議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 阪南市

平成23年 11月 市民病院関連特別委員会 11月04日−01号




平成23年 11月 市民病院関連特別委員会 − 11月04日−01号









平成23年 11月 市民病院関連特別委員会



           市民病院関連特別委員会記録

1.日時

    平成23年11月4日(金)午前9時59分〜午前10時31分

1.出席委員

    委員長  楠部 徹     副委員長 野間ちあき

    委員   貝塚敏隆     委員   三原伸一

    委員   古家美保     委員   武輪和美

    委員   見本栄次     委員   岩室敏和

1.オブザーバー

    議長   有岡久一

1.欠席委員

    なし

1.説明のため出席した者の職氏名

    市長         福山敏博   副市長         安田 隆

    参与         櫛谷憲弘   総務部長        神藤泰治

    財務部長       中村幸治   財務部副理事(兼)財政課長

                                  佐々木重雄

    病院事業課長     大久保則之

1.職務のため出席した者の職氏名

    議会事務局長         肥田茂夫

    議会事務局次長(兼)庶務課長 森下伊三美

    議会事務局庶務課総括主査   桑田 学

1.案件

  (1)病院改築工事の工程スケジュールについて

  (2)その他

    ?例月収支報告について

    ?阪南市民病院の運営状況について

     ・診療科の充実及び診療科名の変更

     ・診療科別入院・外来患者数

     ・平成23年度4月から9月までの阪南市市民病院収支状況について

    ?その他



△開会 午前9時59分



○楠部委員長 本日は大変お忙しい中、各委員、議長、また説明員として市長初め理事者の方々にご出席をいただきまして、まことにありがとうございます。これからの本特別委員会の審査及び運営につきまして、よろしくご協力賜りますようお願い申し上げます。

 それでは、定足数に達しておりますので、ただいまから市民病院関連特別委員会を開会いたします役選後、初の委員会であります。一部の委員の方がかわられておりますが、この1年、よろしくお願い申し上げます。

 まず、開会に当たりまして市長からごあいさつをいただきたいと思います。



◎福山市長 おはようございます。委員長並びに議長初め各委員の皆様におかれましては、市民病院関連特別委員会を開催していただきましてまことにありがとうございます。

 本日の案件につきましては、案件1といたしまして、病院改築工事の工程スケジュールについて、案件2、その他といたしまして、?例月収支報告について、?阪南市民病院の運営状況について、?その他でございます。それぞれ担当よりご説明、ご報告を申し上げますので、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。ありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△1.病院改築工事の工程スケジュールについて



○楠部委員長 ありがとうございました。それでは、案件1、病院改築工事の工程スケジュールについて理事者から説明願います。



◎神藤総務部長 それでは、案件1の病院改築工事の工程スケジュールについてでございますが、平成23年8月の基本設計から平成25年9月末の工事完了までの全体スケジュールについてご説明をさせていただきます。また、本年12月からリハビリ棟の解体工事に入らせていただく予定としてございます。

 それでは、病院改築工事の工程スケジュール(計画案)につきまして、大久保課長からご説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。



◎大久保病院事業課長 それでは、案件1の病院改築工事の工程スケジュールにつきまして、お手元にお配りしております資料1に基づきご説明申し上げます。

 まず、説明に入ります前に、恐れ入りますが資料の訂正をお願いします。2カ所ございます。まず、1カ所目は、表の下のほうでございますが、契約等の欄に太い矢印がございますが、その矢印の上から一つ目に、「社会法人生長会」となっておりますが、「社会医療法人生長会」の誤りでございます。次に、2カ所目でございますが、三つ目の矢印の社会医療法人生長会阪南市民病院改築工事設計業務委託の契約期間が、「平成23年3月31日」までとなっておりますが、正しくは「平成24年3月31日」までの誤りでございます。申しわけありませんが、以上、訂正をお願いします。

 それでは、資料の説明に移らせていただきます。本工程スケジュール(計画案)につきましては、平成23年8月から平成25年10月までの阪南市民病院改築工事の工程につきまして、スケジュールをお示ししたものでございます。上段から、年度、延べ月、月、設計、施工、めど、設計申請、改修解体工事、新病院建築工事、契約等とございまして、工事完了までの大まかな流れを表に示しております。

 現在の進捗状況でありますが、まず設計につきましては、8月から週1回のペースで本市、生長会、清水建設及び昭和設計が参加した建設委員会を開催し、既存建物の改修工事及び新病院の機能配置等につきまして検討し、現在実施設計作成に向けて検討を行っているところでございます。

 次に、改修解体工事につきましては、新病院建築に当たりまして、現在のリハビリ訓練棟を解体する必要があることから、改築中のリハビリ機能を確保するため、既存建物が残る箇所にリハビリテーション機能訓練室等を設置する改修工事を10月から実施しております。リハビリ棟の解体工事は、12月からの予定でございますが、年内は内装等の解体や仮囲いのプラットパネルの設置等で、重機を使っての解体工事は年が明けてからの予定でございます。また、新病院の着工につきましては、来年4月中旬からの予定でございまして、新病院建築後、残っております既存の建物解体工事、駐車場等の建設工事及び外溝工事を施工いたしまして、工事完了を平成25年9月末の計画としております。

 続きまして、契約等につきましては、記載のとおりでございますが、表の一番下にございます工事監理委託業務につきましては、今後工事の進捗に沿って契約の手続を行う予定でございます。

 その他、資料にはございませんが、改築工事に伴う工事車両の運行ルート等につきましてご報告させていただきます。実際に改築工事が始まりますと、大型の工事用車両が頻繁に往来することが想定されます。安全には十分な配慮を行った通行がなされますが、工事用車両の円滑な搬入、搬出ルートを検討し、関係機関とも十分に協議しながら取り組むものとしております。

 現在のところ、想定している主な工事用車両の運行ルートでありますが、病院への資材等搬入時は、第二阪和を大阪方面より進行し、石田ランプの交差点を右折、次に国道26号の鳥取の交差点を右折し、その後、黒田南、マクドナルドの交差点を左折して海側に進行しまして、市役所の前を通り病院に入ります。また、搬出時は、ただいま地権者と交渉中ということでございますが、サンギャラリーの駐車場を抜け、泉南警察署の前を山側へ左折で出まして、黒田の交差点を大阪側に左折するという運行ルートとなってございます。できる限り渋滞の招かないよう、主な交差点は左折にて進行するよう配慮しております。また、搬入搬出時には安全確保のために誘導員を複数配置する予定でございます。

 現在、以上のとおりの予定でございますが、最終通行ルートが確定いたしましたら、委員長とご相談し、改めて委員の皆さんにお知らせしていきたいと考えております。

 なお、基本的な工事の時間帯等につきましては、午前8時から午後5時までの予定をしておりますが、天候等の影響による工事の進捗によりましては、残業が発生する場合もあります。また、工事の休日は日曜日でありまして、土曜日、祝日は工事を行うこととなっております。

 以上、簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。



○楠部委員長 ただいまの説明について質疑はございませんか。

     〔「質疑なし」の声あり〕



○楠部委員長 それでは、案件1、病院改築工事の工程スケジュールについての質疑は終了したいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2.その他?例月収支報告について



○楠部委員長 続いて、案件2、その他?例月収支報告について理事者から説明願います。



◎神藤総務部長 それでは、その他案件?例月収支報告についてでございますが、病院事業会計の8月、9月分の収支報告をさせていただきます。

 先月までの収支報告では、本来一般会計から繰り入れをしていただく移籍奨励金や9月で支出しております公立病院特例債の元利償還金等について、病院の留保資金で一時的に支出しておりますが、今までの収支報告では口頭でご説明はさせていただいておりましたが、収支報告書では費用のみの計上であったことから、その純損益にその分が赤字として計上されておりましたので、数字だけ見れば誤解を招くことから、このたび新たに未収入繰入金欄を設けさせていただいております。また、一般会計からの未収繰入金につきましては、市全体の資金繰りを見ながら調整をしたいと考えてございます。

 それでは、詳細につきまして大久保課長からご説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。



◎大久保病院事業課長 それでは、案件その他の?例月収支報告につきましてご報告申し上げます。

 今回は、平成23年8月分及び9月分の収支報告でございます。

 まず最初に、収支報告の表でございますが、今回8月から若干表示方法を変更しております。病院事業会計につきましては、本年4月から病院運営が指定管理に移行し、病院運営に伴う医療収入、収益などの収入や職員人件費、経費などの支出につきましては、指定管理者の収支に計上されておりますことから、市の病院事業会計の支出に充当する収入の主なものとしましては、一般会計からの繰入金となっております。

 これまで今年度の病院事業会計の支出につきましては、病院事業会計における留保資金により支払いを行ってきたところから、本来充当すべき一般会計繰入金については、留保資金の残高を考慮しながらの繰り入れを行ってきたところであります。しかしながら、実際収入した繰入金の額のみを収支報告に計上いたしますと、収益的収支上は収支の不足が発生していることとなり、病院事業会計の資金不足が発生しているとの誤解を招く可能性があることから、支出額に充当すべき繰入金を収入報告に計上するとともに、そのうち未収入である繰入金も記載することにしておりますので、ご了解いただきますようお願いいたします。

 それでは、8月分の収支につきましてご報告いたします。まず、収入の項目としまして、医業収益につきましては、その他医業収益、文書料としまして25万7,000円でございます。医業外収益につきましては、その他医業外収益としまして2万7,000円となってございます。

 続きまして、支出でございますが、医業費用の経費の主なものとしまして賃借料、これは7月30日の公開型プロポーザル協議の会場使用料としまして23万3,000円、委託料、これは文書料等の手数料等としまして29万8,000円、及び減価償却費528万円等合わせまして医業費用につきましては591万8,000円でございます。医業外費用につきましては、繰延勘定償却、退職給与金償却としまして621万5,000円でございます。医業収益、医業外収益と医業費用、医業外費用を比べました経常損益につきましては、1,184万9,000円の経常損失となっており、純損失につきましても同額となっております。

 続きまして、裏面をお願いいたします。資本的収支でございますが、資本的支出の建設改良費のうち備品費として197万4,000円でございます。

 続きまして、表面へ戻っていただきまして、8月までの累計額でございますが、表の中ほどの当年度累計額をごらんください。先ほど申し述べました一般会計繰入金の未収入分を含めまして7,385万4,000円の経常損失、また純損失額となっております。

 続きまして、9月分の収支につきましてご報告いたします。まず、支出の項目から報告をさせていただきます。医業費用の経費の主なものとしまして、報償費、病院改築事業に係る審査委員会の委員の報酬としまして16万8,000円、委託料、これは文書料の手数料としまして45万4,000円及び減価償却費528万円等、合わせまして医業費用につきましては、604万8,000円でございます。医業外費用につきましては、支払利息及び企業債取扱諸費697万3,000円、繰延勘定償却、退職給与金償却としまして621万5,000円、合わせまして医業外費用につきましては、1,318万8,000円でございます。

 次に、収入の項目としまして、医業収益のうち、その他の医業収益、文書料としまして41万5,000円、医業外収益としまして未収入分でありますが、企業債の償還利息に充当する一般会計負担金、そして697万3,000円、その他の医業外収益が3万5,000円、合わせまして医業外収益につきましては、700万8,000円でございます。医業収益、医業外収益と医業費用、医業外費用を比べました経常損益につきましては、1,181万3,000円の経常損失となっております。また、9月20日に支払い済みの公立病院特例債元利償還金分としての未収入分でありますが、公立病院特例債の元金償還に充当する特別利益としての一般会計繰入金、これが7,199万7,000円でございますので、6,018万4,000円の純利益となっております。

 続きまして、裏面をお願いいたします。資本的収支でありますが、資本的支出の企業債償還金としまして1億1,736万円、また資本的収入としまして未収入分でありますが、企業債の元金償還に充当する一般会計負担金としまして4,536万3,000円となっております。

 また、表面に戻っていただきまして、9月分までの累計額でございますが、表の中ほどの当年度累計額をごらんください。一般会計繰入金の未収入額も含めますと8,566万7,000円の経常損失、また1,367万円の純損失額となっております。

 以上、簡単でございますが、報告を終わらせていただきます。



○楠部委員長 ただいまの説明について質疑はございませんか。

     〔「質疑なし」の声あり〕



○楠部委員長 それでは、案件2、その他?例月収支報告についての質疑は終了したいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2.その他?阪南市民病院の運営状況について



○楠部委員長 続いて、その他?阪南市民病院の運営状況について、理事者から説明願います。



◎神藤総務部長 それでは、その他案件?阪南市民病院の運営状況についてでございますが、本年12月から診療科名の変更と新たな診療科の新設を予定してございますので、その内容及び8月、9月分の診療科別入院・外来患者数について、また指定管理移行後の社会医療法人生長会の阪南市民病院の4月から9月までの収支状況につきまして、それぞれ大久保課長からご説明をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。



◎大久保病院事業課長 それでは、案件その他の?阪南市民病院の運営状況につきましてご報告申し上げます。

 まず、診療科の充実及び診療科名の変更につきましてご報告いたします。現在、阪南市民病院の診療科名は、内科、循環器科、小児科、胃腸科・外科、整形外科、リハビリテーション科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科口腔外科、放射線科及び休診中でありますが、婦人科、麻酔科を含めまして13診療科でございます。このたび診療科の充実といたしまして、本年12月から週1回ではございますが、診療体制が整いました新たな診療科としまして泌尿器科を標榜する予定となっております。また、今回、大阪府へ泌尿器科の診療科目の追加変更届を行うに当たりまして、平成20年4月に行われました医療法改正により、経過措置の適用がなされております標榜科名の見直しを同時に行うこととしております。この医療法改正により、単独で標榜することができなくなる診療科名としまして循環器科と胃腸科が含まれておりましたので、今回循環器科を循環器内科に、胃腸科を消化器外科に変更するとともに、内科の専門診療としての消化器を消化器内科として単独の診療科名と変更する届け出をあわせて行う予定でございます。

 次に、阪南市民病院の診療科別入院及び外来患者数でございますが、入院の一日平均患者数の8月が57.2人、9月が55.5人となっております。また、外来の一日平均患者数の8月が239.1人、9月が257.5人となっております。参考としまして、現在の稼働病床数60床に対する病床稼働率、平均在院日数、紹介件数、救急搬送件数は表のとおりとなっております。

 次に、平成23年度4月から9月までの阪南市民病院収支状況でございますが、収入の項目としまして入院収益2億9,822万7,000円、外来収益2億1,623万6,000円、またその他の医業収益を合わせまして医業収益につきましては、5億3,214万7,000円でございます。

 続きまして、支出の項目でございますが、材料費1億1,537万2,000円、給与費4億141万8,000円、また経費その他1億3,252万8,000円を合わせまして医業費用につきましては、6億4,931万8,000円となってございます。また、医業外収益につきましては、6,680万8,000円でございます。医業収益、医業外収益と医業費用、医業外費用を比べました経常損益につきましては、5,036万3,000円の経常損失となっております。

 以上、簡単ではございますが、報告を終わらせていただきます。



○楠部委員長 ただいまの説明について質疑はございませんか。



◆岩室委員 今、説明してもらったんですけど、23年度の4月から9月までの病院の収支状況の中で、医業収益でその他の医業収益てありますよね。これの中身と、それと医業外収益6,680万円出てますよね。これの中身がわかりますかね。



◎大久保病院事業課長 ちょっと手元に資料がございませんが、その他の医業収益につきましては、主に室料差額部分だと思います。それと、医業外収益につきましては、指定管理料の分でして、市からの1年間の分という金額になりましたら1億2,968万5,000円、この分につきまして、これを12で割りまして一月分1,080万円の6カ月の積み上げの分ということで、この部分の主なものということになっております。



◆岩室委員 それで合うてたらいいんですけど、若干違いがあるんでしたら、後でまた早急に報告してくれますかね。



○楠部委員長 医業外収益は月割りにしたというか半年分と、市から出している分の半年分だというのはわかりますけども、その他医業収益、今は室料差額と言いましたけども、もう少し詳しく、手元に資料がないんであれば、後刻でよろしいですか。



◎神藤総務部長 そしたら、内容につきまして、また後刻ご説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。



○楠部委員長 ほかにございませんか。

     〔「質疑なし」の声あり〕



○楠部委員長 それでは、その他?阪南市民病院の運営状況についての質疑は終了したいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△2.その他?その他



○楠部委員長 最後に、その他の?その他として何かございませんか。



◎福山市長 私のほうからお願いがございます。これまで市民病院特別委員会におきましても、こういった収支の状況等明確にいろいろと資料を出してご説明を申し上げております。先ほども岩室委員のほうからご質問がありましたような、細かい数字等もございます。それにつきましては、きちっとご説明を申し上げやっていきたいんですけども、ここのところ、いろんな情報が出ている中で、市民のほうから問い合わせ等もあります。当然窓口なり担当に来てご説明を申し上げれば十分理解して帰っていただいておりますので、できる限り今後におきましてもきちっとしたデータ等を提供していきたい。その上で議会の議員の皆様におかれましても何とぞよろしく市民に対するご配慮をお願いしたいと、このように思っておりますので、その点、よろしくお願いします。

 以上でございます。



○楠部委員長 そのように対応していただきたいと思います。9月15日の委員会で運営状況をできる範囲で報告していただきたいと。相手さんのあることというか、生長会の都合と申しますか、本日それに基づいてこれが出てきたということでございますので、今市長が言われるように、今後ともできるだけ詳しくというか、正確に報告をしていただきたいと、かように思います。その他、ございませんか。



◆古家委員 この間、ちょっと阪南市民さんではないんですけども、何件か他の市町村の方から苦情をいただいているんです。そのことは、例えば検査とか診察、投薬の説明責任がきちっと果たせてないというご意見を何件かいただいているんです。地域に開かれた病院であるとか、市民さんと一緒につくっていく病院というふうに高らかに掲げていただいているんですけれども、一番基本であるインフォームドコンセントの責任を果たしていただけるように、ドクターとかの個人的なものかもわかりませんけれども、最低限その責任をどなたも果たせていただけるようにお願いしておきたいんですが。



◎福山市長 ご意見ありがとうございます。正直、今社会医療法人生長会さんに運営をお任せしてから、私のほうへはほとんどございません。今他市ということでインフォームドコンセント、そういったお話があるんであれば、もう早速きょう藤本病院長のほうにそういうお話があると、意見があるというのを十分伝えておきます。どうもありがとうございます。



○楠部委員長 ほかにございませんか。



◆武輪委員 前回のときにコミュニティーバスの広告に市立病院で載ってたということで、外していただいております。外していただいているんですが、それがそのまま空っぽなんです。だから、そのときにまた市民病院になりました、生長会に指定管理−−やはりまだ知らない方もあるかと思いますので、きちっとそのときにその補充をしてもらって新しい病院のことを入れていただければなおいいかと思うんですが、いかがでしょうか。



◎神藤総務部長 ありがとうございます。阪南市民病院のほうでもいろんな事業も計画をしてございますので、今後はそのあたりのPRも兼ねましてコミュニティーバスのほうに掲載をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



◆武輪委員 せっかく市民さんに情報をお知らせする場所がありながら、そのままということは本当にもったいないことだと思いますので、ぜひ努力してくださいますようお願いいたします。



○楠部委員長 ほかにございませんか。

     〔「質疑なし」の声あり〕



○楠部委員長 それでは、議長より総括をお願いします。



◆有岡議長 格段ございません。



○楠部委員長 これをもちまして市民病院関連特別委員会を終了いたします。ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会 午前10時31分

 会議のてん末を記載し、その相違ないことを証するためここに署名する。

市民病院関連特別委員長     楠部 徹