議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 尼崎市

平成16年  9月 定例会(第17回) 09月14日−01号




平成16年  9月 定例会(第17回) − 09月14日−01号 − P.0 「(名簿)」












平成16年  9月 定例会(第17回)



          第17回尼崎市議会会議録(定例会)第1号

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

    平成16年9月14日 午前10時30分 開議

第1        会期の決定

第2        議席の一部変更

第3 陳情第46号 市職員の本市居住促進についての陳情

第4 認定第1号 平成15年度尼崎市水道事業会計決算について

第5 認定第2号 平成15年度尼崎市工業用水道事業会計決算について

第6 認定第3号 平成15年度尼崎市自動車運送事業会計決算について

第7 認定第4号 平成15年度尼崎市下水道事業会計決算について

第8 報告第4号 専決処分について

第9 議案第80号 尼崎市議会議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について

第10 議案第81号 尼崎市市税条例の一部を改正する条例について

第11 議案第82号 尼崎市立学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

第12 議案第83号 尼崎市立青少年センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

第13 議案第84号 尼崎市立地区会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

第14 議案第85号 尼崎市企業立地促進条例について

第15 議案第86号 尼崎市改良住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について

第16 議案第78号 平成16年度尼崎市特別会計介護保険事業費補正予算(第1号)

第17 議案第79号 平成16年度尼崎市工業用水道事業会計補正予算(第2号)

第18 議案第87号 丹波少年自然の家事務組合を組織する市町数の増減及び丹波少年自然の家事務組合規約の変更に関する協議について

第19 議案第88号 訴えの提起について

第20 請願第2号 郵政事業の現行経営形態の堅持についての請願

第21 請願第3号 教育基本法に基づく施策推進についての請願

第22 陳情第49号 シティスポーツクラブ尼崎(WOODY)増改築見直しについての陳情

第23 陳情第50号 啓明中学校の存続についての陳情

第24 陳情第51号 道路拡幅計画見直しについての陳情

第25 陳情第52号 社会保険医が診療の用に供する家屋の固定資産税、都市計画税の減免制度維持についての陳情

第26 陳情第53号 県の福祉医療費助成制度継続についての陳情

第27 陳情第54号 支所単位での生活保護行政実施についての陳情

第28 陳情第55号 保育所運営費の一般財源化等の見直しについての陳情

第29 陳情第56号 保育所運営費の一般財源化等の見直しについての陳情

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員

   1番     騰 和美君

   2番     丸尾孝一君

   3番     長崎寛親君

   6番     今西恵子君

   7番     義村玉朱君

   8番     早川 進君

   9番     丸尾 牧君

  10番     飯田 浩君

  11番     酒井 一君

  12番     前迫直美君

  13番     亀田孝幸君

  14番     真鍋修司君

  15番     広瀬早苗君

  16番     菅村哲仁君

  17番     田村征雄君

  18番     松村ヤス子君

  19番     高橋藤樹君

  20番     宮城亜輻君

  21番     平山丈夫君

  22番     塚田 晃君

  23番     仙波幸雄君

  24番     安田雄策君

  25番     下地光次君

  26番     杉山公克君

  27番     荒木伸子君

  28番     上松圭三君

  29番     黒川 治君

  30番     蔵本八十八君

  31番     北村保子君

  32番     谷川正秀君

  33番     中野清嗣君

  34番     塩見幸治君

  35番     小柳久嗣君

  36番     滝内はる子君

  37番     畠山郁朗君

  38番     新本三男君

  41番     波多正文君

  42番     寺本初己君

  43番     高岡一郎君

  44番     中川日出和君

  46番     藤原軍次君

  47番     米田守之君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員

  40番     多田敏治君

  48番     中村四郎君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局

事務局長      小谷正彦君

事務局次長     辻本 守君

議事課長      高見善巳君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯地方自治法第121条の規定による出席者

市長        白井 文君

助役        中村 昇君

助役        江川隆生君

収入役       矢野郁子君

特命担当局長    谷口敏郎君

企画財政局長    村山保夫君

総務局長      玉井啓一君

美化環境局長    湊  稔君

医務監       高岡道雄君

健康福祉局長    守部精寿君

市民局長      宮本 勝君

産業経済局長    森田康三君

技監        松井重紀君

都市整備局長    岩田 強君

消防局長      橋本雅生君

水道事業管理者   吉井惠一君

自動車運送

事業管理者     喜田完二君

企画財政局

総務部長      福森 務君

企画財政局

総務課長      北江有弘君

教育委員会

委員長       岡本元興君

教育長       小林 巖君

選挙管理委員会

委員長       藤田浩明君

代表監査委員    鳥羽正多君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(平成16年9月14日 午前10時31分 開会)



○議長(新本三男君) ただいまより第17回尼崎市議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 日程に入るに先立ち、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において中野清嗣君及び波多正文君を指名いたします。

 この際、諸般の報告をいたします。

 閉会中の継続審査に付されていた請願、陳情20件のうち19件について、各付託委員会の委員長から審査未了報告書が提出されております。

 これらの報告は、一覧表にしてお手元に配付いたしておりますから、御清覧願います。

 また、市長からの報告事件として、報告企総第9号 議会の指定に基づく専決処分についてほか1件が提出されております。

 これらの報告も、お手元に配付いたしておりますから、御清覧願います。

 その他の事項については、事務局長より報告いたさせます。



◎事務局長(小谷正彦君) 御報告いたします。

 現在の出席議員は42人であります。

 中村四郎議員は病気のため今期定例会の会議を欠席する旨の、また、多田敏治議員は病気のため9月17日までの会議を欠席する旨の届けがそれぞれ参っております。

 次に、地方自治法第121条の規定により、市長はじめ執行機関の出席を求めております。

 その職氏名は、印刷して配付いたしておりますから、朗読を省略させていただきます。

 また、今期定例会に提出されます議案は、お手元に送付いたしましたとおりでありまして、本日の議事日程もまた、配付いたしましたとおりであります。

 報告事項は以上であります。



○議長(新本三男君) 日程に入ります。

 日程第1 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から10月5日までの22日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、会期は、22日間と決定いたしました。

 日程第2 議席の一部変更を議題といたします。

 会派からの申し出に伴い、会議規則第4条第3項の規定により、お諮りいたします。

 お手元に配付いたしております議席表のとおり、議席を一部変更することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、お手元に配付いたしております議席表のとおり、議席の一部を変更することに決定いたしました。

 日程第3 陳情第46号 市職員の本市居住促進についての陳情を議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております陳情第46号については、会議規則第40条第3項の規定により、委員長の報告を省略し、お手元に配付の委員会報告書に基づいて議事を進めたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長の報告を省略し、委員会報告書に基づいて議事を進めることに決定いたしました。

 委員会の報告に対する質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。

 これより採決に入ります。

 本件に対する委員会の報告は、採択であります。

 本件を委員会の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、本件は、委員会の報告のとおり決定いたしました。

 日程第4 認定第1号 平成15年度尼崎市水道事業会計決算についてから、日程第19 議案第88号 訴えの提起についてまで、16件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 白井市長。

   (白井 文さん 登壇)



◎市長(白井文さん) ただいま上程の諸案件につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 今期定例会には、企業会計に係ります決算認定案4件、専決処分報告1件、特別会計並びに企業会計の補正予算案2件、条例案7件及びその他の案件2件の合計16件を御提案いたしております。

 それでは、これらの案件の主な内容につきまして、順次御説明申し上げます。

 初めに、決算認定案でございます。

 地方公営企業法の定めるところによりまして、平成15年度の本市水道事業、工業用水道事業、自動車運送事業及び下水道事業の各会計決算に監査委員の意見を付けまして、認定に付するものでございます。

 次に、専決処分報告でございます。

 工業用水道事業会計の補正予算といたしまして、企業債の借換えを行うため、急施を要しましたので、7月28日、専決処分したものでございます。

 次に、補正予算案でございます。

 まず、特別会計でございますが、介護保険事業費におきまして、平成15年度の県負担金の精算確定に伴い、返還金を追加するものでございます。

 次に、企業会計でございますが、工業用水道事業会計におきまして、建設改良工事の増加に伴い、事業費の増額等を行うものでございます。

 次に、条例案でございます。

 まず、尼崎市議会議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正につきましては、地方公務員災害補償法の一部を改正する法律の施行に伴い、規定の整備を行うものでございます。

 次に、尼崎市市税条例の一部改正につきましては、不動産登記法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の制定に伴い、規定の整備を行うものでございます。

 次に、尼崎市立学校の設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、城内中学校と育英中学校の統合及び明倫中学校と昭和中学校の統合に伴い、規定の整備を行うものでございます。

 次に、尼崎市立青少年センターの設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、設置目的外の使用を有料化するに伴い、規定の整備を行うものでございます。

 次に、尼崎市立地区会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、有料化及び設置目的内の使用等に係る使用料の減免制度を設けるに伴い、規定の整備を行うものでございます。

 次に、尼崎市企業立地促進条例の制定につきましては、市内における企業立地を促進するため、一定の要件を満たした企業に対する市税の不均一課税に関する条例の制定を行うものでございます。

 次に、尼崎市改良住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、築地南浜改良住宅2及び3の新設に伴い、規定の整備を行うものでございます。

 次に、その他の案件でございます。

 まず、丹波少年自然の家事務組合を組織する市町数の増減及び丹波少年自然の家事務組合規約の変更に関する協議につきましては、柏原町、氷上町、青垣町、春日町、山南町及び市島町が合併し、丹波市が設置されることに伴い、事務組合規約の変更等について関係市町と協議するものでございます。

 最後に、訴えの提起につきましては、改良住宅の家賃滞納者及び名義人以外の入居者等に対しまして、それぞれ訴えを提起するものでございます。

 以上で私の提案理由説明を終わりますが、これらの詳細につきましては、順次助役等から補足説明を申し上げます。

 よろしく御審議を賜り、御賛同いただきますようお願い申し上げます。



○議長(新本三男君) 引き続き、補足説明を求めます。

 中村助役。

   (中村 昇君 登壇)



◎助役(中村昇君) 引き続きまして、私が所管いたしております諸案件につきまして、補足して御説明申し上げます。

 初めに、専決処分報告でございます。

 報告第4号 尼崎市工業用水道事業会計補正予算第1号につきましては、高資本費対策借換債の条件に該当する公営企業金融公庫の既往債の借換えを行うため、資本的支出及び資本的収入のそれぞれに借換え額3億5,400万円を追加するに当たり、急施を要しましたので、去る7月28日、専決処分したものでございます。

 次に、補正予算につきましては、便宜私から一括して御説明申し上げます。

 まず、議案第78号 平成16年度尼崎市特別会計介護保険事業費補正予算第1号につきましては、平成15年度に概算交付を受けた県負担金の精算に伴い、今年度、返還する必要が生じたため、1,981万9,000円を歳入歳出予算に追加するものでございます。

 次に、議案第79号 尼崎市工業用水道事業会計補正予算第2号につきましては、新規ユーザーの発生等による建設改良工事の増加に伴い、事業費を1,900万3,000円追加するとともに、同工事の増加により、消費税及び地方消費税額の納税額を90万5,000円減額するものでございます。

 次に、条例案でございます。

 まず、議案第85号 尼崎市企業立地促進条例の制定につきましては、市内における企業立地を促進するべく、一定の要件を満たした企業に対して、固定資産税、都市計画税及び事業所税を2分の1軽減する不均一課税を行うため、条例の制定を行うものでございます。

 次に、議案第86号 尼崎市改良住宅の設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、震災復興事業として進めて参りました築地南浜改良住宅2及び3の新設に伴い、規定の整備を行うものでございます。

 次に、その他の案件でございます。

 まず、議案第87号 丹波少年自然の家事務組合を組織する市町数の増減及び丹波少年自然の家事務組合規約の変更に関する協議につきましては、同事務組合を組織いたします柏原町、氷上町、青垣町、春日町、山南町及び市島町が合併し、来る11月1日をもって新たに丹波市が設置されることに伴い、同事務組合の市町数の増減及び規約の一部変更について、関係市町と協議するものでございます。

 次に、議案第88号 訴えの提起につきましては、改良住宅家賃の長期滞納者及び名義人以外の入居者等合計7人に対しまして、滞納家賃の支払い、住宅の明渡し及び損害賠償金の支払いを求めるものでございます。

 以上で私の補足説明を終わりますが、よろしく御審議を賜り、御賛同いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(新本三男君) 江川助役。

   (江川隆生君 登壇)



◎助役(江川隆生君) 引き続きまして、私が所管しております諸案件につきまして、補足して御説明申し上げます。

 条例案でございます。

 まず、議案第80号 尼崎市議会議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正につきましては、地方公務員災害補償法の一部を改正する法律の施行に伴い、補償の実施又は審査のため求められた報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、文書その他の物件を提出しなかった者などに対する罰金の上限額を10万円から20万円に改定するため、規定の整備を行うものでございます。

 次に、議案第81号 尼崎市市税条例の一部改正につきましては、不動産登記法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の制定に伴い、土地登記簿及び建物登記簿という用語を登記簿という用語に統一するため、規定の整備を行うものでございます。

 次に、議案第82号 尼崎市立学校の設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、城内中学校と育英中学校の統合により、新校名を成良中学校とすること及び明倫中学校と昭和中学校の統合により、新校名を中央中学校とすること等に伴い、規定の整備を行うものでございます。

 次に、議案第83号 尼崎市立青少年センターの設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、設置目的外の使用を有料化し、使用区分ごとの使用料を定めるに伴い、規定の整備を行うものでございます。

 次に、議案第84号 尼崎市立地区会館の設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、使用料を原則無料から有料に改め、設置目的内の使用等に係る使用料を減免するに伴い、規定の整備を行うものでございます。

 以上で私の補足説明を終わりますが、よろしく御審議を賜り、御賛同いただきますようお願い申し上げます。



○議長(新本三男君) 吉井水道事業管理者。

   (吉井惠一君 登壇)



◎水道事業管理者(吉井惠一君) 水道関係の2案件について御説明申し上げます。

 まず、認定第1号 平成15年度尼崎市水道事業会計決算について御説明申し上げます。

 水道事業におきましては、平成14年度から16年度までの3か年の財政計画の2年目でありますが、給水量が計画と比べ2.1パーセント減少し、厳しい事業運営となりました。

 まず、収益は、財政計画では101億3,342万円を予定いたしておりましたが、給水収益の減少などによりまして、2億7,998万円減少し、98億5,344万円となりました。費用は、極力節減に努めまして、財政計画の101億2,762万円に対しまして、4億3,941万円減少し、96億8,821万円となりました。その結果、財政計画を1億5,943万円上回る1億6,523万円の当年度純利益を計上いたしました。これにより、当年度未処理欠損金は22億4,460万円となっております。

 次に、資本的収支につきましては、収入が8億2,284万円に対しまして、支出が20億7,728万円となりました。12億5,444万円の不足が生じましたが、これは損益勘定留保資金等をもちまして補てんいたしております。

 続きまして、事業の概要でございますが、給水戸数は、前年度末に比べ2,205戸増加し、22万8,168戸となりました。一方、配水量は、前年度に比べ217万立方メートル減少し、6,592万立方メートルとなり、給水量は、前年度に比べ142万立方メートル減少し、5,936万立方メートルとなりました。

 次に、建設工事でございますが、配水管整備事業におきまして、配水管及び配水支管網の整備工事を実施いたしました。

 以上が水道事業会計決算の概要でございます。

 続きまして、認定第2号 平成15年度尼崎市工業用水道事業会計決算について御説明申し上げます。

 工業用水道事業におきましては、平成14年度に実施いたしました施設能力の縮小と契約水量の減量に伴い、組織の統合、人員の削減を実施するなど、効率的な事業運営を進めて参りました。

 まず、収益では23億1,364万円を計上し、費用は20億9,365万円となり、収支差し引きで2億1,999万円の当年度純利益を計上することができました。この結果、前年度繰越利益剰余金と合わせまして、当年度未処分利益剰余金は16億8,086万円となり、そのうち1,100万円を減債積立金として積み立て、残額は翌年度に繰り越すことといたしております。

 次に、資本的収支につきましては、収入が3億5,968万円に対しまして、支出が9億2,420万円となりました。5億6,452万円の不足が生じましたが、これは損益勘定留保資金等をもちまして補てんいたしております。

 続きまして、事業の概要でございますが、給水社数は前年度末と変わらず61社、基本使用水量は、前年度末に比べ1,200立方メートル増加し、14万1,503立方メートルとなりました。しかしながら、配水量は前年度に比べ116万立方メートル減少し、2,430万立方メートルとなり、給水量は104万立方メートル減少し、2,397万立方メートルとなりました。

 次に、改良工事でございますが、工業用水道1、3期施設改築事業におきまして、配水管布設替工事等を実施いたしました。

 以上が工業用水道事業会計決算の概要でございます。

 水道事業会計と併せまして、よろしく御審議賜り、御賛同いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。



○議長(新本三男君) 喜田自動車運送事業管理者。

   (喜田完二君 登壇)



◎自動車運送事業管理者(喜田完二君) 認定第3号 平成15年度尼崎市自動車運送事業会計決算につきまして御説明を申し上げます。

 平成15年度は、尼崎市営バス事業第1次経営計画の最終年度であり、収支目標の達成に向けまして、効率的な事業運営や諸経費の削減等に取り組んで参りました。その結果、計画を上回る効果を得ることができました。

 しかしながら、引き続く乗客の減少などにより、事業を取り巻く経営環境は厳しさを増しており、更なる効率的な事業運営を推進するため、平成16年度から平成18年度を計画期間とする尼崎市営バス事業第2次経営計画を策定いたしました。

 まず、財政状況の概要について申し上げます。

 収益的収入及び支出につきましては、収入額39億400万円に対しまして、支出額は37億3,802万円となり、差し引き1億6,597万円の純利益を計上いたしました。この結果、前年度繰越利益剰余金と合わせまして、当年度未処分利益剰余金は2億1,807万円となっております。

 なお、当年度未処分利益剰余金につきましては、1,100万円を減債積立金として、1億3,500万円を建設改良積立金として積み立て、残額を翌年度に繰り越すことといたしております。

 次に、資本的収入及び支出につきましては、収入額2億6,836万円に対しまして、支出額は11億2,309万円となり、差し引き8億5,473万円の支出超過となりました。この支出超過分につきましては、過年度分損益勘定留保資金などで補てんをいたしております。

 続きまして、事業の概要について申し上げます。

 在籍車両数は、乗合車両136両、貸切車両10両、合計146両でございます。総走行キロは、前年度に比べ5万3,000キロメートル減少し、483万1,000キロメートルとなりました。また、総輸送人員は、前年度に比べ58万1,000人減少し、1,864万2,000人となりました。

 一方、施設整備では、ノンステップバス及びLED式行き先表示器の導入やソーラー式停留所標柱の設置を実施いたしました。

 以上で平成15年度尼崎市自動車運送事業会計決算の説明を終わらせていただきます。

 よろしく御審議を賜り、御賛同いただきますようお願い申し上げます。



○議長(新本三男君) 松井技監。

   (松井重紀君 登壇)



◎技監(松井重紀君) 引き続きまして、認定第4号 平成15年度尼崎市下水道事業会計決算について御説明申し上げます。

 平成15年度の下水道事業は、平成17年度までの3か年の財政計画の初年度としまして、計画に沿った事業運営に努めたところでございます。平成15年6月1日から、平均12.5パーセントの下水道使用料の改定を行いましたが、有収水量の減少が依然として続き、下水道使用料収入が計画を下回る厳しい状況でございましたが、いっそうの経費縮減などによりまして、当年度は財政計画を上回る純利益を計上することになりました。

 まず、収益的収入及び支出につきましては、収益が141億335万円に対しまして、費用が131億8,571万円となり、収支差し引きで9億1,764万円の当年度純利益を計上することとなり、当年度未処理欠損金は8億9,537万円となっております。

 次に、資本的収入及び支出につきましては、収入が18億489万円に対しまして、支出が74億9,240万円となり、収支不足額は56億8,751万円となっております。この収支不足額につきましては、損益勘定留保資金などで補てんいたしました結果、15年度末資金累計は17億4,478万円となっております。

 次に、事業の概要でございますが、まず、処理水量は前年度より727万立方メートル増加いたしましたが、有収水量は182万立方メートル減少いたしております。

 次に、建設工事でございますが、公共下水道整備事業といたしまして、中在家中継ポンプ場及び東部ポンプ場の監視設備工事や雨水浸透管の整備工事などを、更に、改良工事といたしまして処理場施設などの改修工事を実施いたしております。

 また、兵庫県武庫川下流流域下水道整備事業に対しまして、汚水ポンプ設備改築工事費などの負担を行っております。

 以上が平成15年度下水道事業会計決算の概要でございます。

 よろしく御審議賜り、御賛同いただきますようお願い申し上げます。



○議長(新本三男君) 説明は終わりました。

 これより質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております16件のうち、認定第1号、同第2号、同第3号及び同第4号の4件については、9人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、認定第1号ほか3件については、9人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決定いたしました。

 続いて、ただいま設置されました決算特別委員会の委員の選任について、委員会条例第7条第1項の規定により、議長からお諮りいたします。

 決算特別委員に、滝内はる子さん、上松圭三君、谷川正秀君、塚田晃君、米田守之君、今西恵子さん、早川進君、長崎寛親君、多田敏治君、以上9人を選任いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、ただいまお諮りいたしました9人の諸君を、決算特別委員に選任することに決定いたしました。

 続いて、お諮りいたします。

 残り12件は、お手元に配付の委員会付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、12件は、委員会付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託することに決定いたしました。

 日程第20 請願第2号 郵政事業の現行経営形態の堅持についての請願から、日程第29 陳情第56号 保育所運営費の一般財源化等の見直しについての陳情まで、10件を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております10件は、お手元に配付の文書表に記載のとおり、それぞれの常任委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、10件は、文書表に記載のとおり、それぞれの常任委員会に付託することに決定いたしました。

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 明15日は、午前10時から会議を開き、質問を行います。ついては、ただいま出席の諸君にはあらためて通知はいたしませんから、御了承願います。

 本日は、これをもって散会いたします。

             (午前11時4分 散会)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  議長   新本三男

  議員   中野清嗣

  議員   波多正文