議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 洲本市

平成25年第2回定例会(第6日 3月25日)




平成25年第2回定例会(第6日 3月25日)





 
平成25年第2回洲本市議会会議録(定例会)





                      平成25年3月25日(月)(第6日)


                      開議 午前10時00分





1 議事日程


  第1 議員の派遣について


  第2 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について





2 議事日程追加


  第 1 議員提出議案第1号 議長の辞職について


  第 2 選挙第 1号 洲本市議会議長選挙について


  第 3 議員提出議案第2号 副議長の辞職について


  第 4 選挙第 2号 洲本市議会副議長選挙について


  第 5 議席の一部変更について


  第 6 洲本市議会常任委員会委員選任について


  第 7 洲本市議会運営委員会委員選任について


  第 8 議会報編集特別委員会委員選任について


  第 9 災害復興調査特別委員会委員選任について


  第10 新庁舎建設特別委員会委員選任について


  第11 選挙第 3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙について


  第12 議案第36号 洲本市監査委員選任について


  第13 議案第37号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任について





3 本日の会議に付した事件


  追加日程第 1 議員提出議案第1号 議長の辞職について


  追加日程第 2 選挙第 1号 洲本市議会議長選挙について


  追加日程第 3 議員提出議案第2号 副議長の辞職について


  追加日程第 4 選挙第 2号 洲本市議会副議長選挙について


  追加日程第 5 議席の一部変更について


  追加日程第 6 洲本市議会常任委員会委員選任について


  追加日程第 7 洲本市議会運営委員会委員選任について


  追加日程第 8 議会報編集特別委員会委員選任について


  追加日程第 9 災害復興調査特別委員会委員選任について


  追加日程第10 新庁舎建設特別委員会委員選任について


  追加日程第11 選挙第 3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙につ


          いて


  追加日程第12 議案第36号 洲本市監査委員選任について


  追加日程第13 議案第37号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任につ


          いて


  日程第1 議員の派遣について


  日程第2 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について





4 議事順序


  開  議 午前10時00分


  開議宣告


  休憩宣告 午前10時01分


  再開宣告 午前10時10分


  議員提出議案第1号


  選挙第1号


  休憩宣告 午前10時34分


  再開宣告 午前10時53分


  議員提出議案第2号


  選挙第2号


  議席の一部変更について


  休憩宣告 午前11時17分


  再開宣告 午後 0時01分


  洲本市議会常任委員会委員選任について


  洲本市議会運営委員会委員選任について


  休憩宣告 午後 0時04分


  再開宣告 午後 2時00分


  議会報編集特別委員会委員選任について


  災害復興調査特別委員会委員選任について


  新庁舎建設特別委員会委員選任について


  休憩宣告 午後 2時04分


  再開宣告 午後 3時00分


  選挙第3号


  議案第36号


  議案第37号


  議員の派遣について


  常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について


  閉会宣告


  閉  会 午後 3時15分


  議長挨拶


  市長挨拶





5 会議に出席した議員(16名)


   1番  山 本 和 彦          2番  山 ? 展 延


   3番  桐 山   繁          4番  山 木 佳 宏


   5番  先 田 正 一          6番  福 本   巧


   8番  廣 田 恵 三          9番  岩 橋 久 義


  10番  笹 田   守         11番  地 村 耕一良


  12番  小 松   茂         13番  奥 井 正 展


  14番  岡 崎   稔         15番  片 岡   格


  17番  木 下 義 壽         18番  戸 田 公 三





6 会議に欠席した議員(1名)


  16番  小 坂 雅 計





7 議事に関係した事務局職員(4名)


  議会事務局長        尾 上 憲 宏


  次長兼総務係長兼調査係長  森野邊 省 輔


  議事係長          石 田 武 史


  嘱託書記          光 宮 智 章





8 会議に出席した説明員(24名)


  市長            竹 内 通 弘


  副市長           濱 田 育 孝


  副市長           森 屋 康 弘


  教育長           河 上 和 慶


  理事            大 谷 俊 洋


  企画情報部長        浜 辺   学


  企画情報部特命参事     岩 田   博


  総務部長          上 崎 勝 規


  市民生活部長        里 深   寛


  健康福祉部長        清 水 久 志


  農林水産部長        山 本 賀 一


  都市整備部長        山 下 恵 祐


  五色総合事務所長      倉 内 一 夫


  教育次長          赤 松 正 視


  企画情報部次長       竹 内 友 宏


  財務部次長         川 端 一 司


  健康福祉部次長       山 形 勝 彦


  健康福祉部次長       嶽 肩 邦 弘


  農林水産部次長       平 山 茂 樹


  都市整備部次長       坂 林   孝


  総務課長          河 合 隆 弘


  財政課長          赤 松 和 彦


  環境整備課長        清 水 正 隆


  窓口サービス課長      後   泰 年








               開議 午前10時00分





○(山本和彦議長)  ただいまより、本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員は16名で、会議は成立いたしました。


 日程に入る前に御報告いたします。


 説明のため、出席を求めました者のうち、飯塚農政課長には所用のため、本日の会議に出席できない旨、届け出がありましたので、御了承願います。


 本日の日程表は、先ほど配付いたしましたが、配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(山本和彦議長)  配付漏れがなければ、日程表については御了承願います。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に議員協議会を開催いたしますから、議員控室にお集まりくださいますようお願いいたします。


 なお、本会議の再開時刻については、追って連絡を申し上げます。


               休憩 午前10時01分


             ―――――――――――――――


               再開 午前10時10分


○(戸田公三副議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 議長にかわりまして、暫時議長席に着かせていただきます。


 ふなれでございますので、よろしく御協力をお願い申し上げます。


 この際、御報告申し上げます。


 議長山本議員から、本日付をもって議長の辞職願が提出されておりますので、ただいまその追加日程等を配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(戸田公三副議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三副議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(戸田公三副議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三副議長)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、議長の辞職についてを日程に追加し、議題といたします。





           〜追加日程第1 議員提出議案第1号〜





○(戸田公三副議長)  地方自治法第117条の規定により、山本議員の退席を求めます。


             (1番 山本和彦議員退席)


○(戸田公三副議長)  事務局長をして、議案を朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(戸田公三副議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 山本議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三副議長)  御異議なしと認めます。


 よって、山本議員の議長の辞職を許可することに決しました。


 山本議員の着席を求めます。


             (1番 山本和彦議員着席)


○(戸田公三副議長)  この際、前議長、山本議員より発言を求められておりますので、これを許可します。


             (1番 山本和彦議員登壇)


○1番(山本和彦議員)  議長を退任するに当たりまして、一言お礼の御挨拶を申し上げます。


 昨年3月の定例市議会におきまして、議員各位の温かい御支援、御厚情を賜り、栄誉ある洲本市議会議長に就任させていただきました。


 以来、今日まで戸田副議長を初め、議員各位の御支援、御指導によりまして、無事にその責任を全うし、本日ここに退任を迎えることができました。議員各位に衷心より感謝を申し上げます。


 また、市長を初め、職員の皆様には議会活動、議会運営に対しまして、格別の御理解、御協力を賜りました。改めてお礼を申し上げる次第でございます。


 初日の市長の施政方針にもありましたように、洲本市にとって、この1年は課題となっていた事業が目に見えて進展し、暮らしの安心度を高めるための環境が整ってきておりました。また、市議会におきましても、議員一丸となって、御精励をいただいたことにより、市民に開かれた議会を目指した議会改革への歩みが力強く増してきていると感じております。


 議長として、議会運営全般に携わってきました、この1年間の経験を今後の議員活動における貴重な糧として、市民福祉の向上と市政の進展のため尽してまいる所存でありますので、皆様方の変わらぬ御指導、御鞭撻のほどをお願い申し上げまして、まことに簡単措辞ではございますが、私よりの御挨拶とさせていただきます。


 本当にありがとうございました。


○(戸田公三副議長)  先刻の山本議員の議長辞職に伴い、欠員となりました議長の選挙を行いたいと思いますので、ただいまその日程等を配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(戸田公三副議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三副議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(戸田公三副議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三副議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決しました。





             〜追加日程第2 選挙第1号〜





○(戸田公三副議長)  追加日程第2、これより選挙第1号 洲本市議会議長選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


               (議 場 閉 鎖)


○(戸田公三副議長)  ただいまの出席議員は16名です。


 投票用紙を配付いたさせます。


                (投票用紙配付)


○(戸田公三副議長)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三副議長)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○(戸田公三副議長)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名です。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 なお、白票については無効投票といたします。


 事務局長に点呼を命じます。


○(尾上憲宏事務局長)  それでは、点呼いたします。


 山本議員、山?議員、桐山議員、山木議員、先田議員、福本議員、廣田議員、岩橋議員、笹田議員、地村議員、小松議員、奥井議員、岡崎議員、片岡議員、木下議員、戸田議員。


 以上でございます。


○(戸田公三副議長)  投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三副議長)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                (議場閉鎖解除)


○(戸田公三副議長)  開票を行います。


 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に木下議員及び廣田議員を指名いたします。


 よって、両議員の立ち会いを願います。


                 (開 票)


○(戸田公三副議長)  選挙の結果を報告いたします。


 投票総数16票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち、有効投票    16票


      無効投票     0票


 有効投票中、地村耕一良議員 7票


       戸田公三議員  7票


       先田正一議員  2票


 以上のとおりです。


 すなわち、地村議員の得票と戸田議員の得票が同数であり、しかも、その得票数は法定得票数4票を超えています。よって、地方自治法第118条の規定により準用する公職選挙法第95条第2項の規定によって、当選者はくじで定めることになりました。


 くじの手続について申し上げます。


 まず、くじを引く順序をくじで決め、その順序に基づいて当選人を定めるくじを引いていただくことにいたします。


 以上、御了承願います。


 地村議員、戸田議員、登壇を願います。


            (11番 地村耕一良議員登壇)


○(戸田公三副議長)  まず、くじを引く順序を決めます。


     (11番 地村耕一良議員、18番 戸田公三議員くじを引く)


○(戸田公三副議長)  ただいまくじの結果、戸田議員が先にくじを引くことになりました。


 よって、まず戸田議員、くじをお引き願います。


           (18番 戸田公三議員くじを引く)


○(戸田公三副議長)  くじの結果を報告いたします。


 戸田公三議員が当選のくじを引かれました。


 よって、戸田公三議員が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました戸田公三議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 議長の御挨拶を伺うことにいたします。


               (戸田公三議長登壇)


○(戸田公三議長)  貴重な時間をいただきまして、ありがとうございます。


 議長就任に当たりまして、一言、御挨拶を申し上げます。


 ただいま議員各位の格別の御支援と御厚情を賜り、不肖、私を栄誉ある洲本市議会の議長として推挙いただきましたことは、まことに身に余る光栄でございます。謹んでお礼を申し上げます。


 もとより浅学非才でございますが、この場に立ち、責任の重大さに身の引き締まる思いでございます。


 議会はそれぞれの主義、主張を異にする議員によって構成されておりますことは当然でありますが、議会としての機能を十分発揮し、議会の責務を果たしていくためには、議員各位の御理解と御協力は不可欠でございます。議会活動、議会運営に当たっては、議会の公正性、透明性を確保するためにも、これまで先人が培ってこられた議会のルールを尊重し、議員各位の声に耳を傾け、中立の立場で公正の議長としての職務を遂行していかなければと肝に銘じているところでございます。


 また、地方分権の大きな流れの中で、議会改革に精力的に取り組んできていますが、その歩みをとめることなく、さらに前進させ、市民に開かれた議会を目指していきたいと考えます。


 こうした決意のもと、微力ではございますが、洲本市議会と市政の発展に全力を挙げて努めてまいる所存でございますので、議員各位はもとより、理事者、また関係各位におかれましては、格別の御支援、御協力を賜りますよう、心からお願い申し上げまして、まことに簡単措辞でございますが、議長就任に当たっての御挨拶といたします。


                (議長席交代)


○(戸田公三議長)  これより議長席に着かせていただきます。


 よろしく御協力をお願いいたします。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に議員協議会を開催いたしますから、議員控室にお集まりくださいますようお願いいたします。


 なお、本会議の再開時刻については、追って連絡を申し上げます。


               休憩 午前10時34分


             ―――――――――――――――


               再開 午前10時53分


○(戸田公三議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 小職議長就任することにより、副議長辞職願を提出しておりますので、追加日程等を配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(戸田公三議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(戸田公三議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 副議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題といたします。


 なお、以後の議案等に議長の氏名が記入されておりませんので、お手数ですが、戸田公三と御記入願います。





           〜追加日程第3 議員提出議案第2号〜





○(戸田公三議長)  事務局長をして、議案を朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(戸田公三議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 戸田議員の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、戸田議員の副議長の辞職を許可することに決しました。


 この際、小職より発言をさせていただきます。


             (18番 戸田公三議員登壇)


○18番(戸田公三議員)  お許しをいただきまして、副議長辞職に当たり、一言、御挨拶を申し上げます。


 昨年3月定例会において、議員各位の温かい御推挙を賜り、副議長の要職に就かせていただきました。


 この1年間、在任中は、大過なく職責を果たすことができましたのも、山本議長初め、先輩、同僚議員の温かい御支援のたまものと厚く御礼を申し上げます。


 特に、山本議長のもとで、いろいろなことを学ばせていただきました。しかし、浅学非才の私のこと、不行き届きな点もあったように思いますが、御容赦いただき、今後はこの1年間の経験を生かし、市民福祉の向上、市政の進展に一段努力してまいりたいと思います。


 また、竹内市長初め、理事者並びに報道関係の皆様には、終始変わらぬ御理解、御協力を賜りましたこと、心から感謝申し上げ、まことに簡単措辞ですが、副議長退任の挨拶といたします。


 ありがとうございました。


○(戸田公三議長)  先刻の戸田議員の副議長辞職に伴い、欠員となりました副議長の選挙を行いたいと思いますので、ただいまその日程等を配付いたさせます。


               (追加日程等配付)


○(戸田公三議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(戸田公三議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決しました。





             〜追加日程第4 選挙第2号〜





○(戸田公三議長)  追加日程第4、これより選挙第2号 洲本市議会副議長選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


               (議 場 閉 鎖)


○(戸田公三議長)  ただいまの出席議員は16名です。


 投票用紙を配付いたさせます。


                (投票用紙配付)


○(戸田公三議長)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○(戸田公三議長)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名です。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 なお、白票については無効投票といたします。


 事務局長に点呼を命じます。


○(尾上憲宏事務局長)  それでは、点呼いたします。


 山本議員、山?議員、桐山議員、山木議員、先田議員、福本議員、廣田議員、岩橋議員、笹田議員、地村議員、小松議員、奥井議員、岡崎議員、片岡議員、木下議員、戸田議員。


 以上でございます。


○(戸田公三議長)  投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                (議場閉鎖解除)


○(戸田公三議長)  開票を行います。


 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に木下議員及び廣田議員を指名いたします。


 よって、両議員の立ち会いを願います。


                 (開 票)


○(戸田公三議長)  選挙の結果を報告いたします。


 投票総数16票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち、有効投票    14票


      無効投票     2票


 有効投票中、福本 巧議員  7票


       岩橋久義議員  7票


 以上のとおりです。


 すなわち、福本議員の得票と岩橋議員の得票が同数であり、しかも、その得票数は法定得票数4票を超えています。よって、地方自治法第118条の規定により準用する公職選挙法第95条第2項の規定によって、当選者はくじで定めることになりました。


 くじの手続について申し上げます。


 まず、くじを引く順序をくじで決め、その順序に基づいて当選人を定めるくじを引いていただくことにいたします。


 以上、御了承願います。


 福本議員、岩橋議員、登壇を願います。


        (6番 福本 巧議員、9番 岩橋久義議員登壇)


○(戸田公三議長)  まず、くじを引く順序を決めます。


       (6番 福本 巧議員、9番 岩橋久義議員くじを引く)


○(戸田公三議長)  ただいまのくじの結果、福本議員が先にくじを引くことになりました。


 よって、まず福本議員、くじをお引き願います。


            (6番 福本 巧議員くじを引く)


○(戸田公三議長)  くじの結果を報告いたします。


 福本 巧議員が当選のくじを引かれました。


 よって、福本 巧議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました福本 巧議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 副議長の御挨拶を伺うことといたします。


              (福本 巧副議長登壇)


○6番(福本 巧議員)  副議長就任に当たり、一言、御挨拶申し上げます。


 このたび、議員各位の御賛同によりまして、副議長の要職に就任させていただくことになりましたことは、大変光栄なことと感謝の思いでいっぱいでございます。


 同時に、責任の重大さを痛感し、議長や先輩、同僚各位の期待に沿えるかどうか、心配しているところでもございます。


 しかし、先刻、御就任されました戸田公三議長は、博学多才にて、豊かな経験を持たれた方でございますので、その指導を仰ぎ、副議長としての使命を肝に銘じ、議長とともに、円滑な議会運営と洲本市の発展に全力で努めてまいる所存でございます。


 議員各位におかれましては、副議長選挙でお寄せいただきました温かいお力添えを引き続きお願い申し上げますとともに、さらなる御指導と御鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


 また、市長初め、職員の皆様におかれましても、格別の御支援、御協力をお願い申し上げまして、簡単措辞ではございますが、副議長就任の御挨拶といたします。


○(戸田公三議長)  この際、議席の一部変更についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますので、追加日程を配付いたさせます。


                (追加日程配付)


○(戸田公三議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (局 長 朗 読)


○(戸田公三議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 議席の一部変更についてを日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、この際、議席の一部変更についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。





          〜追加日程第5 議席の一部変更について〜





○(戸田公三議長)  追加日程第5、議席の一部変更についてを議題といたします。


 先ほどの議長、副議長の選挙に伴い、会議規則第3条第3項の規定により、議席の一部を変更いたしたいと思います。


 その議席番号及び氏名を事務局長に朗読いたさせます。


○(尾上憲宏事務局長)  命により、議席番号及び氏名を朗読いたします。


 1番 戸田議員、6番 山本議員、18番 福本議員。


 以上でございます。


○(戸田公三議長)  お諮りいたします。


 ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに決しました。


               (議 席 移 動)


○(戸田公三議長)  この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に、常任委員会の所属の御希望を取りまとめたいと思いますので、用紙を配付いたさせますから、御希望の委員会名を御記入の上、提出くださるようお願いいたします。


 なお、本会議の再開時刻は、追って連絡いたします。


               休憩 午前11時17分


             ―――――――――――――――


               再開 午後 0時01分


○(戸田公三議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。





      〜追加日程第6 洲本市議会常任委員会委員の選任について〜





○(戸田公三議長)  追加日程第6、洲本市議会常任委員会委員選任についてを議題といたします。


 委員の選任につきましては、あらかじめ各位より担当部門の希望が提出されておりますので、その御希望を十分尊重すべく検討いたしましたが、特定部門に集中いたしましたので、御希望に添えない方もあるかと思いますが、議長、副議長におきまして慎重に協議いたしました結果でありますから、よろしく御了承をお願いいたします。


 これより、常任委員の選任を行います。


 常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、総務常任委員会、1番 小職、5番 先田議員、9番 岩橋議員、11番 地村議員、13番 奥井議員、15番 片岡議員。


 教育民生常任委員会、2番 山?議員、10番 笹田議員、14番 岡崎議員、15番 片岡議員、17番 木下議員、18番 福本議員。


 産業建設常任委員会、3番 桐山議員、4番 山木議員、6番 山本議員、8番 廣田議員、12番 小松議員、16番 小坂議員をそれぞれ指名いたします。





      〜追加日程第7 洲本市議会運営委員会委員の選任について〜





○(戸田公三議長)  次に、追加日程第7、洲本市議会運営委員会委員選任についてを議題といたします。


 これより、議会運営委員の選任を行います。


 議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、2番 山?議員、5番 先田議員、9番 岩橋議員、12番 小松議員、15番 片岡議員、17番 木下議員の6名を指名いたします。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に、ただいま決定いたしました各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長の互選と、あわせて各種委員の選任をお願いいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 なお、各種委員の選任につきましては、一覧表をそれぞれの常任委員会におきまして配付いたさせます。


 また、退席中の部課長におかれましては、再開時に出席をいただきますようお願いします。


 事務局長から、委員会開催部屋割を報告いたさせます。


○(尾上憲宏事務局長)  命により、委員会開催部屋割を御報告いたします。


 総務常任委員会、第1委員会室、教育民生常任委員会、第2委員会室、産業建設常任委員会、議長室。


 なお、議会運営委員会につきましては、各常任委員会終了後、第1委員会室において開催させていただきます。


 以上でございます。


               休憩 午後 0時04分


             ―――――――――――――――


               再開 午後 2時00分


○(戸田公三議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 休憩中に、各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長が決定いたしましたので、事務局長をして報告いたさせます。


○(尾上憲宏事務局長)  命により、正副常任委員長及び正副議会運営委員長の氏名を御報告いたします。


 総務常任委員会、委員長 岩橋久義議員、副委員長 先田正一議員、教育民生常任委員会、委員長 山?展延議員、副委員長 木下義壽議員、産業建設常任委員会、委員長 山本和彦議員、副委員長 廣田恵三議員、議会運営委員会、委員長 小松 茂議員、副委員長 片岡 格議員。


 以上でございます。





      〜追加日程第8 議会報編集特別委員会委員選任について〜





○(戸田公三議長)  先刻、山?展延議員ほか5名から、議会報編集特別委員会委員の辞任願が提出されましたので、委員会条例第14条の規定により、これを許可いたしましたから、報告いたします。


 よって、この際、議会報編集特別委員会委員選任についてを日程に追加し、議題といたします。


 これより議会報編集特別委員の選任を行います。


 議会報編集特別委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、2番 山?議員、4番 山木議員、9番 岩橋議員、15番 片岡議員、16番 小坂議員、18番 福本議員の6人を指名いたします。





      〜追加日程第9 災害復興調査特別委員会委員選任について〜





○(戸田公三議長)  先刻、山木佳宏議員ほか5名から、災害復興調査特別委員会委員の辞任願が提出されましたので、委員会条例第14条の規定により、これを許可いたしましたから、報告いたします。


 よって、この際、災害復興調査特別委員会委員選任についてを日程に追加し、議題といたします。


 これより災害復興調査特別委員の選任を行います。


 災害復興調査特別委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、4番 山木議員、5番 先田議員、9番 岩橋議員、13番 奥井議員、16番 小坂議員、17番 木下議員の6名を指名いたします。





      〜追加日程第10 新庁舎建設特別委員会委員選任について〜





○(戸田公三議長)  先刻、山?展延議員ほか5名から、新庁舎建設特別委員会委員の辞任願が提出されましたので、委員会条例第14条の規定により、これを許可いたしましたから、報告いたします。


 よって、この際、新庁舎建設特別委員会委員選任についてを日程に追加し、議題といたします。


 これより新庁舎建設特別委員の選任を行います。


 新庁舎建設特別委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、2番 山?議員、8番 廣田議員、11番 地村議員、12番 小松議員、14番 岡崎議員、15番 片岡議員の6名を指名いたします。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中にただいま決定いたしました議会報編集特別委員会、災害復興調査特別委員会及び新庁舎建設特別委員会の正副委員長の互選をお願いいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 事務局長から委員会開催部屋割を報告いたさせます。


○(尾上憲宏事務局長)  命により、委員会開催部屋割を御報告いたします。


 議会報編集特別委員会は第1委員会室において、災害復興調査特別委員会は、議会報編集特別委員会終了後に第2委員会室において、新庁舎建設特別委員会は、災害復興調査特別委員会終了後に第1委員会室において開催させていただきます。


 以上でございます。


               休憩 午後 2時04分


             ―――――――――――――――


               再開 午後 3時00分


○(戸田公三議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 休憩中に議会報編集特別委員会、災害復興調査特別委員会及び新庁舎建設特別委員会の正副委員長が決定いたしましたので、事務局長をして報告いたさせます。


○(尾上憲宏事務局長)  命により正副委員長の氏名を御報告いたします。


 議会報編集特別委員会、委員長 山?展延議員、副委員長 小坂雅計議員、災害復興調査特別委員会、委員長 岩橋久義議員、副委員長 山木佳宏議員、新庁舎建設特別委員会、委員長 岡崎 稔議員、副委員長 廣田恵三議員。


 以上でございます。





            〜追加日程第11 選挙第3号〜





○(戸田公三議長)  追加日程第11、これより選挙第3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。


 指名の方法は、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に、10番 笹田議員、11番 地村議員、12番 小松議員、13番 奥井議員、17番 木下議員、以上の5人を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議長において指名いたしました5人の議員を、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました5人の議員が、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に当選されました。


 ただいま、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に当選されました5人の議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。





            〜追加日程第12 議案第36号〜





○(戸田公三議長)  追加日程第12、議案第36号 洲本市監査委員選任についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、山木議員の退席を求めます。


             (4番 山木佳宏議員退席)


○(戸田公三議長)  議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  議案第36号 洲本市監査委員選任について、御説明申し上げます。


 先刻、監査委員の福本氏から退職したい旨の申し出があり、事情やむを得ないものとして承認することといたしました。


 つきましては、その後任の監査委員を選任したく、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございまして、市議会の議員のうちから選任する監査委員として提案申し上げますのは、


 洲本市桑間、山木佳宏氏、58歳でございます。


 御同意をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


○(戸田公三議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  別に御質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 本案は人事に関する案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。よって、さように決します。


 これより議案第36号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第36号は、これに同意することに決しました。


 山木議員の着席を求めます。


             (4番 山木佳宏議員着席)


○(戸田公三議長)  この際、山木議員より発言の申し出がありますので、許可します。


             (4番 山木佳宏議員登壇)


○4番(山木佳宏議員)  議長のお許しをいただきましたので、一言、御挨拶を申し上げます。


 ただいま、議員の皆様方の御賛同をいただきまして、洲本市監査委員に就任させていただくこととなりました。まことにありがとうございます。


 大変身に余る光栄に存じますとともに、その重責を痛感しておるところでございます。


 何分にも浅学非才の身でございますので、職責を果たしていく上におきまして、特に皆様方のお力添えをいただきながら努めてまいりたいと、このように思っております。


 議員の皆様を初め、理事者の皆様方、また、関係の皆様方におかれましては、何とぞ、格別の御指導、御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げまして、甚だ簡単措辞ではございますが、私の洲本市監査委員の就任に当たっての御挨拶とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願いをいたします。


○(戸田公三議長)  引き続いて、福本議員より発言の申し出がありますので、許可します。


             (18番 福本 巧議員登壇)


○18番(福本 巧議員)  お許しをいただき、監査委員を退任するに当たりまして、一言、お礼の御挨拶を申し上げます。


 昨年3月の定例議会におきまして、皆様の温かい御同意を賜り、洲本市監査委員に就任させていただきましてから、はや1年が過ぎました。


 この間に、何分、若輩、浅学非才の身でございますので、行き届かぬ点が多々あったことと存じますが、先輩議員を初め、関係各位の温かい御理解と御支援によりまして、その重責を大過なく果たすことができました。心より感謝申し上げます。


 また、監査を通じまして、私なりに市の行政全般に触れることができましたことは、大変意義深く、今後の議員活動に大いに役立つものと認識しております。


 これからも、洲本市の発展と市民福祉の向上になお一層、全力を注いでまいりたいと考えておりますので、議員各位を初め、理事者の皆様方には、今後とも御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、まことに簡単ではございますが、監査委員退任に当たっての御挨拶といたします。





            〜追加日程第13 議案第37号〜





○(戸田公三議長)  次に、追加日程第13、議案第37号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、山?議員、先田議員、福本議員の退席を求めます。


   (2番 山?展延議員、5番 先田正一議員、18番 福本 巧議員退席)


○(戸田公三議長)  議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  議案第37号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任について、説明申し上げます。


 先刻、同組合議会議員の3氏から退職したい旨の申し出があり、事情やむを得ないものと承認することといたしました。


 つきましては、その後任の同組合議会議員を選任したく、同組合規約第5条の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 提案申し上げますのは、


 洲本市本町一丁目、山?展延氏、70歳。


 洲本市上物部一丁目、先田正一氏、53歳。


 洲本市宇山三丁目、福本 巧氏、41歳。


 以上の3氏でございます。


 御同意をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。


○(戸田公三議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。御質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  別に御質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、人事に関する案件でありますので、議事の順序を省略し、直ちに表決に入りたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより、議案第37号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議案第37号は、これに同意することに決しました。


 山?議員、先田議員、福本議員の着席を求めます。


   (2番 山?展延議員、5番 先田正一議員、18番 福本 巧議員着席)





            〜日程第1 議員の派遣について〜





○(戸田公三議長)  次に、日程第1、議員の派遣についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 会議規則第165条の規定により、別紙のとおり議員を派遣いたしたいと存じます。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、議員の派遣については、記載のとおり派遣することに決しました。


 この際、お諮りいたします。


 ただいま議決されました議員の派遣につきましては、諸事情による変更等が生じた場合の取り扱いについては、議長に一任いただきたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。





    〜日程第2 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について〜





○(戸田公三議長)  次に、日程第2、常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査についてを議題といたします。


 各常任委員会及び議会運営委員会の所管事務について、それぞれの委員長より、会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしております一覧表のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各委員長より申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 以上で本日の日程は終わりました。


 お諮りいたします。


 今期定例会に付議されました案件は、全て議了いたしました。


 よって、会議規則第6条の規定により、閉会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(戸田公三議長)  御異議なしと認めます。


 よって、今期洲本市議会定例会をこれにて閉会いたします。


               閉会 午後 3時15分





               〜議 長 挨 拶〜





○(戸田公三議長)  閉会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。


 今期定例会は、去る3月5日に招集されて以来、本日まで21日間の会期でございましたが、新年度の各会計の当初予算を初め、平成24年度の補正予算、条例の制定及び改正、人事案件など市民生活に直結する多数の重要案件が提案され、議員各位には終始極めて慎重かつ熱心に御審議を賜り、終了できました。ここに議員各位の御精励と御協力に対しまして、厚くお礼を申し上げます。


 また、市長を初め、理事者各位には議会審議に真摯な態度で対応いただきましたことに謝意を表しますとともに、予算審議等の過程におきまして、議員各位から出されました意見、要望などにつきましては、今後の市政運営に十分反映されますよう、切に望むものであります。とりわけ、厳しい社会経済情勢が続く中、新年度の予算執行に当たっては市民の暮らしの安心度を高め、市のさらなる発展のために英知を結集し、最大の効果を得られるよう強く念願するものであります。


 また、先ほどは、議員各位の御精励によりまして、議会役員の改選、各委員の選任等、議会の新しい構成を整えていただきました。私もこの席に座り、改めまして、身の引き締まる思いを強くしていますが、私ども議会は、議員一人一人が議員として職責を再認識し、市民の負託に応えるべく、市民目線で議論を闘わして、市民福祉の向上と市政の進展のため、そして、より開かれた議会を目指して全力を注いでまいりたいと決意を新たにしています。


 彼岸を過ぎ、花の便りも聞かれるようになってきました。議員各位におかれましては、この上とも御自愛いただきまして、市政の進展に御尽力いただきますことをお願い申し上げます。


 終わりになりましたが、報道関係各位の御協力に対しまして、厚くお礼申し上げまして、閉会の御挨拶とさせていただきます。


○(戸田公三議長)  市長より御挨拶がありますので、伺うことといたします。


 市長。





               〜市 長 挨 拶〜


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  閉会に当たりまして、御挨拶を申し上げます。


 3月定例議会の全議案の審議を終え、ここに無事閉会を迎えましたことに、厚くお礼申し上げます。


 会期中は、本会議に続き、各常任委員会、そして予算審査特別委員会と、間断なく濃密な御審議をいただき、ありがとうございました。


 この間にいただきました御意見につきましては、これを真摯に受けとめ、今後の市政運営の上で、十分に留意してまいります。つきましては、議員の皆様におかれましても、一層の御支援・御協力をお願い申し上げます。


 さて、ことしは桜の開花が非常に早いようで、全国各地から満開の知らせが届けられています。曲田山の桜も、いつもよりも随分と早く、色づき始めています。


 3月定例議会は、今月5日に開会しましたが、そのころはまだ浅い春という感じでしたが、最終日のきょうは、桜花らんまんの春がもうそこまで来ていることが感じられます。


 この21日の間にいろいろなことがありました。


 まずは、東日本大震災後、2回目となる3月11日を迎えたことです。当日の黙祷に際し、被災地の復興が大きく進むことをお祈り申し上げますとともに、本市の防災の備えに心して取り組むべく、決意を新たにしたところであります。


 このほか、TPP交渉への参加表明、新しい日銀総裁等の決定、習近平氏の国家主席就任、キプロス問題など、今後の日本経済の行方を左右する大きな要因となる出来事がありました。


 円安・株高が続いておりますが、まだまだ、国情は、先行きに予断を許さない状態にあるものと認識しております。


 そのような中ではありますが、我が洲本市におきましても、足元をしっかりと見据えながら、平成25年度の施政方針でも申し上げましたように、「未来へつなぐ」「安心を育む」という視点に立って、「定住の促進と交流活動の充実」と「防災・減災への備え」を柱に、直面する政策課題に取り組み、洲本市を、「住んでよかった、これからもずっと住み続けたいと誰もが思うまち」へと近づけていきたいと存じます。


 つきましては、引き続き、議員の皆様、そして市民の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。


 最後になりましたが、先ほど御就任されました戸田公三議長、福本 巧副議長、山木佳宏監査委員を初め、役職に就かれました皆さんに、謹んで敬意を表しますとともに、洲本市の市政進展のため、一層の御精励と御理解、御協力をお願い申し上げ、閉会に当たっての挨拶といたします。


 ありがとうございました。








 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





    平成  年  月  日





    洲本市議会議長    戸 田 公 三





    洲本市議会前議長   山 本 和 彦





    洲本市議会前副議長  戸 田 公 三





    署 名 議 員    奥 井 正 展





    署 名 議 員    木 下 義 壽