議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 藤井寺市

平成25年  3月 予算特別委員会 日程単位




平成25年  3月 予算特別委員会 − 03月14日−01号









平成25年  3月 予算特別委員会



          予算特別委員会会議録

日時    平成25年3月14日(木曜日)   午前10時00分 開議

                        午前11時37分 散会

場所    藤井寺市役所8階委員会室

付議案件  付託議案審査

出席委員  岡本 光委員長  西野廣志副委員長

      岩口寛治委員   西村政幸委員

      山本忠司委員   麻野真吾委員

      西条孝子委員

欠席委員  本多 穣委員

説明員   市長                       國下和男

      副市長                      松浦信孝

      教育長                      竹林弘美

      総務部長                     北本義和

      同次長兼契約検査課長               林 敏雄

      同次長兼行財政管理課長              山植和男

      同次長兼政策推進課長兼世界遺産登録推進室長兼市民協働推進室長

                               藤田茂行

      同総務情報課長                  東野桂司

      市民生活部長                   金森秀知

      同次長兼清掃課長                 石川博巳

      同次長兼商工観光課長兼就労支援室長        黒岡博幸

      健康福祉部長                   山野比呂志

      健康福祉部理事兼同次長兼生活支援課長兼福祉事務所長

                               黒岡 巌

      都市整備部長                   伏見光二

      同次長兼危機管理課長               鬼追博司

      同次長兼まちづくり推進課長            北野敏彦

      市民病院事務局長                 黒岡久治

      同次長                      福田隆秀

      会計管理者兼会計室長               木目木良人

      教育部長                     間 隆彦

      同理事兼次長                   浅野芳広

      同次長兼スポーツ振興課長兼市民総合体育館長    稲毛幹雄

      選挙管理委員会事務局長併監査委員事務局長併公平委員会事務局長併固定資産評価審査委員会事務局長

                               川崎一美

          午前10時00分 開会



○岡本光委員長 

 ただいまから予算特別委員会を開会いたします。

 本日の案件は、先般の本会議において、当委員会に付託されました議案第26号、平成 25年度一般会計予算について審査を行うものでございます。

 円滑な議事の進行に対しまして、委員並びに理事者の皆様方の格段のご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

 なお、委員会の進め方といたしましては、本日は各部から歳出予算の重点事項と主要な事務事業の内容についての説明を受けることとし、予算の審議につきましては、次回の21日に行うことにしたいと思います。

 21日の議事の進行につきましては、昨年の予算審査の例に従いまして、まず、歳出の部の関係について、各部ごとに質疑を行います。続いて、歳入の部の関係については一括して質疑を行い、その後に、歳入歳出をあわせた総括質疑を行うという順序で議事を進めていきたいと考えておりますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 それでは、続きまして、開会に当たりまして市長より挨拶をお受けすることにいたします。國下市長。



◎國下和男市長 

 おはようございます。議員の皆様方におかれましては、本日、予算特別委員会にご参集を賜り、まことにありがとうございます。

 本日、審議をお願い申し上げております案件、議案につきましては、第26号、平成25年度藤井寺市一般会計予算についてでございまして、何とぞよろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、挨拶ということにさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○岡本光委員長 

 それでは、これより議事に入ります。

 議案第26号、平成25年度一般会計予算についてを議題とし、各部より歳出予算の重点事項の説明をお受けすることにいたします。

 なお、説明は、着席のままにしていただいて結構ですので、よろしくお願いいたします。

 まず、総務部関係について説明を求めます。北本総務部長。



◎北本義和総務部長 

 それでは、総務部関係の平成25年度一般会計歳出予算の主な内容につきまして、ご説明申し上げます。

 説明に際しましては、予算書に基づき、各課の予算ごとに順次説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 なお、予算説明資料につきましては、15ページ以下において、主たる各課の予算内容を記載しておりますので、ご参照願います。

 まず、初めに総務情報課について、ご説明を申し上げます。

 予算書の47ページをお願いいたします。

 節8、報償費の総務情報課分の120万円につきましては、2名の顧問弁護士に対する報償費でございます。

 また、49ページの節13、委託料、弁護士委託料90万円につきましては、訴訟費用の枠取りとして計上いたしております。

 続きまして、50ページをお願いいたします。

 目4、事務管理費の1億4,413万8,000円につきましては、住民サービスの向上、業務の効率化を目的とした行政情報システムの整備、コンピューターシステムの維持管理及び地域情報化の推進に要する経費を計上いたしております。

 主な経費といたしまして、53ページをお願いいたします。

 節12、役務費の1,078万9,000円は、住民情報系システムの機器、システム及び地域イントラネット運用に係る保守料、回線接続料等を計上いたしております。

 節13、委託料の5,853万5,000円につきましては、住民情報系システムの集中管理、住民基本台帳法改正に伴うシステム改修、及び市民の方向けのパソコンサロン運営事業に係る経費でございます。

 節14、使用料及び賃借料の6,622万8,000円につきましては、住民情報系システム、OA系ネットワークシステムの維持・運用に必要な機器の借り上げに係る経費を計上いたしております。

 続きまして、60ページをお願いいたします。

 目16、文書費の3,097万6,000円は、文書の発送費用及び文書の印刷関連費用並びに市の例規・法令・判例サポートシステムの利用料など、文書管理に要する経費でございます。そのうちの主なものといたしましては、節12、役務費の通信運搬費で、文書等の郵送料として2,250万7,000円を計上いたしております。また、節14、使用料及び賃借料は427万9,000円で、そのうち電算等借上料として例規・法令・判例サポートシステムのリース料317万9,000円を計上いたしております。

 続きまして、62ページをお願いいたします。

 次に、目17、財産管理費といたしまして1億6,323万4,000円を計上いたしております。これは市庁舎の維持管理に要する経費でございます。

 節11、需用費の9,298万8,000円のうち、総務情報課が執行いたします主なものは、庁舎等の光熱水費3,436万4,000円と、本庁舎の長期修繕計画に基づく空調器等の設備機器の計画的な改修及び一般的な修繕料として5,019万2,000円を計上いたしております。

 また、節12、役務費の主なものといたしまして、通信運搬費で電話料の842万9,000円と、火災保険料112万4,000円を計上いたしております。

 次に、節13、委託料の5,371万2,000円は、庁舎建物の総合管理委託と各設備機器の維持保全に要する経費などでございます。

 節14、使用料及び賃借料の245万9,000円は、テレビ受信料、電話交換機のリース料などを計上いたしております。

 続きまして、目18、車両管理費の4,775万8,000円は、本市が保有いたしております公用車の管理に要する経費でございます。

 主なものといたしましては、65ページをお願いいたします。

 節11需用費の2,179万円のうち、公用車のガソリン等燃料費として800万円、修繕料の350万円と検査受け費用として869万円を計上いたしております。

 次に、節12、役務費の主なものといたしまして、公用車の保険料368万4,000円でございます。

 節13、委託料といたしまして、公共施設循環バスの運行管理業務委託料1,076万9,000円を計上いたしております。

 また、節18、備品購入費の423万5,000円は、公用車買いかえのための購入費を計上いたしております。

 続きまして、目19、用地対策費といたしまして11億4,813万1,000円を計上いたしております。

 このうち、節22、補償補填及び賠償金といたしまして11億4,801万8,000円でございます。これは、都市開発公社解散に当たりまして、公社の借入先金融機関への保証債務を履行するための経費でございます。その他、用地の取得等に関する事務に要する経費となっております。

 少し飛びますが、84ページをお願いいたします。

 項5、統計調査費の570万4,000円は、国の統計調査に要する経費でございます。目1、統計調査総務費の3万3,000円、次のページの目2の基幹統計費の567万1,000円は、統計法に基づく調査に要する経費でございまして、本年度の実施予定の主なものといたしましては、住宅土地統計調査でございます。

 次に、政策推進課につきまして、ご説明申し上げます。

 50ページ、51ページをお願いいたします。

 目3、企画費878万1,000円につきましては、職員提案に係る報償費、政策を推進するための旅費や事務用品、及び大阪府、堺市、羽曳野市と4者で組織しております百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録推進のための本部会議等の負担金を計上しております。

 次に、52ページ、53ページをお願いいたします。

 目5、市民協働推進費170万3,000円につきましては、新たに設けます市民協働推進委員会報酬、市民協働講演会の開催に伴う報償費及び消耗品費、生きがいづくり情報誌に係る印刷製本費、そして市役所1階のふれあいコーナーでの来庁舎へのコピーサービス事業に係る経費を計上したものでございます。

 続きまして、行財政管理課に係る予算について説明申し上げます。

 50ページ、51ページをお願いいたします。

 目3、企画費の節18、備品購入費の3万円につきましては、行財政改革関連の図書購入費でございます。

 続きまして、66、67ページをお願いいたします。

 款2、総務費、項1、総務管理費、目21、財産管理費の185万2,000円につきましては、予算書・決算書など財政関係の必要な印刷製本費や消耗品費などに要する経費でございます。

 次の目22、病院事業会計繰出費から目27、水道事業会計繰出費までの繰出金につきましては、四つの特別会計及び二つの企業会計に対する一般会計からの繰出予定額でございます。

 また、恐れ入りますが、192ページと193ページをお開き願います。

 款10、公債費、項1、公債費、目1、元金、及び目2、利子につきましては、地方債の償還に係る経費でございまして、利子につきましては、平成25年度発行予定についても見込んで計上しております。元金につきましては、平成24年度と比較して大きく増加しておりますが、これは借換債対応の元金償還が、新規として9億2,768万2,000円発生することによるものでございます。

 次に、194ページから195ページの款11、諸支出金、項1、基金費、目1、基金費で350万円増加しておりますのは、奨学基金への積立金でございます。

 次に、秘書広報課の予算について、まず秘書担当の予算からご説明申し上げます。

 予算書の47ページから49ページをお願いいたします。

 まず、47ページの節8、報償費28万円につきましては、市民表彰に係る記念品と各種委員の退任記念品の経費でございます。また、節9、旅費の特別旅費56万1,000円につきましては、全国市長会をはじめ、各種会議へ出席いたします市長、副市長及び随行職員の旅費を計上させていただいております。

 節10、交際費につきましては、前年度と同額の50万円を計上させていただいております。

 次に、49ページをお願いいたします。

 節19、負担金補助及び交付金でございますが、全国市長会・近畿市長会・大阪府市長会等の負担金でございます。

 以上が、秘書担当の予算でございます。

 次に、広報担当の予算でございますが、54ページをお願いいたします。

 目9、広報費の2,457万7,000円は、広報紙の発行など、広報業務に係る経費でございます。

 引き続きまして、人事課についてご説明を申し上げます。

 恐れ入りますが、予算書の44ページをお願いいたします。

 まず、款2、総務費、項1、総務管理費、目1、一般管理費の10億8,826万3,000円は、主に特別職をはじめ、職員の人件費を計上いたしております。

 他の主な経費といたしまして、47ページをお開き願います。

 節7、賃金の4,831万7,000円は、職員の産前産後休暇、育児休業、並びに長期病気休暇等に対処するために、臨時職員を雇用する賃金でございます。

 次に、49ページをお願いいたします。

 節14、使用料及び賃借料の209万9,000円は、主に人事管理、給与計算業務における電算等の借上料を計上いたしております。なお、給与費明細書につきましては、予算書の199ページから204ページに記載されておりますが、勝手ながら説明を省略させていただきます。

 次に、56ページをお願いいたします。

 目12、職員研修費の432万4,000円は、職員の資質向上と能力開発を図ることにより、多様化し、高度化する行政需要に的確に対応し、効果的な行政運営を確保するために必要な経費でございます。その内容につきましては、新規採用職員研修、管理職研修、法律研修等の必要な経費を計上いたしております。

 次に、58ページをお願いいたします。

 目13、職員福利厚生費の1,571万2,000円は、職員の健康保持し、心身の疲労を解消することにより、明日への活力を養い、士気を高め、もって公務能率の向上に資するための経費でございます。

 59ページをお願いいたします。

 主なものといたしまして、節13、委託料で、一般健康診断、特殊健康診断及び福利厚生事業を行うための経費として1,185万8,000円を計上いたしております。

 最後になりますが、契約検査課関係の予算でございます。

 47ページをお開き願います。

 47ページの節7、賃金、雇用賃金の116万2,000円は、入札参加資格者登録変更事務及び入札契約事務の補助等に係る雇用賃金でございます。同じく11、需用費の8万2,000円は、契約事務に係る消耗品費でございます。

 次に、64ページに記載しております目20、集中管理費、節11、需用費41万9,000円は、物品等の集中管理に要する経費でございます。

 以上、まことに簡単ではございますが、総務部関係各課予算内容の説明とさせていただきます。

 何とぞ、よろしくご審議の上、ご決定賜りますようにお願い申し上げます。ありがとうございました。



○岡本光委員長 

 次に、会計室関係について説明を求めます。大目木会計管理者。



◎大目木良人会計管理者兼会計室長 

 続きまして、会計室の予算につきまして、ご説明申し上げます。

 恐れ入りますが、予算書の50ページをお願いいたします。

 款2、総務費、項1、総務管理費、目2、会計管理費といたしまして203万7,000円を計上しております。これらは、主に公金の出納事務に要する経常的な経費で、前年度と比較しまして4万7,000円の増額となっております。

 以上、まことに簡単ではございますが、説明とさせていただきます。

 よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○岡本光委員長 

 次に、選管・監査・公平・固定資産評価審査委員会事務局関係について説明を求めます。川崎選挙管理委員会事務局長。



◎川崎一美選管・監査・公平・固定委員会事務局長 

 続きまして、公平委員会、固定資産評価審査委員会、選挙管理委員会、監査委員関係の主な予算につきまして、ご説明申し上げます。

 恐れ入りますが、予算書72ページから75ページをお願いいたします。

 款2、総務費、項1、総務管理費、目33、公平委員会費の82万3,000円につきましては、公平委員会の運営に関する経費で、主なものといたしましては公平委員会の委員報酬、研修旅費及び負担金等を計上いたしております。

 次に、74ページから77ページをお願いいたします。

 項2、徴税費、目1、税務総務費の中に、固定資産評価審査委員会の運営に関する経費を計上いたしております。この経費の総額は33万3,000円でございます。主なものといたしましては、固定資産評価審査委員会の委員報酬、研修旅費、筆耕翻訳料等でございます。

 次に、80ページから83ページをお願いいたします。

 項4、選挙費、目1、選挙管理委員会費の3,862万8,000円につきましては、選挙管理委員会の運営に関する経費で、主なものといたしましては選挙管理委員会の委員報酬及び職員給与費等の人件費、研修旅費、電算業務委託料、負担金等を計上いたしております。

 次に、82ページから83ページをお願いいたします。

 目2、選挙啓発費の7万8,000円につきましては、選挙啓発講演会の講師謝礼及び負担金等を計上いたしております。

 次に、82ページから85ページをお願いいたします。

 目3、参議院議員通常選挙費でございます。平成25年7月28日の任期満了に伴い、参議院議員通常選挙が執行されますので、その執行に必要な経費を計上いたしております。

 主な経費といたしましては、節1、報酬の137万6,000円は、投票立会人等の報酬でございます。

 次に、節3の職員手当等の885万3,000円は、投票・開票事務の従事者に対します超過勤務手当でございます。

 節12の役務費の695万6,000円は、入場整理券郵送料、ポスター掲示場・掲示板設置回収費や選挙公報配布手数料でございます。

 節13の委託料505万3,000円は、投票所選挙受付業務等委託料や電算処理業務委託料でございます。

 次に、86ページから89ページをお願いいたします。

 項6、監査委員費、目1、監査委員費の1,986万2,000円につきましては、監査委員及び事務局に関する経費で、主なものといたしましては、監査委員の委員報酬及び職員給与等の人件費、研修旅費負担金等を計上いたしております。

 以上、甚だ簡単ではございますが、公平委員会、固定資産評価審査委員会、選挙管理委員会、監査委員関係の予算の説明とさせていただきます。

 よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願いいたします。以上でございます。



○岡本光委員長 

 次に、市民生活部関係について説明を求めます。金森市民生活部長。



◎金森秀知市民生活部長 

 それでは、市民生活部関係の予算の主な内容につきまして、ご説明を申し上げます。説明に際しましては、各課ごとに順次行ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

 なお、予算説明資料につきましては、15ページから17ページとなっておりますので、ご参照のほどよろしくお願いいたします。

 まず、初めに、支所サービス課についてご説明を申し上げます。

 予算書の68、69ページをお願いいたします。

 款2、総務費、項1、総務管理費、目29、支所費2,922万7,000円につきましては、主に職員に係る人件費のほか、円滑な業務執行に要します需用費、役務費及び備品購入費を計上いたしております。

 次に、市民課についてご説明を申し上げます。

 78、79ページをお願いいたします。

 款2、総務費、項3、戸籍住民基本台帳費、目1、戸籍住民基本台帳費1億3,754万8,000円につきましては、主に職員に係る人件費及び戸籍副本データ管理システム構築委託及び戸籍電算システム等の業務運営に要する経費を計上いたしたものでございます。

 80ページでございますが、目2の住民情報費111万3,000円につきましては、住民情報、印鑑登録及び公的個人認証サービスの機器保守に要する経費を計上したものでございます。

 なお、住民基本台帳ネットワーク機器更改対応につきましては、総務情報課にて計上をいたしております。

 次に、124、125ページをお願いいたします。

 款4、衛生費、項1、保健衛生費、目7、葬儀費405万6,000円につきましては、市営葬儀の運営に要します雇用賃金及び需用費などを計上しております。

 目8、火葬場費2,889万6,000円は、市営火葬場の運営及び施設の修繕といたしまして火葬場の再燃炉、それから煙突間ダクトの改修等に要します経費を127ページにかけて計上いたしております。

 続きまして、地域振興課について、ご説明を申し上げます。

 恐れ入りますが、44ページまでお戻りいただきたいと思います。

 款2、総務費、項1、総務管理費、目1、一般管理費のうち、47ページの旅費、需用費、それから49ページの役務費、委託料、負担金補助、及び交付金のうち地域振興課に係る分につきましては、本市の人権行政の推進に要する経費を計上したものでございます。

 次に、52ページから55ページのほうに移りますが、目6、地域振興費3,038万9,000円につきましては、自治会などの地域コミュニティ活動の推進に要する経費でございます。

 次に、目7、生活プラザ費101万2,000円につきましては、生活プラザの管理運営に要する経費でございます。同じく、消費者行政費323万5,000円につきましては、消費者相談や市民啓発など、消費者行政に要する経費でございます。

 56ページ、57ページをお願いいたします。

 目10、広聴相談費167万8,000円は、市民のご意見や相談をお聞きするための広聴活動及び無料法律相談業務に係る経費でございます。

 目11、男女共同参画社会推進事業費106万5,000円につきましては、男女共同参画社会の実現を目指した施策推進のための経費を計上いたしております。

 続きまして、58ページから61ページにかけましての目14、国際化推進費155万7,000円につきましては、国際交流及び多文化共生のための事業に係る経費でございます。

 目15、文化振興費579万4,000円は、藤井寺文化ふれあい祭りの開催経費及び本市の各文化団体が行う事業に対する支援に要する経費を計上したものでございます。

 66、67ページをお願いいたします。

 目28、市民総合会館費1億7,296万3,000円は、会館の管理運営のための指定管理料のほか、69ページに移りますが、会館の施設整備に要する経費を計上しております。

 続きまして、商工観光課について、ご説明申し上げます。

 136、137ページをお願いいたします。

 款6、商工費、項1、商工費、目1、商工総務費4,916万6,000円につきましては、主に職員に係る人件費のほか、地域就労支援事業経費及び商工業振興に対する補助金等でございます。

 目2、中小企業振興費1,546万6,000円につきましては、中小企業の振興を図るための施策に要する経費を139ページにかけて計上したものでございます。

 目3、観光振興費1,867万2,000円につきましては、観光案内所に要する経費をはじめ、本市の観光振興を図るための経費と、各種団体への観光振興のための負担金及び補助金等でございます。

 続きまして、税務課について、ご説明を申し上げます。

 恐れ入りますが、74、75ページのほうへお戻りください。

 款2、総務費、項2、徴税費、目1、税務総務費1億7,840万4,000円につきましては、主に職員に係る人件費のほか、市税収入の確保を図るための経費や事務管理経費及び76ページに移りますが、税務行政の事務運営の相互協力などを図るための各種協議会等への負担金を計上しております。

 次に、目2、賦課徴収費9,572万4,000円は、地方税法に基づく市税の賦課及び徴収に要する経費でございます。主なものといたしましては、委託料では、地方税電子申告支援サービス及び住民税制度改正対応業務、及び固定資産税の適正な課税に資するための各委託業務経費となっており、このほか、78ページに移りますが、市税の過誤納還付金などを計上したものでございます。

 続きまして、環境政策課について、ご説明を申し上げます。

 68、69ページにお戻りください。

 款2、総務費、項1、総務管理費、目30、公害対策費711万7,000円につきましては、騒音・水質等の調査に要する委託料のほか、環境への対策や啓発保全に資するために要する経費を71ページにかけて計上いたしております。

 次に、70ページから71ページの目31、防犯対策費862万4,000円につきましては、羽曳野署管内及び本市内における街頭犯罪防止のための地域防犯活動などに対する負担金、主なものとしましてはスーパー防犯灯工事などに対する負担金を計上しております。また、補助金といたしましては、防犯カメラ設置等に係る補助金等に対する経費を計上したものでございます。

 次に、120、121ページをお願いいたします。

 款4、衛生費、項1、保健衛生費、目3、予防費のうち、環境政策課所管分につきましては、狂犬病予防法に基づく事務として、飼い犬登録や犬の予防接種などに要します経費を計上しております。

 124、125ページをお願いいたします。

 目6、環境衛生費151万4,000円につきましては、主に市内の害虫駆除や薬剤散布業務などに要する経費となっております。

 142、143ページをお願いいたします。

 款7、土木費、項1、土木管理費、目2、環境整備費のうち、環境政策課所管分につきましては、環境美化運動に係るごみの回収手数料、並びに藤井寺市移動自転車等保管所施設管理業務の委託等に要する経費を計上させていただいております。

 最後に、清掃課の予算につきまして、ご説明を申し上げます。

 128、129ページをお願いいたします。

 款4、衛生費、項2、清掃費、目1、清掃総務費10億5,969万7,000円につきましては、生ごみ・不燃粗大ごみ等の収集運搬に要する経費、並びに柏羽藤環境事業組合への負担金、131ページに移りますが、し尿くみ取り事業助成金、それから資源ごみリサイクル実施地区還元助成金などが主なものでございます。

 次に、目2、塵芥収集費1億8,712万円につきましては、ごみ収集に係る人件費が主なものでございます。

 以上、簡単ではございますが、市民生活部関係の予算についてのご説明とさせていただきます。

 よろしくご審議のほど、ご可決賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○岡本光委員長 

 次に、健康福祉部及びこども育成室関係について説明を求めます。山野健康福祉部長。



◎山野比呂志健康福祉部長 

 それでは、健康福祉部関係予算の主な内容につきまして、ご説明申し上げますが、平成25年度で機構改革が予定されておりますので、機構改革後の8課分について順次ご説明を申し上げます。

 予算書、88ページの款3、民生費から、177ページの款9、教育費、項4、幼稚園費、目1、幼稚園費まででございます。

 予算説明資料は、17ページから19ページでございます。

 それでは、福祉総務課、法人指導課、生活支援課、高齢介護課、健康課、保険年金課、こども育成室子育て支援課、こども育成室保育幼稚園課の順にご説明を申し上げます。多少ページは前後いたしますが、ご了承願います。

 それでは、88ページをお願いいたします。

 款3、民生費全体では94億1,236万5,000円で、前年度と比べて、額では7,582万1,000円、率では0.81%の増となっております。

 それでは、福祉総務課からご説明申し上げます。

 88ページの款3、民生費、項1、社会福祉費、目1、社会福祉総務費は9,784万7,000円で、うち福祉総務課分は9,403万円でございます。これは、社会福祉行政事務の組織運営事務に要する経費のほか、各種団体に対する補助金などでございます。

 少し飛びますが、94ページをお願いいします。

 目3、障害福祉費は14億4,419万5,000円で、前年度より5,298万2,000円の増となっております。これは、障害福祉の充実を図るための経費で、障がい児・障がい者の福祉の充実を図るための委託料及び使用料及び賃借料、そして介護給付費等の扶助費など、障がい児・障がい者の生活を支える経費でございます。

 100ページをお願いいたします。

 目6、福祉会館費は1,390万9,000円で、前年度より37万7,000円の増となっております。これは、福祉会館の管理運営に係る経費でございます。

 次に、106ページをお願いいたします。

 項2、児童福祉費、目2、児童措置費、節12、役務費の括弧書きで福祉総務課と記載しております手数料16万8,000円と、節20、扶助費の括弧書きで福祉総務課と記載しております障害児通所給付費等5,261万8,000円と障害者自立支援対策臨時特例基金事業費1,928万2,000円は、障がい児に対する通所療養支援、保育所や幼稚園での発達障害の疑いのある児童に対する訪問支援、障がい児に対する相談支援を行うための審査手数料等、障害児通所給付費等でございます。小児慢性特性疾患日常生活用具給付金は15万4,000円で、前年度と同額になっております。

 次に、法人指導課でございます。

 88ページをお願いいたします。

 款3、民生費、項1、社会福祉費、目1、社会福祉総務費のうち、括弧書きで法人指導課と記載しておりますが、法人指導課分を合わせて381万7,000円でございます。これは、社会福祉法改正に伴う社会福祉法人の設立・認可等に関する事務に要する経費で、嘱託員の雇用に要する報酬や庁用器具の購入等に要する経費でございます。

 92ページをお願いいたします。

 款3、民生費、項1、社会福祉費、目2、老人福祉費、節11、需用費のうち、括弧書きで法人指導課と記載しておりますが、法人指導課分は2,000円でございます。これは、大阪府下の権限移譲に伴う老人福祉センター開始の届出等に関する事務及び定員29人以下の特別養護老人ホームの設置の認可等に関する事務に要する経費でございます。

 104ページをお願いいたします。

 款3、民生費、項2、児童福祉費、目1児童福祉総務費、節11、需用費、及び節18、備品購入費のうち、括弧書きで法人指導課と記載しておりますが、法人指導課分は合わせて4万円でございます。これにつきましても、大阪府からの権限移譲に伴う保育所や助産施設等の児童福祉施設設置に係る認可等に関する事務に要する経費でございます。

 次に、生活支援課でございます。

 112ページの下段をお願いいたします。

 款3、民生費、項3、生活保護費、目1、生活保護総務費は1億5,137万9,000円で、前年度より3,917万9,000円の増となっております。これは、生活保護行政事務の組織運営に要する経費でございます。主な要因といたしましては、実施体制充実のため、一般職職員の増員による給料、また嘱託職員を新たに雇用し、医療扶助の適正化の推進や不適正な受給者の生活指導等を充実して実施するための報酬などによるものでございます。

 115ページの中段をお願いいたします。

 目2、扶助費は30億7,767万円で、前年度より1億8,447万1,000円の減となっております。これは、平成20年のリーマンショック以降の影響により増加しておりました保護世帯数の伸びが鈍化、横ばい傾向にあることから、平成25年度の生活保護世帯数の推定を修正したものでございます。しかしながら、生活保護につきましては、国内外を問わず経済の影響を直接受ける事業であり、リーマンショックのような事態が発生し、保護世帯が急増するようなことがあれば、予算の補正により対応させていただきたいと考えております。

 次に、高齢介護課でございます。

 90ページをお願いいたします。

 下段、款3、民生費、目2、老人福祉費は7億9,804万5,000円で、前年度より5,141万円の増となっております。これは、老人福祉の充実を図るためのもので、金婚記念や敬老祝寿金、緊急通報システム委託料などの福祉事業、シルバー人材センターや老人クラブなどへの助成、養護老人ホーム等への措置入所に係る経費でございます。

 少し飛びますが、100ページをお願いいたします。

 上段、目4、老人福祉センター費5,505万4,000円につきましては、前年度と比べて1,447万8,000円の増となっております。これは、同施設の管理運営に係る指定管理料と、今年度は障害者用トイレの設置に係る経費も見込んでおります。

 102ページの上段をお願いいたします。

 目7、介護福祉費は80万6,000円で、前年度より1万4,000円の減となっております。これは、低所得の方や生活保護を受給する方について、社会福祉法人等が利用者負担を軽減した場合に、その費用の一部を補助金として交付する社会福祉法人軽減特別対策事業などの経費でございます。

 次に、健康課でございます。

 114ページをお願いいたします。

 款4、衛生費、項1、保健衛生費、目1、衛生総務費は3億331万3,000円で、前年度より775万8,000円の増となっております。主に保健衛生行政の運営、及び母子保健法に基づきます保健事業に要する経費でございます。増の主な要因は、低出生体重児や医療的ハイリスク児に対する保健指導や育児相談が行える助産師を雇用するための経費と、妊婦健康診査を行うための経費でございます。

 118ページをお願いいたします。

 目2、老人保健事業費は9,379万2,000円で、前年度より351万7,000円の増となっております。主に、健康増進法に基づく各種がん検診、住民健康診査、成人歯科健康診査などの委託に係る経費でございます。増の主な要因は、住民健康診査の充実及び成人歯科健康診査の受診者の増加に伴う委託費をふやしたものでございます。

 120ページをお願いいたします。

 目3、予防費の健康課分は2億76万6,000円で、前年度より895万8,000円の増となっております。主に、不活化ポリオワクチン、四種混合ワクチン、高齢者肺炎球菌ワクチンなどの予防接種を実施するための経費でございます。

 122ページをお願いいたします。

 目4、保健センター費は1,651万1,000円で、前年度より557万1,000円の減となっております。主要予算は、保健センターの維持管理に係る経費でございます。中でも、新たな経費といたしまして、築27年目を迎える保健センターの建物改修設計業務委託費用を計上したものでございます。

 同じページの下段をお願いいたします。

 目5、休日急病診療所は3,731万6,000円で、前年度より188万8,000円の増となっております。市立休日急病診療所の運営並びに備品購入に要する経費でございます。

 次に、保険年金課でございます。

 手前に戻りますが、95ページの款3、民生費、目2、老人福祉費、節19、負担金補助及び交付金の括弧書きで保険年金課と記載しておりますが、後期高齢者医療制度市町村負担金は5億5,353万2,000円で、前年度より4,683万4,000円の増となっております。これは、75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度で、本市が大阪府後期高齢者医療広域連合に対し、医療費及び事務費を納付する負担金でございます。

 節20、扶助費の下のほうですが、括弧書きで保険年金課と記載しておりますが、老人医療費一部負担金等助成費は1億105万5,000円で、前年度より77万4,000円の増となっております。

 少し飛びますが、99ページの目3、障害福祉費、節20、扶助費の最後、括弧書きで保険年金課と記載しています。身体障害者・知的障害者一部負担金助成費は8,036万1,000円で、前年度と比べて86万1,000円の増となっておりますが、身体障害者・知的障害者一部負担金助成事業に係る医療費の増加に伴うものでございます。

 100ページの目5、国民年金費は4,637万9,000円で、前年度と比べ、額は567万3,000円の増となっております。主な要因は、年金相談員嘱託員の雇用による報酬等が加わったことなどによるものでございます。

 少し飛びますが、107ページの目2、児童措置費におきましては、平成25年度からの権限移譲事務であります未熟児養育医療給付事業にかかるものとして、節11、需用費では消耗品費4,000円、節12、役務費で審査支払手数料4,000円、節14、使用料及び賃借料で電算等借上料等49万7,000円、109ページの節20、扶助費で未熟児養育医療費に要する経費306万2,000円を新たに計上しております。また、同扶助費における乳幼児並びにひとり親家庭医療費一部負担金助成事業に要する経費につきましては1億4,709万6,000円でございます。

 次に、こども育成室子育て支援課でございます。

 102ページをお願いいたします。

 102ページの中段、項2、児童福祉費、目1、児童福祉総務費は1億6,351万9,000円のうち、子育て支援課分は1億2,654万8,000円となっております。これは、児童福祉法に基づきます事務執行に要する全般的な経費でございます。

 次に、104ページ下段から106ページをお願いいたします。

 目2、児童措置費26億3,686万円のうち、子育て支援課分は16億7,416万9,000円となっております。主に、地域子育て支援拠点事業委託料や児童手当等の給付に要する経費でございます。

 次に、110ページ下段から112ページをお願いいたします。

 目4、親子教室事業費は338万8,000円となっております。主に、1歳から4歳以下の発達面で心配事や不安のある幼児と保護者を対象としたカンガルー教室授業の経費でございます。

 最後に、こども育成室保育幼稚園課でございます。

 102ページにお戻り願います。

 102ページの中段、款2、民生費、項2、児童福祉費、目1、児童福祉総務費は1億6,351万9,000円のうち、保育幼稚園課分は3,693万1,000円となっております。これは、主に(仮称)道明寺こども園施設整備基本設計や実施設計及び用地借上料に要する経費でございます。

 次に、104ページ下段から106ページをお願いいたします。

 目2、児童措置費26億3,686万円のうち、保育幼稚園課分は7億3,269万1,000円となっております。主に、簡易保育施設委託料や民間保育所運営費補助金等に要する経費でございます。

 次に、108ページをお願いいたします。

 目3、保育所費は9億2,331万3,000円となっております。主に、保育所の運営、施設管理に要する経費を計上いたしております。

 次に、ページが飛びますが、174ページをお願いいたします。

 款9、教育費、項4、幼稚園費、目1、幼稚園費は3億822万8,000円のうち、保育幼稚園課分は3億809万2,000円となっております。主に、幼稚園の運営、施設管理に要する経費を計上いたしております。

 以上、簡単ではございますが、健康福祉部の予算概要の説明とさせていただきます。

 何とぞ、よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○岡本光委員長 

 次に、市民病院訪問看護ステーション関係について、説明を求めます。黒岡市民病院事務局長。



◎黒岡久治市民病院事務局長 

 それでは、訪問看護ステーション事業にかかわります予算につきまして、ご説明申し上げます。

 恐れ入りますが、予算書は126ページから129ページでございます。

 また、予算説明資料につきましては20ページでございます。

 款4、衛生費、項1、保健衛生費、目9、訪問看護ステーション費につきましては5,428万8,000円を計上しております。訪問看護ステーション業務の性質上、人件費が主なものでございます。看護師等の嘱託員を5名、臨時職員を常勤換算で9.5名としての予算組みとなっております。これらに係ります報酬、賃金、共済費、費用弁償の計は、訪問看護ステーション費の92.9%に当たります5,039万円を計上しております。その他、訪問看護ステーションの運営に係ります経常的な経費を予算計上しておりますものでございます。

 以上、まことに簡単でございますが、訪問看護ステーションに係ります予算の説明とさせていただきます。

 何とぞ、よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○岡本光委員長 

 次に、都市整備部関係について説明を求めます。伏見都市整備部長。



◎伏見光二都市整備部長 

 それでは、平成25年度の都市整備部の主な予算内容につきまして、主要事業を中心に所管課ごとにご説明申し上げます。

 予算説明資料につきましては、19ページから20ページでございます。

 まず、初めに、まちづくり推進課でございます。

 予算書の146ページをお願いいたします。

 款7、土木費、項4、都市計画費、目1、都市計画総務費でございますが、主なものといたしまして、節1、報酬に80万8,000円を計上いたしております。これは、都市計画審議会及び景観審議会の委員報酬でございます。

 次に、節11、需用費の印刷製本費170万3,000円につきましては、景観計画策定に係る計画書等の印刷製本費でございます。

 次に、節19、負担金及び交付金の補助金320万2,000円につきましては、耐震診断及び耐震改修補助事業費でございます。

 次に、飛びますが、154ページをお願いいたします。

 項5、住宅費、目1、住宅管理費につきましては、市営住宅のフェンス改修工事等、軽微な修繕に要する経費を計上いたしております。

 続きまして、藤井寺駅周辺整備推進室につきまして、ご説明申し上げます。

 予算書の154ページをお願いいたします。

 款7、土木費、項4、都市計画費、目5、藤井寺駅周辺整備推進費につきましては、節11、需用費で修繕料1,228万円を計上いたしております。これは、藤井寺駅北地区敷地整序型土地区画整理事業に伴う建物撤去費や建物移転に必要な改修費などでございます。

 次に、節13、委託料の1,360万円につきましては、藤井寺駅南地区まちづくり事業化計画策定、並びに藤井寺駅周辺地区活性化技術支援に係る都市計画調査委託料などでございます。

 次に、節19、負担金補助及び交付金の445万円につきましては、藤井寺駅北地区敷地整序型土地区画整理事業に係る負担金や、藤井寺駅周辺まちづくり協議会の活動事業に対する補助金でございます。

 続きまして、農とみどり保全課につきまして、ご説明申し上げます。

 予算書の132ページから135ページをお願いいたします。

 款5、農林水産業費、項1、農業費、目1、農業委員会費2,041万2,000円を計上いたしております。これは、主に農業委員会委員報酬及び農業委員会業務に従事する職員給与等でございます。

 次に、134ページの目3、農業振興費の253万8,000円につきましては、ため池の水質保全に係る経費及び樋門等の修繕や関係農業団体への助成等でございます。

 次に、目4、土地改良費の2,324万1,000円につきましては、農業施設の維持管理経費や土地基盤改良整備に係る負担金等でございます。

 次に、予算書の148ページから153ページをお願いいたします。

 款7、土木費、項4、都市計画費、目2、緑化推進費2,003万3,000円につきましては、本市の緑化事業の推進及び維持管理に要する経費を計上いたしております。

 節13、委託料195万円につきましては、藤井寺駅北線や西藤井寺線のいちょう通りなど、市内23路線にわたる街路樹の環境維持管理業務に要する経費でございます。

 次に、節16、原材料費220万円につきましては、駅前周辺や散策道、緑地等の草花の育成のための肥料、土等の購入に要する経費でございます。

 次に、節19、負担金補助及び交付金の290万円につきましては、各緑化団体への助成で、緑化推進に要する経費でございます。

 次に、目3、公園費3,618万5,000円につきましては、公園施設や樹木、草花などの管理と維持に要する経費でございます。

 次に、節11、需用費883万8,000円につきましては、公園の街灯電気使用料及び水道使用料、並びに遊具等の維持補修等に要する経費でございます。

 次に、節12、役務費678万2,000円につきましては、公園内浄化槽の保守点検及びトイレ清掃、くみ取り手数料、並びに公園等の高木枝払いや大和川河川敷を占用しております除草作業に係る手数料でございます。

 次に、節13、委託料687万8,000円につきましては、藤美緑地に係るトイレ等設計業務委託料及び津堂城山古墳花菖蒲園の株分け業務、その他公園等の樹木の維持管理業務に要する経費でございます。

 次に、節15、工事請負費1,065万円につきましては、藤美緑地のトイレ等設置に係る工事費でございます。

 次に、節18、備品購入費275万6,000円につきましては、藤美緑地の維持管理に必要となる機械器具購入費を計上いたしております。

 続きまして、下水道課つきまして、ご説明申し上げます。

 予算書の146ページをお願いいたします。

 項3、河川費、目1、河川管理費328万8,000円のうち、下水道課分は合わせて25万5,000円でございます。主なものといたしまして、河川管理に伴う研修会参加等の特別旅費及び各種協議会への負担金、並びに大阪府からの特定都市河川浸水被害対策法に関する事務の権限委譲に伴う備品購入費でございます。

 次に、予算書の152ページをお願いいたします。

 項4、都市計画費、目4、下排水費6,896万7,000円のうち、下水道課分は合わせて4,568万5,000円ございます。主なものといたしまして、津堂1丁目地区浸水対策工事に伴う、節13、委託料308万円の家屋調査業務、節15、工事請負費3,168万円の浸水対策工事、さらに節22、補償金1,080万円の水道・ガス等の移設補償費でございます。

 続きまして、危機管理課につきまして、ご説明申し上げます。

 予算書の70ページをお願いいたします。

 款2、総務費、項1、総務管理費、目32、災害対策費2,200万3,000円を計上いたしております。これは、大雨や台風、地震等の自然災害を中心とした災害に対処するための防災対策に要する経費でございます。

 節1、報酬28万6,000円につきましては、防災会議並びに国民保護協議会の委員報酬でございます。これは、地域防災計画の見直しのため、防災会議を複数回開催する予定といたしております。

 次に、節11、需用費299万2,000円につきましては、主に消耗品費で、災害時用のアルファ化米の備蓄物資等の購入費、修繕料では防災無線の修繕費用でございます。

 次に、予算書72ページをお願いいたします

 節13、委託料1,104万1,000円につきましては、地域防災計画修正業務委託料及び同報系無線の保守点検管理委託料でございます。

 次に、節14、使用料及び賃借料の161万1,000円につきましては、MCA無線の中継局の使用料でございます。

 次に、節19、負担金補助及び交付金の147万5,000円につきましては、大阪府と市町村で共同実施をしております防災情報充実強化事業に係る負担金、及び隔年で出席しております無線従事者養成講習会受講負担金、並びに区長会・自主防災会ネットワーク、各地区の自主防災訓練等の負担金でございます。

 次に、154ページをお願いいたします。

 款8、消防費、項1、消防費、目1、常備消防費7億2,682万2,000円につきましては、市民の生命・財産を守るための消防及び救急活動等常備消防に要する経費を計上いたしております。

 節13、委託料776万5,000円につきましては、高速道路上での事故などに緊急出動する消防本部への委託料でございます。

 次に、156ページをお願いいたします。

 節19、負担金補助及び交付金7億1,905万7,000円につきましては、柏原・羽曳野・藤井寺消防組合運営費及び消防ヘリコプター運営費、並びに市民の方々の救急医療相談に24時間対応するため、大阪市及び府下市町村で実施いたします「救急安心センターおおさか」の運営管に係るそれぞれの負担金でございます。

 次に、目2、非常備消防費2,428万1,000円につきましては、消防団活動及び消火栓保全等に要する経費でございます。

 次に、節1、報酬632万5,000円につきましては、消防団員への報酬及び火災や訓練等に出動した団員に対する出動手当でございます。

 次に、節8、報償費210万1,000円につきましては、消防団員の退職報償金でございます。次に、節9、旅費34万2,000円につきましては、平成25年は明治27年の消防組発足から120年、自治体消防制度発足から65年を迎えるに当たり、東京で記念大会が開催されますので、その大会に出席する消防団員の旅費でございます。

 次に、節11、需用費91万4,000円につきましては、老朽化しております消防団団旗の修繕料などでございます。

 次に、節18、備品購入費109万円につきましては、消防団員の異動に伴います被服費等の購入費でございます。

 次に、節19、負担金補助及び交付金の1,054万6,000円につきましては、消防団員の資質向上及び各消防機関との連絡協調、並びに消防団員の公務災害補償、消火能力の低い地域の消火栓設置費及び維持管理経費でございます。

 次に、158ページをお願いいたします。

 目3、水防費46万円につきましては、大和川右岸の水害防除を目的に、流域6市で設立しております大和川右岸水防事務組合への負担金でございます。

 最後になりますが、道路水路課につきまして、ご説明申し上げます。

 予算の62ページをお願いいたします。

 款2、総務費、項1、総務管理費、目17、財産管理費、節11、需用費9,298万8,000円のうち、道路水路課分は合わせて116万2,000円ございます。これは、小山詰所の建物管理に要する経費を計上いたしております。

 次に、140ページをお願いいたします。

 款7、土木費、項1、土木管理費、目1、土木総務費、節13、委託料885万4,000円を計上いたしております。これは、道路法第28条に基づき、道路台帳を毎年更新する道路台帳等更新業務委託料と、地籍調査の手法である都市部官民境界基本調査及び一筆地調査の都市再生地籍調査業務に要する経費でございます。

 次に、142ページをお願いいたします。

 目2、環境整備費4,266万9,000円のうち道路水路課分は、市民からの要望、苦情による応急対応や、違法屋外広告物簡易除去等の環境美化や環境整備に要する経費でございます。

 節11、需用費のうち905万円につきましては、道路の維持補修などに要する経費でございます。

 次に、節12、役務費のうち926万4,000円につきましては、「みぞ、水路、川、クリーン21」や維持管理業務で発生する水路、道路側溝などの土砂・汚泥の処理費用でございます。

 次に、節13、委託料のうち、土師ノ里駅広場エレベーター等管理委託料93万3,000円につきましては、大阪府・近鉄・本市の3者で土師ノ里駅周辺整備により設置いたしました駅前広場のエレベーター管理に要する経費でございます。

 次に、144ページをお願いいたします。

 項2、道路橋りょう費、目2、道路新設改良費4,721万円につきましては、節11、需用費のうち135万円は、私道の舗装助成でございます。

 次に、節13、委託料575万円につきましては、市道林梅が園線道路整備事業第3期分であります旧国道170号線に係る交差点基本設計業務委託費、及び舗装復旧改良工事に係る設計業務委託費、並びに道路路肩部の草刈り業務委託費でございます。

 次に、節15、工事請負費3,818万円につきましては、市道舗装補修費に係る費用でございます。

 次に、目3、交通安全対策事業費4,051万7,000円につきましては、節11、需用費のうち光熱水費2,000万円は、市内に約5,400基設置しております街路照明灯の電気代でございます。また、修繕料の1,300万円は、交通安全施設等の補修費、道路反射鏡設置費及び福祉のまちづくり条例に伴う歩道段差解消等の整備事業、安心歩行エリア整備事業、並びに街路照明灯修繕等に係る経費でございます。

 次に、節13、委託料549万7,000円につきましては、藤井寺駅周辺での違法駐車等防止重点地域における交通啓発事業でございます。

 次に、146ページをお願いいたします。

 項3、河川費、目1、河川管理費、節13、委託料252万円につきましては、東藤井寺町の王水川水系の水質浄化施設の維持管理に要する経費を計上いたしております。以前から、施設の休止について提案してきましたが、近年の公共下水道の普及から、平成24年度の水質検査の結果、施設の廃止基準であります3年連続して環境基準をクリアしたことから、急遽、平成25年度から休止する見込みとなっております。

 最後に、152ページをお願いいたします。

 目4、下排水費6,896万7,000円のうち、節11、需用費の修繕料1,200万円につきましては、水路や下排水管のしゅんせつ及び修繕などに要する経費でございます。

 以上、簡単ではございますが、都市整備部の主な予算内容の説明とさせていただきます。

 何とぞ、よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。



○岡本光委員長 

 次に、教育委員会関係について説明を求めます。間教育部長。



◎間隆彦教育部長 

 教育委員会事務局教育部が所管いたします主な予算につきまして、説明申し上げます。

 予算書は158ページから193ページ、説明資料につきましては20ページから23ページでございます。

 それでは、予算書の158ページをお願いいたします。

 まず、教育部のうち、教育総務課及び学校教育課所管の予算でございます。

 款9、教育費、項1、教育総務費、目1、教育委員会費の323万3,000円は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第2条に基づく教育委員会の運営に要する経費で、主なものといたしましては、教育委員の報酬及び各種協議会などの負担金でございます。

 次に、目2の事務局費でございますが、これは教育委員会事務局の管理運営に要する経費でございます。予算額は1億8,591万6,000円でございます。このうち、職員給与費を除きました予算内容で、その主なものといたしましては、学校統合検討委員会委員及び学校再編検討指導員報酬、学校支援社会人等指導者活用事業における報償費、小学校安全監視員配置手数料、小中学校校務員手数料、学校管理員の手数料、飲料水やプールの水質などの検査手数料、児童・生徒・教職員の健康にかかわる各種検査委託料、特殊建築物定期調査委託料、八尾市への教育事務委託料、市民会館借上料、川北地区園児・児童送迎用バス借上料などに要する経費でございます。

 次に、164ページの目3、教育研究費でございますが、予算額は6,311万6,000円でございます。このうち、職員給与費を除きました予算内容で、その主なものといたしましては、教育相談員及び学校教育指導員報酬、適応指導教室指導員等の報償費、藤井寺市学力向上推進支援事業等の経費を計上いたしております。

 次に、166ページの目4、学校給食費でございますが、予算額は2億8,056万5,000円で、藤井寺市・柏原市学校給食組合負担金を計上いたしております。

 同じく166ページの項2、小学校費、目1、学校管理費でございますが、この経費は市立小学校の管理運営に要する経費で、予算額は2億6,996万9,000円でございます。このうち、職員給与費を除きました予算内容で、その主なものといたしましては、学校給食配膳費、障がい児介助員特別支援員及び学校司書の賃金、学校医に対する報酬及び出動報償費、各小学校の光熱水費、施設修繕料、地震補強工事に伴う設計委託料のほか、各設備の保守点検や管理委託料、図書、教材、施設備品などの備品購入費、そして日本スポーツ振興センター負担金、学校インターネット接続費などを計上いたしております。

 168ページの目2、教育振興費でございます。予算額は4,757万3,000円で、その主なものといたしましては、世界遺産学習副読本の印刷製本費や、支援学級用並びにクラブ活動用消耗費及び備品購入費、小学校の各種教育研究会に対する負担金、そして要保護及び準要保護児童就学援助と特別支援学級在籍児童に対する就園奨励に要する経費でございます。

 次に、170ページをお願いいたします。

 項3、中学校費、目1、学校管理費でございますが、この経費は市立中学校の管理運営に要する経費でございます。予算額は1億1,104万5,000円でございます。その主なものといたしましては、先ほどの小学校費と同様、障がい児介助員特別支援員及び学校司書の賃金、学校医に対する報酬及び出動報償費、各中学校の光熱水費、施設修繕料、市立藤井寺中学校給食配膳室増築工事に伴う管理業務委託料のほか、各設備の保守点検や管理委託料、情報化を推進するためのネットワーク機器の借上料、図書、教材、施設備品などの備品購入費、そして、市立藤井寺中学校給食配膳室増築工事、そして日本スポーツ振興センターの負担金、学校インターネット接続費等に必要な経費を計上いたしております。

 172ページの目2、教育振興費でございますが、予算額は5,301万9,000円でございます。このうち嘱託員に係る共済費を除きました予算内容で、その主なものといたしましては、3名の語学指導などを行う外国青年に対する報酬、支援学級用並びにクラブ活動用消耗品及び備品購入費、クラブ活動の育成を図るための補助金、中学校各種研究会に対する負担金及び生徒指導研究協議会に対する補助金、そして、要保護及び準要保護生徒就学援助と特別支援学級在籍生徒に対する就学奨励に要する経費でございます。

 続きまして、174ページの項4、幼稚園費、目1、幼稚園費でございますが、ほとんどが新設されます保育幼稚園課のほうへ移管となっております。176ページにございます節19、負担金補助及び交付金の日本スポーツ振興センター負担金のみ、学校教育課所管として計上いたしております。

 次に、生涯学習課所管といたしまして、176ページの項5、社会教育費、目1、社会教育総務費でございますが、予算額は3,154万8,000円でございます。このうち、職員給与費を除きました予算で、その主なものといたしましては、大阪府及び南河内地区社会教育振興協議会負担金でございます。

 次に、178ページの目2、公民館費でございますが、予算額は741万4,000円でございます。その主なものといたしまして、社会教育指導員及び公民館長の報酬、文化教室、成人学級等の講師謝礼、成人学級のバス借上料、通行料などを計上いたしております。

 次に、同じページの目3、青少年総合対策費でございますが、予算額は7,715万4,000円でございます。その主なものといたしましては、青少年指導員報酬、放課後児童会指導員雇用賃金、放課後子ども教室のコーディネーターや安全監視員等の報償費、青少年団体指導者講習会、リーダースクールの研修会等の講師謝礼、八尾市への放課後児童健全育成事業事務委託料、青少年活動事業のためのバス借上料、放課後児童会用施設備品購入費、また青少年健全育成藤井寺市民会議負担金、各団体に対する補助金等に要する経費を計上いたしております。

 次に、180ページをお願いいたします。

 目4、生涯学習センター費でございますが、予算額は8,266万円でございます。このうち、職員給与費を除きました予算内容で、その主なものといたしましては、生涯学習審議会委員報酬のほか、受付業務などに従事する臨時職員の雇用賃金、光熱水費、修繕料など、生涯学習センターに係る需用費や役務費、また、建物総合管理業務委託に要する経費、各種講座の講師謝礼、成人式実行委員への報償費、各種団体への補助金等に要する経費を計上いたしております。

 次に、文化財保護課所管といたしまして、184ページの目5、文化財保護費の1億6,561万8,000円でございますが、埋蔵文化財発掘調査事業、文化財用地の維持管理事業、世界遺産登録推進事業、史跡買い上げ事業、文化財普及推進事業など、百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録の推進及び文化財の保護と活用に要する経費でございます。このうち、職員給与費を除きました予算内容で、その主なものといたしましては、発掘調査に係る雇用賃金及び経費、文化財用地の環境保護を目的とした樹木伐採業務及び除草清掃業務、世界遺産登録の前提条件となる史跡指定に向けた東山古墳群等の発掘調査経費及び史跡古市古墳群保存管理計画策定業務、古市古墳群調査研究報告書作成に係る経費、古室山古墳の買い上げに要する経費及び用地購入に伴う整備に要する経費、また地域の文化遺産である道標整備事業などを計上いたしております。

 続きまして、図書館所管といたしまして、186ページの目6、図書館費でございますが、この経費は、市民の読書環境を整備し、生涯学習の場としての施設の維持管理に要する経費でございます。予算額は7,260万3,000円でございます。このうち、職員給与費を除きました予算内容で、その主なものといたしましては、子どもの読書推進のための児童書の充実を含む図書購入費のほか、雇用賃金、電算による蔵書管理システム保守と蔵書の保存を図るための図書不正持ち出し防止システムの借上料、施設の維持管理費といたしまして、修繕料や建物総合管理業務委託に要する経費等を計上いたしております。

 次に、スポーツ振興課所管といたしまして、188ページの項6、保健体育費、目1、保健体育総務費でございますが、これは市民がスポーツに親しみ、健康増進と体力の向上を目的としたスポーツ振興事業や、屋外体育施設の維持管理に要する経費でございます。予算額は6,959万7,000円でございます。このうち、職員給与費を除きました予算内容で、その主なものといたしましては、スポーツ推進委員、学校開放運営委員及びスポーツ推進審議会委員の報酬、屋外体育施設の環境整備を図るための修繕料、維持管理費としての屋外体育施設総合管理業務委託、草刈り業務委託に要する経費などのほか、ニュースポーツ普及事業及び市民マラソン大会事業補助金や、藤井寺市体育協会事業補助金を計上いたしております。

 最後に、190ページの目2、市民総合体育館費の1億3,263万8,000円は、市民総合体育館及び市民プールの維持管理運営に要する経費でございます。その主なものといたしましては、体育館を常に良好な環境で維持し、円滑な運営をするための建物総合管理業務委託及び市民プールの保全管理、利用者の安全を図るための管理委託などに要する経費を計上いたしております。

 また、平成25年度における新規事業といたしまして、市民総合体育館の大規模改修及び耐震診断に係る経費、津堂市民野球場並びに大和川河川敷に設置しておりますトイレの入れかえ、スポーツセンターのサッカーゴール入れかえに係る経費や、市民マラソン開催に係る経費等を計上いたしております。

 以上、簡単ではございますが、教育部所管の予算説明とさせていただきます。

 何とぞ、よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○岡本光委員長 

 以上で、説明が終わりました。

 したがって、本日予定の議事は、これで終了いたしました。

 次回は、21日午前10時より委員会を開会いたしますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、本日はこれをもって散会いたします。

          午前11時37分 散会

藤井寺市議会委員会条例第30条の規定によりここに署名する。

   藤井寺市議会

   予算特別委員会 委員長