議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 四條畷市

平成28年  3月 定例会(第1回) 02月23日−01号




平成28年  3月 定例会(第1回) − 02月23日−01号







平成28年  3月 定例会(第1回)



         四條畷市議会定例会(第1回)会議録

◯平成28年2月23日 四條畷市役所議場において開催する。

◯出席議員次のとおり

  1番議員     長畑浩則     2番議員     藤本美佐子

  3番議員(副議長) 島 弘一     4番議員     森本 勉

  5番議員     大矢克巳     6番議員     吉田裕彦

  7番議員     曽田平治     8番議員(議長)  瓜生照代

  9番議員     小原達朗    10番議員     岸田敦子

 11番議員     渡辺 裕    12番議員     大川泰生

◯欠席議員次のとおり

  なし

◯地方自治法第121条の規定による出席者次のとおり

 市長          土井一憲

 副市長         森川一史   教育長         藤岡巧一

 理事兼政策企画部長   開 康成   総務部長        田中俊行

 市民生活部長兼田原支所長       都市整備部長      吐田昭治郎

             西尾佳岐

 都市整備部参事            健康福祉部長

 (エネルギー政策担当) 森本栄一郎  兼福祉事務所長     谷口富士夫

 健康福祉部健康・保険担当部長     上下水道局長      北田 秀

 兼保健センター所長   高津和憲

 教育部長        坂田慶一   会計管理者兼会計課長  砂本光明

 市民生活部産業観光課長        公平委員会事務職員

 併農業委員会事務局長  西岡 充   併監査委員事務局長

                    併選挙管理委員会事務局長

                    併固定資産評価審査委員会書記

                                杉本美佐夫

             (その他関係職員)

◯議会事務局出席者次のとおり

 事務局長     石田健一     次長       亀澤 伸

 課長       勝村隆彦     課長代理兼主任  戸高志津代

◯議事日程次のとおり

 日程第1       会議録署名議員の指名

 日程第2       会期決定の件

 日程第3 報告第1号 現金出納検査結果報告について(平成27年10月分から同年12月分まで)

 日程第4 報告第2号 監査結果報告について(都市整備部及び会計課に係る事務執行についての監査結果報告)

 日程第5 報告第3号 平成28年度四條畷市土地開発公社の事業計画及び予算の報告について

 日程第6 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第5号))

 日程第7 議案第1号 四條畷市行政不服審査法施行条例の制定について

 日程第8 議案第2号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

 日程第9 議案第3号 四條畷市職員の退職管理に関する条例の制定について

 日程第10 議案第4号 市長の給料及び手当の特例に関する条例の制定について

 日程第11 議案第5号 四條畷市消費生活センター条例の制定について

 日程第12 議案第6号 四條畷市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定について

 日程第13 議案第7号 職員の勤務時間に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 日程第14 議案第8号 一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について

 日程第15 議案第9号 四條畷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について

 日程第16 議案第10号 東部大阪都市計画砂地区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 日程第17 議案第11号 市道の路線認定について

 日程第18 議案第12号 平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第6号)

 日程第19 議案第13号 平成27年度四條畷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

 日程第20 議案第14号 平成27年度四條畷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

 日程第21 議案第15号 平成27年度四條畷市水道事業会計補正予算(第2号)

 日程第22 議案第16号 平成27年度四條畷市下水道事業会計補正予算(第2号)

 日程第23 議案第17号 平成28年度四條畷市一般会計予算

 日程第24 議案第18号 平成28年度四條畷市国民健康保険特別会計予算

 日程第25 議案第19号 平成28年度四條畷市後期高齢者医療特別会計会計予算

 日程第26 議案第20号 平成28年度四條畷市土地取得特別会計予算

 日程第27 議案第21号 平成28年度四條畷市水道事業会計予算

 日程第28 議案第22号 平成28年度四條畷市下水道事業会計予算

 日程第29        議員派遣の件

◯本日の議事次第記録者次のとおり

 課長代理兼主任  戸高志津代



○瓜生照代議長 おはようございます。本日は全員のご出席をいただいております。それでは平成28年第1回定例会を開会いたします。時に午前10時00分



○瓜生照代議長 開会に当たりまして市長からご挨拶を受けることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 挨拶



○瓜生照代議長 それでは本日の会議を開きます。時に午前10時03分



○瓜生照代議長 日程に入りますまでに諸般の報告を行います。

 1月6日付で軽度外傷性脳損傷仲間の会代表藤本久美子氏から軽度外傷性脳損傷・脳しんとうの周知と予防、その危険性や予後の相談の出来る窓口などの設置を求める陳情書が、1月20日付で全日本年金者組合大阪府本部委員長永井守彦氏、四條畷市部支部長結城章三氏から若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める陳情書が、1月25日付で基地のない平和で豊かな沖縄をめざす会共同代表芳沢あきこ氏から地方自治の尊重を求める意見書提出に関する陳情書が、2月10日付で消費税をなくす大阪の会代表世話人鳥居義昭氏から国に対し消費税増税中止を求める意見書の提出を求める陳情書が、机上に配付いたしておりますとおりそれぞれ提出され受理いたしましたので、ご報告いたします。以上で諸般の報告を終わらせていただきます。



○瓜生照代議長 それでは、議事を進めさせていただきます。これより日程に入ります。日程第1会議録署名議員の指名を行います。本日の会議録署名者に1番 長畑浩則議員及び4番 森本勉議員の両議員を指名いたしますので、よろしくお願いいたします。



○瓜生照代議長 次に、日程第2会期決定の件を議題といたします。本第1回定例会の会期は本日から来る3月25日までといたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本第1回定例会の会期は本日から来る3月25日までとすることに決しました。



○瓜生照代議長 次に、日程第3報告第1号現金出納検査結果報告についてを議題といたします。本報告につきましてはお手元の報告書のとおりいずれも過誤のないことを確認したご報告をいただいておりますので、報告第1号現金出納検査結果報告については以上で終わらせていただきます。



○瓜生照代議長 次に、日程第4報告第2号監査結果報告についてを議題といたします。報告書の朗読は省略いたします。監査委員から提出されております定期監査結果報告書のご高覧によりご承認賜りたいと存じます。報告第2号監査結果報告については以上で終わらせていただきます。



○瓜生照代議長 次に、日程第5報告第3号平成28年度四條畷市土地開発公社の事業計画及び予算の報告についてを議題といたします。

 内容の説明を求めることにいたします。副市長どうぞ。



◎森川一史副市長 報告第3号平成28年度四條畷市土地開発公社事業計画及び平成28年度四條畷市土地開発公社予算についてご説明申し上げます。

 まず、平成28年度四條畷市土地開発公社事業計画についてでございますが、平成28年度は公社の解散手続を進めるため、1、土地取得事業及び2、土地処分事業の予定はございません。

 続きまして、平成28年度四條畷市土地開発公社予算についてご説明申し上げます。予算書の1ページをお開きください。

 まず、第2条の収益的収入及び支出でございます。第1款事業収益、第1項公有地取得事業収益は、先ほど事業計画で申し上げましたとおり土地処分事業がございませんので0円でございます。第2款事業外収益、第1項受取利息は、普通預金に係る利子が7000円でございます。以上の結果、収益的収入合計は7000円でございます。

 予算書2ページをごらんください。

 次に収益的支出でございますが、第1款事業原価、第1項公有地取得事業原価でございますが、先ほど申し上げましたとおり土地取得事業がございませんので0円でございます。第2款管理費、第1項一般管理費でございますが、公認会計士の報酬、法人税均等割分17万8000円を計上しております。第2項役務費でございますが、解散に係る官報登載代手数料といたしまして21万4000円を計上しております。以上の結果、収益的支出合計が39万2000円となり、収益的収入との差38万5000円が赤字となります。

 3ページをお開きください。

 次に資本的支出でございますが、第1款資本的支出、第1項公有地取得事業費及び第2項借入金償還金いずれも支出予定がございませんので0円でございます。以上の結果、資本的支出の合計は0円でございます。

 予算書4ページから10ページは参考資料として添付しておりますので、後ほどごらんいただきたいと存じます。

 以上、まことに簡単ではございますが報告第3号平成28年度四條畷市土地開発公社事業計画及び平成28年度四條畷市土地開発公社予算についての説明とさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 ただいま報告第3号の内容の説明は終わりました。

 この際何かご発言がございましたらどうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、報告第3号平成28年度四條畷市土地開発公社の事業計画及び予算の報告については以上で終わらせていただきます。



○瓜生照代議長 次に、日程第6承認第1号専決処分の承認を求めることについて(平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第5号))を議題といたします。

 本件の朗読は省略いたします。

 提案者の専決理由の説明を求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 承認第1号専決処分の承認を求めることについて(平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第5号))について専決理由を申し上げます。

 歳出について、固定資産税等返還金等の増額、歳入について財政調整基金繰入金の増額の補正を行う必要が生じましたが、特に緊急を要し議会を招集する時間的余裕がなかったので、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分とさせていただきました。何とぞよろしくご審議いただきましてご承認賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 専決理由の説明は終わりました。

 引き続きまして内容の説明を求めることにいたします。総務部長どうぞ。



◎田中俊行総務部長 承認第1号平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第5号)につきまして内容のご説明を申し上げます。

 初めに、予算書の1ページをごらんいただきたいと存じます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4695万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出とも209億5429万4000円と定めるものでございます。

 続きまして、事項別明細書の歳出につきましてご説明いたしますので、8ページ、9ページをごらんいただきたいと存じます。

 総務費、徴税費、賦課徴収費の市税徴収事務は、固定資産税及び都市計画税に賦課誤りがあったため、地方税法の規定に基づく還付手続を行いたく、市税過誤納金還付金及び市税過誤納金還付加算金の増額を計上するものでございます。資産税賦課事務は、先ほど申し上げました同様の理由により、固定資産税等返還金要綱に基づく返還手続を行いたく、固定資産税等返還金の増額を計上するものでございます。

 次に、歳入につきましてご説明いたしますので、6ページ、7ページをごらんいただきたいと存じます。

 繰入金、基金繰入金、財政調整基金繰入金は、歳出に計上いたしました還付金等の財源でございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、承認第1号平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第5号)の内容説明とさせていだきます。よろしくご審議の上、ご承認いただきますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 これより質疑を行うことにいたします。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本件につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本件につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。承認第1号専決処分の承認を求めることについて(平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第5号))は、これを承認することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。



○瓜生照代議長 次に、日程第7議案第1号四條畷市行政不服審査法施行条例の制定について及び日程第8議案第2号行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についての2議案を一括上程し、議題といたします。

 朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を順次求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第1号四條畷市行政不服審査法施行条例の制定について、提案理由を申し上げます。

 行政不服審査法の全部改正に伴い、同法に基づき設置する四條畷市行政不服審査会の組織及び運営に関し必要な事項を定めるほか、同法の施行に関し必要な事項を定めたく本案を提案いたしました。

 続きまして、議案第2号行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について、提案理由を申し上げます。

 行政不服審査法の全部改正により不服申立ての手続が審査請求に一元化されたことなどから、用語の整理を行うほか、関係条例における規定の整備を図りたく本案を提案いたしました。

 以上2議案につきまして何とぞよろしくご審議いただきましてご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を求めることにいたします。総務部長どうぞ。



◎田中俊行総務部長 議案第1号四條畷市行政不服審査法施行条例の制定につきまして内容のご説明を申し上げますので、お手元の議案書をごらんいただきたいと存じます。

 本条例案は、行政不服審査法の全部改正に伴い、同法に基づき設置する四條畷市行政不服審査会の組織及び運営に関し必要な事項を定めるほか、同法の施行に関し必要な事項を定めるものでございます。

 第1条は、本条例案が、行政不服審査法に基づき設置する四條畷市行政不服審査会の組織及び運営に関し必要な事項を定め、あわせて同法の施行に関し必要なその他の事項を定めることを規定するものでございます。

 第2条は、本条例案における用語の定義は、行政不服審査法の定めるところによることを規定するものでございます。

 第3条は、審査会の委員は5人以内の委員をもって組織すること、また、その委員は審査会の権限に属する事項に関し公正な判断をすることができ、かつ、法律または行政に関して優れた識見を有する者のうちから市長が委嘱することなど、審査会の組織に関する事項を規定するものでございます。

 第4条は、審査会には、その代表者である会長を置き、委員の互選によりこれを定めることを規定するものでございます。

 第5条は、審査請求に係る事件については、原則として審査会の委員全員による合議体で調査審議を行うことを規定するものでございます。

 第6条は、審査会の委員に対し守秘義務を課すことを規定するものでございます。

 第7条は、審査請求人のプライバシー保護の観点から、調査審議に係る手続は非公開とすることを規定するものでございます。

 第8条は、審査会の運用に関する細目については、会長が審査会に諮って定めることを規定するものでございます。

 第9条は、審理員について、審査会の委員と同様に守秘義務を課すことを規定するものでございます。

 第10条は、処分庁が審理員の求めに応じて弁明書を提出する際に添付すべき書類について、法の規定に準じて規定するものでございます。

 第11条は、審査請求人が審理員や審査会に対し、処分の根拠となった書類等の写しの交付を求める場合には、当該書類のコピー代、郵送料等に係る実費相当分を負担いただくことを規定するものでございます。

 第12条は、この条例の施行に関し必要な事項については規則で定めることを規定するものでございます。

 第13条は、審査会の委員及び審理員が守秘義務に違反した場合の罰則規定を設けるものでございます。

 附則は、この条例の施行日を平成28年4月1日とするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第1号四條畷市行政不服審査法施行条例の制定についての内容説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第2号行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定につきまして、参考資料一部改正条例案の新旧対照表に基づきご説明申し上げますので、1ページと2ページをごらんいただきたいと存じます。

 本条例の制定につきましては、行政不服審査法の全部改正により、不服申立ての手続が審査請求に一元化されたことなどから、「不服申立て」とある箇所を「審査請求」に改めるなど用語の整理を行うほか、関係条例における規定の整備を図るものでございます。

 まず、第1条による改正として四條畷市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正します。第4条以下に規定する審査申出等に係る様式の記載事項について整備を行うほか、審査申出の手続に関する規定について所要の改正を行うものでございます。

 次に、第2条による改正として一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正します。第21条の3第4項に引用する行政不服審査法について改正後の法律番号と条項に改めるものでございます。

 3ページ、4ページをごらんいただきたいと存じます。

 第3条による改正として一般職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正します。本条例につきましても、第14条の2第4項に引用する行政不服審査法について改正後の法律番号と条項に改めるものでございます。

 次に、第4条による改正として四條畷市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正します。第26条の「異議申立て」を「審査請求」に改めるものでございます。

 次に、第5条による改正として四條畷市行政手続条例の一部を改正します。第3条の「異議申立て」を「再調査の請求」に改めるほか、第19条について所要の規定整備を行うものでございます。

 次に、第6条による改正として四條畷市情報公開条例の一部を改正します。まず、新たに第17条の2として審理員の指名の適用除外について規定を設けます。これは、情報公開条例に基づく審査請求については、第三者機関である四條畷市情報公開・個人情報保護審査会において実質的な審理を行っているため、審理員の指名について適用除外とするものでございます。

 このほか、本条例につきましては「不服申立て」とある箇所を「審査請求」に改めるなど規定の整備を行うものでございます。

 5ページ、6ページをごらんいただきたいと存じます。

 第7条による改正としまして四條畷市情報公開・個人情報保護審査会条例の一部を改正します。本条例につきましては、「不服申立て」とある箇所を「審査請求」に改めるなど用語の整理を行うものでございます。

 9ページ、10ページをごらんいただきたいと存じます。

 第8条による改正としまして四條畷市個人情報保護条例の一部を改正します。本条例につきましては、第6条による改正として四條畷市情報公開条例の一部改正と同様に第35条の2として審理員の適用除外に関する規定を設けるほか、規定の整備を行うものでございます。

 11ページ、12ページをごらんいただきたいと存じます。

 第9条による改正として四條畷市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例を、第10条による改正として四條畷市税条例を改正します。いずれの条例につきましても「不服申立て」とある箇所を「審査請求」に改めるものでございます。

 附則についてご説明申し上げますので、議案書にお戻りいただきたいと存じます。

 附則では、この条例の施行期日を平成28年4月1日とするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第2号行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についての内容説明とさせていただきます。2議案につきましてよろしくご審議の上ご可決いただきますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 ただいまの2議案の質疑以降の議事運営につきましては議案ごとに行います。

 それでは、議案第1号四條畷市行政不服審査法施行条例の制定について質疑を行います。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第1号四條畷市行政不服審査法施行条例の制定については、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。

 次に、議案第2号行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について質疑を行います。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第2号行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。



○瓜生照代議長 次に、日程第9議案第3号四條畷市職員の退職管理に関する条例の制定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第3号四條畷市職員の退職管理に関する条例の制定について、提案理由を申し上げます。

 地方公務員法の一部改正により退職管理の適正を確保するための規制や届け出等に関する規定が設けられたことに伴い、本市においてこの制度を導入いたしたく本案を提案いたしました。何とぞよろしくご審議いただきましてご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を求めることにいたします。総務部長どうぞ。



◎田中俊行総務部長 議案第3号四條畷市職員の退職管理に関する条例の制定につきまして内容のご説明を申し上げますので、お手元の議案書をごらんいただきたいと存じます。

 本条例案は、地方公務員法が改正され、地方公務員の退職管理の適正を確保するための規定が新たに設けられたことから、地方公務員法において条例へ委任されている事項を定め、退職管理の円滑な実施を図るため制定しようとするものでございます。

 第1条は、本条例案が地方公務員法に基づき四條畷市職員の退職管理に関し必要な事項を定めるものでございます。

 第2条は、再就職者による依頼等の規制といたしまして、営利企業等に再就職した元職員のうち、離職した日の5年前の日より前に国の部長または課長相当職についていた者は、当該職についていたときに在籍していた執行機関の組織等の職員等に対し、再就職者が在籍している営利企業等と市との間で締結される契約や、当該営利企業に対する処分に関する事務であって、離職した日の5年前の日より前の職務に属するものに関し、離職後2年間、職務上の行為をするように、またはしないように要求し、または依頼してはならないことを定めるものでございます。

 第3条は、任命権者への届け出として、管理または監督の地位にある職員であった者は、離職後2年間、営利企業以外の法人その他の団体の地位についた場合(報酬を得る場合に限る。)または営利企業の地位に就いた場合は、日々雇い入れられる者となった場合等を除き、任命権者に届け出なければならないことを定めるものでございます。

 附則は、この条例の施行日を、改正法の施行日と同日の平成28年4月1日とするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第3号四條畷市職員の退職管理に関する条例の制定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上ご可決いただきますようお願いいたします。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 これより質疑を行うことにいたします。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第3号四條畷市職員の退職管理に関する条例の制定については、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。



○瓜生照代議長 次に、日程第10議案第4号市長の給料及び手当の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第4号市長の給料及び手当の特例に関する条例の制定について、提案理由を申し上げます。

 固定資産税に係る住宅用地の認定誤りが判明し、税に対する公平性を損ない、市政に対する信頼を失墜させたことから、その責任を明らかにするため、本年4月に支給する市長の給料月額の10分の1を減額いたしたく本案を提案いたしました。何とぞよろしくご審議いただきましてご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を求めることにいたします。総務部長どうぞ。



◎田中俊行総務部長 議案第4号市長の給料及び手当の特例に関する条例の制定につきまして内容のご説明を申し上げますので、お手元の議案書をごらんいただきたいと存じます。

 平成26年5月に住宅用地に対する固定資産税、都市計画税に係る課税標準の特例措置に関する認定誤りが一部の土地においてあることが判明いたしました。このことを受け、同様の誤りがないか、非住宅用地となっている土地について全件調査を行ったところ、新たに賦課誤りとなっていた土地がございました。

 このことは、税に対する公平性を損ない、ひいては市政に対する信頼を失墜させたことから、長としての責任を明らかにするため、本年4月に支給する市長の給料月額を10%減額し、また、市長等の給料月額に関する特例措置条例に基づく30%減額分と合わせた合計40%の減額を行うものでございます。なお、地域手当につきましても、40%減額後の給料月額を算定の基礎として算出いたします。

 附則は、この条例の施行日を公布の日とするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第4号市長の給料及び手当の特例に関する条例の制定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上ご可決いただきますようお願いいたします。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 次に、本案に対する質疑を行うことにいたします。質疑のある方どうぞ。岸田議員。



◆10番(岸田敦子議員) これは委員会付託にもなっておりますので、そこでもいろいろ質問があるかと思いますけれども、私から3点だけ確認の質問をさせていただきたいと思います。

 まず1点が、今回は市長の給料1カ月分の10%減額ということですが、その根拠はどこにあるのかということが一つ。そして、昨年も同じ3月議会で同様の案件があって、そのときは費用としては2390万円でしたが、その3月議会で市長の処分というのはなかった。今回は市長がその責任をとると。この差は何なのか。最後に、市長ご自身は1カ月10%の減額ということで責任は十分果たしているとお考えかどうか。その点だけ確認をしたいと思います。



○瓜生照代議長 総務部長。



◎田中俊行総務部長 まず、1カ月10%減額する根拠は何かということでございます。この部分につきましては前市長等の減額の状況等勘案してということで10%減額相当で処理をさせていただいたということでございます。

 それから、昨年3月の議会では処分をしなかった。今回処分をした、この差は何かということでございます。この部分につきましては、平成26年6月に一番最初の賦課誤りが発見されたと。その後、平成27年2月、去年にご報告申し上げたんですが、そのときにはまだ調査件数が20件残っておったと。これについては引き続き処理をさせていただきたい。今回その一連の処理、全筆2700件の処理をさせていただきまして、最終的に今回で全て処理が終わったと。これを受けて市長の減額の特例に関する条例ですね、これをご提案させていただいたということでございます。



○瓜生照代議長 市長。



◎土井一憲市長 先ほど提案理由でも申し上げましたとおり、納税者の方々、そして市民の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしました。そして、今後はその10%の減額にかかわらず綱紀粛正を図り、今後このようなことがないように努めさせていただくということが私の責任であると、そのように考えております。



○瓜生照代議長 ほかに質疑のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 本案につきましては総務建水常任委員会に付託いたします。



○瓜生照代議長 次に、日程第11議案第5号四條畷市消費生活センター条例の制定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第5号四條畷市消費生活センター条例の制定について、提案理由を申し上げます。

 消費者安全法の一部改正により、消費生活センターの組織及び運営等については条例で定めることとされたため本条例を制定いたしたく本案を提案いたしました。何とぞよろしくご審議いただきましてご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を求めることにいたします。市民生活部長。



◎西尾佳岐市民生活部長兼田原支所長 議案第5号四條畷市消費生活センター条例の制定につきまして内容説明をさせていただきますので、お手元の議案書をごらんいただきたいと存じます。

 本市におきましては、平成23年4月より四條畷市消費生活相談員設置要綱に基づき四條畷市消費生活センターを設置しておりましたが、このたび消費者安全法の一部が改正されたことに伴い、消費生活センターを設置する市町村は、消費生活センターの組織及び運営に関する事項等について条例で定める必要が生じたため、必要な事項を定めるものでございます。

 第1条では、消費者安全法に基づき本市に消費生活センターを設置することを規定しております。

 第2条では、センターの名称及び位置について規定しております。

 第3条では、センターにおける消費者相談の事務を行う日及び時間を公示する旨について規定しております。

 第4条では、センターの事務を掌理する消費生活センター長その他必要な職を置くこと、また、センターに消費生活相談員を置くこと及びその相談員の資格所有に関することを規定しております。

 第5条では、センターの職員に対し、その資質の向上のための研修機会の確保について規定しております。

 第6条では、消費生活相談等のセンター事務の実施により得られた情報の適切な管理について規定しております。

 第7条では、この条例の細目を規則に委任する旨規定しております。

 附則をごらんいただきたいと存じます。第1条では、本条例の施行日を平成28年4月1日とするものでございます。

 また、第2条では、今回の条例を制定するに当たり、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償等に関する条例を一部改正するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、四條畷市消費生活センター条例の制定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上ご可決いただきますようよろしくお願いいたします。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 これより質疑を行うことにいたします。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第5号四條畷市消費生活センター条例の制定については、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。



○瓜生照代議長 次に、日程第12議案第6号四條畷市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第6号四條畷市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由を申し上げます。

 本市固定資産評価審査委員会の委員長の任期について、各行政委員会の長との統一を図りたく本案を提案いたしました。何とぞよろしくご審議いただきましてご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を求めることにいたします。総務部長。



◎田中俊行総務部長 議案第6号四條畷市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定につきまして、参考資料一部改正条例案の新旧対照表に基づきご説明申し上げますので、13ページ、14ページをごらんいただきたいと存じます。

 本条例の制定につきましては、本市固定資産評価審査委員会の委員長の任期について、各行政委員会の長との統一を図るため所要の改正を行うものでございます。

 第2条に規定する委員長の任期について、現行、1年とし、再任を妨げないとするものを改正後においては委員の任期によるとするものでございます。

 附則についてご説明申し上げますので、議案書にお戻りいただきたいと存じます。

 附則では、この条例の施行期日を平成28年4月1日とするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第6号四條畷市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上ご可決いただきますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 これより質疑を行うことにいたします。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第6号四條畷市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の制定については、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。



○瓜生照代議長 次に、日程第13議案第7号職員の勤務時間に関する条例の一部を改正する条例の制定について及び日程第14議案第8号一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についての2議案を一括上程し、議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を順次求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第7号職員の勤務時間に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由を申し上げます。

 地方公務員法の一部改正により、本条例において引用する同法の条項について規定の整備を図りたく本案を提案いたしました。

 続きまして、議案第8号一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、提案理由を申し上げます。

 一般職の職員の給与について、本年度の人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準じ所要の改正を行うとともに、特別職の職員に対して支給する地域手当及び期末手当についても一般職の職員に準じ支給割合を改正いたしたく本案を提案いたしました。

 以上2議案につきまして何とぞよろしくご審議いただきましてご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を順次求めることにいたします。総務部長。



◎田中俊行総務部長 議案第7号職員の勤務時間に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして、参考資料一部改正条例案の新旧対照表に基づきご説明申し上げますので、恐れ入りますがお手元の新旧対照表15ページ、16ページをお開きいただきたいと存じます。

 本条例は、地方公務員法の一部改正により、本条例において引用する条項について規定の整備を図るものでございます。

 第1条中「第24条第6項」を「第24条第5項」に改めるものでございます。

 附則についてご説明申し上げますので、議案書にお戻りいただきたいと存じます。

 附則では、この条例の施行日について、改正法の施行日と同日の平成28年4月1日とするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第7号職員の勤務時間に関する条例の一部を改正する条例の制定についての内容説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第8号一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定につきまして、参考資料一部改正条例案の新旧対照表に基づきご説明申し上げますので、恐れ入りますがお手元の新旧対照表17ページ、18ページをお開きいただきたいと存じます。

 本条例の主な内容についてでございますが、本年度の人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準じ、所要の改正を行うものでございます。

 まず、第1条による改正は、一般職の職員の給与に関する条例の一部改正でございます。

 単身赴任手当の基本額及び交通距離による加算額を国家公務員の手当と同額とするため、第14条の4第2項に規定する金額を改めるものでございます。

 第22条第2項第1号は、再任用職員以外の職員に対して12月に支給した勤勉手当の支給割合を国に準じて100分の10引き上げ、第2号は、再任用職員に対して12月に支給した勤勉手当の支給割合を国に準じて100分の5引き上げるため改めるものでございます。

 次に、このページ下段から23ページまでに記載している給料表は、国の行政職俸給表(一)の改定に準じ、初任給など若年層に重点を置き、平均0.4%の引き上げを行った行政職等給料表と任期付職員行政職給料表でございます。

 次に、第2条による改正も、一般職の職員の給与に関する条例の一部改正でございます。

 第22条第2項第1号の再任用職員以外の職員に係る勤勉手当の支給割合及び第2号の再任用職員に係る勤勉手当の支給割合について、さきに申し上げました第1条による一般職の職員の給与に関する条例の一部改正により、12月に支給した勤勉手当の支給割合の引き上げ分が溶け込んだ後、平成28年度以降は当該引き上げ分を6月に支給する場合と12月に支給する場合の支給割合を均等にするため改めるものでございます。

 恐れ入りますが、25ページ、26ページをお開きください。

 次に、第3条による改正は、一般職の職員の給与に関する条例及び特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の一部改正でございます。

 本条例の附則において、地域手当の支給割合を段階的に引き上げるための経過措置を規定しておりますが、制度完成までの時期が前倒しとなったため、国の制度に準じ、平成27年度における支給割合を100分の5とするため改めるものでございます。

 次に、第4条による改正は、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正でございます。

 第6条においては、12月に支給した期末手当の支給割合について、一般職の職員の勤勉手当と同様に100分の10引き上げるため、「100分の212.5」を「100分の222.5」に改めるものでございます。

 第5条による改正も、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正でございます。

 第6条の期末手当について、平成28年度以降、一般職の職員の期末・勤勉手当と同じ支給割合にするため、6月及び12月に支給する期末手当の支給割合を改めております。

 続きまして、第6条による改正は、四條畷市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正でございます。

 第5条第2項におきましては、12月に支給した期末手当の支給割合について、一般職の職員の勤勉手当と同様に100分の10引き上げるため、「100分の212.5」を「100分の222.5」に改めるものでございます。

 27ページ、28ページをお開きください。

 第7条による改正も、四條畷市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正でございます。

 第5条第2項の期末手当について、第6条による改正により、12月に支給した期末手当の支給割合引き上げ分100分の10が溶け込んだ後、平成28年度以降、一般職の職員の期末・勤勉手当と同じ支給割合にするため、6月及び12月に支給する期末手当の支給割合を改めております。

 附則についてご説明させていただきますので、議案書にお戻りいただきたいと存じます。

 附則第1項は、この条例の施行期日を公布の日からとし、第2条、第5条及び第7条の規定については平成28年4月1日から施行しようとするものでございます。

 附則第2項では、一般職の職員に係る勤勉手当及び地域手当の支給割合の引き上げ並びに常勤特別職及び議会議員に係る期末手当の支給割合の引き上げについて、平成27年4月1日からの適用とする規定を設け、附則第3項では、給与等の内払いに関する規定を設けております。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第8号一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についての内容説明とさせていただきます。2議案につきましてよろしくご審議の上ご可決いただきますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 ただいまの2議案の質疑以降の議事運営につきましては議案ごとに行います。

 それでは、議案第7号職員の勤務時間に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第7号職員の勤務時間に関する条例の一部を改正する条例の制定については、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。

 次に、議案第8号一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第8号一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定については、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。



○瓜生照代議長 次に、日程第15議案第9号四條畷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第9号四條畷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由を申し上げます。

 国民健康保険法施行令の一部改正により国民健康保険料の賦課限度額が引き上げられたことに伴い、中間所得者層の負担の軽減を図るため賦課限度額を引き上げるほか、国民健康保険料の軽減対象世帯に係る所得判定基準の改正に伴い所要の改正を行いたく本案を提案いたしました。何とぞよろしくご審議いただきましてご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を求めることにいたします。健康・保険担当部長。



◎高津和憲健康・保険担当部長兼保健センター所長 議案第9号四條畷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につきまして内容説明を申し上げます。

 恐れ入りますが参考資料の新旧対照表29ページから32ページをごらんください。

 保険料の賦課について中間所得層の負担緩和を図るため、第15条の6、第20条第1項、第5項及び第6項に定める基礎賦課限度額を「52万円」から「54万円」に、第15条の6の10及び第20条第5項に定める後期高齢者支援金等賦課限度額を「17万円」から「19万円」にそれぞれ引き上げようとするものでございます。

 また、低所得者に対する保険料軽減措置の拡充を図るため、軽減基準所得額を、第20条第1項第2号の5割軽減対象世帯は「26万円」から「26万5000円」に、第3号の2割軽減対象世帯は「47万円」から「48万円」にそれぞれ引き上げようとするものでございます。

 恐れ入りますが議案書にお戻りいただきたいと存じます。

 附則第1項において、この条例は平成28年4月1日から施行し、第2項において、この規定の適用区分を定めております。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第9号四條畷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議賜りましてご可決いただきますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 これより質疑を行うことにいたします。質疑のある方どうぞ。岸田議員。



◆10番(岸田敦子議員) この限度額の引き上げはこれで3年連続になるんですけれども、毎回この条例、提案理由で先ほども述べられた中間所得者層の負担軽減のためというふうにしている、それは限度額を上げないよりは数千円安くなるというようなことは確かにあるものの、この3年間の保険料、先日資料いただいて比べますと、全所得者層で保険料が上がっている実態が見受けられるんですね。今回限度額に達する所得500万円の世帯に至っては、モデルケースの3人世帯の保険料の表いただいてまして、それによると年間で10万円以上の引き上げになるというようなデータも出てまして、限度額を上げても負担感が大きいなという印象です。

 この国保に関しては私ども前から国の負担が大幅に減ってきて、やっぱりここを解消しないと構造的問題は解決されないということを強く申し上げてきて、全国知事会なんかもやっぱりそうした要望も行っている中で、本年度から、先ほどちょっと説明あった中の分かもしれませんが、低所得者対策のための保険者支援金というのが国で交付されているという状況を聞いておりまして、全国では1700億円、その分配方法というのは低所得者を多く抱える保険者に重点的に配分されると。国は一人当たり5000円程度になるというふうに言っておりますけれども、この四條畷の交付額が幾らになっているのかということを確認したいと思います。この交付額の本市での取り扱いについても同時にお伺いしたいと思います。

 もう一つ、後期高齢者支援金の関連で1700億円これも全国で配分されると。これは半分が国の財政調整交付金に入れて、医療費増大に対する財政支援に使われると。半分は医療費適正化や保険料収納等に努力した自治体に配分するとしているそうですが、この四條畷の交付額というのも教えていただきたいと思います。これを保険料軽減にということに役立っているのかどうかということの確認のためにお答えいただきたいと思います。



○瓜生照代議長 健康・保険担当部長。



◎高津和憲健康・保険担当部長兼保健センター所長 国の保険者支援策における交付金の増額ということでございますが、今回、補正をかけさせていただきました予算につきましてはおよそ8800万円ほど増額になっておりますが、その内訳につきましては幾らがどれだけふえたかというのは、これはちょっと明らかになっていないところでございまして、正確な数字はちょっと今申し上げることができない状況でございます。もともとこの支援金が増額されるということを想定いたしまして、27年度の保険料を算定する際には一定の額を見込んで算定しまして、一定保険料の引き下げを行ったところでございます。



○瓜生照代議長 岸田議員。



◆10番(岸田敦子議員) 詳しくは、国保の予算案に関してはまた後ほど、常任委員会でも審議がされる予定ですので、またそこで聞いていきたいと思いますけれども、国の軽減の費用、交付金が入るということがわかっていても来年度の保険料の見込みというのは今年度よりも上がるという中身、これはやっぱり構造的な根本的な改革が必要だということを感じるということは申し上げて、質問は終わります。



○瓜生照代議長 ほかに質疑のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。岸田敦子議員。



◆10番(岸田敦子議員) 日本共産党市会議員団の岸田敦子です。

 議案第9号四條畷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定に反対する立場から討論を行います。

 本条例の改正による国保料の限度額の引き上げは3年連続となり、今回は昨年と比べ医療分で2万円引き上げ54万円に、後期支援分も2万円引き上げ19万円、合わせると国保料だけで4万円引き上げの73万円になります。新年度を含めこの3年間の限度額到達世帯を3人世帯のモデルケースで比較すると、2014年は所得で620万円の世帯でしたが、2015年は所得600万円に下がり、今回は所得500万円の世帯で限度額に到達します。これに40歳以上の被保険者が2人いれば約15.6万円の介護分も上乗せされ、国保、介護の保険料で所得の17.7%にもなり、一定の所得があるとはいえ負担割合が高いです。同じく3人世帯のモデルケースで法定軽減がされない所得180万円の場合、所得に対する保険料の割合は、昨年は17.8%でしたが、今回の改定で18.2%になり、介護分も加えると22.2%にもなり負担が重過ぎます。さらに限度額を引き上げても昨年、おととしの保険料と比べ全所得階層で保険料が上がっています。これでは、限度額を引き上げて中間所得層の負担を軽減するといっても、市民にとっては負担増としか感じられないのではないでしょうか。

 以上のことから、限度額を引き上げても国保料が大変高いという構造的な問題は解決されていないことは明らかです。昨年の討論でも指摘しましたが、憲法25条2項でうたわれている社会福祉、社会保障及び公衆衛生は国の責任で向上させなければならないとする理念から考えると、国の国保への負担を大幅に削減したことの改善なしに本制度の根本的な改善は図れません。

 以上の理由から日本共産党議員団は本条例の改正に反対であるということを表明し討論とします。



○瓜生照代議長 ほかに討論のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。本案につきましては起立により採決を行います。お諮りいたします。議案第9号四條畷市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、賛成の議員の起立を求めます。

     (賛成者 起立)



○瓜生照代議長 起立多数であります。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。



○瓜生照代議長 次に、日程第16議案第10号東部大阪都市計画砂地区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第10号東部大阪都市計画砂地区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由を申し上げます。

 東部大阪都市計画四條畷市砂地区地区計画の変更に伴い、当該地区計画の区域内において定める建築物に係る制限について所要の改正を行いたく本案を提案いたしました。何とぞよろしくご審議いただきましてご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を求めることにいたします。都市整備部長。



◎吐田昭治郎都市整備部長 それでは、議案第10号東部大阪都市計画砂地区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定についてご説明申し上げます。

 当条例は、建築基準法第68条の2第1項の規定に基づき、東部大阪都市計画砂地区地区計画の区域内における建築物に関する制限を定めることにより、適正な都市機能と健全な都市環境を確保することを目的に制定するものでございます。

 今回の改正は、東部大阪都市計画砂地区地区計画の変更に伴い、ゾーン分けの変更や既存不適格建築物が発生することに伴う増改築等の規定の追加、市街化区域編入と同時に用途地域が設定されることに伴う建蔽率及び容積率の規定の廃止など所定の改正を行おうとするものであります。また、あわせて住居表示の施行に伴う砂地区地区計画の区域名の改正を行おうとするものでございます。

 恐れ入りますが、参考資料一部改正条例案の新旧対照表によりご説明いたしますので、33、34ページをお開きください。

 第1条は目的、第2条は定義を規定しており、「砂地区計画」を「砂地区地区計画」に明確とするため改めるものでございます。

 第3条は適用区域を規定しており、「砂地区計画」を「砂地区地区計画」に、「砂地区」を「砂四丁目地区」に住居表示の施行等に伴い改めるものでございます。

 第4条は建築物の用途の制限を規定しており、第4条第1項中の「砂地区」を「砂四丁目地区」に住居表示の施行に伴い改め、東部大阪都市計画砂地区地区計画の区域拡大に伴い、新たに二つのゾーンの規定を同条第3号及び第4号に追加するものでございます。

 また、同条第2項につきましては既存不適格建築物に対する緩和の規定を第1号から第3号まで新たに追加するものでございます。

 次ページの35、36ページをお開きください。

 現行条例第5条の容積率の規定及び第6条の建蔽率の規定につきましては、市街化区域への編入に伴い用途地域での制限がかかり、改正後の条例では制限する必要がなくなることから、容積率の規定及び建蔽率の規定を削除するものでございます。

 改正後の条例第5条につきましては建築物の敷地面積の最低限度の規定であり、現行条例では第7条に規定しているもので、現行のゾーンに加え、新たにDゾーン及び公共共益ゾーンを追加するものでございます。

 第6条につきましては壁面の位置の制限の規定であり、現行条例では第8条に規定しているもので、壁面の位置の制限に対する既存不適格となる建築物等の緩和規定をするもので、次ページ、37、38ページをお開きください。新たに同条第2項から第4項まで追加するものでございます。

 第7条につきましては建築物の各部分の高さの最高限度を規定しようとするもので、現行条例では第9条に規定しているもので、現行のゾーンに加え、新たにDゾーンを追加するものでございます。

 第8条につきましては建築物の敷地が地区の内外等にわたる場合の措置の規定であり、現行条例では第10条に規定しているもので、住居表示の施行に伴い「砂地区」を「砂4丁目地区」に改めるものでございます。

 第9条につきましては公益上必要な建築物及び基準日等において存する建築物の特例の規定であり、現行条例では第11条に規定しているもので、新たな基準日が発生することに伴い基準日を基準日等と改めるとともに、今回の改正に伴う適用範囲の条ずれを改めるものでございます。

 次ページ、39、40ページをお開きください。

 同条第3項につきましては、新たに設定するDゾーンに既にある事業所に対する壁面の位置の制限の特例を追加するものでございます。

 第10条につきましては罰則の規定であり、現行条例では第12条に規定したもので、今回の改正に伴う適用範囲の条ずれを改めるものでございます。

 次ページ、41、42ページの別表をごらんください。

 ゾーンの変更に伴い、建築することができる用途の規定をウの項及びエの項に追加するものでございます。

 恐れ入ります、議案書にお戻りください。

 附則をごらんください。この条例は公布の日から施行するといたしております。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第10号東部大阪都市計画砂地区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 これより質疑を行うことにいたします。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第10号東部大阪都市計画砂地区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定については、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。



○瓜生照代議長 次に、日程第17議案第11号市道の路線認定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第11号市道の路線認定について、提案理由を申し上げます。

 開発行為に係る道路部の市への帰属に伴い市道の路線として認定いたしたく本案を提案いたしました。何とぞよろしくご審議いただきましてご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を求めることにいたします。都市整備部長。



◎吐田昭治郎都市整備部長 それでは、議案第11号市道の路線認定についての内容をご説明申し上げます。

 本案は、市道道路網の整備、充実を図るため、道路法第8条第2項の規定に基づき、議会の議決を経て新たに7路線を市道認定しようとするものでございます。

 それでは、7路線についてご説明いたしますので、議案書の次のページ、認定路線の一覧表をごらんください。今回認定する路線名とその起終点の所在地を記載いたしております。

 次に、次ページA3の用紙には、市道認定箇所図としまして、7路線の位置をお示しております。

 次に、次ページからの市道認定路線図を順次ごらんください。

 まず、整理番号1の岡山2丁目30号線でございます。開発行為により設置され帰属を受けた道路で、延長は64.1メートルでございます。

 次に、整理番号2の中野本町45号線は、位置指定道路として寄附を受けた道路で、延長は59.8メートルでございます。

 次に、次ページ以降の整理番号3及び4の2路線につきましては、同じ開発行為により設置され帰属を受けた道路でございます。整理番号3は岡山東4丁目14号線で、延長は132.1メートルでございます。整理番号4は岡山東4丁目15号線で、延長は69.1メートルでございます。

 次に、整理番号5及び6につきましても開発行為により設置され帰属を受けた道路でございます。整理番号5は岡山東5丁目27号線で、延長は109.1メートルでございます。整理番号6は清滝65号線で、延長は58.2メートルでございます。

 次に、整理番号7の蔀屋本町26号線は、位置指定道路として寄附を受けた道路で、延長は15.0メートルでございます。

 以上、まことに簡単でございますが、議案第11号市道の認定についての内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 これより質疑を行うことにいたします。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第11号市道の路線認定については、これを可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを可決いたしました。



○瓜生照代議長 次に、日程第18議案第12号平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第12号平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第6号)について、提案理由を申し上げます。

 本補正予算の歳出につきましては、国の財源を活用した四條畷中学校、四條畷西中学校施設整備事業や、地場産野菜を活用した食育促進及び雇用創出事業などを新たに計上するとともに、国民健康保険特別会計繰出金、保育児委託料などの増額、不用が見込まれる人件費や各種事業の減額を計上いたしております。

 歳入につきましては、歳出補正に関連した国・府支出金及び市債の増額と減額、不動産売払収入の減額などを計上いたしました。また、今年度内に事業が完了しない四條畷中学校、四條畷西中学校施設整備事業や地場産野菜を活用した食育促進及び雇用創出事業などにつきまして繰越明許費を設定するとともに、(仮称)四條畷市新小学校等整備事業に係る債務負担行為の廃止を計上いたしております。何とぞよろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を求めることにいたします。総務部長。



◎田中俊行総務部長 議案第12号平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第6号)につきまして、内容のご説明を申し上げます。

 初めに、予算書の1ページをごらんいただきたいと存じます。

 第1条は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1670万5000円を追加し、歳入歳出予算総額とも209億7099万9000円に定めるものでございます。

 第2条は繰越明許費の設定を、第3条は債務負担行為の廃止を、第4条は地方債の変更を行うものでございます。

 次に、4ページをごらんいただきたいと存じます。

 第2表におきましては、1行目の庁内ネットワーク再構築事業から最終行の地場産野菜を活用した食育促進事業までの九つの事業につきましては、いずれも平成27年度国の補正予算第1号の財源を活用し、本補正予算の歳出に計上いたしておりますが、年度内の事業着手には至らず、平成28年度に持ち越して実施いたしたいことから、繰越明許費を設定するものでございます。

 次に、5ページをごらんいただきたいと存じます。

 第3表におきましては、第3号補正で債務負担行為を設定いたしました(仮称)四條畷市新小学校等整備事業につきましては、現行のPFI方式による一括発注方式をこのまま継続したとしても要求水準を満たす事業提案には至らないとの判断から、当該事項についての債務負担行為を廃止するものでございます。

 次に、6ページをごらんいただきたいと存じます。

 第4表におきましては、総務債を歳出における庁内ネットワーク再構築事業に対する新規発行に伴い2350万円、教育債を中学校施設整備事業に対する新規発行などに伴い2億80万円それぞれ増額する一方、民生債及び土木債を歳出の不用額整理に伴いそれぞれ470万円と4970万円減額し、補正後に記載しております限度額へと変更するものでございます。

 続きまして、事項別明細書の歳出につきましてご説明いたしますので、14ページ、15ページをごらんいただきたいと存じます。

 まず、総務費から教育費までの歳出全般にわたり、事業費の確定などによる不用額整理を行っております。

 また、人件費におきましても不用額整理を行う一方、人事院勧告準拠による給与改定に伴う職員人件費及び議員期末手当の増額、死亡退職等に伴う退職手当の増額を本補正予算で行っておりますが、人件費総計では減額となっております。

 総務費、総務管理費、一般管理費の人事課運営事務は、上下水道局職員の早期退職に伴い、当該職員が一般会計に属していた通算年数に応じた退職手当負担分を上下水道局へ支出するため、負担金を計上するものでございます。

 財政運営事務は、退職手当基金運用利子の増加に伴い、当該基金への積立金を増額するものでございます。

 なお、これと同様の補正を民生費、土木費及び教育費におきましても行っております。

 庁内ネットワーク再構築事務は、国の2分の1補助事業で、サイバー攻撃が急速に複雑・巧妙化している中、マイナンバーによる情報連携に活用するLGWAN環境のセキュリティ確保を図るためには、LGWAN接続系ネットワークとインターネット接続系ネットワークを分割することを国から強く求められていることから、庁内ネットワークを再構築するに当たり必要な経費を増額するものでございます。

 18ページ、19ページをごらんいただきたいと存じます。

 戸籍住民基本台帳費、戸籍住民基本台帳費の番号制度関連事務は国の10分の10補助事業で、マイナンバーカードを追加発行するためのカード製造に係る経費の不足に対応するため、地方公共団体情報システム機構に対する委託料を増額するものでございます。

 24ページ、25ページをごらんいただきたいと存じます。

 民生費、社会福祉費、社会福祉総務費の国民健康保険特別会計繰出金事務及び老人福祉費の後期高齢者医療事務は、保険料の法定軽減対象者が当初見込みより増加することなどに伴い、繰出金を増額するものでございます。

 26ページ、27ページをごらんいただきたいと存じます。

 児童福祉費、児童措置費の保育等の実施事務は、国の2分の1、府の4分の1補助事業で、人事院勧告実施による公務員給与の改定内容に準じ、民間保育士においても賃金単価の引き上げが行われることに伴い、保育児委託料を増額するものでございます。

 30ページ、31ページをごらんいただきたいと存じます。

 衛生費、保健衛生費、予防費の食育推進事務は、国の地方創生加速化交付金を活用し実施する事業で、朝食メニューコンテストを初めとする食育に関する各種事業の充実を図るために必要な経費を計上するものでございます。

 32ページ、33ページをごらんいただきたいと存じます。

 農林水産業費、農業費、農業振興費の地場産野菜活用事務は、地方創生加速化交付金を活用し実施する事業で、砂栽培を行う事業者との協働のもと、高床式の砂栽培設備を本市学校給食センター敷地内に設置し、収穫された農作物を学校給食等に使用するなど、地産地消の推進と雇用の創出を図るために必要な経費を計上するものでございます。

 商工費、商工費、商工業振興費の地域産業振興事務は、地方創生加速化交付金を活用し実施する事業で、現在の産業振興ビジョンを見直し、新たなビジョンを策定するために必要な経費を計上するものでございます。

 36ページ、37ページをごらんいただきたいと存じます。

 教育費、教育総務費、教育指導費の教育センター運営事務は、財政負担の軽減を図るため、国の委託金を100%活用し実施する事業で、運営体制の強化に必要な追加経費はもちろんのこと、既存の経費をも含め、委託事業の対象とするために必要な経費を計上するものでございます。

 38ページ、39ページをごらんいただきたいと存じます。

 中学校費、学校管理費の教育環境整備事務は、国の2分の1と3分の1補助事業で、四條畷中学校及び四條畷西中学校の施設整備工事に係る経費を計上するものでございます。

 42ページ、43ページをごらんいただきたいと存じます。

 社会教育費、公民館費の市民総合センター・公民館運営事務及び公民館主催講座等事務は、地方創生加速化交付金を活用し実施する事業で、食育に関する講座を行うに当たり必要な経費を計上するものでございます。

 保健体育費、学校給食運営費の給食センター管理運営事務は、地方創生加速化交付金を活用し実施する事業で、砂栽培設備で収穫された地場産野菜を活用し、学校給食オリジナルメニュー等の開発を行うに当たり必要な経費を計上するものでございます。

 次に、歳入につきましてご説明いたしますので、8ページ、9ページをごらんいただきたいと存じます。

 歳入全般におきまして、歳出における事業費の補正に伴い、国庫支出金、府支出金及び市債などの増額、あるいは減額をいたしております。

 10ページ、11ページをごらんいただきたいと存じます。

 財産収入、財産売払収入、不動産売払収入は、当初予算で予定していた土地の売払いが進まなかったため、今年度の売払収入決算見込額まで減額するものでございます。

 繰入金、基金繰入金、財政調整基金繰入金は、不動産売払収入を大幅に減額した結果、本補正予算における財源が不足するため、繰入金を増額するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第12号平成27年度四條畷市一般会計補正予算(第6号)の内容説明とさせていだきます。よろしくご審議の上ご可決いただきますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 これより質疑を行うことにいたします。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 本案につきましては予算決算常任委員会に付託いたします。



○瓜生照代議長 次に、日程第19議案第13号平成27年度四條畷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)及び日程第20議案第14号平成27年度四條畷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の2議案を一括上程し、議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を順次求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第13号平成27年度四條畷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、提案理由を申し上げます。

 本補正予算の歳出につきましては、人件費の減額、財政安定化基金積立金及び予備費の増額を計上いたしております。歳入につきましては、財産運用収入、保険基盤安定繰入金、財政安定化支援事業繰入金の増額及び職員給与費等繰入金の減額を計上いたしております。

 続きまして、議案第14号平成27年度四條畷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について、提案理由を申し上げます。

 本補正予算の歳出につきましては、人件費の減額及び後期高齢者医療広域連合納付金の増額を計上いたしております。歳入につきましては、職員給与費等繰入金の減額及び保険基盤安定繰入金の増額を計上いたしております。

 以上2議案につきまして何とぞよろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を順次求めることにいたします。健康・保険担当部長。



◎高津和憲健康・保険担当部長兼保健センター所長 議案第13号平成27度四條畷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の内容説明を申し上げます。

 予算書の1ページをお開きいただきたいと存じます。

 第1条では、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億780万5000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ84億5984万3000円としようとするものでございます。

 以下、事項別明細書に基づきましてご説明申し上げます。8ページ、9ページをお開きいただきたいと存じます。

 歳出につきまして、1目一般管理費は、給料等の減額に伴い333万8000円を減額いたしております。

 9款基金積立金は、国保財政安定化基金の運用益を8万5000円増額し、当該基金に積み立てるものでございます。

 12款予備費は、歳入の増額に伴い、財源調整のため予備費を1億1105万8000円増額するものでございます。

 次に6ページ、7ページをお開きいただきたいと存じます。

 歳入につきまして、9款財産収入の利子及び配当金は、国保財政安定化基金の運用利子について8万5000円を増額するものでございます。

 10款繰入金の一般会計繰入金につきまして、1節基盤安定繰入金(保険料軽減分)は額の確定に伴い688万円の増額を、2節基盤安定繰入金(保険者支援分)は国の国保に対する保険者支援対策等に伴い8837万1000円の増額を行い、3節職員給与費繰入金は、歳出の給料等の減額に伴い同額を減額し、5節財政安定化事業繰入金は、額の確定に伴い1580万7000円を増額し、合計1億772万円を増額補正するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第13号平成27年度四條畷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の内容説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第14号平成27年度四條畷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の内容説明を申し上げます。

 恐れ入りますが予算書の1ページをお開きいただきたいと存じます。

 第1条では、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ398万3000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6億2452万2000円としようとするものでございます。

 以下、事項別明細書に基づきましてご説明申し上げます。8ページ、9ページをお開きいただきたいと存じます。

 歳出につきまして、1目一般管理費につきましては、職員手当等の減額等により50万3000円の減額補正を行うものでございます。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、低所得者に係る保険料軽減相当分の額の確定に伴い448万6000円を増額補正するものでございます。

 6ページ、7ページにお戻りいただきたいと存じます。

 歳入につきまして、1目一般会計繰入金につきましては、歳出の補正に伴い、1目事務費繰入金の減額及び2目保険基盤安定繰入金の増額を行い、合計398万3000円を増額補正するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第14号平成27年度四條畷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の内容説明とさせていただきます。以上2議案につきましてよろしくご審議賜りご可決いただきますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 ただいまの2議案の質疑以降の議事運営につきましては議案ごとに行います。

 それでは、議案第13号平成27年度四條畷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について質疑を行います。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第13号平成27年度四條畷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。

 次に、議案第14号平成27年度四條畷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について質疑を行います。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第14号平成27年度四條畷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。



○瓜生照代議長 会議の途中ですが、ただいまから午後1時まで休憩いたします。時に午前11時57分



○瓜生照代議長 休憩を閉じまして会議を再開いたします。時に午後0時59分



○瓜生照代議長 では、日程第21議案第15号平成27年度四條畷市水道事業会計補正予算(第2号)及び日程第22議案第16号平成27年度四條畷市下水道事業会計補正予算(第2号)の2議案を一括上程し、議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 提案者の提案理由の説明を順次求めることにいたします。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 議案第15号平成27年度四條畷市水道事業会計補正予算(第2号)について、提案理由を申し上げます。

 本補正予算の主なものは、収益的収支での収入につきましては、配水管工事収益の減額と退職給与金一般会計負担金の増額を計上いたしております。支出につきましては、人事院勧告実施に伴う人件費の増額、各費目で不用が見込まれる経費の減額、支出の減に伴う消費税及び地方消費税の増額を計上しております。

 次に、資本的収支での収入につきましては、固定資産売却代金の増額を計上しております。支出につきましては、人事院勧告実施に伴う人件費の増額、不用が見込まれる長期安定化整備事業費や設備改良費の減額を計上しております。

 続きまして、議案第16号四條畷市下水道事業会計補正予算(第2号)について、提案理由を申し上げます。

 本補正予算の主なものは、収益的収支での収入につきましては、一般会計負担金及び補助金の増減額、その他特別利益の増額を計上いたしております。支出につきましては、人事院勧告実施に伴う人件費の増額、各費目で不用が見込まれる経費の減額、支出の減に伴う消費税及び地方消費税の増額を計上しております。

 次に、資本的収支での支出につきましては、人事院勧告実施に伴う人件費の増額、不用が見込まれる管渠整備費の減額を計上しております。

 何とぞよろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 提案理由の説明は終わりました。

 引き続きまして、内容の説明を順次求めることにいたします。上下水道局長。



◎北田秀上下水道局長 議案第15号平成27年度四條畷市水道事業会計補正予算(第2号)の内容につきましてご説明申し上げます。

 恐れ入ります、予算書の1ページをお開きいただきたいと存じます。

 第2条で業務の予定量の補正でございますが、第4号で定めた主要な建設改良事業の長期安定化整備事業につきまして968万3000円減額し2億397万9000円に補正しようとするものでございます。

 第3条では、収益的収入及び支出の予定額の補正でございます。収入の第1款水道事業収益では既決予定額を498万4000円減額し13億658万8000円に、また、支出の第1款水道事業費用では既決予定額を1229万3000円減額し12億2532万1000円に補正しようとするもので、明細につきましては後ほど説明資料によりご説明申し上げます。

 2ページ目をお開きいただきたいと存じます。

 第4条では、収入の第1款資本的収入は既決予定額を17万3000円増額し1億3142万3000円に補正しようとするもので、明細は後ほど説明資料によりご説明申し上げます。

 支出の第1款資本的支出では既決予定額を1968万3000円減額し4億5686万円に補正しようとするもので、明細は後ほど説明資料によりご説明申し上げます。

 第5条では、職員給与費の金額を232万4000円増額し2億1214万円に補正しようとするものでございます。

 恐れ入ります、15ページをお開きいただきたいと存じます。

 収益的収入の補正につきましてご説明申し上げます。

 受託工事収益は、配水管移設等受託工事の減少により500万円の減額、その他の営業収益は、退職給与金一般会計負担金を1万6000円の増額補正をしようとするものでございます。

 16ページ、17ページをお開きいただきたいと存じます。

 営業費用の原水及び浄水費は、人事院勧告実施に伴う人件費の増額、修繕費の不用額により785万6000円の減額補正をしようとするものでございます。

 配水及び給水費は、人事院勧告実施に伴う人件費の増額、委託料、修繕費、動力費の不用により768万8000円の減額補正をしようとするものでございます。

 受託工事費は、人事院勧告実施に伴う人件費の増額及び配水管工事の不用額により390万1000円を減額しようとするものでございます。

 業務費、総係費につきましては、人事院勧告実施に伴う人件費の増額をしようとするものでございます。

 営業外費用の消費税は、納付予定の消費税といたしまして600万円の増額補正をしようとするものでございます。

 18ページをお開きいただきたいと存じます。

 資本的収入及び支出につきましてご説明申し上げます。

 資本的収入の固定資産売却代金は、不用となります固定資産売却代金として17万3000円の増額補正をしようとするものでございます。

 資本的支出の長期安定化整備事業費は、人事院勧告実施に伴う人件費の増額、工事監理業務委託料の不用により968万3000円の減額、設備改良費は、配水管設備改良工事費の不用額により1000万円の減額補正をしようとするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第15号平成27年度四條畷市水道事業会計補正予算(第2号)の内容説明とさせていただきます。何とぞよろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げます。

 次に、議案第16号平成27年度四條畷市下水道事業会計補正予算(第2号)の内容につきましてご説明申し上げます。

 予算書の1ページをお開きいただきたいと存じます。

 第2条で業務の予定量の補正でございますが、第1号で定めた整備済み区域内人口につきまして、300人減の5万6300人に、第4号の主要な建設改良事業の管渠整備費につきましては75万9000円を減額し1億6851万5000円に補正しようとするものでございます。

 第3条では、収益的収入及び支出の予定額の補正でございます。

 収入の第1款下水道事業収益では既決予定額を891万円増額し19億8715万6000円に、また、支出の第1款下水道事業費用では既決予定額を487万8000円増額し19億661万8000円に補正しようとするもので、明細につきましては後ほど説明資料によりご説明いたします。

 第4条では、資本的収入額が支出額に対して不足する額を75万9000円減額し6億8317万6000円に補正しようとするものでございます。

 2ページ目をお開きいただきたいと存じます。

 支出の第1款資本的支出では既決予定額を75万9000円減額し15億1663万3000円に補正しようとするもので、明細は後ほど説明資料によりご説明申し上げます。

 第5条では、職員給与費を1371万円増額し7121万6000円に補正しようとするものでございます。

 第6条では、一般会計からの補助金を223万8000円減額し2億5593万8000円に補正しようとするものでございます。

 第7条では、当年度利益剰余金の処分額を減債積立金に積み立てるもので、減債積立金を75万9000円減額し6572万5000円に補正しようとするものです。

 第8条では、棚卸資産の購入限度額を51万9000円減額し0円に補正しようとするものでございます。

 恐れ入ります、15ページをお開きいただきたいと存じます。

 収益的収入の補正につきましてご説明申し上げます。

 他会計負担金は、支出額の増減に伴い141万7000円の増額補正をしようとするものでございます。

 営業外収益の他会計補助金は、支出額の増減に伴う補助金を223万8000円減額補正しようとするものでございます。

 特別利益は、流域維持管理負担金の精算に伴う返還金の増額補正をしようとするものでございます。

 16ページ、17ページをお開きいただきたいと存じます。

 営業費用は、人事院勧告実施に伴う人件費の増額のほか、管渠費では、委託料、動力費、材料費の不用額により176万6000円の減額補正をしようとするものでございます。

 処理場費は、人事院勧告実施に伴う人件費の増額のほか、委託料、動力費、薬品費の不用額により681万7000円の減額補正をしようとするものでございます。

 総係費は、人事院勧告実施に伴う人件費の増額及び退職給付費を計上いたしております。

 営業外費用の支払利息及び企業債取扱諸費は不用額を減額し、消費税は、納付予定の消費税といたしまして400万円の増額補正をしようとするものでございます。

 特別損失のその他特別損失は、雨水処理維持管理等負担金返還金といたしまして434万円の増額補正をしようとするものでございます。

 予備費は、不用となる200万円の減額を計上いたしております。

 18ページをお開きいただきたいと存じます。

 資本的支出の管渠整備費は、人事院勧告実施に伴う人件費の増額のほか、不用となる補償費の減額により75万9000円の減額補正をしようとするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第16号平成27年度四條畷市下水道事業会計補正予算(第2号)の内容説明とさせていただきます。何とぞよろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 内容の説明は終わりました。

 これら2議案の質疑以降の議事運営につきましては議案ごとに行います。

 それでは、議案第15号平成27年度四條畷市水道事業会計補正予算(第2号)について質疑を行います。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第15号平成27年度四條畷市水道事業会計補正予算(第2号)は、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。

 次に、議案第16号平成27年度四條畷市下水道事業会計補正予算(第2号)について質疑を行います。質疑のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、質疑は以上で終結いたします。

 ここでお諮りいたします。本案につきましては常任委員会の付託は省略いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案につきましては常任委員会の付託は省略いたします。

 これより自由討議を行います。発言のある方はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、自由討議は以上で終結いたします。

 これより討論を行います。討論のある方どうぞ。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ないようでございますので、討論は以上で終結いたします。

 これより採決を行います。お諮りいたします。議案第16号平成27年度四條畷市下水道事業会計補正予算(第2号)は、これを原案のとおり可決することにご異議ございませんか。



◆※(全員) 異議なし。



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本案はこれを原案のとおり可決いたしました。



○瓜生照代議長 ここで次の日程に入りますまでに市長から平成28年度の市政運営方針を述べたいとの申し出がありますので、これをお受けいたしたいと存じます。市長どうぞ。



◎土井一憲市長 初めに、貴重なお時間の中、私に発言の機会をいただき、厚くお礼を申し上げます。

 本日ご招集申し上げました平成28年第1回四條畷市議会定例会の開会に当たりまして、諸議案のご審議を前に、私の市政運営に際しての基本的な方針及び平成28年度各会計当初予算案並びに予算案の基礎となる第6次四條畷市総合計画分野ごとの主要な施策、事業等の概要をお示しし、議員各位、そして市民皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 私は、さかのぼること平成25年1月に市長の任をあずかり、地域全体になお一層の活力を育むに向けて、変容著しい社会経済情勢や国の制度改正、あるいは基礎自治体にまつわる問題を適宜、的確に受けとめ、かつ、その対処を速やかに講じつつ、当初に掲げた都市の未来像「自然と文化の調べに乗せて 喜び ときめき 安らぎが微笑むまち 四條畷」の実現に邁進すべく、市民皆様の安心、安全な暮らしと心温まる福祉の浸透を主軸に掲げ、さまざまな角度、あらゆる方面からの施策を繰り出してまいりました。

 これらの経過を大切に、また、ふるさとを思う初心へ立ち返り、平成28年度は、私が有する限られた時間に注視しながらも、始まりから高い到達点に臨むのではなく、行く末までを細分化し、小さな達成を積み重ね、終わりには本来の成果に近づける、言わばスモール・ステップ概念を胸に、以降のまちづくりを堅実、清廉に組み上げていく所存でございます。

 さて、我が国の実態を見つめると、経済政策の推進により景気が上向いてはきましたが、近未来に続く発展をめざすには、従前から危惧され、解決が急務な課題として最上位につく超少子高齢・人口減少社会への対応が不可欠であります。

 政府においては、この現況下に向き合い、改善へ歩むすべに、一億総活躍社会の実現を標記し、地方創生、国土強靭化、女性の活躍等から効果を呼び込む新たな制度をつくるとされています。こういった動きに鑑み、大阪府では、首都圏一極集中を打開し、関西圏の中核として、国際化をまとう都市としての魅力創出へ種々の策を可視化される過程にございます。

 本市におきましても、当然に国や大阪府の方針、方向性を滞りなく掌握し、時宜を得た対処とともに、行政の継続性にかなう財政出動に努めることで、明日に夢と希望を抱くべく行程を確立するとしております。

 その上で、さきに申し上げた概念に基づく履行を礎石に、四條畷こそが持つ顕在、潜在問わずの才を用い、まちづくりの指針と定める総合計画を5次から6次へ円滑に結び合わせ、さらに、推進体制の築きと具体な取り組みの体現化により未来をひらく環境を整え、もって主体性、独創性、先駆性が並ぶ市政を、自然と歴史をいつくしむ旋律を奏でるがごとく市民皆様の五感に送り届けてまいります。

 それでは、第6次総合計画の分野ごと、主要な施策、事業等を順に申し上げます。

 まず、自然環境の保全を図り、快適な暮らしを実現する基盤づくりに関してでございます。

 自然保護活動に地域振興を重ね、にぎわいを呼び寄せる花屏風植樹計画につきましては、木々のたくましい育ちのように、市外にも及ぶ認知度の高まりを願い、桜や紅葉になぞり、参加いただいた方々の笑みが絶えない内容へとより色づけします。

 本年3月に暫定オープンを迎える総合公園につきましては、人工芝運動場を拠点に、スポーツ振興と健康づくりの輪を広げながら、生涯学習、文化活動、災害対策に資す施設へと段階的に整備します。

 市内公園につきましては、市民皆様が親しみを感じ利用できる施設をとの趣旨を掲げ、公園施設長寿命化計画に盛り込んだ向二児童遊園、岡山児童遊園及び開発40号公園の遊具を整備、更新します。

 準幹線道路及び生活道路につきましては、道路構造物、橋梁等の改善とともに、安全を導き出すグリーンベルトの施工を開始し、維持管理では、全ての職員が外出時に確認した補修が必要な個所を担当部に連絡し、担当部がその実態を見極め、一定の対応が必要となればシルバー人材センターへ作業を依頼する、なわて安心・安全レポートを立ち上げ、早期の発見と迅速な措置に、協働と高齢者の就労をつけ加えての枠組みを構築します。

 生活環境の保全につきましては、市民皆様が穏やかに暮らせる空間づくりをめざし、ごみの安定収集やあらゆる方法に委ねたごみ減量化の促進、本格的な空き家対策に講じるための実態調査のとりかかり、あわせて、今後の方針を示し、展開をもうたう環境基本計画の改訂など、現状に浮かぶ整理、懸案事項の解消へ歩みを連ねます。

 新ごみ処理施設の整備につきましては、平成29年度の稼働を時間軸に設定の上、地域住民方々の理解を最優先に、各種工事が円滑に進むに向けて、交野市及び清掃施設組合との連携を一層深めます。

 エネルギー施策では、平成26年度から始動いたしました分散型インフラ整備の理念を引き継ぎつつ、公共施設が電力小売事業自由化に乗り、生み出した財源を生かし、住宅用太陽光発電システム設置補助等を継続するほか、災害時に行政が果たす機能を保つべく、施設ごとのエネルギー利用を順次最適化します。

 水道事業につきましては、大阪広域水道企業団との統合が平成29年度からスタートできるよう、先般、締結いたしました企業団との基本協定に示す事項を遵守しながら、残された課題の解決に努力を注ぎます。重ねて、水の安心、安定的な供給を主眼に、主要配水管の耐震化、各施設計装設備の更新及び指定避難所災害対策給水栓の設置等を適宜図ります。

 下水道事業におきましては、田原地区内国道163号に圧送管を計画に即し布設する一方、浸水対策に効果を発揮する下水道管のしゅんせつに取り組むなど、排水能力向上から都市基盤の充実へと結びます。

 次に、にぎわいと魅力を創造し、まちを元気にする活力づくりに関しましては、これまでの地域、行政の歩みと励みにより、協働のまちづくり指針の修正を加えながら、本市の実情に見合う形態を追求すべく、田原地域まちづくり協議会の取り組みを詳細に検証します。

 男女共同参画につきましては、平成18年の条例制定からの実績と課題、あるいは市民ニーズの推移を把握の上、実効性を重視する、なわてあじさいプランの改訂を行うと同時に、広げよう!活躍の場女性が集うまちづくり委員会からの提言を経て、地域を牽引する人材づくりを趣意に、連続講座を開催します。

 地域経済の活性化につきましては、産業振興基本条例を理念に、市商工会、事業者、関係機関、住民等、各主体連携のもと、地元産業の底上げとまちの盛り上がりを実現化します。具体には、新規の事業者が役立つ創業支援事業計画の策定、本市の特性から探る独自ブランドの開発、観光フォーラム、歴史シンポジウムの挙行、飯盛山ハイキングマップの作成、郵便番号575に関連づけた俳句事業の繰り出しなどを羅列し、全体に行き渡るにぎわいを演出します。

 まちのイメージアップをめざす取り組みでは、幅広く選択肢を持つ戦略が必要との観点から、第一に、大阪電気通信大学の協力を受け、知的資産を活用し、本市の歴史を取り上げたアプリケーションの開発を進めるに加え、住みよい地域、温かみで包む環境、他と違う施策を題材に用いたプロモーション・ビデオを段階的に作製します。

 農業振興からは、地方創生加速化交付金の獲得を前提に、学校給食センター敷地内の空間を利用し、地産地消はもとより、従事者育成、就労支援、新産業創出をも期待する砂栽培に挑みます。

 また、市民皆様に農地の重要性や多機能性を認識いただく一つとして、災害時に緊急資材置場等に使用できる防災協力農地登録制度を設けます。

 交通政策につきましては、利用者ニーズを初め、利便性、快適性、公平性の視点に、民間バスとの役割分担、相互補完を交え、コミュニティバスの運行内容を検証しながら次期のルート設定に生かし、本市唯一の鉄道駅、JR忍ケ丘駅においては、よりすぐれたアクセスとネットワークをとの意図から、民間バス乗入れの交渉経過を踏まえ、西側ロータリーを改修します。

 都市計画の進展に向けては、第6次総合計画の面的整備部分を担うマスタープランを以降のまちづくりに照らし合わせて改訂し、個別には、砂地区の市街化区域編入を機にイオンモール四條畷ショッピングセンターとの歩調をなおも固め、当該周辺の環境を多彩な都市機能を持つ魅力にあふれる市街地へと形成します。

 わかりやすく、住みやすくを満たす住居表示につきましては、大字中野地区からの要望に鑑み、近隣地区との協議、調整を交わしながら、実施に続く行程に丁寧を重ねます。

 続いて、地域が潤い、安らぎ、生きがいに包まれる環境づくりに関しましては、子どもプロジェクト、生きがいプロジェクト等の経過を基礎に、実践から浸透へと転じさせる決意で臨みます。私が最も推進すべく子どもの福祉につきましては、子ども基本条例の理念、子ども子育て支援事業計画の方針を揺るがずの幹として、種々の施策、事業をその枝葉のように伸ばしていきます。

 順に、平成29年度に完結を見る忍ケ丘保育所及び四條畷あおぞら幼稚園を環境とした幼保連携型認定こども園につきましては、既存施設の改修工事と並行し、本市の特色なくして効果など持ち得ないとの思考から、教育保育課程並びにアクションプランを早期に取りまとめ、既存事業に乗せての具体策を創発します。

 低年齢児に集中する保育所待機児童の解消に際しましては、これまでの弾力対応に託すだけでなく、施設の状況に応じた年齢別利用定員の適正化を検討します。

 子育て支援につきましては、新たな施設と公立保育所、幼稚園をその場所に、子育て相談、親子教室、子育てぽけっと、親子に寄り添うプログラムなどを介して、健全な子育て、子育ちへとつなぎます。また、親子の相互交流から生む子どもたちの発育を応援するため、西部地区内につどいの広場を開設します。

 児童発達支援センターでの取り組みといたしましては、受け入れ定員の増と対象年齢の引き下げを行い、さらに、相談、訪問、支援を体系化し、子どもたち個々の課題に向き合い、その解決を引き寄せるとともに、施設を共有する子育て総合支援センターとの綿密な連携より双方に効果的な事業を立ち上げます。

 ひとり親家庭等への支援につきましては、相談事業の質を高めることとあわせ、児童扶養手当受給者方々からの意見等を反映し、高等職業訓練促進給付金事業の対象資格を追加し、就労先の選択肢を広げます。

 その他、楽しむの枠を超え、子育て、子育ちのさまざまな情報が行き交う場を設けたく、関連団体と創作、加飾する、こども祭りを開催します。

 高齢者の福祉につきましては、ふれあいサロンの普及や支え合い体制づくりの促進に加え、幅広い年齢層を対象とした認知症サポーターの養成を軸としながら、医療、介護予防、生活支援が調和のもと、住みなれた地域で自分らしく暮らせる地域包括ケアシステムの構築をめざします。

 障がい者の福祉につきましては、当事者の実情や願いを受けとめ、現状の施策等に反映していく姿勢を堅持しつつ、障害者差別解消法に明記される不当な取り扱いの禁止や合理的配慮を求め、市民皆様への周知啓発並びに職員対応要領に基づく行動を通じ、市域全体に行き届く意識醸成を確立します。

 保健、医療につきましては、疾病の早期発見、早期治療に傾注し、肺がん個別検診の導入など、各種検診体制の拡充を進めていくほか、食育から促す健康づくりの広がりには、親子を対象とした、なわてすこやか子育てチャレンジや地産地消の要素を付す事業の定着、発展から見出します。

 国民健康保険につきましては、被保険者個々の特性やニーズに応じ、効果的な保険事業の展開を組み入れたデータヘルス計画に従い、生活習慣病の予防を旨とする特定健康診査、特定保健指導に取り組み、あわせて、人間ドック、脳ドックの助成を継続します。

 第6次総合計画の推進を支える人権行政につきましては、平成28年度を初年度とした人権行政基本方針に示す個別の事項を誠実に遂行しながら、市役所から発する人権尊重のまちづくりをより強固にします。

 防災につきましては、自助の重要性に留意し、木造住宅耐震補助制度の普及や自主防災組織、消防団への支援とあわせ、地域の防災力につなぐ地域版防災マップ作成を補助する一方、南海トラフ巨大地震を初めとした災害時の被害想定を踏まえ、救援物資の見直しとその確保を開始します。

 防犯につきましては、犯罪の未然防止と治安の向上を主たる方針に位置づけ、現状の地域主導による防犯カメラ設置補助事業に、小学校区通学路に複数台のカメラを能動的に装備していく計画を上乗せします。

 消費に関しましては、安心に見守られた環境こそ必須との認識に立ち、消費生活センターを拠点に、他機関との連携や相談機能の強化、そして、地域や学校に出向く出前講座等を通じた教育活動を実践します。

 生活困窮者自立支援につきましては、関係機関との相談ネットワーク体制を基盤に、段階を踏み就労へつなげる就労準備支援事業の実施をもって、従来の就労支援では結果が導き出せない方への対応を系統化します。

 かわって、学び、文化、スポーツから働きかける夢づくりに関しましては、地域の将来像から教育のあり方を俯瞰し、学校、家庭、地域協働で築く仕組みまでをあらわす教育振興ビジョンを基盤に、他施策と関連づけながら、未来を託す子どもたちの笑顔と活気に満ちる地域の情景を今以上に可視化させていきます。

 始まりに、学校教育につきましては、学力向上3カ年計画における成果や課題の検証と学校現場を中心とした実践を通じ、市全体のレベル向上を図りつつ、教育施策のさらなる深化をめざします。

 具体的には、子どもが主体的、協働的に学ぶアクティブ・ラーニングやユニバーサル・デザインを取り入れた授業の推進、ICT機器活用による情報リテラシーの育成と多様で効果的な授業づくり、公共施設から学校へ拠点を移し、興味、関心の高まりを呼ぶ学習プログラムで迎える土曜日フォローアップ教室の試行実施、小学生が早い段階から英語になれ親しむフォニックスの全校導入、貧困、不登校、いじめに向き合うスクール・カウンセラー等の新規配置など、多岐の取り組みを展開します。

 確かな学びを支える教育環境では、少子化に伴う学校規模適正化に加え、校舎老朽化への対応、さらに、次代のまちづくりに魅力を備えていくため、子どもたちの健やかな成長につながる方策を盛り込んだ整備計画を着実に遂行します。

 学校給食センターにつきましては、厨房機器の改修やガス・コージェネレーション設備の導入、太陽光パネルの設置といった整備を土台に、安心でおいしい給食を常に提供するとともに、地産地消を主題に新たな給食メニューを開発し、献立化へと結びつけます。

 市民方々が自発的に行う文化活動につきましては、あらゆる機会の中で後押しし、また、市立公民館の機能を強化するにより、市域全体に文化の輪を広げられればとの思いを込めて、公民館振興計画を改めて策定します。

 市立図書館につきましては、第2次子ども読書活動推進計画に準拠して、子どもたちが日常的に学校図書館を利用し、本を読む楽しさや喜びを知る学校、市立図書館連携の運営を試行から本格へと段階的に移行します。

 スポーツ振興につきましては、関係団体と対をなし、市民方々の健康増進や生きがいづくりにも寄与する各種イベントを実施していくほか、重要な拠点とする市民総合体育館においては、空調照明設備の改修を行い、利用者方々が安全、快適に、そして、地域に密着した活動の一助を担います。

 飯盛城跡の国史跡指定につきましては、平成33年度をそのときと定め、大東市と取り組む専門委員会の審議内容を受けとめながら、城の構造を明かす石垣及び郭の現地調査並びに三好長慶に関する文献調査を進めます。

 国内友好都市紀北町並びに国際友好都市ドイツ・メアブッシュ市との交流につきましては、行政間交流の歩み出しを経て、市民、団体間の結びつきへ広がるよう、側面からの支援を継続します。また、本年4月にメアブッシュ市からの訪問団を招く中で、両市民が主体的に進める交流を相互に確認し、後の仕掛けなどを共有します。

 文字の習得だけでなく、人権、国際、福祉を含めた立体的見地で考察が必要な識字施策につきましては、現基本計画の満了に伴う見直しとあわせ、庁内統一の基準に沿う公用文書の作成などを進めることで、誰もが住みよいと感じる環境を形にします。

 終わりに、確かな未来を築く行財政運営に向けた体制づくりについてでございます。

 創造から実践に転じる第6次総合計画並びに短期的地域活性化プログラムに位置づけた総合戦略につきましては、政策、地域、主体間の連携を総動員し、自律的観点から導く取り組みや従前に見ない広域的方策を擁しながら、双方に示す施策等の展開と進捗管理、さらに、多様な方々の知見をもって、2050年に写し出すまちへ、その第一歩を踏み出します。

 行財政基盤の充実、強化に際しましては、基礎自治体の責務を全うすべく、新地方公会計の導入及び行財政改革後期プランの更新を背景に、これまでに積み重ねた経過の承継と伸展により、中長期的な安定経営に万全を期します。

 財源の確保に欠かせない市税につきましては、大規模商業施設出店に伴う一定の税収増を生かすは言うまでもなく、社会保障・税番号制度の適正な運用を前提とする課税客体の捕捉並びに未収入額の縮減を推し進め、公平性と透明性を担保した賦課と徴収に努めます。

 これらとともに、以降に予定されている個人番号カードの多目的利用を見据え、情報収集と普及啓発を適宜に当たり、日々の窓口対応においては、市民皆様が利便性を享受いただくため、全庁的な体制を完備します。

 歳入の獲得に留まらず、本市の魅力発信、産業振興を趣旨とする、ふるさと納税制度につきましては、殊に、申請件数の増加に重点を置き、本年1月に改訂、拡充を行った寄附車へのお礼品数々を前面に押し出し、従来に増す広報活動及びそれに伝う啓発事業を展開します。

 更新時期が確実に近づく公共施設等の対策として、昨年度から引き続き取り組む総合管理計画の策定につきましては、多くの方々の理解をつけ加えるに向けて、現状分析や維持更新の試算結果を材料に、市民方々とのワークショップを複数回開催します。

 住民自治醸成の策として継続開催に当たる、広げよう地域の輪 市長を囲むまちづくり座談会につきましては、これまでの事績を地点に、次へ果たす発展と効果を求め、対象を地域から市内活動団体に移し、全般的な行政課題に収まらない専門分野での意見交換を通じて、市民皆様が身近に感じる行政を織りなします。

 行政運営の最前線に立つ職員に対しましては、福祉、医療、環境を初め、地域が抱える実情に寄り添い、即座の判断と行動が必要との意図から、これまでの研修等を介した育成に頼らず、さまざまな機会を捉え、読み解き、書き記し、組み立てるの力を養成するとともに、女性活躍推進法の趣旨に基づく特定事業主行動計画に記した方策や健康管理の一環とするストレスチェックを導入します。

 電算関連施策につきましては、職員のセキュリティ意識向上及び情報漏えいの防止を最重要事項と定め、先般、改訂いたしましたセキュリティポリシーに沿い、端末の徹底管理、庁内回線の完全分離、課内相互点検の定期実施など、システムを取り巻く環境と体制の整備に全力を尽くします。

 一転、地域情報化に際しては、災害に強い電子自治体の実現をも視野に入れ、市民方々が集う市内両図書館、総合体育館に公衆無線LANを配備します。

 以上、平成28年度の成果を委ねた主要な施策、事業等につきまして申し述べさせていただきました。これらを中心にまとまりを見た各会計の予算額といたしましては、一般会計で199億1596万1000円、国民健康保険特別会計で82億7617万3000円、後期高齢者医療特別会計で6億3186万3000円、土地取得特別会計で5680万5000円、水道事業会計で20億1199万7000円、下水道事業会計で38億3250万8000円、各会計の総額は347億2530万7000円となっております。

 本予算につきましては、新たな総合計画の初年度にふさわしく、市民皆様に行き渡る幸せと輝きを放つ未来への地盤を築き、次代に夢と希望で満たすまちづくりをつなぐに向けて、歳出全般に及ぶ事細かな再点検と、それにより生まれた原資、発想を可能な限りに生かし、取り入れた次第でございます。

 また、責任ある自治の確立をめざし、新地方公会計制度に基づく編成に移行する過渡期としながらも、中長期的な経営戦略に続く枠組みへ深化させております。

 市長就任から3年余りが経過し、平成28年度を直視すれば、当然に、私が思いを募らせるまちづくり全体の輪郭が浮かび上がります。これまでの間、市民方々との対話を尽くし、迷わずに進めてきた市政は、大地にまいた種が芽吹き、さらに根が一面に張りめぐり、そして、今まさに美しき花を咲かせるにあとわずかと捉えております。

 幕末に発展へと導く思想を説いた政治家木戸孝允は、知の結集こそ大事達成の支えとの意向を、「人の功を取って我が拙を捨て、人の長を取って我が短を補う」としたためられています。これを本市の平成28年度に重ね合わせると、現状を是とせず、より高みに到達すべく、数ある多彩な素材、とりわけ人的資源をもって最良の方策をとの答えが返ってまいります。

 胸に響くその意図するところに沿い、ここに改めて、私と事をなし接いでいく職員、絶えず真摯な議論が交わせる議員、住民自治のかなめを担う市民、おのおのの知を集め、補うにより、大きな力を生み育てながら、明日への道筋を描き、次には、かぐわしさ伴う四條畷らしい朗らかな華を地域の隅々にまで咲き誇らせていく旨お誓い申し上げます。

 結びに、議員各位並びに市民皆様におかれましては、市政運営に臨む基本姿勢と5つの基本視点に即する主要な施策、事業等及びこれらを含む各会計当初予算案に何とぞご賛同賜り、より一層のご支援、ご協力を心からお願い申し上げまして、私の平成28年度市政運営方針とさせていただきます。

 長時間のご清聴、まことにありがとうございました。



○瓜生照代議長 市長の市政運営方針は終わりました。



○瓜生照代議長 ここで平成28年度市政運営方針の配付のため暫時休憩いたします。時に午後1時46分



○瓜生照代議長 休憩を閉じまして会議を再開いたします。時に午後1時47分



○瓜生照代議長 それでは次に日程第23議案第17号平成28年度四條畷市一般会計予算、日程第24議案第18号平成28年度四條畷市国民健康保険特別会計予算、日程第25議案第19号平成28年度四條畷市後期高齢者医療特別会計予算、日程第26議案第20号平成28年度四條畷市土地取得特別会計予算、日程第27議案第21号平成28年度四條畷市水道事業会計予算及び日程第28議案第22号平成28年度四條畷市下水道事業会計予算の6議案を一括上程し議題といたします。

 議案の朗読は省略いたします。

 また、それぞれの提案理由の説明につきましても、先ほど市政運営方針をお受けいたしましたので省略いたします。

 それでは内容の説明を順次求めることにいたします。総務部長。



◎田中俊行総務部長 議案第17号平成28年度四條畷市一般会計予算及び議案第20号平成28年度四條畷市土地取得特別会計予算につきまして、内容のご説明を申し上げます。

 初めに、議案第17号平成28年度四條畷市一般会計予算の内容につきましてご説明申し上げますので、平成28年度一般会計予算及び予算に関する説明書の1ページをごらんいただきたいと存じます。

 第1条は、一般会計予算の総額を199億1596万1000円に、また、その内訳として、9ページ以下に記載している歳入歳出予算事項別明細書のとおり定めようとするものでございます。

 第2条は債務負担行為を、第3条は地方債の起債の目的、限度額等を、第4条は一時借入金の最高額を前年度と同額の40億円に、第5条は歳出予算の各項に計上した給料、職員手当等及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足が生じた場合に同一款内での流用を認めていただきたく定めるものでございます。

 次に、第2条の債務負担行為につきましてご説明いたしますので、6ページをごらんいただきたいと存じます。

 第2表におきまして、広報誌作成の委託に係る経費として平成29年度から平成33年度までの期間において6888万5000円を限度額に、保育所等調理業務の委託に係る経費として平成29年度から平成31年度までの期間において8112万8000円を限度額に、粗大ごみ受付業務(有料化に伴う申し込み増加分)の委託に係る経費として平成29年度までの期間において872万3000円を限度額に、教育環境整備(中学校)に係る経費として平成28年度から平成30年度までの期間において21億8530万7000円(税抜き)に21億8530万7000円(税抜き)に係る消費税及び地方消費税相当額を加えた額を限度額として、それぞれに債務負担行為を設定いたしております。

 次に、第3条の地方債につきましてご説明いたしますので、7ページをごらんいただきたいと存じます。

 第3表におきまして、地方債の限度額は、民生債の350万円、土木債の1億6260万円、教育債の1億8960万円、臨時財政対策債の7億1500万円、総計として10億7070万円と定めております。

 続きまして、議案第20号平成28年度四條畷市土地取得特別会計予算の内容につきましてご説明申し上げますので、平成28年度特別会計予算及び予算に関する説明書の75ページをごらんいただきたいと存じます。

 第1条は、土地取得特別会計予算の総額を5680万5000円に、その内訳として、79ページ以下に記載している歳入歳出予算事項別明細書のとおり定めようとするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第17号平成28年度四條畷市一般会計予算及び議案第20号平成28年度四條畷市土地取得特別会計予算の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上ご可決いただきますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 健康・保険担当部長。



◎高津和憲健康・保険担当部長兼保健センター所長 議案第18号平成28年度四條畷市国民健康保険特別会計予算及び議案第19号平成28年度四條畷市後期高齢者医療特別会計予算の内容説明を順次申し上げます。

 まず、議案第18号平成28年度四條畷市国民健康保険特別会計予算の内容説明を申し上げます。特別会計予算書の3ページをお開きいただきたいと存じます。

 第1条では、歳入歳出予算の総額を82億7617万3000円と定め、その内容につきましては、9ページ以降の歳入歳出予算事項別明細書のとおり定めようとするものでございます。

 第2条では、一時借入金の最高額を5億円と定めようとするものでございます。

 第3条では、保険給付費の各項に計上した経費に係る予算額に過不足が生じた場合に、その款内において流用することができる旨を規定するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第18号平成28年度四條畷市国民健康保険特別会計予算の内容説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第19号平成28年度四條畷市後期高齢者医療特別会計予算の内容説明を申し上げます。特別会計予算書の51ページをお開きいただきたいと存じます。

 第1条では、歳入歳出予算の総額を6億3186万3000円と定め、その内容につきましては、55ページ以降の歳入歳出予算事項別明細書のとおり定めようとするものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第19号平成28年度四條畷市後期高齢者医療特別会計予算の内容説明とさせていただきます。

 以上2議案につきましてよろしくご審議賜りご可決いただきますようよろしくお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 上下水道局長。



◎北田秀上下水道局長 議案第21号平成28年度四條畷市水道事業会計予算及び議案第22号平成28年度四條畷市下水道事業会計予算の内容につきましてご説明いたします。

 最初に、議案第21号平成28年度四條畷市水道事業会計予算の内容につきましてご説明申し上げます。恐れ入ります、予算書の3ページをお開きいただきたいと存じます。

 第2条で業務の予定量を定めております。1号では、年度末給水戸数を2万4200戸に、2号では、年間総給水量を603万立方メートルに、3号では、一日平均給水量を1万6521立方メートルに、4号では、主要な建設改良事業として長期安定化整備事業の平成28年度予算額を2億8061万円にそれぞれ定めるものでございます。

 次に、第3条の収益的収入及び支出の予定額でございますが、収入の第1款水道事業収益は13億5618万9000円といたしております。支出の第1款水道事業費用は12億9450万9000円といたしております。この結果、収支といたしましては、予算ベースでは6168万円の純利益、税抜き決算ベースでは4755万6000円の純利益となる予定でございます。

 第4条の資本的収入及び支出でございますが、収入の第1款資本的収入は1億6526万円、支出の第1款資本的支出は7億1748万8000円をそれぞれ計上いたしております。この結果、収支の不足額は5億5222万8000円となり、第4条の括弧書きのとおり、その不足額は過年度分損益勘定留保資金等で補てんすることといたしております。

 4ページをお開きいただきたいと存じます。

 第5条では、企業債であります長期安定化整備事業債の起債限度額を1億5400万円とし、その借り入れ条件等を定めるものでございます。

 第6条では、予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合を、営業費用、営業外費用、特別損失との間に定めるものでございます。

 第7条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費を職員給与費及び交際費と定めるものでございます。

 第8条では、耐震貯水槽の維持管理及び児童手当の給付に係る一般会計からの補助金を237万3000円と定めるものでございます。

 第9条では、事業の運営に必要な棚卸資産の購入限度額を678万円と定めるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第21号平成28年度四條畷市水道事業会計予算の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、議案第22号平成28年度四條畷市下水道事業会計予算の内容につきましてご説明申し上げます。恐れ入ります、予算書の49ページをお開きいただきたいと存じます。

 第2条で業務の予定量を定めております。1号では、整備済区域内人口を5万6300人に、2号では、年間有収水量を534万5000立方メートルに、3号では、田原処理場年間汚水処理水量を93万立方メートルに、4号では、主要な建設改良事業として管渠整備費の平成28年度予算額を2億824万7000円に、ポンプ場整備費を2400万円に、流域下水道建設負担金を8661万3000円に、それぞれ定めるものでございます。

 次に、第3条の収益的収入及び支出の予定額でございますが、収入の第1款下水道事業収益は19億6093万9000円といたしております。支出の第1款下水道事業費用は18億6664万1000円といたしております。この結果、収支といたしましては、予算ベースでは9429万8000円の純利益、税抜き決算ベースでは8661万7000円の純利益となる予定でございます。

 第4条の資本的収入及び支出でございますが、収入の第1款資本的収入は12億8251万8000円、次にめくっていただきまして50ページの支出の第1款資本的支出は19億6586万7000円をそれぞれ計上いたしております。この結果、収支の不足額は6億8334万9000円となり、49ページの第4条の括弧書きのとおり、その不足額は、当年度分損益勘定留保資金等で補てんすることといたしております。

 恐れ入ります、50ページをお開きいただきたいと存じます。

 第5条では、債務負担行為として、四條畷市水洗便所改造資金融資あっせんに基づく金融機関に対する損失補償についての債務負担行為を定めております。

 第6条では、企業債であります公共下水道整備事業債、流域下水道整備事業債、資本費平準化債の起債限度額及びその借り入れ条件等を定めるものでございます。

 第7条では、一時借入金の限度額を12億円に定めるものでございます。

 第8条では、予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合を、営業費用、営業外費用、特別損失との間に定めるものでございます。

 第9条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費を職員給与費と定めるものでございます。

 第10条では、汚水企業債利息償還金補助金など一般会計からの補助金を受ける金額を2億5376万1000円と定めるものでございます。

 第11条では、繰越利益剰余金、当年度分利益剰余金のうち減債積立金へ処分する額を8108万3000円と定めるものでございます。

 第12条では、事業の運営に必要な棚卸資産の購入限度額を51万9000円と定めるものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第22号平成28年度四條畷市下水道事業会計予算の内容説明とさせていただきます。よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願い申し上げます。



○瓜生照代議長 以上で内容の説明は終わりました。

 ただいま内容の説明をお受けいたしましたが、これら6議案に対する質疑につきましてはこれを留保いたします。



○瓜生照代議長 次に、日程第29議員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。議員派遣の件は、机上に配付いたしておりますとおり派遣することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本件は机上に配付いたしておりますとおり派遣することに決定いたしました。



○瓜生照代議長 ここでお諮りいたします。本日の会議はこの程度にとどめ延会いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○瓜生照代議長 ご異議なしと認めます。よって本日はこれにて延会いたします。

 なお、次の会議は3月8日午前10時から再開いたしますので、ご承知おきくださいますようお願いいたします。

 慎重なるご審議を賜り、かつ議事運営にご協力いただきましてまことにありがとうございました。お疲れさまでございました。時に午後2時06分

 上記会議の顛末を記載し、その相違なきことを証するためここに署名する。

  平成28年2月23日

                  四條畷市議会議長   瓜生照代

                    同   議員   長畑浩則

                    同   議員   森本 勉