議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 姫路市

平成17年合併問題調査特別委員会( 6月24日)




平成17年合併問題調査特別委員会( 6月24日)





平成17年6月24日(金)


 


合併問題調査特別委員会


県議会の議決、知事の処分決定書交付の報告について今後の取り組み及びスケジュールに


ついて


〇開会9時59分





○企画財政局、総務局(職員紹介)  


 


〇前回の委員長報告に対する回答  10時00分


?新市建設計画に掲げられた事業の選定方法を明確にされたいことについて各事業の実施に当たっては、事業の内容・規模等を精査した上で、播磨の中核都市としての更なる発展や新市の速やかな一体性の確立、均衡と調和ある発展、地域資源の有効活用による活性化に資するかどうかという点を重視するとともに、緊急性、重要性、市民生活の利便性の向上等を考慮し、年度ごとに市議会で予算を審議していただき、順次、事業を実施していきたい。また、合併特例債をはじめとする財源確保に努めたい。現在、新市建設計画に掲げる事業で、18年度から実施可能な具体的な事業について調査を行っている。その結果、緊急性等の観点から18年度に実施すべき事業を選定し、18年度予算案に盛り込んでいきたい。?合併による500人の職員増に対する庁舎管理や職員の配置などの面において行財政改革が行えるよう努力されたいことについて合併に伴い、平成18年4月には、職員数は約4,000人になる見込みで、平成17年4月と比較すると、約4百数十人職員が増えることになる。現在、関係各局と職員の配置について検討を行っている。合併後、住民サービスを低下させることなく維持に努めるため、4町には地域事務所を設置するが、その業務内容については調整中である。今後、その業務量に応じて職員配置等を決定していく予定である。各部署でも、合併に伴う業務量の増加に対応する必要があるため、適正な人員配置を行いたい。合併は行財政改革の一環として取り組むべきものであると考えており、今後、退職者数を踏まえた、新規採用職員数の調整等により適正な定員管理に努めたい。


◎質問10時28分


○問  


 電話番号について、姫路市と家島町、夢前町、香寺町は079−2△△−△△△△になるが、安富町は0790のままになるようであるが、同じ市内であるのに市外局番を付けなければならないのか。


○答  


 安富町の意見も聞きながら、同じ市外局番になるよう要望活動を行いたい。


○問  


 今まで合併すれば地方交付税で考慮するとか補助金が出るとかメリットが言われてきたが、新聞報道で財務省が補助金については一部認めない、というのがあったように思うが、情報があったら教えてほしい。


○答  


 承知していないが確認しておく。これまでの合併特例債であるとか合併直後の臨時経費に対する補助金などについては、変わっていない。


○問  


 合併協議会について、ホームページを通じて様々な情報公開を行っているが、16年度でのアクセス件数は。


○答  


 途中の区切りを行っていないが、6月24日現在で姫路地域法定合併協議会が29,796件、姫路市・家島町が12,199件、姫路市・夢前町が14,046件である。


○問  


 3法定協議会のホームページの作成委託先と委託方法は。


○答  


 委託方法については、見積もり合わせを行い、新市建設計画作成も受注したアルパック(大阪)に決定した。


○問  


 何社ぐらいの業者で見積もり合わせを行ったのか。


○答  


 確か3社だったと思うが確認する。(後ほど訂正し、姫路地域法定合併協議会については、4社、姫路市・家島町、姫路市・夢前町についてはそれぞれ2社)


○要望  


 電話番号については、ぜひとも実現してほしい。


○問  


 新市建設計画掲載事業の18年度からの実施可能な事業を調査しているとのことであるが、具体的にはどのような形で行っているのか。


○答  


 現時点では、各町の担当課が各町の財政課と調整を行っており、それを市の担当課に出してくる。企画総務課に一旦出し、それをすり合わせて担当課に戻す。最終的には10月の予算要求の時期に合わせて市の財政課に出すことになる。


○問  


 男女共同参画について審議会等における女性委員の登用率30%の目標が姫路市だけでも達成が難しい状況であるのに、合併後はさらに難しくなるのではと思っている。それと合わせて女性管理職の登用の面でも課題が出てくると思う。どのような考えを持っているか。


○答  


 職員の処遇については、現在、事務レベルで調整している段階である。女性の登用についてもその中で配慮していきたい。


○要望  


 女性管理職の登用を含む男女共同参画事業はかなり格差のある事業であるので、積極的に取り組んでいただきたい。


〇閉会10時45分