議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 兵庫県

平成16年度決算特別委員会(第1日10月 3日)




平成16年度決算特別委員会(第1日10月 3日)





平成16年度決算特別委員会





                  決算特別委員会議事順序





                                   平成17年10月3日(月)


                                   本会議終了後


                                   特別会議室


 
  開    会


1 委員長・副委員長の互選について


2 知事あいさつ


3 委員会の運営について


4 閉会中の継続審査の申し出について


5 そ  の  他


  閉    会


……………………………………………………………………………………………………………………………


出 席 者


    議     長     内  藤  道  成


    副  議  長     北  浦  義  久


    委     員     石  井  健 一 郎


       〃        森  脇  保  仁


       〃        野  間  洋  志


       〃        藤  田  孝  夫


       〃        山  本     章


       〃        矢 尾 田     勝


       〃        石  川  憲  幸


       〃        杉  本  ち さ と


       〃        黒  田  一  美


       〃        岡  野  多  甫


       〃        浜  崎  利  澄


       〃        前  川  清  寿


       〃        永  田  秀  一


       〃        寺  本  貴  至


       〃        原     亮  介


       〃        五  島  た け し


       〃        長  田     執


       〃        羽 田 野     求


       〃        内 匠 屋  八  郎


       〃        越  智  一  雄


       〃        杉  尾  良  文


       〃        中  村  まさひろ


       〃        石  井  秀  武


       〃        大  野  由 紀 雄


……………………………………………………………………………………………………………………………


       午後3時52分


○(内藤道成議長)  開会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 皆様方には、先ほどの本会議におきまして決算特別委員会の委員に選任され、平成16年度兵庫県公営企業会計決算についてご審査を願うことになりました。


 委員各位には、公私極めてご多忙の折から、何かとご苦労をおかけすることと存じますが、格別のご精励を賜りまして、慎重かつ適切なご審査を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


……………………………………………………


       午後3時53分開会





○(内藤道成議長)  それでは、ただいまから決算特別委員会を開会いたします。


 これより議事に入ります。


 まず、委員長、副委員長の互選についてであります。


 委員会条例第9条第3項の規定により、出席委員中、年長委員の寺本委員に臨時委員長をお願いし、正副委員長の互選をしていただくことにいたします。


 寺本委員、よろしくお願いいたします。


  〔議長退席、臨時委員長着席〕





○(寺本貴至臨時委員長)  それでは、委員長が選任されるまでの間、私が臨時委員長の職務を行いますので、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


 これより委員長及び副委員長の互選を行いますが、その方法はいかがいたしましょうか、お諮りいたします。


 大野委員。





○(大野由紀雄委員)  ただいま議題に供されました正副委員長の互選につきましては、この際、選挙等の手続を省略いたしまして、臨時委員長より指名されますよう、動議を提出いたします。


 委員各位のご賛同をお願いいたします。





○(寺本貴至臨時委員長)  ただいま大野委員より、正副委員長の互選については臨時委員長から指名されたいとの動議が提出されましたが、本動議のとおり決することにご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認め、さように決します。


 それでは、私から委員長、副委員長を指名させていただきます。


 委員長には前川清寿委員、副委員長には杉尾良文委員を指名いたします。


 これにご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認めます。


 よって、委員長には前川清寿委員、副委員長には杉尾良文委員をそれぞれ選出することに決しました。


 それでは正副委員長と席を交代いたします。


  〔臨時委員長退席、正副委員長着席〕





○(前川清寿委員長)  一言ごあいさつ申し上げたいと思います。


 ただいま決算特別委員会の委員長に前川、副委員長に杉尾両名をご推挙いただき、委員各位に心から感謝申し上げたいと思います。


 何分にもふなれでございますので、各委員の先生方のお力添え、またご指導をお願いをいたしまして、長丁場ではございますけれども、公正かつ円滑な委員会運営に誠心誠意、努めてまいる所存でございます。


 何とぞ委員各位のご指導とご協力を切にお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。


 それではまず、知事よりあいさつの申し出があります。





○(井戸知事)  一言ごあいさつを申し上げます。


 今期定例県議会に提案いたしました平成16年度公営企業会計決算認定の件について、本日決算特別委員会が設置され、委員の皆様方にご審議をいただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。


 まず、病院事業でありますけれども、平成16年度は、経営改善緊急対策を実施し、病床利用率の向上など収益向上に努めたものの、外来患者数が減少したことなどから、純損失額は増加しました。今後、収支改善に向けて一層の努力をしていきます。


 なお、粒子線医療センターについては、高度先進医療の承認が得られたことから、陽子線治療は昨年8月から、炭素線治療は本年6月から、入院・検査料について保険適用が受けられるようになりました。今後は、粒子線本体の治療費について保険適用が受けられるよう、国に働きかけてまいります。


 次に、企業庁関係では、各事業収益の増加や営業費用の削減等により、平成16年度の決算は、収益的収支を有する5事業会計すべてで黒字を確保いたしました。


 特に、地域整備事業会計は、事業の着手から完了まで長期間を要することから、これまで資本的収支で経理してまいりましたが、経営状況をより明確にするため、平成16年度に収益的収支を設置し、仮勘定の精算を行った結果、収益的収支が黒字となったものです。


 地域整備事業については、播磨科学公園都市においては、民間企業10社の立地を予定しておりますが、過日、分譲割引制度の創設など立地インセンティブを充実強化したところであり、さらなる企業の立地に向け、積極的に取り組んでまいります。また、潮芦屋、尼崎臨海地区においては、まちづくりや産業の育成・支援拠点の整備を本格的に進めております。今後とも計画的な事業の推進に努めるとともに、一層の経営健全化に取り組みます。


 前川委員長、杉尾副委員長を初め、委員の皆様方には、閉会中を通じてご審議をいただくことになり、ご苦労をおかけすることになりますが、ご審査を賜り、適切なご議決をいただきますようお願い申し上げます。以上、私からのごあいさつとさせていただきます。





○(前川清寿委員長)  知事のあいさつは終わりました。


 知事は所用のため退席されますが、ご了承願います。


  〔知事退席〕


 次に、本委員会の担当書記を紹介しておきます。


  〔担当書記紹介〕


 次に、本委員会の運営要領について、ご協議をお願いします。


 お手元に、「決算特別委員会運営要領(案)」を配付いたしておりますが、この際、要点について事務局に説明させます。


  〔事務局説明〕


 以上のとおりでありますが、特に何かご発言があればお願いします。


 他に発言はございませんか。


 ――発言がないようでありますので、要領案に対する発言を終わります。


 それでは、お諮りいたします。


 当委員会の運営については、本要領案のとおり決定することにご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認め、当委員会の運営は、本要領に基づいて行うことといたします。


 なお、要領で理事会を設置することになっておりますが、理事の選任についてはいかがいたしましょうか、お諮りいたします。


 越智委員。





○(越智一雄委員)  理事の選任につきましては、従来の先例等を考慮し、委員長において指名されますよう、動議を提出いたします。


 委員各位のご賛同をお願いいたします。





○(前川清寿委員長)  ただいま越智委員より、理事の選任については、委員長から指名されたいとの動議が提出されましたが、本動議のとおり決することにご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認め、さように決します。


 それでは、私から理事を指名させていただきます。


  矢 尾 田     勝  委員


  石  川  憲  幸  委員


  越  智  一  雄  委員


  大  野  由 紀 雄  委員


  中  村  まさひろ  委員


 以上5名の方々を指名いたします。


 これにご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認めます。


 よって、理事はただいま指名のとおり決定いたしました。


 なお、審査方法、質問時間など委員会運営の細部については、理事会において協議いたしたいと存じますので、ご了承願います。


 次に、本委員会に付託されました認第1号ないし認第7号を議題といたします。


 認第1号ないし認第7号につきましては、慎重審査を行うため、会議規則第75条の規定により、閉会中の継続審査の申し出をすることにご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認め、さように決します。


 以上で、本日予定されました議事はすべて終わりましたが、この際、その他の事項について特に発言があればお願いいたします。


――それでは、次の委員会は、10月26日水曜日午前10時より開会し、公営企業会計決算の概要について、当局から説明を聴取いたしますので、時間厳守の上、ご出席賜りますようお願いいたします。


 本日はこれをもって閉会いたします。


       午後4時7分閉会


……………………………………………………