議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 阪南市

平成24年 12月 定例会(第4回) 12月27日−04号




平成24年 12月 定例会(第4回) − 12月27日−04号









平成24年 12月 定例会(第4回)



       平成24年阪南市議会第4回定例会会議録(第4日目)

1.招集   平成24年12月3日(月)午前10時00分

1.再開   平成24年12月27日(木)午前10時00分

1.閉会   平成24年12月27日(木)午前10時40分

1.議員定数  16名

1.応招議員  15名

        1番 上甲 誠      3番 野間ちあき

        4番 川原操子      5番 二神 勝

        6番 貝塚敏隆      7番 三原伸一

        8番 古家美保      9番 武輪和美

       10番 岩室敏和     11番 庄司和雄

       12番 中谷清豪     13番 土井清史

       14番 見本栄次     15番 有岡久一

       16番 楠部 徹

1.不応招議員   2番 木村正雄

1.出席議員    応招議員に同じ

1.欠席議員    不応招議員に同じ

1.地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名

    市長         福山敏博   副市長        安田 隆

    教育長        田渕万作   参与         町谷 茂

    参与         櫛谷憲弘   参与         水野謙二

    市長公室長      岩本正幸   総務部長       神藤泰治

    財務部長       中村幸治   市民部長       門脇啓二

    福祉部長       草竹忠義   健康部長       草竹靖典

    事業部長       石橋和彦   上下水道部長     森 重幸

    生涯学習部長     中野泰宏

1.本会議に職務のため出席した者の職氏名

         議会事務局長          肥田 茂夫

         議会事務局次長(兼)庶務課長  森下伊三美

         庶務課総括主査         桑田  学

         庶務課書記           奥田 智昭

1.付議事件

 ◯総務事業水道・厚生文教常任委員会分割付託分1件

 日程第1 議案第64号 平成24年度阪南市一般会計補正予算(第7号)

 ◯総務事業水道常任委員会付託分11件

 日程第2 議案第53号 阪南市市民参画手続条例制定について

      議案第54号 阪南市暴力団排除条例制定について

      議案第55号 阪南市公共下水道の構造の技術上の基準に関する条例制定について

      議案第56号 阪南市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例制定について

      議案第57号 阪南市防災会議条例及び阪南市災害対策本部条例の一部を改正する条例制定について

      議案第59号 南部大阪都市計画阪南市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第61号 泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町及び岬町における広域福祉課の共同設置に関する協議について

      議案第62号 泉州南消防組合規約の変更に係る協議について

      議案第63号 阪南岬消防組合の解散及び解散に伴う財産処分に係る協議について

      議案第66号 平成24年度阪南市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

      議案第68号 平成24年度阪南市水道事業会計補正予算(第1号)

 ◯厚生文教常任委員会付託分5件

 日程第3 議案第51号 指定管理者の指定について

      議案第52号 指定管理者の指定について

      議案第58号 阪南市留守家庭児童会条例の一部を改正する条例制定について

      議案第65号 平成24年度阪南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

      議案第67号 平成24年度阪南市介護保険特別会計補正予算(第2号)

 ◯市立病院関連特別委員会付託分2件

 日程第4 議案第60号 阪南市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第69号 平成24年度阪南市病院事業会計補正予算(第2号)

 (追加議案)

 日程第5 議会議案第9号 阪南市議会政務活動費の交付に関する条例制定について

 日程第6 議会議案第10号 阪南市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について

 日程第7 議会議案第11号 阪南市議会会議規則の一部を改正する規則制定について

 日程第8 報告第12号 専決処分事項の報告について

             〔専決第15号から第22号 損害賠償の額を定め、和解することについて〕

 日程第9        総務事業水道常任委員会の閉会中の所管事務調査について

 日程第10       厚生文教常任委員会の閉会中の所管事務調査について

 日程第11       議会運営委員会の閉会中の所管事務調査について



△再開 午前10時00分



○議長(楠部徹君) 皆さんおはようございます。去る12月3日の開会より本日で25日目でございます。議員各位におかれましては、お忙しいところご出席ありがとうございます。

 ただいまの出席議員数は、14人です。定足数に達していますので、平成24年阪南市議会第4回定例会を再開します。

 なお、木村正雄議員が所用のため欠席、庄司和雄議員は少しおくれるとの報告を受けております。

 直ちに本日の会議を開きます。

 まず、議事日程の変更についてお知らせします。お手元にご配付のとおり、議員提出議案3件及び報告案件1件、各常任委員長及び議会運営委員長より「閉会中の所管事務調査」の提出がありましたので、最終議案として日程に追加しております。

 なお、議事日程につきましては、付託された委員会ごとに編集しておりますので、ご了承のほどよろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(楠部徹君) 日程第1、議案第64号「平成24年度阪南市一般会計補正予算(第7号)」を議題とします。

 本件については、過日本会議におきまして各常任委員会に付託し、審査願っておりましたので、その結果について各常任委員長より報告をお願いします。



△総務事業水道常任委員長報告



○議長(楠部徹君) まず、総務事業水道常任委員会の審査結果報告を同委員長見本栄次議員より報告をお願いします。総務事業水道常任委員長見本栄次議員。



◆総務事業水道常任委員長(見本栄次君) 皆さんおはようございます。それでは、議長の命により、総務事業水道常任委員会の報告をさせていただきます。

 去る12月5日の本会議で分割付託されました議案第64号「平成24年度阪南市一般会計補正予算(第7号)」中、所管分について、12月10日月曜午前10時より委員会を開催いたしました。その審査の経過並びに結果を報告いたします。

 付託されました議案第64号中、所管分審査につきましては、ご配付の会議録のとおり質疑、答弁があり、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 以上で報告を終わります。

 なお、議案審査の会議録については、本定例会議事録の後に資料として添付していただきたく存じますので、議長にはよろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

 以上です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△厚生文教常任委員長報告



○議長(楠部徹君) 次に、厚生文教常任委員会の審査結果報告を同委員長貝塚敏隆議員より報告をお願いします。厚生文教常任委員長貝塚敏隆議員。



◆厚生文教常任委員長(貝塚敏隆君) おはようございます。それでは、議長の命により、厚生文教常任委員会の報告をさせていただきます。

 去る12月5日の本会議で分割付託されました議案第64号「平成24年度阪南市一般会計補正予算(第7号)」中、所管分について、12月11日火曜日午前10時より委員会を開催いたしました。その審査の経過並びに結果を報告いたします。

 付託されました議案第64号中、所管分審査につきましては、ご配付の会議録のとおり質疑、答弁があり、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 以上で報告を終わります。

 なお、議案審査の会議録につきましては、本定例会議事録の後に資料として添付していただきたく存じますので、議長にはよろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。



○議長(楠部徹君) お諮りします。ただいま各常任委員長から分割付託案件の審査会議録を本定例会の議事録に添付されたい旨の申し入れがありましたが、そのように取り計らいたいと思います。

 ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、各常任委員長の申し入れのとおり取り計らうことに決定しました。

 各常任委員長報告に対する一括質疑を行います。

          〔「質疑なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 質疑ないようですので、これで質疑を終わります。

 議案第64号「平成24年度阪南市一般会計補正予算(第7号)」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第64号「平成24年度阪南市一般会計補正予算(第7号)」は、各常任委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第64号は各常任委員長報告のとおり可決することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(楠部徹君) 日程第2、議案第53号「阪南市市民参画手続条例制定について」から議案第68号「平成24年度阪南市水道事業会計補正予算(第1号)」までの総務事業水道常任委員会付託分11案件を議題とします。



△総務事業水道常任委員長報告



○議長(楠部徹君) それでは、総務事業水道常任委員会の審査結果報告を同委員長見本栄次議員より報告をお願いします。総務事業水道常任委員長見本栄次議員。



◆総務事業水道常任委員長(見本栄次君) それでは、総務事業水道常任委員会の報告をさせていただきます。

 去る12月5日の本会議で付託されました議案第53号「阪南市市民参画手続条例制定について」から議案第68号「平成24年度阪南市水道事業会計補正予算(第1号)」までの11議案につきまして、その審査結果及び経過を報告いたします。

 まず、審査の結果を申し上げます。付託されました案件は、いずれも全会一致をもちまして「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 審査の経過といたしましては、議案第53号「阪南市市民参画手続条例制定について」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第54号「阪南市暴力団排除条例制定について」の付託審査については、ご配付の会議録のとおり質疑、答弁があり、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第55号「阪南市公共下水道の構造の技術上の基準に関する条例制定について」の付託審査については、ご配付の会議録のとおり質疑、答弁があり、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第56号「阪南市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例制定について」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第57号「阪南市防災会議条例及び阪南市災害対策本部条例の一部を改正する条例制定について」の付託審査については、ご配付の会議録のとおり質疑、答弁があり、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第59号「南部大阪都市計画阪南市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例制定について」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第61号「泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町及び岬町における広域福祉課の共同設置に関する協議について」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第62号「泉州南消防組合規約の変更に係る協議について」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第63号「阪南岬消防組合の解散及び解散に伴う財産処分に係る協議について」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第66号「平成24年度阪南市下水道事業特別会計補正予算(第2号)」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第68号「平成24年度阪南市水道事業会計補正予算(第1号)」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 以上で総務事業水道常任委員会の付託審査について報告を終了いたします。

 なお、議案審査の会議録については、本定例会議事録の後に資料として添付していただきたく存じますので、議長にはよろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

 最後に、本委員会に付託されました案件につきましては、副議長を初め委員の皆様には、精力的かつ慎重審査を賜り、同時に、理事者初め関係各位のご協力をいただきましたことを厚くお礼申し上げ、委員長報告といたします。

 以上でございます。



○議長(楠部徹君) お諮りします。ただいま総務事業水道常任委員長から同委員会付託分11案件の審査会議録を本定例会の議事録に添付されたい旨の申し入れがありましたが、そのように取り計らいたいと思います。

 ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、総務事業水道常任委員長の申し入れのとおり取り計らうことに決定しました。

 委員長報告に対する一括質疑を行います。

          〔「質疑なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 質疑ないようですので、これで質疑を終わります。

 議案第53号「阪南市市民参画手続条例制定について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第53号「阪南市市民参画手続条例制定について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第53号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第54号「阪南市暴力団排除条例制定について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第54号「阪南市暴力団排除条例制定について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第54号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第55号「阪南市公共下水道の構造の技術上の基準に関する条例制定について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第55号「阪南市公共下水道の構造の技術上の基準に関する条例制定について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第55号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第56号「阪南市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例制定について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第56号「阪南市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例制定について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第56号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第57号「阪南市防災会議条例及び阪南市災害対策本部条例の一部を改正する条例制定について」の討論を行います。



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第57号「阪南市防災会議条例及び阪南市災害対策本部条例の一部を改正する条例制定について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第57号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第59号「南部大阪都市計画阪南市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例制定について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第59号「南部大阪都市計画阪南市下水道事業受益者負担に関する条例の一部を改正する条例制定について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第59号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第61号「泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町及び岬町における広域福祉課の共同設置に関する協議について」の討論を行います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。8番古家美保議員。



◆8番(古家美保君) 議案第61号、泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町及び岬町における広域福祉課の共同設置に関する協議について反対討論を行います。

 本件は、泉佐野市以南の3市3町において、広域福祉課を共同して設置するに当たり、関係市町と協議するについての議会の議決を求めるものです。国が進める地方分権改革や地域主権改革の流れは、住民福祉の推進に責任を持つべき自治体の機能と役割を一層弱めるものであり、憲法と地方自治法に基づく住民自治の破壊や縮小に導くものであります。

 大阪府の進める権限移譲の方向は、その流れを先取りするものであり、社会保障などの最低基準を放棄し、暮らし、福祉など住民に身近な行政施策を財源を減らした上で市町村に押しつけるものであります。

 今回の広域福祉課の設置は、各市町から、市は2名ずつ、町は1名ずつ、合計9名の職員が選任されて職務に当たるとのことです。権限移譲で自分たちで決める、住民の近いところで仕事ができるとも言われますが、十分な組織・体制がなければ、サービス低下が危惧されますし、各市町や住民、そして事業者の意見、要望も反映されない状況が生まれます。

 ある市では、この事業について、市や議会としてどのように把握し、チェックできるのかとの質問に対し、担当部署同士の連絡でしかできないとの答弁があったそうです。今、さまざまな分野で広域化が推し進められております。広域化のメリットとされているものの多くは行政側のものであり、住民にとって暮らし、福祉、サービスの向上につながるものであるとは到底思えません。よって、本議案には反対いたします。

 以上です。



○議長(楠部徹君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) ほかに討論ありませんか。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 採決を行います。本案に対する委員長の報告は、可決すべきものと決定しています。

 議案第61号「泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町及び岬町における広域福祉課の共同設置に関する協議について」は、委員長の報告のとおり可決することに賛成の方は起立願います。

          〔賛成者起立〕



○議長(楠部徹君) 起立多数です。したがって、議案第61号「泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町及び岬町における広域福祉課の共同設置に関する協議について」は、原案のとおり可決されました。

 議案第62号「泉州南消防組合規約の変更に係る協議について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第62号「泉州南消防組合規約の変更に係る協議について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第62号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第63号「阪南岬消防組合の解散及び解散に伴う財産処分に係る協議について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第63号「阪南岬消防組合の解散及び解散に伴う財産処分に係る協議について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第63号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第66号「平成24年度阪南市下水道事業特別会計補正予算(第2号)」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第66号「平成24年度阪南市下水道事業特別会計補正予算(第2号)」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第66号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第68号「平成24年度阪南市水道事業会計補正予算(第1号)」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第68号「平成24年度阪南市水道事業会計補正予算(第1号)」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第68号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(楠部徹君) 日程第3、議案第51号「指定管理者の指定について」から議案第67号「平成24年度阪南市介護保険特別会計補正予算(第2号)」までの厚生文教常任委員会付託分5案件を議題とします。



△厚生文教常任委員長報告



○議長(楠部徹君) それでは、厚生文教常任委員会の審査結果報告を同委員長貝塚敏隆議員より報告をお願いします。厚生文教常任委員長貝塚敏隆議員。



◆厚生文教常任委員長(貝塚敏隆君) それでは、厚生文教常任委員会の報告をさせていただきます。

 去る12月5日の本会議で付託されました議案第51号「指定管理者の指定について」から議案第67号「平成24年度阪南市介護保険特別会計補正予算(第2号)」までの5議案につきまして、その審査結果及び経過を報告いたします。

 まず、審査の結果を申し上げます。付託されました案件は、いずれも全会一致をもちまして「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 審査の経過といたしましては、議案第51号「指定管理者の指定について」の付託審査については、ご配付の会議録のとおり質疑、答弁があり、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第52号「指定管理者の指定について」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第58号「阪南市留守家庭児童会条例の一部を改正する条例制定について」の付託審査については、ご配付の会議録のとおり質疑、答弁があり、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第65号「平成24年度阪南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)」の付託審査につきましては、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第67号「平成24年度阪南市介護保険特別会計補正予算(第2号)」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定をいたしました。

 以上で厚生文教常任委員会の付託審査について報告を終了いたします。

 なお、議案審査の会議録につきましては、本定例会議事録の後に資料として添付していただきたく存じますので、議長にはよろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

 最後に、本委員会に付託されました案件につきましては、議長を初め委員の皆様には精力的かつ慎重審査を賜り、同時に、理事者を初め関係各位のご協力をいただきましたことを厚くお礼申し上げ、委員長報告といたします。



○議長(楠部徹君) お諮りします。ただいま厚生文教常任委員長から同委員会付託分5案件の審査会議録を本定例会の議事録に添付されたい旨の申し入れがありましたが、そのように取り計らいたいと思います。

 ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、厚生文教常任委員長の申し入れのとおり取り計らうことに決定しました。

 委員長報告に対する一括質疑を行います。

          〔「質疑なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 質疑ないようですので、これで質疑を終わります。

 議案第51号「指定管理者の指定について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第51号「指定管理者の指定について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第51号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第52号「指定管理者の指定について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第52号「指定管理者の指定について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第52号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第58号「阪南市留守家庭児童会条例の一部を改正する条例制定について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第58号「阪南市留守家庭児童会条例の一部を改正する条例制定について」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第58号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第65号「平成24年度阪南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第65号「平成24年度阪南市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第65号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第67号「平成24年度阪南市介護保険特別会計補正予算(第2号)」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第67号「平成24年度阪南市介護保険特別会計補正予算(第2号)」は、委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第67号は委員長報告のとおり可決することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(楠部徹君) 日程第4、議案第60号「阪南市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について」及び議案第69号「平成24年度阪南市病院事業会計補正予算(第2号)」の市民病院関連特別委員会付託案件2件を議題とします。



△市民病院関連特別委員長報告



○議長(楠部徹君) それでは、市民病院関連特別委員会の審査結果報告を同副委員長野間ちあき議員より報告をお願いします。市民病院関連特別副委員長野間ちあき議員。



◆市民病院関連特別副委員長(野間ちあき君) 皆さんおはようございます。それでは、議長の命により、木村委員長にかわりまして市民病院関連特別委員会の報告をさせていただきます。

 去る12月5日の本会議で付託されました議案第60号「阪南市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について」及び議案第69号「平成24年度阪南市病院事業会計補正予算(第2号)」の2議案につきまして、12月12日水曜日午前10時より委員会を開催しました。その審査結果及び経過を報告いたします。

 まず、審査の結果を申し上げます。付託されました2案件は、全会一致をもって「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 審査の経過といたしましては、議案第60号「阪南市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について」の付託審査は、ご配付の会議録のとおり質疑、答弁があり、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 議案第69号「平成24年度阪南市病院事業会計補正予算(第2号)」の付託審査については、何ら質疑なく、全会一致で「原案どおり可決すべきもの」と決定いたしました。

 以上で市民病院関連特別委員会の付託審査について報告を終了します。

 なお、議案審査の会議録については、本定例会議事録の後に資料として添付していただきたく存じますので、議長にはよろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

 最後に、本委員会に付託されました案件につきましては、議長を初め委員の皆様には、精力的かつ慎重審査を賜り、同時に、理事者初め関係各位のご協力をいただきましたことを厚くお礼申し上げ、委員長報告といたします。

 以上です。



○議長(楠部徹君) お諮りします。ただいま市民病院関連特別委員会副委員長から同特別委員会付託案件の審査会議録を本定例会の議事録に添付されたい旨の申し入れがありましたが、そのように取り計らいたいと思います。

 ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、市民病院関連特別委員会副委員長の申し入れのとおり取り計らうことに決定しました。

 副委員長報告に対する一括質疑を行います。

          〔「質疑なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 質疑ないようですので、これで質疑を終わります。

 議案第60号「阪南市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第60号「阪南市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について」は、副委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第60号は副委員長報告のとおり可決することに決定しました。

 議案第69号「平成24年度阪南市病院事業会計補正予算(第2号)」の討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。議案第69号「平成24年度阪南市病院事業会計補正予算(第2号)」は、副委員長報告のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議案第69号は副委員長報告のとおり可決することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会議案第9号「阪南市議会政務活動費の交付に関する条例制定について」



○議長(楠部徹君) 日程第5、議会議案第9号「阪南市議会政務活動費の交付に関する条例制定について」を議題とします。

 提出者有岡久一議員より提案理由の説明を求めます。15番有岡久一議員。



◆15番(有岡久一君) それでは、議会議案第9号「阪南市議会政務活動費の交付に関する条例制定」について、提案理由の説明を申し上げます。

 本年9月に成立いたしました地方自治法の一部を改正する法律に伴い、「阪南市議会政務調査費の交付に関する条例」を全部改正するものであります。

 本改正では、全条文にわたる「政務調査費」の名称を「政務活動費」に改め、法により条例で定めることとされました「政務活動費を充てることができる経費の範囲」に関して第4条に規定し、加えて、「透明性の確保」に関して、第10条として新たに規定するものであります。

 なお、本条例は、地方自治法の一部を改正する法律附則第1条ただし書きの規定による政令で定める日から施行するものであります。

 全会派のご賛同をいただきましたので、よろしくご審議いただき、ご裁決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(楠部徹君) 質疑を行います。

          〔「質疑なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 質疑ないようですので、これで質疑を終わります。

 お諮りします。議会議案第9号は、会議規則第37条第3項の規定によって、委員会の付託を省略したいと思います。

 ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議会議案第9号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。日程第5、議会議案第9号「阪南市議会政務活動費の交付に関する条例制定について」は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議会議案第9号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会議案第10号「阪南市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について」



○議長(楠部徹君) 日程第6、議会議案第10号「阪南市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について」を議題とします。

 提出者有岡久一議員より提案理由の説明を求めます。15番有岡久一議員。



◆15番(有岡久一君) 議会議案第10号「阪南市議会委員会条例の一部を改正する条例制定」について、提案理由の説明を申し上げます。

 本年9月に成立いたしました、地方自治法の一部を改正する法律に伴い、委員会に関する規定を簡素化し、委員の選任方法、在任期間等について、法律で定めていた事項を条例に委任することとされました。

 この法改正に伴い、委員の選任及び在任期間等について、本市議会の委員会条例第2条、第6条及び第8条に新旧対照表にも記載のように新たに条項を追加するものであります。

 また、本条例は、地方自治法の一部を改正する法律附則第1条ただし書きの規定による政令で定める日から施行するものであります。

 なお、条例施行の際、現委員である者の在任等に関して、附則において経過措置を設けております。

 全会派のご賛同をいただきましたので、よろしくご審議いただき、ご裁決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(楠部徹君) 質疑を行います。

          〔「質疑なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 質疑ないようですので、これで質疑を終わります。

 お諮りします。議会議案第10号は、会議規則第37条第3項の規定によって、委員会の付託を省略したいと思います。

 ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議会議案第10号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。日程第6、議会議案第10号「阪南市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について」は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議会議案第10号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会議案第11号「阪南市議会会議規則の一部を改正する規則制定について」



○議長(楠部徹君) 日程第7、議会議案第11号「阪南市議会会議規則の一部を改正する規則制定について」を議題とします。

 提出者有岡久一議員より提案理由の説明を求めます。15番有岡久一議員。



◆15番(有岡久一君) 議会議案第11号「阪南市議会会議規則の一部を改正する規則制定」について、提案理由の説明を申し上げます。

 本年9月に成立いたしました地方自治法の一部を改正する法律に伴い、議会運営において、現在、委員会制度にのみ採用されております公聴会の開催及び参考人の招致が本会議においてもできることとなりました。

 つきましては、これらの手続について、阪南市議会会議規則に新たに第9節として7条の条項を追加規定するものであります。また、あわせて地方自治法からの引用条項の整備を行うものであります。

 なお、本規則は公布の日から施行するものとしておりますが、引用条項の整備である第98条の改正規定は、地方自治法の一部を改正する法律附則第1条のただし書きの規定による政令で定める日から施行することとしております。

 よろしくご審議いただき、ご裁決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(楠部徹君) 質疑を行います。

          〔「質疑なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 質疑ないようですので、これで質疑を終わります。

 お諮りします。議会議案第11号は、会議規則第37条第3項の規定によって、委員会の付託を省略したいと思います。

 ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議会議案第11号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 討論を行います。

          〔「討論なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 討論ないようですので、これで討論を終わります。

 お諮りします。日程第7、議会議案第11号「阪南市議会会議規則の一部を改正する規則制定について」は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、議会議案第11号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第12号「専決処分事項の報告について」



○議長(楠部徹君) 日程第8、報告第12号「専決処分事項の報告について」を議題とします。

 岩本市長公室長の説明を求めます。岩本市長公室長。



◎市長公室長(岩本正幸君) それでは、報告第12号、専決処分事項の報告についてご説明申し上げます。

 本専決処分につきましては、浸水事故による損害賠償の額を定め和解することについて、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したことを同条第2項の規定によりご報告するものでございます。

 恐れ入りますが、お手元にございます阪南市専決第15号から阪南市専決第22号までの専決処分書をごらん願います。

 本件は、平成24年10月17日午後6時ごろ、阪南市尾崎町四丁目344番2、尾崎町一丁目635番及び鳥取1066番8の地先にあります3カ所の樋門により発生した浸水事故でございます。相手方はそれぞれ専決処分書に記載しております8名の方でございます。

 事故の概要といたしましては、当日、局地的な集中豪雨があり、高潮に対応するため閉鎖しておりました本市が管理する用水路の樋門を開くことがおくれたため、雨水が用水路からあふれ、相手方の敷地に流れ込み、住居及び家財道具等に被害を与えたものでございます。

 この浸水事故についての損害賠償といたしまして、本市が相手方に対し、住居、家財道具等一切の損害賠償金として、専決処分書の記載額のとおりそれぞれ支払い、また相手方とはそれ以外にいかなる債権債務のないことを確認するものでございます。

 なお、損害賠償金につきましては、全額市加入の保険より補てんがございます。

 以上、簡単ではございますが、ご報告申し上げます。



○議長(楠部徹君) ただいまの説明のとおりです。本件は報告でありますが、この際質疑があれば質疑を許可します。

          〔「質疑なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 質疑ないようですので、これで質疑を終わります。

 本件の処理については、提出のあったものと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△「総務常任委員会の閉会中の所管事務調査について」外2件



○議長(楠部徹君) お諮りします。各常任委員長及び議会運営委員長から、所管事務のうち会議規則第104条の規定に基づき、お手元に配付しました所管事務の調査事項について閉会中の継続調査の申し出がありましたので、一括議題としたいと思います。

 ご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、日程第9、「総務事業水道常任委員会の閉会中の所管事務調査について」から日程第11、「議会運営委員会の閉会中の所管事務調査について」までの3件を一括議題とすることに決定しました。

 お諮りします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」の声あり〕



○議長(楠部徹君) 異議なしと認めます。したがって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。





○議長(楠部徹君) 本定例会に付議された事件はすべて終了しました。

 したがって、これで本日の会議を閉じます。

 最後に、この場をおかりしまして、議会を代表して本職から御礼を申し上げます。

 今般、水野謙二参与におかれましては、この12月末をもって早期退職されるとのことであります。長年福祉関係を中心に種々貢献されてきましたことに対し、深く感謝申し上げます。本当にご苦労さまでございました。(拍手)今後とも、健康に留意され、その豊かな経験を生かして、次のステップでのご活躍とご多幸をご祈念申し上げます。本当にありがとうございました。

 平成24年阪南市議会第4回定例会を閉会します。どうもありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会 午前10時40分

 以上は書記の記載したものであるが、その内容正確であることを証するためここに署名する。

阪南市議会議長    楠部 徹

阪南市議会議員    古家美保

阪南市議会議員    武輪和美