議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 豊能町

平成22年第4回定例会(第1号 6月 8日)




平成22年第4回定例会(第1号 6月 8日)




     平成22年第4回豊能町議会定例会会議録(第1号)






年 月 日 平成22年6月8日(火)


場   所 豊 能 町 役 場 議 場


出席議員 14名


       1番 橋本 謙司      2番 井川 佳子


       3番 高橋 充徳      4番 岩城 重義


       5番 小寺 正人      6番 山下 忠志


       7番 永並  啓      8番 竹谷  勝


       9番 福岡 邦彬     10番 秋元美智子


      11番 平井 政義     12番 高尾 靖子


      13番 西岡 義克     14番 川上  勲





欠席議員 0名





地方自治法第121条の規定により議会に出席を求めた者は、次のとおり


である。


町    長  池田 勇夫      副町長     前田 真二


教育長     小川 照夫      総務部長    室木 伸治


生活福祉部長  乾  晃夫      建設環境部長  川上 和博


上下水道部長  高  秀雄      教育次長    下林  晃


消防長     西本 好美      会計管理者   上林  勲





本会議に職務のため出席した者は、次のとおりである。


議会事務局長  大西 俊秀      書記      杉田 庄司


書    記  高橋 欣也





議事日程


平成22年6月8日(火)午後1時00分開会


日程第 1 会議録署名議員の指名


日程第 2 会期の決定について


日程第 3 第 1号報告 平成21年度豊能町一般会計予算継続費繰越


             計算書報告の件


日程第 4 第 2号報告 平成21年度豊能町一般会計予算繰越明許費


             繰越計算書報告の件


日程第 5 第 3号報告 平成21年度豊能町水道事業会計予算継続費


             繰越計算書報告の件


日程第 6 第28号議案 豊能町職員の育児休業等に関する条例及び職


             員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例改


             正の件


日程第 7 第29号議案 職員の退職手当に関する条例改正の件


日程第 8 第30号議案 豊能町廃棄物の減量及び適正処理等に関する


             条例改正の件


日程第 9 第31号議案 豊能町立自転車駐車場条例改正の件


日程第10 第32号議案 平成22年度豊能町一般会計補正予算の件


日程第11 第33号議案 平成22年度豊能町国民健康保険特別会計事


             業勘定補正予算の件


日程第12 第34号議案 平成22年度豊能町国民健康保険特別会計診


             療所施設勘定補正予算の件


日程第13 第35号議案 平成22年度豊能町介護保険特別会計事業勘


             定補正予算の件


日程第14 第36号議案 平成22年度豊能町下水道事業特別会計補正


             予算の件








            開会 午後1時01分





○議長(秋元美智子君)


 ただいまの出席議員は14名であります。


 定足数に達しておりますので、平成22年第4回豊能町議会定例会を開会いたします。


 定例会に当たりまして、町長より発言を求められていますので、これを許します。


 池田勇夫町長。


○町長(池田勇夫君)


 皆さん、こんにちは。


 平成22年第4回定例会開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 田植えも終わりまして、本当に新緑の美しい季節ということになってまいりました。議員の皆さんにおかれましては、全員御参集をいただき、心から厚くお礼を申し上げます。


 宮崎県のほうでは、口蹄疫ということが発生し、畜産農家の皆さんが非常に大変だということで、ほとんどがなくなってしまうという状況下でございます。非常に畜産農家の皆さんは大変だろうという思いでございます。これも早く終結するようにという私の願いでございます。


 また、国会では先週、首相が辞任をされ、そしてきょう、新しい内閣が発足するということでございますけれども、私たち基礎自治体におきましては、今後の、また国会の推移を見守りながら、我々、行政に携わっていかなくてはならないのかなという思いでございます。


 それから、先ほど皆さんからいろいろと御意見をいただいておりますけれども、本町におきましては、私の財政再建ということで一生懸命に取り組んでまいりましたが、平成21年度の決算ということなんですけれども、6月で出納閉鎖が行われまして、先ほどから財務課長が申し上げておりましたけれども、何とか収支がゼロでいけるような決算になってきているということでございます。しかしながら、まだ起債も60億円ございます。この起債につきましても、すべてが交付税措置をしていただけるということではございません。これから先も、財政再建に向けては、やはりきちっとした枠の中で進めていかなくてはならないのではないかというふうに思っております。職員の皆さんにもそのような形で頑張っていただきたいということを申し上げているところでございます。


 本日、本定例会に提案させていただいております議案につきましては、報告が3件、条例改正が4件、補正予算が5件、合計12件でございます。どうか皆さん方におかれましては、よろしく御審議をいただき御決定いただきますようにお願いを申し上げまして、簡単でございますけれども、開会に当たりましてのごあいさつにかえさせていただきます。


○議長(秋元美智子君)


 これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。


 お諮りいたします。


 議会広報特別委員会より、今会期中における写真撮影の申し出があります。


 申し出どおり、写真撮影を許可することに御異議ございませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○議長(秋元美智子君)


 異議なしと認めます。


 よって、今会期中、写真撮影を許可いたします。


 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、14番・川上勲議員及び1番・橋本謙司議員を指名いたします。


 日程第2「会期の決定について」を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から6月22日までの15日間といたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


           (「異議なし」の声あり)


○議長(秋元美智子君)


 異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から6月22日までの15日間と決定いたしました。


 日程第3「第1号報告 平成21年度豊能町一般会計予算継続費繰越計算書報告の件」の説明を求めます。


 前田副町長。


○副町長(前田真二君)


 第1号報告、平成21年度豊能町一般会計予算継続費繰越計算書。


 地方自治法施行令第145条第1項の規定により、御報告いたします。


 款10・教育費、項2・中学校費の、吉川中学校耐震化事業でありますが、12月定例議会において継続費の承認を得て、平成21年度の年割額を1,399万2,000円と定めましたが、そのうち平成21年度に執行した工事費1,362万円を除いた工事管理費37万2,000円を繰り越したものであります。


 報告は以上であります。


○議長(秋元美智子君)


 日程第4「第2号報告 平成21年度豊能町一般会計予算繰越明許費繰越計算書報告の件」の説明を求めます。


 前田副町長。


○副町長(前田真二君)


 第2号報告、平成21年度豊能町一般会計予算繰越明許費繰越計算書。


 地方自治法施行令第146条第2項の規定により、御報告いたします。


 初めに、款2・総務費、項1・総務管理費の総合行政ネットワーク事業ですが、公的個人認証サービス都道府県協議会の次期機器類の仕様が年度内に確定せず、機器購入経費を3月定例議会において繰越明許費の承認を得て繰り越したものであります。


 次に、防災対策事業ですが、全国瞬時警報システム「J−ALERT」の整備について、国全体の統一仕様の決定がおくれ、年度内の納品が難しいため、3月定例議会で繰越明許費の承認を得て繰り越したものであります。


 款3・民生費、項2・児童福祉費の子ども手当支給事業ですが、平成22年度における子ども手当の支給に関する法律の成立がおくれ、年度内の電算システムの納入が不可能となったため、3月定例議会で承認を得て繰り越したものであります。


 次に、款4・衛生費、項1・保健衛生費の新型インフルエンザワクチン接種の実費負担に係る経費軽減事業ですが、平成22年度においても平成21年度分の精算が見込まれることから、3月定例議会で承認を得て繰り越したものであります。


 次に、款8・土木費、項2・道路橋梁費の崩尻大丸線道路改良事業ですが、地元との調整に時間を要し、年度内に完了することが難しいため、登記測量業務に係る経費を3月定例議会で承認を得て繰り越したものであります。


 同じく道路橋梁費の、交通安全施設整備事業ですが、街路灯建て替え工事が年度内に完了することが難しいため、2月臨時議会において承認を得て繰り越したものであります。


 次に、項3・住宅費の町営野間口住宅外壁塗装塗替事業ですが、年度内に完了することが難しいため、2月臨時議会で承認を得て繰り越したものであります。


 次に、項5・都市計画費の道路整備事業、まちづくり交付金事業ですが、地元との調整に時間を要し、年度内に完了することが難しいため、3月定例議会で承認を得て繰り越したものであります。


 次に、款10・教育費、項2・小学校費の光風台小学校耐震化事業ですが、耐震補強工事に係る設計業務が、年度内に完了することが難しいため、12月定例議会で承認を得て繰り越したものであります。


 同じく小学校費の、小学校施設整備事業、東能勢小学校耐震診断業務と中学校費の中学校施設整備事業、東能勢中学校耐震診断業務ですが、東能勢中学校の耐震診断業務が年度内に完了することが難しいため、3月定例議会で承認を得て繰り越したものであります。


 次に、項4・幼稚園費の東能勢幼稚園改修事業、認定こども園設計業務でありますが、改修工事に係る設計業務が年度内に完了することが難しいため、12月定例議会で承認を得て繰り越したものであります。


 次に、東能勢幼稚園改修事業、認定こども園改修工事等でありますが、改修工事が年度内に完了することが難しいため、2月臨時議会において承認を得て繰り越したものです。


 最後に、光風台幼稚園耐震診断事業ですが、耐震診断の判定期間への申請が集中していることから、年度内に完了することが難しいため、12月定例議会で承認を得て繰り越したものであります。


 報告は以上であります。


○議長(秋元美智子君)


 日程第5「第3号報告 平成21年度豊能町水道事業会計予算継続費繰越計算書報告の件」の説明を求めます。


 高上下水道部長。


○上下水道部長(高 秀雄君)


 それでは、第3号報告、平成21年度豊能町水道事業会計予算継続費繰越計算書報告の件につきまして、御説明申し上げます。


 本件につきましては、府営水道導入整備事業で、平成20年度から3カ年計画で、大阪府、箕面市と共同施工事業として、豊能町余野中央公民館先から東ときわ台6丁目にございます西部受水池まで受水管布設工事などを行うもので、平成21年度には主に豊能町川尻地区に、減圧接合井築造工事並びに箕面市止々呂美地区及び豊能町川尻地区の受水管布設工事を実施したものでございます。


 また、光風台配水池耐震化事業で、平成21年度から2カ年計画で行うもので、平成21年度は、光風台配水池2池のうち1池を、耐震補強工事と緊急遮断弁設置工事を実施したものでございます。継続費につきまして、別記のとおり、地方公営企業法施行令第18条の2第1項の規定により、報告をするものでございます。


 それでは、6ページをごらんいただきたいと思います。


 款・資本的支出、項・建設改良費、事業名を府営水道導入整備事業で、継続費の総額は11億4,467万1,000円で、支払義務発生額2億2,781万8,500円、残額を翌年度逓次繰越額として5億589万6,500円を予定しております。


 光風台配水池耐震化事業で、継続費の総額は2億5,809万円で、支払義務発生額8,183万7,000円、残額を翌年度逓次繰越額として2,442万3,000円を予定しております。


 以上、簡単ではございますが、報告とさせていただきます。


○議長(秋元美智子君)


 日程第6「第28号議案 豊能町職員の育児休業等に関する条例及び職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例改正の件」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 室木総務部長。


○総務部長(室木伸治君)


 第28号議案、豊能町職員の育児休業等に関する条例及び職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例改正の件につきまして、提案理由の説明をいたします。


 本件は、地方公務員の育児休業等に関する法律の一部が改正され、本年6月30日から施行されることに伴い、本町においても必要な規定の整備を行うものであります。


 まず、第1条、育児休業等に関する条例の一部改正でありますが、職員の配偶者が育児休業している場合であっても、育児休業、短時間勤務、育児時間の承認の請求ができることとするものであります。また、この出生の日から一定の期間内に育児休業を取得した職員については、再度育児休業をすることができる規定を追加するものであります。


 次に、第2条、職員の勤務時間、休日、休暇に関する条例の一部改正でありますが、3歳までの子を養育する職員が、子を養育するために請求した場合には、特別の事情がある場合を除き時間外勤務をさせてはならないよう規定するものであります。


 また、改正附則で、施行期日は平成22年6月30日とするものでございます。


 説明は以上であります。


○議長(秋元美智子君)


 日程第7「第29号議案 職員の退職手当に関する条例改正の件」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 室木総務部長。


○総務部長(室木伸治君)


 第29号議案、職員の退職手当に関する条例改正の件につきまして、提案理由の説明をいたします。


 本件は、町の組織の活性化を図るとともに、より効率的な行財政運営に資するため、時限的に勧奨による退職の促進を図るよう規定の整備をするとともに、雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、本条例を改正するものであります。


 まず、附則に2項を加える規定でありますが、第5条の3に規定する定年前早期退職者に対する退職手当の基本額に係る特例の要件を見直し、平成22年7月1日から平成27年3月31日までの5年間に限り、特例として、11年以上勤続して退職した者のうち、定年が年齢60年の者であっても、勧奨を受けて退職した者で年齢が50年以上である者に支給する退職手当の基本額について、退職日給料月額及び及び退職日給料月額にその者に係る定年と退職の日におけるその者の年齢との差に相当する年数1年につき100分の4を乗じて得た額の合計額とするものであります。


 また、雇用保険法の改正により、短期の雇用につくことを常態とする者が、同法に規定する特例一時金の支給対象から除外されていることに伴い、第13条の規定の整備を行うものであります。


 また、改正附則では、施行期日は平成22年7月1日とするものであります。


 説明は以上であります。


○議長(秋元美智子君)


 日程第8「第30号議案 豊能町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例改正の件」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 川上建設環境部長。


○建設環境部長(川上和博君)


 第30号議案、豊能町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例改正の件について、御説明申し上げます。


 本件は、ごみの減量と資源化の推進、ごみ排出量に応じた負担の公平化、財政負担の軽減等を図るため、家庭ごみの有料化を導入するため、本条例の一部を改正しようとするものでございます。


 まず、第2条では、規定の1号から3号をそれぞれ5号から7号に繰り下げ、新たに「家庭系廃棄物」「可燃ごみ」「不燃ごみ」「粗大ごみ」の用語の定義を定めた4号を加えるものでございます。


 第15号では、見出しを改めるとともに、家庭系廃棄物を排出する方法として、可燃ごみ及び不燃ごみについては指定袋で排出すること、粗大ごみについては、粗大ごみ処理券を排出する粗大ごみに張りつけて排出することを定める条項を加えるものでございます。


 25条の関係では、第2項の別表の金額に消費税相当額を加算する旨の規定を削除いたしまして、以下の条番号等の繰り上げを行うものでございます。


 また、別表中でございますが、種別を「家庭系廃棄物」とし、可燃ごみ及び不燃ごみの指定袋は兼用袋とすることから同一の手数料としまして、45リットル指定袋1袋につき45円、30リットル指定袋1袋につき30円、15リットル指定袋1袋につき15円とするものでございます。


 粗大ごみにつきましては、1点900円以内で品目ごとに規則で定める額とするものでございます。


 さらに、表中の家電リサイクルやし尿等、他の手数料をそれぞれ税込みの金額表示に変更し、それ以外の変更は引用条項の移動等に伴う規定の整備を行うものでございます。


 附則といたしまして、本条例改正は平成23年4月1日から施行するものでございます。


 説明は以上でございます。御審議の上決定いただきますよう、よろしくお願いいたします。


○議長(秋元美智子君)


 日程第9「第31号議案 豊能町立自転車駐車場条例改正の件」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 前田副町長。


○副町長(前田真二君)


 第31号議案、豊能町立自転車駐車場条例改正の件につきまして、提案理由の御説明をいたします。


 現在、豊能町では、自転車駐車場の管理業務の合理化を検討しており、今回の改正は、本管理業務に指定管理者制度を導入できるよう、指定管理者の指定に必要な事項について定めるものです。


 それでは、その概要について御説明いたします。


 現条例の第10条を第17条として、第9条の次に指定管理者の指定の手続等に関する七つの条文を加えるものです。


 まず、第10条ですが、地方自治法第244条の2第3項の規定により、自転車駐車場の管理を指定管理者に行わせることができることとするものです。


 第11条は、指定管理者が行う管理の基準について、基本的事項を定めるものです。


 第12条は、指定管理者が行う業務の内容について定めるものです。


 第13条は、指定管理者の指定の手続等について定めるものです。


 第14条は、指定管理者の指定の公示等について定めるものです。


 第15条は、指定管理者の管理業務等についての報告、調査及び指示について定めるものです。


 第16条は、指定管理者の指定の取り消し等について定めるものです。


 なお、附則といたしまして、公布の日から施行することとしております。


 説明は以上でございます。よろしく御審議の上御決定賜りますよう、お願いいたします。


○議長(秋元美智子君)


 日程第10「第32号議案 平成22年度豊能町一般会計補正予算の件」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 前田副町長。


○副町長(前田真二君)


 第32号議案、平成22年度豊能町一般会計補正予算の件について、その提案理由を御説明いたします。


 お手元の補正予算書の1ページをごらんください。


 平成22年度豊能町一般会計補正予算(第2回)であります。


 第1条といたしまして、既定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ2,084万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ65億5,418万9,000円とするものです。


 補正後の款項の区分及び歳入歳出予算の金額は、2ページの「第1表 歳入歳出予算補正」に記載のとおりです。


 それでは、今回の歳入歳出予算の補正内容について御説明申し上げます。


 初めに、歳出について御説明いたします。


 10ページをお開きください。


 今回の補正予算ですが、3月の定例議会において議決いただきました職員給与の条例改正及び人事異動に伴う人件費の増減を補正しておりますが、それら人件費に係るもの以外について御説明申し上げます。


 それでは、15ページをお開きください。


 款3・民生費、項1・社会福祉費、目2・老人福祉費の14・介護基盤緊急整備等特別対策事業ですが、社会福祉法人桃林会が行います認知症高齢者グループホームの整備に対しまして、補助金を交付するものです。


 17ページをお開きください。


 款4・衛生費、項1・保健衛生費、目2・予防費の2・成人健康増進事業ですが、平成21年度に国の経済危機対策事業として実施されました女性特有のがん検診事業が平成22年度も実施することになりましたので、女性特有のがん検診事業に係る費用を補正するものです。


 18ページをお開きください。


 項2・清掃費、目1・塵芥処理費の2・ごみ減量化・再資源化事業ですが、第30号議案の条例改正で提案させていただいておりますごみ有料化に伴う費用を増額するものです。


 20ページをお開きください。


 款6・農林水産費、項1・農業費、目4・農地費の2・農水緑ふれあい交流事業ですが、高山地区の棚田の保全活動を行う農のふるさと協力隊に対して補助金を増額するものです。


 24ページをお開きください。


 款10・教育費、項1・教育総務費、目2・事務局費の4・人権地域教育充実事業ですが、家庭における教育力・養育力の向上を図るため、家庭教育支援員、養育訪問支援員を養成し配置するための費用を増額するものです。


 27ページをお開きください。


 項5・社会教育費、目5・ホール運営費の3・ユーベルホール自主文化事業ですが、自主事業、ロビーコンサートの実施に係る費用を増額するものです。


 続きまして、項6・保健体育費、目1・スポーツ振興費の3・体育施設管理事業ですが、シートスのアリーナ事故に係る弁護士報酬を増額するものです。


 歳出の説明は以上です。


 次に、歳入について御説明いたします。


 8ページへお戻りください。


 国庫支出金の目6・衛生費国庫補助金ですが、女性特有のがん検診に対して交付されるものです。


 款15・府支出金、項2・府補助金、目2・民生費府補助金ですが、認知症高齢者グループホームの整備に対して交付されるものです。


 目5・農林水産費府補助金ですが、棚田の保全活動に対して交付されるものです。


 目8・教育費府補助金ですが、家庭教育支援員、養育訪問支援員の養成及び配置に対して交付されるものです。


 続きまして、項3・府委託金、目4・教育費府委託金ですが、教職員研修の講師謝礼と障害児童の言語・機能訓練の講師謝礼に対して交付されるものです。


 次に、9ページの款18・繰入金、項2・基金繰入金、目1・財政調整基金繰入金ですが、今回の補正による財源調整として、財政調整基金からの繰入5,711万1,000円を減額するものです。


 款20・諸収入、目4・雑入ですが、シートスのアリーナ事故に係る弁護士報酬の総合賠償保険金、ユーベルホール自主文化事業に係るチケット販売収入について、いずれも歳出と同額を増額するものです。


 説明は以上です。よろしく御審議の上御決定賜りますよう、お願いいたします。


○議長(秋元美智子君)


 日程第11「第33号議案 平成22年度豊能町国民健康保険特別会計事業勘定補正予算の件」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 第33号議案、平成22年度豊能町国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第1回)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 本件につきましては、職員の人件費の削減による補正であります。


 それでは、お手元の補正予算書1ページをお開き願います。


 既定の歳入歳出予算の総額から、それぞれ107万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億6,138万1,000円とするものです。


 5ページをお開き願います。


 歳入の一般会計からの繰入金107万5,000円を減額し、歳出の一般管理費の人件費107万5,000円を減額するものです。


 説明は以上です。よろしくお願いいたします。


○議長(秋元美智子君)


 日程第12「第34号議案 平成22年度豊能町国民健康保険特別会計診療所施設勘定補正予算の件」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 第34号議案、平成22年度豊能町国民健康保険特別会計診療所施設勘定補正予算(第1回)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 本件につきましても、職員の人件費の削減による補正であります。


 それでは、お手元の補正予算書の1ページをお願いいたします。


 既定の歳入歳出予算の総額から、それぞれ183万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億1,456万2,000円とするものです。


 4ページをお願いいたします。


 歳入の一般会計からの繰入金183万7,000円を減額し、歳出の一般管理費の人件費183万7,000円を減額するものです。


 説明は以上です。よろしくお願いいたします。


○議長(秋元美智子君)


 日程第13「第35号議案 平成22年度豊能町介護保険特別会計事業勘定補正予算の件」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 第35号議案、平成22年度豊能町介護保険特別会計事業勘定補正予算(第1回)につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。


 本件につきましても、職員の人件費の削減による補正であります。


 お手元の1ページをお願いいたします。


 既定の歳入歳出予算の総額から、それぞれ17万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ14億6,786万9,000円とするものです。


 5ページをお願いいたします。


 歳入のその他、一般会計からの繰入金17万円を減額し、歳出の一般管理費の人件費17万円を減額するものでございます。


 説明は以上です。よろしくお願いいたします。


○議長(秋元美智子君)


 日程第14「第36号議案 平成22年度豊能町下水道事業特別会計補正予算の件」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 高上下水道部長。


○上下水道部長(高 秀雄君)


 それでは、第36号議案、平成22年度豊能町下水道事業特別会計補正予算(第1回)につきまして、御説明申し上げます。


 補正予算書の1ページをお開き願います。


 第1条で、歳入歳出予算補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額から、それぞれ72万7,000円を減額し、歳入歳出それぞれ4億5,435万7,000円とするものであります。


 今回の補正につきましては、給与削減に伴う人件費の補正でございます。


 5ページをお開き願います。


 歳出より御説明申し上げます。


 款1・下水道費、項1・下水道管理費で、38万4,000円の減額であります。


 款1・下水道費、項2・下水道整備費で34万3,000円の減額であります。


 続きまして、歳入でございます。


 4ページをお開き願います。


 款4・繰入金、項1・一般会計繰入金で、72万7,000円を減額するものでございます。


 説明は以上でございます。よろしく御審議賜り御決定いただきますようにお願い申し上げます。


○議長(秋元美智子君)


 以上をもって本日の日程はすべて終了いたしました。


 本日はこれをもって散会いたします。


 次回は6月9日午前10時より会議を開きます。


 どうも御苦労さまでした。





            散会 午後1時40分





本日の会議に付された事件は次のとおりである。


会議録署名議員の指名


会期の決定について


第 1号報告 平成21年度豊能町一般会計予算継続費繰越計算書報告の


       件


第 2号報告 平成21年度豊能町一般会計予算繰越明許費繰越計算書報


       告の件


第 3号報告 平成21年度豊能町水道事業会計予算継続費繰越計算書報


       告の件


第28号議案 豊能町職員の育児休業等に関する条例及び職員の勤務時間、


       休日、休暇等に関する条例改正の件


第29号議案 職員の退職手当に関する条例改正の件


第30号議案 豊能町廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例改正の件


第31号議案 豊能町立自転車駐車場条例改正の件


第32号議案 平成22年度豊能町一般会計補正予算の件


第33号議案 平成22年度豊能町国民健康保険特別会計事業勘定補正予


       算の件


第34号議案 平成22年度豊能町国民健康保険特別会計診療所施設勘定


       補正予算の件


第35号議案 平成22年度豊能町介護保険特別会計事業勘定補正予算の


       件


第36号議案 平成22年度豊能町下水道事業特別会計補正予算の件





 以上、会議の次第を記し、これを証するためここに署名する。











    平成  年  月  日署名











      豊能町議会 議 長





      署名議員  14番





        同    1番