議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 藤井寺市

平成26年  6月 定例会(第2回) 06月20日−03号




平成26年  6月 定例会(第2回) − 06月20日−03号









平成26年  6月 定例会(第2回)



            平成26年第2回定例会

           藤井寺市議会会議録(第3号)

                     平成26年6月20日(金曜日)

                     午前10時開議

◯議事日程(第3号)

  日程第1 一般質問

      ◯改革ふじいでら

       [代表質問・個人質問]

      ◯政新クラブ

       [代表質問]

      ◯藤政会・維新の会藤井寺

       [個人質問]

  日程第2 報告第2号 平成25年度藤井寺市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について

       報告第3号 平成25年度藤井寺市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について

       報告第4号 平成25年度藤井寺市水道事業会計継続費繰越計算書の報告について

       報告第7号 藤井寺市土地開発公社の経営状況及び清算結了の報告について

       報告第8号 公益財団法人藤井寺市地域サービス公社の経営状況の報告について

       報告第9号 公益財団法人藤井寺市勤労者互助会の経営状況の報告ついて

  日程第3 報告第5号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度藤井寺市駐車場特別会計補正予算(第1号))

       報告第6号 専決処分の承認を求めることについて(平成26年度藤井寺市国民健康保険特別会計補正予算(第1号))

  日程第4 議案第23号 執行機関の附属機関に関する条例の一部改正について

       議案第24号 藤井寺市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正について

       議案第25号 市税条例等の一部改正について

       議案第26号 藤井寺市立市民総合会館条例の一部改正について

       議案第28号 平成26年度藤井寺市一般会計補正予算(第1号)について

       議案第29号 特別職等の職員の給与の特例に関する条例の制定について

  日程第5 議案第27号 損害賠償の額の決定及び和解について

  日程第6 議会議案第5号 藤井寺市農業委員会委員の推薦について

◯本日の会議に付した事件

  日程第1〜日程第6まで

◯出席議員(14名)

       1番 本多 穣君       2番 片山敬子君

       3番 瀬川 覚君       4番 西条孝子君

       5番 岡本 光君       6番 西村政幸君

       7番 岩口寛治君       8番 西野廣志君

       9番 山本忠司君      10番 畑 謙太朗君

      11番 麻野真吾君      12番 清久 功君

      13番 田中光春君      14番 (欠員)

      15番 (欠員)       16番 石田隼人君

◯地方自治法第121条の規定による出席者

        市長       國下和男君

        副市長      松浦信孝君

        教育長      多田 実君

        総務部長     北本義和君

        総務部理事兼次長兼総務課長

                 田中祥訓君

        市民生活部長   黒岡博幸君

        健康福祉部長兼  藤田茂行君

        福祉事務所長健康福祉部こども育成室長

                 小山起久二君

        都市整備部長   金森俊幸君

        病院事務局長   福田隆秀君

        水道局長     河野浩志郎君

        教育部長     山植和男君

        教育部理事    西留俊春君

        選挙管理委員会事務局長併監査委員事務局長併公平委員会事務局長併固定資産評価審査委員会事務局長   和田晋司君

        総務課参事    糟谷健司君

◯議会事務局出席者

        事務局長     川口勇治君

        事務局次長    角田伸夫君

        事務局チーフ   中瀬 優君

        事務局主事補   森脇香奈君

     午前10時00分 開議



○議長(岡本光君) 

 おはようございます。

 ただいまから定例会を再開し、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 それでは、これより議事に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡本光君) 

 日程第1 一般質問についてを議題とし、各会派の代表質問並びに個人質問を行います。

 まず、改革ふじいでらの代表質問を1問1答形式で行います。

 9番 山本忠司議員。



◆9番(山本忠司君) (登壇)

 おはようございます。改革ふじいでらの山本でございます。会派を代表いたしまして質問をさせていただきます。

 まずは1点目の都市計画道路八尾富田林線の整備事業について、(1)事業再開に向けた取組みについてのア.現在の進捗状況についてお伺いいたします。

 この都市計画道路八尾富田林線は大阪府の財政難を理由に平成20年度から22年度まで藤井寺事業区間については一時休止とされ、平成23年度策定の大阪府都市整備中期計画案においても、依然として休止として取り扱われております。しかし近い将来、高い確率で発生するであろうとされている東南海・南海地震発生時などの防災上の観点からも八尾空港の広域防災拠点へ直結する道路として食糧や水、医療救援活動などに重要な役割を果たす幹線道路であります。また一方で完成後は大阪方面からの本市への玄関口の一つとなり、地域経済の活性化につながる重要な道路だと考え、早期に実現を願うところでございます。

 そこで、まずはアの現在の進捗状況についてお聞かせください。

 あとの質問につきましては、自席で行わせていただきますので、よろしくお願いいたします。



○議長(岡本光君) 

 これより理事者に答弁を求めます。

 まず1点目の(1)のアについて、金森都市整備部長。



◎都市整備部長(金森俊幸君) (登壇)

 1.都市計画道路八尾富田林線の整備事業について、(1)事業再開に向けた取組みについて、ア.現在の進捗状況について答弁申し上げます。

 都市計画道路八尾富田林線は大阪中央環状線と大阪外環状線の環状機能を補完し、八尾空港における広域防災拠点や南阪奈道路へのアクセス機能を確保するため、八尾市から藤井寺市西部を経由して富田林市までを南北に結ぶ重要な幹線道路でございます。近い将来の発生が確実視されております東南海・南海地震に備え、防災関連道路としての必要性がますます高まっており、本路線の整備は急務であると考えております。

 しかし現在の整備済み延長は全整備延長11.4キロメートルに対し、1.6キロメートルであり、全線整備にはまだ多くの期間を要すると思われます。現在、事業主体である大阪府では府道大阪羽曳野線から府道堺大和高田線までの約1.6キロメートルの区間につきまして事業費が膨大になることから、コスト削減に向けた事業計画の見直しが検討されております。

 本年度におきましては、関係市とともに都市計画素案を作成し、都市計画変更に向けた手続を進めると伺っております。本市におきましても関係市と連携しながら早期に事業が再開されるよう、引き続き大阪府に働きかけてまいります。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 1点目の(1)のアについて、理事者の答弁が終わりました。

 これより通告に基づいて、順次質問並びに再質問に入ります。

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 本市において、関係市と連携しながら早期に事業が再開できるよう取り組まれていくということですが、私は広域防災拠点の八尾空港がある八尾市とは特に連携が必要ではないかと思うんですけども、その辺いかがでしょうか。



○議長(岡本光君) 

 金森部長。



◎都市整備部長(金森俊幸君) 

 答弁申し上げます。

 大阪府は八尾空港隣接地に中部広域防災拠点を整備され、この広域防災拠点内には広域医療搬送拠点も整備されております。

 この施設は、巨大地震などの災害時には、患者の応急手当てを行った後、空路で被災地外の病院に搬送させる拠点であり、医療資機材や通信回線が常設された臨時医療施設であります。このことからも、本市から広域防災拠点への重要なアクセス路となる都市計画道路八尾富田林線のうち、府道大阪羽曳野線から都市計画道路大阪柏原線までの八尾市域での早期着手が急務であると認識しております。

 このような搬送拠点が設置されている八尾市との連携につきましては、八尾富田林線整備促進協議会の構成市として日ごろから情報交換や要望活動など積極的な連携に努めております。また国や大阪府への要望におきましても、八尾市では八尾富田林線の早期着手を要望されております。本市といたしましても、今後とも八尾市と情報の共有化や要望活動はもちろんのこと、再開に向けた大阪府に対するさまざまな協力体制についても連携してまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 ありがとうございます。

 それでは、次にイ.実現することによる効果についてお伺いいたします。

 この八尾富田林線は防災面で重要な道路である一方で、本市の地域経済の活性化につながる重要な道路であると思いますが実際、実現することによってどのような効果があらわれると考えておられるのかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 金森部長。



◎都市整備部長(金森俊幸君) 

 答弁申し上げます。

 都市計画道路八尾富田林線は、大阪中央環状線と大阪外環状線の環状道路機能を補完することで新たな環状ラインの一部を形成するとともに、中河内地域及び南河内地域の交通網の飛躍的な向上に資することはもとより、物流と交通インフラの整備による広域的交流や産業活動の促進など圏域の均衡ある発展に寄与する重要な広域的な幹線道路でございます。また地域のまちづくりの観点から申しますと、地域で暮らす人たちの日常的な自動車利用、地域開発や大規模住宅の建設に伴って発生する自動車の円滑で安全な処理、歩行者の安全性や快適性の確保のために必要であるとともに、街路は市街地の街区を構成し、沿道の市街化を誘導する機能を持っておりますので、企業等の進出によって経済活動が活発化するなど都市の基盤としてのまちづくりの方向性を決める重要な役割を担う道路であると考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 企業などの進出も考えられるということですが、そこで関連してお伺いいたしますが、この計画道路の沿線にシャープの藤井寺物流センターがあります。この物流センターが閉鎖されると聞き及んでおります。そして閉鎖後には、藤井寺市の部分だけでも約7万6,000平米ある土地を売却されると伺っておりますが、そこで現時点でわかっていることがあればお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 黒岡市民生活部長。



◎市民生活部長(黒岡博幸君) 

 答弁申し上げます。

 シャープの藤井寺物流センターの閉鎖につきましては、ことしの2月6日にシャープの担当の方が藤井寺市商工会に藤井寺物流センターを閉鎖する旨の挨拶に訪れられたということでございました。その話を受けまして後日、商工観光課長が商工会事務局長とともにシャープの藤井寺物流センターにお伺いし、担当の方に確認を行いました。その担当の方のお話では、八尾富田林線の東側の倉庫はそのままの形態を保って営業を続けますが、八尾富田林線の西側の物流センターは今年度内に閉鎖するとのことでございました。

 閉鎖後の措置といたしましては、売却措置になるのではないかということでございますが、今の時点では明確なことはわかっておりません。いずれにいたしましても藤井寺市の部分だけでも、先生がおっしゃいました約7万6,000平方メートル、松原市の部分を含めますと8万平方メートルを超える面積の土地でございますので、その動向を見据えながら情報収集に努めてまいりたいと思っておりますので、よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 ありがとうございました。

 ご答弁によりますと、松原市の部分を含めますと約8万平米ですか。かなり広い土地です。ですので、それなりの企業が来ていただければなと思いますので、できるだけ早く情報をキャッチしていただき、できれば市長みずからがトップセールスで企業誘致など動いていただければと思いますので、市長どうかよろしくお願いいたします。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 それでは次に、ウ.今後の取組みと見込みについてお伺いしますが、本市において早期の事業再開に向けて、今後はどのような取り組みをしていくのか、また見込みについてはどうなのかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 金森都市整備部長。



◎都市整備部長(金森俊幸君) 

 答弁申し上げます。

 都市計画道路八尾富田林線のうち、府道大阪羽曳野線から府道堺大和高田線までの藤井寺事業区間は平成24年3月策定の大阪府都市インフラ政策の総合指針として、おおむね30年先を見通しつつ、当面の10年間を対象とした大阪府都市整備中期計画(案)で休止として扱われております。平成25年度には、この中期計画(案)の見直しを予定されていましたが、財政構造改革プランが1年延期されたことで事業計画の見直しが行われなかったと伺っておりますので、現時点でも事業の休止扱いに変わりはございません。

 現在、大阪府において事業再開に向けた検討を進めている中、立体交差箇所の平面交差化や6車線から4車線への縮小など構造や車線数の変更で一定のコスト縮減が可能であることが確認されております。

 今後の事業再開に向けた取り組みと見込みにつきましては、さきの大阪府議会の2月定例会において、「藤井寺市域における八尾富田林線の現在の進捗状況と今後の取り組みについて」として、岡田義信府議会議員が一般質問されております。この質問に対しまして、大阪府の村上都市整備部長は、「一定のコスト縮減が可能であると確認したことから、平成26年度においては関係市とともに都市計画素案を作成することとしており、引き続き都市計画変更に向けた手続を進める。」と前向きな答弁をされています。本市としましては、都市計画道八尾富田林線の事業再開に向けた都市計画変更のため、大阪府との協議をこれまで以上に密にするとともに、都市計画素案ができるだけ早期に策定されるように協力してまいりたいと考えております。また一方で、今後とも八尾富田林線整備促進協議会の構成各市にあっては、事業推進のための連携協力体制を強化するとともに推進効果をより一層高めるためのさまざまな活動を展開し、八尾富田林線の早期実現に向けて、粘り強く働きかけてまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 ありがとうございました。

 大阪府では、本年度において都市計画素案を作成することとしているとのご答弁をいただきましたので、一定の前進はしているのではないかと理解いたしました。ですので、この項につきましては要望して終わりたいと思います。

 私は、この八尾富田林線は藤井寺市の将来にかかわる大きな事業ではないかなと考えております。この道路は防災関連の道路としてや地域の発展、振興につながるほかに動向によっては本市のいまだに未整備地域の下水道計画にもかかわってきます。また八尾富田林線の事業が再開し進むことによって、府道堺大和高田線を越え南に延びていけば近鉄南大阪線に当たり、そのとき藤井寺市の大きな課題である近鉄線の高架の話にもつながってくるのではないかとこのように思いますので、今後とも関係機関とは十分に連携を図っていただき、引き続きこの都市計画道路、八尾富田林線の休止区間の早期事業再開、そして実現に向けて取り組まれることを要望しまして、この項は終わりにしたいと思います。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 次に2点目の本市独自の観光資源を活かした取組みについて、(1)藤井寺市まちなか観光創造プランについてのア.基本方針について質問をさせていただきます。

 地域資源を生かした取り組みは、いまや全国各地で行われております。本市におきましても古墳や寺社・仏閣、小山うちわなど藤井寺市固有の地域資源が豊富にあり、これらをいかに効率的に活用しながら観光客を誘客し、市の活性化につなげていくかが重要ではないかと考えます。そして本市において、このたび藤井寺市まちなか観光創造プランを策定され、より多くの訪問者をひきつける魅力ある観光都市づくりに取り組まれております。

 そこで、このプランの中の基本方針に「豊かな歴史の中にふだん使いの地域文化がきらめくまち藤井寺」とありますが、これはどのようなまちを創造していこうとされているのかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 黒岡市民生活部長。



◎市民生活部長(黒岡博幸君) 

 答弁申し上げます。

 まず、この藤井寺市まちなか観光創造プランの作成に当たりましての少し背景から申し上げます。近年、観光のあり方を見てみますと、物見遊山的な観光から地域そのものの魅力を楽しむ観光へと変化してきております。また観光振興に取り組む目的も住民の地域への誇りの醸成や地域産業への寄与、まちの魅力向上など多様化するとともに、その重要性を増しております。本プランは、このような観光を取り巻く環境の変化の中、本市の観光のあり方を捉え、今後の観光振興に関する指針を明らかにし、戦略的な取り組み、展開を目指し策定したものでございます。

 この観光振興の方針として、まず藤井寺市まちなか観光創造プランは大きく分けて、第1章藤井寺市の観光の現状、第2章観光ニーズ調査、第3章藤井寺市の観光資源と情報発信の現状、第4章藤井寺市の観光振興に向けた課題分析、第5章藤井寺市の観光振興方針から構成されております。その第5章の藤井寺市の観光振興方針の中で「豊かな歴史の中に、普段づかいの地域文化がきらめくまち藤井寺〜まちなか観光の創造〜」とあります。ここでは積極的に本市へと誘致するコアターゲットとして、南大阪地域に居住する団塊ジュニア世代の女性を設定し、あわせて深めるターゲットとして「大阪府下の団塊世代」、広げるターゲットとして「大阪府を訪れる全国の地域文化好き観光客」を設定しているところでございます。その理由は、本市においては歴史資源は主要な観光資源ではございますが、観光化されていない資源もあることが挙げられ、年代別に見てみますと、団塊の世代など現在の歴史資源目的の主要な観光客は今後も一定の増加は見込まれますが現状、消費行動が少なく、リピート率も低い。また観光化されていない資源は、本市において現在主要な観光客層とはなっていない、若い世代における楽しみ方としてニーズが高い。などの分析結果によるものでございます。

 そこで、これら夕一ゲットを念頭に本市の観光振興を進めていくためには、歴史資源の魅力を新たな切り口から紹介していくとともに、市民のまちでの暮らしぶりや楽しみ方といった、これまで大きくは取り上げられてこなかった本市ならではの「普段づかい」のまちの魅力を発信していくことが必要となります。

 今後、目指すまちの姿といたしましては、本市の豊かな歴史の魅力と、ぶらっと食べ歩きなどができるような市民の「普段づかい」のまちの暮らしと、その中にきらめく地域文化の魅力の組み合わせを楽しむ「まちなか観光」を創造していくことで、何度来ても楽しめる藤井寺市を想像していただければよいかと思っております。

 本プラン推進により、「若い方にもちょっとした出かけ先として、地元のふだんの暮らしを楽しむように思い思いに散策できるまち」、また「歴史初心者には気軽に、歴史好きにはより一層深く歴史文化に親しめるまち」一方、遠方から世界遺産候補の古墳群を見に来られた方には「大阪らしさを味わってもらえるまち」、そのような本市の将来像を実現させたいと考えております。あわせて地元の住民にとりましても、集客や消費行動の活性化による経済の活性化や、地域の魅力創出により「住み続けたいまち」へとつながるものと認識いたしておりますので、よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 ありがとうございました。

 それでは、次にイ.計画期間の実行計画についてお伺いいたします。

 このプランの計画期間を10年間とされております。そして10年後には、より多くの人々が藤井寺市を訪れ、楽しむようになるでしょうとありますが、まず初めにどのような取り組みをし、また中長期的にはこの計画をどのように進めていこうとされているのかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 黒岡部長。



◎市民生活部長(黒岡博幸君) 

 答弁申し上げます。

 まず初めに、まちなか観光創造プログラムといたしまして、本計画により設定いたしましたコアターゲット「南大阪の団塊ジュニア女性」向けの取り組みに着手してまいります。平成26年度におきましては、先行して実施しているオフィシャルキャラクター「まなりくん」による観光PRと並行しながら、その活動母体である「まなりくんサポート隊」に参加していただいている市民の方々や事業者の方々などと協働し、市内の地域資源の楽しみ方をつくり出す観光コンテンツ開発を推進してまいります。

 この活動推進に当たりましては、コアターゲットの「南大阪の団塊ジュニア女性」を念頭に、今まで観光の対象としては気づかれなかったターゲットが好む場所や店舗、催しなどの洗い出し、さらにはPRコンセプトやアピールポイント、イメージの演出等を工夫しながらモデルプランを検討するなど、新たなまちの楽しみ方の創出へとつなげてまいります。

 一方、とにかく藤井寺を知ってもらうことも大事になります。過去には藤井寺と言えば、藤井寺球場とよく言われましたが、球場がなくなって以来、プロ野球関連のニュースにも取り上げられることもなくなり、メディアに露出することもほとんどなくなりました。

 そこで、情報発信プロモーションプログラムの実施に向け、多様な情報発信策もあわせて展開してまいりたいと存じます。短期的には、各種民間メディアとの連携等に取り組んでまいりたいと存じます。取り組みに際しましては、コアターゲットに向け訴求するイメージに合致した雑誌等を選択し、連携してまいりたいと考えており、地域のターゲットや情報を熟知し編集手法にも長けている近畿圏や南河内地域に拠点を置く雑誌社等と重点的に連携を深めてまいります。

 また、インターネットを活用した発信につきましても、観光協会とも連携しながらホームページやSNSソーシャルネットワークサービスを用いて積極的に情報発信し、新しい地域イメージの波及を図りたいと存じます。このほか冊子・パンフレット・チラシ等の紙媒体の制作・展開に当たっても、ターゲットを想定しながら展開を図ってまいります。

 その後、中長期的には、深めるターゲットの大阪府下の団塊世代及び広げるターゲットの大阪府を訪れる全国の地域文化好き観光客に対応した取り組みとして、新たな観光メニューを検討するとともに、より多くのターゲットの方々に藤井寺市の情報を目にしていただけますよう、適切な情報媒体を選択して情報発信してまいる予定でございます。

 また、百舌鳥・古市古墳群に代表されるような近隣市との連携策や観光振興に関心を持つ市民の増加を図るなど、地域一体となった観光振興に努めてまいりたいと考えておりますので、よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 この10年間の実行計画の取り組みといいますか、進め方につきましては理解いたしました。

 そこで、私はこの計画を進めていく上で、やはり専門的なノウハウを身につけたアドバイザーの方、いわゆるプロの方、こういった方などからのアドバイスをいただくのも成功への近道ではないかと考えておりますが、その点についてどのように考えておられるのかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 黒岡部長。



◎市民生活部長(黒岡博幸君) 

 答弁申し上げます。

 この藤井寺市まちなか観光創造プランは、プロのコンサルタント会社の手をかり、いろいろな角度からさまざまな情報収集を行い、また集めたデータの分析を行いながら作成したものでございますが、議員お尋ねのように計画実施に当たりましては、観光協会や観光ボランティアの会・商工会等々の助言もいただきながら計画を進めてまいりたいと存じております。また、観光振興に関する協定を取り交わしております阪南大学などにもアドバイスを求めながら実行してまいりたいと存じております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 ありがとうございました。

 抱負な知恵、経験をお持ちの方にアドバイスをいただきながら進めていくことも一つだと思いますので、その点どうかよろしくお願いいたします。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 それでは、次に(2)大坂の陣道明寺合戦についてのア.今後の取組みについて質問をさせていただきます。

 ことしも5月3日に石川河川敷や道明寺天満宮でプレイベントが行われ、大変盛り上がっておりました。そして、いよいよ来年が1615年の合戦から400年目を迎え、大坂の陣道明寺合戦まつりのイベントが実施される予定です。

 私は、この道明寺合戦まつりは観光客を誘客する大きな資源だと考えております。また多くの方に藤井寺市を知っていただくチャンスだとも思っております。そこで本市として、この資源をどのように生かそうと考えておられるのか、今後の取り組みをお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 黒岡市民生活部長。



◎市民生活部長(黒岡博幸君) 

 答弁申し上げます。

 大坂の陣道明寺合戦につきましては、一昨年、昨年とプレイベントを行いました。ことしも先月5月3日に石川河川敷と道明寺天満宮を会場にプレイベントを実施し、大坂の陣道明寺合戦より400年目を迎える来年のイベント実施に向け、機運の醸成が図られているところでございます。

 日本各地にはたくさんの古戦場がございますが、この道明寺合戦場の地も400年前、大坂城の命運をかけた歴史的にも価値のある合戦場であると言われており、ご承知のとおり他の古戦場にも引けを取らない歴史観光資源であると認識をいたしております。残念ながら地元道明寺地域におきましても、これまでは特段の思いもなかったようでございましたが、このイベントの実施や大阪各地での400年イベントのニュースなどにより興味を持っていただくと同時に広く認知されるようになったと存じております。

 また本年度は、道明寺まちづくり協議会におきまして、大阪府の補助金も活用し、道明寺駅前に大坂の陣道明寺合戦を示す石碑の建造も計画中とのことでございます。先ほども申し上げましたが、大坂の陣道明寺合戦より400年目を迎える来年度の事業につきましては、市も全面協力を行いながら、イベントを成功させたいと考えておりますが、その後も大切な資源の一つでございますので道明寺まちづくり協議会とも話し合いながら、この資源を大いに活用して地域活性化のために役立ててまいりたいと考えているところでございますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 それでは、次にイ.他の自治体との連携についてお伺いいたします。

 先月5月3日に行われましたプレイベントには、長野県上田市の母袋市長、愛媛県宇和島市の石橋市長、天王寺区の水谷区長がわざわざお越しいただき花を添えていただきました。また柏原市からは観光ボランティアの会の方々がウオークラリーで道明寺の河川敷まで来ていただきました。そして本市の商工観光課の職員さんが昨年、宮城県白石市で行われる「鬼小十郎まつり道明寺の戦い」を視察に行かれたと伺っております。そこで、今後このような自治体との連携などはどのように考えておられるのかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 黒岡部長。



◎市民生活部長(黒岡博幸君) 

 答弁申し上げます。

 長野県上田市は真田幸村の生まれ育った地、大阪市天王寺区は道明寺から引き揚げた真田幸村が華々しく闘い散って逝った地、柏原市は道明寺合戦においてすばらしい活躍を見せた後藤又兵衛が戦死した地と言われ、それぞれ道明寺合戦において歴史に名を残す活躍をした大坂方武将と関係の深い地でございます。一方、宮城県白石市は、大坂の陣において真田幸村と一歩も引けをとらずに戦ったといわれる伊達政宗の家臣で片倉小十郎の居城があり、鬼小十郎まつり道明寺の戦いが行われている場所でございます。また宇和島市におきましては、宇和島伊達藩として有名で、宇和島城において宇和島伊達400年祭の記念イベントを実施するため、先月実施の大坂の陣道明寺合戦を宇和島市の石橋市長が視察に来られました。

 連携ということでございますが現在、天王寺区とは互いの庁舎内に互いの行政のPRコーナーを設け、パンフレットの設置などを行い連携を行っているところでございますし、昨年10月には先ほど議員ほうからおっしゃっていただきましたように、本市商工観光課職員が宮城県白石市へ出向き、鬼小十郎まつり道明寺の戦いの視察を行い、内容について研修するとともに行政間の交流も行ってまいりました。

 道明寺まちづくり協議会においても上田市、白石市、宇和島市、天王寺区、柏原市の行政の職員や地域活動を行っておられる方々と積極的に交流されており、その結果として先月の道明寺合戦まつりにおいては、地元上田市を初め各地で活躍されている上田城おもてなし武将隊のパフォーマンス、白石市からの甲冑の借り受け、天王寺区で行われました真田幸村博でのブース出展によるPRなど連携・交流の輪が広がっているところでございます。

 このような距離を超えた連携や交流を今後はさらに深め、来年の400年祭におきましては、集大成の催しとなるよう、ともに盛り上げられればと考えているところでございますので、よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 ありがとうございました。

 連携をとることによって、一層盛り上がってくるのではないかなと考えます。そして今回、愛媛県宇和島市、また長野県上田市からも、そして天王寺からもそれぞれ首長さんがお越しいただいております。ですから、今度は國下市長が反対に出向いていただき、交流を深めていただくといったことも今後の藤井寺市のためになるのではないかなと思っておりますので、市長またよろしくお願いいたします。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 それでは、次にウ.マスメディアの活用についてお伺いいたします。

 先ほど質問させていただいた観光創造プランの中にマスコミ、旅行業関係者のヒアリング調査の項目があります。そこに藤井寺市の情報発信に向けては、単独の自治体の取り組みでは限界があり、鉄道沿線・周辺地域との連携が必要といったことが書かれてあります。

 そこで、このような合戦まつりに関係があるような自治体と連携を図り、雑誌などマスメディアを利用すると、活用するといったお考えはいかがでしょうか。



○議長(岡本光君) 

 黒岡部長。



◎市民生活部長(黒岡博幸君) 

 答弁申し上げます。

 マスメディアの活用は、市をアピールする方法として広域にわたり知ってもらうために非常に有効であり、大坂の陣400年は雑誌などマスメディアの注目を引きつける格好の機会であると認識いたしております。

 大坂の陣に際しましては、先ほど申し上げましたとおり遠方の地域を含め、ゆかりの自治体と連携が進んでいるところでございます。それら自治体とも情報交換し、互いのネットワークを生かしてPRの機会を捉えてまいり、単独では難しいかもしれませんがゆかりの地が連携することによって、マスメディアにも取り上げていただけるようになると考えております。また大坂の陣に関連し、平成28年にNHK大河ドラマに決定された真田幸村「真田丸」に関しましても何とかそれに乗じてテレビへの露出機会もあるのではないかと期待もいたしております。今後は今以上にできる限り、各種民間メディアとの連携も図ってまいりたいとも考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 ありがとうございました。

 最後に要望させていただきたいと思います。

 私は、来訪者をどんどん藤井寺市に呼び込む最大の手段の一つにやはりこういったメディアに取り上げていただくことだと思っております。そこで今後もこのような自治体と連携を図り、情報発信していくなどいろいろな方策を考え盛り上げていただくよう要望しておきたいと思います。そして、またご答弁であったように平成28年のNHKの大河ドラマに三谷幸喜さん脚本で真田幸村の生涯を描いた「真田丸」が決定いたしました。今は、NHKの大河ドラマで軍師官兵衛が放映されており、そのドラマの最後にはその日のシーンに縁のある旧跡などが紹介され、多くの観光客が訪れているとのことです。そこで2年後の平成28年に、この「真田丸」が放映され、道明寺合戦のシーンがあれば藤井寺市の紹介もあるのではないかと、またそのころには大阪府議会議員の岡田先生にもご尽力いただき決定した道明寺駅前の石碑もでき上がっているのではないかと思います。そうなれば本市の観光に何らかの影響があるのは確実ではないかと期待するところでございますので、どうか今後もこの資源を生かしていただき、より多くの観光客に来訪いただけるよう施策を考え、地域の活性化につながるよう努力していただくことを要望しまして、この項は終わりにしたいと思います。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 次に3点目の世界文化遺産登録に向けての取組みについて、(1)津堂城山古墳の魅力活用方法について質問させていただきます。

 世界文化遺産登録につきましては、以前からいろいろと質問をさせていただきましたが、その中で平成23年度9月議会におきまして本市に所在する古墳の特徴について質問させていただきました。そのときのご答弁で「堺市の仁徳天皇陵古墳や羽曳野市の応神天皇陵古墳には及びませんが、藤井寺市にある古墳の大きな特徴といたしまして陵墓のみならず津堂城山古墳、古室山古墳、大鳥塚古墳など墳丘に立ち入ることのできる史跡指定の資産が多いことが大きな特徴でございます。陵墓のように外からながめるだけではなく、墳丘に登り、前方後円墳を体感できる古墳が多いということは他市にない大きな魅力」ということと、「特に津堂城山古墳につきましては古市古墳群最古の大陵墓級の前方後円墳でございまして、墳丘が200メートルを超える規模の古墳で、墳丘内に立ち入って体感できる古墳は2市にはなく、特筆すべき特徴となっております。」とのご答弁をいただきました。私はこの大きな特徴を市内外に情報発信し、多くの方に津堂城山古墳を訪れていただき、大規模古墳を体感していただければと思うわけでございます。

 そこで本市として、この津堂城山古墳が持つこのような大きな魅力をどのように今後生かしていこうと考えておられるのかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 北本総務部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 議員ご指摘のとおり、世界遺産を目指す百舌鳥・古市古墳群の資産のうち、本市に所在する資産の特徴としては墳丘に立ち入ることのできる古墳が多いことが挙げられます。津堂城山古墳や古室山古墳・大鳥塚古墳などの中型から大型の古墳の墳丘に立ち入ることができ、墳丘の形や高さの違いなどを体感できるといった大きな特徴が魅力となっております。特に津堂城山古墳はこうした特徴に加え、明治末年に後円部の長大な竪穴式石榔から長持形石棺が発見された大型前方後円墳で、学術的価値の高い古墳でございます。

 世界遺産登録を推進する本市といたしましては、津堂城山古墳の持つこうした魅力を活用していくとともに、墳丘の保全を図っていくことが大きな課題であると考えております。藤井寺市教育委員会では、平成24年度と平成25年度におきまして、羽曳野市教育委員会とともに史跡古市古墳群保存管理計画を策定し、史跡古市古墳群の保存・管理の考え方をまとめたところでございます。

 本市といたしましては、津堂城山古墳の墳丘の保存につきましては、この保存管理計画に基づいて進めてまいりたいと考えております。また津堂城山古墳の史跡指定地内の周濠などの整備につきましても、全体計画を示し、別途整備・活用計画を策定する必要があると考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 これまでも津堂城山古墳の整備については、いろいろと質問をさせていただきましたが、常に保存・保全の観点から整備は制約されるといったご答弁でした。私は、この津堂城山古墳を広くPRし、多くの方に訪れていただきたいという思いと整備は難しいという考えが矛盾するように思えてなりません。

 そこで全国から多くの方に訪れていただきやすく、また地元住民の方にとっても魅力ある古墳にするための施策環境づくりがやはり必要ではないかと思うわけでございますが、その点についてどのように考えておられるのかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 北本部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 津堂城山古墳の史跡指定地内の整備につきましては、全体計画を策定した上で実施していく必要がございますので、簡易な散策路の設置などについては制約されることもあろうかと思います。しかしながら津堂城山古墳は、これまで花ショウブや草花園などが整備され、春には菜の花や桜、秋にはコスモスや紅葉と四季折々の景色を楽しませてくれております。今後とも四季を感じられる史跡として整備を目指してまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 それでは、次に(2)周辺の整備計画についてお伺いいたします。

 史跡指定地内の散策路の整備など古墳本体の整備が難しいのであれば、せめて訪れる人々にとって世界遺産にふさわしい周辺整備ができないものか考える次第でございます。

 そこで周辺整備につきましてお伺いしますが、まず古墳の西側に整備された水路についてお聞きします。この水路は、古墳ということで特殊な施工方法で整備されており、現状は破損しているところもあり、生活排水が堀の中に流れ込んでいるところもあります。このような状況は果たして世界遺産にふさわしい環境といえるでしょうか。

 このようなことから水路改修について、まず古墳の保全という観点をクリアできる整備手法はないのか、また整備が可能であれば、実際に整備計画を立て、改修するつもりはあるのかどうかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 北本部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 世界遺産の構成資産となっている古墳を世界遺産にふさわしく保全するために古墳の眺望を守るとともに、古墳の雄大さを感じられる景観を保全していくことが重要であると考えております。建築物の高さや色などの形態意匠、屋外広告物の大きさや高さなどを制限していき、古墳群と調和した町並みの保全・創出を進め、まちづくりを進めてまいりたいと考えております。

 現在、これらの制限につきまして順次住民説明会を開催し、その後の景観審議会や都市計画審議会の手続を進めていく準備をしているところでございます。津堂城山古墳でも議員ご指摘のとおり、史跡周辺にございます水路などの各種の構造物につきましても世界遺産にふさわしい環境を目指す必要があると考えております。

 津堂城山古墳の西側水路につきましては、議員ご指摘のとおり現状として破損している箇所があるとともに、道路に面しており非常に危険な状態となっております。こうした箇所につきましては津堂城山古墳の遺構の保全を図りつつ、早急な対応が必要であると考えており、緊急性のあるものについては即時に維持補修していくとともに、昨年度策定いたしました史跡古市古墳群保存管理計画の中にもその整備の必要性と緊急性について触れているところでございます。

 今後、世界遺産登録に似つかわしい内容とするために関係各課で協議し、実施計画において史跡周濠の整備を実現できるように進めてまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 それでは水路同様に古墳の周りの道路舗装、ガードレールなどの老朽化もかなり進んでおります。例えば舗装に関しては、道路表面の工事であり、古墳の保存・保全という観点からも問題ないと思うのですが、いかがでしょうか。またガードレールの新設についても同様の理屈が成り立つと思います。そこで、水路改修と同様に整備は可能かどうか、整備可能であれば、実際に整備計画を立て、改修するつもりはどうなのかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 北本部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 古墳西側の水路改修の際に、回遊性のある散策路を設置することが考えられます。それとともにガードレールの改修や道路の舗装を含めて整備していくことが考えられ、世界遺産登録に似つかわしい内容となるよう関係各課で協議し、実施計画において実現できるよう進めてまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 ありがとうございました。

 この水路などの周辺整備につきまして早急な対応が必要であるとのことでしたので、できるだけ早く計画を立てていただき進めていただくことを要望しておきたいと思います。



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 それでは、次に(3)世界遺産にふさわしい整備の実施についてお伺いいたします。

 先ほど史跡古市古墳群保存管理計画は平成25年度に作成されたとお伺いいたしました。しかし各古墳を整備していくためには、個別の整備計画を立てる必要があるのではと思います。また世界遺産を目指す上で迅速な整備が求められると思いますが、世界遺産にふさわしい整備の実施について整備計画の立案とともにお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 北本総務部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 議員のご指摘いただいた種々の改修などにつきましては、教育委員会が平成25年度に作成いたしました古市古墳群保存管理計画に含まれるものでございます。今後、世界遺産登録に似つかわしい内容とするために関係各課で協議し、実施計画において実現できるように進めてまいりたいと考えております。

 史跡指定地内の整備計画といたしましては、世界遺産登録を踏まえた上でその方向性を考えていく必要があり、城山古墳のような巨大な前方後円墳につきましては、整備の方向性を計画していく必要がございます。史跡指定地の整備計画につきましては、教育委員会において各古墳の整備委員会を設置する必要があり、整備計画案の立案にはいまだ時間がかかると聞き及んでおります。

 そうした中で世界遺産登録を目指す上で急務となっているのは百舌鳥・古市古墳群を活用した地域活性化ビジョンの具体化でございます。地域活性化ビジョンは世界文化遺産登録を目指し、古墳群の保存・継承に向けた検討や情報発信・魅力創出に向けた取り組みで昨年度、策定されたものでございます。

 この地域活性化ビジョンの三つの基本方針といたしましては、まず古墳群と連なる緑や水の潤いのあるまちの形成、次に古墳群に親しむ快適で人に優しいまちづくりの推進、さらに古墳群を楽しむ新たな魅力とにぎわいの創出といったことでございます。こうした基本方針に基づいた施策の実現のため、史跡指定地周辺の整備についての施策を立案・検討し、少しずつ地域活性化ビジョンを具体化してまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りますようにお願いいたします。

 以上、答弁とさせていただきます



○議長(岡本光君) 

 山本議員。



◆9番(山本忠司君) 

 ご答弁ありがとうございました。

 津堂城山古墳の整備を中心にいろいろと質問をさせていただきましたが、最後に要望させていただきたいと思います。

 世界遺産を目指す藤井寺市として、史跡の整備や保存及び周辺の整備が急がれますが、全ての史跡の保全や整備が一度に進まないことは理解しているところです。しかし藤井寺市内の史跡指定地の中で、最も巨大な前方後円墳である津堂城山古墳については墳丘や後円の敷地の崩れやグラウンド化した敷地の整備など、世界遺産を目指す上で早急に取り組まなければならない部分もあるのではないかと思っております。

 そして先日、奈良県の若草山にモノレールを設置するという計画に日本イコモスが懸念を表明し、再検討を迫られているとの報道がありました。このモノレールの計画は東大寺大仏殿を初め多くの寺社を眼下に眺め、夜景を楽しんでもらうことによって減り続けている観光客に足を運んでいただくといったことがねらいだそうです。確かに若草山は世界遺産、古都奈良の文化財を保護するバッファゾーンに指定されており、非常に難しい問題であると思います。しかし私はできるできないは別にして、このような柔軟な発想をした奈良県に対して拍手を送りたい気持ちです。どうしても保存・保全と言えば守りの観点が強くなると思いますが、私は攻めの姿勢で来ていただいた方々に満足していただく保全・保存も必要ではないかと考えますので、今後はできないではなく、どうすればできるのかということを考えていただき、柔軟で斬新な発想で、この津堂城山古墳を初め古市古墳群の整備を確実に進めていただくことを強く要望しまして、私の全質問を終わりにしたいと思います。ありがとうございました。



○議長(岡本光君) 

 以上で、改革ふじいでら代表質問を終了いたします。

 続いて、改革ふじいでらの個人質問を1問1答形式で行います。

 10番 畑 謙太朗議員。



◆10番(畑謙太朗君) (登壇)

 山本議員の代表質問に引き続き個人質問をさせていただきます。私の提出しております質問事項の松水苑の休館につきましては、昨日、西村議員並びに瀬川議員の質問とかなり重複いたすところはございますが、何とぞよろしくお願いいたします。

 さて、過日のマスコミ報道において昨年、認知症やその疑いがあり徘回するなどとして行方不明になったとして警察に届けられた人は延べ1万322人と一昨年より715人、率にして7%余りふえました。男女の内訳では男性が5,747人、女性が4,575人となっているそうでございます。都道府県別では、家族などから通報があれば、原則届け出を受け付けている大阪が最も多く2,114人、次いで兵庫が1,308人にのぼりました。一方、少ない順では鳥取が7人、山梨が17人と届け出受理の方針によって大きな差があるそうでございます。また過去に行方不明の届け出がされ、昨年死亡が確認された人は388人とおととしより29人ふえました。私はこの報道にショックを受けましたが、今後高齢化が急速に進む時代におきまして、ますます増加していくものと思われます。この背景には、核家族化・無縁社会・高齢者の孤立問題等が考えられ、地域のつながり、支え合いのネットワークづくりが急務となっております。

 また認知症を予防するには、コミュニケーションが有効だと言われております。コミュニケーションは脳にとってよい刺激になり、脳内で新しい神経細胞をつくってくれます。その神経細胞の数がふえるたびに認知機能が維持されるそうです。そうした役割の一端を担っているのが老人福祉センター松水苑であり、本市においても昭和52年5月11日に竣工し、地域高齢者の老人福祉に関する各種の相談に応じ、高齢者の健康増進や教養の向上、レクリエーションなどの機会を総合的に提供することを目的として設置され、運営されています。また地域の高齢者同士の交流、つながりの拠点としての役割も果たしております。私も時折、訪問いたしますが、それぞれに楽しいときを過ごされている様子がうかがえます。

 しかしながら、過日の民生文教常任委員会協議会においてアスベスト除去工事による休館の説明を受けました。再開まで2カ月間という期間ではありますが、利用者にとっては生活のリズムが狂うわけでございまして、生きがいとされているクラブ活動に支障を来し、どう時間を過ごせばいいのか困っておられる方々がたくさんいらっしゃる様子です。

 そこでお尋ねいたしますが、休館中の利用者に対する対応はどのようにされているのかお聞かせください。

 以下の質問については自席で行わせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 これより理事者に答弁を求めます。

 まず1点目の(1)について、藤田健康福祉部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) (登壇)

 1.老人福祉センター(松水苑)の休館について、(1)利用者への対応についてご答弁申し上げます。

 昨日の答弁と一部重複いたしますが、高齢者のクラブ活動の場の提供は松水苑の役割の中でも重要であると考えております。そうした考えのもと、今回の休館が2カ月に及ぶ見込みであることとあわせまして、松水苑の指定管理を行うビケンテクノからの要望もございましたことから、市民総合会館の小会議室等で活動が継続できるクラブにつきましては、ビケンテクノによる利用調整のもと、ご利用いただいているところでございます。老人福祉センターをご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしているところでございますが、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(岡本光君) 

 1点目の(1)についての理事者の答弁が終わりました。

 これより通告に基づいて、順次質問並びに再質問に入ります。

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 ご答弁ありがとうございました。

 昨日の答弁で大体の内容は把握しておりますけども、もうちょっと突っ込んだ質問をさせていただきたいと思います。

 今の答弁でいきますと、クラブ活動を市民総合会館の小会議室等で活動していただいているというふうに聞きますけども、そもそも松水苑の中のクラブ数というんですか、そういった数はどのぐらいあるんですか。



○議長(岡本光君) 

 藤田部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) 

 現在、松水苑で活動されているクラブ数は30クラブでございます。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 その30クラブのうち、今先ほど説明いただきました小会議室等での代替施設での活動可能としているクラブは幾つあるんですか。



○議長(岡本光君) 

 藤田部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) 

 ご答弁申し上げます。

 屋外が活動場所でありますような園芸クラブであるとかグラウンドゴルフのクラブを除きますと28クラブが対象となるところなんですけども、市民総合会館を利用して活動されているクラブは現在のところ囲碁クラブ・将棋クラブを初めとして15クラブがされております。

 以上でございます。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 野外で活動するクラブ、今言っているように園芸とかグラウンドゴルフとかあると思いますけども、そのクラブは通常どおり、今までどおり活動されているんですか。



○議長(岡本光君) 

 藤田部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) 

 松水苑の利用ではないと思いますので、今までどおりの活動だというふうに思っております。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 対象となる28クラブのうち15クラブが市民会館で活動されているということでございますけど、残る13クラブはなぜ活動されないのか、その辺のところをお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 藤田部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) 

 ご答弁申し上げます。

 バンパークラブであるとか、ちょっと物理的設備の部分で無理なクラブというのもあるということでございます。また聞いておりますのは2カ月の間であるとクラブ活動をちょっと休止しようというふうな形でされているところもあるというふうに聞いております。

 以上でございます。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 それは一定の理解を得られているということですか。



○議長(岡本光君) 

 藤田部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) 

 ご答弁申し上げます。

 一定の理解というんですか、多分、老人福祉センターのほうが休館になっているのでいたし方がないというふうな形でのご理解というふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 非常に2カ月というのが、どのぐらいの期間か、長いのか短いのかということなんですけども、私がいろいろとクラブの活動をされている方にお聞きすると、やはり非常にお困りの様子がうかがえます。いろいろな大会というか、内部でのそんな大会も計画されているのが流れたりとか、そういったいろいろな支障が出ているということをやはり理解していただきたいと思います。

 きのうも質問の中に、そうしたらシュラホールの会議室とかいろいろそういうお話もあったけど、それは考えていないということで答弁はきのう聞かせていただいたんですけど、言っている間にもう1カ月半になりますけども、やはり今までそれを生きがいとして松水苑に来られた方々、その方々の気持ちをやはり十分にくみ取るべきだと思うんですよね。そうして最大限の努力をしていただければと思うんです。もう仕方ないから辛抱してほしいということだけでは、私は血の通った行政ではないと思います。その辺のところを十分理解して、少しでも高齢者の方々が納得のいく対応をしていただければというふうに思います。その辺のところ十分にお考えください。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 続いて(2)浴場の再開についてでございますけども、これもきのうの質問等で出ておりましたんですけども、浴場というのは利用者の憩いの場として重要な私は役割を果たしていたと思います。しかしながら、老朽化によって休止状態が過去においても再三再四起こっていたように記憶しております。その都度、修繕を行って何とか運用されていましたけども、今回の漏水状態を見てますと、やはり再開が可能なのかどうか疑問でございます。本市として、浴場再開についての検討はされているのかお聞きいたします。



○議長(岡本光君) 

 北本総務部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 先日の西村議員に対しても、去る4月24日の民生文教常任委員会協議会におきましても答弁させていただきましたが、老人福祉センターの風呂は建物の基礎部分・躯体部分そのものであって、風呂の改修には老人福祉センター全体の根本的な改修が必要となってまいります。

 こうした風呂の改修のみを単体で行うことは財政的な問題、費用対効果等を踏まえますと現実的ではないと判断しております。また、こうした状況で風呂の改修を行うことになりますと、クラブ活動等の老人福祉センターの事業活動そのものが停止してしまうことになってまいります。このようなことを踏まえまして、お風呂の再開につきましては、困難な状況であると認識しております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 大規模改修が必要なので、それをするとまた松水苑が休館となると、そうなるとまた利用者の方々に大きな迷惑がかかるから考えていないというように理解いたしましたけども、前もシュラホールにも私はお風呂があったと思うんですよね、シュラホール、生涯学習センター。あれもボイラー等の何かの関係で休止したままで、そのまま置いてあるわけですよね。どうも対応というんですか、何か傷んだら放ったらかしみたいな形にどうも私は感じて仕方がないんですけども、あそこをまた再開して、こちらのほうで風呂に入ってもらうというようなことも私は可能だと思うんですけど、それは難しいですか。



○議長(岡本光君) 

 松浦副市長。



◎副市長(松浦信孝君) 

 答弁申し上げます。

 生涯が風呂の設備等で休止という形で手続を進められて廃止までなっておりませんので、費用等の問題を含めまして再開するというのは検討は可能でございます。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 私は、なぜとまっているのかちょっといまだに理解できないんですけどね。きのうもちょっとお話が出ていましたように、今現在、利用者の方々がどこに行っているかというと、きのうもお話があったけどクリーンセンターのクリーンピア21のお風呂を何名かの方が利用されていると。それであそこに行くと、高齢者割引というんですか、そんなので250円で入れるというふうに聞いておりますけども、洗い場が少ないということで、それとあとアクセスですね、循環バスがそんな再三再四回ってませんので、その辺の問題もあって、あそこまで行くのはちょっと遠いなというお話も伺っています。そこまでして、お風呂を求めて行かれている方がいらっしゃるわけですよね、松水苑の利用者の方々の中で。ということは、私はこの浴場というのをとめたままでいいかというと、ちょっとやはりその辺のところをしっかり考えてもらいたいと思います。今、申し上げたようにシュラホールのお風呂を再開できるのであればしてあげれればいいし、将来にわたってですよ。きょうあす中にしろということではなくて、やはり今後そういったことも松水苑の問題についての対応として、検討の余地は私はあるかなというふうに思いますので、考えていただきたいというふうに思います。

 それと、また過去に本市において老人福祉施策として老人無料入浴サービス、地域の銭湯、そちらのほうの入浴サービスをしていたと思うんです。それが平成21年に廃止になっているんですよね。今までは年に6回ぐらいですか、65歳以上の方ですか、ちょっと年齢は忘れましたけども、高齢者の方が銭湯に行ったら無料で入れるというようなシステムがあったんですけど、今は全くないと。そういうことであれば、この松水苑のお風呂の問題の代替手段として、それをもう一度復活させても私はいいと思うんですけど。そういうふうに、いろいろな面からこの問題の対応を十分に検討していただきたいというふうに思います。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 それから、最後の今後のあり方についてですけども、この松水苑というのは建設されてから37年経過していると聞いてます。私も時々、松水苑のほうの高齢者の方々の様子をお伺いしに行ったりしますけども、非常にこの間はちょっとトイレを直していただいたりしていますけども、雨漏りもしているというふうに聞いています。これもバンパーという競技があって、そのバンパーの台の上あたりかな、非常にそういうところが雨漏りするというふうに、漏水しているというふうに聞いてますけども、いろいろなところがこれからも傷んできそうな感じがするんですよね。また、いろいろな設備面でも私は3年前に寄せてもらったときに、利用者の方々と大広間のほうでお会いさせていただいて、お話をさせていただくとテレビが映ってなかったんですよ。それで「なぜテレビが映っていないんですか」と聞くと、「もう壊れています」と。それで、そのテレビも今の地デジのテレビではなくてアナログの、後ろのかさの大きいテレビが置いてあったんですけども、それが全く映っていないと。それで「せっかく来たのにゆっくりテレビも見れないではないか」と大変おしかりを受けて、ちょうどそのときに地デジに変わるときでしたか、そのときに映っていないからということで何とかしてほしいというお話を私に言われまして、それでそのときに私も今ちょっとライオンズクラブのほうに入らせてもらっていますけども、何とかやはり私どものクラブで何とかできればと思いまして、ちょっと液晶のカラーテレビ1台を寄贈させていただいたことがあると思うんですよね。そういった何か細かい備品的な部分についても全然余り力が入っていないというんですか、適切に対応できていないというのが、ずっと何年か続いていて、私もそういった感を非常に抱いているんですよね。それでずっと来て、結局こういうような形で休館みたいにまで来たのではないかというふうに思うわけです。藤井寺のいろいろな施策の中で、老人福祉施策というのはどのぐらいのポジションにあるのかどうか、それは市長並びに理事者の考え方一つだと思いますけども、その辺のところが余りちょっと老人福祉センターという施設をないがしろにされていたのではないかと、過去において。その辺のところをどうお考えなのかお聞かせください。



○議長(岡本光君) 

 北本総務部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 老人福祉センターに対しましては、平成24年度から平成25年度の2カ年で1階のトイレ及び正面玄関のバリアフリー化につきまして、約1,200万円をかけて改修工事を実施いたしました。また、これ以外の部分でも、ここ数年では対症療法的なところではございますが、漏水に対応するための修繕を初めといたしまして、非常放送設備の取りかえ、変圧器の入れかえなどの修繕を実施してまいりました。このように、これまで老人福祉センターを現状で何とか維持し、引き続き運営していけるようにということでの取り組みを続け、その都度、修繕対応等を行ってきたところでございます。

 老人福祉センターの重要性は十分認識しておりますが、他の公共施設も同様に修繕等で対応しているところも多くございます。また市といたしましては、喫緊の課題として学校の耐震化を最優先に取り組み、他の公共施設は修繕等で対応していた一面もございます。

 その結果として抜本的な対策というところでは、市としてどのように維持していくのか、こういった結論を出せずにいた、こういった事実でございます。今般、全市的に公共施設の見直しに取り組んでまいりますことから、この中で老人福祉センターについても取り組んでまいりたいと考えているところでございます。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 財源には限りがありますし、行政手法として選択と集中という手法があって、やはり一番先にやらなければいけないところに集中的に財源を投入するという考え方ももちろんわかりますけど、やはりこういう時代になってきて、超高齢化社会になってきて、その方々が健康で行き来するというような社会、そういうまちをつくることも非常に大事なことだと私は思うわけでございますけども。公共施設マネジメントという部分で考えていくというふうにおっしゃっていますけども、その公共施設についても松水苑の問題だけではなくて、全体を見渡した中でのマネジメントですから、私は老人福祉センターをどうするかという観点に立って、私は市長の決意というか思いを最後に聞かせていただきたいんですけど、よろしくお願いします。



○議長(岡本光君) 

 國下市長。



◎市長(國下和男君) 

 公共施設マネジメントにつきましても、そうでございますけれども、やはり老人福祉センターの松水苑につきましても、これからそこのマネジメントの中で、これは優先順位をつけながらやっていかなければならないなというのが、まず第一義的に思うわけでございます。しかし松水苑の問題について、これを最優先にやれるかどうかということについては、まだちょっとそこまでの検討は十分に我々としてはしていないといったそういう状況でございます。先ほど来も申し上げましたように、学校の施設がやはり最優先でございまして、それをやり遂げなければならないといったそういうことも一つございますので、それらについてをやって、それから何をやるか、やはり順位づけを逐次やっていかなければならないなということで、これから公共施設マネジメントの中で優先順位をつけさせていただきながら検討を加えていきたいとかように存じ上げているところでございますので、なかなかいい結論が出てきませんので、非常に難しいと思っておりまして、どの施設におきましても利用者から言わせると優先順位は一番だといったそういうことに私はなるのではないかなと思うわけでございますけれども、我々は第三者的に、またこれは第一番にやらなければいけないといったそういうこともあるわけでございますので、なかなか松水苑を取り上げてやるということになってくると、もう少し考えなければならないなということも一つありますので、これからも十分に考えさせていただきながら順位を決めていくといったそういうことでご理解を賜りたいと私はそのように思っているわけでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(岡本光君) 

 畑議員。



◆10番(畑謙太朗君) 

 順位が学校施設というのは十分わかりますけども、この松水苑も避難所なんです、避難所に指定されていますよね。してるにもかかわらず耐震診断も行われていない、もちろん工事はできていませんよね、できないですよね。その辺のところも十分に踏まえて検討していただきたいと思います。

 いろいろなことを申し上げましたけども、それはもちろん財源には限りがあります。いろいろな知恵と工夫をして、地域の高齢者の方々が健康で長生きしていただけるような施設、そういった利用していただける施設にしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 以上で終わります。



○議長(岡本光君) 

 以上で、改革ふじいでら、畑 謙太朗議員の個人質問を終了いたします。

 次に、政新クラブの代表質問を1問1答形式で行います。なお当初、質問を予定しておりました麻野真吾議員が咽頭部の疾病と思われる症状により発声ができないため、会派代表者の清久 功議員が代表質問を行うことを許可しておりますので、ご了承のほどお願いいたします。

 12番 清久 功議員。



◆12番(清久功君) (登壇)

 私は、政新クラブの清久でございます。ただいま議長から報告がありましたように急遽、麻野議員にかわりまして会派の代表質問をさせていただきます。

 それでは通告に従いまして、質問をさせていただきます。

 1.自律的な財政運営について、(1)地方財政計画の本市の影響についてお聞きいたします。

 地方自治体が予算編成を行う際に積算根拠としております国の地方財政に関する計画、いわゆる地方財政計画は地方自治体の財政運営に大きな影響を与えますことから、私自身もその動向に非常に関心を持っております。そこで、その方向性や本市の影響についてお伺いさせていただきます。

 次の質問からは議長のお許しをいただいておりますので、自席で行いますのでよろしくお願いいたします。



○議長(岡本光君) 

 これより理事者に答弁を求めます。

 まず1点目の(1)について、北本総務部長。



◎総務部長(北本義和君) (登壇)

 政新クラブ代表、清久 功議員のご質問の1点目、自律的な財政運営について、(1)地方財政計画の本市への影響につきまして答弁申し上げます。

 地方財政計画は、毎年度国が策定する翌年度の地方財政全体の歳入歳出総額の見込額を示した資料であり、地方交付税制度と連動して各地方公共団体の行財政運営の指針となるものでございます。平成26年度地方財政計画では、地方交付税の全国総額は16.9兆円とされ、前年度から0.2兆円、1.0%の減、臨時財政対策債の全国総額は5.6兆円で、前年度から0.6兆円、9.9%の減とされております。この全国総額が、一定の算定方法に従って都道府県や市町村に配分されることになります。

 本市の平成26年度当初予算におきましては、地方交付税は約41億円、臨時財政対策債は約11億円を計上しております。合わせますと約52億円にのぼり、一般会計歳入全体の2割を超える規模となってまいります。

 地方交付税の全国総額に関しまして、過去10年の当初時点での推移を見ますと、最も少なかった平成19年度では15.2兆円でありました。平成26年度当初の16.9兆円と比較いたしますと1.7兆円も少なかったわけで、本市の平成19年度の地方交付税の決算額も約33億円に落ち込んでいたところでございます。また臨時財政対策債は本来、地方交付税として配分されるべき金額が制度上、地方債に振りかえられているもので、本市を含めまして地方団体にとりましては地方交付税と同様に貴重な一般財源となっております。しかしながら近年、本市では毎年10億円を超える額の借り入れを行っており、平成24年度末での現在高が約79億円にのぼっておりますことを考えますと、貴重な一般財源ではございますが財政運営面からは、これにできるだけ頼らない形での運営が望ましいというふうに考えております。

 このように地方財政計画の動向、とりわけ地方交付税の全国総額につきましては、依存財源の比率が高い本市の財政運営に大きく影響が及んでまいります。平成26年度の地方交付税や臨時財政対策債の算定は、この7月以降本格化してまいりますが、今後もその動向を注視していく必要があるものと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 1点目の(1)の理事者の答弁が終わりました。

 これより通告に基づいて、順次質問並びに再質問に入ります。

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ご答弁ありがとうございました。

 自律した財政運営のためには、国や府の動きに左右されない財政体質、財政構造に変えていかなければなりません。依存財源から自主財源への脱却を図り、また行政形態を変えることも含めた健全化も必要であると考えますが、どのようにお考えなのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 北本部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 議員ご指摘のとおり国や大阪府の動向に左右されない財政を構築していくことは、将来に向けて安定した市民サービスを提供していく上で非常に重要な課題でございます。収入面につきましては、自主財源が多いということは比較的安定した収入が多いということになりますので、安定した財政運営が可能ということにつながってまいります。本市の場合、自主財源のほとんどは市税でございますので、まずは市税を確実に収入していくということが第一であろうと考えております。また使用料や手数料につきましては今般の消費税率改定の影響で、例えば公共施設の維持管理経費などのコストが増大することを踏まえ、利用者の皆様に適正な負担をお願いしていくという観点から全庁的に見直しの作業を進めているところでございます。

 行政形態の変更につきましては、市民サービスの水準を維持するということを大前提としながら、これまでの形態にこだわらず、近隣や大阪府内団体の動向も参考に、将来にわたり安定したサービスを提供できることが可能となるような提供体制を整えていくという態度が必要であると考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ご答弁ありがとうございました。

 次に(2)今後の健全な財政運営についてお伺いいたします。

 平成24年度まで数年にわたり黒字基調ですが、依存財源比率が年々上昇している状況の中で、今後の健全な財政運営についてどのように考えておられるのお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 北本部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 ご質問の(2)今後の健全な財政運営についてでございますが、本市の一般会計はご承知のとおり、過去において財政調整基金が事実上枯渇し、平成18年度から平成20年度決算まで実質収支の赤字に陥りました。平成21年度からは黒字に転換し、これに伴って財政調整基金の残高も回復してまいりました。平成24年度末現在では約19億8,900万円となりましたが、平成25年度では予算上約13億円の財政調整基金からの繰入金を計上しております。

 要因といたしましては、臨時的な支出が増大したことがありますが、近年になく大きな額となっておりますので、平成25年度では一定の取り崩しは必要であろうと考えております。さらに平成26年度の予算上では、今回の6月議会でご提案しております1号補正分を含めますと、財政調整基金からの繰入金を約8億6,800万円計上しており、こちらもかなり大きな額となっております。このように本市の財政は黒字に転換して回復基調ではありますが、今後求められる行政需要への対応ということから考えますと、それだけでは十分ではないと考えられるところでございます。

 今後の行政需要といたしましては、社会の高齢化、少子化や、経済情勢に伴いまして義務的な経費である扶助費はこれからも増大していくことが想定されますし、国民健康保険や介護保険、後期高齢者医療といった分野での支出の増加も想定されます。またインフラにつきましては、下水道は整備途上でありますし、既存のインフラも老朽化や耐震化への対応を行っていくには相当の財源が必要となってまいります。これらの行政需要は全国の市町村が直面している課題であり、本市においても適切に対応していけるよう準備を整えておく必要がございます。しかし、現状では臨時的に発生する経費に対応できるだけの余力が小さいというところから、今後増大していくと考えられるこれらの行政需要に対応していくためには、本市の財政は脆弱であると言わざるを得ないところでございます。

 収入面から見ますと根幹ではやはり市税でございますが、今後において市税収入が大幅に増加していくというのは見込みづらく、このため収入面から本市の財政状況が大きく改善していくというのは考えづらいところでございます。そうなりますと、支出の面からさまざまな行政需要への対応度合いを考慮しながら、単年度で収支が均衡する水準というものを基本に置き、並行して行財政改革推進プランを初めとする改革に粘り強く取り組み、中・長期で徐々に改善の方向に進めていくといった微妙なかじ取りが必要となってまいります。

 行財政改革推進プランにつきましては現在、平成25年度の決算状況についてまとめる作業を行っており、その結果を踏まえ、今後の収支見通しやプランの具体的内容について検討してまいりたいと考えております。また財政調整基金につきましても、行政需要を見きわめた上で必要であれば取り崩して対応するというのは当然でございますが、本市にとって適正と考えられる残高水準というものを常に意識しながら積み立てや取り崩しを行うといったバランス感覚をもった運用が重要になるものであると考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ご答弁ありがとうございました。

 それでは何点か再質問させていただきます。

 行財政改革推進プランの検討をしていくという答弁ですが、プランの具体的内容とありますが、事業自体の見直しも含まれているのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 北本部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 行財政改革推進プランの見直しにつきましては、事業自体の見直しも含めて取り組んでまいりたいと考えております。また平成25年度決算の状況や平成26年度での地方交付税や臨時財政対策債の算定状況を考慮しながら進めてまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 次に地方債残高に関して、本市の企業会計も含めた詳細の残高は平成24年度決算時点で約373億円となっています。このうち普通会計では約123億円ですが、下水道会計では約208億円であります。下水道事業に関しては、事業開始からかなりの期間が経過しており、近い将来には管の更新時期も到来し、新設と更新が並行するという状況になってきております。また既存インフラについても老朽化や耐震化への対応も必要となってくるとすると、今後は投資事業が増大し、地方債の残高も増加していくのは必然的であるように思われます。

 そこで地方債の今後の動向について、どのように認識されているのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 北本部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。市全体としての認識についてのご質問かと存じますので、総務部長の私のほうから答弁申し上げます。

 議員ご指摘のとおり、平成24年度末時点では市全体の地方債残高は約373億円となっております。地方債は一般的には工事費のように投資事業の財源となる収入でございます。事業実施年度での収入となり、その年度の一般財源負担が軽減されますが、後年度での負担として、利子を含めた元利償還金を返済していくという負担が発生するという点で、補助金とは異なるものでございます。

 本市においては近年、投資事業を、特に普通会計において抑制してまいりました。このため事業にかかる地方債の増加は抑制されております。一方で一般財源の確保という観点から臨時財政対策債が大幅に増加しておりますことから、普通会計においては結果として残高は増加し、その大半が臨時財政対策債という状況となっております。今後も一般財源の確保という観点からは、臨時財政対策債は一定増加していくものと想定されますし、下水道を含めたインフラの整備、老朽化などに対応するための投資事業も増加するといたしますといたしますと、地方債残高や後年度負担の増加が見込まれます。

 先ほど答弁申し上げましたように、現状では本市は臨時的な経費の増大に対応する余力が大きくないと考えておりますので、投資事業に関しましては現在、取り組んでおります公共施設の一元的な見直しの動向も踏まえ、後年度負担などにも十分注意する必要があると考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ご答弁ありがとうございました。

 それでは、今後求められる行政需要に対応するための財源確保が重要であると思いますが、自主財源の根幹であります市税収入が大幅に増加していくことは見込みづらいということで、依存財源の比率が高い本市にとって、今後において公共インフラ整備等に財源が必要となってくると考えた場合に、結果依存財源に頼らざるを得ない状況に変わりはないと思います。また依存財源である地方交付税についても、今後ふえる一方ということは考えづらい状況と思っております。

 このような状況において、市財政の長期的な将来展望についてどのように考えておられるのかお聞きします。よろしくお願いいたします。



○議長(岡本光君) 

 松浦副市長。



◎副市長(松浦信孝君) 

 ご答弁申し上げます。先ほど来の総務部長の答弁も含めまして大変厳しい状況での市財政の長期的な将来展望ということで答弁させていただきます。

 市の行政を進めていきます上では、まず大切なことは、市民福祉の向上と市民生活での安全と安心を確保して、市としてのポテンシャルを高め、「住んでよかった」「住み続けたいまち」をつくり上げていくということでございます。また、その裏づけとなるのが人員配置を含めました行政執行体制の確保と持続可能な財政基盤の確立であり、健全な財政運営をしっかりやっていくことであると考えております。

 そこで、議員ご指摘のような厳しい状況におけます市財政の長期的な将来展望ということではございますが、昨今の状況を踏まえました予測で申し上げますと現状の国におけます地方財政制度というものが維持され、また市民サービスの水準を維持しつつ、身の丈に合った行政を続けていくということであれば、市財政の極端な落ち込みはないものと考えております。ただし本市におきましては、先ほども総務部長の答弁でございましたが、下水道を初めといたしました都市基盤のインフラ整備ですとか、公共施設の大規模改修や学校施設の耐震化の取り組みといった部分が、ここ数年という短期間に集中してまいりますので、それの事業を実施する際に執行方法でございますとか財源措置や改修後のランニングコストについて十分に考慮した収支見通しを立てながら適宜修正をかけて財政運営、もしくは行政執行を行っていけばというような要件のもとでの極端な落ち込みはないというふうに考えております。

 また国から地方への権限移譲を含めまして、地方分権改革につきましては、ほぼ一段落しておりますので、今後は行政運営におけます効率化、近隣市との広域連携などによります業務の共通化といったことがICT技術の進展ととも進められることや、公会計制度の見直しといった側面からのシステム変更もいや応なく迫ってまいりますので、長期的な市財政の収支見通しということでは、そういう発生主義的な、経営的な会計基準も視野に入れました資産と負債の区分や資産評価といった点での財政分析に備えた準備なども必要となってまいります。

 市財政の長期的な将来展望につきましては、それらの基本となりますデータ整備を行いますとともに、相当厳しく切り込んで行政執行におけます「ムダ、ムリ、ムラ」というものを一掃してコスト面での職員の意識改革を進めながら健全財政の維持を基本とした予算編成及び検証作業を継続していくことによりまして、財政的に安心できる水準もしくは展望というのも開けてくるのではないかと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ただいま副市長よりご答弁いただきました。この中で「ムダ・ムリ・ムラ」を一層して健全財政の維持を基本とした予算編成をよろしくお願いし、この項を終わります。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 次に2点目、公共施設の一元管理についてお伺いいたします。(1)公共施設マネジメント準備室についてお伺いいたします。

 一昨年の9月と6月の定例会において公共建物一元管理についての必要性、推進体制等について市としての考え方をお聞きいたしました。そのとき横断的な取り組みの中で公共施設の情報を一元化し、全体的視点、技術的視点をもって施設管理の効率化のために一元管理等老朽化対策等の必要性を提案いたしました。そのためには、全市的な取り組みができる体制整備についても要望いたしております。そして昨年6月の定例会において機構改革も含めた庁内体制を整え、藤井寺市に最も適した公共施設の一元管理を順次進めていくと答弁をいただいております。それを踏まえて4月に機構改革を行い、公共施設マネジメント準備室を立ち上げて進めていただいているものと思いますが、どのような方向で公共施設マネジメントを用いたのか、公共施設の一元管理を進められていくのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 田中総務部理事。



◎総務部理事(田中祥訓君) 

 答弁申し上げます。

 本市の公共施設の大部分が改修を検討しなければならない築30年以上を経過し、施設の老朽化により修繕費用及び維持管理経費につきましても年々増大している状況にございます。市といたしましても公共施設の老朽化が進行している現状を踏まえ、今後について早急に手だてを講じていかなければならないと認識しております。

 このことから、公共施設を全庁的に捉える横断的な組織として、公共施設マネジメント準備室が設置されました。ここでは公共施設の適正化に向けて施設情報の一元管理、長寿命化、再編という公共施設マネジメントの考え方のもと進めております。現行の体制では、施設所管課が建築部門へ積算依頼をした金額を根拠に実施計画、予算要求を行ってまいりました。施設所管課ごとの予算要求では基準にばらつきがあることから、準備室が総合調整役となって各施設を縦割りの単体で見るのではなく、横串を刺して施設評価及び優先順位づけを行い、本市にとって最も効果的かつ効率的な管理運営を行うものでございます。具体的には、予算の確定しております平成26年度及び平成27年度において各施設の施設データを基礎資料として整理し、聞き取り調査及び現況調査も行いながら施設のデータベース化を行ってまいります。さらに現況調査やアンケート調査から得られた課題を整理し施設評価、優先順位、重点取り組みについて検討した結果を公共施設等総合管理計画として策定してまいりたいと考えております。その後につきましては、策定した計画に沿って施設所管課において予算要求、予算執行を行いながら長寿命化を図る施設、再編を行う施設について中長期的な視点で検討してまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 それでは公共施設の一元管理にあっては、公共施設マネジメント準備室と施設所管課と役割分担が重要であろうかと思いますが、この点についてはどのようにお考えなのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 田中理事。



◎総務部理事(田中祥訓君) 

 答弁申し上げます。

 公共施設の一元管理という言葉を捉えますと、公共施設マネジメント準備室で日常の維持管理まで全てを行うようなイメージをお持ちになられるかと思いますが、日常の維持管理などに係る部分は今までどおり施設所管課において行ってまいります。日々、施設の状況を把握できる者は施設所管課の職員であり、その職員が日常の維持管理を行うのが最も合理的かつ効率的であるという考え方は、これまでと同様に変わりません。逆に修繕や更新の計画策定については、専門性のある職員が全庁的な視点で優先順位をつけて行うことが合理的であるという考え方のもと、公共施設マネジメント準備室が情報の一元管理から計画策定まで施設所管課を初め、関係部署と調整の上、行ってまいります。策定した計画に基づいて、施設所管課で予算要求から予算執行まで行っていくことになります。このような役割分担で進めてまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ご答弁ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

 次に(2)進捗状況、目標設定及びスケジュールについてお聞きいたします。

 公共施設マネジメントを進められる中で、現在の進捗状況、また現時点での目標設定及びスケジュールについてどのように考えておられるのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 田中総務部理事。



◎総務部理事(田中祥訓君) 

 答弁申し上げます。

 公共施設マネジメントの進捗状況でございますが、先進市の取り組み状況の調査、研究及び視察等を行いながら公共施設等総合管理計画策定支援業務の発注作業を行っており現在、支援事業者を選定すべくプロポーザル方式で提案を受け付けている段階でございます。提案書及びプレゼンテーション等の審査を経て、事業者決定及び契約は7月中旬ごろを予定しております。その後、施設所管課、支援事業者等と連携しながら速やかに施設の現状把握、データベース化を進めてまいりたいと考えております。紙ベースの施設台帳を起こし、不足する情報及び現況とそごのある情報については施設ごとに調査を行いながら進めてまいりますので、一定程度期間を要することを想定しております。今後のマネジメントの根幹となる情報でございますので、きっちりとしたデータ整備を行いたいと考えております。

 事業の実施につきましては、喫緊の問題と中長期的な問題の二段構えで並行して取り組む必要があると考えております。喫緊の問題といたしましては、先ほど申し上げた施設の現状把握、データベース化でございます。これらの結果を踏まえて緊急性を要する箇所、危険性のある箇所について、施設所管課が早急に予算化し対処できるようにする必要があると考えております。また施設所管課に施設データベースの更新や施設の法定点検、簡易点検を定期的に実施していただきながら、結果を準備室が一元管理できる仕組みを構築してまいります。全庁的に取り組む必要があることから、公共施設マネジメントの考え方を庁内に広く浸透させるべく啓発、啓蒙活動を通じて職員に理解を求めていき、意識の向上を図ってまいりたいと考えております。

 一方、中長期的な問題といたしまして、できるだけ長寿命化をしながら維持する施設と複合化、統廃合も含めた再編を検討する施設が考えられます。ただ再編を検討するような個別施設のあり方そのものを変化させる取り組みにつきましては、先進市の事例におきましても個別施設と地域との結びつきや施設が果たしてきた役割等を考慮して、慎重に議論しなければなりません。さらに詳細な調査も行い、市民の方の考え方もお伺いしながら合意形成に向けて進めていく必要があると考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ただいま答弁で施設のデータベース化に一定程度の期間を要するということですが、今後のマネジメントの根幹となる情報で、きちんとしたデータ整備を行うという考えを理解いたしました。ただ、そのデータベース化を早急に進めていただき、個別施設についての修繕計画を策定し、計画に基づいて各施設所管課が修繕を行う、この仕組みを構築するための公共施設マネジメント準備室が設置されたと思うのですが、計画策定の具体的な到達点と時期はどのように考えておられるのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 田中理事。



◎総務部理事(田中祥訓君) 

 答弁申し上げます。

 事業の進め方といたしまして、公共施設マネジメント準備室を中心に施設所管課及び関係課の担当職員をメンバーとする庁内検討チームの立ち上げを予定しております。また並行して公募型プロポーザル方式で事業を支援していただく事業者を選定してまいります。公共施設マネジメント準備室、庁内検討チーム及び支援事業者等による検討内容を踏まえて施設の現状把握を行い、平成26年度中にデータベース化を完了する予定で進めてまいります。その際、施設データベース化の過程において危険性や緊急性のある箇所については一部、平成27年度予算に反映できるようなスケジュールで進めてまいりたいと考えております。施設データベース作成後は、施設所管課から毎年度情報提供を受けてデータベースの更新を行い、最新情報を一元管理してまいります。また、そのデータを整理・検証を行い、本市における公共施設マネジメントの基本方針を決定し、個別施設の修繕計画策定に向けて検討に入っていくよう考えております。

 お尋ねの具体的な到達点、時期につきましては現在、進めておりますプロポーザルにより支援事業者を決定し、その提案をもとに業務内容の打ち合わせ等を行い、業務の進捗に合わせて、当初2カ年における到達点とその後の事業展開については、もう少し詳しくご説明できるようになるものと考えております。先進市の状況を踏まえますと、さらに詳細な調査を行い精査した上で、個別施設に係る計画をお示しできるものと考えております。厳しい財政状況等も考慮する必要があり、全庁的な視点で知恵を絞り10年20年先を見通した計画をできるだけ前倒しして早くつくり上げたいと考えております。

 計画策定後につきましては、施設所管課が計画に基づいて適切に施設管理を行えるように総合調整役としての役割を果たしてまいりたいと考えております。また発注しております仕様書では、本事業における検討内容を平成28年度当初予算に反映できるような工程で提案を求めております。先ほど申し上げた平成27年度の危険性や緊急性のある箇所への対応も含め、喫緊の問題に対応できるスケジュールで進めてまいりたいと考えております。一方で施設の再編の検討につきましては、中長期的な問題であると認識し慎重に議論をしていく必要があると考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ただいまの答弁で「危険性や緊急性のある箇所への対応」と答弁していただきましたが、具体的にはどのようなものをイメージされているんでしょうか、お伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 田中理事。



◎総務部理事(田中祥訓君) 

 答弁申し上げます。

 これから施設のデータベース化に取りかかってまいりますので、現在のところどのような箇所があるか等把握はできておりませんが、イメージといたしましては雨風をしのぐための対策、具体的には防水・外壁の劣化への対応に優先順位の高い箇所から順次取り組んでいく必要があると考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 会議の途中ですが、この際、午後1時まで休憩いたします。

     午前11時56分 休憩

     午後1時00分 再開



○議長(岡本光君) 

 休憩前に戻り、会議を再開いたします。

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 続いて(3)課題・問題点についてお伺いいたします。

 今後、公共施設マネジメントを推進する上で課題や問題点について現時点でどのように把握されているのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 田中総務部理事。



◎総務部理事(田中祥訓君) 

 答弁申し上げます。

 課題といたしまして注視しておりますのは、まず国の動向との整合を図る必要があるということでございます。ことし4月に総務省から発出された通知により、公共施設等を管理・所管する地方公共団体において公共施設等総合管理計画を策定する旨の要請及び策定指針が示されたところでございます。計画策定につきましては、財政的な支援措置も設けられていることから策定指針の内容を取り込んだ形で計画策定を進めてまいりたいと考えております。

 次に、本市に合った進め方を構築していく必要があるということでございます。公共施設マネジメントは当初、関東圏の合併自治体が先行して進めてこられたと聞いております。合併で広くなった市域に同じ目的の公共施設を複数抱えているため、このような自治体では総量削減が主目的になっております。しかし藤井寺市の場合は8.89平方キロのコンパクトな市域に目的の重なる施設は余りないのが現状でございます。このような本市の特徴、特性に十分配慮して進めてまいりたいと考えております。

 三つ目といたしましては、中長期的な問題への取り組みでございます。先進市におきましても基本的な方針については示すことができるものの、個別施設の再編の検討については大変苦慮されており、個別計画を策定し実行するところまで至るには非常に時間がかかると痛感しております。大きく目標を掲げたものの総論賛成、各論反対の議論になり、途中で頓挫しているところもあると聞いております。本市におきましては、このような事例を踏まえて着実に進めてまいりたいと考えております。

 最後に全庁的な推進体制の構築でございます。事業の進捗に伴って公共施設マネジメント準備室の体制強化も検討しなければならないと考えております。特に施設・設備の評価や改修費用等が必要な修繕計画の作成には、技術的視点は欠かすごとができません。また準備室と施設所管課及び建築、政策、財政、行革部署との連携が重要になってまいります。財源の問題につきましても中長期的な視点で最適な方法を導き、先送りできない問題として取り組んでまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 それでは体制の面についてですが、組織機構を見直ししていただき、公共施設マネジメント準備室を立ち上げていただきました。この点については評価をいたしております。しかし今年度の体制は専任職員1名であと事務職員であると聞いております。今後、個別の施設に係る計画策定を進めていくためには職員の増員、特に専門性のある建築職の専任配置、すなわちスペシャリストが必要であると思いますが、優秀な人材をアウトソーシングで引っ張ってくることも一つであると思いますが、今後の人材確保についてどのように考えておられるのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 田中理事。



◎総務部理事(田中祥訓君) 

 答弁申し上げます。

 かねてよりご指摘のとおり、公共施設の老朽化による修繕ラッシュを乗り切るためには、専門性と機動力が必要不可欠でございます。個別施設について計画策定を行い、実行段階へ移行するまでの間においては、準備室の体制強化も必要であると考えております。

 アウトソーシングの活用については、先進市でも劣化診断調査、中長期保全計画の策定、再編計画の策定等についてアウトソーシングで推進され、専門性のある人材を配置されているところもあるとお聞きしております。本市においても、費用対効果を考慮しながら活用を検討してまいりたいと存じます。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 もう一点、お伺いいたします。

 計画策定を進める上で、関係部署との連携も重要であると思いますが、どのように考えておられるのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 田中理事。



◎総務部理事(田中祥訓君) 

 答弁申し上げます。

 先ほど申し上げました庁内検討チームが主な連携の場になると考えております。具体的には設置目的等施設に関する情報、建物構造や建物図面等建物に関する情報、土地の情報、修繕履歴、維持管理コストの状況及び施設利用状況等を詳細に洗い出して、全庁的に情報共有を図ってまいります。これらの情報に加えて施設がこれまで果たしてきた役割や今後のあり方についての思い、考えなど数字であらわせない部分についても十分考慮していかなければならないと考えております。

 準備室と施設所管課を始めとする関係部署が同じ目的・目標に向かって一丸となって進まなければならないと思っております。庁内のほとんどの課及び職員が公共施設との何らかのかかわりを持って業務に当たっておられますことから全庁的に協力を受けながら検討を進めてまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 公共施設の一元管理については、国も危機感を持って地方公共団体に公共施設等総合管理計画の策定を要請してきております。国においても国土交通省では他省庁に先駆けて、先日行動計画を策定・公表されております。喫緊の課題、中長期的な課題のあることも一定理解はいたしておりますが、時間がかかるほど施設の老朽化は進んでいきます。そこで可能な限り計画策定を急ぎ、一刻も早く対応していただくことを要望しておきます。

 また答弁いただいたように、今後事業の推進に合わせて到達点見通しがわかるということですから、わかった段階で改めてスケジュール等をお示しいただくようお願いいたしておきます。

 貴重な市民の財産である公共施設を一元管理し、適切に維持管理していくためには従来の施設や施設所管課の枠を超えて、前向きで全庁的な協力体制がなければ成り立ちません。計画的・断続的に事業を進められるように従来の縦割り主義的な発想を転換していただく必要もございます。市長のリーダーシップのもと、一丸となって取り組んでいただきますよう強く要望いたしまして、この項を終わります。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 続いて3.組織機構について、(1)適切な組織機構についてお伺いいたします。

 組織機構につきましては、本年4月1日に実施されましたが、適正な組織機構についてのお考えをお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 北本総務部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 組織機構につきましては、本市が掲げる重点政策の推進体制の強化を図り、新たな政策課題や国の制度改正等に迅速かつ的確に対応できる効率的な事務執行体制を整備するため実施するもので、本年4月にも実施したところでございます。

 今回の組織機構の見直しでは学校統合、世界遺産登録、公共施設マネジメントなどの重点施策への対応、そして旅券発行事務、臨時福祉給付金、子ども・子育て支援新制度への対応のための見直しを行ったところでございます。

 ご質問の点につきましては今後、組織機構を見直す際に考慮しなければならない点といたしまして、現在事務を進めております第5次総合計画による新たな施策の実行。大阪版地方分権による新たな権限移譲への対応。そのほかにもマイナンバー、公共施設等総合管理、国土強靭化など、これらにきちんと対応できる執行体制を整えていかなければならないと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ご答弁ありがとうございます。

 施策の推進や課題解決ための組織機構の見直しを4月に実施されたばかりですが、ご答弁にもありましたように今後もいろいろな課題があると感じられます。これらを一つ一つ解決し、行財政運営をきちんと行っていくためには、それに適した組織体制を整えることが大切と考えますが、ここ数年、毎年のように見直しが続いており、課せられた課題を解決するために行われていると思いますが、一方で毎年組織機構をいじられると内部組織が安定しないといいますか、混乱しているようにさえ感じられます。まして重要施策を幾つも進められ、総仕上げと言っておられる最中、毎年組織機構の見直しを続けられる意図は何かお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 北本部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 ご指摘のとおり、ここ数年、組織機構の見直しが続いている点については事実でございます。現状の組織の範囲で対応するよりも、そのときそのときの事情に応じて組織を見直し、それぞれの課題に対処するために見直しを行っているもので、結果としてここ数年は見直しが続いているということでございます。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 私は組織機構を見直すことを否定しているわけではございません。それだけ行政に課せられた課題が難しいのであろうと思っております。ただ、ここ数年、見直し内容を拝見しておりますと場当たり的な見直しと感じられる部分もあるように感じます。

 例えば世界遺産登録推進室、本市は数年前に暫定リスト入りを果たし、平成27年の国内推薦を目標に現在取り組んでおられますが、当初は教育部に、その後、政策推進課内の室に、そして今年度は課へと昇格と表向きは施策の推進とともに組織も見直されたように見えますが、世界遺産の全体的なスケジュールは、以前からわかっているところでございます。例えば暫定リスト入りした段階で、先を見越しての組織編成ができなかったのか、ほかにもこども育成室・子育て施策をしっかりとやっていくというお考えをお持ちなら、子どもに関する施策を全て部に任せ、腰を落ちつけてやっていくというような見直しができなかったのかと思うわけでございます。そのように組織機構は考え、見直すべきだと思うのですが、どのようにお考えなのか副市長にお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 松浦副市長。



◎副市長(松浦信孝君) 

 ご答弁申し上げます。

 ここ数年の組織機構の見直しが、「その場しのぎ的な見直しが続いているのではないか。もう少し先を見越して当面する行政課題にも対応した組織機構を考えるべきではないのか。」との議員のご指摘につきましては、どのように行政執行体制を整えるのかという点での内部調整が不十分であったことと業務の拡大に伴う人員確保ができないまま、いわゆる少数精鋭での業務執行体制とせざるを得なかったことなどが組織機構の見直しに際してのネックとなり、見切り発車的な見直しとなったことにつきましては反省をいたしております。

 そこで、組織機構の見直しにおいての考え方ではございますが、特に一般行政部局であります市長部局におきましては、地方公共団体の人口10万人以下で特例市並み権限を執行することができるように行政執行体制を整え、その執行体制に見合う人員配置の総数においては類似します団体の平均よりは、やや少ない人数で押さえ、本市の業務執行におけます特別な経緯がある部分については執行方法の見直しを反映させ、一定の期間後における組織体制に位置づけるような弾力的な扱いが必要かと考えております。現状は市長部局の事務分担は、部・局ごとに配分し、執行権限は課にほとんど委ねて執行をいたしておりますが、市全体の危機管理または横断的な政策課題等につきましては臨時的体制を組織内に設け、一定期間後に再編してきておりますが、こうした点につきましては、市の意思決定機関との兼ね合いを含めまして組織機構上、恒常的に設けるのがよいのか、十分に研究・検討しなければならない課題と考えております。

 「組織は人なり」とのことわざがございますが、組織を動かす上での人の確保と合わせまして組織機構の見直しを時宜に応じて行ってまいりたいと考えておりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ご答弁ありがとうございました。

 しかるべき時期にしかるべき見直しを行っているというお答えと聞こえますが、私の印象ではそうでないと感じられます。

 先ほども申し上げましたように、行政に課せられた課題はさまざまで即座に対処できるものであれば、じっくりと腰を据えて検討し対処しなければならないことも多くございます。また内部組織の安定ということも考えていただかないと、権限移譲や制度改正によりいろいろな事務がふえている中で、組織機構をいじることによって職員にもストレスや負担もあるのではないでしょうか。このようなこともトータルで考えて見直しを行っていただかなければ、結果、市民サービスの低下にもつながりかねません。そのことを十分に念頭に置いて、組織機構を見直していただきたいことを要望しておきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 次に(2)現状の課題についてお伺いいたします。

 さまざまな問題を解決するために、組織機構を見直しているということですが、先ほどの答弁にもありましたように現状、市に課せられている課題がいろいろあるのではないでしょうかと感じております。その中で大阪版権限移譲ともいうものがありました。中核市並みの権限ということで、我々のような市に権限と事務がおろされるのですが、平成24年度までを第1フェーズ、本年度からは第2フェーズということで進められていると聞いております。

 今回、「各自治体の考えを尊重し」と大阪府は言っているようでございますが、移譲される事務もあろうかと思います。また国から法定移譲ということも進められております。こちらはいや応なしに事務が移譲されるといったものでございますが、こういったことを取り上げてみましても今の体制でうまくやっていけるのかと心配するわけでございます。そのあたりをどのようにお考えなのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 北本総務部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 現状の課題といたしまして、先ほども触れましたが権限移譲がございます。権限移譲への対応につきましては、これまで進められて来られました第1フェーズにおいて、担当課の協力も得られながら何とかそれなりの事務を受けることができたのではないかと総じて評価しております。権限移譲につきましては、我々のような基礎自治体で行うことにより市民サービスが向上する、市民の皆様にとってメリットがあるという前提で検討し進めてまいりましたが、先ほど申し上げましたように、さまざまな課題を抱えている中で既存の事業、施策を見直さず、そのまま受け入れることは、我々にとっては非常に負担が大きくなるものと考えております。また移譲される事務によっては、単独で受け入れ実施するには人的、財政的に効率的でないと考えられるものもございます。

 このようなことを考えますと複数の市町村とともに、いわゆる広域での対応ということも視野に入れて検討しなければならないと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 権限移譲につきましては、答弁にありましたように市民の皆様のメリットを第一に考えていただくことは当たり前のことですが、一旦、受け入れれば市の事務となります。しかし、いろいろなお話を聞いていますと、自治体によって対応の質・レベルに差があるようなこともお聞きいたします。受け入れに当たっては、そのあたりも検討をされているとは思いますが、市民サービスの向上につながり、かつこれまでの検証も、もっとしっかりとやっていただくことを要望しておきます。

 また先ほどの答弁にありました第5次総合計画を今年度と来年度の2カ年で策定されると思います。本計画につきましては、今後の藤井寺市のまちづくりの基本ともなるものでございます。その内容に私も注目をいたしておりますが、その詳細につきましては、また来るべき時期にお聞きしたいと思っておりますが、この計画においてもさまざまな施策を展開されていくことを計画されると思いますが、その第5次総合計画を踏まえた組織機構をどのように考えておられるのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 北本部長。



◎総務部長(北本義和君) 

 答弁申し上げます。

 平成28年度から始まります第5次総合計画につきましては現在、策定作業に取りかかっている段階でございます。基本構想、基本計画を策定するに当たり配慮しなければならない点といたしまして地方分権・権限移譲を初めとした国及び大阪府の動向、子ども・子育て支援制度、教育環境の充実、市民協働、世界遺産、財政規律の確立、もちろん市民の皆様の生命、財産を守る危機管理、こういったことであると考えております。このようなことを念頭に計画を策定していくわけでございますが、計画策定後の実効性、実現性を重視してまいりたいと考えております。そこで必要な人的、財政的及び組織的支援を整え、計画に基づいた施策を着実に進めてまいりたいと考えております。そのためには今後必要な人材はどういった人材なのか、必要な予算規模はどれぐらいなのか、あるいは新たな組織が必要なのかどうなのか、こういった点につきましても計画策定と同時に検討する必要があると考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 次に、第5次総合計画ではさまざまなことを考慮し、今後の藤井寺のまちづくりの方向性を導く羅針盤のようなものです。その策定についてはもちろんですが、実行体制の整備には特に配慮していただきたいと思いますが、そこで一つ疑問がわいてきます。先ほどの組織機構を見直すに当たってのご答弁の中で、「特例市並みの執行体制を整え、類似団体平均の人員配置」というご答弁でした。また課題として権限移譲、財政についてもお聞きいたしました。これらについては、ちゃんと整合性が図られたものなのかと思うところであります。

 今後、さまざまな事業展開を予定されております。特例市並みというお話です。ビルド・アンド・ビルドという印象であります。そうであれば何かを見直す、それが行革であったり行政形態の変更であったりだと思います。公共施設マネジメントも見直しの方向であると考えたわけであります。そのあたりをどのようにイメージされているのかお伺いいたします。



○議長(岡本光君) 

 松浦副市長。



◎副市長(松浦信孝君) 

 ご答弁申し上げます。

 先ほどの答弁、また健全化に向けての市のいろいろな諸施策を含めまして、まず基本的には市制施行以来、人口急増期の学校を初めといたしました公共施設の整備、またごみ収集を初めとした直営体制、また一段の住宅地が形成されてからの下水道整備など行政体制の整備が一通り終わって20年以上が経過し、各施設の大規模な修繕、また直営体制の見直しなどの課題が多く出てきております。また国におきましては、公共施設等の総合管理計画の策定が喫緊の課題として市にも要請をされてきております。本市におきましては、これまで行政改革の推進と財政健全化を一体として進めてまいりました。国の動向も影響し、平成18年度から平成20年度の一般会計は赤字となり、健全化項目の実施効果により平成21年度以降は黒字とはなっておりますが、自主財源がふえない中で国・府等からの財源である依存財源が過半を超えている現状でございます。

 現在は、平成24年10月に策定いたしました藤井寺市行財政改革推進プランに基づきまして健全化項目の検討及び実施をいたしております。次の計画の見直しにつきましては、平成25年度決算の状況などを踏まえまして、プランの見直しに取り組んでまいりたいと考えております。いずれにいたしましても地方分権改革以降、基礎自治体である市が担うべき事務や事業はふえております。

 こうした状況を踏まえますと議会を初め、市民の皆様への適格なる情報提供や行政としてのスリム化、スマート化というのは日々の業務では必要不可欠なものでございます。厳しい財政状況を乗り越え、市の潜在的な力を引き出しながら市の果たすべき役割を担っていくには、何はともあれ職員が一丸となって健全化を達成するという目標に向かい、取り組んでまいる覚悟でございますので、よろしくご理解いただきますようお願いし、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 清久議員。



◆12番(清久功君) 

 ご答弁ありがとうございました。

 今回いろいろとお聞きいたしましたが、昨今の藤井寺市の行財政運営に関しまして拝見いたしておりますと学校施設の長寿命化、教育環境の充実、こども園の設置、藤井寺駅周辺整備事業、世界遺産等々、今後かなりの事業展開を計画されております。また権限移譲も進んでいく中で、今後財政や組織がきちんと対応できるかという危機感があります。また国が求めている公共施設等の総合管理計画では、今後かなりの財政需要が発生するのではないかと懸念もいたしております。そして特例市並みのお話など、企業経営で重要な要素は人・物・金でございます。このことは皆さんも十分ご承知のことだと思いますが、自治体においても同じことと思っております。

 今回の質問では、その点にこだわり今後の行財政運営において財政の見通しや基金残高、借金の返済についての見解や組織機構についてのお考えをお聞きいたしました。人につきましては、今後機会を見てお聞きしたいと思いますが、これらをトータルで考え、自治体経営ということをもっと意識していただかなければならないと改めて危機感を覚えた次第でございます。

 自治体が担っている役割は、民間のような経営という概念を一概に取り入れるということとは相反する部分もあろうかと思います。しかし少子化、高齢化ということを捉えても、基礎自治体の運営に大きな影響を及ぼすものでございます。そのほかにも教育環境の充実、公共施設の老朽化や世界遺産登録、駅前周辺整備事業など実施していかれることを聞いています。一般会計で200億円規模の小さな市が、これまでのような行政運営でこれらのことを全てこなせるのかと思うわけでございます。よって、私は一つの解決策として公共施設の一元化マネジメントということを以前から申し上げてきた次第でございます。

 3月議会において、私は行財政運営についてしっかりと考えてやっていってほしいと要望させていただきました。過去に赤字を経験しているわけですから、行財政運営に関して理事者のかじ取り、リーダーシップの発揮とともに理事者の思いを伝え、的確な指示、そして将来展望が重要だと思います。藤井寺市という自治体の経営という重要性をもっと認識していただき、かつ今後も予想される課題解決のため必要な人材育成、人材確保、時代にマッチした施策の展開、そして将来を見据えた組織体制の整備をしっかりと考えて取り組んでいただきますよう強く要望し、私の全質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(岡本光君) 

 以上で、政新クラブの代表質問を終了いたします。

 次に、藤政会・維新会藤井寺の個人質問を1問1答形式で行います。

 1番 本多 穣議員。



◆1番(本多穣君) (登壇)

 藤政会・維新会藤井寺の本多 穣でございます。個人質問を行います。

 まず1点目、21世紀を展望した本市の教育について、(1)本市のめざす子ども像について質問いたします。

 今日、少子高齢化や核家族化、都市化、情報化の進展など子どもを取り巻く環境は大きく変化してきています。教育行政においては、平成17年中教審答申「新しい時代の義務教育を創造する」をターニングポイントに国主導のトップダウン型教育から地方が自立しリードしていくボトムアップ型教育への転換が図られてきています。平成20年7月には、国が教育振興基本計画を策定し、教育の地方分権はさらに一段進展しました。市町村が知恵を絞り、地元が持つ資源を最大限に生かしながら、それぞれの地域に合った教育を目指していく時代を迎えているといっても過言ではありません。こうした時代を背景に心身ともに健やかな子どもを育み、藤井寺市のあすを担う人材を育成することは市民共通の願いであります。

 そこで、まず本市の学校教育において、今どのような子どもの姿を目指しているのかお尋ねいたします。

 以下の質問は自席で行いますので、よろしくお願いします。



○議長(岡本光君) 

 これより理事者に答弁を求めます。

 まず1点目の(1)について、西留教育部理事。



◎教育部理事(西留俊春君) (登壇)

 1.21世紀を展望した本市における学校教育について、(1)本市のめざす子ども像について答弁申し上げます。

 教育委員会では、藤井寺市の将来を担っていく子どもたちが郷土を愛し、一人一人の持っている豊かな個性、そして無限の可能性を伸ばし育んでいけるよう、次の4点を重点教育課題として取り組んでおります。

 第1点目としまして、「生きる力」を身につける教育の推進です。知識・技能を生かせる確かな学力、他の人とつながる豊かな心、そして生活の基礎となる健やかな体を育成します。2点目として、「夢や志」を育む教育の推進です。どんな社会情勢下においても、しっかりと夢や希望を持たせ、みずからの人生や新しい社会を切りひらく力を育成します。3点目として、「コミュニケーション力」を育む教育の推進です。人とのかかわりが希薄な社会の中で子どもたちに人とかかわり、他者を理解し、高め合える力を全ての教育活動の中で育成します。最後に4点目として、「我が郷土藤井寺を誇りに思う」教育の推進です。子どもたちが古墳を初め藤井寺市の歴史や貴重な歴史文化遺産について学習し、我が町藤井寺に誇りを持ち、大切に守ろうとする心を育む教育を推進しております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 1点目の(1)についての理事者の答弁が終わりました。

 これより通告に基づいて、順次質問並びに再質問に入ります。

 本多議員。



◆1番(本多穣君) 

 次に(2)次世代の教育をより良きものにするためにですが、本市の子どもたちにどのような力をつけたいのか、ただいまのご説明でよくわかりました。

 さて、これからの時代の教育を考えるに当たって、私は教育は社会の変化に無関心であってはならないと考えております。時代の変化とともに変えていく必要があるものについては、柔軟に対応していくことも、また教育に課せられた課題であると考えております。そこで次世代の教育をよりよいものにするために、どのような教育を行っていくことが大切であると考えておられるのかお尋ねします。



○議長(岡本光君) 

 西留理事。



◎教育部理事(西留俊春君) 

 答弁申し上げます。

 本市の子どもたちが将来、社会の変化に主体的に対応し、活力ある社会を築いていく担い手となるために次世代教育の視点を明確にして推し進めていくことは、議員がご指摘のとおりとても重要なことであると考えております。

 次世代の教育においては、大切にしたい視点といたしまして、よく言われますように国際化、情報化、高齢化といった社会の変化に対応できる力を育成することが大切ですが、その基盤として子どもの社会性を育み、自立を促し、自己有用感を身につけた人間性豊かな日本人を育成する教育を実現することです。自分自身を律し、他人を思いやり、自然を愛し、伝統文化や社会規範を尊重し、郷土や国を愛する心や態度を育てるとともに社会生活に必要な基本的な知識や教養を身につける教育は、あらゆる教育の基礎に位置づけられなければならないと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 本多議員。



◆1番(本多穣君) 

 次世代の教育についても、しっかりとした理念を持っていただいていることに安心いたしました。私も教育委員会が示すビジョンに同感します。

 さて、そこでその理念を具現化するためにどのように教育施策を行っていくことが大切であると考えておられるのか、次に(3)次世代教育を推進する具体的な教育活動についてお聞きします。



○議長(岡本光君) 

 西留理事。



◎教育部理事(西留俊春君) 

 答弁申し上げます。

 教育委員会におきましては具体的に3点において、さらに取り組みを進めてまいりたいと考えております。

 まず1点目は、本市全小・中学校そして幼稚園では平成24年1月より執務時間において、国旗・市旗・校旗を掲揚しております。学校に親しみ、本市に愛着を感じ、そして国を愛する心を育てるとともに全ての国の国旗を尊重する態度を育てる第一歩となるこの取り組みを今後も途絶えることなく続けてまいります。また卒園式・卒業式及び入園式・入学式におきましては、現在も学習指導要領の趣旨を踏まえ、国旗を掲揚し国歌を斉唱しておりますが、今後も適切に実施してまいります。2点目は、さまざまな学校行事を児童会・生徒会活動のさらなる充実・推進を図る中で進めてまいりたいと考えております。児童会・生徒会活動を通して望ましい人間関係を形成し、集団への所属感や連帯感を深め、協力してよりよい学校生活を築こうとする自主的、実践的な態度を育ててまいります。現在、教育委員会において事業展開しております夢セミナー、中学生ジュニア防災リーダー、おはようあいさつ運動、学校図書館推進、世界遺産学習などにおきまして、今後はさらに児童会・生徒会が主体となった取り組みとして進め、子どもたちが社会で生きる自覚を深め、自己を生かす能力を養えるようそのような取り組みをしてまいりたいと考えております。最後3点目といたしまして、豊かな人間性を育む取り組みを推進するために、道徳教育の指導改善に努めてまいります。道徳については現在、国の方でも道徳の教科化など活発な議論が行われているところですが、本市においても道徳の時間の充実はもちろんですが、あらゆる学校教育活動においても子どもの学びの連続性を重視し、中学校区を単位として地域の実態に応じた工夫ある取り組みを学校・家庭・地域が一体となった協働体制を構築し、具体的な取り組みを進めてまいりたいと考えております。道徳教育の充実により、思いやりや規範意識などの道徳性を育むことはもとより、子どもたちの多様な頑張りが認められる場を設定し、自己肯定感や意欲を高める、そんな教育の創造に努めたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 本多議員。



◆1番(本多穣君) 

 ただいまの答弁をお聞きし、教育委員会におかれましては次世代の教育の視点をしっかり踏まえていただいているように感じます。

 さて、私が常々危惧しているのは青少年の規範意識や道徳意識、自立心が低下し、多くの教育の課題を抱える現代にあって、今こそ日本の教育を根本から見直す必要があるのではないかと思っております。中でも国際社会と協力・連帯していく中で、自国の歴史に誇りを持つとともに国を愛する心を醸成することが必要であります。先ほど西留理事の答弁の中で、次世代の教育において郷土や国を愛する心、そして態度を育てることを大切にしたいとおっしゃっていただいたので、意を強くいたしました。よろしくお願いいたします。

 ところで、私は在大阪スリランカ民主社会主義共和国名誉総領事と親しい間がらであります。約2年ほど前になるでしょうか、総領事が藤井寺市長、國下市長を表敬訪問していただいております。先日、ちょうど1週間前の6月13日金曜日にシティプラザ大阪においてスリランカ大蔵省行政官トップ、向こうの閣僚ですね、財務大臣とそれとスリランカ大使、それとスリランカ商工会議所の訪問団をお迎えしましてスリランカ経済セミナーが開催されました。今日のスリランカの経済事情、ビジネスの可能性について講演を初め、日本とスリランカの両国の未来に向けた友好関係、または国際平和に係る議論がなされるなど大変有意義な場に私は参加してまいりました。

 スリランカと日本の歴史的なかかわりについて少し触れますが、実は両国は大変強いきずなで結ばれております。特に第2次世界大戦後の両国間のつながりはスリランカが戦後の日本にとって大変な恩を受けた国であることを知る人は多くいないのではないでしょうか。戦後1951年のサンフランシスコ講和会議において、並みいる戦勝国は日本に対して対日賠償や制裁措置を叫びました。そのような中、スリランカ、当時は英連邦内自治領ですね、同じアジアの仏教国の立場から日本に対するいかなる制裁にも反対し、日本の完全独立を認めて国際社会の一員として迎えるべきだと粘り強く訴えました。スリランカの大統領のスピーチが諸外国代表の心を打ち、そして日本の国際復帰への道につながっていったという事実をどれだけの日本人がご存じでありましょうか。私はスリランカと日本の関係を学校で学ぶ機会はありませんでした。恐らくどの教科書にも記述されていなかったと思います。そのような中で私自身がプライベートな人的交友を構築している中で、スリランカ名誉総領事と大変親しくさせていただく間がらとなり、このような歴史事実を学ぶことができました。

 人は、その時々においてさまざまな運命的な出会いをし、進むべき人生の道が新たに切り開かれていくものです。私自身のこれまでの人生を振り返っても、全くそのとおりでありました。そこで私は市議会議員として、私自身の個々のつながりの中で藤井寺市の子どもたちのために少しでもためになるのであればお役に立ちたいと思っております。このようなことから私は今月6月26日に母校である道明寺東小学校と道明寺中学校へスリランカ名誉総領事とともに訪問する予定であります。授業見学や給食交流を予定していただいておりますが、子どもたちには今回の総領事との出会いを通じて、今後スリランカと日本の歴史事実を深く学ぶきっかけとなっていただきたいと思っております。また子どもたちが自国日本のことを振り返り、これからの国際社会をどう進んでいくべきか、そして子どもたち自身にはどのような大人になっていくべきかを考えるきっかけとなれば、私のこうした行為も藤井寺市の子どもたちのために必ずや役に立つと信じています。

 私は未来を担う藤井寺市の子どもたちが大きな夢や志を抱き、その実現に向かって21世紀の国際社会をたくましく生きていけるよう教育支援活動を今後も行ってまいりたいと考えております。このことを宣言いたしまして、この項の質問を終わります。



○議長(岡本光君) 

 本多議員。



◆1番(本多穣君) 

 次に、古市古墳群城山古墳開発許可に関する教育委員会職員の行政過失について。先立って、山植部長と國下市長が市民に対するおわびの言葉を述べられましたが、教育長お願いしたいと思います。



○議長(岡本光君) 

 多田教育長。



◎教育長(多田実君) 

 答弁申し上げます。

 まずは今回の対応における過失により、市民の皆様に多大なご迷惑をおかけすることとなりましたことを深くおわび申し上げます。

 今回の過失につきましては、弁解のできないことでございます。今回の事態に対しましては、再発を防ぐため徹底した業務改善を行っていく所存でございます。具体的には史跡に隣接した土地の問い合わせについては、史跡に入っているかどうか、その確認を地番により行うことを徹底いたします。また史跡の範囲につきましては、地番をもとに遺跡分布図の詳細な点検を徹底して行っているところでございます。そして問い合わせに対しましては、対応のための詳細なマニュアルを作成いたします。その上で複数人数での対応と確認を徹底し、課内で情報を共有してまいります。

 今回の事態に至りましたことを、重ねまして深くおわび申し上げます。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 本多議員。



◆1番(本多穣君) 

 次に、老人福祉センター松水苑の入浴施設改修について。

 昨日と本日、3会派の同僚議員が松水苑について質問をされましたので、ほぼ同じ内容になりますが、私自身は松水苑議員とちまたでは利用者を含めて言われております。それは、また私の母校である道明寺東小学校、約35年ほど前に松水苑に私の同級生を初め友人のおじいさん・おばあさん、皆さん松水苑へ福祉センターに通っておられましたので、いつも梅が園公園とか大和川・石川で遊んだ帰りにいつも松水苑に寄って遊んでいたという記憶があります。それで初めて私が議員として質問に立たせていただいたのも、老人福祉センターについて質問させていただいたわけでございますが、今回は通告にもございますように、市民からの浴場再開の嘆願書に対する市長の見解について、これだけ要望したいと思いますので。

 現在、アスベスト工事により全館が7月末まで休館とのことでありますが、風呂については4月の初旬、漏水により既に2カ月も停止しております。これまで松水苑の風呂を利用してきた方々にとっては切実な問題で、風呂の掃除は滑りやすく、ひとり住まいの高齢者には危険だから自宅で風呂に入りづらい、生活が苦しくて風呂屋には行けないなど理由はさまざまではありますが、中にはもう1カ月以上風呂には入っていないと言われる高齢者の方もいらっしゃいます。そのようなことから早期に風呂の再開を切望する約200名余りの署名がここにございます。これは市長宛の嘆願書ですね、私に託されました。しかしながら、これまでの松水苑の問題を質問された各議員の理事者側の答弁では施設の調査に約2年、計画に1年、合計で3年たって初めて風呂が利用できるかどうかを判断するというような内容であると感じております。さらに昨日の西村議員の副市長の答弁では、今ある松水苑での風呂の再開は困難との答弁もございました。調査はただの時間稼ぎで、既に廃止の意思決定がなされているのではないかというようなニュアンスにもとれるんですが、このような状況では風呂の再開を待ち望んでいる多くの市民にお伝えすることは、到底私はできません。これは市民からの國下市長に宛てた松水苑の風呂再開を望む署名の嘆願書であります。

 國下市長、嘆願書です、見ていただけますか、國下市長宛の嘆願書ですから。



◎市長(國下和男君) 

 これは今の段階では受けとれない。



◆1番(本多穣君) 

 これは市長、藤井寺市民・利用者からお預かりしているわけですから、國下市長宛ですから。読みますね、「藤井寺市長殿、松水苑浴場施設再開に対する嘆願書、4月浴場故障により入浴再開見通しのないうわさに不安と不便な日々を過ごしておりますが、再開くださいますようお願い申し上げます。」と。それで副市長、そこにあるので読んでいただけますか、一緒に見ていただけますか、私が読んでいきますので。2009年(平成21年)、市発行高齢者福祉サービス案内、P18、「老人福祉センター松水苑利用案内では、健康で楽しく生き生きと暮らした高齢者の方の憩いの場としてお風呂や図書コーナーを備えており、地域の方との交流を深めることができます。また各種クラブ活動にも参加できます。」とあります。この目玉の風呂は、「老人にとって心身健やかになりクラブ活動はできなくとも、おぼつかない人であってもひとり住まいの人であっても、浴場での雑談はコミュニケーションを保ち、思考を高め、また通いにより適度の運動となり生活機能を減退させない助けとなります。」という内容でございます。

 これだけ多くの市民の願いを國下市長、感じていただけましたよね。ここで改めて松水苑の風呂再開を望む市民に向けて松水苑の今後についての國下市長の思いをお聞かせ願いたいと思います。



○議長(岡本光君) 

 國下市長。



◎市長(國下和男君) 

 その前にこの嘆願書をこの場で私が受けとるかどうかについて議長とか、この議場でいいのかどうかということを、まず決めてもらうということのほうが先決ではないかなと。私自身受けとるのであれば、行政の市長部局の中で持ってきていただいたら私はそうですかということでお受け取りをすると。しかし、この議場でこれを持ってこられて「はい、そうですか」ということで受け取れるかどうかということについて今、質問を投げかけておるわけでございますので、議長どうですか。



○議長(岡本光君) 

 暫時休憩いたします。

     午後1時57分 休憩

     午後2時30分 再開



○議長(岡本光君) 

 休憩前に戻り、会議を再開いたします。

 先ほどの嘆願書につきましては、後日改めて本多議員より國下市長にお届けいたします。

 それでは、先ほどの質問に対する答弁をお願いいたします。

 國下市長。



◎市長(國下和男君) 

 答弁を申し上げます。

 今までの答弁にございますように、今年度から社会環境の変化や地域特性に応じた適切な公共サービスの提供と安定した財政運営を両立させるために保有する公共施設を総合的に把握し、財政運営と連動させながら管理・活用する仕組みである公共施設マネジメントを導入し、その取り組みを進めているところでございます。そのような中で老人福祉センターにおいて、風呂から地下室電気設備天井部亀裂に漏水が発生しました。火災や停電、アスベスト飛散の危険回避から浴室利用を中止せざるを得ないと判断したものでございますが、現状で浴室利用の再開につきましては、非常に多額な浴室改修費用が予想されることと建設から37年が経過し、建屋や設備の状況等を勘案すると正直再開のめどが立てられない状況でございます。私といたしましては、浴室以外の老人福祉センターの機能を維持することが必要との考えから現在、地下室及び1階のアスベスト除去工事を進めているところでございます。

 現在、進めております公共施設マネジメントの取り組みの中で浴場等の機能を含め、老人福祉センターの役割は何であるかを明確にするとともに、今後のセンターのあり方を検討していきたいと考えております。利用されている方々からの浴場再開の要望につきましては、その心情は十分理解いたしておりますが、ご理解賜りますようお願い申し上げまして答弁とさせていただきます。



○議長(岡本光君) 

 本多議員。



◆1番(本多穣君) 

 今の市長の答弁お伺いしましたが、本来これで私の質問は以上で終わりという予定だったんですが、私にとりまして、市長、先ほど約200名の、これは先ほど申し上げましたけど77歳か78歳の方が約3日か4日で一生懸命必死になって集められているんですよ。私は特に地元ですから、近所のスーパーに行ったり、家を一歩外に出れば松水苑の利用者、1人2人ではなしに毎日数人、多いときは10人ほどから「風呂はどうなっているんだろう、いつできるんだ」と。恐らくこの議場の中の議員で一番接する機会が、利用者から多いと思うんですよね。そのような思いがありまして、國下市長聞いていますか。それで先ほど届けさせていただいたんです。それは議会の慣例とか、そのあたりはわずか3年少しですけど、多少は認識しているつもりです。それよりも何よりも私は利用者の皆さんの思いを市長に伝えるのが議員の役割だということが、まず第一ですから。そこはよく理解していただきたいと思います。何も突発的行動で「はい、市長」と言って持っていったわけではないですよ。わかってもらえますか、國下市長、総務部長も、私の、どう思われますか。

 それで、先ほど多額の修繕費というのは幾らかかりますか。



○議長(岡本光君) 

 藤田健康福祉部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) 

 現状のところに、今の現状の風呂と同じような規模の部分をということでございますと、諸条件ございますが約7,000万円というふうに聞いております。

 以上でございます。



○議長(岡本光君) 

 本多議員。



◆1番(本多穣君) 

 今の7,000万円、松水苑の利用者は健康福祉部長、日に平均100名以上いますよね、たしか。



○議長(岡本光君) 

 藤田部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) 

 松水苑の利用者全体の部分でいうと100名以上、260人ぐらいが利用者かなというふうに思っております。



○議長(岡本光君) 

 本多議員。



◆1番(本多穣君) 

 その中でも入浴施設の利用者は200名おられますか。



○議長(岡本光君) 

 藤田部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) 

 正式なカウントということはございませんが、去年、風呂をちょっと閉めざるを得なかったときに前年度部分と減った部分とその相殺という部分から推測しまして、約60名の方が風呂をご利用なさっているのではないかというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(岡本光君) 

 本多議員。



◆1番(本多穣君) 

 人数どうこうではないんですけど、私は松水苑の館長からお伺いしたのは約100名ほどいるということを、平均ですよ、多いときも少ないときもありますけど。100名を超えているということを聞きましたけど。



○議長(岡本光君) 

 藤田部長。



◎健康福祉部長(藤田茂行君) 

 今申しました60名というのは、去年、先ほど申しましたように風呂のボイラーの改修工事のときに閉めたときに減った人数といいますか、そこから積算しましたのが約60名というふうにお答えしたつもりでございます。

 以上でございます。



○議長(岡本光君) 

 本多議員。



◆1番(本多穣君) 

 市長、副市長、約7,000万円、私も数千万円以上かかるということは聞いていたんですけど、その人数にかかわらず唯一の藤井寺市の施設ですから、高齢者が楽しめる。そのお風呂を皆さん楽しみにされているわけですから、どうか國下市長、嘆願書、後で再度お届けしますので読んでいただきまして風呂の再開の努力を切にお願いいたしまして、私の質問を以上で終わります。



○議長(岡本光君) 

 以上で、藤政会・維新会藤井寺、本多 穣議員の個人質問を終了いたします。

 以上で各会派の代表質問並びに個人質問を終了いたしますとともに一般質問についてを終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡本光君) 

 次に、日程第2 報告第2号から報告第4号並びに報告第7号から報告第9号までの6議案についてを一括議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。−−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております6議案については、これをもって報告を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡本光君) 

 次に、日程第3 報告第5号及び報告第6号の2議案についてを一括議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。−−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本2議案については、いずれも委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(岡本光君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本2議案につきましては、いずれも委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論、採決は1件ごとに行います。

 まず報告第5号について討論に入ります。

 討論はございませんか。−−−討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案は、これを承認することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(岡本光君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は承認することに決しました。

 次に報告第6号について討論に入ります。

 討論はございませんか。−−−討論なしと認めます。よって、討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案は、これを承認することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(岡本光君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は承認することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡本光君) 

 次に、日程第4 議案第23号から議案第26号並びに議案第28号及び議案第29号の6議案を一括議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。−−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております6議案については、お手元に配付の議案付託表のとおり、総務建設常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡本光君) 

 次に、日程第5 議案第27号を議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。−−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第27号については、民生文教常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡本光君) 

 次に、日程第6 議会議案第5号、藤井寺市農業委員会委員の推薦についてを議題とします。

 本件については、地方自治法第117条の規定により本多 穣議員、畑 謙太朗議員、西条孝子議員の退席を求めます。

     [本多 穣議員、畑 謙太朗議員、西条孝子議員退席]



○議長(岡本光君) 

 それでは、職員をして議案の説明をいたさせます。

[職員朗読]

 議会議案第5号、藤井寺市農業委員会委員の推薦につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 本市農業委員会委員の任期につきましては、来る7月19日をもちまして任期を満了するものでございます。したがいまして農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定に基づきまして、議会が推薦する委員4人につきましてお手元の議案のとおり木本芳美氏、本多 穣氏、畑 謙太朗氏、西条孝子氏の4人の方々を推薦するものでございます。いずれも農業委員会の所掌に属する事項の識見を有する適任者と存じますので、農業委員として推薦するものでございます。

 なお、経歴等につきましては議案の後段に記載いたしておりますが、まことに勝手ではございますが説明を省略させていただきます。よろしくご審議の上、ご決定を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡本光君) 

 説明が終わりました。

 これより直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。−−−質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(岡本光君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案については委員会付託及び討論を省略することに決しました。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり推薦することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○議長(岡本光君) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり推薦することに決しました。

     [本多 穣議員、畑 謙太朗議員、西条孝子議員着席]

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡本光君) 

 以上をもって、本日の議事日程は全部終了いたしました。

 次回は7月1日午前10時より再開いたします。その間、各常任委員会におかれましては、付託議案の審査を行っていただくことになりますが、よろしくお願いいたします。

 本日はこれをもって散会といたします。ご協力ありがとうございました。

     午後2時43分 散会