議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 交野市

平成28年  3月 定例会(第1回) 03月22日−05号




平成28年  3月 定例会(第1回) − 03月22日−05号







平成28年  3月 定例会(第1回)



1. 開議   平成28年3月22日 午後 1時00分

1. 出席議員

  (議席)

      1番  新 雅人         2番  三浦美代子

      3番  中上さち子        4番  藤田茉里

      5番  皿海ふみ         6番  山本 景

      7番  松村紘子         8番  前波艶子

      9番  野口陽輔        10番  久保田 哲

     11番  雨田 賢        12番  片岡弘子

     13番  黒瀬雄大        14番  岡田伴昌

     15番  友井健二

1. 議会事務局職員出席者

   局長     濱中嘉之      課長     井上成博

   課長代理   梨木直貴      係員     林原史明

1.法第121条による出席者

 市長        黒田 実   副市長       奥野一志

 教育長       八木隆夫   水道事業管理者   堀上等史

 理事        平井正喜   総務部長      松下篤志

 企画財政部長    艮 幸浩   税務室長      山下栄蔵

 地域社会部長    倉澤裕基   市民部長      井上恵子

 健やか部長     竹田和之   福祉部長兼福祉事務所長

                            川村 明

 環境部長      奥西 隆   都市整備部長    藤重 章

 教育次長      船戸 巌   学校教育部長    北田千秋

 学校教育部付部長  盛田健一   生涯学習推進部長  坪井宏之

 水道局長      奥田 長   消防本部消防長   西 忠男

 行政委員会事務局長 河野宏甲

               議事日程

                         平成28年3月22日

日程第1 報告第4号 専決処分事項報告について(和解及び損害賠償の額の決定)

日程第2 報告第5号 専決処分事項報告について(和解及び損害賠償の額の決定)

日程第3 議案第36号 交野市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について

日程第4 議案第37号 交野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について

日程第5 議案第38号 平成27年度交野市一般会計補正予算(第7号)について

     (午後1時00分 開議)



○議長(友井健二) こんにちは。3月22日は休会の日でありますが、追加議案を審議する必要があるため、交野市議会会議規則第10条第3項の規定に基づき特に会議を開きます。

 まず、事務局から本日の議員の出席状況の報告を受けることといたします。事務局長。



◎事務局長(濱中嘉之) 本日の議員の出席状況をご報告します。本日の会議出席議員は15名で、全員出席です。

 以上、報告を終わります。



○議長(友井健二) 本日の議事は、お手元に配付しております議事日程のとおり定めていますので、ご了承願います。

 日程第1 報告第4号 専決処分事項報告について(和解及び損害賠償の額の決定)を議題といたします。

 理事者から報告を求めます。藤重都市整備部長。



◎都市整備部長(藤重章) ただいま議題となりました、報告第4号 専決処分事項報告(和解及び損害賠償の額の決定)につきまして、その内容をご報告申し上げます。

 なお、本来ならば本定例会の冒頭に議案としてご提案申し上げるのが本筋ではございますが、提案がおくれ、ここに追加上程の機会を与えていただきましたことを、深く感謝申し上げます。

 それでは、議案書1ページから2ページ及び参考資料を添付しておりますので、ご参照のほどをよろしくお願い申し上げます。

 本件事故につきましては、平成28年2月22日月曜日午前10時15分ごろ、土木建設課職員が運転する公用車が、府道枚方富田林泉佐野線を北進中に、交野市星田5丁目13の29において、同方向に前方を進行中の議案書記載の相手方車両が左折を開始したところ、府道星田停車場線から第三者車両が信号を無視して直進してこられたため、相手方車両が急ブレーキをかけたところ、相手方車両の右側を通過しようとしましたがとまり切れずに追突し、相手方車両の後部バンパー及びテールランプ部分と接触し、損傷させた事故でございます。本件事故による負傷者はございませんでした。

 事故発生後、速やかに交野警察署に連絡を行うとともに、管理職職員の立ち会いのもと、損傷状況などについて確認を行い、その後の示談交渉により、相手方車両の修理費用相当額8万5千472円を支払うことで合意に至りましたことから、平成28年3月1日付で専決処分し、同日示談が成立したところでございます。

 なお、費用につきましては、全額本市が加入する全国市有物件損害共済会による保険により対応させていただきました。

 以上、地方自治法第180条の規定に基づき、ご報告を申し上げます。



○議長(友井健二) 報告が終わりました。

 これより報告第4号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(友井健二) 質疑なしと認めます。

 以上をもって、報告第4号の報告を終了いたします。

 日程第2 報告第5号 専決処分事項報告について(和解及び損害賠償の額の決定)を議題といたします。

 理事者から報告を求めます。川村福祉部長兼福祉事務所長。



◎福祉部長兼福祉事務所長(川村明) ただいま議題となりました、報告第5号 専決処分事項報告について(和解及び損害賠償の額の決定)につきまして、その内容をご報告申し上げます。

 なお、本来ならば本定例会の冒頭に議案としてご提案申し上げるのが本筋ではございますが、提案がおくれ、ここに追加上程の機会を与えていただきましたことを、深く感謝申し上げます。

 それでは、ご報告申し上げます。議案書3ページから5ページ及び参考資料を添付しておりますので、ご参照のほどよろしくお願い申し上げます。

 本件事故につきましては、平成28年1月19日火曜日午前9時17分ころ、交野市星田1丁目3番6号付近の交差点において、北から南方向に直進していた本市職員が運転する原付公用バイクの右側面と、東から西方向に直進してきた議案書記載の相手方が運転する原付バイクの前輪部分が接触し、損傷させたものでございます。本件事故による負傷者はございませんでした。

 事故発生後、速やかに交野警察署に連絡するとともに、管理職職員の立ち会いのもと、損傷状況等について確認を行い、その後の示談交渉により、事故の責任割合を市が80%、相手方20%として、それぞれ相手方車両の修理に要する費用のうち、その責任割合に応じた費用を負担することとし、市過失額9万2千円から相手方過失額1万2千357円を相殺した額7万9千643円を支払うことで合意に至りましたことから、平成28年3月15日付で専決処分し、同日示談が成立したところでございます。

 なお、費用につきましては、全額を本市が加入する全国市有物件災害共済会による保険により対応させていただきました。

 以上、地方自治法第180条の規定に基づき、ご報告申し上げます。



○議長(友井健二) 報告が終わりました。

 これより、報告第5号に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(友井健二) 質疑なしと認めます。

 以上をもって、報告第5号の報告を終了いたします。

 日程第3 議案第36号 交野市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。竹田健やか部長。



◎健やか部長(竹田和之) ただいま議題となりました、議案第36号 交野市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由及び改正内容の説明を申し上げます。

 本来ならば、本定例会の冒頭におきまして議案としてご提案申し上げるのが本筋ではございますが、ここに追加上程の機会を与えていただきまして、深く感謝申し上げます。

 議案書7ページから9ページをお開き願います。また、参考資料といたしまして、条例案の新旧対照表等を添付しておりますので、あわせてご参照願います。

 今回の条例の一部改正は、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準の省令が一部改正されたことに伴い、所要の改正を行うものでございます。

 具体的な改正内容は、小規模保育事業所A型及び保育所型事業所内保育事業所等の対象事業所における保育士の人数について、待機児童を解消し、受け皿拡大が一段落するまでの間、朝夕の保育士配置の要件の弾力化や幼稚園教諭及び小学校教諭等の活用等の特例を設けるものでございます。また、小規模保育事業所A型及び保育所型事業所内保育事業所における保育室等を建物の4階以上の階に設ける場合に必要となる避難用施設の基準について、建築基準法施行令の一部改正に伴い改正する等、所要の改正を行うものでございます。

 なお、施行日につきましては、保育士の人数に関する特例に関しましては、平成28年4月1日、また建築基準法施行令の一部改正に伴うものに関しましては、平成28年6月1日でございます。

 よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げまして、提案理由並びに改正内容の説明とさせていただきます。



○議長(友井健二) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(友井健二) 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております議案第36号については、都市環境福祉常任委員会に付託いたします。

 日程第4 議案第37号 交野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。西消防本部消防長。



◎消防本部消防長(西忠男) ただいま上程させていただきました、議案第37号 交野市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由並びに改正内容のご説明を申し上げます。

 本来ならば、本定例会の冒頭に議案としてご提案申し上げるのが本筋ではございますが、提案がおくれここに追加上程の機会を与えていただきまして、深く感謝申し上げます。

 なお、議案書11、12ページ、あわせて参考資料を添付いたしておりますので、ご参照いただきますようよろしくお願いいたします。

 今回の条例改正でございますが、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が、平成28年2月24日付で公布され、平成28年4月1日から施行されますことから、交野市消防団員等公務災害補償条例につきましても、所要の改正を行うものでございます。

 改正内容につきまして、ご説明申し上げます。附則第5条第2項におきまして、傷病補償年金と障害厚生年金等が併給される場合の調整率を0.86から0.88に、特殊公務災害に係る調整率を0.91から0.92に、次に傷病補償年金と同一の事由により厚生年金保険法による障害年金等が併給される場合、傷病等級が第1級または2級の調整率を、0.90から第1級の調整率を0.91に、第2級の調整率を0.92に、それぞれ改正し、最後に同条第5項におきまして、休業補償と障害厚生年金等が併給される場合の調整率0.86を0.88に改正するものでございます。

 なお、附則といたしまして、この条例の施行日以後に支給される傷病補償年金及び休業補償につきましては、改正後の調整率を適用することとし、施行日前に支給される傷病補償年金及び休業補償につきましては、なお従前の例によるものとする経過措置を規定し、平成28年4月1日からの施行をお願いするものでございます。

 よろしくご審議いただき、ご可決賜りますようお願い申し上げまして提案理由とさせていただきます。



○議長(友井健二) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(友井健二) 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております議案第37号については、都市環境福祉常任委員会に付託いたします。

 日程第5 議案第38号 平成27年度交野市一般会計補正予算(第7号)についてを議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。艮企画財政部長。



◎企画財政部長(艮幸浩) ただいま議題となりました、議案第38号 平成27年度交野市一般会計補正予算(第7号)につきまして、ご説明を申し上げます。

 本来ならば、本定例会の冒頭に議案としてご提案を申し上げるのが本筋ではございますが、提案がおくれ、ここに追加上程の機会を与えていただきまして、深く感謝を申し上げます。

 それでは、予算書の1ページをお開き願います。

 補正内容は、歳入歳出それぞれ1億794万4千円の増額の補正並びに繰越明許費の補正でございます。

 11ページをお開き願います。

 まず、歳出からご説明いたします。

 今回の補正予算は、国の補正予算の成立に伴い、補助金等の財源が確保できることにより実施する事業に伴うものでございます。

 まず、総務費の一般管理費の役務費226万8千円及び委託料2千525万6千円は、情報システムのセキュリティー強化対策に係る費用でございます。

 次に、民生費の児童福祉総務費の委託料293万8千円及び教育費の幼稚園費の委託料86万4千円は、国の制度改正に伴い、システムの改修を行うための費用でございます。

 次に、児童福祉総務費の負担金補助及び交付金1千100万円は、民間保育所における保育士の負担軽減のための保育システムの購入及び子供の見守りのための保育所内のカメラ設置に対する補助に要する費用でございます。

 次に、児童措置費の委託料1千276万8千円は、保育士の待遇改善のため、国家公務員の給与改定に準じた内容を公定価格に反映するために要する費用でございます。

 次に、商工費の商工業振興費の負担金、補助及び交付金5千285万円は、地方創生加速化交付金事業として実施する事業に要する費用でございます。まず、天の川プロジェクト協議会負担金でございますが、枚方市や京阪電車、商工会議所、大学等との連携を図りながらにぎわいを創出する、天の川プロジェクト事業に要するものでございます。本事業は、地域間連携、政策連携、官民連携の先駆性を有するものとして提案をさせていただいたもので、天の川伝説ゆかりの地である枚方市と本市を結ぶ京阪電車を基軸といたしまして、愛称設定及びゆるキャラによるラッピング列車を運行させるとともに、沿線上にて体験ツアーやスタンプラリーを実施するものでございます。

 次に、交野活性化協議会負担金でございますが、産業の活性化に向けた、交野産業元気プロジェクト事業に要するものでございます。本事業は、官民連携、政策連携の先駆性を有するものとして提案をさせていただいたもので、商店街を中心に、商工会議所、商業連合会、生産連合会、福祉施設、大学、金融機関、そして地域等との連携のもと、空き家、空き店舗を活用した産業振興策、さらににぎわいが創出された商店街等と地域との新たなコミュニティー形成の支援を実施するものでございます。

 次に、9ページにお戻りをいただきまして、歳入についてご説明をいたします。

 まず、民生費国庫負担金638万4千円及び民生費府負担金319万2千円は、歳出の児童措置費の財源となるものでございます。

 次に、総務費国庫補助金1千85万5千円は、歳出の総務費の一般管理費の財源となるものでございます。

 次に、民生費国庫補助金100万円は、歳出の児童福祉総務費の委託料、また教育費国庫補助金43万2千円は、歳出の幼稚園費の委託料の財源となるものでございます。

 次に、商工費国庫補助金の5千285万円は、歳出の商工業振興費の財源となるものでございます。

 次に、民生費補助金825万円は、歳出の児童福祉総務費の負担金、補助及び交付金の財源となるものでございます。

 最後に、この補正で不足する財源2千498万1千円は、地方交付税をもって措置をいたしております。

 続きまして、4ページにお戻りをいただきまして、繰越明許費補正についてご説明をいたします。

 総務費の基幹系業務システム改修事業、個人番号カード交付事業費交付金、民生費の子ども・子育て支援システム改修事業、民間保育所助成事業の民間保育所ICT化推進等、商工費の地方創生加速化交付金事業及び教育費の幼稚園システム改修事業は、国の補正予算により補助金が確保できることから実施する事業で、事業期間が年度をまたぐため、繰越措置を行うものでございます。

 次に、民生費の民間保育所助成事業の民間保育所施設整備は、私部保育園の増築について入札不調等により工期が年度をまたぐことから、繰越措置を行うものでございます。

 次に、土木費の境界確定及び土地分筆業務委託事業は、土地所有者との交渉や法務局との調整に時間を要したため、また準用河川野々田川護岸補修工事は、湧水の発生等により当初予定していたより施工日数が必要となることから、繰越措置を行うものでございます。

 よろしくご審議をいただき、ご可決賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(友井健二) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(友井健二) 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております議案第38号については、総務文教常任委員会に付託いたします。

 以上で本日の日程は全て終了いたしました。

 来る3月29日は、午前10時から本会議を開きます。

 本日はこれにて散会いたします。どうもご苦労さまでした。

     (午後1時23分 散会)