議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 尼崎市

平成16年  7月 臨時会(第16回) 07月14日−02号




平成16年  7月 臨時会(第16回) − 07月14日−02号 − P.0 「(名簿)」












平成16年  7月 臨時会(第16回)



          第16回尼崎市議会会議録(臨時会)第2号

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程

    平成16年7月14日 午前10時 開議

第1        常任委員の選任

第2        常任委員長及び副委員長の選任

第3        阪神水道企業団議会議員の選挙

第4        兵庫県競馬組合議会議員の選挙

第5        尼崎市農業委員会の委員の推薦について

 ……………………………………………………………

(日程に追加した事件)

1         議長の辞職について

2         議長の選挙

3         副議長の辞職について

4         副議長の選挙

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員

   1番     騰 和美君

   2番     丸尾孝一君

   3番     長崎寛親君

   6番     今西恵子君

   7番     義村玉朱君

   8番     早川 進君

   9番     丸尾 牧君

  10番     飯田 浩君

  11番     酒井 一君

  12番     前迫直美君

  13番     亀田孝幸君

  14番     真鍋修司君

  15番     広瀬早苗君

  16番     菅村哲仁君

  17番     田村征雄君

  18番     松村ヤス子君

  19番     高橋藤樹君

  20番     宮城亜輻君

  21番     平山丈夫君

  22番     塚田 晃君

  23番     仙波幸雄君

  24番     安田雄策君

  25番     下地光次君

  26番     杉山公克君

  27番     荒木伸子君

  28番     上松圭三君

  29番     黒川 治君

  30番     蔵本八十八君

  31番     北村保子君

  32番     谷川正秀君

  33番     中野清嗣君

  34番     塩見幸治君

  35番     小柳久嗣君

  36番     滝内はる子君

  37番     畠山郁朗君

  38番     新本三男君

  39番     多田敏治君

  40番     波多正文君

  41番     寺本初己君

  44番     高岡一郎君

  45番     中川日出和君

  46番     藤原軍次君

  47番     米田守之君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員

  48番     中村四郎君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議会事務局

事務局長      小谷正彦君

事務局次長     辻本 守君

議事課長      高見善巳君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯地方自治法第121条の規定による出席者

市長        白井 文君

助役        中村 昇君

助役        江川隆生君

収入役       矢野郁子君

特命担当局長    谷口敏郎君

企画財政局長    村山保夫君

総務局長      玉井啓一君

美化環境局長    湊  稔君

医務監       高岡道雄君

健康福祉局長    守部精寿君

市民局長      宮本 勝君

産業経済局長    森田康三君

技監        松井重紀君

都市整備局長    岩田 強君

消防局長      橋本雅生君

水道事業管理者   吉井惠一君

自動車運送

事業管理者     喜田完二君

企画財政局

総務部長      福森 務君

企画財政局

総務課長      北江有弘君

教育委員会

委員長       岡本元興君

教育長       小林 巖君

選挙管理委員会

委員長       藤田浩明君

代表監査委員    鳥羽正多君

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(平成16年7月14日 午前10時 開議)



○議長(寺本初己君) これより本日の会議を開きます。

 日程に入るに先立ち、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において谷川正秀君及び田村征雄君を指名いたします。

 この際、事務局長から諸般の報告をいたさせます。



◎事務局長(小谷正彦君) 御報告いたします。

 現在の出席議員は42人であります。

 次に、本日の議事日程は、配付いたしましたとおりであります。

 報告事項は以上であります。



○議長(寺本初己君) この際、役員選出に係る調整のため、休憩いたします。

             (午前10時1分 休憩)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             (午後2時30分 再開)



○副議長(安田雄策君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程に入ります。

 ただいま議長 寺本初己君から、議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の辞職についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(安田雄策君) 異議なしと認めます。

 よって、この際、議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

 地方自治法第117条の規定により、寺本初己君の退席を求めます。

        (寺本初己君 退席)



○副議長(安田雄策君) 議長の辞職についてを議題といたします。

 お手元に辞職願の写しを配付いたしておりますから、朗読を省略させていただきます。

 お諮りいたします。

 本件については、直ちに許否を決したいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(安田雄策君) 異議なしと認めます。

 よって、直ちに許否を決することに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 寺本初己君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(安田雄策君) 異議なしと認めます。

 よって、寺本初己君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 寺本初己君の入場を求めます。

        (寺本初己君 入場)



○副議長(安田雄策君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(安田雄策君) 異議なしと認めます。

 よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定いたしました。

 議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場の閉鎖を命じます。

          (議場閉鎖)



○副議長(安田雄策君) ただいまの出席議員は43人であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

          (投票用紙配付)



○副議長(安田雄策君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

          (投票箱点検)



○副議長(安田雄策君) 異状なしと認めます。

 この際、申し上げます。

 投票につきましては議席順に行いますが、多田敏治君及び中野清嗣君におきましては、今期臨時会中、議席順による投票に続いて自席で投票する取り扱いといたしますので、あらかじめ御了承願います。

 また、念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席順により投票願います。

          (投票)



○副議長(安田雄策君) 投票漏れはありませんか。

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

          (議場開鎖)



○副議長(安田雄策君) 開票を行います。

 会議規則第31条の規定により、立会人に亀田孝幸君及び塩見幸治君を指名いたし、立会いを願います。

          (開票)



○副議長(安田雄策君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数 43票

 これは、さきほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、

  有効投票   43票

 有効投票中、

  新本三男君  24票

  小柳久嗣君  11票

  田村征雄君   8票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は10.75票であります。

 よって、新本三男君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました新本三男君に、文書をもって当選の告知をいたさせます。

          (当選告知)



○副議長(安田雄策君) 新本三男君、演壇のほうへお願いいたします。

   (新本三男君 登壇)



◆38番(新本三男君) 議長就任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 ただいま皆様の温かい御推挙を賜りまして、市議会議長の重責を担うこととなりました。まことに身に余る光栄であり、心からお礼申し上げます。

 御承知のように、本市の財政危機を克服するためには、行財政改革を更に推進していくことはもとより、今後さまざまな課題を解決する必要があり、住民の幸福と本市の発展のために議会の果たす役割と使命はますます重要性を増してきております。このような重要な時期に議長に就任いたしますことは、まことに身の引き締まる思いであり、その職責の重大さを痛感いたしております。

 もとより微力ではございますが、市政発展と円滑な議会運営に誠心誠意努めさせていただく所存でございます。

 どうか議員各位並びに理事者の皆様におかれましては、温かい御指導と御協力を賜りますよう心からお願い申し上げまして、簡単ではございますが、議長就任のごあいさつに代えさせていただきます。

 どうもありがとうございました。(拍手)



○副議長(安田雄策君) 新本三男君は議長席にお着き願います。

    (議長席 副議長退席 議長着席)



○議長(新本三男君) この際、前議長から、あいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。

 寺本初己君。

   (寺本初己君 登壇)



◆41番(寺本初己君) 議長を退任するに当たり、一言お礼の言葉を申し上げます。

 昨年の7月議会におきまして、皆様方の温かい御推挙を賜り、市議会議長に就任して以来、円滑な議会運営と本市議会に課せられたさまざまな課題の解決に向け、微力ながらも、私なりに全力を尽くして参りました。

 この1年、大過なく議長という重責を果たせましたのも、ひとえに議員各位の御指導と御協力のたまものと、心より厚くお礼を申し上げます。

 御承知のとおり、本市は今、かつてない財政危機を克服するために、行財政改革に積極的に取り組んでいるところであり、今後ますます議会の果たす役割と重要性が増してくるものと思われます。白井市長をはじめ理事者各位におかれましては、市民の幸せと本市の発展のため、行政執行の立場から、よりいっそうの御尽力をいただきますようにお願いを申し上げておきます。

 私も今後は一議員の立場から、活力ある尼崎の未来の創造に向けて努力をして参る所存でございます。

 どうか皆様方には、これからも温かい御交誼を賜りますように心よりお願い申し上げまして、私の議長退任のあいさつとさせていただきます。

 どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(新本三男君) この際、議事次第の確認のため、休憩いたします。

             (午後2時51分 休憩)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             (午後3時31分 再開)



○議長(新本三男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいま副議長 安田雄策君から、副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、この際、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

 地方自治法第117条の規定により、安田雄策君の退席を求めます。

        (安田雄策君 退席)



○議長(新本三男君) 副議長の辞職についてを議題といたします。

 お手元に辞職願の写しを配付いたしておりますから、朗読を省略させていただきます。

 お諮りいたします。

 本件については、直ちに許否を決したいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、直ちに許否を決することに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 安田雄策君の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、安田雄策君の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 安田雄策君の入場を求めます。

        (安田雄策君 入場)



○議長(新本三男君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定いたしました。

 副議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 議場の閉鎖を命じます。

         (議場閉鎖)



○議長(新本三男君) ただいまの出席議員は43人であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

        (投票用紙配付)



○議長(新本三男君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

         (投票箱点検)



○議長(新本三男君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席順により投票願います。

          (投票)



○議長(新本三男君) 投票漏れはありませんか。

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

          (議場開鎖)



○議長(新本三男君) 開票を行います。

 会議規則第31条の規定により、立会人に真鍋修司君及び中野清嗣君を指名いたし、立会いを願います。

          (開票)



○議長(新本三男君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数 43票

 これは、さきほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち

  有効投票   43票

 有効投票中、

  北村保子さん 29票

  今西恵子さん 14票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は10.75票であります。

 よって、北村保子さんが副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました北村保子さんに、文書をもって当選の告知をいたさせます。

         (当選告知)



○議長(新本三男君) 北村保子さん、演壇のほうへお願いいたします。

   (北村保子さん 登壇)



◆31番(北村保子さん) ただいま、皆様方の温かい御推挙を賜りまして、市議会副議長の要職に就任することとなりました。まことに光栄に存じ、皆様方の御厚情に対しまして、衷心よりお礼を申し上げるしだいでございます。

 さきほど議長のごあいさつにもございましたように、本市の発展のために議会が果たす役割と使命がますます重要性を増している時期で、私といたしましては、議長の補佐役として円滑な議会運営に取り組んで参る決意でございます。

 もとより微力ではございますが、皆様方の更なる御指導、ごべんたつを賜りますよう心からお願い申し上げまして、副議長就任のごあいさつとさせていただきます。

 ほんとうにありがとうございました。(拍手)



○議長(新本三男君) この際、前副議長から、あいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。

 安田雄策君。

   (安田雄策君 登壇)



◆24番(安田雄策君) 副議長の退任に当たりまして、一言お礼の言葉を申し上げます。

 昨年の7月の臨時会におきまして、皆様方の温かい御推挙をいただきまして、副議長の重責を担うこととなり、はや1年を迎えることとなりました。この間、微力ではございますが、寺本議長の下、市政の推進と円滑な議会運営に誠心誠意努めさせていただきましたが、皆様のおかげをもちまして、無事その職責を果たすことができました。心から厚くお礼を申し上げます。

 これからは副議長としての貴重な経験を議員活動に生かし、市民の皆様方の暮らしやすい、よりよいまちづくりに向けまして努力していく所存でございます。

 どうか皆様方には、これまで以上に格別の御指導、ごべんたつを賜りますよう心よりお願いを申し上げまして、私の退任に当たってのお礼の言葉とさせていただきます。

 ほんとうに、まことにありがとうございました。(拍手)



○議長(新本三男君) お諮りいたします。

 本日はこの程度にとどめ、残余の議事は延期いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(新本三男君) 異議なしと認めます。

 よって、本日はこの程度にとどめ、残余の議事は延期することに決定いたしました。

 以上をもって本日の日程は終了いたしました。

 明15日は、本日の議事日程を踏襲し、午前10時から会議を開きます。ついては、ただいま出席の諸君にはあらためて通知はいたしませんから、御了承願います。

 本日は、これをもって散会いたします。

             (午後3時50分 散会)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議長   新本三男

前議長  寺本初己

前副議長 安田雄策

議員   谷川正秀

議員   田村征雄