議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 藤井寺市

平成27年  5月 臨時会(第1回) 05月25日−01号




平成27年  5月 臨時会(第1回) − 05月25日−01号









平成27年  5月 臨時会(第1回)



            平成27年第1回臨時会

           藤井寺市議会会議録(第1号)

                    平成27年5月25日(月曜日)

                    午前10時開議

◯議事日程(第1号)

  日程第1 選挙案第1号 議長選挙について

  日程第2        議席の指定について

  日程第3        会議録署名議員の指名

  日程第4        会期の決定

  日程第5 選挙案第2号 副議長選挙について

  日程第6 議案第43号 藤井寺市監査委員の選任につき同意を求めることについて

  日程第7 選挙案第3号 柏原羽曳野藤井寺消防組合議会議員選挙について

       選挙案第4号 柏羽藤環境事業組合議会議員選挙について

       選挙案第5号 藤井寺市柏原市学校給食組合議会議員選挙について

  日程第8 議会議案第5号 議会常任委員会委員の選任について

  日程第9 議会議案第6号 議会運営委員会委員の選任について

  日程第10 議会議案第7号 議会特別委員会の設置について(駅周辺整備特別委員会)

       議会議案第8号 議会特別委員会の設置について(広域行政特別委員会)

       議会議案第9号 議会特別委員会の設置について(議会のあり方調査特別委員会)

  日程第11 議会議案第10号 議会特別委員会委員の選任について

  日程第12 議会議案第11号 藤井寺市農業委員会委員の推薦について

  日程第13 報告第1号 専決処分の承認を求めることについて(市税条例等の一部改正)

       報告第2号 専決処分の承認を求めることについて(藤井寺市介護保険条例の一部改正)

       報告第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度藤井寺市一般会計補正予算(第8号))

       報告第4号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度藤井寺市介護保険特別会計補正予算(第4号))

  日程第14 議案第44号 藤井寺市副市長の選任につき同意を求めることについて

  日程第15 議案第45号 藤井寺市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

  日程第16 議案第46号 藤井寺市公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて

  日程第17        議会運営委員会の所管事項に関する調査について

◯本日の会議に付した事件

  日程第1〜日程第17まで

◯出席議員(14名)

       1番 木下 誇君       2番 瀬川 覚君

       3番 岩口寛治君       4番 西野廣志君

       5番 中路新平君       6番 岡本 光君

       7番 伊藤政一君       8番 片山敬子君

       9番 山本忠司君      10番 畑 謙太朗君

      11番 麻野真吾君      12番 清久 功君

      13番 田中光春君      14番 石田隼人君

◯地方自治法第121条の規定による出席者

        市長            國下和男君

        副市長兼総務部部長事務取扱 松浦信孝君

        教育長           多田 実君

        総務部理事兼次長      田中祥訓君

        市民生活部長        黒岡博幸君

        健康福祉部長        藤田茂行君

        都市整備部長        金森俊幸君

        教育部長          山植和男君

        教育部理事         丸山 聡君

        公平委員会事務局長     和田晋司君

        総務課長          糟谷健司君

◯議会事務局出席者

        事務局長          福田隆秀君

        事務局次長         角田伸夫君

        事務局チーフ        中瀬 優君

        事務局主事補        森脇香奈君

◯会議録署名議員

       3番 岩口寛治君      13番 田中光春君

     午前10時00分 開会



◎議会事務局長(福田隆秀君) 

 おはようございます。

 早朝からご参集を賜りましてありがとうございます。一般選挙後最初の議会でございます。

 議長が選挙をされますまでの間、地方自治法第107条の規定に基づきまして、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うこととなっております。

 出席議員中、石田隼人議員が最年長の議員でございますので、ご紹介申し上げます。



○臨時議長(石田隼人君) (登壇)

 おはようございます。

 ただいまご紹介いただきました石田でございます。地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行いたいと思います。何とぞどうぞよろしくお願いをいたします。

 それではただいまから平成27年藤井寺市議会第1回臨時会を開会いたします。議事に先立ちましてご報告を申し上げます。先般大阪府の憲法施行記念式並びに知事表彰式におきまして、本市議会から畑 謙太朗議員、麻野真吾議員が永年地方自治の振興に尽力した功績が顕著であると認められ、表彰されたものでございます。ここにそのご功績に対しまして深く敬意を表しますとともに、お祝いの意を表しましてご報告とさせていただきます。

 引き続きまして、臨時会の開会に当たりまして、市長より挨拶をお受けすることにいたします。

 國下市長。



◎市長(國下和男君) (登壇)

 おはようございます。開会に当たりまして一言挨拶を申し上げます。

 本日ここに新しくご当選されました議員各位をお迎えをして、平成27年第1回臨時市議会を開会する運びとなりました。議員の皆様方には去る4月26日の市議会議員選挙に置かれまして、めでたくご当選の鋭意を得られ、心よりお喜び申し上げます。まことにおめでとうございます。私も市民の皆様より、信託を賜りまして3期目の市政を担当させていただくことになりました。新たな決意をもとに、藤井寺市のさらなる発展に向けて、全職員ともども頑張ってまいる所存でございますので、議員の皆様には今後ともより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いを申し上げます。

 また、ただいまご報告がございましたが、本市議会の畑 謙太朗議員並びに麻野真吾議員が大阪府知事表彰をお受けになられました。まことにご同慶の至りと存じます。心よりお喜びを申し上げます。今後ともご健康に十分留意されまして、ますますこのご活躍をお願い申し上げる次第でございます。

 さて、本臨時市議会におきましては、私どもより提案申し上げております議案は、報告案件4件、人事案件4件、計8件でございます。よろしくご審議賜わりますようお願いを申し上げます。

 以上をもちまして、議会開会に当たりましての挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○臨時議長(石田隼人君) 

 それでは、これより議事に入ります。

 この際議事の進行上、仮議席を指定いたします。仮議席はただいまご着席の議席といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○臨時議長(石田隼人君) 

 日程第1 選挙案第1号、議長選挙についてを議題といたします。

 この際、暫時休憩といたします。

     午前10時05分 休憩

     午後1時15分 再開



○臨時議長(石田隼人君) 

 休憩前に戻り、会議を再開いたします。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選とし、指名者を臨時議長といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○臨時議長(石田隼人君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とし、指名者を臨時議長とすることに決しました。

 議長に山本忠司議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま臨時議長において指名いたしました、山本忠司議員を議長の当選人と定めることにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○臨時議長(石田隼人君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました山本忠司議員が議長に当選をされました。

 本席から会議規則第32条第2項の規定により、告知いたします。

 この際当選人より議長就任に当たり、挨拶をお受けすることにいたします。

 山本忠司議員、議長。



◆9番(山本忠司君) (登壇)

 一言ご挨拶を申し上げます。

 ただいま皆様方のご推挙によりまして、市議会議長の要職につくことになりましたことは、まことに身に余る光栄でございます。衷心より感謝いたしておる次第でございます。今後議員諸君並びに理事者の協力のもと、藤井寺市発展のため、誠心誠意努力してまいりたいと存じますので、何とぞ皆様方のご指導、ご鞭撻を心からお願い申し上げまして、甚だ簡単措辞ではございますが、議長就任のご挨拶とさせていただきます。まことにありがとうございました。



○臨時議長(石田隼人君) 

 ただいま議長が就任されましたので、議長と交代をさせていただきます。ご協力ありがとうございました。



○議長(山本忠司君) 

 それでは議事を続行いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 日程第2 議席の指定を行います。

 議席は会議規則第4条第1項の規定により議長において指名いたします。議員の指名と議席の番号を職員をして朗読いたさせます。

[職員朗読]

 議席番号1番 木下 誇議員、2番 瀬川 覚議員、3番 岩口寛治議員、4番 西野廣志議員、5番 中路新平議員、6番 岡本 光議員、7番 伊藤政一議員、8番 片山敬子議員、9番 山本忠司議員、10番 畑 謙太朗議員、11番 麻野真吾議員、12番 清久 功議員、13番 田中光春議員、14番 石田隼人議員。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第3 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、岩口寛治議員、田中光春議員を指名いたします。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第4 会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本臨時会の会期は、本日1日限りと決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第5 選挙案第2号、副議長選挙についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選とし、指名者を議長といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって選挙の方法は指名推選とし、指名者を議長とすることに決しました。

 副議長に片山敬子議員を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました、片山敬子議員を副議長の当選人と定めることにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よってただいま指名いたしました片山敬子議員が副議長に当選されました。

 本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 この際、当選人より副議長就任に当たり挨拶をお受けすることといたします。

 片山敬子議員。



◆副議長(片山敬子君) (登壇)

 お許しをいただきまして、一言御礼のご挨拶を申し上げます。ただいま議員の皆様の絶大なる推挙を賜りまして、副議長という大役を仰せつかりまして、身に余る光栄と存じております。

 今後は微力ではございますが山本議長とともに、議会の円滑・円満なる運営に努めてまいりたいと思っております。皆様方には今後ともご支援、ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げまして、まことに簡単措辞ではございますけれども、御礼のご挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第6 議案第43号、藤井寺市監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 本案については、地方自治法第117条の規定により、麻野真吾議員の退席を求めます。

 それでは提案理由の説明を求めます。

 松浦副市長。



◎副市長(松浦信孝君) 

 議案第43号、藤井寺市監査委員の選任につき同意を求めることについて、その提案理由をご説明申し上げます。

 去る5月16日をもちまして、前議員の方々の任期が満了しましたことに伴いまして、前監査委員の西野廣志議員の委員としての任期もともに満了いたしました。

 つきましては、その後任といたしまして、麻野真吾議員を監査委員としてご選任申し上げたいと存じますので、地方自治法第196条第1項の規定により、議会のご同意をお願いする次第でございます。

 何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はございませんか。−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託及び討論を省略することに決しました。

 これより採決に入ります。本案はこれに同意することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決しました。

 この際、暫時休憩いたします。

     午後1時26分 休憩

     午後2時45分 再開



○議長(山本忠司君) 

 休憩前に戻り、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第7 選挙案第3号から第5号までの3選挙案を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選といたします。指名者を議長といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選とし、指名者を議長とすることに決しました。

 それでは、職員をして3選挙案の朗読をいたさせます。

[職員朗読]

 選挙案第3号、柏原羽曳野藤井寺消防組合議会議員選挙について

 柏原羽曳野藤井寺消防組合規約第6条の規定により、組合議会議員4人の選挙を行うものとする。

 平成27年5月25日提出

       藤井寺市議会議長 山本忠司

 当選人    西野廣志

 当選人    清久 功

 当選人    田中光春

 当選人    石田隼人

………………………………………………………………………………………………………

 選挙案第4号、柏羽藤環境事業組合議会議員選挙について

 柏羽藤環境事業組合規約第6条の規定により、組合議会議員5人の選挙を行うものとする。

 平成27年5月25日提出。

       藤井寺市議会議長 山本忠司

 当選人    伊藤政一

 当選人    瀬川 覚

 当選人    岩口寛治

 当選人    岡本 光

 当選人    畑 謙太朗

………………………………………………………………………………………………………

 選挙案第5号、藤井寺市柏原市学校給食組合議会議員選挙について

 藤井寺市柏原市学校給食組合規約第5条の規定により、組合議会議員5人の選挙を行うものとする。

 平成27年5月25日提出

       藤井寺市議会議長 山本忠司

 当選人    木下 誇

 当選人    中路新平

 当選人    麻野真吾

 当選人    畑 謙太朗

 当選人    田中光春

………………………………………………………………………………………………………



○議長(山本忠司君) 

 お諮りいたします。

 ただいまの朗読のとおり指名いたしました議員を、それぞれの組合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よってただいま指名いたしました議員をそれぞれの組合議会議員の当選人と定めることに決定いたしました。

 本席から、議会規則第32条第2項の規定により告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第8 議会議案第5号、議会常任委員会委員の選任についてを議題といたします。

 職員をして議案の朗読をいたさせます。

[職員朗読]

 議会議案第5号、議会常任委員会委員の選任について

 藤井寺市議会委員会条例第8条の規定により、議会常任委員会委員を次のとおり指名する。

 平成27年5月25日提出

       藤井寺市議会議長 山本忠司



委員会名
定数
委員


総務建設常任委員会

 中路新平  麻野真吾
 瀬川 覚  畑 謙太朗
 岩口寛治  田中光春
 岡本 光


民生文教常任委員会

 伊藤政一  西野廣志
 木下 誇  清久 功
 片山敬子  石田隼人
 山本忠司





………………………………………………………………………………………………………



○議長(山本忠司君) 

 お諮りいたします。

 ただいまの朗読のとおり、各常任委員会委員を選任することに、ご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました議員をそれぞれの常任委員会委員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第9 議会議案第6号、議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。

 職員をして議案の朗読をいたさせます。

[職員朗読]

 議会議案第6号、議会常任委員会委員の選任について

 藤井寺市議会委員会条例第8条の規定により、議会運営委員会委員を次のとおり指名する。

 平成27年5月25日提出

       藤井寺市議会議長 山本忠司



委員会名
定数
委員


議会運営委員会

 伊藤政一  麻野真吾
 瀬川 覚  畑 謙太朗
 岩口寛治  田中光春
 岡本 光





………………………………………………………………………………………………………



○議長(山本忠司君) 

 お諮りいたします。

 ただいまの朗読のとおり、議会運営委員会委員を選任することに、ご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました議員を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第10 議会議案第7号から議会議案第9号までの3議案についてを一括議題といたします。

 職員をして議案の朗読をいたさせます。

[職員朗読]

 議会議案第7号、議会特別委員会の設置について

 藤井寺市議会委員会条例第6条の規定により、特別委員会を設置する。

 平成27年5月25日提出

               提出者 藤井寺市議会議員  田中光春

                同     同      畑 謙太朗

                同     同      麻野真吾

                同     同      岩口寛治

                同     同      瀬川 覚

委員会の名称    駅周辺整備特別委員会

委員の定数     7名

提出理由及び審査  藤井寺市内各駅前周辺の再開発及び整備等に関する調査研究を行い事業の促進を図り、目的達成まで議会閉会中も委員会を開会し審査するものとする。

………………………………………………………………………………………………………

 議会議案第8号、議会特別委員会の設置について

 藤井寺市議会委員会条例第6条の規定により、議会特別委員会を設置する。

 平成27年5月25日提出

               提出者 藤井寺市議会議員  田中光春

                同     同      畑 謙太朗

                同     同      麻野真吾

                同     同      岩口寛治

                同     同      瀬川 覚

委員会の名称    広域行政特別委員会

委員の定数     7名

提出理由及び審査  近隣都市との地域総合開発と行政の円滑なる推進を図り、目的達成まで議会閉会中も委員会を開会し審査するものとする。

………………………………………………………………………………………………………

 議会議案第9号、議会特別委員会の設置について

 藤井寺市議会委員会条例第6条の規定により議会特別委員会を設置する。

 平成27年5月25日提出

               提出者 藤井寺市議会議員  田中光春

                同     同      畑 謙太朗

                同     同      麻野真吾

                同     同      岩口寛治

                同     同      瀬川 覚

委員会の名称    議会のあり方調査特別委員会

委員の定数     7名

提出理由及び審査  地方分権の時代にふさわしい議会のあり方に関して調査・研究を行うため、議会閉会中も委員会を開会し審査するものとする。

………………………………………………………………………………………………………



○議長(山本忠司君) 

 お諮りいたします。

 ただいまの朗読のとおり、3議会特別委員会を設置することに、ご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、3議会特別委員会を設置することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第11 議会議案第10号、議会特別委員会委員の選任についてを議題といたします。

 職員をして議案の朗読をいたさせます。

[職員朗読]

 議会議案第10号、議会特別委員会委員の選任について

 藤井寺市議会委員会条例第8条の規定により、議会特別委員会委員を次のとおり指名する。

 平成27年5月25日提出

       藤井寺市議会議長 山本忠司



委員会名
定数
委員


駅周辺整備特別委員会

 木下 誇  清久 功
 岡本 光  田中光春
 西野廣志  石田隼人
 畑 謙太朗


広域行政特別委員会

 伊藤政一  麻野真吾
 木下 誇  清久 功
 岩口寛治  田中光春
 山本忠司


議会のあり方調査特別委員会

 伊藤政一  岩口寛治
 中路新平  岡本 光
 片山敬子  畑 謙太朗
 瀬川 覚





………………………………………………………………………………………………………



○議長(山本忠司君) 

 お諮りいたします。

 ただいまの朗読のとおり、各特別委員会委員を選任することに、ご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました議員をそれぞれの特別委員会委員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第12 議会議案第11号、藤井寺市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 本件については、地方自治法第117条の規定により、畑 謙太朗議員、清久 功議員、田中光春議員の退席を求めます。

     〔畑謙太朗議員、清久 功議員、田中光春議員退席〕

 それでは職員をして議案の説明をいたさせます。

[職員説明]

 議会議案第11号、藤井寺市農業委員会委員の推薦について

 農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、藤井寺市農業委員会委員に次の者を推薦する。

 平成27年5月25日提出

       藤井寺市議会議長 山本忠司

    被推薦人   同      畑 謙太朗

     同     同      清久 功

     同     同      田中光春

 提案理由、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定に基づく藤井寺市農業委員会委員、本多穣、畑 謙太朗、西条孝子の各氏が、去る5月16日藤井寺市議会議員任期満了に伴い辞職されたので、その後任者を推薦するため本案を提出するものである。

………………………………………………………………………………………………………



○議長(山本忠司君) 

 説明が終わりました。

 これより直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案については委員会付託及び討論を省略することに決しました。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり推薦することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり推薦することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     〔畑 謙太朗議員、清久 功議員、田中光春議員復席〕



○議長(山本忠司君) 

 ここで諸般の報告をいたします。

 市長より、地方自治法第180条第2項の規定に基づく専決処分の報告が1件提出されております。別紙のとおりでございます。ご了承お願いいたします。

 以上で諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第13 報告第1号から報告第4号までの4議案についてを一括議題とし、順次提案理由の説明を求めます。

 まず報告第1号について黒岡市民生活部長。



◎市民生活部長(黒岡博幸君) (登壇)

 ただいま議題となりました報告第1号専決処分、市税条例等の一部改正の承認を求めることにつきましてご説明を申し上げます。議案書は1ページから17ページでございます。別紙条例新旧対照表は1ページから27ページをご参照くださいますようお願いいたします。

 今回の市税条例等の一部改正は、平成27年3月31日、平成27年法律第2号として公布されました地方税法等の一部を改正する法律を受けて行ったもので、主な改正としましては3点となっております。

 まず1点目に、固定資産税の土地課税に係る改正についてご説明を申し上げます。平成27年度は3年に1度の評価がえの年でございますが、土地の評価に際しましては、全国的な評価の均衡化や適正化の観点から、平成9年度以降は都市部の商業地等に係る税の負担感に配慮した負担調整措置も講じられ、負担水準の均衡化が進展している状況でございます。改正内容といたしましては、平成27年度から平成29年度までの土地に対する固定資産税等の負担調整措置を原則維持しつつ、地価下落に対応する下落修正についても継続されるものでございます。なお施行日は、平成27年4月1日となっております。

 続きまして、2点目といたしまして、軽自動車税に係る改正についてご説明申し上げます。

 軽自動車税に関しましては、平成26年度税制改正において税率の改正がございましたが、今回の法改正によって原付及び2輪車等につきましては、税率の改正を1年延長することとなったため、それを受けて改正を行ったものでございます。

 また、軽自動車税においても「グリーン化特例」が導入され、一定水準以上の排出ガス性能及び、燃費性能を有する車両や電気自動車については、税率の軽減特例の対象となる規定を設けたものでございます。なお施行日は原付及び2輪車等の税率延長が公布の日、グリーン化特例が平成27年4月1日となっております。

 続きまして3点目といたしまして、市たばこ税に係る改正についてご説明申し上げます。

 市たばこ税につきましては、現在わかばなどの旧3級品の製造たばこについては、特例税率が適用されておりましたが、これを激変緩和の観点から平成28年から平成31年までの間に4段階を経て縮減、廃止を行うものです。なお施行日は平成28年4月1日となっております。またこれら以外に社会保障、税番号制度に係る個人番号、または法人番号の規定及びふるさと納税に対する個人市民税特例控除に係る改正を含め、法改正等に伴う文言の整理、条項ずれ等の対応を行っております。

 以上、地方自治法第179条第1項の規定により、平成27年3月31日付で専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定により本議会にご報告を申し上げるものでございます。何とぞよろしくご承認賜わりますようお願いを申し上げます。



○議長(山本忠司君) 次に、報告第2号及び報告第4号について

 藤田健康福祉部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) (登壇)

 ただいま議題となりました報告第2号及び報告第4号につきまして、順次ご説明申し上げます。

 最初に報告第2号、専決処分の承認を求めることについて(藤井寺市介護保険条例の一部改正)につきましてご説明申し上げます。議案書は18ページ、19ページ。条例新旧対照表は28ページでございます。

 この藤井寺市介護保険条例の一部改正は、第一号被保険者の介護保険料率に関する規定の改正でございます。平成27年4月10日に施行されました、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律による介護保険法及び介護保険法施行令の改正により、平成27年4月から公費を投入して低所得者の第一号被保険者の保険料を軽減することが定められました。これに伴い本市介護保険条例におきましても、平成27年度から平成29年度までの保険料基準額に対する第一段階の保険料率を5%軽減し、年額3万6,600円から年額3万2,940円とするものでございます。

 以上、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、平成27年4月13日付で専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりまして、議会にご報告申し上げるものでございます。

 続きまして報告第4号、専決処分の承認を求めることについて(平成26年度藤井寺市介護保険特別会計補正予算(第4号))についてご説明申し上げます。予算書の1ページをお願いいたします。

 本補正予算は第1条におきまして、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1万3,000円を追加し、歳入歳出それぞれ52億4,821万5,000円とするものでございます。補正予算の内容につきましては、平成26年度中の介護保険給付準備基金運用収入の増加に伴い、歳入に1万3,000円を追加し、運用収入の増加に伴う介護保険給付準備基金への積立額を同額の1万3,000円追加するものでございます。詳細につきましては、2ページ以降の第1表並びに5ページ以降の事項別明細書のとおりでございます。

 以上、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、平成27年3月31日付で専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定によりまして、議会にご報告申し上げるものでございます。

 以上簡単ではございますが、報告第2号及び報告第4号の説明とさせていただきます。何とぞよろしくご審議の上、ご承認賜わりますようお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 次に報告第3号について、松浦副市長。



◎副市長(松浦信孝君) (登壇)

 ただいま議題となりました報告第3号、平成26年度藤井寺市一般会計補正予算(第8号)の専決処分の承認を求めることにつきましてご説明を申し上げます。議案書は20ページ、補正予算書のほうご参照ください。

 本補正予算は、地方自治法第179条第1項の規定により、本年3月31日付をもって専決処分にさせていただいたもので、同条第3項の規定によりご報告を申し上げるものでございます。恐れ入りますが、補正予算書の1ページをお願いいたします。

 本補正は第1条におきまして、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億1,065万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ239億628万8,000円とするものでございます。第2条の地方債の補正につきましては、4ページの第2表地方債補正に記載をしております。これは災害援護資金貸付金の限度額60万円を廃止するもので、災害援護資金貸付事業が不執行であったことによるものでございます。

 次に予算の内容につきまして、歳入歳出補正予算事項別明細書に基づきまして、主な事項を歳入からご説明申し上げます。恐れ入りますが8ページをお願いいたします。

 (款)2.地方譲与税(款)3.利子割交付金(款)4.配当割交付金(款)5.株式等譲渡所得割交付金(款)6.地方消費税交付金(款)7.自動車取得税交付金(款)9.地方交付税。表記が10ページにまたがりますが(款)10.交通安全対策特別交付金につきましては、金額が確定いたしましたのでそれぞれ所要の額を補正するものでございます。

 (款)13.国庫支出金(項)2.国庫補助金、(目)2.民生費国庫補助金の6万6,000円の増額につきましては、特別児童扶養手当事務費補助金の金額の確定による増額でございます。

 (目)5教育費、国庫補助金の396万9,000円の増額につきましては、公立学校施設整備補助金の増額でございます。

 (款)14.府支出金(項)2.府補助金(目)3.衛生費補助金の1,840万円の増額につきましては、大阪府市町村振興補助金について交付決定がありましたので、受け入れるものでございます。

 (款)15.財産収入の3万3,000円の増額につきましては、財政調整基金の預金利子を受け入れるものでございます。(款)16.寄附金の309万1,000円の増額につきましては、それぞれの寄附金の金額が確定いたしましたので、文化振興費寄附金を3万円増額、交通安全対策事業費寄附金を1,000円減額、そして、ふるさとまちづくり応援寄附金を306万2,000円増額するものでございます。

 (款)17.繰入金の2億5,492万1,000円の減額につきましては、財政調整基金からの繰入金を減額するものでございます。

 (款)20.市債の60万円の減額につきましては、先ほど地方債補正のところでご説明をいたしました、災害援護資金貸付金の減額でございます。

 続きまして、歳出につきまして、ご説明を申し上げます。恐れ入りますが14ページをお願いいたします。

 (款)2.総務費(項)1.総務管理費(目)1.一般管理費につきましては、金額の確定した臨時職員の健保負担金と年金負担金、そして雇用賃金の減額を行うものでございます。

 (目)15.文化振興費につきましては寄附金の受け入れに伴い財源内訳を変更するものでございます。(目)32.災害対策費につきましては、災害援護資金貸付事業が不執行であったことによる減額でございます。

 (款)3.民生費(項)2.児童福祉費(目)1.児童福祉総務費につきましては、国庫支出金特別児童扶養手当事務費補助金の受け入れに伴い、財源内訳を変更するものでございます。

 (款)4.衛生費(項)2.清掃費(目)1.清掃総務費につきましては、金額の確定した柏羽藤環境事業組合分担金を減額いたしますとともに、府支出金、大阪府市町村振興補助金の受け入れに伴い財源内訳を変更するものでございます。

 (款)9.教育費(項)2.小学校費(目)1.学校管理費につきましては、金額の確定した雇用賃金を減額いたしますとともに、国庫支出金、公立学校施設整備補助金の受け入れに伴い、財源内訳を変更するものでございます。

 (項)3.中学校費(目)1.学校管理費につきましては、金額の確定した雇用賃金の減額でございます。表記は16ページにまたがりますが、(款)10.公債費につきましては償還金額の確定に伴い、元金と利子それぞれを減額するものでございます。

 (款)11.諸支出金(項)1.基金費(目)1.基金費につきましては、財政調整基金の預金利子の3万3,000円を財政調整基金に、ふるさとまちづくり応援寄附金の306万2,000円をふるさとまちづくり応援基金に積み立てるものでございます。

 以上、報告第3号、平成26年度藤井寺市一般会計補正予算第8号の専決処分につきましてのご報告とさせていただきます。

 何とぞよろしくご審議の上、ご承認を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 これより4議案について一括して質疑に入ります。

 質疑の通告がありますのでこれを許します。

 瀬川 覚議員。



◆2番(瀬川覚君) 

 質疑の中身そのものは簡単な内容ですので、自席にて行わせていただきます。

 報告第1号、専決処分市政条例の一部改正への承認を求めることについてであります。本報告は国において地方税制が改定されたことに伴い、地方自治体としては義務的に必要となる条例改正で、本市の市政条例等の一部改正を行うもので、この専決処分について承認を求めることだとされております。

 具体的には、藤井寺市条例第27号、市税条例等の一部を改正する条例を制定するもので、本条例の構成は議案書1ページから第1条で市政条例の一部改正を行い、議案書7ページ以降の第2条で昨年成立した市税条例等の一部を改正する条例、平成26年藤井寺市条例第9号の一部改正を行うものとなっています。また議案書8ページ以降の附則で、施行期日や各種経過措置についての規定を行っています。議案書で17ページあります。その内容を見ますと、非常に多岐にわたりますが、上位法の引用を整理し、市民負担としては変更のないものもあれば、軽自動車税の増税の経過措置を規定したものもあります。軽自動車税について言えば、増税には反対ですが、経過措置で市民負担を軽減することに反対するものではありません。こうした措置は承認すべきものだと考えます。しかしながら看過することのできない内容が含まれていると考えます。

 マイナンバー制に関することです。その内容は新たに付されることとなる個人番号、法人番号に係り、市税条例の条文を変更するもので、本条例の第1条で規定されているものを見ますと、市税条例の第2条で規定されている納付者納入書の用語の変更を初め、同様の変更が市税条例の第27条、46条、66条、74条、77条、88条、89条、111条、119条と続きます。いずれも申告や申請申し入れ等の手続において必要とされるものだと認識しています。

 このマイナンバー制は、非常に重大な問題を抱えています。ことしの10月5日には赤ちゃんからお年寄りまで住民登録のある全ての国民に、また特別永住者、中長期在住外国人に、また法人や給料を支払う団体に番号が付されるということが決まっていますが、自治体や会社など番号を厳正に管理しなければならない事業所の負担と責任も重く、このまま施行しては危険だという指摘が多方面から出されていると思います。しかも既に現国会において制度の施行前にもかかわらず、適応範囲を拡大する法改定が審議されており、預貯金口座や特定健診、予防接種の利益などにも番号がリンクされることが検討されています。

 私どもとしては、全ての国民を番号で管理し、預貯金や医療データもリンクさせ、一括で全てわかるようにするなど驚くべき管理国家への道であり、到底容認できません。さらに財界からは保健など民間による利用まで拡大する声が出ています。こうした重大の中身をもつ以上、市民の暮らし、福祉の構造に携わる地方自治体としては、その影響は問題点や課題も十分検討しなければなりません。そこでお尋ねいたします。本条例は専決者処分されたものです。もちろんすぐに施行が必要となる条項や事務手続上急を要するものがあるならば、むしろ責任をもって行っていただかなくてはならないと考えます。

 しかしながら、マイナンバー制に係る部分においては、その緊急性が認められません。例え用語や申請書等の形式に係ることでも、その本来の内容から考えて議会で審議すべきだと考えます。

 専決処分とした理由をお聞かせください。



○議長(山本忠司君) 

 黒岡市民生活部長。



◎市民生活部長(黒岡博幸君) 

 答弁申し上げます。今回の市税条例等の改正につきましては、国において地方税制改正案が平成27年1月に閣議決定され、その後衆議院及び参議院にて賛成多数により3月31日に法案が成立施行されたことにより、法と条例の整合を図るために条例改正を行おうとするものでございます。

 今議員質問の中でおっしゃっていただきましたように、この改正の中には3月31日までに施行が必要となる条項や、事前の周知、準備が必要となるものが含まれております。今ご質問のいわゆるマイナンバー法に係る部分の条例改正につきましても、本年10月より付番が開始され、平成28年1月からは利用が開始されることが決定されておりますことから、地方税法においてもこれらに対応させるために、事前に書式の変更等が行われるため、同様に条例においても改正が必要となったものとして、この改正をいたしました。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(山本忠司君) 

 瀬川議員。



◆2番(瀬川覚君) (登壇)

 今のお答えですと、やはり緊急性認められません。マイナンバー制に係る部分は6月議会で議会の審議に付すべきであったと考えます。今条例の改正の内容の多くは承認すべきものだと認識いたしますが、マイナンバー制に係る部分は承認できません。番号制度の導入は非常に重大であるということを再度指摘して質疑を終了いたします。



○議長(山本忠司君) 

 他に質疑はございませんか。−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております4議案についてはいずれも委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております4議案については、いずれも委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論・採決は1件ごとに行います。

 まず報告第1号について討論に入ります。討論の通告がありますのでこれを許します。

 まず瀬川 覚議員。



◆2番(瀬川覚君) (登壇)

 私は日本共産党藤井寺市会議員団を代表して、報告第1号、専決処分の承認を求めることについて(市税条例等の一部改正)について反対の討論をいたします。軽自動車税の増税時期の延期措置などは承認します。しかしながら、マイナンバー制実施に向けた条例改定は見過ごすことができません。

 既に現在の国会においては、制度の施行前にもかかわらず、番号制度の適用範囲を拡大する法改定が審議され、その対象は預貯金口座、特定健診、予防接種の履歴などにも拡大されようとしています。システムの構築に莫大な費用がかかり、番号を扱う事業所の負担と責任も重く、このまま施行するのは危険だという声が出ているにもかかわらず、政府や財界は適用範囲の拡大に前のめりです。市民の暮らしを守る責任を持つ地方自治体としては本制度の問題点、市民生活への影響など十分検討しなければなりません。そもそも国民を番号で管理し、税務、社会保障だけでなく預貯金や医療データもリンクさせ一括でわかるようにするなど驚くべき管理国家への道であり到底容認できません。イギリスでは国民の反対で、共通番号は挫折です。ドイツは税務に限定され、フランスでは社会保障に限定されています。アメリカ・カナダでは社会保障番号は官民のさまざまな分野で利用されていますが、取得は任意とされています。先進7カ国で生涯普遍の番号が全ての国民に付される、このマイナンバー制度のような制度を採用している国はないのが現状です。ドイツではナチスによる国民会議の経験から、こうした共通番号は憲法違反とされているほどです。したがって、マイナンバー制度にかかわる市税条例の一部改正は承認できません。

 またこうした重大な中身をもった制度に係る条例改定は、義務的履行に係るものであっても緊急性をもたないものは、議会で十分な審議をすべきだと考えます。

 以上反対討論といたします。



○議長(山本忠司君) 

 次に畑 謙太朗議員。



◆10番(畑謙太朗君) (登壇)

 私は改革ふじいでら代表といたしまして、市税条例等の一部を改正する条例案の専決処分につきまして、賛成の立場から討論を行います。

 今回の本市条例改正議案は地方税法が本年3月末に改正、施行されたことに伴い、関連条例である市税条例を改正し、法律と条例との整合を図るものでございます。固定資産税の軽減延長、個人市民税ではふるさと納税に対するワンストップサービスの導入や、軽自動車税のグリーン化特例の納入、原付2輪などの税率変更1年延長など、納税者の負担が少しでも軽減できる内容となっております。今後も税の公正を保ち、歳入の柱となる税収の確保を行っていただくことを期待いたしまして賛成討論といたします。



○議長(山本忠司君) 

 他に討論はございませんか。−−討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案はこれを承認することに賛成の議員の起立を求めます。

     [起立多数]



○議長(山本忠司君) 

 起立多数と認めます。

 よって本案は承認することに決しました。

 次に報告第2号について討論に入ります。討論はございませんか。−−討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案はこれを承認することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は承認することに決しました。

 次に報告第3号について討論に入ります。討論はございませんか。−−討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案はこれを承認することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は承認することに決しました。

 次に報告第4号について討論に入ります。討論はございませんか。−−討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案はこれを承認することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は承認することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第14 議案第44号についてを議題といたします。

 この際、議事の都合により松浦副市長の退席を求めます。

 提案理由の説明を求めます。

 國下市長。



◎市長(國下和男君) (登壇)

 議案第44号、藤井寺市副市長の選任につき同意を求めることにつきまして、その提案理由を説明申し上げます。

 本年5月31日をもって現副市長松浦信孝君の任期が満了いたします。つきましては引き続きご就任いただくことが適当であると存じますので、地方自治法第162条の規定により、議会のご同意をお願いするものでございます。なお経歴等につきましては、議案書24ページに記載のとおりでございますので、勝手ながら説明を省略させていただきます。何とぞよろしくご同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はございませんか。−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま議題となっております議案については、委員会付託及び討論を省略することに決しました。

 これより採決に入ります。

 本案はこれに同意することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決しました。

 この際、ただいま副市長に再任されました松浦副市長によりご挨拶の申し出がありますので、これを許します。



◎副市長(松浦信孝君) (登壇)

 議長のお許しを得まして、貴重なお時間を頂戴し、私の副市長選任の議案に対しまして、議会としてのご同意を賜りましたことにつきましてお礼のご挨拶と再任に当たりましての所信を申し述べさせていただきます。

 今回実施されました統一地方選挙におきまして、國下市長が3期目の当選をされ、本日ご出席の14名の市議会議員の皆様が市民の信任を得られ、向こう4年の藤井寺市の市政運営を担われることとなり、行政運営面において、その一躍を担わせていただく副市長という大任を果たすことのご同意いただき、選任されましたことは、私自身にとりまして、この上なき光栄であり喜びでありますとともに、引き続きその重責を果たしていけるのかと考えますと、いささかの不安もございますが、國下市長からの適宜のご指導、ご教授、また議員皆様のご指導、ご鞭撻、また同僚職員のご支援、ご協力によりまして、市民福祉の向上、市民目線での市政の推進という地方自治の原点を忘れることなく、みずからの職責を自覚し、藤井寺市のさらなる発展に寄与すべく日々精進してまいりたいと考えております。

 向こう4年は、藤井寺市民にとりましても、大きな変化を生じ、大阪全体におきましても、広域行政、大都市制度のあり方の大きな転換点を迎えるとの認識をもっております。國下市長が公約されました藤井寺市のさらなる発展のための政策の具体化を図るとともに、常に市民目線を忘れず、市民の皆様とともに藤井寺市をもっと住みよいまちにしていこうという意識をもって職務の遂行に全力を尽くしてまいります。議員の皆様にはこれまでのご厚情に感謝をいたしますとともに、引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますことを切にお願いいたしまして、再任、同意につきましての心からのお礼のご挨拶とさせていただきます。まことにありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第15 議案第45号についてを議題とし、提案理由の説明を求めます。

 松浦副市長。



◎副市長(松浦信孝君) (登壇)

 議案第45号、藤井寺市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

 その提案理由をご説明申し上げます。議案書は25ページをお開き願います。

 現在教育委員会委員にご就任いただいております、藤本英生氏並びに福村尚子氏の任期が来る5月31日をもって満了いたします。つきましては、引き続きご就任いただくことが適当であると存じますので、地方教育行政の組織、及び運営に関する法律第4条第2項の規定により、議会のご同意をお願いするものでございます。

 なお、藤本氏並びに福村氏の経歴等につきましては、議案書の26ページから27ページに記載のとおりでございますので、勝手ながら説明を省略させていただきます。

 以上、議案第45号の提案理由でございます。

 何とぞよろしくご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はございませんか。−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託及び討論を省略することに決しました。

 これより採決に入ります。

 本案はこれに同意することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第16 議案第46号についてを議題とし、提案理由の説明を求めます。

 松浦副市長。



◎副市長(松浦信孝君) (登壇)

 議案第46号、藤井寺市公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて、その提案理由をご説明申し上げます。議案書は28ページをお開き願います。

 現在公平委員会委員にご就任いただいております、朝田一三氏の任期が来る5月31日をもって満了いたします。つきましては、引き続きご就任いただくことが適当であると存じますので、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、議会のご同意をお願いするものでございます。なお経歴等につきましては、議案書の29ページに記載のとおりでございますので、勝手ながら説明を省略させていただきます。

 以上議案第46号の提案理由でございます。何とぞよろしくご同意賜わりますようお願い申し上げます。



○議長(山本忠司君) 

 提案理由の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑はございませんか。−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託及び討論を省略することに決しました。

 これより採決に入ります。

 本案はこれに同意することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本忠司君) 

 次に、日程第17 議会運営委員会の所管事項に関する調査についてを議題といたします。

 本件につきましては、議会運営委員会より委員会の所管事項に関し、平成31年5月16日までの間、閉会中も調査したいための申し出がありました。

 お諮りいたします。

 本件については、議会運営委員会の申し出のとおり決することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(山本忠司君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員会の所管事項に関し、平成31年5月16日までの間、閉会中も調査することに決しました。

 以上で本日の議事日程は全部終了いたしますとともに、本臨時会の付議案件は全て議了いたしました。

 臨時会の閉会に当たり、市長より挨拶をお受けすることにいたします。

 國下市長。



◎市長(國下和男君) (登壇)

 平成27年第1回臨時市議会の閉会に当たりまして、一言お礼のご挨拶を申し上げます。

 本臨時市議会の開会に当たり、早朝より議員皆様のご出席をいただき、提案申し上げました案件につきましてご承認を賜りましたことに厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 また本日、ご選出されました新役員の皆様並びに議員皆様には引き続きご指導、ご協力を賜りますようよろしくお願いを申し上げる次第でございます。今後の市政運営につきましては、これまでの立て直しの4年、及び発展・飛躍の4年の計8年間でつくり上げてきた成果をもとに、これから4年間を納得実感の4年と位置づけ、議員皆様を初め、市民の皆様の目に見える形で藤井寺市を発展させてまいりますので、何とぞよろしく一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いを申し上げます。

 終わりになりましたが、議員皆様のますますのご活躍とご健勝をお祈りをいたしまして、閉会に当たりましてのお礼の挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。



○議長(山本忠司君) 

 それでは、これをもちまして平成27年藤井寺市議会第1回臨時会を閉会いたします。ご協力ありがとうございました。

     午後3時43分 閉会