議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 豊能町

平成21年第3回定例会(第3号 6月 9日)




平成21年第3回定例会(第3号 6月 9日)




     平成21年第3回豊能町議会定例会会議録(第3号)






年 月 日 平成21年6月9日(火)


場   所 豊 能 町 役 場 議 場


出席議員 15名


       1番 岩城 重義      2番 小寺 正人


       3番 植村 壽雄      4番 山下 忠志


       5番 (欠 員)      6番 中村 宏幸


       7番 竹谷  勝      8番 福岡 邦彬


       9番 (欠 席)     10番 (欠 員)


      11番 塩谷 宣子     12番 木寺 喜義


      13番 秋元美智子     14番 平井 政義


      15番 高尾 靖子     16番 西岡 義克


      17番 川上  勲     18番 久保 豊茂





欠席議員  1名


       9番 岡   茂





地方自治法第121条の規定により議会に出席を求めた者は、次のとおり


である。


町    長  池田 勇夫      副町長     前田 真二


教育長     小川 照夫      総務部長    室木 伸治


生活福祉部長  乾  晃夫      建設水道部長  川上 和博


教育次長    下林  晃      消防長     西本 好美


会計管理者   上林  勲





本会議に職務のため出席した者は、次のとおりである。


議会事務局長  大西 俊秀      書    記  田家  充


書    記  玉川  徹





議事日程


平成21年6月9日(火)午前10時01分開議


日程第1 一般質問








           開議 午前10時01分





○議長(西岡義克君)


 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は15名でございます。


 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きたいと思います。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。


 日程第1「一般質問」を行います。


 質問者は、質問席に登壇していただき、順次質問をしていただきます。


 まず、民主クラブ代表・岩城重義議員を指名いたします。


 持ち時間は、質問及び答弁を合わせて60分といたします。


 それでは、岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 1番、岩城でございます。おはようございます。


 議長より指名いただきまして、民主クラブを代表いたしまして質問させていただきます。よろしくお願いします。


 まず第一ですけども、安全・安心のまちづくりについて、お伺いいたします。


 12月の議会において、私、質問させていただきました防災計画の協定の件ですけども、その後どのように進んでるか、ちょっとお聞きいたします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 室木総務部長。


○総務部長(室木伸治君)


 お答えいたします。


 12月の議会で、作業用重機等を得る協定についてということで、質問をしていただいておりまして、その後すぐに、3月18日に建設水道部次長と建設課員が、依頼文書を持って商工会の方へ出向いておりまして、協定書の締結につきまして、直接依頼を行っております。しかしながら、現在のところ本件に対する回答はまだ得てないというのが状況でございます。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 そうしましたら、まだ1社とも協定結んでないということでございましょうか。


 やっぱり、昨日もたくさん出てましたけども、危機管理、一番大切なことと思いますので、一日も早く協定を結んでいただいて、災害時にその業者が助けに来てくれるということを、もっともっとアピールしていただきたいと思います。


 引き続きまして、町営住宅のことで、ちょっとお伺いいたします。


 きのうも出てましたけども、吉川住宅の跡地問題、それと野間口住宅のあり方、今、耐震診断が終わって、耐震工事になると思うんですけども、耐震工事終わってから募集されるのかどうか、お伺いいたします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 お答えします。


 まず、吉川住宅の跡地につきましては、今現在は、建物は用途廃止いたしておりますが、土地についてはそのままの状態で、まだ具体的に利用方法等は決定していないところでございます。


 それから、野間口住宅の件でございますが、昨年度に耐震補強の実施設計を行いまして、本年、耐震補強の工事を行うという予定になっております。


 それで、今後その住宅の利用をどう考えているかということでございますが、野間口住宅は募集をする前に、内部の改装が必要でございます。したがいまして、改装を行うに当たっての財政状況等を勘案しながら、公営住宅法の趣旨に基づいて募集を行うということも選択の一つではあるというふうに考えておりますが、まず財政的な問題で、内部の改修をどの程度行うかというのが、一番、今後の主要課題というふうに考えております。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 やっぱり公営住宅ですので、公営住宅法にのっとって、やっぱり耐震診断・耐震工事が終わりましたら必ず募集していただきたいと思うんですけども、そういう約束はできませんでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 今申し上げましたように、改修ができましたら、それ以降は募集もあるというふうに考えていただきたいと思います。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 何回も済みませんけども、ほんだら今年に改修入るんでしょうか。やっぱり、結構公営住宅、需要がありまして、町として需要がある以上、さっきも言いましたけども、公営住宅というものは空き部屋があったら提供していくというのが趣旨だと思うので、予算づけも大事、財政問題大事ですけども、やっぱり住宅に困った方たくさんおりますので、できるだけことし予算でも立てていただいて、募集かけていただきたいと思うんですけども、予算のこともありますけども、町長にちょっとその辺お伺いしたいんですけども、よろしいでっしゃろか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 皆さん、おはようございます。


 岩城議員の質問にお答えさせていただきたいと思います。


 野間口の町営住宅でございますけれども、先ほど建設水道部長が申し上げましたとおり、耐震診断につきましては、今年中に何とかやっていきたい。しかし、今おっしゃっておられます、募集者がかなりいてるということでございますけれども、募集者がかなりおられましたら、そのときに検討していきたいというふうに考えておりますので、どうかひとつよろしくお願いしたいと思います。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 それでは、そのようにお願いいたします。


 続きまして、教育長の方にお伺いしたいんですけども、平成21年度の豊能町教育基本指針、発表されてますけども、これについてお伺いいたします。


 まず、順番変わりますけども、オンリー・ワン・スクール事業というのをやってますわね。これ、どのような方が外部から入ってやられて、何人ぐらい来てはるかというのを、ちょっとお教え願いたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 小川教育長。


○教育長(小川照夫君)


 お答えいたします。


 オンリー・ワン・スクール事業ということでございますけれども、これは町の単独事業といたしまして、平成15年にスタートしたものでございます。幼稚園、小・中学校等々で、いろいろな事業を展開しておりますけれども、主に幼稚園におきましては、日本伝統文化、茶道や琴などを通して道徳性をはぐくむという、そういったことを。それから、音楽やリズム、積み木活動などを通して、感受性であるとかあるいは集中力、創造性を高めるという取り組みを行っております。


 それから、小・中学校でございますけれども、学生それから地域のサポーターによる学習支援あるいは部活動への支援などを行っていただいております。


 特に地域の方々の取り組みでございますけれども、既に吉川小学校では数年前から取り組んでいただいておりまして、そういった方々が学校全体それから学年ごとに団体さんが割り振られておりまして、大変、積極的に取り組んでいただいております。五十数名ぐらい入っておると思います。


 それから、その後、光風台小学校でも、最近そういった取り組みが行われておりまして、こちらの方は、今年度大体120名ぐらいの支援者がそこに参加をしていただいておるということで、我々としてはこの6年間、一定の成果が出ているのではないかというふうに考えております。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 私も大変ええことやと思ってますので、ぜひまだまだ進めていただいて、外部のええ教材として活用していただきたいと思っております。


 引き続きまして、教育指針の中にあるんですけども、豊かな心の育成ということが書かれてますけども、具体的にどのようなことに取り組んでいかれるか、お教え願います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 小川教育長。


○教育長(小川照夫君)


 お答えいたします。


 現行の学習指導要領の中でねらいとしております、いわゆる生きる力をはぐくむということがございまして、この中で三つの要素、知・徳・体のバランスのとれた課題を出しております。一つは確かな学力、二つ目が豊かな心、そして健やかな体ということで、今、議員のお話にありました、その一つが豊かな心であるということでございます。


 本町といたしましては、主に三つの点について具体的な取り組みを行っておるところでございます。


 まず、一つとしては、道徳教育を充実させるということで、各教科において道徳教育を取り入れ、道徳の副読本を作成し、配付をしております。


 それから、2点目でございますけれども、体験活動を充実した豊かな心の育成を行うということで、国や府の事業への参加、特に今年度につきましては、既に決定しておりますのが、9月に光風台小学校において、トップアスリート派遣指導事業が認められておりまして、ソフトボールの指導に来ていただくことになっております。


 それから、10月には吉川小学校におきまして、本物の舞台芸術派遣事業ということで、こちらの方は劇団ひまわりが来て演技をしていただくという、その二つが認められております。


 そのほかにも、例えば東能勢小学校におきましては、鉢植えの花をつくってお年寄りにプレゼントをしたり、あるいは中学校におきましては、茶道や華道、禅の体験事業や、それから生徒たちが保育体験ということで、保育所や幼稚園で体験をするという活動を行っております。


 それから、3点目といたしましては、地域の皆さんにご支援をいただきまして、放課後子ども教室においてのふれあいの場を設けたり、あるいは吉川中学校におけるふれあいの集い、これは社会福祉協議会との共催でございますけれども行っておりますし、また、東地区の方におきましては、毎年ミニスポーツ大会等を行うことによって、いろいろな方とのふれあいのもとで豊かな心をはぐくむ、そういったことを行っているところでございます。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 今もその中にありましたけども、道徳教育、結構難しいものがあると思うんですけども、その方向性、具体的にどのような道徳教育されるのか、ちょっとお聞きしたいんですけども。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 小川教育長。


○教育長(小川照夫君)


 確かに、最近のいろいろな報道によりますと、例えば日本人が海外旅行に行って歴史的な遺産に落書きをしたり、あるいはせっかく整備された花壇の花を折ってしまったりという、大変そういう不届き者といいますか、そういった人が大人の中にも見られるというのが非常に残念なことだというふうに思っております。


 戦前は道徳にかわるものとして、修心というようなものがありましたけれども、近年では道徳ということで、やはり公的なものに対する意識が、ちょっと薄れているのではないかというようなことで、本町といたしましては、各学校に道徳推進を行う教員を配置というか、中から選んでおりまして、その人を中心に、各教科において、そういった道徳精神を植えつけるということを取り組んでいるということでございます。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 やっぱり道徳問題、結構難しいものがあると思うんです。右へ行ってもあかんし、左へ行ってもあかんしということですので、その辺うまいこと、ええあんばいでやってもらいたいということを要望しておきます。


 それと、あと、道徳問題に絡みまして、私ちょっと気になったところありまして、この前春休みに、まちづくり協会が映画の集いやったんですけども、映画終わるまでに子どもたちが立って帰ってしまうんです。やっぱり映画みたいなものは最後まで、字幕スーパーが出てきて最後の照明がつくまで出てったらあかんと思うんです。その辺のことを、どうも皆さん勘違いしたのかどうかわからんけども、その辺のこともちょっと学校の方で指導していただきたいと思う思うんですけども。


 続きまして、文化ホールの運営という項目がございますけれども、このことはやっぱり教育の中ですることなんでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 小川教育長。


○教育長(小川照夫君)


 お答えいたします。


 教育委員会の主な役割といたしましては二つございまして、一つは、学校教育を含め社会教育等々の環境を整備するというのが、一つ大きな役割があります。それと、もう一つは、そういった施設に対する指導や助言あるいは援助といったことが行政側としての役割であるというふうに認識をしております。その中の一つが、社会教育施設である文化ホールということで考えておりますが、ご承知のとおり、本町ではユーベルホールという文化ホールがございまして、大変財政の豊かなときに建てられてあるわけでございますけれども、近年の少子化それから人口の減少に伴いまして、若干利用率が下がっているというのが、我々も感じておるわけでございます。


 そういったことで、今年度から、特に維持管理の面につきましては、これまで西地区図書館あるいは公民館等がそれぞれ維持管理をしておりましたけども、このユーベルホールを含めた三つの施設について、一括で維持管理をお願いする、そういう試みを、今年度から実施しております。


 また、その運営につきましては、その業者の中で専門の人が入っていただいておりまして、その人からもいろいろアドバイスをいただきながら、より効果的な運営の方法ということで、鋭意、今後に向けて実施をしているということでございます。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 引き続きまして、豊能町子ども読書活動推進計画について、お伺いいたします。


 計画ということですけども、今、具体的にどのように進んでいるかということをお聞きいたします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 小川教育長。


○教育長(小川照夫君)


 お答えいたします。


 子ども読書活動の推進ということでございますけれども、これは、まず国の方が平成13年に、子どもの読書活動の推進に関する法律というのを定めております。それを受けまして、大阪府の方が平成15年に、大阪府子ども読書活動推進計画というのを定めました。これらに基づきまして、本町におきましては、平成17年度に5年計画でこの推進活動計画というのを定めたものでございます。


 これまで、図書館それから学校の図書室を中心に活動が行われておりまして、一つは読書を楽しむ子どもが育つための環境の整備。それから、推進のために、それにかかわる人材の育成等々でございます。


 これまで、ご承知のとおり、本町におきましては各学校に司書が整備されておりまして、これは単独事業でございまして、ほかには例のないものだとは思っております。そういったことで、その司書と図書館との連携、あるいはその司書さんが教育活動にも入っておりまして、先生方とのタイアップした授業へのアドバイスなども行っております。


 それから、地域の住民の皆様方との協働ということで、例えば図書館において、幼児を対象にした読み聞かせの時間を設ける、あるいは教育委員会といたしましても、ツー・バイ・ツー運動というのを進めておりまして、できるだけ家庭においても読書活動ということで啓発活動等を行っておりまして、ことしが一応最終年度でございますけれども、一定の成果が出ているのではないかというふうに思っております。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 来年は国民読書年ということに定まっておりますけども、それに対しまして何かまた新たな計画みたいなのが、どういうことを行うか、行事として、決まっておるようでしたら、ちょっとお伺いいたします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 下林教育次長。


○教育次長(下林 晃君)


 国民読書年でございますけど、これはやっぱり近年我が国におきまして、年齢やら性別、職業等を問わず、日本の国民が読書あるいは活字離れが進んでおるということが言われ出しております。そのことによって、国におきましては、衆参超党派議員によって国民読書年というものが議決されたというのが一定の起こりであるということでございます。


 そのものに向けて、特に来年度がそういう形で議決をされておるということでございますけども、本町では、先ほど教育長も述べましたように、日常から図書館活動というのは活発でございますし、貸出冊数においても住民の方が大変多くの読書に親しんでおるというようなことは、常々から効果が上がっておるというようなことでございます。


 また学校においては、いち早く朝の読書活動というものを、小学校・中学校すべての学校で取り組んでおりますし、幼稚園においては朝から読み聞かせというようなことで、地域を挙げて本に親しむというようなことを常々から取り組んでおります。


 だから、衆参で議決されたように、活字離れというものは、本町においてはそんなに大きな問題ではないかなと思っております。ただ、これを機会にして、図書館あるいは学校においては、さらに一層地域の方々と連携して、活字に親しむというものに取り組んでまいりたいと考えております。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 それに関連いたしまして、4月23日は子ども読書の日となってますけども、これ、何か行事的なものをやられましたでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 下林教育次長。


○教育次長(下林 晃君)


 4月23日ということで、私どもの小学校・中学校においては、過去からいろいろな行事に取り組んでおります。例えば学校におきましては図書委員という、生徒会・児童会を中心とする委員がございますので、その子どもたちが、自分たちが読んだ読書をもとにして紙芝居をつくって、その物語を全校の朝礼のときに紹介したりとか、あるいは年間を通して図書館の貸出冊数の多い子どもに表彰するとかというようなことの、学校では取り組みを行っておりますし、また図書館といたしましては、ことしはアジアの絵本展とか、あるいは科学と工作ということで、昔から伝えられております昔話とか、そういうものを中心に、4月23日前後に特設の講座等を開催しております。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 財政難の折から、図書館の予算もカットになっておりますけども、やっぱり新しい本を買うていかなあかんと思うんです。ことしの予算で何冊ぐらいの本が購入できるのか、ちょっとだけお聞きいたします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 下林教育次長。


○教育次長(下林 晃君)


 具体的に、図書の冊数というのは、今ちょっと数字では述べることはできませんけども、ただ、確かに議員申されますように、図書館というものは新鮮な情報を提供するのが図書館の命であると思います。我々、町の予算の中で新しい情報を提供すると同時に、図書館においては、図書館では買えない、そういうものをネットを通して近隣の図書館と連携しております。住民等の皆様方のご希望によって、近隣の図書館から借り入れ、それを提供するというようなシステムをとっておりますので、いい情報はいち早くスピーディーに提供するように心がけているところでございます。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 完璧な答えばっかりいただきまして、何も反論のしようがないんですけども。一つ、前まで移動図書館がありましたわね。あれ、再開する気はないでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 下林教育次長。


○教育次長(下林 晃君)


 ほめてもらったのか、けなされたのかわかりませんけども、そのものについては、再開するつもりはございません。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 今ちょっと、はっきり聞こえなかったんですけども、ないわけやね。


 私、結構利用してまして、前。やっぱり交通の便が悪いとこなんかの人は結構楽しみにしておったんです。野間口の中でも来ていただいて、結構並んで、ようさんようさん借りてする人がおるんですよ、やっぱり。余野まで来られへん人もおるし、向こうも行かれへん人もおる。やっぱりそれ、もう一回考えていただけないかということを切に思っておるんですけども。今年度あかんかったら来年度でもできるというぐあいのことは考えられませんでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 下林教育次長。


○教育次長(下林 晃君)


 ただ単に閉じたのではなくて、当然利用していただいている方も多くおられるということは、我々も把握しておりました。ただ、年々そういう方々が減少してきたというようなこともございますし、余り言いにくいことですけども、やっぱり財政的に大変厳しい状況になっております。新行財政改革の中の一つとして、それもテーマに上がったというようなことで。ただ、そのかわりに、お答えになるかどうかわかりませんけども、東地区の方々の図書の充実ということで、中央公民館に図書室を設けております。そのものの本の中身、あるいはそのものに特別にここ3年間予算を組みまして、特別に中公図書室の書籍の提供はさせていただいておりますし、結果見ていただきましたらわかりますように、ここ3年間で中央公民館の図書室というのは、本当に本の花がたくさん咲いておるというようなことでございますので、岩城議員には十分お答えすることはできませんけども、このような充実で何とか対応してまいりたいなと思いますので、ご理解の方、よろしくお願いいたします。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 そのとおりだと思うんですけども。


 私ら昔、子どものときは本を買うお金もなかって、みんなが貧乏しておった時代やと思うんです。私、本を読んだのは、20歳前ぐらいから本格的に読むようになって、それまでいっこも本に親しんでなかったわけです。そんなんで、やっぱり本を読む機会をたくさん与えていただくということ、特に若い子どもたち、やっぱりそれを大事にしていってほしいと思っておりまして、今日はこんなことばっかり言うてますので、よろしくお願いいたします。


 続きまして、福祉問題に入りたいと思います。


 豊能町在宅高齢者見守り事業というのをやっておりますけども、具体的にどんなことをやってるか、ちょっとお聞きします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 在宅高齢者の見守り事業でございますけれども、見守り事業が必要な65歳以上のひとり暮らしの高齢者あるいは高齢者のみの世帯に、一定期間牛乳等を配達することで安否の確認を行いまして、ひとり暮らしの高齢者等の安全を確保することを目的として、平成16年度から実施している事業でございます。大体1年間利用される方が50名前後というふうに思っております。利用される方は、大体80歳ぐらいが平均年齢というふうに思っております。


 以上でございます。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 ええ制度だと思うんですけども、いろいろ苦情が結構ありまして、集金、月500円、今言いましたけども、この集金がもっとええふうな、集金1年払いとかいうことにならないかという人が結構ありまして、その辺ちょっとお考えいただけないでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 平成16年にやりましたときには、毎月納品書と納付書を各家庭へ渡して、それに基づいて納付していただくということにしておりまして、それにつきましては当時から閉じこもりの予防とか、それから外出支援とか、そういったような形で1カ月に1回は納付をしていただこうということで始まったというふうに思っております。


 しかしながら、先ほども言いましたけれども、平均年齢が80歳というようなことで、平成16年度から引き続きずっと申し込んでおられる方もおられますので、だんだんと高齢化してるというのも現状でございますので、その集金の方法等につきましては、今後検討の課題という形で認識したいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 豊能町も高齢化社会となっておりまして、今、人数をお聞きしましたら50名、利用してる方が少ないと思うんですけども、どうしてこんな少ないんでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 どうして少ないのかということでございますけれども、PR等については行っておるところでございますけれども、もう一つには、在宅高齢者の緊急通報装置の貸し付けというようなこともやっておりまして、これを利用されている方が62名あるということで、そういった二つの方法等でされておりますので、牛乳を欲しいという方も少ないのかなというふうには思っておりますけれども、PR等に努めていきたいというふうに思います。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 高齢者の方、結構おると思うんです。やっぱり、先ほどは安全確認のためみたいなことを言うてはりましたけども、健康を守ることも目的のうちに入ると思うんです。健康になってきたら、また医療費が下がってくるというようなもんで、その辺もっと大きくPRしていただいて、利用価値の上がる、利用しやすい制度にしていただきますことを要望申し上げます。


 続きまして、私、前にどこかで聞いたんですけども、高齢者世帯に地デジのチューナーを無料配付するということを、テレビかマスコミか何かで耳にしたことあるんですけども、その辺はどうなんでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 室木総務部長。


○総務部長(室木伸治君)


 お答えいたします。


 総務省が、2011年、平成23年7月24日までに地上デジタル放送への完全移行に向けて、今やっておるわけでございますけれども、経済的困窮度の高い世帯に対して、地上デジタル放送を視聴するために必要な最低限度の機器を無償給付するという予定になっておるというふうに聞いておりますけれども、この支援を行う団体の、今、公募を行っておりまして、6月2日に多分締め切ったというふうに思っておりますけれども、早ければ今年の夏ごろに申し込みの受け付けが始まりまして、秋以降に支援開始となる予定です。


 しかし、この制度は、NHKの受信料が完全免除の世帯でありまして、例えば生活保護などの公的扶助を受けている世帯、また町民税が非課税となる障害者の世帯、社会福祉事業施設に入所されている人が対象ですので、広く高齢者世帯への支援につきましては、今のところ聞いておらないということでございますので、よろしくお願いいたします。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 その業者のことですけども、豊能町もやっぱりできるわけですね。今発表された無料配付、豊能町もやっぱり募集するわけですね。その辺ちょっと。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 室木総務部長。


○総務部長(室木伸治君)


 お答えいたします。


 この事業は、あくまでも総務省がやっておる事業でございまして、総務省がこの支援を行う団体の公募を行っておるということでございますので、豊能町ではいたしません。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 豊能町がするんじゃなしに、豊能町の住民の方もそこへ募集できるわけですね。募集というか申し込みというか。そこをお聞きしたいんです。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 室木総務部長。


○総務部長(室木伸治君)


 応募するか募集するかどっちかというの、ちょっと質問の中でわかりにくかったんですが、先ほど言った公的扶助を受けてる人たちが応募できるわけでして、申請ができるわけでして、この支援を行う団体は別の団体、例えば全国何々団体とか、大阪府何々団体というところが国から言われまして、その応募あった人に支援をするという、そういう制度というふうに聞いておりますので、まだはっきりわかりません。


 豊能町がその団体としてするかどうかということかもわかりませんけれども、それについては、豊能町ではするつもりは今のところございません。国からまだ、どういうふうなやり方をするというのを全然聞いておりませんので、わかりませんので、ちょっと情報は収集したいと思いますが、今のところするつもりはございません。その団体にお任せするということになろうというふうに思っております。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 地デジの問題、きのうもたくさん出てましたけども、やっぱり役場として、もっともっとアピール、周知していただいて、映らんとこもようさんあるみたいです、実際問題。そこら、きのうも答弁ありましたけども、やっぱり住民の皆さん、テレビ見るの楽しみ、生活の一部になってますので、役場の方でかて、ちょっとその辺関心持っていただいて取り組んでいただきたいと思っております。


 ちょっと前に戻りまして、町営住宅のことですけども、吉川住宅のことです。吉川住宅の跡地問題、何も考えてないということでしたけども、あそこへ新しく公営住宅を建てるというようなことは一つも考えられないんでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 吉川住宅自体は、木造の古いものでございますが、空き地に新たに公営住宅を建てるという計画は、今ございません。


○議長(西岡義克君)


 岩城重義議員。


○1番(岩城重義君)


 やっぱり、公営住宅、私大事やと思うんです。ほんまに困った人がどこも入られへんというようなことを、行政がほっておいたらいかんと思うわけです。


 今、たまたま野間口住宅が耐震工事終わって、あと使えることになりますので、そこは一つセーフティネットができてると思うんですけども、今後やっぱり野間口住宅につきましても、年数がきましたらまた建て替えとかいろいろ発生すると思うんですけども、その辺やっぱり町民のニーズがあるし、セーフティネットの一つですので、そこらも町として、なんぼ財政難でも取り組んでいただきたいということを要望いたします。


 ちょっと時間早いですけども、これで質問を終わらせていただきます。


○議長(西岡義克君)


 それでは、関連。


           (「なし」の声あり)


○議長(西岡義克君)


 ありませんか。


 それでは、以上で、民主クラブ代表・岩城重義議員の一般質問を終わります。


 この際、暫時休憩といたします。


 再開は、11時といたします。


         (午前10時40分 休憩)


         (午前11時00分 再開)


○議長(西岡義克君)


 それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。


 次に、町政会代表・山下忠志議員を指名いたします。


 持ち時間は、質問及び答弁を合わせて60分とします。


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 4番、山下でございます。


 議長より指名をいただきましたので、町政会を代表いたしまして一般質問に臨みたいと思います。


 理事者側の皆様方には簡潔明瞭なお答えをいただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。


 安心・安全対策なんですが、まず緊急情報伝達、この問題についてお聞きしたいと思います。


 日本国じゅうが大騒ぎになった今回の新型インフルエンザは、弱毒性のために大きな被害もなく、休校中の学校も5月25日から再開され、終息宣言が出され、ほっとしているところでございます。対策に当たられた関係者には、町長初め、大変ご苦労さまでしたと御礼を申し上げるところでございます。


 さて、今回のこのような異常事態が発生したときには、迅速な情報の発信が最も大切と私は考えております。さまざまな情報伝達が考えられますが、阪神大震災以降、インターネットでの情報伝達が力を発揮しています。今回のインフルエンザ対策での情報伝達でも、町のホームページで掲載されましたが、残念ながら、一言で言いますと、書きがえが遅いと思います。このホームページの掲載は、どこの部署が担当されており、またその実務、流れ、フォローはどこがされるのか。また、これは庁内でやられてるのか、それとも一部を外注しておられるのか、その辺のところをまずお聞きいたします。よろしくお答えを願います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 室木総務部長。


○総務部長(室木伸治君)


 お答えいたします。


 ホームページの更新等でありますけれども、それは総務部のまちづくり課がやっておりまして、職員が対応しておるのが実情であります。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 今回、確かお休みの日曜日に、町長初め教育長ほかが、豊能町は今回は発生しておらないので、確か学校を休校しないということを決められた。それはそれで、私は口を差し挟む気は毛頭ございません。そして、その明くる日の早朝に、周りを見まわしても、まだ発生していないが休校とする。実際、学校へ行かれた児童・生徒もおられると聞いております。いろいろな形で情報伝達されたと思いますけども、最近若い方は、やはりこのホームページ、実際にホームページで見られて、あしたは休校なんだというのが、このインターネットを通しての情報というのは、大変重要だと私は考えておりますねんけども、これがもしか休校であったら、先ほどに流された情報では、私どもは発生してないから休校しません、開校しておりますというのに、それが休校になったということは、発生したというぐあいにとらえますわね。そういう誤った情報というのは、流さないように工夫していかないとと思うんですけども、本当にこのホームページ、たった1行ぐらいでいいんです。発生はしておりませんが、いろいろなことを勘案して休校といたします。この一文でいいと思うんです。それを早く、迅速に流すということが大変大事だと思いますけど、なぜこれが遅いのか。技術的なものなのか、その辺どうでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 山下議員の質問にお答えさせていただきたいと思います。


 山下議員、少し勘違いされてるんじゃないかなと、僕は思うんですけれども。17日の日に橋下知事がされたのは、18日の朝1時ごろだったと思うんですよ。中・高、全大阪府下休校にするとおっしゃられたのは、そうだったと思うんです。18日の朝6時に皆さん集まっていただいて、緊急会議を開き、そうしてその枠の中で執り行ったということなんです。17日の日曜日には緊急会議を開き、きちっとした対応をとっております。山下議員がどうしてそのようにおっしゃられるのかにつきましては、私ちょっと勘違いをされているのじゃないかなと思うんですけれども。私どもはきちっとした形で緊急に会議を開き、緊急対策できちっととっておるというのが実情でございますので、インターネットに載ったのは少しおくれたかもわかりませんけれども、それ以前に広報車で広報も流しておりますし、地域の皆さんには各自治会で回覧も回しておりますし、それ以外にもいろいろな方法で周知徹底したというふうに思っておりますので、よろしくお願いしたいと、このように思います。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 町長が言われましたように、勘違い、私、全然勘違いしたつもりはございません。私もそう思っております。17日に、休みの日の夜に緊急とられて、あしたは開校するよと、発生してないから、そのように申し上げました。それで、5月の18日の未明に、6時半に休校とした。そう私も言うてますやん。ただ、私が言ってるのは、ホームページが遅いということを言うてるの、書きかえが。その休校されたことやら、当初に出された結論や、変えた結論は、私は非難してるわけじゃ、決してございませんよ。それはよかったと言うてるんです、逆に。ただ、ホームページが、月曜日の午後2時に議会事務局で見たときでもまだ直ってないんです。まだ開校しますよ、発生してないので休校はしませんという、ホームページが書きかえられてないということを言ってるんですよ。町長が勘違いされてるの違いますか。お答えください。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 私は勘違いしてませんよ。私は勘違い、絶対してないと思ってますよ。それは、ホームページが少しおくれたということだけを山下議員が質問されてるんですか。


○4番(山下忠志君)


 そうです。


○町長(池田勇夫君)


 それだけですか。


○4番(山下忠志君)


 そうです。


○町長(池田勇夫君)


 私は、それ以前に広報も流し、いろいろな形の中で手続をしてるから、その時間がおくれたかもわからない。がしかし、緊急対策はとってると、このように私は申し上げてるだけでございます。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 せやから私も今、申し上げました。チラシを出されたり、回覧されたり、私も存じ上げております。ですから、それはそれでよかった。また、結論が変えられたことも、これも私はよかったと思っております。ですけど、このホームページをとらえて言ってるんです。これが、何とかその日に早くできる方法はないのか。それは技術的に問題があるのか、そこのとこを言うてるんです。わかっていただけますでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 山下議員、限られた人員で限られた行動をとっていくということを我々はやらせていただいてるということもご理解いただきたい。遅いっておっしゃいますけれども、私はその遅さが、どんな感じで遅かったのかということを非常に懸念してることでございまして、私たち、緊急会議を開き、緊急に物事をやるためには、やはり知らしめることがまず第一だということで、ホームページが少しおくれたかも、それは山下議員のおっしゃるようにわかりませんが、しかし広報も流し、そして学校の生徒にも、いろいろな形の中で、きょうは休校ですよと、早く行かれる方もございます。それは早朝クラブがあるとか、いろいろな形の中であると思うんですよ。だけども、そういう方にもできるだけご迷惑をかけないようにということで、対応をしてきたつもりでございますけれども、それが山下議員については、ただホームページだけでどうのこうのというお話をされるから、私は少しかちんときてるだけのことでございまして、それ以外のことは何も思っておりません。一生懸命に、町長を初め職員ともどもやってきたことに対しての、私の答弁ですから、その点につきましては、山下議員もご理解をいただきたいと、このように思います。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 下林教育次長。


○教育次長(下林 晃君)


 そのときの対応でございますけども、少し時間を経過で、少しコメントさせていただきますけども、結局、朝6時半に、町のトップである町長と、教育委員会のトップである教育長が寄りまして、橋下知事の要請を受けて本町ではどうするかというようなことで、その後に、ちょっと最後まで聞いていただけますか。


○4番(山下忠志君)


 いや、時間がありません。


○教育次長(下林 晃君)


 ホームページは出してないですけども、先ほども申しましたように、緊急安心メールでは、各保護者には出しました。その後、それでは間に合わんということで、教育委員会の職員が校区を回って、子どもたちに、当然先に来てる子どもたちもおりましたので、そういう子どもたちには声をかけさせていただいたという形で、できないところは、やっぱり迅速に対応できるということで、我々、人がそのカバーをさせていただいたというようなことでございます。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 外野席の方から、朝の早うから見れへんという言葉もありますが、共働きの人たちはそんなことございません。また、見る機会も、訓練もされております。そういう忙しい方こそ見られるんですね。町長は毎日インターネットを見られてますか。インターネットとかメールとか。


○町長(池田勇夫君)


 見てません。


○4番(山下忠志君)


 でしょう。ですから、そういう習慣がないんですね。やはりこのホームページ、出すからにはやっぱり早いこと。私が言ってるのは、この技術的な面、ほかの手を打たれたことに対しては、大変、先ほども言いましたように、私はご苦労さまと申し上げます。というぐあいに、私も理解して、よかったなと思っております。ですけど、このホームページだけが残念やったなということを言うてるんです。これをご理解いただきたいと思いますね。


 ちょっとと言われますけど、そのちょっとというのがどのぐらいなんですか。私、午後2時に確認したときにも、まだ変わってないんですよ。その辺がちょっとなんですかね。この辺、これは多分、総務部長の管轄ですね。1回総務部長にお聞きしたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 室木総務部長。


○総務部長(室木伸治君)


 何時にということでございますけれども、我々は今回のインフルエンザ対策につきまして、全住民に周知したいということでございまして、それはどんな方法がいいやろう、インターネットではあかんやろうというふうに、まず最初は考えました。インターネットも同時進行するのもいいと思いますけれども、まず全住民にというのは、自治会の回覧にお願いしたので、全住民に周知できるやろうと。そのとき10時に対策本部を開きまして、まちづくり課の職員が2人ほど来ておりませんでしたので、来ましたらすぐにホームページの立ち上げを対応せよというふうに指示をしておりましたが、その職員が何らかの事情でちょっと遠いとこへ行っておったということは事実でございまして、立ち上げしてから更新したのが夜の7時ごろだったと、私は記憶しております。それまでに自治会の回覧、また町内44カ所の広報板への掲載も行いまして、また巡回バスの方へもお願いをしておりますので、すべての住民さんにどこまでどう対応したらいいのかというのを、大分議論をしまして、印刷する時間もございますし、また配付に持っていかなあかんという、そういう時間もございますので、その間にホームページの更新はできるだろうというふうに思っておりましたのが、たまたま夜の7時ごろになったというのが事実でございますので、これからできるだけ、今年に予算をいただきまして、ホームページの方もいろいろな形で早くできる方法も今考えておりますので、これからはできるだけ早く更新できるように努力したいというふうに思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 ホームページよりかテレビの方が早いということですが、そういう、豊能町みたいな小さい自治体のことを、一々取り上げるんでしょうかね。その辺もう終わります。


 ホームページの重要性、私は今回わかりました。インターネットの重要性というのが認識されてないということがわかりました。この件については、私は、今回とられた判断、これは、私はよかったと判断してるんです。ただ残念なことにホームページのこの掲載だけが遅かった。これをもっと早くしてくれというのが主体でございます。ここのところ、もちょっと真摯に考えていただきたいなと。この問題は水かけ論になりますので、この辺で終えたいと思います。


 次にまいります。


 学校の方の耐震化というのが、どんどん進められておる途中でございまして、その辺も理解しておりますが、そのほかいろいろな震災とか、いざというときにいろいろな公共施設、診療所初め保健センターなど、耐震化も同時に必要やと思うんですが、この辺の。また、この公共施設というのは、いざといったときの救護や、また避難施設になったりするもんでございますので、この辺の、我が町の耐震化の計画をお聞かせ願いたいと思います。よろしくお願いします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 私の方から、医療それから社会福祉施設の耐震化状況について、説明をさせていただきます。


 医療・福祉施設につきましては、老人福祉センターの豊寿荘あるいは生き生きふれあいホール、保健センター、それから診療所、豊悠プラザ、老人センターの永寿荘、それからいこいの家等がございますけれども、この中で、耐震でできておらないのは、老人福祉センターの永寿荘と、それからいこいの家ができてないということでございます。


 それ以外のものにつきましては、昭和56年度以降に建設をされておりますので、建築基準法には適合してるというふうに思っているところでございます。


 それから、社会福祉法人ののせの里あるいは祥雲館でございますけれども、のせの里については昭和56年に建設されておりますので、今年度耐震の診断を行うというふうに聞いてるところでございます。


 以上でございます。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 どんどん進めていただくように、お願いしたいと思います、前倒しで。


 次に、昨日8日は、教育大附属池田小学校の痛ましい事件があった日からちょうど8年。早いものですね。がたち、同校では、追悼式典、祈りと誓いの集いが開催されました。心からご冥福を祈るとともに、二度とこのような惨事が起こらないことを願いたいものでございます。


 さて、豊能町は平成21年度の事業計画では、吉川保育所のフェンスが改修されることになっております。これもありがたいことだと思います。ただ残念なのが、双葉保育所のフェンスはどのようになってるんや、いつしていだけるのかという、保護者の方からの意見もございます。今回、地域活性化・公共施設臨時交付金を利用して、前倒ししてこれができないものかをお聞かせ願いたいと思います。よろしくお願い申し上げます。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 双葉保育所のフェンスでございますけれども、これにつきましては、以前から要望をしていただいているところでございますけれども、今現在、幼保一元化をどうするかということで、今ちょっと検討をしてるということでございます。仮に保育所をそのまま使うということであれば、フェンスを当然していかなあきませんし、また、ところがそこで増築とか、幼稚園を持ってくるということになりますと、増築等をしなければならないということで、フェンス等を壊して重機を入れやないかんということで、大阪府の交付金をもらって、その次の年につぶすというわけにはまいりませんので、一応推移を見て、その先で大阪府の交付金を利用して、双葉保育所にも対応してまいりたいというふうに思っております。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 これ本当に、お子様持っておられる人は、いろいろな事情わかりますけども、我が子がいてる間はちょっとの間ですので、一日も早くしていただきたいというのが保護者の願いだと思いますので、この辺もしっかりととらえていただけますように、お願いを申し上げます。


 次に、大きな2番目の質問事項の教育問題についてにまいりたいと思います。


 小・中学校の環境についてなんですが、ゆとり教育が見直され、カリキュラムが増えたり、また今回、インフルエンザで1週間休校しておりますわね。この辺によって授業単位が、夏休みに補習事業など、また、受験対策の補習事業なんかもあるのかなと思いますが、その辺はどうでしょうか、教育長。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 小川教育長。


○教育長(小川照夫君)


 お答えいたします。


 今回の新型インフルエンザに伴う臨時休校でございますけれども、これは法律的には、学校保健安全法に基づいて設置者が判断したわけでありまして、全体としては1週間でございましたけれども、授業としては5日間休みをとったということでございます。先ほど町長の方のお話にもありましたように、大阪府の方が全府内、中学校、高校を休校ということにしましたけれども、本町においては兄弟関係が多数いるだろうという判断のもとに、幼稚園・小学校も休校措置をとったということでございます。


 これにつきましては、小・中につきましては、各教科ごとの年間の授業数というのがございまして、それを一定確保しなければならないということがございましたので、6月の校長会においてそのお話をいたしまして、先週でございますけれども、金曜日に決定をいたしました。通常ですと2学期の始業日が9月1日ということになっておりますけれども、それを早めまして、今年度に限っては8月27日木曜日に2学期を開始するということで進めております。


 なお、幼稚園については、まだ他市町の様子はわかりませんけれども、本町といたしましては小学校と同一の扱いをとりましたので、やはり、特に年間の授業数というのは幼稚園の場合はございません。年間39週を下回らないという、これが唯一の基準になっておりまして、それはクリアしておるんですけれども、今回合わせて幼稚園長にもご理解をいただいて、小学校・中学校と同様に27日の始業日ということに設定したところでございます。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 少し始業を早められるということなんですが、豊能町、大阪市に比べて3度ぐらい低いんですね。大変過ごしやすい、夏はありがたいな、豊能町に来てよかったなと実感してる1人なんですけども、ですけども、やはり夏は豊能町でも暑い。そこで、いろいろなことを考えますれば、やっぱりその勉強していく環境、この辺の対策も、しっかりこれからやっていかないといけないと思うんですけど、教育長、何かお考えございますでしょうか。その環境について。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 小川教育長。


○教育長(小川照夫君)


 私もここに3年住んでおりまして、特に東地区は、冬はちょっと寒いかなと。夏は非常に過ごしやすいという印象を持っております。


 ご覧のとおり、本町では東地区と西地区にそれぞれ学校・幼稚園等がございますので、多少差はあるのかなというふうに思っておりまして、特にこれからのことを考えたときに、やはり今回の学習指導要領の改訂によりまして全体の授業数も若干ふえていくということで、夏等の時間帯に少しでも学習環境をよくするということで、例えばクーラーなどがあればいいかなと、私なりには思っておるんですが、これは何分お金のかかることでございますけれども、今ちょっと考えておりますのは、耐震補強関係で、吉中が一応二次診断が終わりまして、これから実施設計というふうに入ってきます。そういう中でそういったことも一緒にできないものかどうかということで、今、大阪府を通しまして、本省に問い合わせをしております。そういったことが可能であれば、例えば受験を控えた3年生のための、そういう環境の整備なんかは、できたら考えていきたいなという思いは、私個人としては思っております。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 そうですね。夏はやっぱり、勉強される方の環境をバックアップする、これが必要だと思います。クーラーも、私大変その考えの一つかと思いますが、さらに進めて、大阪市の会社なんかもやっておるんですけども、屋上をグリーン化する、屋上庭園、庭園までもいかなくても屋上をグリーン化する。それとか、最近よく手短かにやられてるのは、壁面に、窓のところにヘチマとかゴーヤ、このつる性植物を利用したグリーンカーテンを施すとか。また、これは議長が言うてはったんですけど、校庭の芝生化。この辺も温度を下げるのには、大変自然環境にもエコにも優しいし、これがいいと思いますけど、これに地域活性化・公共投資臨時交付金というのを、これを絡め合わせてぜひやっていただきたいなと思いますけども、これは次の3番目のときにやりますが、その辺も考えていただきたい。教育長、そういう環境について考えないかんなということも、個人的にではありますが、思っていただいただけでも前進かなと思いますので、ぜひよろしくお願いします。


 次に、中学校給食、この問題については塩谷議員が今まで何回も取り上げています。特に、昨日も問題に上がってましたけど、中学校の給食実施率、大阪府というのは悪いんですね。都道府県別で最下位、ダントツの12.8%。全国平均85.6%を大きく下回っているのが状況なんですが、給食を望む声が、大阪市が調べたところでも8割以上の要望があるというとこでございます。これはもう皆さんご存じだと思いますけども。


 豊能町においても、ぜひ一つは、前回も申し上げましたけど、アンケートを実施していただきたい。独自にアンケートをとるというのは、これは大変やと思いますけど、町政運営方針の中にも載っております。「学校教育につきましては、幼稚園、小・中学校で、それぞれの実情等に応じた重点目標に取り組むオンリー・ワン・スクール事業を引き続き実施いたし」その次ですね、「また、すべての学校で、学校教育に対するアンケート調査や授業評価等を行い」ということで、ここでアンケートをとられるんですね。これはもう、とられるんですか。これは町長にお聞きしたらいいのか、教育長にお聞きしたらいいか。このアンケートの準備はどのようになっておるのかお聞きしたいんですが、どちらがお答えいただけますでしょうか。


 教育長、お願いします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 小川教育長。


○教育長(小川照夫君)


 今、アンケートということについてでございますけれども、私も今までの仕事の中で、いろいろなアンケート調査をやってまいりました。なかなかこれ、難しい問題があります。それは、とる側の方として、どういうねらいがあってアンケートをとるのかという問題、それから、アンケート自体が、記名でとるのか無記名でとるのかにも大きな結果が出てきています。


 この給食問題、確かに昨日もご質問いただきましたけれども、大変保護者にとっては大きな問題だという認識は持っております。これまでにも大阪府の発表によりますと、保護者を対象にしますと、約6割の方が望んでいる。しかし生徒を対象にすると、それは逆の結果が出ているという、そういう状況もあるんですね。ですからアンケートというのは、一つの参考材料にはなるかなと思っておるんですが、本町におきましては、この中学校の給食に関しては一定のお弁当というのが定着していると、私は思っておるんです。ですから、行政側でとるとなると、ある種、行政側が何かこれからの政策的な問題として意図的にとるのであれば効果はあると思うんですが、私としてはそういう考えは今のところないものですから、行政側としてアンケートをとるという意識は持っておりません。ただ、PTAとかあるいは保護者会、そういったところでとるというのであれば、それは別に拒むものではございませんし、日常的な学校の中でそういった声が上がってきているのかどうかというのを考えたときに、ちょっと今の段階で、行政側が率先してアンケートをとるということは考えておらないということでございます。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 私の方から山下議員の質問にお答えをさせていただきたいと思います。


 中学校の給食につきましては、2週間ほど前だったと思うんですけれども、橋下知事の方からも、我々首長会議がございまして、そのときに学校給食については、中学校の給食、非常に大阪府は少ないからというお話の要請がございました。しかし、教育長とお話をさせていただいて、先ほど教育長も申されましたとおりに、親が給食をとってほしいのか、子どもが給食をとってほしいのかということもあろうと思います。しかし、私、町長に就任させていただいて、まず小学校の生徒数が物すごい減ってきた。これは給食、中学校も一緒に踏まえてやってもいいんじゃないかなという考え方が、その当時芽生えまして考えたわけでございますけれども、中学生になりますと、やはりその運動量あるいはいろいろな形の中で食の違いといいますか、たくさんいただきたい方もおられましょうし、いや、きょうは僕は少なくていいんだという方もおられましょうし、いろいろな方がおられる、それを一定にして本当にいいものだろうかということを私考えまして、やはりこれは、少なくともそれほどの大きさになられますと自分でも考えられたらいいし、また親も、親の愛情として考えられたらいいなというふうに思いまして、今の教育長のおっしゃるとおり進んでいきたいなというふうに思ってます。


 ということは、私、今朝もそうなんですけど、私の家のことを言っておもしろい話になるんですけども、いつも私弁当持ってきてるんです。そしたら、孫が「おじいちゃん、弁当はきれいに食べておいでや」っていう話をするんです、「食べてくるよ」と。帰ったら必ず検査してくれます。きれいに食べてるなと。私とこも孫が幼稚園、きょうは弁当持ちなんです。やはり「おまえもきちっときれいに食べてこいよ」って、きょうお話をしましたとら、「うん、わかってる。おじいちゃんもよ」と、「いってらっしゃい」という、そういう言葉の中で本当に親の愛情がそこに、弁当に伝わってるんじゃないかなというような気持ちもございますし、その辺はもう一度、やはり知事はやれと、知事の方では言っておられますから、やらなくてはならないのかなというのもありますし、私は非常にうろたえてるといいますか、かなり難しい問題だなと、塩谷議員、私が議員してた当時からずっと言い続けておられますけれども、その辺は山下議員ももう一度、十分に研究していただいて、また次の機会にそういうお話をしていただければ、また質問していただければありがたいなというふうに思います。今のところは教育長と同じように、豊能町におきましては給食をする、私も考えはございませんので、よろしくお願いしたいと、このように思います。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 私の質問の仕方が悪かったのかわかりませんけれども、ここに述べられているアンケート教育をどのように準備されてるんですかということをお聞きしたんですよ。


 先に答えてもうた。その次に、それに相乗りしてできませんかと言うんやけど、先にそっち側のだけ言われたら、私も質問のしようが難しいので。この辺でアンケート調査。


 そしてこのアンケート調査、むだやととらえてるんですけども、保護者の意見であっても、保護者の意見としてアンケート出たら、それはそれで価値があると思うんです。それをとらんと、価値がないというのは、私理解できない。


 この二つ、どちらでも結構ですけど、お答え願います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 誤解して申しわけございませんでした。


 山下議員の質問にお答えしたいと思います。


 おっしゃるとおりです。アンケートはとらせていただきます。当然、その枠の中で今後どう対応をしていくかということについて議論の場を広げていきたいと、このように思いますので、よろしくお願いします。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 この問題は大分行き違いがございますのでこの辺に、時間の加減がございますので、また考えていただきたいと思いますけども。


 もう、しないというのがわかりましたので。アンケートはとりはるんです。ただ給食ではとられないという。


 それで、このアンケートも、親の意見が把握できたらこれでええと思うんですわ。それも一つの参考資料になる。決定はあくまで、やはり自治体と教育委員会にあると思うんですけども。給食も、町長が、小学校の給食設備を利用する方法を言われた。私、実はそれを今回提案しようと。それで先に進んだんですけども、本当に豊能町の小学生も中学生も、卒業式に参加するたびに、えらいさみしいなというのが。施設は小さくなっておりませんね。逆に施設が大きくなってるというぐあいになりますね。この施設を利用して、本当に考えて、前向きに、この設備で給食なり弁当を調理して、必要な、あくまで私も先ほど申されるように愛情とか、外野からも、自分の子どもは自分で、愛情で弁当つくったらええねやとか、いろいろ聞こえておりますけども、基本はそうだと思います。この基本は変えるつもりはございませんけれども、必要な人、さまざまな環境で必要な方もおられます。これにその給食の設備を利用して、これも一つ考えていただきたい。町長も考えておられたということですので、この辺ぜひテーブルに載せて考えて、この設備を。この設備のキャパは十分あると思うんです。その辺しっかりとやっていただきたい。この辺は、町長、どうでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 山下議員のおっしゃるとおりに、私も大半、90%以上の方と思うんですけれども、そういう方については必要がない。がしかし、二、三の方についてはお弁当について非常に苦労しておられるという方がおられるということは、教育長からも聞いております。この方についてどうしていくべきかということは、今後、大きな課題ではないかなというふうに思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 ありがとうございます。


 次に、一つ今回提案したいのは、幼保一元化の方は検討委員会もできておりまして進んでおるんですけど、私決して、箕面森町のまねかもわかりませんけども、小・中学生がピーク時に比べて本当に半減している。そこで、豊能町は今度、小学生・中学生、これの一貫校もぜひ検討すべきじゃないかと思うんですけど。検討委員会の中でもこれを、小学校の適正化ということを、検討委員会ございますよね、今回。その中でも小・中一貫、これもテーブルに載せていただきたいなと思うんですが、この辺、教育長いかがでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 小川教育長。


○教育長(小川照夫君)


 お答えいたします。


 小・中一貫校のお話でございますけれども、我々も教育委員会議においても、いろいろと研究をしております。


 大きな問題として、私は、例えば今言われました止々呂美の森学園、これは施設一体型による一貫校であります。ここも先日視察をいたしました。それから昨年は、京都の方でも大分進んでいるということで視察をいたしました。ただ、京都の方は、これは施設一体型ではございませんで、小・中とも別々の施設であります。


 そのときにも、京都の方にもお尋ねをしましたけれども、果たして成果はどうですかという質問に対して、「いや実はまだ、スタートしたばかりでよくわかりません」そういうお答えでございまして、全国的にもまだ、この小・中一貫校の教育的な効果というのはどこまであるのかというのは、はっきり言ってまだわからない状況であります。ただ、現在豊能町として取り組んでおりますのは、例えば東地区ですと、東能勢小学校と中学校の間に、中学校の教員が小学校に出かけて授業をする。例えば社会・英語・体育については、そういったことをやっております。行く行く考えますと、児童・生徒数の減少ということを考えると、学年によっては1学級のままずっと、東地区の場合、9年間一緒に行くと。西の方は小学校が三つありますから、中学校でまた一体になるという、そういう変化はあるんですが、特に東地区の方の場合はそれがないということで。


 問題は教育内容でありまして、一般的にやられてるのは、9年を三つに分けて、4・3・2というスタイルが非常に多いということで、そういった研究中でございまして、先生方にもそういった実践を通して今後に向けて行っております。


 それから、本年度設置いたしました適正規模・適正配置のあり方の中でも、そういう話が出てくれば当然ご提言いただけるものと思っておりますので、それらも参考にしていきたいというふうに考えております。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 学校教育の一つには、やはり集団活動、これも教育の一環だと思うんです。重要なファクターだと思いますので、この辺もしっかり検討していただきたい。


 ご丁寧な答弁をいただきますので、時間が大分少なくなってきましたので、この辺で、次一つ、一回飛ばしまして、最後の女性のがん対策、これに行きたいと思います。その後はまた戻りますけども。


 先日、テレビ番組「余命1ヶ月の花嫁」が大反響につき、リピート放映がされておりました。余命1カ月と宣告された女性が、限られた少ない人生を精いっぱい、花嫁として愛情をはぐくむ物語でございました。


 がんは、我が国において、昭和56年から死亡原因の第1位であり、その死亡数は年間30万人を超える状況でございます。


 がん対策は、早期発見・早期治療が大変有効であります。このたび09年度補正予算に子宮頸がんの無料検診が盛り込まれました。女性にとりましては、命を守る上で非常に大きな意義がございます。そこで、我が町の取り組みについて、どのように進めているのか、お伺い申し上げます。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 子宮がん等の検診でございますけれども、5月の末に国会を通りまして、我々の方にはまだイメージというような形で、国の方から通知が来たという状況でございます。


 今後につきましては、今の予定では、実施するということであれば9月に補正をさせていただいてやっていきたいというふうに思っております。


 ただ、国の方から示されております、子宮がんの方でしたら20歳、25歳、30歳、35歳、40歳。それから乳がんですと40歳、45歳、50歳、55歳、60歳ということで、5年きざみで勧奨をしてやってくれというふうに聞いております。これでいきますと、子宮がんですと、この年齢におられる方が行きますと652名おられます。乳がんでは990名の方がおられます。保健センターでは、1年間の検診スケジュールをきちっと組んでおりますので、これを新たに入れていくというのには、非常に至難のわざではないかなと。医師会とも調整しなければなりませんし、業者とも交渉しなければならないというような形になっておりますし、国の方ではその受診率の50%を目指す予算というふうに聞いておりますので、これ、繰り越しができるのかどうかというのも、まだ疑問なところもございますので、今現在は、今年のがん検診につきましては、1回当たり50人の枠を、もうすべて大方申し込んでいただいてるというような状況でございますので、今後どういうふうにしていくかというのは、これから国の方の細かい指示等を待って、今後対応していきたいと思っております。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 先ほど部長の方は子宮がんと申されましたけども、これは正しくは子宮頸がん、これはウイルスによるものと言われております。ここは全然違うとこですので、今回盛り込まれてあるとこは子宮頸がんでございますので、この辺ご指摘させていただきます。


 対象年齢等、この辺は把握されておるということは、大変、一つには安心をしておりますけれども、先ほどの定額給付金でも話題になった。話題になったのは、一番最初に給付された自治体が話題になったんですね。こういうときにとらまえて、町長は町のトップセールスマンやと思います。ぜひこの問題、全国の一番最初に、準備を今から進めていただいて、ご無理なことも大変、キャパであると思いますが、その辺準備を今からやっていただきたい。そうしたら、豊能町はこのように進んで、一番ですよと言ったらテレビが来ますやん。ほんだら豊能町のPR。そこで町長が言われたように、住みたい町ナンバーワンのPRにもなると思う。こういうことをとらまえて、やはりこれを前向きにやっていただきたい。町長、いかがでございましょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 お答えいたします。


 今の、病名すらわからない私でございまして、おっしゃるとおりに努力していきたいと思いますので、よろしくお願いします。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 ありがとうございます。


 前向きなお答えをいただきまして安心しております。ぜひナンバーワンになりたいなと思っておりますので、よろしくお願いします。


 次に、前に戻りまして、今回、景気回復やら国内の需要の喚起、その辺を目指して、国の方では地域活性化・公共投資臨時交付金施策が出されておりますが、一つ確認です。


 まず最初にさせていただきたいのは、これの枠は、豊能町は、昨日も出たかもわかりませんが、私ちょっと聞き漏らしましたので、お答えいただけますでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 室木総務部長。


○総務部長(室木伸治君)


 お答えいたします。


 地域活性化・経済対策臨時交付金につきましては、豊能町の枠は交付限度額1億800万円であります。地域活性化・公共投資臨時交付金につきましては、まだ未定でございます。


 以上でございます。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 公共投資臨時交付金については未定という。私が府にお聞きしたところによりますと、これは枠じゃなくして、府は各自治体が出てきたものをまとめ上げる、それを国に出すんやと。これはきちっと計画して、各自治体が出されたとこの方が有利だと思うんですよね。


 そこで、いろいろ羅列しておりますけども、先ほど教育の中でも申し上げましたが、小・中学校のエコグリーン、環境施設整える。やっぱり屋上に庭園するとか、ツタを絡ませるとか、いろいろありますけど、校庭を芝生化するとか。この辺もしっかり組んでいただいて出していただきたいと思います。


 これは一つ要望でございますけど、そのほか、このほど段差レス歩道が、一つやらられるところがございますが、これも歩道の基本は、これから高齢者も、私もその部類に入ってくると思いますけど、あと何年か知りませんけど、シニアカーが増えてくると思うんです。まずます高齢化してきて。あれが通りやすいように、どんどんこれを基本に、段差レス、フラットな歩道を基本にしていただけるものなのか、この辺、建設水道部長、いかがでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 地域活性化・公共投資臨時交付金の内容につきましては、先ほど総務部長から答弁しましたとおり、まだまだ中身については全くわからないところでございます。


 ところで、段差レス歩道につきましては、車道と歩道の高さの差をなくすということで、既存の住宅街におきましては、もしそれをする場合ですと、道路をかさ上げするか歩道を切り下げるか、どちらかの手法しかないという考えでおります。そうしますと、仮に、工事費的に歩道の切り下げの方が安価であろうと考えられるわけですけども、歩道を切り下げますと、今度、住宅の入り口とかガレージとの段差が発生するということが考えられますことから、既存の歩道をフラット化するという考えは、なかなか難しいものがあろうというふうに考えておるところです。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 道路の構造上、必ず歩道からなってるというとこはないと思うんですわ。やはりあっても半分ぐらいだと思うんですけど。


 まず、全部一遍にしろと言うてるのではなくして、今回歩道というのは基本をこの段差レスにしてはどうかというのが、私の提案の趣旨でございまして、これにもこの活性化対策に盛り込んでいただきたいと言うんですけども、この辺、基本を変えるということに対して、いかがでしょうか。


 実際に、個々の工事においては、いろいろ問題が起こってくるのはあると思います。特に、通学路を優先順位の最先端にして、これも取り組んでいただきたいなと思うのが、私、考えておるところなんですが、この辺で基本を変えるというのはどうでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 基本的には、現在の歩道を切り下げるというのは非常に難しいというふうに考えておるところです。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 これは次に回しまして、いろいろ調べてまいりたいと思います。


 そのほか、羅列になるかもわかりませんけども、最近私も、高山の方を車で回ることが週に1回ぐらいあるんですけど、それに出くわすのが、サイクリングの人が、増えたなというのがあるんですけども、豊能町はいろいろ、こう言うたら怒られるかもわかりませんけども、何もないのが豊能町の売り違うかな。ガソリンスタンドもない、パチンコ屋もない、そういうのが私、一つは、これが武器になるん違うかなと考えております。それで、交通量も少ない。これでサイクリングされる方、この間見たら、大阪ユニバーシティと書いてる方がおられまして、サイクリング部の人でございました。


 そこで、何が言いたいのかと言いますと、戸知山の道路から、あの辺は道路をちょっと整備して、それで高山の地区に行けるようにして、巡回できるサイクルロードをつくったら、一つには余り環境を、ロードサイクルですから、これは環境に悪いことではないですね。


 CO2も出しませんので。物すごい廃棄ガスも出しませんのでいいん違うかなと。北の方ではそういう施設が少ないんですよね。それでまた、夏休みなんか、合宿するのに高山コミュニティセンター2階を泊めれるように、宿泊設備にすれば、まだそこも活性化してくるん違うかなと思うんですけど。


 先日オープンのときにみそ汁いただいたんですけど、あれ、大変おいしかったです。母ちゃんみその味だったと思うんですけども、その辺もまた活性化をしていくん違うかなと思うんですけど、その辺も。これは要望にしておきたいと思いますので、また考えていただきたいなと思います。


 そのほか、毎回大雨が降ったら起こってるそうなんですけども、光風台小学校の、郵便局前の、あそこ坂になっておりまして、雨が降るとあの辺が水浸しになるということを、あれも幾度となくなってるらしいですけど、常態化してるらしいですけど、あれをこの際に、大きな配水管をつけて、そのようにならないようできないものか。この辺、どうでしょうか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 下林教育次長。


 光風台小学校の法面から流れる水が、今は一応U字溝を設置しておるんですけども、以前は小学校のグラウンドの水が一斉にあそこへ流れるというようなことがございまして、泥水がざっと流れるというようなことがございまして、それで一応、平成19年度に、法面に側溝を設けまして、泥水が流れないというようなことの工事はさせていただきました。ただ、おっしゃるとおり、昨年度も2回ほど、今よく言われるゲリラ豪雨というんですかね。あのものについても、一気に流れてしまって、あそこであふれるというようなことが起こったのは事実です。ただ、教育委員会といたしましては、よく見に行きますと、やっぱりあそこの会所の中に、以前でしたら、余り草生えたりとか、雑草が生えたりしなかったんですけども、雑木が生えることによって落ち葉等があそこへ詰まってしまうというようなことがあって、それが影響して、そういう雨に対してもよう吸収せんとあふれ出るというようなことがありましたので、もう少し管理上、そういうところの管理を定期的にやっていきたいなと思います。その上で、もしそういう雨に対してやはりあふれるというようなことになれば、やっぱり根本的にその会所の部分をいじらなければならないのではないかなと、今、私どもの方では、そう考えておるところでございます。


 よろしくお願いします。


○議長(西岡義克君)


 山下忠志議員。


○4番(山下忠志君)


 残された時間が、刻々と迫ってまいりますけども、時間との勝負でございますが、いろいろとありますけど、今回まだ未定のことでございますので、答弁が難しいと思いますけども、今からいろいろなテーブル・メニューを用意して、これに先もって身構えておくという準備が、私、大切だと思います。


 そして、優先順位をつけていただいて、ここまで行けるなと言う優先順位を、その中でメニューの中でつけていただく。それのキーワードは、これも教育・子育て・これをキーワードに押すべきやないかと思っております。この辺をしっかりつけて、メニューを今から立てていただいて、準備していただきたいなと思っております。


 私からいろいろ照会させていただきますと、昨年、タバコが原因で亡くなられた方がおられますね。この辺で新築には、家庭の火災報知器の設置義務がもう今発生しておりますけども、既存についても、近々やってきます。この辺を家庭用の火災報知器のように補助をするとか、そしてまた家庭用の太陽光発電、これも補助するとか、そのようなエコに寄与する。


 先ほど学校の耐震化も進め、グリーン化も進め、このへんをしっかりと今から準備して、それが打ち出されるとともにさっと出せるようにやっていただきたいと思いますので。これは要望でございますが、1分前でございますが、この辺で終わりたいと思います。


 たくさんの、外野の方からお言葉をいただいたということは、ちゃんと聞いていただけたのかなと思って安心しております。


 どうもありがとうございました。


○議長(西岡義克君)


 関連ございますか。


           (「なし」の声あり)


○議長(西岡義克君)


 以上で、町政会代表・山下忠志議員の一般質問を終わります。


 この際、暫時休憩いたします。


 再開は、午後1時といたします。


          (午後0時00分 休憩)


          (午後1時01分 再開)


○議長(西岡義克君)


 休憩前に引き続き会議を開きます。


 次に、豊政クラブ代表・竹谷勝議員を指名いたします。


 持ち時間は、質問及び答弁を合わせて90分といたします。


 それでは、竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 豊政クラブの竹谷勝です。会派を代表いたしまして、一般質問を行います。


 私は、池田町長が就任されて、初めての一般質問の機会をいただきました。就任時の所信表明や、あるいは3月議会での施政方針演説そして身近な問題等々について、一般質問をさせていただきます。


 最後の登壇ということで、できるだけ重複を避けるということを考えて通告をさせていただきましたが、中には数点重複をしております。その辺はよろしく対応をお願いしたいと思います。


 なお、質問に対しましては、住民にわかりやすくご答弁をお願いいたします。


 まず、町政運営方針とまちづくりにつきまして、池田町長は所信表明の中で、ことしのキーワードは「チェンジ・変わる」であると思いますと、アメリカ大統領選挙においても、オバマ大統領が「チェンジ」をスローガンにしているように、「チェンジ・変わる」が世の中の主になると思われます。「私はこの豊能町が、町長の交代によって変わらなければ、変えなければ、あすの豊能町はないとの姿勢を強く打ち出されてまいりました。この「チェンジ・変わる」を、強く職員や住民に訴え、町長の交代を、職員や住民の意識改革につなげるチャンスにすべきだと考え、その使命感を充分に感じとっております。」と、述べられております。


 そこで、池田町長にお聞きをしたいんですけども、変えるということは、何を問題ととらえ、またどのように変えようとされ、またこの8カ月間どのように変わってきたのかをお聞かせ願いたいと思います。


 もう1点、住民には何を求められておるのか、その点についてもご答弁をお願いいたします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 竹谷議員の質問にお答えをさせていただきたいと思います。


 まず、竹谷議員の方から、「チェンジ・変わる」と、変えていかなくてはならない。これを今どのように変えていってるのかというご質問だったと思いますけれども、まず、先日も申し上げましたとおりに、かなり大きく私は変えていってる。ただし、一番大きな問題は意識改革である。これは職員のみならず、住民の皆さんも意識改革をしていただきたいというものを、まず「変わる」という一つのテーマとして掲げております。今現在では、職員の皆さんに変わっていただく。過去は捨てて、これから先どうあるべきか、行政をどうしていくかということについて変わっていただく。これを一つ大きなテーマとして掲げております。


 それから、もう一つの質問でございますけれども、住民の皆さんには、まず行政と住民が信頼し合って協働していく、これが第四次総合計画の中にも、私うたっておりますけれども、これが一番大事な問題ではないか。今、財政が非常に厳しい折でございますので、行政と住民が協働していく、それぞれの形の中でお互いに理解し合い、そして話し合い変わっていくということを重点的にやっていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 ご答弁ありがとうございます。


 なかなか、変えていくというのは難しいことだと思うんですけども、やはりリーダーたるものは、私はやっぱり長期的なビジョンと理念をしっかり持って、日々取り組んでいくということは、意識改革あるいは町の未来につながっていくと思いますので、ぜひ期待をしておりますので、頑張っていただきたいなと思います。


 次に、町長は所信表明の最後に、「豊能町は大阪市内から1時間以内のエリアであり、箕面トンネルの開通によって、車でのアクセスも便利になりました。都会に近くて豊かな自然や農村風景が広がっていることが、我が町豊能町の大きな魅力です。この空間を最大限に生かして、人が集まり人がふえる、そのような施策の必要性をじっくり考え行動してまいります。」と示されております。


 そこで、池田町長が目指す豊能町のまちづくりとは、どのような町を目指しておられるのか、お聞かせ願います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 今、竹谷議員の方から、どのような町を目指していくのかというお話でございましたけれども、この自然を生かしたまちづくり、皆さんそれぞれ、人口が減ってくる、何がどうするというお話がございますけれども、私はそういうことでなしに、この町は自然を生かしたまちづくり、これを重点的にやっていきたい、このように思っておりますので、よろしくお願いしたと、このように思います。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 我が町、自然がいっぱいということで、所信表明のとおり、私もやはり自然を生かしたまちづくりというのは基本だと思っております。


 そこで、今の豊能町の現状を見てみますと、先ほどの質問でもありましたように、例えばガソリンスタンドもない、ちょっと宿泊をしたいと思うような宿泊施設もありません。また、家族での団らん、ファミリーレストランなんかも余り数がありません。あるいは、これといった娯楽施設も見当たらないと思っております。なぜそのような施設ができないのか。考えてみますと、いろいろな理由が、経済的な理由、いろいろあると思うんですけども、一つはやはり、この豊能町に対する見方、言いかえれば魅力が少しないように、町外の方々あるいはいろいろな方々から見られてるんじゃないかなと、私はそのように判断をしております。


 そこで、先ほどおっしゃいましたように、自然を生かしたまちづくり、まさに私もそのとおりなんですけども、そういう観点で見ますと、豊能町には観光資源として生かせる、昨日もありましたけども、ハイキングコースあるいは石仏・史跡マップ等、観光協会を中心に頑張ってもらっていただいてます。例えば、ハイキングコースでは5コースぐらい設定をされてますね。石仏・史跡マップなんかも4コースぐらい、妙見山を中心に設定をされております。ところが、そういった本来あります資源が、十分に活用されてない、生かされてない、町のまちづくりに生かされてないという面を、私は感じております。


 そこで1点、提案というほどでもないですけども、やはりこういう固有の資源を活用していくのが、経費の問題、いろいろな問題で、私は一番ベターじゃないかと。そこで、このハイキングコースあるいは史跡・石仏なんかをドッキングをさせて、今回吉川プールの跡地も整備されることになっております。高山にも、ああいう立派な施設、お金をかけてまちづくりを進められております。この両方の、高山コミュニティセンターと吉川プールの跡地を起点にして、既設のそういう観光資源を1本の線で結ぶような形で活性化をしていったらどうかなと。両方の起点の、高山のコミュニティセンターあるいは吉川プールの跡地、ここも一部を住民に開放いたしまして、物産展をやっていただくなり人が集まるようなことを考えていただけるように、町としてもリーダーシップをとっていかれたらどうかなと。こういうことをすることは、さしたるお金も要らないと思います。知恵は要ります。アイデアは要ります。そういうことを、私は提案をさせていただきたいと思います。


 それともう1点は、こういった既設のことがありますけども、毎回生かされてないということは、PRがやっぱり不十分である。特に、豊能町はそういう面が余り得意ではないような感じがします。だから、いろいろな媒体を活用してPRをしていくことが、私は豊能町のまちづくりにつながっていくんじゃないか、そういう観点で私は提案をさせていただきますけども、池田町長のご意見を伺いたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 お答えをさせていただきます。


 竹谷議員のおっしゃるとおりだと思います。しかし、行政が主導すると。先ほど私が、お願いなんですけれども、申し上げたことは、住民と行政が協働して物事を行うということ、私これが一番大切なことだと思ってます。行政といたしまして、できるだけ努力はしていきたいと思いますけれども、遊歩道一つとりましても、皆さんで、そうしたら町おこしのために、何とかボランティアで掃除しようかとか、行政、こういう形をもってやりたいんだけれども、でもどうしたらいいんだとか、いろいろな形の中で話し合いをして、前に進んでいただけるようなまちづくりをしていきたいと、このように思っておりますので、提案は十分にお受けとめをさせていただいておきたいというふうに思います。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 提案内容については、前向きに検討をしていただきたいなと思います。


 それでは次に、人口減少についてお聞きをいたします。


 近年、人口がどんどん減ってきまして、つい直近の町報によりますと、現在の豊能町の人口は2万3,686人と記載をされておりました。ピーク時に比べますと、約4,000名近く減少してるんじゃないかと思います。月別に見ましても非常に減少が、どんどん減少して、毎月それこそ40人、50人、多いときには60人。ちなみに池田町長が就任された以降も、こういう傾向はとまってないんですね。なかなか、僕は難しい問題やと思うんですよ。いずれ歯止めがかかるような施策もとっていただきたいんですけれども、今現在、池田町長は、この辺をどういうふうに解析というんですか、人口減少の原因、あるいはその原因に対してどのように対策を打っていこうとされておるのか、もしありましたら、ご答弁願いたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 お答えをさせていただきたいと思います。


 人口の減少問題ですけれども、これは竹谷議員といつも議論をしておりますけれども、私が就任させていただいてからも、本当に物すごく減少しております。皆さんそれぞれ、お亡くなりになられる高齢者の方がたくさんおられまして、きのうも少子化の話あるいは高齢化の話、いろいろございましたけれども、私、正直なところ、手の打ちようが今の現状ではないんです。本当にどうしたらいいのかなというのを、真剣に取り組んでいるんですけれども、問題点として、ちょうどピーク時にきてると思うんですよ。皆学校を卒業されて社会に行かれた。そして、お父ちゃん、お母ちゃんが高齢化して今家に残っておられる。私が一番簡単に皆さんに申し上げるんですけども、ここで申し上げていいか、悪いか、わかりませんけれども、家族制度だったらすぐ倍になるんですけれども、今は核家族制度で、皆さんそれぞれお住まいになっておられる、その辺に大きな問題点が1点あるんじゃないか。


 それと、空き家、出て行かれて、そしてそのお家が草がぼうぼう生えている。この草をどうするのかというお話も、たくさん行政の方には来ております。これは固有財産ですので、それについても持ち主の方にお願いをして、掃除をしていただいているというような現状でございまして、これを行政が借りて安くでお貸しすれば、若い方々が来ていただけるのか、いろいろな形の中で、今、模索してるというのが真実でございますので、どうかその点、何かいい提案がございましたら、よろしくお願いしたいと、このように思います。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 また後ほど、少子化のところで、また私の考えの一端も述べさせていただきたいと思います。


 いみじくも、池田町長議員時代に、私もよく記憶してるんですけども、なぜ人口が減少するんや、なぜなんだということで、かなり厳しく問い詰められてた記憶は、私はまだあるんですけど、やはりなかなか難しいというのは私もわかります。ただ、だからと言うて手をつけないでいってると、これはまだまだ止まりません。僕もいろいろ耳にするんです。竹谷さん、家が売れるんやったら、私いつでも出たいよという方も結構いらっしゃるんですよ。やっぱり表面に出てない、そういう潜在的にという方もおられるのも事実なんです。これはもう、待ったなしの施策ですわ。これをそんな悠長なことを言うてると、私はとんでもないことになってくると思いますので、早急に対応をしていただきたいと思っております。


 次に、巡回バスの充実について、お聞きをいたします。


 現在、町内には、年間5,472万円の経費をかけて、3ルートを運行しております。住民からはいろいろな要望、改善事項も、私も聞いております。やっぱり行政というのは、一日一日進歩が大事やと。こういう計画に対しても、進歩していくことが私は求められてると思います。そういう観点から、巡回バスのさらなる充実ということで、3点ほど申し上げさせていただきます。順番にいきますので、まとめて答弁をお願いしたいと思います。


 1点目は、私の地元、新光風台を例にとります。


 西地区巡回バスが、行くときは周回をぐるっと1周回って光風台の方へ行く。ところが、戻ってくるときは、シートスどまり。光風台のところから真っすぐ上がってシートスどまり。これが現状なんですね。これはやっぱりダイヤの関係で、僕は設定のときはやむを得なかったと思います。ところが、やっぱり利用者から見たら、そういうことは考えてくれないんです。何や竹谷さん、行くときは連れっていってくれるけども帰りはどうなんねん。これが現実なんですよね。こういう、ちょっとニアミスのところがまず1点。私はそれをぐるっと回してほしい。これは、東ときわ台のルートについても同じなんです。


 2点目、箕面森町が開通をしまして、バスがあっちを通るようになった。これは一歩前進なんですね。前進したけども、後退してる面もあるんですね。それは何かと言えば、やはり従来の妙見越えて、妙見口あるいは牧方面へ行かれる方もあるんですね。そういう人たちの足は、今、奪われてしまっている、ルートが確保されてない、こういう現実もあるわけです。これもぜひ、少数意見かもわかりませんけども、考えていっていただきたい。


 もう1点は、先月の町報でしたか、高山の事業の関係は1面で、トップページで載っておりました。あれだけの経費をかけてああいう事業を進めていく。一方を見ますと、住民の足がないんです。私は、こういうことでは、行政としては大きなマイナスやと思うんです。やっぱりその辺はきちっとビジョンの中で出していくというようなことが、私は必要やと思うんですけども、事細かく言っていると時間がありませんので、総論的な考えでバスの改善を、今すぐはできないと思うんです。しかるべきダイヤ改正あるいはルート改定のときに、ぜひこの辺を盛り込んでいただきたい。そのためには今から計画を立案してやっていただきたいと要望するんですけども、行政の考え方をお聞かせ願いたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 お答えします。


 町巡回バスの運行に関するご要望が大きく3点ということでございますが、議員もご存知のように、巡回バスは平成8年の5月に運行以来13年が経過し、その間東西の4往復から順次充実させてまいりまして、先ほどおっしゃるように、東地区巡回、東西巡回、それから西地区と、3ルートで運行しておるところでございます。しかしながら、バスも登録年度が平成6年とか8年とか、バスがいよいよ耐用年数が近づきつつあり、バス2台の買い替えが喫緊の課題に上がるであろうというふうに考えております。さらに、今後このバスの運行を継続するのかどうかというのは、本町の財政状況と大きくリンクするのではないかというふうに理解しておりますので、先ほどおっしゃいました、まず新光風台・東ときわ台ルートの1周路線への充実並びに森町を通ることになったことから、妙見関係、牧方面への充実、それからコミュニティセンターへの足の確保等々につきましては、いわゆる巡回バスのさらなる充実という方向へ進むという考え方は、なかなか厳しいものがあるというふうに認識しておるところでございます。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 部長の答弁では、あまり前向きな答弁はいただけなかったですけど、今すぐということではありませんので、できるだけ、こういう要望があるということを真摯に受けとめていただいて、改善をしていただきたいと思います。年間5,000万円余りの経費をかけてるということですから、すごい、これは住民の血税なんですよね。やっぱりインプットすればアウトプット、最大のアウトプットを出すというのが当然のことなので、皆さんの知恵を絞って、できるだけやっていただきたい。


 ちなみに最近は、全国いろいろなところで路線バスが撤退ということで、デマンドバスというのが運行されてますよね。これは利用者の要求によって運行させるシステム。こういうのも盛んに行われております。NPOに委託をするとか、またこういう運行のシステムというのも、ああいう大手の電子メーカーとか、いろいろなところで開発をされてますね。運転手が常時情報をとりながら必要なところへ行くという。ドア・ツー・ドアで、あるところは非常に住民から喜ばれております。こういったことも参考に、便利でより安く経費をかけて住民の足を確保していくという観点から考えていただきたいと思います。


 できたら町長の方からお考えをお聞かせ願いたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 お答えをさせていただきます。


 おっしゃるとおり、非常に高額な金額で、今、運行しております。私もそのように思っております。この点につきましては、今後さらなる検討を重ねてやっていきたいと思いますので、よろしくお願いしたい、このように思います。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 前向きな答弁、ありがとうございます。


 それでは、次に移らせていただきます。


 町道の改修について、お聞きをいたします。


 新光風台からS字カーブを下って、一庫ダムの道路、ダム湖の道路というんですか、T字のとこです。あそこのT字のとこの手前が、極端に広いところから極端に狭いところへ道路幅がいって、また広くなってる。非常にいびつな感じのする道路になってるんですけども、そこで何度か私も経験したんですけども、車同士がヒヤリハットをするというような危険な状態になっております。また、そういった声もよく聞いておりますので、今いろいろな国の補助もあると思うんですけども、早急に対応していく必要があると私は考えております。その辺について、お聞かせを願いたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 新光風台下S字カーブ下の一庫ダム湖の近くの合流点手前の狭隘部分の改修でございますが、今年度に測量実施設計を行い、来年度に工事を実施する予定で、今、測量実施設計の準備に入っておるところでございます。


 以上でございます。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 答弁によりますと、今年度測量実施、来年度事業ということで理解させてもらってよろしいですね。


 こういった類似の町道というのは、私は町内に幾つもあるんじゃないかと思うんですけども、優先順位をつけて、できるだけ住民の要望にこたえていっていただきたいと思います。


 次に、街路樹の剪定について、お聞きいたします。


 各地域のメーン道路の街路樹について、住民の方から素朴なご意見が寄せられております。私、十分答えられませんので申し上げるんですけれども、毎年定期的に選定をしていただいております。本当にありがたいことですということなんですけども、ただ、その剪定にばらつきがある、その年によって。感じてますと。その辺の剪定はどういう基準で、あるいは業者の方にどういうような指示をなされてるのか、そういうことをちょっと知りたいというようなご意見も伺っております。素朴な住民の質問ですので、わかりやすく答弁をお願いしたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 街路樹の剪定の件につきましては、例年いろいろとご意見をいただいているところでございます。豊能町の住宅街を業者に入札で発注しておるところでございますが、そのような、毎年ばらつきがあるなり、剪定方法が違うということから、昨年の12月に、豊能町街路樹維持管理基準というのを定めまして、それに基づいて管理を行うと。維持管理基準の中には、公園・緑地・街路樹等維持管理マニュアルというのもつくりまして、それを細かく基準を定めております。さらに、参考図書としましては、大阪府土木部、今現在では土木部は名称変わっておりますが、道路緑化基準という基準をもちまして、街路樹の維持管理を行っていくということから、今年度以降については、この維持管理基準及び維持管理マニュアルに従った剪定が行われていくというふうに考えておるところでございます。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 きちっとマニュアル化して取り組んでいただくということで、安心しました。皆さん非常に、こういう身近なところで感じられることなので、やっていただくことに関しては非常に皆さん喜ばれておりますので、それが誤解を招くことのないように、今後ともそういう形できちっと対応していっていただきたいなと思います。よろしくお願いしたいと思います。


 次に、同じ項目ですけども、安心・安全について、携帯電話の基地局建設計画について、ご質問をさせていただきます。


 この内容につきましては、当初私が通告をさせていただいたときとは、若干状況が変わっております。そういったところから質問をさせていただきます。


 発端は、地域住民の方々もよく知らない間に、実はこれ光風台4丁目なんですけれども、携帯電話基地局の建設計画をされておりました。間もなく建つんだという段階にあったみたいです。この計画を察知された住民の皆さんが、携帯電話局と携帯電話の送受信で発生する電磁波というのに非常に影響されるのではないかということを、大変心配をされました。ところが、住民の皆さんのご努力で、この計画は白紙撤回をされたと聞いております。ただ、地域住民も非常に安心をされてるんですけども、私もこのお話をお聞きして、いろいろ学ばせていただきました。今後、豊能町内において、こういった同様の問題が起こることも懸念をされます。そのためにも、大きな問題にならない、させたくないと、そういった観点から質問をさせていただきます。


 まず、携帯電話の基地局とはどんなものか。皆さん当然知っておられると思うんですけども、これは高さ15メートルぐらいの鉄塔で、サービスエリア内の携帯電話と送受信をする装置というんですか、ものでございます。一つの携帯電話基地局のサービスエリアは、半径およそ数百メートルから数千メートルの範囲で通信が可能になるらしいです。


 例えば、私が携帯電話を使用しますと、近くのそういった基地と電波で受信をします、送信をします。携帯電話は一つの基地局から、サービスエリアから、隣の携帯電話基地局のサービスエリアに、私が移動しますと自動的に移動先の携帯電話基地局と通信することが可能になって、よって、車で例えば移動していても、携帯電話の通話が途中で切れるということも起こらないようになっておると。このように、携帯電話がどこの場所におっても通信ができるようにするのが基地局。これは、全国各地にたくさんあるそうでございます。


 それで、なぜ住民の皆さんが、ここが問題なんですね、心配をされるのか。携帯電話と携帯電話基地局で送受信される電磁波に、何か健康被害の危険が存在するというような、そういう先生が研究結果も発表されておる。こういったことをとらえてだと思うんですけれども、全国いろいろな自治体においては、国より厳しい電磁波の基準を設定するなどの動きもあります。こういった基地局が、地域の、我々の身近に建設をされてしまうと、周辺の住民の皆さんは、今から将来にわたり、1日24時間、常時そういう不安を感じながらの生活を強いられてしまうことになってしまいます。これが背景と、携帯電話基地局との、私の知る説明をさせていただいたんですけども、そこで、こういった携帯電話基地局について、どのように認識をされておるか、お聞かせいただきたいと思います。よろしくお願いします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 携帯電話基地局についての認識ということでございますが、携帯電話の基地局の無線局のことでありまして、設置に当たっては、電波法第4条による総務大臣の免許が必要でございます。


 この免許を受けるには、設置する無線設備等が電波法の第3章に定められている技術基準に適合して、さらに詳細に言いますと、同法の施行規則第21条の3に規定される具体的な基準値を満たしていることが必要ということになっております。


 おっしゃっておられますように、携帯電話基地局の設置に伴う電磁波の人体に与える影響という件につきましては、今のところ長年の研究の蓄積による科学的見地に基づき、十分に安全率を考慮した電波防御指針が国の方で基準として定められておりますので、この電波法施行規則に規定される具体的な基準値は、その指針に基づいて設定されているというふうに認識しており、具体的な健康被害というものは考えられないのではないかというふうに考えておるところでございます。これを認識としております。以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 部長、ありがとうございました。


 まさに、今、国の基準はそのようになっております。健康被害についても、国はそういう指針を出しているのは、そのとおりでございます。


 ただ、こういった基地局に対するトラブルというのは、全国各地で起こっておりますね。私もこの間、いろいろなインターネットなんかで調べましたら、至るところで起こっているのは事実ですね。また、近隣に目を向けてみますと、川西市の清和台で2005年の暮れに同様の問題が発生して、これは実際建ってしまって大きな問題になったんですけども、最終的には撤去をされたというふうに聞いております。そのときの教訓というんですか、議会のあるいは行政の考え方もあったんですけども、こういったトラブルを未然に防ぐということで、川西市では、基地局を設置する場合は、周辺住民の理解が得られるように十分対応することとして、携帯電話会社各社に、携帯電話基地局の設置手続について指針を作成、市長名で携帯電話会社に遵守するような要請が行われております。この要請は、決して反対する要請文ではなく、住民の理解・説明、理解をきっちりやってくださいよと、そういうことは行政にも報告をしてくださいと、そういう趣旨の指針になっております。やはり私は、こういうのが、事前説明とかあるいは住民の理解を得るというのが一番大事かなと思うんですけれども、まさに川西市は、そういうことを現在とられてるみたいなんです。そういうこともあって、やっぱり建てやすいところへ建つという傾向も、僕はなきにしもあらずじゃないかと思うんです。そこで私は、豊能町としても、最低限、地域住民への事前説明の徹底や、理解を得ることなどの指針を早急に作成して、携帯電話各社に要請することが必要だと思うんですけども、行政の考えをお聞かせ願います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 竹谷議員の、携帯電話の基地局についてのお話でございますけれども、非常にこれ、難しい問題ではないかなと。豊能町としても考えたらどうかということでございますけれども、今現在、先日、光風台4丁目でというお話も聞かせていただきました。しかし、携帯は使いたい、しかし電波が届かない、そうすると基地局が絶対必要であると。いろいろな問題があると思うんです。その枠の中で、本当に人体に影響があるかないかということにつきましても、先ほど部長が申し上げましたとおりに、国といたしましては、国の基準を定め、そうして行っている。そして川西、ちょうど私も調べましたら、川西市議会の方でそういう形でやっている。では豊能町議会でもどうだろうかという、今のご質問だったと思うんですけれども、一応私といたしましては、現在のところ、ご意見としてお伺いしておきたいというふうに思ってます。やはりこの豊能町におきましても、新興住宅地そして旧村、私の家の前にも二つ建ってます。これは、何も、だれにも許可もなく、何もなく、ばっと建てられてます。NTTとそれからもう1社と、どこだったか忘れましたけど、私の近くに建ってます。建つことによって皆さんの利便性が高くなるということもございますし、行政として、今後この問題に対してどういうふうにやっていくかということにつきましては、今突然の質問でございますので、準備をしておりませんので、お伺いしておくということで、よろしくお願いしたいと、このように思います。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 確かにこういうのは、今すぐ建ったから体にどうだとか、ああだとかいうのはなかなか出てこない、なかなか難しい問題です。ただ、受ける側は、やはり毎日安心に心配することなく日常生活送りたいのは、これは皆さんだれしも一緒で、私なんかも一緒ですわね。ただ、一つそういう要素があるということは、やはりそこはきちっと行政も対応していく必要がある。これをしたらいかんという話ではないんですね。それは必要なんですよ。携帯電話は、もう我々、本当に日常生活にとって大変便利なツールであるわけなんですね。これをなしにせいという話でもない、基地局をなしにせいという話でもないんです。ただ、やはり事前の説明会あるいは住民の理解を得ると。例えば安心であるならば安心だということをきちっとやっぱり当該住民に説明する責任があると思うんですよ。これは企業の社会的責任の一端でもあるわけですね。行政もそうでしょう。地域住民が安心・安全に、平穏に日常生活を送るというのが最大の責任であり、仕事であると思うんですよ。なるほど国は大丈夫ですと、基準を満たせてオーケーですよと。それはそれで一つの基準なので、それはどうとなしに、やっぱり大事なのは住民、目の前に建つというのは不安があると思うんですよ。これだけじゃない、建つということはいろいろな、景観の問題もあるし、いろいろな附帯したこともあるわけなんですね。その辺は含めて、私は当然自治体としても、反対するんじゃなしに、やっぱり前向きにとらえる意味のこういうことは、私はあってしかるべきかなと。池田町長やったら積極的にやりましょうと言われるのかなと、私は思ってるんですけどね。どうですか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 非常に難しい問題でございます。逆に私、竹谷議員にお尋ねしたいというふうに思います。利便性を高くするためには、いろいろな問題点もございます。しかし、住民の皆さんのご意見だけを尊重しておれば、また社会通念として非常に問題点がある。そういうふうに考えるところもございます。だから今後におきましては、我々としてどうあるべきかと。これは個人の私有地でもございます。いろいろな形の中で建てられる方もそうだっただろうと思いますし、これから先も建てられるのはそういうところであろうかと思います。だから、これにつきましては、行政側だけでなくして、やはり議員の皆さんもともに考えていかなくてはならない問題ではないかなというふうに思いますので、よろしくお願いします。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 難しい問題は問題ですので、町長の立場上もわかります。私も、これは絶対だめだということは一切言ってませんので、今は本当に便利なツールで、私らでも欠かすことができない道具になってますので、そういうことは一切言ってないんですけども、やはり一定のそういう、どこでもええという、それは私、だめやと思いますね。そこを守っていくのは行政であり、議会であったり、そういうところじゃないかなと。そういう観点で質問してますので、難しいとは思いますけども、今後検討していっていただきたいなと思っております。いつまでもこの問題で言っているわけにもいきませんので、検討していただけるということの思いを持って、この件については終わらせていただきます。


 次に、同じ安全・安心ということで、救急搬送の実態について、お聞きをしたいと思います。2年ぐらい前も一度させてもらったと思いますが。


 その前に、西本消防長には消防長に就任をされまして、おめでとうございます。今後、豊能町の安全・安心のまちづくりの一端を担っていただくことになるわけなんですけども、特に高齢化ということで、消防署に依頼する、頼る面が多々あると思うんです。今後とも安心・安全のために頑張っていただきたいなとエールを送って質問にかえさせていただきます。


 ホームページを見させていただいて、昨年の救急搬送の実績は、私は確認をさせていただいております。間違ってたら、また訂正お願いしたいんですけども、搬送合計が776件ありました。搬送人員が742人ということで、僕は確認させてもらってます。その類別で見ますと、急病が圧倒的に多くて526人、一般負傷が121人となっております。ここで、前回も確認して、特に豊能町は問題ないという意見を、総務部長から答弁いただいたんですけども、こういった救急搬送で、病院側の受け入れ側は、我々が心配するようなことは現実的に起こってないんでしょうか。その辺、お願いしたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 西本消防長。


○消防長(西本好美君)


 お答えいたします。


 平成20年中でございますが、本町管内におきましては、今、世間で言われております救急病院のたらい回しというようなこともあるんですが、本町におきましては、そういう事案は一切発生しておりませんし、それによりまして遅延で症状が重くなったということも、今のところは一切ございません。


 以上でございます。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 安心をしました。


 それでは、多分その内訳の中には、僕が今から話をしようというのは多分ないと思うんですけれども、あるかもしれないし。例えば重症患者、脳卒中とか心臓疾患等々、1分1秒を争う救急搬送が出た、こういったときの対応、医療機関含めてどうなるのかということをお聞きしたいんですけども、お願いしたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 西本消防長。


○消防長(西本好美君)


 お答えいたします。


 平成20年中のデータからいきますと、重症患者は30人おりまして、全体の約4%の重症患者が発生をいたしております。私どもの119番通報の時点で、重症患者になりますと、口頭指導というものを行います。心肺停止の患者に対しましては、職員の方から電話によりまして、口頭指導ということで順次説明をします。また、大出血の場合でしたら止血処置の方法を口頭指導によりまして、一応そういう手当の指導を行います。その後、当然救命士が現場に到着いたしますので、その時点で救命士の判断によりまして高度な救急処置を施すということで、その中には症状によっては除細動器を使用したり、また薬剤投与をしたりということを行いながら、迅速かつ適切な病院の方に搬送をいたします。


 30名の重症患者がおるんですが、その病院の搬送先といいますのは、二次病院・三次病院と言いまして、高度救命処置を受けられる病院の方に搬送をいたします。具体的には大阪大学附属病院とか、千里救命救急センター、患者さんの容体によっては、ドクターカーを呼んだり、ドクターヘリの対応もいたしております。


 以上でございます。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 的確に対応をしていただいているようなんですけど、今話にありました重症患者のうち、第三次救急、一次から三次まであると思うんですけども、大阪大学の附属病院あるいは千里の救急救命センター行かれてるんですけども、ホームページ見ましたら、川西病院、ベリタス病院、協立病院、池田市の市民病院、箕面の市立市民病院、豊中の市立豊中病院、これがホームページで掲載されてる搬送病院ということになってるんですけども、第三次救急というのは、ここでは対応できない、二次の一部もそこではできないということですか。状況にもよりますけども。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 西本消防長。


○消防長(西本好美君)


 お答えいたします。


 三次病院になりますと、高度な救命ということで、専門的なスタッフまた医療機材等々をそろえましてということでございます。


 二次病院でありますと、少しその度合いがというところで変わってくると思います。


 以上でございます。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 これから高齢化がどんどん、どんどん進んでいきますので、非常にこういう問題は切実になってくると思うんですね。住民の皆さんも非常に、何かあったときに豊能町では対応がどうかなというのも心配をされております。私は、消防署しっかりしてるから大丈夫ですよとは思ってますし、今後もそういうPRをしていきたいと思うんですけど、その辺は日ごろからきちっとリスク管理といいますか、対応をしていただいて、そういった事象が発生したときには的確に対応できるように、今後とも頑張って対応していただきたいと思います。この件につきましては、以上で終わります。


 次に、環境問題について、質問をさせていただきます。


 今、世界を挙げて環境問題が大きな課題になっています。特に地球温暖化が大きな問題になっているというふうに思います。地球温暖化の原因は、石油等の化石燃料の拡大で、二酸化炭素CO2、あるいはメタンが発生し、温室効果ガスの濃度が増加することで、地球の表面温度が上昇すると言われています。この温暖化が進みますと、我々生きていく上でのいろいろな弊害があるそうです。例えば海面の水位が上がるとか、干ばつあるいは豪雨といった異常気象が増加するとか、またまた生態系への影響、貴重な遺伝子の減少、あるいは水資源への影響等が懸念をされております。こういったことで、地球温暖化が進みますことは、私たちの生活にも被害が及んでまいります。特に、将来の子どもたちのためにも、今しっかりと対策をしていくことが大切です。全国の各都道府県や市町村においても、化石燃料にかわる自然エネルギーの活用ということで、さまざまな独自の施策をとっております。豊能町においても、独自の取り組みが私は必要と考えます。特にダイオキシンという苦い経験をしております豊能町にとっては、まちのイメージアップ、回復に向けても、こういった施策を積極的に取り組んでいくことは、まちづくりにつながっていくと思います。


 そこで、町独自といたしまして、自然エネルギーに対する関心を高めるため、太陽光を利用した住宅用発電システムの設置者に対し、補助金を交付する制度を設けてはどうかと考えております。池田町長、どう思われますか。ご答弁をお願いいたします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 環境問題でございますけれども、本町におきましては、環境対策といたしましては、豊能町地球温暖化対策実施計画を定めておりまして、その問題は、もう以前から今日まで一生懸命に取り組んでる。我が行政におきましても、お昼は電気を消し、いろいろな形の中でやっている。また車につきましても、できるだけ少なく使っていくということでやっていただいております。


 次に、太陽光発電の補助制度はどうかというお話でございますけれども、これ、国の方からの補助制度もございまして、そちらの方でお願いしたいなと。行政といたしましては、なかなかこれは難しいなと。しかし、私はこの問題につきましては、非常に興味がございまして、豊能町じゅう、街灯についてもそうですし、また、豊能町の広域の問題につきましても、一応やってみたらいいなということは思っております。がしかし、結構これ、設備に高くつきまして、一般の家庭でもまだ取り入れが非常に少ない。環境問題としては非常にいいというお話がございます中で、まだなかなか進んできてないというのも現状かと思います。できることならば、私も十分にこういう問題については取り組んでいきたいなとは思っておりますけれども、悲しいかなというところでございますので、ご理解のほどよろしくお願いします。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 関心はあるけども、今のところ考えてないと。やはり、豊能町の今の立場、町の状況からしたら、やっぱり革新的な考え方、発想の転換というのは、私は絶対必要やと思うんです。まして豊能町は自然がいっぱい。ところが残念ながら、以前にそういう苦い経験がある。そこを、やっぱり払拭していくというのが、私は大きなまちづくりの原点になるんじゃないかと。それをどういう形で形に持っていくかというのは、いろいろな方法があります。だけど、今、社会のニーズは、後でも僕、質問させてもらいますけど、社会のニーズは、いかに低炭素社会をつくって、クリーンなエネルギーを活用して、環境に優しい町にしていくか、またその環境に優しい町を、子どもの教育にどうつなげていくかというのが、今の社会の流れ、世界の流れなんですよね。やっぱり私は、こういったことは、豊能町が一番に手を挙げてやっていくべきかと。ちなみに、近隣のこの問題に対する取り組み状況を調べてみました。もちろん自治体の以前に、府あるいは国もそういう制度を多分とってると思うんですけども。話戻りますけど、大体家庭用でいくと3.5キロワットから3.7キロワットぐらいの太陽光らしいです。例えば池田市では、キロワットで2万5,000円の補助金、上限が10万円。箕面市は2万円、キロワット当たり。上限が5キロワット、金額で言うと10万円。高槻市はキロワット3万円、上限が12万円です。ここ、よう聞いてくださいよ。お隣の猪名川町は数年前からこの問題に取り組んでますねん。雨水にも取り組んでますわ。猪名川町はキロワット4万円、上限が4キロワットですわ。こうした地域は、もう以前からこうしてやってきてるんです。やっぱり私は、こういうところに目を向けていくべきやと思うんです。思いませんか。猪名川町、いまだに人口ふえていってますよ。かつては豊能町とトントンやったんです。もう猪名川町、3万2,000人越えてますよ。何が違うのかと言ったら、やっぱりいろいろあると思うんですよ。能勢電が走ってるとか、急行が行ってるとかあると思うんですけど、やっぱりこういう一つ一つがまちづくりにつながっていくと思います。そういった目で、やっぱり改革、変わろうとされてるんですから、やっぱり僕は前向きに取り組んでいく必要があると思うんですけども、しつこく言いますけど、再度答弁できるようでしたら、お願いしたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 池田町長。


○町長(池田勇夫君)


 おっしゃるとおりだと思います。私もそれは全面的に前向きにやっていきたいという思いはございます。がしかし、現実と理想論と、それから今おっしゃいましたように、猪名川町はやってるんだと。あるいは、池田・箕面・高槻やってるんだとおっしゃいますけれども、今、豊能町の現状を見たときに、本当にそれをやっていいだろうかという、私の思いもございます。まだそこまで行動に移す段階ではないのではないかというふうに思っておりますので、ご理解のほど、よろしくお願いしたいと、このように思います。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 根底には財政という話があると思うので、無理もないかと思うんですけども、やはり町が積極的に取り組んでいくということは、ただ単に補助をするということじゃなしに、やはりこういう自然エネルギーに住民の関心を高めていくということが、私、大事やと思うんですね。やっぱり環境に対する、豊能町は非常に熱心やなと。それはある意味では、財政がなかったら補助金じゃなしに、また変わった方法でもあると思うんです。そういう前向きな取り組みが、僕は今必要じゃないかと思っております。これ以上言ってもあれなので、研究課題として受けとめておいていただきたいと思います。


 次に、国崎クリーンセンターの稼働状況について、お聞きいたします。


 平成12年から建設を進められてきました。新ごみ処理施設、国崎クリーンセンターが4月1日から稼働をしたわけですけども、きょう現在稼働状況、特に我々問題があるようには聞いておりませんので、順調にいってるんだと思うんですけども、改めてお聞きをしたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 国崎クリーンセンターの稼働状況についてのお尋ねでございますが、本年4月1日に本格稼働を開始し、約2カ月余りが過ぎたところでございます。この間、同センターが定める排ガスの管理目標値というのがございますが、それを越えることは、炉の立ち上げ・立ち下げ時にCOの値が若干越えましたが、ごみの燃焼時には、管理目標値を超えることは一度もなかったという報告を受けております。したがいまして、安定的に燃焼が行われているものであり、その測定値につきましては、同センターの入口及び周辺3地区の自治会館並びに猪名川上流広域ごみ処理施設組合のホームページにて、24時間、排ガス濃度の表示をし、公表を行っているところでございます。


 問題とします幾つかの不適合事象というのは、この前の臨時議会でもご報告させていただきましたが、各種計器の誤作動・故障等、運転に伴う問題は若干ございますが、いずれも運転自体に支障が出るというものではございませんので、ましてや周辺環境に対して影響が出るというものでも、全くございません。


 以上でございます。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 ほぼ順調ということで。大きな設備ですので、初期トラブル、トラブルというほどでもないと思うんですけども、若干のそういったことはあるかと思いますけども、その辺を確実につぶしていただいて、将来にわたって安定的に稼働が続きますように、今後とも努力をしていっていただきたいなと思います。


 この施設、子どもはもう見学に行ったということも聞いておるんですけども、一般住民等々の見学も、もう既にオーケーなんですか。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 リサイクルプラザ等、十分一般住民に供してるところでございます。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 わかりました。


 そうしたら次に、このクリーンセンターが始まるに当たって、各家庭のごみの分別収集が一部変更になって、試行期間も経て、4月1日から実際にその方式でいって現在2カ月ほどたったというところなんですけれども、今のところ大きなトラブルとか、周知徹底がまだできてないところがあるとか、そういうことはなしに、おおむね順調にいってるということでいいんですか。その辺の現状を、ちょっとお聞かせ願いたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 川上建設水道部長。


○建設水道部長(川上和博君)


 国崎クリーンセンターの稼働に伴います排出方法の一部の変更は、PETボトルの裸回収、ビンの裸の色別回収、それから、その他プラスチックがなくなったこと、あるいは不燃ごみの中に蛍光灯、電池等の水銀含有物の別途袋回収等の一部の変更をお願いしているところでございます。この件に関しましては、3月議会等で、周知が不十分なのではないのかという、ご心配のご指摘もいただいておりましたが、平成20年度中にチラシを3回、井戸端会議という説明会を延べ9回実施いたしまして、若干の、指定排出日以外の排出というのはあるようでございますが、おおむね裸回収等は順調にいっているという状況だと認識しているところでございます。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 順調にいってるということで、了解をいたしました。


 時間が迫ってきましたので、次の福祉・子育て支援について、質問をさせていただきます。


 これも先ほどの太陽光発電と同じように、多分、あまり前向きな返答はもらわれへんと思うんですけども、以前にも質問をさせていただいたんですけども、今、少子化、年間の出産数が100を切るという現状まで下がってきてると思うんですけども、3人目のあるいは3人目以降の出産をされてる方に対しての出産祝い制度、例えば豊能町すこやか赤ちゃん誕生祝い金支給制度、仮称ですけども、こういった制度を設けていったらどうかなと思います。


 といいますのは、今そういう世代にとっては、非常に今の社会的な背景からして、経済的な面あるいは仕事と家庭との両立の難しさ、あるいは育児についての不安等々、経済的・心理的に大きな不安があると思うんですけども、そういったことを一たんでも手をさしのべるという意味で、こういった制度、私は非常にいんじゃないかと思うんですけども、行政の考えをお聞かせ願いたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 3人目以降の出産祝い金の制度を設けてはどうかというご質問でございますけれども、これにつきましては、大阪府の方も3人目以降の子どもさんに対して、平成19年の11月から助成をされまして、平成20年度末までやられたわけでございますけれども、大阪の方も財政再建プロジェクトの方から取りやめというような状況になったというふうに認識をしてるところでございます。


 先ほど議員もおっしゃいましたけれど、目的としてはそういう経済的な負担を少なくするというのがねらいであっただろうというふうに思うわけですけれども、すごく大きなお金を出すということであれば、そういうことがある程度カバーできるのではないかと思いますけれども、5万円とかそういうぐらいでは、なかなか少子化がとまるというようなものではないのではないか。これはやっぱり国の施策として、雇用不安あるいは育児のそういう施設とか、そういったような充実を図らなければ、根本的な解決にはならないのではないかなというふうに、今のところは認識しておるところでございます。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 わかりました。


 これをやってるのは、全国的に何カ所かあるんですけど、北海道の栗山町は、人口1万4,500人、よくこの議会でも出てくると思うんですけども、この町がやってます。先般もそういう該当者があって、ホームページで家族を、写真載せて、ホームページで町民に告知してるという、非常にやり方としては、お金を出すからどうのこうのじゃなしに、私は町の施策としてはいい施策かなと思っております。


 この栗山町というのは、議会基本条例とか、まちづくり100人委員会という、公募で100人を選んで出てきていただいて、まちづくりについて検討委員会をするとか、非常に先進的な取り組みをしている、多分ご存じだと思うんですけど、町なので、こういうところがやってますので、私は非常にいい施策かなと思うんですけども、今のところそういう考えがないということですけども、こういったことも、やっぱり発想を変えて取り組んでいく、検討してみるということが、検討に値するんじゃないかなと。常にそういう気構えで日々の、特にそこに座っておられる皆さんは、そういう問題提供を部下に常々投げかけていくような仕事の進め方をしていただければ、私としては非常にいいんじゃないかと思います。


 では次に、小児科医院の誘致について、ご質問をいたします。


 実は私は個人的に、子育ての環境状況ということで、僕が知る限りの、豊能町でやっておる子育てに関係する、医療も含めて、リストをしまして、自分なりに、丸、三角、バツで自己評価をしてみたんです。これは私の個人的な主観なんですけど、大方のやつは国基準、府基準に乗ってて、特段マイナス要素はないんです。ただ、差別化はできてない面はあるんですけど。ただ、やっぱりバツがあるんですね。何や言うたら、今言うてる小児科の医院がない。産科医院がない。これはなかなか難しい問題。三角が、子育てと仕事、これは三角。ちなみに、ちょっと話がそれますけども、保育所はあるけども、送迎に時間かかるとか、なかなか。これは僕、ちょっとやっぱり住民に不満があるん違うかなと。そこで、僕、今できることは、結果別にして、小児科の誘致をすることは可能やと思うんです。なぜかと言えば、町内には専門医院がないんです。例えば救急で、箕面のこども急病センターへ行って、あそこは応急処置ですわね。帰ってから実際医院に行って、いろいろな病気を治すための処置をするんですけどね。そういう場合に、やっぱり専門医と内科さんとは若干違う。しゃあないから町外に行きますよという方も、僕、よく声聞くんですね。そういう充実は、やっぱり僕は大事かなと思う。ぜひそういうのが、医師会を通じて誘致働きかけをしていただきたいなと思います。部長、ご答弁をお願いしたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 小児科の専門医の誘致ということでございます。


 だんだんと子どもさんの数が少なくなっていくというような状況の中では、なかなか開業医としてやっていくというのは困難ではないかなというのは現実あると思います。ただし、議員の言われるように、医師会等にそういうことについては、機会があるときに、そういうお話をさせていただこうというふうには思っているところでございます。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 なかなか難しい問題やと思います。ただ、やっぱり若いああいう世代、これから豊能町に移って、子どもを出産して子どもを教育させてという世代は、やっぱりその辺は一番敏感に考えられますわ。医療どうなのかな、保育所どうなのかな、学校どうなのかなと。これはもう、常識やと思いますわね。その辺でバツ、バツになっていくと、やっぱり豊能町は第2候補、第3候補になってしますと思いますので、その辺は、僕、今の時代はメッセージを発信していくことが大事やと思うんです。まず行動を起こす。行動を起こさないと結果出ませんわ。結果NGが出たら、そのNGに対して次どうしようかという、またステップアップできますやんか。そういうことで、ぜひ誘致をする動きをとっていただきたいと思います。


 またこういう、僕やってるんですけど、こういうこと1回やって、いろいろな意見聞いてもいいじゃないですか。やっぱり僕は必要かなと思いますので、参考までにお願いします。


 次に介護問題ですけども、介護保険が平成12年にできました。随分介護されてる方が楽になったんじゃないかと。僕自身も、両親、この制度でいろいろお世話になって、非常によかったなと思ってます。


 ただ、今、報道なんか見てますと、なかなか、制度受けてる人はいいんですけども、やっぱり制度に漏れてる人もおられるというようなことも聞きます。結果的に悲惨な結果を招いてるというような話も聞きますね。


 僕は多分豊能町にはそういうことはないやろうと、きっちりやっていただいてると思うんですけども、その辺をなくするために、豊能町としてはどういうことをきめ細かくやってるか、ちょっと抽象的ですけども、お願いしたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 乾生活福祉部長。


○生活福祉部長(乾 晃夫君)


 介護保険について、漏れる人のないようにということでございますけれども、今現在、地域包括センターの方で、65歳以上の高齢者の方が、昨年度でしたら約5,800人ほどおられるわけです。その人から、もう既に支援あるいは要介護を受けておられる方が、それは810人ほどおられるわけです。それを引いた残りの方、健康な方ですね。その方にすべてアンケート、全員に送りまして、日ごろの体の調子とか、そういったようなアンケートをとらせていただいてます。結局、約80%くらいの方が回答をしてきていただいておりまして、これは非常に高い回答率ではないかなと思うんですけれども、そういった状況の中から分析をいたしまして、その中で約940名ぐらいの方に、一定もう一度診察を受けてもらって、要介護あるいは要支援の予備軍になってないかどうかということで、文書を出して受診していただくように通知を出すわけでございますけれども、結果はそのうちの20%ぐらいの方が、実際には検診を受けていただいて、そのうちの30%、約55人ぐらいが、そういう特定高齢者という形になっておられます。これにつきましては、その特定の高齢者につきましても、指導等に力を注いでおるというのが現状ですけれども、介護保険のPRにつきましては、各老人会等の集会とか、そういったようなところへ行きまして、1年間に20回以上行きまして、そういうPRに漏れのないようにということでやっておりますし、それぞれ特養あるいは豊悠プラザ等で相談業務もやってるというのが現実でございます。


 以上です。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 豊能町はその辺はしっかりとやっていってもらえると思うんですけども、やはり介護というのは、なかなか家の中まで見えない部分がありまして、日本人特有の情愛とか、いろいろな家族制度とかなんかがありまして、気がついたときにはとんでもないことになってるというようなことも、ややもすれば起こる状況、特に今の世の中は、そういう地域との云々も言われている時代ですので、そこのすき間を目配りするのがやっぱり行政であり、そういう仕事に携わる人たちの使命であり、大きな役割違うかなと私は思うんですね。そういったことを日ごろから心がけていただいて、そういった悲惨な事件・事故が起こらないように、ぜひ対応をしていっていただきたいと思います。この件につきましては終わります。


 次に、教育関係にいかせていただきます。


 先般、衆参で、平成21年度の補正予算が可決をいたしました。その中に、スクール・ニューディール構想というのが入っております。これは雇用創出とか、経済波及の効果とか、地域の活性化等々を主にしたことでございますが、そういった制度が入っております。これは、学校施設の耐震化やエコ化、ICT化などを推進するスクール・ニューディールと言うそうです。これが盛り込まれております。総額約1兆1,000億円の予算規模で、教育環境の整備を促進することになっております。


 対象になりますのが、学校の耐震化。


 二つ目といたしましては、学校のエコ化、主に、先ほど私が話しましたように、太陽光発電の学校への導入あるいは省エネ・エコ関連の改修。


 また、三つ目は、ICT環境の整備。デジタル家電とかパソコンとか電子黒板。これは先日も橋下さんが言われておりましたけども。


 四つ目として、バリアフリー化。こういったことを進めて、21世紀の学校にふさわしい環境が整備されることを期待すると、これは総務省が言っていることですけども、今後のことになると思うんですけども、教育委員会としてどのようにとらえて、具体的にどのように動こうとされてるのか、お伺いしたいと思います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 小川教育長。


○教育長(小川照夫君)


 お答えいたします。


 ニューディール政策の内容については、今、議員がおっしゃったとおりでございまして、21世紀にふさわしい学校施設、環境を求めていくものでございます。


 まず、耐震化でございますけれども、これにつきましては、本町には幼稚園・小・中含めますと34棟。これは棟数で数えておりますので34棟あるわけでございますが、既に耐震化が済んでいると認められるものがこのうちの4割、13棟でございます。残りの21棟につきましては、既に第一次診断を終えておりまして、この結果、そのうちの二つについては問題ないだろうというふうに判断をしておりますが、残りの19棟につきましては、順次第二次診断を進めておるところでございまして、先ほどもお答えいたしましたけども、吉中については既に実施計画に入っているということで、今年度は光風台小学校について、第二次診断を行うこととしております。


 それから、ICT化の問題でございますけれども、これにつきましても既に財政当局の方には、学校で使用される教育用コンピュータ、それからテレビのデジタル化に伴うデジタルテレビの導入、こういったものについて、一応希望として、教育委員会の方から既に提出しておりまして、これが今町内の方でまとめられているというふうに考えておるところでございます。


 ただ、もう一つエコ化でございますけれども、太陽光発電については、東能勢中については、既に改修の際にやっておりますけれども、先ほどもちょっと出ましたけれども、なかなか効果がどのぐらいあるのかと。エコ化については、先ほど言われましたように、一つは省エネ、それからCO2の問題あるいは学校の理科教育の教材としての太陽光というのもあるかと思いますけれども、それについては、ちょっと今回のところでは考えておらないという状況でございまして、耐震化とICT化に着目して、今回要求をしているところでございます。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 この機会にできるだけ取り組んでいってほしいと思うんですけども。言うても財政的なバックアップ、裏づけがなかったらなかなかできない、池田町長も、気持ちはあってもできないというのが本音やと思うんですけど、幸い、僕がいろいろ調べている限りでは、国庫補助率が大分よくなった、2分の1から3分の2に引き上げられて、実質的な市町村の負担というのは、31.8%から13.3%に引き下げられた。あるいは、地方向けの臨時交付金も計上されてると。これについては、交付税措置もあるように聞いておりますので、以前に比べたら随分町の持ち出しも少なくなっているんじゃないかと思います。ぜひこの機会に、やはり教育の町・豊能町というのが一つの売りやと思いますので、先進的な取り組みをしていただきたいと思います。


 この電子黒板も計画されているんですか。これはこの前橋下知事が、新聞紙上を見ますと、府下の全小・中学校で、1台入れるように指導するんやということが載ってましたけども、その辺はわからないんですか。ご答弁お願いします。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 下林教育次長。


○教育次長(下林 晃君)


 当初から入れるように計画しております。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 この件はそれぐらいにいたしまして、次、学校の児童の安心・安全対策について、お聞きいたします。


 昨日、8日が、教育大附属池田小学校の8周忌ということなので、改めて安全対策というのを思い知らされたんですけども、現状しっかりやっていただいてると思うんですけども、現状についてお答え願います。


○議長(西岡義克君)


 答弁を求めます。


 下林教育次長。


○教育次長(下林 晃君)


 十分にやっております。


 主に5点やっております。根底にあるのは地域の方々と同時にやっておる日ごろの見守り隊、あるいは安心メール、あるいは行政が中心にやっておる水曜日のお昼パトロール等々、これはどこの町にも負けないように取り組んでおります。


○議長(西岡義克君)


 竹谷勝議員。


○7番(竹谷 勝君)


 十分やっておるということなので、安心をしました。ただ、こういう災害とかこういうことは、あすどうなるかわからん、少し先に行ったらわからないということで、日ごろのそういった、きっちりした対応、備えあれば憂いなしとも言いますけども、ひとつ、安全には限りがないと思いますので、しっかりと地域の皆さんとご協力をして、我が町からそういった不幸なことが発生しないように、今後ともよろしく推進していただきますことを期待いたしまして、あとわずか時間残っておりますけども、そのほかの行革については、残念ながら質問できませんでしたけれども、また次の機会にさせていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。


 以上で、一般質問を終わります。ありがとうございました。


○議長(西岡義克君)


 関連。


           (「なし」の声あり)


○議長(西岡義克君)


 以上で、豊政クラブ代表・竹谷勝議員の一般質問を終わります。


 以上で、一般質問は終わります。


 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。


 本日は、これにて散会いたします。


 次回は、6月10日午後1時より会議を開きます。


 どうもご苦労さんでございました。





           散会 午後2時30分








本日の会議に付された事件は次のとおりである。


一般質問








 以上、会議の次第を記し、これを証するためここに署名する。











   平成  年  月  日署名











    豊能町議会 議 長





    署名議員   2番





     同     3番