議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 高石市

平成20年  6月 定例会(第2回) 06月10日−01号




平成20年  6月 定例会(第2回) − 06月10日−01号







平成20年  6月 定例会(第2回)



             ◯出席議員(16名)

      1番  畑中政昭君      2番  森 博英君

      3番  西内 正君      4番  出川康二君

      5番  木戸 晃君      7番  松尾京子君

      8番  権野功至郎君     9番  奥田悦雄君

     10番  佐藤一夫君     11番  久保田和典君

     12番  清水明治君     13番  綿野宏司君

     14番  金田美樹子君    15番  古賀秀敏君

     16番  松本 定君     17番  北山 保君

             ◯欠席議員(1名)

      6番  平田佳男君

             ◯議会事務局出席員

 局長         吉川俊博   次長兼総務課長    船富正敏

 課長代理兼庶務係長  楠本 敬   議事係長       辻田 智

 主任         神志那 隆

             ◯議事説明員

 市長         阪口伸六   副市長        中村昌也

 教育長        森川 亨

 (政策推進部)

 部長         藤原一広   理事         伊庭 亨

 次長兼秘書課長    筆野忠志   次長兼企画課長    野村泰博

 財政課長       宮下勇樹

 (総務部)

 部長         中塚正博   次長兼危機管理課長  大場健七郎

 人事課長       金谷展宏

 (保健福祉部)

 部長         吉田重一   次長         福村寿之

 次長兼健康保険課長  青木衆一

 (土木部)

 部長         鈴木英夫   理事         渡部恭三

 次長兼水道課長    堂本幸三   次長兼建築住宅課長  川崎紀夫

 (教育委員会教育部)

 部長         園田 勝   次長兼教育総務課長  澤田正憲

 次長兼生涯学習課長  中尾正義   次長兼教育指導課長  西條義弘

 (その他行政委員会等)

 監査委員事務局長兼選

 挙管理委員会事務局長 藤原喜義   会計管理者兼会計課長 藪 英成

 兼公平委員会事務局長

            本日の会議に付した事件

  日程第1       会期の決定について(9日間と決定)

  日程第2       会議録署名議員の指名について

  日程第3       市長の挨拶

  日程第4 議案第1号 堺市高石市消防組合の解散及び財産処分に関する協議について

  日程第5 議案第2号 高石市と堺市との間における消防事務の事務委託に関する協議について

  日程第6 議案第3号 高石市消防団の設置等に関する条例制定について

      (以上日程第4議案第1号から日程第6議案第3号までを一括上程)

  日程第7 議案第4号 専決処分の報告について(平成19年度高石市一般会計補正予算)

  日程第8 議案第5号 専決処分の報告について(平成19年度高石市国民健康保険特別会計補正予算)

  日程第9 議案第6号 専決処分の報告について(平成19年度高石市公共下水道事業特別会計補正予算)

  日程第10 議案第7号 専決処分の報告について(平成20年度高石市国民健康保険特別会計補正予算)

  日程第11 議案第8号 専決処分の報告について(平成20年度高石市老人保健特別会計補正予算)

  日程第12 議案第9号 専決処分の報告について(平成20年度高石市墓地事業特別会計補正予算)

  日程第13 議案第10号 平成20年度高石市一般会計補正予算

      (以上日程第7議案第4号から日程第13議案第10号までを一括上程)

  日程第14 議案第11号 指定管理者の指定について(高石市立老人保健施設他)

  日程第15 報告第1号 平成19年度高石市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

  日程第16 報告第2号 平成19年度高石市一般会計事故繰越し繰越計算書の報告について

  日程第17 報告第3号 平成19年度高石市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

      (以上日程第15報告第1号から日程第17報告第3号までを一括上程)

  日程第18 報告第4号 寄附金収受の報告について

  日程第19 報告第5号 例月現金出納検査結果報告



△会議の顛末

     (午前10時2分 開会)



○議長(奥田悦雄君) 

 議員各位のご出席が定足数に達しておりますので、ただいまより平成20年第2回高石市議会定例会を開会いたします。

 1日目の会議を開きます。

 本日の日程は、既に皆様方のお手元にご配付いたしております日程表に基づき、順次進めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 日程第1 会期の決定についてお諮りいたします。

 本件につきましては、議会運営委員会の決定に基づき、本日から6月18日までの9日間と定めることにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から6月18日までの9日間と決定いたします。

 日程第2 会議録署名議員の指名についてお諮りいたします。

 本件につきましては、会議規則第112条の規定により、議長から指名させていただくことにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、署名議員に8番 権野功至郎君、10番 佐藤一夫君を指名いたします。

 日程第3 本定例会招集に係る市長の挨拶を許します。



◎市長(阪口伸六君) 

 本日、ここに平成20年第2回高石市議会定例会を招集申し上げたところ、議員各位にはご参集を賜り、まことにありがとうございます。また、平素は本市市政の運営に格別のご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 さて、本議会でご審議いただきます案件につきましては、既に皆様方のお手元にお届けいたしておりますとおりでございまして、議案といたしまして11件、また報告案件といたしまして4件、合計15件を提案させていただいております。

 以上の案件につきましては、それぞれ上程されました際にご説明を申し上げますが、どうかよろしくご審議をいただきまして、いずれもご可決、ご承認を賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのあいさつにかえさせていただきます。どうかよろしくお願い申し上げます。



○議長(奥田悦雄君) 

 日程第4 議案第1号 堺市高石市消防組合の解散及び財産処分に関する協議についてから日程第6 議案第3号 高石市消防団の設置等に関する条例制定についてまでの3議案を議会運営委員会の決定により、関連共通議案として一括議題にいたしたいと存じます。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、日程第4 議案第1号から日程第6 議案第3号までの3議案を一括議題といたします。

 ただいま一括議題となりました3議案については、議会運営委員会の決定により、順次、理事者の提案説明を求めた後、質疑を省略し、総務文教委員会に付託し、福祉土木委員会との連合審査会において審査することにいたしたいと存じます。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、日程第4 議案第1号から日程第6 議案第3号までの3議案につきましては、総務文教委員会へ付託の上、福祉土木委員会との連合審査会において審査することにいたします。

 それでは、順次、理事者の提案説明を求めます。



◎市長(阪口伸六君) 

 議案第1号につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本案は、堺市高石市消防組合の解散及び財産処分に関する協議についてでございまして、地方自治法第288条の規定による堺市高石市消防組合の解散及び同法第289条の規定による解散に伴う組合の財産処分について堺市と協議をするため、同法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 内容につきましてご説明を申し上げます。

 堺市高石市消防組合につきましては、昭和28年以来、堺市との間で一部事務組合を構成しております。堺市高石市消防組合を結成いたしまして、市民の生命・財産を守るための消防本部を今日まで築き上げてまいりました。

 しかし、堺市が平成18年4月に政令指定都市に移行したことにより、堺市が消防局の設置を志向され、平成19年8月に堺市から「堺市高石市消防組合に関する事前の協議の申し入れ」を受けまして、本市においては、公共的団体の代表者、学識経験者、市議会議員、関係行政機関の職員で構成される「高石市の消防体制のあり方検討会」を設置し、本市の今後の消防体制のあり方について検討していただきました。

 その結果、「堺市の意向を尊重し、特別防災区域が存在するという特殊性を有する本市にとって、一部事務組合解散後も高度な消防体制を維持するため、消防事務を堺市に委託することが最善策である。」との検討結果を踏まえ、堺市との間で設置された「堺市高石市消防組合解散に係る連絡協議会」において事前の協議を進めてまいりました。

 協議内容でございますが、まず堺市高石市消防組合の解散期日については、平成20年9月30日といたしております。

 解散に伴う財産処分についてでございますが、本市に帰属させる財産といたしましては、本市区域内の土地及び建物と、これらに係る起債残高に係る債務及び高石市消防団の物品となります。その他の組合の財産については、堺市に帰属させることとしております。また、処分する財産の細目については、両市で定めるものでございます。

 どうかよろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、議案第2号につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本案は、高石市と堺市との間における消防事務の事務委託に関する協議についてでございまして、地方自治法第252条の14第1項の規定により、高石市と堺市との間における消防事務の委託について、高石市と堺市との間における消防事務の委託に関する規約(案)をもって堺市と協議することについて、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項本文の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 内容につきましてご説明を申し上げます。

 本市といたしましては、さきの高石市の消防体制のあり方検討会の検討結果や堺市との間で設置された堺市高石市消防組合解散に係る連絡協議会での協議を踏まえ、これまでどおりの消防体制を維持することを前提に、高石市と堺市との間における消防事務の委託に関する規約(案)について堺市と協議するものであります。

 どうかよろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、議案第3号につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本案は、高石市消防団の設置等に関する条例制定についてでございます。

 内容につきましてご説明を申し上げます。

 高石市消防団は平成18年2月に結成され、現在は堺市高石市消防組合の条例に基づき、同組合の高石消防署で消防団事務が行われています。

 しかし、堺市高石市消防組合が解散された場合は、消防組織法第18条第1項の規定により、各市の条例で定めることになっており、また堺市との堺市高石市消防組合解散に係る連絡協議会の一定の合意事項の中で、消防団の取り扱いについては、「それぞれの市に消防団を設置し、事務を引き継ぐ。」ということとなりました。

 つきましては、同法の規定により、消防団の設置、名称及び区域について定めるため、ここに提案したものでございます。

 消防団の名称につきましては高石市消防団とし、区域については高石市全域としております。

 なお、施行日につきましては、平成20年10月1日といたしております。

 どうかよろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(奥田悦雄君) 

 日程第7 議案第4号 専決処分の報告についてから日程第13 議案第10号 平成20年度高石市一般会計補正予算までの7議案を議会運営委員会の決定により、一括議題といたしたいと存じます。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、日程第7 議案第4号から日程第13 議案第10号までの7議案を一括議題といたします。

 ただいま一括議題となりました7議案については、議会運営員会の決定により、順次、理事者の提案説明を求めた後、質疑を省略し、予算委員会へ付託し、審査することにいたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、日程第7 議案第4号から日程第13 議案第10号までの7議案につきましては、予算委員会へ付託の上、審査することにいたします。

 それでは、順次、理事者の説明を求めます。



◎市長(阪口伸六君) 

 議案第4号につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本案は、専決処分の報告でございまして、これは平成20年3月31日をもって専決いたしました平成19年度高石市一般会計補正予算についてでございます。本専決処分につきましては、市債等の額が確定したこと等により、平成19年高石市一般会計予算の補正をする必要が生じましたが、特に緊急を要するため、議会を招集する時間的余裕がなく、やむを得ず地方自治法第179条第1項の規定によりまして専決処分に付し、同条第3項の規定によりまして、ここにご報告を申し上げるものでございます。

 主な内容でございますが、まず歳出では、総務費の総務管理費におきまして、退職手当の不用額1,811万円を減額いたしております。

 次に、民生費の社会福祉費におきまして、国民健康保険特別会計に対する繰出金6,988万2,000円を増額いたしております。内訳は、国保財政安定化支援事業繰出金並びに保険料の減免等に充当するための繰出金を7,352万8,000円増額し、国民健康保険基盤安定負担金を保険料軽減分で347万3,000円、保険者支援分で17万3,000円それぞれ減額いたしたものでございます。

 次に、消防費でございますが、消防費におきましては堺市高石市消防組合負担金の確定に伴いまして、1,297万6,000円を減額いたしております。これは、消防車両購入におきます落札減や消防団経費の減によるものでございます。

 続きまして、歳入についてご説明を申し上げます。

 国庫支出金、府支出金、市債等におきましては、それぞれの費目におきまして確定額または最終見込み額を調整の上、計上させていただいております。

 次に、寄附金でございますが、平成20年3月31日に知的障がい児通園施設松の実園への指定寄附がございましたので、10万円計上いたしております。

 なお、財政調整基金からの繰入金6,427万1,000円を減額いたしております。これは、歳出予算に不用額が生じたことなどにより調整させていただいたものでございます。

 最後に、地方債補正でございますが、新たに道路等整備事業、水路改修等事業、災害対策事業におきまして、大阪府市町村施設整備資金貸付金による起債を追加いたしておりますとともに、連続立体交差事業債、退職手当債におきまして、事業費等の確定に伴いまして起債限度額を変更させていただいております。

 どうかよろしくご審議の上、ご承認賜わりますようお願い申し上げます。

 以上の結果、歳入歳出それぞれ3,879万6,000円の増額となりまして、補正後の予算総額は206億1,559万9,000円となっております。

 どうよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、議案第5号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、専決処分の報告についてでございまして、これは平成20年3月31日をもって専決いたしました平成19年度高石市国民健康保険特別会計補正予算についてでございます。

 本専決処分につきましては、一般会計からの繰入金額の確定を受け、平成19年度高石市国民健康保険特別会計予算の補正をする必要が生じましたが、特に緊急を要するため、議会を招集するいとまがなく、やむを得ず地方自治法第179条第1項の規定によりまして専決処分に付し、同条第3項の規定によりまして、ここにご報告を申し上げるものでございます。

 今回の補正予算の内容についてでございますが、一般会計繰入金のうち、法定繰り入れとなります。

 保険基盤安定事業、財政安定化支援事業の確定により、保険基盤安定繰入金で364万6,000円の減、財政安定化支援事業繰入金で2,352万8,000円の増といたし、その他一般会計繰入金として5,000万円を新たに計上するものでございます。

 また、この繰入金は国保財政安定化支援として行うもので、保険料の軽減を図ることを主な目的といたしております。

 このことから、前年度繰上充用金の財源として充てている一般被保険者国民健康保険料の医療給付費分滞納繰越分を同額減額する歳入のみの補正予算となっております。

 以上の結果、補正後の予算総額は補正前と同額の77億9,130万6,000円となっております。

 今後とも、より一層の収納率の向上、医療費の適正化等、収支両面にわたる対策を講じまして、国民健康保険財政の健全化に努め、赤字解消を図る所存でございます。

 どうかよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。

 続きまして、議案第6号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、専決処分の報告でございまして、これは平成20年3月31日をもって専決をいたしました平成19年度高石市公共下水道事業特別会計補正予算でございます。

 本専決処分につきましては、地方債の借入額が確定したことにより、平成19年度高石市公共下水道事業特別会計補正予算の補正をする必要が生じましたが、特に緊急を要するため、議会を招集するいとまがなく、やむを得ず地方自治法第179条第1項の規定によりまして専決処分に付し、同条第3項に規定によりまして、ここにご報告を申し上げるものでございます。

 その内容でございますが、まず歳入におきましては下水道事業債を、9,180万円の減額を行うものでございます。

 また、歳出で公共下水道建設費を、9,180万円の減額を行うものでございます。

 以上の結果、歳入歳出ともそれぞれ9,180万円を減額し、補正後の歳入歳出予算の総額は19億2,840万円となっております。

 どうかよろしくご審議の上、ご承認を賜りますようお願い申し上げます。

 続きまして、議案第7号につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本案は、専決処分の報告についてでございまして、これは平成20年5月26日をもって専決いたしました平成20年度高石市国民健康保険特別会計補正予算についてでございます。

 本専決処分につきましては、平成19年度の赤字額を平成20年度から繰上充用するにつき、平成20年度高石市国民健康保険特別会計予算の補正を行う必要が生じましたが、特に緊急を要するため、議会を招集する時間的余裕がなく、やむを得ず地方自治法第179条第1項の規定によりまして専決処分に付し、同条第3項の規定によりまして、ここにご報告を申し上げるものでございます。

 今回の補正予算の内容についてでございますが、平成19年度におきまして特別調整交付金の交付、また共同事業交付金による収入等もありまして、単年度収支は約2,515万円の黒字を見込んでおります。

 しかしながら、平成18年度の繰上充用金、いわゆる累積赤字8億2,379万円がございましたので、平成19年度高石市国民健康保険特別会計決算におきまして、歳入不足が約8億円の見込みとなりました。

 つきましては、地方自治法施行令第166条の2の規定によりまして、平成19年度の歳入不足額を補てんするため、平成20年度から平成19年度へ繰上充用するものでございます。

 なお、繰上充用財源といたしましては、一般被保険者国民健康保険料、医療給付費分滞納繰越分をもって充当させていただいております。

 以上の結果、補正後の予算総額は74億6,887万5,000円となっております。

 今後とも、より一層の収納率の向上、医療費の適正化等、収支両面にわたる対策を講じまして、国民健康保険財政の健全化に努め、赤字解消を図る所存でございます。

 どうかよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

 引き続きまして、議案第8号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、専決処分の報告についてでございまして、これは平成20年5月26日をもって専決いたしました平成20年度高石市老人保健特別会計補正予算についてでございます。

 本専決処分につきましては、平成19年度の赤字額を平成20年度から繰上充用するにつき、平成20年度高石市老人保健特別会計予算の補正をする必要が生じましたが、特に緊急を要するため、議会を招集する時間的余裕がなく、やむを得ず地方自治法第179条第1項の規定によりまして専決処分に付し、同条第3項の規定によりまして、ここにご報告を申し上げるものでございます。

 今回の補正予算の内容についてでございますが、老人保健特別会計は支払基金からの交付金と国・府・市の公費負担で賄うこととなっていますが、公費負担のうち、国庫負担金等において歳入不足が生じ、平成19年度高石市老人保健特別会計決算におきまして約4,434万8,000円の赤字が避けられない見込みとなりました。

 つきましては、地方自治法施行令第166条の2の規定によりまして、平成19年度の歳入不足額を補てんするため、平成20年度から平成19年度へ繰上充用するものでございます。

 なお、繰上充用財源といたしましては、支払基金及び国が平成19年度の不足額として平成20年度交付予定の過年度精算負担額をもって充当させていただいております。

 以上の結果、補正後の予算総額は5億6,157万6,000円となっております。

 なお、平成20年度の支払いでおおむね老人保健としての支払いが終了しますが、平成20年度の概算支払等の精算が行われる平成21年度で老人保健特別会計が終了となる予定でございます。

 どうかよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。

 引き続き、議案第9号につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本案は、専決処分の報告についてでございまして、これは平成20年5月26日をもって専決いたしました平成20年度高石市墓地事業特別会計補正予算についてでございます。

 本専決処分につきましては、平成19年度の赤字額を平成20年度から繰上充用するにつき、平成20年度高石市墓地事業特別会計予算の補正をする必要が生じましたが、特に緊急を要するため、議会を招集する時間的余裕がなく、やむを得ず地方自治法第179条第1項の規定により専決処分といたしましたので、同条第3項の規定によりまして、ここにご報告を申し上げるものでございます。

 今回の補正予算の内容についてでございますが、平成19年度高石市墓地事業特別会計の決算見込みにおきまして、使用許可区画数が見込みより少なくなり、赤字が避けられない見込みとなりましたので、地方自治法施行令第166条の2の規定によりまして、歳入不足見込み額2,885万円を補てんするため、平成20年度から平成19年度へ繰上充用するものでございます。

 なお、補正額の財源といたしましては、歳入の使用料及び歳出の基金費等を調整の上、歳入歳出それぞれに578万5,000円を補正額とさせていただいております。

 以上の結果、補正後の予算額は、歳入歳出それぞれが3,639万6,000円となっております。

 どうかよろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願いを申し上げます。

 引き続きまして、議案第10号につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本案は、平成20年度高石市一般会計補正予算についてでございまして、歳入歳出の補正をお願いいたしております。

 まず、歳出の主なものからご説明を申し上げます。

 本市の名誉市民で、財団法人日本サッカー協会会長の川淵三郎氏が7月3日、母校でもあります高石小学校に来校され、日本サッカー協会が推進する「JFAこころのプロジェクト」の一環であります「夢の教室」が開催されることとなりました。

 また、あわせて同協会から校庭に芝生の苗を無償で提供していただけることとなり、校庭の一部に植栽することとしております。つきましては、教育費の小学校費におきまして、芝生の維持管理に係る用品の購入経費として20万円を計上いたしております。

 また、行事終了後、たかいし市民文化会館におきまして川淵会長と市民との交流の場を設ける予定ですので、総務費の総務管理費におきまして、施設使用に係る経費として25万円を計上させていただいております。

 次に、民生費の児童福祉費について、平成20年3月31日にございました松の実園への指定寄附金を執行するため、備品購入費として10万円を計上いたしております。

 次に、衛生費でございますが、保健衛生費につきまして、貸付金8,000万円を計上いたしております。これは、財団法人高石市保健医療センターの運転資金が一時的な不足を生じる見込みであるため、これについて貸し付けを行い、本年度内に返還を受けるものでございます。

 次に、教育費の教育総務費におきまして、問題を抱える子ども等の自立支援事業におきます教育相談スタッフの経費として24万円増額いたしております。この事業は、地域の方々、また元教員等の相談スタッフが悩みや問題等を抱える子どもたちの相談に応じ、その自立や発達を支援していこうとするものでございます。

 また、小学校費におきまして、高陽小学校給食用食器洗浄機の更新に係る経費83万円を、社会教育費におきまして、たかいし市民文化会館指定管理者選定委員会に係る経費22万6,000円をそれぞれ計上いたしております。

 以上の歳出予算に充当いたします歳入予算といたしましては、財団法人高石市保健医療センター貸付金元利返還金、府支出金のほか、財政調整基金繰入金を充当させていただいております。

 以上の結果、歳入歳出それぞれ8,301万8,000円の増額となりまして、補正後の予算総額は206億9,788万6,000円となっております。

 以上が今回の補正予算の主な内容でございます。どうかよろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(奥田悦雄君) 

 日程第14 議案第11号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

 本件につきましては、議会運営委員会の決定により、理事者より提案説明を求めた後、質疑を省略し、福祉土木委員会へ付託の上、審査することにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、議案第11号については福祉土木委員会へ付託の上、審査することにいたします。

 理事者の説明を求めます。



◎市長(阪口伸六君) 

 議案第11号につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本案は、指定管理者の指定についてでございまして、高石市立老人保健施設、高石市立在宅介護支援センター、高石市立診療センター及び高石市立母子健康センターの指定管理者を指定するにつき、地方自治法第244条の2第6項の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。

 この4施設につきましては、平成18年4月1日から指定管理者制度を適用しており、平成21年3月31日をもちまして指定期間が満了いたします。そのため、指定の開始からこれまでの施設の運営状況を検証し、指定期間満了後の施設の運営について検討してまいりましたが、指定管理者による運営を継続することといたしたものでございます。

 指定管理者候補者の選定に当たりましては、この施設の運営の継続性、安定性の確保等を図るため、高石市公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例第5条の規定により、公募によらず、現在、指定をしております財団法人高石市保健医療センターと協議し、その申し出を受け、高石市指定管理者候補者選定委員会へ諮問をいたしました。

 その後、選定委員会におきましてご審議をいただき、指定管理者候補に適しているとの答申を受け、検討いたしました結果、財団法人高石市保健医療センターを指定管理者に指定いたしたく、提案させていただくものでございます。

 なお、管理を行わせる期間につきましては、平成21年4月1日から平成24年の3月31日までといたしております。

 どうかよろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(奥田悦雄君) 

 議案第11号については、福祉土木委員会へ付託の上、審査することにいたします。

 日程第15 報告第1号 平成19年度高石市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてから日程第17 報告第3号 平成19年度高石市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてまでの3案件を議会運営委員会の決定により、一括議題にいたしたいと存じます。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、日程第15 報告第1号から日程第17 報告第3号までの3案件を一括議題といたします。

 ただいま一括議題となりました報告第1号から報告第3号までの3案件につきましては、地方自治法第213条及び第220条第3項ただし書きの規定により、議会に書類が提出されたものでありますが、本件、議会運営委員会の決定に基づき、予算委員会へ付託の上、報告を受けることにいたしたいと存じます。これにご異議ございませんか。

    (異議なしの声あり)

 ご異議なしと認めます。

 よって、報告第1号から報告第3号までの3案件については、予算委員会において報告を受けることにいたします。

 日程第18 報告第4号 寄附金収受の報告についてを議題といたします。

 本件につきまして、理事者より内容説明を求めることにいたします。



◎市長(阪口伸六君) 

 報告第4号につきましてご説明を申し上げます。

 本件は、寄附金収受の報告についてでございまして、報告書に記載のとおり、ご本人の希望により匿名で寄附の申し出があり、これをありがたく収受いたしましたので、ご報告を申し上げるものでございます。

 なお、この寄附金につきましては、さきにご審議を賜りました平成20年度高石市一般会計補正予算に、寄附者の趣意に沿いまして予算化をさせていただいております。

 どうかよろしくご了承のほどお願いを申し上げます。



○議長(奥田悦雄君) 

 本件につきましては、ご発言の通告を受けておりませんので、報告第4号 寄附金収受の報告については、報告があったものとして処理いたします。

 日程第19 報告第5号 例月現金出納検査結果報告を議題といたします。

 本件につきまして、監査委員事務局より内容説明を求めることにいたします。



◎監査委員事務局長(藤原喜義君) 

 報告第5号、例月現金出納検査の結果につきまして、監査委員事務局より、監査委員にかわりましてご報告申し上げます。

 本件は、地方自治法第235条の2第1項の規定によりまして、平成19年度の平成20年1月分から3月分までの一般会計、各特別会計及び水道事業会計の現金出納につきまして検査を執行いたしたものを同法同条第3項の規定によりまして、既にご配付させていただいております報告書のとおり提出させていただいたものでございます。

 どうかよろしくご了承賜りますようお願い申し上げます。



○議長(奥田悦雄君) 

 本件につきましては、ご発言の通告を受けておりませんので、報告第5号 例月現金出納検査結果報告は、地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく報告があったものとして処理いたします。

 この時点で、暫時休憩いたします。

     (午前10時34分 休憩)

     −−−−−−−−−−−−−−−−

     (午前11時0分 散会)