議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 東大阪市

平成18年12月第 4回定例会−12月26日-09号




平成18年12月第 4回定例会

             ┌───────────────────┐
             │                   │
             │                   │
             │ 会  議  録  第  8  号  │
             │                   │
             │       12月25日       │
             │                   │
             └───────────────────┘

                 議 事 日 程 (第5号)

                               平成18年12月25日(月曜日)
                               午前10時開議

日程第1
 会期延長の件
                                     以 上
  ───────────────────────────────────────────────
                  本日の会議に付した事件
      日程第1


                出   席   議   員

 1番  阪  口  克  己  議員       26番  佐  野     寛  議員
 2番  上  原  賢  作  議員       27番  上  野  欽  示  議員
 3番  嶋  倉  久 美 子  議員       28番  東  口  ま ち 子  議員
 4番  河  野  啓  一  議員       29番  川  光  英  士  議員
 5番  鳥  居  善 太 郎  議員       30番  平  田  正  造  議員
 6番  松  尾     武  議員       31番  松  嶋     晃  議員
 7番  広  岡  賀 代 子  議員       32番  鳴  戸  鉄  哉  議員
 8番  江  田  輝  樹  議員       33番  寺  田  広  昭  議員
 9番  新  留  み つ え  議員       34番  橋  本     武  議員
10番  木  村  正  治  議員       35番  藤  木  光  裕  議員
11番  岡     修 一 郎  議員       36番  大  野  一  博  議員
      欠     員                   欠     員
13番  長  岡  嘉  一  議員       38番  飯  田  芳  春  議員
14番  浜     正  幸  議員       39番  浅  川  健  造  議員
15番  冨  山  勝  成  議員       40番  横  山  純  児  議員
16番  天  野  高  夫  議員       41番  石  井  逸  夫  議員
17番  菱  田  英  継  議員       42番  田  中  康  升  議員
18番  山  崎  毅  海  議員       43番  川  口  洋  子  議員
19番  西  田  和  彦  議員       44番  中  川  初  美  議員
20番  江  越  正  一  議員       45番  寺  島  和  幸  議員
21番  笹  谷  勇  介  議員       46番  久  保  武  彦  議員
22番  松  井  保  博  議員       47番  野  田  義  和  議員
23番  田  口  義  明  議員       48番  大  辻  二 三 一  議員
24番  織  田     誠  議員       49番  藤  本  卓  司  議員
25番  松  平     要  議員       50番  叶     冨 士 夫  議員


             説 明 の た め 出 席 し た 者

市長           長 尾 淳 三     収入役職務代理者・副収入役西 口 三 良
理事・経営企画部長    加 藤 一 彦     水道企業管理者      太 田 道 明
理事           南 野 喜 好     上下水道局長       井 上 通 弘
危機管理監        橋 本 春 男     経営企画室長       松 尾 政 昭
行政管理部長       奥 田 繁 守     水道総務部長       野久保   治
財務部長         伊 藤 頼 保     水道施設部長       榎 本   弘
人権文化部長       衣 川 喜 憲     下水道部長        西 川 隆 博
市民生活部長       菊 岡 雅 夫     教育委員会委員      戸 山 隆 明
経済部長         中 塚 金 子     教育長職務代理者・教育次長西 村   保
健康福祉局長       中 野 安 雄     教育次長         金 治 延 幸
福祉部長         橋 本   求     教育監          田 中   正
健康部長         谷 山   均     教育総務部長       山 形 隆 司
環境部長         大 森 一 廣     学校管理部長       貴 治 幸 輔
建設局長         梶 本 芳 司     社会教育部長       藤 田   博
都市整備部長       宮 前 吉 男     選挙管理委員会事務局長  松 下 勝 臣
土木部長         石 田 克 己     監査委員事務局長     柏 山 勝 広
建築部長         細 川 純 一     公平委員会事務局長    河 合 正 人
総合病院事務局長     内 藤 修 一     農業委員会事務局長    佐 田 紀久雄
消防局長         吉 村 公 夫
消防局次長        植 附   孝
消防局次長        植 村 文 雄
  ─────────────────────────────────────────────
             職務のため議場に出席した事務局職員

理事・事務局長      木 村 康 郎     議事調査課主幹      山 口 惠美子
事務局参事        寺 澤 邦 治     議事調査課主幹      望 月 督 司
議事調査課長       菅 納 清 二     議事調査課主幹      田 中 靖 惠
議事調査課主幹      福 味 和 子     事務局主任        太 田 良 一
議事調査課主幹      安 田 広 二     事務局主任        浅 井 隆 司
議事調査課主幹      小 谷 敏 行     事務局主任        村 野 朗 生
議事調査課主幹      山 口 明 彦



        開      議
 平成18年12月26日午後2時1分開議
○野田義和 議長  これより本日の会議を開きます。
 現在の出席議員は47名でありますので会議は成立いたしました。
 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により議長において
     6番  松 尾   武 議員
    44番  中 川 初 美 議員
以上の両議員を指名いたします。
 この際事務局をして諸般の報告をいたさせます。
◎寺澤 事務局参事  御報告いたします。
 まず松平議員はけがのため本日の会議を欠席する旨の届けがありました。
 次に民生保健、建設水道、総務の各委員長から先議に係ります審査結果報告書が提出されておりますので御配付いたしております。
 以上でございます。
○野田義和 議長  本日の議事はお手元に配付いたしております議事日程により進行いたしたいと思いますので御了承を願います。
 これより日程に入ります。
┌────────────────────┐
△日程第1 議案第97号東大阪市職員給与条例の一部を改正する条例制定の件以下4案件
└────────────────────┘
○野田義和 議長  日程第1、議案第97号東大阪市職員給与条例の一部を改正する条例制定の件以下議案第130号大阪府後期高齢者医療広域連合設置の件までの4案件を一括して議題といたします。
 民生保健、建設水道、総務常任委員長からの各関係議案の審査結果の委員長報告につきましては、お手元に配付いたしております審査結果報告書をもってかえさせていただきます。
 これより討論に入ります。
 通告がありますので順次発言を許します。
 まず39番浅川健造議員に発言を許します。39番。
◆39番(浅川健造議員) (登壇)議長の許可をいただきましたので私は自由民主党市政刷新クラブを代表いたしまして、今議会に上程されました議案第97号、議案第98号並びに議案101号に反対することを表明し、その簡潔なる説明を申し上げます。
 ことしの第3回定例会で議会議案として議決いたしました職員給与条例のうち特殊勤務手当を廃止するものでありましたが、地方自治法16条により公布すべきものを執行せず、また再議もせず、議会の議決を全く無視し、地方自治法で定めた手続をも一切行わず、これが長尾市長の独裁政治の始まりと断ぜざるを得ません。議会の条例制定、改正権限に対する市長の挑戦と深く受けとめざるを得ない状況であります。東大阪市から議会制民主主義が崩壊することを座して見過ごすわけにはまいりません。長尾市長、あなたは所信表明の中で市政改革の3本柱の1つに市民の目で市政が見えるようにと表明されています。全く反した行為をとられたのであります。また議会が示した条例と今回の復元条例を同時に公布するとしていますが、議会が示した条例を20日を超えて公布すること、このこと自体地方自治法16条違反であります。法違反をみすみす見過ごすわけにはまいりません。きっちりと手続をし条例提案をすべきであります。よって特殊勤務手当関連の3議案に対して反対討論とさせていただきます。御清聴ありがとうございました。
○野田義和 議長  次に49番藤本卓司議員に発言を許します。49番。
◆49番(藤本卓司議員) (登壇)議長の許可をいただきましたので私は東大阪市議会公明党議員団、リベラル東大阪議員団、市議会自民党クラブ、自由民主党東大阪市議会議員団を代表して、議案第97号東大阪市職員給与条例の一部を改正する条例制定の件、議案第98号単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例制定の件及び議案第101号東大阪市上下水道局に勤務する企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例制定の件について意見を申し上げます。
 3議案については、全国でも突出した東大阪市の職員に対する特殊勤務手当の実態が本年10月のNHKの報道で市民に明らかになったことや、以前から議会でも再三指摘し改善を求めてきた経過の中で、第3回定例市議会において異例とも言える、条例に規定する特殊勤務手当を廃止する条例改正案を議員提案で本会議に諮ったものであります。提案理由の説明の中でも述べましたが、手当の種類としては国の人事院規則でも認められている手当が一部あるものの、本市独自で決めた手当が大半であり、当局としてみずから特殊勤務手当の見直しに英断を下し、その改善方を議会として見守ってまいりましたが、遅々として進まない状況を見るとき議会として強い意思表示をしていかなければならないとの思いから、条例から特殊勤務手当の支給にかかわる条項を削除し、整備する条例改正案を上程し、特に施行期日については見直しの猶予期間を考慮した上で平成19年1月1日として提案したのであります。この議会議案は東大阪市議会公明党議員団、リベラル東大阪議員団、市議会自民党クラブ、自由民主党市政刷新クラブ、自由民主党東大阪市議会議員団の賛成多数で可決いたしました。その結果長年できなかった見直しが1カ月未満という驚くべき早さで行われたことは議員各位周知のとおりであります。やればできるではありませんか。我々議会は決して無理を言っているわけではありません。市民に理解してもらえるような特殊勤務手当に見直し、条例化しなさいと言っているわけであります。そのためにも今回の見直しがこれで終わりということではなく、世の中の動き、経済の動向、市民の思いなどその時々の状況に合わせて見直していくことを強く求めておきます。
 また長尾共産党市長には可決した条例を公布しないばかりか再議にもかけない、本定例会まで放置したという市民には非常に不可解な対応になっているということを強く指摘しておかなければなりません。
 なお当局の示した見直し案は決して完全なものであるとは評価しておりませんが、総務委員会の中で行政管理部長の19年3月の第1回定例会には特殊勤務手当条例の提案を職責をかけて行うという強い決意もあり、そのことを信じ期待して3条例案の復元条例に賛成するものであります。
 また議案第130号大阪府後期高齢者医療広域連合設置の件についても、その趣旨、目的が超高齢化社会を展望した新たな医療制度体系の実現の大きな柱の一つとして、急速な高齢化の進展に伴う医療費を公平でわかりやすい制度として発足させること、またこの制度が都道府県単位で全国市町村が加入する広域連合で運営を行い、保険財政運営の基盤の安定化を図ろうとするものであることから当該議案についても賛成するものであります。
 以上で討論を終わります。ありがとうございました。
○野田義和 議長  以上で通告による討論は終わりました。ほかに討論はありませんか。
      (「なし」の声あり)
○野田義和 議長  なしと認めます。これにて討論を終結いたします。
 これより採決を行います。
 まず一括議題のうち議案第97号、議案第98号、議案第101号の3案件についてお諮りいたします。採決の方法は起立をもって行います。3案件は原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。
       (賛成者起立)
○野田義和 議長  起立多数であります。よって3案件は原案のとおり可決することに決しました。
 次に議案第130号についてお諮りいたします。採決の方法は起立をもって行います。本案件は原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。
       (賛成者起立)
○野田義和 議長  起立多数であります。よって本案件は原案のとおり可決することに決しました。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
 お諮りいたします。議事の都合により明27日から平成19年1月14日まで19日間休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○野田義和 議長  御異議なしと認めます。よって明27日から1月14日まで19日間休会することに決しました。次回は平成19年1月15日定刻より再開いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
 平成18年12月26日午後2時13分散会
        散      会