議事ロックス -地方議会議事録検索-


大阪府 高石市

平成18年  9月 定例会(第3回) 09月20日−04号




平成18年  9月 定例会(第3回) − 09月20日−04号







平成18年  9月 定例会(第3回)



               ◯出席議員(17名)

        1番  松尾京子君      2番  綿野宏司君

        3番  平田佳男君      4番  木戸 晃君

        5番  出川康二君      6番  福島惠子君

        7番  権野功至郎君     8番  金田美樹子君

        9番  奥田悦雄君     10番  古賀秀敏君

       11番  新妻鎮雄君     12番  北山 保君

       13番  阪口孝雄君     14番  清水明治君

       15番  中山 均君     16番  松本 定君

       17番  今井國勝君

               ◯議会事務局出席員

 局長          吉川俊博    総務課長        筆野忠志

 課長代理兼議事係長   船富正敏    庶務係長        楠本 敬

 主事          辻田 智

               ◯議事説明員

 市長          阪口伸六    教育長         森川 亨

 (政策推進部)

 部長          前田比良司   理事          坂上佳隆

 次長兼税務課長     藪 英成    企画財政課長      宮下勇樹

 (総務部)

 部長          野中高夫    次長兼管財課長     橋本正己

 次長兼人事課長     中塚正博

 (保健福祉部)

 部長          藤原一広    理事          園田 勝

 次長兼高齢障害福祉課長 片山 均

 (土木部)

 部長          吉田重一    次長兼水道課長     堂本幸三

 (教育委員会教育部)

 部長          小田公司    次長兼教育総務課長   澤田正憲

 次長兼生涯学習課長   中尾正義

 (その他行政委員会等)

 監査委員事務局長兼選

 挙管理委員会事務局長  藤原喜義

 兼公平委員会事務局長

               本日の会議に付した事件

日程第1 報告第3号 平成17年度財団法人高石市施設管理公社会計決算の報告について

日程第2 報告第4号 例月現金出納検査結果報告



△会議の顛末

      (午前10時3分 開議)



○議長(中山均君) 

 議員各位のご出席が定足数に達しておりますので、これより4日目の会議を開きます。

 本日の日程は、既に皆様方のお手元に配付しております日程表に基づき、順次進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 日程第1 報告第3号 平成17年度財団法人高石市施設管理公社会計決算の報告についてを議題といたします。

 昨日に引き続き、質疑を続けてまります。

 理事者の答弁。



◎市長(阪口伸六君) 

 議長初め議員各位におかれましては、この間、お時間をちょうだいいたしましたこと、まことに恐縮に存じております。

 本市の基本協定につきましては、今後、統一的に対処してまいりたいと考えておりますので、どうかよろしくお願い申し上げたいと存じます。

 以上でございます。



◆5番(出川康二君) 

 今、市長からお話がございましたけれども、昨日の私の質問に対して今、時間をとってお話があったわけでございまして、これは今、統一的に対処するということでご答弁をいただいております。

 私がここで問題提起をしたのは、この18年度の4月から地方自治法の改正に伴って、新たに指定管理者制度というものが導入されて、高石においては7施設が今実施をされておるということに新しい、新制度スタートの時期であるわけであります。

 これからいろいろな複雑な問題も出てまいるわけでありまして、そういうところに立って指定管理者の、受けられている方々と、やはり市がどういう基本的な考え方で協定を結んでこれを運用し、市民にとって充実あらしめる施設としていくのかということが問われるわけでありまして、そういう点で7施設の中で基本協定の部分において差異と申しますか、違いが求めることは、どういう考え方に基づいて行われたかということを質問したわけであります。

 質問に関連して、いろいろ市長も答弁の冒頭でたしかおっしゃったと思うんですけれども、この決算において、こういう質問が、というようなお考えがあったかと思うんですが、これは紛れもなくあなた方が、ここは施設管理公社なんですけれども、施設管理公社も、この市の施設、高石市自転車駐車場と、いわゆる市立老人福祉センター、これの指定管理者として管理を受託されておるわけですね。

 そういう点で考えてみますと、これを結ばれた、あるいはきのうの質問は、若干はしょって、この部分で、この差異の問題を強調したがためにそういう印象を与えているかわかりませんが、施設管理公社も17年度の事業の中でこの協定書を結ばれておると。

 それに関連をして、その差異を求めたものであって、何ら市長が言われたように、またいろいろ言われているようでありますけれども、私の質問がこの決算の報告からずれて、全く無関係なものを質問しているというようなことは、私としては承服しがたいと思うんです。

 そうであるならば、この施設管理公社が基本協定を市と結ばれたのが、老人福祉センターは2月16日、それから高石市自転車駐車場の管理受託をされたのも、これは新年度になって4月1日でありますけれども、そういう点でいえば、当然ここにも入ってきているわけでありまして、そういう市長が何か、昨日の答弁のときに、ここでそういう質問が出るのはというような、印象的な答弁をされたことについては、私は非常にある意味、その考え方を私は再考してほしいということで、私は当然、質問の通告をして、議長に許可を得て質問しているわけですから、理事者におかれては誠実にやっぱりご答弁をいただくと。

 今の市長のお話が、決して私は誠実だとは思いませんが、しかしながら各、教育委員会あるいは市当局、あるいは指定管理者の方々との協議とかいろいろあると思いますので、そういうことまで私がどうこう言うものではございません。

 そういう点で、私の質問あるいは発言の真意をひとつ酌み取っていただいて対応していただくことを、最後にしつこいようですけれども申し上げまして、この議案に対する、報告案件に対する質疑を終わっておきたいと思います。

 以上です。



○議長(中山均君) 

 以上をもちまして、ご通告のありました発言はすべて終了いたしましたので、報告第3号 平成17年度財団法人高石市施設管理公社会計決算の報告については、地方自治法第243条の3第2項及び同法施行令第173条第1項の規定に基づく報告があったものと処理いたします。

 日程第2 報告第4号 例月現金出納検査結果報告を議題といたします。

 本件につきましては、監査委員事務局より内容説明を求めることにいたします。



◎監査委員事務局長(藤原喜義君) 

 報告第4号 例月現金出納検査の結果につきまして、監査委員事務局より、監査委員にかわりましてご報告申し上げます。

 本件は、地方自治法第235条の2第1項の規定によりまして、平成17年度の平成18年4月分及び5月分の一般会計及び各特別会計並びに平成18年度の平成18年4月分から6月分までの一般会計、各特別会計及び水道事業会計の現金出納につきまして検査を執行いたしたものを同法同条第3項の規定によりまして、既にご配付させていただいております報告書のとおり提出させていただいたものでございます。

 どうかよろしくご了承賜りますようお願い申し上げます。



○議長(中山均君) 

 本件につきましては、ご発言の通告を受けておりませんので、報告第4号 例月現金出納検査結果報告は地方自治法第235条の2第3項の規定に基づく報告があったものとして処理いたします。

 本日は、これにて散会いたします。

      (午前10時13分 散会)