議事ロックス -地方議会議事録検索-


兵庫県 兵庫県

平成17年度予算特別委員会(第1日 3月 4日)




平成17年度予算特別委員会(第1日 3月 4日)





平成17年度予算特別委員会





                  予算特別委員会議事順序





                                    平成17年3月4日(金)


                                    本会議終了後


                                    特別会議室


 
  開    会


1 委員長・副委員長の互選について


2 知事あいさつ


3 委員会の運営について


4 そ  の  他


  閉    会


……………………………………………………………………………………………………………………………


出 席 者


   議     長     原     亮  介


   副  議  長     永  田  秀  一


   委     員     石  井  秀  武


      〃        西  野  將  俊


      〃        松  本  隆  弘


      〃        野  間  洋  志


      〃        佃     助  三


      〃        中  田  香  子


      〃        杉  本  ち さ と


      〃        宮  田  しずのり


      〃        杉  尾  良  文


      〃        北  浦  義  久


      〃        山  口  信  行


      〃        葛  西  利  延


      〃        水  田     宏


      〃        合  田  博  一


      〃        岸  口     実


      〃        加  藤  康  之


      〃        松  本  よしひろ


      〃        北  川  泰  寿


      〃        丸  上     博


      〃        山  本  敏  信


      〃        石  原  修  三


      〃        石  川  憲  幸


      〃        清  元  功  章


……………………………………………………………………………………………………………………………


        午後3時36分





○(原 亮介 議長)  開会に先立ち、一言ごあいさつ申し上げます。


 皆様方には、先ほどの本会議において、予算特別委員会の委員に選任され、平成17年度兵庫県一般会計、特別会計、公営企業会計予算についてご審査願うことになりました。


 委員各位には、公私極めてご多忙の折から、何かとご苦労をおかけすることと存じますが、格別のご精励を賜りまして、慎重かつ適切なご審査をいただきますようお願い申し上げます。


……………………………………………………


        午後3時37分開会





○(原 亮介 議長)  それでは、ただいまから予算特別委員会を開会いたします。


 これより議事に入ります。


 まず、委員長、副委員長の互選についてであります。


 委員会条例第9条第3項の規定により、出席委員中、年長委員の清元委員に臨時委員長をお願いし、正副委員長の互選をしていただくことにいたします。


 清元委員、よろしくお願いいたします。


  〔議長退席、臨時委員長着席〕





○(清元臨時委員長)  それでは、委員長が選任されるまでの間、私が臨時委員長の職務を行いますので、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


 これより、委員長及び副委員長の互選を行いますが、その方法はいかがいたしましょうか、お諮りいたします。





○(松本よしひろ 委員)  ただいま議題に供されました正副委員長の互選につきましては、この際、選挙等の手続を省略して、臨時委員長より指名されますよう動議を提出いたします。


 委員各位のご賛同をお願いいたします。





○(清元臨時委員長)  ただいま松本よしひろ委員より、正副委員長の互選については、臨時委員長から指名されたいとの動議が提出されましたが、本動議のとおり決することにご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認め、さように決します。


 それでは、私から委員長、副委員長を指名させていただきます。


 委員長には山口信行委員、副委員長には杉尾良文委員を指名いたします。


 これにご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認めます。


 よって、委員長には山口信行委員、副委員長には杉尾良文委員をそれぞれ選出することに決しました。


 それでは、正副委員長と席を交代いたします。


  〔臨時委員長退席、委員長・副委員長着席〕





○(山口信行 委員長)  一言ごあいさつ申し上げます。


 ただいま委員各位のご推挙によりまして、私たち両名が予算特別委員会の正副委員長という重責を担うことになりました。


 特に、平成17年度は、引き続き行財政全般にわたる見直しに取り組みながら、風水害からの復旧・復興と総合的な防災対策の推進、暮らしの安全・安心の確保など、当面する県政課題が山積しております。


 そういった意味から、極めて重要な平成17年度当初予算を審議するに当たり、私ども至らぬ点も多々あろうかと存じますが、公正かつ円滑な委員会運営に誠心誠意努めてまいる所存でございます。


 何とぞ、委員各位のご指導とご協力を切にお願い申し上げまして、まことに簡単ではございますが、ごあいさつといたします。


 どうぞよろしくお願いいたします。


 まず、知事よりあいさつの申し出があります。





○(井戸知事)  開会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。


 委員の皆様には、連日の本会議でのご審議ありがとうございます。また、平成17年度予算案をご審議いただくことになり、厚くお礼を申し上げます。


 平成17年度の本県の財政環境は、景気の回復基調と好調な企業業績を反映して、法人関係税で増加が見込まれますが、一方、平成16年度に大幅に削減された地方交付税及び臨時財政対策債の影響がなお残っていること、また、減税補てん債の減少や公債費の増加もあることから、引き続き極めて厳しいものとなることが見込まれます。


 こうした状況を踏まえ、新年度予算の編成に当たりましては、行財政構造改革後期5か年の取組みを基本に、行財政全般にわたり徹底した見直しを行い、限られた財源の重点配分と経費支出の一層の効率化を図る中で、「安全と安心の確保」「未来への期待」「地域の元気と連帯」「新しいふるさとづくり」「参画と協働の推進」を柱に、元気兵庫の創造の実現を図るよう県政課題に取り組んでいきます。


 なお、平成17年度に10年満期一括償還を迎える阪神・淡路大震災復興基金貸付金債5,867億円が公債費特別会計に含まれており、これを除いた全会計予算総額は4.9%の伸びとなっています。


 委員の皆様には、よろしく予算案をご審議の上、適切なご議決をいただきますようお願いいたします。


 山口委員長さん、杉尾副委員長さんを初め、委員の皆様に深く敬意を表しまして、ごあいさつといたします。





○(山口信行 委員長)  知事のあいさつは終わりました。


 知事は所用のため退席されますが、ご了承願います。


  〔知事退席〕


 次に、本委員会の担当書記を紹介しておきます。


  〔担当書記紹介〕


 次に、本委員会の運営要領について、ご協議をお願いいたします。


 お手元に「予算特別委員会運営要領(案)」を配付いたしておりますが、この際、要点について事務局に説明させます。


  〔事務局説明〕


 以上のとおりでありますが、特に何か発言があればお願いします。


 ――発言がないようでありますので、要領案に対する発言を終わります。


 それでは、お諮りいたします。


 当委員会の運営については、本要領案のとおり決定することに、ご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認め、当委員会の運営は、本要領に基づいて行うことといたします。


 なお、要領で理事会を設置することになっておりますが、理事の選任についてはいかがいたしましょうか、お諮りいたします。





○(加藤康之 委員)  理事の選任につきましては、従来の先例等を考慮し、委員長において指名されますよう動議を提出いたします。


 委員各位のご賛同をお願いいたします。





○(山口信行 委員長)  ただいま加藤委員より、理事の選任については、委員長から指名されたいとの動議が提出されましたが、本動議のとおり決することにご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認め、さように決します。


 それでは、私から理事を指名させていただきます。


  石 原  修 三  委員


  丸 上    博  委員


  加 藤  康 之  委員


  松 本 よしひろ  委員


  宮 田 しずのり  委員


 以上5名の方々を指名いたします。


 これにご異議ございませんか。


  (異議なし)


 ご異議ないと認めます。


 よって、理事は、ただいま指名のとおり決定いたしました。


 以上で、本日予定されました議事はすべて終わりましたが、この際、その他の事項について特に発言があればお願いいたします。


 ――発言がないようでありますので、これをもって本日の議事を終了いたします。


 次の委員会は、3月10日木曜日午前10時より開会し、歳入審査を行いますので、時間厳守の上、ご出席賜りますようお願いいたします。


 本日は、これをもって閉会いたします。


        午後3時51分閉会


……………………………………………………