議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 洲本市

平成19年第1回臨時会(第1日 2月20日)




平成19年第1回臨時会(第1日 2月20日)





 
平成19年 第1回洲本市議会会議録(臨時会)





                    平成19年2月20日(火)(第1日)


                    開会 午前10時00分








1 議事日程


  第1 会議録署名議員の指名


  第2 会期の決定


  第3 報告第1号 専決処分の報告について


  第4 議案第1号 平成18年度洲本市一般会計補正予算(第3号)


     議案第2号 定住・交流促進センター新築工事請負契約締結について


     議案第3号 洲本市土地開発公社の解散について





2 本日の会議に付した事件


  日程第1 会議録署名議員の指名


  日程第2 会期の決定


  日程第3 報告第1号 専決処分の報告について


  日程第4 議案第1号 平成18年度洲本市一般会計補正予算(第3号)


       議案第2号 定住・交流促進センター新築工事請負契約締結について


       議案第3号 洲本市土地開発公社の解散について





3 議事順序


  開  会 午前10時00分


  議長あいさつ


  市長あいさつ


  開会宣告


  開議宣告


  諸般の報告


  会議録署名議員の指名


  会期の決定


  報告第1号


  議案第1号ないし議案第3号


  休憩宣告 午前10時17分


  再開宣告 午後 0時58分


  閉会宣告


  閉  会 午後 1時02分


  議長あいさつ


  市長あいさつ





4 会議に出席した議員(21名)


   1番  地 村 耕一良          2番  氏 田 年 行


   3番  山 本 和 彦          4番  廣 田 恵 三


   5番  笹 田   守          6番  竹 内 通 弘


   7番  小 松   茂          8番  土 井 敏 雄


   9番  岩 橋 久 義         10番  名 田 英 樹


  11番  木戸内 良 夫         12番  木 下 義 壽


  13番  奥 井 正 展         14番  畑   啓 治


  15番  岡 崎   稔         16番  先 田 正 一


  17番  山 ? 眞 靖         18番  柳   雅 文


  19番  片 岡   格         21番  和 田 正 昭


  22番  平 田 功 治





5 会議に欠席した議員(0名)


  な  し





6 議事に関係した事務局職員(4名)


  議会事務局長    平 郡   平


  総務係長兼調査係長 本 間 啓 元


  議事係主任     ? 口 雄 次


  嘱託書記      光 宮 智 章





7 会議に出席した説明員(25名)


  市長        柳   実 郎


  助役        濱 田 知 昭


  助役        松 原 良 光


  収入役       立 花 充 博


  教育長       三 倉 二九満


  企画部長      赤 澤 保 守


  情報政策部長    ? 田 耕 作


  総務部長      山 岡 一 輝


  市民生活部長    坂 本 伊 平


  健康福祉部長    森 屋 康 弘


  特命参事      濱 田 育 孝


  産業振興部長    井 手 康 裕


  都市整備部長    久保田 敏 彦


  地域生活部長    渡 邊 佳 則


  地域産業部長    船 越 忠 之


  教育次長      河 上 和 慶


  都市整備部次長   伊 達 義 人


  企画課長      浜 辺   学


  財政課長      中 川 勝 喜


  総務課長      山 本 賀 一


  介護福祉課長    里 深   寛


  農政課長      牧之瀬 泰 志


  用地課長      岩 田   博


  水道事業所長    山 下 恵 祐


  監査委員事務局長  山 形 勝 彦








                開会 午前10時00分





                 〜議長あいさつ〜





○(地村耕一良議長)  開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本日、臨時市議会が招集されましたところ、議員各位には極めてご健勝にて、ご参集を賜り、厚くお礼を申し上げます。


 さて、今臨時会では、理事者より、緊急かつ重要な案件が提案されます。


 議員各位には、慎重ご審議により、適切妥当な結論を得られますよう念願しますとともに、ひとしおご自愛願い、審議にご精励賜りますようお願い申し上げ、開会のごあいさつとさせていただきます。


○(地村耕一良議長)  市長よりごあいさつがありますので、伺うことといたします。


 柳市長。





                 〜市長あいさつ〜


                (柳 実郎市長登壇)


○(柳 実郎市長)  皆さん、おはようございます。


 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本日、臨時議会を招集いたしましたところ、議員の皆さんにはご多用の中ご出席をいただき、ここに開会できますことを心からお礼申し上げます。ありがとうございます。


 さて、このたびの臨時議会にご提案申し上げ、ご審議をお願いします案件は、専決処分の報告1件のほか、予算関係議案1件と議決事件関係議案2件の計4件でございます。そのいずれもが至急の議決を必要とするものでございます。何とぞ慎重なるご審議の上、適切なご決定をいただきますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのごあいさつといたします。ありがとうございます。





                 〜開 会 宣 告〜





○(地村耕一良議長)  ただいまから、洲本市議会臨時会を開会いたします。





                 〜開 議 宣 告〜





○(地村耕一良議長)  ただいまの出席議員は21名で、会議は成立いたしました。


 これより本日の会議を開きます。





                  〜諸般の報告〜





○(地村耕一良議長)  議事に先立ちまして、去る12月開会の定例会以後における閉会中の諸般の事項につきましてご報告をいたします。


 報告事項につきましては、お手元に配付のとおりでありますから、ご了承のほどよろしくお願いいたします。


 日程に入る前にご報告いたします。


 本日の議案は、去る13日にお手元に配付いたさせてありますが、本日の日程表は先ほど配付いたしました。


 日程表等、配付漏れはありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  配付漏れがなければ、これより日程に入ります。





             〜日程第1 会議録署名議員の指名〜





○(地村耕一良議長)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、6番 竹内議員、17番 山?議員を指名いたします。





               〜日程第2 会期の決定〜





○(地村耕一良議長)  次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日と決定いたしました。





               〜日程第3 報告第1号〜





○(地村耕一良議長)  次に、日程第3、報告第1号 専決処分の報告についてを議題といたします。


 理事者の説明を求めます。


 濱田助役。


               (濱田知昭助役登壇)


○(濱田知昭助役)  それでは、報告第1号 専決処分の報告について、説明を申し上げますので、1番表示のつづりをごらん願います。


 専決第1号 損害賠償額の決定及び和解につきましては、市長において専決処分することができる事項として、議決により指定されております「損害賠償の額を定めること」の範囲に該当するもので、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、専決処分をし、同条第2項の規定により報告申し上げるものでございます。


 この内容は、平成18年11月18日午後4時ごろ、相手方が市道鳥飼下堺中央線を自動車で走行中に、市道の側溝のふたを前部左車輪ではね上げ、助手席ドアの下部に損傷を与えたもので、車両の損害費用として、2月2日付で損害賠償の額を12万8,595円と定め、和解したものでございます。


 以上で、報告第1号の説明を終わります。


○(地村耕一良議長)  説明は終わりました。


 これより質疑に入ります。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  別にご質疑がなければ、報告第1号については報告を終わります。





           〜日程第4 議案第1号ないし議案第3号〜





○(地村耕一良議長)  次に、日程第4、議案第1号ないし議案第3号の3件を一括議題といたします。


 議案の朗読を省略して、理事者の説明を求めます。


 濱田助役。


               (濱田知昭助役登壇)


○(濱田知昭助役)  それでは、議案第1号 平成18年度洲本市一般会計補正予算(第3号)について、説明を申し上げますので、2番表示のつづりをごらん願います。


 今回の補正は、歳入では、一般寄附金の計上、歳出では、応訴弁護費、モニュメント作製費の計上並びに財政調整基金積立金の追加で、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5,000万円を追加するものでございます。


 補正予算の内容につきましては、歳入から説明を申し上げますので、予算書2ページ及び4ページから5ページをごらん願います。


 第75款及び10項寄附金には、一般寄附金5,000万円を追加いたしております。


 続きまして、歳出につきまして説明を申し上げますので、3ページ及び6ページから7ページをごらん願います。


 第15款総務費、10項総務管理費には5,000万円を追加、その内容は、10目一般管理費には、弁護報償費70万円を計上、30目企画費には、モニュメント作製費2,000万円を計上、80目財政調整基金費には、財政調整基金積立金2,930万円を追加いたしております。


 以上で、議案第1号の説明を終わらせていただきます。


 続きまして、議案第2号及び議案第3号について、説明を申し上げますので、3番表示のつづりをごらん願います。


 議案第2号 定住・交流促進センター新築工事請負契約締結について、説明を申し上げます。


 本件は、洲本市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条に定める予定価格1億5,000万円以上の請負となるため、契約締結に当たり提案申し上げるものでございます。


 この内容は、定住・交流促進センター新築工事について、指名競争入札により決定した金額、2億5,410万円で、株式会社出雲建設と請負契約を締結しようとするものでございます。


 次に、議案第3号 洲本市土地開発公社の解散について、説明を申し上げます。


 本件は、計画されておりました土地の民間への売却が決定し、設立当初の目的を終えた洲本市土地開発公社の解散につきまして、去る2月8日に当公社理事会で可決され、今後、兵庫県知事の認可を受けるため、議会の議決を得たく提案申し上げるものでございます。


 この内容は、解散期日を兵庫県知事の認可を受けた日とし、残余財産の処分方法を当公社定款の規定により、洲本市に帰属させるものでございます。


 以上で、議案第1号ないし議案第3号の説明を終わります。何とぞ慎重ご審議を賜りまして、ご決定くださいますようお願いを申し上げます。


○(地村耕一良議長)  説明は終わりました。


 これより議案に対する質疑に入ります。


 ご質疑はありませんか。


              (「議長」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  19番議員は質問席に移動してください。


             (19番 片岡 格議員移動)


○(地村耕一良議長)  それでは、発言を許可します。


 19番 片岡議員。


○19番(片岡 格議員)  ただいま説明を受けました議案について、事前に通告は出しておりませんけれど、何点か質疑をさせていただきたいと思います。


 といいますのは、当初議案が配付された時点では、すべて総務常任委員会に付託されるというような内容であったので、委員会の中で詳細な話についてはお尋ねをできるんではないかというふうに考えておりました。その後の説明の中では、議案第3号については、産業建設常任委員会に付託されるということになっておるそうなんで、そうすると我々としても、ちょっとこの委員会に所属をしていない関係もありまして、あえてこの場所においてお尋ねをしていきたいと思います。


 ただいまの助役の説明によりますと、この土地開発公社の当初の目的が達成されたかのような内容であったと思われるわけですけれど、予定をしておりました売却した用地の手続が完了すれば、すべてこれで終わるのか、いわゆる土地開発公社としての所有物件等についてはどの程度あるのか、まずお尋ねしておきたいと思います。


○(地村耕一良議長)  久保田都市整備部長。


○(久保田敏彦都市整備部長)  公社の解散についてでございますけども、当初の目的というようなこと、業務の範囲でございますが、これについては、公社の定款にも記されているとおり、議員についてもご存じのことかと思います。


 公社としましては、洲本港におけます臨海土地造成事業、それと淡路縦貫道の道路に関連する加茂中央線並びに納二本松線の道路事業等に用地の先行取得、買収というような事業のもとで、昭和54年3月に設立されております。達成というようなことでございますが、加茂中央線については平成11年度、納二本松線については昭和59年度に既に買い戻しがされております。これについては、主に旧の淡路鉄道というのか、鉄道敷きの用地のことでございます。


 それと洲本港におけます臨海土地造成に関しましては、平成8年度に造成工事が完了しております。それで、それぞれ事業用地として買い戻し等を行いながらこれまで来ました。それで、現在買い戻しとか、この前行われました第2駐車場の売却等を済んだ、現在における所有地でございますけども、中浜地区では5,088平米、内港地区では1万4,303平米、合計で1万9,392.31平米でございますが、これにつきましては、現在の公社の財産の目録の土地面積、現在残っている面積ということでございます。


 以上でございます。


○(地村耕一良議長)  19番 片岡議員。


○19番(片岡 格議員)  内港については、今、残りの土地の面積については説明ありました。


 この定款の第17条第3号に前2号に掲げる事業に附帯する業務として掲げておりますけど、これらの業務についての残務はどの程度あるのか、もう一度確認をしたいと思います。


○(地村耕一良議長)  久保田都市整備部長。


○(久保田敏彦都市整備部長)  残務というのは、先ほど申しました残面積ではない、ほかに。


              (「ほかに」と呼ぶ者あり)


○(久保田敏彦都市整備部長)  これからは、もし解散というようなことにつきましては、知事認可ということでございますけども、これからは残務整理というんですか、清算に入っていきながら、いわゆる洲本市への帰属というような事務の段取りになります。


 以上です。


○(地村耕一良議長)  19番 片岡議員。


○19番(片岡 格議員)  それでは、この議案第3号の内容に行きますと、いわゆる残りの部分については、洲本市に帰属するというような内容であったと思うんですけれど、すべて残りの分について、これから知事の届け等もすべて終わって完了するのは、大体いつごろの、期日としては手続上終わる予定なんですかね。


○(地村耕一良議長)  久保田都市整備部長。


○(久保田敏彦都市整備部長)  きょうの議会議決を得まして、これから知事あての申請ということになります。それで、先ほど助役の説明にもありましたように、知事の認可日をもっての解散日とするということになりますので、このまま進めば3月に入った半ばごろかなとは思っております。


 以上です。


○(地村耕一良議長)  19番 片岡議員。


○19番(片岡 格議員)  最後にですけれど、この事業において、土地だけじゃなしに、預金等についてはあるんですかね。


○(地村耕一良議長)  久保田都市整備部長。


○(久保田敏彦都市整備部長)  先ほど引き継ぐ部分の財産として面積の部分を言いましたけども、先ほど述べました中浜、内港地区の面積部分と、現金におきましては、これはまだこれから精算になりますので、約という格好でございますが、4億5,200万円でございます。約ということで解釈願いたいと思います。


○(地村耕一良議長)  19番 片岡議員。


○19番(片岡 格議員)  それもすべて洲本市に帰属するということになるわけですね。


○(地村耕一良議長)  久保田都市整備部長。


○(久保田敏彦都市整備部長)  はい、そういうことでございます。


○(地村耕一良議長)  19番 片岡議員。


○19番(片岡 格議員)  以上で質疑終わります。


○(地村耕一良議長)  19番議員の質疑は終わりました。


 ほかにご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  ほかにご質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 ただいま議題となっております議案第1号ないし議案第3号の3件につきましては、お手元に配付いたさせてあります議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託して、ご審査を煩わせたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、さように決します。


 この際、暫時休憩いたします。


 休憩中に、総務常任委員会には、第1委員会室におきまして、産業建設常任委員会には、第2委員会室におきまして、それぞれ付託議案のご審査を賜りたいと存じますので、よろしくお願いいたします。


 本会議の再開時刻については、追って連絡を申し上げます。


               休憩 午前10時17分


             ―――――――――――――――


               再開 午後 0時58分


○(地村耕一良議長)  休憩前に引き続き、会議を開きます。


 休憩中に総務常任委員会及び産業建設常任委員会におかれては、委員会を開催され、適切なる結論を得られたことと存じます。そのご労苦に感謝いたします。


 これより上程議案に対する委員長の報告を求めます。


 まず、総務常任委員長より報告を願います。


 16番 先田議員。


             (16番 先田正一議員登壇)


○16番(先田正一議員)  総務常任委員会報告。


 総務常任委員会の審査報告をいたします。


 先刻の本会議において、当委員会に付託されました議案第1号及び議案第2号の2件について審査のため、委員会を開催し、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査をいたしました結果、当委員会に付託されました議案を、いずれも原案のとおり全会一致可決すべきものと決しましたので、ここに報告をいたします。


 総務常任委員会委員長 先田正一。


○(地村耕一良議長)  先田総務常任委員長の報告は終わりました。


 次に、産業建設常任委員長より報告を願います。


 12番 木下議員。


             (12番 木下義壽議員登壇)


○12番(木下義壽議員)  産業建設常任委員会報告。


 産業建設常任委員会の審査報告をいたします。


 先刻の本会議において、当委員会に付託されました議案第3号 洲本市土地開発公社の解散についての審査のため、委員会を開催し、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査をいたしました結果、当委員会に付託されました議案第3号は、原案のとおり全会一致可決すべきものと決しましたので、ここに報告をいたします。


 産業建設常任委員会委員長 木下義壽。


○(地村耕一良議長)  木下産業建設常任委員長の報告は終わりました。


 これより、ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  別にご質疑がなければ、これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 討論はありませんか。


              (「なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  別に討論がなければ、これにて討論を終結いたします。


 続いて表決に入ります。


 これより議案第1号ないし議案第3号の3件を一括して採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は、各常任委員長の報告のとおり、いずれも原案のとおり決することに賛成の方は、ご起立願います。


                (起 立 全 員)


○(地村耕一良議長)  ご着席ください。


 起立全員であります。


 よって、議案第1号ないし議案第3号の3件は、いずれも原案のとおり可決されました。


 以上で、今期臨時会に付議されました案件は、すべて議了いたしました。


 よって、会議規則第6条の規定により、閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○(地村耕一良議長)  ご異議なしと認めます。


 よって、今期洲本市議会臨時会をこれにて閉会いたします。


               閉会 午後 1時02分





                 〜議長あいさつ〜





○(地村耕一良議長)  閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 今臨時会にあっては、本日1日限りではございましたが、付議されました案件については滞りなく議了され、ここに閉会の運びに至りましたことはご同慶にたえません。


 各位の議案審議へのご精励と、議事運営へのご協力に対し、厚くお礼を申し上げます。


 3月を目前にし、梅の便りも聞かれるようになりましたが、朝夕にはまだ寒い日もございます。


 各位にはくれぐれもご自愛をいただきますようお願いをいたしまして、甚だ簡単ではございますが、ごあいさつといたします。


 ありがとうございました。


○(地村耕一良議長)  市長よりごあいさつがありますので、伺うことといたします。


 柳市長。





                 〜市長あいさつ〜


                (柳 実郎市長登壇)


○(柳 実郎市長)  閉会に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。


 本日10時より開会されました臨時議会が、本会議並びにこれに続く常任委員会におきまして、慎重なご審議をいただき、全議案につきまして適切なご決定をいただき、ここに閉会を迎えられましたことはまことに喜ばしく、心よりお礼申し上げます。


 ご決定をいただきました予算、その他の事項につきましては、議案の審議を通じて承りましたご意見等に十分留意して、厳正かつ円滑な執行に努める所存でございますので、今後とものお力添えをお願い申し上げます。


 年度末の3月を前にいたしまして、公私にわたり多忙をきわめる時節を迎えております。議員の皆様におかれましては、この上ともご自愛をいただき、一層のご活躍をご祈念申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。


 どうもありがとうございます。





   地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





     平成  年  月  日





          洲本市議会議長  地 村 耕一良





          署 名 議 員  竹 内 通 弘





          署 名 議 員  山 ? 眞 靖