議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 阪南市

平成25年  3月 予算審査特別委員会 03月14日−02号




平成25年  3月 予算審査特別委員会 − 03月14日−02号









平成25年  3月 予算審査特別委員会



          予算審査特別委員会記録(第2日目)

1.日時

    平成25年3月14日(木)午後1時00分〜午後4時31分

1.出席委員

    委員長    土井清史     副委員長   三原伸一

    委員     上甲 誠     委員     野間ちあき

    委員     二神 勝     委員     古家美保

    委員     見本栄次     委員     有岡久一

1.オブザーバー

    議長     楠部 徹

1.欠席委員

    なし

1.説明のため出席した者の職氏名

    市長        福山敏博      副市長         安田 隆

    教育長       田渕万作      参与          櫛谷憲弘

    参与        町谷 茂      市長公室長       岩本正幸

    総務部長      神藤泰治      財務部長        中村幸治

    市民部長      門脇啓二      福祉部長(兼)福祉事務所長

                                    草竹忠義

    健康部長      草竹靖典      事業部長        石橋和彦

    上下水道部長    森 重幸      生涯学習部長      中野泰宏

    行政委員会事務局長 太田 実      会計管理者(兼)会計課長

                                    阿形邦広

    生涯学習部副理事(兼)教育総務課長   生涯学習部副理事(兼)東鳥取公民館長

              中出 篤                  石橋 勝

    事業部副理事(兼)農林水産課長(併)  上下水道部副理事    瀬戸山和則

    農業委員会事務局長 畑中 晃      事業総務課長      竹本 晃

    都市整備課長    川上哲二      土木管理室長      伊藤浩二

    水道業務課長    坂原俊弘      水道工務課長      藤井 昇

    下水道課長     池側忠司      農業委員会事務局次長  永田壮一

    学校教育課長    田窪宏年      学校給食センター所長  尾崎知行

    生涯学習推進室長  田邊浩二      尾崎公民館長      堀田昌幸

    西鳥取公民館長   西村吉弘      図書館長        南 茂樹

    農林水産課長代理  藤原健史      都市整備課長代理    坂本 勲

    土木管理室長代理  山東保貴      土木管理室長代理    南 憲治

    下水道課長代理   木元秀剛      学校教育課長代理    中井保則

    学校教育課長代理  濱井英洋      生涯学習推進室長代理  南 智子

1.職務のため出席した者の職氏名

    議会事務局長          肥田茂夫

    議会事務局次長(兼)庶務課長  森下伊三美

    議会事務局庶務課総括主査    桑田 学

    議会事務局庶務課書記      奥田智昭

1.案件

    (1)第1回定例会の付託案件審査について

      ・議案第34号 平成25年度阪南市一般会計予算

      ・議案第37号 平成25年度阪南市下水道事業特別会計予算

      ・議案第40号 平成25年度阪南市水道事業会計予算



△再開 午後1時00分



○土井委員長 みなさんこんにちは。昨日に引き続きましてご出席ありがとうございます。

 定足数に達していますので、平成25年度予算審査特別委員会を再開します。

 それでは、昨日に引き続きまして、案件1、第1回定例会の付託案件審査についてを議題とします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1.生涯学習部所管



△議案第34号「平成25年度阪南市一般会計予算」



○土井委員長 議案第34号「平成25年度阪南市一般会計予算」を議題とします。

 本案に対する説明は本会議において行われておりますので、省略します。

 生涯学習部所管事項の歳入歳出についての一括質疑を行います。



◆三原副委員長 こんにちは。午前中は中学校の卒業式、非常にすばらしい、我々もまた心新たに真剣にやらなければいけないと。それでは、再度始めます。

 予算書の98ページに3目の教育指導費がございます。7節に学校図書館専任司書賃金1,207万4,000円、障がい児介助員賃金6,094万1,000円とありますね。この二つについてそれぞれ何人分か、まず最初にお伺いいたします。



◎田窪学校教育課長 お答えいたします。

 まず、学校図書館専任司書賃金ですけれども、人数ですが、例年どおり8名ということになっております。ご存じのように2校に1名を配置しておりまして、その配置で7名配置としております。残りの1名につきましては、尾崎小学校と福島小学校の絡みがございまして、学校数が奇数になります。新尾崎小学校で図書の整備等業務が、特に春先の業務が多忙になりますので、尾崎小学校につきましては、1学期間中毎日勤務していただく。週5日勤務していただくと。その他の学校におきましては、2校で1人ですので、各学校におきましては5日間のうちの2.5日の配置と、そういう形になっております。

 続きまして、障がい児介助員の賃金ですけれども、これは大きく分けまして、A勤務、B勤務と2種類の勤務の形態がございます。A勤務のほうは、夕方4時までの勤務、B勤務のほうが2時半までの勤務ということになっております。A勤務のほうで34名、B勤務のほうで20名、それから医療的なケアが必要な子どもさんについての介助員、これは看護師免許が必要なんですけれども、その介助員が1名ございます。そういう配置になっております。



◆三原副委員長 障がい児介助員さんのいるおかげで、保護者の皆さんとっては、遠くに行かなきゃならないこともあるでしょうけど、地域の学校に通って行けると。本当にこの介助員さんの役割は大きいと思います。20人とおっしゃいましたので、皆様の与えられておる職場というのは生易しいものではない、大変ご苦労もされていると思いますので、どうか教育委員会のほうでもいろんな待遇面もあるでしょうけども、ある意味での働きやすいような、そういう意味で配慮だけはお願いしたい。

 もう一つは、専任司書さんにつきまして、私も前々から8名は存じ上げております。とにかく中学校、小学校に入っていただいたと。これは10数年になりますので、今回課長さんのほうでお答え願いましたから、尾崎小学校と福島小学校が統合になってどうなるのかなというのはありまして、今説明を受けました。

 もう一つお伺いしたいのは、この8人の方、今回はちょっと不規則になりますけども、全く同じような、要は配置がえというんですかね、学校関係をかわって、今回は2年たったら小学校、あなたの勤務地はここですよという配置がえ的なこともやられているんでしょうか。その周期的なものがあるんでしょうか。全く同じ学校でずっと最後までいくということか。どうかその辺教えていただけませんか。



◎田窪学校教育課長 配置がえのほうは実施しております。特に、今年度学校が一つなくなるということで、バランスが崩れるということもございますし、それぞれの司書さんのキャリアであるとか、そういった面も考慮させていただいて、一般の教職員の内示のときに同じように発表しようというふうに考えております。



◆三原副委員長 学校図書館専任司書さんの役割、また今までの功績というんですか、私は大変大きいものと思っております。また、学校だけじゃなくて図書館専任司書さんは、学校の図書を購入する場合の先生方から聞いたものをピックアップする、そしてまた大阪にある図書館、そして阪南市にある図書館との連携をとりながら、自分の学校にないものを子どもたちにどんなして読んでもらおうかという、非常に大きな役割があります。本を読もう、読もうといったって、その環境整備がなかったらできない中で、本当に皆さんの役割があってこそできるものということで、動きやすいような、また図書館専任司書さん同士の交流、意見交換会、そしてまたこの阪南市の図書館との交歓会的なことは、これは定期的に行われているんでしょうか。



◎田窪学校教育課長 これも例年定期的に行っております。



◆三原副委員長 あとは費用対効果というか、私はこの1,207万円というのは、大変申しわけない、何かの機会というか、いろんなことを考えて働きやすい場所、安定は安心であり、また安定する、安心があるということは仕事に専念ができる。そういう福利厚生云々、これから課題になると思いますけども、私たちははっきり言って阪南市全体の事業仕分けをする、無駄なお金が私はいっぱいあると思います。そういうお金は、無駄なものは1銭も要らない。だけども、必要なところにお金が回ってない。だから、予算審査特別委員会、これからも審議ありますけども、本当にこのお金は無駄と違うのかというものをどんどんやりながら、我々は必要なところに回していかないかんなと、私は議員として思います。その辺はどんどん指摘しながら本当に一生懸命頑張っている人、役立つところにお金を回しながら、これはせんでもいいん違うかというような事業があればどんどん減らしながら、これから予算審査特別委員会が続きますけども、しっかりとその辺もやると。

 これは、私は教育委員会に言っておるわけじゃなくて、市長を初め財務のほうも、財政のほうもそういう配慮もしながら、一生懸命働くところ、必要なところ、費用対効果と行政の皆さんがおっしゃっているわけですから、その辺のことを考えながらよろしくお願いしたい。

 次お伺いいたします。101ページのほうをちょっとお願いいたします。13節の委託料7,057万1,000円、小学校の改修工事監理委託料(?期)、それから15節のほうに工事請負費ということで尾崎小学校、上荘小学校などの改修工事等2億5,653万円。今回上荘小学校の工事委託料、そしてまた改修工事費用とあります。こういうのにまた国の交付金が関連しているのかと思いますが、その辺どうでしょうか。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 上荘小学校につきましては、本年度から耐震工事等を進めております。本年度につきましては、上荘小学校の耐震工事のみをしておるわけですけども、25年度につきましては、耐震工事とあわせて大規模改修を行います。それとあと26年度に一部トイレが25年度分を1カ所しますので、もう1カ所残りますので、その分がトイレの改修工事をするというふうな今スケジュールで進んでおります。



◆三原副委員長 この大規模改修ちょっとをわかる範囲で結構です、今校舎がありますよね。校舎の状態がどう変わるのか、どういうふうな大規模になるのか、ちょっと内容がわかれば教えてください。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 大規模改修の内容ですけども、大きくというんですか、主なところにつきましては、屋上の防水関係、あわせて先ほどご説明させていただきましたトイレの改修というところで、内装を大きくさわるとか、そういうものではありませんので、工事内容としては以上でございます。



◆三原副委員長 わかりました。できるだけ国の予算、またいろんな例を引き寄せて学校のことを少しずつでも結構ですので、安心・安全、また特にトイレはできればトイレだけでもきちっときれいに、ホテル並みのトイレとは言いませんけども、今あるトイレは余りにも大変な状況ですので、女の子は特にいろんな意味で思春期になりますから、その辺もこのできるときにワンパターンのトイレじゃなくて、いずれそういうときがあれば、皆さんのほうもどうか考えておいていただきたいと思います。

 次は、104ページのほうの2目教育振興費でございます。7節のスクールカウンセラー賃金に166万4,000円がありますね。皆さんもご存じのように、府立高校から始まって、小学校も始まって、いろいろな意味でこれまでいじめがあったという話、また体罰があったという話があった。私らの阪南市も当然あると思います。やったとかやられたとかいうことだけでなくて、どのようにして精神的なケアをしようかといったときに、これまでは国からの配置でカウンセリング、置いていたほうがいいやろうという形でありました。今回166万4,000円というふうになっておりますけども、これは1名なんでしょうか。その辺の人数、まず最初に教えてください。



◎田窪学校教育課長 人数のほうは1名でございます。内訳を言わせていただきますと、1日8時間で年間40日、そういう計算になっております。



◆三原副委員長 ごめんなさいね。年間40日というのは、月にしたらどうなってるんですか。毎日いないということですか。具体的に、例えば1月、2月、3月、これ大体何日おるんですか、毎月にしたら。



◎田窪学校教育課長 週1日の計算で、学校のほうは大体30から35週という形になりますので、大体週1日勤務という、そういう形になります。



◆三原副委員長 これで十分に足りているというような質問をしたらややこしいと思いますけども、今までのカウンセリングは、多分そういうふうに週1日置いておけばいいだろうというふうなことがありました。

 私申し上げたいのは、大津のほうから始まって、いろんな意味からいじめがあった。先生方も悩んでおります、保護者も悩んでいる。だから、そういう意味では、今カウンセリングの必要性が十分高まっている中で、同じような形でいくんじゃなくて、これからできたら予算面も確保という形で、教育長も、また部長にもちょっとお願いせないけませんけども、やはりカウンセリングの配置時間とか、先生方も受けたいときに受けられる、週1だったらとても時間がないとか、あるとは思いますので、今の現状を考えて、いじめの関係、また体罰の関係、先生方の精神的なフォローの関係、または保護者が来たときも対応できるように、そういう必要性が本当に多くなっております。これから将来的にもっと配置が必要だと思いますけども、その辺の考えはいかがでしょうか。



◎中野生涯学習部長 今のご意見ももっともだと思いますが、こちらのほうで今、数字のほうを上げさせていただいているスクールカウンセラー1名につきましては、あくまで市単費のスクールカウンセラーということでございまして、国・府のお金を使いまして現在各中学校にも1名ずつ延べ6名阪南市としてはカウンセラーを現在任用しております。

 当初、国のほうの考え方で、中学校に1名ずつということで配置いただいている中で、どうしても小学校のニーズ、あるいは幼稚園のニーズ、あるいは先ほど委員おっしゃいました先生方、保護者という本当にニーズがたくさんふえてきまして、市のほうにお願いして市単費でつけていただいているという状況でございます。ただ、これで必ずしも足りているのかといえばそうではないと思いますし、たださまざまな市のほうでいえばスクール・ソーシャルワーカーであったり、あるいはコミュニティー・ソーシャルワーカー、そういったさまざまな形の専門職の方に入っていただいて、そういった問題に対応しております。ただ、今後ますます必要な場面というのは本当に出てくるかと思いますので、そのあたりでこちらのほうの任用の状態も見ながら、まだ要求していかなければならない状況であれば、どんどん要求させていただきたいと考えております。

 以上です。



◆三原副委員長 そうですね、とにかく事件が起きてから、何か起きてから報告しなさいとかじゃなくて、その前から予防という形もあって、専門の方がいらっしゃる。先生方も手が回らんところはいっぱいあると思うんですね。教えるばっかりだけじゃなくて、いろんなことまで配慮せないかん。そういう時に、精神、目に見えないものですね。ぜひ学校現場においては、もっと予算を要求しながら、要因はいっぱいあるわけですよ。心もいらいらしていることも多いし、先生方も大変だし、そういう意味ではカウンセリングの重要性は今は本当に高まっている。これで満足ではなくて、もう1人ふやしていけないか。何かあったときにすぐに相談できるという形で、お互い何かあったら責めるんではなくて、支え合う、聞いてあげる、その人の気持ちになって聞いてあげるという教育環境整備、耐震化ももちろん大事です。防災教育ももちろん大事です。その前にソフト面の人、人というのを大事にしながら、教育委員会に予算がないわけですから、行政部門にも我々要求したいと思いますので、その点先生方を守りながら、生徒を守りながらぜひよろしくお願いしたいと思います。この件は以上です。

 続きまして、20節の扶助費がございますので、ちょっとお伺いいたします。104ページの扶助費がございます。この中には特別支援教育就学奨励費24万円、中学校夜間学級就学援助費20万7,000円、ちょっとこの2点だけご説明をお願いいたします。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 まず、特別支援教育就学奨励費につきましては、支援学級に在籍する保護者に対しまして経済的支援ということで、学用品、給食費、校外活動費、修学旅行費などを所得により認定することによりまして奨励費として支出するものでありまして、予算的には予定者としまして9名、支給平均額が2万6,594円ということの積み上げの上で24万円というのを予算計上させていただいております。

 続きまして、中学校夜間学級就学奨励費につきましては、夜間学級ということで、現在岸城中学校に就学する経済的に困窮者に対して必要な支援、先ほどと同様に学用品、校外活動費、修学旅行費、通学費などの援助を行うものでございまして、これにつきましては、10万3,250円の2名分ということで今回予算計上させていただいております。ちなみに、現在岸城中学校の夜間学級に通っている生徒というのは、ゼロということでございます。

 以上です。



◆三原副委員長 わかりました。ありがとうございます。予算的には、24万円とか20万7,000円というささやかな金額に見えるかもわかりませんけども、そこに行く方にはとても重要な、大切な予算でありますので、いろんな話を聞きながらこの予算的なものもこれからもまた配慮していただきたい。私はそういうふうに考えます。

 次は、116ページ、3目学校給食費をお願いいたします。この中に15節工事請負費として2,870万円、中学校配膳室整備工事というのがあります。また、29ページの8目には教育費府補助金、4節に中学校給食事業府補助金6,621万5,000円があるんですが、今回は3目の学校給食費2,870万円についてお伺いいたします。前々から部長、また教育委員会から説明を聞いております。中学校配膳室整備工事2,870万ありますけども、とりあえずこの5中学校の大体の、どこに設置するんやというふうなことが決まったのかどうかをお伺いしたいのと、それから工事説明があったかどうかわかりませんが、いつからやるのか。その2点だけお伺いします。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 中学校の配膳室の整備工事につきましては、今回全中学ということで5中学を対象に今設計を進めさせていただいております。基本的なところでいきますと、その設置場所につきましては、食材の搬入等ございますので、1階を予定しております。ちなみに飯の峯中学校及び尾崎中学校につきましては、配膳室用の部屋というのが、予定の部屋がございまして、今現在別の倉庫的な形で利用はしておるんですけども、そこにつきましても、尾崎中学校につきましては現在に合わせた形での内装なりも含めて改修を予定しております。ほかの中学校、貝掛中学校につきましては、一つの教室を二つに割った形で、その半分を配膳室に使います。鳥取中学校につきましては、今現在倉庫に使っているところを使用する。あわせて鳥取東中学校につきましては、今会議室にしておる1階の部分を配膳室として改修予定でございます。

 あと、時期的なものにつきましては、工事に伴う音等も出ますので、できる限り夏休みを中心にその前後を使いながら整備を考えております。というのも、今回大阪府の補助金等もありますので、その補助申請等を進めますと、5月、6月ぐらいの工事発注になろうかと今のところ考えております。

 以上です。



◆三原副委員長 ありがとうございます。次の質問は部長のほうにお伺いしますけども、今課長のほうから報告ありましたとおり始めるということです。確認したいことは、この間の3月定例会、公明党の代表質問でもお伺いいたしましたけども、お母さん方は、または広報でもある一定は、2学期を目安にということで、25年度ということでありますけども、2学期から始まるのかなという期待もあります。それはそれで、ただし大事なことは、安全・安心ですから、給食アレルギーのことを私たちは党として質問いたしましたけども、万全にしてもらいながら、これが確保される中で進めていく。ただし、この配膳室だけはいつでもいけるんやという形で、再々確認しますけども、この配膳室だけは2学期にスタート、使えるように準備だけはしていただきたいし、またあれから1週間もたってませんが、このアレルギーに対して何かありましたら、ご答弁をお願いしたい。



◎中野生涯学習部長 お答えいたします。

 まず、中学校給食につきましては、先ほど委員からもございましたように、基本的には26年4月を目途と考えておりますが、できる限り早く前倒しをしたいということで、2学期まで前倒しできればというふうには考えております。ただ、先ほど課長からもございましたように、工事発注が5月、6月の中でやはり中学生でございますので、なるべく授業にも迷惑をかけない形、それと幾つかやはり他の工事との絡みが出てきますと、時期的なものというのはなかなかお約束はできないかもしれません。ただ、今目途としましてはやはり2学期に始める一番の目的は、安全・安心な給食の提供という中で、間もなく業者のほうも決定される中で、その業者とのやりとりの中で本当に今おっしゃっていただきましたアレルギーを含めた安全・安心な給食の提供ができるかと。それができなければスタートはやはり見切り発車はしたくないというのもございますので、そこの部分と、ただそれが速く進むのであれば、その時に配膳室が準備できていないと、こういうことがないように頑張っていかせていただきたいと考えております。

 以上です。



◆三原副委員長 あとはささいなことでございますけども、とにかく我々も対話、協議をしながら、大体そうやろうなと思って、そうやろうと言いながらいつかわからんと。だけども、私もお母さん方に聞かれたら、お弁当箱を今から買いに行くんやと。だったら2学期使えるようにしてますよね。夏休みになったら、2学期修了したら持っていこうという子もおるかもわかりませんので、その辺のことですね。要は夏休みじゅうぐらいまでには、学校を通して子どもたちにもこうなりましたと、いや使えますよと、ああもうちょっと待ってねということを、きちっとしたもの、弁当箱を持っていこうとして何もなかったら困ります。弁当箱じゃない、給食が来るんやから、そういう頭ですよ。始まるだろうという期待が大いにありますから、その辺のことを配慮しながら夏休み中までには保護者、また子どもたちにも伝わるように、その辺はよろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○土井委員長 ほかにありませんか。



◆上甲委員 こんにちは。私のほうから何点か。今、三原副委員長のほうからちょっとお話しあったところで、もう一つ聞きたいんですけども、プロポーザルの今の進捗状況、また応募状況なんか教えてください。お願いします。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 プロポーザルというんですか、今回中学校給食の調理等業務委託ということで、今現在プロポーザルを進めておるところですけども、参加業者につきましては、4業者でございます。進捗状況につきましては、今現在参加業者から提案書をいただいておりまして、あとプレゼンテーションも受けております。あと、調理場の現場確認を昨日、12日に終えておりますので、それを含めた形で最終選定業者というの決めていきたいと考えております。

 以上です。



◆上甲委員 ありがとうございます。先ほど三原副委員長もおっしゃったように、できるだけ安全・安心な形で5月できたらなと思ってますので、よろしくお願いします。

 ちょっと戻りまして、113ページになりますけども、この概要書の中で図書館の書架の耐震事業というのがあるんですけど、それはどこに当たるのかというのを教えてほしいのと、あとまたその開架書架だと思うんですけども、それの耐震方法なんかもちょっと教えていただいたらと思います。よろしくお願いします。



◎南図書館長 図書館書架耐震化事業についてご説明申し上げます。

 まず、予算書のどこに記載されているかについてご説明申し上げます。予算書113ページ、6目図書館費、11節需用費、修繕料52万3,000円の中に、図書館書架耐震化事業としまして40万3,000円が含まれています。この修繕には書架、つまり本棚に金具等を使ってボルトで床固定をすることにより、強度補強するため現在並べている本を出し入れしなければなりません。見積もり比較しますと、業者に本の運搬作業を依頼するより、職員及び臨時職員が作業するほうが安くできることから、7節賃金、臨時職員賃金729万4,000円の中に臨時職員5人分としまして3万2,000円含まれています。修繕料40万3,000円、臨時職員賃金3万2,000円の合計額43万5,000円を図書館書架耐震化事業として予算計上させていただいております。

 続きまして、どのような工事であるかご説明させていただきます。阪南市立図書館は、現在のところ耐震診断調査が近々には必要とは言われていない昭和56年6月以降の耐震化基準に基づき建てられました施設でございます。平成元年11月にサラダホール内に文化センターとの複合施設として開館いたしました。図書館内で設置しています書架、つまり本棚は壁に設置しているもの以外は固定しておりません。高さ2m、幅50cm、長さ3m70センチの大きさの複式高書架が8本、大人の胸の高さぐらいの139cmの高さの複式低書架が25本ございます。阪南市立図書館は25年目を迎えており、阪神・淡路大震災やその他の地震による影響での書架転倒は、幸いなことに一度もございませんでした。しかし、これから発生するかもしれない大地震による防災、減災のため、書架を床固定し、強度を高め、転倒の防止を図ることにより、年間20万人の利用者の方に安全・安心を高めた図書館を提供することの予算でございます。

 以上でございます。



◆上甲委員 ありがとうございます。とてもわかりやすかったです。

 次行きます。最後なんですけども、生涯学習ということで、この予算の中にどこに入っているか、もしくは入ってないかということをお聞きしたいんですけども、分野として、きのうはちょっと観光のことをいろいろお聞きしてたんですけども、もう一つは国際交流、今動いていただいているサークルの方もいらっしゃいますけども、そのあたりで何か特段予算がついているということがあるかどうか、ちょっとお聞かせください。



◎田邊生涯学習推進室長 国際交流でございますけども、108ページの13節委託料、国際交流委託料で10万円という形でついております。国際交流団体3団体ございまして、そこに委託しているという形で計上させていただいております。



◆上甲委員 ありがとうございます。きのうも市長の話の中ではあったんですけども、これから観光的にいろいろ力を入れていただいて、また台湾とか韓国とかその辺の交流もこれから激しくなるというか、盛んになるというふうな方向の中で、この国際交流というのは、今まで阪南市は一応活動はしていただいているんですけども、やっぱり泉佐野市とかに比べたらずっとずっとおくれてて、もっともっと盛んに、またそういうホームステイとかホームビジットとかももっともっと取り入れられるような体制づくりが必要だと思いますので、これからもまたお力を入れていただきますようよろしくお願いして終わりたいと思います。ありがとうございます。



○土井委員長 ほかにありませんか。



◆二神委員 それでは、質問させていただきます。予算書116ページの18節備品購入費3,585万5,000円、説明では庁用器具費、機械器具9万6,000円と3,575万9,000円計上しております。これの内訳をお伺いいたします。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 3,575万9,000円、これにつきましては、中学校給食に伴いまして配膳室等への保冷庫や配膳棚等、給食関係の備品の購入費でございます。



◆二神委員 わかりました。配膳室等の関連の機械器具ということですね。了解しました。

 次に、質問させていただきます。99ページ、19節の説明の中に地域教育協議会補助金45万円計上されております。この内容について質問いたします。



◎田窪学校教育課長 ご存じのように、中学校区にそれぞれ地域教育協議会がございますけども、5中学校区それぞれ9万円ずつということになっております。



◆二神委員 ありがとうございます。各中学校9万円ずつということで、この地域教育協議会の補助事業、補助金ということで、最初は国から指導、また大阪府から指導ということで、最終的には予算がなくなってしまったと。その中で、これをなくしてはいけないということで阪南市単費で予算を計上していただいていると、こういう経過だったと思ってます。

 今回、第1回の定例会でも、公明党の代表質問で三原幹事長が質問、この地域教育協議会の補助事業についてお伺いいたしまして、本当に協議会においては、各中学校区におけるフェスタ、挨拶運動、清掃活動、世代間交流などを通して、学校、家庭、地域が一体となって、地域ぐるみで子どもを育てる体制を整えることを大きな目標として、教育コミュニティーづくりの一層の充実発展を目指して、さまざまな角度から学校教育活動を支援していただいているところであるというような答弁がありました。

 その中で、地域教育協議会に参加されている方、各中学校、1,000人以上もの地域住民さんが集まって、非常に今喜ばしい活動を行っていると、すごく感謝する次第なんですけども、ただやはり住民さんからの声、運営する側のほうからの声というのは、余りにもその予算の中で運営を行わないといけないという中では、以前もこの質問をさせていただいた中で、ガムテープ、はさみ、消耗品費ですね。そういったものを各自で負担している、自己負担があると。その予算の中でしないといけないというところで、まだまだやりたいことがたくさんあるという声も出てきております。そういった中で、今回45万円の計上をしていただいておりますけども、今後これは拡充される方向性なのかどうか、お伺いいたします。



◎中野生涯学習部長 お答えいたします。

 すこやかネット地域教育協議会につきましては、平成12年、13年に立ち上げということで、今委員おっしゃいましたように、そのときには国あるいは府から補助金をいただいて、いわゆる立ち上げ費用ということで、よくあるパターンで、最初のお金は出すけども、ランニングコストはあとは地域だという形でずっときております。

 もちろん、この金額で全くそれがカバーできているとは思っておりません。ただ、ここ数年単費でお願いするところで5万円から始まりまして、来年度ようやく9万円というところに来ましたが、やはり財政課等との調整の中で、前年度のいわゆる成果、それをもって次の予算要求ということがございますので、ここでとまってしまうというつもりではおりませんが、やはり毎年毎年の今のようなお声を聞きながら、次年度もまた予算要求ということでやっていきたいと考えております。

 以上です。



◆二神委員 ありがとうございます。このフェスタ等、参加するに当たって、各種団体の申し入れの中で、消火訓練、そういったものも行っております。非常に勉強になるということで、今予算計上の45万円ということで、1,000人から1,500人、あるいはもう2,000人になりかねないというような状況になってきておりますので、予算のほう、財政は非常に厳しいのはもう重々わかっております。その中でも、本当に地域住民さんが子育てに力を入れていこうという方々がふえてきているのは非常に喜ばしいことですので、またよろしくお願いいたします。

 もう1点、手づくりで皆さんやっている中で、もう一つの声が聞こえてくるのは、5中学校でこの事業を行っていると。ただ一つの中学校区で行っていることがなかなかうわさとか、各中学校どんなことをしているのか、うわさ、情報というのが聞こえてくるものの、実際にこういうことがあってよかったとかいうような交流がないという声もありました。ですので、この予算計上していただく中で、さらに中学校区の催し、どんなことを行ったかということを交流会、報告会、そういったものも進めていただきたいというような声もあるのですが、その点についてどのようにお考えですか。



◎中野生涯学習部長 お答えいたします。

 立ち上げ当初は、実は市の方でも数回会議を行っておりまして、特にそれは府・国からの指導もあった中でということもございましたが、当初委員長、あるいは協議会会長さん、それから各学校校長先生とかさまざまな方に集まっていただいて情報交換する中で、特に5年目ぐらいに地区の発表が回ってきまして、本当に一つになって発表させていただいたということがございました。それまでは中学校区別にさまざまな地域性がございましたので、なかなか一つにというのは難しいという中で、一度は市内で一つのフェスタにというような案まで出たんですが、やはり地域性ということで、5中学校でというふうにもとへ戻っていった経緯もございます。

 ただ、今委員おっしゃいましたように、確かにこちらのほうがそういう会議のほうを全く設定できずに進めておるところがございまして、実は今年度の教育委員会のいわゆる事務局の内部の反省の中で、それをもう一度見直していこうということで、次年度、25年度には再度、いきなりは無理かもしれませんが、会長さん初め5中学校のすこやかネット地域教育協議会の役員に集まっていただく機会であるとか、そういったものをコーディネートしていって、もう一度情報交換も含めてそういったところを見直していく、そんな中でもう一つの課題としまして、今現在、地域協を支えていただいている方々が固定化してきている問題であるとか、そういったものも把握しておりますので、そういったところも含めて研究協議させていただく場を設けさせていただきたいとは考えております。

 以上です。



◆二神委員 とてもうれしいご答弁ありがとうございます。今までやっていたということは、教育委員会のほうから進めていってたということだと思うんですけど、今回は地元住民さんが、運営する側の住民さんがそういう交流会を開いていただきたいということなので、そのタイミングを合わせていただいて、しっかりやっていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 以上です。



○土井委員長 ほかにありませんか。



◆野間委員 まず最初に、予算書29ページの教育費の府補助金のところなんですけども、こちらで使える英語プロジェクトの分があるんですけども、この分で備品購入費とか、あと委託料、消耗品なんかあるんですけど、この内容をお聞かせ願えますか。



◎中井学校教育課長代理 失礼します。まず、使える英語プロジェクト事業というのは、府の補助金のもとに本年度2年目、来年度が3年目で、3年契約ということで実施しております。主に飯の峯中学校と桃の木台小学校を対象校として、備品購入ではプロジェクターやパソコンそれからスクリーン等を購入しまして、学級のほうに設置しまして、英語の先進的な授業のほうを行っております。それから、本年度は違いますが、昨年度に関しましては、委託ということで外国人ALTのほうをその費用の一部を使って雇用しまして、飯の峯中学校と桃の木台小学校のほうに配置しております。

 以上です。



◆野間委員 その3年間の間でプロジェクターとかスクリーンを整えていくということなんですか。もう既に整い始めているということなんですかね。



◎中井学校教育課長代理 既にプロジェクター、スクリーン、パソコン等に関しましては、本年度で整うことができました。次年度、来年度最後の年に関しましては、現在のところ考えておるのは、書籍、海外の絵本とか、そういったものを充実させて、子どもたちの興味、関心を引くような環境をつくりたいなと考えております。



◆野間委員 ありがとうございます。では続いて、予算書の99ページと104ページなんですけども、まず104ページのほうなんですが、ALTの分で予算計上されてます。2目教育振興費なんですけども、これはALTへの賃金というふうに思うんですけども、それとまた別で99ページの教育指導費の中に英語教育支援員派遣委託料とあるんですけども、これをちょっと教えてもらっていいですか。



◎中井学校教育課長代理 まず、104ページのほうの委託料の735万円ですが、これは本市の市独自として市内の小・中学校全てにおいてALTを雇用して派遣しているという部分の735万円ということになります。

 それから、戻りまして99ページの委託料の英語教育支援員派遣委託料ですが、これは先ほどの使える英語プロジェクト事業というのがございまして、その中で府から150万円の補助プラス英語検定の能力判定テストというのを毎年受けなければならないというようなノルマがございまして、その値段の半分を府が補助していただいて、残り半分を市単費で払わなければならない。そのテストのほうは、日本英語検定協会のほうに委託しているという部分になります。



◆野間委員 ありがとうございます。そしたら、その104ページのALTについてなんですけれども、もともとはJETプログラムでALTをお願いしてたと思うんですけども、この2年ほど派遣にかわりました。前のJETプログラムのときに、私初めてALTについて質問させていただいたんですが、そのときになぜJETプログラムを活用するのかというご答弁をいただいたときに、その指導される外国人の方も、しっかり身分といいますか、現地のほうでもしっかりと身分が保障されたり、いろいろな面でJETプログラムが一番いいんだということで、JETプログラムを活用しますというお話だったんですね。

 その後、補助が打ち切られて、補助がなくなった時点でこの派遣にかわったんですよね。現在1名また追加されて活動していただいていると思うんですけども、何も問題なく、支障なくいけているのかどうか。ほかの自治体ではいろんなうわさとかお話とかも出ているんですけども、本市においては何もなく授業なり交流なりを行っていただけているのかをお伺いできますか。



◎田窪学校教育課長 まず、JETプログラム、私も担当させていただいた時期があるんですけれども、先ほどおっしゃっていただいたように、教員ですね、補助に入る外国人の身分が確かに確実なものだと。国が募集して、それに応募してきた外国青年を雇用しているということですので、確実だということがありました。それから、それを配置した地域、学校と相談をしながら英語教育を進めていってもらえると。つまり、地域、学校に応じた教育をしてくれる、そういうメリットもございました。

 市全体としては、交付税の対象にもなっておりまして、それも入ってくるということがありました。平成23年は、JETプログラムだけで運営をしておりました。24年は、ことしですけれども、24年は1学期だけJETプログラムで、2学期から先ほど言っていただきました民間の委託に切りかえて1年間をやってまいりました。それで次年度、25年度は民間一本で運営していこうというふうに思っております。

 この民間のほうのメリットなんですけれども、23年LETで運営していたときには、延べで320日教員を学校に配置することができたんです。今年度、24年が半分JETで半分民間だったんですけれども、362日。予定ですが、25年度、次年度は480日教員を学校に派遣できる、そういう計算になっております。23年度から見ますと、1.5倍ということになっております。

 あとは委員ご心配のとおり、質の確保というところが大きな問題になろうかと思っております。これもプロポーザルをしまして、時代の流れといいますか、民間の業者さんも外国人を雇用してしっかりと会社の中で研修をして、指導技術も当時と比べますと格段に上がってきております。ご心配いただいている学校現場でのトラブル等も現在のところない状態でございます。その辺の質の確保というのは、私たちも常にチェックをしてこれからも気をつけていかなければならないと考えております。

 以上です。



◆野間委員 その派遣していただける日数がふえて480日になる予想だということなんですけども、その国その国でやっぱりお国柄というか、そういうのもありまして、日本人というのは、比較的時間なり何なりにきっちりしている人種だと思うんですね。ただ、おおらかな国の方は遅刻してでも全然構わないというような感覚を持たれている方もいらっしゃるようです。ほかの学校ではそういう遅刻なり早退なり無断欠勤なりということも発生している事例も聞いてますので、その辺もしっかりと、監視ではないですけども、監督していただいて、せっかく480日来てもらえる予想を立ててても、例えば30日遅刻なり欠席なりということであれば、何の意味もなくなりますので、その辺もしっかりしていただいて、子どもたちにもっと世界というのはこういうものなんだよということを伝えていっていただければなと思います。

 以上です。



○土井委員長 ほかにありませんか。



◆古家委員 115ページの中学校給食のところでお伺いします。

 学校給食費の7番賃金のところで、中学校給食栄養士賃金というのが上がってまして、その次の報償費のところでは中学校給食の栄養士通勤報償費も上がっています。この方は、多分1名かなとは思うんですが、これはいつ時点で中学校給食の栄養士さんというのを雇用……



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 この中学校給食栄養士につきましては、今回進めていく中学校給食に伴うものでございまして、基本的には今年度、24年度に委託業者が決まりますので、その業者と本来の中学校給食の実施に向けて協議を進めていくということになりますので、そういう形で市のほうで栄養士を雇うというんですか、雇用するという形になります。ですので、この4月から、毎日というわけではないんですけども、必要に応じてということでよろしく。



◆古家委員 それから、その8番の報償費のところで、給食指導研修講師謝金とあるんですが、これは誰に対する研修で、研修の中身としてはどんなものが予定されてますか。



◎尾崎学校給食センター所長 この給食指導研修講師謝金につきましては、給食関係の校長、PTA、その方につきまして2年に1回講習会を開くものでございます。



◆古家委員 そしたら、これから中学校給食を始めるに当たって、現場の先生とか中学校給食に携わる方々に対するものではないということですね。もしそうでないんだとしたら、その中学校給食、食育も含めてですけれども、これから充実していかなきゃいけないので、そういう研修というのは予定はされてないですか。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 まず、中学校給食に伴う研修等につきましては、今回予算化はさせていただいておりません。実際、時期等具体に進めていく中で、必要な部分につきましては、今後また補正計上などさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。



◆古家委員 中学校給食、一番心配しているのはアレルギー対策のところですので、そのあたりもしっかりと皆さん研修していだたいて、現場での対応というのはすごく難しい部分があると思いますので、事故が起こらないように、起こったときの対処法、万が一起こった場合の対処法とか、いろんなことを勉強していただきたいと思います。

 それから、先ほどから出てました体罰、いじめのことなんですけれども、きょうは卒業式にも行かせていただきました。それで、やっぱり日の丸、君が代とかそういうことがかかわってくるんですけれども、府教委のほうの考え方で口をあけて歌ってないと処分の対象になるとか、いろんな難しい問題が現場に降りかかってきていると思うんですね。一番大事なことは何なのかなと、きょう見てて思ったんですけど、やっぱり子どもたちに戦後民主教育をずっとやってきたということなんですけれども、本当に日の丸、君が代が悪いというんじゃなくて、君が代、歌いたい人は歌ったらいいと思うんですけども、歌いたくない、先生にも押しつけるというのがどうかなというのは、私はずっと思っているので、民主教育の中で非民主的なことを子どもたちの目の前でしなきゃいけない先生のつらさというのもあるし、そういうことが押しつけられてはいけない。一番いけない場所ではないかなと思うんです。そのあたりで見解がもしおありでしたら、答えられるようでしたら、難しいとは思いますが。



◎田渕教育長 一応国旗、国歌、これは法によって定められております。私たちは子どもたちの前に立つ、そして子どもたちを指導していく立場の者でありますし、やはりそのところにおいて模範となるべき行動をとらなければいけないと思っております。しかも、国旗、国歌につきましては、我が国ばかりではなく、先ほど国際交流とかいうこともございましたけれども、国際社会においてやはり国を重んじ、また国民を重んじること、国歌を大事に使うこと、これは当然のことでございます。やっぱり国際国家としての信憑性というんですか、信頼を招く上でもやるべきことだと認識しております。

 以上です。



◆古家委員 この場でそういう議論がどんどん進んでくるのもどうなのかなと思いますので、深くは入りませんけれども、その子どもたちに模範を示す姿勢というのが何なのかというのが問われているんだと思うんです。条例でも決められて、そして国旗・国歌法で定められているからということですが、以前にも申し上げたかもわかりませんが……



○土井委員長 古家委員、申しわけないけど、予算審議のほうに戻っていただければありがたいです。



◆古家委員 はい、わかりました。これはもう一言だけにします。そんなんで、これからまたいろんな問題、例えば先ほどのいじめの問題とか、いろんなのが出てくる可能性がありますけれども、それは皆大人の社会の反映であって、子どもたちにそういう大人がいじめられているところを見せていることが一つの大きな要因にはなってないかなという危惧をいつも抱いてます。

 以上です、済みません。この件に関しても、もう終わります。



○土井委員長 ほかにありませんか。



◆見本委員 予算書の111ページの3目の文化財保護費、これは1,335万6,000円ということで、前年度よりちょっと少なくなってて、その中で7節の賃金1,000万円ほど、もうほとんどこの文化財保護費の中の多くを占めている臨時作業員賃金ですけれども、これは何名の方の賃金を予定しておるんですか。



◎田邊生涯学習推進室長 臨時作業員賃金ですけども、これは発掘の関係上、どのぐらい発掘の現場があるかということで変わってくるんですけども、今回予定させていただいている分につきましては、外の作業員が83万2,000円で、1人1万4,000円掛ける80人、内業の調査員ということで413万1,840円、内訳は1万760円掛ける384人、そのほか調査専門員といたしまして228万7,358円、内訳といたしまして19万613円掛ける12カ月、これは1名分ですね。外業調査員といたしまして316万4,160円、内訳といたしまして1人分8,240円掛ける384名ということで計上させていただいております。



◆見本委員 私、その人たちの賃金をどうのこうのとか、何も思ってないんです。ただ、こういうふうな発掘調査して、それをどのような形で保存していっているのか、ちょっと現状をお聞きしたいんです。



◎田邊生涯学習推進室長 委員のおっしゃるとおりでして、一応発掘された物品につきましては、現況をとどめない分については形態を整えるように、かなり土とかありますけど、それを復元するという形で保存のほうにもやっておりますし、それを展示室なんですけども、今現状で博物館という形はございませんけども、旧東鳥取幼稚園のほうの展示室のほうで、そういう出土物に関しましては展示のほうはさせていただいております。

 以上です。



◆見本委員 一応その保存の仕方というのは、私、かねがねずうっと問題に思っているんです。それで、こっちも組織実施計画の中で向出遺跡の整備保存事業と、こうあるんですよね。これは前年度が6万7,000円で、今回6万1,000円ということで、ずうっと推移していくんですよね。それで、これからどういうふうにしていくかというたら、協議を重ねて国の史跡指定を目指すというふうになっているんですよ。これ一体、先、どういうふうに考えているんですか。

 というのは、私もあっちこっちいろんな市に行っていろいろ調査しているんですけれども、この2月にも埼玉県の川越市に行ってきて、というのは、やっぱりうちの阪南市も歴史博物館あるいは歴史資料館、名称はいろいろありますけれども、そういうものが絶対に必要やと思っているんです。この間行った川越市なんかでも、小学生が学校教育の中で自分たちの市の歴史を見詰めるということで、いろんな取り組み、また学習の場となっているわけなんですね。

 それが全然なくて、私もこの向出遺跡というのは、発掘されたときに行かせていただきました。大勢の方が見学にも来られて、また阪南市としても唯一そういうふうな縄文時代の貴重な遺跡だと、このように私も認識しているんです。ということは、この協議を重ね国の史跡指定を目指すという作業は、どういうふうな作業があるのかお聞きしたいんです。

 というのは、ここの土地も購入していかないといけないと思うんですよ。というのは、よその市に行っても、歴史博物館とか歴史資料館の中においてでもそうですけれども、またその市域についてでも、ここの建物は何とかしたいというところがあれば、市が買い取っているわけなんですよ。そういうふうなところで、今後この向出遺跡とかこういうふうなことのあり方、そしてどのような方向性を目指しているのか、ちょっとお聞きしたいと思います。これは市長のほうが一番いいかもわかりません。そうですか、原課でお願いいたします。



◎田邊生涯学習推進室長 今のご質問ですけども、今現在旅費という形で挙げさせていただいてます。これは文化省のほうで何かありましたら東京まで出向くということで、2回分の旅費で計上させていただいているものでありまして、委員ご指摘の購入費等々につきましては、今は全然購入の当てというのはないですし、地権者のほうの関係もございまして、なかなか購入というところはできてない状態ですので、今現時点はそういう状態でございます。

 以上です。



○土井委員長 その作業内容というのはわかるのか、目指す作業内容。答弁は後でもいいですか。



◎田邊生涯学習推進室長 そしたら、調べて後で返答させていただきます。



◆見本委員 やっぱりこういうふうな保存していくというのは、場所も要りますし、そういうふうな確保をしていかないと、本当に貴重なそういう資料というのは失っていくと思うんです。

 それで、ちょっと関連なんですけれども、実は学校なんかでもこれから統廃合が繰り返されていくと思うんです。そしたら、そこの統合されてなくなる学校が持っていた資料というのが、多分あると思うんです。資料というのは、地域の皆さんが持ち寄っていただいたそういうふうな資料とか、いろいろあると思うんですね。そういうふうなものはどういうふうにされているんですかね。

 というのは、私、半世紀ほど前の話を言うたら笑われますけども、西鳥取小学校に私、母親が広島の出身だったんで、原爆で被爆した瓦とか瓶とかを持って行ったことがあるんですよ。でも、そういうふうな資料なんかもう全くない。そら半世紀もたちますからね。

 ただ、小学校で収集した資料なんかは、これからどういうふうにして保存とか整理とかいろいろされていくのか、ちょっとお聞きしたいんです。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 今回整理統合ということで、尾崎小学校と福島小学校が統合されて現在の福島小学校に尾崎小学校が移るわけですけども、今現在の尾崎小学校の跡地の利用の中で、展示コーナーというんですか、今回の尾崎小学校の関連する展示コーナーという部分を設けて、一部保存という形を今考えております。



◆見本委員 尾崎小学校が向こうへ行くということで、いろいろそういうふうな資料の保存の仕方ってあるんですけれども、これはやっぱり真剣に考えていただきたいと思います。

 小学生の学校教育においては、やはり我々が小さいときに使ってたもの、例えば洗濯機なりテレビなり、いろいろ古かったものでも、持っている方とか多分おると思うんです。というのは、川越なんか行ったときには、洗濯機なんか今の自動の洗濯機じゃなくて、搾り取るのをぐるぐる回してずうっとプレスしながら水分を抜いていくとか、そういうふうなものも展示してあるんですよ。それを小学生が見て、ああ昔はこんなんやったんやというようないろんなことで、博物館あるいは歴史資料館というのは市の歴史を知るために、あるいは生活ですか、今までの生活を知るためのいろんな生きた材料になっているんですね。

 そういう意味で、お金のかかることですけれども、やはり将来的には歴史資料館あるいは歴史博物館というものを整備していただきたいなと思うんですが、市長、この辺どうですか。



◎福山市長 貴重なご意見、本当にありがとうございました。当然、一つ一つ大きな問題をハードルを越えてきております。

 そういう中で、先ほどご指摘の向出遺跡のことにつきましても、今のご指摘の部分ですね、川越のほうのお話も、私もいろいろと資料の中でもわかっております。いろんなご意見等もございます。そういう中で一つ一つクリアしていくためにも、それぞれのセクションからやはりきちっとした考え方を整理して、こういう形でこの補助金をとってとか、いろんな組み立てがあろうかと思います。

 あらゆる分野で本市はおくれております。先ほどの国際交流の件もそうですけども、ここをもって一つ一つクリアしていきたいと、このように思っておりますので、よろしくお願いします。



◆見本委員 向出遺跡の件もよろしくお願いしますね。これ本当にいろいろと史跡指定をして、保存していかないといけないということで、それともう一つ、各小学校の保護者の皆さんから預かっているあるいはいただいたそういうふうな資料ですね、そういうふうなものを把握する意味で、いろんなことでまとめていただいて、どういうふうなものがあるかということを教育委員会のほうでもちゃんと把握していただいて、それの保存ということについても目を向けていただきたい、このように思いますので、これで終わります。



○土井委員長 ほかにありませんか。



◆野間委員 先ほどちょっと忘れてたのでお願いしたいんですけど、予算書101ページの学校管理費、耐震のことなんですけども、新しく尾崎小学校になるほうなんで旧の福島小学校ですね、それと上荘小学校の?期、箱作小学校とあるんですけども、この工事は平日するのか、土・日にするのかとか、夏休みにするのかとか、そういう方法があると思うんですけど、どのような形でお考えですか。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 ご指摘の学校の関係の工事ですけども、やはりいながら施工という形で本市の場合進めておりますので、基本的には夏休みをできるだけ有効に活用し、あわせて音の出るところとかについては、極力土曜日、日曜日、また学校の休みの日というんですか、そういうのを利用しながらスケジュール的なものは組んでいきたいと考えております。



◆野間委員 現行もそのようにして行われていると思うんですが、少し入った情報というか、市民さんから言われたことがあるんですけど、現在上荘小学校に耐震工事が入っていると思うんですけども、少しおくれてたんですかね。基本的に土・日にさせてもらいますという話を伺ってたと、だけども平日、子どもたちが授業をしている授業中にもドンドン、ガンガンやっているという情報が入ったんですけど、その辺は教育委員会は把握されてますか。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 上荘小学校につきましては、今年度補正対応していただく中で今現在工事を進めておるんですけども、基本的にはタイトなスケジュールの中で、今回夏休みの利用というのが予算計上上できませんでしたんで、冬休みなりを活用しなから、あわせて土曜日、日曜日もしておるんですけども、一部授業のある日に入らざるを得ないというんですか、入ってしまっておるのは、認識はしております。



◆野間委員 小学校なので、低学年はまだ6歳からいてるんですよね。高学年になれば12歳にはなっているんですけども、危険度の認識とかがまだ甘いと思うんです。なので、やはり平日、しかも学校があいている時間に大々的に工事するというのはどうかなと思うんです、タイトなスケジュールでもね。例えば2時半、3時になれば、学校は終わるんですから、今、日も長くなってきてますんで、その後にするなり、やはり何か方法を考えていただいたほうがいいかと思うんですけども、これからまだ続きますよね、25年度も耐震工事、上荘小学校にしてでもまだ体育館が残ってますよね。体育館じゃなかったんですかね。どこか残ってたと思うんですけど、そういうこともあるので、なるべく極力平日の子どもたちがいてる時間というのを避けていただく努力をお願いしたいんですが、いかがですか。



◎中出生涯学習部副理事兼教育総務課長 当初予算に計上させていただいておる今回の工事等につきましては、夏休みを有効に活用することもできますので、ご指摘のような極力授業に影響のないような形では対応させていただくことができると考えております。



○土井委員長 ただいまより2時半まで休憩します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩 午後2時15分



△再開 午後2時30分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○土井委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。



◆有岡委員 それでは、25年度の予算審議ということで、いろいろここには運転手の賃金やとか、箱物設計委託だとか、そういうふうな工事費だとか、もろもろ上がってますけど、先ほど見本委員も言われてましたように、そういうふうな歴史の認識というのも大事であろうと思いますし、それとさきの大戦からもう既に60年余りたっておりまして、ここにおられる方でそれを知っているというのは、まずおらないと思います。

 そういうふうな中で、学校教育という中で、先般の2年前に起こりました東北の大震災も、これとて学校教育の中で今後生かされていくと、このように思っておりますし、そういうふうな中でいろんな施設整備を着々とやっておりますけども、そのような中で学校教育の先生方には、本当に昼夜を分かたず、またPTAの会合、また不登校の子どもの件、いろいろとご尽力をいただいておりますこと、重々私も承知をいたしておりますし、そのような中で学校教育の子どもたちに授業を進めていく中で、また道徳教育の中で、我が日本国のあるべき姿、歴史、国土、領土、そういうふうなものの考え方、どのようにどの段階で子どもたちにどれぐらい、将来日本国を背負って立つ子どもたちに、また海外で働く子どもたちにどのように教育委員会としては教育をなされておるのか、この点をお伺いいたしたいと思います。



○土井委員長 中野部長に答えてはいただきますが、有岡委員、一度だけということで。



◎中野生涯学習部長 お答えいたします。十分な回答になるかどうかわかりませんが。

 毎年、当然のことでございますが、各学校においてもその1年間の反省等を踏まえ、次年度の計画をしております。また、本市教育委員会におきましても、それ以前に学校・園教育基本方針ということで、例年見直す中で、特に近年は学力向上ということも含めまして、教育フォーラム等の開催も含めて、学力向上あるいはそれ以外の教育につきましても十分に検討を重ね、進めております。

 特に現在はいじめあるいは体罰等の問題もある中で、先ほどからもお話しございましたが、心の教育というところで、また道徳教育の見直しであったり、先ほど委員先生からのご指摘もございました、さまざまな日本国民としてのいうことも含めまして、愛国心等も含めまして、そういったさまざまな観点から道徳教育等、あるいは人権教育等を進めていくということは大事だと考えておりまして、その中で教育委員会としましては、市全体の子どもたちの発達段階に合わせて教育の基本方針を立てる中で、各学校においてはそれは受けて、さらに各学校あるいは地域の実態に合わせた形で教育課程を組んでいただく中で、教育を実施しております。

 以上です。



◎田渕教育長 委員おっしゃられることはもっともだと思います。私もそのように感じますし、やはり今部長がご答弁申し上げましたように、発達段階に応じた指導を各学校、また各領域、各分野で行っていくべきだと考えておりますし、そのように指導しております。今後も、さらに各学校、また校長初め園長等を指導してまいりたいと考えております。



◆有岡委員 特にやはり昨今は非常に子どもたちもそうですけども、先生方も、社会も、大変難しい窮屈な世の中になってきているんですよね。そういうふうな中で先生方は、子どもたちに対して第一線で直に直接いろいろと教育をされておられます。そういうふうな姿勢、態度というのは、子どもたちはやっぱりよく見ているわけなんですよね。だから、余り過激に私はどうこうと言うつもりはないですけども、最低限の今日までの日本のあるべき姿、正しい認識、これを必ず教育として、また道徳として教えていただきたい。ゆがみのない指導を切にお願いをいたしたい。

 以上です。



○土井委員長 ほかにありませんか。

     〔「質疑なし」の声あり〕



○土井委員長 質疑ないようですので、質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○土井委員長 所管の説明者の入れかえをお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩 午後2時40分



△再開 午後2時43分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1.事業部・上下水道部所管



△議案第34号「平成25年度阪南市一般会計予算」



○土井委員長 それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第34号「平成25年度阪南市一般会計予算」を議題とします。

 本案に対する説明は本会議において行われておりますので、省略します。

 引き続き、事業部・上下水道部所管事項の歳入歳出についての一括質疑を行います。



◆三原副委員長 それでは、質問させていただきます。予算書84ページをお願いいたします。

 一つのテーマがあるわけなんですが、84ページの13節の委託料、14節の使用料及び賃借料、15節の工事請負費、22節の補償補填及び賠償金、予算委員会でございますので、現在ある予算書に沿って、この中には今までし尿処理場建設予定地跡利活用を目的とした鳥取中地域振興施設用地に関するいろんな予算が、大ざっぱに計算しましても約5,500万円あるんですが、今現状ちょっと聞くところによるという、これは正式じゃございませんけれども、取り巻く現在の状況、地域事情において、この予算においてどのようにされるのか、お伺いをしたいと思います。



◎安田副市長 私のほうからご答弁申し上げます。

 去る3月4日に全員協議会を開催していただきまして、この鳥取中地域における地域振興施設整備構想については、その適地を変更して、今後推進をさせていただきたい旨のご説明を申し上げました。そのことから、この事業費につきましては、平成24年12月議会におきまして鳥取中地域振興施設造成工事として1,411万円議決をいただいてございます。あわせて、全額繰越明許の予算もいただいてございます。今般ご審議をいただきます平成25年度予算におきましても、当該鳥取中地域に限定した予算を合計で5,514万1,000円計上させていただいてございます。

 これに係る予算につきましては、議長並びに所管していただきます総務事業水道常任委員会の委員長、それと議会運営委員会の委員長にもお諮りをしなければならないんですが、この12月補正予算で議決いただいた予算1億4,110万円ですが、これにつきましては、本年のこの3月定例会の最終議案として一般会計補正予算(第10号)として上程をさせていただいて、既に議決をいただきました12月議会の予算を全額補正を減額させていただきたいと考えてございます。

 あわせて、本日ご審議をいただきます25年度予算の鳥取中地域振興施設整備に係ります5,514万1,000円、これは工事費、賃借料、委託料等を合わせてなんですが、これにつきましても平成25年度1号補正予算として、同じくこの3月定例会の最終日に追加予算として計上させていただきたいと考えてございます。

 あわせて、10号補正の中身は、今回国の経済対策としての元気交付金という制度がございまして、本市では現在3事業についてノミネートをさせていただいてございますが、その中の一つ、橋梁長寿命化修繕計画策定業務というのをこの25年度当初予算に計上させていただいているわけでございますが、これにつきましても24年度の補正予算対応でしかこの元気交付金が該当しませんので、これにつきましても10号補正で計上させていただきたいと考えてございますが、25年度においても同様の事業を今回計上させていただいてございますので、これも25年度1号補正として3月議会の最終日に補正予算として上程をさせていただきたいと考えてございます。

 それから、あす全員協議会を議長のお計らいで開催をさせていただくことになっておるわけなんですが、このことにつきましては、状況変化がございましたので、あすその状況についてご報告を申し上げたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。



◆三原副委員長 副市長からご説明を受けましたけども、通常の答弁ではなくて、この予算に関してもうこれから審議できないということでございますので、委員長のほうで取り計らいをお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○土井委員長 暫時休憩します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩 午後2時46分



△再開 午後3時03分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○土井委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。



◆三原副委員長 では、休憩させていただきましたけど、最終的には今、予算審査特別委員会でございますので、現時点でこの予算に計上されていることについて、予算審査特別委員会の委員の1人として説明を求めたいと。

 先ほど副市長のご答弁がございましたけども、急な質問というよりも、通常の質問で急な答弁がありましたので、ちょっとわかりにくかった面があるんです。だから、この事業についてどうするかということをきちっとお伺いせんことには、次の審議も、皆さんもおりますので、ひとつ私のほうは副市長の説明をもうちょっと下げて、どうされるのかお伺いしたいと思います。お願いいたします。



◎安田副市長 申しわけございません。3月4日の全員協議会におきまして、これまで進めてまいりました鳥取中地域における地域振興施設整備構想につきましては、地権者合意が得られない中で、その適地について、JA大阪泉州につきましては、本年12月1日、こーたり〜な2号店を阪南市で営業開始をするという、これは理事長と市長とのお話の中で決まっておったことでございますので、この鳥取中地域における計画地が断念せざるを得ない状況の中で、市としてどうすべきかということを一定検討させていただきました。

 その中において、今後地権者交渉等について最も円滑に進むであろうスカイタウン内の大阪府所有地のG6街区、これはその他公益施設用地として業務施設も誘致をできるということと、あわせて現在宅地であるということから開発許可申請も要らないということで、12月1日については期間を厳守した中で市としての地域振興施設整備事業については推進できるという判断のもとで、全員協議会の場でご報告を申し上げました。

 それに至りましては、JA大阪泉州とこれまで市長と私のほうでいろいろと協議をしている中で、スカイタウンについても一定お見せをして、ご理解いただけたものと考えてございました。これについては、JAとしては、これまでは大阪泉州の直販所の中に「阪南ブランド十四匠」のブースエリアも設けていただきたいということで市からお願いをしてまいりましたけれども、この適地を変えるならば、市として、あるいは商工会として「阪南ブランド十四匠」のブースについてはつくってください、それとあわせて道の駅については市としてできるのかという、この二つの条件が示されましたので、早速私のほうで商工会と調整をさせていただいた中で、「阪南ブランド十四匠」、これは市のブースに入るのか、商工会が独自にブースを建てるのかは別として、これについては今後の事業推進に当たっては協力をいただけるということと、あわせまして道の駅につきましては、これまで国の直轄事業として一体化事業として、簡易パーキング事業を市の振興施設整備に合わせて我々国のほうに働きかけまして、これまで大阪府国道事務所による簡易パーキング事業につきましては、基本設計等に取り組んで来ていただいておりました。

 これは国道に接道しているということで、国も一緒に汗をかいていただいておったんですが、このスカイタウン用地については、第二阪和国道は上のほうを通っておるわけなんですが、接道条件が非常に苦しいということで、国としては去る3月7日に市長のほうで国土交通省のほうに出向いていただいて、今回のてんまつのご報告と今後の道の駅、いわゆる簡易パーキング事業について、国としてご協力をお願いしたいということの中で、国については直轄については非常に難しいけれども、単独事業としての道の駅であれば、交付金等について協力をしていただけるというお話がございました。

 そういう中で、スカイタウンについてこれまで協議をしてまいったわけなんですが、スカイタウン用地について、この3月4日の全員協議会にご報告後、さまざまなご議論の中で第二阪和国道に直接接道していない中での集客力の問題、いわゆる通過をされてしまうであろうという懸念、それから当該地にはイズミヤのデイリーカナートはやしがあるわけなんですけども、道路を隔てての競合性の問題、それから既に新聞に出ておりました岬町エリアでの岬道の駅というものが、この2月の末ぐらいに新聞にも出てきておったわけなんですが、これとの距離の問題等々について考えた結果、これはあすご報告を申し上げようと思ってたんですが、JAとしてはこのスカイタウンでの事業用地については非常に困難であると、これについて市が最終的に市内をいろいろ考えた中でのスカイタウン用地ということで、一定判断させていただいたわけなんですが、今後はJA単独で阪南市内、これはJAとしては阪南市内にこーたり〜な2号店は既に理事会のほうで決定をしておるわけで、これについては必ず守る。JAとして今後みずからが阪南市内で適地を探して、JAが単独で農産物直販所、こーたり〜な2号店を開設すると。

 したがって、市としてはこのJAの適地がどこになるのかということは、これは今後JAから決まった段階で市にご連絡をいただけるということになってございます。この用地で市の地域振興施設及び簡易パーキング事業を誘致ができるかどうかは、適地にもよるわけなんですが、JAが先行する中で市が随伴する形で、そもそも考えておりました阪南市地域振興施設整備構想全体構想について実現をさせていただきたいということで、あす全員協議会の場でご報告をさせていただくこととしてございました。

 今回の12月補正予算と当初予算の補正減額に当たりましては、これも事実あるわけなんですが、議会の議決要件としての予算は款と項でございまして、目、節については市長の流動的な予算を使えるという地方自治法の仕組みがあるわけなんですが、予算はあくまでも鳥取中地域という名称の入った細節予算として議決をいただいてございますので、スカイタウンに仮に今後行けるとしても、これについては補正減額をした上で、新たなる事業費を積算した上でかかる議会に補正予算として計上をさせていただきたいと考えてございました。

 最終的にはスカイタウンでの適地の事業化につきましては、先ほど申し上げましたように、JAがことしみずから阪南市内での適地を探して建設するということでございますので、今後はこの適地を踏まえた阪南市の地域振興施設整備全体構想について、適地の考え方を見直した上で、全体のコンセプトにつきましては、これは簡易パーキング事業、道の駅の登録要件でもございますので、これについては既に策定しております内容について加筆修正をした上で、今後進めてまいりたいと考えてございます。

 以上でございます。



◆三原副委員長 今の説明、本当に皆さん、全員聞いたと思います。私のほうは、きょうは予算審査特別委員会でございますので、あくまでも25年度の予算を審議している委員として、一つだけ確認します。この予算書84ページの13節委託料、そして賃借料、工事請負費、これに関してでございますので、要はし尿処理場建設予定地跡の利活用ということで地域振興、鳥取中と名称が入っておりますけども、今のご説明をいただきました。

 私が確認したいのは、この13節、14節、15節、22節が本年度、この予算書に載っておりますけども、執行が大変厳しくなったと、困難になったと、もしかしたらできなくなるかもしれないということでいいんでしょうか。最終確認をさせていただきます。



◎福山市長 先ほど来、経過につきましては副市長のほうからご答弁いたしました。私としては、この鳥取中で計画した施設整備、要は地域振興計画につきましては、JAさんがまず自分の力でこーたり〜な阪南2号店は必ずやりますと、つくりますということでございます。その後、その場所によって、理事会に諮って決定した後に必ず市のほうにご報告申し上げますということでもうかがっております。

 そういう経過の中で、この鳥取中地区での計画は今の段階では私としては計画変更という形の中で、JAさんが先行した中で、どの地区でどの場所でやるかによって、そのキャパの問題等もございますし、今はこの計画を変更するというような考え方の中で、我々は今後も国のほうでも当然補助金のほうも取れる方策も既に勉強もしておりますし、その計画変更ということで、あすお話をし、次のステップへと向かっていきたいと。

 だから、場所等については、本当にまだ決まってないということですけども、必ず市のほうには報告するということでお聞きしてますので、そういう形でご理解をお願いしたいと思います。



◆三原副委員長 今市長答弁の中で計画変更とありましたので、私は13節、15節、22節はちょっと変更になったというふうに見受けました。いろんな意味で何かあったということは、また振り返って変更の場合は、精査、要は確認せないかんということであります。ただ、ほかの委員の皆さんからも質問があると思いますので、計画変更ということをお伺いいたしましたので、これで質問を終わります。



○土井委員長 計画変更なんか、JAと一緒にまだやっていくんか、JAが単独でやると言うたんか。その辺はどうなんですか。その辺の説明がようわからん。



◎福山市長 JAにつきましては、まずこーたり〜な2号店については、JAが責任を持ってやりますと。その中で、月曜日のお話ですけども、理事のほうから、理事長もいてますけども、今言ってますように我々が提示したスカイタウンについては、もうJAとすれば、距離的な問題もありますけども、集客力がないということで、もう市さんは後追いと、私とこは先行してやりますと、私とこがまずやる。その場所については必ずご報告を申し上げますと、こう言われております。

 その中で、私たちは社会資本整備の今までのまちづくり交付金というのがあるんですけども、その部分についての鳥取中で描いた絵については、その後追いで協力させていただきますよということでお話をさせていただいております。

 ただ、その場所が今のところ未定でございまして、どれだけのキャパがあるか、またその場所によって補助対象になるかとかいろんなこともございますから、まずJAのこーたり〜な2号店を先行するということでJAさんが言ってますので、そっちのほうでまず行きます。そして、行ける中で、私たちはその後の社会資本を使いながら、地域振興施設整備、鳥取中で描いてきたものができるというんであれば、その後できちっとやらせてもらうという、そういう話です。



○土井委員長 もう1点、この事業は残るんか、残らへんのか。後追いというのは、どういう意味かようわからんねん。



◎福山市長 先ほども言いましたように、鳥取中のあの描いた絵については、要は施設整備計画ですね、そのものについては変更をしたというだけの問題で、市としては受けとめた上で、今後進めていくと。



○土井委員長 いや、スカイタウンの。



◎福山市長 スカイタウンにつきましては、JAさんはその場所がだめだということなんで、お互いの……



○土井委員長 スカイタウンで国かどこかで許可をもらいに行ったんと違うの。



◎福山市長 いえ……



○土井委員長 そしたら、スカイタウンの土地の場所、スカイタウンやと言うた場所は何やったんよ。



◎福山市長 その部分について計画を変更させていただきたいというのは、スカイタウンでのその場所で一緒になってJAとやっていきましょうと、こーたり〜なプラス集客力のある、要は「阪南ブランド十四匠」の話、これは商工会とも詰めましたと。その話でいてたんですけども、この月曜日に私と副市長で行った時点で、JAとしては、この阪南スカイタウンにおいては集客力もありませんと、それと当然スーパーはやしさんの件もございますから、そこのスカイタウンにつきましては今の段階で計画変更ということですので、JAがどの場所へ行くかと。JA自体はもうスカイタウンをペケにしておりますので、そのところへ一緒について行ったとしても、市単独であの場所についてやっていこうと思ったら、それだけのものができませんので、JAさんがこーたり〜な阪南2号店をやるというとこでいてますから、だから現時点においてはその場所がどこになるかということで、私たちは待っているということです。



○土井委員長 鳥取中を変更してスカイタウンになるからというて、我々に何か求めてこんかったかい。ええんやけども……。



◆有岡委員 先般の報告では、計画地を変更して実施すると、鳥取中からスカイタウンにすると、こういうふうな報告がありました。今般こういうふうに予算が上がってきておりますけども、この予算に対することについても今種々問われているわけですけども、そんな中で市としては本事業は実施しないと、そういうことで理解してよろしいんですか。JAさんがしてくれるということの理解でよろしいですか。それであれば、それなりに前に進める方法もあります。



◎福山市長 JAについては、もうスカイタウンではこーたり〜な阪南2号店をつくらないということで、JAが別の場所を探しますと、こう言ってます。これまでは一緒になって地域振興整備計画をものにしていこうということで協議を進めておりました。

 今委員長のほうからもありましたように、そういう経過の中で鳥取中が1地権者の交渉が不成立のためということで、確かにこの全員協議会を開いて、スカイタウンのG街区のちょうどフルインターのところですけども、そこを提示しながら、今日までJAと協議を進めてきたところでございますけども、先週の月曜日に一度白紙に戻していただきたいというお話があって、月曜日に理事長とほか常勤の理事とお会いした中では、もうこーたり〜な阪南2号店のみ先行いたしますと、市さんの道の駅、要は地域振興施設整備計画につきましては、今の現時点で私らが先に行きますから、それでお願いしたいということでありましたので、その後残って、そしたら私どもは地域振興施設整備の中で簡易パーキングと交流センターとの話について一緒に後追いで行くということでよろしいんですねと、こういう話で来てます。

 そういう中において、この鳥取中の計画につきましては計画変更をいたしたいということで、JAさんがどの場所を選定するかというのが今見えてませんので、その時点においてまた方向性を出していきたいと、こう思っております。



◆見本委員 今のを聞いてたら、こっちではいろいろ鳥取中で簡易パーキング事業と絡めてやっていって、こーたり〜なのJAの話が来たと。今回、またスカイタウンのほうでだめになったということで、今市長の発言を聞いてたら、後追いで場所によってはまた簡易パーキング事業に導いていくというようなことにとれたんですけど、それでいいんですか。



◎福山市長 私のほうは、そういう意味で後追いでということでお話をしてきたところでございます。



○土井委員長 ほかに質疑ございませんか。

     〔「質疑なし」の声あり〕



○土井委員長 それでは、私のほうから質疑を行いたいと思いますので、阪南市議会会議規則第111条の規定に基づき、副委員長と交代いたします。

     〔副委員長と交代〕



○三原副委員長 土井委員が質疑を行う間、私が委員長の職務をとり行わせていただきます。



◆見本委員 続けてしますけども、そしたら私が思った、市は簡易パーキング事業から全面的に撤退じゃなくて、JAの動きを見ながら、また向こうからいろんな要請が来たときに、それと簡易パーキング事業とうまくドッキングしていけるものであれば、市としても協力していきたいと、こういうことですね。



◎福山市長 二転三転やっておりますけども、この月曜日の話においては後追いの中でということで私は認識した上で、ご答弁申し上げてきました。



◆土井委員 この間鳥取中からスカイタウンへ行ったときに、私、農協はいけますかという話をしたでしょう。聞いたでしょう。そしたら、阪南市に1個つくらなあかん、理事会か何かにできるからあそこでいけるという話やったわけですよ。その話は、もうスカイタウンの話は今いっこも出てきてない。鳥取中の変更ばっかりの話になっているんと違うの。まあまあそれはええ。それやったら、変更するだけになるでしょう。場所を変更するんでしょう。そしたら、今度修正かけるのは、どんな修正をかけるの。さっき修正をかけると言うたよな。



◎安田副市長 実は、今回のこの二転三転に至るまでに財政と話をしていたことがございまして、今回の事業化については鳥取中という地域限定の中で事業化を進めるという内容で、議会の予算議決をいただいてございました。先般3月4日に全員協議会のほうでスカイタウンを適地に変更して進めるとした中で、財政とも話をする中では、議会の議決は款、項といえども、目、節、細節まで説明した上で予算を鳥取中地域における事業として可決をしていただいてございますので、12月補正をいただきました1億4,110万円については、今後議長並びに議会運営委員長とご相談させていただいて、平成24年度第10号補正として全額減額しようという思いでおりました。そして、25年度については、できるならば25年度の早い、6月議会、9月議会で、今回ご質問いただいております5,514万1,000円全額について減額補正をさせていただきたいと考えてございました。そして、今後事業化に向けての積算等も必要になりますので、それに係る予算については、改めて補正予算として対応させていただきたいということで考えてございました。

 以上です。



◆土井委員 この事業に予算をつけるのに、場所も決まってないのにどうやって予算をつけるのよ。鳥取中やったら、場所をここにするというから、いろいろ交渉があったけど、農協の後追いで場所も決まってないやつに、どうやって予算をつけるの。



◎安田副市長 先ほど申し上げましたように、鳥取中がスカイタウンということで場所変更ということでご説明申し上げましたので、これに係る鳥取中の予算については全額減額をさせていただきたい。今後の展開として、農協さんが適地を求めてこーたり〜な2号店を開設するということでございますので、その適地が決まりましたら市にご報告をいただけるということになってございますので、この適地において簡易パーキング事業と市の交流センターが開設できるならば、これに係る事業というのは、当然我々概算として算出をしなければいけませんから、これに係る予算については改めて補正予算として上程をさせていただきたいということで、先ほど私申し上げた次第でございます。



◆土井委員 農協が市と一緒になってやるとも言うてないし、6月に補正かけるのも結構な話なんやけど、この今上がっている予算はどうするの。6月に補正をかけるまでどういう意味で上げておくの。



◎安田副市長 先ほど申し上げましたように、25年度の第1号補正予算として、工事費並びに賃借料、それから物件補償費、総額5,514万1,000円になると思うんですが、これをこの3月定例会の最終日に、これは議長並びに議会運営委員会の委員長にお諮りをしないといけないんですが、全額減額をしたいということで、冒頭申し上げた次第でございます。



○三原副委員長 土井委員の質疑が終わりましたので、委員長と交代いたします。

     〔委員長と交代〕



○土井委員長 三原副委員長、ありがとうございました。

 それでは、ほかに質疑ございませんか。



◆二神委員 質問をさせていただきます。

 これは素朴な疑問なんですけど、3月4日に阪南市地域振興施設の整備についてということで、全員協議会で各議員が時系列でいただきました。この中を見ますと、ポイントですね、協力姿勢だの、阪南スカイタウン内だの、候補地ですね。JAの理解という文言が入っているんですけども、当初は協力姿勢というところについては、協力してくれる方だったんですよね。ところが、この時系列を見ると、協力姿勢が急転となったと。そんな中、阪南スカイタウン内ということになったんですよね。それでJAの理解と。

 協力者だった人が協力できないというような、たしかそういう内容やったと思うんですけども、もう1回、本当に今予算でこういうような状況になっておりますので、さまざまな手法というんですか、協力者に手法はいろいろあるかと思うんです、ないかもわからないですよ。ただ、そういう協力者に理解していただけるように、協力してもらえるように、再度話し合いというか、そういったことができるのか、できないのか、どのようにお考えですか。



◎福山市長 正直、全面協力の話でずっと来てました。単価提示の段階でも、私とお話をしている間は、立ち木補償の単価をもう少しという話でございまして、その後、測量の話とか、もう農転は手続をもらって、あと提出の話で、宅地造成の審査委員会も、部長以下提示をした段階でもう来るなと、もうあと市長と話ということで、私も何回か行きました。一度は測量もさせていただけるという話でもとへ戻ったんかなと思ったんですけども、向こうの中へ入っていただいた人も測量をさせてくれると、こうあったんですけども、また次の日にもうだめだと、そしてなおかつ反対の表示をしてきたということ。

 もう1点は、12月1日にオープンというのが、鳥取中の場合に覚書みたいなものを結んでおります。その12月1日オープンを目指そうとすれば、もう鳥取中の地区では無理な話です、スケジュール的に。

 その話もいろいろとしてたんですけども、もう一切協力しないという中で、最終、最後のお願いに行ったときも、もうだめですと、こうなったんで、JAのほうは進めてましたから、その足でその報告に行きました。そして、JAとの話の中でスカイタウンの提示ということで、ここに1.1ヘクタールの土地があると、条件的なものは先ほど副市長がご報告した商工会、この話もありました。

 それで、私たちはやはり直轄の国のパーキングはできなくなるということにおいて、私が7日に国交省に行き、鳥取中について直轄でお願いして全て国の制度でやっていただくやつの取り下げ、こういう地権者の中で協力が得られなかったということでご報告するとともに、こういう話はよくあるということで言われたその足で、別の国庫補助金、同じ国土交通省にあるんですけども、市民病院の補助金をもらったエリアなんですけども、そこに行って、社会資本整備のこういう交付金があるということで、スカイタウンのほうも使えるというお話もありました。

 その話をして、担当課を集めて次のステップへ行こうとした日に、実は白紙に戻していただきたいと。我々とすれば、言われてきた条件を全て、商工会も押さえ、国のほうも押さえながらやっていくと。こうした中で、JAのほうから、だからその中で私は理事長に1回会わせてくれということで、月曜日に会うことになりました。月曜日に会ったときには、もうスカイタウンは、今先ほど条件の話です。そして、人口が少ない、要は集客力がないと。JAのこーたり〜なにつきましては、もうJAが責任を持って、もう市さん、阪南市で1カ所つくるというのが、もう市長決まっているんやんか。それは必ずつくりますということでお話があり、その後、場所によって阪南市としてもこの地域振興整備計画で一緒になって集客力をというお話で、今日まで来ております。

 ただ、その場所自体がいつどういう形で決まってくるかというのが、今のところ見えない状況の中で、先ほど来からの手続を、ここは鳥取中になっておりますので、そういう手続が必要と、こういう流れで今来ております。



◆二神委員 詳しい説明、ありがとうございます。3月4日にもお伺いした説明と全く一緒やったと思います。ただ、今考えると、予算には鳥取中が計上されている、JAさんの理解はやっぱり阪南スカイタウン内では厳しいということですわな。協力姿勢が急転したと。じゃ、この時系列をずうっと戻していくと、このままの予算で行けないのかなという素朴な疑問なんです。だから、スカイタウンがどうのこうのじゃなくして。鳥取中のこの予算どおり行くためには、先ほど申し上げましたさまざま手法、不動産関係とかいろいろ私もその後、聞こえてくるのは、手法1つでということも、これが悪い裏のお金やとかそういうことじゃなくして、手法によってはいけるのかな、もう後の祭りだったんかなと。ひょっとしたら、今からでも改善できるのかなと思いながら聞いてたんですけどね。そこはどうなんですかね。



◎安田副市長 鳥取中には7,000?弱の市の用地が、もちろん環境センター建設事業用地、現在は(仮称)清掃庁舎建設事業用地として持っておるんですけども、ここはあくまでも調整区域でございまして、ここに工作物を建てる場合は開発申請があるということになります。開発申請に当たっては、3,000?未満、それと合わせて国道への接道条件が10分の1以上でなければならないという規定がございますので、これを考えると、前面道路に面している市の用地は3mほどあるんですが、これでは開発ができないという判断がございました。

 その中で、前面道路に面している地権者とこれまで交渉しておったんですが、国の簡易パーキング事業ということも含めて考えてございましたので、開発行為ができないということになりますので、ここでの事業化は断念せざるを得ないという判断をさせていただいた次第でございます。



◆二神委員 いや、説明はわかるんですけどね、だから素朴な疑問で今まで鳥取中に道の駅をつくろうとしたわけですよね。着々と進んでたわけですよね。何が結局は断念せざるを得なかったのかというと、地権者との交渉というか、そこがうまいこといかんかったということですよね。トラブルとかそういうことじゃなくて、うまいこといかんかった。だから、さまざまな手法というのを、余りグロテスクな話はしたくないんで、そこら辺の交渉ができないのかどうかということをお伺いしているんですけどね。



◎安田副市長 先ほど市長のほうのご報告の中で、いわゆる単価提示というものがございます。市が個人の用地を買い取る場合あるいは借地する場合については、もちろん鑑定評価のもとでとらないといけないです。それと、立ち木補償等については、これは幹の回りとかいろんな見方がございますので、それも鑑定しないといけないということで、我々としては最大限の鑑定評価を2社にとってございまして、それについて提示をさせていただきました。

 ある方からも言われるんですけども、市がどうしてもやりたいのであれば、そういう法定の鑑定ではなくて一般市場価格をもって買い取る、借り上げるという方法もあるんではないかというお話をいただきましたけども、これをやりますと、特別背任行為として市の職員がつかまるということで、これは他の自治体でも、先般3月の初めだったと思うんですが、ある市の副市長が法定単価よりも上乗せして買い取ったということが明るみに出て、特別背任罪で捕まってございます。

 そういうことを考えると、やはり公正な市が提示できる範囲というのが限られてまいりますので、それについては我々も単価の見直しについて努力した中で交渉に当たってまいりましたが、最終的には合意に至らなかったということでございます。



◆二神委員 何か生々しい話になってきましたけどね、今言うように私の質問の中でそういう汚いことをしてとか、逮捕されるとか、そういう裏金どうのこうのとか、そういうことじゃなくして、手法として今言うている相場云々とか、不動産的なことで聞こえてくるのは、そういうところだったと。だったというか、そう思ってたんです。

 だから、これが公にちゃんと筋を通して大丈夫なんですよということであるならば、もう1回再交渉できるのかなというふうには思ったんで、今言うているように、絶対もうそれはできないということでよろしいんですね。わかりました。

 以上です。



○土井委員長 ほかにありませんか。



◆上甲委員 きょうは予算審査特別委員会なんで、2点だけちょっとお聞きしたい。

 まず、ずうっと僕も時系列でお伺いしてたし、僕が全然議員になる前からの話もずうっとあったので、僕が発言すべきではないかなとかいろいろ思ったんですけどね、まず1個、一番初めの地権者さんとの話の中からずうっといけるよ、いけるよと言うて、僕もずうっとお聞きしてたし、その過程でずうっと口約束でそういうふうなことをして、オーケーだよというのをいただいてたというふうなこと。ただ、土壇場になってちょっとだめになっちゃったということなんですね。また今回も、この間3月4日にお聞きしたのは、JAさんにもうオーケーだよと言うていただいてたんですよね。それが結局土壇場でこないなると。

 これって何か、商談手法というか、一般的には水面下の話はもちろんあるだろうから、なかなか残すというのは難しいかもしれないんですけども、ほかに手法というか、覚書じゃないですけども、そういう議事録じゃないけども、なかなか難しいところもあるんかもしれませんけども、何も見えてない状態で、今度はこーたり〜な2号店は阪南市にできるよというふうに言っていただいたり、場所はすぐに市に報告いただいて、それがまた道の駅というか、そんなふうに地域振興に発展できるような土地があったら行くよと言うていただいても、もう何もいけているのかどうかというのが、信憑性というか、そこにまず一つ疑問が出るんですよね。

 だから、そこら辺の言うたら商談手法というのがおかしいかもしれないんですけど、何かその辺に対して一つ考えることはないんかなというのが、まず一つ。

 それと、もう一つちょっと違う話ですけども、国の交付金というか、もともと道の駅事業は国の事業として予算がくっつくというのが確定してたわけですけども、それに対して今回市長が行っていただいたら、交付金という形で行きましょうかという形になったというふうに報告を今受けたんですけども、これに関して、今回これを抹消しますよね。抹消というか、減額しますよね、補正でね。補正で減額したときに、次例えば運よくこーたり〜な2号店が割と広い土地のところにぽんとできたと、言うたら尾崎の駅前とかにぽんとできるんじゃなくて、広いところへぽんとできて、例えば道の駅がちょっとできそうな土地が周りにあるようなところになったときに、この国のもともとついてた、去年オーケーもらっているこの予算というのが復活する可能性があるのか。

 この2点についてちょっとお聞かせください。



◎福山市長 今までは国の全額負担で直轄事業として、国の責任で簡易パーキングと情報発信センター、トイレ、こういったものを国でやってもらうことでお話を進めて、もう既にゴーサインが出ておりました。

 そういう中で、ネックの進入路でだめになったということですので、それがだめであれば、今度国道の接道の要件がなくなって、直轄ではいかなくなるということも。ただ、もう1回、今のスカイタウンに変える中で、こういう距離的なものもあるんですけどもと言ったんですけども、基本的にはやはり会検でペケになるということで、そしたらそのほかに何かいい手法がということで、指導は近畿地方整備局のほうできちっとできるようにということであったんで、病院の補助金を獲得したそこの課長補佐、課長も室長も常に行ってたんで、そしてお話をさせてもらったら、社資本のこういう交付金がありますということで、近畿地方整備局の別の部局になるけども、そこでということで、そこは一応オーケーをもらいました。整理の中で、もう既に入っていくと。

 そういうことも提示をしていったんですけども、先ほどの理由でJAはもう私ところが先行して単独でいくと、こうなりましたんで、その部分がもう使えないというのは、その場所によっては国道に面したところとかいろんなものもあります。市道でも寄せ集めでとれることもありますし、駅前周辺でもいろいろやり方、要は昔和泉鳥取駅前の交通広場をつくったまちづくり交付金、こういった対象の事業ですので、何らかの形で対応はできるというので、最後の詰めの段階でJAのほうは私ところがもう私ところの責任で阪南市域内に1カ所つくるというふうになったんで、先行してつくっていただけるですねということで、確認をとったと。その後、市として、キャパがいけるかどうかというのは、まだ場所はわからないので、この部分については温めて置いておこうということで、オーケーが出るのであれば、即また近畿地方整備局のほうなりへお話をし、できる限り、やる限りには国庫補助金の導入、また起債の申請の対象となるようにやっていきたいということで、整理をして進めるところまで来ておりました。

 それと、あと協定書につきましては、鳥取中の協定書は理事長と私できちっと締結しておりました。地権者とのそういう覚書、協定書というのは、これは手続上、宅地造成申請とか農転のそういう申請の中で印鑑証明とかそういうのはもう準備は一応できてたんですけども、そういう中での交渉が不成立と、こうなったので、そういうような形でこれまで交渉を担当のほうで進めてきたということでございます。



◆上甲委員 その交渉の途中段階でなかなかそれは難しいかもしれませんけどね、言うたら今もうどこの業者さんというか、一般企業で会議のときの議事録というのは絶対とりますよね。双方サインしたり判こを押したりして、きょうはこんな内容でしたねというのはやるんですよね。

 ただ、水面下の話やからというてなかなかそれができへんのかというのはありますけども、今後それを見て、ああやっぱりこれだけやってくれとったのあかんのかと、僕らもあきらめがつくんですけど、ずっと口約束でやってたのが、急にだめやったから、もうこの計画はなしねじゃ、僕らも何かあきらめつかへんし、僕らも市民さんに相当お話をいただいて、こんなんなるからね、楽しみにしといてねと大分やってますので、諦めがつかへんというか、その辺の交渉の過程、また記録に関しては、今後どうにか、どんな形かにしてしてほしいし、やっぱりこうやってだめでしたとどんでん返しがないようにできるだけしてほしいなと思うんで、それは心からお願いします。



◎福山市長 昨年の8月4日から交渉に入った経過録、協議録、会議録、これは全てつくっております、今日までのものについては。そういった中で、各段階段階でのそういう覚書とかというのは、これは交渉の中でやってきているということですので、それが記録として持ってますので。その交渉記録等につきましては、個人情報のあれもあるんで公表はできないということになっていると思います。



◆上甲委員 そしたら、覚書とかというのも、途中段階でずっとあるということですか。僕は口約束でというふうに聞いてたんで、あれなんですけど。ではないんですか、議事録が残っているというだけですか。わかりました。



○土井委員長 ほかにありませんか。



◆野間委員 今ずっとお話を聞いていると、JAさんがとか、簡易パーキング事業がというふうに話がなってて、こーたり〜なとか、道の駅をつくりたいがための話になってしまっているんですよね。

 でも、根本に戻ってもらいたいんですけど、これは何のために始めたんですか。私、これ4日にも質問させてもらったと思うんですけど、鳥取中の土地を使いたかったんですよね。違うんですかね。そこにJAさんも乗り気を出してくれた。国直轄の道の駅もできるかもしれない。だから、やったあということで発車した事業じゃないんですかね。私、そういうふうに受けとめてたんですけど。



◎福山市長 この話については、農業振興という形の中で、基本的には年間200万円、300万円で土地を維持管理しなければならないという話がまずありました。あの土地をいつまでということも。その段階段階で計画計画の段階でご報告を申し上げてやってきました。

 我々とすれば、当然行政の立場上、一般財源で全ての事業を賄うというのは、とてつもない財政力のある市町村しかできません、億単位の。それに対して、何とかできる方法がないかということで、国会議員の先生方にお世話になって、直轄の、要は国でする。その中へこういう土地がありますということで、実はJAさんのほうもお話をさせてもらいました。

 このJAさんのこーたり〜なの阪南店、これが決まって、JAさんはJAさんで当初スカイタウンの言うてたところは、実はノミネートはされておりました。今のスーパーはやしの前の、そこはキャパが狭すぎてということで、JAの理事さんは私が今回お願いした場所ということでもありました。そういう中で、鳥取中で全ての周辺の地権者の方々もこの農業振興という形の中では、すばらしいいい振興策やということで、全員が協力するということもいただいた。

 確かに今何でということは、農業振興なり、それと今ずっと草ぼうぼうで置いているその土地、し尿処理場をつくる中でそういうお金で買収した土地ですので、それをほっとくことのないように何とかないかなということで、この計画をスタートさせた。

 当初からJAさんが言っているスカイタウンでということであれば、ひょっとしたら今JAさん独自でやられた中では可能になってたかもわかりませんけども、そういう協議の中で、今回も今野間委員がご指摘の部分、私もJAの理事長から、鳥取中は市さんから提示した土地でしょうということも言われました。その時点では、JAさんのほうも担当のほうも、全て協力してあげるということも地権者からも耳にしているから、そういう協議の中で進めてきたということで、本当にある日突然の反対に遭ったということで、私たちも交渉のやり方もあろうかとあったんですけども、そういう経過があった中での思いの中でのこの鳥取中地区の地域振興計画ということで計上させてもらってたというのが、今までの根拠でございます。



◆野間委員 今回、これは25年度の予算なわけなんですけども、25年度の予算だからといって、25年度だけの事業じゃないですよね。全て絡み合っているわけですよね。先ほどから副市長も目、節に関してはというお話もありましたけど、それでもやっぱり24年度、23年度とずうっと予算て続いてきているわけですよね、今まで。その中で、私たちはいろいろ考えて審議していくわけですよね。

 私の中では、まず第1に鳥取中の土地が使えるということ、それともう一つはJAさんのことよりも、申しわけないですけども、国直轄で道の駅としていただけるという、この2点が重要だったんじゃないのかなと思うんですね。やはり市がするとなると、交付金なり補助金なりがもらえてやったとしてでも、ランニングコストというのは負担していかなくてはいけなくなるという問題があると思うんですね。JAさんに関してはJAさんが単独でされるかもしれないですけど、そこに後追いで参加したところで、じゃそれは市が負っていかなければならないということなんですよね。

 じゃ、地域の地消地産なり、地域振興という意味でどこまでお金をかけて、それがペイできると言うたらおかしいんですけども、それがちょっと私読めないような気がするんです。

 だから、ここがだめだったからここ、ここがだめだったから、じゃJAさんにちょっと助けてもらってというその手法が、私は納得できないんですね。その辺いかがですか。



◎福山市長 国直轄の簡易パーキングだけでという手法もありますけども、どこのエリアへ行ったとしても、トイレと情報センターと、それと駐車場だけのそういう場所というのは、ほとんどありません。そこにプラス集客力のあるものをつくってくださいよという中で、国の直轄はもうその部分だけなんです。そこにプラスアルファで集客力のある、例えば今あったこーたり〜な2号店、国のほうへ行けば、こーたり〜な2号店のJAの話は一切聞いてくれません、それは別でしょうということで。ただ、集客力のある話として一体整備、面として整備をする一つの集客力としての玉としてたまさかこーたり〜ながあるだけでしょうと。本来は、こちらのほうでもう一つは情報センター、プラスそこの例えば我々はここを持っていく中で、国のほうの施設整備については、今メーンとして出している「阪南ブランド十四匠」の中での東北コットンプロジェクトの話、阪南コットン、こんなんやってますということで、そこを全面的に出して産業振興というので、国のほうの施設整備はそういう形で考えておりました。それとの一体整備を図ろうというので、そういう計画を持って行って、初めて国のほうも認めていただいた。これはもう本当に一番最初に。

 それがたまさかJAであって、以下ほかのものでも結構です。例えば漁業振興、産業振興とか、そういうものでも、うまいことコラボレーションができれば、国のほうも認めていただけるし、取れるものも取れるということで、そういう考え方があります。



◆野間委員 そうじゃなくて、私が今申し上げたのは、一体的なものと考えて阪南市としてメリットが上がるのはそこの2点に私は絞られると思うというだけの話で、JAさんが来ない状態の話ではないんです。JAさんが来てくれて、道の駅が直轄でつくれて、あの土地も使えてというその3点セットの中で、市として一番メリットがあるのはその2点じゃないか。それプラスJAさんが来てくれているんで、もっとさらに相乗効果が見込めてたんじゃないんかということを私今言いたかったんですね。

 JAさんなしでは私も一切考えてませんので、市長のおっしゃっていることは十分わかっているんです。じゃなくて、それだけのメリットがありましたよねということなんですね、あそこですることによって。ただ、次場所を変えてしまったときに、どんどんどんどんメリットが減っていくわけですよね。そして負担がふえてくるんじゃないですかということをお聞きしたかったんですけど。



◎福山市長 確かにその場所によっては、今野間委員ご指摘の部分が出てきます。今言っているようなものであれば、国道の直轄としてできます。国道じゃないところであれば、国道という中で、先ほど冒頭言いましたように会検で必ずペケになるのでということで、違う方向へ考えれば、当然今言ったように例えば全額国でやっていただいて、一部分市が持ち出して、そこも補助制度で乗っかっていけるやつが全体が負担が出てくるということで、そこの部分というのは財政的に見れば負担はふえます。そこはもう確かにおっしゃるとおり。そういう場所を探して今言っているようなことを考えようとしたら、その制約があります。そこはそこでまた持っていき方によっては可能になるということは聞いてますし、それはご指摘のとおりです。



◆野間委員 それと、今さっきから上甲委員も二神委員もおっしゃっていることなんですけども、この鳥取中の土地でできることが一番いいわけですよね。さっきから交渉の話も出てますけど、私、二つ交渉まだできるんじゃないかと思うことがあるんです。一つは、JAさん、12月オープンに向けてという協定結んでますけど、どうにかそこを頭下げれないのかと。例えば春3月にしてもらう、4月にしてもらうとか、もう血のにじむ思いでそれを交渉していただいたのか、もう既に。もう市長の全力投球で交渉してもらったのかどうか、まずこれが1点。

 もう1点は、その地権者の方ですね。市が入ってだめなら、かわりにJAさんにやってもらう、交渉してもらうとか、市が例えば一般的な賃料で借り上げることができないのであれば、間にJAさんに入ってもらって、JAさんに借り上げていただくとか、そういうことはできないんですかね。

 もう一つ、あと地目変更というんですかね、何ていうんですか、土地の目的を変更するというんですか、今農地を宅地に変更しないといけないとか、いろいろそのあれがあると思うんですけども、それを変更した時点でもう一度査定をするとか、そういうことはできないんですかね。



◎福山市長 今ご指摘の部分は、全て対応してきました。そして、先ほどの特別背任行為の話で、私も何回となく用地交渉、箱作とか全部やってきました。基本的には単価、提示する段階で、当然議会の議決ももらわなければなりません。上げられるとこは上げていきますけども、そのもの自体がもうあちこちで出た場合には、もう上げるにも上げられない。その理屈、理由ですね、理由づけ、ちょっとした今ご指摘の部分とかできますけども、それを倍にしたりとか、そういう要求をそのままうのみにしていくと、今度我々担当までその全て地公法、地方公務員としてのあるまじきない、そういう中になってきますので、その時点でやはりきちっと方向性を出さなければならないのが我々の宿命なんです。本当に民間の、今言うたように中へ入ってもらってそこから払ってもらってとかいう、そういう手法というのもありますけども、今この社会経済情勢の中ではなかなかそういうテクニックというのは必ずどこかで漏れることによって、調べられたら恐らくしんどいなと思います。

 地目の変更につきましても、おっしゃるとおり農地を宅地にというところまで我々も実は考えていく中で、鑑定の話もありましたけども、その段階、その前で実はもう反対と、こうやられたんで、そこから打つ手がちょっとなくなってしまったと。それが表に出たということなんで、そういう形の中で方針を変えさせていただいたというのは、そこなんです。



◆野間委員 今まで何かしら事業をするときには、もうある程度担保できてからじゃないと公表しないというスタンスできたと思うんですね。それで結構いろんな委員会で議論になったり、何でこんなぎりぎりまで出されへんかったんやとかいう話にもなってきた過去があると思うんです。なのに、今回に限って、何で二度もこういうことが起こってしまったのか。例えばそれに対しての責任とかもありますでしょうし、そのあたり市長のお考えはどうなんですかね。



◎福山市長 確かに、今ご指摘の部分、私としてもこれまでやってきた中で、当然、この事業を成功させたかったというのは事実でございます。あそこに集客力のあるというのも、そのメンバーもできたということもあって、急きょ、もう本当に急にひっくり返ってきたということに対しても、市長の誠意がないとか、いろんな形でも言われてます。私の誠意をどこまでというのは、本当にやってました、電話ででも。それでオーケーもろてましたんで、そういう中で急転直下でもうひっくり返ったことに対してありましたんで、それ以上の部下が交渉をやってきていただいたその経過もございます。

 いろんなことを言われましたけども、本当に今回急に変わり、またJAとの関係においてもスカイタウンの話においても、本当に数日の間で変わってきたというのに対して、私としてもその中で何がどうして変わってきたかというのに対しても、いろいろと思い等もありますけども、もう言った、言わんの話で月曜日もあったんで、もうそういうことを言っててもお互い傷を深くするだけの話であったんで、私たちはJAがもう責任を持ってやるというんであれば、その後、市としてもいけるだけのことはさせていただきますというとこに切りかえたということです。

 あのスカイタウンのほうにつきましては、別の方法の中で当然消防分署の話もありますし、そういった中での土地活用ということで、やはり大阪府のタウン推進室のほうにもきちっと報告をしていかなければならないし、やっぱりそこは責任としては私はこの計画をどこかで再度持っていけるのではということでJAさんに後追いでもいけるんであればやらせてもらいますという形で帰って来ているということでございます。



◆古家委員 今回のこと、二転三転ということで、短い期間の間にこうやっていろいろ変わってきたことで驚いています。その中で、スカイタウンに例えばつくることがうまくいったかどうか、結果的にはいかなかったんですけども、それに関してももう4月、この前の全員協議会でも4月の広報でお知らせするとか、ちょっと難しかったら5月になるかなとかいうようなことで、例えば桃の木台の住民さんとか、そういう方々の声というのを一つも考慮しておられないんじゃないかなとか思うんです。さっきおっしゃってたカナートさんですか、イズミヤさんですか、何かスカイタウンのほうにある向かい側にできるということで競合するということで今回だめな理由の一つになったんですけども、その店舗というのは、その桃の木台の方々にとってはとても大事な買い物の場であって、あれがなくなってくれると困るというお声を桃の木台の住民さんからもお聞きしているということです。

 それと、やっぱり箱作のほうの農協の方々の声とか、それは無視できないのじゃないかなと思うんですけれども、JAさんとも12月1日オープンの協定、それがありきで、それに向かってのということで、いつでもそういう何かすごくタイトな中で物事を決めていく。だから、十分な論議とか相談とか、皆さんの声を集めるとかいうこともなかなか、そのタイトな中では難しいんじゃないかなと思うんですね。

 それをするのがやっぱり一番大事な基本じゃないかなというのは、いつも申し上げているんですけども、大きな事業をやるときには、必ず住民さんの声を聞くとか、いろんな方、識者の方の声も聞くとか、いろんな先例を研究するとか、いろんなことをしていただいた結果、それで鳥取中とか、ここが一番いいんだとかいうことなんで決めてほしいんですけれども、今回は一番初めのボタンがかけ違ってたという感想を持つんですね。し尿処理場をつくるための土地で最後まで土地に執着を持たれた地権者の方、手放したくないと思われた方にとっては、それなりの土地に対する思いがあると思うんですね。私たち、余り先祖代々の土地とかいうことには、気持ちはわかりにくいですけれども、でもやっぱりそういう方が今まで土地をずっと持って守ってこられた。

 その土地をまたどうか譲ってくださいというお話をするんであれば、やはり一番最初からそれこそ誠意を見せて、まず市長さんが行かれて丁寧なお話をされるとか、そういうことも必要だと思うし、やはり近辺の方とかの意見とかいうのも大事だと思うんですね。そこら辺のやはりやり方というのが、いろんなところで問題が起こってくる原因の一つになっているんではないかと思うんですが、ご見解を。



◎福山市長 お答えいたします。

 私も市長になって5年目に入りますが、その前までは市の職員でいろいろなプロジェクトを手がけてきて、用地交渉もやってきました。その結果、当然反対される方もありました。そういう中で、箱作の駅の区画整理にしても、スカイタウンにしても、またこれから鳥取ノ荘の駅も入ります。そういう中においては、私はきちっとした中でやっておりますけども、最初から最後まで私が出ていくものでもない話で、誠意というのは、当然あります。そういう誠意は十分私としてもその中ではやっておりますけども、あと担当にバトンタッチをするわけですね。その担当者が行く中でのいろいろな詰めというのは、当然私もやっております。

 市民病院の問題でもそうです。本当に。そういう中で一つ一つやっていく中で、今古家委員がご指摘の部分というのは、あってこそ、だから涙を流した人も何人もいてます、箱作でも。現に見てますし、そういう努力というのは、私はやってきたと思ってますけども、今回こういう二転三転ということで言われてます。本当にここ数日の間になぜここまでこう変わられるかというのに対しても、今の私の誠意とかとありますけども、周辺の方々においても協力、また売却もしたいという話も聞いてましたし、本当にもう直近の中で、ただ私としては、今回のこの地域振興整備計画、これはプロジェクトの一つでもございますけども、一つには雇用の場にもなるということで受けておりましたし、やはり物をつくればそれだけの働く人もそこで働けるという場があります。

 今までそういうことができなかった阪南市ですので、本当にそれぞれ、病院でもそうです。周辺の方々にご迷惑をおかけしてます、1年間。でも、でき上がる中で、その喜びとか出てきます。全て面整備もそうです。和泉鳥取の駅前もそうです。本当にそういう形で私は取り組んできたと思ってますけども、そういうふうに今回はご指摘をあおぐことに対しては、私は反論はしません。

 以上です。



○土井委員長 暫時休憩します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休憩 午後4時15分



△再開 午後4時30分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○土井委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 お諮りします。本日の委員会は、これで延会したいと思います。19日午後1時より再開したいと思いますが、いかがでしょうか。

 ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」の声あり〕



○土井委員長 異議なしと認めます。本日の委員会はこれで延会することに決定しました。

 19日13時、よろしくお願いしておきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会 午後4時31分