、記載のとおり派遣することに決しました。


 この際、お諮りいたします。


 ただいま議決されました議員の派遣につきましては、諸事情による変更等が生じた場合の取り扱いについては、議長に一任いただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。





    〜日程第2 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について〜





○(笹田 守議長)  次に、日程第2、常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査についてを議題といたします。


 各常任委員会及び議会運営委員会の所管事務について、それぞれの委員長より、会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしております一覧表のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各委員長より申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 以上で、本日の日程は終わりました。


 お諮りいたします。


 今期定例会に付議されました案件は、全て議了いたしました。


 よって、会議規則第6条の規定により、閉会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(笹田 守議長)  御異議なしと認めます。


 よって、今期洲本市議会定例会をこれにて閉会いたします。


              閉会 午後 2時04分





               〜議 長 挨 拶〜





○(笹田 守議長)  閉会に当たりまして、一言御挨拶申し上げます。


 去る3月3日に開会されました今期定例会は、23日間にわたる全ての日程を終了し、本日ここに閉会の運びとなりました。議員各位には新年度の当初予算を初め、平成26年度の補正予算、条例の制定・改正、人事案件などの重要案件に対しまして、連日、極めて慎重かつ熱心に御審議を賜り、いずれも適切妥当な結論を得て議了できました。議員各位の御精励に対しまして、心より感謝を申し上げます。


 また、市長を初め、理事者の皆様には、議会審議に真摯に対応いただき、厚くお礼申し上げますとともに、議員各位から出されました意見、要望などにつきましては、十分尊重され、今後の市政運営に反映されますよう、強く要請しておきます。特に、地方創生の動きに関連する補正予算や新年度予算の執行に当たっては、市民の皆様のニーズに即した事業や洲本市ならではの特性を生かした取り組みを展開していただき、市民の暮らしと地域の活力を高めるために、全精力を注がれることを念願いたします。


 なお、議員各位には先ほどは、引き続き御精励をいただき、議会の新しい構成を速やかに整えていただきました。私もこの席に座り、改めて、職責の重さに身の引き締まる思いをしていますが、二元代表制の一翼を担う市議会として、市民の負託に応えられるよう、理事者と真摯に議論を重ねながら、一つ一つの課題に全力で立ち向かい、そして、より開かれた議会となるよう、一層の議会改革に努めていきたいと決意を新たにしたところであります。議員各位、理事者の皆様には御支援、御協力を賜りますよう、お願い申し上げます。


 桜前線の北上とともに、春の息吹がみなぎる好季節を迎えようとしています。議員各位におかれましては、御自愛をいただきまして、市政の推進に一層の御尽力をいただきますことをお願い申し上げます。


 終わりになりましたが、報道関係各位の御協力に対しまして、厚くお礼申し上げまして、閉会の御挨拶とさせていただきます。


○(笹田 守議長)  市長より御挨拶がありますので、伺うことといたします。


 竹内市長。





               〜市 長 挨 拶〜


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  閉会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 3月定例議会におきましては、平成27年度の市政を執行するための当初予算を初め、緊急経済対策に係る補正予算、また新庁舎建設に係る契約案件も追加として御提案させていただき、これら提出案件の全ての審議を終え、無事に閉会を迎えられました。心からお礼申し上げます。


 3月定例議会の最中の3月9日、中川原地域において、悲しく、不幸な事件が発生しました。今後、捜査が進展するに従って、このような事件に至った内容が徐々に示されることと思いますが、地域の人々の触れ合いが保たれていると考えていた中で、このような想像を絶する悲惨な事件が起こったことは、本当に残念であり、断腸の思いであります。改めて、被害に遭われた5名の方々の御冥福を心よりお祈り申し上げます。


 このうえは、市民の皆様の安全で安心な暮らしを守るため、犯罪の撲滅を初めとした、さまざまな安全・安心への施策に取り組んでまいりたいと考えております。


 さて、3月21日、土曜日に、淡路花博2015花みどりフェアが開幕しました。この一環として、洲本会場でも、井戸知事様、そして姉妹都市、美馬市の牧田市長様を初め、多くの関係者の御出席をいただき、開幕式典を開催いたしました。


 花みどりフェアすもとでは、市内各地で、60を超える行催事が計画されております。洲本会場では、ふだんのまちのたたずまいに少し味つけして、まち全体をゆっくり楽しんでもらいたいと考えております。


 また、花みどりフェアすもとの開催に合わせて、地域や各種団体の皆様の自主的な取り組みから、楽しいイベントも計画されてきました。それらは、例えば、大野地区での菜の花迷路や鮎原地区での白巣城ウオーキング、また文化体育館で開催されている、生け花とお煎茶の祭典などであります。


 ほかにも、歴史、文化、スポーツ、グルメといった、幅広い分野で、ふだんの魅力ある洲本を味わっていただきたいと思っております。


 これから、5月31日まで70日足らずの間、事故のない、楽しいイベントになることを念願するとともに、このフェアで、本市への観光・交流人口が増加し、地域に少なからぬ経済効果がもたらされるよう期待するものであります。


 一方、地方創生に向けた取り組みは、平成27年度の大きな目標であります。将来の人口推計を探りながら、いかに地域に活力を喚起させていくかが、その命題であります。


 営々と築いてきた歴史や文化を大切にすることは申すまでもないことですが、地方創生が意図する、将来を見据え、洲本をどのように変えていくのか、極めて重要な方向にかじを切る節目の時期であると考えております。


 本市のさまざまな英知を結集して、将来の市政運営の方向性を示していかなければなりません。議員各位におかれましても、とりわけ、この分野での一層の御理解と御支援をお願いするものであります。


 本日、先ほどの本会議では、平成27年度の議会運営に向けて、新たに笹田 守議員が新しい市議会議長に、柳川真一議員が同じく副議長に、それぞれ選任されました。笹田新議長、そして柳川新副議長の御就任を心からお祝い申し上げます。


 桜の開花の時期が、あちらこちらでささやかれるころとなりました。あと1週間もすれば、平成27年度が始まります。


 来る平成27年度が、本市にとって、活力と希望にあふれる年となりますよう、また1年を通して、平穏で安全・安心な年となるよう祈念をして、閉会の御挨拶とさせていただきます。


 どうもありがとうございました。





 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





    平成  年  月  日





    洲本市議会議長    笹 田   守





    洲本市議会前議長   地 村 耕一良





    洲本市議会前副議長  小 野 章 二





    署 名 議 員    上 田 昌 孝





    署 名 議 員    先 田 正 一