議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 姫路市

平成17年総務経済委員会( 7月 5日)




平成17年総務経済委員会( 7月 5日)





平成17年7月5日(火)


 


総務経済委員会


事業概要説明について(産業局・消防局)


○産業局  


 10時00分


 職員紹介


 事業概要説明  10時00分


◎質問  10時41分


○問  


 青年会議所の全国大会の準備などはどうなっているのか。


○答  


 10月1日に大懇親会が三の丸広場で5000名の参加、10月2日に大会式典があり、常陸宮夫妻、県知事等を招いて約1万2000名の参加で、県立武道館及び中央体育館で実施される予定だ。その他各種のセミナー等準備されている。


○問  


 旭山動物園を視察してきた。施設整備については、例えば早期に移転させてもっと予算をつけて充実させるのか、それとも今のままなのか、現場の考えを聞きたい。


○答  


 ことし1月に視察した。今までとは違った展示で人気を集めているが、それを姫路の動物園に反映することは困難だが老朽化の激しいところの整備をしていく。


○問  


 作事場の復元についてはどうなっているのか。動物園を移転して復元するのではないのか。


○答  


 昭和61年の姫路城跡整備基本構想策定以来議論されてきた。新しい委員会の決定をまって取り組みたい。


○要望  


 もう何十年もそのままだ。文化庁の担当や大学の先生方に入ってもらっているとは思うが、一定の段階で政治決断をしないと、第三者に委ねるというようなことをするだけではいけない。早急に結論を出してもらって整備をするならするという方向を出してほしい。


○問  


 西北部地区活性化事業で管理運営組合設立の方向だが、運営の方法としてどのような形にするのか。


○答  


 当初は指定管理者制度がなかったが、地方自治法が改正され指定管理者制度ができたので指定管理者制度を導入する場合は非公募でやりたい。


○問  


 他都市ではこのような施設の失敗例もある。姫路もイーグレで客が入らなかった。温浴施設はいろんなところと競合してしまっている。泉質はいいと聞いているが、他に勝てるような売りはどのようなものがあるか。


○答  


 地元において計画に取り組んでいる。地場産品の朝市を実施したり、薬湯としてPRしたい。その他地域として特徴を出していきたい。


○要望  


 管理組合に出資をしてもらっている。売りがないと厳しい。地区の活性化事業なので競争があれば勝てるように支援をよろしくお願いしたい。


○問  


 産業・港湾では補助金が多い。いろんな事業があるが目標を設定して予算をつけているのか。


○答  


 経済は世界的なレベルで動いている。産業と雇用は連動しており、その都度施策展開をしていく。製造・ポートセールスを下げないようにしていく。


○意見  


 目標値を設定しないといけない。補助金を与えるということだけが仕事だという発想を転換すべきだ。


○答  


 再認識する。


○問  


 農業集落排水事業で残りはどれだけになるのか。


○答  


 15カ所整備が完了してことしは舗装復旧だ。これですべて完了する。


○問  


 農業体験は小学校ではどこでも行っている。なぜ事業としてひとつだけ挙げているのか。


○答  


 各校の取り組みはそれぞれにあるが、県の補助事業で1校割り当ててあるということだ。


○意見  


 県に言われたからやる、学校は教育委員会の所管、というのは縦割り行政だ。このようなことでは行政の指導力が低下する。


○意見  


 動物園は移転を前提に考えなければならない。中心市街地をどのように活性化させるか。人の流れをつくるには動物園は大きい影響をもつ。


○問  


 産業連関図をつくっているところもあるが、姫路市はどうか。


○答  


 姫路でもやる。このたび初めて獨協大へ委託している。


○問  


 みなと祭りの補助が700万円だが、県からはどうなっているのか。


○答  


 ない。


○問  


 なぜ県は出してくれないのか。不思議だ。


○答  


 県に要望する。


○問  


 広畑臨海産業団地環境ビジネス推進会議はどういうものか。


○答  


 県・市、阪大・京大などの学者、大阪ガス・関電他企業で構成し、どんなごみも無駄にせずいかにごみをなくして原材料にするか考える会議だ。


○問  


 昔は情報誌「ファイル」にはJRの乗降客が掲載されていた。なぜ消えたのか。


○答  


 確認していない。


○問  


 みなと祭りは700万円の補助金を出しているが、全体の事業費はいくらか。


○答  


 17年度は約2700万円だ。


○問  


 2000万円はどこが負担しているのか。


○答  


 観光協会が500万円と企業からの協賛が560万円、繰り越しが約1000万円だ。


○問  


 動物園の入園者40数万人のうち子供は何人か。おそらく小学校低学年が多いと思う。教育委員会が所管するほうがふさわしいと思う。観光か教育か、市が主体的に取り組んでいない。歴代市長も移転させる気がなかった。


○答  


 48万人中19万5000人が子供だ。


○意見  


 吉田市長のときに作事場をどうするかという話が出て、議会でも質問があった。しかし答弁はいつも同じだ。50万人近い入園者がある施設を教育施設という扱いにするか、観光施設とするかはっきりすべきだ。また作事場の復元をするのかはっきりした方針を出さないといけない。


○問  


 朝市はどこでやるのか。


○答  


 7月は市役所立体駐車場で、12月は城周辺で、駅前で調整中だ。


○問  


 鳥獣害対策はどのようなものか。


○答  


 主に獣害で、ヌートリア、鹿など猟友会に委託している。


○問  


 商店街の防犯カメラはどこについているのか。


○答  


 西二階町だ。


○問  


 雇用促進の状況はどうなっているのか。


○答  


 わかもの支援センターの仕事について細部の詰めをしている。どのような訓練、カウンセリングにするか、国のハローワークと協同してやっていくのですり合わせをしている。


○問  


 場所はどこか。


○答  


 水面下でぎりぎりの交渉中だ。


○委員長  


 担当でよく打ち合わせをしてほしい。


〇終了11時41分


○消防局  


 11時46分


 職員紹介


 事業概要説明  11時48分


◎質問  12時22分


○問  


 携帯電話での受信はいつからできるようになるのか。


○答  


 現在兵庫県内を9ブロックに分けている。姫路市消防局では龍野や中播、揖保郡などが全部入ってくる。その場所を聞いて転送している。ことしの11月から直接受信になるように県が進めている。


○問  


 市川についてはハザードマップをつくったが揖保川はどうなのか。


○答  


 18年度以降になるだろう。


○問  


 総務関係の職員に特に不足はないのか。


○答  


 若干不足しているが今の陣容で工夫したい。合併と合わせて考えたい。


○問  


 海岸線で国道、県道などに大型店ができてピーク時に渋滞がある。救急業務に支障はないのか。


○答  


 現状では資料がない。


○要望  


 表面に出ていないケースがあると思う。現場の人が苦慮すると思うので実態を知って必要な対応をしてほしい。


〇終了12時45分


〇閉会12時45分