議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 姫路市

平成17年文教委員会(11月28日)




平成17年文教委員会(11月28日)





平成17年11月28日(月)


 


文教委員会


姫路市立学校職員の給与等の改定について





〇開会10時00分


〇教育委員会あいさつ  10時00分


〇説明  10時00分


 ・議案第257号 姫路市立学校職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例につ


          いて


◎質疑  10時06分


○問  


 これは一方(給与)で引き下げて、一方(勤勉手当)で引き上げようとするものなのか。


○答  


 上げるというのはどの部分のことなのか。


○問  


 0.05カ月の部分だ。


○答  


 勤勉手当が0.05カ月上がるのは事実だ。


○問  


 年収ベースでは、年齢によっては上がる人や下がる人が出るのではないのか。


○答  


 高等学校職員では、下がり額が一番少ないのが1級4号給で400円下がり、一番多く下がるのが4級17号給で1,700円下がる。幼稚園職員では、下がり額が一番少ないのが1級4号給で400円下がり、一番多く下がるのが3級28号給で1,600円下がる。高等学校職員、幼稚園職員、指導主事の合計で、306人で140万円程度削減されることになる。


○問  


 質問の答弁になっていないのではないのか。


○答  


 勤勉手当の部分については、詳細な数字を把握していないので、後ほど資料を提出したい。


○問  


 年収ベースでは、上がる人もいるのではないのか。


○答  


 教育委員会全体で、給与の部分で1,050万円程度下がり、勤勉手当の部分で730万円程度上がる。個々の数字については把握していない。


○問  


 年収ベースでは、上がる人もいるのではないのかと考えるが、そのラインは何歳ぐらいなのか。


○答  


 年齢のラインは把握していない。


○問  


 そのような答弁でいいのか。このような質問が出るということは事前に想定できるのではないのか。


○答  


 申し訳ない。確認したが、全員が下がるということだ。


○問  


 今回の給与改正で、影響する人数の内訳を説明してほしい。


○答  


 高等学校職員が166人、幼稚園職員が86人、指導主事が54人だ。


○問  


 配偶者控除の影響する人は何人なのか。


○答  


 高等学校職員が46人、幼稚園職員が1人、指導主事が28人だ。


○問  


 人材確保法により優秀な人材を確保するという観点と、国家公務員の俸給表により一律に給与を引き下げるという面との整合性について、教育委員会はどのように考えているのか。


○答  


 人材確保法により優秀な人材が確保され、給与も上がったのは事実だと考えている。それなりの保障がないと優秀な人材は集まらないと考えており、給与面で配慮するのは重要な要素の一つだと考えている。


○要望  


 市立3高等学校では、各校に特色を持たせている。市費の負担が増加するが、市単費での対応を検討してほしい。


○問  


 民間給与との較差相当分を12月期の期末手当の額で調整するとなっているが、一人当たりでどのくらいの金額になるのか。


○答  


 較差は0.36%と聞いており、合計で10.1カ月分が調整される。


○問  


 額はどのくらいになるのか。


○答  


 平均で4,473円だ。


○問  


 この改正は、行政職とまったく同じ改正なのか。


○答  


 そうだ。


○問  


 給与額が高い人ほど、下がり幅は大きくなるのか。


○答  


 詳細な数字は把握していない。


○問  


 データの把握をした上で、委員会に臨むべきではないのか。


○答  


 迷惑をかけて、申し訳ない。


○要望  


 すぐに定例会中の委員会が開催されるが、質問の想定を行った上で出席してほしい。


〇閉会10時31分