議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 藤井寺市

平成26年 12月 総務建設常任委員会 日程単位




平成26年 12月 総務建設常任委員会 − 12月10日−01号









平成26年 12月 総務建設常任委員会



               総務建設常任委員会会議録

日時    平成26年12月10日(水曜日)      午前10時00分 開会

                            午前10時15分 閉会

場所    藤井寺市役所 8階委員会室

付議案件  1.付託議案審査

出席委員  畑 謙太朗委員長   瀬川 覚副委員長

      本多 穣委員     岩口寛治委員

      西村政幸委員     岡本 光委員

      麻野真吾委員     (欠員1名)

欠席委員  なし

説明員   市長                      國下和男

      副市長                     松浦信孝

      教育長                     多田 実

      総務部長                    北本義和

      同理事兼次長兼総務課長             田中祥訓

      同次長兼政策推進課長              東野桂司

      同副理事兼行財政管理課長            田村誠三

      同副理事兼人事課長               平 道雄

      市民生活部長                  黒岡博幸

      同次長                     井上昌弘

      同次長兼税務課長                木田茂利

      同清掃課長                   西矢 進

      健康福祉部長                  藤田茂行

      同次長兼高齢介護課長              清水哲夫

      同副理事兼福祉総務課長             田中健司

      同健康課長                   伊藤博文

      同こども育成室長                小山起久二

      同こども育成室保育幼稚園課長          白江和弘

      都市整備部長                  金森俊幸

      同次長兼危機管理課長              藤井 勲

      同危機管理課参事                野口敏久

      同副理事兼下水道課長              段野伸之

      同下水道課参事                 木村 浩

      同下水道課参事                 岡本敏雄

      同副理事兼道路水路課長             大森克人

      水道局長                    河野浩志郎

      同次長兼庶務課長                小川久人

      同副理事兼お客様サービス課長          吉川和則

      同施設課長                   吉田重孝

      教育部長                    山植和男

      同理事兼次長                  西留俊春

      同副理事                    森川昌幸

      同副理事兼教育総務課長             山田健次

      同学校統合準備室長               高木康晴

      同文化財保護課長                上田 睦

      選挙管理委員会事務局長             和田晋司

      同事務局次長                  米倉親三

      同事務局参事                  小西浩幸

          午前10時00分 開会



○畑謙太朗委員長 

 おはようございます。

 ただいまから総務建設常任委員会を開会いたします。

 本日の案件は、過日の本会議で当委員会に審査を付託されました議案3件及び請願1件について精査を行うものでございます。審査の順につきましては、お手元の付託表のとおり、議案番号順に適宜説明員を入れかえ、議事を進めていくこととし、最後に請願第1号の審査を行いたいと思いますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 開会に当たりまして、市長より挨拶をお受けすることにいたします。

 國下市長。



◎國下和男市長 

 おはようございます。

 議員の皆様方におかれましては、本日の総務建設常任委員会にご出席を賜り、まことにありがとうございます。本日、付託されている案件につきまして、よろしくご審議、ご可決賜りますようよろしくお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますけれども開会に当たりましての挨拶ということにさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○畑謙太朗委員長 

 それでは、これより議事に入ります。

 まず、議案第54号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

 瀬川委員。



◆瀬川覚副委員長 

 補正予算書の34ページ、35ページです。教育費、小学校費、学校管理費の委託料、市立各小学校地震補強工事に伴う設計業務委託料3,310万円についてお尋ねします。西小と南小の地震補強を工事というふうにお聞きしています。

 工事の予定、見通しについてお聞かせください。



○畑謙太朗委員長 

 山田副理事。



◎山田健次教育部長副理事兼教育総務課長 

 答弁申し上げます。

 補正予算を認めていただいたのち、藤井寺南、西小学校では、耐震補強工事の設計にかかりまして、工事は両校とも平成28年7月に始まり平成28年11月に終わる予定でございます。なお、藤井寺南小学校の西館につきましては、建てかえが必要なため、翌年の秋頃に工事終了予定となっております。

 以上でございます。



○畑謙太朗委員長 

 瀬川委員。



◆瀬川覚副委員長 

 これは、統合決定されたときに耐震の計画が新校統合に合わせる形で先延ばしされた。それを心配されていたところですからぜひ遅滞なく行ってください。

 続いて38ページ、39ページ、教育費、社会教育費文化財保護課の公有財産購入費です。土地購入費。2点確認させていただきます。

 まず、こちらは史跡指定まだされていませんが、史跡指定の予定、どのようになっておりますでしょうか。



○畑謙太朗委員長 

 上田課長。



◎上田睦教育部文化財保護課長 

 答弁申し上げます。

 唐櫃山古墳と城山古墳の買い上げ対象地につきましては、平成26年7月末に文化庁に対して史跡古市古墳群に追加指定する形で意見具申書を提出しております。

 平成26年10月に開催された文化庁文化審議会第三専門調査会で審議され、一部マスコミで報道されましたように、11月21日に開催された文化庁文化審議会文化財分科会で議決され、文部科学大臣に史跡追加指定の答申がなされました。

 今後のスケジュールは、平成27年3月上旬から中旬に官報で告示され、正式に史跡古市古墳群に追加指定されることになります。

 ご理解賜りますよう、お願いします。



○畑謙太朗委員長 

 瀬川委員。



◆瀬川覚副委員長 

 続いて、現在財政的に厳しいということです。土地購入費2億5,000万、かなりの金額です。今補正予算にあげている理由、お聞かせください。



○畑謙太朗委員長 

 上田課長。



◎上田睦教育部文化財保護課長 

 答弁申し上げます。

 今回の土地購入費につきましては、文化庁や庁内各関係部署との調整の結果、金額が多額になることが見込まれることから、単年度の支出を抑えることのできる先行取得方式での買い上げを考えております。買い上げ時期につきましては、所有者が早期買い上げを要望されていることも合わせまして、平成27年3月の史跡追加指定後、平成26年度末までの時期を考えさせております。

 手続きとしましては、平成26年11月に先行取得事前確認申請書を文化庁長官に提出しており、平成27年度予算案が閣議決定されれば、文化庁から先行取得事前確認通知書が発行され、国庫補助事業として認められ、平成26年度内での買い上げの実施が可能となります。

 このことから3月中に買い上げを実施するため、今回補正予算案として計上させていただいております。

 ご理解賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○畑謙太朗委員長 

 瀬川委員。



◆瀬川覚副委員長 

 もう一点確認なんですが、これは保証については、既に終わっているわけですが、保障とは別のことでそういう先ほど先方の希望もありと、なるべく早くということをおっしゃっていただきましたけども、それとは別に多額になるということで国保上得られるための方式をとるためにこの時期にしたということでよろしいでしょうか。



○畑謙太朗委員長 

 上田課長。



◎上田睦教育部文化財保護課長 

 そのとおりでございます。

 先行取得のほうが市の中の財政で平準化されるということでそちらのほうを考えました。



○畑謙太朗委員長 

 他に質疑はございませんか。

 西村委員。



◆西村政幸委員 

 それでは、質問というより要望だけ申し上げておきたいと思います。

 今同僚議員からも質疑ありましたけども、35ページでございます。教育総務課のほうの地震設計補強工事に伴う設計業務委託料ということでいろいろスケジュールの確認等がございました。

 今回、凍結に伴ってやはり保護者のみなさまもかなりいろんな意味でナーバスになってらっしゃるようなことを感じております。特に西小については校舎自体も少し関連しての話ですけれども、古くなってていろんな意味でこの1年間の間にこんなことがあったやないかというような話も聞いているところでございまして、そういう意味ではしっかり保護者の皆さんも含めた安心を担保するような情報徹底のほうをお願いしておきたいと思います。

 それと、もう一点だけ。39ページ、今これも同僚議員のほうから話がございましたが、文化財のことですけれども、これは国と市が8対2でという費用の面ですけれどもこれも非常に市にとっては大変なことでございます。この費用負担の部分については、しっかりと府なり国のほうに申し入れは適時してもらっているみたいですけれども、重ねてお願いするとともにこれについては私たちもしっかりと私たちの立場で頑張っていきたいなと、こう思っておりますのでよろしくお願いいたします。

 以上です。



○畑謙太朗委員長 

 他に質疑はございませんか。

          [「なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

          [「なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

          [「異議なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 この際、説明員の入れかえのため、暫時休憩いたします。

          午前10時08分 休憩

          午前10時09分 再開



○畑謙太朗委員長 

 それでは休憩前に戻り、議事を続行いたします。

 議案第57号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

          [「なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

          [「なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

          [「異議なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第58号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。

 質疑はございませんか。

          [「なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

          [「なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

          [「異議なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、請願書の質疑に入りたいと思いますが、紹介議員の着席等のため暫時休憩いたします。

          午前10時11分 休憩

          午前10時13分 再開



○畑謙太朗委員長 

 休憩前に戻り、会議を続行いたします。

 請願第1号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

          [「なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 紹介議員の退席を求めます。

          [紹介議員退席]



○畑謙太朗委員長 

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

 瀬川委員。



◆瀬川覚副委員長 

 私は請願第1号藤井寺市議会議員の定数をこれ以上削減しない請願について、賛成の討論を行います。

 地方自治は現憲法で確立された民主主義を保証する制度であり、地方議会における議員定数は民主主義を保証する適正な人数を確保しなければなりません。議員定数の更なる削減は、地方政治における議会の弱体化をもたらします。請願理由にあるように、議会・議員は市民の代表として市政執行をチェックし、市民の声を受けとめて市政に反映する重要な仕事を担っています。

 また、子ども、若者、子育て、働く人、高齢者と多様な世代の市民諸階層の願い、さらには女性議員の参加を市政に位置づける観点も重要です。

 任意を議会に十分反映させることに逆行する更なる議員定数の削減はするべきではありません。

 以上賛成討論とします。



○畑謙太朗委員長 

 他に討論はございませんか。

          [「なし」の声あり]



○畑謙太朗委員長 

 討論なしと認めます。

 よって討論を終結いたします。

 これより採択に入ります。

 本請願を採択すべきものとすることに賛成の委員の挙手を求めます。

          [挙手少数]



○畑謙太朗委員長 

 賛成少数と認めます。

 よって本請願は不採択とすることに決定いたしました。

 以上で、付託議案の審査は終了いたしました。

 委員会の閉会に当たり、市長より挨拶をお受けすることにいたします。

 國下市長。



◎國下和男市長 

 慎重なるご審議を賜りまして、まことにありがとうございます。付託されました案件について全て議了、ご可決賜りましたことに対しまして、心から厚く御礼を申し上げます。閉会に当たりましての挨拶ということにさせていただきます。ありがとうございました。



○畑謙太朗委員長 

 それでは、これをもちまして総務建設常任委員会を閉会いたします。

 ご協力ありがとうございました。

          午前10時15分 閉会



藤井寺市議会委員会条例第30条の規定によりここに署名する。



   藤井寺市議会

   総務建設常任委員会 委員長