議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 洲本市

平成26年第2回臨時会(第1日 3月26日)




平成26年第2回臨時会(第1日 3月26日)





 
平成26年第2回洲本市議会会議録(臨時会)





                      平成26年3月26日(水)(第1日)


                      開会 午前10時00分





1 議事日程


  第 1 仮議席の指定


  第 2 選挙第 1号 洲本市議会議長選挙について





2 議事日程追加


  第 1 議席の指定


  第 2 会議録署名議員の指名


  第 3 会期の決定


  第 4 選挙第 2号 洲本市議会副議長選挙について


  第 5 議席の一部変更について


  第 6 洲本市議会常任委員会委員選任について


  第 7 洲本市議会運営委員会委員選任について


  第 8 議員提出議案第1号 議会報編集特別委員会の設置について


  第 9 議員提出議案第2号 新庁舎建設特別委員会の設置について


  第10 選挙第 3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙について


  第11 選挙第 4号 洲本市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について


  第12 議案第32号 洲本市監査委員選任について


  第13 議案第33号 洲本市教育委員会委員任命について


  第14 議案第34号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任について


  第15 議案第35号 人権擁護委員候補者の推薦について


  第16 議案第36号 平成25年度洲本市一般会計補正予算(第7号)


      議案第37号 平成25年度洲本市土地取得造成特別会計補正予算(第3号)


      議案第38号 平成25年度洲本市下水道事業特別会計補正予算(第5号)


      議案第39号 洲本市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例


             の一部を改正する条例制定について


      議案第40号 高田屋嘉兵衛公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正


             する条例制定について


      議案第41号 洲本市由良交流センターの設置及び管理に関する条例の一部


             を改正する条例制定について


  第17 議案第36号ないし議案第41号


  第18 議員の派遣について


  第19 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について





3 本日の会議に付した事件


  日程第1 仮議席の指定


  日程第2 選挙第 1号 洲本市議会議長選挙について


  追加日程第 1 議席の指定


  追加日程第 2 会議録署名議員の指名


  追加日程第 3 会期の決定


  追加日程第 4 選挙第 2号 洲本市議会副議長選挙について


  追加日程第 5 議席の一部変更について


  追加日程第 6 洲本市議会常任委員会委員選任について


  追加日程第 7 洲本市議会運営委員会委員選任について


  追加日程第 8 議員提出議案第1号 議会報編集特別委員会の設置について


  追加日程第 9 議員提出議案第2号 新庁舎建設特別委員会の設置について


  追加日程第10 選挙第 3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙につ


                 いて


  追加日程第11 選挙第 4号 洲本市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙につ


                 いて


  追加日程第12 議案第32号 洲本市監査委員選任について


  追加日程第13 議案第33号 洲本市教育委員会委員任命について


  追加日程第14 議案第34号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任につ


                 いて


  追加日程第15 議案第35号 人権擁護委員候補者の推薦について


  追加日程第16 議案第36号 平成25年度洲本市一般会計補正予算(第7号)


          議案第37号 平成25年度洲本市土地取得造成特別会計補正予算


                 (第3号)


          議案第38号 平成25年度洲本市下水道事業特別会計補正予算


                 (第5号)


          議案第39号 洲本市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関


                 する条例の一部を改正する条例制定について


          議案第40号 高田屋嘉兵衛公園の設置及び管理に関する条例の一


                 部を改正する条例制定について


          議案第41号 洲本市由良交流センターの設置及び管理に関する条


                 例の一部を改正する条例制定について


  追加日程第17 議案第36号ないし議案第41号


  追加日程第18 議員の派遣について


  追加日程第19 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について





4 議事順序


  開  会 午前10時00分


  臨時議長挨拶


  市長挨拶


  開会宣告


  開議宣告


  仮議席の指定


  休憩宣告 午前10時07分


  再開宣告 午前10時15分


  選挙第1号


  議席の指定


  会議録署名議員の指名


  会期の決定


  選挙第2号


  議席の一部変更について


  休憩宣告 午前10時43分


  再開宣告 午前11時15分


  洲本市議会常任委員会委員選任について


  洲本市議会運営委員会委員選任について


  休憩宣告 午前11時17分


  再開宣告 午後 1時00分


  議員提出議案第1号


  議員提出議案第2号


  休憩宣告 午後 1時12分


  再開宣告 午後 1時50分


  選挙第3号


  選挙第4号


  休憩宣告 午後 1時58分


  再開宣告 午後 2時15分


  議案第32号


  議案第33号


  議案第34号


  議案第35号


  議案第36号ないし議案第41号


  休憩宣告 午後 2時34分


  再開宣告 午後 4時10分


  議案第36号ないし議案第41号


  議員の派遣について


  常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について


  閉会宣告 午後 4時30分


  議長挨拶


  市長挨拶





5 会議に出席した議員(18名)


   1番  笹 田   守          2番  近 藤 昭 文


   3番  地 村 耕一良          4番  柳 川 真 一


   5番  木 戸 隆一郎          6番  上 田 昌 孝


   7番  片 岡   格          8番  間 森 和 生


   9番  中 野 睦 子         10番  廣 田 恵 三


  11番  福 本   巧         12番  山 本 和 彦


  13番  先 田 正 一         14番  岡 崎   稔


  15番  平 郡   平         16番  小 野 章 二


  17番  小 松   茂         18番  木 下 義 寿





6 会議に欠席した議員(0名)


  な  し





7 議事に関係した事務局職員(4名)


  議会事務局長       山 口 未江子


  次長兼総務係長兼調査係長 森野邊 省 輔


  議事係長         石 田 武 史


  嘱託書記         光 宮 智 章





8 会議に出席した説明員(22名)


  市長           竹 内 通 弘


  副市長          濱 田 育 孝


  副市長          森 屋 康 弘


  教育長          河 上 和 慶


  理事           大 谷 俊 洋


  企画情報部長       上 崎 勝 規


  総務部長         浜 辺   学


  市民生活部長       里 深   寛


  健康福祉部長       嶽 肩 邦 弘


  農林水産部長       山 本 賀 一


  都市整備部長       山 下 恵 祐


  五色総合事務所長     川 端 一 司


  教育次長         赤 松 正 視


  総務部参事        竹 内 康 浩


  都市整備部参事      坂 林   孝


  企画課長         寺 岡 朗 裕


  総務課長         河 合 隆 弘


  財政課長         赤 松 和 彦


  環境整備課長       清 水 正 隆


  福祉課長         加 藤 順 弘


  農政課長         飯 塚 康 太


  窓口サービス課長     後   泰 年








              開会 午前10時00分





○(山口未江子事務局長)  本臨時会は、一般選挙後最初の議会でございますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。


 出席議員中、地村議員が年長の議員でありますので、御紹介を申し上げます。


 地村議員には、議長席へお願いいたします。





                〜臨時議長挨拶〜





○(地村耕一良臨時議長)  ただいま紹介されました地村でございます。


 地方自治法第107条の規定により、臨時議長の職務を行います。


 何とぞ、よろしくお願い申し上げます。


○(地村耕一良臨時議長)  会議に先立ちまして、市長より、御挨拶と出席の説明員の紹介を申し上げたい旨の申し出がありますので、伺うことといたします。


 竹内市長。





               〜市 長 挨 拶〜


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 まずは、去る3月9日に開催されました市議会議員選挙におきまして、見事、当選の栄に浴されました議員各位に、心からのお祝いを申し上げます。おめでとうございます。


 本日、選挙後、新しい議員の皆様により、初めての議会となるこの3月臨時議会を招集いたしましたところ、議員各位の御出席を得まして、ここに開会できますことを心から感謝申し上げます。


 申すまでもありませんが、市長と議会議員の同日選挙でありましたので、私自身にとりましても市長としての2期目の最初の議会、また議員各位におかれましても新たな4年間の最初となる議会でございます。


 私自身は、これから4年間、市民の皆様の負託に誠実に応えるべく、市民の皆様とともに、私自身が精いっぱい汗を流し、務めてまいる所存であります。議員各位におかれましても、市政発展に格別の御理解と御支援をお願いするところであります。


 さて、今般の臨時議会におきましては、緊急に御審議いただく案件として、人事に係る案件が4件、予算関係議案が3件、条例改正等に関する案件が3件、合計で10件を提案させていただきました。


 何とぞ、慎重に御審議いただき、適切なる御決定をくださいますようお願い申し上げまして、開会の挨拶といたします。ありがとうございます。


 次に、出席する職員を紹介させていただきます。


 初めに、私から、副市長、教育長を紹介させていただきます。


 まず、副市長、濱田育孝であります。


 次に、副市長、森屋康弘であります。


 教育長、河上和慶であります。


 以下、出席の職員につきましては、副市長のほうから紹介させますのでよろしくお願いいたします。


○(地村耕一良臨時議長)  濱田副市長。


              (濱田育孝副市長登壇)


○(濱田育孝副市長)  それでは、私から、説明員として出席しております職員の御紹介を申し上げます。


 まず、理事、部長及び部参事の紹介をいたします。


 理事兼財務部長、大谷俊洋です。


 企画情報部長、上崎勝規です。


 総務部長、浜辺 学です。


 市民生活部長、里深 寛です。


 五色総合事務所長、川端一司です。


 健康福祉部長、嶽肩邦弘です。


 都市整備部長、山下恵祐です。


 農林水産部長、山本賀一です。


 教育次長、赤松正視です。


 総務部参事、竹内康浩です。


 都市整備部参事、坂林 孝です。


 次に、課長を御紹介申し上げます。


 企画課長、寺岡朗裕です。


 財政課長、赤松和彦です。


 総務課長、河合隆弘です。


 窓口サービス課長、後 泰年です。


 環境整備課長、清水正隆です。


 福祉課長、加藤順弘です。


 農政課長、飯塚康太です。


 以上でございます。よろしくお願いを申し上げます。


○(地村耕一良臨時議長)  市長の御挨拶及び出席者の説明員の紹介は終わりました。





               〜開 会 宣 告〜





○(地村耕一良臨時議長)  ただいまから、洲本市議会臨時会を開会いたします。





               〜開 議 宣 告〜





○(地村耕一良臨時議長)  ただいまの出席議員は18名で、会議は成立いたしました。


 これより本日の会議を開きます。


 日程に入る前に御報告いたします。


 説明のため出席を求めました者のうち、上村企画情報部参事には所用のため、本日の会議に出席できない旨の届け出がありましたので御了承をお願いいたします。


 本日の日程表等はお手元に配付のとおりでありますので、御了承願います。





             〜日程第1 仮議席の指名〜





○(地村耕一良臨時議長)  この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。


 仮議席は、ただいま御着席の議席と指定いたします。


 この際、理事、各部長、課長には退席していただきます。市長、両副市長、教育長には残っていただきます。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に議員協議会を開催いたしますから、議員控室にお集まりくださいますようお願いいたします。


              休憩 午前10時07分


             ――――――――――――――


              再開 午前10時15分


○(地村耕一良臨時議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。





              〜日程第2 選挙第1号〜





○(地村耕一良臨時議長)  日程第2、これより、選挙第1号 洲本市議会議長選挙を行います。


 なお、本件につきましては、臨時議長の氏名が記入されておりませんので、お手数でございますが、地村耕一良と御記入願います。


 議場の閉鎖を命じます。


               (議 場 閉 鎖)


○(地村耕一良臨時議長)  ただいまの出席議員は18名です。


 投票用紙を配付いたさせます。


                (投票用紙配付)


○(地村耕一良臨時議長)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良臨時議長)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○(地村耕一良臨時議長)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名です。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 なお、白票については無効投票といたします。


 事務局長に点呼を命じます。


○(山口未江子事務局長)  それでは、点呼いたします。


 笹田議員、近藤議員、柳川議員、木戸議員、上田議員、片岡議員、間森議員、中野議員、廣田議員、福本議員、山本議員、先田議員、岡崎議員、平郡議員、小野議員、小松議員、木下議員、地村議員。


 以上でございます。


○(地村耕一良臨時議長)  投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良臨時議長)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                (議場閉鎖解除)


○(地村耕一良臨時議長)  開票を行います。


 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に柳川議員及び木戸議員を指名いたします。


 よって、両議員の立ち会いを願います。


                 (開 票)


○(地村耕一良臨時議長)  選挙の結果を報告いたします。


 投票総数18票、これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち、有効投票 18票


      無効投票  0票


 有効投票中、地村耕一良議員 12票


       片岡 格議員   3票


       先田正一議員   2票


       笹田 守議員   1票


 以上のとおりです。


 この選挙の法定得票数は5票です。


 よって、地村耕一良議員が議長に当選されました。


 それでは、議長就任の御挨拶を申し上げます。


              (地村耕一良議長登壇)


○(地村耕一良議長)  貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。議長就任に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 ただいま、議員の皆様方の御推挙によりまして、洲本市議会議長という要職に就任させていただきました。大変光栄に存じますとともに、身の引き締まる思いでございます。謹んで御礼申し上げます。


 もとより、浅学非才ではございますが、御推挙いただきましたからには、諸先輩方が築いてこられました洲本市議会の伝統を大事にしながら、議会に与えられました機能が十分発揮できるよう、公正、中立な立場で議会運営に臨み、そして開かれた議会を目指して、議会の活性化に取り組んでまいりたいと存じます。


 洲本市は、人口減少や少子高齢化の進行、地域経済の再生、防災・減災対策など、多くの課題に直面しています。私ども議会は、二元代表制のもとで、果たすべき役割を常に意識しながら、これらの課題に真摯に立ち向かい、市民の皆様の負託と信頼に応えていかなければなりません。


 甚だ微力ではございますが、議会が、洲本市の発展と市民福祉の向上に使命が果たせられるよう、精いっぱい努力をしてまいりたいと存じますので、議員各位はもとより、理事者各位におかれましては、格別の御支援、御協力を賜りますよう心からお願い申し上げまして、まことに簡単措辞ではございますが、議長就任に当たっての御挨拶といたします。


 ありがとうございました。


                (議長席交代)


○(地村耕一良議長)  これより議長席に着かせていただきます。


 よろしく御協力をお願いいたします。


 今臨時会に市長より提出されました案件は、去る19日に配付されておりますが、本日追加させていただきます日程表及び議案等をただいま配付いたさせます。


 なお、それぞれの議案等に議長の氏名が記入されておりませんので、お手数でございますが、地村耕一良と御記入願います。


               (追加日程等配付)


○(地村耕一良議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


                (事務局長朗読)


○(地村耕一良議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 ただいま朗読いたしました日程を追加することに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読いたしました日程を追加することに決します。





             〜追加日程第1 議席の指定〜





○(地村耕一良議長)  追加日程第1、議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第3条第1項の規定により、議長において指定いたします。


 議員諸君の氏名とその議席番号を事務局長に朗読いたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により、朗読いたします。


 1番 地村議員、2番 近藤議員、3番 笹田議員、4番 柳川議員、5番 木戸議員、6番 上田議員、7番 片岡議員、8番 間森議員、9番 中野議員、10番 廣田議員、11番 福本議員、12番 山本議員、13番 先田議員、14番 岡崎議員、15番 平郡議員、16番 小野議員、17番 小松議員、18番 木下議員。


 以上でございます。


○(地村耕一良議長)  ただいま朗読いたしました議席を指定いたします。





          〜追加日程第2 会議録署名議員の指名〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において、2番 近藤議員、17番 小松議員を指名いたします。





             〜追加日程第3 会期の決定〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第3、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日1日と決定いたしました。





             〜追加日程第4 選挙第2号〜





○(地村耕一良議長)  追加日程第4、これより、選挙第2号 洲本市議会副議長選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


               (議 場 閉 鎖)


○(地村耕一良議長)  ただいまの出席議員は18名です。


 投票用紙を配付いたさせます。


                (投票用紙配付)


○(地村耕一良議長)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○(地村耕一良議長)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名です。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 なお、白票については無効投票といたします。


 事務局長に点呼を命じます。


○(山口未江子事務局長)  それでは、点呼いたします。


 近藤議員、笹田議員、柳川議員、木戸議員、上田議員、片岡議員、間森議員、中野議員、廣田議員、福本議員、山本議員、先田議員、岡崎議員、平郡議員、小野議員、小松議員、木下議員、地村議員。


 以上でございます。


○(地村耕一良議長)  投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                (議場閉鎖解除)


○(地村耕一良議長)  開票を行います。


 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に柳川議員及び木戸議員を指名いたします。


 よって、両議員の立ち会いを願います。


                 (開 票)


○(地村耕一良議長)  選挙の結果を報告いたします。


 投票総数18票、これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち、有効投票 18票


      無効投票  0票


 有効投票中、小野章二議員 12票


       間森和生議員  3票


       岡崎 稔議員  2票


       福本 巧議員  1票


 以上のとおりです。


 この選挙の法定得票数は5票です。


 よって、小野章二議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました小野章二議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 副議長の御挨拶を伺うことといたします。


              (小野章二副議長登壇)


○(小野章二副議長)  副議長就任に当たり、一言御挨拶申し上げます。


 このたび、議員各位の御賛同によりまして、副議長を拝命いたしましたこと、身に余る光栄でございます。深く感謝申し上げます。


 同時に、責任の重大さを痛感し、身の引き締まる思いでいっぱいでございます。


 市議会議員選挙を通じ、洲本市の発展に向けて、議会に寄せられる期待は大きいものと痛感しております。そのために、議会の持つ機能が最大限に生かされることが重要であり、副議長としての使命を肝に銘じ、微力でございますけれども、地村議長とともに、円滑な議会運営と議会の活性化に誠心誠意、努力してまいりたいと存じます。


 議員各位を初め、理事者の皆様の御支援と御協力を心からお願い申し上げまして、簡単措辞でございますが副議長就任の御挨拶とさせていただきます。





          〜追加日程第5 議席の一部変更について〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第5、議席の一部変更についてを議題といたします。


 先ほどの副議長の選挙に伴い、会議規則第3条第3項の規定により、議席の一部を変更いたしたいと思います。


 その議席番号及び氏名を事務局長に朗読いたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により、議席番号及び氏名を朗読いたします。


 16番、木下議員、18番、小野議員。


 以上でございます。


○(地村耕一良議長)  お諮りいたします。


 ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに決しました。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に常任委員会の所属の御希望を取りまとめたいと思いますので、用紙を配付いたさせますから、御希望の委員会名を御記入の上、提出してくださるようお願いいたします。


 なお、本会議の再開時刻は、追って連絡いたします。


              休憩 午前10時43分


             ――――――――――――――


              再開 午前11時15分


○(地村耕一良議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。





      〜追加日程第6 洲本市議会常任委員会委員選任について〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第6、洲本市議会常任委員会委員の選任を行います。


 選任につきましては、あらかじめ各位より担当部門の希望が提出されておりますので、その御希望を十分尊重すべく検討いたしましたが、特定部門に集中いたしましたので、御希望に沿えない方もあるかと思いますが、議長、副議長におきまして慎重に協議をいたしました結果でありますから、よろしく御了承のほどをお願いいたします。


 これより常任委員会の選任を行います。


 常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、総務常任委員会、1番 小職、5番 木戸議員、7番 片岡議員、11番 福本議員、14番 岡崎議員、15番 平郡議員。


 教育民生常任委員会、6番 上田議員、8番 間森議員、9番 中野議員、13番 先田議員、16番 木下議員、17番 小松議員。


 産業建設常任委員会、2番 近藤議員、3番 笹田議員、4番 柳川議員、10番 廣田議員、12番 山本議員、18番 小野議員をそれぞれ指名いたします。





      〜追加日程第7 洲本市議会運営委員会委員選任について〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第7、洲本市議会運営委員会委員の選任を行います。


 議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、6番 上田議員、7番 片岡議員、13番 先田議員、15番 平郡議員、16番 木下議員、17番 小松議員の6人を指名いたします。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に、ただいま決定いたしました各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長の互選とあわせて各種委員の選任をお願いいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 各種委員の選任につきましては、一覧表をそれぞれの常任委員会におきまして配付いたさせます。なお、再開時には、理事、各部長、課長の出席を求めます。事務局長から、委員会開催部屋割を報告いたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により、委員会開催部屋割を御報告いたします。


 総務常任委員会、第1委員会室、教育民生常任委員会、第2委員会室、産業建設常任委員会、議長室。


 なお、議会運営委員会につきましては、各常任委員会終了後、第1委員会室において開催させていただきます。


 以上でございます。


              休憩 午前11時17分


             ―――――――――――――――


              再開 午後 1時00分


○(地村耕一良議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 休憩中に、各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長が決定いたしましたので、事務局長をして報告をいたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により、正副常任委員長及び正副議会運営委員長の氏名を御報告いたします。


 総務常任委員会、委員長 福本 巧議員、副委員長 平郡 平議員、教育民生常任委員会、委員長 先田正一議員、副委員長 上田昌孝議員、産業建設常任委員会、委員長 笹田 守議員、副委員長 山本和彦議員、議会運営委員会、委員長 小松 茂議員、副委員長 片岡 格議員。


 以上でございます。


○(地村耕一良議長)  先刻、上田議員ほか5名より、議員提出議案第1号 議会報編集特別委員会の設置についてが提出されました。この際、本案を日程に追加し、議題といたしたいと思いますので、追加日程等を配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(地村耕一良議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(地村耕一良議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 議員提出議案第1号を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  異議なしと認めます。


 よって、この際、議員提出議案第1号 議会報編集特別委員会の設置についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。





           〜追加日程第8 議員提出議案第1号〜





○(地村耕一良議長)  追加日程第8、議員提出議案第1号 議会報編集特別委員会の設置についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略して、発議者の説明を求めます。


 17番 小松議員。


             (17番 小松 茂議員登壇)


○17番(小松 茂議員)  それでは、ただいま議題に供されました議員提出議案第1号 議会報編集特別委員会の設置について、発議者を代表して提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、洲本市議会基本条例に基づき、開かれた説明責任を果たす議会づくりに取り組み、その流れの一環として、議会だよりを我々議員みずからの手で編集し、発行していくことを目的として、前期に議会報編集特別委員会を設置いたしましたが、引き続き同特別委員会を設置しようとするものであります。


 この特別委員会は、6名の委員をもって構成し、よりよい議会報のあり方について調査研究とあわせ、議会報の編集を行うことといたしております。


 なお、この特別委員会は、議会の閉会中も調査研究を行うことができるものとし、終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。このようにいたしております。


 以上、提案理由と議案の概略を申し上げましたが、議員各位には、何とぞ御賛同賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。


○(地村耕一良議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 御質疑はございませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  別に御質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 御苦労さまでした。


 これより議員提出議案第1号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり設置することに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議員提出議案第1号は原案のとおり可決されました。


 ただいま設置されました議会報編集特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、2番 近藤議員、4番 柳川議員、5番 木戸議員、8番 間森議員、9番 中野議員、11番 福本議員の6名を指名いたします。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました議員を議会報編集特別委員に選任することに決しました。


 先刻、上田議員ほか5名より、議員提出議案第2号 新庁舎建設特別委員会の設置についてが提出されました。この際、本案を日程に追加し、議題といたしたいと思いますので、追加日程等を配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(地村耕一良議長)  配付漏れはございませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(地村耕一良議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 議員提出議案第2号を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、議員提出議案第2号 新庁舎建設特別委員会の設置についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。





           〜追加日程第9 議員提出議案第2号〜





○(地村耕一良議長)  追加日程第9、議員提出議案第2号 新庁舎建設特別委員会の設置についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略して、発議者の説明を求めます。


 17番 小松議員。


             (17番 小松 茂議員登壇)


○17番(小松 茂議員)  それでは、ただいま議題に供されました議員提出議案第2号 新庁舎建設特別委員会の設置について、発議者を代表して提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、洲本市新庁舎整備等基本計画が策定され、新庁舎建設に係る基本設計、実施設計の策定等の取り組みが始まることから、その具体について議論を深め、よりよい庁舎とするための提言等を行うため、前期に新庁舎建設特別委員会が設置されましたが、引き続き同特別委員会を設置しようとするものであります。


 この特別委員会は、6名の委員をもって構成し、新庁舎建設に関して、新庁舎の基本設計、実施設計等に関する調査研究とあわせ、その他新庁舎建設に係る事項に関する調査研究を行うことといたしております。


 なお、この特別委員会は、議会の閉会中も調査研究を行うことができるものとし、終了を議決するまで継続して調査を行うものとする。このようにいたしております。


 以上、提案理由と議案の概略を申し上げましたが、議員各位には、何とぞ御賛同賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。


○(地村耕一良議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 御質疑はございませんでしょうか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  別に御質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 御苦労さまでした。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議員提出議案第2号につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議員提出議案第2号については、委員会の付託を省略することに決しました。


 これより討論に入ります。


 討論はございませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  別に討論がなければ、これにて討論を終結いたします。


 これより議員提出議案第2号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、原案のとおり設置することに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議員提出議案第2号は原案のとおり可決されました。


 ただいま設置されました新庁舎建設特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、3番 笹田議員、8番 間森議員、11番 福本議員、14番 岡崎議員、17番 小松議員、18番 小野議員の6名を指名いたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました議員を新庁舎建設特別委員に選任することに決しました。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に、ただいま決定いたしました議会報編集特別委員会及び新庁舎建設特別委員会の正副委員長の互選をお願いいたしたいと思います。


 事務局長から委員会開催部屋割を報告いたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により、特別委員会開催部屋割を御報告いたします。


 議会報編集特別委員会、第1委員会室、新庁舎建設特別委員会、第2委員会室。


 なお、新庁舎建設特別委員会につきましては、議会報編集特別委員会終了後といたしますのでよろしくお願いいたします。


 以上でございます。


              休憩 午後 1時12分


             ――――――――――――――


              再開 午後 1時50分


○(地村耕一良議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 休憩中に、議会報編集特別委員会及び新庁舎建設特別委員会の正副委員長が決定いたしましたので、事務局長をして報告いたさせます。


○(山口未江子事務局長)  命により、議会報編集特別委員会及び新庁舎建設特別委員会の正副委員長の氏名を御報告いたします。


 議会報編集特別委員会、委員長 福本 巧議員、副委員長 木戸隆一郎議員、新庁舎建設特別委員会、委員長 岡崎 稔議員、副委員長 間森和生議員。


 以上でございます。


○(地村耕一良議長)  この際、加えて追加させていただきます日程表及び議案等をただいま配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(地村耕一良議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(地村耕一良議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 ただいま朗読いたしました日程を追加することに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読いたしました日程を追加することに決しました。





            〜追加日程第10 選挙第3号〜





○(地村耕一良議長)  追加日程第10、これより、選挙第3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。


 指名の方法は、議長において指名することといたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に、1番 小職、3番 笹田議員、6番 上田議員、15番 平郡議員、17番 小松議員、以上の5人を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま、議長において指名いたしました5人の議員を洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました5人の議員が、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に当選されました。


 ただいま、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に当選されました5人の議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。





            〜追加日程第11 選挙第4号〜





○(地村耕一良議長)  追加日程第11、これより選挙第4号 洲本市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。


 指名の方法は、議長において指名することといたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 それでは指名いたします。


 洲本市選挙管理委員会委員に、


 洲本市物部二丁目12番9号、飛松泰子氏。


 洲本市上内膳740番地2、濱田敏夫氏。


 洲本市五色町都志万歳397番地7、蓮井慶太郎氏。


 洲本市由良一丁目12番28号、清水久志氏。


 同補充員として、


 洲本市下内膳1259番地3、内藤東亜氏。


 洲本市中川原町三木田445番地、島田一清氏。


 洲本市上物部876番地39、岩田 博氏。


 洲本市五色町鳥飼上1014番地、倉内一夫氏をそれぞれ指名いたします。


 ただいま、議長において指名いたしました諸氏を、洲本市選挙管理委員会委員及び同補充員の当選人と定めることに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました諸氏が、洲本市選挙管理委員会委員及び同補充員に当選されました。


 続いて、お諮りいたします。


 ただいま当選されました同補充員の補充の順序は、先ほど議長より指名いたしました順序によりたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に議員協議会を開催いたしますから、議員控室にお集まりくださいますようお願いいたします。


              休憩 午後 1時58分


             ――――――――――――――


              再開 午後 2時15分


○(地村耕一良議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。





            〜追加日程第12 議案第32号〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第12、議案第32号 洲本市監査委員選任についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、木下議員の退席を求めます。


             (16番 木下義寿議員退席)


○(地村耕一良議長)  議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  議案第32号 洲本市監査委員選任について御説明申し上げます。


 3月19日をもって、議員の任期が改まったことを受けまして、早急に監査委員の選任が必要となっております。


 つきましては、その後任の監査委員を選任したく、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございまして、市議会議員のうちから選任する監査委員として提案申し上げますのは、


 洲本市五色町下堺、木下義寿氏、69歳でございます。


 御同意をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


○(地村耕一良議長)  説明は終わりました。


 お諮りいたします。


 本案は人事に関する案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより、議案第32号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに賛成の方は御起立願います。


               (起 立 全 員)


○(地村耕一良議長)  御着席ください。


 起立全員であります。


 よって、議案第32号は、これに同意することに決しました。


 木下議員の着席を求めます。


             (16番 木下義寿議員着席)


○(地村耕一良議長)  この際、木下議員より発言の申し出がありますので、許可します。


             (16番 木下義寿議員登壇)


○16番(木下義寿議員)  お許しをいただきまして、一言御挨拶を申し上げます。


 ただいまは、議会選出監査委員につきまして、議員各位の御賛同をいただきまして、拝命をすることになりました。まことにありがとうございます。


 大変光栄でありますとともに、その職責の重大さを痛感しているところでございます。私自身も、これまでの議員生活の中では、監査委員に任命されるということは初めてのことでございます。御存じのように、もとより浅学非才の身でございます。今後とも皆さん方のお力添えをいただかなければならないことも多々あろうかと思います。この上は、識見を有する方とともに、市政の重要な部分にかかわる職責を誠実に、そして公平、公正に務めてまいる所存でございます。


 議員各位の御協力、さらに理事者各位の御協力をいただきますようにお願いを申し上げまして、就任の御挨拶とさせていただきます。


 ありがとうございました。





            〜追加日程第11 議案第33号〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第13、議案第33号 洲本市教育委員会委員任命についてを議題といたします。


 この際、河上教育長の退席を求めます。


              (河上和慶教育長退席)


○(地村耕一良議長)  議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  議案第33号 洲本市教育委員会委員任命について御説明申し上げます。


 本件は、教育委員会委員のうち、河上和慶氏及び小谷敦朗氏が4月11日で任期満了となりますが、両氏を引き続き本市教育委員会委員に任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項により、議会の同意を求めるものでございます。


 両氏は、人格高潔で、教育、学術及び文化に関する識見、能力ともに豊かで、本市教育委員会委員として最適任者であると存じます。


 何とぞよろしく御審議を賜りまして、御同意をいただきますようお願いいたします。


○(地村耕一良議長)  説明は終わりました。


 お諮りいたします。


 本案は人事に関する案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより、議案第33号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに賛成の方は御起立願います。


               (起 立 全 員)


○(地村耕一良議長)  御着席ください。


 起立全員であります。


 よって、議案第33号は、これに同意することに決しました。


 河上教育長の着席を求めます。


              (河上和慶教育長着席)





            〜追加日程第14 議案第34号〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第14、議案第34号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、片岡議員、間森議員、中野議員の退席を求めます。


   (7番 片岡 格議員、8番 間森和生議員、9番 中野睦子議員退席)


○(地村耕一良議長)  議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  議案第34号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任について御説明申し上げます。


 本件は、本市選出の同組合議会議員が去る3月18日をもって任期満了となったため、その後任の議員を選任したく、同組合規約第5条の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 御提案申し上げますのは、


 洲本市納、山下祐次氏、68歳。


 洲本市鮎屋、萩原宗治氏、63歳。


 洲本市由良町内田、片岡 格氏、65歳。


 洲本市五色町鳥飼浦、間森和生氏、63歳。


 洲本市下加茂二丁目、中野睦子氏、48歳。


 以上の5氏でございます。


 御同意をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


○(地村耕一良議長)  説明は終わりました。


 お諮りいたします。


 本案は人事に関する案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより、議案第34号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに賛成の方は御起立願います。


               (起 立 全 員)


○(地村耕一良議長)  御着席ください。


 起立全員であります。


 よって、議案第34号は、これに同意することに決しました。


 片岡議員、間森議員、中野議員の着席を求めます。


   (7番 片岡 格議員、8番 間森和生議員、9番 中野睦子議員着席)





            〜追加日程第15 議案第35号〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第15、議案第35号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  続きまして、議案第35号 人権擁護委員候補者の推薦について御説明申し上げます。


 本件は、人権擁護委員のうち、藤岡照三氏、1期目、及び藤岡哲夫氏、2期目が任期満了となりますが、両氏を引き続き人権擁護委員に推薦したく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の御意見をお伺いするものでございます。


 両氏は、本市議会議員の被選挙権を有しており、人権擁護に対する御理解の深い最適任者であると存じます。


 何とぞよろしく御審議を賜りまして、御同意をいただきますようお願いいたします。


○(地村耕一良議長)  説明は終わりました。


 お諮りいたします。


 本案は人事に関する案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより、議案第35号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに賛成の方は御起立願います。


               (起 立 全 員)


○(地村耕一良議長)  御着席ください。


 起立全員であります。


 よって、議案第35号は、これに同意することに決しました。





       〜追加日程第16 議案第36号ないし議案第41号〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第16、議案第36号ないし議案第41号の6件を一括議題といたします。


 議案の朗読を省略して、理事者の説明を求めます。


 濱田副市長。


              (濱田育孝副市長登壇)


○(濱田育孝副市長)  それでは、議案第36号から順次説明を申し上げますので、まず2番表示のつづりをごらん願います。


 議案第36号 平成25年度洲本市一般会計補正予算(第7号)は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ100万円を追加するもので、歳入歳出予算の款項の区分ごとの補正額は、第1表に記載のとおりでございます。


 補正予算の内容につきましては、ふるさと洲本もっともっと応援寄附金収入見込み額の増に伴い、当該基金への積立金を100万円追加するもの及び平成23年発生農業土木災害復旧事業費の精査に伴い、事業に係る財源を変更するものでございます。


 次に、繰越明許費について説明申し上げますので、議案書4ページの「第2表 繰越明許費」をごらん願います。


 歳出予算に計上しております新庁舎整備事業ほか28事業につきましては、年度内に支出が終わらない見込みでありますので、翌年度に繰り越して使用いたしたく、地方自治法第213条第1項の規定により繰越明許費を定めるものでございます。


 次に、地方債の変更につきましては、5ページの「第3表 地方債補正」のとおり、農業土木施設災害復旧事業に係る起債の変更でございます。


 続きまして、特別会計補正予算について説明申し上げますので、3番表示のつづりをごらん願います。


 議案第37号 平成25年度洲本市土地取得造成特別会計補正予算(第3号)は、繰越明許費を定めるものでございます。


 議案書2ページの「第1表 繰越明許費」をごらん願います。


 歳出予算に計上しております土地取得造成事業につきましては、年度内に支出が終わらない見込みでありますので、翌年度に繰り越して使用いたしたく、地方自治法第213条第1項の規定により繰越明許費を定めるものでございます。


 次に、議案第38号 平成25年度洲本市下水道事業特別会計補正予算(第5号)につきましても、繰越明許費を定めるものでございます。


 議案書2ページの「第1表 繰越明許費」をごらん願います。


 歳出予算に計上しております下水道維持管理事業及び下水道整備事業につきましては、年度内に支出が終わらない見込みでありますので、翌年度に繰り越して使用いたしたく、地方自治法第213条第1項の規定により繰越明許費を定めるものでございます。


 続きまして、議案第39号ないし議案第41号について説明を申し上げますので、4番表示のつづりをごらん願います。


 まず、議案第39号 洲本市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例制定について説明を申し上げます。


 本件は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の一部を改正する政令が4月1日から施行され、非常勤消防団員の処遇改善を図るため、退職報償金の支払額が引き上げられることに伴い、所要の改正を行いたく、提案するものでございます。


 この内容は、別表に定める退職報償金の支給額を各階級において引き上げるもので、附則で施行期日等を定めております。


 次に、議案第40号及び議案第41号について説明を申し上げます。


 本件は、平成24年8月公布の社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律が施行され、本年4月1日から消費税及び地方消費税が引き上げられることに伴い、所要の条例改正を行いたく、提案するものでございます。


 まず、議案第40号 高田屋嘉兵衛公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、同公園内のログハウスのうちサンセットログハウスは、美しい夕陽が見られる好立地にあることから、丘の上のログハウスやロッジよりも利用料金を高く設定しているところ、消費税引き上げ後は、最大定員の8名が宿泊した場合には、条例で定める利用料金の上限額を超過することとなるため、当該施設について上限額を引き上げ、附則で施行期日等を定めております。


 また、議案第41号 洲本市由良交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、消費税引き上げ後は、同センターの各施設の使用料金が、条例で定める上限額を超過することとなることから、各施設の上限額を引き上げ、附則で施行期日等を定めております。


 以上で、議案第36号ないし議案第41号の説明を終わります。


 何とぞ慎重御審議を賜りまして、決定くださいますようお願いを申し上げます。


○(地村耕一良議長)  説明は終わりました。


 これより議案に対する質疑に入ります。


 御質疑はございませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  別に御質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 ただいま議題となっております議案第36号ないし議案第41号の6件につきましては、お手元に配付いたさせてあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託して御審査を煩わせたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に、教育民生常任委員会には第1委員会室、産業建設常任委員会には第2委員会室におきまして、また総務常任委員会には教育民生常任委員会及び産業建設常任委員会終了の後、第1委員会室におきまして、それぞれ付託議案の御審査を賜りたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。


 本会議の再開時刻については、追って連絡申し上げます。


              休憩 午後 2時34分


             ――――――――――――――


              再開 午後 4時10分


○(地村耕一良議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 この際、加えて追加させていただきます日程表及び議案等をただいま配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(地村耕一良議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(地村耕一良議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 ただいま朗読いたしました日程を追加することに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読いたしました日程を追加することに決しました。





       〜追加日程第17 議案第36号ないし議案第41号〜





○(地村耕一良議長)  追加日程第17、議案第36号ないし議案第41号の6件を一括議題といたします。


 休憩中に、各常任委員会におかれては、委員会を開催され、適切なる結論を得られたことと存じます。その御労苦に感謝いたします。


 これより、上程議案に対する委員長の報告を求めます。


 まず、総務常任委員長より報告を願います。


 11番 福本議員。


             (11番 福本 巧議員登壇)


○11番(福本 巧議員)  総務常任委員会報告。


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 先刻の本会議において、当委員会に付託されました関係案件について審査のため、委員会を開催し、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査をいたしました結果、当委員会に付託されました議案をいずれも原案のとおり全会一致可決すべきものと決しましたので、ここに報告をいたします。


 総務常任委員会委員長 福本 巧。


○(地村耕一良議長)  福本総務常任委員長の報告は終わりました。


 次に、教育民生常任委員長より報告を願います。


 13番 先田議員。


             (13番 先田正一議員登壇)


○13番(先田正一議員)  教育民生常任委員会報告。


 教育民生常任委員会の審査結果を報告いたします。


 先刻の本会議において、当委員会に付託されました議案第36号 平成25年度洲本市一般会計補正予算(第7号)の審査のため、委員会を開催し、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査をいたしました結果、当委員会に付託されました議案第36号は、原案のとおり全会一致可決すべきものと決しましたので、ここに報告をいたします。


 教育民生常任委員会委員長 先田正一。


○(地村耕一良議長)  先田教育民生常任委員長の報告は終わりました。


 次に、産業建設常任委員長より報告を願います。


 3番 笹田議員。


             (3番 笹田 守議員登壇)


○3番(笹田 守議員)  産業建設常任委員会報告。


 産業建設常任委員会の審査報告をいたします。


 先刻の本会議において、当委員会に付託されました関係案件について審査のため、委員会を開催し、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査をいたしました結果、当委員会に付託されました議案第40号及び議案第41号の2件については、賛成多数により可決すべきもの、またその他の付託議案については全会一致可決すべきものと決しましたので、ここに報告をいたします。


 産業建設常任委員会委員長 笹田 守。


○(地村耕一良議長)  笹田産業建設常任委員長の報告は終わりました。


 これより、ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。


 御質疑はございませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  別に御質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「議長」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  7番 片岡議員。


○7番(片岡 格議員)  洲本市議会日本共産党議員団を代表して、ただいまの委員長の報告に対し、議案第40号 高田屋嘉兵衛公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、そして議案第41号 洲本市由良交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についての2議案に対して、一部認めがたい点があり、その理由を述べて、態度としては反対の態度で臨みたいと思います。


 議案第40号及び議案41号は、いずれも国において、4月からの消費税率を現行の5%から8%に引き上げる法律改正等に伴い、洲本市においてこれらの使用料等の一部を改正するものであり、反対の理由とするものである。


 4月からの消費税増税を強行する2014年度の国の予算案が、自民、公明などの賛成多数で3月20日に可決されました。一般会計予算は総額95兆8,823億円、国民の負担をふやし、大企業に減税をする逆立ち予算は審議もされず、戦後3番目の短期間で成立をいたしました。


 安倍政権は、経済の好転を増税実施の条件にしてきましたが、アベノミクスは効果が上がるどころか、昨年半ば以降は、逆に減速傾向に拍車がかかっているのが現状です。増税前にも拡大するとみられていた消費や投資の駆け込み需要も思ったほどは伸びておりません。アベノミクスがもともと大企業のもうけをふやすだけで、個人の所得や中小企業の売り上げを伸ばすための政策ではなかったからであります。


 2013年度の補正予算を含めて100兆円を超す2014年度の予算も、消費税増税よる国民の暮らしと経済への打撃を埋め合わせる内容はありません。消費税率8%の引き上げ分だけで、史上空前の8兆円もの増税になります。民間のシンクタンクの試算では、税率が予定どおりに引き上げられた場合、世帯年収別消費税負担額は低所得者世帯ほど重くなります。みずほ総合研究所の2013年10月3日の資料、消費税率引き上げに伴う家計負担データによりますと、平均年収237万円の勤労世帯の場合、世帯主の月給が17万円程度の世帯になるわけですが、税率が8%となりますと、それだけで5万7,529円の増税です。1カ月分の月給の3分の1が吹き飛んでしまうことになります。税率が10%になれば、月給の半分以上が消えてしまうことになります。


 消費税増税は、商品や中小企業の営業にも深刻な影響を与えます。データバンク等の調査では、大企業を含めた多くの企業が、消費税増税が行政に悪影響を与えると回答しています。また、取引先から、納入価格引き下げで要請があった場合の対応では、条件や相手によるという回答が多く、半数前後の企業が消費税を転嫁できない事態が生じる可能性があると示されております。


 消費税増税分は全額社会保障に充てるとの政府の説明に対し、年金は既に昨年の10月から引き下げられておりますし、この4月にもさらに引き下げが実施されます。医療費においては、70歳から74歳の高齢者の医療費を1割負担に抑えている予算措置を削減し、ことしの7月から、ことしから70歳になる方は2割負担に移行していきます。生活保護などの社会保障の給付は、軒並みに削られました。


 食料品などの消費税の軽減税率は先送りにして、庶民の足である軽自動車税は新車購入からの引き上げが予定されております。一方では、大企業には、復興特別法人税の1年前倒しの廃止などで優遇し、大型公共事業の復活予算であります。


 この消費税については、国が決めることというような意見もあるわけですが、市民にとってマイナスで悪政であれば、市民から選ばれた市長、議会が当然そのことに対して、国にしっかりと意見を求めていく、改正を求めていくのが常だというふうに思います。


 私たちは、この消費税については、基本的には不公平税制であると、これまでの反対の態度は基本的には変わりません。しかしながら、今年度の国の消費税による税収の割合は、法人税はもちろん、所得税の税収を上回ることを見てもおわかりのように、税収における消費税の占める割合が大きくなっている現状において、残念ながら即廃止ということは不可能であり、現状において、応能負担の税制改革など、抜本的な税負担のあり方の見直しを求めるなど、今後も消費税の不公平税制の問題点を指摘し、改善を求めていくものであります。


 今回、議案第40号及び議案第41号の条例改正により、利用者に負担を求めるのではなく、据え置きを図り、利用促進の姿勢を見せる、こういう形で誘客をするほうが得策ではないかというふうに思われます。高田屋嘉兵衛公園におきましては、年間約1万5,000人の利用があるというふうにも聞いておるし、由良交流センターについても1,000人を超える方々が利用されている。大半は島外の方だというふうに思われています。むしろ、そういう点から見ても、島外の皆さん方を誘客するためにも、この制度において、国の方針に沿わずに、この消費税の転嫁をせずに行うべきだというふうに思います。


 特に、この消費税の問題については、民間企業においても、上乗せをせずに企業努力をしているところがあるようにも伺います。洲本市においても、そのような対応を求めるべきだということを強く主張し、討論を終わりたいと思います。


○(地村耕一良議長)  次に、賛成討論はありませんか。


              (「議長」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  17番 小松議員。


○17番(小松 茂議員)  17番、宙(おおぞら)を代表して討論させていただきます。


 現在、議題と供されています議案第36号ないし議案第41号の6件中、議案第40号 高田屋嘉兵衛公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第41号 洲本市由良交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、この2件について、賛成の立場から討論を行いたいと思います。


 この2件の議案につきましては、副市長の提案理由の説明にもありましたように、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律による消費税のこの4月から8%に引き上げということを受けての改正であります。この社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本改革を図る法律でありますが、これは増大する社会保障経費に対応するために、2段階に分けて、消費税率の引き上げを行おうとするものであり、その中でも、特に国分の消費税収入については、毎年度、制度として確立された年金、医療及び介護の社会保障給付、並びに少子化に対処するための施策に要する経費、いわゆる社会保障4経費に充てるものと、このようにされているところであります。そして、経済、財政状況の激変にも柔軟に対応すると、こういう視点から消費税率引き上げの前に、経済状況等を勘案した上で、引き上げの停止を含め、所要の処置を講ずることと、このようにこの法律は定めているところであります。


 昨秋、政府において、この4月からの8%への引き上げが決定されました。また、それを受けて、国民の代表たる国の最高議決機関である衆参両院において、このことを前提とした平成26年度の一般会計予算が成立をしたところであります。


 法治国家において、やはりその法治国家の構成員の一つであります地方公共団体が、国において定められた法を粛々と実施していく。これは極めて当然のことであり、いかに消費税という税制そのものに反対であろうとも、そのことに伴う条例改正に対して反対という立場は、私自身は許されないものであると、このように考えているところであります。消費税そのものに対する意見はさておき、やはりこのような法律が成立し、施行される以上、それに基づいた所要の改正ということが行われようとしているわけでありますから、私たちとしては粛々とこの条例改正、2案について賛成し、可決成立させるべきである。このように主張して、賛成の討論といたします。


○(地村耕一良議長)  次に、反対討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  別になければ、賛成討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  ほかに討論がなければ、これにて討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 表決については、議事の都合により、分離して採決を行います。


 まず、ただいま上程中の議案のうち、議案第40号及び議案第41号の2件を一括して採決いたします。


 本案は産業建設常任委員長の報告のとおり、原案のとおり決することに賛成の方は御起立願います。


               (起 立 多 数)


○(地村耕一良議長)  御着席ください。


 起立多数であります。


 よって、議案第40号及び議案第41号の2件は、いずれも原案のとおり可決されました。


 次に、上程議案のうち、議案第36号ないし議案第39号の4件を一括して採決いたします。


 本案は各常任委員長の報告のとおり、原案のとおり決することに賛成の方は御起立願います。


               (起 立 全 員)


○(地村耕一良議長)  御着席ください。


 起立全員であります。


 よって、議案第36号ないし議案第39号の4件は、いずれも原案のとおり可決されました。





          〜追加日程第18 議員の派遣について〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第18、議員の派遣についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 会議規則第165条の規定により、別紙のとおり議員を派遣いたしたいと存じます。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議員の派遣については、記載のとおり派遣することに決しました。


 この際、お諮りいたします。


 ただいま議決されました議員の派遣につきましては、諸事情による変更等が生じた場合の取り扱いについては、議長に一任いただきたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。





   〜追加日程第19 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について〜





○(地村耕一良議長)  次に、追加日程第19、常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査についてを議題といたします。


 各常任委員会及び議会運営委員会の所管事務について、それぞれの委員長より会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしております一覧表のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各委員長より申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続調査に付することに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 以上で、今期臨時会に付議されました案件は全て議了いたしました。


 よって、会議規則第6条の規定により、閉会いたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  御異議なしと認めます。


 よって、今期洲本市議会臨時会をこれにて閉会いたします。


              閉会 午後 4時30分





               〜議 長 挨 拶〜





○(地村耕一良議長)  閉会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 ただいま、3月臨時会に付議されました人事案件を初めとした当面する市政の重要案件を議了し、閉会の宣告ができましたことは、市政進展のためまことに御同慶にたえないところであります。議員各位の御精励と、理事者の御協力に深く感謝を申し上げます。


 今期臨時会は、私ども第3期議員にとっての初議会であり、議員各位の御精励により洲本市の意思決定機関としての組織づくりを速やかに整えることができました。私もこの席に座り議長の重責を改めて痛感しておりますが、市民の皆様の負託と信頼に応えるため、議会に与えられた機能を十分に発揮できるよう、円滑な議会運営に全力で尽くしていきたいと、決意を固めていますので、御協力を賜りますよう、重ねてお願いを申し上げる次第でございます。


 なお、申しおくれましたが、竹内市長が第2期の門出を迎えられましたことを心からお祝い申し上げますとともに、市長を初め理事者の皆様とは熱い議論を闘わせ、お互いに切磋琢磨しながら洲本市の発展を目指して歩んでいきたいと存じています。


 厳しい寒さの残る中での選挙戦から、はや桜が一斉に花開かんとする時期となりました。議員各位におかれましては、この上ともに御自愛いただきまして、市政の推進に御尽力賜りますことをお願い申し上げ、閉会の御挨拶といたします。


○(地村耕一良議長)  市長より御挨拶がありますので、伺うことといたします。


 竹内市長。





               〜市 長 挨 拶〜


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  閉会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 3月臨時議会におきまして、提出案件の全てについて、適切なる御決定と御賛同をいただき、ここに無事に閉会を迎えられましたことに心からお礼申し上げます。


 あと1週間もすれば、平成26年度が始まります。平成26年度の骨格的な事業や予算につきましては、今議会の前の議会で御承認をいただき、日常的な部分での行政運営はこれをもって進めてまいります。


 また、新規の事業等につきましては、改めて精査し、新規の計画を策定し、補正予算等も含めて御審議をいただくことになります。


 さて、3月21日、1年後の平成27年3月21日から開催される花みどりフェア2015の開幕1年前の式典が開催されました。その席で、兵庫県、淡路島内3市などが合同で、桂文枝師匠を淡路島名誉大使に委嘱をいたしました。


 私もその席に同席させていただきましたが、さすがに師匠は、その会場にいるだけでも、極めて大きな存在感を感じました。


 花みどりフェアだけでなく、淡路島を熱く発信していただけるものと期待を膨らませました。それらに応えられるよう、我々行政面でも精力を注いでまいりたいと思っております。


 一方、先日、ようやく高速道路の新しい料金が発表されました。これまで、幾種類もの割引制度が存在する中で、使用する曜日や時間によっても料金が異なるものでしたが、今後、多くの関係者の御支援をいただき、利用料金の引き下げを踏まえた恒常的な料金制度がようやく確立されました。


 私たち島民にとっても、意義のある改正になったのではないかと考えます。この上は、これらを追い風にして、地域の活性化に結びつけたいところであります。


 さて、卒業と別れの3月が過ぎ、いよいよ新入学や出会いの春、美しい桜の季節となります。学校には新入生が入学し、企業などにはフレッシュな新人社員が、いずれも大きな希望を胸にスタートする大切なときであります。


 桜の花が満開する4月は、いろんな面で新しい夢を膨らませるスタートの時期に違いありません。


 本市の行政運営におきましても、新しく未来に開けるような大きな夢を抱き直し、それらのスタートにしたいとの思いであります。


 平成26年度の新年度が、本市にとって、市民の皆様にとっても穏やかであり、さらに輝くような1年になることを心から願い、私の閉会の挨拶といたします。


 まことにありがとうございました。








 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





    平成  年  月  日





    洲本市議会議長    地 村 耕一良





    洲本市議会臨時議長  地 村 耕一良





    署 名 議 員    近 藤 昭 文





    署 名 議 員    小 松   茂