議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 西宮市

平成18年 6月(第13回)定例会−06月19日-04号




平成18年 6月(第13回)定例会
          西宮市議会第13回定例会議事日程

          (平成18年6月19日午前10時開議)


日程順序        件         名             ページ

第1                                   28
 議案第433号 議会議員その他非常勤職員公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定の件
 議案第435号 西宮市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例制定の件
 議案第436号 西宮市附属機関条例の一部を改正する条例制定の件
 議案第437号 西宮市地区計画等の区域内における建築物等の制限に関する条例の一部を改正する条例制定の件
 議案第438号 西宮市自転車駐車場の設置および管理に関する条例の一部を改正する条例制定の件
 議案第439号 平成18年度西宮市一般会計補正予算(第1号)
 議案第440号 平成18年度西宮市立中央病院事業会計補正予算(第1号)
 議案第441号 訴え提起の件(市営住宅明渡し等請求事件)
 議案第442号 市道路線認定の件(鳴第481号線ほか8路線)
 報告第74号 処分報告の件〔(西宮市市税条例の一部を改正する条例制定の件)専決処分〕
 報告第75号 処分報告の件〔(西宮市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定の件)専決処分〕
 報告第76号 処分報告の件〔(西宮市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定の件)専決処分〕
 報告第77号 処分報告の件{〔平成18年度西宮市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)〕専決処分}
 報告第78号 処分報告の件{〔訴え提起の件(災害援護資金貸付金請求事件)〕専決処分}
 報告第79号 処分報告の件(市長の専決処分事項の指定に基づく専決処分)
 報告第80号 平成17年度西宮市一般会計繰越明許費繰越計算書
 報告第81号 平成17年度西宮市市街地整備事業特別会計繰越明許費繰越計算書
 報告第82号 平成17年度西宮市水道事業会計予算繰越計算書
 報告第83号 平成17年度西宮市工業用水道事業会計予算繰越計算書
 報告第84号 財団法人西宮市国際交流協会の経営状況を説明する書類提出の件
 報告第85号 財団法人西宮市文化振興財団の経営状況を説明する書類提出の件
 報告第86号 財団法人西宮市都市整備公社の経営状況を説明する書類提出の件
 報告第87号 西宮市土地開発公社の経営状況を説明する書類提出の件
 報告第88号 財団法人西宮市水道サービス協会の経営状況を説明する書類提出の件
 報告第89号 財団法人西宮スポーツセンターの経営状況を説明する書類提出の件
 報告第90号 財団法人西宮市斎園サービス公社の経営状況を説明する書類提出の件

                                  付託区分
第2                                   29
 議案第434号 西宮市市税条例の一部を改正する条例制定の件     (総  務)


                             西宮市議会議長
             出   席   議   員

 1番 野 口 あけみ   16番 中 尾 孝 夫   31番 魚 水 けい子
 2番 佐 藤 みち子   17番 栗 山 雅 史   32番 草 加 智 清
 3番 河 崎 はじめ   18番 白 井 啓 一   33番 谷 口 哲 司
 4番 たかはし 倫恵   19番 田 村 ひろみ   34番 中 西 甚 七
 5番 明 石 良 昭   20番 三 原 憲 二   35番 中 村 武 人
 6番 大川原 成 彦   21番 今 村 岳 司   36番 蜂 谷 倫 基
 7番 町 田 博 喜   22番 八 木 米太朗   37番 たてがき 初男
 8番 しぶや 祐 介   23番 石 埜 明 芳   38番 片 岡 保 夫
 9番 田 中 正 剛   24番 管   庸 夫   40番 嶋 田 克 興
10番 木 村 嘉三郎   25番 上 田 さち子   41番 美濃村 信 三
11番 上向井 賢 二   26番 阪 本   武   42番 楽 野 信 行
12番 喜 田 侑 敬   27番 小 林 光 枝   43番 中 川 經 夫
13番 杉山 たかのり   28番 西 田 いさお   44番 上 谷 幸 彦
14番 森池 とよたけ   29番 田 中   渡   45番 ざ こ 宏 一
15番 岩 下   彰   30番 川 畑 和 人


             欠   席   議   員
39番 つかだ 誠 二


             説明のため出席した者の職氏名

市長        山 田   知     土木局長      浦 川 和 男
助役        藤 田 忠 穂     中央病院事務局長  永 田 幸 治
助役        河 野 昌 弘     消防局長      岸 本   正
収入役       進 木 伸次郎     水道事業管理者   平 瀬 和 彦
総合企画局長    藤 田 邦 夫     水道局次長     井 田 佳 樹
 市長室長     小 牧 信 雄     教育委員会委員長職務代理者
総合企画局担当理事                       清 水 信 一
          吉 田   稔     教育長       眞 鍋 昭 治
総務局長      山 本   修     教育次長      三田谷 光 治
 総務総括室長   亀 井   健     教育次長      白 土 寿 章
 財務部長     是 常 孝 男     選挙管理委員会委員長
市民局長      岸 本   梓               玉 置   肇
健康福祉局長    水 田 宗 人     代表監査委員    阿 部 泰 之
環境局長      藤 井 厚 夫     監査委員      村 西   進
都市局長      森 田   順     農業委員会会長   吉 田 昭 光


           職務のため議場に出席した事務局職員

事務局長      高 平 秀 男     課長補佐      西 岡   衛
次長        中 西 正 幸     書記        櫻 井 瑠 美
議事調査課長    市 栄 正 樹



   〔午前10時 開議〕
○議長(草加智清) おはようございます。
 ただいまから西宮市議会第13回定例会第4日目の会議を開きます。
 現在の出席議員数は44人であります。
 本日は、つかだ誠二議員から所用のため遅参、以上のとおり届け出を受けております。
 本日の会議録署名議員に、会議規則第80条の規定により、河崎はじめ議員及び中川經夫議員を指名いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
 これより日程に従い議事を進めます。
 日程第1 議案第433号ほか25件を一括して議題といたします。
 当局の提案理由の説明を求めます。
 藤田助役。
◎助役(藤田忠穂) 提案理由を御説明申し上げます。
 なお、議案番号のみ申し上げ、事件名を省略いたしますので、よろしくお願い申し上げます。
 議案第433号は、地方公務員災害補償法の改正に伴い、通勤の範囲の改定等、所要の規定の整備を行うものであります。
 議案第435号は、関係政令の改正に伴い、消防団員が退職した場合における退職報償金を引き上げるものであります。
 議案第436号は、水道事業経営に関する重要事項を調査及び審議する西宮市水道事業経営審議会を市長の附属機関として設置するものであります。
 議案第437号は、鷲林寺南地区地区整備計画の都市計画決定等に伴い、所要の規定の整備を行うものであります。
 議案第438号は、阪急西宮北口北東第2自転車駐車場を設置するものであります。
 議案第439号は、平成18年度一般会計補正予算(第1号)で、歳入歳出にそれぞれ2億7,815万円を追加し、歳入歳出総額をそれぞれ1,584億8,658万8,000円とするものであります。
 議案第440号は、平成18年度西宮市立中央病院事業会計補正予算(第1号)で、収益的収入及び支出において、収入で特別利益を5,207万円増額し、病院事業収益を53億754万円に、また、支出で特別損失を5,207万円増額し、病院事業費用を58億3,662万4,000円とするものであります。
 議案第441号は、市営住宅の家賃を長期にわたり滞納している者及び不法占有者に対して、それぞれ市営住宅の明け渡しと滞納家賃等の支払いを求める訴えを提起するものであります。
 議案第442号は、開発行為による公共施設の帰属により、鳴第481号線ほか8路線について市道の路線認定を行うものであります。
 以上9議案につきまして、何とぞ御協賛賜りますようお願い申し上げます。
 次に、報告第74号から第78号までの5件は、処分報告の件で、それぞれ専決処分いたしましたので、地方自治法第179条第3項の規定により、報告し、承認を求めるものであります。
 報告第74号は、地方税法の改正に伴い、個人市民税における非課税限度額の改定、固定資産税における土地に係る負担調整措置の改定及び耐震工事施工住宅に対する減額措置制度の新設など、所要の規定の整備を行ったものであります。
 報告第75号は、関係政令の改正に伴い、消防団員等に係る公務災害補償における補償基礎額の引き下げについて、所要の規定の整備を行ったものであります。
 報告第76号は、関係政令の改正に伴い、公的年金等控除の見直しに伴う公的年金等所得に係る国民健康保険料の減額賦課及び所得割額の算定について経過措置が設けられたことに伴い、規定の整備を行ったものであります。
 報告第77号は、平成18年度老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)で、平成17年度決算見込みについて、歳入歳出差し引き額の不足について繰り上げ充用金で補てんするため、歳入歳出にそれぞれ8,181万1,000円を追加し、歳入歳出総額をそれぞれ329億2,391万9,000円としたものであります。
 報告第78号は、訴え提起の件で、阪神・淡路大震災に係る災害援護資金貸付金の滞納者への法的措置として簡易裁判所に支払い督促を申し立てたところ、債務者より督促異議の申し立てが出され、訴訟に移行したものであります。
 以上5件につきまして、何とぞ御承認賜りますようお願い申し上げます。
 次に、報告第79号は、市長の専決処分事項の指定に基づく専決処分で、和解に係るもの3件、損害賠償の額の決定に係るもの7件の計10件につきまして、地方自治法第180条第2項の規定により、報告するものであります。
 報告第80号及び第81号は、平成17年度の一般会計及び特別会計の繰越明許費に係る繰越計算書で、各事業の繰越確定額を報告するものであります。
 報告第80号は、一般会計繰越明許費繰越計算書で、街路事業ほか10件につき総額8億930万2,000円を繰り越しするものであります。この財源として、国庫支出金3億324万8,000円、県支出金283万3,000円、市債3億8,730万円、分担金及び負担金120万円、諸収入230万円、繰越金1億1,242万1,000円を充当いたしました。
 報告第81号は、市街地整備事業特別会計繰越明許費繰越計算書で、段上地区土地区画整理事業につき2,147万7,000円を繰り越しするものであります。この財源として、分担金及び負担金1,136万3,000円、繰越金1,011万4,000円を充当いたしました。
 以上2件につきまして、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、報告するものであります。
 報告第82号及び第83号は、水道事業会計、工業用水道事業会計の予算繰越計算書で、地方公営企業法第26条第3項の規定より、報告するものであります。
 報告第82号は、水道事業会計予算繰越計算書で、配水施設整備事業につき5億577万9,000円を繰り越しするものであります。この財源として、企業債3億1,320万円、国庫補助金1,316万円、工事負担金2,455万6,000円、損益勘定留保資金1億5,486万3,000円を充当いたしました。
 報告第83号は、工業用水道事業会計予算繰越計算書で、配水施設整備事業につき5,667万8,000円を繰り越しするものであります。この財源として、国庫補助金611万円、損益勘定留保資金5,056万8,000円を充当いたしました。
 報告第84号から第90号までの7件は、本市出資に係る法人で、経営状況を説明する書類を、地方自治法第243条の3第2項の規定により、提出するものであります。
 以上で提案説明を終わります。
○議長(草加智清) 提案理由の説明は終わりましたが、上程中の各件に対する質疑は後日行うことにいたします。
 次に、日程第2 議案第434号を議題といたします。
 当局の提案理由の説明を求めます。
 藤田助役。
◎助役(藤田忠穂) 提案理由を御説明申し上げます。
 議案第434号西宮市市税条例の一部を改正する条例制定の件は、地方税法が改正されたことに伴い、市たばこ税の税率を7月1日から引き上げるものであります。
 何とぞ御協賛賜りますようお願い申し上げます。
 以上で提案説明を終わります。
○議長(草加智清) 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。
 上程中の本件に対し、御質疑はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(草加智清) なければ、これをもって質疑を打ち切ります。
 上程中の本件は総務常任委員会に付託いたします。
 ここで総務常任委員会開催のため暫時休憩いたします。
   〔午前10時09分 休憩〕
    ────────────────
   〔午前10時55分 開議〕
○議長(草加智清) ただいまから休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、申し上げます。
 休憩中、総務常任委員長から付託事件の審査を終了した旨の報告を受けております。
 これより議案第434号に対する委員長の報告を求めます。
 総務常任委員長 町田博喜議員。
◆7番(町田博喜) 総務常任委員長報告。
 ただいま上程中の議案第434号西宮市市税条例の一部を改正する条例制定の件につきましては、先ほど開催の委員会において、当局から詳細なる説明を聴取するとともに、提出された関係資料をもとに審査しました結果、賛成多数をもって原案を承認すべきものと決しました。
 以上、委員長報告といたします。
○議長(草加智清) 委員長の報告は終わりましたが、ただいまの報告に対し、御質疑はありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(草加智清) なければ、質疑を打ち切り、討論に入ります。
 上程中の本件に御意見はありませんか。
   〔発言を求める者あり〕
○議長(草加智清) たてがき議員。
◆37番(たてがき初男) ただいま上程中の議案第434号西宮市市税条例の一部を改正する条例制定の件に反対の立場から日本共産党西宮市会議員団の意見を申し上げます。
 この条例案は、さきの通常国会で地方税法改正案が可決され、7月1日から市たばこ税を、旧3級品は1,000本当たり1,412円を1,564円に、旧3級品以外は2,977円を3,298円に、約10.8%の増税をするものです。具体的には、一番よく売れているマイルドセブンでは1箱20円の増税となります。これにおける市税への影響は、当局の答弁では約1億5,000万円の増収となるとしています。しかし、3年前に11.5%の増税が行われ、その増収分は約1億8,000万円となっていますが、総額では実質前年度8,308万円、3.56%の伸びにとどまっています。今回も、増税をしても全体としては7,800万円から8,000万円の減収としています。
 ところで、現在、サッカーのワールドカップ・ドイツ大会が開催されていますが、メキシコのラボルペ監督が試合中に喫煙しているところがテレビに映し出されたことで、国際サッカー連盟は、試合中は喫煙をしないようにラボルペ監督に警告するとともに、全監督に対しても喫煙しないよう要請したとのことです。もちろん規則で監督の喫煙を禁止しているわけではありません。全世界で延べ400億人が観戦されると言われているワールドカップ。喫煙や受動喫煙が健康に被害を与え、運動能力を低下させることは周知のこと、スポーツでは世界最大の競技大会で、その影響の大きさからも今回の要請になったものでしょう。
 このように、たばこを吸わない人がふえている上に、世界的に禁煙が大きな流れの中で、日本も、たばこ規制枠組み条約締結国らしく、たばこを継続的かつ実質的に減らす総合対策を積極的に取り組まず、安易に増税できる財源としてたばこをとらえ、さらに、今回の増税は児童手当拡充の財源にも充てるなど政略も込められており、このような市民負担の増税には反対です。
 以上、意見といたします。
○議長(草加智清) ほかにありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(草加智清) なければ、討論を打ち切り、採決に入ります。
 本件の採決は起立により行います。
 本件を先ほどの委員長の報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
○議長(草加智清) 起立多数であります。
 よって、ただいま採決いたしました議案第434号は原案のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 次会は、来る23日午前10時から本会議を開くことにいたします。
 なお、ただいま議場に在席の議員には、文書による開議通知を省略させていただきますので、御了承願います。
 本日は、これをもって散会いたします。
 御協力ありがとうございました。
   〔午前11時 散会〕