議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 大阪狭山市

平成19年  6月 定例会(第2回) 06月27日−04号




平成19年  6月 定例会(第2回) − 06月27日−04号







平成19年  6月 定例会(第2回)



     第2回大阪狭山市議会(定例会)会議録(第4日目)

                         平成19年6月27日

                         (2007年)

                         午前9時39分開議

                         大阪狭山市議会議場

1 出席議員は次のとおりです。(16名)

    1番  丸山高廣        2番  片岡由利子

    3番  中井新子        4番  西野栄一

    5番  井上健太郎       6番  山本尚生

    7番  薦田育子        8番  原口良一

    9番  加藤元臣        10番  冨永清史

    11番  一村達子        12番  田中昭善

    13番  諏訪久義        14番  西尾浩次

    15番  松尾 巧        16番  北村栄司

1 欠席議員は次のとおりです。(0名)

1 地方自治法第121条の規定により説明のため本会議に出席を求められたのは、次のとおりです。

   市長      吉田友好     副市長     高橋安紘

   副市長     谷脇政男     教育長     岡本修一

   市理事     宮崎順介     政策調整室長  山本信治

   総務部長    梅谷忠道     保健福祉部長  山本 隆

   都市整備部長  岡田克洋     市民部長    小林光明

   総合行政委員会事務局長      教育部長    車谷哲明

           尾阪志伸

   消防長     中井利幸     水道局長    伊都輝夫

   出納室長    村井信二郎    政策調整室理事 小澤 勝

   教育部理事   猿渡忠廣     消防本部理事  伊藤道博

   水道局理事   松本善造

1 本会議の書記は次のとおりです。

   議会事務局長  西尾直義     議会事務局次長 田邊富夫



議事日程第9号

     第2回大阪狭山市議会定例会議事日程

     平成19年(2007年)6月27日午前9時30分

日程第1 議案第28号 専決処分の承認を求めることについて[大阪狭山市市税条例の一部を改正する条例の専決処分]

日程第2 議案第29号 専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市一般会計補正予算(第5号)の専決処分]

日程第3 議案第30号 専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)の専決処分]

日程第4 議案第31号 専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市下水道事業特別会計補正予算(第2号)の専決処分]

日程第5 議案第32号 専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市東野財産区特別会計補正予算(第1号)の専決処分]

日程第6 議案第33号 専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市池尻財産区特別会計補正予算(第2号)の専決処分]

日程第7 議案第34号 特別職等の職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について

日程第8 議案第35号 政治倫理の確立のための大阪狭山市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例について

日程第9 議案第36号 大阪狭山市乳幼児等の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について

日程第10 議案第37号 大阪狭山市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について

日程第11 議案第38号 工事請負契約の締結について

日程第12 議案第39号 平成19年度(2007年度)大阪狭山市一般会計補正予算(第1号)について

日程第13 議案第40号 平成19年度(2007年度)大阪狭山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について

日程第14 議案第41号 平成19年度(2007年度)大阪狭山市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について

日程第15 意見書案第2号 乳幼児医療費無料制度の創設を求める意見書について

日程第16 意見書案第3号 森林の整備、林業・林産業の振興に関する意見書について

1.本日の会議に付した事件、日程第1より日程第16まで



     午前9時39分 再開



○原口良一議長 

 皆さん、おはようございます。

 定例会の再開に先立ちまして、ご報告させていただきます。

 去る6月19日、第83回全国市議会議長会定期総会におきまして、25年以上議員として職務に精励されましたことにより、北村議員が表彰されました。また、10年以上議員として職務に精励されましたことにより、一村議員と西尾議員が表彰されました。今後とも一層のご活躍をお祈り申し上げまして、ご報告とさせていただきます。

 どうもおめでとうございます。

 ただいまの出席議員は全員であります。

 これより議会定例会を再開いたします。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

 お手元に配付しております議事日程の順序により議事を進めてまいりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)

 ご異議なしと認め、そのように決定いたします。



○原口良一議長 

 それでは、日程第1、議案第28号、専決処分の承認を求めることについて[大阪狭山市市税条例の一部を改正する条例の専決処分]から、日程第14、議案第41号、平成19年度(2007年度)大阪狭山市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)についての14件を一括して議題といたします。

 各議案は、6月4日の本会議において両常任委員会に審査を付託しておりますので、その結果について、両常任委員長から報告を求めます。

 まず、建設厚生常任委員長の報告を求めます。



◆薦田育子建設厚生常任委員長 

 それでは、建設厚生常任委員会に付託されました各議案について、6月20日に審査をいたしましたので、その結果について報告いたします。

 まず、議案第30号、専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)の専決処分]、議案第31号、専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市下水道事業特別会計補正予算(第2号)の専決処分]は、慎重審議の結果、全員異議なく原案のとおり承認されました。

 次に、議案第36号、大阪狭山市乳幼児等の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について、議案第40号、平成19年度(2007年度)大阪狭山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について及び議案第41号、平成19年度(2007年度)大阪狭山市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)については、慎重審議の結果、全員異議なく原案のとおり可決いたしました。

 以上であります。



○原口良一議長 

 次に、総務文教常任委員長の報告を求めます。



◆諏訪久義総務文教常任委員長 

 それでは、総務文教常任委員会に付託されました各議案について、6月22日に審査をいたしましたので、その結果について報告いたします。

 まず、議案第28号、専決処分の承認を求めることについて[大阪狭山市市税条例の一部を改正する条例の専決処分]は、質疑、意見の後、討論に入りましたところ賛否両論があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり承認されました。

 次に、議案第29号、専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市一般会計補正予算(第5号)の専決処分]、議案第32号、専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市東野財産区特別会計補正予算(第1号)の専決処分]及び議案第33号、専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市池尻財産区特別会計補正予算(第2号)の専決処分]は、慎重審議の結果、全員異議なく原案のとおり承認されました。

 次に、議案第34号、特別職等の職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、議案第35号、政治倫理の確立のための大阪狭山市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例について、議案第37号、大阪狭山市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について、議案第38号、工事請負契約の締結について及び議案第39号、平成19年度(2007年度)大阪狭山市一般会計補正予算(第1号)については、慎重審議の結果、全員異議なく原案のとおり可決いたしました。

 以上であります。



○原口良一議長 

 以上をもって、両常任委員長の報告は終わりました。

 これより各議案1件ごとに討論及び採決を行います。



○原口良一議長 

 議案第28号、専決処分の承認を求めることについて[大阪狭山市市税条例の一部を改正する条例の専決処分]について、これより討論を行います。

 討論ありませんか。

 北村議員。



◆16番(北村栄司議員) 

 議案第28号、専決処分の承認を求めることについて[大阪狭山市市税条例の一部を改正する条例の専決処分]について、日本共産党市会議員団を代表して反対討論を行います。

 今回の条例改正は、国の地方税法改正に伴うものであり、上場株式等にかかる譲渡所得の軽減税率の特例の適用期限の延長が含まれています。現在の税制では、株式配当や株式譲渡所得への課税が20%に軽減された上、さらに特例措置で10%に軽減されています。政府は、この10%への軽減措置をさらに1年延長してしまいました。20%が10%に軽減されている分だけでも、年間1兆円もの減税です。庶民には定率減税廃止で1兆7,000億円の増税を押しつけながら、大資産家への減税は延長するということは納得できるものではありません。庶民いじめの国の政治に怒りの抗議をするため、反対の意思表明とするものであります。

 以上、討論といたします。



○原口良一議長 

 ほかに討論ありませんか。

 山本議員。



◆6番(山本尚生議員) 

 それでは、公明党、フロンティアネット、民主さやま、政友会を代表いたしまして、議案第28号、大阪狭山市市税条例の一部を改正する条例の専決処分について、賛成の立場から意見を申し述べたいと思います。

 我が国では、上場会社等の輸出の増加や設備投資意欲が増大するなど、好調な企業実績が見られるまでに景気が回復しつつあることがうかがわれ、また少子・高齢化社会のもとでの構造改革への取り組みについても認識が高まってきています。

 平成19年度地方税制改正においては、まず、我が国経済の持続的成長を実現するため、設備投資を促進し、国際競争力の強化を図る観点から、法人所得課税等における減価償却制度の抜本的見直しが行われ、また上場株式等の配当及び譲渡益に係る10%の軽減税率の適用期限を1年延長した上で廃止されることとなりました。

 また、将来の我が国の経済を支えるベンチャー企業の育成を支援するためのエンゼル税制については、その対象となる特定新規中小企業者の範囲が拡大されるとともに、個人投資家が投資したベンチャー企業の株式の譲渡益について2分の1に軽減する課税特例適用期限を2年延長するなどの措置が講じられました。

 さらに、国民の安心・安全な暮らしを実現する観点から、高齢者や障害者等を対象にした住宅のバリアフリー改修を支援するための固定資産税を減額するバリアフリー改修促進税制が創設されました。

 以上、本市税条例の改正点とも関連いたします平成19年度地方税制改正における改正事項を中心に述べましたが、今回の税制改正では、そのほかにも信託法の改正に伴う新たな類型の信託等に対応した税制の整備や円滑・適正な納税のための環境整備など、多種多様な改正が行われております。

 このように、今回の平成19年度地方税制改正は、成長なくして財政再建なしの理念のもと、我が国経済の成長基盤を整備する観点から、きめ細やかな施策に取り組まれたものと、一定の評価をいたすものであります。

 平成19年度は、所得税から個人住民税へ3兆円の税源移譲がいよいよ実現する年であり、個々の納税者にとりましては、直接税源移譲の影響が出てくるわけですが、今年度は、個人住民税の安定的確保といったことが今後一層重要になってくるだろうと思います。課税の公平や納税者の信頼確保等の観点から、今後、税の執行をしっかり行っていただくとともに、本市の財政状況につきましても、今国会で可決成立いたしました地方財政健全化法で示された財政指標などを積極的に活用され、市民にもわかりやすい情報を提供されますよう要望しつつ、賛成の討論とさせていただきます。



○原口良一議長 

 討論を終結します。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり承認することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 多数)

 起立多数であります。よって本案は原案のとおり承認されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第29号、専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市一般会計補正予算(第5号)の専決処分]について、これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結します。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり承認することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり承認されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第30号、専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)の専決処分]について、これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結します。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり承認することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり承認されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第31号、専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市下水道事業特別会計補正予算(第2号)の専決処分]について、これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結します。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり承認することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり承認されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第32号、専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市東野財産区特別会計補正予算(第1号)の専決処分]について、これより討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結します。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり承認することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり承認されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第33号、専決処分の承認を求めることについて[平成18年度(2006年度)大阪狭山市池尻財産区特別会計補正予算(第2号)の専決処分]について、これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり承認することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり承認されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第34号、特別職等の職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、これより討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり可決されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第35号、政治倫理の確立のための大阪狭山市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例について、これより討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり可決されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第36号、大阪狭山市乳幼児等の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について、これより討論を行います。

 討論はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり可決されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第37号、大阪狭山市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について、これより討論を行います。

 討論はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり可決されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第38号、工事請負契約の締結について、これより討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり可決されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第39号、平成19年度(2007年度)大阪狭山市一般会計補正予算(第1号)について、これより討論を行います。

 討論はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結します。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり可決されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第40号、平成19年度(2007年度)大阪狭山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、これより討論を行います。

 討論はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり可決されました。



○原口良一議長 

 続きまして、議案第41号、平成19年度(2007年度)大阪狭山市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について、これより討論を行います。

 討論はございませんか。

     (「なし」の声あり)

 討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案を原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

     (起立 全員)

 起立全員であります。よって本案は原案のとおり可決されました。



○原口良一議長 

 続きまして、日程第15、意見書案第2号、乳幼児医療費無料制度の創設を求める意見書についてを議題といたします。

 (別紙)

 乳幼児医療費無料制度の創設を求める意見書

 わが国の合計特殊出生率は年々低下し、平成15年の値は人口を維持するのに必要な2.08を大きく下回る1.2906にまで低下し、平成17年はさらに1.25にまで低下した。平成18年は1.32に回復しているが、いまだ危機的な水準を推移している。

 少子化の進行は、人口構造の高齢化や将来の生産年齢人口の減少にもつながり、子どもの健全な成長への影響のみならず、社会経済や社会保障のあり方にも重大な影響を及ぼすことが懸念される。

 こうした中、子育て家庭の経済的負担を軽減する措置が少子化対策の重要施策となっており、すべての都道府県及び市区町村において、乳幼児・児童医療費助成制度が実施されている。しかしながら、市町村間で制度が異なっているため、住む地域によって内容に格差が生じている。

 児童期までの年代は、病気に罹りやすく、また、アトピー性皮膚炎、小児喘息など長期の療養を要する病気も増加しており、病気の早期発見と早期治療、治療の継続を確保する上で、医療費助成制度は極めて重要な役割を担っている。

 このような地方公共団体の施策を一層充実させ、子どもを安心して産み、育てることのできる社会の実現をめざすには、地方制度の安定化・拡充が必要であり、そのためには国による支援が不可欠である。

 よって、国におかれては、医療を必要とする乳幼児が安心して医療が受けられるよう、国の制度として、義務教育就学前児童に対する医療費無料化制度を早期に創設されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成19年(2007年)6月27日

         大阪狭山市議会

 本案を可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)

 ご異議なしと認め、本案は可決されました。



○原口良一議長 

 続きまして、日程第16、意見書案第3号、森林の整備、林業・林産業の振興に関する意見書についてを議題といたします。

 (別紙)

 森林の整備、林業・林産業の振興に関する意見書

 昨今、温室効果ガスの増加による地球温暖化現象が人類の生存基盤を揺るがす重要な環境問題とされる中で、平成17年2月には「京都議定書」が発効され、これを受け、同年4月に政府は「京都議定書目標達成計画」を策定したが、その中で森林は温室効果ガスの吸収源としての大きな役割が課せられている。

 また、平成17年7月のグレンイーグルズ・サミットにおいて、違法伐採に取り組むことが地球環境の保全や森林の持続可能な経営に向けた第一歩であることが合意され、昨年7月サンクトペテルブルク・サミットでもその重要性が再確認されたところである。

 わが国においても、政府及び業界が一体となって違法伐採対策への取り組みに着手したところであり、早急な定着が求められている。

 一方、近年大規模な自然災害が多発しており、山地災害を未然に防止するため、治山対策や森林の整備・保全の一体的な推進が強く求められている。

 このような中で、平成17年度にあっては、用材自給率も7年ぶりに2割を超える見込みとなり、平成15年度以降、林業への新規就業者が増加するなど、わずかながらではあるが明るい兆しも見受けられる。しかしながら、今なお厳しい状況が続いている林業・木材産業の再生につなげていくには、森林吸収源対策としての森林整備を図るための追加的事業費の継続や新たな森林・林業基本計画に導入された工程管理の検証など、今後これらの兆しを助長・発展させるための強力な施策の展開が必要である。

 特に、追加的事業の緊急的な対応の中で、地方自治体や個人に係る費用負担が障害となるなど、現下の森林・林業・木材産業の厳しい実態を踏まえ、林業・木材産業の再生に向けた強力な施策の展開が必要である。

 よって、国におかれては、下記の事項に取り組まれるよう強く要望する。

          記

1.多様で健全な森林の整備・保全等を促進する新たな森林・林業基本計画の推進とこれを実現するための平成20年度予算の確保

2.地球温暖化防止森林吸収源対策を推進するための追加的事業費の安定的な財源の確保と、事業執行に伴う地方財政追加措置及び森林所有者負担の軽減

3.森林・林業の担い手の育成・確保及び国産材の安定供給体制の整備と利用拡大を軸とする林業・木材産業の再生に向けた諸施策の展開

4.国民の安全・安心な暮らしを守る国土保全対策の推進

5.特に、国有林野にあっては、安全・安心な国土基盤の形成と地域振興に資する管理体制の確保

6.地球的規模での環境保全や持続可能な森林経営を目指した違法伐採対策の推進

7.森林整備地域活動支援交付金制度の継続・充実

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成19年(2007年)6月27日

         大阪狭山市議会

 本案を可決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」の声あり)

 ご異議なしと認め、本案は可決されました。



○原口良一議長 

 以上をもちまして本日の日程はすべて議了いたしました。

 次に、各常任委員会での報告事項について、まず、建設厚生常任委員長の報告を求めます。



◆薦田育子建設厚生常任委員長 

 建設厚生常任委員会での報告事項は、文書非公開決定処分取消等請求事件の裁判経過について、旧狭山・美原医療保健センター監査委員報酬返還請求事件の裁判経過について、都市計画道路狭山公園線道路改良工事の用地買収に伴う損害賠償等請求事件の裁判経過についての3件であります。

 その内容につきましては、両委員会で報告されていますので、省略させていただきます。



○原口良一議長 

 続きまして、総務文教常任委員長の報告を求めます。



◆諏訪久義総務文教常任委員長 

 総務文教常任委員会での報告事項は、文書非公開決定処分取消等請求事件の裁判経過について、旧狭山・美原医療保健センター監査委員報酬返還請求事件の裁判経過について、都市計画道路狭山公園線道路改良工事の用地買収に伴う損害賠償等請求事件の裁判経過についての3件であります。

 その内容につきましては、両委員会で報告されておりますので、省略させていただきます。



○原口良一議長 

 それでは、市長のごあいさつをお願いいたします。



◎吉田友好市長 

 それでは、平成19年第2回大阪狭山市議会定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 今議会にご提案を申し上げました副市長及び教育委員を初めといたします人事案件、並びに私の今年度の施政運営方針に伴います条例の一部改正や補正予算など、各議案につきまして慎重なるご審議をいただき、全議案とも原案どおり可決、ご承認をいただきましたこと、厚く御礼を申し上げます。

 会期中にいただきましたご意見、ご提言などにつきましては、今後の市政運営の参考にさせていただきますので、なお一層のご支援とご協力をお願いを申し上げます。

 それでは、幾つかのご報告をさせていただきたいと存じます。

 昨日、大阪府などで行っておりますおおさか環境賞の表彰式が府庁で開催されました。このおおさか環境賞の府民活動部門、奨励賞を本市の狭山池まつり実行委員会が受賞されたのでございます。これは狭山池まつりの開催はもとより、毎月行われておられます狭山池クリーンアクションなどを通して、市民の皆様が主体となって環境を保全し、創造する取り組みが高く評価されたものでございます。

 本市が目指しております市民との協働によるまちづくりの1つの大きな成果であり、今後の励みにもなります。引き続き、こうしました市民の皆様の主体的な活動を支援してまいりたいと考えております。

 次に、ことしの8月25日から、大阪市の長居陸上競技場におきまして、世界陸上2007大阪大会が開催されます。この世界陸上大会は、オリンピック、サッカーワールドカップと並ぶ世界三大スポーツイベントと言われております。世界212の国と地域から3,200人の選手、役員が参加し、190の国と地域でテレビ放映されるなど、大変注目度の高い大会でございます。主催されます国際陸上競技連盟から、府内の子どもたちを無料でこの世界陸上大会に招待いただいております。世界のトップアスリートたちの熱い戦いをじかに見ることのできる、またとない機会でございます。大阪狭山市の多くの子どもたちや市民の皆様にも、ぜひご観覧いただきたいと思っております。

 さて、今月末をもちまして退任されます岡本教育長におかれましては、9年間にわたり教育長として、本市の教育行政の発展に多大なご指導、ご尽力をいただきました。改めまして心から厚く感謝を申し上げますとともに、深く敬意を表する次第でございます。今後とも、大阪狭山市の教育行政を温かく見守っていただきますようお願いいたします。本当にありがとうございました。

 最後になりましたが、来月には参議院議員選挙を控え、何かとご多用のことと存じますが、議員の皆様方におかれましては、健康にはくれぐれもご留意されご活躍いただきますよう、心からご祈念申し上げまして、閉会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。本当にありがとうございました。



○原口良一議長 

 ただいま、市長のごあいさつの中にもありましたように、岡本教育長が今月末をもって退任されます。

 岡本教育長から退任のごあいさつの申し出がありますので、お願いをいたします。



◎岡本修一教育長 

 皆さん、失礼をいたします。

 ただいまは、吉田市長から大変心温まるありがたいお言葉をちょうだいいたしまして、まことにありがとうございました。心から厚く御礼を申し上げます。

 亡き酒谷市長、そして現の吉田市長に請われまして9年間、私は大阪市でも教育行政を9年間させていただきましたけれども、この大阪狭山市の9年間ほど気の休まるときはございませんでした。それは、この仕事の重さと責任の重大さがそういうふうにさせたのであろうというふうに思って当然のことだとは思っております。

 振り返ってこの9年間を見ますと、最初、こちらへ参りましたときに、大阪府下あるいは南河内の先輩諸氏が私に、「えろう大阪狭山で力は入れん方がよろしいよ、そう余り大した成果は上がりませんよ」、「なぜですか」と、こう申しますと、「ここはぬるま湯、大阪狭山温泉というふうに学校現場は伝えられております」、こういうふうに言われました。非常に私はそのとき、つらい思いをいたしました。

 昨年でございましたか、管理職総会で、ある校長がこのような発言をなさいました。「大阪狭山市の温泉は極めて良質の温泉になりました。なおかつ、サービス機関も十全のものになりつつあります」と、こういうふうに、元気よく言われたときに、私はほっといたしました。

 この9年間、考えてみますと、吉田市長を初め職員の皆さん方、そして市民の皆さん、そして議員の皆さん方のこれまでのお力添えとご指導とご支援があったればこそ、こういう状況というものが生み出されたのではなかろうかというふうに思っております。

 私は、教育に対して市場原理はなじまないというふうに思っておりますし、教員の資質というものが極めて大事で、教員を大切にしていただきたいと、この議会でも申し上げました。これはもう変わらないんでございますが、1つだけ、皆さん方にお願いがございます。それは、人生いかにすばらしいか、いかにすばらしい人生を送ったかといったときに、その人生のすばらしさをあらわす基準というのは、私は子ども時代ではなかろうかというふうに思っております。子ども時代が実にユニークで、元気があって、心の通い合うすばらしい時代であったればこそ、実は人生というものがすばらしくなるのではなかろうかと、こんなふうに考えているわけでございます。

 したがいまして、子どもを取り巻くすべての大人は、すばらしい子ども時代を送っていただけるように、皆さん方のお力でお願いをしたいと、こんなふうに最後に思っているわけでございます。どうかすばらしい子ども時代を送るために、皆さんたちにお力をかりたい。そして、大阪狭山市が吉田市長を中心に、すばらしい市政になりますように、ご発展を心から念じまして、まことに微力でお役に立ちませんでした9年間ではございますが、これで失礼をさせていただきます。本当にありがとうございました。(拍手)



○原口良一議長 

 それでは、閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 岡本教育長におかれましては、退任のごあいさつをいただきましたが、本議会でもおっしゃられましたように、現場の取り組みを温かく大切に見守ることと、伝統は日々の改革の積み重ねであるということを私なりに受けとめさせていただきました。本市の教育行政に対しまして賜りましたご尽力に感謝を申し上げ、御礼のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

 後任の宮崎教育長のご活躍をご期待申し上げ、本日ここに全議案を議了し、無事閉会となりましたことに対しまして厚く御礼申し上げ、閉会といたします。ありがとうございました。

     午前10時07分 閉会

会議の経過を記載し、その相違ないことを証するため、署名する。

    大阪狭山市議会議長 原口良一

    大阪狭山市議会議員 中井新子

    大阪狭山市議会議員 西野栄一