議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 藤井寺市

平成27年  9月 定例会(第3回) 09月02日−01号




平成27年  9月 定例会(第3回) − 09月02日−01号









平成27年  9月 定例会(第3回)



           平成27年第3回定例会

          藤井寺市議会会議録(第1号)

                     平成27年9月2日(水曜日)

                     午前10時開議

◯議事日程(第1号)

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期の決定

  日程第3 議案第57号 訴えの変更について

  日程第4 報告第11号 平成26年度藤井寺市健全化判断比率の報告について

       報告第12号 平成26年度藤井寺市資金不足比率の報告について

       認定第1号 平成26年度藤井寺市一般会計歳入歳出決算認定について

       認定第2号 平成26年度藤井寺市駐車場特別会計歳入歳出決算認定について

       認定第3号 平成26年度藤井寺市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

       認定第4号 平成26年度藤井寺市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について

       認定第5号 平成26年度藤井寺市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について

       認定第6号 平成26年度藤井寺市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について

       認定第7号 平成26年度藤井寺市病院事業会計決算認定について

       認定第8号 平成26年度藤井寺市水道事業会計決算認定について

       議案第53号 藤井寺市個人情報保護条例の一部改正について

       議案第54号 被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理について

       議案第55号 藤井寺市手数料条例の一部改正について

       議案第56号 藤井寺市景観条例の一部改正について

       議案第58号 平成27年度藤井寺市一般会計補正予算(第3号)について

       議案第59号 平成27年度藤井寺市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について

       議案第60号 平成27年度藤井寺市介護保険特別会計補正予算(第1号)について

◯本日の会議に付した事件

  日程第1〜日程第4まで

◯出席議員(14名)

       1番 木下 誇君       2番 瀬川 覚君

       3番 岩口寛治君       4番 西野廣志君

       5番 中路新平君       6番 岡本 光君

       7番 伊藤政一君       8番 片山敬子君

       9番 山本忠司君      10番 畑 謙太朗君

      11番 麻野真吾君      12番 清久 功君

      13番 田中光春君      14番 石田隼人君

◯地方自治法第121条の規定による出席者

        市長            國下和男君

        副市長           松浦信孝君

        教育長           多田 実君

        総務部長          藤田茂行君

        総務部理事         田中祥訓君

        市民生活部長        黒岡博幸君

        市民生活部理事       井上昌弘君

        健康福祉部長兼       清水哲夫君

        福祉事務所長健康福祉部こども育成室長

                      小山起久二君

        都市整備部長        金森俊幸君

        都市整備部理事       藤井 勲君

        病院事務局長        木田茂利君

        水道局長          河野浩志郎君

        教育部長          山植和男君

        教育部理事         丸山 聡君

        選挙管理委員会事務局長併  和田晋司君

        監査委員事務局長併

        公平委員会事務局長併

        固定資産評価審査委員会事務局長

        総務課長          糟谷健司君

◯議会事務局出席者

        事務局長          福田隆秀君

        事務局次長         角田伸夫君

        事務局参事         萬田栄治君

        事務局主事補        森脇香奈君

◯会議録署名議員

       2番 瀬川 覚君     10番 畑 謙太朗君

     午前10時00分 開会



○議長(山本忠司君) 

 おはようございます。ただいまから平成27年藤井寺市議会第3回定例会を開会いたします。

 今期定例会に市長より提出されております案件は、報告案件2件、平成26年度の各会計決算認定8件、条例案件4件、平成27年度の補正予算案3件、訴えの変更案件1件の18議案が提出されております。議案の審議に当たりましては、慎重審議の上、適切なるご決定を賜りますようよろしくお願い申し上げまして開会のご挨拶といたします。

 定例会の開会に当たり、市長より挨拶をお受けすることにいたします。

 國下市長。



◎市長(國下和男君) (登壇)

 開会に当たりまして、ご挨拶を申し上げます。本日ここに平成27年第3回定例市議会の開催をお願いを申し上げたところ、議員各位のご参集をいただき、厚く御礼を申し上げるところでございます。

 本定例会におきまして、ご審議をお願い申し上げます案件は、報告案件2件、平成26年度各会計決算認定8件、条例案件4件、補正予算案3件、訴えの変更案件1件の以上18件でございます。いずれも重要案件でございますので、よろしくご審議の上ご可決賜りますようお願いを申し上げまして、甚だ簡単ですが開会に当たりましての挨拶ということにさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 それではこれより議事に入ります。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。よろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 日程に先立ち諸般の報告をいたします。

 地方自治法第180条第2項の規定に基づく専決処分の報告が1件ございます。ご了承を願います。

 それではまず日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、2番瀬川 覚議員、10番畑 謙太朗議員を指名いたします。よろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に日程第2 会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日より9月25日までの24日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。よって本定例会の会期は、本日より9月25日までの24日間とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第3 議案第57号についてを議題とし、提案理由の説明を求めます。

 藤田総務部長。



◎総務部長(藤田茂行君) (登壇)

 ただいま議題となりました議案第57号訴えの変更について提案理由を説明させていただきます。議案書の28ページをお開き願います。

 (仮称)市立道明寺こども園施設整備工事の受注者であったタット・建設株式会社が提起した同工事請負契約の解除により発生する違約金債務の不存在確認請求事件に対して、本市は、反訴として損害賠償反訴請求事件を提起するため平成27年第1回定例市議会において上程し、議決を得て反訴状を平成27年4月4日に大阪地方裁判所堺支部に提出し、受理されたところでございます。

 本案の訴えの変更につきましては、先の反訴請求の趣旨中の違約金、金6,374万4,300円に加え、同違約金に対する反訴状送違の日の翌日から支払い済みまで年5分の割合による遅延損害金の支払いを求めるため、請求の追加を行うものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第57号の説明とさせていただきます。何とぞよろしくご審議の上ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はございませんか。−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案につきましては、委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。討論はございませんか。−−討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第4 報告第11号、報告第12号、認定第1号から認定第8号まで、並びに議案第53号から議案第56号まで、及び議案第58号から議案第60号までの17議案を一括議題とし、順次提案理由の説明を求めます。

 まず報告第11号、報告第12号並びに議案第53号、議案第54号及び議案第58号の5議案について藤田総務部長。



◎総務部長(藤田茂行君) (登壇)

 ただいま議題となりました報告第11号、報告第12号並びに議案第53号、議案第54号及び議案第58号の5議案につきまして順次ご報告及び説明を申し上げます。

 まず、報告第11号平成26年度藤井寺市健全化判断比率の報告について、及び報告第12号平成26年度藤井寺市資金不足比率の報告について、あわせてご報告申し上げます。議案書は1ページ、2ページでございます。

 1ページでは、平成26年度決算における本市の各健全化判断比率を、2ページでは資金不足比率をそれぞれお示ししております。また、監査委員の審査意見につきましては、別紙で審査意見書が添付されておりますので、ご参照いただきますようお願いいたします。

 それでは、議案書の1ページをお開き願います。まず、実質赤字比率でございます。これは、一般会計及び特別会計のうち、普通会計に相当する会計における実質赤字額の、標準財政規模に対する比率でございます。平成26年度では実質赤字額が発生しておりませんので、比率の算定外となり、バー表示となっております。

 連結実質赤字比率につきましては、市の全会計を対象といたしました実質赤字額、または資金の不足額の、標準財政規模に対する比率でございます。平成26年度では連結での実質赤字額が発生しておりませんので、同じくバー表示となっております。

 実質公債費比率につきましては、市の全会計に加えて一部事務組合や広域連合も対象とした中での、一般会計等が負担する元利償還金及び準元利償還金の標準財政規模に対する比率でございます。平成26年度では3.7%となっております。なお、早期健全化基準は25.0%でございます。将来負担比率は、市の全会計に加えて一部事務組合や広域連合、さらに地方公社や第三セクター等も対象とした中で、一般会計等が将来負担すべき実質的な負債の標準財政規模に対する比率でございます。平成26年度では31.4%となっております。なお、早期健全化基準は、350.0%でございます。

 以上、平成26年度におきましては、いずれの比率も早期健全化基準を下回っているところでございます。

 続きまして、2ページをお願いいたします。資金不足比率は、各公営企業のそれぞれの事業規模に対する資金不足額の比率でございます。平成26年度では、本市で算定の対象となります病院事業会計、水道事業会計、公共下水道事業特別会計のいずれも、資金不足額は発生しておりませんので、バー表示となっております。

 以上、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、ご報告申し上げます。

 続きまして、議案第53号、藤井寺市個人情報保護条例の一部改正につきまして提案理由の説明を申し上げます。議案書は、11ページから16ページ、条例新旧対照表は1ページから14ページでございます。

 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆる番号法が平成25年5月に制定され、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤として、住民票を有する全ての人が、1人1つの個人番号マイナンバーを持つ個人番号制度の運用が開始されることになります。個人番号は、他の個人情報と比べ、強力な個人識別機能を有することから、番号法では、個人番号をその内容に含む特定個人情報について、従来よりもさらに厳格な保護措置を講じることとされており、番号法第31条におきまして、地方公共団体は保有する特定個人情報の適正な取り扱いを確保するために必要な措置を講じることを求めております。本条例案により、この番号法の趣旨を踏まえ、その適正な管理と適切な運用を確保するため、藤井寺市個人情報保護条例を改正しようとするものでございます。

 主な改正点としましては、個人番号、特定個人情報、情報提供等記録などについての定義規定の追加、それら特定個人情報、情報提供等記録の利用、提供制限、開示、訂正、利用停止等について規定を追加するなど番号法と条例の整合を図るとともに、あわせてその他所要の改正を行うものでございます。

 本条例の施行日は公布の日からとするものでございますが、定義規定の追加などの改正規定につきましては、番号法の施行日の平成27年10月5日から、個人番号の利用に関する改正規定につきましては、平成28年1月1日から、また、情報提供ネットワークシステムを使用した情報提供等記録の保存に関する改正規定につきましては、番号法附則第1条第5号の規定の施行日の日からとするものでございます。

 以上、簡単ではございますが、議案第53号の説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第54号、被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理について提案理由をご説明申し上げます。議案書は、17ページから19ページ、条例新旧対照表は、15ページから19ページでございます。

 本案は、被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法等の一部を改正する法律が平成27年10月1日に施行され、地方公務員等共済組合法に規定する共済年金が厚生年金保険法に規定する厚生年金に統一されることに伴い、関係する3条例の改正を行うものでございます。

 1つ目は、職員の退職手当に関する条例で、第3条第2項で規定しております、自己都合による退職等の場合の退職手当の基本額中に引用されている適用条項を地方公務員等共済組合法から厚生年金保険法の適用条項に改めるものでございます。

 2つ目は、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償に関する条例で、附則第5条、他の法令による給付の調整で引用されている、国家公務員共済組合法もしくは地方公務員共済組合法の規定する障害共済年金及び遺族共済年金に関する適用部分を削除し、障害厚生年金及び遺族厚生年金に一元化するものでございます。

 3つ目は、職員の再任用に関する条例で、附則第2条、特定警察職員等への適用期日の適用条項を地方公務員等共済組合法から厚生年金保険法の適用条項に改めるものでございます。

 以上、簡単ではございますが、議案第54号の説明とさせていただきます。

 次に、議案第58号、平成27年度藤井寺市一般会計補正予算(第3号)につきまして、提案理由をご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページをお願いいたします。本補正予算は、第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ4億1,999万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ、239億7,366万1,000円とするものでございます。

 次に、第2条の債務負担行為の補正につきましては4ページをお願いいたします。第2表、債務負担行為の追加といたしまして、川北地区児童送迎用バス運行業務でございますが、本年度中に入札により業者を決定する必要がございますので、限度額を1,582万4,000円として、債務負担行為を設定するものでございます。1ページの第3条の地方債の補正につきましては5ページをお願いいたします。第3表、地方債の変更といたしまして、臨時財政対策債でございます。本年度の発行可能額が決定されましたことから、限度額を3,760万円増額し、10億2,690万円とするものでございます。

 続きまして、歳入歳出予算の事項別明細書に基づきまして、主な事項を歳出からご説明申し上げます。14ページをお願いいたします。

 (款)2.総務費(項)3.戸籍住民基本台帳費(目)1.戸籍住民基本台帳費につきましては、歳出の補正はございませんが、財源の内訳を変更するものでございます。

 (款)3.民生費(項)1.社会福祉費(目)3.障害福祉費の2,994万8,000円の増額につきましては、平成26年度の障害者自立支援給付費等国庫負担金、障害者医療費国庫負担金、特別障害者手当等給付費国庫負担金、自立支援医療(更生医療)府費負担金の精算による返還金でございます。

 (目)9.臨時福祉給付金の3,517万6,000円の増額につきましては、平成26年度の臨時福祉給付金国庫補助金の精算による返還金でございます。(項)2.児童福祉費(目)2.児童措置費の3,588万3,000円の増額につきましては、平成28年4月から小規模保育事業の確保に向けて、民間事業者の施設の改修費用に対する市の支援制度を創設することの補助金として3,300万円と、平成26年度の障害児入所給付費等国庫負担金の精算による返還金として288万3,000円でございます.

 (目)6.子育て世帯臨時特例給付費の422万3,000円の増額につきましては、平成26年度の子育て世帯臨時特例給付金国庫補助金の精算による返還金でございます。

 (項)3生活保護費(目)1.生活保護総務費の2億9,586万7,000円の増額につきましては、平成26年度の生活保護費等国庫負担金、セーフティーネット支援対策等事業費補助金の精算による返還金でございます。

 表記が16ページにまたがりますが、(款)4.衛生費(項)1.保健衛生費(目)2.老人保健事業費の15万2,000円の増額につきましては、平成26年度のがん検診推進事業費補助金の精算による返還金でございます。

 (款)7.土木費(項)1.土木管理費(目)2.環境整備費の898万円の増額につきましては、道路の維持補修にかかる修繕料の増額でございます。

 (項)4.都市計画費(目)4.下排水費の956万6,000円の増額につきましては、水路等の維持補修にかかる修繕料の増額でございます。

 (款)8.消防費(項)1.消防費(目)1常備消防費の19万7,000円の増額につきましては、本年度の高速道路救急業務にかかる金額が決定されたことに伴いまして、現在の委託料の予算額との差額を増額するものでございます。なお、歳入につきましては、同額の支弁金を増額いたします。

 続きまして、歳入につきましてご説明申し上げます。恐れ入りますが10ページをお願いいたします。

 (款)8.地方特例交付金の266万7,000円の減額につきましては、金額の確定によるものでございます。

 (款)9.地方交付税の3,615万3,000円の増額につきましては、地方交付税の確定によるものでございます。

 (款)13.国庫支出金(項)2国庫補助金(目)1.総務費国庫補助金の207万1,000円の増額につきましては、いわゆるマイナンバーカードの交付事務に対する個人番号カード交付事務費等補助金でございます。

 (目)2.民生費国庫補助金の2,933万3,000円の増額につきましては、小規模保育事業の確保に向けた市の支援制度創設に対する保育対策総合支援事業費補助金でございます

 (款)14.府支出金(項)2.府補助金(目)3.衛生費補助金の34万5,000円の増額につきましては、市の健康チャレンジ事業に対する健康づくり推進事業補助金でございます。

 (款)17.繰入金(項)1.基金繰入金(目)1.財政調整基金繰入金の3億381万1,000円の増額につきましては、一般財源所要額として、財政調整基金繰入金を充てるものでございます。

 (款)18.繰越金(項)1.繰越金(目)1.繰越金の533万円の増額につきましては、平成26年度一般会計決算見込みにおける剰余金を平成27年度に引き継ぐものでございます。

 (款)19.諸収入(項)3.雑入(目)2.雑入の19万7,000円の増額につきましては、高速道路救急業務の支弁金でございます。(目)2.過年度収入の781万9,000円の増額につきましては、平成26年度分の国・大阪府支出金の金額が精算で確定したことによりまして、未収入分をそれぞれ受け入れるものでございます。12ページをお願いいたします。

 (款)20.市債の3,760万円の増額につきましては、先ほどご説明いたしました本年度の発行可能額が決定されたことに伴う臨時財政対策債の増額でございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第58号の説明とさせていただきます。

 ただいまご説明申し上げました5議案につきまして、何とぞよろしくご審議の上、ご承認・ご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 次に、認定第1号から認定第6号までの6議案について松浦副市長。



◎副市長(松浦信孝君) (登壇)

 ただいま議題となりました議案の認定第1号から認定第6号までの平成26年度藤井寺市一般会計ほか5特別会計の歳入歳出決算認定につきまして、平成26年度藤井寺市一般会計・特別会計歳入歳出決算書に基づきまして、一括して提案理由とその内容を順次ご説明を申し上げます。

 なお、この決算の認定につきましては、地方自治法第233条第2項の規定に基づきまして、決算及び証書類を監査委員の審査に付した後、同条第3項の規定により監査委員の意見書をつけて議会の認定をお願いするものでございます。

 それでは、お手元のこの歳入歳出決算書の2ページから3ページ、平成26年度藤井寺市会計別決算総括表をお開き願いたいと思います。

 まず初めに、一般会計・特別会計を合わせました歳入歳出の決算総額でございますが、歳入決算額B欄の下のところでございます。396億9,435万4,468円。これに対しまして歳出決算額C欄、下のところでございます。394億1,144万1,969円となっており、その結果、歳入歳出の差引額(B−C)につきましては、2億8,291万2,499円、翌年度への繰り越すべき財源1億7,612万2,000円を差し引きしました実質収支額は、1億679万499円となっているところでございます。

 それでは、認定番号順によりまして、順次ご説明を申し上げます。

 まず認定第1号、平成26年度藤井寺市一般会計歳入歳出決算でございますが、同じく総括表で説明をさせていただきます。前年度からの繰越明許費を含めました予算現額245億6,687万8,000円に対しまして、歳入決算額は226億6,073万578円、予算現額に対します歳入割合は92.2%でございます。歳出決算額につきましては224億6,927万7,189円、予算現額に対します歳出割合は91.5%で、この結果歳入歳出差し引き額は1億9,145万3,389円となり、翌年度への繰り越すべき財源1億7,612万2,000円を差し引きいたしました実質収支額は1,533万1,389円となっているところでございます。

 なお、この実質収支額の1,533万1,389円のうち、1,000万円につきましては、地方自治法第233条の2の規定に基づきまして、財政調整基金へ積み立てをさせていただいております。この内容につきましては、決算書の189ページに実質収支に関する調書におきまして記載をさせていただいておりますので、ご参照いただきますようお願いを申し上げます。

 次に、認定第2号、平成26年度藤井寺市駐車場特別会計歳入歳出決算でございますが、予算現額が6,648万7,000円に対します歳入決算額は4,099万3,054円、歳入割合は61.7%で、主な歳入内訳は藤井寺駅南駐車場の使用料収入でございます。歳出の決算額につきましては6,474万4,171円、歳出割合は、97.4%で、主に施設管理委託料並びに駐車場整備事業の元金及び利子の償還金でございます。この結果、歳入歳出差引額はマイナス2,375万1,117円の赤字決算となり、翌年度へ繰り越すべき財源はございませんので、実質収支額におきましても同額の赤字決算となったものでございます。

 次に、認定第3号、平成26年度藤井寺市国民健康保険特別会計歳入歳出決算につきましては、予算現額80億2,736万7,000円に対します歳入決算額が77億5,464万2,000円で、歳入の割合は96.6%でございます。歳入総額に占めます保険料収入の割合につきましては21.3%となっており、前年度と比べまして0.8%の減少となっております。

 なお、この詳細につきましては、別冊にございます決算説明書の286ページに記載をされておりますので、ご参照いただきますようお願いを申し上げます。歳出の決算額につきましては77億5,464万2,000円で、歳出の予算額に占めます割合は96.6%でございまして、療養諸費などの保険給付費が主な支出となっておりまして、歳入歳出額は同額となり、収支均衡の決算となっております。

 次に、認定第4号、平成26年度藤井寺市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算でございますが、予算現額8億4,919万8,000円に対します歳入決算額は、8億3,825万683円で、予算現額に対する歳入割合は98.7%でございます。歳入の内訳につきましては、保険料収入及び繰入金で97.1%となっております。歳出決算額につきましては8億1,221万4,422円で、予算現額に対する歳出割合は95.6%で、大阪府後期高齢者医療広域連合への納付金が主な支出でございます。この詳細につきましては、同じくこの決算説明書の300ページの別表1に、歳入・歳出それぞれ記載されておりますのでご参照をお願いいたします。

 この結果といたしまして、歳入歳出差引額は2,603万6,261円となり、翌年度へ繰り越すべき財源はございませんので、実質収支額も同額の2,603万6,261円となったものでございます。

 次に、認定第5号、平成26年度藤井寺市介護保険特別会計歳入歳出決算でございますが、予算現額52億4,821万5,000円に対します歳入決算額は51億4,636万3,519円で、歳入の割合は98.1%でございます。

 歳出決算額につきましては50億5,718万9,553円、歳出の割合は96.4%で、介護サービス等諸費の保険給付費が主な支出でございます。歳入歳出差引額は8,917万3,966円となり、翌年度へ繰り越すべき財源はございませんので、実質収支額も8,917万3,966円となったものでございます。

 最後に、認定第6号、平成26年度藤井寺市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算でございますが、予算現額34億6,538万2,000円に対します歳入決算額は、32億5,337万4,634円で、予算現額に対します歳入の割合は93.9%でございます。歳出決算額につきましては、32億5,337万4,634円、歳出の割合は93.9%で翌年度へ繰り越すべき財源はなく、歳入歳出額は同額となり、本年度におきまして3年連続の収支均衡の決算となっております。

 以上、まことに簡単ではございますが、各会計の平成26年度における決算につきまして、総括のみで概要を申し上げましたが、赤字決算となりました駐車場特別会計の収支不足額につきましては、地方自治法施行令第166条の2の規定に基づきまして、翌年度の歳入予算から繰り上げてこれに充てる繰り上げ充用の措置によりまして補填させていただいております。

 なお、本決算につきましては、いずれも特別委員会が設置され、その審査の冒頭、各所管の担当者より決算書及び決算説明書に基づきまして、歳出につきましては、詳細をご説明申し上げることと存じますので、何とぞよろしくご審査の上、ご認定を賜りますようお願い申し上げ増して、平成26年度藤井寺市一般会計ほか5特別会計の決算認定につきましての提案説明とさせていただきます。何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 次に認定第7号について木田市民病院事務局長。



◎病院事務局長(木田茂利君) (登壇)

 ただいま議題となりました認定第7号、平成26年度藤井寺市病院事業会計決算につきまして、ご説明申し上げます。

 本決算は、地方公営企業法第30条第2項の規定に基づきまして、監査委員の審査に付し、同条第4項の規定により監査委員の意見書をつけまして、議会の認定をお願いするものでございます。

 なお、決算の経営状況につきましては、監査意見書で詳細に記載していただいておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 恐れ入りますが、決算書の1ページをお開き願います。

 まず、収益的収入及び支出のうち、収入では第1款、市立病院事業収益の予算額合計24億7,889万円に対しまして、決算額は23億5,140万4,930円となり、予算額に比べ1億2,748万5,070円の減収となったものでございます。

 次に、支出でございますが、第1款、市立病院事業費用の予算額合計31億5,986万2,000円に対しまして、決算額は30億2,182万7,261円となり、1億3,803万4,739円が不用額となったものでございます。

 続きまして、資本的収入及び支出につきましてご説明申し上げます。

 3ページをお願いいたします。収入でございますが、第1款、資本的収入の予算額合計2億69万9,000円に対しまして、決算額は1億6,169万2,251円で、予算額に対しまして3,900万6,749円の減収となったものでございます。支出につきましては、第1款、資本的支出の予算額合計2億7,422万3,000円に対しまして、決算額は2億3,528万1,714円となり、3,894万1,286円が不用額となったものでございます。

 次に、5ページの損益計算書につきましてご説明申し上げます。当年度の医業収益、22億2,141万5,204円に対しまして、医業費用は22億9,431万7,694円となり、差し引きでは7,290万2,490円の医業損失となったものでございます。

 一方、医業外の収支につきましては、医業外収益1億2,171万6,690円に対しまして、医業外費用は1億110万5,140円で2,061万1,550円の利益となり、先ほどの医業収支での損失を埋めますと、5,229万940円の経常損失となるものでございます。これに、特別利益25万1,174円と特別損失6億2,089万9,000円を合わせますと、純損失は6億7,293万8,766円となり、前年度繰越欠損金9億7,637万1,332円に本年度の純損失及び、その他未処分利益剰余金変動額2,360万6,689円を加えますと、当年度未処理欠損金は16億2,570万3,409円となるものでございます。なお、一般会計からの繰入金につきましては、収益的収入では他会計負担金、他会計補助金の合計で1億1,154万936円、資本的収入では他会計出資金として1億1,469万2,251円でございまして、合計2億2,623万3,187円となったものでございます。7ページ以降につきましては、財務諸表及び事業報告書等資料を添付いたしておりますが、勝手ながら説明を省略させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

 なお、本案につきましては、企業会計決算特別委員会でご審議があるものと存じますので、概要説明をもちまして提案説明とかえさせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご認定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 次に、認定第8号について河野水道局長。



◎水道局長(河野浩志郎君) (登壇)

 ただいま議題となりました認定第8号、平成26年度藤井寺市水道事業会計決算認定につきましてご説明申し上げます。恐れ入りますが、決算書の2ページをお開き願います。

 1.平成26年度藤井寺市水道事業決算報告書の(1)収益的収入及び支出につきましてご説明申し上げます。収入につきましては、第1款、水道事業収益の予算額合計14億5,120万5,000円に対しまして、決算額は14億3,847万536円となり、予算額に比べ1,273万4,464円の減額となったものでございます。

 次に支出でございますが、第1款、水道事業費用の予算額合計14億95万7,000円に対しまして、決算額は13億4,121万1,715円となり、差し引き5,974万5,285円が不用額となったものでございます。

 続きまして、4ページをお願いいたします。(2)資本的収入及び支出につきましてご説明申し上げます。収入につきましては、第1款、資本的収入の予算額合計2億4,464万9,000円に対しまして、決算額は1億5,816万3,893円となり、予算額に比べ8,648万5,107円の減額となったものでございます。

 次に支出でございますが、第1款、資本的支出の予算額合計6億7,556万4,044円に対しまして、決算額は4億9,162万3,396円となり、これに配水管整備費に係る継続費逓次繰越額4,839万2,741円を加え、差し引きしますと1億3,554万7,907円が不用額となったものでございます。

 なお、表の下に記載しておりますように資本的収入額が資本的支出額に不足する額3億3,345万9,503円につきましては、過年度分損益勘定留保資金3億2,409万6,003円及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額936万3,500円で補填したものでございます。

 次に、6ページをお願いいたします。

 2.平成26年度藤井寺市水道事業損益計算書につきましてご説明申し上げます。

 1.営業収益11億5,099万5,115円に対しまして、2.営業費用は10億8,050万5,515円となり、差し引きしますと営業利益は7,048万9,600円となるものでございます。

 この営業利益に、3.営業外収益1億9,841万8,652円を加え、4.営業外費用1億709万8,433円を差し引きしますと経常利益が1億6,180万9,819円となり、この経常利益に特別利益11万3,626円特別損失7,669万8,000円を加えますと、当年度純利益8,522万5,445円となるものでございます。’

 この当年度純利益に、前年度繰越利益剰余金3億7,020万1,393円と、会計制度改正に伴うその他の未処分利益剰余金変動額22億1,921万5,769円を加えますと、当年度未処分利益剰余金は26億7,464万2,607円となるものでございます。

 このほか8ページ以降に剰余金計算書、剰余金処分計算書、貸借対照表、事業報告書などを添付させていただいており、勝手ながら説明は省略させていただきます。

 本件につきましては、地方公営企業法第30条第2項の規定に基づきまして、監査委員の審査に付し、同条第4項の規定により監査委員の意見書を付しまして議会の認定をお願いするものでございます。

 また本案につきましては、後日、企業会計決算特別委員会に付託されるものと存じますので、概要説明をもちまして提案説明とさせていただくものでございます。何とぞよろしくご審議の上、ご認定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 次に、議案第55号について黒岡市民生活部長。



◎市民生活部長(黒岡博幸君) (登壇)

 ただいま議題となりました、議案第55号、藤井寺市手数料条例の一部改正について、提案理由の説明を申し上げます。議案書は20ページから23ページを、別紙条例新旧対照表につきましても20ページから23ページをご参照くださいますようお願いいたします。

 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)、いわゆる「番号法」が本年10月5日に施行されることに伴い、同法に規定する通知カードの交付が同10月5日より開始されます。なおご個人番号カードを希望される方につきましては、通知カードに同封されている申請書にて申請手続をされた後に、平成28年1月1日より個人番号カードの交付が開始されることになります。また、番号法の施行に伴い、住民基本台帳法の一部も改正されるため、住民基本台帳カードの発行につきましては、平成27年12月末をもって終了となります。

 つきましては、藤井寺市手数料条例において通知カード及び個人番号カードの再交付手数料を規定するとともに、住民基本台帳カードに関する規定を削除するため、同条例の一部を改正するものでございます。

 なお、条例の施行日は、第1条の通知カードの再交付手数料新設の規定につきましては、平成27年10月5日から、また、第2条の個人番号カードの再交付手数料新設の規定、及び住民基本台帳カードに関する交付等手数料の規定の削除につきましては、平成28年1月1日から施行するものでございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、議案第55号、藤井寺市手数料条例の一部改正についての提案説明とさせていただきます。何とぞよろしくご審議の上ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 次に、議案第56号について金森都市整備部長。



◎都市整備部長(金森俊幸君) (登壇)

 ただいま議題となりました議案第56号、藤井寺市景観条例の一部改正につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 議案書は24ページから27ページ、別紙条例新旧対照表は24ページから29ページをご参照ください。本条例につきましては、景観法における良好な景観は豊かな生活環境の創造に不可欠なもので、国民共通の資産であるという基本理念のもとに、良好な景観の形成を推進するため、平成25年4月に本条例を施行し、景観形成基準となる景観計画を定め、建築物等の外観、色彩、緑化について規制・誘導等を行ってまいりました。

 このたび、古市古墳群の世界文化遺産登録に向け緩衝地帯が設定されたことに伴い、さらに周辺景観の保全、形成を図るべく景観計画を変更するとともに、都市計画法に基づく景観地区の指定を行い、平成28年1月4日に告示する予定でございます。

 このことから必要となる、藤井寺市景観条例の一部を改正するものでございます。なお施行日につきましては、平成28年1月4日といたしております。

 以上、簡単ではございますが、議案第56号藤井寺市景観条例の一部改正についての提案理由の説明とさせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご決定賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 次に、議案第59号及び議案第60号の2議案について、清水健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(清水哲夫君) (登壇)

 ただいま議題となりました議案第59号及び議案第60号につきまして順次提案理由をご説明申し上げます。

 まず、議案第59号、平成27年度藤井寺市後期高齢者医療特別会計補正予算第1号につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 予算書の1ページをお願いします。本補正予算は第1条によりまして既定の歳入歳出予算の総額に歳入・歳出それぞれ2,603万円7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8億8,967万2,000円と定めるものでございます。

 それでは、補正予算の内容につきまして、歳出からご説明させていただきます。

 恐れ入りますが10ページをお願いいたします。歳出の(款)2.後期高齢者医療広域連合納付金(項)1.後期高齢者医療広域連合納付金(目)1.後期高齢者医療広域連合納付金の2,509万4,000円につきましては、平成26年度保険料等の未精算額が確定したことにより、平成27年度において広域連合へ納付するために補正するものでございます。(款)4.諸支出金(項)1.償還金及び還付加算金、(目)1.保険料還付金の94万3,000円につきましては、平成26年度の保険料還付未済額が確定したことにより、平成27年度において還付するために補正するものでございます。

 次に、歳入でございますが8ページにお戻りください。(款)4.繰越金(項)1.繰越金(目)1.保険料繰越金の94万3,000円並びに(目)2.前年度繰越金の2,509万4,000円につきましては、平成26年度後期高齢者医療特別会計決算におきまして、保険料等未精算額と保険料還付未済額が確定したことにより補正するものでございます。

 以上、簡単でございますが、議案第59号の説明とさせていただきます。

 続きまして、議案第60号、平成27年度藤井寺市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。予算書の1ページをお願いいたします。本補正予算は第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ、8,917万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ、55億6,046万3,000円とするものでございます。それでは、補正予算の内容につきまして歳出からご説明申し上げます。10ページをお願いします。

 (款)5.基金積立金(項)1.基金積立金(目)1.基金積立金につきましては、平成26年度の介護給付費確定に伴いまして、5,296万6,000円を介護保険給付準備基金に積み立てるものでございます。

 (款)7.諸支出金(項)1.償還金及び還付加算金(目)2.償還金3,620万8,000円につきましては、平成26年度介護給付費負担金及び地域支援事業交付金について、実績報告を行いました結果超過交付となりましたので、平成27年度において、国・府及び社会保険診療報酬支払基金へ返還するためのものでございます。

 次に、歳入をご説明申し上げます。8ページにお戻りください。(款)8.繰越金(項)1.繰越金(目)1.繰越金につきましては、平成26年度におきまして、実質収支8,917万4,000円が見込まれるため、これを受け入れるものでございます。

 以上簡単ではございますが、議案第60号の説明とさせていただきます。ただいまご説明申し上げました2議案につきまして、何とぞよろしくご審議の上、ご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 以上で提案理由の説明は全部終了いたしました。

 本日の議事日程は全部終了いたしました。次回は、9月10日午前10時より再開いたします。

 本日はこれをもって散会といたします。ご協力ありがとうございました。

     午前11時00分 散会