議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 洲本市

平成21年第2回定例会(第2日 3月 9日)




平成21年第2回定例会(第2日 3月 9日)





 
平成21年第2回洲本市議会会議録(定例会)





                       平成21年3月9日(月)(第2日)


                       開議 午前10時00分





1 議事日程


  第1 議案第2号ないし議案第44号





2 本日の会議に付した事件


  日程第1 議案第2号ないし議案第44号





3 議事順序


  開  議 午前10時00分


  開議宣告


  議案第2号ないし議案第44号


   20番 小松 茂議員


  休憩宣告 午前10時59分


  再開宣告 午前11時08分


    4番 廣田恵三議員


  休憩宣告 午前11時44分


  再開宣告 午後 0時59分


    9番 岩橋久義議員


  休憩宣告 午後 1時52分


  再開宣告 午後 2時58分


    2番 氏田年行議員


  延会宣告


  延  会 午後 3時54分





4 会議に出席した議員(21名)


   1番  和 田 正 昭          2番  氏 田 年 行


   3番  山 本 和 彦          4番  廣 田 恵 三


   5番  平 田 功 治          6番  竹 内 通 弘


   7番  地 村 耕一良          8番  土 井 敏 雄


   9番  岩 橋 久 義         10番  名 田 英 樹


  11番  木戸内 良 夫         12番  木 下 義 壽


  13番  奥 井 正 展         14番  畑   啓 治


  15番  笹 田   守         16番  先 田 正 一


  17番  山 ? 眞 靖         18番  柳   雅 文


  19番  片 岡   格         20番  小 松   茂


  21番  岡 崎   稔





5 会議に欠席した議員(0名)


  な  し





6 議事に関係した事務局職員(4名)


  議会事務局長     平 郡   平


  総務係長兼調査係長  ? 坂 宗 子


  議事係主任      ? 口 雄 次


  嘱託書記       光 宮 智 章





7 会議に出席した説明員(24名)


  市長         柳   実 郎


  副市長        濱 田 知 昭


  副市長        芝 地   稔


  教育長        三 倉 二九満


  理事         柏   由紀夫


  企画情報部長     赤 澤 保 守


  総務部長       山 岡 一 輝


  市民生活部長     清 水 久 志


  健康福祉部長     森 屋 康 弘


  農林水産部長     船 越 忠 之


  都市整備部長     濱 田 育 孝


  五色総合事務所長   渡 邊 佳 則


  教育次長       於 田   攝


  企画情報部参事    岩 田   博


  財務部次長      中 川 勝 喜


  健康福祉部次長    倉 内 一 夫


  健康福祉部次長    里 深   寛


  農林水産部次長    牧之瀬 泰 志


  企画課長       浜 辺   学


  総務課長       上 崎 勝 規


  環境整備課長     平 山 茂 樹


  用地課長       居 上 正 治


  水道課長       山 下 恵 祐


  監査委員事務局長   武 田 好 史








               開議 午前10時00分





○(和田正昭議長)  ただいまより、本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員は21名で、会議は成立いたしました。


 日程に入る前にご報告いたします。


 本日の日程表は、先ほど配付いたしましたが、配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(和田正昭議長)  配付漏れがなければ、これより日程に入ります。





          〜日程第1 議案第2号ないし議案第44号〜





○(和田正昭議長)  日程第1、議案第2号ないし議案第44号の43件を一括議題とし、これより議案に対する質疑とあわせて市の一般事務についての質問を伺うことといたします。


 質疑、質問の通告がありますので、順次発言を許可いたします。


 20番議員は質問席に移動してください。


             (20番 小松 茂議員移動)


○(和田正昭議長)  それでは発言を許可します。


 20番 小松議員。


○20番(小松 茂議員)  おはようございます。


 通告に基づきまして、平成21年度の施政方針並びに予算案について質問を行います。


 2日の第1日目、市長は施政方針の中で、おおむね次のように述べられました。


 平成20年度は、「問題を先送りしない」と、こういう思いを市政の基本に据えてきた。平成21年度は、「今日の堅実さが輝く明日に」と、こういう思いであると。その根拠は、市民1人当たりの市債残高84万円であったものが、平成20年度末で80万円に減少し、集中改革プランを1年前倒しで来ていること。そして平成24年度には70万円以下にまでさらに減少すると、このようにおっしゃいました。


 予算書末尾の地方債に関する調書を見ますと、平成19年度末の一般会計の市債残高は445億73,99万2,000円、平成20年度末の見込み額427億4,082万9,000円、そして平成21年度末の見込み額は402億132万9,000円と、この2年間で43億7,000万円の減少を見込んでいます。


 施政方針の中では、このことを、「本市の体力、つまり財政力は、平成24年度になる頃には、現在に比べ、かなりの程度、回復するものと思われます」と、あるいはまた「雌伏3年」と、このように表現されています。


 平成21年度一般会計予算総額は217億3,000万円、対前年度比103.9%、歳出のうちの義務的経費は125億3,300万円余りで109.1%、予算全体に占める比率は平成20年度の54.9%から57.7%に増大しています。


 一方、投資的経費では15億1,000万円余りで、前年比97.1%に抑えられています。


 この平成21年度の予算書だけを見ると、義務的経費が増大して本市の財政は硬直化し、あすの洲本に向けて投資する余裕もない、いうならば市民にとっては夢も希望も感じられない予算、このように受けとめられるかもしれません。


 しかし、市長も施政方針で述べられましたように、平成20年度一般会計補正予算(第4号)において総額11億4,864万円の追加補正を行い、そのうち定額給付金、子育て応援特別手当、この関連を除いた地域活性化・生活対策臨時交付金3億1,232万9,000円がそっくり平成21年度における事業執行となっており、これを合わせると投資的経費は18億2,309万4,000円、対前年度比117.2%と大きな伸びを示しています。そしてその中に、観光圏の整備事業、食料自給率アップ総合対策事業、うみぢから推進事業、緊急雇用対策、さまざま個々の事業の金額の多寡はさておき、現下の課題に対応すべ