議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 交野市

平成13年  9月 定例会(第3回) 09月10日−01号




平成13年  9月 定例会(第3回) − 09月10日−01号







平成13年  9月 定例会(第3回)



          平成13年 第3回 交野市議会定例会会議録

1. 招集  平成13年9月10日 午前10時00分 第3回議会定例会を交野市議場に招集された。

1. 開会  平成13年9月10日 午前10時00分

1. 開議  平成13年9月10日 午前10時08分

1. 出席議員

  (議席)

      1番  前波艶子         2番  中田仁公

      3番  栗原俊子         4番  堀 憲治

      5番  浅田耕一         6番  稲田美津子

      7番  渡辺利雄         8番  坂野光雄

      9番  小林弘子        10番  吉井治海

     11番  中上さ子        12番  有井貞登

     13番  吉坂泰彦        14番  谷  巖

     15番  大中寛次        16番  竹内友之輔

     17番  山口幸三        18番  岩本健之亮

     19番  白岩陽太郎

1. 議会事務局職員出席者

   局長     林 充彦      次長     雲川安晃

   課長代理   東 良昭      課長代理   住野 博

   事務職員   福田美樹

1.法第121条による出席者

 市長         北田輝雄   助役         阪長 保

 収入役        奥西正明   教育長        永井秀忠

 理事兼同和対策室長兼

            高島康光   理事         森本恭司

 人権擁護推進室長

 理事兼市民生活部長  奥田鐵彦   理事         北岡 紘

 理事         金谷行允   理事         小川武士

 理事兼教育次長兼          理事兼消防長兼

            松本雅文              北田樹徳

 教育管理部長            消防署長

 理事兼水道事業管理者        行政管理室長兼公有地

            林  隆              阪長 敏

 職務代理者兼水道局長        活用処分推進室長

                   保健福祉部長兼

 総務部長       雲川勝己              中村由美子

                   福祉事務所長

 環境事業部長     武田博甫   都市整備部長     山本光茂

 学校教育部長     大橋 進   生涯学習推進部長   加地健彦

                   総務部参事兼税務長兼

 交野市立図書館長   関本 稔   公有地活用処分推進室 北田照夫

                   参事

 保健福祉部参事兼

            柴野東樹   都市整備部参事    福山敬三

 福祉サービス課長

 都市整備部参事    森山誠一   特別事業対策室参事  赤堀智昭

                   市民生活部次長

 総務部次長      佐治秀隆              森田安弘

                   兼市民課長

 教育管理部次長兼

 教育総務課長兼    星野義博   秘書室長       松本孝則

 保健給食課長

 市民生活部副参事兼

 星田出張所長兼

            栗田崇彦   都市整備部副参事   山下 清

 星田コミュニティー

 センター館長

 生涯学習推進部副参事        消防本部副参事兼

            中角弘文              谷 義明

 兼社会教育課長           予防課長兼消防副署長

 消防本部副参事兼

            谷崎正夫   総務課長       中本悟一

 消防副署長

 人事課長       宇治正行   財政課長       松宮 誠

 課税課長       根本謙次   納税課長       吉井幸男

                   環境生活課長兼

 保険年金課長     西川 豊              堀井英明

                   水質検査室長

 農政商工課長     西原 忍   健康増進課長     木原 剛

                   都市政策課長兼街なみ

 リサイクル推進室長  田中淳一              奥野一志

                   係長兼都市計画係長

 開発調整課長     尾亀健次   道路河川課長     奥野隆雄

 下水道課長      青木国光   特別事業対策室長   橘内博一

 同和対策室課長兼

            笹田庄次   幼児対策室長     桝田幹夫

 人権擁護推進室課長

 第1・第2・第3学校

            奥西 平   生涯スポーツ課長   中林善造

 給食センター所長

 会計室長       福井得司   会計室課長      菱田 仁

 行政委員会事務局長  片岡弘和

          議事日程

                         平成13年9月10日

日程第1        会議録署名議員指名

日程第2        会期の決定

日程第3 議案第35号 交野市生活環境紛争処理条例の制定について

         以上、総務文教常任委員会付託議案

追加日程        交野市議会議長辞職の件について

追加日程 選挙第1号  交野市議会議長の選挙について

追加日程        交野市議会副議長辞職の件について

    (午前10時00分 開会)



○議長(白岩陽太郎) 皆さんおはようございます。本日はご参集いただきましてまことにありがとうございます。これより本日をもって招集されました平成13年第3回議会定例会を開会いたします。

 ただいま、理事者よりあいさつしたい旨の申し出がありますので、発言を許可いたします。北田市長。



◎市長(北田輝雄) おはようございます。議長のお許しを得まして一言ごあいさつを申し上げます。

 本日、平成13年第3回議会定例会の開会をお願い申し上げましたところ、議員各位には種々ご多忙にもかかわりませず全員ご出席をいただきまして、厚く御礼申し上げます。

 ところで、ことしの夏は異常な猛暑の連続でございました。市民の中には若干の熱中症患者も発生したとの報告も承っておりましたが大事に至らず、無事夏を乗り越えることができましたこと、まことに同慶の至りでございます。9月は、ご案内のように台風シーズンでもございます。今朝報じられております台風15号の動きが若干気になるところでございますが、災害に対する万全の対応に努めてまいりたいと、このように考えております。

 また、来る15日はご案内のように敬老の日でございます。この日に先立ちまして去る7日に、あいにくの雨ではございましたが、一日がかりで98歳以上の9名の方々を例年に倣いまして、市を代表して敬老訪問をさせていただきました。うち98歳の方お1人と100歳の方お2人は男性でございました。最高齢者は103歳でございます。皆さんは、お年とは思えぬほど大変お元気で、ご家族の方々や、あるいは施設の皆さんの限りなき愛情に支えられて余生を楽しみ、そして快適な生活を送っていただいている姿に接しまして、喜びと感動の一幕を体験させていただいた思いでございました。ちなみに、交野市内におきます高齢者80歳以上の方は1,971人、うち90歳以上の方は911人おいででございます。さらに100歳以上の方は6名おいででございます。私はつくづく思いました。私たちが今日平和な日々を送らせていただきますのも、あの痛ましいさきの大戦を初め、いろんな立場で大変ご苦労いただいた多くの先輩方であります。改めて私たち行政に携わる者として、先輩、ご高齢者を敬い、安心して長寿で人生を送っていただくために、今後とも本市といたしまして、福祉、行政の充実になお一層努めねばならぬとの思いをいたしたところでございます。

 光陰矢のごとし、新しい世紀の幕開けからはや8カ月が過ぎ去ってしまいました。本年11月3日には市制施行30周年という大きな節目を迎えます。議会から、これまで各般にわたり種々適切なご指導やご提言をいただき、助役以下職員も、それぞれの職責のもと意識改革、行財政改革に向けて懸命の努力をしてくれております。おかげさまで先般改訂する運びになりました私市山手地区における(愛称)きらきら広場や、森地区における山地保全会や天野川を美しくする会等々、各地域におきましても積極的なボランティア活動とともに、市民みずからの意思による市民参加、参画の大きな輪が広がりつつございまして、第3次総合計画の理念も順次市民に周知の徹底がうかがえるところでありまして、この期を逸することなくなお一層努力を傾注してまいる所存でございます。

 なお、唐突ではございますがお許しをいただきまして、市長としてこの場をおかりして議員各位におわびを申し上げたいと思います。それは、本年3月議会における施政方針の中で、市民への行政サービスにより一層の充実を目指して、市内部の組織、機構改革の策定をこの秋をめどにと、この思いを申し上げたところでございます。この5カ月間、過去を踏襲しない手法、つまり1人でも多くの職員の意見を聴取し、効果が得られる組織、機構にするべく相当の時間をかけてくれました。弁解がましいとのご意見もあろうかと思いますが、行政はまさに人なりであり、働く職員みずからが意識を持って、それぞれの部署で精一杯奉仕の精神を持って公務員として精励するためにもあえて日時をかけ、意見聴取、調整してくれたところでございます。おくれはいたしましたが、このほどその集約作業を終えまして、最終原案の策定作業に入っております。本来ならば、本議会冒頭に議案として提案するのが本位ではありますが、間に合わず、まことに申しわけございません。早急に原案を策定し次第、議長団ともご協議申し上げ、別途提案の機会を与えていただきますようおわびとあわせ、お願いを申し上げる次第でございます。

 なお、人事案件であります教育委員と固定資産評価審査委員の任期満了に伴います選任につきましては、ただいま人選に努めているところでございまして、本議会中にご提案申し上げ、ご同意を賜りますよう既に議長団にお願いいたしているところでございまして、何とぞよろしくご理解いただきますようお願い申し上げます。本議会にご審議をお願いいたしております議案は、事故発生に伴います損害賠償の示談が成立し、専決処分をさせていただきました事項報告外9件でございます。何とぞよろしくご審議いただき、ご協賛賜りますようお願い申し上げましてごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。



○議長(白岩陽太郎) 次に事務局より諸般の報告を受けることといたします。事務局長。



◎事務局長(林充彦) おはようございます。まず議員の出席状況をご報告申し上げます。本日の会議出席議員は19名で全員出席でございます。

 次に前定例会閉会後、本日までの議長報告及び諸会議の報告を申し上げます。

 まず議長報告といたしましては、監査の報告はお手元に配付いたしておりますとおり例月出納検査及び随時監査の結果報告が議長あてに提出されております。なお、詳細につきましては関係書類を事務局で保管いたしておりますので、閲覧いただきたいと思います。

 次に、議長会関係の報告を申し上げます。まず8月8日、枚方市におきまして、第100回河北市議会議長会総会が開催され、議長会管外研修等について協議が行われました。

 次に、8月24日、大阪市内において第233回大阪府市議会議長会総会が開催され、会務報告の後、平成12年度歳入歳出決算及び第41回大阪府市議会議員研修会、並びに第58回大阪府市議会事務局職員研修会の開催等について協議が行われ、それぞれ承認されました。

 以上で報告を終わります。

    (午前10時08分 開議)



○議長(白岩陽太郎) これより会議を開きます。

 本日の議事はお手元に配付いたしております議事日程のとおり定めておりますので、ご了承願います。

 日程第1 会議録署名議員指名を議題といたします。会議録署名議員は会議規則第81条の規定により議長において13番吉坂議員、7番渡辺議員を指名いたします。

 日程第2 会期の決定を議題といたします。お諮りいたします。今期定例会の会期は本日から9月27日までの18日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。



◆(全員) 異議なし。



○議長(白岩陽太郎) ご異議なしと認めます。よって会期は18日間と決定いたしました。

 日程第3 議案第35号 交野市生活環境紛争処理条例の制定についてを議題といたします。本件に関し、委員長の報告を求めます。総務文教常任委員会、竹内委員長。



◆総務文教常任委員長(竹内友之輔) ただ今議題となりました議案第35号について、今日までの総務文教常任委員会における審査の概要と結果の報告をさせて頂きます。

 それでは、議案第35号 交野市生活環境紛争処理条例の制定については、平成13年第2回議会定例会に上程され、6月8日の本会議において当委員会に付託され審議を行ないました。その結果、慎重審議が必要であることから閉会中、継続審議とすることとし、閉会中である平成13年9月4日に委員会を開催致しました。

 それでは、平成13年9月4日に開催されました委員会における審議の概要についてをご報告致します。

 まず、委員会開催にあたり紛争処理事務の流れに関する資料の提出があり、前回の検討事項も含め、説明を求めました。説明の概要は次のとおりです。

 「まず、市民から出される苦情等の多くは、それが直ぐに調停につながるという形ではなく、市民相談という形で受け付けられると考えられる。したがって受け付けられた苦情等については、まず聴聞・調査を行ない実情を十分に把握したうえで、行政指導等の対応を行なうが、それでも解決しない場合に、初めてこの条例に則り調停という形になる」との説明がありました。

 説明の後、質疑に入り「この条例の趣旨は、条例案第1条に規定されているとおりであるが、1つの例としてこの条例に基づき調停の申請を行なった場合、申請に対する相手方として、地方自治体である交野市がなり得ることがあるのか」との問に対し「明確な規定はないが、第2条の定義に規定されている「環境7公害」が生じていれば、地方公共団体といえども申請に対する相手方となりうる。しかし、地方公共団体が行なう事業活動は法令に則り行なわれていること、また、仮に事業活動を行なう上で苦情等が出た場合、その業務の中で対応処理していくため、この条例に則った調停まで行くことがあってはならないものと考える」との答弁がありました。

 また「この紛争処理の流れの中で、調停という形になる前段階として、無料法律相談が位置付けられている。しかし、弁護士によってはクライアントとして相談に行けば、的確な助言を受けられるが、無料相談であるがために親身になって考えてくれない等苦情が聞かれるが」との問に対し「市民無料相談は、市民が抱える問題等について、無料で的確な助言を受けて頂く大切な制度であると認識している。そのため、弁護士等に対し苦情があった場合は、その状況等を確認し、関係機関をとおし大阪弁護士協会に是正を申し込むなど、迅速な対応を行っており、今後においてもこの制度は充実させて行きたいと考てる」との答弁がありました。

 以上のような質疑の後、1人の委員より5人の賛同者をもって交野市生活環境紛争処理条例案に対する修正案が提出され、まず修正案の主旨説明を求めました。説明は次のとおりであります。

 「交野市生活環境紛争処理条例案第3条に、交野市生活環境紛争処理委員会の設置が規定されている。しかし、この委員会委員の報酬については全く規定されていないため、報酬規定を1項設ける。

 具体的な修正案については次のとおりである。

 第4条の見出しを「(委員会の組織等)」に改め、同条に次の1項を加える。

 4委員(次条に規定する臨時委員を含む。)の報酬は、交野市非常勤特別職の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年条例第12号)の定めるところにより、勤務日数に応じて、日額払いとする。」との説明がありました。

 この主旨説明の後、原案及び修正案に対する質疑に入り、質疑はなく、続いて原案及び修正案に対する討論に入り、討論はなく、採決の結果、満場一致をもって本修正案は可決されました。続いて修正部分を除く原案について採決を行ったところ、満場一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、本委員会に付託されました議案の審査報告を終わらせて頂きます。

 ご清聴ありがとうございました。



○議長(白岩陽太郎) 委員長報告はお聞きの次第であります。

 これより、第35号議案の委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(白岩陽太郎) 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。討論はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(白岩陽太郎) 討論なしと認めます。

 これより議案第35号を採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。



◆(全員) 異議なし。



○議長(白岩陽太郎) ご異議なしと認めます。よって本件は委員長報告のとおり可決されました。

 ただいまから暫時休憩いたします。

    (午前10時15分 休憩)

    (午前11時54分 再開)



○副議長(稲田美津子) 再開いたします。

 ただいま議長白岩陽太郎君から議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し議題とすることにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(稲田美津子) ご異議なしと認めます。よってこの際、議長辞職の件を日程に追加し議題といたします。その辞職願を朗読させます。事務局。



◎事務局次長(雲川安晃) 辞職願 今般、一身上の都合により議長を辞職したいので、許可されるようお願いいたします。

 平成13年9月10日

 交野市議会副議長 稲田美津子殿

                         交野市議会議長 白岩陽太郎

 以上でございます。



○副議長(稲田美津子) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。白岩陽太郎君の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(稲田美津子) ご異議なしと認めます。よって、白岩陽太郎君の議長の辞職を許可することに決しました。ただいまから暫時休憩いたします。

    (午前11時57分 休憩)

    (午後3時14分 再開)



○副議長(稲田美津子) 再開いたします。

 ただいま議長が欠員となっております。

 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(稲田美津子) ご異議なしと認めます。よってこの際、議長の選挙を日程に追加し選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法は投票、指名推選のいずれの方法といたしますか。

    (「投票」と呼ぶ者あり)



○副議長(稲田美津子) 投票の声がありますので、選挙の方法は投票と決しました。

 議場の閉鎖を命じます。

    (議場閉鎖)



○副議長(稲田美津子) ただいまの出席議員数は19名であります。投票用紙を配付いたさせます。

    (投票用紙配付)



○副議長(稲田美津子) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(稲田美津子) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

    (投票箱点検)



○副議長(稲田美津子) 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票をお願いいたします。なお、白票については無効といたします。議席1番から順次投票をお願いいたします。

    (投票)



○副議長(稲田美津子) 投票漏れはありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(稲田美津子) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。議場の閉鎖を解きます。

    (議場開鎖)



○副議長(稲田美津子) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に1番議員、前波君及び8番議員、坂野君を指名いたします。よって、両君の立ち会いをお願いいたします。

    (開票)



○副議長(稲田美津子) 選挙の結果を報告いたします。投票総数19票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票19票、無効投票0票、有効投票中、山口君15票、吉井君4票、以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は5票であります。よって、山口君が議長に当選されました。ただいま議長に当選されました山口君に対し、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 山口議長、議長席にお着き願います。

    (議長交代)



○議長(山口幸三) ただいま私、議長に就任させていただきました。後刻ごあいさつをさせていただきます。

 ただいまから暫時休憩いたします。

    (午後3時25分 休憩)

    (午後3時51分 再開)



○議長(山口幸三) 再開いたします。

 ただいま副議長稲田美津子君から副議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し議題とすることにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山口幸三) ご異議なしと認めます。よってこの際、副議長辞職の件を日程に追加し議題といたします。その辞職願を朗読させます。事務局。



◎事務局次長(雲川安晃) 辞職願 今般、一身上の都合により副議長を辞職したいので、許可されるようお願いいたします。

 平成13年9月10日

 交野市議会議長 山口幸三殿

                         交野市議会副議長 稲田美津子

 以上でございます。



○議長(山口幸三) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。稲田美津子君の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山口幸三) ご異議なしと認めます。よって、稲田美津子君の副議長の辞職を許可することに決しました。ただいまから暫時休憩いたします。

    (午後3時53分 休憩)

    (午後4時01分 再開)



○議長(山口幸三) 再開いたします。

 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。明9月11日は午前10時から本会議を開きます。本日はこれにて散会いたします。どうもご苦労さまでございました。ありがとうございました。

    (午後4時02分 散会)