議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 藤井寺市

平成26年  3月 民生文教常任委員会 日程単位




平成26年  3月 民生文教常任委員会 − 03月12日−01号









平成26年  3月 民生文教常任委員会



           民生文教常任委員会会議録

日時    平成26年3月12日(水曜日) 午前10時00分 開会

                      午後0時05分 閉会

場所    藤井寺市役所8階委員会室

付議案件  1.付託議案審査

出席委員  西野廣志委員長  片山敬子副委員長

      山本忠司委員   清久 功委員

      西条孝子委員   田中光春委員

      石田隼人委員(欠員1名)

欠席委員  なし

説明員   市長                       國下和男

      副市長                      松浦信孝

      教育長                      多田 実

      総務部長                     北本義和

      同理事兼次長兼総務情報課長            林 敏雄

      同行財政管理課長                 田村誠三

      健康福祉部長                   藤田茂行

      同次長兼保険年金課長               木田茂利

      同副理事兼健康課長                森川昌幸

      同副理事兼高齢介護課長              清水哲夫

      市民病院看護部長                 森重文子

      同副看護部長                   青木和子

      同事務局長                    黒岡久治

      同次長                      福田隆秀

      教育部長                     山植和男

      同理事兼次長                   浅野芳広

      同生涯学習課長                  山田健次

(説明補助員)

      健康福祉部保険年金課長代理            森田 勉

     午前10時00分 開会



○西野廣志委員長 

 おはようございます。ただいまから民生文教常任委員会を開会いたします。

 本日の案件は、過日の本会議で当委員会に審査を付託されました議案9件について審査を行うものでございます。議案の審査の順につきましては、お手元に審査順の表をお配りしておりますとおり、まず市民病院関係の議案第19号を審査し、説明員入れかえ後、教育委員会関係の議案第4号を審査し、続いて健康福祉部関係を議案番号順に1件ごとに議事を進めたいと思いますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 委員会の開会に当たりまして、市長より挨拶をお受けすることにいたします。

 國下市長。



◎國下和男市長 

 おはようございます。委員の皆様方におかれましては、何かとお忙しい折にもかかわりませずご参集を賜りまして、まことにありがとうございます。本日の民生文教常任委員会に付託されました案件について、よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますけれども挨拶ということにさせていただきます。本日はよろしくお願いを申し上げます。ありがとうございました。



○西野廣志委員長 

 それでは、これより議事に入ります。

 まず議案第19号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 お尋ねいたします。まず、予算書の1ページ、業務の予定量でお尋ねいたします。

 26年度の入院と外来の患者さんの数値を明記していただいておりますが、その中で1日平均の患者数、入院につきましては、これまで25年度も24年度も1日平均84名という予算を組んでおられました。26年度につきましては85.2人、若干ですけれども入院患者さんがふえるという事業計画を立てておられますけれども、これについて裏づけをお伺いいたします。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 入院患者数につきましては、経営プランで26年度は87%と上げさせていただいておりました。今現状、2月までの平均病床利用率、これが85.01%ということで、25年度予算は85.7%病床利用率の目標だったんですけども、それにほぼ近い数字がきているという現状を踏まえましてプランどおりの87%として1日平均85.2人ということで若干上げさせていただいております。

 以上でございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 24、25と経営プランからはちょっと離れた予算を組んでおりまして、はなから無視したのかというふうに私も言いましたけれども、もとに戻して、それだけ地域への信頼が深まったのではないかというふうにも見るんですけれども、そういたしましたら外来患者さんはいかがでしょうか。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 外来のほうにつきましては、プランでは240名、前年度も240ほどだったんですけども、昨今の減少を踏まえまして、かなり乖離が大きくなるということで25年度予算から220人とさせていただいております。現状を言いますと、平成24年度決算で1日平均180.1人、これが1月末までの現状でございますけども184.8人と若干は回復しております。ただ、やはりプランとの乖離が大きいということもございまして、前年25年度、220人を目標とさせていただいての予算どりとさせていただいております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 市民の皆さんからは「病院が公立で存続してよかった」、地域の方も「やはりここに置いてもらってよかった」という声を聞いております。それだけに元気でお医者さんへ通う必要がないという状況がつくれたら、それでいいんですけれども、でも医療費の心配なしに、いざというときに開業医さんとの連携で市民病院がどう活用されるのかというところが一番心砕くところだと思うんです。私は今、患者さんのことよりも病院の経営の問題で事業の予定量から入ったんですけれども、でもやはり経営がしっかりしていて、それで患者さんの信頼もということになりますので、両面から見ていただけたらというふうに思います。

 そこで、その患者さんの信頼をいただくために患者さんを支える医療スタッフについてですけれども、12ページにこれは給料の関係で出ているんですけれども、職能別に専門職別に職員の人数が示されております。そこで数年前、非常に私も心配いたしました、お医者さんの人数は定数に足りているということだったんですけれども勤続年数が短くて、患者さんやら地域から開業医さんとの信頼関係を結ぶのに非常に苦労なさったという時期がございました。それでまず、お医者さんにつきましては、そういうことはここ1、2年で解消されたんでしょうか、まずお伺いいたします。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 医師の数につきましては、一定確保できております。今現状、昨年6月末に外科医1名退職しておりまして16名となっているんですけども、26年につきましては内科医が1名、外科医が1名増となりまして、結局18名になるんですけども、それで予算上ちょっと17名で上げさせていただいておりますけども、ちょっと急遽、内科医のほうの派遣が決まりましたので1名増になりますが、もしこの辺は給料のほうが足りなくなりましたら、また補正予算で対応をお願いしたいと思っているんですけども。

 あと勤続年数につきましては、どうしても若い先生、院生の先生がいらっしゃいますので、1年でまた大学のほうへ勉強に戻られるという形で、なかなか定着していただくのは難しいんですけども、ただ小児科の先生は今度また4月に入れかわるんですけども、今まで1年交代ということで来ていただいていたんですけども、今回来ていただく先生はちょっと腰を落ちつけて少なくても3年は来ていただくということでお願いしておりますので。若干はちょっと改善してきたかなとは思っております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 わかりました。

 本市独自で採用というわけにはいきませんので、そういう懸念も全部解消するというわけには、なかなかいきませんけれども、ぜひ派遣されてきた先生方が地域医療で魅力ある病院だという認識で勤務していただけるような環境をぜひつくっていただけたらと思います。

 それから特徴ある病院にしようということで消化器内科に特化もしまして、学会での認定と受けて治療の精度を上げる、または患者さんの信頼をいただくという取り組みを長年培ってきていただきました。現在はどうなんでしょうか。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 先生おっしゃるとおり、当院は以前から消化器系の強い病院といたしまして今、日本消化器内視鏡学会の指導施設、日本消化器学会の専門医制度の認定施設を受けております。このほかにも外科や整形外科のほうで認定施設になっているんですけども、これらに加えまして内本院長が来られてからは糖尿病の治療ですとか予防のほうに力を入れておりまして、市民公開講座ですとか市の広報で糖尿病をテーマにした情報提供も積極的に行っております。これとともに院内で医師ですとか看護師、薬剤師、それで管理栄養士等からなります糖尿病のケアチームを平成24年10月に立ち上げて、糖尿病教室ですとか教育入院の実施等チーム医療として糖尿病対策に取り組んでおります。それで日本糖尿病学会の教育施設にも新たに認定をしていただいております。今までも消化器系が強いという売り以外、この糖尿病を中心とした生活習慣病に対して患者さんに寄り添った医療を行うといったことが、また今後の一つの特徴づくりになるものと考えております。

 以上でございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 糖尿病、潜在的な患者も含めたら相当高くなっているというのをニュースでも報道されておりますので、来ていただいた院長先生を先頭に、その立場で取り組んでいただくのも本当にすばらしいことだと思います。

 それとドクターを支えてくれている患者さんの本当に身近で頑張っていただいている看護師さんについてはいかがでしょうか。なかなか募集しても採用に至らないというようなのが、うちだけではなくて、ほかの医療機関でも言われておりますけど、本市民病院においてはいかがでしょうか。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 看護師につきましては一応、予算で正看護師、准看護師を合わせまして61名で計上しておりますが、この4月1日現在の人数は正看・准看を合わせまして56名となるものでございます。7月1日に1名を採用することが決定しておりますが、その時点でもまだ4名が不足するという状況でございます。それで病院の定数につきましては、平成24年4月1日に102人から112人へ引き上げていただきまして、その際、院内での割り振りとして看護師につきましては定数を61名としており、この定数からいたしますと4名が不足するわけでございます。ただ定数を引き上げる前は54から55ぐらいの人数で推移しておりまして、これからわかりますのは人数的には減っているというものではございません。ただ現状、10対1の看護基準を守るのがぎりぎりの状態となっているということと、入院患者さんの高齢化によりまして、やはり痴呆の方ふえてきております。特に2階病棟が60床ございますけども、夜勤が2名で対応しているということで病床利用率が上がってきた中で夜勤の勤務が非常に厳しい状況になってきているということがございます。それで2階の夜勤の勤務者を3名にちょっとふやしていきたいということで、今現在は看護師採用試験を3カ月に1度、年4回実施しているんですけども、なかなか充足してこないという状態が続いております。それで、このことから採用試験につきましては、もうちょっと回数をふやすとか実施方法等をちょっと26年度に見直して、改善して実施していきたいと考えております。

 以上でございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 看護師さんの資格をお持ちの方がいらっしゃると思うんですけれど、本当になかなか勤務条件が厳しいのか、ほかの事情があるのかちょっとよくわかりませんけれども、ぜひ現場の皆さんからも魅力ある病院の情報の発信もしていただいて、それから本当に勤務条件の中でここを改善しないと来てもらえないというようなところがおありなら、やはり積極的に提案もしていただいて環境基準をクリアしていただくようにお願いしたいと思います。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 それから47ページに3期棟施設改修工事費、3,280万計上しておりますけれども、この3期棟の改修に当たりまして、工期とまた他の業務、患者さんへの影響についてちょっと懸念しますので、お伺いいたします。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 3期棟につきましては、既存棟の東側の部分でございます。これは昭和61年12月に建設されておりまして、耐震補強の必要がなかったということで、前回の耐震補強リニューアル改修工事におきましては一部の改修にとどまっております。それでこの3期棟の空調設備につきましては、オペ場ですね、手術室とそれ以外の2系統での全館空調となっておりますが、その建設以来、改修がされておらず著しく老朽化が進んでいるということで改修させていただくと。あわせまして消火設備につきましても、3期棟だけがちょっとスプリンクラーは入っておらず、泡で消火する代替の消火設備となっておりますことから改修が急務となりまして、平成25年度に設計委託を行ってます。

 それで改修工事につきましては当初、空調が2系統に分かれておりますので26、27年度の2カ年にわたってオペ場、手術室とそれ以外に分けて工事をと考えていたんですけども、手術室の全室でありますとか中央材料室、ここをさわる際には手術をとめないといけないということで、影響が大きいということで、26年単年での実施とさせていただくものでございます。工期につきましては空調をとめる影響を少なくするため、またどうしてもオペをとめないといけないというところで、オペ件数の少ないところから始めまして8月の中旬くらいか9月頭から12月の初旬までを予定しております。

 一番、懸念されるのが手術、オペをとめるというところがございますので、工事自体はオペ場をさわるのに3週間かかるんですけど、その前後というところがございますので大体1カ月程度、オペをとめないといけないという状態になりますので、この辺はまだ具体、業者のほうも決まっておりませんし、日程が確定しておりませんけども、日程が確定したら他の病院等のほうに連携、協力をお願いして、患者さんに影響のないように努めていきたいと思っております。

 以上でございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 今の時期に工事をしないともたないという判断でやっていただくんですけれども、8月中旬からといったら暑い時期ですしね、手術室に影響ということですので、その前後の入院患者さんへの丁寧な説明と、それから近隣の病院との連携も含めて、ぜひ準備については抜かりのないように進めていただけたらと思います。安全に工事が終わって、新たに空調についてもスプリンクラーについても最新の設備が整って、より安全な環境が整うことを願っております。

 それから、最後もう一点伺います。

 ちょっと戻って29ページです。

 ここに医業収益の中で1日当たりの入院、通院、それぞれの患者さんの1日1人平均収益というのが出ております。これは前年の当初予算と比較しましたら、入院も通院も若干金額が上がっております。病院にとっては収入ですけれど、患者さんにとっては医療費負担ということになります。そこで平均額が上がっているのは、診療報酬の見直しですか、それともほかの要因であるんでしょうか。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 診療報酬の改定につきましては、消費税の上がりの含めて0.1%というところの微増にとどまったんですけど、ちょっと予算組みのところでどれぐらいの部分が出てくるのかという、ちょっとわからなかった部分がございます。一応、金額的には実績ベース、24年度の決算額を見ながら過去の上昇率を見ながらで数字をおさえているといったところでございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 そういたしましたら、とりたててこれという要因はないと、実績ベースで組んだら自然増のような数字を計上したということのようですけれども、それでもやはり患者負担、保険料負担につながっていきますので的確な数値だとは思いますけれども、ここはシビアに見ていただくようにお願いしたいと思います。

 以上、お伺いいたしました。施設面でも、それから医療スタッフの関係でも、それから日々の窓口対応でもやはり市民病院ならではという患者さんの思いを丁寧に見ていただいて、信頼性の高い病院の経営と運営に力を尽くしていただきますことをお願いいたしまして、質問を終わります。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

 片山委員。



◆片山敬子副委員長 

 私もちょっとお伺いしたいんですけど、1ページの先ほどさまざまお伺いさせていただきました。それで1日の平均患者数の外来なんですけど、先ほど決算で180.1人ということで、今回40名ふえているということで、その中で今聞かせていただいたので内容はわかったんですけれども、最近になって市民病院には午後診をされているということで、すごく市民の皆さんから声を聞かせていただいているんですけど、すごく午後診になってよかったと、それで慌てて行かなくても済むし長期で待たなくてもいいということで、その午後診されていることは周知とかはホームページではされているんでしょうか。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 先生おっしゃる午後診につきましては、新たな患者さんを受け入れるということではなく予約患者さんについて午前中の診療枠がいっぱいになっておりますので、午後に振り分けるといった形の対応をしておりますので、ホームページ上ではそういったことはお知らせはしておりません。



○西野廣志委員長 

 片山委員。



◆片山敬子副委員長 

 あと今聞かせていただいた以上に、何か取り組みとかはあるんでしょうか。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 外来診療につきましては午前中の診察時間、これは予約の患者さんで枠がいっぱいになっておりまして、そこに新規の患者さんでありますとか急患の方が来られますとどうしても待ち時間が長くなってご迷惑をかけております。このため午後に予約の患者さんを振り分けることによりまして、午前中の診療枠に余裕を持たせて、ちょっと待ち時間の解消を図っているということを今進めております。

 それで平成26年度につきましては、先ほども言いましたけども内科で常勤医が1名ふえてまいりますのと診療への医師もふえてまいりますので、4月以降は初診の患者さんのみを診る初診外来を設けるとともに、午後に予約患者さんを診る診療の枠をさらにふやす方向で今、医師・看護師とも体制を調整しておりますので、こうしたことにより待ち時間の短縮を図るとともに、やはり余裕を持って診察に当たることで、また外来患者さんの回復に努めてまいりたいと考えております。よろしくお願いいたします。



○西野廣志委員長 

 片山委員。



◆片山敬子副委員長 

 ありがとうございます。

 市民の皆さんから聞いているお声で本当によかったというお声を聞いていますので、今後もよろしくお願い申し上げます。

 あと、先ほど私がホームページのことを言わせていただいたんですけど、ちょっと用事がありまして柏原の市民病院のホームページを見ることがありまして、そこに人間ドックでピロリ菌検査というのが載っていたんですけど、うちの病院でもピロリ菌検査はされていると思うんですけどホームページとかには掲載はないですか。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 人間ドックの胃検診につきましては、オプションとして別途税抜きで5,000円かかるんですけども、バリウムを使った胃通しから胃カメラに変更することができます。この胃カメラを選択された場合にピロリ菌の感染の有無や胃がんの危険度を判定できるペプシノーゲン検査も合わせて実施しております。このことにつきましては、病院のホームページで人間ドックのご案内として検査内容の説明の中に書いてはおりますが、こうしたことを実施してるということをもう少しわかりやすくちょっと工夫してまいりたいと考えています。

 ちなみに、さきの決算委員会で先生からご質問があった際に資料を持ち合わせずご迷惑をおかけいたしましたピロリ菌の検査件数でございますけれども、平成23年度が160件、24年度が164件、平成25年度、これは2月末までの集計でございますが285件と大幅に増加しておりますことをあわせてご報告させていただきます。

 以上でございます。



○西野廣志委員長 

 片山委員。



◆片山敬子副委員長 

 ありがとうございます。

 本当にピロリ菌で胃がんがなくなるとまで言われているので、今後におきましても、それでなかなかピロリ菌の検査をほかの病院ではやっていませんので、市民病院でできるということを聞いたら心強いと思われますので、よろしくお願いしたいと思います。

 あと、せっかくホームページがありますので、掲載に当たっては宣伝とかアピールではないんですけど、本当にできていることはどんどんホームページのほうに載せていただけたらと思います。

 以上です。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

 田中委員。



◆田中光春委員 

 医療収入で23億5,000万ほど見ていただいているんですけども、これに関連して確認だけお聞きしたいんですが、本市の場合は救急というのは受付は基本的にはしないんですけども、なおかつ救急で受ける場合も一部ありますので、まず内部的な基準というんですか、どういうふうな受け方をされているのかというだけちょっと先に教えていただけますか。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 先生が言われたように救急指定を受けておりませんので、なかなか対応が難しいですけども、時間内5時までで医者・看護師・検査技師と体制が整っているというところで当院に通院されておられる方に対してはできるだけ、その時間にちょっとオペが入っていたり、ほかのことがあってということもありますけども、基本的にはうちに通院されている患者さんにつきましては5時まで対応できるものについてはお受けさせていただくというのが基本でございます。

 以上でございます。



○西野廣志委員長 

 田中委員。



◆田中光春委員 

 わかりました。

 もう一つ、先ほどの話もあるんですけども、そういう救急に関して消防署とか打ち合わせするというか、そういう協議機関というのはあるんでしょうか。あれば、なくても結構なんですけども、今現在、そういうふうにしておられるか、今、消防のほうから直接問い合わせがあったときに対応しているかというどちらのほうでしょうか。



○西野廣志委員長 

 福田次長。



◎福田隆秀病院事務局次長 

 まずは救急隊のほうから連絡が入って、こういう患者さんがいるので当院で受診できるかという可能性を聞いてきます。当然、脳であるとか診療外の部分については当然お受けできない分もございますし、医者の体制ですね、時間外で体制がとれないといったことでお断りすることもございますが、基本的には救急隊からの要請を受けて判断しているといったところでございます。



○西野廣志委員長 

 田中委員。



◆田中光春委員 

 わかりました。

 ことし2月、結構、雪が多くて滑って転んだという、骨折程度ぐらいかなという部分もあると思います。そういう患者さんも受け入れはしていただいたほうがありがたいかなと。私もちょっと入院をさせていただいたときにも、ちょうど大雪の日でして、結構、救急車で運ばれている方もあったというのを見受けたのですけども、やはり必要なこと。

 それともう一つは、昨日は3.11ということで大震災から3年目となりました。そういう大きな災害は来てほしくないんですが、災害であってもある程度受ける体制づくりを、せっかく施設はリニューアル工事をしていただいて耐震化もされたと。それで簡易的なものでも積極的に受け入れをしていただくように要望だけしておきますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 市民病院関係の議事が終了しましたので、この際、説明員交代のため、暫時休憩とします。

     午前10時28分 休憩

     午前10時30分 再開



○西野廣志委員長 

 休憩前に戻り、議事を再開いたします。

 教育委員会関係の議事を進めます。

 議案第4号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

 山本委員。



◆山本忠司委員 

 現在は、土曜日開設を月1回実施されておられて、ことしの9月から全土曜日実施するということですが、そこで保護者負担も土曜日利用される方は月額1,000円上がって6,000円ということですが、この保護者に求める負担金の算定方法についてちょっとお聞かせください。それと実施することによって、本市の負担する金額、これについてもお願いします。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 答弁申し上げます。

 負担金の算定につきましては、全土曜日開設を実施したことにより増加する費用から増加分に対応する国・府からの補助金を差し引いた金額を土曜日の利用見込み人数で除し、1カ月当たりの費用を積算いたしますと約2,100円となります。この金額を利用者と市の折半とし1,000円の受益者負担を求めることといたしました。なお、全土曜日開設を実施することにより市が負担する金額は1年間で約150万円程度増加すると考えております。



○西野廣志委員長 

 山本委員。



◆山本忠司委員 

 市の負担する金額は年間150万円ということですが、この金額はどれぐらいの利用者を見込んでの数字なのか、お願いします。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 放課後児童会の在籍児童数の約20%が利用するということを考えております。



○西野廣志委員長 

 山本委員。



◆山本忠司委員 

 それでは9月から実施していくわけですが、この利用者の把握はどのように行われていくのか、お聞かせください。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 答弁申し上げます。

 9月からの土曜日実施に当たりましては、利用者数の把握を事前に行い、指導員の職務体制や受け入れの準備が必要となってまいります。このために入会児童の保護者に対しまして9月以降の継続的な土曜日の利用について事前に書面により利用申し込みを行ってもらうことを予定しております。申し込みがあった保護者に対しては、一月単位で利用についての確認を行います。利用をやめることや新たに利用を申し込むことも可能でございますが、必ず書面により確認を行いたいと考えております。



○西野廣志委員長 

 山本委員。



◆山本忠司委員 

 わかりました。

 それでは、土曜日の開設となったら学校が休業中であって先生も少なく、学校施設ですね、特に保健室の利用もできないというわけですけども、そこで万が一、子どもが体調を崩したり、そしてけがをしたりしたときの対応についてはどのように考えておられるのか、お聞かせください。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 答弁申し上げます。

 土曜日開設につきましては、各学級により利用する人数、児童数も異なるかとは存じますけども、たとえ参加児童が1人であっても2名以上の指導員の配置を考えております。これはけがや病気で子どもから目が離せない重篤な状況になった場合、指導員の1人が子どものそばに、そしてもう1人が病院や保護者、生涯学習課、消防等関係機関への電話連絡を行うことを想定しております。生涯学習課職員は速やかに現場に駆けつけ、指導員とともに保護者、病院等と適切かつ迅速に対応してまいりたいと考えております。

 また日常起こる軽微なけが等につきましては、指導員は子どもの状況について速やかに保護者及び生涯学習課に連絡を入れ、必要に応じて応急処置を行い、生涯学習課と連絡をとりつつ、保護者の意向を聞きながら医療機関への受診等、適切な処置を行います。また医療機関を受診する場合には、生涯学習課職員が現在も行っておりますが、随行することとあわせまして、必ず保護者にも医療機関に来ていただきます。放課後児童会での活動中、発熱等体調を崩した場合にも保護者に連絡をし、迎えに来ていただくこととしております。

 子どもたちの健康管理、安全管理に関しましては、予防も含め、適切に行ってまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。



○西野廣志委員長 

 山本委員。



◆山本忠司委員 

 ありがとうございました。

 子どもたちを預かっている以上、本当に何が起こるかわかりませんので、その辺の対応をどうかきちんとやっていただくことを要望しまして終わります。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

 片山委員。



◆片山敬子副委員長 

 私も土曜日に利用する放課後児童会について質問させていただきますけど今、学校整備計画において今後、国におきましては6年生までということになっていくと思うんですけども、今後においてもう一つ、有資格者というのがクローズアップされて厚生労働省では無資格者を指導員として認める場合の手段については、今、保育士さん、学校の先生、社会福祉士さんなどの資格を持って、今後においては持てるようにということでやっていくんですけれども、あと都道府県においては認定講習を行っていくということで、今、本市における放課後児童会の資格を持っておられる先生というのが何%おられるのか。あと本市におきましては、どのように今後、考えておられるのかというのをお伺いさせていただきます。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 現在、放課後児童会の指導員の約半分が児童厚生員2級あるいは保育士教員などの資格を持っております。

 また現在、放課後児童会の指導員につきましては、大阪府が実施しております放課後児童会の指導員のための児童厚生員2級の資格を取得できるような研修に参加できるよう予算化をいたしまして、現在、研修にも参加をしております。ただ、この研修につきましては3年ほどをめどに資格が取得できるというものでございます。今後もこのような研修への参加につきましては、続けてまいりたいと考えております。



○西野廣志委員長 

 片山委員。



◆片山敬子副委員長 

 本当に50%の方が資格を持っておられて、今後におきましては研修等でさらに資格を持った方がふえていくということで、安心して放課後児童会に預けられるというのを私としてはよかったと思いますので、今後においては放課後児童会におきましても学校と同様、親の立場からしたら預けているのは同じような感覚というと変ですけども、そういうふうに預けさせていただいているので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 お伺いいたします。

 まず放課後児童会の位置づけです。今回の条例の一部改正で土曜日を開設することになったと。それで利用料金を月曜日から金曜日までは月額5,000円、月曜日から土曜日の利用者は月額6,000円ということで提案をされているんですけれども、そもそも放課後児童会は子どもの放課後の安全、それから居場所をしっかりと確保する、位置づけるということであれば、これまで本市においては月曜日から金曜日までの開設でしたけれども、今の状況の中で月曜日から土曜日までの開設を基本とするのか、私はそうだと思っています。ところが今回のでいくと、あくまでも土曜日は例外だというような扱いではないかと、この条例から見ますと受けとるんですけれども、そこはいかがでしょうか。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 現在の放課後児童会は月曜日から金曜日の5日間で実施しております。そして負担金は5,000円となっております。保護者ニーズ等を勘案しまして、新たに土曜日実施することに当たりましては、ふえる土曜日の分の必要経費を計算いたしました。また他市の状況も参考にしながら、ふえた土曜日につきましては利用者に負担をお願いするといたしまして、金曜日までの5日間は今までどおり5,000円、土曜日まで6日間で6,000円といたしました。

 土曜日開設に伴う経費を計算いたしますと、1人当たり約2,100円となります。全額保護者負担ということになりますと保護者の負担が大きくなりますので、そのうちの約半分を市で負担するということでございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 言っていることをわかってくれますか。計算基礎やらそんなことを言っているのではないんです。そもそも放課後児童会は、今までのように月曜日から金曜日までの開設が基本で土曜日は例外的な扱いとするんでしょうか。それとも保護者のニーズもあって本来、放課後の児童の安全、居場所を保障するという立場から長期休暇の夏休み・冬休みやってくれていますので、土曜日も本来の開設曜日として位置づけるのか。もう一回言います、あくまでも金曜日までで土曜日は例外的扱いとして位置づけるのか、ここはいかがでしょうか。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 金曜日までの5日間と土曜日までの6日間につきましては、両方とも保護者の希望を聞きながら実施していきたいと思っておりますので、保護者の希望を尊重しながら実施していきたいというふうに思っております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 ちょっと違いますね。そこが論議されていないのであれば、もう一度、基本に戻って放課後児童会は現在の学校教育の日程と厳密に結びついていますので、今まで本市が開設した月曜日から金曜日をあくまで基本とするのか、そうではなくて本当に現在のニーズにふさわしく月曜日から土曜日までの開設を基本として運営をしていくのか、ここをしっかりと論議をしていただきたい。本来、この条例が出てくるに当たっては、それをやっておかなければならないと私は思うんです。そうでなかったら、どう運営をするのか、どういう保護者負担を設定するのか、全く基本が変わってきます。そのことなしに、とりあえず土曜日を開くんだと、それで1日多いから必要経費を計算して、これだけ求めましょうというのでは違うと思うんです。今の答弁で、そこのところがはっきりしませんけれども、もう一度、念のためにお伺いします。その論議はされた上で、この条例は提案されているんでしょうか。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 現在までは週5日間で放課後児童会を運営してきました。このたび保護者ニーズ等を勘案いたしまして土曜日まで開設しようということでございます。それで、その分につきましては保護者負担を求めるということでございます。



○西野廣志委員長 

 答弁者、質問者の意をちょっとよく聞いて的確に答弁していただきたいと思いますので。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 同じことの認識でしかないと思います。したがいまして、ぜひ放課後児童会がどうあるべきなのか、本市として放課後の子どもをどう位置づけて、放課後児童会を開設し運営するのか、そこのところの基本を担当課、教育委員会も含めてきちんと位置づけをして運営に当たっていただきたい、このことをまず大きな原則ですのでお願いいたします。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 その上で、そうでないと負担金の設定が変わってきます。それで、先ほどもちょっと例に挙げられていましたけど、大阪府内の幾つかを見ましたけれども土曜日料金を設定しているところはそんなにありません。やはり開設の基本を放課後だということの認識の上でやっておられるというふうに思うんです。

 そこで料金設定で、なぜこんな提案をされたのかということですけれども、先ほど来の質問で国・府の負担は引いて、残りを保護者にもお願いをしたということですけれども、もうちょっと具体的に聞きます。一般会計で国の金額はわからないんですけれども、府の補助金で放課後児童会に対して25年度、前年度当初予算は2,499万円ありました。26年度の当初予算には2,827万5,000円の計上があります。ここからして、国の負担と府の負担と、それから地元市町村の負担割合はどうなっているんでしょうか、お尋ねします。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 放課後児童会の経費につきましては、国が3分の1、府が3分の1、それで市が3分の1という形になっております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 そうしたら、現在の利用料の負担額の月額5,000円というのはちょっと置いておいて、そのときに計算をどうしたのかと、数年前ですからそこは少し置いておいて、今回の土曜日利用される方はプラス1,000円だという根拠、3分の1ずつ負担をして残り3分の1は市の負担だと。市の負担額は幾らになるんですか。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 年額でございますけども、市の負担額が約150万円ぐらいになる計算となっております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 市が150万円負担をすれば、土曜日料金というのはなくてもいいわけですね。そういう計算ですね。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 失礼いたしました。今のは半分というふうに考えての金額ですので、ちょっと訂正させてもらいますと市の負担額といたしまして230万円ほど年額かかると計算しております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 そうしましたら、今度、土曜日開設に当たって国の負担分が230万、府の負担が230万、市の負担が230万ということですか。



○西野廣志委員長 

 山田課長。



◎山田健次教育部生涯学習課長 

 一概に金額をというのは、なかなか申し上げにくいんですけども、26年度の分で約600万円ほど全体で考えております。そして国・府の補助を約400万円ほど、390万円ほどですね。あと残りの分を市の分で220万円ぐらいを考えております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 市の負担が発言していただくたびに変わってくるんですけれど、これで利用者見込んで市の負担分の210万か150万か230万とわかりませんけど、その半分を保護者負担。これはちょっと、先ほど申し上げました放課後児童会の位置づけをしっかりしなければ、当面これだけ要るから、これぐらい子ども出席されるだろうから、その分を負担してもらいましょうかというのでは、余りにも安易過ぎると言わざるを得ないのではないか。そこはしっかりとこの事業の位置づけ、これまで金曜日までの開設でしたけれども、本来、今の実態から見て土曜日も本格的にというのであれば、そこはきちんと位置づけをして、その上で先ほど来、他の委員からも出ております環境も指導員も全部臨時採用ではなくて、責任のある対応ができる、そういう充実を並行して行って、そして本市の放課後児童会、子どもを安全に安心して育てる環境をどうつくっていくのかということなしに一時的にだけ延びたから必要経費を計算して、国と府でもらえないものを市と保護者で按分するというのは非常に安易だと思います。私はほかの市町村の実態を負担額の設定と土曜日の開設をずっと見せていただいて、そんなふうにはやっていないと認識をいたしております。したがいまして基本に戻って、この条例の提案をもっと深めてやるべきで、安易に土曜日まで利用する方はプラス1,000円という条例提案には納得できません。

 以上、申し上げて終わります。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 私は議案第4号、藤井寺市放課後児童会条例の一部改正について反対の討論を行います。

 放課後児童会の位置づけは放課後の子どもの暮らし、安全を保障するために位置づけられているもので、放課後とされる土曜日も含めて開設の対象となるのが基本だと認識をしております。その観点から意見を言わせていただきますと、今回、土曜日を開設するからといって新たに保護者に負担金を求めるというような料金の設定はすべきではないというふうに思うんです。そして国が3分の1、大阪府が3分の1、市が3分の1の負担をして運営をするというように伺っておりますけれども、そうであっても土曜日、これまで移行期間ですよね。したがいまして本来、放課後児童会がどうあるべきか、月曜日から土曜日までの体制にすべきだという観点からしても、この3分の1ずつという負担であるのであれば、土曜日は今回の条例提案のような保護者負担を求めなくてもよいというふうに思います。このままいきますと、土曜日が常設の枠外にあるというような認識になりかねません。したがいまして再度申し上げますけれども、放課後児童会の位置と役割をしっかりと見きわめて、位置づけをして運営をされますことを申し上げまして、今回の保護者負担プラス1,000円を求めるという条例提案については反対をいたします。

 以上です。



○西野廣志委員長 

 他に討論はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することに賛成の委員の挙手を求めます。

     [挙手多数]



○西野廣志委員長 

 賛成多数と認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 教育委員会関係の議事が終了しましたので、この際、説明員退出のため、暫時休憩とします。

     午前10時55分 休憩

     午前10時56分 再開



○西野廣志委員長 

 休憩前に戻り、議事を再開します。

 続いて、健康福祉部関係の議事に入ります。

 議案第3号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 お伺いいたします。乳幼児医療費の助成に関する条例の一部改正についてです。

 今回、通院も小学校を卒業するまで助成の対象にするということと、したがいまして子どもの年齢が引き上がりましたので、乳幼児医療費という表題から子どもの医療費に変えるということについては賛成をいたします。私どもは、これまで子育て真っ最中の世代と、それからお孫さんを育てている世代も含めて、私が議会でお世話になる以前、その10年ほど前ぐらいからですかね、国や府にも要望し、議会への請願もし、また市民の皆さんと一緒に署名も集めて歴代市長ともお目にかかってきました。そこで今回、今年度予算に対象年齢の引き上げを盛り込んでいただいたことに関しては、その一緒に進めてきた方々、本当に喜んでおられます。そのことを申し上げて、少しお伺いをいたします。

 この1年間の対象拡大による必要経費、これはどれぐらい見込んでおられますか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 初年度の予算見込みでありますけども、まず消耗品費、印刷・製本費、通信・運搬費、審査支払手数料、扶助費、それとシステム改修も必要になってきますので拡大部分については約4,700万を予定しております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 諸経費を含めて4,700万、大変な金額ですけど、ぜひ成功させていただきたいと思います。

 そこで10月1日に向けて準備が多々おありかと思いますけれども、その取り組みはどんな項目があって、どんなところに注意点が必要なのか、お伺いいたします。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 詳細については、現在、並行して検討を行っているところでありますが、現時点での想定では今回の乳幼児医療の対象拡大に伴いまして、その制度を含みます福祉医療システムのバージョンアップを行う必要がございます。また地元医師会、歯科医師会、薬剤師会を初めとする関係機関への説明や調整、医療機関窓口で一部負担金のみでご負担いただけるよう大阪府国民健康保険団体連合会や社会保険診療報酬支払基金への連絡・調整などがございます。さらには、何より保護者の方への制度拡大の周知とあわせまして新たな医療証を作成、発送させていただくために助成対象となります医療保険の情報をお聞きして回答をいただく期間を想定しております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 わかりました。

 本市が行っている福祉関係、医療制度がありますから、それのシステムの移行。それから先ほどおっしゃった医療関係、それから保険関係、たくさん情報収集をし調整を図らなければいけないことがおありだと思います。それで担当の職員の事務量も相当なものだと思います。それでその人の配置についても、市長、意見だけ言わせてください、十分に配慮していただいて、子どもの健康に携わる仕事を遂行する中で担当職員が疲労こんぱいというわけにはいきませんので、その辺のところもぜひ考慮もしていただきたいというふうに思います。

 それから一部負担金だけで受診できるようにとおっしゃっていただきましたので、窓口償還でなくて現物支給に段取りをしていただいているということがよくわかりました。

 そこで本市においては、入院は中学校卒業するまで、通院は小学校卒業するまでが10月1日から対象になる。非常に大きな前進ではございますが、近隣を見ますと既に両方とも中学校卒業するまでというところもございます。したがいまして、本市でも努力をしていただくのは当然ではございますけれども、この制度については国に全く制度がありません。私どもも国にも意見を言い、署名もし働きかけをしております。大阪府も非常に全国的に見れば低い水準です。これで、せめて大阪府が他府県並みに子どもの医療費に対する助成制度を引き上げてくれれば、その分だけで中学校卒業まで引き上げられるんですね。大阪府内のどこで育っても、やはり安心して医療が受けられるということにもつながりますので、市長、ぜひお願いしたいんです、大阪府にも制度の引き上げ、それから国に制度の創出を子どもが非常に少なくなっている現状の中で、突破する一つの大事な施策だと思うんですけれども、そう要望していただくお考えはございますでしょうか。



○西野廣志委員長 

 國下市長。



◎國下和男市長 

 これは大阪府の市長会においても、大阪府自身が制度的な問題については非常におくれいているといった、これは周知の事実ではあるということも口をすっぱくして申し上げているわけでございますけれども、なかなか制度的に上へ向上するといったことがいまだなされておりません。しかし、そんなことを待っていたらいつまでもたってもいけないということで、我々市町村が先駆的にと言うとおかしな言い方かもわかりませんけれども、そういった制度を立ち上げてやっていこうということで今やらせていただいているわけでございますけれども、国・府に対しても同様、こういう制度を市町村でもやっているんだということを、市の負担をもう少し軽減してほしいと、もうちょっとではなく全面的に軽減をするといった立場に立って制度改革をもう少しやっていただかなければ市町村の財政がこれだけで逼迫するということではないにしても、大きな負担になってくるのではないかといったそういうことも我々としては申し上げているところでございますので、今後これらについてはもっと強力に国・府に対して要望をしていくといった立場で今、考えさせていただいているところでございますので、ぜひそういう点での応援をよろしくお願いしたいと思います。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 市長のおっしゃるとおりだと思います。私どもも引き続いて、大阪府にも国にも少子化というだけではなくて、子どもが少なくなっているところをどう抜け出すのかという立場で施策の実現を求めていきたいと思います。

 以上です。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

 田中委員。



◆田中光春委員 

 本当に今回、市長の政治判断で引き上げていただいたというのはありがたい話だと思っています。他市もそれぞれ苦しんで、今回政治判断でやっておられるところも多いんですけども、欲を言えば今話があったように、また中学校3年生ぐらいまではお願いしたいというのが本音でございます。ただ1点だけ、これについて先ほど大阪府の話が出ていましたけど、これはテレビ等で報道されたんですが、余り松井知事の言っていることですのでわけがわからないというか、詳しく情報が入ったら教えていただきたいんですけども、来年度かことし中に各市町村に聞き取りをして乳幼児医療費に関して同じようなラインに持っていきたいとかという話がテレビ等で報道されていたんですけど、そういう情報は大阪から入っているんでしょうか。入っているというか、どうでしょう、なかったらなかったで結構です。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 今、先生がおっしゃった情報なんですけど、府自身から直接我々のほうにまだ文書等は届いておりいません。新聞、ネット等の部分で調べさせてもらって27年度から通院の部分、大阪府のほうが6歳まで引き上げる予定であるという部分でしか存じておりません。



○西野廣志委員長 

 田中委員。



◆田中光春委員 

 ちょっと確認されていない情報ですので、とやかく言えないんですけども、その言い回しが市町村に聞き取りをしてその平均を見るとかどうやこうやという内容でしたので、これからも注意して大阪府の情報をキャッチしていただきたいということと、それに負けずにやはり子育ての資源ということで、長年、本当に市民の皆様が要望されていたことが一歩一歩進んできているなということはありがたい。先ほども申しましたが、本当に子育てで負担がないように、これからも努めていただきたいことだけ要望して終わりたいと思います。

 以上です。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結します。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することに異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に議案第9号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に議案第10号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に議案第15号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 では、お伺いいたします。

 平成26年度の藤井寺の国民健康保険特別会計予算についてですけれども、まずこの予算を組むに当たって被保険者の世帯と人数ですね、一般と退職者がわかりましたらお伺いいたします。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 平成26年度の予測でありますけれども、まず一般の世帯でいきますと世帯数が1万128世帯、加入者数が1万7,604人、退職のほうにいきますと世帯数545世帯、加入者数が1,066人と考えております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 それで続いてお伺いいたしますが、国民健康保険料ですね、9ページの歳入の総括部分に量として見込んでいるのが18億2,713万2,000円ですけれども、この金額で平均したら一般だけで結構ですけども1人当たりの保険料はどのぐらいを想定しているんでしょうか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 26年度の予算における被保険者1人当たりの額でございますけれども、まず一般のほうの医療分につきましては1人当たり年額6万9,120円、高齢者支援分で2万3,556円、介護納付金分で3万768円を見込んでおります。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 それは前年度と比較したらどうなんでしょうか、先ほどお伺いした世帯数が前年度よりも減っている、それから世帯構成する被保険者の人数も若干減っています。それで1人当たりの保険料で言いますと給付総額がふえていますので必然的に上がってくるのかなというふうに思いますけれども、これは前期比較でどうでしょうか、わかりますか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 まず医療分でありますけれども、前年が1人当たり年額6万1,764円で7,556円の増となっております。続いて高齢者支援金分でいきますと1人当たり前年が2万2,356円でありましたので1,200円の増となっております。介護納付金分につきましては前年が2万8,812円で1,956円の増となっております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 わかりました。

 これは議案が違いますけど、その条例、保険料の2割、5割軽減の国の方針が出ましたけれども、それは参酌せずに単純に計算したらこれということですね。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 はい、その部分は見込んでおりません。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 そこで、もう一点お伺いいたします。

 保険給付費、予算書でいきますと10、11ページ、保険給付2が前年比較で1億4,542万1,000円の増となっています。これは年々、医療費が上がっていっているというのは全国的な傾向ですけれども、26年度予算を組むに当たって前年比較で特徴的なところはありますでしょうか。それとも、さほど特徴はないですけれども、基本的なところで試算をすればこの額になったということでしょうか、ちょっとお伺いいたします。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 給付の算定につきましては被保険者数、レセプトごとの給付実績等過去5年分のデータから予算編成時の当該年度の給付決定見込み額、1人当たりの給付費を見込んだ上で予算年度の伸び率を想定して算定しております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 通年どおりの試算で伸びたということだと認識をいたします。

 そこで被保険者数も世帯数も後期高齢が出ておりますので、減少の中でどれだけの保険料を負担をしていただくのかということが、この予算を基本にした量の設定のときの作業になってくると思うんです。それは確定申告の後の実態を見ないと、実際に今年度の料率の割合でいいのか、下げることができるのかということになると思うんですけれども、その負担をどれだけ減らすことができるかというのは、非常に大きなポイントになってくると思うんです。そこで、これは非常に申し上げにくいんですけれども、やはり1回きちんと位置づけをしていただきたいというのがございます。

 一時借り入れの利息がございますね、34、35ページです。これは残念ながら累積赤字があって、年度当初に保険料がどんと入ってくるというような仕組みではございませんので、資金繰りに一時借り入れを起こしているわけですけれども、ここでそれの利息分が1,926万4,000円、総予算額に占める割合というのは、それはそんなにパーセンテージは大きくありませんけれども、それぞれの被保険者の皆さんからいただく保険料の額と比較したら、やはり大きい。ですから健全な特会運営ができれば、これが必要なくなるという観点というのはやはり持っておかなければいけないと思うんですね。したがいまして今すぐに、それならこれは解消できるかと言えば、そういう財政状況にはないと思いますけれども、いつまでもこれを繰り返すということではなくて、1回きちんと総括もして減額できる方向で検討もしていただきたい、これは意見として挙げさせていただきます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 もう一つです。来年度から給付額全額を共同事業で見ていくという法改正が出ておりました。それでいきますと、給付総額をどのように計算するのか、先ほど26年度の算出を聞きましたけれども、その基本でやれるのか。広域でということになると、算出基礎が違うのか、それでそれは来年度の予算のときには間に合いませんので、ことし1年かけて次年度の給付総額をどう見るのか、どこがどう負担するのかということは、被保険者の負担、保険料にも響いてきます。したがいまして、ことし中に本市の保険者としての負担、それから被保険者の負担がふえないように、やはり給付総額を広域で見る場合、どんな問題点があるのか、どう改善をしてほしいのかということを見きわめる必要があると思うんです。今わかっている内容を教えていただきたいんですけれども。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 先生がおっしゃったように、平成24年の国民健康法の一部改正によりまして財政運営の都道府県単位化の推進としまして、平成27年4月1日から市町村国保の都道府県単位の共同事業であります保険財政共同安定化事業について事業対象を全ての医療費に拡大することとなっております。これにつきまして大阪府におきまして、保険財政共同安定化事業の拠出方法、普通調整交付金での財政調整及び府特別交付金による激変緩和措置の手法等につきまして府と市町村の代表で組織されます大阪府広域化支援方針策定に関する研究会の下部組織であります財政運営ワーキンググループにおいて議論されておりまして、平成26年度も引き続き議論を行うことになっております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 これからどう試算をして、どう案分をして給付総額を決めて、それぞれの保険者、市町村に藤井寺はこれだけですよということになるのか、その作業中だということですけれども例えば今、高額医療についての算出はちょっと例としてどうなっているのか、聞かせていただけますか、負担するに当たって、それはわかりますか。30万以上80万以下の高額医療費に対する負担額の決め方。



○西野廣志委員長 

 森田課長代理。



◎森田勉健康福祉部保険年金課長代理[説明補助員] 

 お答えいたします。

 具体的には2年前にさかのぼりました実施の額につきまして、それぞれの市町村におきます所得割、それでまた実績割、被保険者割、これを案分いたしまして総額を府内全市町村で案分するとこういう仕組みになっております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 その所得割というのは、本市の保険料の所得割と同じように考えていいんでしょうか。また角度は別ですか。



○西野廣志委員長 

 森田課長代理。



◎森田勉健康福祉部保険年金課長代理[説明補助員] 

 保険料を算出いたしますと所得割という部分でいきますと、ちょっと趣が違いまして、全市町村のそれぞれ対象となる所得、その部分を合わせまして、それをその相応分で案分するというふうになっております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 そうしたら、この場合の所得割というのは被保険者の所得がどれほどの市町村間のランクになるのかというところで配分も変わってくるという理解でよろしいでしょうか。

 所得水準が高ければ、それだけ負担割合もふえますよと、単純に言えばそんなことかなという認識をしているですけれども、やはり広域でやれば負担が軽くなるのかということではないと思います。ですから本市の保険者としての位置と役割と、それから被保険者の負担とそれから皆保険をこの保険制度、国民皆保険の保険制度を制度として維持するということだけではなくて、本当に負担の公平性と適切な保険料、高過ぎて払えないということでは困りますので、やはりそれを社会保障の基本の立場に立って広域で運営するという場合にも、これ以上の負担は全くごめんですという立場でないと保険制度そのものが成り立たないというふうなことになりかねないと思いますので、ぜひ作業の進捗の度合いを市民にも議会にも情報を提供していただいて、私たちも一緒にこの制度を守っていくための努力もしたいということを申し述べまして質問を終わります。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に議案第16号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 では、ただいま議案となりました平成26年度藤井寺市後期高齢者医療特別会計予算について質問をいたします。

 今年度、保険料の限度額が引き上げられたと思うんですけれども幾らになりましたでしょうか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 現行が限度額55万円、これが改定後57万円となるものでございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 本当に2万円も引き上げられているんですけれども、そこで保険料の個々の負担はさておき、この藤井寺で後期高齢者の医療保険に加入しておられる保険者数は何人になっておられますか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 平成26年2月末現在で7,383人となっております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 そこで、先ほどお伺いいたしました限度額が57万円に引き上げられて、保険料の平均は1人当たりの負担金額はわかりますでしょうか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 平成26年度の保険料改正後の軽減後の1人当たり平均保険料は今回、低所得者への軽減拡大がありますので、それを含めまして年額で8万3,973円となっておりまして、前2年の平均保険料の年額8万3,988円に比べ15円の減額となっております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 軽減措置があった後ということですけれども、平均でそうですけど、やはり限度額の引き上げをやっていますから、一定の所得水準以上の方はやはり負担増となっている。制度上、そうならざるを得ないという仕組みですね。それから、この保険料で収納率はどうでしょうか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 平成25年12月分までの集計で、普通徴収の収納率は95.82%でございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 後期高齢者医療の被保険者の皆さん、普通徴収より特徴がほとんどだったんですけれども、この予算を見てみますと普通徴収の率がふえてきたのかなと。要因がちょっとわかりませんけれども、そんな思う中で、収納率も95.82%だと。それで、その関係でもう少し聞かせてください。未納がある中で短期保険証の発行はありますか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 短期保険証につきましては、平成26年1月6日現在で30名おられます。全被保険者数の中の0.41%となっております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 短期保険証でとめておかないと、資格証、これは高齢者ですからそれはないということですけれども、でもやはり手続を繰り返さなければいけません、短期保険証の場合。ぜひ丁寧な対応をしていただいて、保険証が手元にないと、短期間でもそんなことが起こらないように、ぜひ見ていただきたいと思います。

 それから軽減措置をとったということですけれども、後期の保険料の独自減免の枠が非常に狭いです。それで生活実態に見合わない、例えば収入の増減といいましても、ほとんどの方が年金ですので、それは変わらない。ただし家族構成やご本人の身体状況だということから考えれば、非常に苦しいことも出てくるんですけれども、ほとんどの場合にその減免が活用できないというのがあるんですけれども、これへの改善というのは見られますでしょうか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 後期高齢の医療制度における減免につきましては、後期高齢者医療広域連合のほうの条例によって定まっておりまして、今のところ変わるということは聞いておりません。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 ぜひ、これについても年金の減額もやられましたし、なお滞納の人もふえているわけですから、やはりその人の暮らしがあって保険ですので、ぜひ状況をよくつかんでいただいて、制度の充実を図っていただきたいと思います。

 後期高齢者医療特別会計、これは毎年、予算も決算も審議するんですけれども、本市が独自に手を下せる部分がほとんどないんですね。これだけ必要ですから、先ほどの国保じゃないですけどね、保険料を計算して「藤井寺さん、これだけ集めてくださいよ」と「これだけ上納してください」ということしかないんでね。それで議会も、これは関与できない、広域議会ですから藤井寺で毎年送るというわけにはいかない。そんな状況で市民の声も理解も実態は反映できないし、改善の具体的な手だても打てないというような状況の制度であることを改めて認識をして、この広域の保険制度がいかに矛盾に満ちているかということも再認識をして、そのことを申し上げて質問を終わります。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

 田中委員。



◆田中光春委員 

 ちょっと滞納のほうで聞きたいんですけど、普通徴収で95.82ということで、よく頑張っておられると思うんですけども、ただ30名の方、先ほども話があったんですが、30名の短期の方に関してもどのような接触の仕方というんか、説得の仕方をされているのか、その辺の状況だけちょっと教えていただけないでしょうか。



○西野廣志委員長 

 森田課長代理。



◎森田勉健康福祉部保険年金課長代理[説明補助員] 

 滞納されている方につきましては、文書のご通知またお電話での直接の対応、また短期証ですので切りかえの時期で必ず納付の折衝を持たせていただくようにしております。一方で後期高齢の方ですので、これからバリバリ働いて収入を得るということもなかなか考えにくいので、そこは状況を確認しながら柔軟にできるだけ悪くならないように、私どもも配慮しながら対応しているところでございます。



○西野廣志委員長 

 田中委員。



◆田中光春委員 

 ありがとうございます。

 本当に私もちょっと聞いているんですけども、対応をきちんとしていただいているというのは聞いております。ただし後期高齢者ですので、ある程度の年配の方、先ほども話に出たとおり、電話もなかなか通じにくい、こっちに来いと言ってもなかなか来れないという状況もありますので、今でもやっていただいていると思うんですが、なおかつ訪問とかという形でいろいろとその人に合わせた、これは100人200人おられるとこれは別なんですけども、やはりだんだん一生懸命頑張っていただいて少なくなってきていますので、その分、親切丁寧にきちんときめ細かにやっていただくことを要望しておきますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 私は、ただいま審議になりました平成26年度藤井寺市後期高齢者医療特別会計予算について反対の討論を行います。

 その一つは制度上の問題です。75歳以上のお年寄りを別枠の保険に囲い込みました。高齢であることから加入者の罹患率が高いのは必然です。それから年金収入の割合が高いことから、保険料の負担は増額にならざるを得ない仕組みになっております。もう一つは、保険料の限度額が今期も引き上げられました。2割軽減や5割軽減の枠をふやしたと言いますけれども、その対象者の枠は限られております。限度額の引き上げは平成23年度50万でした。今年度の引き上げで7万円の増になっているんですね。それで高齢者にとっては非常に耐えがたい限度額の引き上げです。それでもう一つは、そういう状況でありながら、この広域の審議の中で基金があるんですけれども、その基金は取り崩しをしておりません。軽減策があって、先ほどお伺いしたように平均保険料は前年比較で伸びていないとはいうものの、これは今年度に限り比較ですから、限度額が伸びている以上、どういう料率を組むかによって本人負担というのはふえてきます。この負担増となっていることに、もっと気を配って、基金の取り崩しで被保険者の負担を減らしていくということが必要だと。必要な時期に来ておりましたけれども、今期はそれができておりません。

 以上のことから、この予算に反対を表明するものです。



○西野廣志委員長 

 他に討論はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することに賛成の委員の挙手を求めます。

     [挙手多数]



○西野廣志委員長 

 賛成多数と認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に議案第17号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 では、26年度の藤井寺市介護保険特別会計予算についてお尋ねをいたします。

 まず予算書の12ページ、13ページ、ここに基金繰入という予算科目がございます。本年度1億2,121万3,000円の繰り入れ、これは5期目の3年目に当たっていますので、保険料と利用料の給付額の仕組みからいって当然、繰り入れということになるんですけれども、それはそれとして年度当初の予算で1年事業を終えたのを聞くのは気が早いかもわかりませんけれども、基金が残っているかどうかで、例えば第6期の事業と保険料算定するに当たって、大きく影響いたします。そこで、この予算で1年事業をした結果、基金は幾らかでも残るんでしょうか、それとも全額今年度の事業に必要となる額なんでしょうか、お伺いいたします。



○西野廣志委員長 

 清水副理事。



◎清水哲夫健康福祉部副理事兼高齢介護課長 

 お答えいたします。

 現時点でわかる範囲でございますが、年度末で約5,400万円ほど残る見込みでございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 5期の事業が終わって5,400万、これは非常に大きいと思います。しかし必要なサービス料が出たら、これにこだわらずに、それは的確に活用もしていただきたいと思いますけれども、大きなアクシデントがない限り、そういう見込みだという認識をさせていただきます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 それから今、施設入所が非常に困難で藤井寺もこれまでずっと特別養護老人ホームへ入所を待っておられる方が約200人というので推移をしておりました。現状はいかがでしょうか。



○西野廣志委員長 

 清水副理事。



◎清水哲夫健康福祉部副理事兼高齢介護課長 

 22年度以降、200人前後で推移しております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 現在も、それで変わらないということですね。市内には有料の施設がたくさん出ておりますけれども、やはり先立つものはお金で、そんなに余裕を持って老後を迎えたということではございませんので、やはり介護保険の制度の中で施設介護も位置づけられておりますので、あらゆる方策を講じて特別養護老人ホームが開設されて安心して老後が施設でも送れる、こんな状況をつくっていただきたいことを申し述べます。

 それからもう一つ、小規模の特養の開設、これが第6期の事業計画にもなっておりました。その進捗はいかがでしょうか。



○西野廣志委員長 

 清水副理事。



◎清水哲夫健康福祉部副理事兼高齢介護課長 

 第5期の計画の中で小規模特養の設置のほうを位置づけておりまして24年、25年と連続しまして公募のほうをかけさせていただきました。それで25年度の3回目の公募におきましてようやくと言いますか応募がございまして、26年度中に開設とその予定となっております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 26年この事業予算のうちに開設、時期はまだわかりませんね。



○西野廣志委員長 

 清水副理事。



◎清水哲夫健康福祉部副理事兼高齢介護課長 

 事業者のほうからは一応、2月という設定は出ておりますが、これは若干前倒しされる可能性もございますので、今のところ未定というふうに考えております。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 地元に小規模であっても、その施設が開設されるということになれば、やはり安心して近くで利用できるというのは大きなメリットだと思います。ぜひ丁寧な対応をしていただきますようにお願いいたします。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 それから大きく5期目の3年目ですから事業計画で大きく変わるということはございませんので、詳細にわたってはお聞きいたしませんが、それだからこそ6期目の計画が今年度中に万端整える必要がございます。この事業を進めながら、担当部書では6期目の計画に向けて情報収集であったり、それから各施設の連携であったり、それから今ある事業所との、ちょっと言い方が失礼かもわかりませんけれども、ケアマネジャーさんや施設の運営や、それからホームヘルパーさんなどの被保険者、市民が利用するに当たって質の向上も含めて6期に向けた総点検が必要かというふうに思います。その総点検と合わせて6期の計画を立てるに当たっての行程ですね、準備行程がどのようになるのか。今わかっている段階でお聞かせください。



○西野廣志委員長 

 清水副理事。



◎清水哲夫健康福祉部副理事兼高齢介護課長 

 6期計画の行程といたしましては、まず年度が始りましたらコンサルの選定ということに入りたいと思っております。そのコンサルの選定につきましては、プロポの方式で今現在、国のほうでいろいろな情報が出ておりますので、その情報の取りまとめの能力等も勘案させていただいて決定して、そのコンサルとともに市のほうで情報収集に努めながら6期計画のほうを作成していきたいと考えております。

 以上でございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 5期の計画を議会で論議したときに、せっかく集めたアンケート、それから意見集約と計画そのものの乖離があったと。私は大分意見を言わせていただきましたけれども、やはりプロポの方式でコンサルを選ぶということですけれども、何よりも現場の実態と利用者の声、これを的確に集約する、このこと以外にないと思うんです。それは介護保険法ですから法律に対して、どう枠内で利用者の皆さんの便宜を図っていけるのかということも大事ですけれども、その基本に利用者の実態と、それから利用に至らなくても、その生活実態が将来どう変わっていくのかというここをしっかりと見きわめて作業をする、これはやはり原課でしかできませんから、そこのところをぜひお願いしたい。

 それからもう一つ、法制度が非常に改悪される、このことがもう出ておりまして、軽度認定者の介護保険外し、給付から外すというのは大問題になってきてます。それで、まだ詳細がわからないからというだけでは困りますので、そのことがあってはならないということと、それから軽度の方をどうフォローしていくのかという観点からいきますと地域包括支援センターの位置づけが非常に大事で、5期の計画を立てるときにも身近に相談するところがないという意見があったと。それをフォローするのは、いろいろな制度、任務を持った方がたくさん近所にいてくださいますけれども、それでも介護保険法でいうとやはり地域包括支援センターだというのがありました。ところが、その機能をそれほど充実せずに5期目は計画が立てられて今日に至っています。したがいまして軽度外しは許せませんけれども、それはそれとして地域包括支援センターの位置と役割というのをいま一度見詰め直すということも見ていただきたい。

 それと本市においては、市長の市政運営方針の中で公の施設の総点検をここ2年間でやって、改めてその構築をし直すという方針も出ておりますけれども、そのときに既存の公の施設と施策だけではなくて直近で新たな公の施設、または施策がどれだけ必要なのか。介護保険でいきますと、先ほど申しました地域包括支援センターなんか、センターは1カ所で、私は1カ所でいいと思ってないんですけど、1カ所であったとしても働いた出先の常駐場所が絶対必要だとなってくると思うんです、これだけずれてきますとね。そうすると今は社協に委託をしておりますけれども、それ1カ所でいいのかということも遠い将来ではなくて、来年度出てくる、必要になってくる可能性というのは大いにあります。したがいまして介護保険からは、そういうのが見えてくるんですけれども関連する施策でどういうものが必要になってくるのか、これも見きわめていただいて次年度の事業を執行していただくことと、6期目の計画を丁寧に立てていただくことをあわせて要望いたしまして質問を終わります。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

 田中委員。



◆田中光春委員 

 5期目の3年目ということで、今現在あと1年、26年度を残すわけですけども、5期目の達成度で言えば大体でいいんですけども、どのぐらいサービス料も入れながら、達成度というのはどのぐらいになっているんですか。



○西野廣志委員長 

 清水副理事。



◎清水哲夫健康福祉部副理事兼高齢介護課長 

 サービスのほう、中身によりまして達成できているもの、できていないものがございます。総トータルで言いますと、ほぼ計画どおりには推移しているとは考えておりますが、その中で先ほどお話にも出ました地域密着型サービス、これにつきましては本来25年度に予定しておりました小規模特養、これが26年度にずれ込むということがございますし、また第5期で新たに設定されました定期巡回サービス、それと複合型のサービス、この2つにつきましては計画を大きく下回っていると。複合型につきましては、藤井寺市内で指定申請がないという状況でございます。

 以上でございます。



○西野廣志委員長 

 田中委員。



◆田中光春委員 

 やはり6期目はコンサルに委託するなりしても、5期目の検証をしなければ無駄になることも多いしということで、またそういうサービスがふえてくるかもわからないということも入れながら、よくその辺の部分をきちんと検証だけお願いしたいということと、12月ごろには大体6期目の保険料の概算が出てくるのではないかなと思うんですけども、やはりこういう時代ですので負担が大きくなると、とてもじゃないけど追いつかないという時代になっておりますので、それはよく吟味した上で、できるだけおさえていただきたいということ。

 先ほど総括の支援センターの話も出ました。5,100万ほどの医薬料出しているわけですけども、やはり介護にさせないというのは今、地域包括支援センターが一生懸命頑張っていただいております。また、これから独居老人が多くなるということで、かかわりがなかなか世間の人とないということで、それもまた包括のほうでいろいろと世話になることがありますので、その部分のほうも6期目の部分にもいろいろとサービス料を考えていただいて、その部分もよろしくお願いしたいことだけ要望しておきますので、お願いします。

 以上です。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することにご異議ございませんか。

     [「異議なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に議案第21号についてを議題とし、直ちに質疑に入ります。質疑はございませんか。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 では、国民健康保険条例の一部改正についてお尋ねをいたします。

 この条例の提案は保険料の軽減の対象をふやすということと、それから保険料の限度額、支援分と介護分の限度額を引き上げるという提案ですけれども、そこでまず軽減の対象をふやすというふうに条例改正ですけれども、例えば支援分、医療分とどれぐらいの方が軽減対象拡大の人数になっているんでしょうか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 軽減につきまして、まず医療支援分についてでございます7割軽減では、現在、基準改正されておりませんが世帯数が3,183世帯、被保険者数が4,659人でございます。続いて5割軽減の世帯でございます、現行では世帯数549世帯、被保険者数1,503人であったものが改正後の見込みで世帯数1,248世帯、被保険者数2,688人と増加する見込みでございます。続いて2割軽減の世帯でございますが、現行では世帯数1,321世帯、被保険者数2,498人であったものが、改正後の見込みでは世帯数1,184世帯、被保険者数2,439人と若干減少するものでございます。軽減対象世帯全体で562世帯、被保険者数で1,126人増加する見込みでございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 そうしたら支援分で14万から16万にということですけれども、これで14万を超える人はどんな人数になりますか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えします。

 平成25年度賦課時の状況で支援金につきましては1万882世帯中421世帯、3.87%でございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 介護分も同じように限度額が引き上げられて、軽減の幅もふえたということですけれども、軽減の対象が拡大されたということは、それは評価をいたします。ただ、そうはいいましても限度額が引き上がったら、引き上がった14万、16万だけの人が負担増になるのかと言えば、そうではないんですね、実は。単年度で見たら、そうですけれども、今までにも例を出してきたんですが、例えば平成20年から25年までを見ますと、今の引き上げ高までを見ますと、20年のときには医療分に45万円、支援分12万円、介護分9万でした。総額66万、これでも高かったですよ。ところが今回、引き上げられたら81万ですよね、限度額。それは介護分のない方もいらっしゃいますけれど、でも40代で子育て真っ最中というと、これはかかりますからね、介護分。そして支援分は赤ちゃんからかかりますからね。大変なんですね。

 そうしたら、どんなところからふえるのかと見てみましたら、支援分でいきますと、始まったとき12万でした。それが最高額だったんですね。ところが25年度並みの料率割合で見てみましたら所得が310万を超えたら12万を超えるんですね。かつての限度額、点の負担を今、4人家族で所得が310万を超えたら、その額を超えるんです。したがいまして単年度比較で見ると、これぐらいしか上がっていないということですけれども、それがずっとこの間、繰り返してきていますので、今回は支援分を2万円、介護分を2万円引き上げた。それで支援分でいくと限度額を超える方が421世帯、3.8%、低いかもわかりませんけれども、それでもそれだけいらっしゃって、将来この限度額が引き上がっていけば、その中間層の負担が必然的にふえてくるし、料率がどうなるかで大きく変わる要素を残す限度額になるんですね。経過を見てみたら、そうなっているんですね。

 そうしたら限度額14万を超える世帯が本当に高額かと言えば、そうではなくてやはり380万、4人世帯で380万を超えれば14万を超えるんですね。去年、旧年度の限度額を超えてしまう。それで高額所得者に負担してもらうというのも、私も反対はしません。ところが現在のシステムでいきますと、高額といっても本当に中間層で頑張って頑張って働いて、子育てをしてという世代にやはり中間的なしわ寄せがくるという制度でしかないと。

 ところで法定軽減7割5割2割、その上に本市独自の減免制度もありますけれども、そこにかからない方たちが、今言っている310万、380万のところなんですよね。この方たちに、私は毎年お願いしているんですけれども、いざというときに生活実態に寄り添って対応できるような制度というのは、どうしても必要かと。無制限に誰でもかれでもいうわけにはいきませんでしょうけれど、病気であるだとかけがでありますとか、その災害とか、そういう国の基準というのではなくて本当に暮らしに寄り添った減免、減額の制度というのが必要だと思うんですけれども、これをお考えいただくわけにはいきませんか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 お答えさせていただきます。

 先生がおっしゃるところでございますが、制度上なかなかそのあたりが難しいところがありまして、今のところどういう形で行える等の検討も、まだできていないのが実情でございます。



○西野廣志委員長 

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 納付相談に来られる方の思いを伺いますと、やはりいるのかなと。保険料は限度額が決まって、料率が決まれば、いや応なしですからね、家族構成に単純に掛けていくしかないんですので、ぜひよく被保険者の皆さんの実態を見ていただいて、検討もしていただきたい。その一つの手助けが先ほど審議されました子どもの医療費の助成の枠が広がったということについては、それは大きな前進ではありますけれども、それでも保険料はやはり支払う責任がありますので、被保険者にとってもね。その保険料をどう設定するのか、それで大変なときにどう救済措置を講じるのかというのは社会保障の私は原点だと思いますので、ぜひ検討をしていただきたいことをつけ加えておきます。そして、この条例改正は保険料の減額の制度と抱き合わせで限度額の引き上げが来ておりますけども、一方は評価をいたしますけれども、先ほど申し上げましたように経年の限度額の引き上げを見てみましたら、やはり中間層に非常に重たい負担となってますので、このことから賛成するわけにはいきません。

 以上で質問を終わります。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

 田中委員。



◆田中光春委員 

 今回の限度額引き上げによって、わかっていたらいいんですけど、府下平均としてどれぐらいになるんですか。府か各市と比べていただいて、まだその両方入っていませんか。



○西野廣志委員長 

 木田次長。



◎木田茂利健康福祉部次長兼保険年金課長 

 他市の引き上げ状況ですけども、まだそれぞれ議会のほうに提案しておられる最中で、近隣では大半が引き上げの方向と聞いております。



○西野廣志委員長 

 田中委員。



◆田中光春委員 

 今ずっと西条委員のほうから話があったように、やはりどこで負担を求めるかというのも大切で、これは絶対数要るお金でございますので、どこで負担を求めるかということを一番、今回は限度額を上げるということで平均化して低所得者にはその部分を軽減をしたという部分が入っているのは、事実これは認めるんですけども、だけど医療全体の話として、どこまで上げたらいいんだという、これは本当に大変な問題です。それを毎年毎年いろいろと考えていただいて、減免のほうも頑張っていただいて減免のほうに努めていただいているというのもよくわかります。それで、どこがいいんだという、失礼な言い方ですけど、卵が先か鳥が先なのかという問題と一緒で本当に難しい問題なんですけども、ただそれに対して付加価値をやはり上げる限りでは、先ほどの乳幼児医療子ども等の医療の助成制度も含めながら、健康施策にも反映しながら、やはり結論は病気をさせないということが主になると思いますので、今回の限度額の引き上げに対しては低所得者等を軽減するという意味合いも入れて反対する余地もないなと私は思うんですけども、とにかくもう少し中身で詰めていただいて、きちんと数字を出していくということも大事ですので、近隣市の状況も見ながら、その辺をよろしくお願いしたいということだけを言っておきます。お願いいたします。



○西野廣志委員長 

 他に質疑はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 質疑なしと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

 西条委員。



◆西条孝子委員 

 私は、藤井寺市国民健康保険条例の一部改正について反対の討論を行います。

 保険料の負担が多過ぎることによって軽減措置のとられたその条例を提案されたことを評価いたします。しかし、限度額の引き上げは将来にわたって保険料に大きく影響します。既に平成20年度の合計保険料限度額66万円から今回の引き上げで81万円になるんです。支援分は12万円から16万円に、介護分は9万円から14万円にこの間、引き上げられております。支援分について見ますと、25年度実績で4人家族で310万円の所得から、かつての最高額の負担が12万円になります。このように後年に影響が出てきます。そして今回の引き上げで380万円から負担増となります。この所得階層に軽減はありません。

 以上のことから、軽減措置は一定評価するものの全体でこの条例の改正案に反対するものです。

 以上、討論といたします。



○西野廣志委員長 

 他に討論はございませんか。

     [「なし」の声あり]



○西野廣志委員長 

 討論なしと認めます。

 よって、討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 本案は原案のとおり決することに賛成の委員の挙手を求めます。

     [挙手多数]



○西野廣志委員長 

 賛成多数と認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 以上で、付託議案の審査は終了いたしました。

 委員会の閉会に当たり、市長より挨拶をお受けすることにいたします。

 國下市長。



◎國下和男市長 

 長時間にわたりましてのご審議、まことにありがとうございました。全部の案件が議了されましたことに対しまして、心から厚く御礼を申し上げまして、甚だ簡単ではございますけれども、これをもって閉会の挨拶とさせていただきます。本日はまことにありがとうございました。



○西野廣志委員長 

 それでは、これをもって民生文教常任委員会を閉会いたします。

 ご協力ありがとうございました。

     午後0時05分 閉会

藤井寺市議会委員会条例第30条の規定によりここに署名する。

   藤井寺市議会

   民生文教常任委員会 委員長