議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 阪南市

平成22年  9月 市立病院関連特別委員会 09月10日−01号




平成22年  9月 市立病院関連特別委員会 − 09月10日−01号









平成22年  9月 市立病院関連特別委員会



          市立病院関連特別委員会記録

1.日時

    平成22年9月10日(金)午前10時00分〜午前10時36分

1.出席委員

    委員長    土井清史     副委員長   古家美保

    委員     野間ちあき    委員     二神 勝

    委員     貝塚敏隆     委員     武輪和美

    委員     楠部 徹     委員     岩室敏和

1.オブザーバー

    議長     中谷清豪

1.欠席委員

    なし

1.説明のため出席した者の職氏名

    副市長       安田 隆   財務部長        大宅博文

    病院事務局長    細川一美   財務部理事       泉尾正彦

    財務部副理事(兼)財政課長    病院事務局副理事    岩本正幸

              神藤泰治

    病院総務課長    山本雅清   地域医療連携室長    根鈴初子

    財政課長代理    高野善則   財政課長代理      田中芳拡

    病院総務課長代理  大久保則之

1.職務のため出席した者の職氏名

    議会事務局長         南 茂義

    議会事務局次長(兼)庶務課長 南 真一

    議会事務局庶務課書記     奥田智昭

1.案件

  (1)第3回定例会の付託案件審査について

    ・議案第47号 阪南市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について

  (2)その他



△開会 午前10時00分



○土井委員長 おはようございます。本日は、大変お忙しい中、各委員、議長、また説明員として副市長初め理事者の方々にご出席いただきまして、まことにありがとうございます。これからの本特別委員会の審査及び運営につきまして、よろしくご協力賜りますようお願い申し上げます。

 それでは、定足数に達しておりますので、ただいまから市立病院関連特別委員会を開会いたします。

 なお、本委員会に傍聴の申し出があり、これを許可したことを報告いたします。

 まず、開会に当たりまして副市長からあいさつをいただきたいと思います。



◎安田副市長 おはようございます。本日は、委員長また議長初め各委員の皆様におかれましては、早朝より市立病院関連特別委員会を開催していただきまして、まことにありがとうございます。

 本来でございましたら、市長が出席してごあいさつ申し上げるべきところではございますが、昨日、市長のほうからです。主治医に本日重要案件でございますので、外出許可を申請させていただいたんですが、検査が十分終わっていないということで、許可ができないということでございましたので、本日欠席ということで、委員会のほうを運営、取り計らいしていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 本日の案件につきましては、案件1といたしまして第3回定例会の付託案件審査について、議案第47号の阪南市立病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について、案件2その他でございます。以上、よろしくご審議いただきご採決賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆岩室委員 今、冒頭説明してもらったんですけどね、病気で大変なことはわかるんですけど、きょうは阪南市にとって一番大事な時ですよね。それから万難を排して出てくるべきだし、出てきてほしかったと思うんですね。副市長ですべて事足りたらいいですけども、悪いですけど、やはりそれで事足りない部分が色々出てくると思います。だから肝心な当事者がおらなくて答弁できないということになったら、委員会そのものとして議論も深まりませんのでね、その点一点だけでいいですから、副市長どう考えていますか。



◎安田副市長 私も本日の案件につきましては、特に阪南市の将来、病院のことに関して重要案件でございますので、市長に対しまして、本日は1時間程度でもよろしいので、何とか先生にその旨を話していただいて、出席のほうお願いいたします。私のほうでは、荷が重たいので、というお話をさせていただきました。主治医にその旨、市長から依頼を申し上げたのですけれども、主治医から三島院長−−当然初診かかってございますので、三島院長にも電話があったように聞いてございます。今しばらくベッドの上で安静にしないといけないということで、どうしても許可が得られなかった。その旨を本日の委員会で説明をお願いしますということで、昨日お電話がありましたので、そういう形で、何とか委員会のほうの運営をお願いしたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。



◆貝塚委員 市長が大変だということで、本日出席しないということについては了承いたしますけども、ただこの付託案件、議案第47号の結論は、やっぱりトップである市長がいなければ出せないと、きょうの委員会では出せないと思います。ただ、副市長をはじめ、いろんな質問、副市長で答えられる範囲内での質問とか、きょうの説明とか色々やっていただければいいですけども、議決は、私自身は到底できませんので、また市長が元気になった時に改めて委員会を開いてほしいなと、その点委員長の配慮よろしくお願いいたします。



○土井委員長 今、きょう議決できないという話があったが、動議ということでいいんかな。



◆岩室委員 きょうこれから十分議論はですね、議員の方も委員の方も色々考えを持っていらっしゃいますから、きょうは丁々発止でやらせていただいて、ただ、肝心の当事者の市長がおらない中で、可否はこれ決められないと思うんですね。だから可否はまた後日、特別委員会を開催していただいて、決めるということが、一番整合性に合うんじゃないかというふうに考えます。



○土井委員長 どうしましょう。今の件についてしばらく休憩させていただいて、話しましょうか。暫時休憩します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩 午前10時05分



△再開 午前10時20分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○土井委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 副市長、難しいかも分かりませんが、市長はいつごろ仕事のほうに復帰されるか分かりますか。



◎安田副市長 先ほど市長のほうにこの旨をご説明申し上げました。それで退院の時期−−延会とかいうお話もございましたので、今の段階で、退院は月曜日の午前中ということでお話を聞いてございます。



○土井委員長 13日月曜日の午前中。



◎安田副市長 はい。



○土井委員長 この案件は、最重要案件であることから市長不在では説明、その他流れですね、市長判断というところで、大変難しいところがあると思いますけども、とりあえず今日配布されました資料の説明だけをお願いいたします。



◎細川病院事務局長 その他ということで資料の説明に入ります前に、資料1の評価委員会の会議録、先日やっと完成いたしました。遅くなって申し訳ございません。そして、資料2につきましては、8月26日の傍聴者の意見でございます。資料3につきましては、本日の委員会を受けまして、市民の皆さんにご配布させていただきますチラシでございます。

 担当副理事のほうから説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。



◎岩本病院事務局副理事 それでは、本日お手元に配布しております資料につきまして、簡単にご報告させていただきます。

 まず、資料1につきましては、先ほど局長のほうからもお話ございました、去る8月26日に開催いたしました阪南市立病院改革プランの第2回評価委員会の会議録でございます。

 次に、資料2につきましては、第2回評価委員会でのご意見と市の考え方でございます。第2回目につきましては、4名の方からご意見等をいただき、今回、議事録と併せまして市のホームページに既に掲載をしてございます。

 続きまして、資料3でございますが、新聞折込み用チラシの案でございます。一応9月の日付のほうは抜いておりますが、予定では12日の日曜日での新聞折込みを予定してございます。

 私のほうからは以上でございます。



○土井委員長 資料の説明は他にございませんか。それでは……



◆貝塚委員 先ほども意見を言いましたけれども、やはり最高責任者の市長が不在である限り、詰めた議論はできませんので、今日の委員会は延会をして欲しいという動議を提出いたします。



○土井委員長 ただいま貝塚委員から、本日の会議は延会されたいという動議が提出されました。よって本動議を直ちに議題とし採決いたします。本動議のとおり延会することにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○土井委員長 異議なしと認めます。したがって、本日の会議は、これで延会することに決定しました。なお、13日の午前中って言いましたかね、市長が退院されるそうなので、予備日としては13日、16日が空いておりますので、13日の昼から、もしくは16日ということにさせていただきます。

 後ほど日にちはお知らせしますので、よろしくお願いいたします。

 これをもちまして市立病院関連特別委員……



◎安田副市長 すみません、先ほど岩本病院事務局副理事から本日の資料をご説明申し上げたんですが、資料3につきまして、当委員会でも市民の皆さんにこれまでの経緯等−−断続的には資料をもって、あるいは新聞折込みをもって、広報等でも説明をしてきたのですが、全体の流れといったものを整理したものが市民さんのほうに今まで説明をしてございませんでしたので。また、職員の方にとってもそうでして、職員の方には、7日、9日に全体説明会ということで私のほうで約2時間ほど、16年4月の新臨床医研修制度が始まった以降ですね、阪南市立病院の再生に向けた主な取り組みということで、この右側に書いている部分をもって昨日も説明してきたわけですが、先ほども申し上げましたように、これを12日に4大紙の新聞のほうに折込みとして配布したいと考えていますが、よろしいでしょうか。



○土井委員長 ちょっと進行が後先になっていますけれども、資料3ですね、この部分について配布してもよろしいかという話がありました。この件だけ行いたいと思います。質疑ございませんか。



◆岩室委員 この間から私もそうですし、他の委員さんからもやっぱり市民参画、それと自治基本条例にも情報の共有と書いているから、そういう形で市民の方に周知徹底していただいて、これからもまた後ほど近い議論になると思いますけれども、とりあえず市民参画・市民協働ですね、これを最重要視していただきたいと。病院は市民のものですからね、やはり市民の協力なくて病院の再生というのはできないと思いますから、その辺再認識してくれますかね。



○土井委員長 ほかに。



◆野間委員 すみません、1点だけお願いします。これを配布するのは新聞折込みだけですか。



◎安田副市長 4大紙の新聞折込みのみで考えています。ただ10月号の広報にも、その旨−−羅列的なものは、これまでの取り組みとして1面をちょっと確保したいなと思ってございますので。



◆野間委員 この内容なんですけれども、ちょっと足りないように私は感じるんですが、この内容で十分だという認識なんでしょうか。



◎安田副市長 文章で書けば非常に長くなりますので、左側のほうが評価委員会を開催した中での一定の判断のことを書いているんですが、右側のほうは19年6月の内科医師以降−−細かく書けばもっと欄が要るんですけれども大きな動きという形で、例えば総合診療を開始したとか、小児科の医療体制が充実したとか、それともう一つ大きな市の財政状況の問題がございますので、各年度どういった資金不足が起きたのかということを主な取り組みとして書かせていただいたんですけれども。

 確かに委員おっしゃいますように、書けばもっと色んな出来事があったんで記述する必要があるんですけれども、全体の流れとして市民の皆さんに分かっていただければいいのかなと。それから、今後の議論になると思うんですけれども、先ほど岩室委員のほうからもお話ありましたように、情報の共有と市民への説明、この提供だけで我々もやっぱり情報の共有がきっちりできるとは思ってませんので、10月の広報に一定そういった市民の皆さまの元に出掛けて、これまでの経緯等も含めて説明する必要があるのかなと、そういうこともちょっと今、日程調整も含めて病院と検討してございますので、よろしくお願いいたします。



◆野間委員 この内容で阪南市がどれだけ逼迫しているかというところとかが、感じられないんですよね。それを感じてもらわないと、それが伝わらないと、このチラシだけで市民さんがどれだけわかってくれるかというところだと私は思うんですね。何も出さないよりはいいのかもしれないんですけど、もうちょっと内容を考えてもらったほうがいいんじゃないかなと思うんですけども。12日に出すということなんで、すぐなんで、ちょっと難しいのかも知れないですけど、ちょっとこれではあまりにもお粗末かなと思うんですが、いかがですか。



◆安田副委員長 野間委員さんがおっしゃっているのは、市の財政も含めてどういう状況であるんかということでございますか。



◆野間委員 流れの中で、流れも必要なんですけど、最後の帯で囲んでいる部分ですね。ここがちょっと。このたびの判断につきましては、このままの病院経営が続くと阪南市一般会計の財政運営に大きな影響を及ぼすことにもなり、市立病院の存続さえ危ぶまれるといったことにもなります。ここまず、言葉おかしいですよね。



◆楠部委員 委員長が終了宣言しかけたときに発言がありましたけども、先ほど来週の13日もしくは16日に委員会が開かれるということで、この内容について精査すると色々あるんでしょうけども、これはこれで結構かと思うんですけど。先ほど副市長言われたようにね、これだけで済む話ではなく、チラシに関しても出さないといかんやろうし、自治基本条例の17条・18条によって、市民参画を促す、また情報提供するというのは十分にやっていかなければならないことなんでね。そういった発言があったので、その点よろしくお願いしたいと思います。また来週この件も含めて色々と市民参画の話が出ると思います。よろしくお願いします。



◆二神委員 同じような質問になりますけれども、この資料3はいつ出来上がったんですかね。



◎安田副市長 6日の日に原案を作りました。



◆二神委員 6日の日に原案、当日ここに置いて説明いただいたんですけどね。やっぱりこういう大事なもんは前日にいただきたいと、以前から当日配布はよろしくないというような発言を各委員も何回かさせてもらってると思うんですよ。9月12日に配布するっていうことで、あまりにも乱暴すぎると思いますんで、今後ですね、資料をもう少し前日にいただきたいと思いますが、いかがですか。



◎安田副市長 たしかに資料というのは前もってということになるんですけれども、これは市長から市民への発信ですので、中身が誤っておれば委員会から色んな意見をいただいて修正する必要があると思うんですけども、あくまでも私は、失礼な言い方になるかもしれませんけども、本日は市民にこういう情報提供するという報告として考えてましたので、その点はどうかご理解いただきますよう、よろしくお願いいたいします。



◆二神委員 副市長から誤っていれば指摘していただきたいと。これ当日いただきますと、今、しっかりと読まないといけないと思うんですよ。だから数時間でここ間違えているということを発言させてもらうためにも前日にいただいて、ここは間違えてるやないかという指摘させていただくと、そういった資料やと思いますんでね、是非とも今後、こういう形じゃなくして、事前に、1日前でもいいですやんか。出していただければと思います。



◎安田副市長 今後、十分その点ですね、配慮して、対応して参りたいと思います。



◆古家副委員長 前回の評価委員会のお知らせの時も新聞折込みと自治会の回覧ということだったんですけれども、新聞を取っておられない方もこの頃増えてきていますし、あと自治会でも回っていないところがあって、まったく知らなかったという人もたくさんいらっしゃるので、新聞折込みをしていただくのは、それはそれでいいとして、他の方法も合わせて、いろんな形で市民の皆さんに届けられるような方法を考えて、実施していただきたいと思います。そして中身についても、振り返ってになりますけども、間違ってはいないにしても、ここのところはもっと追加で知らせるべきとか、いろんな方法、今さっきもおっしゃってましたけれども、それも含めてしていただきたいと思います。それで今ちょっと見当たらないんですけども、この次の委員会で言えばいいんですけれども、この前の条例の案文ですけれども、あの中で…



○土井委員長 古家副委員長、その条例の案文というのは、そのチラシと関係ないんでは。すんません。

 これはもう延会のあれができていますので、このチラシの件は、日にちがないんで、続けさせてもらいましたけども、その件はもう次回ということになってますんで、すいませんけれども、よろしくお願いします。

 副市長、これはもう刷ってしまっているんですよね。まだ。これは自治会の回覧という話は出来るんですかね。回覧でまわすというのは。



◎安田副市長 これは自治会のほうにもお願いにあがらないといけませんので、一点、自治会の回覧の予定日というのはある程度、聞いておりますので、それに合うか、合わないか。合わなかったら、10月1日になると思いますので、出来ましたら4大紙でご理解いただきたいと思っておるんですけれども。



○土井委員長 よろしいでしょうか。それでは、今のチラシについては終わらせていただきます。

 本日の会議は延会します。次回は13日もしくは16日ということになっておりますので、また、追って日にちのほうはお知らせします。よろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会 午前10時36分

 会議のてん末を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。

市立病院関連特別委員長     土井清史