議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 洲本市

平成22年第2回臨時会(第1日 3月26日)




平成22年第2回臨時会(第1日 3月26日)





 
平成22年第2回洲本市議会会議録(臨時会)





                      平成22年3月26日(金)(第1日)


                      開会 午前10時00分


1 議事日程


  第 1 仮議席の指定


  第 2 選挙第 1号 洲本市議会議長選挙について





2 議事日程追加


  第 1 議席の指定


  第 2 会議録署名議員の指名


  第 3 会期の決定


  第 4 選挙第 2号 洲本市議会副議長選挙について


  第 5 議席の一部変更について


  第 6 洲本市議会常任委員会委員選任について


  第 7 洲本市議会運営委員会委員選任について


  第 8 選挙第 3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙について


  第 9 選挙第 4号 洲本市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について


  第10 議案第38号 洲本市監査委員選任について


  第11 議案第39号 洲本市教育委員会委員任命について


  第12 議案第40号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任について


  第13 議案第41号 洲本市・南あわじ市山林事務組合議会議員選任について


  第14 議案第42号 平成21年度洲本市一般会計補正予算(第6号)


      議案第43号 平成21年度洲本市土地取得造成特別会計補正予算(第4号)


      議案第44号 堺小学校(校舎)耐震補強及び大規模改造等工事請負契約締


             結について


  第15 議員の派遣について


  第16 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について





3 本日の会議に付した事件


  日程第1 仮議席の指定


  日程第2 選挙第 1号 洲本市議会議長選挙について


  追加日程第 1 議席の指定


  追加日程第 2 会議録署名議員の指名


  追加日程第 3 会期の決定


  追加日程第 4 選挙第 2号 洲本市議会副議長選挙について


  追加日程第 5 議席の一部変更について


  追加日程第 6 洲本市議会常任委員会委員選任について


  追加日程第 7 洲本市議会運営委員会委員選任について


  追加日程第 8 選挙第 3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙につ


                 いて


  追加日程第 9 選挙第 4号 洲本市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙につ


                 いて


  追加日程第10 議案第38号 洲本市監査委員選任について


  追加日程第11 議案第39号 洲本市教育委員会委員任命について


  追加日程第12 議案第40号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任につ


                 いて


  追加日程第13 議案第41号 洲本市・南あわじ市山林事務組合議会議員選任につ


                 いて


  追加日程第14 議案第42号 平成21年度洲本市一般会計補正予算(第6号)


          議案第43号 平成21年度洲本市土地取得造成特別会計補正予算


                 (第4号)


          議案第44号 堺小学校(校舎)耐震補強及び大規模改造等工事請


                 負契約締結について


  追加日程第15 議員の派遣について


  追加日程第16 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について





4 議事順序


  開  会 午前10時00分


  臨時議長あいさつ


  市長あいさつ


  開会宣告


  開議宣告


  仮議席の指定


  休憩宣告 午前10時10分


  再開宣告 午前10時25分


  選挙第1号


  議席の指定


  会議録署名議員の指名


  会期の決定


  選挙第2号


  議席の一部変更について


  休憩宣告 午前10時59分


  再開宣告 午前11時30分


  洲本市議会常任委員会委員選任について


  洲本市議会運営委員会委員選任について


  休憩宣告 午前11時38分


  再開宣告 午後 1時00分


  選挙第3号


  選挙第4号


  休憩宣告 午後 1時06分


  再開宣告 午後 1時34分


  議案第38号


  議案第39号


  議案第40号


  議案第41号


  議案第42号ないし議案第44号


  休憩宣告 午後 1時58分


  再開宣告 午後 3時00分


  議員の派遣について


  常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について


  閉会宣告 午後 3時08分


  議長閉会あいさつ


  市長あいさつ





5 会議に出席した議員(18名)


   1番  木 下 義 壽          2番  山 ? 展 延


   3番  桐 山   繁          4番  山 木 佳 宏


   5番  戸 田 公 三          6番  福 本   巧


   7番  岡 本 治 樹          8番  廣 田 恵 三


   9番  岩 橋 久 義         10番  笹 田   守


  11番  地 村 耕一良         12番  小 松   茂


  13番  先 田 正 一         14番  岡 崎   稔


  15番  片 岡   格         16番  小 坂 雅 計


  17番  奥 井 正 展         18番  山 本 和 彦





6 会議に欠席した議員(0名)


  な  し





7 議事に関係した事務局職員(4名)


  議会事務局長     ? 坂 宗 子


  総務係長兼調査係長  武 田 あすか


  議事係長       ? 口 雄 次


  嘱託書記       光 宮 智 章





8 会議に出席した説明員(23名)


  市長         竹 内 通 弘


  教育長        三 倉 二九満


  理事         松 原 昭 雄


  企画情報部長     赤 澤 保 守


  総務部長       山 岡 一 輝


  市民生活部長     船 越 忠 之


  健康福祉部長     清 水 久 志


  農林水産部長     太 田 知 二


  都市整備部長     濱 田 育 孝


  五色総合事務所長   前 川 恭 治


  教育次長       於 田   攝


  企画情報部次長    浜 辺   学


  企画情報部参事    岩 田   博


  総務部次長      上 崎 勝 規


  財務部次長      中 川 勝 喜


  財務部次長      里 深   寛


  健康福祉部次長    倉 内 一 夫


  農林水産部次長    渡 邉 浩 史


  農林水産部次長    居 上 正 治


  都市整備部参事    岩 岡 頼 史


  環境整備課長     清 水 正 隆


  水道課長       山 下 恵 祐


  監査委員事務局長   武 田 好 史








               開会 午前10時00分





○(?坂宗子事務局長)  本臨時会は、一般選挙後最初の議会でございますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。


 出席議員中、小坂議員が年長の議員でございますので、ご紹介を申し上げます。


 小坂議員には、議長席の方へよろしくお願いいたします。





               〜臨時議長あいさつ〜





○(小坂雅計臨時議長)  ただいまご紹介いただきました小坂でございます。


 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。


 何とぞ、皆さん方のご協力を最初にお願いを申し上げます。


○(小坂雅計臨時議長)  会議に先立ちまして、市長より、ごあいさつと出席説明員の紹介を申し上げたい旨の申し出がありますので、伺うことにします。


 竹内市長。





                〜市長あいさつ〜


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  開会に当たりまして、ごあいさつ申し上げます。


 本日、至急の議決を要する案件についてご審議願いたく、臨時議会を招集いたしましたところ、議員各位には公私ご多用の中、定刻にご参集賜り、ここに開会の運びとなりましたことに、厚く御礼申し上げます。


 さて、3月7日執行の市長選挙におきまして、多くの市民の皆さんのご信任をちょうだいし、不肖私が、今後4年間の市政の執行に当たることとなりました。身に余る光栄であると同時に、その責任の重大さをひしひしと感じております。


 選挙中にも申し上げたとおり、活力あるまちづくり、誇れるまちづくり、安心して暮らせるまちづくり、こころ豊かな人を育むまちづくり、ともにつくるまちづくり、この以上、五つのまちづくりを政策の柱に据え、「人にやさしく住みよい洲本市づくり」に邁進してまいりますので、議員各位におかれましては、何とぞご理解とご支援を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。


 なお、この度の臨時議会に提案申し上げ、ご審議を賜ります案件は、人事案件が4件と、平成21年度補正予算が2件、契約議決案件が1件の、合わせて7件でございます。


 慎重なるご審議の上、適切妥当なご決定を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たってのごあいさつといたします。


 次に、この場をお借りしまして、教育長並びに出席しております部課長のご紹介を申し上げます。


 まず、教育長、三倉二九満であります。


 次に、理事、松原昭雄であります。


 企画情報部長、赤澤保守であります。


 総務部長、山岡一輝であります。


 市民生活部長、船越忠之であります。


 次に、教育次長、於田攝であります。


 健康福祉部長、清水久志であります。


 都市整備部長、濱田育孝であります。


 農林水産部長、太田知二であります。


 次に、総務部次長、上崎勝規であります。


 企画情報部次長、浜辺 学であります。


 企画情報部参事、岩田 博であります。


 財務部次長、中川勝喜であります。


 五色総合事務所長、前川恭治であります。


 次に、農林水産部次長、渡邉浩史であります。


 農林水産部次長、居上正治であります。


 都市整備部参事、岩岡頼史であります。


 健康福祉部次長、倉内一夫であります。


 次に、監査委員事務局長、武田好史であります。


 財務部次長、里深 寛であります。


 環境整備課長、清水正隆であります。


 次に、水道課長、山下恵祐であります。


 以上でございます。


 よろしくお願いします。


○(小坂雅計臨時議長)  市長のごあいさつ及び出席の説明員の紹介は終わりました。


 この際、各部長、課長には退席していただきます。市長、教育長及び理事には残っていただきます。





                〜開 会 宣 告〜





○(小坂雅計臨時議長)  ただいまから、洲本市議会臨時会を開会いたします。





                〜開 議 宣 告〜





○(小坂雅計臨時議長)  ただいまの出席議員は18名で、会議は成立いたしました。


 これより本日の会議を開きます。


 日程に入る前にご報告いたします。


 本日の日程表はお手元に配付のとおりでありますので、ご了承を願います。





              〜日程第1 仮議席の指名〜





○(小坂雅計臨時議長)  この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。


 仮議席は、ただいまのご着席の議席と指定いたします。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に議員協議会を開催いたしますから、議員控室にお集まりくださいますようお願いいたします。


               休憩 午前10時10分


             ―――――――――――――――


               再開 午前10時25分


○(小坂雅計臨時議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。





              〜日程第2 選挙第1号〜





○(小坂雅計臨時議長)  日程第2、これより、選挙第1号 洲本市議会議長選挙を行います。


 なお、本件につきましては、臨時議長の氏名が記入されておりませんので、お手数ですが、小坂雅計とご記入願います。


 議場の閉鎖をお願いします。


                (議 場 閉 鎖)


○(小坂雅計臨時議長)  出席議員は18名です。


 投票用紙を配付いたさせます。


                (投票用紙配付)


○(小坂雅計臨時議長)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(小坂雅計臨時議長)  投票用紙の配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                 (投票箱点検)


○(小坂雅計臨時議長)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名です。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いします。


 なお、白票については無効投票といたします。


 事務局長に点呼を命じます。


○(?坂宗子事務局長)  それでは、点呼いたします。


 戸田議員、山?議員、桐山議員、山木議員、木下議員、福本議員、岡本議員、廣田議員、岩橋議員、山本議員、地村議員、小松議員、先田議員、岡崎議員、片岡議員、奥井議員、笹田議員、小坂議員。


 以上でございます。


○(小坂雅計臨時議長)  投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(小坂雅計臨時議長)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場閉鎖を解きます。


                (議場閉鎖解除)


○(小坂雅計臨時議長)  それでは、開票を行います。


 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に福本議員及び岡本議員を指名いたします。


 よって、両議員の立ち会いを願います。


                  (開 票)


○(小坂雅計臨時議長)  報告します。


 投票総数18票、これは、先ほど出席議員数に符合いたしております。


 そのうち、有効投票 18票


      無効投票  0票


 有効投票中、木下義壽議員  10票


       岩橋久義議員   6票


       片岡 格議員   2票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は5票です。


 よって、木下議員が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました木下義壽議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 議長のごあいさつを伺うことといたします。


               (木下義壽議長登壇)


○(木下義壽議長)  ただいまは、議員各位のまことに温かいお心によりますご推挙をいただきまして、第2期目に入りました洲本市議会議長という大変名誉ある重大な役職に就任させていただくことになりました。もとよりその器ではないことは議員各位もご承知のとおりでございます。しかし、この市民から負託を受けました洲本市議会として、その期待と信頼に十分こたえ得る議会になりますように、一生懸命努力をする所存でございます。


 今期、私ども議員にとりましては、今回の選挙が無投票当選という結果でございました。市民の皆さん方にとりましては、私ども一人一人の主張を十分聞くことがなく、また、選択の機会を奪われたということでございます。


 したがいまして、今、私どもに対する市民からの目はまことに厳しいものがあると認識をいたしております。今後、この市民の皆さん方の少しでも支持が得られる洲本市議会として機能するために議会機能の強化を図り、また、開かれた議会とするために、先ほど、議員協議会での所信表明で申しましたとおり、今期も議会改革検討委員会を組織をさせていただいて、委員各位に精力的に議会改革について検討を重ねていっていただきたいと、そのように感じておるところでございます。


 今後とも、議員各位の絶大なるご支援とご協力をお願いする次第でございます。


 また、後になりましたけれども、この激戦を勝ち抜いて見事、洲本市長に当選をされ、就任をされました竹内市長には、心からお祝いを申し上げる次第でございます。


 市長と私ども議会は目指す方向は全く同じで、目的は全く同じでございます。あくまで市長と議会という立場で、これから健全な緊張関係を保ちながら、よりよい洲本市建設のために努力をさせていただく所存でございます。


 理事者の皆様方にもよろしくお願いを申し上げまして、言葉足りませんけれども、議長就任のごあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


○(小坂雅計臨時議長)  議長と議長席を交代いたします。


 皆さん方には、ご協力いただきましたこと、ありがとうございました。


                (議長席交代)


○(木下義壽議長)  これより議長席に着かせていただきます。


 よろしくご協力をお願いいたします。


 今臨時会に市長より提出されました案件は、去る19日に配付されておりますが、本日追加させていただきます日程表及び議案等をただいま配付いたさせます。


 なお、それぞれの議案等に議長の氏名が記入されておりませんので、お手数ですが、木下義壽とご記入願います。


               (追加日程等配付)


○(木下義壽議長)  配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  配付漏れがなければ、追加日程を事務局長に朗読いたさせます。


               (事務局長朗読)


○(木下義壽議長)  朗読は終わりました。


 お諮りいたします。


 ただいま朗読いたしました日程を追加することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読いたしました日程を追加することに決しました。





             〜追加日程第1 議席の指定〜





○(木下義壽議長)  追加日程第1、議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第3条第1項の規定により、議長において指定いたします。


 議員諸君の氏名とその議席番号を事務局長に朗読いたさせます。


○(?坂宗子事務局長)  命により、朗読をさせていただきます。


 1番 木下議員、2番 山?議員、3番 桐山議員、4番 山木議員、5番 戸田議員、6番 福本議員、7番 岡本議員、8番 廣田議員、9番 岩橋議員、10番 山本議員、11番 地村議員、12番 小松議員、13番 先田議員、14番 岡崎議員、15番 片岡議員、16番 小坂議員、17番 奥井議員、18番 笹田議員。


 以上でございます。


○(木下義壽議長)  朗読いたしました議席を指定いたします。





          〜追加日程第2 会議録署名議員の指名〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、2番 山?議員、17番 奥井議員を指名いたします。





            〜追加日程第3 会期の決定〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第3、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日1日と決定いたしました。





             〜追加日程第4 選挙第2号〜





○(木下義壽議長)  追加日程第4、これより、選挙第2号 洲本市議会副議長選挙を行います。


 議場の閉鎖を命じます。


                (議 場 閉 鎖)


○(木下義壽議長)  ただいまの出席議員は18名です。


 投票用紙を配付いたさせます。


                (投票用紙配付)


○(木下義壽議長)  投票用紙の配付漏れはありませんか。


             (「なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                (投票箱点検)


○(木下義壽議長)  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名です。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。


 なお、白票については無効投票といたします。


 事務局長に点呼を命じます。


○(?坂宗子事務局長)  それでは、点呼いたします。


 山?議員、桐山議員、山木議員、戸田議員、福本議員、岡本議員、廣田議員、岩橋議員、山本議員、地村議員、小松議員、先田議員、岡崎議員、片岡議員、小坂議員、奥井議員、笹田議員、木下議員。


 以上でございます。


○(木下義壽議長)  投票漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                (議場閉鎖解除)


○(木下義壽議長)  開票を行います。


 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に福本議員及び岡本議員を指名いたします。


 よって、両議員の立ち会いを願います。


                  (開 票)


○(木下義壽議長)  選挙の結果を報告いたします。


 投票総数18票、これは、先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち、有効投票 18票


      無効投票  0票


 有効投票中、山本和彦議員  9票


       戸田公三議員  7票


       小坂雅計議員  2票


 以上のとおりです。


 この選挙の法定得票数は5票です。


 よって、山本和彦議員が副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました山本和彦議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 副議長のごあいさつを伺うことといたします。


              (山本和彦副議長登壇)


○(山本和彦副議長)  副議長就任に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 このたび、議員各位のご賛同によりまして、副議長の要職に就任させていただくことになりました。大変光栄なことと感謝の思いでいっぱいでございます。


 同時にまた、責任の重大さを痛感し、議長や先輩同僚各位の期待に沿えるかどうか、心配をしているところではございますが、しかし、先刻ご就任されました木下議長は博学多才にして、豊かな経験を持たれた方でございますので、そのご指導を仰ぎ、未熟ではございますが、副議長としての使命を肝に銘じ、議長とともに円滑な議会運営と洲本市の発展のために全力で努める所存でございます。


 議員各位におかれましては、副議長選挙でお寄せいただきました温かいお力添えを引き続きお願いを申し上げますとともに、さらなるご指導とご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


 また、市長を初め、市職員の皆様方、並びに報道関係各位におかれましては、旧に倍しますご支援、ご協力をお願い申し上げまして、簡単措辞ではありますが、副議長就任に当たってのごあいさつといたします。


 どうもありがとうございました。





         〜追加日程第5 議席の一部変更について〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第5、議席の一部変更についてを議題といたします。


 先ほどの副議長の選挙に伴い、会議規則第3条第3項の規定により、議席の一部を変更いたしたいと思います。


 その議席番号及び氏名を事務局長に朗読いたさせます。


○(?坂宗子事務局長)  命により、議席番号及び氏名を朗読いたします。


 10番、笹田議員、18番、山本議員。


 以上でございます。


○(木下義壽議長)  お諮りいたします。


 ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに決しました。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に常任委員会の所属のご希望を取りまとめたいと思いますので、用紙を配付いたさせますから、ご希望の委員会名をご記入の上、提出くださるようお願いいたします。


 なお、本会議の再開時刻については、追って連絡をいたします。


               休憩 午前10時59分


             ―――――――――――――――


               再開 午前11時30分


○(木下義壽議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。





       〜追加日程第6 洲本市議会常任委員会委員選任について〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第6、洲本市議会常任委員会委員の選任を行います。


 選任につきましては、あらかじめ各位より担当部門の希望が提出されておりますので、そのご希望を十分尊重すべく検討いたしましたが、特定部門に集中いたしましたので、ご希望に沿えない方もあるかと思いますが、議長、副議長におきまして慎重に協議いたしました結果でありますから、よろしくご了承をお願いいたします。


 これより常任委員の選任を行います。


 常任委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、総務常任委員会、3番 桐山議員、6番 福本議員、9番 岩橋議員、11番 地村議員、14番 岡崎議員、15番 片岡議員。


 教育民生常任委員会、2番 山?議員、5番 戸田議員、7番 岡本議員、13番 先田議員、17番 奥井議員、18番 山本議員。


 産業建設常任委員会、1番 小職、4番 山木議員、8番 廣田議員、10番 笹田議員、12番 小松議員、16番 小坂議員をそれぞれ指名いたします。





       〜追加日程第7 洲本市議会運営委員会委員選任について〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第7、洲本市議会運営委員会委員の選任を行います。


 議会運営委員の選任については、委員会条例第6条第1項の規定により、5番 戸田議員、9番 岩橋議員、10番 笹田議員、12番 小松議員、13番 先田議員、15番 片岡議員の6人を指名いたします。


 この際、暫時休憩をいたします。


 休憩中に、ただいま決定いたしました各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長の互選と合わせて各種委員の選任をお願いいたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 なお、各種委員の選任につきましては、一覧表をそれぞれの常任委員会におきまして配付いたさせます。事務局長から、委員会開催部屋割を報告いたさせます。


○(?坂宗子事務局長)  命により、委員会開催部屋割をご報告申し上げます。


 総務常任委員会、第1委員会室、教育民生常任委員会、第2委員会室、産業建設常任委員会、議長室。


 なお、議会運営委員会につきまして、各常任委員会終了後、第1委員会室において開催させていただきます。


 以上でございます。


               休憩 午前11時34分


             ―――――――――――――――


               再開 午後 1時00分


○(木下義壽議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 休憩中に、各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長が決定いたしましたので、事務局長をして報告いたさせます。


○(?坂宗子事務局長)  命により、正副常任委員長及び正副議会運営委員長の氏名をご報告申し上げます。


 総務常任委員会、委員長 地村耕一良議員、副委員長 片岡 格議員、教育民生常任委員会、委員長 奥井正展議員、副委員長 先田正一議員、産業建設常任委員会、委員長 笹田 守議員、副委員長 廣田恵三議員、議会運営委員会、委員長 小松 茂議員、副委員長 戸田公三議員。


 以上でございます。





             〜追加日程第8 選挙第3号〜





○(木下義壽議長)  追加日程第8、これより、選挙第3号 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。


 指名の方法は、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に、3番 桐山議員、4番 山木議員、5番 戸田議員、7番 岡本議員、9番 岩橋議員、以上の5人を指名いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま、議長において指名いたしました5人の議員を、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました5人の議員が、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に当選されました。


 ただいま、洲本市・南あわじ市衛生事務組合議会議員に当選されました5人の議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。





             〜追加日程第9 選挙第4号〜





○(木下義壽議長)  追加日程第9、これより選挙第4号 洲本市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推選によることと決しました。


 お諮りいたします。


 指名の方法は、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。


 それでは、指名いたします。


 洲本市選挙管理委員会委員に、


 洲本市由良三丁目8番9号、小濱?男氏。


 洲本市物部二丁目12番9号、飛松泰子氏。


 洲本市上内膳740番地2、濱田敏夫氏。


 洲本市五色町都志万歳397番地7、蓮井慶太郎氏。


 同補充員として、


 洲本市下内膳1259番地3、内藤東亜氏。


 洲本市物部256番地4、中田健二氏。


 洲本市五色町鮎原上237番地、森屋康弘氏。


 洲本市中川原町三木田445番地、島田一清氏をそれぞれ指名いたします。


 ただいま、議長において指名いたしました諸氏を、洲本市選挙管理委員会委員及び同補充員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしました諸氏が、洲本市選挙管理委員会委員及び同補充員に当選されました。


 続いて、お諮りいたします。


 ただいま当選されました同補充員の補充の順序は、先ほど議長より指名いたしました順序によりたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に議員協議会を開催いたしますから、議員控室にお集まりくださいますようお願いいたします。


 なお、再開時に各部長、課長の出席を求めます。


               休憩 午後 1時07分


             ―――――――――――――――


               再開 午後 1時34分


○(木下義壽議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。





            〜追加日程第10 議案第38号〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第10、議案第38号 洲本市監査委員選任についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、岡崎議員の退席を求めます。


             (14番 岡崎 稔議員退席)


○(木下義壽議長)  議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  議案第38号 洲本市監査委員選任について、ご説明申し上げます。


 監査委員の平田氏が去る3月18日をもって、任期満了により退任されましたため、その後任の監査委員を選任したく、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございまして、市議会の議員のうちから選任する監査委員としてご提案申し上げますのは、


 洲本市五色町鮎原小山田、岡崎 稔、62歳でございます。


 ご同意をいただきますよう、よろしくお願いいたします。


○(木下義壽議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  別にご質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 本案は人事に関する案件でありますので、直ちに表決に入りたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより、議案第38号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに賛成の方は、ご起立願います。


                (起 立 多 数)


○(木下義壽議長)  ご着席ください。


 起立多数であります。


 よって、議案第38号は、これに同意することに決しました。


 岡崎議員の着席を求めます。


             (14番 岡崎 稔議員着席)


○(木下義壽議長)  この際、岡崎議員より発言の申し出がありますので、許可します。


             (14番 岡崎 稔議員登壇)


○14番(岡崎 稔議員)  発言のお許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 ただいまは議員各位のご賛同を賜り、洲本市監査委員に就任させていただくこととなりました。まことにありがたく感謝を申し上げます。


 私にとって、身に余る光栄と存じますとともに、厳しい財政状況の中での行政執行に当たりまして、監査の重要性を考える時、その職責の重さをひしひしと感じている次第でございます。何分にも浅学非才ゆえ、職責の全うに当たりましては、特に皆様方のお力添えをいただかなければ務めることができません。どうか、ご協力のほど、よろしくお願いを申し上げます。


 議員各位を初め、理事者の皆様には、また、関係の皆様におかれましては、何とぞ格別のご鞭撻とご指導をお願い申し上げ、甚だ簡単ではございますが、私の監査委員の就任に当たってのごあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございます。





            〜追加日程第11 議案第39号〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第11、議案第39号 洲本市教育委員会委員任命についてを議題といたします。


 この際、三倉教育長の退席を求めます。


              (三倉二九満教育長退席)


○(木下義壽議長)  議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  議案第39号 洲本市教育委員会委員任命について、ご説明申し上げます。


 本件は、教育委員会委員のうち、三倉二九満氏及び小谷敦朗氏が4月11日で任期満了となりますが、両氏を引き続き本市教育委員会委員に任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項により、議会の同意を求めるものでございます。


 両氏は、人格高潔で、教育、学術及び文化に関する識見、能力ともに豊かで、本市教育委員会委員として最適任者であると存じます。


 何とぞよろしくご審議を賜りまして、ご同意をいただきますようお願いいたします。


○(木下義壽議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  別にご質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 本案は人事に関する案件でありますので、直ちに表決に入りたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより、議案第39号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに賛成の方は、ご起立願います。


                (起 立 多 数)


○(木下義壽議長)  ご着席ください。


 起立多数であります。


 よって、議案第39号は、これに同意することに決しました。


 三倉教育長の着席を求めます。


              (三倉二九満教育長着席)





            〜追加日程第12 議案第40号〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第12、議案第40号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、岡崎議員、山?議員、先田議員の退席を求めます。


   (14番 岡崎 稔議員、2番 山?展延議員、13番 先田正一議員退席)


○(木下義壽議長)  議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)   議案第40号 南あわじ市・洲本市小中学校組合議会議員選任について、説明申し上げます。


 本件は、本市選出の同組合議会議員が去る3月18日をもって任期満了となったため、その後任の議員を選任したく、同組合規約第5条の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 提案申し上げるのは、


 洲本市納、川添孝史、72歳。


 洲本市鮎屋、萩原宗治、59歳。


 洲本市五色町鮎原小山田、岡崎 稔、62歳。


 洲本市本町一丁目、山?展延、67歳。


 洲本市上物部一丁目、先田正一、50歳。


 以上の5氏でございます。


 ご同意をいただきますよう、よろしくお願いいたします。


○(木下義壽議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  別にご質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、人事に関する案件でありますので、直ちに表決に入りたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより、議案第40号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに賛成の方は、ご起立願います。


                (起 立 全 員)


○(木下義壽議長)  ご着席ください。


 起立全員であります。


 よって、議案第40号は、これに同意することに決しました。


 岡崎議員、山?議員、先田議員の着席を求めます。


   (14番 岡崎 稔議員、2番 山?展延議員、13番 先田正一議員着席)





            〜追加日程第13 議案第41号〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第13、議案第41号 洲本市・南あわじ市山林事務組合議会議員選任についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 竹内市長。


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  議案第41号 洲本市・南あわじ市山林事務組合議会議員選任について、説明申し上げます。


 本件は、本市選出の同組合議会議員が去る3月18日をもって任期満了となったため、その後任の議員を選出したく、同組合規約第5条の規定により、議会の同意を求めるものでございます。


 提案申し上げるのは、


 洲本市宇原、吉岡顯夫、85歳。


 洲本市大野、宮下萬米、76歳。


 洲本市金屋、酒井 勇、61歳。


 洲本市前平、生田昌弘、73歳。


 洲本市新村、堀井敏夫、60歳。


 洲本市納、長手和美、68歳。


 洲本市鮎屋、尾白弘志、69歳でございます。


 以上の7氏は、本市議会議員の被選挙権を有しており、同組合議会議員として最適任者であると存じます。


 何とぞよろしくご審議を賜りまして、ご同意をいただきますようお願いいたします。


○(木下義壽議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  別にご質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、人事に関する案件でありますので、直ちに表決に入りたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 これより、議案第41号を採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、これに同意することに賛成の方は、ご起立願います。


                (起 立 多 数)


○(木下義壽議長)  ご着席ください。


 起立多数であります。


 よって、議案第41号は、これに同意することに決しました。





        〜追加日程第14 議案第42号ないし議案第44号〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第14、議案第42号ないし議案第44号の3件を一括議題といたします。


 議案の朗読を省略して、提案理由の説明を求めます。


 松原理事。


               (松原昭雄理事登壇)


○(松原昭雄理事)  それでは、議案第42号について、ご説明申し上げますので、2番表示の議案第42号 平成21年度洲本市一般会計補正予算(第6号)をごらん願います。


 今回の補正予算の内容は、新しい事業を提案するものではございません。既に議決いただいております事業に係る財源の精査及びそれに伴い結果的に余剰となります地域活性化・公共投資臨時交付金の基金への追加積立を行うとともに、完成が来年度になると見込まれる事業につきまして、本年度予算を来年度に繰り越して執行できるよう、繰越明許費の補正を提案するものであります。歳入歳出予算の補正額は4,000万円であります。


 それでは、補正予算の内容につきまして、歳入から説明申し上げますので、予算書の6ページ及び7ページをごらん願います。


 第60款国庫支出金、15項国庫補助金では4,040万円の減額で、その内容は、地域活性化・公共投資臨時交付金70万円、小学校及び中学校への安全・安心な学校づくり交付金3,970万円を減額。


 第95款及び10項市債には、8,040万円の追加で、その内容は、農業農村整備事業債4,070万円、義務教育施設整備事業債3,970万円を追加いたしております。


 続きまして、歳出について、説明申し上げますので、予算書8ページ及び9ページをごらん願います。


 第15款総務費、10項総務管理費には、地域活性化・公共投資臨時交付金基金積立金4,000万円を追加いたしております。


 第35款農林水産業費、10項農業費、第55款教育費、15項小学校費及び20項中学校費では財源の振りかえをいたしております。


 次に、第2条繰越明許費の補正について、ご説明申し上げますので、予算書4ページの「第2表 繰越明許費補正」及び末尾の繰越明許費繰越明細書をごらん願います。


 歳出予算に計上いたしました経費のうち、鮎屋の滝周辺整備事業(第二期)では、天候による工事の遅延により、公民館改築事業では、建築確認申請手続に時間を要したことなどから、年度内の完成に至らないため繰越明許費の追加を、また、洲本インターチェンジ駐車場整備事業では、年度内執行予定工事の遅延から繰越額を補正後に変更するものであります。


 次に、第3条地方債の補正について、ご説明申し上げますので、予算書5ページの「第3表 地方債補正」をごらん願います。


 追加では、農業農村整備事業に充当する起債についての限度額等を定め、変更では、義務教育施設整備事業に充当する起債の限度額を補正後の限度額に変更いたしております。


 以上で、議案第42号の説明を終わらせていただきます。


 次に、議案第43号についてご説明申し上げますので、3番表示の議案第43号 平成21年度洲本市土地取得造成特別会計補正予算(第4号)をごらん願います。


 今回の補正は、繰越明許費の追加のみで、歳入歳出予算の補正はございません。


 予算書2ページの「第1表 繰越明許費」及び3ページの「繰越明許費繰越明細書」をごらん願います。


 歳出予算に計上いたしました土地取得造成事業のうち、広石の若葉台団地内外周道路に陥没箇所が見られ、緊急に対応が必要であることから、既定予算を活用し調査事業を行うこととしておりますが、年度内の調査完了には至らないため、繰越明許費を提案するものであります。


 以上で、議案第43号の説明を終わらせていただきます。


 続きまして、本日追加提案をさせていただきました議案第44号について、ご説明申し上げますので、4番表示の議案をごらん願います。


 議案第44号 堺小学校(校舎)耐震補強及び大規模改造等工事請負契約締結について、ご説明申し上げます。


 本件は、洲本市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条に定める予定価格1億5,000万円以上の工事の請負となるため、契約締結に当たり提案するものでございます。


 その内容は、当該工事の請負契約を、制限付き一般競争入札により決定した金額1億5,015万円で、岸本建設株式会社と締結しようとするものでございます。


 以上で、議案第44号の説明を終わります。


 何とぞ慎重ご審議を賜りましてご決定くださいますよう、お願い申し上げます。


○(木下義壽議長)  説明は終わりました。


 これより議案に対する質疑に入ります。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  別にご質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 ただいま議題となっております議案第42号ないし議案第44号の3件につきましては、お手元に配付いたさせてあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託して、ご審査を煩わせたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 この際、暫時休憩をいたします。


 休憩中に教育民生常任委員会には第1委員会室、産業建設常任委員会には第2委員会室におきまして、また、総務常任委員会には教育民生常任委員会及び産業建設常任委員会終了の後、第1委員会室におきまして、それぞれ付託議案のご審査を賜りたいと存じますので、よろしくお願いをいたします。


 なお、本会議の再開時刻につきましては、追って連絡を申し上げます。


               休憩 午後 1時58分


             ―――――――――――――――


               再開 午後 2時59分


○(木下義壽議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 休憩中に各常任委員会におかれては、委員会を開催され、適切なる結論を得られたことと存じます。そのご労苦に感謝をいたします。


 これより、上程議案に対する委員長の報告を求めます。


 まず、総務常任委員長より報告を願います。


 11番 地村議員。


             (11番 地村耕一良議員登壇)


○11番(地村耕一良議員)  総務常任委員会報告。


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 先刻の本会議において、当委員会に付託されました議案第42号及び議案第43号の2件について審査のため、委員会を開催し、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査をいたしました結果、当委員会に付託されました議案を、いずれも原案のとおり全会一致可決すべきものと決しましたので、ここに報告いたします。


 総務常任委員会委員長 地村耕一良。


○(木下義壽議長)  地村総務常任委員長の報告は終わりました。


 次に、教育民生常任委員長より報告を願います。


 17番 奥井議員。


             (17番 奥井正展議員登壇)


○17番(奥井正展議員)  教育民生常任委員会報告。


 教育民生常任委員会の審査報告をいたします。


 先刻の本会議において、当委員会に付託されました議案第42号及び議案第44号の2件について審査のため、委員会を開催し、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査をいたしました結果、当委員会に付託されました議案を、いずれも原案のとおり全会一致可決すべきものと決しましたので、ここに報告をいたします。


 教育民生常任委員会委員長 奥井正展。


○(木下義壽議長)  奥井教育民生常任委員長の報告は終わりました。


 次に、産業建設常任委員長より報告を願います。


 10番 笹田議員。


             (10番 笹田 守議員登壇)


○10番(笹田 守議員)  産業建設常任委員会報告。


 産業建設常任委員会の審査報告をいたします。


 先刻の本会議において、当委員会に付託されました議案第42号 平成21年度洲本市一般会計補正予算(第6号)の審査のため、委員会を開催し、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査をいたしました結果、当委員会に付託されました議案第42号は、原案のとおり全会一致可決すべきものと決しましたので、ここに報告いたします。


 産業建設常任委員会委員長 笹田 守。


○(木下義壽議長)  笹田産業建設常任委員長の報告は終わりました。


 これより、ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  別に質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  別に討論がなければ、これにて討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより議案第42号ないし議案第44号の3件を一括して採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、各常任委員長の報告のとおり、いずれも原案のとおり決することに賛成の方は、ご起立願います。


                (起 立 全 員)


○(木下義壽議長)  ご着席ください。


 起立全員であります。


 よって、議案第42号ないし議案第44号の3件は、いずれも原案のとおり可決されました。





          〜追加日程第15 議員の派遣について〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第15、議員の派遣についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 会議規則第158条の規定により、別紙のとおり議員を派遣いたしたいと存じます。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、議員の派遣については、記載のとおり派遣することに決しました。


 この際、お諮りいたします。


 ただいま議決されました議員の派遣につきましては、諸事情による変更等が生じた場合の取り扱いについては、議長に委任いただきたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決します。





   〜追加日程第16 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査について〜





○(木下義壽議長)  次に、追加日程第16 常任委員会及び議会運営委員会所管事務調査についてを議題といたします。


 各常任委員会及び議会運営委員会の所管事務について、それぞれの委員長より会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしております一覧表のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各委員長より申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 以上で、今期臨時会に付議されました案件はすべて議了いたしました。


 よって、会議規則第6条の規定により、閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(木下義壽議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、今期洲本市議会臨時会をこれにて閉会いたします。


               閉会 午後 3時08分





                〜議長あいさつ〜





○(木下義壽議長)  閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 今臨時会にあっては、本日1日限りではございましたが、付議されました案件につきましては、滞りなく議了され、ここに閉会の運びに至りましたことは、ご同慶にたえません。


 各位の議案審議へのご精励と議事運営へのご協力に対して、厚くお礼を申し上げます。


 また、先ほどの議会議員の役員選任におきましては、不肖、私を洲本市議会の議長に選任いただきましたことに、衷心より厚くお礼を申し上げます。身に余る光栄と存じますとともに、この席に座り、改めてその職責の重さを痛感している次第でございます。


 私、もとより微力ではございますが、円滑な議会運営はもとより、議会基本条例に基づき、引き続き、議会改革の推進等、議長としての務めを果たしてまいりたいと、意を新たにいたしております。


 さて、地方分権が一層進む中、市政のリーダーが交代され、竹内市長にまちづくりのバトンが渡されたところでございますが、依然として、社会情勢は厳しいものがございます。


 市長におかれましては、力強いリーダーシップを発揮され、スピード感をもって、職員の皆様とともに一致団結し、元気な洲本実現に取り組んでいただくことをお願い申し上げます。


 間もなく桜花らんまんの季節を迎えますが、百花の代表とも言える桜は、冬の寒さがあってこそ、美しい開花につながると言われております。


 桜にあやかって、洲本市の春が一日も早く訪れることを切に望むものでございます。


 季節の変わり目、議員各位におかれましては、ご自愛の上、ますますご健勝にて議会活動、議員活動にご精励くださいますよう念じ申し上げ、閉会のあいさつといたします。


 ありがとうございました。


○(木下義壽議長)  市長よりごあいさつがありますので、伺うことといたします。


 竹内市長。





                〜市長あいさつ〜


               (竹内通弘市長登壇)


○(竹内通弘市長)  閉会に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。


 本日招集いたしました臨時議会が、ここに全議案の審議を終え、閉会の運びとなりましたことは、まことに喜ばしく、ご同慶の至りでございます。


 議員の皆様には、慎重なるご審議をいただき、提出議案について、適切なご決定をいただきましたことに、衷心よりお礼申し上げます。


 新しくご就任されました木下義壽議長、山本和彦副議長、岡崎 稔監査委員をはじめ、それぞれの要職に就かれた議員の皆様に対しまして、心からお慶びを申し上げますとともに、元気で明るい洲本市づくりにご尽力を賜りますようお願い申し上げます。


 この度の臨時議会によりまして、議会の態勢が整いました。この上は、平成22年度予算の肉づけを早急に行い、できる限り早い時期に、竹内市政の1年目の施政の方針を明らかにして参りたいと存じます。


 ここ数日は、時計が逆回りしたかのような冷え込みが続いておりますが、間もなく、桜花らんまんの時節となります。議員の皆様にとって、そして私にとって、新たな気持ちで迎える春でございます。


 つきましては、今後のご活躍をご祈念申し上げまして、閉会のあいさつといたします。


 ありがとうございました。








 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





    平成  年  月  日





    洲本市議会議長   木 下 義 壽





    署 名 議 員   山 ? 展 延





    署 名 議 員   奥 井 正 展